5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

F6Fと零戦★2

1 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 00:25:53.33 ID:7tbONCyn
実際どっちが強かったの?
11型、いや二式水戦でも勝てそう

※前スレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1343289638/

また立ててしまった
すみません

2 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 01:17:14.64 ID:W94JiRTt
F6Fとなら烈風がお似合い

3 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 01:17:23.08 ID:60SRvi2b


4 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 01:43:02.73 ID:???
実際、F6Fと烈風の関係ってF4Fと零戦の関係に似てるよなぁ
出力はグラマンの方が上、機体は三菱の方が大きく、重量は三菱の方が軽い。

烈風とF6Fの登場時期の差が、まんまアメリカと日本の国力の差だ

5 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 15:30:37.83 ID:???
零戦は中嶋に好きにいじらせればよかったんですよ
バカ穴なんか止めてね、ガンガン補強入れて誉積んで

6 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 15:33:21.33 ID:???
>>5
そうやったらどうあっても疾風未満のモノにしかならんぞ・・・

7 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 16:09:56.41 ID:???
>>2
F6Fと言っても烈風(A7M1は無論A7M2であっても)と
XF6F-6を比較した場合、烈風の方が見劣りするけど…

8 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 16:18:23.82 ID:???
具体的にどの辺りが?

9 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 16:45:08.62 ID:???
>>8
離着艦のし易さと後方視界以外、
XF6F-6の方が優れているかと
上昇力は比較できないからわからん

10 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 16:59:40.50 ID:???
主翼折り畳みは、どっちも自動式なの??

11 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 17:01:25.08 ID:???
>>9
カタログスペックの話じゃなぁ・・・
零戦21型とF4F-4だとF4F-4の方が300馬力勝り、カタログ上の速度では互角だった。

サッチ『F4FはZekeと比べ速度では劣る』

烈風とF6F-6で速度性能差は大して有るまいよ、粗製乱造さえ考えなければ

12 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 17:13:18.58 ID:???
>>10
烈風は局地戦闘機なので折り畳み装置を廃してる。

13 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 17:40:55.80 ID:???
>>11
カタログスペックでも零戦21型の方がF4F-4より優れていますが…

零戦21型の最大速度533km/h(4500m)
F4F-4の最大速度512km/h(5900m)
零戦21型の馬力荷重2.56kg/hp
F4F-4の馬力荷重2.9kg/hp

最大速度で勝り、馬力荷重で勝っている分加速でも優ってるんですが…

14 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 18:44:36.63 ID:???
>>12主翼剛性不足が発覚したので局戦だから折りたたみ要らないよねw
とこれ幸いに折りたたみ部を固定した
それでも剛性不足で急降下制限速度を引き下げた/(^o^)\

15 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 19:14:14.70 ID:qrp75/MD
烈風の急降下制限速度は?
どの位ですやろ

局戦仕様ならいっそ零戦52型位翼を切ればいいのに

16 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 19:19:29.98 ID:???
>>15
紫電改が次期艦戦として内定して以降、
試製烈風と言うかA7M2は高々度戦闘機烈風改の叩き台として開発が継続されたと言う経緯がある訳で

デカい翼のお陰で開発継続がなったのに、その翼を切るなんて選択肢はありえん

17 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 19:31:16.24 ID:???
>>局戦仕様ならいっそ零戦52型位翼を切ればいいのに

2段上半角だから漫画みたいにちんちくりんにかっこ悪くなりますお

18 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 19:39:00.58 ID:???
内側を縮めるという発想は出来んのか

19 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 20:16:09.70 ID:qrp75/MD
実際、烈風改は実現性どのくらいあるかな(笑)

モックアップのふつうの上半角の主翼を縮めれば良い

20 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 20:55:45.92 ID:???
富嶽が中止になってなくてあのエンジンができてれば楽勝だった

21 :名無し三等兵:2013/03/03(日) 23:56:18.68 ID:???
とっくにB29は中高度になってたのにあんな高高度戦闘機をやってた事自体
抜けてね?

22 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 00:09:23.23 ID:???
早期に紫電改に絞った海軍の判断は正しかった
残念ながら燃料噴射でフルパワー発揮出来る誉が間に合わなかった
試作機2機は完成して海軍データ5:12/6000m 644km/h で片鱗を示すことは出来た
みたいな

23 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 00:34:02.85 ID:???
>>21
B29が低高度進入に切り替えたのは1945年2月から、A7M2の完成が1944年10月、
”とっくに”と言うが、君が考えるほどB29の作戦切り替えは早かった訳ではなく、A7M2の完成が遅かったわけでもない

24 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 00:40:21.14 ID:???
A7M2は高高度戦闘機じゃなくて艦戦。
高高度戦闘機の烈風改はA7M3-Jで終戦時まだ完成してない。
1号機の完成予定が1945年10月。

25 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 00:48:46.22 ID:???
その頃にはB-36の情報も入ってきてるからな・・・

26 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 01:35:00.92 ID:???
A7M1…紫電改の方がいいんじゃね?
A7M2…紫電改艦載機にした方がいいんじゃね?
   つか、局戦なら同じ発動機積んだ改5の方が良くね?
の状態だったから高高度戦闘機としてしか
烈風の存在意義を残すには方法が無かった。
しかし、陸軍にはキ―83、五式戦U型、キ―94U型、キー108があり、
秋水も研究中、震電も量産体制に入ってる中、
どれだけ需要と必要性があったか疑問ではある。

27 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 07:17:55.20 ID:???
>>23 >>あんな高高度戦闘機=烈風改=A7M3Jのことだろw
>>24 >>1号機完成予定45年10月 それはA7M3のことだろw
 烈風改は45年8月15日〜松本で木型審査予定

28 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 11:53:19.51 ID:???
>>23
ハイフン無し馬鹿は言う事痛いなw
低高度侵入焼夷弾攻撃は3月からだろしかも
高高度の精密に戻したりしてるし
最終的的には中高度になってるよ。

29 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 13:10:36.27 ID:???
97戦を高性能にしたような運動性+900kmの急降下でもびくともしない頑丈さ
を兼ね備えた究極の5式戦を昭和18年に大量生産して海軍局地戦闘機もこれに
統一してれば

30 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 13:35:56.35 ID:???
○ワサキのバイクは故障してなんぼ

31 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 13:52:22.20 ID:???
>>5式戦を昭和18年に大量生
節子それ5式ちゃう

32 :名無し三等兵:2013/03/04(月) 20:04:05.06 ID:I8AN9fq1
>>31
空冷飛燕

33 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 09:41:36.54 ID:???
>究極の5式戦を昭和18年に大量生産して海軍局地戦闘機もこれに
>統一してれば
金星・零マンセー君と脳構造が同じ。
時系列を考えない馬鹿

34 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 09:51:46.18 ID:???
誉でおk

35 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 19:33:52.97 ID:???
誉さえあれば全ておk
そう思っていた時期が私にもありました

36 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 19:50:07.43 ID:???
>>29
海軍版の五式戦が、烈風だね。昭和20年正式採用。

37 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 19:59:16.11 ID:???
海軍5式戦は零戦64型じゃ…

38 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 20:48:28.71 ID:???
>>27
A7M3…烈風性能向上型、通称「烈風3速」、排気タービン無し、
   実大審査予定1945年8月、1号機完成予定1945年12月、
A7M3-J…烈風改、排気タービンあり、
   実大審査1945年2月終了、1号機完成予定1945年10月

以上光人社の「スーパー・ゼロ戦『烈風』図鑑」より

が、学研本「決定版局地戦闘機」では
A7M3の試作1号機完成予定が1945年10月、
A7M3-Jの試作1号機完成予定が1946年10月となっている。
計画の早かったA7M3-Jの方が試作機の完成が遅いとは考えにくいので、
誤植と思われる。

39 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 20:57:29.60 ID:???
>>26
キ83は貴重なハ43を二基使う必要があるし、五式戦Uは速度的にB29の追撃は無理、
キ94Uはモックアップの状態で実戦化に2年は必要な状況
秋水は例の如くだしキ108も七転八倒中、
震電は吐き出し式の強制冷却ファンの影響でエンジンルームが負圧になる関係上、高々度性能は期待できんでしょ

早期に実戦化できてハ43を無駄使いせずに済み、かつ高々度でB29を追撃可能な機体の候補と考えれば
烈風を母体にした高々度戦闘機開発は蓋然性が高いと言える

40 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 21:24:47.82 ID:???
>>39
キー83は既に試作機が飛んでおり、戦中のテストでは655km/h(全開試験に非ず)、
戦後のテストで762km/hを記録した超高性能機。
五式U型は性能的には見劣りするものの、本命登場まで実戦配備は最速で行える。
キ―94Uは終戦時、モックアップではなく、8/20には飛行試験ができる状態。

早期に実戦化、とは言うが、烈風改の武装は30mm6丁、
防弾完備とハ―43単発には無茶な要求であり、実機が完成しても
計画値(350kt、648.2km/h)は到底無理と思われる。

41 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 21:38:46.96 ID:???
そこでかつをどりですよ

42 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 21:42:05.68 ID:???
そう言えば陣風の開発中断理由が、紫電改の高高度型開発で間に合わせるという話だったと思うけど
肝心の高高度型紫電改の開発なんて聞いたこともないな

43 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 22:29:50.23 ID:???
>>42
ないな、で同意しちゃうと話がそれで終わっちゃうから(いや、
別に同意して終わりでもいいんだけど)、
それに相当する奴を探してみると、
紫電改に誉四四型(二段三速過給器)を装備する計画はあったみたいだ。
が、>>42の言う「高高度型紫電改」かというとちと微妙。

44 :名無し三等兵:2013/03/05(火) 23:10:47.40 ID:???
>>42主翼をナギナタのように伸ばしたやつがあるではないか

45 :名無し三等兵:2013/03/06(水) 19:27:56.74 ID:???
通風
とか恋風とかつくればいいんじゃね

46 :名無し三等兵:2013/03/06(水) 22:47:24.94 ID:???
○○風って名前が既に枯渇してたのは確かだろうね・・・
なにせ台風なんて名前が出てきてたくらいだ

戦闘機に台風とか有り得ねえだろ

47 :名無し三等兵:2013/03/06(水) 23:52:49.69 ID:???
イギリスで一番役に立ったのってタイフーンだと思う
スピット?必要なときに数が足らない飛行機なんていらん

48 :名無し三等兵:2013/03/07(木) 02:37:09.50 ID:???
魔風なら怖がられそう。。。

49 :名無し三等兵:2013/03/07(木) 13:59:57.12 ID:???
雷風でいいじゃん

50 :名無し三等兵:2013/03/07(木) 19:37:58.56 ID:???
旋風とか熱風とか突風とか新風とか神風とか

51 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 00:08:06.61 ID:???
晨風・暁風・海風・火風・猛風・雄風

52 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 01:23:42.06 ID:osSgX6wx
>>43

>紫電改に誉四四型(二段三速過給器)を装備する計画はあったみたいだ。

あの機体で、1万メートルで、それなりに出力を維持できるエンジンだと
水平全力飛行で空中分解しまくりの予感。
特に、冬場の高高度だとヤバイだろ。

53 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 14:34:24.66 ID:K44gBHUm
>>50>>51
一部は駆逐艦の名前だね

54 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 15:47:53.66 ID:H7GjDTUN
そよ風

55 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 16:45:43.21 ID:???
終風

56 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 16:53:57.05 ID:???
大豆由来燃料使用で痛風

57 :名無し三等兵:2013/03/08(金) 23:17:51.49 ID:ohJoa0h9
>>52
意味不明

58 :名無し三等兵:2013/03/09(土) 11:42:51.26 ID:???
高度10000m付近の気温は年中殆ど変わらない

59 :名無し三等兵:2013/03/09(土) 11:55:48.00 ID:eabHB375
成層圏の気温変化が少ないのであって、大体−55度位。
そして、夏場と冬場では成層圏と対流圏の境目が違う。
通常14000mが境目だが、地表温度が0度なら成層圏は9000mまで下がる。
温度が下がれば、音速も下がり、紫電改の巨大フィレットは水平飛行で臨界マッハを生む可能性だってある。

60 :名無し三等兵:2013/03/10(日) 19:16:19.46 ID:z2ERWT3V
20.055 (x + 273.15 )^1/2
-50度でも秒速300mくらいだから心配いらんよ

61 :名無し三等兵:2013/03/12(火) 17:44:26.96 ID:???
栄の1500馬力化が出来てたら

62 :名無し三等兵:2013/03/12(火) 19:23:54.60 ID:???
ゼロの最大の罪は
優秀な戦闘機と首脳部が錯覚したことだな
他所の当たり前の国がやるような艤装してたら
グラマンと対抗できるような性能じゃなかった

63 :名無し三等兵:2013/03/12(火) 20:07:38.81 ID:???
後継機の開発に失敗したのが痛かった
まあ零戦の延長みたいな烈風作ってもしょうがなかったけど

64 :名無し三等兵:2013/03/12(火) 20:56:07.70 ID:???
スバルのスーパーチャージャーの技術者が峠をインプWRXで攻めてて崖飛び出して
昭和16年にタイムスリップして
栄用2段2速過給器開発して零戦52型に間に合って
F6F撃退してB29バッタバッタ落とす仮想戦記同人漫画なんでない

65 :名無し三等兵:2013/03/12(火) 21:20:56.68 ID:???
帝国海軍は
「アメリカ海軍何するものぞ、鎧袖一触恐るるに足りず」、
一年かそこらででケリがつくはずだったから
陸軍のように持久戦前提で戦争をする発想が無かった。
ホントに一年かそこらで戦争が終わってれば
零戦は最強最高の艦戦だったんだけどねぇ〜。

66 :名無し三等兵:2013/03/12(火) 21:35:52.48 ID:???
真珠湾叩いてアメリカの戦意挫くつもりが逆に怒らせちゃったでござる

67 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 06:51:36.92 ID:???
零戦は間違いなく世界最強だった時期がある
世界最強の座を維持できるのは短期間にすぎない
巴戦の終焉と共に転落する

68 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 06:54:00.53 ID:???
>>66
勘違い
真珠湾攻撃は時間稼ぎにすぎないよ
あたりまえだけど最初から勝てるなんて思ってない
が、日本国民は負けるはずないと信じていた

69 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 17:23:12.10 ID:???
日本の勝利条件は戦術レベルで全勝して
中国の権益かなり譲渡しての講和しかないからな

70 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 19:57:10.89 ID:WzK4obV0
>>62
よく「敗戦した日本は連合国から航空技術を取り上げられた! だから日本の航空分野は著しく遅れた!」
って言い張る人が東亜あたりにいるけど、その実、敗戦後の空白期がなくても日本の航空技術のレベルって
今とあまり変わらんのでは・・・と思ってしまう。軍が露骨に設計に口出しする風潮もあったしね。

むしろ人材の流動化が進まなかった分、他の分野(鉄道、自動車etc)の進歩が遅れていただろうなぁ・・・と。

71 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 20:18:17.15 ID:???
>>67
零戦を世界世界最強足らしめたのは
運動性能や航続距離もあるが、
なにより世界最高水準の搭乗員によるところが大きい。
そして、零戦が最強だった時期は
搭乗員の技量が「強さ」の大半を占めていた。
戦争中期以降、個々の搭乗員の「技量」を上回る
「システム」の完成が零戦の没落を招いた。
一流半から二流のパイロットを大量に養成し、
そのレベルのパイロットでも戦える無線や電探と管制が組み合わされたシステム、
そしてそれに対応し、且つ大量に揃えられたF6Fが太平洋の覇者となった。

72 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 20:40:49.23 ID:???
搭乗員の技量が最高レベルだったのは空母乗組員だけのような気も
ガ島のルーキー相手にほとんど互角の戦いさせられちゃったから
平均レベルはたいしたことないんじゃないかとおもわれ

でも搭乗員の技量なんて近代戦ではむなしいもんだぜ

73 :名無し三等兵:2013/03/13(水) 21:38:34.55 ID:???
搭乗員の技量でも重要な
「目」と「状況判断」と「連携」が
電探と無線と管制官の指示で
超一流の搭乗員並の事が2流パイロットでも
出来るようになったからこそF6Fは強かったのだが。

まあ空戦に限れば、てことで。
飛行機が同程度なら技量が上な方が、
技量が同程度ならいい飛行機に乗ってた方が、
共に同じなら数やシステムに優る方が強いのは当然だ罠。

74 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 00:57:47.10 ID:???
>>73
それならF4Fで充分では

75 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 01:12:05.77 ID:???
零戦は外国のパイロットから高速での運動性とロールを問題視されてるが
烈風はその問題は解決されてるのだろうか?

76 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 07:09:42.98 ID:???
解決もクソもないんだよ
空力面ではロール優先か旋回優先かの2択だ
日本は当然旋回優先
何度でも言う、万能無敵の戦闘機は存在し得ない

77 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 10:53:21.12 ID:???
光速で補助翼が重くなる問題は補助翼にバランスタブつければ解決出来るだろw
烈風には付いてたし高速で操舵重いという記録もないから零戦よりは良かったんじゃないの
てか、烈風乗った方々がまだご存命なうちにぶっちゃけどうだったのか
聞いてみたいよなぁ…丸で雷電の次の特集でやってくれんかなぁ

78 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 13:43:44.66 ID:???
>>72
太平洋戦争序盤の海軍操縦者は厳密に空母勤務者と
陸上勤務者を区分けしていないから空母乗員の技量が高い・・って言うのは違うと尾思うよ。

79 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 20:16:17.18 ID:???
舵が軽くなっても、ロール性能は上がらない。
あの馬鹿でかい翼&例によって妙に軽く作られた剛性無視の構造。
舵が軽くなっても、翼が捩れるだけ。

80 :名無し三等兵:2013/03/14(木) 20:35:45.11 ID:???
>>74
より効率よく戦果を挙げるのに
より良い兵器を使うのは当然。

81 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 07:15:44.18 ID:???
零戦ってかなり大きい機体なんだな。
f6fが来るまで戦闘機の単発機だとf4fと並んで一番かな?
あの大きさで元複葉機なf4fもすごい。
fw190とか案外小さいくてびっくりした。
大きく見える。

82 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 11:21:47.56 ID:???
零戦のハリボテ感は異常

83 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 11:22:50.76 ID:???
初めて紫電改を見た時誰もが思うこと
すごく、おっきいです、、

84 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 12:45:23.69 ID:???
F6Fのほうが断然悪役側の兵器に見えるよな

85 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 12:47:57.94 ID:???
ゼロ戦がでかいのは給油タンクのためみたいなもんだ
ドイツみたいに1時間しか飛ばなくていいならコンパクトに出来るだろう

86 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 13:02:48.67 ID:???
嵐山で疾風と零戦が並んでた時
疾風に比べてでかいのに驚いた

87 :名無し三等兵:2013/03/15(金) 14:23:36.90 ID:???
>>85中はがらんどうですが

88 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 08:26:27.72 ID:???
P-51も実際は巨大
ttp://www.geocities.jp/digitalbarnstormers/caf37_l.JPG
キャノピーがデカいから相対的に機体が小さく見える錯覚

89 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 12:46:58.11 ID:???
ムスタングは小さいよ
零戦と並んだら2/3くらいに見えるんじゃない
http://www.warbirds.jp/crazy/images/jpeg/re07_08.jpg
http://hitchcockaviation.com/images/Mustang_on_Mustang_photo.jpg
http://retropopplanet.files.wordpress.com/2012/09/p-51-thunder-mustang-refuel.jpg

90 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 13:02:50.29 ID:???
すごく、ちっさいです、、

91 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 16:42:49.46 ID:???
ちょ

92 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 18:58:06.74 ID:???
小さ杉

93 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 19:39:41.95 ID:???
だってゼロよりはるかに安いもんな

94 :名無し三等兵:2013/03/16(土) 20:38:42.11 ID:???
節子それP51ちゃう

95 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 01:15:44.79 ID:???
一家に一台(機)欲しいな

96 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 01:35:26.14 ID:???
外観を似せて作っただけのレプリカ機じゃん。

97 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 02:18:29.11 ID:???
ラムジェットラジエターダクトも再現されてますが何か

98 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 06:32:26.87 ID:???
2/3サイズであのキャノピーで2人乗れるし
ある意味オリジナルを超えてるw

99 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 10:42:55.72 ID:???
むちゃくちゃ作った割りにのこってるゼロが少なすぎるのも国民性だな
ドイツのメッサーはスペイン製に生まれ変わったのもあるけど
けっこうあるからな

100 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 17:06:02.43 ID:???
敗戦時に全部壊せって言われて壊したんだから仕方ないよ(´・ω・`)

101 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 17:22:23.12 ID:???
ドイツだって壊せとはいわれたんだろ
金かけて作ったものを何の利用もせずに壊すとかアホだろ

102 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 17:58:26.41 ID:???
米軍だって大戦後にはあれだけ生産したF6F捨てちゃったし

103 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 20:41:11.05 ID:???
P-38やP-47も45〜47年には廃棄しまくり
それも本国じゃなくて駐留先のヨーロッパや
アジア各地・日本とかでの異国の地なのが
哀れを誘う

あと英国への米国製援助機はレンドリース法の
規定で戦争終わったらお金払わんと使っちゃ駄目
とかで短期間に徹底的にほぼ破棄で現存機は
極少数の米国への返還機や第三国への供与以外
残ってないだっけ?

104 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 21:37:00.33 ID:???
飛べるのはデチューンして民間に安く売ればいいのにな
カブやピッツ買うよりいいだろ

105 :名無し三等兵:2013/03/17(日) 21:39:19.34 ID:???
そもそも過酷な使用うける軍用機がそれほど保つとも思えん。

106 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 01:52:04.19 ID:???
HIPとかソ連大量に払い下げてるジャン

107 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 06:12:30.34 ID:???
>>104一人しか乗れなくてガソリン馬鹿食いして整備費用も補修パーツも馬鹿高くて

108 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 06:28:09.12 ID:???
反戦一色の中でどう残せと?
そんな中で丸は資料の保存に奔走
当事者が存命のうちに一つでも多くの証言をという使命

109 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 06:36:53.97 ID:???
民間人が気軽に飛行機買えない国なら反戦とか関係無く維持できないと思う

110 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 08:25:01.53 ID:???
当事者の軍が先頭切って資料の隠蔽・焼却をしてる状況なのにね

111 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 10:14:30.58 ID:???
イスラエルあたりに売っちゃえよ
高い金でぼろ飛行機いくらでも買ってくれるぞ

112 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 19:06:25.02 ID:???
なんか頭の悪い書き込みばかりだな・・・

113 :名無し三等兵:2013/03/18(月) 19:36:01.07 ID:???
アジアでは日本軍の戦闘機が現地の軍隊に引き渡されてるよな

114 :名無し三等兵:2013/03/19(火) 20:45:10.74 ID:???
中韓はインフラさえ人の作ったものをかってにつかってるしな

115 :名無し三等兵:2013/03/20(水) 07:17:04.29 ID:???
原状回復も行なわず放棄してくるなんて今なら訴訟もんだよなあ

116 :名無し三等兵:2013/03/21(木) 19:27:19.73 ID:???
F6Fの対抗馬、烈風の図面発見!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000040-mai-soci

117 :名無し三等兵:2013/03/22(金) 11:15:04.60 ID:???
この図面を基に、烈風改を製造してみる篤志家を期待!!

118 :名無し三等兵:2013/03/22(金) 16:39:58.21 ID:???
ファインモールド、鈴木社長ならやるでしょう。

119 :名無し三等兵:2013/03/22(金) 16:41:39.05 ID:???
河口湖自動車博物館に(ry

120 :名無し三等兵:2013/03/24(日) 15:01:50.91 ID:???
>>77 >>79
烈風の補助翼の効きは、(ロール性能の良い)雷電なみだそうです。

121 :名無し三等兵:2013/03/28(木) 13:10:22.11 ID:???
もしF6Fを投入できなかくても
日本はアメリカに負けたんだろ

122 :名無し三等兵:2013/03/28(木) 21:09:41.80 ID:???
言わずとしれた事をわざわざ言うな。

123 :名無し三等兵:2013/03/28(木) 22:26:53.83 ID:1DAzEmUC
>>117それよりかも今の技術で誉を作ったらどんだけ馬力が出るか興味ある。

124 :名無し三等兵:2013/03/28(木) 23:33:33.82 ID:???
10人相手に正面から戦って勝てるのは漫画の主人公くらいだ
アメリカとはそういう国

125 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 01:45:52.39 ID:???
>>123 石油と人材は、技術だけでは増えてくれん

126 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 03:21:40.01 ID:???
>>103
英空母のF6F・F4U・TBFも日本からの帰還途上で廃棄したんだっけ。
英本国に着くまでの主力機はソードフィッシュだったんだろうか。

127 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 10:52:13.33 ID:???
>>123 2000馬力だろJK

128 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 12:10:20.78 ID:???
まあ、現在の技術と言うんだからボア・ストローク・外径以外は別物という設定なんだろう。

129 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 19:12:56.84 ID:???
ターボ付けていいならF1の1.5gが1000馬力超えたんだから
36gの誉は20000馬力超
さらに回転数を3000→10000まで上げれば70000馬力超
紫電改がマッハを超えそうだw

130 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 19:28:50.79 ID:???
>>129
そのF1エンジンでさえ最高出力発生回転数は約13000rpmなんだが?
・・・
さすがに突っ込むのがアホらしくなった

131 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 19:51:48.37 ID:???
突っ込んでるやんw

132 :名無し三等兵:2013/03/29(金) 23:20:39.03 ID:???
たぶん馬力の意味も分かってないよw

133 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 01:56:02.00 ID:???
レース用エンジンと航空機用エンジンに要求される、耐久性と信頼性と安全係数について小一時間

134 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 04:08:31.65 ID:???
誉はレース用エンジンだろJC

135 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 07:37:55.64 ID:???
それ以前にトルクの意味を教えないと
馬力=仕事量
回転数で稼ぐ馬力に力は無い
F1のエンジンではダンプカーも動かせないだろう
栄なら数百トンの列車を引っ張れる
航空機のエンジンは機関車クラスのパワー(馬力ではない)が必要

136 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 08:56:45.71 ID:???
誰か>>135にギアボックスという文明の利器を教えてあげてくだしあ

137 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 09:18:48.78 ID:???
バカの見本>>136
メカニカルロスが許容範囲の減速比は?
ほんと浅はか、何も知らない

138 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 09:23:34.33 ID:???
「小径プロペラは上昇力に劣るが加速に優れる」とかドヤ顔でWikiに書いてるのは>>135じゃないだろうな

139 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 11:11:51.58 ID:???
>>135回転数UPして馬力稼いだ誉は詐欺エンジンだとディスってるわけですね

140 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 12:36:24.14 ID:???
米軍テストで推定2200馬力を叩きだしたという伝説の誉をディスるとはいい根性しとるな

141 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 12:45:31.18 ID:???
誉って栄と直径3cmしか変わらんとは金星より小さいじゃん
隼に誉積めと言った陸軍は正しかった
零戦にも積んでみるべきだた
中島ならすぐ作ったろうに

142 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 12:54:54.89 ID:???
栄はちっちゃすぎて改良できねえって言われてたのに
なんで誉までちっちゃく作ったんだろう

143 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 13:46:31.49 ID:???
回転上げていいならいいだけ上げてるわ

144 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 13:55:47.40 ID:???
>>135
D51が約1000馬力

145 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 16:57:31.88 ID:???
>>141
ぽんこつに載せる位なら新機種が普通の発想だよなw

146 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 17:20:58.84 ID:???
同じ1000馬力でも力は全然違うって話だよ
アホは同じ1000馬力なら蒸気機関車もF1も同じと思ってる

147 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 18:09:00.84 ID:???
その通り
例えば飛行機のエンジンを戦車に積んで使い物になると思ってんのかねアホは

148 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 18:12:55.65 ID:???
つM4
つ五式中戦車

149 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 19:01:38.73 ID:???
>>147シャーマン&米軍をディスってんのかw

150 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 20:19:30.41 ID:???
ギャグがすべった上にマジレスされた>147が不憫でならないw

151 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 20:22:03.83 ID:???
シャーマンてさ
星型エンジンを横に倒して積めば車高低く出来たんじゃないの

152 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 23:04:06.03 ID:???
空冷じゃないっけ?
いっその事、一次大戦機よろしく、
外だしのロータリーで、ブンブン回して走れば、
珍走団的で景気がいいかも。

153 :名無し三等兵:2013/03/30(土) 23:54:05.31 ID:???
>>151
クランクからミッション、ドライブシャフトまでの取り回しが素敵なことになりそうw

154 :名無し三等兵:2013/03/31(日) 06:30:51.00 ID:???
面白そうな話題ではあるが、シャーマンスレで語られているのでそちらを参考にするといいよ

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1297950419/
の49あたり。

155 :名無し三等兵:2013/03/31(日) 08:47:11.84 ID:???
F6Fを戦車に改造すれば凄い!!

