5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】

1 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 17:38:06.74 ID:???
自分はファストバック型が好み

2 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 17:45:29.93 ID:???
カワサキは空冷やな!

3 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 17:46:35.96 ID:???
>>2
バイクでつか?

4 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 17:47:46.53 ID:???
飛燕は冷えん

5 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 17:51:27.39 ID:???
巴戦なら四式戦より強い

6 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 18:03:31.60 ID:???
米軍で使ってる航品質燃料使えたらどのくらい速度が上がったかな
四式戦の劇的向上はよく知られてるが

7 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 18:14:53.63 ID:EDPC9bQb
どうなんだろう?
金星系はそんなに高回転型っぽくはなかった記憶
元々の出力から考えても四式戦ほどの大幅な変化はあるのかなって気はしなくもない
勿論向上はあると思うけど

8 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 18:46:56.93 ID:???
高度一万でパイロットが箱乗りしたりコール切るんですね

9 :名無し三等兵:2014/03/12(水) 21:16:15.52 ID:???
誉は高品質ガソリン前提で設計して採用するという無茶さだったけど、
金星系(というか三菱)はもう少し現実的だったんじゃないかなぁ。
アメさんの燃料でも600`くらいじゃね?

10 :名無し三等兵:2014/03/14(金) 16:03:18.42 ID:???
高回転型だからじゃなくて高圧縮だからアンチノック性の高い燃料が必要だったんだろ。

11 :名無し三等兵:2014/03/14(金) 16:06:03.05 ID:???
1ZZに対する2ZZみたいな

12 :名無し三等兵:2014/03/15(土) 10:39:54.10 ID:???
四式戦vs五式戦
四式中戦車vs五式中戦車みたいな

13 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 08:47:25.27 ID:???
無知馬鹿

14 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 11:20:43.16 ID:???
>>6

>米軍で使ってる航品質燃料使えたらどのくらい速度が上がったかな
>四式戦の劇的向上はよく知られてるが

自称最高速度670km/hのFW190A5より速いのだから、全然劇的向上していない。
そもそも、624km/hじたい、高度5000mという低めの高度で、集合排気管の初期試作機が出した値。
同じ初期試作機でも640km/hだしているし、単排気管の試作機は660km/h出している。

15 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 12:35:06.39 ID:???
四式は個体差がありそうだしなぁ。
それ自体、兵器として問題だが。

16 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 13:35:34.31 ID:???
>>14
試作機の記録は全備重量じゃないだろ

17 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 16:38:23.58 ID:???
>>16

アメリカ機のカタログスペックも全備重量で計測した奴じゃないですしおすし

18 :やすし:2014/03/17(月) 18:43:04.70 ID:???
まくれ!まくらんかい!

19 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 19:31:44.47 ID:???
キ84取説では
624km/hは高度6550mで記録してるな。5000mだと586km/hだ。
上昇時間は6000mまで8.0分となっている。

20 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 21:59:41.62 ID:???
談:吉澤鶴寿(元中島飛行機テストパイロット)

「量産型のエンジンでは悪いところが出るというので、結局ブーストを下げて、馬力制限をしたんですね。
 そういうときには、また前の試作エンジンを持ってきて飛んでみると、とてもいいんです。
 しまいには、試作と量産ではこれだけちがうのか、とあきらめちゃった。(中略)
 試作の時百オクタン価をつかってやったんですけども、高度八〇〇〇メートルで、640キロくらい出しましたね。(中略)
 量産だと五八〇キロくらいのものだったでしょう」

21 :名無し三等兵:2014/03/17(月) 23:07:03.27 ID:???
ブースト上げると出力は出るが過熱になるので上げられない
水メタをうまく調整するか
フィリピンのようにオクタン価の高い燃料使うか

22 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 01:10:10.51 ID:???
ヘタしたら四式より一式戦V型の方が歓迎されたんじゃ・・・武装以外は。

23 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 03:07:08.83 ID:???
量産化に失敗したハ140ぐらいしか
まともにB29の高度いけるエンジンは無いから
固執したのはわかるけど

誉とか火星じゃB29の高度に行けない

まあそれでも同じ高度だとP51にボコボコ落とされる速度しかでないけど.....

24 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 08:27:47.09 ID:???
火星26積んだ雷電33型なら大丈夫

25 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 08:55:42.06 ID:???
>>23
[高度1万メートルで編隊を組めたのは飛燕U型だけ」って言うのを何処かで
読んでそう感じたのかもしれないが、別にハ140は高高度型エンジンじゃないし
審査部の機体はスペシャルだし操縦者は腕が良いから高アスペクト翼が高高度飛行に
日本機としては適してる飛燕の特性が生かせただけだよ。
エンジンだけなら誉も大して変わらない・・

金星搭載に踏みきらなかったのは基本的には飛燕は陸軍の主流からはずれた
補助的立場。そんな機体に面倒な事はやりたがらなかっただけ。

26 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 09:50:02.46 ID:???
キ61-IIに終戦まで数十機の生産枠が維持されたのは比較的マシな高高度戦闘機枠だな
中低高度はキ84とキ100、高高度はキ61-IIという分担になっていて
この枠はキ100-IIがうまくいけばそれに置き換わる
なのでキ100-IIは中間冷却器もない簡易排気タービンであまり高性能を狙わず高高度性能を確保した
I型と較べると8000メートル以上でII型はI型を上回り、役割分担上はそれでよかった

27 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 10:43:14.44 ID:???
それこそ雷電33型のような立ち位置だな

あれも紫電改の高高度性能が
物足らないから
烈風改が出来るまで
月産数十機整備するとかじゃなかったか

28 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 12:16:20.79 ID:???
>>25
元データがPDFなので直リンではないが
http://www.wwiiaircraftperformance.org/
のJapan → ki-61 → Tony2

に高度別速度チャートが載ってる
1945年3月って書いてあるから、戦中に鹵獲機をアメリカ軍がテストしたデータっぽい

28000フィートが全開高度とか、他の日本機じゃ全く見たこと無い数値でてる

ちなみに他の日本機は
ki-84 23000フィート
George-11 20000フィート
ぐらい

29 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 13:45:21.46 ID:???
推定値じゃないのかな?
外地に出ていない二型が鹵獲機って・・・・・
まあ日本機にしては8.000mが全開高度っていうのはマシだが
役者不足。

30 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 16:08:37.22 ID:???
>>22

航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。
初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

31 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 16:18:31.70 ID:???
>>28
>>29
性能値は断片的な文書とエンジン出力からの推定だって書いてあるな。

32 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 18:45:58.28 ID:???
>>30の記述からすると陸軍戦闘機で一番アテになるのが五式戦ということか

33 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 22:18:47.09 ID:???
折角のファンスレだから褒めてるやつを頼むわ

34 :名無し三等兵:2014/03/18(火) 22:36:29.77 ID:???
>>28
>>31
これ確かにP51の性能カーブにかなり似てる
ハ140
2Stageって書かれてるから、日本で初めて実用化された二段チャージャーなのかな

P51とかの二段チャージャーと同じ全開高度28000フィートで推測して
無断変速だからよりフラットな性能カーブに補正とか

高度10000mで410マイルとか書かれてるから
これより多少遅くても

爆弾積んでるB29を後ろから追いかて反復攻撃くらいはできたんじゃない

欧州レベルでも十分高高度戦闘機だと思う

35 :名無し三等兵:2014/03/19(水) 01:31:04.83 ID:???
>>34
当時米軍はハ140を2段過給器と推測していた、ということなのでしょうね。
現実のハ140の過給器はハ40に対し、1段のままでインペラ径260mm→270mmにup、増速比10.4→10.8にup、といった強化に止まるようです。
あとフルカン&2段過給器の構成で計画されていたのは、栄最終型のNK1Qや、三菱のハ43-21やハ42-31辺りでしょうか。

36 :名無し三等兵:2014/03/19(水) 01:37:17.44 ID:???
オッス兄貴雄臭ぇっす。
176*73*42*P17*髭短パツ33歳の淫乱野郎っす。
兄貴のカキコ感じたっす。零戦ズリ勝負やらねえか?
ネタは渡辺洋二兄貴渾身の「戦う零戦」。
零戦の雄々しい淫乱画像満載、俺の宝物だ。
ズリ勝負の後は兄貴のマラと俺のマラを繋いで、
雄汁充填フルチン継手で回転だ、舎弟の絆が固まるぜ。
マラおったたせて熱い返事待ってんぜ!押忍!

37 :名無し三等兵:2014/03/19(水) 08:12:52.51 ID:???
戦史叢書より 第111・112戦隊編成の経緯

「昭和二十年春季以降陸軍航空の攻撃戦力の主体は、いうまでもなく特攻隊である。
その特攻攻撃を成功させる要点は、特攻隊を目標上空に確実に到達させるための、
捜索、誘導、掩護である。陸軍航空は、天号作戦引き当ての戦力を除き残された最後の
優良人員、器材を結集して戦闘隊と偵察隊を編成した。

七月十日、第二十戦闘飛行集団司令部が編成された。(略)
そして、その隷下に明野及び常陸教導飛行師団の人員、器材を基幹として編成された、
飛行第百十一戦隊(長 石川正中佐 40期)、同第百十二戦隊(長 檮原秀見中佐 38期)、
を入れた。
両戦隊は編制定員四一一名、飛行機定数五式戦五五機、外に予備機二八機を有し、
当時における最強戦闘戦隊であった。」

38 :名無し三等兵:2014/03/19(水) 09:51:37.27 ID:???
>2Stageって書かれてるから、日本で初めて実用化された二段チャージャーなのかな
wwwwwww

39 :名無し三等兵:2014/03/19(水) 09:54:26.05 ID:???
「ハ140は終戦時まで改良が続けられており、専用のターボチャージャーや2段のスーパーチャージャーの開発も進められていたとされるが、いずれも実用化には遠い段階であった」
Wikiにさえ書かれてるのに知らない奴が一人で

40 :名無し三等兵:2014/03/19(水) 10:03:23.41 ID:???
結論としては未だに五式戦マンセーの人はその程度の知識しか無い奴だと。

41 :名無し三等兵:2014/03/21(金) 13:04:13.79 ID:SLLIc941
二段二速のスーパーチャージャー付きエンジンって技術的にそんなに難しいの?

42 :名無し三等兵:2014/03/21(金) 16:51:38.54 ID:s6fghUsL
簡単なら日本もナチスも早期に実用化しただろうね。
設計も工作精度も必要。
材質的な問題がなければ排気タービンの方が遥かに簡単

43 :名無し三等兵:2014/03/21(金) 18:44:09.43 ID:Zvtiiy3D
日本は、純粋に技術的問題だろ。
ナチスは、日本以上に厳しい燃料事情が2段を諦めさせた原因。
(灯油で高高度性能を実現できるジェットエンジンに進んでいる)
2段加給器なんてF4Fにも付いている、燃料さえ良ければ、それほど技術的困難はない。
ターボは金持ちアメリカしか、実用できないアイテム、技術的にもコスト的にも。
日本が、真似のできるような物ではない。
ここでもスペック至上主義なのかな。

44 :名無し三等兵:2014/03/21(金) 20:03:19.24 ID:Xk0fikrH
>>43には>>25と同じ臭いを感じる。

45 :名無し三等兵:2014/03/22(土) 08:38:28.36 ID:hOzlKzfc
はずれ。
自分の意図に合わない書き込みは同一人物だと思い込む病だな。

46 :名無し三等兵:2014/03/22(土) 09:13:46.96 ID:SiqeP0da
>>41
17年末ころの状況では。

多段過給器については、中間冷却器の大きさと重量がかさむという点が
机上研究の段階で問題視されて、あまりその先には進んでいないようだ。
官側においても高速遠距離巡航が必要とされ出し、その点でも重量のデメリットが強調されている。
それなら1段で翼車速度や翼車形状など性能向上を図った上で
中間冷却器を用いず水噴射やメタノール噴射で対応しようと。

排気タービンや駆動装置としてのフルカンについては実装実験の結果が結構出ていて
材質、潤滑冷却の問題なども意見交換が盛んだけれど、材質についてはニッケル、
潤滑については米国製オイルが前提となっていて先行きが・・・

これらがある程度確立した機械式+排気推力(ロケット効果)利用という手法と比較されている。

47 :名無し三等兵:2014/03/22(土) 11:46:58.41 ID:H/or1Znp
>>44
>>43>>25だろう。

48 :名無し三等兵:2014/03/22(土) 12:49:57.57 ID:3in23xTh
>>46
意味が分からん.....

マーリンの二段二速との重量差なんて100kg位
マーリン 2 (一段一速 :623.7 kg)
マーリン 66(二段二速 :746.5 kg)
水メタはシステムコミコミで300kgくらい

それに二段二速化で巡航時の全開高度が上がるから
航続距離はかなり伸びるはず

高高度に行けば、空気密度が下がり、空気抵抗が減るので
同じ馬力でも、高度が上がれば
速度が増えて、燃費が伸びる

増えた重量分より航続距離は増えると思う

49 :名無し三等兵:2014/03/22(土) 13:10:06.48 ID:h8Sqj07l
>>46
戦鳥にこういうレスがあるな

>2段加給機は、戦前から研究はありましたが、中間冷却機のスペースと重量が最後までつきまといました。
>研究の比較的早い段階で、軽量小型の日本機には不向きとの意見が多く、開発はほとんど中断されたようです。
>メーカー側も人手が不足していたようですし、熱意も不足していたのが実情では。
>オンブー

>先日石川島航空工業で排気タービンの設計をされていた方を訪ねましたが「中間冷却器というものについて確固たる方針が無かった」とのお話でした。
>しかし機械式二段過給器の開発が後回しに見えるのは1930年代末から二段過給器として排気タービンの開発が第一優先で進められていた為と解釈するのが妥当なようです。
>この時期、三菱、石川島、日立は排気タービンに力を注ぎ、機械式過給器の研究に専念していたのは中島のみです。
>BUN

50 :名無し三等兵:2014/03/23(日) 00:16:41.88 ID:q1z/9IP8
ターボの方が大きく重くなる。
P-47の巨大さを笑った日本の技術者が、ターボ付き高高度戦闘機を作ったらP-47以上の巨大戦闘機になった。

51 :名無し三等兵:2014/03/23(日) 01:24:21.78 ID:bzBLOY+1
P-47ってあまり好きじゃないが、上手くまとめたなあ、とは思う。

52 :名無し三等兵:2014/03/23(日) 13:45:12.27 ID:tOb95R3m
>>46
>>49
一段目は従来の機械式、二段目はターボにする方向かな?
ニッケル問題はどうなったんだろう。

53 :名無し三等兵:2014/03/24(月) 23:38:38.45 ID:QBKcWjhQ
自分で棺桶選べるなら、P−51よりもF6FかP−47がいいなぁ。
P−51は優等生イメージがありすぎで、好みじゃない。
日本軍なら、同じく疾風や紫電改よりも五式戦が好きなんだな。これが。

54 :名無し三等兵:2014/03/24(月) 23:48:16.24 ID:4j5d+76m
大戦直前の1933年(昭和8年)から1937年(昭和12年)にかけて、
日本で5銭と10銭のニッケル硬貨が発行されており、
その名目で軍需物資であるニッケルを輸入した。

発行した硬貨を回収して原材料化する魂胆は、
計画したほど実際には容易ではなかった様で。

55 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 01:38:46.41 ID:1HXXmE4M
>>52
さらに中間冷却器のかわりに水噴射で

どや

56 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 01:53:20.75 ID:UnxHyHMI
中間冷却器以前にまともなラジエターも作れなかったのに.......
飛燕は冷えんはダジャレでもなく実際に冷えなかったから.....

57 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 10:38:58.86 ID:rKZlqJ42
>>53
あなたの好みなんて誰も聞いてないんだがw
まあP-51は撃たれ弱いからP-40の方が良かったって人もごく一部には
居るようだが・・

58 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 20:06:07.63 ID:PRyg5F7a
P-51よりP-40のほうがシャークマウスが迫力あるから。

59 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 20:07:25.03 ID:hLcl+E7+
>>57
12.7mm銃を2丁しか備えてない戦闘機を配属されてた飛行隊が
P-40の方が撃たれ強くて手強かったって言ってるな

60 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 20:11:40.03 ID:hLcl+E7+
P-40Nくらいになると、対零戦でF6Fに遜色無い戦績を残してるラバウル戦後期
P-40の命運を経ったのは、どっちかっつーと航続力だと思うんだな

61 :53:2014/03/25(火) 20:35:22.61 ID:ZdptQeYO
>>57
ワハハ。ここはそういうスレじゃなかったのね。すみません。
P−51は撃たれ弱いんですね・・・知りませんでした。
まあ、アメリカは、他が頑丈過ぎますよね。

62 :名無し三等兵:2014/03/25(火) 20:47:28.06 ID:6FbTxdfb
>>61
ラジエーターに弾が当たるので怖かったそうですよ

63 :名無し三等兵:2014/03/26(水) 11:25:00.98 ID:7UI+JE84
P-40ってラジエーターをガードしてるの?

64 :名無し三等兵:2014/03/26(水) 23:16:09.72 ID:6qAdVMym
>>55
メタノールはアンチ・ノック剤としての機能もあるので、吸気温度低下だけでなく許容ブーストの向上も期待出来るようですね。
東京帝國大學航空研究所は、こちらの機能も重視してか、水メタノールではなく純メタノールでの噴射実験を昭和15年6〜8月に行ったようです。

65 :名無し三等兵:2014/03/27(木) 13:15:44.64 ID:yHIf//ZO
中村良夫さんだったか、撃墜されて捕虜になったコルセア乗りに
水メタノール噴射について尋問したら、アメリカでもやったけど、
過給器とか基本がちゃんとしてれば、わざわざ水メタ使う必要もない、
と答えられて感心したみたいだな。

66 :名無し三等兵:2014/03/27(木) 23:26:38.34 ID:Pq1aKyEZ
>>65
コルセアは水メタ積んでる
P47も積んでた

コルセアの水メタ噴射は結構過給圧あげれる

67 :名無し三等兵:2014/03/28(金) 01:12:03.51 ID:edX+oJ8A
積んでたけどあまり使わなかったんでしょ。
特に日本機相手じゃ。

68 :名無し三等兵:2014/03/28(金) 01:38:55.32 ID:xuhngJKd
>>67
日本機相手というか
使い方的には戦線離脱みたいだね

ヒストリーチャンネル 華麗なる空中戦 の
P47でそういう使い方してた
カタログスペックに更に300馬力上乗せとか言ってた

69 :軍事板強制ID制式採用選挙4/19-25:2014/03/28(金) 18:22:55.74 ID:OJYCF/lz
強制ID制仮導入ノ是非ヲ問フ投票ヲ4.19ヨリ決行セリ!総員参加セヨ!自ラノ意思ヲ示ス戦ヒニ!

【4/19〜4/25までの期間、強制ID表示の是非を問う再投票を行います】

議論中失礼いたします。
皆様お気付きのように3/19に、軍事板では任意ID制から強制ID制への変更が行われました。
今回の導入は飽くまで仮導入のため、実施一ヶ月後に是非を問う投票を行います。

投票当日に向けての議論は現行自治スレにて、自治スレ他で指摘された強制ID制導入
に伴うメリット・デメリットのまとめはまとめウィキにて行っています。

自治スレッド53(ID強制表示本採用投票4/19予定)
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1395286401/

軍事板強制ID制メリット・デメリットまとめWIKI
http://idtroops.wiki.fc2.com/

これらを参考に、強制IDに賛成の方も反対の方も共に、投票による意思表示をお願いします。

70 :名無し三等兵:2014/03/29(土) 20:16:52.81 ID:3caMoNit
頑丈さならP-47が一番だろうな
昔見たテレビ番組で大戦中に欧州で不時着経験がある元パイロットが、P-47のおかげで助かったと言ってた

71 :名無し三等兵:2014/04/01(火) 21:41:53.80 ID:Ev07W2eh
4式戦闘機に5式戦闘機のエンジンを装着した
4.5式戦闘機ならベストの性能と実用性だったのに。。。。

72 :名無し三等兵:2014/04/02(水) 03:23:27.41 ID:R52P8Ts7
>>71
キ116
でggr

73 :名無し三等兵:2014/04/06(日) 01:11:37.98 ID:2/i74fSk
マル誌とか、もでるあーと誌とか、五式戦が流行ってる!

74 :名無し三等兵:2014/04/06(日) 13:06:23.42 ID:KH+yVFXd
アオシマがプラモ出したからだろ。

75 :名無し三等兵:2014/04/08(火) 01:09:48.22 ID:HF7LqUpr
エフトイの食玩も出たしな

76 :名無し三等兵:2014/04/15(火) 22:53:13.48 ID:mUCOUc72
三式&五式戦闘機の翼幅荷重を下げる設計ってつまりどういうことなの?

77 :名無し三等兵:2014/04/23(水) 20:07:28.83 ID:Pomd1fty
アスペクト比の高い翼は揚効比が高く上昇力や旋回性に有利・・・てな土井氏の理屈だっけ。

78 :名無し三等兵:2014/04/25(金) 01:19:54.84 ID:mtWAY6BB
>>77
世傑No.148「グラマンF8Fベアキャット」だと、鳥養氏は翼幅荷重について次のような説明をされています。

>高G機動時や航続飛行に効いてくる誘導抵抗を考えるときに大切なのは、アスペクト比よりも翼幅荷重。
>同じ翼幅ならアスペクト比が小さいほうが、翼面荷重が減り、翼幅荷重も減ることになる。
>惑わされてはいけない。土井武夫さんから叩き込まれた教えのひとつだ。

>77さんとは一見真逆な感じの説明ですね。
十分な翼幅を確保した場合は、との前提付きなのでしょうが。

以下は自分の解釈ですが、
翼幅が短いと翼端や胴体などの影響が見え易くなり、二次元翼からの乖離が大きくなるので、ある程度の翼幅は必要
一方、翼幅を過大に取ると強度等で不利になるので、必要十分な翼幅を確保している場合は翼面積拡大に振るのが吉
といった所なのかも。

ついでに土井氏が手掛けた単発戦闘機およびそれに類した機体は次の様な感じです。
ちなみに下記「キ61-2」は、キ61-2改ではなく、2型翼装備を予定していた方です。
・ キ28  :全幅12.0m、翼面積19.0u、アスペクト比7.58
・ キ60  :全幅9.78m、翼面積16.2u、アスペクト比5.90
・ キ61-1:全幅12.0m、翼面積20.0u、アスペクト比7.20
・ キ61-2:全幅12.0m、翼面積22.0u、アスペクト比6.55
・ キ64  :全幅13.5m、翼面積28.0u、アスペクト比6.51
・ キ88  :全幅12.4m、翼面積25.0u、アスペクト比6.15
・ キ119 .:全幅14.0m、翼面積31.9u、アスペクト比6.14

79 :名無し三等兵:2014/04/29(火) 10:37:55.47 ID:sMPiXjm6
今月号の「丸」見た?

80 :名無し三等兵:2014/05/02(金) 13:43:27.16 ID:BOmYfFhV
一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

…って書いてたかな

81 :名無し三等兵:2014/05/02(金) 15:40:49.96 ID:5Iw4aloY
飛燕改

82 :名無し三等兵:2014/05/02(金) 15:47:21.00 ID:g/bg79H4
>>80
BUNさんの記事?

83 :名無し三等兵:2014/05/14(水) 03:51:48.94 ID:NS642r1x
多分それ

84 :名無し三等兵:2014/05/26(月) 17:37:29.90 ID:2wA1F5Ji
戦記物で、何かオヌヌメの本はありますか?

85 :名無し三等兵:2014/05/26(月) 20:54:52.21 ID:5FTZ/mJm
ああ疾風戦闘隊が良かった

86 :名無し三等兵:2014/06/07(土) 09:45:49.04 ID:J0AXkcF8
>>85 キ84がメインですね。キ100も出てきますか?

87 :名無し三等兵:2014/06/09(月) 00:45:46.97 ID:d6fzNPy5
戦記で五式まとまった分量の文って、つばさの決戦の最後の方くらいじゃ?
あとは短文ばかりで。
しかし、よくぞ実機を残しといてくれたな、イギリス。
日本で見たいとも思うが、どうせ腐らせるから
戻して欲しくない気持ちも強い。

88 :名無し三等兵:2014/06/12(木) 01:02:32.59 ID:RpgHfCFw
渡辺洋二さんの飛燕はどうですか? 檜さんの事も出てきますね

嵐山の疾風の件もあるし、国内では防衛省の広報系施設しか無理かな

89 :名無し三等兵:2014/06/14(土) 00:44:08.21 ID:P5ZCvl2G
>>87
いやイギリスも最初気が付かなくて
一時期ゼロ戦として展示してたんだよ....
なにせ性能がショボすぎたから
新型だとは思わなかった.....

90 :名無し三等兵:2014/06/14(土) 08:32:35.08 ID:hafVDEtT
>>89
上げ馬鹿の法則
全くいい加減な書き込みだな。
サイゴンで鹵獲した時からパイロットなどから詳細な聴取を行なって
飛行可能なように修復も試みてる。
その後は梱包され英国に送られミュージアム管轄になり箱に収められたまま
長年忘れられていたがちゃんと箱にはKi-100って書いてあった。
アメリカのように戦利品としての展示を行いその間パーツをどんどん盗まれていった
という経緯がないからオリジナル度が高い。
オリジナルで無い部分はサイゴンで修復された部分がほとんど。

91 :名無し三等兵:2014/06/15(日) 06:56:26.58 ID:Iv4KUJP8
歴史群像の本土防空戦見たがあれ見ると重武装の戦闘機と5式戦の二本立てで十分のような気がするんだが。
まあ後継機の開発は必要だが。

92 :名無し三等兵:2014/06/15(日) 20:09:05.13 ID:fLJQg+9n
結果論のみで語るのはショウボウ脳

93 :名無し三等兵:2014/06/15(日) 20:16:13.30 ID:Iv4KUJP8
そりゃわかる。その当時の軍部としてはいろんな状況に対処せずにはいられなかったし有効だからといってそれ以外を生産停止とかはできないというのもわかってる。
日本にはそんな余裕はなかったし。旧式だろうが何だろうが数がとにかく欲しい状況だし

94 :名無し三等兵:2014/06/18(水) 00:11:43.86 ID:pJpEN6cX
 ミッドウェー出撃前も例によって山本は千代子に甘ったれた恋文を送っている。

 インド洋作戦後、呉に戻った山本はすぐに千代子の電話している。ますます燃える
恋である。千代子は肋膜炎で話せず、泣きじゃくるだけだった。

 しかし二週間後、千代子は東京から呉に来た。五十六は眼鏡、スーツで変装、呉に
迎え、すぐに「旅館に直行」した。割烹旅館の「華山」へ。

 もう還暦になろうという連合艦隊司令長官が「投機的過ぎて危険」という周囲の大
反対を押し切って(結果的に3800名もの若者が命を落とした。作戦も完膚ない大失敗)
やろうという直前に変装までして旅館に東京からわざわざ呉まで呼びよせて、この行
為。苦笑で済まされないだろう。

 これは戦後、千代子自身、「絶対に本当です」と繰り返しているから間違いない事実
だろう。

 「危険すぎる」と大反対の中、作戦を強行する直前の「最高指令長官」がこれでは、
日本の正体を見る思いがする

95 :名無し三等兵:2014/06/20(金) 20:11:19.59 ID:mL5n7c/h
五式戦操縦できるフライトシミュやりてえ

96 :名無し三等兵:2014/06/21(土) 01:35:49.00 ID:Dng5VGqX
飛燕時代の244戦隊においてB-29に二度体当たりして、二度とも生還した板垣政雄軍曹、
その鬼神のごとき武功と相違し、非常におだやかな顔をしている
ちょっと前までNHKでやっていた韓流時代劇「トンイ」の
主人公の幼少期を演じた女の子ソックリ

失礼だが初めて当時のご尊顔を確認したときに
思わず笑ってしまった

97 :名無し三等兵:2014/06/23(月) 22:51:09.08 ID:IqL+O4S2
p.311かな? この本はイイな

98 :名無し三等兵:2014/06/26(木) 22:34:56.58 ID:BX3a20bq
五色の短冊 わたしが書いた

99 :名無し三等兵:2014/07/03(木) 22:46:31.83 ID:sHVUSLxx
低空にありても絶対不敗。高位の場合には絶対的に必勝なり。
世に出たのが遅いよね、五式戦…

100 :名無し三等兵:2014/07/04(金) 17:29:04.19 ID:3qv8yfrd
世界の傑作機89年版で五式戦の速度と上昇時間を
1000m刻みの高度毎で示した性能表がある。

これを見ると、速度と上昇率のピークから推定出来るエンジンの
一速/二速全開高度がそれぞれ3100m/6100mあたりになっていて、
水メタ噴射が無く低ブーストの金星54型に相当している。

一般的な最大速度580km,上昇時間5000m/6分のしょぼい性能値と
F6FやF4Uと互角に戦い、多数のP-51に1機で包囲されても旋回性能を生かして
何とか生還した戦闘記録や搭乗員の証言とのギャップから、
「カタログ値に表れないところがあるんだよきっと」
と考えていた時期が、俺にもありました。

恐らく、この性能値は全備重量だが水メタ噴射を使用しないで良い
最大限のブーストで測定したものと思われる。
尚、渡辺洋二氏の「空の技術」では、特に戦争後期の川崎航空機では、
陸軍へ出荷する前の飛行試験にて、バラストは使わずに機関砲や弾薬を含めた
作戦機器を載せた全備重量で測定したとある。

ハ-112U(金星62型)と金星54型の公称出力でのブーストはそれぞれ
+300mmHgと+180mmHgで、その比率は約1.143倍となっている。

最大速度は出力の三乗根と言われ、また米軍の日本機テストデータでは、
同じ機体において上昇率は馬力荷重にほぼ正比例している様なので、
これらを元に、公称出力使用時の五式戦の性能を世界の傑作機の性能表から
推定してみると…

101 :名無し三等兵:2014/07/04(金) 17:30:14.88 ID:3qv8yfrd
【最大速度】
5800m/595km/h
5000m/575km/h
2000m/540km/h
0m/500km/h
【上昇時間】
3000m/2分48秒
6000m/6分42秒

となる。ちなみに、低空での上昇率は高度2000mから3000mあたりで1150m/分を
超えるところがあって、プラス側の誤差があるのかもしれないが、
五式戦と重量と出力が似通っていて、同じ様に直径3.0m程度で
先端が幅広のプロペラを付けたFM-2が、低高度で1100m/分の上昇率を
記録しているのを見ると、有り得ない事では無いと思われ、
背後のF6Fを急上昇で振り切ったという証言とも一致する。

戦争末期の川崎飛行機か航空審査部あたりでこの様なデータが取れたから
「予想外の高性能」と言われたのかもしれないし、
これだけの性能を出したとしても、米軍からは、以前捕獲した疾風に比べると
旋回性能がやや勝り、低高度の上昇率で肉薄する他は全て劣っているので
「特に感銘を受ける事は無い」評価になってしまったのではないか。
と夏風邪を引きながら妄想する。

102 :名無し三等兵:2014/07/04(金) 18:53:46.03 ID:3qv8yfrd
101の補足。

5000mまでの推定上昇時間は5分24秒です。
F6FやFw190Aあたりに近い速度性能と、二単に近い上昇率を低高度で発揮し、
高空性能もまずまずで、零戦や隼に近い旋回性能を併せ持つから、
各性能の調和が取れていると評されたのではないかと。

103 :名無し三等兵:2014/07/04(金) 23:42:10.37 ID:e4DdPOWW
ほほう

104 :名無し三等兵:2014/07/05(土) 21:26:27.80 ID:BUQ1gXtC
この時期で全開6100mで高空性能まずまずじゃないだろ.....