156 :名無し三等兵:2013/03/31(日) 09:20:02.53 ID:???
センチョリオンが…

157 :名無し三等兵:2013/03/31(日) 11:48:48.39 ID:???
>>154したかったバカ話が既にされていたw

158 :名無し三等兵:2013/03/31(日) 12:06:43.07 ID:???
>>153
M18ヘルキャット戦「車」で漏れが考えた改良されてたw
たったこれだけのことをあれだけの犠牲を出さないと思いつかなかったとは…

エンジンはM4およびM4A1と同じ空冷星型のコンチネンタルR975だが、
ユニバーサルジョイントを介して伝導シャフトを床板に這わせ、
またエンジングリルだけを盛り上がった形状にしてスペースを確保し、
車高を抑えている

159 :名無し三等兵:2013/03/31(日) 13:19:05.40 ID:???
グラマンはヘルキャットを商標登録しなかったのかw

160 :名無し三等兵:2013/04/04(木) 23:09:53.12 ID:???
>>159
登録範囲が航空機のみ(嘘)。

161 :名無し三等兵:2013/04/05(金) 11:51:01.85 ID:???
64型のカウルもうちょっとなんとかならなかったのかなぁ…

162 :名無し三等兵:2013/04/05(金) 19:58:33.16 ID:???
ナスジオチャンネルの特集で零戦の燃料タンクの燃えやすさの実演やってた。

零戦の燃料タンクをイメージしたものは、ウォーターサーバーの大きなペットボトル。
その底にガソリンを小量入れた状態で、
上の空間を空気銃で撃ったら、一発でたちまち発火炎上。
タンク内の気化ガソリンの危険性がよく伝わってきた。

対するアメリカ機の内袋式タンクは、ガソリン容量に応じて縮み
空間を生じないので、気化ガソリンの爆発の危険性も少ないと。

163 :名無し三等兵:2013/04/05(金) 20:58:47.06 ID:???
コピペ

164 :名無し三等兵:2013/04/07(日) 13:22:54.98 ID:???
http://livedoor.blogimg.jp/yamatodamasii1208/imgs/f/2/f2ca73b1.jpg
飛行甲板の端っこって怖くね?
転落で氏んだ椰子相当たくさんいるんじゃないの

165 :名無し三等兵:2013/04/07(日) 15:18:58.53 ID:???
>>164
舷外に救助網が張ってあるじゃん?

166 :名無し三等兵:2013/04/07(日) 18:11:29.49 ID:???
荒れている日とかは怖そう

167 :名無し三等兵:2013/04/07(日) 18:39:49.20 ID:???
爆弾が近くの海面に落ちて甲板が波をかぶると
乗員も一緒に海へ流されることがたびたびあったらしいな

168 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 10:31:56.89 ID:gYwlgd7m
>>164
コレは赤城、飛龍どっち?

169 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 12:22:37.82 ID:xU5Z7MJy
零戦とF6Fの対戦実績って零戦の初戦の結果が逆さになった様な感じだからな。F6F
のキルレシオがあれより悪いのは末期に現れた日本の新型機のおかげ

170 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 19:04:28.35 ID:???
>>169
馬鹿解釈乙w

171 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 20:39:47.07 ID:???
米軍のガンカメラ動画見るとほとんど回避もせずに落とされるのばっか
あとはわかるな

172 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 20:59:57.34 ID:???
>64型のカウルもうちょっとなんとかならなかったのかなぁ…

所詮は、首なし零戦を戦力化(特攻用)するためだけのもの。

173 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 21:02:07.04 ID:yBRjwIjD
>>172
64型は特攻専用機じゃないぞ

9月に予定されてる米軍の上陸作戦に烈風とかが間に合わないのが分かったから
生産が強行されそうになるところだった

174 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 22:09:03.83 ID:???
5式戦と同時期に始めてあっちは数百機出来たのにこの差は一体…
まあ烈風開発してる間に紫電紫電改が出来てしかも紫電改の方が早かったからなぁ(´・ω・`)

175 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 22:31:04.38 ID:???
>>174
少しは自分で調べたら?ちょっと間抜けだよ。
>>171
回避しながら被弾した日本機はガンカメラの画角に入らないんだよ。
少し考えればわかりそうなもんだが。

176 :名無し三等兵:2013/04/08(月) 23:08:34.23 ID:???
あふぉかw
急旋回で上手く逃げてる零戦の動画もあるだろw

177 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 00:18:33.71 ID:???
アホはお前だw
だからガンカメラに写っている落とされた機はほとんど回避していないって言ってんだろw

178 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 00:24:17.25 ID:???
回避で来てるやつも写る画角なら被弾してる奴は写ルンですばかあ

179 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 01:37:18.79 ID:???
増槽付けたまま味方の射線に飛び込んだF6Fのガンカメラ映像が有るけど
あのF6Fは先に味方が撃っているのに気がつかなかったのかな?

180 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 07:25:16.54 ID:???
>>176
だからそれはガンカメラには写らないって
ガンカメラって固定されてるんだぜ?知らなかった?

181 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 07:31:19.52 ID:???
YouTubeにあるけどP-47がすごいぜ
急旋回で必死に逃げるP-47、でもぜんぜん逃げられない、悲惨なほど大回りw
だが
延々とボコボコに撃たれて、なのにビクともしない、平気で飛び続けてる
何発喰らってるんだ、化け物か
ここまでタフならもう逃げる必要ねぇじゃんか

182 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 08:26:24.04 ID:???
>>180
http://www.youtube.com/watch?v=-HnW861moHI
「豚が雲を引いたーーーーーーーー!」

183 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 08:29:15.60 ID:???
こうして見ると軍板でロールロール言ってる奴がいかに馬鹿か分かるな
零戦万歳

184 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 08:51:35.02 ID:???
空戦性能で零戦を圧倒しそれなりに速度出て急降下もそれなりに出来た烈風って
もすかして強かったのかも試練のぅ

185 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 09:15:02.47 ID:???
>>182撃たれてロール打ってる零戦てもすかしてクイックロール戦法をやろうとしたんだろうか

186 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 10:47:26.98 ID:???
>>182やっぱ零戦いいねーw
52型に隼3型のエンジンを陸軍に融通してもらって付けてればなぁ…

187 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 11:22:33.87 ID:???
中嶋は誉や4式戦なんか作らんでも栄を1500馬力にしてれば
零戦と隼で乗りきれてたかもしれんのう

188 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 12:18:45.96 ID:???
>栄を1500馬力にしてれば
その時点で終わってる妄想だなw

189 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 12:23:55.03 ID:???
つ2段過給

190 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 12:24:05.56 ID:???
なんで?
ブサ3型の水メタで1300馬力
回転数3000に揚げれば1500くらいいくんじゃないの
てゆーか中嶋自身可能って言ってたじゃん

191 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 12:32:32.33 ID:???
雨の中嶋ェ

192 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 12:34:53.57 ID:???
>>1892段は過給器馬鹿でかく重くなるしクーラーでスペース食うし
1段で羽でかくして性能上げたほうがよくね
高空用には1段3速で

193 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 12:39:19.49 ID:???
>>188誉の無理な設計による問題噴出とか複雑になった分の製造問題とか
亀頭増加による不均衡問題とか
こなれた栄なら起きない分良かったんじゃないの

194 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 13:19:32.20 ID:???
>>190
それをやったら焼き付いた

195 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 13:26:19.55 ID:YkF+5JaS
>>192
遠心式過給機はインペラの外周速度で過給圧が決まるんだけど、
音速で制限がかかるから限度がある。

196 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 13:29:36.52 ID:???
フルカン加給機が付いたDB601系列が最強って事だな

197 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 14:03:14.05 ID:???
>>194じゃあオーソドックスにボアアップで
3/2に広げれば1500馬力出るでしょ

198 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 15:57:27.64 ID:???
>>197
エンジン直径が増大して空気抵抗も大幅アップ!
つかそれなら火星で良いじゃん?となりループ

199 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 16:44:37.62 ID:???
ヒント:ボアアップとはピストン直径を大きくする

200 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 17:23:24.45 ID:???
クランクケース側のフランジだと直径より全長かな
ttp://livedoor.blogimg.jp/livereak-123/imgs/2/b/2b7c0381.jpg
ttp://public.dm1.livefilestore.com/y1p3TFGNjUFQvDVq-SnHd7gPjC_R8KUp4UD6qhNMEUm4Ysry0Lcdd615Yg0IvW0rc80rPhag6ZMtDcxI0XiCtu7sg/Ha-25_0995_01.JPG?rdrts=40118179

201 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 17:24:41.47 ID:???
こうかな
ttp://public.dm1.livefilestore.com/y1p3TFGNjUFQvDVq-SnHd7gPjC_R8KUp4UD6qhNMEUm4Ysry0Lcdd615Yg0IvW0rc80rPhag6ZMtDcxI0XiCtu7sg/Ha-25_0995_01.JPG

202 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 17:53:02.23 ID:???
頭悪いなお前ら。
1500馬力の栄は技術的には可能だが意味があるか?
どんな方法を使ってもオリジナルの1.5倍の出力絞り出すような物が
オリジナる栄と信頼性が一緒だと思うのか?
手間の割にはパワーも信頼性も無い誉以下の物にしかならないのは容易に
想像つくだろ

203 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 18:18:53.67 ID:???
>>202
誉を設計する前に、リッター当たり50馬力超を実証するために
1500馬力栄を試作、成功しているんだが。
少なくとも誉以上の信頼性は確保できるだろう。

204 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 18:27:15.40 ID:???
>>203
それは初耳。
試作1,500馬力栄のソースはどちら?

205 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 18:35:25.19 ID:???
構造が複雑精緻で設計で無理して構造欠陥も持ってて亀頭増やしたために
燃料噴射しないと均一を保てず燃料噴射は間に合わなかった
のに比べたら

206 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 19:12:30.25 ID:???
18気筒18キャブのエンジン…

207 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 19:48:42.40 ID:???
まあ零戦に誉積んでれば3200kgくらいに収まったろうから
紫電改より1t近く軽いわけで
パワーの落ちた状態でもいいセン行けたのでは?という気も

208 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 19:57:30.12 ID:???
http://ansqn.warbirds.jp/logs-prev/A001/A0004078.html
>>昭和17年初頭に
>>当時の零戦は栄発動機用の高高度デバイスの実験を盛んに行っています。
>>二段二速過給器、排気タービン実験が行われる中
>>BUN

これまじ?初耳なのだが…

209 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 20:00:09.35 ID:???
>>16年後半から17年前半の零戦発動機換装計画は栄の改良型
>>(1400馬力 二段過給器といった諸案)が中心なのです。
>>BUN

ホントかよw
BUNって誰?

210 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 20:12:39.04 ID:???
本当なら、それをやってろよw
って話だが

211 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 20:23:42.52 ID:???
ゼロっていわゆるメーカー公認の改造車みたいなもんだから
さらに発展とかチューンってむりだろ

212 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 21:49:59.28 ID:???
>>210
栄21の熟成にすら難航し、安定するようになるのは昭和18年中頃
などと、そのBUN氏が丸別冊「零式戦闘機 -不滅のつばさ-」で述べています。
リンク先でBUN氏も述べているように、
「ある時期にその計画が期待された事実とはまた別の話」な訳です。


>>209
丸や学研などで執筆している古峰文三氏のハンドルです。
戦鳥の常連としてAnsQなどで活躍していたのが先で、すけどね。
執筆活動自体は副業で、どっかの会社でお偉いさんしてた様な。

>>208
計画上の栄系統の最終形は、1350〜1400馬力級でフルカン接手二段過給器装備のNK1Q/ハ315です。
ブースト圧や回転数が誉2xなみな上、過給器が↑ですから、失敗が約束されていた代物ですね。
ちなみにNK1は栄に対する海軍略号です。

213 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 22:15:54.75 ID:???
誉はアメリカ風に呼ぶとR-2185で、これでR-2800に対抗するのはきついわな。

214 :名無し三等兵:2013/04/09(火) 23:08:31.23 ID:???
キ43性能向上型に関するの昭和16年見積り
・ハ25の性能向上:500km/h
・ハ115 : 540km/h(高度6000m)
・ハ315 : 575km/h(高度8000m)
・ハ45 : 580km/h(高度5800m)

215 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 00:46:27.44 ID:???
>こうして見ると軍板でロールロール言ってる奴がいかに馬鹿か分かるな
>零戦万歳

日本軍パイロットの実戦ではロールなんて使わなかったってのは、実戦で使えないほどお寒いロール性能ってこと。
そもそも、零戦の得意な巡航速度程度の低速旋回性能など、逃げる時にしか役にたたないもの。
ロール性能が必要ないなら、32型や52型の21型22型に対しての存在意義がないだろ。

216 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 01:17:03.23 ID:???
>>215
それは坂井さんがロールが不利だと言ってるだけで
日本パイロットの空戦技能に緩横転(スローロール)などはちゃんとあるよ。
ゼロ戦だってスローロールができないことについて文句言われ
バランスタブや翼端縮をやったんだし(旋回重視なら、52型が22型の翼を引き継いでも良かったはず)

機動の起点となるロールなら、単純なロール率より、想定したコースを外れないような
安定性の方が重視される。
過剰にロールしたり、横滑りを起こすようでは空中戦にならない。
現代の飛行機はロール率だけでなく、そうしたバランスの取り方が非常に優れる。
当時の飛行機は果たしてどうだったのか。
かなり「悪い」んじゃないか。

217 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 07:20:46.65 ID:???
坂井さんが言いたいのはロールを繰り返しながら追いかけるようなことはせず
速度つけたまま一発で射撃位置に着かないと苦しいって感じだと思う
結果的にロールを繰り返しながら追いかけて四苦八苦したパイロットは沢山いただろう。

218 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 07:28:28.58 ID:???
軍スレにBUNを知らない奴がいるとは・・・・・
最低レベルのニワカだなwwwww

219 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 09:28:10.54 ID:???
古峰さんならともかくBUNじゃ通じないだろ
戦鳥スレならまだしも

220 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 11:49:45.46 ID:???
他人をけなすことしか知らないおまいらがなんというマンセーぶりw

221 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 12:17:24.17 ID:c3ozjXzr
ほとんどチハとM4の対戦実績を手荒く悪化させた感じだからな零戦とF6F

222 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 12:39:58.74 ID:???
フンメルの砲を積んだホニとM4が戦った場合に相当するじゃろ

223 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 14:39:00.24 ID:???
>>220そういうことだよ坊や
あとはわかるな

224 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 17:14:31.45 ID:???
わかんねえ

225 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 18:41:05.48 ID:???
零戦64型のテスパイのインプレって無いよね
御存命のうちに○研でも○でも○カロスでもいいから零戦64特集して
パイロットインプレ載せてくれないかなぁ…
昔の第二次世界大戦ブックスの零戦では「テストパイロットは絶賛した」と
書いてたけどあれはテキトーだろうなw

226 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 20:11:31.47 ID:???
>御存命のうちに○研でも○でも○カロスでもいいから

なんだか一つ伏字として機能していない様な…

227 :名無し三等兵:2013/04/10(水) 22:03:44.80 ID:???
時代はMC○クシズ

228 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 01:07:39.67 ID:???
>>225
64型は試験されていない。テスト飛行したのは
52丙型に金星62型エンジンを取り付けた「54型」だ。

金星62型・1180馬力、高度6800m
栄31甲型・ 980馬力、高度6000m
 エンジンの高高度性能が上がり、馬力も200馬力アップしているため
 飛行性能だけ見れば、向上しない理由は無い。
 重量差に関しては胴体の13mm銃を撤去して対応している。
 功罪は不明だが、プロペラは直径が10cm長いものに変えられた。
 
 三菱社内テストとして、昭和20年4月28日、鈴鹿で初飛行。
 操縦性、安定性は零戦62型と似ていた。
 金星エンジンのセッティングに不具合があり、燃圧・油温の低下、油温が過大など
 不具合を検出、オイルタンクを大きくし、隔壁や配管などを改造する。
 
 5月25日、1号機を海軍に引渡し審査開始。また2号機を6月に納入。
 青森県・三沢基地でテスト中終戦。
最大速力304ノット(時速563km)高度5600m
    309ノット(時速572km)高度6000m
連続上昇・高度6000mまで6分50秒〜6分58秒
航続距離・機内燃料で、巡航2時間30分+空戦30分
着陸速度75.5ノット

 量産時は52丙型のボディーはもう製造されていないので
 零戦62型のボディーと金星62型エンジンを合わせ「64型」として製造する予定だった。

229 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 01:13:37.92 ID:???
これ米軍テストやってないのかな
昔なにかで見た米軍テストで52型が600kmってもしかしてこれだったんだろうか

230 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 01:27:19.88 ID:???
エンジン試運転中の天山みたいなカウリング付けた零戦の画像は何時頃撮影
されたのかな?

231 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 03:36:54.36 ID:???
>>230
学研によれば終戦後の昭和20年10月、青森県三沢基地の写真としている。
しかし、54型の写真に関してはフェイク説が根強く、真偽ははっきりしない。
世界の傑作機スペシャル6などは掲載を見送ったようだ。
「丸」は三面イラストは載せたが、写真は載せない傾向。

232 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 09:12:20.40 ID:???
アメリカには54型も烈風ももっと写真埋もれてるだろうになあ

233 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 13:13:46.71 ID:???
浦島太郎みたいに情報に疎い人がいるな・・・

234 :名無し三等兵:2013/04/11(木) 22:50:50.58 ID:???
>>231
フェイク?コラってこと?

235 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 00:40:13.06 ID:???
あのカウル形状と合致する図面は発見された模様。
写真が紹介されたのが1997年で、図面の紹介が2001年。

236 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 00:57:20.07 ID:???
じゃあフェイクとは言えないんじゃ。
>>231の言うフェイク説の出処は?

237 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 01:02:27.99 ID:???
「模様」がその後の調査でやっぱ怪しいって事になったんじゃない?

238 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 01:04:30.60 ID:???
図面なんかいくらでも描けるしな

239 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 05:04:08.45 ID:???
とうてい量産できるレベルでなく
世界最強がここまで堕ちたか、な感しか無い
勝利などほんの一瞬の事
世界最強もあっという間に旧式に転落だ
悪あがき、泥縄の顛末

240 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 07:32:14.02 ID:???
>>237-238
あの形状は既に定着した感があるから、あの形自体は正しいのかと。

241 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 07:36:17.70 ID:???
>>236
従来伝えられていた形状と異なりすぎる上、公開された時の写真が加工しているように見えたから
だったかな?

242 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 07:50:36.04 ID:???
陣風みたいに従来考えられていた想像図と実物(木型)が全然違うなんて例もあったね

243 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 08:07:58.89 ID:???
あまりにかっこ悪いので最近まで公開はばかられてたって話は

244 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 08:36:37.18 ID:???
写真や図面が信じられないんじゃ後は実物を発掘するしかないな

245 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 08:53:14.59 ID:???
どっかの山中の洞窟に隠されたまま眠ってる零戦があるんだろうなぁ

246 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 11:14:10.52 ID:???
山形の山中で迷い込んだ洞窟で旧日本軍のロケット機らしいものを見たという話が
ムーに載ってたな昔

247 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 11:21:27.14 ID:???
裏山にグラマンが(ry

248 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 14:06:23.65 ID:???
B29のエンジンだと言い伝えられた物がA18エンジン(ハ42)だったという話はあったな
四式重爆とバリエーションのキ109しか搭載しなかったエンジンで
仕様や寸法などが知られていなかった物だったと

249 :名無し三等兵:2013/04/12(金) 14:43:11.38 ID:2lODxJPn
ttp://www.warbirds.jp/kakuki/kakjitu/a6m9.htm

250 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 05:09:34.94 ID:MLiVDeU3
大昔「丸」でP51乗りが金星零戦を極めて高く評価してたのをみるともっと早く何とかならなかったのかとは思う。
紫電改よりは多く作れただろうに

251 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 06:31:27.97 ID:???
爆撃で金星エンジンが生産できなかったのに?

252 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 06:47:22.65 ID:???
>>250
三菱全体の金星60型とハ112-2の生産数は、三年で3725台ということだからどうなんだろうね
この中から海軍は彗星33型、陸軍は百式司偵3型と5式戦闘機とキ102に回していた。
どこかの工場に金星の生産を請け負わせないと厳しいのかもしれない。
戦闘機向けエンジンは取捨選択により「誉」になっちゃっていて、
末期になって金星を採用したことは穴埋めにすぎなかった。
誉搭載機の「紫電」か、
堀越さんが言ったように金星零戦の変わりに火星の雷電を生産した方が
妥当だったんだろう。
仮にどうにかなったとすれば、昭和14年〜17年に時点で雷電なんぞ開発せず
零戦の高性能化一本に絞った場合だろうな。
爆撃機用の火星エンジンを戦闘機に回すってのは無駄にハードルが高く時間ばかり浪費している。

253 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 08:23:10.87 ID:???
>>249
仕様は置いといて、胴体銃が無いとスッキリするというか味気ないな。
現実的には「誉」なら機銃のスペースをカットするより胴体径を広げて
大きめのオイルタンクでも置いたが良いと思った。

254 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 09:21:50.48 ID:???
零戦に夢を持ちすぎでしょw

255 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 09:31:48.34 ID:???
>>250>>大昔「丸」でP51乗りが金星零戦を極めて高く評価してた
なにそれ?何年ころの話ですか??ホントならスゲーwじゃないですか
昭和20年台かなぁ…

256 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 09:37:23.15 ID:???
>>254夢持ちすぎたのは現実史のほうだったりw
英独みたくコツコツとひたすらスピットメッサーを改良して最後まで粘る…
というやり方のほうが貧乏国にはにあってたんじゃ…
不完全な誉のパワーでも零戦ならちょうど良かったからとりあえず乗っけて
こつこつと機体強化していく、とか

257 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:01:07.17 ID:???
>>256
ドイツやイギリスもFw190や、タイフーン→テンペストを用意していは居たんだよ
両方とも戦闘爆撃機に使われたけど

258 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:20:23.73 ID:???
グリフォンスピット=誉零戦

259 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:25:57.34 ID:???
スピットはあまり働いていないんだよ、お飾り
BOBの主力はハリケーンだったし大戦後半はタイフーン、テンペスト
旧式のMe109に最新の理論を盛り込んだのがF
たんに強度足したり馬力上げたりだけではお話にならない
しかもだ
零戦は航空機進化の逆を行ってる

260 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:37:42.86 ID:???
>>259
操縦の簡易化、構造軽量化は正統進化だろ。
何もYak-3みたいな軽戦闘機を目指したわけじゃないし。

261 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:44:43.84 ID:???
「桁強化と外板増厚で高馬力エンジンには十分対応できるよ」

262 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:46:41.00 ID:???
つかさー誉搭載機の問題点は誉自体のトラブルで充分に能力を
発揮できなかったに尽きるのに、それを零戦に積んで何か意味があるのか?
パワーの出ない誉じゃエンジン重くなって栄機よりも却って性能落ちるだろ。
おまけに急降下速度増す為に大幅強化するなら益々重くなって・・・
新型機の方が良いって事になる。
ゼロは栄でほぼ完成型で伸びシロがないんだからね。
すべてを都合よく総合的に少し性能アップしたとしても特攻の成果が
多少増える程度でしょ。

263 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:51:07.99 ID:???
1944年位に後継機と入れ替えが始まらなきゃ負けは決定だろ

264 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:53:53.10 ID:???
>>262
パワー出ないっても、最悪まで落ち込んだ誉が高度6000mで1300馬力出るんだから
金星62型(同高度1180馬力)や栄(同980馬力)より上等なエンジンだろう。
重量差は機関銃や弾丸降ろすしか無いが。

一番深刻な問題は、ゼロ戦の燃料が570リットルくらいしか無いことだろう。
誉搭載の戦闘機は800L以上の燃料を積んでるわけで
零戦は一躍、最も行動距離の短い戦闘機に変わってしまう。
零戦の改造に消極的だった原因は、これしか考えられない。
その他はどうにでもなる言い訳だ。

265 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:56:03.61 ID:???
誉で重くなった機首の穴埋めに、がらんどうな胴体後部に燃料積めば、

266 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 10:59:03.38 ID:???
>>265
吊りは他所で

267 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:05:37.80 ID:???
>>266至極まっとうな意見だろw
操縦席後ろにずらして前に燃料積むのは手間かかるし視界悪化するから
仮に現実になった場合後ろに積んだだろ
実際操縦席後ろにタンク付けてるし

268 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:28:08.16 ID:???
>>264
1400馬力栄零戦を艦戦として
金星零戦を中距離局戦として
誉零戦を雷電の代わりの短距離局戦として
この3本立てで行ってればもうちょっと何とか

269 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:34:10.70 ID:???
軽快な零戦が重くなったら零戦にこだわる意味がないからなあ
52型ですでにこんなの零戦じゃねえって言われてたし

270 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:40:00.39 ID:???
疾風や紫電改はアメ機より1t〜2t軽かった
誉零戦は疾風紫電改よりさらに1t近く軽い

271 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:46:21.68 ID:???
>>258
V-1650 → V-2240
R-1700 → R-2185

272 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:52:34.61 ID:???
>>266
航空機の重心は後ろの方が機動性に優れ戦闘機向きなのです
歴史上、名機と謳われた機体は全て機体後方に燃料タンクを装備しています
燃料の減少で大きく前に傾いて移動する重心が機動を助けてもくれるのです

273 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 11:56:13.32 ID:???
意味の考察に必死w
そんなに零戦に夢見てるのが馬鹿w

274 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 12:12:24.27 ID:???
つか燃料タンクが後方で重心が移動って何の問題もないだろw
何の為の水平尾翼のトリムタブだよw

275 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 12:23:42.53 ID:???
P-51は胴体タンクに燃料が残ってるときはバランス悪くて空戦禁じられてたんだよな

276 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 12:24:44.19 ID:???
>>273東洋の持たざる国が作った無のファイター
防弾も無線もなにもかもそぎ落とし捨てた代償に驚異の身軽さを得た機体で
無の境地になって己の命を捨てて戦った忍者ファイター達
だからこそ世界に感銘を与えたのだろう

277 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 12:29:41.21 ID:???
>>275
P-51の場合層流翼でニュートラルポイントまでの余裕がないからだろ

278 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 12:35:55.86 ID:???
これだからゲーム脳な最近の子供はw
昔のガキは誰でも模型ヒコーキ飛ばしてたから重心下げ過ぎたらどうなるか
なんて常識だったのだがw

279 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 12:49:58.51 ID:???
とにかく誉零戦は頭重くなるんだから後ろに燃料200gくらい積んだって全然おk
ってことだ
あの無駄な空間が生かされていいじゃないかw

280 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:02:56.17 ID:???
あそこは出張先でもらった鶏や鯛を積んで帰る大事な空間…

281 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:09:00.84 ID:???
後部に燃料タンク積んで重くなったら全く意味無し零だろ。
そんなのワザワザ作って何だって言うんだ?

282 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:09:18.05 ID:???
>>278
模型ヒコーキと実機を一緒にするバカ発見w

283 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:16:51.76 ID:???
理論的に考えて誉零妄想厨房は
金星厨房よりも馬鹿だな。
紫電改・疾風以下はおろか栄零以下の戦力にしかならないなんて
少し考えれば明白なのにwwwwwww

284 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:21:20.82 ID:???
理論的に返せないからって勝手に壊れてんじゃねえよwwwwwww
悔しかったら航空工学的にどこが明白なのか考察してみろよ

285 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:34:16.35 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=_qqzq8tcJpE
おまいらいいかげんにしろ

286 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 13:35:23.79 ID:???
>>272
>>274
離陸や水平飛行は良くても機動には問題がある。


世界の傑作機P-51ムスタング,D型以降
21ページ★燃料
>1943年末からP51AB,Cに採用された85gal(321.8リットル)のタンクを標準装備している。
>ただし,この胴体タンクは重心位置から離れているため,
>残量に合わせ常に重心位置の微調整が必要(むろん急激な機動などできない)で,
>容量も実際は65gal(246リットル)に制限されていた。

世界の傑作機P-51A,B,Cムスタング
50ページ P-51B操縦法
>飛行中,本機は安定した姿勢を保ちうるが,胴体内タンクが満タンの場合はやや不安定で,
>少なくとも48U.S.Gal(約182リットル)消費するまでは,急激な運動を避ける。
>合わせて両翼下に爆弾,もしくは落下タンクを装備した場合も,充分な注意を要する。

287 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 14:18:42.84 ID:???
>>278
一応>>272のような発想は零戦32型設計に関わられ一式陸攻の設計リーダーだった本庄季郎さんが
光人社NF文庫、軍用機開発物語65ページで解説されている。
ただし爆撃機や輸送機向けの思想であって、木製哨戒機 大洋の設計に導入したという内容。

重心は主翼弦長の30%より前方でないと縦安定が乱れるとされてきたが
模型飛行機では重心が後方に寄り、尾翼が大きい方が性能が良くなっていた。
本庄季節さんは、グライダーでこの効果が従来型より優れたことを確認。

一般的な機体より大型の尾翼で縦安定を保つことにより
機体の重心を後退させつつ、主翼前縁まで燃料を積めるようにする。
こうすることで、小翼面籍の翼かつ胴体の突出が小さな機を作るとのことだった。

戦闘機でやるとソ連邦のI-16みたいになってしまいそうだが。

288 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 14:43:36.65 ID:???
実際にはそんな都合のいい輸送機も存在しないけどなw

289 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 14:51:54.19 ID:???
>>288
いや、大洋も重量物自体は主翼に積んでるんだろ
後部胴体じゃなくて

290 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 14:57:33.84 ID:???
>>模型飛行機では重心が後方に寄り、尾翼が大きい方が性能が良くなっていた。
揚力尾翼は滑空機の場合だぞw
運動するヒコーキに使うにはF16を待たねばならんw

291 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 15:30:13.79 ID:???
>>290
縦安定のエピソードなんだから普通にマイナス揚力で押さえつける尾翼だろ
要するに重たい頭をデカい尾翼で持ち上げる
よって支点は後退する

292 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 15:39:41.88 ID:???
わざと言ってるんだよな?な?…

293 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 15:58:33.92 ID:???
わざわざ超音ジェット機やら誰も話してないケースを持ち出す方が的外れだ

294 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 16:07:53.70 ID:???
ジェット機とプロペラ機では常識が全く異なるからな
プロペラ機で成立した事が逆効果になる場合が殆ど

295 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 16:18:50.21 ID:???
>>291
>模型飛行機では重心が後方に寄り、
頭は軽くなるんだが…

296 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 16:27:35.83 ID:???
まあその話、元ネタ自体おかしいよw
昔の技師より今のミリオタニートのほうがよく知ってるってこともあるよ

297 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 16:38:50.79 ID:???
重量物を重心近くに置くのは運動性よりも強度の都合
重心より遠くの物を支えるには強度が必要になる
あと
常識として尾翼はマイナス揚力な事は知っておこう
過速度時に勝手に機首を上げるなんてのもここから来る話

298 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 17:14:10.03 ID:???
おまいら、ホミャレとか禁制ばかりじゃなく、
たまにはDB601改を積んだ液冷ゼロ戦も、妄想してやれよ。

299 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 18:19:54.96 ID:???
荒蒔義次
・・・諸装備をつけ、タンク容量を大きくした結果は重量の増加、
重心位置の後退などのため上昇性、旋回性が低下し、
急降下性が勝っていたくらいに後退してしまった。

300 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 18:52:53.20 ID:???
>急降下性が勝っていた

何に対して勝っていたの?

301 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 19:49:46.15 ID:???
>>300
>>299は三式戦の試作機から量産型の変更点の話で
P-51との比較

302 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 20:19:48.19 ID:???
飛燕ごときがP-51とくらべものになるのかよw

303 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 20:30:16.45 ID:???
>>264
>金星62型(同高度1180馬力)や栄(同980馬力)より上等なエンジンだろう。

金星62のカタログ値だと、1250馬力/5800mかと。
金星62の過給器は、インペラの直径が火星23や誉などと同じ320mm、
公称2速での回転数は誉11の約21,700rpm、火星23の約22,800rpm、誉21の約23,900rpmに対して、金星62は約23,700rpm。
数値的には、火星23よりも上で、誉21に類する過給器を取り付けている事になります。

304 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 20:53:35.74 ID:???
>>264
>数値的には、火星23よりも上で、誉21に類する過給器を取り付けている事になります。

>303では↑の様に記したけど、能力面だと少し状況は変わりそうです。
公称2速のカタログ値から逆算すると、下記の様に誉11と誉21の中間といった雰囲気です。

・火星23:気圧の増幅率 約2.55倍
・誉11型:気圧の増幅率 約2.74倍
・金星62:気圧の増幅率 約2.91倍
・誉21型:気圧の増幅率 約3.18倍

所要吸気量が、吸気温度の変化を無視して試算した場合、
火星23の約1680g/秒、誉11の約1620g/秒、誉21の約1860g/秒に対し、金星62の約1380g/秒
と他に比べ格段に少ない事も加味すると、2速全開高度はもっと上でも良さそうな程です。

305 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 21:27:57.86 ID:???
>>302武装も無しの試作機時代はP51と全く同等(*主観)という評価だったから
エンジンがP51並に馬力あったらタメ張れた可能性は十分ある(*主観)

306 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 21:31:13.96 ID:???
>>305
お前の主観かよw
ならエンジン出力があがった五式戦ならどーなんだよw

307 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 21:40:13.21 ID:???
>>306
>299からの流れだと、荒蒔義次氏の主観のような

308 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 21:58:28.27 ID:???
>>305
君、頭悪すぎ。

>キ61をテストした荒蒔氏はその手記で、
>キ61試作機を無装備でかつオリジナルのDB601装備であった(これは異説あり)と前置きし、
>「操縦性と格闘性」はのちに手に入った「P-51Cとまったく同じくらい」と述べています。
>また
>「諸装備をつけ、タンク容量を大きくした結果は重量の増加、重心位置の後退などのため上昇性、
> 旋回性が低下し、急降下性能が勝っていたくらいに後退してしまった」としています。

>さて
>手記では荒蒔氏は続けて、五式戦を評価するコメントを残しています。
>「この大きな原因は、馬力過重、翼面荷重の増加によるもので、ハ112を取り付けた五式戦は重量が軽く、
> 馬力が向上したため前面抵抗による速度の若干の減少以外は初期のキ61に近くなり、
> わずかな期間ではあったが、航空審査部でわれわれは大気炎をはいたものである。」

309 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 22:00:18.53 ID:???
>>305ゴメン
頭悪いのは>>306と俺かな。

310 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 22:08:48.86 ID:???
零戦の重心位置は、零戦取説によると
A6M3 の[第1隔壁〜重心]の距離 : 自重 +0.125m(17.7%)、正規 +0.290m(26.0%)、過荷重第3 +0.318m(27.3%)
A6M5 の[第1隔壁〜重心]の距離 : 自重 +0.147m(18.4%)、正規 +0.319m(26.8%)、過荷重第3 +0.343m(28.0%)
A6M5cの[第1隔壁〜重心]の距離 : 自重 +0.174m(19.7%)、正規 +0.351m(28.4%)、過荷重第3 +0.379m(29.8%)
A6M7 の[第1隔壁〜重心]の距離 : 自重 +0.276m(24.7%)、正規 +0.453m(33.5%)、過荷重第3 +0.472m(34.4%)

A6M7は、内袋式タンクを使用して、胴体タンクの重量および第一隔壁からの距離が
従来の3.0kg/0.225m → 43.0kg/2.395m に変化する想定での値。
(重量増は翼内タンクもあり、また重心後退要因は燃料タンク以外にもあるけど)

311 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 22:29:56.35 ID:???
>310の括弧内のパーセント表記は、空力平均翼弦(MAC)に対する重心の位置を
MAC前縁からの比率で表示しています。

312 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 22:56:19.60 ID:???
エンジンを換装して重くなると、戦闘機における荷重係数の指標である、
全備で7G、安全率1.8をクリアするのに、
機体補強が必要になる、ということは無いのだろうか。

313 :名無し三等兵:2013/04/13(土) 23:41:32.33 ID:???
>>312
機体補強により、重くなるでしょうね。

零戦21型→零戦32型では、0番〜1番隔壁の区間が削除され、換装による重量増が判り難いので、零戦52丙→零戦54型を参考にすると、
・零戦52丙:自重1970kg/発動機590kg/自重-発動機1380kg
・零戦54型:自重2150kg/発動機675kg/自重-発動機1475kg
発動機が約1.14倍になった事に伴い、自重でそれ以外の部分(含むペラ)が約1.07倍になった事になります。
栄21(590kg)→誉(830kg)で約1.41倍に増えますが、これに応じてその他部分も比例で増大した場合、約1.19倍となり
自重の値で見ると、2480kg弱が上記計算での期待値となります。

燃料が零戦52丙相当で機首機銃を削除した場合、全備は約3500kgで翼面荷重164kg程、航続時間は1速全開で0.7時間弱といった所です。
1速全開で1.0時間相当の燃料等を搭載した場合、全備は約3630kgで翼面荷重171kg程、となります。

314 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 00:08:11.87 ID:???
54型の3150kg+エンジン差分でなんとか3300kgくらいに押さえて欲しいなぁ
紫電改より0.5t軽ければ優位性あるだろうとなんとか言えるよね

315 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 00:21:55.62 ID:???
ペラが、四枚化+高剛性(振動対策)化の必要もあるので、
機体補強を最小限に済ませ、タンク増量を避けたとしても、
全備3.4tを切るのは難しいような気がする。

316 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 00:56:14.09 ID:???
最高速は、誉が1460馬力/5700mを発揮の条件下で、零戦52丙を基準に計算すると
 全備3.4t級で仕上げる場合、580km/h台後半
 全備3.5t級で仕上げた場合、580km/h台前半
 全備3.6t級で仕上げた場合、570km/h台中盤
といった感じになりそう   >誉換装版零戦

>214のキ43性向型試算の、ハ115版540km/h → ハ45版580km/h に近い線ですし、
多少は外しているかもしれないけど、目安としてはこんな感じかと。

そして全備3.6t級での想定値だと、速度は零戦54の572km/hと大差なく、
馬力荷重が零戦54の0.48馬力/kgに対して0.5馬力/kgなので、上昇力も大差ない雰囲気です。

317 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 03:59:25.12 ID:???
>>316
誉22型装備、三菱主張1300馬力・6000mで
翼面積30.86平方mの烈風が574km/h・6190mも発揮している。
一体何がゼロ戦、隼の水平速力の足を引っ張っているんだろう。
翼断面、平面形は失速性は左右したと思うが
大きな面積を覆すほど低い抗力で済んだとは考え難い。

318 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 08:22:10.68 ID:???
>>316いくらなんでももっと出るだろ…
紫電改試作機の620kは超えないと

319 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 11:23:47.58 ID:???
>>317-318
A7M1は、でか過ぎた上に出力低下が響きイマイチな速度となりましたが、逆にその条件の割りに高速なのですよ。
1300馬力で574km/h@6190mと、1250馬力で572km/h@6000mのA6M8(零戦54)に近い値ですから。

ちなみに「零戦」に堀越氏が記した抵抗係数だと、A6M5の0.0215に対して、A7M1の0.0207となっています。
抵抗係数ではなく、直接速度に影響する 抵抗面積÷ペラ効率 を「零戦」の記述から求めると
A6M5が0.60u、A6M5aが0.62u、A6M5bが0.64u、A6M5cが0.68u、A6M8が0.74u
J2M1が0.69u、J2M2 が0.72u、A7M1 が0.89uといった具合になります。
(A6M5a/A6M5b/A6M5c/A6M8の値は、「零戦」での計算内容を参考に、カタログ値から逆算しています)
(空気密度が標準大気よりも大きめとなっていましたが、同じ高度の機体があるので、「零戦」の値に合わせています)
抵抗係数が小さいので、A7M1は大きさの割りに抵抗が小さいのですが、大き過ぎて抵抗自体はやや大きめ、
ただし速度への影響は三乗根で効くので、速度はA6M8なみに落ち着く、といった感じです。

あと零戦ですが、A6M5→A6M5a→A6M5b→A6M5cの抵抗増を見ると、重量増に対して結構リニアに抵抗も増えています。
軽さで空気抵抗を誤魔化していた風で、設計の古さが現れているのかもしれません。
それ故、誉版零戦の推測値も、重量増の影響で遅くなることを盛り込んでいます。

繰り返しとなりますが、中島のキ43性向機試算で、ハ115版540km/hに対してハ45版が580km/hとなっているので、
294ノットのA6M5cを元に誉版零戦の試算を行うと、軽量に仕上げた場合580km/h台後半、重量が嵩む場合570km/h台中盤
といった線は極端には外していないと思いますし、620km/h超は無理っぽいです。

320 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 13:06:23.01 ID:???
>>317-318
一つ忘れていたので、補足します。

全機抵抗に占める、主翼やエンジン+オイルクーラーの割合を見ると
・零戦32 :主翼 約41%、エンジン+オイルクーラー 約16%
・Fw190A:主翼 約34%、エンジン+オイルクーラー 約15%
・キ94  :主翼 約31%、エンジン+オイルクーラー 約14%
零戦は、大型の主翼+小型エンジン の組合せなのに、エンジン周りの比率が大きいです。
本来比率が小さくなる組合せで、逆に比率が大きいということは、この部分の処理が拙いことを伺わせます。

ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/345/27/N000/000/000/52cowl30810061.JPG
零戦は、初期NACAカウリングな形態なので、↑のようにカウル内側前縁の翼化が未実施で、雨樋のような形状になっています。
エンジン冷却用に取込んだ空気が、この部分で乱れ、空気抵抗増を招いていたのではないか、と予想します。
一方、Fw190Aの場合、零戦同様に翼化は未実施ですが、前縁で巻き込んだ空気の流れを利用して、オイルクーラーを配置し、
オイルを冷却後にそのまま機外に排気しているので、弊害は最小限で済んだのだと予想します。
キ94のカウル断面は見たことが在りませんが、WW2末期の機体ですし、銀河や流星のように前縁の翼化は実施されていたでしょう。

史実での栄版零戦や金星版零戦などでは、カウル前縁の処理が不充分でしたが、
見方を変えると誉版零戦では、冷却後の排気の部分も含め銀河や流星などの処理を導入出来たら、空気抵抗軽減の余地もあると思います。
とはいえ、620km/h超は難しいと思いますが。

321 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 13:22:03.53 ID:???
雷電や紫電、紫電改の抵抗係数はどれくらいだろう。

322 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 13:56:51.54 ID:???
>>321
雷電は、「零戦」によるとJ2M1が0.0241、J2M2が0.0265、です。
火星23の全開高度が4100mではなく5450mとなっており、A7M1と異なり出力の条件悪化が盛り込まれていないし、
ペラ効率も高め(振動対策ペラだと15%程ペラ効率が悪化)だから、やや大きめな数値になっているかも。

紫電や紫電改は値が出ていない上、同じ高度でのデーターも「零戦」の一覧表で無いので、単なる目安程度だけど
紫電の583km/h(高度5900m)や紫電改の594km/h(高度5600m)が出力1460馬力で達成しているとして、
ペラ効率が一覧表のJ2M2並(0.74)だった場合、紫電が0.026強、紫電改が約0.024
ペラ効率が一覧表のA7M1並(0.72)だった場合、紫電が0.026弱、紫電改が0.023強
といった感じです。

ついでに抵抗面積÷ペラ効率を更に全備で割ると、A7M1や紫電改は零戦の9割程度になります。
J2M2や紫電は零戦並ですけど。

323 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 15:05:50.77 ID:???
誉零戦結局20mm4丁積んだら3.7tくらいになっちゃうのか…
それなら紫電改のほうがええわw

324 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 17:56:58.58 ID:???
13mmを締めて20mm2門で我慢すれば3150kgで収まるだろう
これくらいの重量に収まれば旨味がある
1式戦に誉積んでくれと言った陸軍は聡明だった
20mm2門の誉隼なら3tに収まっただろう

325 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 18:47:26.40 ID:???
20mm×2の弱武装とかアホかと。
しかも13mm諦めたぐらいで3.2トン切れるかよ

326 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 19:06:56.86 ID:???
誉積むなら600キロ級でないと
隼も零戦も翼形600キロ級じゃあないもんねえ
資源の無駄っぽい

327 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 20:24:39.96 ID:???
新規設計最良で疾風+ちょいまで
疾風はペラと翼厚を妥協しているのでもう少し上も望める
ただあの時期に20mm2門はあまりに貧弱
日本機は12.7mmで落ちたけど米機を13mmで落とすのは困難、20mmも2門では当てるのが難しい
防弾は敵により大きく重い武装を積ませるという副次効果がある

328 :名無し三等兵:2013/04/14(日) 23:18:24.66 ID:???
>>326
>隼も零戦も翼形600キロ級じゃあないもんねえ

では疾風や紫電改は600キロ級の翼形なのかい?

329 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 00:12:24.61 ID:???
能動空力弾性翼を見せたら堀越はなんと言うだろう
こう都合よく主翼を捻るのは無理かな
ならばいっそエルロンはバランスタブとして主翼を捻ってロールしたら驚異的なロールレート

330 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 00:19:56.23 ID:???
空力は疾風+α、戦闘能力では紫電改以上は望めない
日本は精一杯やった
魔法は無い
どうしても妄想を止められないなら紫電改のフィレットを取れ、カウルを伸ばせ
600km/hは超える
どう見ても紫電改の層流翼は機能していない、彩雲の主翼持って来い
650km/hいけるか

331 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 00:31:20.88 ID:???
つまり、
疾風の胴体+紫電改の主翼+彩雲の翼型=700km/h最強戦闘機誕生!
というわけですねわかります

332 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 05:23:03.69 ID:???
彩雲ベースで単座戦闘機を妄想したらいいよ

333 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 05:49:38.95 ID:eek1hmfK
>>330
>>332
彩雲の主翼の性能だって機銃を積んでないアドバンテージがあってのことだろう。
胴体に機銃集中させると太くなるし、形状の工夫で抵抗を改善させるのは無理だと思う。
陸軍だが飛燕なんかは、翼断面変えても性能は伸びず
結局作り易い翼断面が一番って結論になっている。

334 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 08:30:10.67 ID:???
>陸軍だが飛燕なんかは、翼断面変えても性能は伸びず

変えたっけ?20mm入るようにしただけじゃ?

335 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 09:07:59.96 ID:???
翼弦長伸ばしてるから断面は変わっているのは確かだが
その結論は妄想過ぎるだろw
層流翼使おうとした部下を叱ってはなから使ってないんだからw

336 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 09:39:30.45 ID:???
そもそも彩雲は、極端な軽量化の影響で荷重制限が厳しくて戦闘機には向かないしな
4Gも掛けると確実に空中分解する脆弱な機体だった、でも偵察に特化した割り切りは見事だよ

337 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 09:39:35.98 ID:???
まあ誉・零戦を妄想するなら末期の頃じゃ全く意味も無いし戦力にならんだろう。
考えるなら誉が実用化可能で紫電の開発が機体側の不具合でもたついていた
時期に手っ取り早く急造誉・零戦だったら少しは戦局は有利になったかどうかを
議論できる程度だな。
それには急造と言っても日本の開発力を考えるとそれに割くリソースが
他の機体開発遅延に影響あることも考えないとね。
手っ取り早くMk-Xに二段過給マーリンを載せて最低限の改造をした
Mk-\を送りだしたスピットのようにはいかないよね。

338 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 09:40:42.77 ID:???
飛燕2型で翼弦長伸ばして翼面積増やしたのに旋回性落ちたというのは、
弦長短いほうが高迎角でも気流剥離しにくいからってことでおkですか

339 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 09:55:45.45 ID:???
>>336
>4Gも掛けると確実に空中分解する脆弱な機体だった、

海軍規定の彩雲の荷重係数はいくつですか?

340 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 10:34:36.22 ID:???
偵察機をわざわざつくらなければ
敵の主力戦闘機から逃げ切れない時点で
戦争なんか勝ち目内と思います

341 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 11:04:25.04 ID:???
>>339
彩雲の取説によると制限荷重倍数3.5Gまで、世傑の彩雲にも同様の記事があったかな
斜銃装備の彩雲夜戦でも、引き起こし操作を行うと3.5Gを簡単に超えるので怖かったという
操縦者の証言もあったはず

342 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 11:41:53.22 ID:???
>>341
彩雲の取説って何に載ってるの?

343 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 17:25:17.53 ID:???
>>340
ではアメ公の偵察機は日本軍の戦闘機から逃げ切れたの?

344 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 18:01:54.78 ID:???
一方アメリカはB29で10000mをジェット気流に乗って700km/hで偵察した
新司偵も沖縄上空10000mで偵察したらアメリカ戦闘機は登ってこれなかったらしいから
お互い様かw

345 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 18:10:07.48 ID:???
>>341
それに安全率が掛かってるから本当に3.5G制限だとしても
安全率の倍数のGで数秒間破断せず元に戻らなければならないよ

346 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 18:42:48.52 ID:???
適材適所。
強行偵察機は速度を利して逃げ切るのが信条。
空戦を容易にこなせる強度は無駄。
彩雲も百式の防空戦闘機タイプは苦し紛れのアダ花。

347 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 18:47:32.50 ID:???
速度は戦闘機の能力の一つに過ぎないが、
日本戦闘機は速度に関しては得意分野だはない。
米軍が優速戦闘機ベースのF5やF6で充分だったのに対して
専用機を作る事を強いられたのは痛い。
現地改修の零戦の写真偵察タイプのあったが、
そもそも零戦は速くはないからね・・

348 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 18:49:57.88 ID:???
高高度を飛来するFー13には手を焼いていたのは事実だが、
零戦での撃墜実績もあるから手も足も出なかった訳ではない。

349 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 19:04:06.02 ID:???
>>335
プラスチックみたいにツルツルの表面なら層流翼断面は低い抵抗を示すのだろうが
前縁に銃口、上面に点検窓が幾つも設置された翼で、本当に抵抗減少を目的に層流翼を選んだりするのだろうか。
スペースなどの理由で厚い翼断面を設けたいが、ただ厚いだけでは衝撃波が発生しやすく進んで使いたい物ではない。
漠然と似たような厚比なら、新しい翼型の方が衝撃波に強いと考えていたのではないだろうか。

350 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 19:25:23.20 ID:???
>>342
過去レスにある

653 : 名無し三等兵 : 2010/02/10(水) 01:28:47
強度がないと
別に回らなくても降下引き起こしすらできないからねえ

彩雲夜戦に乗ってた人も高速で降下してB29の腹の下に潜り込んで
引き起こすとすぐに3.5Gを超えるので機体破壊が怖かったと手記に書いてる

432 名前 : 名無し三等兵 2011/10/11(火) 02:45:04 ID:???
>>429
彩雲の取説では引き起こし強度3.5Gだったかと
これは艦攻の天山と同じ

351 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 19:27:01.94 ID:???
速度があれば死ぬ確立が飛躍的に減るから
貧乏のせいで運動性に比重置いた日本はなおさら負けて当然
敵機より100`以上早い機体持ってるのに一方的にやられるなんて
どこかの継続戦争のソ連くらいだろ

352 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 21:50:17.01 ID:???
>>348それ高高度じゃないだろw

353 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 22:37:00.78 ID:???
自演までして現用機スレを荒らすのはやめろ

784 名無し三等兵 2013/04/15(月) 19:01:38.82 ID:13XSycar
優美だが脆弱な零戦よりも無骨だけど生還の可能性が高いF6を
パイロットが選ぶのは理解できる。

785 名無し三等兵 sage 2013/04/15(月) 19:22:42.76 ID:???
零戦はあの桟だらけのキャノピをみればわかるとおり優美ではないし、脆弱でもない
真っ直ぐ飛んでいるだけで空中分解した隼初期型なら脆弱と言っても構わないが
F6がヘルキャットの意味なら、あれは当時の米海空軍機のどれよりも工作がよく
モスキート並みの平滑な仕上がりで、無骨な部分はまったくない

786 名無し三等兵 sage 2013/04/15(月) 19:59:49.33 ID:???
ttp://cdn-www.airliners.net/aviation-photos/photos/3/5/8/1360853.jpg
ttp://cdn-www.airliners.net/aviation-photos/middle/1/2/8/1874821.jpg
ttp://www.geocities.jp/yoyuso/f6f/f6fwa01.jpg
ttp://svsm.org/albums/f6f-5k/P1450569.jpg

788 名無し三等兵 sage 2013/04/15(月) 20:50:05.65 ID:???
>>786
第二次大戦当時とすれば驚異的な平滑さだね
下手をすれば初期のジェット機等よりも平滑かも知れん
今のタープロ機でもここまで美しい仕上げの機体は稀だろう

790 名無し三等兵 sage 2013/04/15(月) 22:05:05.71 ID:???
紫電なんか、遠目でみてもデコボコだからなぁ
日米とも女子校生が現場で鋲打ちしてたのに、なんであんなに差がでたんだろ

354 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 22:57:32.74 ID:???
>>347
>現地改修の零戦の写真偵察タイプのあったが

なのでフィリピンでは単座の紫電が改造されて写真偵察に使われてたね。

>>352
F-13は偵察機なので高高度でしか飛来してないよ。
高度のソースある?