WW2の高空性能まずまずは全開9000m近辺
連合軍の二段過給器積んだのは
だいたいこの近辺までいく

ターボとジェットは更にその上

105 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 01:12:44.22 ID:mFPeEj1Z
「間に合った日本機」としては、なかなか頑張ってる子! でおk?

106 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 02:34:25.41 ID:3+WqNJhC
他の日本機だって全開高度6000m近辺はあるし
加給圧もそんな変わらんので

高空性能に関しては

「間に合った日本機」としては「同等」

107 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 02:42:10.76 ID:ZE2i4M0k
遅れて出てきたら丁度、アメさんも低空メインの攻撃に転換してたから無問題 w

108 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 14:27:54.43 ID:6pSO5F0j
離昇馬力、0.5分とか1分制限が緩和されて、
戦闘馬力として、5分とか10分使用可能、という方向で、戦争後期は動いているらしいね。
ハ112II、離昇 1500ps/公称1速 1350ps/公称2速 1250psと言われてるけれど、
栄31甲のWarEmargencyは1210HP@8000ftがTAICで記録されてる。
(Take-off 1120HP, Mil.1速1080HP/2速950HP)
この零戦(A6M7か?)、公称2速全開では304節(563km/h)のところ、WarEmargencyでは310節(574km/h)に伸びる。

てな感じで、5分なり10分なり限定で、離昇ブーストをかけて運転させれば、
一般的に言われている最大速度580kmは、
少なく見積もって591km/hぐらい、600km/h超えもありえるのかもしれない。

離昇運転で10分持てば、空戦時間としてはまぁまぁの時間、じゃないかな?
そりゃ、坂井三郎が、硫黄島でF6F十数機を振り切るのに、数十分かかった、という特殊な例はあるにせよ。
離昇で連続10分、その直後に公称で連続30分の酷使、金星だったら耐えられるような気がする。

直線の追いかけっこをするなら、最大速度は最大のキモになるけれど、
ズームアンドダイブする前提では、最大降下速度や、上昇率の方が大事な指標となるし、
劣位に位置する日本機、という前提では、視界の広さや攻撃を避けるための軽快な旋回性、
がサバイバリティーにより直結するのだろう。
P-51単機を相手にするなら、キ43-IIIなら負けないと豪語した某撃墜王(上坊氏)は、
五式戦については搭乗した経験が無い、という話しらしいね。
彼が五式戦の搭乗経験があったとするなら、キ43-IIとキ100とどちらを選ぶのか、興味深々なところだ。

109 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 14:48:28.84 ID:6pSO5F0j
おっと、>>108に書き間違えがある。

【誤】 キ43-IIとキ100とどちらを選ぶのか、興味深々なところだ。
【正】 キ43-IIIとキ100とどちらを選ぶのか、興味深々なところだ。

四式戦と一式戦三型は馬力に余裕があり、急上昇できた。
一式戦はエンジンに無理が効いた。乱暴に扱えた。
(だから)敵機を追い込んで行けば格闘戦に持ち込むことができる。

彼は五式戦搭乗経験がないらしいが、キ43-IIIの特徴はキ100に受け継がれている。
水メタ栄がエンジンに無理が効いたのなら、水メタ金星もそれなりに乱暴に扱えるのだろう。

制式採用されなかったが、ハ112-IIと20mmホ5を積んだらしい、キ43-III乙や
(全備2950kg、翼面荷重 123.83、最高速 585km/h)
五式戦を、上坊大尉ならどう評価するのか、も興味があるところである。

110 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 17:43:45.29 ID:7EbuIqzF
一式戦三型と五式戦の両方乗った人と言えば、檜さんか

111 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 21:29:17.51 ID:NXuPp+TJ
キ43-V乙はハ115系列のままじゃね?

112 :名無し三等兵:2014/07/06(日) 21:54:38.82 ID:gllVFS+4
一式戦三型乙は武装換えただけだな。
重心補正かスペース捻出かで、ちょっと機首は延びてるけど。
ハ112搭載の計画は四型。
甲、乙、丙・・・は武装変更で変える文字だし。
昔あった、五式戦甲型はファストバック、
乙型は水滴型風防、という分類は今は否定されてるな。

113 :名無し三等兵:2014/07/07(月) 01:58:42.51 ID:3AMgVmAo
金星6x(ハ112-II)は、決して稼働率が誉と比べて高くはない、
という話し、チラホラ目にする。
その一方で、「燃料と潤滑油を入れれば、いつでも飛ぶ」五式戦、という評判もある。

>キ一〇〇配備にあたっては新たにハ112II用の補用部品を供給せねばならず、
>その不足のために、陸軍戦闘機隊の中心的存在である明野飛行学校の機体までもが
>満足に飛行できていません。
というコメントがある。
金星6xの稼働率がよろしくなかったと言われる最大の原因は、単なる「補用部品不足」で、
自然消耗する部品を交換しづらかった、ところにあるのでは? 
昭和19年12月に名古屋に大地震あって、三菱の工場、かなりの被害だったことも原因のひとつだが。

誉には、中島技術者すら認める「冷却問題」がある。
鋳込フィンシリンダヘッドの鋳造は高温状態の作業に人間が耐えられず、量産できない。
1,800psで約290〜310℃に上昇するため、ピストンのシリンダとの当たりは大きく修正され、嵌めあいはガタガタ、
言い換えると、誉の耐久性、信頼性はすでに失われている、とのことだそうだ。

更に「苦情が常時出ていたのはエンジンの油洩れ、洩れる場所が特定できなかった」という。
つけ加え、「三菱エンジンや中島の他のエンジンでは問題はなかった、
誉のクランクケースは、剛性不足でエンジン全体がふにゃふにゃで、
あらゆる組立接合面から油が滲み出ていたのではないかと思う」という中島技術者の回想が記録に残されている。
「中島の組立技術は、運転で部分品に生じた、ピストンに生ずる強い当たりの修正することが常套手段、
根本原因を対策する方向は誰も考えなかった」ともいう。

この誉固有の低稼働率と、水メタ廻りと言われる金星や栄の稼働率の低さは、質が全然異なる、と思う。
一式戦三型(ハ115-II)はエンジンに無理が効いた(上坊大尉)のなら、
ハ112-II(金星)もそれなりに無理が効いたのでは?
だから、「燃料と潤滑油を入れれば、いつでも飛ぶ」という評判が残っているのでは?

114 :名無し三等兵:2014/07/07(月) 02:02:03.92 ID:BkX+csn2
>乙型は水滴型風防、という分類は今は否定されてるな。

では五式戦T乙は翼内砲を廃止したタイプとか

まさかキ61U原型機の22uの主翼で
翼内にホ5を装備したタイプでもあるまい

115 :名無し三等兵:2014/07/08(火) 22:59:49.83 ID:jzPA2f2N
檜與平(明野教導飛行師団)
整備が楽で100%近い稼働率を誇り、信頼性が高く、全開での連続運転にも大いに信頼がおけ、
三式戦闘機とは天地の差である


BUN
高く評価された信頼性もあくまで不調の「三式戦」と比較したうえでのことで、
実際には水メタノール噴射装置付きの「ハ112II」の整備には微妙な部分が多くあったし、
新発動機につきまとう部品不足、技術情報不足もあって抜群の信頼性を誇ったわけではなかった。

陸軍戦闘機隊の総本山ともいうべき明野教導飛行師団へ配備された「キ100」は、
補給部品の不足から満足な飛行ができなかったし、「キ100」をもって沖縄航空戦に
参加すべく調布基地から九州へ飛び立った飛行244戦隊は、内地での比較的短距離の
基地移動にもかかわらず、故障による脱落機が続出し九州進出に数日を要している。


大塚好古
三式戦に比べて大幅に向上したとされる本機の稼働率も、
実際には補用部品の不足などもあってけっして高くはなかった

116 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 00:54:39.66 ID:mOf7oHcj
本機がP51やF6Fとほぼ互角に戦う事ができた との評もあるが、それは米軍側が
一撃離脱のみに徹せず、ある程度の空戦につきあってくれる状況のみ本機はその価値があり、
善戦する事もあった  なんて感じで書かれた評を見たことがある。

117 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 00:59:20.08 ID:mp4vr4tG
>>115
>>113のいうとおり、やっぱ部品不足か

118 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 01:41:39.64 ID:v74/yMwU
一式戦乗りや四式戦乗り、
審査部、陸軍の航空行政当局なんかは、
キ100をどう評価してたんだろうね?

119 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 02:21:54.16 ID:PHabcRAw
>>118
そのまんま「キ43Vのパワーアップ版」

120 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 03:49:32.27 ID:xdmWHwLO
「ひこうぐも」の小林少佐日記にも
実用戦闘行動半径450キロしか無くて
沖縄への特攻機掩護に使えない事と
部品が粗悪で故障が特に多いと書いてあったね
日記では短足改善策に翼銃を下ろして燃料タンク増設と
操縦席後方にもう一つ燃料タンクを増設する事を要望するとある

121 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 05:00:24.99 ID:kTo+wq5r
防漏被覆とかで容量減ったのだろうけど、
基本水冷のほうが燃費がいいのかな?
まあ出力も異なるが

122 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 05:20:58.94 ID:KxhcOSr5
審査部 荒蒔義次少佐(Fw190、疾風、五式戦の比較)

上昇も旋回もFw190(A5)の方が上である、これで格闘戦をやったら疾風が負けるだろう。
前に疾風はムスタングとまずまず互角に戦ったと書いたが、逆に言えば、やや分が悪かったということである。

しかし、五式戦ならムスタングと十分に戦えた。
これは、日本に来たムスタングがあまり高高度を飛ばず五式戦のレンジで戦ったということもあろうが、
数字だけを見れば五式戦は、最高速度では三式戦に劣り、疾風にももちろん劣るのである。

結局ものをいったのは上昇力であった。
空戦では上昇力、旋回中の余剰馬力というものがきいてくる。この点でもFw190は一級品だった。

123 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 05:49:04.32 ID:KxhcOSr5
陸軍 実験戦闘機隊 渡辺洋二

昭和19年2月に着任した疋田嘉雄少尉によると、
ハ40はいくらか粗製化の傾向はあるものの、ちゃんと整備すればよく動いたらしい。
実戦部隊での不評は整備力の不足が原因と推測され、
川崎の岐阜工場で完成機を抜き打ちで選んでテストしてもとりたてて不具合は見られなかった。

エンジン整備のスペシャリストでもある小島修一軍曹も「ハ40そのものは悪くなかった」との意見。
また、ハ140についても疋田氏は
「特にひどくはない。アブラ漏れなど熟練工不足の弊害は出たが、ちゃんと動きました。」 、
小島氏は「とりたてて整備しにくいことはありません。大体は動かしていた」との回想。


むぅ、ハ40/140の実相って、刈谷中尉が整備した誉と似たようなものか?
生産台数は44年7月に20台納入の予定が8台、8月には40台納入予定が5台、9月には1台のみと、
まともに量産することに苦しんだことは事実であるが。

124 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 06:48:06.89 ID:kTo+wq5r
一方の川崎側の林貞助技師は、ハ-140について
圧縮比アップとDB系特有のシリンダヘッド一体の兼合いに起因する
バルブの変形に悩まされた…と、うろおぼえの俺

125 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 06:52:47.95 ID:kTo+wq5r
追加。回転数アップもあったね

126 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 10:51:39.36 ID:w1L9Dx51
>>118
>>30

>航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。
>初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
>その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
>P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
>その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

>「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
> 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
> 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
> 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
>  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
> しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
> 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
> (略)
>  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
> 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
> 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

127 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 22:48:12.22 ID:N+1ZrMdl
大塚氏も、エンジンの状態で性能は機体ごとにかなりバラツキがあった なんて
書いてた。4式戦をけなす人達ってエンジンではずれくじに当たった って感じかな??

キ84の訓練飛行中、酸素装置が故障して酸欠で失神し、胴体着陸して重傷を負ったが、
たまたま女医さんの家近くだったため一命を取り留め、その後復帰して中国戦線で戦った
22戦隊の脇森中尉など、P51にも負けない頼もしい戦闘機 なんて感じのコメントが
あったのを覚えてる。

128 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 23:18:06.73 ID:KxhcOSr5
四式戦の稼働率は、刈谷中尉のところを除くと、40%ぐらいという話を聞いた。
誉に設計上に欠陥があることは >>113 にある通り。

更に、着陸速度が速く、新米くんを中心に、着陸時に折り畳み脚を壊した、
って小事故が多発してるらしい。

もう少し重量が許せば、中島お得意の高揚力装置テンコ盛り、をやっとけば、
少なくても主脚問題が激減したんだろうけどね。
天雷なり彩雲なりで、テンコ盛り系の主翼を設計した中島の割には、
という気がする。

129 :名無し三等兵:2014/07/09(水) 23:58:38.16 ID:n/RiFVTZ
1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

130 :名無し三等兵:2014/07/10(木) 00:34:44.58 ID:lYaurWXo
BUN氏によれば、疾風と新司偵だけは日本では最良の95オクタンを供給、それ以外の機体は
91から87オクタンに下げるよう通達?があったらしい。
ハ45のトラブル・性能不良も、比較的高オクタンの95を使えばある程度は解消されたのかな??。

131 :名無し三等兵:2014/07/10(木) 04:40:05.28 ID:Yr1sOMAw
>>128
>もう少し重量が許せば、中島お得意の高揚力装置テンコ盛り、をやっとけば、
少なくても主脚問題が激減したんだろうけどね。

形は普通の矩形だけど、疾風のあれも立派なファウラーフラップでしょ
それにプロペラ径を犠牲にしてまで降着装置の小型化(=軽量化)に留意することは
日本機、特に中島戦闘機の伝統とも言えるのではないか?

結果、末期の材質、工作、整備不良も相まって強度不足を露呈したんでしょ

132 :名無し三等兵:2014/07/10(木) 10:29:07.41 ID:El0Mu6F4
四式って、好調でも好き嫌いが結構別れる機体のような。
気に入った人は、落ち着きがある、重厚、なんて言うけど、
気に入らない人は、舵が重くてイヤ、と。

133 :名無し三等兵:2014/07/11(金) 00:25:00.78 ID:1O2sPMVc
97戦に乗ってたヒトのトラウマみたいなものがある鴨・・。

134 :名無し三等兵:2014/07/11(金) 02:03:28.76 ID:pVyCMmzz
鍾馗の支持者はどう?

135 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 08:49:14.75 ID:YaOa6soy
褒めすぎだが、要するに日本人にとってのフォッカーDZのような機体、そういうことだろ
勝手知ったるフィールドで、長躯進攻の敵戦闘機を迎え撃つにはもってこいの機体
乗りやすく性能ムラが少ない、そして武装も決戦機・疾風と変わらない
ぜひとも満飛のキ116と実機で比較したかったところ

ところで五式戦を海軍パイロットが試乗したことはないのだろうか?

136 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 14:17:05.15 ID:+GApuPph
丸6月号

一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

小峰文三

137 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 17:53:10.37 ID:U+4m3C7/
部品不足で性能が発揮できなかった、かもしれない、水メタ栄・金星、という話を書いたが、
244戦隊には、こんな証言を残した人もいた、らしい。
つまり、「部品不足」等を名目にしてサボることは、陸海軍共通の慣習として、ありえたということ。、

いわく
・西那須野に置いてあった3式戦の整備に行かされた。
見たらすぐに直るのに、班長が「こりゃ、部品取り寄せなきゃだめだな」って。
その部品が来るまで、一週間温泉三昧。
軍隊では、そういうことよくあった。

・海軍の月光が東京出張で来て故障してしまった。
部品交換の要があるとか言って一ヶ月以上も大格に置いてあったが、
3式ならエンジン換装でさえ半日あれば充分だったのに、おかしいと思った。
そうやって出張日数を稼いでいたんだ。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
キ61三式戦闘機「飛燕」の整備に難渋した飛行第244戦隊が刈谷正意になんとかしてくれと相談した。
刈谷正意は、自分は二単が専門だから適切な指導はできないということで、
陸軍航空審査部でキ61を担当していた坂井雅夫を推薦して送り込んだ。
空冷エンジンが主流だったときに、坂井雅夫は液冷エンジンの熟達した専門家だったからだ。

坂井雅夫は、飛行第244戦隊をはじめ、足を運べるところには赴いて、指導・伝習に飛び回った。
その結果、飛行第244戦隊の戦時稼働率は80%になった。

「飛燕」を取材した別の軍事ジャーナリストが飛行第244戦隊の飛燕の稼働率が異常に高いのは不思議だと
質問したところ、帝国陸軍航空隊の関係者は皆、口々に言った。
「坂井君がいたからだ」
坂井雅夫は「キ61の神様」と呼ばれる男になっていた。

138 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 18:13:41.70 ID:U+4m3C7/
別の資料から。

初代整備隊長茂呂豊氏は、
「新造ハ40のクランクシャフトが、80時間ちょうどで折れたことがあり、信じられなかった」
と語っている。実績のない新しいものほど危なかったという。

戦隊では、従来、過剰整備による不具合の発生が経験されていたことから、
「調子のよいものは、なるべくいじらない」という方針と、徹底した飛行後点検実施等の施策により、
小林時代には平均200時間程度での運用が可能となり、
20年1〜2月当時には、推定80パーセントという高可動率を実現した。
そして20年3月頃には、そのうちの1機が遂に300時間を達成して、三谷整備隊長が航空本部から表彰を受けている。

ただ、ここで注意すべきことは、「可動」の意味合いである。
これはあくまで、離陸(飛行)可能という程度のことであり、
今日の、離陸から着陸までの全過程、更には将来にまでわたる「絶対的安全」を要求する考えとは、全く違う。
整備隊のある幹部は、
「判断に迷うときは、とにかく飛ばしてしまえと指示していた。実際、上空へ上がると調子がよくなることが多かった」と語っている。

3式戦については、水漏れ、油漏れが甚だしかったと、常識の如く書かれている。
それは事実だが、これらの不具合が運用上、特に障害になったという話は、聞かない。
これは何より、漏れは時間とともにジワジワやってくるもので、致命的故障ではなかったからだろう。
飛行中に発生したとしても即墜落に至るわけではなく、
通常、長距離の洋上飛行などしない内地戦隊では、なおさらである。
漏れはラジエーター部からの発生が多く、その場合、漏れた箇所の管をペンチで潰し、流れを止めてしまう。
そして、潰した箇所が規定数にまで達すると、パーツ全体を交換した。

整備隊員が最も怖れたのは、燃料噴射ポンプや過給器などの不具合だった。
これは何の前触れもなく、突然にエンジンの停止を招くからだ。特に離陸上昇中の発生が顕著だったので、
愛機を見送る機付兵は、当該機が3式戦特有の黒煙を曳いて離陸した後、
高度をとって第1旋回を終えるまでは、祈るような思いで機影を凝視していた。

139 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 23:00:15.49 ID:U+4m3C7/
>陸軍の航空技術研究所なんかは
>昭和17年夏ぐらいにはDB605,603あわせて液冷エンジンに見切りをつけてたらしい

この件に関し、詳細を知ってる方、情報提供求む。

航空審査部飛行実験部が飛燕の空冷化を提案したのは、昭和18年末だから、
少なく見積もっても、一年半ぐらい、空転してることは事実。
土井が空冷化にかなり気持ちが傾いたは、昭和19年初頭、との話である。
今川大佐が水冷エンジンを見切って、川崎に対して内密に空冷化を打診したのが19年4月。


航空技術研究所が見切った、との話が飛行実験部にもっと早く正確に伝わった、としても、
飛行実験部に今川大佐が着任するまでは、
飛燕の空冷化を提案する先見性のある幹部がいなかったから、飛燕空冷化の早期化は無理か ???

140 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 23:10:04.53 ID:E5d5CGVS
ハ40量産前にニッケル割当カットを川崎に通達すれば
エンジン班の心が折れて液冷飛燕は試作だけになる予感

141 :名無し三等兵:2014/07/12(土) 23:59:12.88 ID:CpHqFjDn
学研本「疾風」によればハ40は、空冷発動機よりも製造時間にも時間がかかったようだから、
性能イマイチ、故障・整備面も踏まえて、早々に空冷化が提案されたのかも。・・・、

142 :名無し三等兵:2014/07/13(日) 14:03:43.65 ID:akfYqyxg
金星六二型が量産化されたのは何時頃からだろう?
開発自体は戦前からだが検索してもヒットしない。

143 :名無し三等兵:2014/07/13(日) 14:24:38.89 ID:W0imK/8G
そりゃ新司偵Vの時だろ

144 :名無し三等兵:2014/07/13(日) 20:08:07.92 ID:NnL9oDPU
オヤジは言った
五式戦が日本最強戦闘機だと
海軍機の事はよく知らなかったようだ
帝国陸軍伍長、紅顔の青年兵だった

145 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 00:01:48.88 ID:r2f52uJx
史実の五式戦より幾分スマートな、一型乙のハ-115U換装機が
末期のニューギニア戦線に送られて、小山伍長や松井曹長が
大奮戦する妄想をして就寝。

146 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 08:38:57.35 ID:R4jvRAyV
今川さん自身は18年8月、18年10月と書いています。
戦史叢書には、提唱者名も含めて別の経緯が書かれています。
海軍が彗星に金星六二に乗せようとしているのを知って、航本から提案したというものです。
陸軍には金星五〇型相当の発動機はありませんし、18年中期にはハ112が出来ていますので、金星五〇型装備はないと思います。
空冷化による空気抵抗増加との相殺分を考えると、ハ115、ハ102なども出力不足で考えにくいです。



147 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 08:40:46.21 ID:R4jvRAyV
  またキ100の番号はこのころ付与されていたと推定される
  キ99とキ101の試作指示は昭和18年7月であるから

148 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 11:07:54.95 ID:EU7RFs6d
金星エンジンは、そもそも爆撃機や輸送機用のエンジン。
元々爆撃機の彗星なら、余っていた金星を積むのに抵抗感はなかっただろう。
彗星の成功の噂が、戦闘機に余剰爆撃機用エンジンを積んだ五式戦の誕生の切欠。

149 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 12:57:55.31 ID:e8FkqOlk
陸軍では偵察機用のエンジンでは

150 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 17:34:05.76 ID:GZLfl2z1
キ96系列もあるから一概に偵察機用だとは

151 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 20:02:18.31 ID:weBx++qo
>余剰爆撃機用エンジン

そもそもハ112は余っていないだろう

152 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 20:43:47.52 ID:QRjGUN2W
成り行きとセクショナリズム?と、若干格下ではあるが準同等品(瑞星、栄)の充実で
金星とは全く縁のなかった陸軍だが、ハ112Uの搭載は必要上陸軍が先行した
で相違ない?

153 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 21:22:00.61 ID:m7C7EwJ9
>>127相手をP40Nかなんかと勘違いしてるんだろう。

154 :名無し三等兵:2014/07/14(月) 22:57:37.44 ID:weBx++qo
>>139
>陸軍の航空技術研究所なんかは
>昭和17年夏ぐらいにはDB605,603あわせて液冷エンジンに見切りをつけてたらしい

891 :名無し三等兵:2011/07/31(日) 01:37:49.47 ID:???
>>887
ところが・・・
昭和17.9の時点で、総合的には以下の判断。
DB605は日本製空冷発動機に較べ出力不足、
予圧高度低いため高速発揮に不利、の理由で採用する理由なし。
DB603についても出力こそ2000馬力を見込めるが
やはり予圧高度低く日本製空冷発動機に較べ採用する理由なし。

さらに、かりに予圧高度を向上させたDB603改搭載キ61性向(表面冷却)を
想定したとしても液冷機は空冷機に較べて最高速で有利な面があるが
全備重量が800-1000kg増大するため操縦性、運動性が空冷機にはるかに劣る、
このため推進機関廻りの重量低減により一層の努力が必要と判定されている。
ここで比較対象になっている日本製空冷発動機とはハ145とハ211。

この航技研の研究を見ると、DB系発動機を以てしても
日本の環境では液冷機には伸びしろがないと言っているも同然。

まあ、それだけにキ61が終戦まで生産された事情というのは興味深いものがある。

84 :名無し三等兵:2011/11/12(土) 10:32:25.76 ID:???
昭和17年の時点で、雷電性向型(ハ211換装)/中島単発性向型(ハ145換装)/キ61性向型(DB605改換装)を比較し、
雷電性向型を最上位と評価したのが、陸軍航空技研が記した航技報第2442号「重戦研究計画」の結論です。

155 :名無し三等兵:2014/07/15(火) 02:51:12.77 ID:BtLgwLKf
オヤジは三式戦の液冷に悩まされたせいで
戦後もバイクの水冷エンジンには
「液冷で大丈夫なのか?」と
GL500に対して言っていた
四輪はとっくに水冷だったんだがな

156 :名無し三等兵:2014/07/15(火) 13:25:11.21 ID:bKQHd0QG
それでホンダ1300買ってたら面白かったんだがな。

157 :名無し三等兵:2014/07/15(火) 22:32:51.67 ID:UDlJZP1/
>>154
相手は誉と金星18気筒バージョンのそれも排気タービンつきか
(´・ω・`)

158 :名無し三等兵:2014/07/20(日) 12:04:11.47 ID:tHu6D6NO
土井武夫氏の著書「飛行機設計50年の回想」復刻版出た。

ttp://www.kantosha.co.jp/esp.php?_page2=list&_category=other

159 :名無し三等兵:2014/07/20(日) 14:51:28.70 ID:IRp+HZqY
>>157
中島のも、二段過給器版や排気タービン版を想定なので
全開高度が8500mとか10500mとして試算されています。

160 :名無し三等兵:2014/07/20(日) 15:40:33.33 ID:IRp+HZqY
航空ジャーナル1980別冊「日本陸軍機の計画物語」で紹介された陸軍航技研の「各機種別の意見」だと
キ61の記事部分は次の様になっています。

「自昭和15年度至昭和18年度次期飛行機試作計画に関する意見」より
 >キ61は最初はDBで辛うじて審査を実施し得べきも、増加試作等の審査はハ40の現況を以てしては心細き感あり。
 >其の審査完了は一に本発動機の成否に依るを以て、極力これが完成に努力するを要する。

「自昭和16年度至昭和18年度次期飛行機試験状況並に性能向上に関する意見」より
 >(一)16.11末第一号機完成し、19.3末までに試作3機、増加試作9機完成の予定。
 >(二)本機の武装中13mm機関砲は胴体に装着し置く方、命中精度及び構造上適当なり。
 >(三)本機の審査を促進せしむるためにはハ40の試作完成を促進する要あること
 >   前記意見に於て注意を喚起し置けるど、その後状況の変化なし。

ついでに、上記「自昭和16年度〜」キ60の箇所に、下記のハ40関連ぽいコメントがあります。

 >更に積極的、具体的に海軍側と連携をとり実現せしむる如く指導するを要す。
 >(要すれば一時川崎会社員を陸軍属託とし海空技廠に出張せしめ、
 >(図面にて不分明な箇所を見取りせしめ研究を完成せしむるを要す。)

161 :名無し三等兵:2014/07/21(月) 07:43:14.39 ID:rj0w672s
>>160
DBライセンス交渉の川崎交渉団が帰国時に欧州発火に遭遇して
マルセイユ寄港時のフランス官憲臨検の際に
大事な土産品であるボッシュのインジェクションのパーツを
同乗していた海軍大角大将個人ルームのベット下に隠したエピソード、
DBに関する陸海連携?はこれくらいしかないと思っていたけど
存外そうでもないんですね

162 :名無し三等兵:2014/07/23(水) 19:05:18.66 ID:SA4NiaEv
>>136
でもカワサキか・・・・・・・・

163 :名無し三等兵:2014/07/23(水) 19:33:29.46 ID:wu+70C9b
>>136
死んだオヤジが泣いて喜ぶ意見だな
陸軍最強五式戦、オヤジの確信

164 :名無し三等兵:2014/07/24(木) 01:05:04.48 ID:ZT2eONDv
>>142
「みつびし航空エンジン物語」によると、生産実績は次のようになっています。
(※同書の陸軍向け生産実績は、ハ26以降の全発動機が1年前にずれて記されている為、誤記修正しています)

なお陸軍向け生産実績は、ハ112とハ112-Uの区別がなされていないので
条件を揃える意図から、問いに無い金星5xの生産数も載せています。

 型名_: S16、 S17、 S18、 S19、 S20
 MK8A_.:0049、0034、0005、0000、0000 ※金星51の事
 金星5x:0000、0840、1312、1346、0103
 金星6x:0000、0000、0000、0602、0408
 ハ112_:0001、0015、0060、1988、0634 ※ハ112とハ112-Uの区別なし

165 :名無し三等兵:2014/07/24(木) 23:11:06.88 ID:7guOwVoc
>>159
役人の作文能力を感じさせるな
最初に結論があって、後から理屈を合わせて行く感じ

166 :名無し三等兵:2014/07/25(金) 01:06:06.61 ID:+0YKX09d
>>165
キ61性向型に関して先ず検討対象となっているのは、ハ140-I および ハ140-II ですが、
これらは次のような想定だった様です。

・ ハ140-I :離昇1500馬力/2600rpm、公称1400馬力/2500rpm/6000m
・ ハ140-II:離昇1500馬力/2600rpm、公称1350馬力/2500rpm/7500m

公称1250馬力/2650rpm/5700mに止まったハ140に対して、>154の検討時期では上記見積りだった辺り
発動機の性能向上に関して、見通しが甘めだった事が伺えるかと思います。

あと戦鳥の受け売りとなりますが、
 陸軍航空技術研究所の担当者(安藤成雄氏)がこの手の検討を行う場合
 各エンジンメーカからロードマップ的なものをヒアリングして、その内容を反映させていた
といった趣旨の説明を目にした覚えがあります。

キ61性向型で、ハ240のような構想ではなく、ハ140-II が出てくる辺り、川崎の自信の無さが伺えるような気がします。
ちなみに、大戦末期に試作されたハ240は、次のようなエンジンの様です。
 φ154mm x 160mm x 12気筒
 離昇1800馬力/2900rpm
 公称1600馬力/2800rpm/5500m

167 :名無し三等兵:2014/08/04(月) 23:35:41.00 ID:ire6s7zY
869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/03(日)
♪VI機目は、五式戦 
 
                .|             ~.ヽ
           ,, ,, __.L_        /  : |
  rt==┌---…<ク□]oo[  ’’’ ¨ ¨ '' ― ___:_ .|
⊂]| _E :         ロ             . リ
  し_.ELL / ⌒ \ >_ニ = = - - "" ""6  ̄ .
     ヒヱ −  ̄  ̄  ̄
                           (

168 :名無し三等兵:2014/08/05(火) 05:35:20.55 ID:cRuPdsFZ
なんかミルスキみたい

169 :名無し三等兵:2014/08/05(火) 07:35:45.05 ID:6CfActiO
Ki 100 I
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/1045/pics/65_14.png

Myrsky II
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/379/pics/78_1.jpg

170 :名無し三等兵:2014/08/08(金) 00:37:19.29 ID:0iwHvu5m
>>169
ミルスキは、フォッカーD-21とカーチス・ホーク75Aを足して二で割ったような感じだね。
エンジンはスウェーデンが無断でコピーしたツインワスプだよ。

171 :名無し三等兵:2014/08/08(金) 08:51:25.16 ID:V85oP0pZ
そのフォッカーは無断エンジンに換装することで、300馬力ものパワーアップを果たしましたが
逆に速度は25キロも落ちて、運動性も低下する顛末
パワーアップを吸収できる機体構造、空力ではなかったということですね

もし五式戦に誉を載せ替えても、こういう事にはならないとは思いますが

172 :名無し三等兵:2014/08/08(金) 08:56:26.77 ID:V85oP0pZ
訂正。買い入れたエンジンのストックを振り分けたようです

173 :名無し三等兵:2014/08/08(金) 15:24:12.31 ID:fbd/Hcem
>>171
フィンランド空軍のやつならエンジン換装で出力上がってないよ
むしろ少し下がってる

174 :名無し三等兵:2014/08/08(金) 16:24:39.24 ID:58ADXbEf
Fokker D.XXI
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/95/pics/78_16_b1.jpg

Hawk 75A
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/78/pics/78_6.jpg 

175 :名無し三等兵:2014/08/28(木) 21:13:32.12 ID:WIC/pTQO
>>169 如何?  
   
                .           '⌒^ヽ
          .I  ,, __ ,____       /  :  ふ
  rt==┌.----….<ニ[___]□i.コ’¨ '''−-/ ―:―. ^)
.⊂| _ミ :         ロ.            _つ
  t___.L__/ ⌒. \  :_ニ = = - - "" 6"  ̄ .
         ̄  ̄  ̄  ̄
  
                        (

176 :名無し三等兵:2014/08/29(金) 00:59:07.30 ID:pCSttjll
Fokker D.XXI
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/95/pics/78_16_b1.jpg
Hawk 75A
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/78/pics/78_6.jpg 

これをミキサーでかき回して焼くと・・・

Myrsky II
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/379/pics/78_1.jpg

これになるんですな。

177 :名無し三等兵:2014/08/29(金) 17:00:59.62 ID:YDDbyknE
>>175
空冷化したBf108にも見えてきました

178 :名無し三等兵:2014/08/30(土) 00:11:47.94 ID:tyq1CN1H
Bf108B
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/347/pics/2_3.jpg

179 :名無し三等兵:2014/08/30(土) 01:15:10.88 ID:Vj4gqu7G
177です
ハナの長さも主翼の位置も全然違いますね
失礼しました m(_ _)m

180 :名無し三等兵:2014/08/30(土) 02:14:06.55 ID:Vj4gqu7G
しかもBf108は最初から空冷でしたね
星形エンジン搭載、というべきところでした

181 :名無し三等兵:2014/08/31(日) 08:07:30.74 ID:3TFFhulJ
>>177 如何?
 
CA-13
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/989/pics/81_14.jpg

182 :名無し三等兵:2014/08/31(日) 08:19:53.11 ID:3TFFhulJ
J22
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/166/pics/90_6.jpg

183 :名無し三等兵:2014/09/01(月) 01:20:55.31 ID:PRVLW8Na
>>181-182
そうきましたか。確かに寸詰まり感は一緒ですなあ
ブーメランつながりでウーメラもあったら是非w

184 :名無し三等兵:2014/09/04(木) 12:06:15.62 ID:KbU9Wtm1
CA-4 Woomera 
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/1227/pics/81_1.jpg

185 :名無し三等兵:2014/09/04(木) 21:40:37.41 ID:WDcvzBnz
ワスプエンジンを積んだMe109試作機は、かなり不細工だよ。

186 :名無し三等兵:2014/09/04(木) 22:41:03.53 ID:KbU9Wtm1
これ?

ttp://rsmodels.cz/galerie/produkty/92051/5s6j6lr3ac_large.jpg

187 :名無し三等兵:2014/09/05(金) 03:12:44.18 ID:Xounlsvf
>>184
ありがとう
月光とほぼ同サイズの多目的機で、しかも月光の斜め上を行く両ナセル上の連装遠隔銃架!
そんなのは多発機でもピアジェP108やBv222くらいにしか見られない仕様なのに

サイドビューのちんちくりんな雰囲気も無茶ゆえの帰結だろうか

188 :名無し三等兵:2014/09/11(木) 11:05:13.03 ID:m6EwDQcR
>>184
九九式双軽の香りがするね

189 :名無し三等兵:2014/09/12(金) 03:10:25.49 ID:Z1IvS75o
Ki 48
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/1063/pics/65_43.jpg

190 :名無し三等兵:2014/09/13(土) 15:00:07.05 ID:MN3Wa4J4
>>184>>189
兄弟だなw

191 :名無し三等兵:2014/09/16(火) 00:43:46.45 ID:Z+cXQUcM
J1N1-C
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/1196/pics/65_28.jpg 

192 :名無し三等兵:2014/09/16(火) 01:30:42.92 ID:OiQgpiUH
金魚っ腹のウーメラと、猫背の13試

それにしてもウーメラの寸詰まり感は半端ないな

193 :名無し三等兵:2014/09/16(火) 20:24:18.25 ID:Z+cXQUcM
SB2C
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/765/pics/3_29_b1.png

194 :名無し三等兵:2014/09/17(水) 03:26:01.45 ID:xx6MFUYX
>>193
単座戦闘機に仕立て直してもテールモーメントアームが短すぎだろ
P-36/40も短いがそれがカーチスの伝統なのか

SB2Cの場合はダイブブレーキ作動時のバフェッティング対策か?

195 :名無し三等兵:2014/09/17(水) 15:36:44.32 ID:kKjRZcPi
サノバビッチが短いのは空母のエレベータに2機載せろ、
という無茶な要求が原因

196 :名無し三等兵:2014/09/17(水) 17:38:10.90 ID:vYREXv2B
>>193-194
これだけ見ると、なんて不細工なと思うけど、前作SBCを見ると・・・
複葉機から単葉機へと進化させた事が分かるよ。

カーチス社は新型機を開発する時、前作の改良で済ませるのが社是だからね。
単葉化した艦爆SB2Cは駄作機だ・・・

197 :名無し三等兵:2014/09/17(水) 18:10:09.83 ID:hIQ7FG+E
SBC
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/499/pics/3_6.jpg

198 :名無し三等兵:2014/09/17(水) 22:07:28.84 ID:FUUZUBLN
ポリカリポフもいろいろ試作機作ってるけどなんかパッとしないのよね。
形はラボチキン5と似てるけど。同じエンジン使って速度は50キロも下回ったり

199 :名無し三等兵:2014/09/17(水) 22:46:51.34 ID:Ywme01QC
ポリカリポフTIS A-MAのエレガントを見てくれ
優美という他ないスタイリッシュな重戦闘機

200 :kansokuhan:2014/09/18(木) 19:31:17.02 ID:A2K8EGe9
La-5
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/336/pics/1_45.jpg

I-185 (M-82A)
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/667/pics/1_2_b1.jpg

Polikarpov TIS (MA)
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/1868/pics/1_1.jpg

201 :名無し三等兵:2014/09/19(金) 17:02:03.97 ID:HZoECfd7
スタイリッシュなレシプロソ連機といえば
DVB-102も捨て置けない

202 :名無し三等兵:2014/09/22(月) 23:49:51.17 ID:77uZaWtz
>>201 wpにはなかったよ

203 :名無し三等兵:2014/09/23(火) 02:12:18.56 ID:Eiaqi5B7
ありがとう
気の利いたイラストではないけど、ググれば出てきますね

204 :名無し三等兵:2014/09/23(火) 02:14:35.89 ID:Eiaqi5B7
似たようなものがありました
ttp://www.airwar.ru/image/idop/bww2/dvb102/dvb102-c1.jpg

205 :200:2014/09/27(土) 02:51:15.32 ID:wKyOAO9z
これは如何?
Liore et Olivier LeO 451
ttp://img.wp.scn.ru/camms/ar/449/pics/21_5.jpg

206 :名無し三等兵:2014/09/27(土) 18:15:59.99 ID:PHMMiPke
もう全然川崎関係ーねーし

207 :205:2014/09/28(日) 05:42:46.45 ID:+5GiQ9kZ
全画面で見ると模型みたいに見えますね
ピントと光線の具合のせいかな

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d2/Ki-100-RAF-side.jpg

208 :名無し三等兵:2014/10/03(金) 23:42:46.54 ID:7wIpsDW0
ピントじゃなくて周りをボカしてるのかな

209 :名無し三等兵:2014/10/04(土) 00:19:37.51 ID:NUV7GNLX
周辺だけフォトショップか何かでボカした後があるね
直線で切り取った後が見える

写ってる人間が特定されないようにという配慮だろう

210 :207:2014/10/05(日) 00:42:53.84 ID:k2WoRe73
この塗装の頃の画像もありました

ttp://homepage.ntlworld.com/andrew.etherington/cosford/large_images/DV00010.jpg

211 :207:2014/10/05(日) 00:51:52.22 ID:k2WoRe73
こっちの方がいいかな

ttp://historius.narod.ru/foto/ki-100-raf.jpg

212 :名無し三等兵:2014/10/21(火) 10:44:38.71 ID:Z3mDO6Sf
キ-100ってキリのいい型番を頂戴するんだったら、
センチュリーシリーズのような新世代の戦闘機になってほしかった。

213 :名無し三等兵:2014/11/10(月) 21:18:59.55 ID:FihHJXpH
Funk Love

214 :名無し三等兵:2014/11/19(水) 00:50:43.74 ID:u/VNh9Ky
五式戦に誉搭載という話は全くなかったのかな?
隼だってハ112搭載のW型なんて話もあるのだから

彗星にも誉搭載が検討された事例もある

215 :名無し三等兵:2014/11/19(水) 22:21:19.27 ID:CIIsDUE0
おもしろあげ

216 :名無し三等兵:2014/11/20(木) 05:05:09.78 ID:1U1pIJfB
>>214
陸軍においては、大量産中の四式戦以外に割り当てる余裕も発想もなかったのでは
ないか と。

217 :名無し三等兵:2014/11/20(木) 05:18:40.38 ID:13P3mT0s
惜しいですねえ
海軍は彗星に誉、紫電改・銀河にハ43、というプランがあったというのにね
疾風にもペーパーの初期段階とはいえ、ハ43搭載が検討されたくらいだから
五式戦もあるいは、とも思ったんだけど

ただ飛燕系列と言えば重心問題もあるかもしれない、
でもその発動機位置はもう少し下げられそうにも見える

それよりも20ミリ砲の搭載に支障をきたすかもしれないが、
そのときこそ胴体砲の成功で見送られた22uの新型主翼を考慮すればいい
パワーに見合う大型主翼は、それこそ高高度迎撃戦にうってつけでもある

218 :名無し三等兵:2014/11/20(木) 07:40:20.34 ID:ZgieP7Vb
そんな無駄なことするくらいなら疾風造るだろう

219 :名無し三等兵:2014/11/20(木) 09:05:32.13 ID:De/w3KCd
旧式化してた栄12型950馬力でもいいから換装したかったはずですが。

220 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 02:34:16.87 ID:38ssGBKl
疾風のハ112だって実在したのだから
誉の五式戦も試作機ぐらい作ってみてもらいたかったねえ

ハ112に排気タービン付けるU型より容易な作業かもしれない

221 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 03:31:16.83 ID:rd+CnHDB
重心位置調整が必須だな
キ100の2型なら機関砲撤去と
タービン差し引きで
重心位置変える必要も無く断然楽

あほ丸出し

222 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 04:14:08.52 ID:38ssGBKl
日本の排気タービン装備機が
ポンだしでたやすく使い物になるかと
以下省略

223 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 04:18:08.79 ID:rd+CnHDB
キ100の2型は出来るだけ簡易に
高高度戦闘機を得ようとして
中間冷却器をも省いたもの故
問題なし

あほの上塗り

224 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 04:31:35.37 ID:38ssGBKl
>>223
なるほど、それほどまでにU型の進み具合は順調でしたか

一方の誉を搭載となると防火壁移動の問題も出てきそうだし、
やはり相当な繁路がありそうですね

やはり1000馬力強から始まった機体の宿命ですね
いや、勉強になりました。ありがとう

225 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 04:48:14.29 ID:IfeRHuR5
ハ112疾風って5式よりも軽いのな。

226 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 11:14:43.01 ID:5WFl5ziu
陰毛
あほを上塗りす

227 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 11:51:14.19 ID:RChwjJqn
というよりも既に期待していない三式首なし機程度のものに
誉をまわす余裕がなかったんだろう。
彗星の空冷換装機があるように重量的に容易っだた理由もあるかもしれないが。

228 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 15:24:10.00 ID:38ssGBKl
あまり期待されていなかったにしても、結果それを覆す好成績を発揮したから、
なら取り急ぎ排気タービンを、というステップにすすんだのでしょうね
もっともこれは、同じエンジン&排気タービンで先行?した100式司偵で
若干のデータの蓄積という下地もあったのかもしれませんが

それに冷却器を取り除いて整形した箇所が、排気タービン搭載場所に具合がよかった、
そんな事情もあったのかもしれませんが

むろん時期的な問題もあったのでしょうけど、まあどの道
疾風が各種大馬力のエンジンに換装してのさまざまな発展型が検討されるような
プラットフォームとしての期待はされていなかった
そういうことですね

229 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 18:47:39.29 ID:Um5knGWZ
>>228
>それに冷却器を取り除いて整形した箇所が、排気タービン搭載場所に具合がよかった、

どこそれ
そんなところに排気タービンあったっけ?

230 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 22:03:08.89 ID:PAyg7iz/
>>229
言葉が足りませんでしたね
取り払った冷却器位置からエンジンにかけて整形されたフェアリング部分
と言うべきところでしたね

まあ、言うほど余裕あるスペースでもないですけど

231 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 23:42:18.77 ID:BacWaFFb
排気タービンがカキのように張り付いてると

232 :名無し三等兵:2014/11/21(金) 23:59:13.66 ID:nmir02yi
高高度性能出すのに
排気タービンじゃなきゃいけないワケじゃないよ
P-51も別に排気タービン積んでないし

寧ろ失敗したと言われつつ
それなりに実戦参加した
ハ−140は日本機では割とまともな高度性能出してる

英語wikiでは唯一褒めてるくらいだし

233 :名無し三等兵:2014/11/22(土) 00:02:33.64 ID:4DsyDax+
>>231
胴体の腹に陰毛のように生えているそうだ

234 :名無し三等兵:2014/11/22(土) 10:09:25.21 ID:VE3VSyqk
>>232
だからさーその二段式過給機の方が技術的に難しいだってw
排気タービンは材質的には厳しい物があるが技術的には2段機械式よりは容易。
ましてインタークーラー省力した五式戦の物は低過給タイプだから
格段の性能アップは期待できないがより現実的な戦闘力アップにはなるものだったんだよ。

だからそのハー140の生産は無理だったから金星型が出来たんだってww

235 :名無し三等兵:2014/11/22(土) 10:22:37.01 ID:RwJQRodW
>>234
一段三速ならどうでしょう?

236 :名無し三等兵:2014/11/22(土) 14:15:42.03 ID:ing3Fp/j
実質日本の水メタ噴射はアメリカのそれを違い、常用時における高ブースト運転対策だから、
排気タービンにしろ多段過給にしろ、
水メタ噴射で本来の中間冷却器が果たすべきの役目をも肩代わりさせる、
これで過給機そのものの材質工作の不具合はともかく、
運用上のネックをある程度解決する

くしくもDB603Lの二段過給も、結局はその重量対効果?のネックから
中間冷却器を外して水メタ噴射運転のプログラムを変えたLAに変わった

237 :名無し三等兵:2014/11/22(土) 15:28:44.65 ID:bQIRI2RP
>>236
日本の水メタは気筒毎の噴射タイミング調整がうまく出来なかったので
実際には対してできなかった

それにアメリカも水メタは対戦した大抵の飛行機に積んでる
こちらは気筒毎の噴射タイミング調整はうまく出来ていたので
規定値出せてる
それに水メタ積む場所も多い

238 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 02:45:33.87 ID:BbPzEAvo
ドイツの水メタ噴射も、アメリカのそれのように
緊急加速装置的な使われ方がメインだったと思うが、
DB603LAにように日本的用法での採用例は他にあったのだろうか?

239 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 03:02:16.48 ID:LoGvikGc
>>234-235
二段加給の方が遥かに簡単でコスパも段違い
アメリカはそれこそ二段加給機に関してはかなり投入してるが
ターボ単発はP47だけ
P43なんかかなり稼働率悪かったし

二段過給ってのは
1段目過給器で加給したのを
もう一器の過給器で更に過給する

んでこの二段目をターボにしたのが当時のターボ機
どっちにしても一段目はスーチャーだよ

だから1段過給器と二段過給器の飛行機が高高度性能が
別次元なのは当たり前で、対等に戦える代物じゃない

240 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 08:14:10.53 ID:R/NN0nhE
>遥かに簡単でコスパも段違い
www

241 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 08:20:15.24 ID:4iQcBqVn
逆なんだが…

242 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 13:17:05.40 ID:nCKqaZzF
当時の技術水準だと機械式二段の方が楽だろうな
ただし過給器に馬力を取られるので燃費は悪くなる

ターボには馬力の損失がほぼ無いので
長距離飛びたければこっちにしたい
アメちゃんでもそれだけ沢山燃料を積める機体は少なく
P-51は日本軍機並みの防弾で済ませるしか無かったし、
ギリギリまで拡張されたタンクに燃料を一杯に入れると、離陸に気を使うほどバランスが悪くなった

日本は燃料が無いのでターボにしたいが
耐熱材料も無いので
どっちも未完

243 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 16:39:02.59 ID:CpGFhN2h
バーかが一人w
車脳らしなw

244 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 16:40:43.46 ID:CpGFhN2h
ターボとか言う奴でまともな事言ってるやつ見たこと無いよ

245 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 18:47:28.66 ID:RpQD8lKp
>>228
キ84には、ハ44を積む計画があった。
ペラ径も大きくして、それに伴って脚も長くするという大規模な改造を伴うもの。

246 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 18:51:28.43 ID:L40ZELev
いかにもダメそうな計画だ

247 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 18:56:06.91 ID:nCKqaZzF
末期になると何もかも足りないから
使えるもんは何でも使えとなる
いかにも駄目そうだけどとりあえず考えてみましたというのが沢山残されることになる

248 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 19:21:48.87 ID:uw5kPuuz
>>246
種機からの2度の大改造で
空中分解したり、胴体が屈曲したり
そんな機体もあったからね

249 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 19:49:01.30 ID:ceXd6WUy
上の方であほを晒していた陰毛先生は
いま息をしてるだろうか

250 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 20:46:46.43 ID:u21vdDlr
昔(1990代)のモデルグラフィックス「疾風」で、機首をギリギリまで絞らず多少の余裕を
持たせたのは、ハ45に換るべきさらに大馬力エンジンに換装する事も想定しての処理では
なかったか と思われる  ・・なんて書かれてた。
ハ44はハ45より直径が10p大きく重量も約300s重いが、疾風はなんとか対応できたのでは
と思う。

251 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 21:47:36.68 ID:In9+hzDY
オスプレイの「B-29 Superfortress Units of the Korean War」には、21,000ソーティーでの損害数は34機。
そのうち戦闘機によるものが16機、対空砲によるものが4機、その他の理由が14機。1000ソーティーあたりの損害率は1未満、って書いてあるんだよね。
念のために書いておくと、朝鮮戦争が行われたのは1950年6月から1953年7月ね。
あ、付け加えておくと、アメリカ軍の「損害」には、帰っては来たものの壊れて使い物にならなくなったのも入ってるんだって。
だから、『これには「帰還はしたけど損傷が酷くて廃棄」というのはカウントされていない。 』(軍事板初心者質問スレまとめ(FAQ)- B-29)っていうのは誤りだよ。

「対日戦では無敵、朝鮮戦争では損害が続出」っていうのが正しいなら、対日戦での損害の方が少なくて、朝鮮戦争での損害の方が多くないとおかしいよね。
実際の数字が示す結果はどうかな?
上でも引用したWikipediaには『基地までの距離が短いことやF-86などの強力な護衛戦闘機があったこと 』が損害の少ない理由だって書いてあるけど、
それをいうなら横田から軍事境界線までの1,143kmと硫黄島(不時着場だけどね)から東京までの1,224kmの約80kmの違いでそこまで損害に差が
出るモンなの?とか、P-51などの強力な護衛戦闘機があった対日戦は?ってコトになるよね。
「対日戦での教訓があったから、それを生かして朝鮮戦争では損害を低く抑えることができた」って考える方が事実に合ってるような気がするけどねー。
http://ameblo.jp/amo-un-pomodoro/entry-11115324361.html

252 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 22:30:36.31 ID:8iQdyxHM
大馬力とか関係無いよ
F6FとかF4Uは馬力だけならP51よりある

P51がB29と同じ高度でB29以上の速度で悠々飛んでるのに
そこに辿り着くことすらできない戦闘機が
同じレベルで戦えるわけない

疾風も紫電改もF4U相手にすら実スコアで1:6とかフルボッコ

253 :名無し三等兵:2014/11/23(日) 22:32:10.26 ID:by+Ulqu9
ランチェスターの法則が効いてるんでね?

254 :名無し三等兵:2014/11/24(月) 00:34:45.61 ID:Sf0CX8fA
P-51は爆装B-29の巡航にもついて行けず、足手まといだと言われてたんだがw
なにしろ日本本土上空でも増槽落とせなくて、B-29に追いつくために装備外してた
ずっと低速なはずの日本機にも追いつけない有様
艦載機のF6Fのが早くて手強かったと言われてる

255 :名無し三等兵:2014/11/24(月) 01:19:25.42 ID:h8mEG1oj
>>254
>P-51は爆装B-29の巡航にもついて行けず、足手まといだと言われてたんだがw

これは興味深い
ソースをぜひ

256 :名無し三等兵:2014/11/24(月) 01:39:10.27 ID:jEN8Ryqd
>>251
P-51が護衛につくようになったの⇒硫黄島陥落後
それまでは丸裸で爆撃
忘れてるのか、知らないのか、故意に無視してるのか

朝鮮戦争では韓国国内の飛行場や、
九州・中国地方のより韓国に近い日本の飛行場も利用可能だったことも忘れてるのか、
故意に無視してるのか。

結局朝鮮戦争では、さっさと昼間爆撃任務から外されたという事実は動かないし。

257 :名無し三等兵:2014/11/24(月) 08:42:03.61 ID:vugItg/l
>>251はマルチの荒らしだからスルー推奨

258 :名無し三等兵:2014/11/24(月) 11:07:21.30 ID:DuFRmc3H
単発戦闘機で排気タービン付きってのはP-47くらいなものでそもそも排気タービンを
艤装するのが難しい。日本も排気タービン自体はあったがどうのように艤装するかを
検討する段階で時間切れ。

259 :名無し三等兵:2014/11/25(火) 02:56:43.83 ID:aZasA3yw
日本は壊れないタービンを作ろうとして時間切れ
一方アメリカはすぐ壊れるからすぐ交換した

260 :名無し三等兵:2014/11/27(木) 16:30:35.22 ID:fDrCsahw
P-47みたいな巨大な機体じゃないと配管の取り回しが無茶っぽいもんな
Bv155なんて冷却も兼ねてるのかもしれんが機外にパイプむき出しだぜ

261 :名無し三等兵:2014/11/27(木) 18:19:54.42 ID:gZN2rNeW
>>258
×検討する段階で時間切れ
○検討したらP-47と同等以上の超重になって開発時間切れ(キ94U)
排気ガスは最燃焼して温度が上がるから、タービンは適当に離しておかなければならない
また、インタークーラーが有効に作動しなければ出力が上がらないので、その配置とインテークも問題
無理やり装備した雷電32は過給圧が上がっただけで出力は大して向上しなかった
烈風改くらいでかくてもだめ(計算値)
どっちもインタークーラーの能力不足

262 :名無し三等兵:2014/12/03(水) 09:31:04.55 ID:c66yhaIW
五式戦の排気タービン機ってインタークーラーを省略した
今で言うロープレッシャーターボみたいなものなんじゃないの?
性能的にも高度1万メートルで30km速くなったっていうささやかな向上だったしね。

263 :名無し三等兵:2014/12/04(木) 01:41:03.01 ID:uv9oHxq6
>>262
>>26
>>46

264 :名無し三等兵:2014/12/09(火) 15:32:11.71 ID:dGrKaCx4
http://www.airport-data.com/images/aircraft/large/000/373/373354.jpg
なんぞこれ

265 :名無し三等兵:2014/12/09(火) 16:52:26.77 ID:aGEeJWVW
RAF博物館所有の機体がこのような塗装であった時期があるのか

266 :名無し三等兵:2014/12/09(火) 18:56:33.18 ID:3Csv/w+p
撮影日は1969年となってるね。
RAFミュージアムあるやつはシンガポールで鹵獲されて一部破損箇所を修復後数回のテスト飛行をおこなって
(滑油冷却器がノンオリジナルなのはその時の修復らしい)分解・梱包され英国搬送。
その後梱包されたまま所有だけ転々としてRAFミュージアム所属になってからも数年放置されていて
20年ほど経って初めて梱包をとかれて再組み立て、1980年代に本格的レストア作業に入る前には
エアショー展示機として各地を転々としていたようだからその間の塗装だろうね。
この塗装の写真は他にも数枚あるね。

267 :名無し三等兵:2014/12/11(木) 19:13:08.71 ID:ruVMAo6N
英国の博物館が入手した五式戦であるが、
長いこと誤解で一式戦と登録されていた実機があったという話があるが、
まさかその機体?

268 :名無し三等兵:2014/12/12(金) 11:08:03.67 ID:etGz1J5f
でも飛燕を意識した塗装だから、五式戦 ∵三式戦(Tony)ファミリー
の理解で合ってるのでは

269 :名無し三等兵:2014/12/12(金) 11:33:59.90 ID:etGz1J5f
ここはどう?

ttp://silverhawkauthor.com/japanese-warplane-survivors_408.html

270 :名無し三等兵:2014/12/13(土) 09:52:46.64 ID:sC8vDoLK
>>264のは現存唯一の163365号機に間違いないよ。
終戦時に5機のキー100が摂取リストにあったが’うち一機は英軍向け)
米国到着した記録がない。

271 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2014/12/13(土) 12:18:56.41 ID:a0UJh69z
>終戦時、数機の五式戦が米空母に搭載されてアメリカ本土に輸送されたが[124]、その後の消息は不明である。

なんかアメリカでの五式戦の写真を雑誌かなんかで見たような気が

>本機の世界で唯一の現存機としては、現在イギリスのイギリス空軍博物館(RAF博物館)が所蔵している一型、恐らく1945年6月に完成した163365機がある。
>本機は陸軍航空輸送部各務原飛行機部の手により1945年7月末に小牧を出発し上海、台湾などを経由しシンガポールに向け回送中、経由地のカンボジアにて終戦を迎え[125]サイゴン[126]でイギリス軍に接収され持ち帰られた機体である[127][128]。

ナルホド、サイゴンか

272 :名無し三等兵:2014/12/14(日) 07:29:54.87 ID:O/1pzQSv
>>270
>>271
米国向けに搬出された4機は到着しており、1950年代にスクラップにされたと記録されているようですね。
1949年5月1日現在の米空軍保有機リストに、Ki-100 2 機が記録されているようです。

>なんかアメリカでの五式戦の写真を雑誌かなんかで見たような気が

1970年代の世傑の、五式戦のカラーページでは、
>>264の244戦隊色と、アメリカの基地で撮られたとおぼしい
水平尾翼、垂直尾翼、フィレットの一部が欠落したキ100の写真が掲載されています。

273 :名無し三等兵:2014/12/19(金) 11:20:05.05 ID:fGYR8cDA
どうせ嘘244戦隊塗装ならクローバーでも書けばよかったのにw

274 :名無し三等兵:2014/12/21(日) 20:36:48.35 ID:xPYeJi72
>本機は陸軍航空輸送部各務原飛行機部の手により1945年7月末に小牧を出発し上海、台湾などを経由しシンガポールに向け回送中、
なんであの末期にたった1機をそんなとこに運んでたんだ???
敗戦になること知ってての行為だろうけど

275 :名無し三等兵:2014/12/24(水) 09:23:02.44 ID:4pEh8TfI
...
別に不思議じゃないけどw

276 :名無し三等兵:2014/12/24(水) 15:34:25.71 ID:cNv+7GO1
なんで不思議じゃないの?
沖縄、フィリピンが米軍の手に落ちてるのに。
英国への引渡しのため?

277 :名無し三等兵:2014/12/25(木) 01:08:09.21 ID:fqfNd3eu
英国に行った五式戦、引渡しに関わった人の
手記を前に読んだけど1機だけ運んできた理由をその人も?と
思って他の人に聞いたら多分士気高揚の為なんでは?
みたいな答えではっきりとした理由はみんなわかんなかった
ような話だった

配属先も第1野戦補充飛行隊だし
五式より少し前に百式司偵三型も
2機だけ送られたらしいけど
戦力化を期待してこれらの機体に続いて
補充機を送りこもうという様子も無かったようだし
本当に士気高揚か見本扱いかもね
大戦末期のよくわからん話の一つだな

(台湾の三式戦部隊には全機更新は無理でも
一部だけでも五式戦にしようと選抜された隊員の方々が本土で
五式の慣熟訓練を受けて20年の7月とかにとりあえず4機
空輸されてその後も補充が来る・送る話があったそうだ)

278 :名無し三等兵:2014/12/25(木) 01:20:40.99 ID:Fk2kndxc
>>277
それは貴重なお話ですね。何に掲載されていたのでしょうか?