P-38改造のF-5がブインの零戦相手にポロポロ落とされてるのも事実なんだよねぇ。
速度が速ければ落とされないと勘違いしている人がいるみたいだけど。

355 :名無し三等兵:2013/04/15(月) 23:20:58.95 ID:???
梅本の本読むと偵察に来るP-38を取り逃がしてる例の方がずっと多いぞ

356 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 00:03:37.76 ID:???
高度上げて来られるようになってからはほとんど捕まえられなくなったんじゃね?

357 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 00:33:51.93 ID:???
>>353
別に間違った事は書いていないようだが…
実際、F6Fの機体表面の仕上げは同時期の米軍機中でも最良だろう

358 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 00:42:48.27 ID:???
>>335
>翼弦長伸ばしてるから断面は変わっているのは確かだが

機関砲収納用に翼厚をアップしつつ、翼型を維持するために、翼弦長を伸ばしたのかと。
以下は、学研「三式戦『飛燕』・五式戦」から

>また、昭和17年6月5日には、土井技師から、
>現在の主翼には20mm機関砲ホ5の機関部は収容できないとの報告が出されている。
>収容するには機関部の部分で主翼の翼厚を100mm程度にする必要があり、
>翼型の関係上、翼弦を拡大し翼面積を拡大する形で改設計しなければ
>20mm機関砲は搭載できないとの説明がなされている。

「翼型の関係〜」を、翼型維持(相似形で翼断面を拡大)、と読替える事が出来るだろうから。
層流翼どころか、過去の失敗事例を重視してNACA230**系でさえ消極的な土井氏なので、
翼厚比変更( = 翼型変更)は避けるのは、いかにも在りそうだし。

359 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 00:44:08.18 ID:???
>>338
>飛燕2型で翼弦長伸ばして翼面積増やしたのに旋回性落ちたというのは、

2型翼は、製造されていない可能性もあるみたい。

学研「三式戦『飛燕』・五式戦」の受け売りとなってしまうけど、
2型翼→従来翼の切換え時期といわれている頃は、ハ140のトラブルにより全力試験など出来る状態に無く
(従来翼に切り換った9号機や10号機は、しばらく首なし状態で放置とか)
2型翼とされる7号機8号機と、従来翼変更タイプとされる9号機10号機を纏めて扱っている試験記録でも、
7〜8号機の翼型について注記しているものは見当たらないようです。

360 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 01:02:47.52 ID:???
>>341
荷重試験の場合、保安荷重 x 安全率 が合格基準でだから、試験に合格した機体だと
保安荷重 x 安全率 x 耐荷強度係数 (※耐荷強度係数は1以上) の耐荷重を確保している事になるかと。
零戦の取説の場合、荷重試験成績には安全率だけでなく耐荷強度係数も記されているのだけど、
彩雲にはどう記されているのでしょうか?

361 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 01:22:29.05 ID:???
>>341
ホントに取説見たのか〜?
2ch過去レスがソースかぁ〜?

362 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 01:43:17.34 ID:???
>>355
だから「ポロポロ」と表現したのさ。
優速の偵察機でも撃墜されるという話。

363 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 01:46:54.70 ID:???
>>362
梅本本読んでるの?

364 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 02:13:49.60 ID:???
>>362
>優速の偵察機でも撃墜されるという話。

素晴らしい!
ソースは何?

365 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 05:40:28.64 ID:???
>>364
そこに出てる梅本本に出てるよ。
短期間に一人でF-5を2機撃墜した猛者までいる。

366 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 07:34:00.53 ID:???
米軍がMig25落としたじゃん
罠を張り待ち伏せ

367 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 08:37:56.96 ID:???
何時間も追いかけて敵が速度を落としたところを狙うって
まぁレアケースだな

368 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 08:42:41.23 ID:???
>>367
ところが何時間も追いかけずに撃墜なんて例もあるんだよね。

369 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 08:56:21.63 ID:???
いずれにせよレアだわな
追いつけずに追跡諦めた話が多数ある以上

370 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 09:07:39.39 ID:???
梅本本には1943.2-7 で F5の撃墜例が3回あって
2/14 バラレ  哨戒当直の小隊4機で20ミリを全機がほぼ全弾打ち尽くして撃墜
6/20 ラバウル 上空哨戒中の6機で8000mに発見、追撃 3機は引き離され落伍するが長機の近藤飛曹長が後下方から50mまで接近、撃墜
6/26 ウラモア ラバウルから204空・251空計7機が追撃、高度9000m、補足できなかったがここでも近藤飛曹長が1時間追跡、撃墜
ほかにもあるかな

371 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 09:11:35.69 ID:???
優速の偵察機だって絶対じゃないから撃墜例は珍しくない。
常にトップスピードで飛んでるわけじゃないんだからw
P-51に対して優速のはずの偵察型Ar234のパイロットの話だと
先に相手が加速しだすと振り切るのは容易ではないから
常に警戒をして先に加速し出さなければ生還の可能性が低くなると。

F-13の撃墜はたしか9,000km以上の高度だったよ。
予め高高度をとっていた零戦が上手く遭遇できた稀な例だけどね。
そういうケースもある。

372 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 09:35:29.58 ID:???
当時のジェットエンジンの加速の悪さは常識かと思ってたが違うのか?

373 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 09:40:33.41 ID:???
>>370
四機タコ殴りと
近藤スーパーマンがいなけりゃ逃げられてたw

レアレアw

374 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 09:55:32.69 ID:???
>>368
説明してくれた>>370もアンタか?

375 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 15:33:51.14 ID:???
栄21の過給器インペラちっちぇーなw
あんな小さくちゃ駄目だろ
直径2倍くらいあれば高空でもうちょっとましになったんじゃないの

376 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 15:50:54.24 ID:LoU6YdpI
一時間も追い回されて撃墜されたんじゃ。搭乗員の恐怖も半端なかっただろうね。

377 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 16:46:06.52 ID:???
>>375
>>195

378 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 18:58:57.08 ID:???
>>376
一時間も追い回される訳ないだろ
頭悪すぎ

379 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 19:01:39.64 ID:???
発狂しそうw
パイロットの回想には1時間の追跡くらいちょくちょく出てきますよ

380 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 19:08:03.20 ID:???
>>379
ソース出せないハッタリは止めとけ

381 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 19:08:24.71 ID:LoU6YdpI
>>378
お前がな。上をみろよ。バ〜カw

382 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 19:11:31.76 ID:???
>>381
止めておけ
長時間密かに追って撃墜する話が他にもあるから
言ってるんだよ

383 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 19:17:38.71 ID:???
「密かに」ってのがポイントね

384 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 19:52:29.25 ID:???
F6F-5ってなんでキャノピーの後方視認用窓を削除したんだろう?

385 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 20:21:38.10 ID:???
後ろが見えないというのは
互いの相互カバーの重要性を強調し
単独で行動するアホが減るから悪いことじゃない
ドイツのメッサーなんか視界が悪いせいでロッテが徹底された

逆に後ろが見放題の日本機は坂井含めて馬鹿ばっかだろ

386 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 22:23:22.37 ID:???
>>384
あれ明り取りだよ
あんなので後ろ見えるわけないじゃん
つーかF6Fは後方警戒レーダーついてなかったっけ?

387 :名無し三等兵:2013/04/16(火) 22:25:51.47 ID:???
>>374
370だが別人だよ

388 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 00:02:49.31 ID:???
>>後方警戒レーダー
なんというオーバーテクノロジーw

389 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 00:04:16.47 ID:???
結局、レアレア騒いでた変人はソースも無しに騒いでただけか。

390 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 00:19:20.33 ID:???
>>375
インペラ径の順
 ハ40   : 260mm ←三式戦T
 ハ140  .: 270mm ←三式戦U
 栄12型 : 290mm ←零戦21
 ハ43-11.: 290mm ←烈風
 栄21型 : 305mm ←零戦x2 &一式戦U
 ハ109  .: 310mm ←二式単戦U
 火星23 : 320mm ←雷電x1
 ハ112-2.: 320mm ←五式戦
 誉x1型 : 320mm ←紫電改&四式戦
 ハ43-51.: 335mm ←烈風三速

391 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 00:46:45.34 ID:???
>>389
>>370

392 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 01:57:53.63 ID:???
>>390みんな小さいなぁw
マーリンとか巨大じゃなかったっけ

393 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 01:59:45.01 ID:???
>>391
それってレアレア喚いていた>>369とは別人だよ。
このバカがソース無しに騒いでたのは滑稽だなw

394 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 06:43:10.79 ID:???
>>388
はぁ?
P-51はついてるよ
あんなのVT信管にブザーつないだ程度の物だ
どこがオーバーテクノロジーなんだ?

395 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 07:09:37.44 ID:???
>>393
残念ながら同期間に24回取り逃がした記録が出てくる
よほどの運がないと追跡困難なんだよ

396 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 07:28:59.18 ID:???
27回中3回撃墜。
撃墜率10パーセント以上
どこがレア?

397 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 07:35:46.21 ID:???
>>395
ドイツ本土爆撃で米英軍の未帰還率が2.0%
日本本土爆撃でのB-29の未帰還率は1.4%
朝鮮戦争におけるB-29の未帰還率は0.16%

ソロモンでのF-5による偵察任務は相当危険な任務のようだが
レアってのは何と比べた数字なんだい?

398 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 08:16:33.29 ID:???
>>395-397
統計的に有意か検定して下さい。

399 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 08:25:44.72 ID:???
確率だけで語ろうとか状況考えない愚か者だな・・・・・

400 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 09:29:52.83 ID:???
角田氏の本に出ていた物を一つ
昭和18年4月18日、0525 P-38 1機 、0620 P-38 1機
両機とも逃がしてる
逃がした敵をいちいち書いてらんないのか例の本では端折られてるな

>指揮所裏の搭乗員幕舎から駆け出した者が3、4人車のドアにぶら下がる。
>これは毎朝の行事で、とても追いつけないのはわかっているが、
>頭の上にいられては煩わしいし、いつ爆撃、銃撃を受けないとも限らないので、
>既に発動されている飛行機に飛び乗り、一応全速力で追跡した。
>「珍しいな。敵さん、何を考えているのだろう」と、ふと思った。
>連日定期便は1機、たまには2機編隊のときもあったが、1回に限られていたためである。

401 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 10:07:07.69 ID:???
>>386
明かり取り窓って・・爆撃機じゃあるまいしw
海外サイトにによるとF6F-3後方窓は後方視界確保の為だったが、
実戦運用してみるとほとんど効果がない事が判明して、
製作工程の簡略化と軽量化の為に廃止されたとあるよ。

402 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 10:39:21.38 ID:???
>>400
>逃がした敵をいちいち書いてらんないのか例の本では端折られてるな

ごもっともw

403 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 18:05:48.69 ID:???
V-1650-1のインペラ径は10 1/4"

404 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 19:52:11.10 ID:???
朝鮮戦争でのB-29の被害は撃墜よりもミグ15の37ミリ砲による
修理不能のダメージが痛かったらしいな

405 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 23:04:56.05 ID:???
>>392
既に>403が記しているのもあるけど、マーリンのインペラ径の一覧。

・マーリン55 : 10.25インチ(約260mm)
・マーリン56 : 10.85インチ(約276mm)
・マーリン60 : 1st=11.5インチ/2nd=10.1インチ(1段目=約292mm/2段目=約257mm)
・マーリン66 : 1st=12.0インチ/2nd=10.1インチ(1段目=約305mm/2段目=約257mm)
・RM17SM  : 1st=12.7インチ/2nd=10.7インチ(1段目=約323mm/2段目=約272mm)

P-51が搭載したV-1650-3 / -5 / -7 / -9 等のインペラは、マーリン66と同じ 12.0インチと10.1インチ の組合せ。
RM17SMはプロダクトNo.が無い様なので、マーリンの量産機が使用したインペラの最大径は、恐らく栄21並となります。
二段過給器と一段過給器のインペラ径を直接比較しても、あまり意味はないだろうけど。

406 :名無し三等兵:2013/04/17(水) 23:27:39.97 ID:???
Merlin 45M/50M/55Mは9.5 inch

407 :名無し三等兵:2013/04/18(木) 06:56:41.13 ID:???
マーリンのすごい所は一段目で加熱した空気をそのまま二段目にぶち込んでいる事
これならクーラーの効率もいいから小さいクーラーで足りる
強度を維持する為に過給機自体を冷却しないとならないがそれやってる
でね
普通は温度上昇による密度低下しか考えないのでインタークーラーしかありえない
フッカー博士は音速が温度に依存する事を知っていたと思われる
ジェットエンジンの設計者はそれを知ってる
それを前提に設計しないとジェットエンジンは成立しない

408 :名無し三等兵:2013/04/18(木) 11:33:36.38 ID:???
支離滅裂な理論だなw

409 :名無し三等兵:2013/04/18(木) 19:44:02.91 ID:???
自分は納得した。

410 :名無し三等兵:2013/04/18(木) 20:15:28.37 ID:???
ラプラスによる音速の定義は1816年

411 :名無し三等兵:2013/04/19(金) 01:08:52.15 ID:???
>普通は温度上昇による密度低下しか考えないのでインタークーラーしかありえない

どこかの羽の無い扇風機メーカーさんではないけど、一段目が作る風は粗密波状態なので、
その影響を二段目が受け難くしたいのなら、
インタークーラーを介して流れの平滑化を図るのも悪くは無いと思う。
マーリンのような2Stateではなく、R-2800とかのようなAUXなタイプな二段だと、なお更。

412 :名無し三等兵:2013/04/19(金) 01:12:03.20 ID:???
いけね、つづり間違えた

誤:2State
正:2Stage

413 :名無し三等兵:2013/04/20(土) 19:00:56.34 ID:???
フッカー博士はジェットエンジンやりたかったのに渋々マーリンの過給機やらされたわけで
ちなみにフッカー博士の作ったジェットエンジンはソ連で量産される事になる
ジェットエンジンのコンプレッサーがなんであんなに高性能なのかは言うまでもない
700m/sでもまだ音速を超えない、種明かしは簡単すぎて拍子抜け

414 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 07:49:07.48 ID:???
理科の成績が悪そう

415 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 13:31:19.81 ID:???
P-47が搭載したR-2800-21の本体側インペラ径は11インチ(約279mm)
マーリンの場合、RM17SMの二段目と大差ないサイズ

416 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 13:35:40.67 ID:???
一段二速のR-2800-CB16でも、インペラ径は12.5インチ(約317mm)

417 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 19:46:34.87 ID:???
インペラ径が大きい方が高性能と言いたげだけどP-47のターボは11インチを
周速音速ギリギリまで回せる回転数が得られた
回転数を上げられないなら径を大きくするしかない
いずれにせよ周速音速ギリギリを狙う
となるとむしろ大直径は低性能とも言える

418 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 19:50:46.07 ID:???
日本はインペラ径を大きくするしか手が無かった
結局どうやろうが吸気温度200度の壁にぶちあたる
+500mmHg+水噴射が吸気温度の限界
200度を大きく超えればたとえ100オクタンでもまともに回らなくなる
これ以上ブースト上げるにはクーラーが必要になる

419 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 21:40:54.57 ID:???
R-2800-21のミリタリーでの本体側インペラの先端速度は、約300m/s
マーリン66の2速ミリタリー 1段側インペラの先端速度は、約338m/s
栄21型の2速公称におけるインペラの先端速度は、約364m/s
誉11型の2速公称におけるインペラの先端速度は、約364m/s
金星62の2速公称におけるインペラの先端速度は、約397m/s
誉21型の2速公称におけるインペラの先端速度は、約400m/s

420 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 21:53:54.35 ID:???
V-1710-G6は、二段過給器クーラー無しで、WEP 約+1400mmHg

421 :名無し三等兵:2013/04/21(日) 22:27:53.95 ID:???
マーリン66の2速ミリタリーだと、一段あたりの気圧up率は約2.2倍(二段なので約4.6倍)
栄21型の公称2速だと、気圧up率は約2.7倍
誉11型の公称2速だと、気圧up率は約2.7倍
金星62の公称2速だと、気圧up率は約2.9倍
誉21型の公称2速だと、気圧up率は約3.2倍

422 :名無し三等兵:2013/04/23(火) 14:40:15.97 ID:???
金星ゼロ戦なんかどうがんばっても580m/s出ないんだろ?
まるっきりウンコじゃん

423 :名無し三等兵:2013/04/23(火) 20:07:17.48 ID:???
超音速ゼロ戦か。

424 :名無し三等兵:2013/04/23(火) 22:17:39.34 ID:???
マッハ1.7
そりゃ無理だ

425 :名無し三等兵:2013/04/24(水) 15:56:29.58 ID:???
時速2,080KM=M1.7じゃないだろw

426 :名無し三等兵:2013/04/24(水) 15:57:01.44 ID:???
・グリフォンIIB : 10.0インチ(約254mm)
・グリフォンVI : 9.75インチ(約248mm)
・グリフォン58 : 13.4インチ(約340mm)
・グリフォン65 : 1st=13.4インチ/2nd=11.3インチ(1段目=約340mm/2段目=約287mm)
・グリフォン130 : 1st=13.4インチ/2nd=11.3インチ(1段目=約340mm/2段目=約287mm)
・RG35SML : 1st=14.3インチ/2nd=12.25インチ(1段目=約363mm/2段目=約311mm)
・R-3350 TC : 13.5インチ(約343mm)
・R-4360-59B : 14.0インチ(約356mm)

427 :名無し三等兵:2013/05/09(木) 04:22:11.59 ID:???
対米戦での撃墜比率は米機1に対し日本機6 (1943年時で特攻を含まず
F6Fとゼロ戦じゃ差があり過ぎて話にならん
ゼロ戦は既に世代遅れの旧式機だった
そのうえ防御装備ナシ、無線ナシ、機体製造品質低い、燃料品質悪い、ダメダメづくしの日本機
んでもって圧倒的に数で負けていて大戦後半はパイロットは素人ばっか
機体性能比較以前の話で詰んでて議論する価値もない

428 :名無し三等兵:2013/05/14(火) 15:23:36.39 ID:???
誉重点生産で、栄が無くなり、首なしゼロ戦回避のための金星ゼロ戦。
そんなことしないで、ライバルのFM-2のように、誉の1列だけつかった9気筒エンジン化すりゃよかったのに。
誉1/2なら後列の冷却も考えなくても良いので、よりパワーもだせ、栄並の出力で軽いエンジンができたのではないだろうか。

429 :名無し三等兵:2013/05/14(火) 15:48:25.37 ID:???
>>428
一列にして排気量半分でwwwwwwww
馬鹿すぎ・・
上げて主張してw

430 :名無し三等兵:2013/05/14(火) 18:02:50.55 ID:???
米軍のエンジン型式の数字の意味とか知らないんだろ

431 :名無し三等兵:2013/05/14(火) 23:37:11.09 ID:???
トイレの洗剤混ぜて死ぬ主婦レベルのオツムかよ…

432 :名無し三等兵:2013/05/14(火) 23:51:51.01 ID:???
F6Fだって当初は1500馬力のエンジン積む予定やったんや

433 :名無し三等兵:2013/05/14(火) 23:54:23.95 ID:???
2000馬力積んで600ちょっとしか出ない設計ってどうなの

434 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 00:07:30.62 ID:???
>>432
試作機でR-2600使ったのは間に合わせのためじゃなかったの?

435 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 05:50:43.99 ID:???
2000馬力積んで600も出せないより良いとしか

436 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 07:18:47.60 ID:???
前世代の機体設計だからだよ

437 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 07:29:59.66 ID:???
紫電改への批判はスレ違い

438 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 08:56:07.05 ID:???
>>434
それは違うよ。
R-2800で設計してR-2600を間に合わせにしたなら、
R-2800は直径が1,340mmでR-2600が1,394mmなんだから
R-2800に合わせて設計されていたら普通なら頭でっかちになるはず。
ところがR-2800エンジン搭載の生産型はカウリングを外すと
(必要以上の)相当の余裕があることが分かる。
つまり当初はR-2600で設計去れていた証。
エンジンも含めて「保険」だったと海外サイトにはあるよ。

439 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 09:20:03.01 ID:???
>>433
艦上戦闘機の能力を最高速で判断するってw
昭和の頭だね。
実際により速度の速いF4Uよりも日本戦闘機・搭乗員の得意とする
フィールドである低高度での旋回戦に強いF6Fの方がF4Uよりも
「強い」と感じる人が証言などから多いでしょ。
交戦回数や撃墜数など正確な数字を出すのは難しいが、
高速戦闘機なら「相手せず」・・実際には出来なかったんだがw
って言っていられたが、自分達の得意なフィールドでも
優位に立たれたショックは大きかったと思うよ。

440 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 11:29:25.57 ID:???
兵器なんて相手よりも少し上の性能で充分だろ。
それを確実に多数配備して戦力になることが一番大事なんだから。
事実その通りになってるだろ。

441 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 14:15:02.38 ID:???
>>439

それは、低速の日本軍機を相手にしていたから通じた理屈。
より高速のソ連軍Yak-9相手では、F6Fでは通用しない。
だから、早々に退役させられただろ。
F6Fは日本軍機と相性が良かっただけ。
F6FとF4Uが戦えば、防御に回るのはF6Fで、F4Uのミスを待つしか勝ち目はない。

442 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 19:56:21.89 ID:???
太平洋では零戦に勝てれば問題ないからなあ

443 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 20:56:50.58 ID:???
最高速度が高くても空母で運用できなければ意味がない。

444 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 22:16:13.65 ID:???
>>441
>より高速のソ連軍Yak-9相手では、F6Fでは通用しない。
>だから、早々に退役させられただろ。

F6FはF4Uよりも爆弾搭載量で劣り、戦闘爆撃機としての需要でF4Uが選ばれただけ。
珍説とか恥ずかしすぎるわw

445 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 05:18:22.93 ID:???
低速な上に搭載量でも劣るのか

446 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 05:42:18.79 ID:???
何に?まさか零戦にじゃないよね

447 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 07:04:54.02 ID:???
>>445
これだからカタログ厨は

448 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 07:06:16.87 ID:???
本命であるF4Uがようやく使えるようになってきたんだから
低額保険であったF6Fは当然お払い箱

449 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 09:01:31.44 ID:???
必要な時に必要な性能を発揮した最高の戦闘機だろ。
まあ釣りなんだろうが、マジでスペックでF6F叩きしてるなら単なる馬鹿。

450 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 09:04:12.01 ID:???
>より高速のソ連軍Yak-9相手では、F6Fでは通用しない。
>だから、早々に退役させられただろ。
>より高速のソ連軍Yak-9相手では、F6Fでは通用しない。
>だから、早々に退役させられただろ。

>より高速のソ連軍Yak-9相手では、F6Fでは通用しない。
>だから、早々に退役させられただろ。
>より高速のソ連軍Yak-9相手では、F6Fでは通用しない。
>だから、早々に退役させられただろ。

すげー珍説wwwwwwww
バカーーーーーーーーwwwwwwww

451 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 12:30:41.78 ID:???
440 :名無し三等兵:2013/05/15(水) 11:29:25.57 ID:???
兵器なんて相手よりも少し上の性能で充分だろ。
それを確実に多数配備して戦力になることが一番大事なんだから。
事実その通りになってるだろ。

452 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 12:37:02.55 ID:???
F4Fは零戦より性能では下で、当初数も多くは無かった

453 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 13:16:55.58 ID:???
だから?

454 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 13:24:49.25 ID:???
性能も低く数も少ないのに互角程度の戦いしか出来ない
零戦の不甲斐なさを指摘してるんだろw

455 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 13:27:14.26 ID:???
なるほど

456 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 16:35:46.55 ID:???
邀撃戦ならラバウルで零戦が性能で優る米軍機相手に逆のことやってるけどな。
戦術の問題なのに機体の問題だと勘違いするアホっているよな

457 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 18:41:07.54 ID:???
アホとはつまり君のことか

458 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 19:49:16.53 ID:???
>>456
つかさーたまには勝ち戦もあるだろうが、極々稀なケースだから
語り草になるだけでしょ。

459 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 19:56:54.98 ID:???
とりあえずスレタイに戻ろうか、零厨には辛いだろうけど

460 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 20:10:47.66 ID:???
>>441
Yak-3でなくてYak-9と言ってる時点でソ連機詳しくないのバレバレ。
お前Yak-3の方が数字小さいから先に大量配備されて性能低いと思ってるだろ。

461 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:08:44.92 ID:???
文脈上、Yak-3でないといかん理由でもあるのか?
ないだろ?
あほ

462 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:19:20.76 ID:???
>>458
たまに、ではないから語り草になっているわけだが。
44年1月みたいな一方的なのは稀だが。
>>457とかアホだから知らんのだなw

463 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:29:30.30 ID:???
44年1月とやらも港湾防衛失敗してるしなあ

464 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:35:20.95 ID:???
それいうとガダルカナルのF4Fも一式陸攻に飛行場爆撃されてるから失敗だなあ

465 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:36:33.99 ID:???
>>462
例の1/17の他に勝った日ってたとえばいつ?

466 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:45:33.47 ID:???
>>464
ガダルカナルの飛行場を機能停止まで持ち込めなかったんじゃないかな。

467 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:50:34.28 ID:???
>>465
「勝った」の定義とその理由は?
>>463にあるように空戦での撃墜数だけの話でもないし。
さらに言えば、17年のガ島戦と18?19年のラバウル防空戦では彼我の戦力差も同程度ではないわけで(時期によっても異なる)

468 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:51:47.80 ID:???
>>466
ラバウルも機能停止まで持ち込まれてないよ。
ラバウルから航空隊が撤退したのは爆撃による機能不全ではないから。

469 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:51:59.10 ID:???
戦闘機を狙って攻撃隊をスルーしたのが44年1月のラバウルで
戦闘機をスルーして攻撃機ばっかり狙ったのがガダルカナル。
戦闘機を狙って損害ゼロの方が上だわな。

470 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 21:56:40.22 ID:???
ガダルカナルの攻撃目標は飛行場なのに
ガダルカナルの飛行場は機能し続け
日本陸軍を攻撃し続けた

1/17の攻撃目標は港湾施設及び艦船
輸送船も特設工作艦もやられちゃった
ダメダメ・・・っ

471 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:12:17.03 ID:???
>>470
陸攻の攻撃自体は成功しているから機能し続けたのは零戦とは無関係。
F4Fは陸攻阻止に失敗しているから同じだよ。
その理論では零戦、F4F両方ともダメダメ…ってことになる

472 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:14:17.42 ID:???
陸攻の阻止に失敗してるかな・・・
たとえばいつ?

473 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:16:23.53 ID:???
9月下旬には日本側が陸攻の損害に耐えきれず陸攻隊が零戦の護衛がヘボだからとか申し入れて戦闘機だけでのりこんで返り討ちにあってるね

474 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:21:11.56 ID:???
で、その後また爆撃してるね。
>>472
いつどころか陸攻が飛行場爆撃を中止した作戦自体がないよ。
あったら教えて欲しいぐらいだ。
出撃すると必ず陸攻は目標を攻撃している。

475 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:22:53.89 ID:???
つまり効果がなかったということだな

476 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:27:04.12 ID:???
アホみたいに来ては墜とされて
イヤガラセ程度の爆弾をばらまく
陸軍の役には立たない

無意味

477 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:30:31.62 ID:???
9月下旬のは阻止どころか昼間爆撃そのものをいったんあきらめさせたってことにはならないのかな?