279 :名無し三等兵:2014/12/25(木) 02:27:15.26 ID:fqfNd3eu
>>278
最初に読んだのは丸かなにかで
その後にも再録とかだと思ったが
別の媒体でも読んだ記憶があるんだが
パッと思い出せないのでスマナイ

もしかするとしまってある本に
その話が収録されてるかもだし
光人社NF文庫あたりのどれかに
載ってたりもするかもなので
見つけられたらお知らせしますです

280 :名無し三等兵:2014/12/25(木) 02:30:54.77 ID:Fk2kndxc
>>279
ありがとうございます。
サジェストいただいただけでも大変ありがたいです。私も探してみます!

281 :名無し三等兵:2014/12/25(木) 13:03:47.43 ID:WJgfZJLa
7月なんてもう最終決戦を覚悟して燃料温存のために要激戦すら禁止されてたのに
戦意高揚とかで連絡の途切れた南方に輸送するとか意味不明じゃね?
最後の最後までお役所仕事が機能してたってことなのかもしれんが

282 :名無し三等兵:2014/12/27(土) 03:03:23.01 ID:MlvTFxyB
後世の人間は俯瞰で見る事が可能だが、渦中の人間にはできない
全体を把握している者など一人もおらず、ただ各人にできることをやるまで
瀕すれば鈍するのであるから、苦しくなればなるほどその傾向は強まる

283 :名無し三等兵:2014/12/27(土) 20:29:37.63 ID:HPmtnxjS
そもそも20年7月にどうやってシンガポールまで行けたんだ?
沖縄通れないんだから朝鮮半島→上海→ボルネオ→って感じ?

284 :名無し三等兵:2014/12/27(土) 21:58:22.90 ID:7ZB/wFUy
なんでわざわざボルネオ経由
いんどしな経由でいいだろ

285 :名無し三等兵:2014/12/28(日) 00:56:34.44 ID:WKyTfwQ3
整備隊?

286 :名無し三等兵:2014/12/28(日) 08:44:04.03 ID:DgQNz3rR
たった1機を南方に送ったって
部品や整備員も行かないと稼働すらさせられないのにな
あきらかにおかしい
1機だけで行ったのではなく輸送機でそれらも同伴したのなら
体の良い脱出だったのかも

287 :名無し三等兵:2014/12/29(月) 11:00:51.31 ID:xtHsno/1
実社会ではおかしな事が沢山起こる
それほど不思議なことではない

288 :名無し三等兵:2014/12/29(月) 11:05:02.12 ID:8lKbd/8F
馬鹿が一人騒いで雰囲気悪くしてる

289 :名無し三等兵:2014/12/29(月) 13:49:04.78 ID:aL3VCAGm
もっと送ったけど
他は全部途中で脱落して
一機しか到着しなかっただけとかじゃないの

飛燕でもそういうのは良くあったし

290 :名無し三等兵:2014/12/29(月) 20:58:01.95 ID:8lKbd/8F
以前その機体の経歴を追ったKFだと
当時の英軍のインタビューに現地から戦意高揚のための
サンプルを要望された為に南方での性能テストを兼ねて飛んだと
操縦者が答えたとあるね。もともと1機だけだったようだよ。

291 :名無し三等兵:2014/12/29(月) 23:50:44.67 ID:UUCJT4w5
AFはアナルファック
さてKFは

292 :名無し三等兵:2015/01/03(土) 07:01:54.26 ID:86lKsSrR
>>291
ケンタッキーフライドチキン?

293 :名無し三等兵:2015/01/06(火) 15:05:50.69 ID:ZohT8LgJ
航空ファン自身がインタビュー記事なんかでは自らをKFとしてるよ。

294 :名無し三等兵:2015/01/06(火) 23:23:42.40 ID:5CGSMLyj
20年7月といえば本土決戦総特攻に備えて要撃もしないで燃料温存してたのに
そんな時期にたった1機南方に戦意高揚サンプルを送るとかおかしな話だよな
そもそも南方と通信なんか出来てたのか?

295 :名無し三等兵:2015/01/07(水) 00:05:18.10 ID:TNuuTfdK
おかしな話が起こるのが戦争だろ
負けかかってるから余計混乱してるだろうし

296 :名無し三等兵:2015/01/07(水) 09:19:39.83 ID:ZSFXp5zs
ID:5CGSMLyj
この人一度主張し始めたら凝り固まる頭おかしい人みたいだね。


964 :名無し三等兵:2015/01/06(火) 15:22:38.60 ID:5CGSMLyj
当時日本の知識階級には親米派というか
米との戦争はあまりに無謀とよく分かってる戦争否定派が多かったらしいから
紡錘形理論もわざと零戦後継機開発を失敗させて戦争を早期終結させようと仕組まれた釣りだったのでは
とゆうのは深読みしすぎですかな

969 :名無し三等兵:2015/01/06(火) 21:45:20.58 ID:5CGSMLyj
>>966 いやいやいや、山本長官フリーメーソン説もあるくらいだし、
知識人は皆対米戦争なんてとんでもない無謀行為だと思ってただろうから
ありえないともいいきれないんじゃないかな

頭おかしいよw

297 :名無し三等兵:2015/01/07(水) 12:36:19.95 ID:yLK7UO2l
ID抽出はキ○ガイの証

298 :名無し三等兵:2015/01/07(水) 14:01:48.93 ID:CMAgJtwX
だから2chでID変更をサボってはいけないとあれほど

299 :名無し三等兵:2015/01/11(日) 04:37:33.96 ID:9x/hsGkY
だね

300 :名無し三等兵:2015/01/11(日) 09:41:17.18 ID:/CA5aOQE
ほんの少しでも多人数に見せなければなりませんからねぇ・・

301 :名無し三等兵:2015/01/11(日) 13:50:47.95 ID:GwKKGMjH
妄想無知君必死の反撃が哀れ

302 :名無し三等兵:2015/01/12(月) 15:11:00.08 ID:rdT2E4zl
一瞬スレタイが五式戦闘機ファランクス【キ-100】に見えたのでちょっと寄ってみた

303 :名無し三等兵:2015/01/13(火) 18:05:48.91 ID:6OA4X3xU
ワザワザID変えなくても外でタブレットで書き込みすれば勝手に変わる事多いだろ。
同じ沿線のWi-FiとかでID変わらなくて自演に失敗する事もあるが。

304 :名無し三等兵:2015/01/13(火) 22:05:50.50 ID:1kWfhYH7
三式戦II型があれば五式戦など不要

305 :名無し三等兵:2015/01/17(土) 09:20:46.68 ID:wFAYCGUp
まともに生産できたならねw
馬鹿ですね

306 :名無し三等兵:2015/01/25(日) 23:55:38.66 ID:GY2LDl6p
なんでわざわざ5式スレ立てるの?

日本の最高戦闘機は4式で5式は研究するまでの技術要素と能力こうじょうせいがない改モデル

がアメリカのレビューだろ。何5式に淡い期待抱いてるんだ。

307 :名無し三等兵:2015/01/26(月) 10:17:19.59 ID:teR/WR7k
「5式戦1機には4式戦3機分以上の価値がある。
直ちに大量産してください」

308 :名無し三等兵:2015/01/26(月) 11:51:16.04 ID:JpU6oZ0n
正直どちらも大して変わらないでしょ。
五式戦はボロが出るほどの実績がないから夢見て過大評価されてるだけだよ。

309 :名無し三等兵:2015/01/26(月) 12:43:11.35 ID:tAo7qi6F
まぁ扱いやすい機材ではあったんだろうな。

310 :名無し三等兵:2015/01/26(月) 16:55:19.73 ID:5EQhZy9a
じゃ間を取って4式にハ112で

311 :名無し三等兵:2015/01/26(月) 22:45:47.50 ID:bpyYg3Gs
実戦のパイロット(幹部クラスを含めて)で、疾風ほど評価が分かれる機体は
ないかも・・。今さらだが、やっぱ発動機の出来次第なのかな・・。
22戦隊の脇森少尉などP-51に真っ向から対抗できる頼もしい戦闘機なんて言ってたが。

312 :名無し三等兵:2015/01/27(火) 00:05:27.28 ID:wpIXpMcM
時期にもよるんだろうな

313 :名無し三等兵:2015/01/27(火) 14:15:43.38 ID:06Ux6m1H
時期にもよるだろうし、「期待の新型」が運転制限やら不調で思ったほどじゃなくガッカリ、とかもあるんじゃね

314 :名無し三等兵:2015/01/27(火) 14:45:32.47 ID:Uk32uq+U
>>310
キ116を作ってたな.

315 :名無し三等兵:2015/03/21(土) 18:17:34.43 ID:ui1rqEqu
粗製濫造

316 ::2015/03/24(火) 16:28:45.29 ID:p7aPvtYd
誉の設計主任は当時30歳の中川良一。
彼は戦後、「海軍担当者から兎に角高性能な
エンジンを作ってくれ、材料や製造に関してはこちらが
責任をもつから・と言われて作ったのが誉だった。
精密過ぎて量産に向かず故障ばかりのダメ発動機と
言われて凄いムカついた!言われた通りに作ったのに!」
とか言っていたのを読んだ。若くて生産現場の現実なんて
知る由もなかったことだろう。

317 :名無し三等兵:2015/03/26(木) 21:56:40.30 ID:Jl0p/I06
>>316
>若くて生産現場の現実なんて知る由もなかったことだろう。

それは違うよ。
「それなら最初から軍は言ってくれ」と言う事だよ。

その敵は戦後、クルマで獲ってる。

318 :名無し三等兵:2015/03/29(日) 06:23:24.91 ID:zNc/JbZM
キ116みると何も5式つくらんでもとは思ったな。キ116の方が性能いいみたいだし

319 :名無し三等兵:2015/03/31(火) 19:25:21.44 ID:6ZjOzcIu
>元満州飛行機研究部長 野田親則氏の手記より キ116 について
>・昭和20.3陸軍航空本部から呼び出しをうけキ116の設計試作を指示された
>・キ116は昭和20.1に完成したキ100の好成績に鑑みキ84のエンジンを
> 問題の多いハ45からハ112に換装する改造設計である
>・4月下旬帰満し、ハルビン工場で完成間近のキ84の4号機(?)の機体をキ116に充てて研究作業
>・エンジン重量差のため発動機架を長くして機首を延ばし、キ46-IIIのペラを利用
>・全備重量はキ84の約4,000kgから3,500kgとなり、徹底した重量軽減を行えばさらに100kgは減らし得る確信
>・終戦間近のため飛行回数が少なく確実な測定は出来なかったが、キ100と非常に似た数値を示した
>・総合的な判定は非常に良好で、とりわけ信頼性十分な発動機が操縦者に好まれた

320 :名無し三等兵:2015/04/01(水) 21:16:34.35 ID:MHATY7Nk
>>318
別に川崎が五式戦、満州がキ116を作ればいいだけの話やん?

321 :名無し三等兵:2015/04/01(水) 22:58:37.40 ID:Z0VySsCf
五式戦は機体もエンジンも生産ラインがすであったんやで

322 :名無し三等兵:2015/04/05(日) 09:04:07.23 ID:ES0c8nQT
当時の日本は新型機にラインを切り替える余裕すらなかったという事だな。

323 :名無し三等兵:2015/04/07(火) 09:13:41.19 ID:fkTEu9lH
実際、海軍はいろんなラインを紫電改に切り替えようとして失敗してるしね。
この件もそうだが、航空行政に関しては陸軍のほうが上手な気がする。
隼や鍾馗も明野の批判を受けながらも採用したし、屠龍もそう。
この流れを海軍の雷電や紫電、月光に当てはめて考えるとなかなか面白い。

324 :名無し三等兵:2015/04/07(火) 10:37:54.33 ID:SFKV5IoL
源田実ってひとは96艦戦の審査のときも複葉の95式艦戦を押したような人
その後自分の不明を詫びて96艦戦支持に回る正直さがあるが
基本、格闘性能=軽翼面荷重を戦闘機の必須と考えているタイプで
海軍機全体が最後まで引っ張られたようなところがあるな

325 :名無し三等兵:2015/04/07(火) 19:22:42.42 ID:Enl6xC47
流石東洋のゲーリングw

326 :名無し三等兵:2015/04/09(木) 19:16:26.02 ID:h1sBs0kT
海軍は人の意見を聞こうとしない山本長官が原因だろ
源田がいつも槍玉にあがってるけど

327 :名無し三等兵:2015/04/09(木) 21:52:17.63 ID:2W7s1hqF
>>326
海軍に限らず日本軍ってのは上意下達の世界じゃない
むしろ技術的なことは現場の実務者に任せるって風がある
長官が飛行機の細かい性能に口出さないよ

328 :名無し三等兵:2015/04/10(金) 16:20:53.40 ID:c5Qc3YAL
>325
ゲーリングワロタ。

違うのは戦後、航空自衛隊の幕僚になったうえ、参議院議員になったことかな。

329 :名無し三等兵:2015/04/19(日) 07:19:47.83 ID:fE9LDJck
>>323
時系列をむちゃくちゃにすんな
紫電怪の集中生産(予定)は軍需省の仕事
ハ45と疾風の生産計画も軍需省だから別に海軍があほうというわけでもなく中島の量産体制の特徴=粗製濫造

330 :名無し三等兵:2015/04/19(日) 21:44:07.22 ID:qI9/v+GY
>>214
ハ112搭載の隼は面白そう

全備重量3トン切るな

5式戦闘機よりさらに500キロ以上軽い機体に1560馬力か
パワーウェイトレシオがハンパない
機動性は桁違いでも武装が変わらないのはアレだが

331 :名無し三等兵:2015/04/20(月) 21:07:05.44 ID:E4yVlFf3
>>330
機体もつのか?>ハ112搭載の隼

332 :名無し三等兵:2015/04/20(月) 23:54:06.29 ID:5ao3VTo2
重量増分は補強しないと
そのままでは規格上7Gを割り込むので
戦闘機として使えないね

333 :名無し三等兵:2015/04/21(火) 08:54:00.33 ID:7olPy9Nk
高出力エンジンへの換装で最大の問題は航続力が大幅に減少すること
零戦64型はタンク増設と引き換えに防弾を捨てた(どうせ実用化できなかったけど>セルフシーリング)

334 :名無し三等兵:2015/04/21(火) 12:33:03.01 ID:4j5vE8eU
97式を1942末まで生産してた陸軍に隼を強化しようとする発想は1943年まではまずなかっただろうね
末期は疾風が生産ラインに陣取ってるからやはり隼強化なんて発想は生まれもしなかっただろう

335 :名無し三等兵:2015/04/22(水) 11:45:53.69 ID:et3FsjjJ
>>334
・・・
キ44-V改であるキ84と平行してキ43へのハ45搭載を陸軍が指示している(中止)
末期にはハ112-Uの装備が検討された
まあどっちも現実的じゃないが

336 :名無し三等兵:2015/04/22(水) 18:17:41.34 ID:/2YI/lrH
>>214
誉を載せてみたら空飛ぶチンコみたいで卑猥でカッコ悪いから止めたとか
活躍したら空飛ぶチンコもかっこよく見えるのかも知れないが

337 :名無し三等兵:2015/04/22(水) 21:24:43.03 ID:DJGRVltj
童貞って頭の中はそればかりなんだなw

338 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 01:12:06.27 ID:NnWg4OUi
967 :名無し三等兵:2012/11/18(日) 15:34:54.64 ID:???
疾風スレより

バレット・ティルマン「硫黄島のムスタング」

ムスタングは多種多様の日本機と相対することとなった。
ジャックだけがP-51の速度を有していた。
そしてどの日本機もムスタングの加速力と高空性能に対抗できなかった。

最も多数の日本戦闘機は、
最新のゼロである A6M6 を含む海軍のミツビシA6M の系列だった。
日本陸軍航空隊が帝国の上空にもっとも広く配備したのはナカジマKi84、
アメリカ人の言うフランクだった。

ジークはムスタングよりおよそ100mph遅くて、
旋回性能と低高度から中高度にかけての上昇性能に期待するのみだった。

最も速い敵の戦闘機の間で、フランクはノースアメリカンの機体よりも
依然50mph遅かったが、上昇性能と旋回性能は優れていた。
しかし、ムスタングが速度を出しすぎていなければ、
P-51はコンバット・フラップを使う事によってフランクを仕留めるのに十分な時間、
フランクに追従することができた。
さもないと、P-51が射撃を始めたとき、フランクはタイトな旋回で逃れてしまうだろう。

カワサキKi61は、日本人によりツバメと名付けられ、連合国軍からはトニーと呼ばれているが、
P-51に対抗するには貧弱なものであり、唯一の優位性はより軽い翼面荷重だけであった。

339 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 01:12:57.48 ID:NnWg4OUi
968 :名無し三等兵:2012/11/18(日) 15:35:49.36 ID:???
しかしながら皮肉なことに、深刻なエンジン不足がツバメをタカに変えたのである。
Ki61が設計された1160hpの液冷エンジンの不足に直面して、
ただちに日本人は余剰となったトニーの機体に2000hp空冷エンジンを
フィットさせる手段を開発した。

その結果、戦争中のほとんどのアメリカ戦闘機に対抗できるものとなった。

Ki100と称される、空冷エンジン・トニーは、
連合国軍のコードネームを与えられることはなかったが、
突然かれらの速度優位性を大きく減じさせられた
ムスタング・パイロットによってリスペクトされる存在となった。

しかし、ムスタングの優れた高高度性能は、
日本側が迎撃を試みたほとんどの場合において、優勢をもたらした。
B-29はしばしば20,000フィート以下で爆撃を行なったが、
ムスタングは常にボーイングの上方にあった。
そして、日本人はP-51の良好な性能を発揮する領域で戦わなければならなかった。

激しい対戦闘機戦闘は、
P-51が低空までおりる必要のある対地攻撃任務において発生したのである。

340 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 09:57:06.48 ID:ZkAz1WwE
突っ込みどころ満載だな
とりあえず、2000hp級エンジン装備でP51とそこそこ勝負できたとなればそっちがキ84で、
A6Mより優速で上昇力と旋回性に優れる、となればこっちがキ100じゃないの?

341 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 10:36:17.43 ID:jECDYNHO
というよりオスプレイ本でおなじみのバレット・ティルマンだしな
英語圏でどう見られているかが分かって面白いわ

342 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 11:55:34.92 ID:rgNR8npv
とりあえず五式戦は三式から激変して手ごわくなったとは認識されていたのか
雷電も日本人が思ってる以上に高速機と認識されてたみたいだな

343 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 11:59:50.62 ID:Xys3ptuN
雷電のアメリカ側の評価報告の中に”視界”って言葉が全く出てこない
日本の審査でもめまくった”視界”なんか良い悪いどころか気が付きもしなかったようだ

344 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 14:00:15.65 ID:jgZtyXY5
三式があまりにも酷かったから
それよりはましな5式が良く見えただけの話
三式の生産ラインをもっとましなものに当てとけばよかった

345 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 14:53:08.33 ID:8J0wx5Ia
つかさー手強いと広く認識される程5式戦空戦やってないだろw
あちらにも後知恵の妄想くんが居るんだなw

346 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 15:27:09.43 ID:KEcvy/xv
>>338
>>339

これ、ひょっとしてネットでよくコピペされてる
コレの元ネタなんじゃないか?
「技術的優位」は実は「速度優位性」の(丸の)誤訳だったんじゃないかな?

>随分以前の「丸」にP−51のパイロットが日本戦闘機のことをどう思っていたかの翻訳記事が載ってましたが。

>疾風
>日本機にしては高速だが、フラップを降ろせばP−51で旋回追随可能であり、それほど脅威ではない。

>五式戦
>われわれの技術的優位を脅かす航空機である。

347 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 17:13:02.24 ID:x2f9Lkrs
>>336
土方敏夫氏「海軍予備学生 零戦空戦記」

> 先ほどの空中戦も五式戦で、その性能はなかなかのものであると、感心していたので、
> はじめて見る五式戦に私たちは興味を持った。
> 三式戦の水冷エンジンがうまく働かないので、首無しの三式戦がたくさんあり、代わりに三菱の「金星」という
> 空冷エンジンを積んだのがこの五式戦とのことである。
> 急改造の故か、機首が馬鹿にでかい感じがした。

すでにでかいとの証言あり

348 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 18:05:22.44 ID:6xOBUflt
まぁ、あの細い胴体に金星の星型14気筒だからねぇ。
かと言って栄とかでは馬力も期待出来ないし。

349 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 18:11:32.43 ID:tHgO39R2
>>337
お前は童貞の頃はチンコの事ばっか考えてたの?

350 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 18:57:00.02 ID:h+AIq8ew
でかいといっても雷電よりは視界マシだし
海軍の局戦とはいえ頭でかいよなあ、あれ

351 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 19:42:39.58 ID:RTgbGlmd
雷電のは下手くそが無理に三点接地したがった説あり
某エースもどの機材でも前下方は見えねえんだから横着せずバンクで索敵しろやと云ってる

352 :名無し三等兵:2015/04/23(木) 19:57:16.98 ID:Nro6zHH3
でかい
太い
http://www.warbirdphotographs.com/ArmyJB&W4/Ki-100-42.jpg

ズンズン
ズンズン

金星水メタで
ほどよい振動

カリ細P-51もリスペクトのカリ太
カリの太さで認識

2000hp級のバイブレーションに
ティルマン先生
随喜の涙
次のオスプレイ本に期待

アンチは青筋

ズンズン
ズンズン

353 :名無し三等兵:2015/04/24(金) 07:40:59.36 ID:D3YChVUR
>338
ろくな調査もせずに聞きかじりと思い込みで書いたとしか思えない文章。

354 :名無し三等兵:2015/04/24(金) 09:28:49.48 ID:WZvRJnXT
なんか必死にdisってる奴同じ奴?w

355 :名無し三等兵:2015/04/24(金) 10:58:08.45 ID:dzwEWRo7
>>346
良く似てるね。ティルマンの元記事が1970年代後半に航空雑誌に掲載されたもののようなので、年代的にもありそうな話だ。

356 :sage:2015/04/25(土) 14:30:32.96 ID:bcyDtb9Y
アオシマやFineMoldesのプラモになっている機番号43の機体の写真って、どこかに載っていませんか?
FineMoldesのプラモの解説書には「戦史研究家・押尾一彦氏の調査によって檜與平少佐機と判明した機体」と書かれていますが、
ScaleAviation2009年5月号に出ている檜機の図とはずいぶん違います。
オスプレイ「日本陸軍航空隊のエース1937-1945」の表紙の絵とも違います。
途中で乗り換えたんでしょうか?

357 :名無し三等兵:2015/04/25(土) 17:28:25.01 ID:idGx1kCp
疾風や紫電改よりは落ちるんじゃね?

358 :名無し三等兵:2015/05/18(月) 19:46:30.41 ID:3OMPoUxL
飛燕を復元するのか。

359 :名無し三等兵:2015/05/28(木) 14:12:53.10 ID:Nfgaqgfn
「技術的優位を脅かす」のはトニー2なのかKi-100なのか
トニー2なら諜報活動で推定した飛燕2型の性能に怯えてただけって可能性ががが

360 :名無し三等兵:2015/06/13(土) 18:14:06.33 ID:ofQo2AFK
>>359
>>346

361 :名無し三等兵:2015/06/21(日) 20:19:11.21 ID:FtivaL+q
>>1
こんなスレあったんだ! 素晴らしい!

362 :名無し三等兵:2015/06/21(日) 21:01:24.88 ID:l01TwdbY
>>357
審査部だけなんだよね。4式戦と5式戦を乗り比べた人って。
後は3式戦からの装備改変だから5式戦が好印象で当然ではある。
寧ろ、彗星33型と5式戦の機首処理の違いが面白いんだよね。
彗星11型の胴体は海軍式の紡錘形で、3式戦は「絞れるだけ絞っとけ」の陸軍式なのが良く解る。

363 :名無し三等兵:2015/06/22(月) 01:43:45.74 ID:sUR6LX7r
>>361
喜んでいただき恐縮です
スレ立てた甲斐がありました

364 :名無し三等兵:2015/06/22(月) 17:50:48.26 ID:ealx9ATv
兵器なんだから信頼性が一番だと考えます。
だから五式戦とFW-190が好きだな。

365 :名無し三等兵:2015/06/23(火) 01:05:31.12 ID:+uDoLS16
航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。
初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

366 :名無し三等兵:2015/06/23(火) 01:22:34.54 ID:VaTJwf+4
5式戦のプラモはファインモールドがベスト
この評価はおおむね正しいでしょうか?

367 :名無し三等兵:2015/06/24(水) 14:34:33.87 ID:D3c9fA6S
なんで愛称付けなかったのかな 紫電改みたいに飛燕改じゃだめなのw

368 :名無し三等兵:2015/06/25(木) 09:10:49.81 ID:I3xetNN6
愛称付けなんぞ典型的なお役所仕事だから時間がかかるんだよ
海軍が試作でも「愛称」付きなのは、開戦以後に命名規則改正して正式名称に採用したから計画初期中期から名称付き(試製〜)が多数ある

369 :名無し三等兵:2015/06/25(木) 13:55:17.15 ID:diKCe0cI
愛称どころか五式戦ていうのも通称名で正規採用化されていないから
キ-100が正しい名称。

370 :名無し三等兵:2015/06/25(木) 23:06:30.44 ID:lgdwbL98
佐貫氏だっけ、燕から百舌に生まれ変わった みたいな事を書いてたが、どうも
愛称になるような命名は五式戦はむつかしいような・・。
鳥で言えば鷹に関したネーミングが合ってるような??。

371 :名無し三等兵:2015/06/26(金) 20:10:25.23 ID:m9USEeSR
>>370

五式戦が、設計の一部をFw190を参考に造られたのなら、百舌ってのも頷けるな。

372 :名無し三等兵:2015/06/27(土) 02:01:25.63 ID:qHN2viGa
百舌じゃあ強そうに感じないから、戦意高揚につながらない・・。

373 :名無し三等兵:2015/06/30(火) 18:57:53.35 ID:uEoWYNTo
命名

五式戦「熊鷹」 (くまたか)

374 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 15:34:13.53 ID:JY0ifb/0
>>372
じゃあ鬼百舌で

375 :名無し三等兵:2015/07/05(日) 05:57:13.66 ID:iG5jxH1K
やっぱ鷲や鷹でないと・・。だが2文字の適当なネーミングが・・。

376 :名無し三等兵:2015/07/05(日) 21:18:10.70 ID:izZd0Bvi
大鷹

377 :名無し三等兵:2015/07/05(日) 21:28:24.33 ID:YO2bXudV
綾鷹

378 :名無し三等兵:2015/07/05(日) 21:39:02.59 ID:IB4rBat4
荒鷲

379 :名無し三等兵:2015/07/05(日) 21:39:31.14 ID:+62mlVFI
鷲宮

380 :名無し三等兵:2015/07/07(火) 08:10:53.15 ID:vOVJ2tC9
百式

381 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 00:41:37.00 ID:S1qn0jcy
イギリスは性能のデータとか残してないの?

382 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 11:35:49.90 ID:T71vTwjf
飛ばしてないんじゃないの

383 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 21:56:13.63 ID:cE0SuQ3l
船積み前に日本人が輸送しているときに脚が降りなくて胴体着陸して
プロペラと潤滑油冷却器が壊れた。
そのあとは飛ばさない前提で零戦のプロペラと四式戦の潤滑油冷却器を移植して修理。
だもんで英本土に届いたときから安全に飛ばせる状態じゃなかった。

384 :名無し三等兵:2015/07/10(金) 19:09:08.25 ID:mc4yFX6c
恐らく、飛ばしたとしてもオリジナルの仕様に対して性能は低下していると思う。
プロペラブレードの面積減少。似たアングルの写真でサイズを揃えて比較すると、
ブレード幅の差が中央付近で2割,先端で3割程度有るので、離陸,上昇,維持旋回で不利。
潤滑油冷却器の突出量が増加しているので、速度面で不利。

385 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 20:32:37.57 ID:/8P7s8uE
三式戦飛燕に早く見切りをつけて1年早く
五式戦を集中生産していれば善戦できたはず

386 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 22:43:26.26 ID:P4axx7ct
ハ112-Uが足りない。

387 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 10:40:07.18 ID:U7FFSXbR
陸軍で川崎から仕上がった飛行機を全て乗って審査するテストパイロットしていた祖父が終戦間際に、俺の父に「戦闘機は空冷だ。」って上機嫌だったのを話してくれた。多分五式戦はいい飛行機だったんだろう。
ちなみに父は飛行機の名前を三式戦闘機とか飛燕とかではなくて、きのろくじゅういち、と呼んでいた。

388 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 10:47:23.77 ID:U7FFSXbR
陸軍で川崎から仕上がった飛行機を全て乗って審査するテストパイロットしていた祖父が終戦間際に、俺の父に「戦闘機は空冷だ。」って上機嫌だったのを話してくれた。多分五式戦はいい飛行機だったんだろう。
ちなみに父は飛行機の名前を三式戦闘機とか飛燕とかではなくて、きのろくじゅういち、と呼んでいた。

389 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 11:20:20.17 ID:uAf8h39r
大事なことだから

390 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 12:03:30.61 ID:SGL7Fd8Y
まぁ実際にこんな証言は大事だ

391 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 14:48:07.72 ID:fDZoUgX7
>きのろくじゅういちと呼んでいた。
ふーんw
零戦ニジュウイチガタとか言っちゃうお父さんだったのかなw

392 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 21:35:16.65 ID:wWYFEynG
ハ112Uは、当時の日本機の中で、概ね最上級の評価を受けてた新司偵V型向け
の発動機だったから、前倒しで1944年中に五式戦に装備  なんて土台無理だった・・
と思う。

393 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 21:51:33.81 ID:SGL7Fd8Y
>>391
キ100はキのヒトマルマルと読んでたんかな?

394 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 07:32:21.47 ID:1mY9hGJr
時代遅れの頭の人に高評価の時代遅れの戦闘機。
評価できるほどの戦歴もないしね。

395 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 10:07:56.18 ID:ZHUpIahq
というより昭和20年の環境で扱いやすい機材だったってコトだな

396 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 10:14:16.69 ID:0Bvn1/3/
丸2014年6月号

一式戦より速くて
二式戦より強武装で
三式戦より軽快で
四式戦より信頼できる

小峰文三

397 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 12:04:21.17 ID:yps2vBJC
一式戦より鈍重で
二式戦より上昇力で劣って
四式戦より遅くて
三式戦より・・・カッコ悪い?