478 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 22:33:27.07 ID:???
>>477
それを言うなら数回実施している昼間雷撃による甚大な損害の方がはるかに影響が大きいわけで

479 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:03:20.48 ID:???
つまりまとめると雷撃はもちろん、高高度水平爆撃でも一式陸攻は脆弱だったってわけだね。

480 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:10:31.93 ID:???


481 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:12:12.86 ID:???
そうなるとほとんど全ての爆撃機が脆弱になってしまうが。
昼間雷撃を日本の機動部隊相手にやった米双発爆撃機も脆弱だったってことか。

482 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:19:15.51 ID:???
そうかなあ
雷撃ではちょっとの被弾でおちるし
ガ島上空では1撃かそこらでやられて作戦見合わせになるし
それとも零戦の護衛がヘボなんかね
なんべんもなんべんもやってるのに

483 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:26:07.63 ID:???
ラバウルはどこから攻撃されたわけ?

484 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:34:54.88 ID:???
>>482
他のスレに出ていたけどF4Fはあまり陸攻を落としていないんだよ。
9月下旬の問題になったものもたまたまF4Fの迎撃が上手くいったというだけ。
喪失原因で言えば、対空砲火が圧倒的に多い。

485 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:52:07.00 ID:???
>喪失原因で言えば、対空砲火が圧倒的に多い。

そういう記録があるの?

486 :名無し三等兵:2013/05/16(木) 23:58:18.03 ID:???
>>485
8から11月までのガ島上空戦での陸攻喪失数を出してそれぞれ原因を分けていったのよ。

487 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 00:04:48.67 ID:???
見つけた。P-38スレだ。
>>782
学研本に載ってたわ。
陸攻(一式、九六式)の損害
    戦闘損耗  自然損耗
17年
8月  16機      16機
9月   9機      14機
10月  11機      13機
11月  24機      17機
12月  10機      15機

計    75機      60機  

うち4回の対艦攻撃に参加した陸攻延べ88機のうち、34機損失。
雷撃だけに限れば、参加延べ61機のうち、30機損失。

雷撃だけでガ島戦での陸攻撃損失の半数を占めるということが歴然と表されている。
>>766
これを零戦の責任であると断言するのはさすがに押し付けでは?
この数字が示すことは「陸攻の損失要因は日本の双発爆撃機を強力な対空砲火を持つ米船団に突入させるという戦術のミスが主因」とみて間違いないだろう。

488 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 00:07:35.15 ID:KsQe5qAO
ぎゃー転載ミスした。
戦闘損耗と自然損耗の合計の数字が逆だった。

陸攻(一式、九六式)の損害
    戦闘損耗  自然損耗
17年
8月  16機      16機
9月   9機      14機
10月  11機      13機
11月  24機      17機
12月  10機      15機

計    60機      75機  

489 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 00:10:46.40 ID:???
1942.2.20 は攻撃方法が水平爆撃だったこともあって対空砲火による損失はなく、全損害が戦闘機の攻撃によるものであった。

490 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 00:14:29.89 ID:???
護衛無しで米機動部隊に突っ込んではな…
96式艦戦しかなかったことが悔やまれる四空

491 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 00:19:48.42 ID:???
発動機部分に被弾すると爆発・炎上しやすいという一式陸攻の弱点が暴露されたのか・・・

492 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 01:06:16.03 ID:???
対空砲火ってガダルカナルの高射砲の事じゃないのか。

493 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 01:53:13.77 ID:???
それはどのレスにある「対空砲火」?

494 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 02:11:01.65 ID:???
ガ島への陸攻爆撃を再開したのは何が理由だろうか?
F4Fが待機していたらあぶないことは9月末の戦いで分かっていたはずなのに、なにか対策を打ったのだろうか。

495 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 06:46:58.01 ID:???
米機動部隊に突入させるならどんな機体だろうが結果は同じ
単純に弾幕の厚みと確率の話になる
とてつもない対空砲火だった事は語り尽くされてる

496 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 08:00:37.78 ID:???
そして対空砲火による損害が無くても大損害を出したのが1942.2.20か

497 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 08:36:20.00 ID:???
戦闘機の攻撃に弱い欠陥機を守れなかったからと言って零戦のせいにするのも酷だな。

498 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 11:03:36.44 ID:???
>>496
2月のラバウル空襲をガ島戦と同じように考えているみたいだけどまったく別物の状況なんだよ。
2月のはF4Fが迎撃し易い低高度での水平爆撃でガ島は高高度での水平爆撃。

調べれば全然状況が異なるから比べられないとわかるはずなんだがなぁ

499 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 11:17:51.08 ID:???
>>496のいう対空砲火は>>495の流れで艦載対空砲火では

500 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 11:23:13.42 ID:???
ガ島空襲での陸攻の損害って高高度でF4Fの攻撃のチャンスも飛行場付近で1撃で少ない割には損害大きかったのかな
ガ島の高射砲の効果はどのようなものだったのだろう?
また陸攻搭乗員の印象としてはどのようなものだったのだろう?
>>494にあるガ島への陸攻爆撃を再開したのは何が理由だろう?
どのような対策を講じたのだろう?

501 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 12:25:33.68 ID:???
?ばかりで一切自分で調べる気が無いってのはある意味すごいな

502 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 12:30:02.33 ID:???
学研本に書いてない事ばかりだからな

503 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 13:25:13.65 ID:???
>>460

海軍が直接交戦するであろう、中華人民共和国軍や北朝鮮の主力戦闘機を調べてみれば。
交戦の可能性のある、東ヨーロッパ諸国においても、Yak-3でなくてYak-9(中後期型)だろ。
ソ連機を詳しい割には間抜けな指摘だな。

504 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 15:07:58.56 ID:???
>>444

>F6FはF4Uよりも爆弾搭載量で劣り、戦闘爆撃機としての需要でF4Uが選ばれただけ。
珍説とか恥ずかしすぎるわw

F8Fはの間違いじゃないの。
F6Fは、F4UやF8Fに比べて明らかに低性能だから廃棄された。

505 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 15:39:58.55 ID:???
関根清次氏の炎の翼を読むのがよかろう

506 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 15:50:36.35 ID:???
予め答えを持ってて聞いてる気がするな
何と無く

507 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 19:21:15.70 ID:???
グラマンの本命はF6FではなくてF7Fだったのか?

508 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 22:28:37.95 ID:846afvVD
>>487
米艦隊に対する陸攻の白昼強襲は、どうも自殺行為らしい

> 第一次ソロモン開戦以後数日で、当時ラバウルにあった四空、三沢両空両陸攻隊の
> 戦力は、数回の昼間雷撃戦にほとんど喪失した

> 海戦前に旺盛な闘魂に燃えて敵艦に殺到した雷撃隊の過半の機が、射点到達前に
> 撃墜された

> 原因は、実に敵の対空兵器の改善増大にあった

「中攻」巌谷二三男著

509 :名無し三等兵:2013/05/17(金) 23:04:24.70 ID:???
なんか当時からして数学的に予測できてたらしいね
一定量の砲弾が打ち上げられる空域に一定の面積をもった航空機を通過させ
一定の被弾をしたら落ちるっていう単純なものだけど300機出撃して帰還は0.5機という結果で
まさにその通りになってたという・・・

510 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 02:03:24.84 ID:???
>>504
45年7月の時点でF4U装備の戦闘機隊は1個しかなく、戦闘爆撃隊は7個が展開している(F6Fは2個)
つまり、>>444の通り、米海軍ではF4Uは爆撃機として能力が高く評価されていたことがうかがえる。

F6Fが低性能だからF4Uが選ばれた、というのは爆撃機としての評価には当て嵌るが、戦闘機としてのそれは当て嵌らない。

511 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 02:40:06.90 ID:???
自演乙

512 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 03:22:28.35 ID:???
F4Uが爆撃機として優れていたから選ばれたという事実は自演だろうがなんだろうが変わらないよね

513 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 09:17:57.89 ID:???
F4F、F6F、F4Uの関係って米海軍の思惑通りに展開って凄いよね。
高性能の野心作の開発が難航する事は当然予想出来て
保険をかけて保守的な機体も同時発注て思想は誰しも考え付くが、
保険機が充分役に立つ水準で大きな戦力になってる間に
本命も熟成されて役立つ機体になって、時代遅れのはずの先代も
パワーアップと大量生産で充分に戦力になったって凄すぎだ。
それが可能だったのは凡作ながら持てる能力を充分発揮したF6Fの活躍で
余裕が出来たからこそじゃないかな。

514 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 19:47:19.36 ID:???
インターセプターとしてはF6Fの方が上なんだよ、F4Uはいまいちだった
でも攻めに転じるとF4Uの方が強力になる
F4Uは自分の身を守りつつ任務を遂行する事を要求される
母艦を守れ、攻撃隊を守れという任務は無くなる
そうなるとインターセプターのF6Fは相性悪い

515 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 19:49:11.93 ID:???
意味不明のポエムを垂れ流すスレになったのかここは

516 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 19:54:47.91 ID:???
朝鮮戦争になると米機動部隊に昼間に突っ込んでくる無謀は無くなる
艦隊防空は夜になる
ドッグファイトも集団も無い、F4Uの野戦はエースパイロットを生む

517 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 21:43:08.62 ID:???
F4Uのパイロットは後ろに目がついてたり
血液にオイルが流れているんだな

518 :名無し三等兵:2013/05/18(土) 22:29:29.47 ID:???
真後ろは見えません

519 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 11:41:50.07 ID:???
N型の存在も知らんとはね・・・・

520 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 12:16:42.73 ID:???
あの形状じゃ機首上げ姿勢時じゃなきゃ後ろは見えん

521 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 14:16:46.57 ID:???
> ウチューじん・ささき ‏@uchujin17 5月13日
> 逆に、自機の機動性に過剰な自信を持つF4Uは
> 大戦後期にも日本機相手に積極的に巴戦仕掛けてきたので「意外に大したことない」と言われ、
> 教本どおりの高速サッチウィーブに頼るF6Fが「手強い」と言われていたなんて例もあって、
> ほんと相手次第で評価が変わると思います。

522 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 15:27:55.97 ID:???
>逆に、自機の機動性に過剰な自信を持つF4Uは
> 大戦後期にも日本機相手に積極的に巴戦仕掛けてきたので「意外に大したことない」と言われ、
すげー笑わせてもらった

523 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 15:54:27.76 ID:???
バックミラーがないのはなぜ?日本機

524 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 16:06:16.04 ID:???
つかさーバックミラーつけてる機体って限定されるだろ。
P-47やP-51のようなバブルキャノピーの物でもバックミラーつけてるが、
それはファストバックタイプに英パイロットがつけていた名残にすぎない。
Bf109なんかでもバックミラーつけてる機体は特殊な機体だけだろ。
米海軍機はつけてないし。

525 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 17:02:51.68 ID:???
F6Fにもバックミラーはあるよ、ルームミラーだけど。

526 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 17:27:44.89 ID:???
飛行機にミラーつけるのは敵機みるというより
編隊飛行のときの位置取りで長機が見るのが目的だから
一番イラナイもの

527 :名無し三等兵:2013/05/19(日) 17:51:06.35 ID:???
>>523
日本では貴重品だったんだよ

528 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 00:27:01.59 ID:???
>>526

要るでしょう。
現代のF/A-18Eにも残っている。
Gの掛かった状態では、首を捻って敵を探すなんて出来ない。
敵機に致命的な真後ろに付かれた事を知るためには、バックミラーが必要装備。

日本軍機についてないのは、強いGが掛かる空戦を想定してなかったのかも。

529 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 00:59:25.18 ID:???
>>528
巴戦

530 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 09:27:12.47 ID:???
だから視界の悪いファストバック機の後方視界を補う為に
後方視界に拘る英国人が始めた物。
英国はスピットでも早くからキャノピー上部を上に膨らませたり
その次には横にも膨らませそれでも満足しないで水滴になった。
P-51でもマルコムフードに換装したのは有名だろ。
その流れがあってのミラー。
まあ元々視界の良い日本機では必需品では無かったって事だよ。

現用機のミラーは基本的にはドッグファイト時の後方視界を確保する為ではない。
ドッグファイト中に敵機が写るほどの接近戦はほとんど無いし、
HUDやバイザーにディスプレーさせるほど視線を動かしたくないのに
ミラーに視線を移すような事は難しいし無駄だよ。
現用機は離着陸時の機体の各部の動きを目視するのが主な目的。
ミラーを複数装着してるのが海軍機だって事実を知れば分かるだろ。

531 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 11:09:58.14 ID:???
まあ>>528みたいにワザワザ上げてる奴の言う事は大体
大間違いだなw
荒らしなんだからw

532 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 16:36:54.99 ID:???
英国パイロット「旋回機銃座を装備すれば後方の視界を確保できます」

533 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 17:30:53.39 ID:???
巴戦?
日本軍機の設定している巴戦は、低速での低エネルギー旋回戦だろ。
強いGが掛かる巴戦を設定していたら、あれほど脆弱な構造の機体は作らない。

534 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 17:40:32.38 ID:???
>現用機は離着陸時の機体の各部の動きを目視するのが主な目的。
>ミラーを複数装着してるのが海軍機だって事実を知れば分かるだろ。

いやいや、着陸時に舵を目視するなんて、そんな余裕あるわけないじゃん。
で、着陸時に舵を目視して一体何が解決するの?
何のための計器?
意味があるとしても、着陸態勢に入る前に確認しないのはなぜ?

バックミラーの意味は、現在ではほとんど失っているが。
米粒大の敵でも写ったら、即座に回避行動に入る為だろ。

535 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 17:44:27.23 ID:???
>>533
日本の戦闘機も結構なGに耐えるけど?

536 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 18:25:17.11 ID:???
>>404
「〜らしい」ね、うんうん。

537 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 18:26:38.45 ID:???
>>427
>対米戦での撃墜比率は米機1に対し日本機6

それいうなら太平洋戦線でアメリカは27,000機もの航空機を失ったって知ってるか?
欧州戦では未生還機に修理不能機(lost or damaged beyond repair)を加えても18,000機。

Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
British planes were lost or damaged beyond repair.
http://www.anesi.com/ussbs02.htm

538 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 19:59:36.39 ID:???
まだ貼られてるのかその糞コピペ

539 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 20:28:23.73 ID:???
>>534
スレチガイだけど、ミラーの件は俺の想像じゃなくて
KFのアビのインタビューに載っていた話だよ。

540 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 20:30:30.79 ID:???
>>534は後方警戒でレーダーの存在も知らないらしねw
俺様推論で・・・・wwwwwwwwwwwww

541 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 22:44:01.73 ID:???
なんで知識もないのに日本機を批判できると勘違いしてしまうんだろうね。
アホを曝して惨めになるだけなのに。

542 :名無し三等兵:2013/05/20(月) 22:57:12.74 ID:???
鍾馗「ワイの耐G限界は12G以上や!(ドンッ!)」

543 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 05:52:41.23 ID:???
零厨は衰退しました

544 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 07:15:10.52 ID:???
勝利宣言ステキですw

545 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 08:56:00.09 ID:???
>>540
後方警戒レーダーって大げさな名前だけれど実態はバックミラーってことですね
わかりました

546 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 10:01:19.76 ID:???
羽切松雄氏は、横空でゼロで8G以上を記録してたよね。
その程度の強度はあったってことだ。

547 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 10:03:28.24 ID:???
あるに決まってるじゃん
馬鹿?

548 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 10:39:52.03 ID:???
零戦にはGメーターなんかないけどどうやって計ったの?
測定機材積んでいたの?

549 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 11:22:55.09 ID:???
パイロットが8倍以上の重力に押し潰されたんだが機体はびくともしてなかったんだな

550 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 12:46:44.76 ID:???
大戦後期のP-51なんかG計も付いてるしGスーツも着用してる。
同じような旋回でも速度と機体重量に拠ってかかるGが違うのは当然。
零戦は軽いし遅いからそれほどの高Gはかからなかったんじゃないか?

551 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 13:46:36.88 ID:???
航空機搭乗員が受ける加速度(G)は速度と旋回半径と重力による
同速度でも旋回半径が小さければGは大
同旋回半径では速度が大ならGは大
クルクルと垂直面で旋回を繰り返せば頂上で最小、下点で最大となる
機種には関係ない

552 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 13:50:14.46 ID:???
つまり零戦は軽いからすぐに高Gになる

553 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 14:00:25.60 ID:???
>機種には関係ない
そんなことないよw
アクロバット競技やってるわけじゃないんだから機種に拠って有利不利、
やりたくない旋回はあるだろうに。
どういう機動が多用するかに拠って機種の違いは大いにあるんだから、
事実上Gの掛かり方が大きい少ないはあるでしょw

554 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 14:24:05.54 ID:???
同速度で旋回半径を半分にしてもgは2倍にしかならないが
同一半径を速度2倍で旋回するとgは4倍になる

555 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 14:46:55.95 ID:???
>>554
書いてる事が矛盾してると気付け中卒底辺が

556 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 16:03:59.52 ID:???
>>551
力学の原則論を言ってもw
馬鹿ですね

557 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 16:58:00.59 ID:???
> 力学の原則論を言ってもw

確かにその通りだな
力学の公式通りに実際の機体が挙動するなら風洞も強度試験も必要なくなる
コンピューターでプログラミングして数値を入力すれば誰でも航空機が設計できるから
俺の様な理系の工学技術者もお払い箱だw
時には専門書や学校で習った数式と完全に逆の結果になる事もあるから
最後は技術者の勘が勝負を決める
だから航空機、特に戦闘機の形は様々な形になる訳で
これが激しい機動をしない旅客機や輸送機だとコンピューターが殆ど設計してしまうから
どこも似たような形の機体になる

おっと、文系諸氏や高校生には話がちょっと難し過ぎたかな?
だが反省はしないw

558 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 17:06:58.63 ID:???
平日からヒマな工学系技術者を宣伝していることを後悔した方が

559 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 17:17:49.37 ID:???
> 工学技術者
世界の傑作機を読んだだけレベルのバカが
自説開陳の前振りしてる様にしか思えんが
(つか工学技術者なんて普通使う?)

560 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 19:30:33.34 ID:???
>>461>>441
えっ?
Yak-9ってF6Fを圧倒するほどの速度持ってるんだろ?
Yak-3ならともかくYak-9だろ?そりゃ無いわ。

生産数が多かったYak-9DとM
Yak-9D 地表高度535km/h 最高速度591km/h
Yak-9M 地表高度518km/h 最高速度573km/h
F6F-5 海面高度511km/h 最高速度605km/h

ソ連機と米軍機では最高速度が出る高度が違うから似たような高度にすると
F6F-5も高度3048mで576km/h、4572mで595km/h。あまり変わらない。
これがYak-3になるとYak-9より50〜60km/h近く速くF6Fではきつい相手になる。

>>503
???
F6Fを圧倒する速度のYak-9ってのに突っ込んだのに意味不明。

561 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 19:40:11.26 ID:???
訂正
F6F-5の最高速度は612km/hだった

562 :名無し三等兵:2013/05/21(火) 23:45:17.73 ID:???
>>548
>546のケースは知らないけど、12試艦戦2号機空中分解事故の対策の一環で
鹿島式・RAF式・空廠式の3種類の加速度計を用いて、G計測を行ったようです。
実験日は、昭和15年6月4〜24日となっています。
ちなみに、この時の実験者の一人に、下川大尉の名前もあります。

563 :名無し三等兵:2013/05/22(水) 14:59:57.12 ID:???
>>553
同一速度、同一半径で零戦とF6Fが旋回をした場合、掛るGは同一でしょう
実戦中でも試験飛行中でも同じ

564 :名無し三等兵:2013/05/22(水) 16:31:42.05 ID:???
>>553
同一速度、同一半径で同一重量の零戦とF6Fが旋回をした場合、掛るGは同一でしょう
実戦中でも試験飛行中でも同じ

565 :名無し三等兵:2013/05/22(水) 23:21:45.88 ID:???
>>427
>対米戦での撃墜比率は米機1に対し日本機6

戦争全期間を通じて1対2以下だよ。
(英軍機を除く)米日の双方の戦闘損失機数が8700機:20000機だし

566 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 10:16:24.13 ID:???
>>564
操縦者にかかるGはね。厳密に言えば操縦者にかかるGは操縦者の体重に拠って
違うけどねw
だけどそんな事いって意味はないだろ。
違う機体が同一条件で旋回するようなケースは稀なんだからw
馬鹿?

567 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 10:32:57.61 ID:???
アホか
操縦者の体重がどれだけ違おうと掛かるGは一緒だ

568 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 10:58:44.24 ID:???
また原則論厨かw

569 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 11:05:23.53 ID:???
原則も何も体重はパイロットに掛かるGには何も関係ない。
体重の重いパイロットの方が同一旋回時の負担は大きいがそれはGが大きいからではない。

570 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 11:12:00.16 ID:???
>同一重量の零戦とF6F

現実にはどういうケースでしょうか?

571 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 11:16:43.60 ID:???
そもそも遠心加速度は半径と速度によってのみ決定されるんだから戦闘機の重量は一切関係ない。

572 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 11:33:14.91 ID:???
機体にかかるGと操縦者にかかるGを一緒にしてないか?
一番最初の>>55
>航空機搭乗員が受ける加速度(G)は速度と旋回半径と重力による
って言ってるんだが・・

573 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 11:50:24.92 ID:???
一般的に操縦者と機体にかかるG(重力加速度)は法線ベクトルが異なるので
力積の関係上、数値が異なるのが常識だと思ったが違うのか?

574 :名無し三等兵:2013/05/23(木) 14:35:57.07 ID:???
体重によって受けるGが違うって考えの人は
「ピサの斜塔から軽い玉と重い球を同時に落としてどっちが早く地上に達したのか?」の故事を想起してみよう
どちらの玉も重力1Gを受けて落下を始める

575 :名無し三等兵:2013/05/24(金) 00:57:50.42 ID:???
>564を書いた人は、向心力と加速度とを混同したのだと思う。
>563に、「同一重量」の条件をわざわざ付け加えているので。

質量m、速度vで、半径rの円運動を維持するために要する向心力は

 F = m * v^2 / r

なので、質量が大きい程より大きな向心力が必要となります。
一方、この時の加速度a は、力から質量を割れば出てくるので

 a = v^2 / r

となり、当然、質量の大小に関係なく同じ値となります。
そして加速度a を、重力加速度の何倍かで表わしたのが G表記ですね。

576 :名無し三等兵:2013/05/24(金) 07:38:32.12 ID:???
大気中だと重い方が先に落ちるんだっけ?

577 :名無し三等兵:2013/05/24(金) 10:07:28.46 ID:???
根本的に意味の無い罵り合いだな。
大戦後期の高速機同士の戦いなら当然高Gの機動が多くなるから
Gスーツの着用も・・って話なんだから。
同じ機動についての話をしてる訳じゃないだろ。

578 :名無し三等兵:2013/05/24(金) 20:29:20.68 ID:???
軽飛行機でもジャンボジェットでも同速度同半径で旋回すれば同じGがかかってくるということの説明です

579 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 10:29:17.29 ID:???
戦闘機の機動について考える時には
ほとんど意味の無い説明w

580 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 11:35:52.04 ID:???
>>576
単に重いだけでは駄目だよ。
パラシュートの展開前後だと、重さは変わらないけど、落下速度や加速は変わるから。
「重さ÷抵抗面積」の面密度が大きいほうが、先に落ちることになります。

581 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 15:59:27.28 ID:???
>F = m * v^2 / r
で、Fの元は馬力に他ならない
いくら最高速が速くても3Gの旋回続ければあっという間に200km/hまで落ちる
零戦の勝機はそこにあった
それに気づいた米軍は「決してゼロを追うな」と通達
rでは到底勝ち目はない、vで押せ

582 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 16:05:09.10 ID:???
1Gでの最大速度が水平最大速度
では2Gの最大速度は?、3Gは?
軽い日本機がどんどん有利になる
これはマヌケな敵が巴戦につきあってくれたらの話で
机上の空論にすらならないが

583 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 16:28:52.16 ID:???
>>581
>>575の式はmを揚抗比で割ってないからF(推力)じゃなくてL(揚力)の式になってるよ

584 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 16:53:39.05 ID:???
一定径で円運動を続けるには主翼の踏ん張りか補助モーターで向心力を維持しなければならない

585 :名無し三等兵:2013/05/25(土) 22:35:45.43 ID:???
>>581
馬力は、速度 x 力、それもスカラ量ではなくベクトル量での計算です。
円運動している時は、速度は接線方向、向心力は中心方向と、両者は直交しているので、
ベクトル量での掛け算だと値はゼロになります。
そのため、速度と同じ方向成分の力で計算する必要があります。


>>583
発生する揚力 《 より正確には揚力の分力(中心方向の成分) 》 が、
必要な向心力と一致していな場合、円運動から歪んだ軌道となります。
飛行方向(接線方向)と揚力(の分力)は直交しなくなるので、
この場合の馬力計算には、抗力だけでなく、揚力の項も出てきます。

586 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 08:12:20.08 ID:???
円運動から歪んだ軌道とか意味がわからん
旋回の中心が移動するだけだろ
ちょっと式を書いてみてよ

587 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 09:05:12.79 ID:???
>>586
>旋回の中心が移動するだけだろ

移動する過程だと、円軌道からずれるので、それをイメージして記しました。
踏ん張りきれずに、ずるずる外に膨らむ感じの、です。

588 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 09:09:22.53 ID:???
>>586
>踏ん張りきれずに、ずるずる外に膨らむ感じの、です。

あと、逆に内に入り込んでくるケースも、でしたね。

589 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 09:30:33.77 ID:???
>踏ん張りきれずに外に膨らむ


急降下速度を出しすぎて引き起こし機首は上を向くも沈下が止まず地面激突、ってのもその例のひとつですね

590 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 12:58:10.80 ID:???
旋回するときはバンクを作ってその中心点へ向かって力をかける必要があるが
その力は翼が生む揚力の一部をあてる
揚力の余裕が大きい(翼面荷重が低い)機体ほどバンク角を小さくできるので
同速で旋回すれば高度減少が少ない

それが巴戦のようなほぼ同速での機動だと翼面荷重が低い機体が有利な理由

591 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 18:20:54.06 ID:???
迎角を小さく出来るのも利点

592 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 19:02:25.89 ID:???
>>590
方向舵の当て舵で高度を保つんだからバンク角は無関係じゃないの

593 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 22:48:05.86 ID:???
>>592
>590ではないけど、横から失礼。

>590な話は、例えば、質量1kg当りで考えると良いよ。
・ 同速 同半径で旋回 → 中心方向への加速度が同じ → 質量1kg当りの向心力が同じ
・ 翼面荷重が低い → 質量1kg当りの翼面積が大きい → 質量1kg当りの揚力が大きい

発生した揚力は、バンク角に応じて、水平方向の向心力と、垂直方向の浮力とに分力します。
速度・半径・揚力係数なども揃えると、
質量1kg当りの向心力が同じなので、質量1kg当りの揚力が大きい方が、バンク角が小さくなり、
より大きな浮力を確保できます。

594 :名無し三等兵:2013/05/26(日) 23:53:44.59 ID:???
>>593
バンクしたことによる横滑り(ずり落ち)を防ぐために方向舵でカウンターを当てる
つまり機首は少し上方を向き推力の一部で揚力の足しにする
十分な推力があれば相当の揚力として使える(オスプレイのスラストラインを左右にも変化させるイメージ)
向心力は主翼の揚力と昇降舵によって得る

>発生した揚力は、バンク角に応じて、水平方向の向心力と、垂直方向の浮力とに分力します
カウンターを当ててバンクと反対方向への推力を得ないと、これだけではスパイラル下降するでしょう

595 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 01:05:43.94 ID:???
旋回中に方向舵を当てるのが機首を上向きにするためだって?
その理屈だと無動力のグライダーではまともな旋回は出来ないんだろうね
方向舵の当て方間違ってませんか?

596 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 14:40:27.26 ID:???
ゆとり教育のせいでこんなことに

597 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 17:57:48.11 ID:???
飛行機はバンクしないと曲がれないが、バンクする時、翼の上面、下面の気圧差で
曲がりたい方向と逆方向に機首が向く、それを修正するのが方向舵。
方向舵は旋回をスムーズにするための補助的なもの、旋回に必要なのはエルロンとエレベータ。

意味は不明だけど、方向舵で機首を上向き=曲がりたい方向と逆方向にしたいなら
方向舵を使わずエルロンとエレベータのみで旋回すればいい、勝手に機首が上向きになる(スピードが遅ければ遅いほど)

598 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 19:32:27.67 ID:???
珍説登場

599 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 20:10:18.32 ID:???
機首が旋回方向とは逆向きになろうとするのは、
翼の左端と右端で速度が違うからだと思ってたわ。
外側が速くて内側は遅いから空気抵抗も違う、みたいな。

600 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 21:40:13.27 ID:???
方向舵でカウンターを当てないと横滑り降下してしまうだろ
同一高度を維持できなくなる

左旋回をするならエルロンで左にバンク
昇降舵を引く
同時にラダーを反対の右舵にする

601 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 21:45:09.72 ID:???
根本的に間違ってるぞw

602 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 21:55:00.53 ID:???
高度の維持はエレベーターを引くことで行う
エルロンだけだと外滑り旋回になるから綺麗に回るには
ラダーを旋回方向に当てる
教科書に載ってるだろ

603 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 22:40:53.45 ID:???
>>594
>十分な推力があれば相当の揚力として使える

零戦21の場合、全開&速度200ノットで、推力は520〜550kgf 程度かと。

>つまり機首は少し上方を向き推力の一部で揚力の足しにする

揚力の足しになる成分はsinで効いてくるから、原資となる推力が小さいこともあり
「少し上方」だと効果は誤差レベルになりそう。

604 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 22:59:22.93 ID:IBEBU1mG
これぞまさしく「ぼくの作った航空力学」です。
実験でも資料でもなく脳内で純粋培養された芸術だと思います。
私は作者の年齢にとても興味があるのですが、
みなさんはどうですか。

605 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 23:02:28.58 ID:???
個性を重視したゆとり教育の輝かしい成果

606 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 23:07:35.13 ID:???
「ゆとり教育」とはいうが教育を受けた本人が選択したわけではなく、
元凶たるゆとり教育を推進し、それを看過した前の世代も同じぐらい頭が悪い気がする

607 :名無し三等兵:2013/05/27(月) 23:14:20.16 ID:???
これは100年に一人いるかどうかという才能です。
所謂ゆとり教育も無駄ではなかったという証拠です。
これはチラシの裏で埋れさすには惜しすぎます。
まったく新しい形のアートです。
ぜひ全貌を公開していただきたい。

608 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 00:06:53.09 ID:5ihZrnTP
レシプロ機は高Gで維持旋回できる推力はないから
高G旋回しながら速度を維持するには位置エネルギーを使うので
高度が下がる
高G旋回は誘導抵抗を増すので高アスペクトルで低翼面荷重なほうが高度維持には有利

609 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 00:13:12.90 ID:???
ラダーで高度維持って
垂直旋回では正しいんだけどね

610 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 00:20:52.82 ID:???
>バンク角

611 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 02:03:41.83 ID:???
翼の上と下では気圧が違う、故に揚力が生じる。
エルロンでロールする際は、傾けたい方向のエルロンを上げ=気圧が低いので空気抵抗小
逆方向のエルロンを下げる=気圧が高く空気抵抗が大
結果、左右の翼の空気抵抗が不均等になるので、ロールとは逆方向に機首が向く。
それを補正するのがラダーの役目なので逆向きに切ることはない。
ただ、エルロンロールだけでは、ロール率の悪い某主力戦闘機の場合は、ラダーロールも併用したほうが素早く起動できたかも。

612 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 05:47:35.12 ID:???
ラダーなんて使わないしエルロンで高さを維持して降下する。その際のGは3〜5だからパイロットも血が下がってしまう。まぁ当時は対Gスーツはあっても熱線すらない時代。戦記物には形容されてる。

613 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 08:34:32.79 ID:???
バンクさせる時エルロンの補助効果のためにラダーを旋回させたい側にきる
旋回外側の主翼に大揚力を与えエルロンとの相乗効果
旋回そのものはエレベーターを使うがラダーを中立に戻しただけでは旋回中の高度を維持できない
維持のためにラダーは旋回向きの逆に当てる

614 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 10:48:39.62 ID:???
エルロンは補助としては揚力維持の方向なわけで、ラダーには作用的に影響しない範囲で高度を確保するか、旋回時の重力回避に用いるのは常識でしょ。まぁバンク角があれば上昇に転じるだけでなく迎撃機として零戦には破綻してますがね。

615 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 12:46:41.38 ID:???
俺様航空力学凄ぇなw

616 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 12:48:24.51 ID:???
それ以前に日本語が破綻している

617 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 13:10:49.55 ID:???
フライトシム体験記かなw

618 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 16:40:23.27 ID:???
ソース厨なんかいらんかったんや!
ソースは俺

619 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 18:50:38.77 ID:???
IL2がもう13年もあるから
それなりに大戦機観ができるんだろ
あれはオレグの願望もはいってるけど

620 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 19:13:23.50 ID:???
どんなシムやったら逆ラダーで高度維持なんて脳が出来るんだ…

621 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 20:18:30.83 ID:???
紅の豚でもカーチスに追われたときに逆ラダー旋回してたな
俺は知らんがなんか意味あんだろ
あの筋金入りの軍オタのパヤオがやるほどだから

622 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 20:47:25.48 ID:???
あれはエースサカイの著書の硫黄島の話のラダーを蹴っ飛ばす方向が
大空のサムライは左旋回左ラダーだったのが、後の著書で
左旋回右ラダー記述になっちゃってたのを真に受けたんだと思われ

623 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 21:08:08.96 ID:???
垂直旋回時はラダーとエレベーターが入れ替わるんだよ
それを踏まえてよーく考えてみようw
一応言っておくが通常バンク角45以上を垂直旋回と言う

624 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 21:15:54.85 ID:???
それはバンク角とってからの話だろ
急旋回の入り動作で逆ラダー思い切り蹴っ飛ばすのは明らかな間違い

625 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 21:36:26.61 ID:???
俺様航空力学=逆ラダー君なのかw

626 :名無し三等兵:2013/05/28(火) 22:30:39.60 ID:???
逆ラダーは正しいんです!
ナウシカのメーヴェもあの形で飛ぶんです!

627 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 00:32:54.96 ID:???
零戦は、ラダーロール起こしやすそうな形状。
ロールの切欠に逆ラダーはありかも。
そのまま逆に切ってたら旋回が破綻し、高度とスピードを失うだけ。

628 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 00:41:04.54 ID:???
.
.

_ ,. -‐ '' ´   :::::::::', 君達のように浅薄な科学知識ではわからない!!  r::-  _
               :::::::::'、                            /::::::::   ´` '
                ::::::::':、  深遠な科学というものはそうではない   ,.:':::::::
                 ::::::::ヽ         / ̄\         /:::::::
                ::::::::丶        |      |        ,.::'::::::::::
                 ::::/  ,:、     \_/      _,..:'::::::::::
                  /   ,..':::::::>   _|__  ... く::::::::::
             /   ,.::::::::    /\ , , /\ `、 \
              /    ,.∩     / <●>  <●>\.`、  \∩
          /     , ' l ヽ∩ /   (__人__)    \ ∩ノ j
       /     ,    ヽ ノ |      |::::::|      | ヽ ノ \
       /      , '      | ヽ \     ` ⌒´    / / j    \
    /      , '      \  ̄            ̄  / `、   \
  ./       , '               山本五十六


アホの山本五十六
水から石油を作ると言う詐欺師に
アホだからだまされる(笑)

629 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 01:14:55.65 ID:???
零戦の場合、Up30度/Down20度と補助翼の作動比が大きめだから、余り要らないかもしれないけど、
補助翼でのロールの場合、逆方向のヨーを伴うこともあるので、
それを相殺するためにも、ラダー操作を行うとなら、順方向の方が無難な気がする。
戦場だと、進行方向を惑わすため逆ラダー操作もあるのだろうけど、上記は通常操作についてです。

例えば、左旋回するために、進行方向に向かって反時計回りにロールを打つ場合
右側翼の揚力をUp/左側翼の揚力Down となる補助翼操作をするけど、
揚力Up⇒抵抗Up、揚力Down⇒抵抗Down ともなるので、
右側抵抗Up/左側抵抗Downにより、逆に右回りのヨー・モーメントが働く模様。

補助翼ではなく、スポイラーによるロールの場合、揚力Down側が抵抗Upとなるので、
ヨー・モーメントは順方向に働くとか。

以上、ヨー・モーメントについては、牧野光雄著「航空力学の基礎」からの受け売りです。

630 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 01:21:02.86 ID:???
Hman Los688 Miwa.SS 岩見 その他の
wikiに寄生しているアホどもに告ぐ

不正な手段で偏向、中傷編集した
牟田口、東条、冨永、辻、松岡、岡、石川、その他多数wの編集を
直ちに公正に復旧せよ

さもなくば、その報復として徹底して
山本五十六 及び 半藤一利を
2ちゃんで叩きまくるwww

631 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 01:28:58.37 ID:???
あっ、補助翼操作に伴うアドバンス・ヨーの話し、
>597とか>599辺りで既に出てたね。

632 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 10:02:50.22 ID:???
フォッカー三枚羽は相当ラダーで変態機動できたな
複葉機とかはラダーの重要性が高い

633 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 14:31:08.50 ID:???
F4F「ぐへへへへ。ジークに勝つために主翼を二枚にして帰ってきたぜぇ」

634 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 14:40:15.20 ID:???
>>例えば、左旋回するために、進行方向に向かって反時計回りにロールを打つ場合0
>右側翼の揚力をUp/左側翼の揚力Down となる補助翼操作をするけど、
>揚力Up⇒抵抗Up、揚力Down⇒抵抗Down ともなるので、
>右側抵抗Up/左側抵抗Downにより、逆に右回りのヨー・モーメントが働く模様。

左揚力ダウソで左に傾き左に落っこちていく。
右回りヨーというのは機首(機体)を右に持ち上げなきゃならないがそんな力は無い。
シム脳だからそんなことになるんだよ坊や

635 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 19:30:29.38 ID:???
>左揚力ダウソで左に傾き左に落っこちていく。
>右回りヨーというのは機首(機体)を右に持ち上げなきゃならないがそんな力は無い。
>シム脳だからそんなことになるんだよ坊や

一体何度のバンクを想定している?
左に傾き落ちていく状態のバンク角で無理に逆舵打ったら、悪質な失速で墜落の危険性大だよ。
シム脳だからそんなことになるんだよ坊や

636 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 20:21:37.04 ID:???
>>634は逆ラダーは間違いだって言ってるんだが…

637 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 20:26:37.04 ID:???
逆ラダー君は一度HONDA航空あたりで体験搭乗してみればいいよw

638 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 20:32:52.60 ID:???
○ONDA航空もう体験搭乗やってない気が…

639 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 20:50:09.03 ID:???
左だ上だと言っても傾いてる機体が基準なのか水平線が基準なのか、
書いてる本人は判ってるけど読み手に伝わってない可能性もある。
まあ、逆ラダーが間違いなのは間違いないけどね。

640 :名無し三等兵:2013/05/29(水) 23:29:34.06 ID:???
>>634
>右回りヨーというのは機首(機体)を右に持ち上げなきゃならないがそんな力は無い。

ヨーではなく、「ヨー・モーメントが働く」です。
違いを認識してください。

>シム脳だからそんなことになるんだよ坊や

>629にも記しましたが、補助翼動作に伴うヨー・モーメント発生について
牧野光雄著「航空力学の基礎」から受け売りしたものです。
入門レベルの基本的な振る舞い、と言い換えても良いかと思います。

>左揚力ダウソで左に傾き左に落っこちていく。

>629でヨー・モーメントに触れた箇所は、定量的なことではなく定性的なことです。
それ故、左右の主翼とで揚力が異なる事により、ロール・モーメントが働く事と、
左右で抵抗が異なる事により、ヨー・モーメントが働く事、これら二点位しか言えないと思います。
量的な条件付けが無いので、モーメントが働いたとしても、
具体的にどのような振る舞いとなるかは明言できない筈です。

上下の舵角が異なる差動補助翼のことも触れていたので、なお更です。

641 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 14:26:15.34 ID:???
>ヨーではなく、「ヨー・モーメントが働く」です。
>違いを認識してください。

>零戦の場合、Up30度/Down20度と補助翼の作動比が大きめだから、余り要らないかもしれないけど、
>補助翼でのロールの場合、逆方向のヨーを伴うこともあるので、
>それを相殺するためにも、ラダー操作を行うとなら、順方向の方が無難な気がする。

零戦の旋回でヨーが実際に起きると言ってるじゃねーかw

642 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 15:36:54.87 ID:???
言ってますね…

643 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 16:11:01.52 ID:???
年取ると自分がさっき何言ったのかわからなくなってしまうんだよ
おまいらだってじきにそうなるんだよ

644 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 16:59:09.65 ID:???
>>643
そうするとおじいさんはお幾つですか?

645 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 18:15:50.33 ID:???
戦友は皆靖国に逝ってしまいましたのぅ

646 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 18:23:04.28 ID:???
わしは9徴じゃけん

647 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 19:36:26.43 ID:???
高齢化進んでるな

648 :だつお ◆t0moyVbEXw :2013/05/30(木) 20:27:06.86 ID:t4S9m78b
マリアナ海戦の連合艦隊よりも、赤トンボ特攻のほうが強かったって、知ってた?

いまからちょうど65年前の今日(7月29日)、沖縄県宮古島を飛び立った7機の特攻機が、
午前1時頃、那覇市南西90キロの海上において米駆逐艦キャラハンその他3隻の艦艇を撃沈破の大戦果を挙げました。
そのときに使われた特攻機が、上の写真の九三式中間操縦練習機です。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-964.html

マリアナ海戦は空母3隻失って撃沈ゼロと中小破、赤トンボ特攻は7機失って撃沈1と大中破。
旧日本軍というと何かと過小評価されがちだが、マリアナ海戦という一局面だけで「弱い」と断定してはいけない。

649 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 23:10:21.69 ID:???
よくこの内容でマルチしようと思ったな

650 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 23:30:02.64 ID:???
>>641
>>補助翼でのロールの場合、逆方向のヨーを伴うこともあるので、

「伴うこともある」⇒ 伴うこともあれば、伴わないこともある、
と暗に示していたつもりです。
しかし読み返してみると、その他も含め判り難い書き方でしたね。
整理すると次のような感じです。

@補助翼の動作に伴い、ヨー・モーメントが働く(※受け売り)
Aヨー・モーメントが系に対して十分大きい場合は、ヨーが起きる(※一般論)
Bヨー・モーメントが小さいか、或いは相殺する力が働いた場合、ヨーは起きないか起きても小さい(※一般論)
Cヨー・モーメントを小さくする手段に、差動補助翼がある (※受け売り)
D零戦は、Up30度/Down20度と、作動比が大きめな差動補助翼(※カタログ値)

そして上の@〜Dが念頭にあり、>629では
 B+C+D ⇒ 「零戦の場合 〜 余り要らないかもしれない」
 A+B ⇒ 「補助翼でのロールの場合、逆方向のヨーを伴うこともある」
 @ ⇒ 「例えば 〜 逆に右回りのヨー・モーメントが働く模様」「以上 〜 受け売りです」
と記しました。

651 :名無し三等兵:2013/05/30(木) 23:59:17.30 ID:???
上げ側と下げ側の抗力差を減らしたいなら上げ側を少なくしなきゃいけないんじゃないの?
エルロンリバーサルって当時のプロペラ機でも知られてたっけ?
上げ側舵角が大きいのは揚力ダウンに比べアップの効果が出にくいから
左右揚力差のバランスを取るためじゃなかったっけ?

652 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 00:09:57.87 ID:???
エルロンリバーサルは欲がねじれて逆エルロンになる現象
アドバースヨーだろ

653 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 00:26:59.08 ID:???
>>651
牧野光雄著「航空力学の基礎」に、次のような記述があります。
補助翼操作が左右の翼の抗力不釣合いを生み、その抗力不釣合いにより片揺れモーメントが発生すると説明した後、

> これ(補助翼操作による逆片揺れ)を避けるためには、上げの舵角に対して下げの舵角が小さくなるように、
> たとえば、上げ24度に対して下げ15度というように差動比を与えた差動補助翼を用いればよい。

舵角上げによる抗力Downより、舵角下げによる抗力Upの方を気にしている様に見えます。

654 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 00:33:56.25 ID:???
>>652
>アドバースヨーだろ

adverse yaw かだら、そっちの方が良いですね。

655 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 03:21:05.72 ID:???
>>651アップ=上げ舵と勘違いしちゃってますね
アップと言えば普通上げ舵ですから
アップダウンという表現が悪いと思いますがw

656 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 10:17:47.17 ID:???
興味深く珍しく面白い話だが、
文章だけからだと書き込む方も読むほうも難しいね。
図解で説明してもらえると簡潔なんだが・・

657 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 12:31:10.74 ID:???
アップローダか画像掲示板使えばいい

658 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 15:37:03.15 ID:???
普段フライトシムやリアルのグライダーでそんな複雑なこと考えてないのでよくわからない
お前らよく理解できるな

659 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 18:11:06.22 ID:???
せっかくグライダー乗ってるなら実験してみればいいじゃん

660 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 19:06:23.99 ID:???
>D零戦は、Up30度/Down20度と、作動比が大きめな差動補助翼(※カタログ値)

スピードによっても、機体の姿勢によっても変わってくる。
Up30度/Down20度によってヨーモーメントが発生しないのは、水平飛行にて設定速度の時のみ。
迎え角を取って飛行していたら、Downはより強い抵抗が生じ、Upはほとんど効いて無いので抵抗も少ない。
どんなスピードでもどんな姿勢でもアドバースヨーを発生させないためには、FBWにしなきゃいけない。

661 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 19:09:44.47 ID:???
エルロンとラダー連動させれば済むような…

662 :名無し三等兵:2013/05/31(金) 19:27:00.03 ID:???
鬼才現る

663 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 11:19:09.83 ID:???
気象図の読み方は命に関わるからマジに勉強するが
飛び方は適当でも何とかなるのがグライダー

664 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 14:08:37.87 ID:???
飛行場に辿りつけなかったらどうすんの
グライダーなんてやってる椰子の気が知れない

665 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 15:13:45.86 ID:???
グライダーはベテランの事故が多い。

666 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 17:29:45.79 ID:???
飛行場上空で遊ぶのばっかだよ
金かかるし遠征しての長時間飛行とか危ないからやらん
特別なことしなきゃあんなのパラシュートと同じ

サーマル捕まえての長時間飛行とかコンドルとかのシムですればいい
単純なのはわかるがコックピットの虫のたかり方で判断とか
ディープな奴はわけわからんこというし

667 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 19:21:09.06 ID:???
飛行場ったって河原の1本滑走路でしょ
侵入高度合わなかったらアボーンじゃないの

668 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 19:44:31.30 ID:???
そんなときこそ逆ラダーだろw

669 :名無し三等兵:2013/06/01(土) 22:09:53.74 ID:???
(´-`).。oO(○○○○ー)

670 :名無し三等兵:2013/06/02(日) 08:28:02.73 ID:???
ばかやろー ?

671 :名無し三等兵:2013/06/02(日) 15:25:19.65 ID:???
○○○ラーだよ

672 :名無し三等兵:2013/06/02(日) 23:52:15.04 ID:???
ラダーのロックをかけたまま離陸しそうになったのを見た。

673 :名無し三等兵:2013/06/05(水) 01:48:01.48 ID:???
高すぎる高度は処理できるだろうけど、
低すぎたらどうにもならないじゃん…
グライダーなんてよく乗れるよなぁ

674 :名無し三等兵:2013/06/05(水) 02:25:13.66 ID:???
そういう奴が飛行機を語るなアホ

675 :名無し三等兵:2013/06/05(水) 14:00:21.12 ID:???
グライダーはエンジンついてる奴に比べれば
チェックも簡単だし遊びみたいなもんだな
サーマル捕まえて長距離やらなければ
そこらのおっちゃんおばちゃんでも運転は簡単

グライダーでひたすら難しいのは気象図の解釈やサーマル捕まえるほう
アレばかりは感覚の世界

676 :名無し三等兵:2013/06/05(水) 23:47:06.10 ID:???
グライダーは着陸し易そう

677 :名無し三等兵:2013/06/07(金) 17:27:45.32 ID:???
えっ
新入角浅いしふわふわ浮いてなかなか接地しなくて大変じゃないの?

678 :名無し三等兵:2013/06/07(金) 19:08:04.08 ID:???
>スポイラー

679 :名無し三等兵:2013/06/07(金) 20:41:43.40 ID:???
>>677
えっ

680 :名無し三等兵:2013/06/08(土) 23:55:34.59 ID:???
○○○ラー使っても動力飛行機よりは滑空角全然浅いんじゃないの?…

681 :名無し三等兵:2013/06/09(日) 00:19:20.25 ID:???
浅い降下角で何か問題でも?

682 :名無し三等兵:2013/06/14(金) 13:24:25.08 ID:???
そもそも失速速度遅いほど着陸は誰でもできるようになるし
割りと死ぬことはない

683 :名無し三等兵:2013/06/14(金) 21:35:28.06 ID:???
いや、割とベテランが死んでるから…

684 :名無し三等兵:2013/06/15(土) 12:04:24.36 ID:???
たぶんグライダーは軽飛行機よりは難しいよ
最近の軽飛行機はパラシュート付いてるから
ヤバい事になったらエンジン切ってパラシュート開けばいいのさ

685 :名無し三等兵:2013/06/16(日) 00:08:56.97 ID:???
ウルトラライトプレーンならたしかにグライダーより楽だわ
パラシュートにエンジン付いてるようなもんだし

セスナとかになると足折るかも試練氏めんどい

686 :名無し三等兵:2013/06/17(月) 02:34:02.72 ID:3vkqxadT
零戦→mac pro
F6F→hp ワークステーション

687 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 11:03:49.65 ID:???
地表の突発的な横風なんか食らったら動力がないと相当難儀しそう・・
てかスレタイと相当ずれた話だね。

688 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 11:20:43.73 ID:???
そもそも、零戦とF6Fを比べるのはおかしい。
零戦じゃあ、F6Fのライバルになれない。
比べるならFM-2だろ。
まさか米軍も、零戦を最後まで使うと思っていないので、F6Fを採用しちゃったけど
FM-2で十分圧倒できた。

689 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 11:23:52.13 ID:???
FM-2相手なら日本海軍も軽空母に96艦戦でじゅうぶんだったね

690 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 11:45:03.89 ID:???
>>688はage荒らし確信犯だから相手しないようにw

691 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 12:45:28.78 ID:???
うん、F4Fで十分だった
防弾の無いゼロ戦なんて12.7mmx4で十分

692 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 14:24:18.74 ID:???
馬鹿の言う事って面白いなw

693 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 15:40:08.09 ID:???
構ってちゃんだな

694 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 21:04:55.29 ID:ZLb0i4tv
T2はラダーを蹴るとクイックロールが出来た

695 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 21:06:55.21 ID:???
>>688
必要十分なだけの装備だと軍需産業が儲かりませんがな

696 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 22:37:19.21 ID:???
>FM-2相手なら日本海軍も軽空母に96艦戦でじゅうぶんだったね

馬鹿なんだね。

697 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 23:09:30.78 ID:???
そうだね
プロテインだね

698 :名無し三等兵:2013/06/18(火) 23:48:17.81 ID:???
87オクタンなら零戦は最強
米英が100オクタンの量産に成功して日本は劣勢となる
R2800も87オクタンでは1500馬力出るかどうかだろう
100オクタン仕様の栄は1400馬力

699 :名無し三等兵:2013/06/19(水) 00:18:51.68 ID:???
栄21の離昇での指定燃料は95オクタン

700 :名無し三等兵:2013/06/20(木) 19:35:03.68 ID:PpfL1yg2
また痛い奴が・・・

701 :名無し三等兵:2013/06/20(木) 20:14:56.24 ID:???
燃料の指定オクタン価は取説に記されてる

702 :名無し三等兵:2013/06/20(木) 23:10:47.22 ID:???
世傑に載ってるマーリンの理論限界馬力とオクタン価の表を見てみ

703 :名無し三等兵:2013/06/21(金) 15:41:43.97 ID:UGEdHeOq
ネット以外のツールがありませんw

704 :名無し三等兵:2013/06/21(金) 19:15:15.30 ID:???
圧縮比の低い栄に100オクタン入れてもね?

705 :名無し三等兵:2013/06/21(金) 20:15:50.33 ID:Ub8NYQvt
せめて大戦前にQCサークルがあればなぁ
各部品ごとにテスターにかけて欠陥ゼロなら
もう少し戦果も上がったろうに

706 :名無し三等兵:2013/06/21(金) 20:45:03.22 ID:???
生産の4要素「人 (Man)、機械 (Machine)、材料 (Material)、方法 (Method)」
4MのうちManのみに期待を掛けていたから水平展開は無理だった

707 :名無し三等兵:2013/06/22(土) 12:13:30.45 ID:???
>>704
圧縮比の値

・マーリン61:6.0
・R-2800-10W:6.65
・栄1x:6.7
・栄2x:7.0
・誉11:7.0
・誉21:7.0

708 :名無し三等兵:2013/06/22(土) 15:00:45.83 ID:???
当時のエンジンって仕様を変えても圧縮比自体は変えないんだよな。
圧縮比の変更が難しいとも思えないんだが。

709 :名無し三等兵:2013/06/22(土) 20:06:51.38 ID:???
ブースト圧を上げるほうに注力したからでは?