398 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 12:13:47.48 ID:S/Awqbqt
明野って、戦争中期からは編隊空戦のみの訓練で単機空戦の訓練止めちゃったそうだな
んで本来重戦専門として分離させた常陸では数が少ないのに単機空戦訓練やらないとだめだということで単機空戦訓練続けていたとか

399 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 14:54:24.12 ID:/4tzUKu7
P-51より馬力は200馬力劣るし空力的には不利でも全備重量は1トンくらい軽い
パワーウェイトレシオ的には驚異的だろう

400 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 15:28:11.99 ID:1mY9hGJr
○○○○馬鹿の法則w
飛行機って全然わかってないねw

401 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 16:13:20.59 ID:NsQnO0cZ
車じゃないんだからw

402 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 16:13:21.81 ID:UybngZDo
五式戦を装備した飛行第59戦隊は、P-51となら対等、F6Fなら問題無し、F4Uならカモと評した。


最強じゃねーの!

403 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 16:53:10.02 ID:NsQnO0cZ
単純な人w

404 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 16:55:32.19 ID:u1yqqoOq
フライトシムみたいにエンジン快調ならki-61でもそんなもん
ki-100なら当然だな

405 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 17:08:07.81 ID:UybngZDo
第244戦隊長小林照彦少佐などは「五式戦をもってすれば絶対不敗」とまで言ったという。


やっぱ最強じゃねーの!

406 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 18:52:27.93 ID:h0H3gAKl
指揮官が自らを鼓舞する書き付けを実情と一緒にするってw
実情は無敵なのか数字を冷静に見ろよ

407 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 19:21:07.35 ID:28q/7Nfy
第244戦隊
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/

ここが一番充実してると思う。
他にオススメある?

408 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 20:28:02.34 ID:/4tzUKu7
車だろーと飛行機だろーと
原付きだろーと

エンジンのついた乗り物はパワーウェイトレシオと無関係ではいられないけどな

409 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 20:59:06.61 ID:3wYzYqyl
小林戦隊長が
「コルセアの性能は大して良好ならず。
キ100を以てすれば、低空にありても絶対不敗、高位の場合には、絶対的に必勝なり。」
といった1945.6の南九州での244戦隊の対コルセア戦は源田の剣でも検証されてるな

410 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 21:45:07.86 ID:UybngZDo
飛行第244戦隊第1中隊長生野文介大尉は弾切れの状態で8機のP-51と交戦するなどしたが、五式戦闘機でP-51に撃墜されないことについては絶対の自信が有ったと証言している。


マジで最強じゃねーの!

411 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 23:23:44.82 ID:S+Zux6mq
旋回性能だけは明らかに勝った と思うが、最大速度等を考えれば、積極的な攻撃は
難しく、それゆえに、「(P51に)狙われたら軸線を外せばいい 墜とせなくとも
墜とされない (渡辺氏「飛燕」)」って事になるのだろうか・・。

412 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 00:56:23.41 ID:TBfTtW2t
別に最大速度で空戦するわけじゃあない

413 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 01:16:18.06 ID:odEZZuzz
戦史叢書

「昭和二十年春季以降陸軍航空の攻撃戦力の主体は、いうまでもなく特攻隊である。
その特攻攻撃を成功させる要点は、特攻隊を目標上空に確実に到達させるための、
捜索、誘導、掩護である。陸軍航空は、天号作戦引き当ての戦力を除き残された最後の
優良人員、器材を結集して戦闘隊と偵察隊を編成した。

七月十日、第二十戦闘飛行集団司令部が編成された。
集団長は、戦闘隊の最練達者青木武三中将であった。
そして、その隷下に明野及び常陸教導飛行師団の人員、器材を基幹として編成された、
飛行第百十一戦隊(長 石川正中佐 40期)、同第百十二戦隊(長 檮原秀見中佐 38期)、を入れた。
両戦隊は編制定員四一一名、飛行機定数五式戦五五機、外に予備機二八機を有し、
当時における最強戦闘戦隊であった。」

414 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 01:40:05.32 ID:vHSruDkA
空戦機動は降下加速して接敵射撃、また上昇減速して反転の繰り返しが基本
垂直機動だけじゃなく、水平機動でもハイヨーヨー等でロスを減らす
無駄にエネルギーを捨てる方が追い詰められて詰む

低速から高速までの使用可能速度域が広く、高速旋回での誘導抵抗が小さく
低速での旋回率と旋回効率が高い方が強い機体

415 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 01:42:26.61 ID:Mw52fdC/
海軍さんの五式戦評 244戦隊

「その日、私はたまたま搭乗配置がなく、指揮所で待機していた。
 空襲警報とともに、味方の戦闘機は邀撃に発進していった。
 鹿児島湾の上空では、すでに空中戦がはじまっている。私たちは、その様子を地上から眺めることができた。
 戦闘三〇三の連中は、別のところに行っているらしく姿は見えない。空中戦をやっているのは陸軍の飛行機らしい。
 見ていると、なかなかうまくやっている。グラマンに後ろをつかれた一機が、急降下で逃げていく。
 その機が急上昇をはじめた。グラマンがそれにピタリとついていく。「いけない」と思わず私たちは叫んだ。
 しかし、前の機はぐんぐん上昇してグラマンとの距離を離して、うまく逃げ切った。
 「陸軍もなかなかやるな」と私たちは感心して見ていた。
 しばらくして、空戦も一段落した頃、陸軍の飛行機が私たちの隊に着陸してきた。燃料補給のためであった。
 その機が五式戦であった。
 先ほどの空中戦も五式戦で、その性能はなかなかのものであると、感心していたので、
 はじめて見る五式戦に私たちは興味を持った。
 三式戦の木冷エンジンがうまく働かないので、首無しの三式戦がたくさんあり、代わりに三菱の「金星」という
 空冷エンジンを積んだのがこの五式戦とのことである。
 急改造の故か、機首が馬鹿にでかい感じがした。
 そこで、蔵田分隊長が五式戦に乗り、飛んでみることになった。みんなの見る中で、蔵田分隊長は離陸し、
 上空でスタントをやり、いろいろテストをして帰ってきての感想は、頑丈で上昇性能も突っ込み加速も勝れた
 良い戦闘機だとのことであった。
 陸軍では、この戦闘機を「決戦機」として期待をかけているという話を、陸軍の搭乗員から聞いた。
 海軍ももう少し早く、ゼロ戦に「金星」を積んで馬力アップをすれば、まだ何とかなったのではないか、
 などと私たちは言いたいことを言っていた。」

416 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 06:50:55.18 ID:TBfTtW2t
木冷エンジンとな?

417 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 08:22:39.85 ID:vMiqgmup
そりゃキー100は遭遇回数が少ないから相手は戸惑っただけだろ。
その海軍さんだって初めて見たぐらいだからw
弱点が暴露する前に戦争が終わったw

418 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 09:57:18.06 ID:h+3mdMBr
例えば、カタログ値ベースでいいから、
四式戦とかと各高度での性能表数字の比較をやったらどんなんだろう?
速度とか上昇時間とか。

419 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 10:22:35.39 ID:TBfTtW2t
零戦54型は五式戦より更に350キロくらい軽いから上昇力や旋回能力は高いだろうけど
機体由来の急降下制限だけはどうにもならないだろうな

420 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 12:34:09.38 ID:s/7lmCtL
米軍の戸惑い

1945年6月頃、343空の紫電改、244 戦隊の五式戦と交戦したのちの
第38機動部隊指揮官から各空母航空隊司令あて機密通達

>「全搭乗員に徹底せよ。最近九州南部上空において、経験を積み熟練した敵戦闘機隊に遭遇した。
> ジーク、ジョージ、フランク、ジャックおよびトニーとも識別される最新型の高性能機を装備し、
> とくに対空母機戦闘の訓練を積み、疑いなくレーダー管制下の迎撃体制にある。
> この型の飛行機は、場合によりコルセアに匹敵する高速の上昇力を持つと認められる。
> この戦闘機隊は、緊密な二機及び四機編隊、果敢な攻撃性、連携のとれた攻撃法を特徴とする。
> この練度の高い空中アクロバットチームと交戦した我が軍パイロット、殊に特攻機あるいは爆撃機を
> 相手に安易な撃墜に慣れ、自信過剰となり瞥戒心をおろそかにした搭乗員はショックを受けている。
> この敵機が上空掩護のもと優位から連携動作よく攻撃してくる場合は、編隊を維持し、相互に掩護
> できるよう即座に交差飛行すれば対抗可能である」

421 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 12:47:01.92 ID:TBfTtW2t
>>411
最大速度というのは最適な高度での水平飛行時の速度だから
高いに越した事はないけどあくまでも目安でしかないんでないかな?
急降下なら5式戦でも850キロくらい出たという話だから
プロペラ機の限界が950キロという話
レシプロだろうとターボプロップだろうとそれは変わらないらしい

422 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 13:13:23.58 ID:vMiqgmup
大体速度って高度と密接な関係があるから高度ごとの性能曲線みて言わないと全然意味がないんだよね。
地上を走る車と違って大気速度って高度によって違うから絶対的な数字ではないから
数字だけ見比べてもねw

423 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 14:23:55.31 ID:PpOWFj99
>>422
「大気速度」は「計器速度」とほぼ同義といっていいことはいいんだが「高度によって違う」というのは
ちと間違ってると思うな
マッハと混同してるんじゃないかい?

424 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 14:49:28.59 ID:B+OFs5h3
大気密度が違うんだから大気速度は高度によって違うだろ。
ジェットと違って高度差幅が狭いだけ。

425 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 14:52:43.98 ID:PpOWFj99
>>424
あんたは完全にマッハと大気速度を混同してるよ

426 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 16:05:51.24 ID:l6GgvM+d
航空機は単純に同じ馬力なら、高度が高い方が空気抵抗が減るから速く飛べる
全開高度以上だと馬力がどんどん落ちるから、エンジンの出力曲線で高高度向きの方が
最高速度は上げやすい

空戦高度でカタログの最高速度ほどの速度差や加速力を発揮できないのは、そのため

427 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 18:30:54.00 ID:fEUBPrMI
このスレは勉強になるなあ
熟練さんが多い

428 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 18:34:21.40 ID:Geg2Aakz
能書きばかりで一向にキ100やキ84の数字は出てこないけどな
「対気速度」とすら書けないくらいだし

429 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 18:48:39.74 ID:PpOWFj99
あ。本当だ
コピーしちゃったから丸で気づかなかったわ

冷房直さなくちゃな

430 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 01:11:53.05 ID:XRtVMbRJ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/oshirase_10.htm

五式戦についての思い出  梼原秀見   手塚博文著『最後の一機』より(原文のまま)

 第三十戦闘飛行集団参謀から明野教導飛行師団司令部付となった私に対し、
 航空総監部から「比島作戦の戦訓を全戦闘隊に普及教育せよ」との命令があり、約二ヶ月あちこち回って四月一日明野に帰りました。

 丁度そのとき坂井庵少佐が五式戦をもってきておリ、乗ってみてくれとのことで早速操縦してみました。
 すると各舵の調和がとれて効きがよく、発動機の操作も隼と殆ど同じ、特に発動機の信頼性が高いので実戦むきだし、よい飛行機だと思いました。

 実戦性能をみたいと五四期の一人に四式戦に乗ってもらって単機戦闘をやりました。
 高位戦は勿論問題はなく、低位からでも四式戦には殆ど有効な攻撃をかけさせないですぐ反撃出来ました。
 そこで四式戦三機編隊と単機で戦闘をやりましたが、高位から終始有利な域闘が出来ましたし、
 低位でもだんだん態勢を挽回してゆけるので、すっかりほれこんでしまったのです。

 常陸に赴任の途中、航空本部の小森田親玄課長(三四期)と面接し、明野でやった実験を説明し、
「五式戦一機は四式戦三機以上の価値があるので、即刻五式戦の生産に全力を集中して下さい。四式戦では今の戦勢を挽回することは至難です」
 といったら、課長から

「梼原何をいうか、四式戦は大量生産に入ってどんどん出来ておる。五式戦は中京地区の工場の状態から今すぐ沢山は出来ない。
 君のような戦闘機のオーソリティが四式戦は駄目だなどと言えば、四式戦部隊の士気に大きく影響する。
 今後四式戦の悪口など言ったら即刻馘 くびきり だぞ」と叱られたことがあった。

431 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 01:12:58.32 ID:XRtVMbRJ
四式戦は補助翼が重く、舵のバランスがとれておらず、又発動機の取扱いが複雑で故障が多く出足も悪いので、
 これから若い操縦者に乗りこなして戦力を発揮してもらうには不適当だと判断していました。

 前年(昭和十九年)夏、飛行実験部の今川一策大佐(二八期)が水戸にこられ、
 「梼原、四式戦をどう思うか」ときかれたので、感じたままを言うと
 「四式戦にかわるもっとすぐれた戦闘機をつくらん事にはこの戦争は乗りきれん。どうだ、新戦闘機をつくるよう意見具申せんか」
 とのことに、

「そりゃいい戦闘機は欲しいが、今から設計、試作、審査、大量生産となると戦局に間にあわんでしょう。
 四式戦の改修、性能向上の方がいいのではないですか」
 と返事すると、
「いや、今すぐ中島につくらせれば間に合うのだ」
 との意見を言われたが、私は今川大佐の言葉には余り乗気ではなかった。

 戦後確か昭和二十八年だったと思うが、久し振りに今川少将(昇進しておられた)にお会い出来た。その時に
「梼原、お前が新鋭戦闘機をつくることに反対するから敗けたじゃないか」
 と冗談まじりに不満をのべられた。

 五式戦は今川少将や私達の気持を察してか、駄目な三式戦の水冷発動機の代りに、
 その機体に星型空冷発動機をとりつけた苦肉の策であったが、ほんとに思わぬ拾い物をしたような戦闘機であった。

 グラマンと一度空戦をやってみたいと思っていたが、その機会に恵まれなかった。
 若しオクタン価九五若しくはそれ以上のよい燃料を使ったら、P51とでもよい戦闘が出来ただろうと思われる次第です。

432 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 01:48:10.50 ID:K0EJ/jXo
つまり格闘戦なら四式戦より上(ゼロ戦でも一緒かもしれんが)
だがエンジン万全の四式戦ほどのポテンシャルはない

433 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 03:40:03.08 ID:2/kYr1gX
>若しオクタン価九五若しくはそれ以上のよい燃料を使ったら、P51とでもよい戦闘が出来ただろうと思われる次第です。

オクタン価95以上の燃料があるのなら疾風だって性能が高くなるのだが

434 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 08:14:51.21 ID:3Fq33NWm
時代遅れの昭和18年レベルの機体に夢を見過ぎw

435 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 09:17:46.28 ID:zoQzvFJH
夢というか堀越叩きの延長のキ-61系ageでしょ
昔私怨で必死にネガキャンしてた奴らがいたろ それを無意識に伝承してるだけ
敵を作りすぎた堀越に責任がないとは言わんが、YSの失敗は全員の責任だよなぁ・・・

436 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 09:28:10.16 ID:xhVPjsoc
単なる五式戦闘機のスレならアンチがいてもかまわないけど
ファンスレなのだからアンチは出てってくれないかな?

437 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 10:11:09.40 ID:3sWMRPqo
アンチは毎日この時間帯に来るなw

438 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 12:33:00.57 ID:3Fq33NWm
盲目的にマンセーするばかりがファンじゃないだろ。
真の姿を知っても愛せるのが真のファンじゃないのか?

439 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 12:38:22.59 ID:eYpC5qra
茶々しか入れられないアンチが何か宣ってるなw

440 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 12:49:54.74 ID:UyF5PxvF
五式戦と紫電改がいたからこそ陸海軍は有終の美を飾ることができた
そう考えると五式戦って本当に凄い戦闘機だったんだなあと

441 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 13:48:59.70 ID:7mk/ueDp
航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。

初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

442 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 14:11:51.99 ID:xhVPjsoc
余計なお世話だし何が目的なのかわからん

443 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 14:15:22.79 ID:xhVPjsoc
>>442>>438に対するレス

444 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 14:27:13.28 ID:0jhXfd/i
>>440
キ100ってそこまで出撃して戦績上げてるか?
紫電改にしても生産数アレだし一部の華々しい戦果があるだけのような

445 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 23:13:08.65 ID:/XsLt8nT
紫電改と5式戦は投入時期も生産数もほぼ似てるが

紫電改は343とかで集中運用された一方
5式戦は部隊充足率が足りない部隊にバラバラに配置されたから
5式戦による戦果と云い難い形になりがち

ただ3式戦乗りが乗る分には、転換訓練があまり必要ないのが利点かな
3式戦部隊への補充として運用的には有難い存在だったろう

446 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 09:59:03.53 ID:tUh0uy3e
>>444
紫電改の「華々しい」戦果はガセだとばれてるぞ

キ-100の「好評価」には軽戦的な性格があげられていることに留意する必要がある
高高度迎撃で使いやすい機材≒高空性能の良いエンジン≠ハ-45というのもポイント

447 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 11:09:34.31 ID:ENpr7+ow
松山上空の空戦での撃墜数が過大に報告されてたのはあるけどそれが343空や紫電改の評価を下げるものではないだろ
米軍からも警戒されてたし

448 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 12:24:40.57 ID:onWmgnkz
まあハ45(というかKi84)が期待ほどの性能を発揮できないので落胆が大きい一方、
Ki100は三式から乗り換えたらすごく調子良かった、という感じ方のギャップってのは認めざるを得ないだろうが

449 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 17:51:37.05 ID:KB/s1lbg
>>447
松山での戦いを除くとほとんど勝ち戦をしてないっていう。
松山上空の戦いですら、実際のキルレシオはほぼトントンなわけで・・・

450 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 20:26:54.44 ID:2OmS5Gpu
米軍の記録との照合込みで本土防空戦時期、対戦闘機戦闘で引き分けまたは勝ち越した戦闘が確認できるのは343空と244戦隊
それでわかるのは、主観的には大勝ちの戦闘で実態は引き分け、互角と思ったら負け越しで、負けたと認識するとそれはボロ負け

451 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 07:15:35.12 ID:jn6+yeoH
剣部隊の「活躍」は団長栄達の具にするために盛られたことがはっきりしてるんだから、真面目に考えるだけ無駄

海軍で雷電の評価が分かれたのと同じでキ-44V改に馴染めない連中が誉めてるって構図だから、機体の客観的性能とは分けて考えるべき
チビジャップはフィジカルに問題があるから重戦は難しいよな

452 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 08:26:17.28 ID:EfBCxW6z
またいつものアンチ君か

453 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 09:24:09.28 ID:5fc/k8Dh
>>450
そうでもない。
松山上空の空戦当日だって、203空も撃墜9機、損失0で過大戦果を割り引いても明らかに勝ち戦だし。

454 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 09:51:48.13 ID:L60Hp66H
テンション高いアンチさんだな

455 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 11:18:20.27 ID:QyPoh3bR
>>453
3/19の203空戦闘302の鹿屋防空戦?

456 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 11:19:47.18 ID:jn6+yeoH
>>453
松山での空戦による損害は
USN:10数機以内恐らく8機、IJN:15-16機
という程度でせいぜい相打ち
機数が段違いな当時のキルレシオとしては驚異的!といってもよいだろうが、343空は上澄みすくってこれだからね
どっちしろ紫電改がどうであろうが五式には関係ないからこの辺で切り上げようぜ
>>452,454
常連のアンチさんとは別人

457 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 11:34:44.78 ID:EmzzeEN1
松山航空戦のあと
F6Fが基地上空で待ち受けて
燃料無くなった紫電を何機も撃ち落としてる
ドッグファイトやる馬鹿なんて
この頃はこうやって撃ち落とされまくる

458 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 12:02:59.38 ID:QyPoh3bR
本命機材たる四式戦は実態としてほぼ最後までハ45が運転制限下にあったんかね?
海軍の誉なんかは12型性能に制限したものを21型と位置づけてるけど

459 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 19:12:06.60 ID:zDvT9VxW
>>396
1945.5.20現在の 航空総軍飛行機保有状況 によれば
戦闘分科所属機については野戦部隊、防空部隊あわせて

一式戦    411
二式戦    325
二式複戦   430
三式戦    312
四式戦    555
五式戦     58
キ102     7
キ109     5

合計    2103

一応、同条件での機種別「甲」の割合。

一式戦    40%
二式戦    57%
二式複戦   60%
三式戦    37%
四式戦    42%
五式戦    72% 
キ102   14%
キ109   80%

もちろん、資料はこれだけではないので、多面的に検証する必要がある。

460 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 21:24:42.91 ID:sI3edNxx
ぶっちゃけWW2当時の戦闘機ってスペックほどの差が無くて大差無いんじゃないかな。

461 :名無し三等兵:2015/07/18(土) 23:26:37.49 ID:jhOeXl92
>>458
燃料、潤滑油事情は悪化の一方
運転制限解除の本筋である低圧燃料噴射装置も終戦ぎりぎりで間に合わず

よって運転制限が解除されたとは考え難い

462 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 03:05:02.68 ID:PBqHLWQ1
あくまでカタログ値比較なら、速度は四式戦が40キロくらい優速、上昇力は五式戦がやや上、みたいな感じ?

463 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 03:21:16.26 ID:W/Fq3TAV
降下も三式戦ゆずりの五式が上でしょ
縦の機動はおそらく日本機トップ
水平のスピードは零戦と大差ない

464 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 04:50:01.94 ID:gHE46xsu
BUN氏や大塚氏によれば、疾風(と新司偵)には、特別に95オクタン燃料を
供給できたそうだから、運転制限はある程度解除されてたかも。
とは言っても推測の域を出ないわけか。

465 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 08:18:35.55 ID:HqDYPI9d
スレチまだやってんのか 住人がいいなら俺も乗るぞ
>>464
運転制限はオクタン価(デトネーション)だけの問題じゃない
クランクピンの潤滑、混合比の気筒間バラツキ、冷却能力の切り下げによる加熱、プロペラの欠陥等々
全開で空戦できる状態にはなかったと見るのが自然

>>462
五式Tの全備2速での馬力過重2.8弱で零戦52と同等で四式がこれを下回るのはハ45の出力が1400馬力(2速)以下の場合
ここからもハ45-11相当以下の出力だった事が伺える
ちなみに零戦32は同条件で2.6弱までいく

466 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 10:06:06.74 ID:sI1WONnL
BUNのいうことを信じてる人がまだいるのか…

467 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 13:15:31.92 ID:I0hweL92
>>465
速度性能を考えたいなら馬力荷重じゃなくて翼面荷重を見ないと

2速全開で
5式戦は62.5PS/平方メートル(5800m)
4式戦はハ45-11で69.5PS/平方メートル(5700m)
零戦52型は46PS/平方メートル(6000m)

なんでもし5式戦の速度が零戦52型と同じなら相当に空力設計がヘタレということになる

468 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 14:27:56.30 ID:I0hweL92
>>467
×翼面荷重
○翼面馬力

469 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 14:38:59.02 ID:PBqHLWQ1
同じエンジン積んで較べると

キ100 580キロ@6000m 5000mまで6分
零戦54 572キロ@6000m 6000mまで6分50秒
(翼内20mmのみ、翼内タンク自動消火装置のみ)

こんな感じ?

470 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 19:36:39.60 ID:JTWqQHxK
>>467
>>465>>462の「上昇力は五式戦がやや上」へのレス
>>469にもあるように馬力加重に優れる零戦54の上昇が速い
また脱線するが、エンジンスペックを見てると誉がいかにいい加減な代物かはっきりするな
他のエンジンに比べてカタログ出力であっても2速での低下がひどすぎる
離昇2000馬力のみ拘って3000回転だの+500mHgブーストだの戦闘に使えもしない条件でドーピングした当然の結果ではあるがね
空偽証と中島は「いずれ高高度用できます」とかホラ吹いてたけど、ヤンキーの緊急出力を常用するようなもんだ

471 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 22:56:13.33 ID:KOAYy9sF
>>465は勝手に零戦の話持ち出して
何言ってんだ池沼

472 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 23:28:48.10 ID:gek2ibNr
金星62「だけ」は何の問題もなくフルスペック出たんだい!とか信じてる能天気なアンチ君もいるくらいだしな

473 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 00:04:01.63 ID:qK/G/l9g
まあ仲良くしようぜ!

474 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 07:42:43.82 ID:M/E0kk72
儲はスペック晒されると都合が悪いようだな
>金星62「だけ」は何の問題もなくフルスペック出たんだい!
相対比較の定点として設定してるだけでそういう主張はしてないし、84が100に上昇力で劣る事を確認してるだけなんだけど
そもそもそれ言い出すとブーメランだろ
エンジンの稼働率上げようとしたけどやっぱりあんまり回りませんでした、てか?

475 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 18:10:14.69 ID:0ubZpwhC
とりあえず世傑から
五式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間(陸軍資料)
珍しく高度別の速度と上昇時間の数字がわかる

【最大速度(km/h / 高度m)】
 500 / 1000
 520 / 2000
 539 / 3000
 543 / 3210
 536 / 4000
 551 / 5000
 575 / 6000
 578 / 6140
 568 / 7000
 556 / 8000
 542 / 9000
 527 / 10000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'12"
 2000 / 2'13"
 3000 / 3'08"
 4000 / 4'29"
 5000 / 6'00"
 6000 / 7'25"
 7000 / 8'56"
 8000 / 10'57"
 10000 / 20'00"

476 :100:2015/07/20(月) 21:24:01.95 ID:GQR9RID9
>>475
>>100で自分が出したかった性能表どすえ。ありがとう。
この表から読み取れる1速/2速のピークから、
一般的に伝えられている五式戦の性能値は、金星54型程度の出力で出したもので、
金星61/62型(ハ112U)と54型の公称ブースト比1.127を、速度に対して3乗根、
上昇率に対して比例で掛けた値が真の性能ではないか。
これなら、数々の証言と辻褄が合う、と考えられる。

477 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 22:44:05.14 ID:0ubZpwhC
初公開?
四式戦1型の各高度別最高速度および上昇時間
昭和19年はじめの陸軍資料で

【最大速度(標準速度 km/h / 高度m)】
 542 / 1000
 562 / 2000
 589 / 3000
 594 / 3370
 591 / 4000
 584 / 4900
 586 / 5000
 610 / 6000
 624 / 6550
 615 / 7000
 594 / 8000
 569 / 9000

【上昇時間(高度m / 分秒】
 1000 / 1'09"
 2000 / 2'06"
 3000 / 3'34"
 4000 / 4'56"
 5000 / 6'26"
 6000 / 8'00"
 7000 / 9'48"
 8000 / 12'16"
 9000 / 15'34"

478 :名無し三等兵:2015/07/21(火) 00:12:06.88 ID:/BnohffK
>>477
4式戦やっぱり上昇率低いなw
1分しかだせないWEPだけは出力でるけど
常時出せる出力では五式戦に負けてるな

479 :名無し三等兵:2015/07/21(火) 09:41:06.30 ID:v4K5GbSU
速度は出てるので、機体が重いのかね。
あるいは加熱対策とかで上昇時は回せないとか。

480 :名無し三等兵:2015/07/21(火) 10:30:28.75 ID:Xcnh0diG
>>479
空力設計にさほど差がなければ速度は絶対出力で決まる
対して上昇力は馬力荷重が支配的になるが、翼面荷重が小さい方が有利

481 :名無し三等兵:2015/07/21(火) 19:48:32.77 ID:vETuKtcy
速度のところにはさまってる半端な数字は何ですか?

482 :名無し三等兵:2015/07/22(水) 08:56:39.81 ID:dS0+9ffr
922 名前:名無し三等兵 [sage] :2015/07/22(水) 08:05:45.27 ID:AED7G3FX

日本航空協会、9月から唯一現存する旧陸軍三式戦闘機「飛燕」を修復へ
ttp://flyteam.jp/news/article/52499

>戦後に加えられた来歴と無関係の改変箇所を取り除きます。

これは良い事だ

483 :名無し三等兵:2015/07/22(水) 11:12:52.62 ID:SuS/rbJH
だけどあれこそ輸送の為に本当に主翼切断してるからね・・・
http://dansa.minim.ne.jp/CL-Ki61.htm
http://homepage1.nifty.com/koyama_s/KASM_volunteer/ohanasi/016/matsui_201003.html

484 :名無し三等兵:2015/07/22(水) 21:07:23.54 ID:V5hl8h+p
大昔、パルサーGTーIRでダートトライアルやっていた頃、高回転型で回転数を落とさず振り回して、常にピンかパーか(殆どパーだったが)のトライアルをしていたが、
ギャランVRー4勢の乗りやすい低回転域からのトルクが正直羨ましかった。
四式戦と五式戦の差はその辺と同じだと思う。

485 :名無し三等兵:2015/07/22(水) 21:54:53.87 ID:uYEmpTsh
>>481
一速と二速の全開高度

486 :名無し三等兵:2015/07/22(水) 22:17:33.86 ID:Lei4yCl6
>>481
半端な高度の数字は、発動機の全開高度です。

487 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 00:31:48.75 ID:oPiBzgqv
これって公称出力の範囲?

488 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 06:11:41.19 ID:TOJMdXOD
キ84は6000mまで8分もかかってたのか・・
陸海軍がキ84と紫電2機ずつ交換してテストしたけど
キ84は追浜の片隅に放置されてたのもうなずけるな
紫電改試作機が620kmで6000mまで5分15秒だからなぁ
機体の空力はキ84のほうが断然いいだろうにやっぱ短小すぎたペラのせいなのか

489 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 09:24:08.39 ID:l1QOI2Yi
紫電改の 6000m まで 5'15" は、6000m で 348ノットという数字と対になる推算値ですよ。
試作機での数字については、堀越さんの記録に、試作当時 320 - 330 ノット、6000m まで 7 分というものがあります。

490 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 09:38:24.77 ID:l1QOI2Yi
ただ、軍の審査規程に従って測定した数字ということなら、やはり紫電改で較べるべきは 6000m まで 7'22" という数字なんでしょうね。

491 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 09:39:54.43 ID:l1QOI2Yi
>>487
そのとおりです。

492 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 09:56:53.12 ID:2X4TRbzS
市電下位はもういいよ
あれは軍需省の集中生産計画と団長の個人的野望のせいで怪しげな話が多すぎる
USNが絶賛したというのも団長自画自賛以外1次ソース不明のほぼ都市伝説
特に上昇力は(燃料)搭載量が効きまくるからね

493 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 10:02:52.47 ID:kiw43Aua
>>492
数字のないレスはいらんな
ゴミ

494 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 10:42:30.31 ID:57GBFsxi
四式戦は、推算658km/hで設計され、初期の実機は630km/h出ると部内でいわれており、
紫電改は、推算644km/hで設計され、初期の実機は620km/h出ると部内でいわれていた。
そのくらいの差ですね。



495 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 11:45:03.19 ID:TOJMdXOD
あんだけ胴体がぶっといのに10kmしか違わないんだよなぁ・・
いやープロペラってホント大事ですよね

496 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 12:09:58.14 ID:WtoAtGul
海軍主用単発機の抗力面積比較(空技廠飛行機部実測値)

A5M4  0.45
A6M5  0.23
D4Y2  0.17
J2M2  0.21
N1K1  0.23
N1K2  0.17
A7M2  0.17
J4M1  0.12(推算値) 

497 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 16:06:50.98 ID:57GBFsxi
紫電改の翼面積は23.5平米、疾風のそれは21.0平米。

紫電改は層流翼ですし、層流翼は中太りで翼内容積をかせげる翼型なのですが、胴体もそれに準じた形状なのです。



498 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 21:29:44.33 ID:vsnDpvhu
四式戦は胴体スリムだが
燃料タンクほとんど翼内だから
ロールが悪いし、被弾面積が広い

499 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 01:20:18.76 ID:wyLfib1N
>>496
その数字は抗力面積ではなく抗力係数では?

500 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 03:13:19.70 ID:RdNzkph0
抗力係数だと、堀越零戦本なんかを見てると、もう一桁小さい数字になるのでは。
ただ一方で、陸軍の性能計算における数字と較べると、>>496の数字は主翼と尾翼の数字を差し引いた、ものかなとも。

501 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 09:12:46.19 ID:us1tedA0
ググったら>>496は数年前に零戦関連スレに出てるがそこでも真偽不明で放置されてた
条件や単位が不明だが、紫電改と烈風が同一とか、設計の進行につれて相当に大型化してるはずの閃電が異様に小さいとか、
空偽証バイアスがかかっているように見える
抵抗はともかく紫電21の縦長後部胴は方向安定には寄与(前期型が大型尾翼なのが謎 空偽証と軍需娼のごり押しが原因か?)してるが、
横滑り時の応力が増大するので戦闘機としては一長一短

502 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 10:09:23.78 ID:ypuYHa/9
>>501
ググるしか能のないゴミレスはいらんな

503 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 10:37:31.07 ID:ypuYHa/9
>>500
その陸軍の数字の実例を頼むわ

504 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 11:07:05.45 ID:23/rBF5m
>>501って書き方が如何にも頭わるーった感じw

505 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 12:52:40.86 ID:us1tedA0
はいはい頭わるーった感じの俺様が晒し上げときますよ

506 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 12:54:56.68 ID:3i3DmmzR
頭悪ーっていうかもう確証バイアス入りまくりなのはわかりやすいよね

507 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 13:25:34.96 ID:NusYzmy/
なんで陸軍機のスレで空技廠腐してんだか
海軍機スレでやれや

508 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 18:20:41.76 ID:us1tedA0
もう一発

509 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 00:36:36.33 ID:rGr65nlJ
新谷かおるの作品に五式戦がたったような気がする

510 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 00:36:50.73 ID:rGr65nlJ
新谷かおるの作品に五式戦があったような気がする

511 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 11:36:32.43 ID:tJyM76a8
>>475 >>477
昭和12年の海軍の飛行機審査規則では、高力またはそれ以下の出力での水平飛行に対して
 測定した各高度の最大の速力 ⇒ 最高速力
 最高速力に於ける最大の速力 ⇒ 最大速力
と定義されています。

提示されてい各高度の値は、最高速度とした方が適当かと思います。
最大速度だと、提示速度の中のMax値(四式624kph/6550m、五式578kph/6140m)になる筈だから。

512 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 12:37:17.34 ID:tJyM76a8
>>500
堀越零戦本によると、A6M3やA6M5の抵抗係数が0.0215なので、抵抗面積は約0.46m^2となります。
>496のA6M5は、上記の概ね半分の値です。

一方RAFのA6M3レポートによれば、全機抵抗に占める各パーツの比率は下記の様です。
 Wing     :40.5%
 Empennage  :12.1%
 Fuselage   :17.2%
 Miscellaneous:13.8%
 Power Plant :16.4%

上記比率と堀越零戦本の値と組み合わせると、抵抗面積は
 a)主翼=約0.19m^2
 b)主翼+尾翼=約0.24m^2
 c)主翼や尾翼を除いた値=約0.22m^2
>496のA6M5はb)とc)の中間ですが、空技廠と異なるデータを元に求めているでしょうから、
>500さんの推測(主翼と尾翼の数字を差し引いたもの)の可能性もありそうですね。

513 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 13:45:35.10 ID:oDDMZHeD
>>509
松本零士の「レッドスカル」で
新谷自身が乗っとる。

514 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 17:47:34.75 ID:9xu0RrCQ
>>511
高力モードが無くなった後の規定ではどのようになってるのでしょうか?
また、陸軍でも同じ規定を用いているのでしょうか。

515 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 20:45:26.92 ID:tJyM76a8
>>514
>高力モードが無くなった後の規定ではどのようになってるのでしょうか?

昭和12年なので、高力のモードを持たない発動機も出てきた後で、
また条件に「またはそれ以下」を入れてる事から伺えるかと。

例えば、全開高度未満&公称のモードで試験を行った場合、
・高力のモード有り世代の場合:高速力
・高力のモード無し世代の場合:最高速力
になるかと。

>また、陸軍でも同じ規定を用いているのでしょうか。

確かに、陸海軍で規定が異なる事は十分考えられますね。

改めて「九七式司令部偵察機構造要領改正の件」を眺めたら、飛行性能比較表で
各高度の速度データに対し、「最大水平飛行速度」との項目を振っていました。

海軍なら「最高速力」の項目が、「最大水平飛行速度」となっており、
陸海軍で定義か異なりそうな事が伺えます。
それ故、>511の後段部分は撤回します。

516 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 23:46:23.45 ID:9xu0RrCQ
>>515
ありがとうございます。

517 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 04:05:17.83 ID:0z+Xrwi/
>>482
ついでに知覧から疾風も出してくれ…
アメリカに送れば喜んでフライアブルにしてくれそうだし。

518 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 09:58:53.87 ID:8vcwF36+
あの疾風主桁運べなくてちょん切ったから何しても飛べないとか聞いた

519 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 11:03:23.34 ID:6QpO2Nq/
恐ロシアで再生産してる零戦の桁使えばええねん

520 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 20:10:36.70 ID:jwdHiSON
>>518
まだそんな誤報を信じてる昭和の人がいるんだな。
恐らく今話題の三式2型が輸送の為に主翼ぶった切ったのと混同しての報道だよ。
疾風に関しては富士重工から詳細な話が出てるよ。

521 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 20:11:30.70 ID:Koa04bgs
日本で1から生産してくれないかな
昔の設計を元に安全率向上、現在の工作機械、現在の素材
外観は昔のまま

などなど

522 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 20:25:37.50 ID:VEQLPeiY
http://magazine.sora.flights/articles/343

カネさえあれば復元出来る、カモ。

523 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 20:53:21.50 ID:Nt65++Qr
>>521
千機とは申しませんが、せめて百機単位でご下命いただければ。

524 :うにゃ:2015/07/27(月) 09:57:47.68 ID:n9H2MEhL
>>509
アメリカのエアレースに五式戦が出るという素晴らしい漫画があるが、
彼のいつものクセで時代を先取りし過ぎで打ち切り。
この漫画の連載が1999年、そしてニホンで初めてエアレースが開催されたのが今年2015年(笑)
新谷はいつも早過ぎるんだよ。。。

F1人気全盛の時にINDY漫画とか描いて打ち切り。
商社マンガとか、今スピリッツあたりで連載したら大ウケ間違いなし。

525 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 10:01:26.83 ID:fHF4JzJK
細野不二彦が丁度今月、商社マンガを打ち切り喰らっていたな。

526 :うにゃ:2015/07/27(月) 10:21:37.89 ID:n9H2MEhL
商人道は不定期連載だろ?

527 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 10:28:20.81 ID:fHF4JzJK
不定期なら打ち切りで、連載したら大ウケか。なるほど。

528 :うにゃ:2015/07/27(月) 10:38:55.17 ID:n9H2MEhL
いや、打ち切りなの?一度終わってまた再開したから
不定期連載系の話だと思ったのだが。

529 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 10:45:36.27 ID:fHF4JzJK
打ち切りだよ。読んでないのか。

530 :うにゃ:2015/07/27(月) 10:49:49.22 ID:n9H2MEhL
今西海岸にいる。そうなのか、打ち切りなのか。
人気があったから再開したのかと思っていたよ。残念。
話自体のクオリティは?ぶっちゃけ、つまらなかった?

531 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 13:53:39.18 ID:TSE/qpKc
>>500
>>512
>>496の数字は、閃電設計者の佐野栄太郎さんの手記にありますが、胴体形状の比較の文脈で出されていますね。
尾翼を含むかどうかは、判断しづらいですが、空冷、液冷発動機装備胴体形状の違いによる抗力係数の違いを比較した別表では、尾翼は項目として分離されています。

532 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 15:21:45.51 ID:pA0htdDi
軍用機には無知なのに漫画ネタになると元気になる奴っていらねー

533 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 18:00:36.22 ID:tNtjnStw
そういう下らない煽り馬鹿が一番いらない

534 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 09:33:45.72 ID:lUm8CAJt
こないだ小型機が墜ちた調布飛行場も戦時中は五式戦の基地だったんだな
飛行場横の公園に掩体壕があったのを覚えている

535 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 14:32:01.88 ID:SfeAKBDt
調布にいた244は確かに20年4月に五式戦に改変したが5月初めには知覧に移動、
更に八日市に移動して終戦だから5式戦部隊として調布に居たのは僅かな期間。


掩体壕は甲州街道脇の白糸台掩体壕は史跡に指定されてるから保存されてるみたいだよ。

536 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 19:46:53.07 ID:0y454SbO
怒られるかもしれんが、
飛行場近くに住む方が危機意識が少ない
ような気もする。

例)調布 沖縄各地

537 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 07:43:44.29 ID:RurP0j77
何をしてても死ぬときは死ぬから気にし出したらきりがない
調布だって35年間事故起きてないんだし

538 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 08:19:58.55 ID:QxdCjYXK
お前みたいな士ねば良かったよ

539 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 21:10:19.05 ID:+vfRtbrb
調布は戦闘機待機させて中国から防衛しなきゃな

540 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 22:28:45.60 ID:zyov/1m7
五式戦って緊急出力で600キロでるんかね。

541 :名無し三等兵:2015/08/06(木) 06:28:21.33 ID:tCyiNv/t
昔の「幻の日本機(ワニブックス?)」みたいな本に戦後米軍テストの速度一覧みたいなページがあって
キ100は640キロくらいになってた
まあその本では零戦52型も600キロ超えてたわけだがw

542 :名無し三等兵:2015/08/06(木) 12:00:36.64 ID:NOSSLhHr
244の整備員の複数の証言から胴体砲のホ5との同調は問題があったらしく
短い運用期間でも不具合からくる事故がかなりあったようだね。
飛行性能が悪くなくても兵器としての能力は・・・
ちなみに244の空中勤務者の5式戦の感想は手を焼いた三式戦との比較からのせいで
「扱い易かった」って声が圧倒的。賞賛してる人はいないね。

543 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 02:11:12.39 ID:p6oB6DKN
>>15
クランクケースとか“力”の掛かる部分を肉ヌキしてる為、熱で変形して、軸受け・ピストンに負荷がかかる馬鹿設計エンジン『誉』わ使ってたアレですね?

544 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 23:00:33.90 ID:GBF4QHSO
>>542
兵器は汚れた所で使っても作動するようにしなければならない
だから、5式戦 FW-190 P-47 カラシニコフ等 に惹かれるのだ
信頼性が高い方がいい

545 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 00:21:13.21 ID:LfWoAwdU
>ちなみに244の空中勤務者の5式戦の感想は手を焼いた三式戦との比較からのせいで
「扱い易かった」って声が圧倒的。賞賛してる人はいないね。


それって賞賛してるんじゃないのか?

546 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 09:47:04.06 ID:uX1/kU2x
それ、この話では。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/kizuki-05.htm

> 初めて見る5式戦は、戦隊員たちの目に「何と不格好な飛行機だ」と写ったらしい。スマートな3式戦を見慣れていたから、この印象は無理もないところだろう。

>5式戦の運用期間は実質3ヶ月でしかなかったので、隊員たちから得られる技術的事項に関する証言は、極めて僅かでしかない。したがって、本機の技術的評価などを論ぜられるだけの情報はなく、ここで書くことはできないが、ある操縦者の実感的証言を一つ紹介しておく。

> 「5式戦は軽いから旋回はよかった。3式のときは、巴戦に入りそうになったら、とにかく頭を下げて逃げるしか手がなかったから。でも3式は、いい飛行機だったよ。俺は3式戦が好きだな」

>整備隊は3式戦で苦労していた後だけに、「5式戦は楽だった」という話ばかりで、やはり書くべきことが見つからないのだが、唯一、胴体砲「ホ5」とプロペラの連動装置には不具合が多く、射弾がペラに当たってしまう事故は珍しくなかった。
>現に、生野大尉機が試験飛行中に試射をしたところペラを破損して墜落、生野大尉が洋上に落下傘降下する出来事もあった(人員は漁船が救助して無事)。

547 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 12:38:05.69 ID:z695VjGz
扱いやすいって賞賛って程じゃないだろ。
日本語よくわからない?

548 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 13:48:31.69 ID:LfWoAwdU
しょうさん【称賛・称讃・賞賛・賞讃】
《名・ス他》ほめたたえること。


「扱いやすい」ってのは日本語としては「賞賛」にあたるだろ。
高く評価してるんだから。

そうじゃないというのなら、そもそもお前の文章が分かりにくいってことだよ。

549 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 18:54:49.25 ID:ryyeDv69
「三式と比較して扱い易さを挙げる人は多いが、それ以外に褒めている部分は多くないので、五式戦を賞賛しているとは言えないのではないか」
くらいかね

550 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 19:57:54.69 ID:mHPPzgOM
「五式戦1機は4式戦3機以上の価値があります
直ちに大量産してください」
「決戦機と銘打って大量産中の4式戦をけなせば士気に関わる
貴公それ以上言ったらクビじゃぞ」

551 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 20:44:34.94 ID:psqESFET
なんか、日本軍の評価って
「俺が凄いと思うから、凄い」とか主観の塊だよなw

連合軍側みたいに
高度別速度チャートとか見たこと無いし
速度毎の旋回率・速度毎のロール性能
とか全然調べないw

FW190の鬼ロール性能誰も言及しないし

主観だらで評価しまくって、キルレートで負けまくるとか
全然意味がないレポートだらけ

552 :名無し三等兵:2015/08/09(日) 13:04:25.80 ID:JWlnr2Fk
Fw190のロールねえ
言われてるほどか? ってえのがデータの語るとこだよな

553 :名無し三等兵:2015/08/09(日) 15:39:38.67 ID:OfnpfRtC
>>鬼ロール
日本陸海軍ではロールだけいくら速くても空戦には無意味と認識されてたでしょ
実際そのとおりだったわけでw

554 :名無し三等兵:2015/08/09(日) 20:21:21.38 ID:fDdVc55B
>>550
こういう不合理性が負けを招く レーダー開発しかり
合理的な人が指揮しなければいけない
ロジスティックスの重要性も理解できていない

日本は暗号開発では先端行ってたのに定期暗号変更できなかったのは
兵站が伸びきっていて変更暗号が届かなかったので旧式を使い続けた

555 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 18:17:16.97 ID:i9lffPau
メレディス効果で叩き潰された妄想クンが今度は妄想戦史ですかねえ

556 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 23:14:17.99 ID:pBDq3SEE
五式戦が金星五一型相当の出力で運用されていたんじゃないかという話は零戦ファンとしてなかなか見逃せないですな。
六四型、あれはちょうど1300馬力の栄三一型搭載零戦の予定性能とよく似た飛行性能なんだ。
昭和20年に入ると金星六二型は実は金星五一型と変わらない出力しかなかったんじゃないかという。

だから五式戦は最初から1300馬力のハ112(陸軍の試作機でも使われている)搭載の空冷キ61として生まれることができたのではないかと思う。
その場合ハ112の量産体制は整い、部品不足による稼働率低迷もなかったろう。
しかも低調になる前のハ112Uを使った試験では四式戦と同等の速度も出せたのではないか。
実際のところ最大速度580q/時を記録した五式戦の発動機は量産機を流用したものだから、額面割れしてないほうがおかしいのだ。

557 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 00:00:04.17 ID:sVRJcpv5
>>19
それって、>>477

558 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 12:37:33.39 ID:QnZd6tto
>>556
都合よすぎと思われ、
1300馬力の栄のデータと比較するなら、エンジン直径から来る空気抵抗の増加も考慮しなきゃ。
近いエンジンスペックをもつ鍾馗2型が605km だから、大きくて重い五式戦が580km なのは
妥当な値と行って良いと思う。
大戦中の疾風の最高速度は上は乙型試作機660km から実戦部隊のパイロットが語った
「650km以上出る」からカタログ値の624km、下はテスパイの「580km 位じゃない」とか、
軍需省熊倉少佐メモの583km などがあり、580km 台は疾風の速度の底値と言える。
しかし「五式戦が疾風より優速である」と言う報告は見たことがない、上昇性能や加速の評価
の良さを考えたら、ハ112-Uが出力の「大きな」額面割れを起こしていたとは考えにくいから、五式戦の最高速度は580km 辺りで正しいのではないのかな。

559 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 17:09:48.13 ID:kV3uqmAZ
試作機のカタログ値どうし
>>475
>>477
を較べると両機の性格の差がわかる
四式戦は運転制限下のだね

560 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 17:49:54.83 ID:08MsYqsN
>>558
それよく言う人いるけど零戦のカウルは栄より直径がでかいので彗星三三型の機種をとっつけても正面面積は殆ど変わってない。
毎回言われるのでもう一回いいましょうか?
更に吸気口の形状も五三型より空力特性が良い。
機首武装を諦めなければ機首が高くなるけど六四型は機首武装ないです。
新司偵の性能低下がどこまで機体側の問題かは分からないけど発動機だけで4%は速度性能が下ってもおかしくない状況ですよ。

561 :100:2015/08/11(火) 17:53:16.11 ID:pfRIY07t
>>556
五式戦が金星51/54型程度の出力で運用されていたのではなく、
「世界の傑作機」に記載されている>>475のデータから推定される
過給機の1速/2速全開高度が、本来のハ-112Uよりもかなり高い所にあるので、
巷で流布しているこれらの性能値は、金星51/54型の公称出力相当(水メタ不使用)で
測定されたものではないかと推定しました。
>>477の疾風のデータも、同じ様な理由から、公称出力100%の値では無いと思われます。
別に存在する631km/6000m,5000mまで5分54秒という試作機のデータに
推力式単排気管による増速分(+15km/h程度)を加味したのが、
運転制限内ではあるが好調な量産機の実力ではないかと思われます。

疾風:640km/h(高度5700m辺り)
五式戦:595km/h(高度5800m辺り)

最大速度はこんなところではないかと。

562 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 18:12:10.49 ID:IQBHmuYU
あっちこっちで俺様ストーリーを語る人が居るな

563 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 18:22:22.85 ID:kV3uqmAZ
こういう話もあるね
http://ansqn.warbirds.jp/logs-prev/A001/A0005411.html

>「ブースト公称+250ミリ、2900回転」のハ45特を積んでることが文書上確認できたのは3号機なんですが、624km/h出したとされる4号機は別の日には631km/h出しており、実はこのときの条件は、「二速公称高度で+350ミリ、3000回転」といわれています。
>こちらは伝聞ですので、本当のところはよくわかりませんが、ただ、これが18年秋の速度計測の話であり、「秋には+350ミリまで引けていた」と軍需審議会でもいわれていますから、あるいは4号機は「特」のつかないハ45(誉二一型相当)を積んでいたのかもしれません。

564 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 19:30:30.91 ID:pSfsILj3
+350だと、運転制限の場合の公称ブースト以上?

565 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 21:42:24.09 ID:08MsYqsN
>>561
なるほど額面割れ(水メタ不使用)がなくともその程度の速度ですか。
実戦部隊の五式戦の状態が六二型と五一型とどっちに近かったかがわからない以上昭和18年に同級機はわからないですね。

566 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 22:27:48.75 ID:08MsYqsN
性能は水メタなし(全開高度一速3000m、二速6200m)の金星五一型相当ではないか。
実戦部隊はもっと調子が良かったのではないかということですね。
測定性能の機体が昭和18年に現れるとして三式戦T型乙の代わりに登場してくれて嬉しい機体かも微妙ですね。
稼働率だけか。

567 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 07:39:50.51 ID:8O27WKYC
>>100の「疾風の公式値は運転制限下」というのは話半分でそういう可能性もなくはないって程度にしといた方が良い
性能推定についてはありそうな値だと同意するが、運転制限下であるかどうかは不明としか云いようがない
誉21計画値相当の出力が「空中で」実現できたのは米軍整備を受けた後であって、中島と陸サンの能力内でできたかどうかはかなり怪しい
試作機テスト中の非公式記録については重量や真速換算の正確さが保証されないのであてにならない
ターボ五式の「推定」も同様で>>566の期待する
>実戦部隊はもっと調子が良かったのではないか
などということはありえない

568 :567:2015/08/12(水) 07:53:41.23 ID:8O27WKYC
ギャップがあるから補足
〜中島と陸サンの能力内でできたかどうかはかなり怪しい
だから制限無しでの実力が制限下での推定性能程度程度であっても怪しむに足りない

569 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 08:47:19.84 ID:onSI8fl4
このスレももうゴミだな

570 :567:2015/08/12(水) 10:56:48.17 ID:8O27WKYC
何度もしつこくて悪いが人もいないので
×ターボ五式の「推定」も同様
○五式の「推定」も同様
ターボについてなんか書こうと思ってやめたんだけどついでに書く
日本機で搭載が問題になったインタークーラーだけど、必要性はターボに限るわけじゃない
圧縮率の大きい高高度用チャージャーでは必須だが、
日本は機械2段も実用化できなかったので必要性も薄かった
ロールスロイスが比較的コンパクトでエンジンにマウントできるインタークーラーを実用化して、
高高度性能で米独を圧倒したのを考えると、熱交換器というのも奥が深いものだ
で、五式Uだけど、除去すべき潜熱量が増大してるのに作り付けの水噴射で代用できたってのはどうも信じがたい
改造雷電はブースト計振り切るくらいにターボはよく回ったけど肝心の出力がまるでだめだったらしいし

571 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 17:48:25.04 ID:nQADz121
>>563
>>46
>17年末ころの状況では。

>多段過給器については、中間冷却器の大きさと重量がかさむという点が
>机上研究の段階で問題視されて、あまりその先には進んでいないようだ。
>官側においても高速遠距離巡航が必要とされ出し、その点でも重量のデメリットが強調されている。
>それなら1段で翼車速度や翼車形状など性能向上を図った上で
>中間冷却器を用いず水噴射やメタノール噴射で対応しようと。

>排気タービンや駆動装置としてのフルカンについては実装実験の結果が結構出ていて
>材質、潤滑冷却の問題なども意見交換が盛んだけれど、材質についてはニッケル、
>潤滑については米国製オイルが前提となっていて先行きが・・・

>これらがある程度確立した機械式+排気推力(ロケット効果)利用という手法と比較されている。

572 :名無し三等兵:2015/08/13(木) 01:12:54.18 ID:dadhYPf9
ロケット効果といえば堀越さんは10ノットくらいで計算してたけれど、キ84の推力式集合排気管と推力式単排気管とでは、ともに推力式だけどその差はどれくらいだろう?

573 :名無し三等兵:2015/08/13(木) 07:27:31.85 ID:IBsJITXQ
>>571
なにが言いたいのか分からんが、新規設計でインタークーラー無し前提の計画機は記憶にないな
キ-46Wがインタークーラー無しのハ-112Uルだったとされてるようだが、どこぞでインタークーラーの装備図を見た覚えがあるんだよな
いずれにしても既存機にインタークーラー装備はムリがありすぎて出力的にメリット無しと言うことかもしれない(改造雷電の水噴射は?)
烈風改みたいな大型機でさえも設計者がダメ出ししてるし

>>572
ムリにでも五式にからめなよ
ロケット排気管の効果は直接的推力じゃなくてコアンダ効果による層流剥離遅延で抵抗減=間接的推力
という説があるが、五式は特に効きそうだよな

574 :名無し三等兵:2015/08/13(木) 08:51:59.64 ID:9encWDeK
こっちだった

陸軍では

中間冷却器なし
キ46IV、キ100II、キ102甲、キ108甲
いずれもハ112ル(ル2)

中間冷却器あり
キ83(生産簡略化のため中間冷却器廃止予定の由)、キ87、キ94(ル124またはル204)

こんなトコか
キ46IVのタービン艤装図を見ても中間冷却器は無いな
また三菱の技術者の手記では水噴射を用いることで中間冷却器を廃した、とある

575 :名無し三等兵:2015/08/13(木) 19:47:12.55 ID:UkYLIaWZ
五式戦完成!
ファインモールドが精密で良い

576 :名無し三等兵:2015/08/14(金) 00:57:15.35 ID:PlXI9yWx
>>575
写真アップはよ。

577 :名無し三等兵:2015/08/14(金) 07:19:50.98 ID:y/jRgJUt
>>574
キ102系ってキ45改系列で純然たる新設計じゃないだろ
2chの過去ログでもキ46IVのインタークーラー見た覚えがあるって奴がいたが、キ83の記憶違いなのかもな
>生産簡略化のため中間冷却器廃止予定の由
こういうのは日本のエンジンは結局欧米に追いつけず終いだったということの証明だな

578 :名無し三等兵:2015/08/14(金) 08:21:36.93 ID:qZ3hzPjq
>>577はいらん子だな

579 :577:2015/08/15(土) 07:35:17.14 ID:UX8qEqNK
人がいなくなったから気持ちよく書けるな
既存機(に近い改変機含む)に効率的にインタークーラーを装備する困難さはP-38でよく分かる
初期型は空気抵抗を減らすために翼内に装備してたけど、出力が上がらないので後期型では身も蓋もなく「顎」を張り出して解決した
液冷エンジンが幸いして損益はプラスとなったわけだが、空冷エンジンの日本機では無理だよな

580 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 10:50:09.26 ID:hgkHIXp4
>>574
キ83のタービンとインタークーラーはどこにあるのでしょうか?

581 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 11:32:28.31 ID:vaztZyrA
水噴射を用いることで中間冷却器を廃したとか
完全にやけくそだなw

配管回すスペース無いから、適当にやけくそ対処しただけだろ
まともに動かない産廃になって
永遠に実用化できなかったのが全てを物語ってる

582 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 12:11:56.82 ID:mN+ZYSQv
253 名前:名無し三等兵 [sage] :2015/08/08(土) 10:18:25.85 ID:jLFQLCEs

ル2の圧縮比は10000mで2.38、これによって10000mで600馬力台のハ112の出力を1200馬力台に持ち上げていますね。

583 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 12:13:09.93 ID:mN+ZYSQv
255 名前:名無し三等兵 [sage] :2015/08/08(土) 16:13:12.47 ID:jLFQLCEs

中間冷却器を備えたキ87とキ94II、キ94IIは胴体下部にタービン、中間冷却器を配して余裕をもって取り回していますね。
キ87も試作2号機からはキ94II同様、タービン一式を胴体下部へ移動の予定とのことです。
戦後の中島技術者の座談でも今ひとつ歯切れが悪いです。

584 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 12:15:12.23 ID:mN+ZYSQv
239 名前:名無し三等兵 [sage] :2015/08/07(金) 01:57:47.13 ID:aNzk2ate
こういうやりとりもあったんですね

http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002051.html

585 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 12:16:52.06 ID:mN+ZYSQv
231 名前:名無し三等兵 [sage] :2015/08/06(木) 23:02:37.56 ID:vy04+dX6
>>213
中間冷却器もない簡易排気タービンとか
100%冷却不足で動かんわw

排気タービンは当時結局、P47が最小サイズ
一旦動かして
「ああ、やっぱ冷却足らんな」
で終わる

586 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 10:21:51.98 ID:KF5khE/K
引用を続けて何が言いたいのかよく分からんが、
WW2当時の機載ターボの成功要件は
1.排気の2次加熱の影響を避けるためタービンを十分離れた位置に置く
2.インタークーラーは能力に余裕を持たせる
3.各ダクトは高熱や差圧への配慮を十分に行う
(スーパーチャージ以前の)エンジンの高高度対応性について十分な設計的配慮と空中実験を行う

>ル2の圧縮比は10000mで2.38、これによって10000mで600馬力台のハ112の出力を1200馬力台に持ち上げていますね。
誉に限らず日本のエンジンはベンチ性能ばかり優秀で上がったとたんにまともに廻らない

587 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 12:54:49.54 ID:gfRriCwj
お前の愚にもつかん感想なんか
どうでもいいわ

588 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 13:06:10.97 ID:7PtPKOl6
>>475みたいな、高度別の性能表、キ100IIのものはあるだろうか?

589 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 19:52:48.97 ID:Jr/Z5Io0
NHKで白黒をカラー処理した第二次世界大戦の映像を見た
雷電がスクランブルする映像はカッコよかった

590 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 20:55:57.24 ID:qK34s3pi
いまだに中間冷却器を「タービンの冷却用」だと思ってるアホの子がいるのか
てか尻尾巻いて逃げ出して今更コソコソ帰って来て草生やしてホルホルしてるとゆーか

591 :名無し三等兵:2015/08/19(水) 21:04:44.56 ID:dWz9jWnx
太平洋戦争時、能力のある男が一人いました
軍艦乗りになるか
戦車乗りになるか
戦闘機乗りになるか
迷うところです

生き残りたいので自身の力で生死を
自らの力で切り開ける戦闘機乗りになりました
そして能力のある男は生きて家族の元に帰りました

592 :俺の書き込みは基地外に監視されています:2015/08/22(土) 07:33:26.23 ID:ykGrzRh2
気化熱の大きい液体で吸気を冷却するのは各国で実用していたが、みんなダッシュ用なんだよね
常用して定格の底上げをしようとしたのは日本だけなんで、発動機後進国の粗だということなんだろう
で、例えば奥宮零戦では三菱は17試艦戦用として(未完成のNK9Hに対抗するように)未完成のMK9Bを推してきて、
その高空性能は(インタークーラー無しで)8000mまで地上出力を維持できる、との触れ込みだったとしている
それを当てにしていた17試局戦は17年中に開発中止に追い込まれる(エンジンだけの問題じゃないけど)わけだが、
日本の発動機技術者は過給についての理解が非常に低レベルだったとしか言いようがない

593 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 07:18:37.34 ID:QGfbLL/W
間違えた
17試局戦は自社開発だたから19年までいじましくやってたんだっけな
さっさと中止になったのは17試陸戦だったわ
18試局戦も量産はMK9Dを捨てて1段過給のMK9Cに変更予定だった

594 :名無し三等兵:2015/08/25(火) 01:35:15.17 ID:gznQjTe5
お前のつまらん妄想なんかどうでもいいわ

595 :名無し三等兵:2015/08/25(火) 15:35:17.30 ID:QffixfoX
ところが火星26はインペラ拡大で結構な高度馬力を叩き出してる件
まーできなかったものをクソだクソだ言うのは簡単だよね

596 :名無し三等兵:2015/08/25(火) 16:13:34.24 ID:qtgEdQBn
俺の知らんものは存在しない

597 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 01:39:22.62 ID:ws+JVbqH
つまらん

598 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 09:57:15.93 ID:l0EzNOM2
>>595
火星26については
それほど有効な対策であることが既知なら、なぜ他の(開発難航している)高高度用発動機に応用されなかったのか?
という疑問がある
浅学で、似たような改造で全開高度を稼いだのはハ43-12(2段過給前提で全開高度の低い-11の改良版、あんま似てもいないかw)
くらいしか知らんのだが、ほかにあるの?