710 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 05:28:57.09 ID:???
過給器はいわば予備圧縮
過給器の性能が良ければその分圧縮比は下げないとならない

711 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 07:10:48.45 ID:???
そこで過給に強いディーゼルエンジンですよ

712 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 08:52:58.71 ID:???
今最先端のディーゼルは超低圧縮

713 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 09:05:02.93 ID:???
栄って87オクタン価で最大ブースト圧+70mmHg、95オクタン価で+200mmHgぐらいだろたしか

714 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 16:24:42.83 ID:???
>>713
栄の原型にあたる十試空冷600馬力が離昇+150mmHgで、時期的に恐らく87オクタン。
栄21の離昇は95オクタンで、離昇+300mmHg。

715 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 19:34:13.85 ID:???
100オクタンで+400(+500?)mmHg、1400馬力
これをベースにして誉
一気筒100馬力で18気筒なら1800馬力、背伸びして2000馬力

716 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 21:47:38.08 ID:???
誉1800馬力だと+400mmHg
誉2000馬力では+500mmHg

717 :名無し三等兵:2013/06/23(日) 22:10:42.85 ID:???
>>714
そっか
同系の隼のエンジンがオクタン価87で地上運転で+70mmHgとか戦鳥の人が言っていたからそんなもんかと思っていた

718 :名無し三等兵:2013/06/25(火) 00:16:38.62 ID:???
>>717
87オクタン前提のエンジンで全モード使えるケースと
想定より低オクタンな燃料を無理やり使用して、運用制限されるケースとの相違かと。
そして後者は、時間制限の無い常用最大が、使用可能なモードの目処になると思う。

ちなみに常用最大でのブースト圧は、栄1xが+50mmHgで、栄2xは+75mmHgです。
中古零戦21を練習機に転用し、使用燃料87オクタンで、運転制限+50mmHgとしたケースもあるようです。

719 :名無し三等兵:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:???
F4Fと零戦の方が…

720 :10式戦車 ◆KTswd4ouhc :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:???
技術的なことはわからないが電線1本からして太さが違う
ゼロ戦はプラモデルの電線より細い
F6は掃除機のコードくらい太い
燃料はそれ以上に差がある

カタログデータや設計図ベースの話は無意味
実機ベースで話さなきゃ只の知的障害児の戯言

721 :名無し三等兵:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:???
せっかくまともな人がまともな書き込みしてるのに、コテハン上げ馬鹿が・・
本当に法則に例外無しだな

722 :名無し三等兵:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:AHY9d8kr
>>721
お前が邪魔なんだよ

723 :名無し三等兵:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:???
構ってちゃんのage君は完全スルーの原則。

724 :名無し三等兵:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:???
同じ燃料なら出力にほとんど差は無い
日本のエンジンも理論限界馬力に近い出力はあった
米英でも理論限界馬力を超えるのは不可能
結果出力は僅差(燃料の差が差を大きくするので誤解される)
信頼性や整備性には大差があったけどね

725 :名無し三等兵:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:???
冷却性能が低ければ瞬間的に高出力は出せても常用は出来ない。

726 :名無し三等兵:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>724
>同じ燃料なら出力にほとんど差は無い

そこは、出力ではなく平均有効圧力とかにしといた方が無難かと。

小型ピストンと大型ピストン、多気筒と少気筒など、様々な条件を無視して「出力」が同等になるなら
何のために苦労して大型エンジンを開発するか判らなくなります。

727 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
燃料の問題が解決できても、過給機で大差がつく。

728 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
スーパーチャージャーとターボチャージャーの差ってこってすか

729 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
e

730 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
ターボってスーパーチャージャーだよw

731 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
ヘルキャット初の撃墜成果上げたパイロットのインタビューをYouTubeで見たんだけど水平尾翼撃ち抜かれても戦闘継続出来るもんなの?

732 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
当たり前の話だが程度の問題だろ。
7,7mmで打ち抜かれたって操縦索などに損傷がなければ大きな影響はないし・・
その程度の事分からないのかな・・

733 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
けつに零戦の20mmくらったコルセア

ttp://navypilotoverseas.files.wordpress.com/2012/02/fighteroneguadalcanalltjimmy-johnson-points-to-combat-damage-resulting-from-encounter-with-japanese-zero-during-dogfight-over-russell-islands1943.jpg
ttp://www.nps.gov/history/history/online_books/npswapa/extContent/usmc/pcn-190-003122-00/images/fig19.jpg

734 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
ワザワザ上げてまで貼る程の物じゃないだろ。
前にコルセアスレでも貼られてたし、今の話題回答にはならないしw

735 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
どうせなら
343空に機体後部をメチャメチャやられた
コルセアの画像ヨロ

736 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
いやだなー馬鹿って。
スレタイに関係なく。

737 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
つまり全てが妄想ポエマーなコテのカキコなんぞピーの戯言ということだな

738 :名無し三等兵:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>>735
なんとか中尉とかいったんだ。その名前でぐぐれば画像が出てくるんだけどな。
それか源田の剣な。

739 :名無し三等兵:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:???
フレーザー少尉とジョンソン中尉、ホンチャー中尉な

740 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
一発でこれだけ吹き飛ぶんだから主要メンバやられたら機体はバラバラだ
その恐ろしさは生還者しか証言できない
時限信管/近接信管の12.7cm対空砲より怖いかもよ、20mmは直撃だ
米の12.7mmは火災起こさせて落とす、日本の20mmは機体を吹き飛ばす
12.7mmも主桁に当たれば主翼もげるけどね

741 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
ドイツにはもっと高性能な20mmもあるけども対爆撃機用
対戦闘機で20mmを主用した日本海軍
戦闘機に20mmを当てようとする発想もすごいし当てた日本人パイロットもすごい
特にゼロはたったの2門、4門ならまだしも2門

742 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
低性能なエリコン系に見切りをつけたルフトヴァッフェ
しがみついた日本海軍

743 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>740
当たればねw

744 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>741

20mm以外、7.7mmしかないから。
一般的なパイロットにとっては、当たらない20mm、当てても意味の無い7.7mm、悪夢のような武装。

745 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
大戦全期間を通じて日本海軍が使用した戦闘機のほとんど全てが零戦。
海軍の対米撃墜戦果は大半が零戦によってなされたんですわ。
7.7oは効果が薄いとはっきり報告があって他の雷電、紫電、月光なども
20o機銃の戦闘機なので、要するに戦果=20o機銃なのが明白でして。
普通に当たっていました。

746 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
馬鹿?
月光や紫電の撃墜数が全撃墜数の何パーセントた?
月光が戦闘機を撃墜してるのか?
対戦闘機戦と対爆撃戦と一緒にして当たるとか言っても意味ないだろ。

747 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
日本語が不自由なら無理にレスしなくても結構ですよ。

748 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:BH63bViy
月光は大して活躍してないんだよな
特にB17には無力で高度を上げさすことしか
できなかったみたいだ

749 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
上げバカの法則。
イチイチ指摘するのは無駄

750 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
零戦が機関砲積んだ理由なんて周知の事実かと思ってたが20mmをdisらないと死ぬヒトは別らしいな
あ、知ったら命にかかわるのか

751 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
理由も何も7.7mm以上のものは20mmしかなかったんだからしかたない
ないものはない

752 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
12.6mmもあったじゃん

753 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
もともと零戦の20mmは対爆撃機用に搭載されていたわけで
これで戦闘機と戦うなんていうのは想定されていなかった

754 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
あったの?

755 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>754
公称値で12.6mmって口径は、聞かないね。
12.7mmでさえも、海軍は航空機向けで ビッカース(90式12粍機銃)/ ブレダ / イソダ の三者を試したけど、何れも量産に移っていないし。

756 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
ビッカース12mmって毘式じゃないの?
その90式は見られるサイトある?

757 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
折角つくった14mmを使わなかったのは勿体ない。

758 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>756
毘式だけど、戦車用や艦船用とかではなく航空機用だって。
BUN氏やささき氏らによると

・ベースは、Vickers Class C(重量23Kg、発射速度340〜600rpm)
・大正15年に7.7mmと共に契約
・ロイヤルティーは1挺あたりで、7.7mmが15ポンド、12.7mmが30ポンド
・昭和6年に横須賀海軍工廠造兵部で試作開始 (90式といいつつ試作開始時点で91式相当?)

あと上記の値と少し違うけど、こんなのも(ブローイングとの比較テストの話も少し)
http://www.quarry.nildram.co.uk/Vickers.html

参考までに艦艇用
http://www.navweaps.com/Weapons/WNBR_5-62_mk3.htm

759 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
× ブローイング
○ ブローニング

760 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>758
これ旋回機銃じゃね?

761 :名無し三等兵:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>760
どこかに書いてる?
毘式12mm機銃の中には、下記の様に旋回銃っぽいのもあるけど
http://www.vickersmachinegun.org.uk/guns.htm

762 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
>>753
零戦が艦上戦闘機だった事は知ってるかい?w

763 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
>>762
戦闘機には7.7mmで十分って認識だったって意味だぎゃ

764 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
将来的には戦闘機も重装甲がほどこされ、20mm級でなきゃ落とせなくなるって読みがあったげな

765 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
>>764

日本海軍に限っては、それはありえない。
そんな考えがあるなら、防弾無しの戦闘機、爆撃機を戦場に送り出してない。

766 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
零戦は12.7mmx4の武装の方が活躍したのだろう

767 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
隼だって初期は7.7mm2丁だし当時の思想なんてそんなもんじゃまいか

768 :名無し三等兵:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:???
十二試艦上戦闘機計画要求書
>1.目的
>攻撃機の阻止撃攘を主とし、尚観測機の掃蕩に適する艦上戦闘機を得るにあり

769 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
>>765
装甲のない戦闘機ですら跳弾となってしまうので96戦は50mまで肉薄して射撃したわけですが。

770 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
複葉機時代にカウリングを導入した際の海軍目的は、エンジンの防弾

771 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
飛行機は穴開けてもなかなか落ちない、だから爆破する

772 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
12.7mmx4じゃ駄作機扱いされそうだな

773 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
坂井本では隣の芝は青いってことで米軍戦闘機の.50機銃の多連装が羨ましかったと書かれてるね

774 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
>>765
将来は**だろう、と「今ある発動機で防弾する余裕があるか」は全然別ぞなもし
防弾ナイナイって言うけど1500馬力級が手に入るようになったら防弾も一応は考えてるし、
陸攻だって「4発でなきゃ馬力足りない」「防弾したら航続距離がorz」であって外付け防弾もやっとる

775 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
>>774
一式陸攻は、当初は金星4型または震天改で検討されていたからね。
それが火星搭載と前提が変わり、外付け防弾の余地が生まれたと。

776 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
方向舵を吹き飛ばされても生還できたが、あと50cmズレて尾翼に当たっていたら死んでる
20mmの恐ろしさよ
尾翼を防弾にするわけにはいかない
米機の12.7mmは?
落ちる日本機は燃料タンク撃たれて火災起こして落ちていくばかり
もし日本に米機と同レベルの防漏タンクがあったなら

777 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
ゴムがないんじゃしょうがない

778 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
あと、相変わらず日本は防弾を軽視していたという勘違いが多いが
日本が防弾板の量産を可能になったのは三式、四式のころ
欲しくても作れなかったんだ
例外的に九九襲撃機が防弾板を装備したが生産は非常に苦労している
まともな防漏タンクは最後まで作れなかった
四式重は防弾鋼板でタンクを守るしかなかった
紫電は自動消火装置を装備するしかなかった

779 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
日本での防弾始めは、上海事変において一三式艦攻の操縦席下面に応急的に施した防弾鋼

780 :名無し三等兵:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:???
どうにも人命軽視に持っていきたがるけども・・・
海軍機の赤く塗られた尾翼や九九艦爆に装備されたウキワや
紫電の図面に残る救命イカダなど見ると人命の重さが分かる
イカダは実際は装備されなかったと思う、仮に装備していても
使い様がないだろう
でも装備しようと思いついた事実はある
人道ではなく単にパイロットは貴重品だっただけとしてもだ
やれる事は精一杯やった、それで不足だとしても精一杯やった

781 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
攻撃力の二の次だけどな

782 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
伝家の決め台詞「命が惜しいのか?」

783 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
搭載力や航続力や速力と防弾重量とのトレードオフになったら
搭載力や航続力を選ぶ
そんだけのことだろ

弾なんか高速や機動力であたらなければどうということはない
一式陸攻は高速で敵戦闘機を引き離して追尾する敵を尾部20mmで撃退する

決戦支援の航空戦力だから消耗戦を長く戦う必要もない
どのみち決戦兵力は防弾があろうがなかろうが1、2回の戦闘で消耗してしまう質のもの
防弾に割くリソースがあれば攻撃力に割く
人命を重視するとかしないとか脳味噌お花畑な見地には無縁

もちろん色を塗ったりイカダや自動消火装置みたいに
攻撃力に影響ないものなら実施するのに吝かではない

784 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
陸軍は複数回の航空消耗戦を前提としてたからな
ソ連軍の縦深が深いから
だから生還再出撃を前提としないと消耗に養成が追いつかない

785 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>783
典型的自虐史観

戦後日本では人命尊重のアメリカの戦闘機には沈まないよう
浮き袋がついてると与太話が吹聴されたが、実際に浮き袋を
装備していたのは日本機の艦爆だった
こういう事実を後世に伝えねばならない
いいかげん自虐はもうやめよう
美化もやめよう
そろそろ淡々と事実を見るべきだよ

786 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
浮き袋より救命筏とサバイバルキットがアメリカなんだな。

787 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
ま、自虐もクソも佐官級の海軍将校が鹵獲米軍機の防弾をはじめとした艤装のよさに感嘆したと書いてるぐらいだからなあ。
無知は>>785のような信仰を産むんだよな。

788 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>785
>>784で陸軍はしっかりした認識があると書かれてるので、自虐ではないのでは?

789 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
まあ外張り式など折角それなりの防弾タンクが生産可能になっても
天号作戦で航続力確保のため全部取り外して裸タンクプラス自動消火装置のみとしたわけで

790 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
多少軽量化しても補い切れない程に低性能だった場合、
逆に防弾強化に走った事例は、一三式艦攻で見られます。

791 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>まあ外張り式など折角それなりの防弾タンクが生産可能になっても
気休め程度の物でしかない、ほとんど意味はなかった
現実逃避はやめよう
厚さ50mmのゴムで被って、それでも不足だった四式重のタンクを見ろよ
ただゴムで被っても意味ないんだ

792 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
日本の技術力だと変に防弾タンク積むよりかは自動消火装置と防弾鋼板の組み合わせのが有効だったろうね

793 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
いやいや末期の防弾タンクは外張り式でも12.7mmの連続被弾に耐えています。
現存する紫電改の防弾タンクの外側に金網が張ってあるのは
外張りゴムが被弾穴を塞ぎやすいよう変形を少なくして外張り式の欠点を補う為です。

BUN

794 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
自虐史観は「できたのにやらなかった」という妄想
少しでも当時の実状を知れば「やりたくてもできなかった」の結論になる
航続距離を優先した?、軽量化を優先した?
それ以前なまともに機能する防弾タンクは無かったし防弾鋼板すら無かった
防弾鋼板はなんとか開発に成功したが防弾タンクはついに最後まで作れず

795 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>793
まともな防弾タンクならば自動消火装置は要らないんだよ
そのレベルをまともと言う
米機で自動消火装置を装備したのは初期のF4Uくらいだ

796 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
その効果ある外袋式防弾タンクを航続力優先のために外したと空技廠の担当者が書いてる

797 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
P-51も積んでなかったっけ

798 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>774

防弾も一応であって、最後までカタログスペック至上主義。
烈風も、あれだけ巨大で、2200馬力級の機体なのに、
カタログスペック至上主義で、防弾無しの試作機。

1500馬力級が何をさしているのか不明だが、零戦54型なら。
こいつも、防弾無しの試作機でしかない。

対する陸軍は、当初から防弾を考えておられ。
隼ですら13mmの防弾板を積んでいる。
アメリカの12.7mm直撃には無力かもしれないが(アメリカの防弾も同様)7.7mmには十分有効。
隼Uと零戦52型が敵同士として、ガチに戦ったら、空に残っているのは隼Uの方だと思うぞ。

799 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>ガチに戦ったら

20mmくらって空中分解するブサ

800 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
自動消火装置は必要だろう
燃えるのは燃料タンクだけじゃないからね
レベル低く過ぎない?

801 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
自動消火装置のセンサーは燃料タンクにある
レベル低く過ぎない?

802 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
防弾があろうがなかろうが

工場で組み立てたものを分解して牛で運び故障を招く
戦場に着くまでに半分が故障して墜落する
滑走路の穴にはまって壊れる
先制攻撃を受けて地上撃破される

空中にあがる前に勝負がついている

803 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
センサーの種類も知らない無知白雉

804 :名無し三等兵:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:???
セルフシーリングタンクは発火しない
だから消火装置も不用
セルフシーリングはタンク容量を犠牲にしない
F6Fのようにセルフシーリングのおかげで容量upの例もある
そもそもね
人命軽視というのは戦闘を知らないバカの妄想だ
兵を死なせたら負けてしまうんだよ

805 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
空想世界のポエムか

806 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>804
赤軍を除く

807 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:RTKw7i+4
>>806
手回しでランディングギア動かしてた国の話はいいだろ

808 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:uTxo7AcM
始動車でペラ回していた国の話しを聞こうじゃないか

809 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:qB6+DUDr
兵士が死のうがより多く敵兵を頃せば勝てるだろ
更に言うなら、兵士が死んでも敵戦力をそれ以上に削れれば勝てる
人命を純粋な戦力と見て、死を戦力の減少としてのみ評価する姿勢が人命軽視だろ

810 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
上げ馬鹿三連発でしたw

811 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
海軍は捷号作戦のときは自動消火装置と防漏タンクの装備を指示してるね
このころ多量生産も可能になっていた
天号作戦のときは航続力確保のために防漏タンクを前期中止、自動消火装置のみとなった

812 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
浮き袋の装備目的のひとつは事故原因調査のためで
従って敵手にわたる懸念のため天山などでは装備せず
紫電も途中から廃止しているんじゃなかったかな

813 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:uTxo7AcM
日本は良質な天然ゴムを100%押さえていたのに
自動漏洩防止タンクには不向きだったんだろうな

814 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
防漏タンクの効果の判定だろうよ
発火は防げなかった、漏れてしまうんだよ
漏れるならどの道ガス欠だ
米軍のセルフシーリングは基本的にそのままで今も使われてる
これ以上の物は未だ発明されていない

815 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
アメリカはガソリンと反応して発泡する特殊なゴムの合成、量産に成功した
天然ゴムがなんの役に立つ?
兵器はいつの時代も最先端技術の粋の塊、まして軍用機となれば超ハイテク
今の目で見れば幼稚で原始的に見えても当時は最先端技術だ
防漏タンク、防弾鋼板、レーダー、肉声通信、ハイオク、、、、当時の最先端技術
当時の日本に作れなくてもなんら不思議はないハイテクだ

816 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
日本軍の主力戦車チハの装甲は12.7mmが貫通してしまった
米戦闘機も同じ12.7mmだ
なぜ零戦は最初から防弾板を装備しなかった?、人命軽視?
日本にとっては戦車並の装甲だった
当時の日本の身の丈を知れ、話はそれからだ

817 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>813
天然のゴムを用いたスポンジゴムをつかい
スポンジゴムによって破口を塞ぎ
さらに金網で囲い破口を小さくする工夫を行う仕組みの外装式防漏タンクは
スポンジゴムの開発に苦労するも、開戦前に実用化に成功しているよ

7.7mm連続3発、13mm炸裂弾1発被弾でも火災を発生せず、実用価値ありと判断されている
ただし当然重量が増えるため爆弾または燃料搭載量を減らすことが許容できないとして
装備は見送られている

紫電改の実機などで確認できるのはこのタイプ

内袋式防漏タンクは、スポンジゴム厚をより薄く、軽くできるものの
耐油性のある人造ゴムが必要であり、その開発に難航して実験終了が昭和18年秋

昭和19年後半には>>811にみるように一旦標準的に装備させる指示が出たものの、
沖縄作戦時に航続力確保のため、搭載取りやめとなったり対7.7mm防御で済ますなどの対応となっている

開発担当の空技廠の人が記しているがモノは出来ていた、しかしその配備は遅すぎたと

818 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
つまりはモノだけあっても仕方ないのよ
その重量に耐える大馬力とか、近場まで運べる空母、あるいは前進基地の整備能力、
空母を守れるだけの護衛、搭載量が足りないなら山ほど飛ばせばいいじゃない(ヲホホホ)etc.

それがなきゃ「防弾バッチリだが、敵のいるとこまで行けない」という役立たずが出来上がるだけでね

819 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>817
陸軍は常識的な判断だったな

820 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
> アメリカはガソリンと反応して発泡する特殊なゴムの合成、量産に成功した
> 天然ゴムがなんの役に立つ?
耐油性の無いゴムが非極性油のガソリンに接触して膨潤するのは
ごく普通の挙動だが
耐油性に劣る天然ゴムも当然ガソリンに接触すれば膨潤するのを
まさか知らないのか?

821 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
無知無知を連発するわりには知識がいいかげんだね。

822 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
96艦戦で横転したときにパイロットを守るためのつっかえ棒付けてたりするから人命を軽視してたわけじゃないと思うけどね
むしろ人命軽視してたのはアメリカの鬼畜将軍じゃないかと

823 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
チハがM2に至近距離から狙い撃たれ炎上した話しは良く聞くが
駆逐艦や潜水艦もM2の機銃掃射で撃沈するのも
悲しい

824 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
プ

825 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>823
やっぱり>820の話は知らなかったんだね

826 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>820が無知を晒したということだな

827 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>823
そんなこと有った? 何かの間違いでは

828 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>826
まあ膨潤なんて我々高分子化学の世界では使わない用語を使ってる時点でw
しかし、高校化学さえ学んでない文系くんの妄想はちょっと痛すぎるね

829 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
チハは全周12.7mm防御ってのはアメリカがレポートしてるこったろうが

830 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
むしろ開発のキモは>>817も書いている
耐ガソリン性のある合成ゴムのことかと

831 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
馬鹿は黙ってろ

832 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>830
だな
>>820の指摘が正しい

833 :名無し三等兵:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:???
合成ゴムは石油から作る訳だが
ガソリンと反応して溶け出したりはしなかった
のだろうか?

834 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
何を今更w

835 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
スポンジゴムじゃダメなんだよ
そんなもん無くても日本はフェルトを捲いていたしね
セルフシーリングのキモはガソリンと接触すると発泡するゴム
瞬時に発泡して穴を塞ぐ
耐油とは逆の発想

836 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
日本はセルフシーリングがどんな物か知っていたし少量は生産(試作?)したようだ
結果は不明、どの道量産はできなかった
結局はガソリンを吸わせるフェルト/スポンジゴムを巻いてその外に耐油ゴムを巻く物を防弾タンクと称した
ダダ漏れしない効果はあったけど完全に漏れを止めるには程遠い
当然被弾で発火してしまうので自動消火装置の併用が必要

837 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
もうグダグダだな

838 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
スポンジゴムをガソリンを吸わせるものと思ってる点で何も理解していないな。

839 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
活動開始

840 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
> セルフシーリングのキモはガソリンと接触すると発泡するゴム
> 瞬時に発泡して穴を塞ぐ
日本に作れたら全ての前提が崩れるから必死なのは分かるが、
ソースも無しに発泡するゴムとか脳内物質を語られてもねえw
米軍機には今も天然ゴムをセルフシーリングのシーラントに使う
機体もあるのはさてどうしてだろうね?
もしかして米軍が日本の発見した技術をパクったのかなw

841 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
バンドエイドですよ

842 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
発泡ゴムで吸わせるとかww なんか戦車スレの32bot並みの妄想テンプレだな
一人で原稿読み上げてるみたいな文章もよー似てるわ

843 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:pRb4hLj7
草はやしはアホらしい

844 :名無し三等兵:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:???
スポンジゴムが燃料を吸う人は今夜は来ないのかな?

845 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>ガチに戦ったら

>20mmくらって空中分解するブサ

そもそも、鈍重な20mmは重爆撃機用の装備。
零戦より軽く、加速性能、旋回性能も上回る隼をの20mm必中圏内に入れる訳ないじゃない。
不意打ち以外、隼に20mmを当てるのはほぼ不可能。
零戦の7.7mmと隼の12.7mmの打ち合いになる。
7.7mmで防弾のある隼を落とすのは困難だが、無防弾の零戦は隼の12.7mm1発で撃墜される。

846 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
ププ

847 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
句読点で今日から貴方も今までとは違う別人に

848 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
それ以前にブサは零戦への攻撃位置につけないというのが
昭和16年の陸海模擬空戦の結果ではなかったかな

849 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>ソースも無しに発泡するゴムとか脳内物質を語られてもねえw
だからセルフシーリングを調べろよw

850 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>849
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Self-sealing_fuel_tank

851 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
ソースを求められて
> だからセルフシーリングを調べろよw
って返しができるのはある意味凄いな

852 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
しーりんぐたんくとか、はっぽーとか、よくわかりません
まで読んだ

853 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
宿敵グラマンって言い方おかしいよね
宿敵三菱とか宿敵ノースアメリカンとか言わないのにね

854 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
アメリカ人に日本最良の戦闘機を聞くと、Mitsubishiって返ってくることがたまにある
それと同じじゃね?

855 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>852
軍板も昔に比べて質が落ちた
英語文献を読むことははおろか検索すら出来ず
古い俗説にしがみつくだけの老害しか居ない
アメリカでは子供向けの航空機入門書にまで
セルフ・スィーリング・タンクの事が載っていると言うのに

856 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
スポンジゴムでガソリン吸収とかワロタ

857 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>それ以前にブサは零戦への攻撃位置につけないというのが
>昭和16年の陸海模擬空戦の結果ではなかったかな

それ、堀越がしていた自慢話。
しかも、堀越自身、海軍担当者から聞いた伝聞情報でしかない。
さらに、当時の隼な自他とも認める欠陥機。
航続距離を伸ばすために無理をして、いつ空中分解するか分からず全力での起動ができない代物。
2型になって、全く別物となり、限定的とはいえ防弾された、タフな軍用機となった。
零戦は、所詮ショーの機体、軍用機じゃない。

858 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
藤岡歴史館夏季企画展「堀越二郎の軌跡」
http://www.city.fujioka.gunma.jp/kakuka/f_bunkazai/h25_2kikakuten.html

859 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>>857
堀越ソースじゃなく、
海軍関係者ソースでも内容は変わらない。
ま、毎度狭い見聞で恥を晒すのが
お好きなようで。

860 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
別ルートがお望みなら

青木喬 陸軍少将の述懐

「(4)零戦問題
 (略)昭和16年1月恒例により明野において陸軍最新の1式戦、2式戦と戦技競技を交えた結果、
 馬力荷重、翼面荷重等において陸軍側が有利であったにもかかわらず、戦闘性能、操縦性能共に
 零戦がまさったことは参加ベテラン戦士の等しく認めたところで、特に20mm砲装備の攻撃力及び
 偉大な航続力では断然世界レベルを大きく突破する空前の至宝兵器であることが立証された。
 (略)もし仮に昭和14,15年頃から陸軍も零戦に統一する勇断があったなら、量産錬成・共同戦果はもちろん、
 はるかなる南方広域に補給の途上少なからず喪失を見たような痛恨事は皆無に近かったと考える。
 零戦統一に関する具申は懸命且つ執拗に努力したが、越権なりとして容れられず、甚だしきは海軍かぶれと
 ののしられ恨みの涙を呑んだことは忘れられない。(略)」

861 :名無し三等兵:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:???
> 海軍関係者ソースでも内容は変わらない。
もはや存在しないものにまで縋る始末

862 :名無し三等兵:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:???
残念ながら。
昭和16年に限らず数回行われた
この催しについて記してある。

863 :名無し三等兵:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:???
スポンジボブで防弾?