599 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 17:51:05.15 ID:kyYcWiBB
割り切って高高度専用みたいなインペラ回すより、ターボの方が「うまくいけば高性能」だったから
あと最後はB-29の爆撃高度が下がってるから、実はターボいらなかったり

600 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 21:47:40.83 ID:kQYQRfpB
全開高度は圧縮比を上げても高くなる。
全開高度は確かに上がったが、過給能力はそんなに向上していない疑惑。

601 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 23:52:30.42 ID:ryx6L4+u
お前の妄想はいらん

602 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 20:07:56.76 ID:cAciT2Vs
松本零士のWWUを舞台とする漫画があるんだけど
戦闘機の特徴がよく捉えられている
コンビニで売ってる

603 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 20:38:05.13 ID:xstPIuP0
圧縮比と過給圧はちゃんと意味を理解して話してくれ

604 :名無し三等兵:2015/08/29(土) 09:03:16.53 ID:6zCEp1gC
過給器の圧縮比
シリンダーの圧縮比
シリンダーの吸気圧≒過給圧
遠心圧縮機のインペラ径を大きくするというのは一般論としては過給器の圧縮比を上げるということだから、
それが全開高度を上げるのに効果がある(昇温の影響は別として)というのは議論の余地がない
にもかかわらず、高高度エンジンの一般的方針としてそのような方向がとられた形跡がないのがすごく謎
馬力損失が増すのは当然だが、過給圧が上がらないなら小径にこだわっても無意味

605 :名無し三等兵:2015/08/29(土) 09:27:10.02 ID:+xLEDH0h
同じ過給器を使ってエンジンの圧縮比を変えた場合に全開高度はどのように変わるか。
エンジンの圧縮比(過給圧、圧力比にあらず)が高い方が全開高度が高くなる。

606 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 00:43:10.11 ID:yA+fXbJq
4式戦より5式戦のほうが遥かに強かった理由の一つに
エンジン馬力が2000馬力と1500馬力というのは離床出力であって
上空での実際の馬力は高空性能のよい金星は誉と変わらなかった

607 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 07:11:43.89 ID:qxXT7WOq
>>606
空偽証「ちがうもん!まだ成長途中なんだから!もう少しでないすばでぃになるんだもん!」
三菱川西中島「…」

608 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 22:25:52.21 ID:hZva5zq7
高空性能を上げるためにインペラを大型化するのはDBシリーズでやっているだろう
圧縮比を変更するにはピストンの形状変更をしたりするのだが、DB601Nはピストン変更で圧縮比をあげているがその他の改良もともなっているので
全開高度は下がっているので単純な比較にはならなかった
インペラーを大型化して全開高度をあげるほうが手っ取り早いだろう
最大馬力の向上が重要視されているのでマーリンなどは圧縮比を上げないでブースト圧をあげる方向で改良している
ちなみに昔流行った車のターボチューンもブースト圧を上げるために圧縮比も上げなかった

609 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 23:42:03.51 ID:saHUEL7f
DB605はバルブオーバーラップが大きくなっている。

http://www.enginehistory.org/German/daimler-benz.shtml

610 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 00:02:55.97 ID:t/MsRjLn
601Eと605は同じな

611 :604:2015/08/31(月) 10:14:57.69 ID:VoJt3HsE
>>608
>高高度エンジンの一般的方針としてそのような方向がとられた形跡がないのがすごく謎
への反証なら「日本での実例」を頼む

612 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 10:44:06.41 ID:AEESFbYa
無知→謎→無意味への飛躍具合が痛い

613 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 12:45:06.75 ID:t/MsRjLn
反証なんてどーでもいいけど中島飛行機エンジン史のインペラの直径載ってるからみればいいよ。
栄11型の280mmから栄12型の290mmにして全開高度を3000mから4200mにあげている

614 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 13:47:28.46 ID:VoJt3HsE
あ〜出来れば前レス読んでくれればお互いだるくないんだけど
>『高高度エンジン』の一般的方針としてそのような方向がとられた形跡がない
流れとして>>595の「火星26」が発端なので、全開高度6000m超を狙ったエンジンということね
例えば誉系の高高度用は-21に比して2段目(エンジンに近い方)は拡大してるのか?(知らんので教えて)
量産烈風用のハ43-12はインペラはいじらずに流路拡大して全開高度を改善する予定だったが、
元の-11のインペラはだいぶ小径だったらしい(3速の-51ではさすがに大きくしたようだが)

615 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 14:31:21.17 ID:QfIxojcW
インペラ拡大はしなくてもブースト圧上げる方向には一貫して向ってんのよね
高高度専用セッティングという発想はなさそうだが
火星26も空気流量の計算やり直しなんかにともなって吸気量上げようとしたのかも
(もとがあまりに高度馬力が低すぎるわけだし)

616 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 20:34:20.71 ID:gDbF4FOb
おまいら詳しすぎ
工作機械メーカーが諸君らを欲しておる

617 :名無し三等兵:2015/08/31(月) 21:56:16.36 ID:tOCA6+Dt
問題の解決ができない一知半解の評論家はいちばんいらんタイプだな

618 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 16:43:29.25 ID:4Y0p4Kq2
もし当時パイロットなら五式戦に乗りたかった

619 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 19:43:08.09 ID:xH+Timz0
まぁカタログスペックも大事だが、搭乗員の気持ちも大事だよな。
高高度性能云々も、負け戦になったから必要になっただけだしな。

620 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 09:55:34.98 ID:SaOdpzhj
>搭乗員の気持ち
日本の陸海共通だけど、経験だけある平凡なパイロットが(舵の軽い)軽戦を好み勝ちだというバイアスを考慮しなければいけない
F6Fのガンカメラで漫然と旋回するA6M5(系)が撃破される有名な動画があるが、どう見ても体力の限界で旋回しようとしているように見えない
結局、洋の東西問わず平均以上のパイロットは初期ロールの速い(切り替えしもよい)機材を好評価して、(上げ)舵の軽重は好みの程度

621 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 19:09:50.71 ID:9JKH1vyY
米軍でテストされた疾風が680Km超えを果たしたのは有名だが、五式戦をはじめとする他の日本戦闘機はどうだったのか気になる

622 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 20:05:55.34 ID:4vtglc+D
零戦はほぼ変わらず、雷電は軽荷重だけどかなり高速だったかな
ただ、あの辺の記録もほんとに飛ばしたのか、推定値なのか、日本の計画値の引き写しなのかわかんないのがあるけど

623 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 02:29:17.07 ID:MzLx79Jv
昔ワニブックスの幻の新鋭機とかなんとかの本に
戦後米軍テストデータだとして各機の速度が載っていた
五式戦640km
雷電660km
紫電改670km
ちなみに、
零戦52型は600kmだったw

624 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 04:07:41.57 ID:GTxoki2+
高度別の速度データすら知らない軍ヲタはあほ丸出し

625 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 13:45:11.85 ID:kwdutJNx
>>623
そんな校正の甘い簡易測定値より、ファントム無頼で「チューンアップすれば零戦は6?0km/h出る」とか読んだときの衝撃が忘れられない
副長の世界では栄はボアアップとかできるということか?
ところで軍ヲタに限らずデータ至上主義者は、数値の理論的背景についてまったく無知無理解であることが少なくない

626 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 19:09:08.42 ID:mFHIbzDQ
俺様物理学と印象だけでデータを無視するのはカルトとか疑似科学とかいうんですがね?

627 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 19:37:54.45 ID:erL+EIGw
最高速は大事だが
中間加速も大事だよ

628 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 20:43:39.66 ID:ZOfTB4Nb
結局五式戦は万全の状態で最高の燃料食わせたらどの位速度出るんだ?
高度は高かろうが低かろうが構わん

629 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 21:21:51.00 ID:sjz52lVZ
>>625
そもそも測定なんかしてないだろ
あほ丸出し

630 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 22:31:16.89 ID:MzLx79Jv
>>628km

631 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 00:43:25.41 ID:CcSiWXth
それだけ出せるなら立派なもんだ

632 :625:2015/09/06(日) 07:11:33.34 ID:FJ+yRjOm
あらら俺かい…
ならば(レシプロ)航空機が(気圧)高度によって最大水平速度が変わる理由を理論的に説明してもらおうか>>626
>>624は煽るだけの阿呆だから煽ってるだけでいいよ

633 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 07:44:14.73 ID:jo2BO635
疾風のほうが高高度上昇能力は高いだろ

634 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 08:27:59.00 ID:G+2sg939
>>623
そのあたりの数字は
実機鹵獲前にTAICが推定していた数字が
一人歩きしているものが多いのでご注意

>>624
日本側資料なら
キ100のは>>475、四式戦のは>>477

635 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 13:07:45.52 ID:dsCyvhKg
データは至上に決まってるわさ
そのデータが「どういう情況で、どういう条件で」得られたかを考えずに数字だけ一人歩きするのが問題なんだ
それを「データ至上主義」とか言っちゃうのが馬鹿すぎる なんか僕ちゃん妄想に「データどこにある」って突っ込まれて泣いたことでもあんのかい

636 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 15:54:35.84 ID:EZUe1bdG
四式戦がハ45特(離昇1800馬力、2速5700mで1440馬力)でしかも集合排気管での数値が
>>477 だから結果は良好とみなされた と思う。
馬力だけ見れば、五式戦の2速での1350馬力と大きな差はない。

637 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 16:18:06.12 ID:dy8N2St0
って事は、五式戦は出力の割には遅い?

638 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 16:40:18.43 ID:y5OAVT2K
2速は1250馬力だし。
新司偵用に生産されていた発動機を流用している以上、五式戦も同じく額面割れしていたと考えるのが妥当。

639 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 17:14:06.76 ID:VqCfbKGU
そういえば。
疾風の試作機装備の推力式集合排気管と、生産機装備の推力式単排気管、同じ推力式だけど、ロケット効果の差はどれくらいだろう。

640 :636:2015/09/06(日) 18:56:23.43 ID:U8wUo5m9
スマソ、五式は1速が1350馬力、2速で1250馬力だった。
疾風は単排気管による速度増加は2速で約15キロって碇さんが書いてた。

641 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 06:42:00.45 ID:HYhi0cIw
碇さんは「それまでの集合排気管からロケット効果のある単排気管に改められた」と書いており、集合排気管がすでに推力式であることは意識していないようだね。
なお、誉装備の烈風の性能試算でロケット効果は2速公称高度で10ノット程度に試算されている。

642 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 17:11:13.78 ID:NISGl3KS
五式戦の本は高いな

643 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 17:59:08.82 ID:2VIY9OIu
オススメの5式戦の本は何?

644 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 18:58:03.85 ID:QLkVuPWV
あげ

645 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 20:02:25.97 ID:PUQUJdCW
>>625
今井のじっちゃんの台詞かな?
俺の記憶だと、”いい燃料さえ使えば560kmはでたってとこだ” みたいな感じだったような。
間違ってたらスマン。

646 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 21:33:52.00 ID:DOePMW/z
type5のプラモ完成^^

647 :名無し三等兵:2015/09/23(水) 22:05:20.75 ID:9ap91GNk
メーカーとスケールは?
ファストバック?
水滴キャノピー?

648 :名無し三等兵:2015/09/24(木) 20:25:03.57 ID:f5QNmDGW
割と最近出たアオシマの72に一票w

649 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 22:04:47.54 ID:+/t836gf
あ、アオシマの5式戦は嬉しかったねえ。
まだ作ってないけど。

童友社の96艦戦も良い出来だよ。

650 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 08:18:13.64 ID:RYdA7Pas
キ100は、対戦闘機戦なら強かったんだろうとは思う。P-51とは相性よかったんだろうな

でも、B-29相手なら、どう考えても速度のあるキ84の方がいいよな
キ84って、カタログデータだと紫電改あたりに比べると上昇悪そうにしか見えないけど、実際に対戦した米軍パイロットは、上昇力の凄さが印象的だったとか語っていたりする

キ100もそうだけど、後年に残されたスペックデータだけでは分からない実戦において有利な性能っていうのがあるんだろう

キ100なら翼面加重からは想像できない格闘戦能力の高さとか、キ84なら加速性能や上昇性能とか

651 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 10:03:04.52 ID:uL8Iw01t
22戦隊のリポートでも、四式戦は上昇性や加速性の面ではP-51に勝るってされてた。
五式戦は渡辺氏「飛燕」では、未熟練者でもたやすく乗りこなせるバランスの良さが
一番評価された みたいな感じで書かれてたような・・。

652 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 14:45:01.40 ID:lNlOr9Bo
>>650
上昇力は計測によってウソみたいに早かったりウソみたいに遅かったりでよーわからん気がする
ほんとに計測したのか計画値が紛れ込んでるのかわからんのもあるし

653 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 15:20:01.76 ID:qtJBvvaU
飛燕=仮面ライダー1号
5式戦=仮面ライダー2号

FW190=仮面ライダーV3
ラボーチキンLa7=ライダーマン

という感じがする

654 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 16:22:27.25 ID:5EL84Ls5
>>650
臨時防空520戦隊 昭和19年11月24日
B-29が高度8000メートルで飛来
1万メートルで待機して迎撃するはずが
24機出撃して1万メートルに到達できたのは3機
上昇できた機も獲物に会敵できずに帰投

この時の疾風は防弾板が付いた状態で、
後に少しでも上昇性能を良くしようとして撤去している

655 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 18:08:12.14 ID:51QweSEK
鈴木五郎氏「疾風」では、陸軍航空の重鎮だった今川少将(中将?)が、
四式戦はB-29に今まで一撃しかかけられなかったのが、二撃あるいは三撃
できるほどすぐれてた・・・ なんてコメントしている。

臨時防空520戦隊の例はよほどエンジンに問題がある機体が多かったのか、
あるいは燃料に問題があったのか と思ってしまう。

656 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 18:36:33.21 ID:TXGWPlv/
航士54期 竹村ショウ二中尉の場合。
初撃墜は昭和17年1月、54戦隊、九七戦にて長沙上空でのSB爆撃機の単独撃墜。
その後63戦隊、隼の2型前期型で北千島、2型後期型で昭和19年2月にウェワク。
P38HやP47Dと戦う。撃墜2機・撃破1機を記録。
その後ホランディア、マニラをへて12月下旬明野教導飛行師団。教官を担当。

「 防空すなわち高々度来襲のB29邀撃は教官・助教が担当し、乗機は「隼」3型と
 4式戦(「疾風」とは呼ばず)が用いられた。初回は4式戦で上がった竹村大尉だが、
 高度9000メートルでアップアップ。ちょっと機を傾けると1000メートルほども
 滑り落ちてしまう。そこで4式戦は中高度用と決めて、以後はもっぱら「隼」に搭乗した。
  重量と速度が増えた3型は、2型よりもいくらか重戦的な操舵感覚があった。
 しかし4式戦に比べれば翼面荷重は3分の2にすぎず、エンジンが健全な出力を維持できれば、
 高度1万500メートルでも舵がきき、5機編隊の飛行が可能だった。
 (略)
  終戦時は千葉県松戸飛行場で、飛行第18戦隊の飛行隊長として、敵の本土上陸時に
 全滅する覚悟で待機。配備の5式戦闘機はさすがに武装も上昇力もすばらしく、
 「隼」3型より格上と認め得たが、とにかく出現時期が遅すぎた。」

657 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 19:15:01.89 ID:wjH6f8L8
遅れて現れた、Fw-190って感じだな、五式戦は。

658 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 20:59:53.72 ID:cd8Na08c
世傑の疾風では、・・・疾風は高空性能も悪くない、良かったですね。1万まで
昇るのにさほど苦労しなかった。1撃かければかなり高度は墜ちてしまいますけど
  ってな感じでパイロットのコメントがあった。

今さらながら、時期にもよるだろうが、各戦隊・または個々の機体によって
相当性能にバラツキがあったのかもしれない と思う。

659 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 23:41:52.55 ID:zrhfH1ry
>>655
B29が転進したらどうするんだよw
ドイツが迎撃できてたのは
地上のレーダーと連動して、地上の管制官が無線・誘導装置で
自軍機を誘導してたから

そんな体勢の無い日本機じゃ、会敵すら難しい

660 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 17:07:31.52 ID:qnAxotQ7
…一体何にレスつけてるんだ?

661 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 09:46:13.86 ID:heR1jNp5
エンジンが十分な出力なら絶対出力が大きい方が有利
不調とかで不十分なら低翼面加重の方が有利
運動による高度低下は低翼面加重の方が有利
現代日本の高性能発動機と違って性能を引き出すのに整備のみならず操縦士の腕(指?)が必要だった
と、一般論でここまでいえる

662 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 10:40:35.03 ID:NH781Z4m
>>654
初期の迎撃戦闘は地上からの管制誘導が無くて
上空に上がったら「自分で勝手に敵を探せ」っていう感じだったらしいなw

663 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 13:46:50.04 ID:Nv9YnFin
絶対出力て何ぞ? 推力?
そらまあ発動機不調で予定した出力が出ていないなら、4式は「大きくて重いだけで推力の足りない機体」になっちゃうからね
その時に金星だけが完調だったのかって疑問は大いにあるが

664 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 22:47:08.65 ID:ag5uFuDn
>>655

今川少将はパイロット出身だったと記憶してるけど、キ84に自ら乗ったことはあったんだろうか。

665 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 02:34:46.76 ID:3V+EO4kG
>>664
キ84を乗ってみるには、年齢的にはもう無理ではなかったか と。

666 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 17:31:28.05 ID:dDXG0WBv
加藤敏雄少将ならば、ひょっとしてキ84に乗った事があるかもしれないね。
個人機でバッファローを操縦してる位だからね。

667 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 20:26:58.88 ID:OtNMRZYG
五式戦の、防弾板やガラスなどは、
どの程度のものが装備されていたのですか?

668 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 21:34:06.77 ID:EvgX78eC
>>647
ファインモールド
水滴キャノピー

糸で吊るしてる

669 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 05:50:47.04 ID:2ZGhZjav
>>656と似たような話で高高度性能は雷電より零戦(エンジンが変わった二号艦戦以降)が優れていたという話を丸で読んだ

670 :名無し三等兵:2015/10/02(金) 17:58:50.93 ID:no0TDGyq
670だったら五式戦「飛燕改」に決定

671 :名無し三等兵:2015/10/02(金) 22:55:13.79 ID:V53dXclW
愛称付いてれば無難に和製ホッケだったろうな

672 :名無し三等兵:2015/10/03(土) 20:36:31.26 ID:4EhmfUEC
飛燕は主翼位置を前後移動出来る設計が素晴らしかったと言うけど
キ61制式化時に武装や無線機積んだら重心後退して旋回性悪化したり
2型改では逆に頭が重くなって尻にバラスト積んだり
全然調整出来てないやんw

673 :名無し三等兵:2015/10/03(土) 22:16:18.57 ID:AiwgU2gz
中島系の戦闘機は主翼と中央胴体を一体で造るから、機体重量を節約でき、
性能面では有利だが大幅な改造が難しく、どうしても新設計の戦闘機に
更新しなければならなかった。
飛燕はその逆でさまざまな改造に対応できた って事だろうか。機体重量の点で
性能的にはどうしてもマイナスに
なってしまいそうだが。

674 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 00:53:08.82 ID:3oif4kMP
1型で装備品積んで重心が後退したのも
1型丁で機首20ミリの暴発対策で
機首に鋼板入れてそのためバラストが
必要になったのも
どれも設計終了してからだからなぁ
改設計して生産治具など作り直すより
生産を急がせたのは陸軍の判断だな

675 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 01:34:30.96 ID:5sp4E+3S
>>673 重量増加ってもボルト6本分だけやでw

676 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 01:36:57.80 ID:14lDQN3l
>>674 ニューギニアの前線基地でいち整備兵がいちパイロットの体重に合わせて
主翼位置をずらしたという飛燕の戦記があってなぁ
それによれば飛燕にはダイブブレーキが付いてたわけだがw

677 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 10:35:03.22 ID:xJ3qobud
あの本は整備士がドラえもんみたいというのは有るけど、ダイブブレーキ云々はP-40の話だったような
敵は付いてるから平気なんだよ〜みたいな流れで

678 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 11:17:47.01 ID:I9aVPcm2
P40は単に翼・機体強度がいいから
高速急降下からの引き起こしが可能なだけ

679 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 16:06:02.63 ID:0St4INWN
>>676
あれは架空戦記よりな内容で無茶な描写・間違った描写多し
(ただ作者に知識がなくてじゃなくてわざとやってるぽい気もする)な作品やし

680 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 16:10:40.04 ID:kmejsKjy
>>677 違うぞ
飛燕独立中隊戦隊長に著者が「お前はなんで急降下時にだいぶブレーキを使わないんだばかもん」
と怒られたw

681 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 19:36:52.66 ID:lxuYmUFO

そのマンガ読んだ。思ったり良かった。

682 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 02:13:36.85 ID:puIGkniL
>>659
>ドイツが迎撃できてたのは地上のレーダーと連動して、地上の管制官が無線・誘導装置で自軍機を誘導してたから

 六月二十二日の“威力偵察”にはじまり、二十三日にソ連軍攻勢作戦『バグラティオン』が本格化してみると、
独ソ両軍の優劣の差は、ソ連軍の推算以上に大きかった。
<中略>
 とくに空軍戦力の差は、ひどかった。
 第六航空軍は、約六百八十機を保有していることになっていた。
 ところが、ソ連機をむかえて飛びたったのは、わずか四十機―。
 残りは整備不十分または燃料不足で飛べず、舞い上がった四十機にしても、
ガソリンが無いために三回以上の出撃はできない有様であった。
<児島襄「ヒトラーの戦い 6」の464頁>

 東部では中央軍団の破局的消滅はほとんど完全だった。一九四四年七月六日の正午の会議で、
総統は北方軍団に撤退を命じることで、そこから四個師団引き出せるとのモーデルの見解を再び拒否し、
救えると思うのは幻想にすぎない、どういうことが起るかといえば、軍団は要塞化陣地と重砲と装備を
失うということだといった。ホイジンガーの方を向いてヒトラーは、この災厄でこれまで中央軍団にどれだけ
損害があったか、静かに訊ね、「一二から一五師団が包囲されていますが、全般的損害は二八個師団
に上るでしょう」と告げられた。
 なんと二八個師団である。六月二二日以降わずか二週間で、ヒトラーは三五万の訓練済みのドイツ兵
をロシア側に奪われたのだった。
「ヒトラーの戦争 下」(デイヴィッド・アーヴィング 早川書房 P238、239 )

683 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 02:15:13.34 ID:ivxdA7C2
>>659
>ドイツが迎撃できてたのは地上のレーダーと連動して、地上の管制官が無線・誘導装置で自軍機を誘導してたから

―ロシアの前線で戦った搭乗員と、ドイツ本土防空戦の参加者との感覚の違いをお聞きしてもいいでしょうか?
 ロシアでは戦争そのものも、飛行機も、戦いも全く異なっていましたね。ロシアで行われていたのは純粋な空中戦でした。
仕事…うーん…ゲームというのとも違うな、スポーツ、そう、スポーツに似たような感じです。もしもこのような表現が許さ
れるのであれば。生存を賭けたギリギリの戦いではありませんでした…一方、ここドイツでは、高高度から街々に爆弾
が降り注がれ、辺り一面で爆発が起きるのを見ながらの戦いですから、より個人的な、より感情的なものとなりましたよ。
連合軍の爆撃機は800機ずつ、そして戦闘機も同じくらいの数がやって来る。これは全く違う戦場です。ここドイツでは、
搭乗員の命は平均して7日だけ、1週間だけしかもちませんでした。ロシアではこれほどの緊張はありません。
勿論、損失は出ていたのですが、しかしたったの7日間ということはなかった。
―どうしてそうなったのでしょうか?戦闘機ですか、それとも爆撃機の防御砲火にやられたのですか?
 問題は爆撃機の銃手です。はっきりとは憶えていませんが、爆撃機のクルーは8〜10人で構成されていて、
操縦手以外の全員が攻撃してくる戦闘機を迎え撃つわけです。それが大変だった。だから、私たちは正面から攻撃し、
2倍の速さで接近することで、防御砲火の圏内にいる時間を短くしようと務めました。私は常に正面攻撃をやっていて、
後ろから接近したことは一度もありません。敵の爆撃機は全体が機関銃だらけで、2連装のも4連装のもありました。

ドイツ戦闘機隊エースとの対話 アルフレート・グリスラフスキ
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5870/grislavski1.html

684 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 19:55:49.51 ID:fq54W3je
燃料なくなったらオシマイだな

685 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 21:15:10.66 ID:8TABxePu
97戦を高性能にしたようなぴったりくる感じキタ━(゚∀゚)━!!
とP達に言わせた5式戦こそ日本の理想の戦闘機
でFAですか

686 :28 35:2015/10/07(水) 22:36:41.77 ID:0yi05Ffz
>>685
全然

687 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 01:43:43.64 ID:E7JMJsWH
五式にせよ零戦にせよ金星はやく積んでればとは言うけど、戦争中盤まで爆撃機や攻撃機向けに優先してるから厳しいよな

688 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 04:00:40.16 ID:0fDqLAIq
もしもレイテ戦にキ100が間に合っていたら・・・なんて言ってる評論家?もいたが、
米側の主役であるP-38が直線番長だったから、どれくらい戦闘が成立したかな
なんて思ってしまう。

689 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 17:22:28.24 ID:003hnY8e
急降下1000km/hの5式戦なら楽勝

690 :28 35:2015/10/08(木) 20:03:36.81 ID:htJ2cjYP
>>689
> 急降下1000km/hの5式戦なら楽勝
そんな事実はない。

終速が高くても降下加速が良くなければ実戦では意味が無い。
五式戦の突っ込みは疾風にも劣る。

691 :名無し三等兵:2015/10/08(木) 21:27:42.98 ID:KIO39isb
うむ

海軍さんの五式戦評
244戦隊

「その日、私はたまたま搭乗配置がなく、指揮所で待機していた。
 空襲警報とともに、味方の戦闘機は邀撃に発進していった。
 鹿児島湾の上空では、すでに空中戦がはじまっている。私たちは、その様子を地上から眺めることができた。
 戦闘三〇三の連中は、別のところに行っているらしく姿は見えない。空中戦をやっているのは陸軍の飛行機らしい。
 見ていると、なかなかうまくやっている。グラマンに後ろをつかれた一機が、急降下で逃げていく。
 その機が急上昇をはじめた。グラマンがそれにピタリとついていく。「いけない」と思わず私たちは叫んだ。
 しかし、前の機はぐんぐん上昇してグラマンとの距離を離して、うまく逃げ切った。
 「陸軍もなかなかやるな」と私たちは感心して見ていた。
 しばらくして、空戦も一段落した頃、陸軍の飛行機が私たちの隊に着陸してきた。燃料補給のためであった。
 その機が五式戦であった。
 先ほどの空中戦も五式戦で、その性能はなかなかのものであると、感心していたので、
 はじめて見る五式戦に私たちは興味を持った。
 三式戦の木冷エンジンがうまく働かないので、首無しの三式戦がたくさんあり、代わりに三菱の「金星」という
 空冷エンジンを積んだのがこの五式戦とのことである。
 急改造の故か、機首が馬鹿にでかい感じがした。
 そこで、蔵田分隊長が五式戦に乗り、飛んでみることになった。みんなの見る中で、蔵田分隊長は離陸し、
 上空でスタントをやり、いろいろテストをして帰ってきての感想は、頑丈で上昇性能も突っ込み加速も勝れた
 良い戦闘機だとのことであった。
 陸軍では、この戦闘機を「決戦機」として期待をかけているという話を、陸軍の搭乗員から聞いた。
 海軍ももう少し早く、ゼロ戦に「金星」を積んで馬力アップをすれば、まだ何とかなったのではないか、
 などと私たちは言いたいことを言っていた。」

692 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 00:02:20.28 ID:O0y+tXfQ
木冷エンジンとは何ぞや?

693 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 01:19:42.14 ID:1KWg/61i
>>691
土方中尉の回想だね。
おととしに亡くなられたのだったかな。

694 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 03:04:39.18 ID:K11OuRnf
>>693
ID末尾

695 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 04:31:01.10 ID:BEKUBsHK
F6Fとなら最大速度差はさほど大きくないようだし、(渡辺氏著・本土防空戦では)
上昇・旋回とも五式戦が勝っていたとのことだから、相性的には良かったかも。
で、大戦末期の当時の状況下ではやっと互角って感じなのかな。

696 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 12:55:15.01 ID:zmfTSFU5
>>694
試作戦闘機乙

697 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 16:53:46.65 ID:m3Weujr0
>>690 >>688
P-38は意外と急降下が苦手。零戦・隼など軽戦相手に得意がってただけ

698 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 03:40:35.22 ID:OpFgBumA
日本機ってなんで主翼が一体式なの?
スピットファイアハリケーンや109の主翼は取り外し式だし、確かに結合部が重くなるけども
それで致命的な性能低下もきたしてない。

特に欧州では主翼がとりはずせるというのは荷が小さくなるから
ロシアへ列車で運ぶ、アフリカに船で運ぶとなれば主力の必須条件だったとも思える

日本は工場から運ぶのでも狭い町角で牛車でノロノロ、しかも電柱や踏切で翼が当たらないように
竹竿で道幅測って苦心したとか、分割主翼にすればいいのにアホじゃないかとも思える。
もちろんアメリカのように圧倒的な工業力があればなんでも好きにすればいいかと思うけどP51ですら分割式だし。

699 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 07:25:47.49 ID:G30H7oo1
何年2ちゃんねるに居ても>>698みたいのが釣りなのか本バカなのか区別つかないんだよな…

700 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 17:05:50.91 ID:OpFgBumA
調べたけど最新のジェット旅客機ですら左右分割主翼を箱にとりつけるだけなのね
まぁ安全性を重視する旅客機ですらそうなのだから一体の主桁にこだわることもないのかもしれない
旧ソ連は採算無視して大型の一体部品とかボーイングの技師が言ってたが
やはり商業主義で分割主翼なのかな

701 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:50:45.03 ID:zwbp0DM7
http://www.webmodelers.com/wms201010/image/201010Y2hien008.jpg
飛燕と思えぬかっこよさ
これが19年11月に数十機福生にあればB29来週初期にかなり被害を

702 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 23:21:08.46 ID:ik6yI3Bs
分割式にすれば結合部のボルト数本分の重量が余分にかかる。
ボルト全部の重量はどれくらいだったのかな?
仮に合計数十sだったとしても、大戦後半まで、非力なエンジン装備だった
ことを思えば、中島系の戦闘機では何よりも重量軽減を優先したってことかな?。
生産の面でも有利だったのかも。

703 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 23:47:12.15 ID:tmyXTScU
ブローニングのコピーであるホ103でさえ、本家が左右どちらからでも給弾できる
構造なのに、(生産効率ではマイナスなのを承知で)、右からの給弾の甲砲と
左からの給弾の乙砲に分けて製作し、2〜3キロの軽量化を図ったくらい、
軽量化命だったのが陸軍航空だったから。

704 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 00:50:45.45 ID:UMojevX+
主翼分割にすれば100kgは重くなるんじゃない
同じ強度を出そうとすれば100kg以上、まぁ十分補える値ではありますが

705 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 17:47:58.51 ID:w2dcUB2o
ボルト6本で100kgとかもうね

706 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 18:00:38.56 ID:bPKzl66p
はぁ???