864 :名無し三等兵:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:???
確かに日本のような国力が無い国は陸海軍で機種統一する
必要性は高かったと思う
もちろん武装も12.7mmx4で統一出来ればなお良い

865 :名無し三等兵:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:???
価値が無いゴミレスしか出来ない馬鹿が語り出す

866 :名無し三等兵:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:KH/kSkIt
865がゴミレスのお手本

867 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
馬鹿だからどのスレでも馬鹿呼ばわりされちゃう憐れな馬鹿

868 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
陸軍も零戦を1941年に戦力化しようとしても20mm砲の生産量が少なすぎて
陸軍向け零戦は20mmのかわりに12.7mmを装備するしかない件

869 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
いや12.7mmの製造立ち上げが遅くて生産量が少なすぎてしかも故障多すぎて無理
それなら陸軍造兵廠でエリコン製造を始めるのと大差ない

870 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
戦闘機相手なら12.7mmが理想的だが重爆相手となると無理
大戦初期からB-17が襲来してるってのに

871 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:t2TGVdA5
陸海で統一するなら陸軍用の零戦に12.7ミリ機銃を積めばいい。20ミリは海軍に回すと

872 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
ゴミレスのお手本のようなスレですね^^

873 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:sviSo6Pf
どのみちB17は12.7mmでも20mでも無力なので
陸海軍統一零戦なら12.7mmx4にした方が結果はでるだろう

874 :名無し三等兵:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
零戦三二型「せやったかな?」

875 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
12.7mmでは米機は落ちないよ
穴開けるだけで落ちないんだ

876 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
豆鉄砲の7.7ミリよりまし

877 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
そういえば、何故に日本はエリコン20mmでもFF採用したんだろ
連合国側は一番大型のFFS系列のイスパノだったし
ドイツはFFSがBf109のモーターカノンにするには大きすぎるから
やむなくFF(それでもちょっと弾丸大型化)だったけどさ

日本的発想で同クラスなら小さいほうが良いって考えたんだろうか

878 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
昭和11年にライセンス契約してるから、当時の戦闘機の能力からして
軽くて小さいほうというを選んだって感じじゃないかな。

879 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
20mm積み始めだし、戦闘機に機関砲積むならせいぜいモーターカノン1門、みたいな時代に両翼に積もうとしたわけで、
「まさかFFLを4門なんて時代がすぐそこに来てるとは思わなかった」てことじゃないのか

880 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
>>860

突っ込み所満載のコピペありがとう。
16年1月だと、まだキ43は一式戦ではない。
その時点のキ43は無理をし過ぎの軽量化で、まともに起動できない欠陥機
さらに、二式単戦は初飛行が15年10月、エンジンを含めて問題だらけ、16年1月の時点で、
まともな模擬空戦できると状態とはいえない。
二式単戦が、お蔵入りから復活したのは、16年夏のBf109E-7との模擬空戦以降。
それに、その時、青木喬は少将じゃなく陸大の教官でしかない。

この、突っ込み所満載のコピペの元は何処?

881 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
> 16年1月だと、まだキ43は一式戦ではない。
> その時点のキ43は無理をし過ぎの軽量化で、まともに起動できない欠陥機
> さらに、二式単戦は初飛行が15年10月、エンジンを含めて問題だらけ、16年1月の時点で、
> まともな模擬空戦できると状態とはいえない。

それは言い訳だなぁ、16年1月だと下川事故の半年前で、
零戦だってマトモに機動出来ない欠陥機だった時代だし

>青木喬 陸軍少将の述懐

述懐なんだから、別にテスト当時教官だったとしても、
述懐してた時点で少将、或いは元少将の立場だったら別におかしくもないんじゃね?

論破終了

882 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
突っ込んだつもりが自爆
チャンチャン

883 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
このコンペは陸軍が持ちかけたモノじゃなかったっけ。
それなのに「欠陥機」や「まともな模擬空戦できる状態でない」機体を持ち込むとは
陸軍は何をしたいのだろう。

884 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:zVsYk2RS
エリコン20mmは山本五十六のゴリ押しで決まった
癒着のあった三菱商事からのライセンス購入となったけど

885 :名無し三等兵:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:???
価値が無いゴミレスしか出来ない馬鹿が語り出す

886 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
APIブローバックによる単純化、小型化、軽量化
日本にとってはベストだよ
ドイツ製は難しすぎてアメリカもコピーできなかった
正規だろうがパクリだろうが日本で作れるわけもない
もし陸軍もエリコンだったら疾風は20mm四門だったろうよ

887 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
疾風も乙型ならホ5を4門積んでるがな

まぁ軽量弾使ったナンチャッテ20mmだけども

888 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
カタログ廚お馬鹿すぎるなぁ
最大速度が大きくても加速力、上昇力で劣ってたら実践では無意味なのにさ
実際最大速度で大きく勝る米軍機が低馬力の日本機に加速で引き離されたなんて当たり前にあるんだけどね

889 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:303asOcP
>>888
実戦体験者なんですね
手柄話もお聞かせ願いたいものです

890 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
実戦経験などなくても中卒以上の学力があれば分かるよw
軽い方が一瞬の加速や上昇では勝る、でも一瞬
その後は大馬力の米機の圧勝になる
さらに米機は零戦に惨敗した教訓から常にエネルギーを保有する戦術に切り替えた
エネルギー総量の戦いになると日本機は苦境に陥る
零戦や隼は機体強度が足りず高エネルギーの機動に耐えられなかった
高位必勝(高エネルギー必勝)と言えるようになったのは紫電、疾風、五式戦

891 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
日本の防空体制では高位必勝がほとんど机上の空論だった事も言っておく
日本機は定位からの戦いを強いられる
200海里先が見えるレーダーがあれば高位を取れたろう
敵機来襲の30分前に空襲警報あっても全然間に合わない

892 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>890-891のような無知はスルーが吉

893 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
だよなぁ、実戦で加速の悪い敵機の機速が上がるまで真っ直ぐ飛ぶ馬鹿は居ないのが
分からんのだから語り合うレベルにないのは一目瞭然

894 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
コイツ文章の癖で一目で分かるんだよなぁ
いつも喧嘩腰なんで内容に関わらず相手にしたくないんだよね
コテ付けてくれれば自動NG余裕なんだが

895 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
自分の無知白雉をage馬鹿とかの言葉で返すしか無いチンカス野郎のことだろう

896 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>886
ホ5と99式2号、どっちがより日本向きだったのかな・・・

ホ5
【長所】同調式に出来る、全長が短い、発射速度大、散布界が狭い・ホ103の生産設備をそのまま転用できる
【欠点】機関部が大きい、軽量弾仕様、弾道低伸性が悪い、甲砲・乙砲2種類のラインが必要

99式2号
【長所】機関部が小さい、構造が単純、メンテナンスが楽
【欠点】同調式に出来ない、散布界が広い、ベルト給弾の構造が変態、生産設備が99式1号・3式30mm・5式30mmと排他仕様、
     発射速度を増大しようとしたら反動激増

897 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
おっと3式30mmってなんだよorz
2式30mmの間違い

898 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>886
>もし陸軍もエリコンだったら疾風は20mm四門だったろうよ

エリコンは同調に不向きだから、機首は12.7mmになると思う。

899 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
機関部の大きいホ5を両翼に一門づつ積めたんだから、
エリコンなら両翼に二門づつ入るかと

900 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:303asOcP
紫電雷電のように翼内銃でよろしいでしょう
シンクロなしの分だけでも機構が簡単

901 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:5HBPV93G
風たちぬ

観たよ
面白かった

902 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
日本機の加速力は、極低速からの加速であって、
空気抵抗が大きな巡航速度以上の加速性ではない。
そもそも、500km超えたらほとんど加速しない零戦・隼に対して、
600km以上に平気でだす米軍機が巡航速度以上の加速性能で劣る訳はない。
要するに、下手なパイロットが無意味な急旋回をし、
失速寸前まで速度が落ちた時の加速性能。
戦闘時の加速性能ではない。

903 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>902
ヒント:同高度の速度

904 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:MR7HA+aS
F6Fと烈風はエンジンの馬力はほぼ同等。
主翼面積もほぼ同じ。
空力特性は烈風がはるかに優れており、
自重は1トンも烈風のほうが軽い。
これでは空戦で烈風が負けるわけがないというのが、
普通の意見。

905 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:5HBPV93G
パイロットの腕と無線がなあ

906 :名無し三等兵:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>902
巡航速度は、空気抵抗が最も小さい速度領域なので、
それを大きく上回る速度だと、必然的に空気抵抗が大きくなります。

またプロペラ機の場合、
推力=ペラ効率x制動馬力÷速度、
となるので、高速になると推力が低下します。

高速になると、空気抵抗が増えて推力が低下するので、余剰推力が減り
加速度=余剰推力÷飛行重量、
なので、余剰推力が減った分だけ加速度も低下します。

907 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>899
四式戦の場合、ホ5は9〜10番リブの幅300mmの区画に配置されています。
一方、左右の主翼に99式機銃 x2を装備した機体を見ると、
・雷電21型は、20mm機銃x2を7〜9番リブの幅500mmに区画に配置
・紫電21型は、20mm機銃x2を6〜8番リブの幅535mmに区画に配置
なので、ホ5 x1門を収容したスペースに、99式機銃 x2丁を収納することは無理っぽいです。

陸軍側が、四式戦(相当)へのエリコンを4門装備、の要求仕様を出してきたら
全数翼内装備で対応するかもしれませんが。

908 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>904 F8Fと比べても
馬力大体同じ
自重同じ
翼面積5割増し+空戦フラップ
なので実際に空戦したら勝ってたんだろうなぁ

909 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>907
っガンポッド

910 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>909
史実の四式戦のホ5収納スペースだと、エリコン4門装備は無理ぽいが
陸軍がエリコン4門装備の要求を行った場合、対応をするかもしれない
と記したつもりです。

ガンポット形態でのエリコン増設も、陸軍の要求内容次第でしょうね。
例えば、性能低下容認は前提としてあり、2門装備から4門装備に陸軍の要求が変更され、
なお且つ早期実現の突き上げ(大幅設計見直しの時間が貰えない)、といた感じとか。

911 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
疾風の主翼はホ5に合わせて設計してある
もしホ5を4門と注文されても無理だけどエリコン4門なら簡単だ
エリコンが翼内装備に向いてる形状なのは一目瞭然
MG151/20の方が優れているけども当時これを作れたのはドイツだけ
図面とライセンスだけあってもイギリスもアメリカも作れないハイテク兵器だ

912 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>911
>もしホ5を4門と注文されても無理だけどエリコン4門なら簡単だ

次世代機では、ホ5(20mm)+ ホ155(30mm)の翼内装備を行っています。
開発当初から、ホ5の翼内4門装備重視の注文だったら、対応できると思います。

史実の四式戦に比べ、何処かに無理は出るかもしれませんが、
そこら辺は、単なる優先順位なお話しに過ぎませんし。

913 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
疾風は機銃よりもエンジンなんとかせーや

914 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
エリコンを使い続けたのは、日本海軍のみ。
オープンボルトで低命中精度、ジャム連発の欠陥機銃。
終戦間際の物資もマンパワーも不足している時に、
わざわざ、全ての面でスペックの劣る13mmを採用したのは
エリコン系改悪品2号機銃が、スペックだけのポンコツであった証明。
紫電改のパイロットも、100m以内に近づかないと当たらないと証言している。

915 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
今夜もバカが無知を武器にGOGO〜

916 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>エリコンを使い続けたのは、日本海軍のみ。

いいえ、米、英、独も最後まで使ってます

>オープンボルトで低命中精度、ジャム連発の欠陥機銃。

そんな事実はありません

>終戦間際の物資もマンパワーも不足している時に、
>わざわざ、全ての面でスペックの劣る13mmを採用したのは

7.7mmの代替、置換えです

>紫電改のパイロットも、100m以内に近づかないと当たらないと証言している。

※個人の感想です。事実と異なる場合があります

917 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
エリコンは低性能だが軽量安価
使える道具だったんでしょう

918 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>>916
英米からは、陸軍も含めて日本の射撃下手を指摘されているのだっけ?
訓練方法に問題があったのかな。

919 :名無し三等兵:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:???
20mm弾は高価で訓練じゃ撃てなかったっていうしなあ

920 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
米軍は偏差射撃や無線を使った編隊行動の訓練をみっちりやるし
何より実弾射撃訓練の機会が多いからなあ

921 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
訓練ならホ別5も払う必要もないと思います。むしろホ5で込みか別なら最低でも二回戦はあるべきだと考えますけどね。

922 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
そもそも20mmを戦闘機に当てるのが至難、しかも装備数が少ない
20mm2門と12.7mm6門の命中率は単純計算で数倍違ってくる
練度がピークだった頃のゼロパイロットは7.7mmで敵機パイロットを狙撃できた
ちょっとありえない練度の高さだったから20mmも当てられた

923 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
兵頭二十八さんのよく言うことに
7.7mm機銃は搭乗員の頭を狙って殺すくらいしか出来なかったってあるけど
本当にそうなんかな

坂井さんの大空のサムライでも7.7mmを敵航空機の翼の付け根に集中させて落とす描写が結構あるし
パイロット狙って当てたなんてほとんど聞いたことないんだけど

924 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>敵航空機の翼の付け根に集中

標的射撃のようなピンポイント狙いは無理なんだから単発機ならパイロットを狙ってるも同然の射撃でしょ

925 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
パイロットの頭と
翼のつけ根が同じ大きさと思っている
変な人が居るね
暑いからかな

926 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:rV7ipePR
巡航速度で水平飛行している
P36やI16ならできたんだろうな

927 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
NHK BS2『零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争』
前篇8月3日(土)2100〜2230(90分)
後篇8月10日(土)2100〜2230(90分)

生存搭乗員、関係者、遺族を探し出し、貴重な証言を主軸として、
これまでのNHKとは一味違う切り口でじっくり見せる作品。
F6Fとの空中戦もCGで再現。ラバウル現地取材も。

928 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
真夏日には頭だけしかないパイロットが操縦してる戦闘機もあるんだね

929 :名無し三等兵:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:???
デザインだけで語るなら、A6Mの一択。

930 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
パイロットを狙い撃ちするのは機首装備しか無理
それも弾道の直進性のいい小口径ならば、の条件が付く
日本のパイロットは7.7mmはパイロット撃つしか役に立たないと
豪語していたけども機首装備の7.7mmだから可能だった

931 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
7.7mmでパイロットを狙撃する=キャノピー越しに当てる
当然防弾板に防がれてしまうので非防弾のキャノピーを貫通させるしかない
ちょっと信じがたい神業ではある

932 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
Cal.30防弾は距離100ヤードでの話だからもっと近付いて下さい

933 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
米軍のように側面から見越し射撃/偏斜射撃すれば、キャノピー防弾なし。

934 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
それで当たる位ならジャイロコンピューティングサイトなんか開発してないよ

935 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
ソ連のパイロットは最高速度はほとんど意味なかったって言ってる。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/golodnikov3.html
http://bf109.exblog.jp/1808373
i-16 type28、29でbf109F型と性能は互角だとか。
速度性能はi-16が460kmでbf109Eが570kmだけど加速性能はほぼ同じで
i-16のほうが強かったらしい。
零戦でもありえることじゃないのかな。

936 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
低空での旋回戦にノコノコつき合ったらやられる、つーのは米軍も認識してただろうね

937 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
>速度性能はi-16が460kmでbf109Eが570kmだけど加速性能はほぼ同じで
>i-16のほうが強かったらしい。

ドイツ空軍に、大量のエースパイロット謙譲したのが、i-16なわけだが。
それに、Bf109Eの方が、零戦より遥かに小型で強力なエンジンを積み、全備重量では軽量だよ。
Bf109は加速性能命の機体、速度、上昇力、高高度性能いずれにおいても零戦を上回る。
航続距離と低速での旋回性能以外、零戦に勝る部分はない。
(中国での戦線が長引けば、零戦の特性を知ったi-16に苦戦をするようになるとは思うけど)
Bf109も、上昇力も加速性能も劣るが、速度性能と高高度性能が勝るP-51に駆逐された。

そもそも、交戦中に加速なんかできやしない。
空戦をすれば、ひたすら速度と高度を失うだけ。
加速するために直進する馬鹿は、次の瞬間地面に突き刺さっている。

938 :名無し三等兵:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:???
そもそも東部戦線はスンゲー低空でやりあってた件
高々度を高速巡航して速度殺さずに突っ込んでくる相手じゃ、回避すれば速度落ちるし追いかけるにゃ速度が足りん

939 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>937
bf109E型は空母で使うことができなくて航続距離は零戦の半分なわけで
海軍機と陸軍機を比べるのは変だなと思うよ。
あくまでカタログスペックで速度性能が劣っていても戦闘では関係ないってことを言いたかった。
このパイロットはLaGG-3とYAK-1を比較して速度性能においてはLAGG-3が上回るが、加速ではYAK-1が
良くて実際に戦闘で早かったのはYAK-1だそうだ。
空戦中に加速ができないというが、急降下で加速すればいいんじゃないか。
本当に交戦中に加速ができなければ、旋回性能が上回る機体が確実に勝つと思うが。

940 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
加速性能とは急降下の事だろ
最高速度はほぼ同じだった九七戦だけど急降下に入ると固定脚のせいで全くついていけない
巴戦で挑んだら全く歯が立たずボコボコにされた(日本側は有頂天)
でも一撃離脱に徹したら九七戦は低速な戦闘機でしかなくなる

941 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
米軍もゼロ相手に同じ轍を踏みかけた
F4Fは一撃離脱できる性能は無かったので責めるのは筋違い
F6Fを手に入れたのにゼロ相手に巴戦で戦おうとしてゼロの怖さを思い知る
上昇旋回を始めたゼロを決して追うな、これが鉄則
これはF6Fから速度を奪う罠だ
二倍も重いF6Fがこの罠にハマったら勝ち目はない

942 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
二倍重くて馬力も二倍。

943 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>940
97戦とi-16だともう戦い方の差なんじゃないかなぁと思うよ。
米軍のパイロットも言っていたけど、自分の機体の性能を最大限生かせるように
戦えと。
i-16も急降下速度は97戦よりも良いけど、正直大して変わらない感じもある。
97戦は上昇性能や旋回性能で勝っていたし、ほぼ互角だろう。

944 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
>>927
それ前に放送したのと違うやつ?

945 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
生存搭乗員、関係者、遺族を探し出し、貴重な証言を主軸として、
>>944
新制作。生存者のインタビューが中心の新構成らしい。
『零戦 最後の証言』の著者、神立尚紀の零戦本がベースらしい。
ラバウル現地取材も神立氏が同行している。

946 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
生存者にNHKが取材に来るなんて嫌すぎるなあ

947 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
米軍がF6Fで鹵獲した零戦五二型と模擬空戦したら零戦五二型が勝ってしまったというのは
わりと有名な話。

948 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
それはアメ公がオクタン価の高いガソリンを使ったから

949 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
有名な都市伝説だな

950 :名無し三等兵:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:???
F6Fに坂井や西沢や半田や笹井が乗ったらエースになれたかな?

951 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
もし巴戦やったら零戦が無敵だよ
でも敵は巴戦やる義務はない
例えれば零戦は無敵の柔道家、みたいな
でも敵はボクシング
零戦は組み合う事すらできずボコボコに殴られる

952 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
赤井さんがF6Fに乗ったら無敵

953 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
伝説のムハメッドアリ対アントニオ猪木の異種対戦のような。

954 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
つか赤井さんて誰

955 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
合体超人

956 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
アリさんマークの引っ越しでおなじみの元ボクサーなら腕力ありそうだ。

赤井英和 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Padlock-silver-medium.svg

957 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
がしかし、大量の零戦が待ち構えてりゃ捕捉されるし、焦れて殴り掛かるとタコ殴りにされるつーわけで、
要は「いっぱいいる方が勝ち、事前に待ち構えてられる方が勝ち」だったりする

958 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
零戦の大群に核ミサイルを撃ち込めば勝てるのではないか。

959 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
そういうのは地上に打ち込めよ

960 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
零戦の大群が実現しても
無線無いから烏合の衆という…

961 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
ワーワーサッカーだな
小学生レベル

962 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
赤松さんを赤井さんと書いちゃったでござるよテヘペロ

963 :名無し三等兵:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:???
赤松さん坂井さんのフュージョン合体超人のつもりじゃなかったのかよw

964 :名無し三等兵:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:buxz7Jxz
源田実の知謀が合体すれば最強!!

965 :名無し三等兵:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:???
週末は秋葉通いがデフォのアマチュア無線資格持ちの
無線機自作が趣味の制服はブレザーにチェックスカートの
貧乳のミリオタめがねっ娘JKが秋葉裏通りの怪しいジャンク屋で見かけた怪しい機械のスイッチを
なにげに押したらいきなりWW2直前にタイムスリップして
休日に趣味のジャンク屋巡りしてた源田大佐にばったり出会っていきなり
無線の重要性をとんとんと語ってポケットに入ってた無線機を見せて
海軍技術廠に大抜擢されて無線機を開発大量生産して開戦時全零戦に搭載!

てなラノベ誰か書かないかなぁ…

966 :名無し三等兵:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:???
「俺の零戦がこんなに電波なわけがない」

967 :名無し三等兵:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:???
タイトル決定

968 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>957
そうはならないのだよ
緒戦でなぜ零戦は無敵だったのか?
その時点では零戦は低速機ではなかった

969 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
緒戦ねw

970 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
テス

971 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>緒戦でなぜ零戦は無敵だったのか?

緒戦といっても、中国の空でi-16・i-15限定。
太平洋では、数の力もあり有利だっただけ。

972 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:BvvYxygD
>>965
開戦頃の源田は中佐ではなかったか、とマジレス

973 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>948
試験で使用したのは、最高速が335mph(539km/h)止まりの個体だよ。

974 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
日本側の機体は粗製濫造でそこまで性能低下していたのか・・・

975 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>974
それも在るのかもしれないけど、新規製品ではなく鹵獲品なので
鹵獲後の修復・整備状況でも性能は変わるのじゃないかな。
米海軍テスト使用機と同時期に鹵獲された、米陸軍テスト使用の零戦52は、
最高速323mph(520km/h)止まりですし。

976 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:Q6hZzBPq
零戦もI16やP36やF2Aが相手なら優位性が保てるけど
F4FやP40には緒戦から分が悪いからな

977 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
高速の優位性は零戦も変わらず、なのだよ
九七戦もそう
旋回性能が強さの秘訣と勘違いしてしまったが高速が強さの秘訣だった
I-16が縦の機動に切り替えると固定脚に足を引っ張られ劣速に転落
450km/hまでなら固定脚の方が有利という計算は正しい
でも急降下するとあっという間に500km/hオーバー

978 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
>>972あてずっぽうだったのにニアピン賞
すごいわ私w

979 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
「開発当時の1000馬力級艦戦としてはそれなりに」高速ではあったかな

980 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
なんでゼロ戦に誉を搭載しなかったの?

981 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
夏休みらしいレスだなぁ

982 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
マジレスすれば、改修せずに積んでも機動制限かかって役立たず、
改修したところで継ぎ当てで重くなるばかりで劇的な改善はされないから、
それなら2000馬力級のためにイチから用意した機体に積まんと誉がもったいないわな

983 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:???
零戦88型について
戦争末期、ベアキャットやB29に対抗するために性能を飛躍的に向上させた大改良型の大型零戦。
あらゆる機種の敵と戦い撃墜できる性能が要求された。

(以下空技廠資料より)
従来の零戦に比べて重量は1.5倍になっているが、馬力が2倍近くになっているので性能はかなりアップしている。
特にスピードとなって現れた。機体はやや太く見えるが、空気抵抗を減らすように全てに細心の工夫がされている。
防弾能力はこれまでの零戦とは比較にならないくらい良かった。一万メートルの高高度でも全力で空戦ができる。
最大速度770km/h/航続距離3850km/エンジンは栄101型2100馬力/適正空戦高度10000m/25ミリ機関砲二挺12.7ミリ機銃二挺

984 :名無し三等兵:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:RHe5agp4
>>976
分が悪くはないと思うよ。
お互い、長所短所があるだろうけど、F4FやP40相手なら零戦の方が有利じゃないかな。
というか、そういうのは41-44年くらいまでの、零戦 対 F4F/P40のキルレシオを
(資料に残っている範囲で)出してみれば、客観的な評価ができるんじゃないかな。

さすがに、F6F、P47、P51相手だと不利なことは否めないだろうけど。

985 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
うめ

986 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:KGHdMJ1q
新潮選書の『零式艦上戦闘機』には、零戦の欠点もかなり書いてあったけど、
資料批判もされていて、俗説の真偽について検証もされている。

そのうち、急降下制限速度については、零戦もF4FもP38も350-380ノット程度で
凄い差があるわけじゃないのね。メーカーの出したカタログスペックは別として、
軍計測の実用速度はね。

防弾についても、米軍海軍機の装甲は8mmで(ドイツ機や日本陸軍機以下)、
とてものこと12.7mmに耐えられるものではなく、
日本機に対処療法的に施したところで、どれほど違いが出たかわからない、とか。

従来の巷説の零戦批判が、全て正鵠を得ているわけではないと思う。

987 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
NHK 零戦 ZERO
八月三日
これは見逃せないかも…

988 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
>防弾についても、米軍海軍機の装甲は8mmで(ドイツ機や日本陸軍機以下)、
>とてものこと12.7mmに耐えられるものではなく

米軍は対12.7mmの防弾を要求している
だいたい厚さで耐弾性を論じているのがアホすぎる
15mm厚なら簡単だが日本ですらこんな低レベルな防弾は論外
技術競争はいかに薄くするかだ

989 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
その屈辱をバネに今や世界最高の薄さを誇る

990 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
ゼロ戦の装甲は世界最高の薄さでした

991 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
その技術がコンドームに生かされていますね

992 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
日本製コンドームの防弾能力は高いな

993 :名無し三等兵:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:???
少子化高齢化で国滅ぼす…

994 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:???
パイロット達は犠牲になったのだ…

995 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:???
>米軍は対12.7mmの防弾を要求している

要求はしても、実質7.7mm防弾。
自軍の12.7mmはどころか、ドイツの13mmにも、劣化コピー日本の12.7mmにも対応できない。
零戦が鴨となった末期でも、隼が侮れない相手、パイロットの質、運動性だけではなく
米戦闘機に有効な12.7mmを積んでいたから、零戦は実質7.7mm2門なので幾ら打ち込んでも効果がない。
(7.7mmを当てると、敵が急降下離脱するので、撃墜スコアだけは増える)

996 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:???
というよりブローニングの12.7mm弾って妙に威力が高くないか?
ドイツの20mmよりも威力が高い気がする。
ソ連のパイロットも米軍の12.7mmは威力が高かったって言ってたな。
SHVAKとかb-20とか高性能な機関銃を保有しているのに。

997 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:???
「隼が侮れない相手」
に一次ソースは無い不思議

998 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:HisNZAj2
次すれは是非とも

999 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:HisNZAj2
零戦・烈風 VS

1000 :名無し三等兵:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:HisNZAj2
F4F・F6F
でどうよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

227 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)