707 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 20:10:27.36 ID:bIKMKa1T
主翼胴体一体と言っても
代わりに胴体前後分割するんだから
結局重量変わらんだろw

708 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 20:32:25.73 ID:UMojevX+
自重の10倍とかすさまじいGのかかる主翼
一体の主桁ならともかく、分割式であれば結合部のあたりを箱構造にして
十分な剛性を持たせなきゃいかんからボルトの重さでは済まない

胴体や尾翼には、機体を持ち上げる揚力や抗力を発生する主翼のようなすさまじい力はかからんから
お好きにすれば良い

709 :名無し三等兵:2015/10/12(月) 20:46:00.34 ID:aCSmWs5P
一体型だろうと主翼根元で胴体重量支えるのは同じなんだから・・
と言ってもゆとりには分かんないのだろうなぁw

710 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 10:08:50.34 ID:bc2vWRQK
「一体主桁」ってまさか一体削り出しとか思ってんのか?

711 :名無し三等兵:2015/10/13(火) 10:10:21.42 ID:gHSjHirg
>>702
生産面でいえば胴体と主翼を別ラインに出来るから効率は上がるのでは

712 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 00:21:24.68 ID:d7f3dq8+
どんな構造だろうと軽くて頑丈なのが航空機としての美徳
Bf109F型やタイフーンなど主翼の方はともかく、胴体後部でやらかした

713 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 14:59:27.45 ID:ZRD9GvAo
試作型や初期生産型が強度不足で破損や分解とかって実は結構あるんだよね。
軍用機は強度計算をギリギリに低くして、必要な部分は補強していくのが普通のやり方。
最初から丈夫に作ると開発の過程でドンドン重くなり結果平凡な機体になるって
ハイネマンが言っていた。

714 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 16:12:22.09 ID:qsrs3p0I
>強度計算をギリギリに低くして、必要な部分は補強していくのが普通
いっぽうカワサキは

715 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 22:34:59.97 ID:zKXPBvtn
当時日本は風洞実験に遅れてたの?

716 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 22:44:18.40 ID:/nNxzOvA
ki-61は最初から十分頑丈だった機体に武装強化による重量増とバラスト追加で
上昇力は酷くなったが急降下番長になったぜ

717 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:25:53.86 ID:9lMAe7uE
だからそれがアホなんだよ。
急降下性能なんてほとんど意味がない。

718 :名無し三等兵:2015/10/16(金) 23:35:22.52 ID:/nNxzOvA
急降下性能に意味が無いとか空戦機動を全く理解してないんだな…
最高速度のが遥かに価値が無いんだが

719 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 00:29:42.83 ID:7qV3Gqe6
>>717
馬鹿だな、急降下も大事だよ
ゼロ戦・隼辺りは高速ダイブで逃げ切れたし

飛燕だけが日本機で唯一まともな翼を持っていたので
米軍が恐れたのは、高速(500km以上)でのロール性能

日本機は飛燕以外は高速での運動性が全然無いので
速度さえ守って戦えば良かった
それが唯一通じないのがki-61

720 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:00:35.43 ID:tOpg06KU
鍾馗はどこへ

721 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:07:16.18 ID:j+unMs8s
大バカの脳内空戦じゃ飛燕最強とw

722 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:28:51.00 ID:CyvmjU83
第五空軍で1944.5 に作成された対日本機戦術資料(マクガイアが記述)によれば

トニー:
この飛行機の通常の武装は二丁の12.7mm機関銃であり、プロペラに同調している。
それぞれの翼には一丁づつの12.7mm機関銃を装備する(最新型では各翼に一門づつの20mm機関砲)。
重武装と良品質の防漏タンクにより、この機体はよくヒットさせない限り、
ゼロやオスカーのようにたやすく爆発したり炎上したりするという傾向はない。
直列戦闘機としては我が軍のP-40に類似して、トニーは高高度戦闘機ではない。
しかしながらジークよりも水平速度において速く、また降下において非常に速いことによってこれを補っている。

この機体に対する成功した回避戦術は、以下の通りである。
・降下時であれば、右方向に旋回することである。高速においてはトニーは右方向への旋回能力は低く、
 日本人パイロットはこの方向への旋回に苦労する。
・地表近くで追尾されたのであれば、高速で浅い上昇を行えば、射程外に逃れ脱出することができるだろう。

ひとりのパイロットがハードな体験によりこれを発見した。
彼はウエワク攻撃からの帰路、3機のトニーから脱出した。そのとき彼は20000フィートにあって、
浅い降下を開始し地表に至ったときは100マイル南方に離れてしまっていたが、トニーは彼の右後方にいた。
彼は戦術を変えることを強いられ、高速を出し浅い上昇を行うことでトニーから離れることができた。
彼の経験はトニーとその同種のものに対する最初のものであり、
この先駆的事例が多くの者を同じ過ちに陥ることから救ったのである。

もし君が地表近くにいたとして、高速での右方向への急旋回は緊急操作として行うかもしれない。
しかしそれは確実に最後の手段であり、敵のパイロットの君への照準を逸らすにすぎないのである。

723 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 01:30:21.79 ID:v7mBzJoT
>>720
以前何処かで、フィリピン戦時に二単も置かれていたが、
全ての性能でP-38に劣る二単に乗りたいと言う者は居らず、
滑走路の脇で放置されていたって文を読んだことがあるんだが、
肝心のソースが思い出せない

724 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:33:42.79 ID:G7f2DOfN
>>722
旧軍は腕を開く筋力を鍛錬すべきだったな

725 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 09:41:08.41 ID:el1QqiGd
>>722
他の機体についても教えてくれ

726 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 14:20:58.30 ID:2vZw/kPO
あー、高速機動クン降臨かー
翼幅荷重連呼してたのも彼かねえ

727 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 18:35:17.00 ID:LR5ps/1I
>>全ての性能でP-38に劣る二単

二単は加速や中低空の上昇力ならP-38に勝ってると思われるのだが(おそらく
旋回性も)・・。
渡辺氏本「飛燕」でも、・・・自軍の戦闘機(一式・三式戦)の不振を挽回すべく
二式単戦の投入が要望された・・・ ってな感じで書かれてた。
まあその時期はP-38でもやや型落ちのJ型であったわけだが。

728 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:46:26.98 ID:Kb19IFt+
P-38Jの位置づけについては戦史叢書の以下の記述が詳しい。
少し長いが過去レスから。

米海軍の艦上戦闘機は、大東亜戦争開戦当初F4Fワイルドキャットであったが、
次いでF4Uコルセアが十八年二月ガダルカナル島に初めて進出し、我が海軍の零戦と相対するようになった。
零戦に対する水平及び降下速度の優越は彼らに自信を与えたようである。
更に十八年九月一日には、F6Fヘルキャットがマーカス島攻撃に初出動した。これら両機の出現まで、
米海軍は零戦に対する速度、上昇力、運動性の劣勢をただ戦法の工夫(編隊戦闘と一撃離脱の戦法の徹底)によって
切抜けてきたが、その出現によって彼我の趨勢は逆転し始めた。

両機の出現後は、ヘルキャットが米空母の主力艦上戦闘機として、主要海戦ではまず我が艦隊に対峙し、
次いで陸上基地が設置されると、コルセアが後を引き受けるのを常とした。

米陸軍戦闘機はP-38、P-39、P-40 で、主力のP-38のG型は十七年十二月に出現し、十八年八月にはJ型が現われた。
それは、速度を著しく向上したほか、更に航続距離を延伸していた。

十八年七月ころまでの対戦闘機戦闘は彼我互格であったが、八月以降主対戦機となったP-38J型は、
従来のものと異なり行動が軽快で、速度も三式戦を凌駕し、上昇、降下性能もともに優秀であった。

729 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:48:26.77 ID:Kb19IFt+
三式戦は第三タンクを取外して上昇性能の向上を図ったため航続距離が短縮し、
また、発動機に故障が多かった。これらの器材的欠陥を除去しなければ、P-38の制圧は容易でなかった。

一式戦二型の性能はやや低調であったが、航続距離及ぴ補給面の利点から、
当分の間本機を主体にするしか方法はなかった。

九月二十四日、第四航空軍司令官(第四航空軍の編成は十八年八月十日)は今村第八方面軍司令官に対し
「戦闘機機種整理ニ関スル件」を申請し、前述の状況を述べるとともに、現用戦闘機の性能の劣勢を
補うためには、二式戦を用いる以外に対応の手段はないとして、その配属を強く要望した。
しかし陸軍中央部は、二式戦は航続距離が短小で、また、離着陸性に難点があり、
同方面の不良な飛行場には不適であるとして、これを配属しなかった。

米陸軍のP-38J、米海軍の新鋭艦上戦闘機の出現により、
我が陸海軍戦闘機は十八年九月ころから時を同じくして、性能向上競争に敗退したのである。

730 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:52:24.89 ID:Kb19IFt+
十一月ころになると、我が主力戦闘機の一式戦二型がすでに時代遅れの飛行機であることは
覆い難い事実となった。すなわち、十一月十六日の邀撃戦闘において、一式戦の戦果は皆無で、
逆に未帰還三、落下傘降下二の損害を出した。
これに対し、三式戦は八機でP-38六機撃墜(うち三機不確実)の戦果を挙げ、我が損害は小被弾二機だけであった。

この戦果から、第四航空軍は三式戦の改善とキ八四(後の四式戦闘機)の迅速な補給を希望してやまなかった。
三式戦の戦果の蔭には、問機の五〇一号機以降のものが一二・七粍固定機関砲四門を装備していたことが
大きな理由となっていた。しかし、同機の発動機に故障の多いことは、将来に暗影を投じていた。
このため三式戦の改善に関し、マウザー二〇粍機関砲二門(一二・七粍二門に代えて)を装備したものの急速な補給と、
堪能な技術者の増加配属を必要とした。

(以下略)

731 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:54:30.62 ID:Kb19IFt+
そこで昭18.12の第四航空軍への駒村少将現地派遣説明の中で、三式戦の武装強化について

「三式戦一型二〇粍機関砲(マウザー)は、来年の四月までに四〇〇の生産を見込(輸入八〇〇門)、
 一三粍四門装備のものは、右と平行生産する。」

「三式戦二型の部隊装備の開始は来年六、七月ごろの見込。
 二型は速度四〇粁/時増、武装は二〇粍四(又は二〇粍二と一三粍二)」

として、マウザー搭載版と二型(20mmを胴体にも装備)について説明。
時期的にも現実化していたはずの1型改についてはなぜか触れられていない。

732 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 22:55:35.54 ID:8/00Utyv
>しかし陸軍中央部は、二式戦は航続距離が短小で、また、離着陸性に難点があり、
>同方面の不良な飛行場には不適であるとして、これを配属しなかった。
至極まっとうではありませんか

733 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 23:15:45.32 ID:yukqXpuB
戦史叢書って旧軍ホルホルかと思ったらそうじゃないんだな

734 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 14:08:22.06 ID:GMRnatho
どちらかというと旧軍ボッコボコじゃね?
ネトウヨさんが自虐史観の親玉扱いしてるの見たことある

735 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 15:22:24.07 ID:K19tAwDr
>>701
飛燕はファストバックのほうが好き

736 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 19:55:55.16 ID:Uj3V/m/d
>>719
バーカw
土井の自画自賛を真に受けてww

737 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 22:54:19.65 ID:yxHHUy5C
昔の世傑飛燕だっけ、本機はどちらかと言えば対爆撃機向きの機体とみなされていた
 なんて感じで書かれてたのを覚えてる。
表現は控えめな感じだったが、要は対戦闘機相手はキツイって感じなのかなと思った。

738 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 02:27:02.67 ID:mSGSKC5e
>>736
自画自賛は兎も角、機体設計をするうえで
格闘よりもZOOMと急降下性能を最優先させたことは
間違いないのだからそこは評価せざるを得ない。

739 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 09:47:04.79 ID:O/gQE+Qc
全然違うだろ。
格闘能力を軽視したならあんな長い主翼にはならなかっただろ。
ドンガラの試作機当時は速度も上昇力もまあまあだったが実戦装備施したら重すぎて
急降下時の強度だけ高いなんてなんの能力もないのも同じ。
上昇力があってこそ生きる急降下能力なんだからただ丈夫なだけで良いなら
戦闘機設計者は苦労しないだろw

740 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 11:28:51.48 ID:XHjxCW/q
よく航空機の性能比較に持ち出される翼面荷重だが、じつは馬力荷重も肝心だったりする
また、運動性で見落とされがちなのが横転速度
鋭いロールを決められる機体は手ごわいのだ
また、機体強度は高いに越したことはない
不測の負荷を機体にかけることは充分有り得るし、ジェット戦闘機の話だがドラケンやファントムUが強靭な機体を持ってたのはよく知られている
強度は美徳なのだ

741 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 11:31:21.29 ID:loo46W2k
肝心の米軍のインプレッションが
「日本機としては速いが捕捉できるし、日本機の割に旋回性が低いからそんなに怖く無い」だからなー
やはり馬力不足か、あるいは使い方がよろしくなかったか

742 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 11:37:23.91 ID:UyVX7zvY
「翼幅荷重」てのはアスペクト比と翼面荷重を包括した言い換えに過ぎない
簡便な設計指針としては便利かもしれないが特に革新的というわけじゃない

743 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 11:55:26.35 ID:O/gQE+Qc
>>740
強度が大事なのはわかりきってる話だろw
軽さと強度の妥協点が難しいって話であって・・

744 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 12:19:55.22 ID:mHaxGrPF
そもそも飛燕は開発者の設計ミスで重くなってますし

745 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 12:59:48.54 ID:DwAnAJlB
陸軍は改設計もせずボツにもせずそのまま採用してるからなぁ
余程500キロ台後半出せる機体が欲しかったんだな

746 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 13:20:41.89 ID:tjON1OMT
以前は飛燕は優秀戦闘機だったが発動機の不調な泣かされた悲運の名機って言うイメージだった。
設計当事者が世傑や丸メカにも寄稿していたぐらいだから当然批判なんで出来ない。
それに軽量化を極限まで追求した零戦に絡めての軍部批判ツールの一つとしても都合が良かった面もある。
没後続々批判が出できたんだよね。
飛燕の強度の高さなんて震天特攻での生還率の高さ程度しか生きていないでしょ。

747 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 13:29:19.65 ID:RSQm+uq7
>>745
それから17.5の時点でキ43、44の武装強化が12.7ミリに止まるのに対し、20ミリ搭載予定とされたのも大きいかと

748 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 18:27:32.77 ID:loo46W2k
>>745
一式戦じゃ速度が足らず、二式は試行錯誤な上に武装と航続距離に不満が、となると
期待したのも理解はできるんだけどね

749 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 18:59:18.56 ID:XHjxCW/q
飛燕のエンジンが機嫌良くて最高速度が600km超えだったら文句なく丈夫な名機と呼ばれたろう
自分としては五式戦のベースとなっただけでも存在意義は大きいのだが

750 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 19:39:45.74 ID:G7qlunV8
根本的に、BF109F相当のエンジンを積んだ機体で大戦中盤以降を戦うのに無理があるわな
DB605積んだ機体ですらキツくなってるのに

751 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 20:50:22.93 ID:gElT+cUr
五式戦が日本のFw190だ

752 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 21:43:57.65 ID:mSGSKC5e
上昇が足らなかったのはハ40が糞だったせいで
機体の性能の所為じゃないだろうがwww
何が何でも機体をdisりたいやつの論理は無茶苦茶言いやがるなw

753 :名無し三等兵:2015/10/19(月) 22:33:47.30 ID:0a65PxDh
ハ40の幅が狭いからki-61が空気抵抗の少ないいい機体になってるわけだが

754 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 08:24:27.54 ID:ujGJYwGG
>>752
昭和脳。ばーか

755 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 10:21:06.45 ID:1Pg7bHOD
直線速度が足らなかったのはRA615Hが糞だったせいで
シャシーの性能の所為じゃないだろうがwww
何が何でもシャシーをdisりたいやつの論理は無茶苦茶言いやがるなw

こう書くとスッキリ喉を通る

756 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 10:26:48.75 ID:2P3z+dFu
1型で装備品積んで重心が後退したのも
1型丁で機首20ミリの暴発対策で
機首に鋼板入れてそのためバラストが
必要になったのも
どれも設計終了してからだからなぁ
改設計して生産治具など作り直すより
生産を急がせたのは陸軍の判断だな

757 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 11:12:44.41 ID:g5BG/G3h
取り立てて軽量級の機体ではなかったのに妙に運動性に優れていたのは重量バランスの奇跡か
遅い遅い言われるが、近年再評価されてるヘルキャットと同程度の速度で縦機動も含めた運動性も優ると思えばなかなかの好性能
大量に配備されてたら満州でLa-5とキ100の空戦があったかもと妄想してみる

758 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 11:57:05.99 ID:DbqysnbE
「液冷の新鋭機!」って目で見ると「600kmも出ないわけ?」と思っちゃうけど、
「590kmくらい出て12.7mm×4、のちに20mm」は当時の日本にとって結構な機体ではあるわな

759 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 12:27:32.00 ID:MQPuugXc
飛燕がズーム&ダイブを最優先させて設計されたなんて聞いたことないし、
ロール性能が高いなんて話も聞いたことがない。

760 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 13:52:44.42 ID:ujGJYwGG
ソースは脳内だろうからなw

761 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 19:39:50.00 ID:uYQ9ALwx
ki-61が計画されたのはBf109のロッテ戦法と一撃離脱戦法が日本まで聞こえたから
格闘で各個撃破が普通だった空戦で速度を生かした連携で戦う戦法を最初から想定してたのがKi-61

762 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:29:27.94 ID:gvcvRpyU
×ki-61が計画されたのはBf109のロッテ戦法と一撃離脱戦法が日本まで聞こえたから
○ki-61が計画されたのはDB搭載軽戦闘機を試したかったから

翼内武装を持つ次世代の重武装軽戦がキ61
ただし、キ43性向と大差ない予定最高速度だったので採用は期待されず
キ60の代わりに重戦ベースとして使われることが半ば決まっていた

763 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:47:27.99 ID:TbIqFduH
>>762
そのころキ44については?

764 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 00:04:40.49 ID:zqC3Hz/R
「(離陸直後)P-51は快調に出力効率を上げ、馬力過重の小さい特徴を発揮してドンドン上昇を続け、 (略)高度300m(略)」

「(P-51は)速度、上昇力等の飛行性能がすぐれ、戦闘機としての格闘性も同クラスのどの飛行機よりも 数段すぐれていたようだ。
(略)強馬力のエンジンが開発され、飛行機のスピードが大きくなるにしたがって、 旋回性が失われ、一撃離脱の方向に進みつつあった当時の諸外国にあって、むしろ日本的に近いものであった。」

 キ61試作機は無装備でかつオリジナルのDB601装備であった(これは異説あり)と前置き、 「操縦性と格闘性」はのちに手に入った「P-51Cとまったく同じくらい」と述べ、

ただし 「諸装備をつけ、タンク容量を大きくした結果は重量の増加、重心位置の後退などのため上昇性、 旋回性が低下し、急降下性能が勝っていたくらいに後退してしまった」

「ハ112を取り付けた五式戦は重量が軽く、 馬力が向上したため前面抵抗による速度の若干の減少以外は初期のキ61に近くなり、 わずかな期間ではあったが、航空審査部でわれわれは大気炎をはいたものである。」

by荒蒔
P-51を「日本的」とか

765 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 00:16:21.85 ID:+F/f59Ji
>>750
BF109Fのエンジンは
日本が開発に失敗したハ-140レベルだよ

飛燕のハ40はBF109E相当

766 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:18:45.95 ID:/qfNde9b
P-51が総合的に最優秀なのは疾風びいきの自分でも認めるが、荒蒔氏の
戦闘機評価ってクセがありすぎ??。
P-51よりさらにフォッケA5を評価してたような・・。

767 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:40:23.54 ID:Y4JsZNRr
魔王黒江氏も評価してますよ
翼面荷重200kg超えの鈍重機をベスト1,2に挙げてるのが面白い

768 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 10:11:57.99 ID:qv8FCfDU
重くても初期ロールが速いから若林のように横っ飛びー!!!で機敏に動けるからだろ

769 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 18:34:03.52 ID:BTRtcp8i
ロールが早いだけの場合横向くだけで
「っ飛びー!!」するためには旋回性能が必要なんやで

770 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:31:03.43 ID:Bb3HyFnc
            天に代わりて不義を討つ!
            忠勇無双のわが兵は! 
            歓呼の声に送られて!
            今ぞ出で立つ父母の国!
            勝たずば生きて還らじと!
            誓う心の勇ましさ!
   ・., \ー'"\ ;・\,,.r─''"゙゙`‐-、/ r''⌒`/ ,--、・///,..♪
 ・''"⌒ヽ、 {"∴ \ r''`"r、r-'''`ヽ、,,  `)  /''"⌒r''"`` /r''"
   ,,.-\. /■\   ∧∧ ∧_∧  ∧∧  ∧_∧ -、,,_
 .",.r''" (´∀`∩) (*゚ー゚) ( ´∀` ) (゚Д゚,,) (^X^  )   `・♪
      (つ  丿 とと ./ ⊂    つ(|  つ (    つ
      ( ヽノ 〜  / /  ∧ \ |  〜 .|  ト、 \

キ-102乙も思い出そう!!!

771 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 01:28:18.49 ID:2oVBU7wE
>ujGJYwGG
急降下に拘ったのは飛燕開発で何度でも出てくる。
自分が見たくないものは見ない平成ニートwww
ネットの知識だけで自称◯◯◯wwww
ほんと、四式厨はタチが悪いな
五式スレで荒らしをやるしか脳が無いというか。

772 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 02:29:34.28 ID:Baxf9Kij
>>765
ハ-140は開発に失敗してないだろう
ボアアップ無しであの馬力と1段過給であの高度出力を出してるしな
出力曲線だけ見ればアリソンターボより高空仕様でマーリン並み
失敗したのは生産

773 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 06:47:14.63 ID:VCx88KLq
>>急降下に拘ったのは飛燕開発で何度でも出てくる。

774 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 09:44:55.01 ID:fxCWaa27
>>769
……航空機は潜水艦とちがって揚力で浮いているので……
まあそのなんだシューティングゲームじゃ横転するだけだよなたしかに

775 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:48:50.87 ID:Xs1v9Vmw
急降下にこだわった結果他の性能がどーよ?というハナシだと思うがね

776 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:08:42.93 ID:Baxf9Kij
航空機が浮いてるのは揚力なんで上昇すると速度が落ちる
潜水艦が浮いてるのは浮力なんで上昇しても速度が上がる

急降下性能は航空機には大事
空気抵抗の小さいki-61はそれだけでエンジン出力を稼いでるのと同じ事

777 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:11:13.52 ID:/Gp2dFyj
四式戦は大東亜決戦機として失敗が許されない故安定性が最優先されたんだと思う
その結果突っ込みが利かない性格になり、射撃のプラットホームとしては優秀だが
パイロットが全力で振り回すには不向きになってしまった、全体に手堅すぎるように思える
逆に廃物利用の五式は振り回せるけど、射撃プラットホームとしてはどうだったんだろうね

778 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 23:10:04.42 ID:bkoz9XlC
>>772
流石にあの生産量で失敗と認めないとかありえんわw

ハ40は2500rpmで離昇1175 hpなので
概ねDB601 Aa相当

DB601はこの後
DB601Nで2600rpm C3燃料対応で1270 PS

DB601Eで2700rpmと過給器の改造で1450PS(BF109F3以降に搭載)

ハ140は2750rpmで概ね1500PSとあるので

DB601Eを若干高回転化した程度の性能でしょう

779 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 00:32:27.24 ID:uPUcLXkk
>>778
高度出力ピークが全然違う
高高度用エンジンとして開発して期待通りの性能を発揮してる
生産数が少ないのは生産体制を作るのに失敗しただけの話だからな

780 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 01:48:04.77 ID:AjVnDoVa
>>774
https://www.youtube.com/watch?v=-HnW861moHI
ロールだけ早くても旋回出来ないと敵の目の前で回ってるだけになり落とされる

781 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 06:23:01.95 ID:x0pmY4r0
日本は物凄く遅れてると思う
ソ連戦闘機のラボーチキンも木製機ながら、主翼が取り外しできたんだよな
そもそもアルミ資源がないのだから、ソ連機のように胴体はクロモリ鋼管の骨組みでよかったし
主翼の主桁、メインスパーも262ジェット戦闘機のように鋼鉄でよかったはずだ
アルミは外皮のみで、尾翼や主翼の端などは木製でよかった

ラボチキンやハリケーン・タイフーンのように胴体はクロモリ鋼管で主翼は取り外しできれば
修理も製造も楽になり、日本はかなり有利にたたかいをすすめることができた
ソ連空軍の次官で空軍大将であるヤゴヴレフは言ってる「私はタダの設計家でなく戦略家であった」
ゆえに戦闘機委員会のアルミの確保という戦略見地からヤク戦闘機は木製を採用したのだ
日本の設計家は、製図工の扱いで地位が低すぎた・・・

782 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:19:50.26 ID:rw+yeril
>>779
ふむそのFW190は苦手な旋回を漫然と維持して撃墜されてるな
で?>>774への反論は?
>敵の目の前で回ってるだけになり
だからそれはシューティングゲームだっての
航空機の「旋回」がどういうものか理解してないよね
旋回時の艦船は外向きに受動的にロールする、航空機は内側に自発的にロールする
↑力学的理由があるんだよ

783 :782:2015/10/24(土) 07:20:36.71 ID:rw+yeril
アンカー間違えた
>>779じゃなくて>>780

784 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:32:03.78 ID:THGE2K7d
96艦戦は主翼と胴体別になってなかったか?

785 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:16:24.73 ID:x0pmY4r0
世界初の単葉引きこもり脚のポリカルポフ N-16にすべての源流があるのだよ
ヤクやラグ戦闘機の大戦期は、すべて翼面積が17平方メートルだった
これはポリカルポフ N-16とおなじでありソ連の委員会はN-16の純粋な後継機を望んでいたのだ
N-16は鋼管胴体に木製だった、つまりこれも継承されたのだ

ドイツ空軍はスペインでN-16を分解研究して大変驚き、それが空冷星形の安価な機体の必要性を痛感させ
109の補助戦闘機のFW190の要求になる
FW190のコピーが5式であるから、つまりポリカルポフ N-16がすべての源流ということになる

786 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 08:53:47.79 ID:uPUcLXkk
>>781
日本にアルミが無いってのは輸送船が片っ端からやられるようになって資源が届かなくなる末期の話
南方からボーキサイト輸送で戦時中でも硬貨や子供の弁当箱にアルミ使うくらい豊富な生産してたんだよ

787 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 11:15:27.34 ID:x0pmY4r0
だからハリケーンタイフーンのように鋼管の胴体で、翼の主桁はメッサー262のように鋼鉄でよかったの
クロモリフレームの強度重量比はアルミモノコックとたいしてかわらん

タイフーンテンペストは2,500馬力クラスの戦闘機だし、262にいたってははジェット戦闘機やん
ダイムラー千馬力の模造品とかワスプ系の空冷とか糞エンジンしかつかわないのになんで
日本が豪華な構造にしなきゃいけない

788 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 11:34:32.68 ID:rw+yeril
もそも開戦理由のひとつが(屑)鉄の禁輸だったのに、(敗戦のために)最後まで資源不足が表面化しなかったアルミを使わず常にひっ迫していた鉄を使うとな?

789 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 13:05:48.41 ID:pxuSXeqv
>>782 現実を示しても俺様脳内力学が勝るとかもうねw

790 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 17:39:44.41 ID:GmG+rQ98
旋回時って
そもそも旋回に入れるためにロールさせなきゃならんし、舵切っただけじゃ横滑りして意味ねえし、上半角は何のためにあんのかと

791 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:02:54.64 ID:7kG8VCt6
石炭がねぇし鉄鉱石も不足してるし
内南洋と繋がってるなら水力発電で精錬できるアルミ一択ですわ

792 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 19:08:14.10 ID:7kG8VCt6
満州の鉄鉱石の質は劣悪で戦中ともなりゃ統制経済が杜撰なせいで石炭飢餓だよ
それに南方で戦うなら木や鉄はなるべく使いたくないだろ

793 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:23:48.36 ID:x0pmY4r0
アルミと鋼鉄の生産は桁が違う

ヤク戦闘機ラグ戦闘機は4万機つくってるがゼロ戦は一万にすぎない
戦闘機に使う鋼材を1トンとすれば(エンジンや外皮は当然アルミ)
戦時に完成して沈没した7万トンの戦艦・信濃1隻を流用すればそれだけで戦闘機7万機つくれたわけ

794 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:54:25.53 ID:95twvtS8
なんでクソみたいなエンジンでクソより重い機体を作ろうとしてるんだ?
航続距離とかも考えて有るのか?

795 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:56:36.46 ID:7kG8VCt6
五式戦スレとは思えない書き込みだな
航空機生産のネックは発動機
機体は余ってただろ

796 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 23:30:45.98 ID:uPUcLXkk
信濃作らなくても戦闘機は7万機も生産できない
タンカー100隻のがマシだったというなら同意するが

797 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 00:03:12.12 ID:MvE7VKmi
三式戦自体は
翼が頑丈だが、その分機体製造には手間取った構造
生産性は日本機の中でも結構悪い

798 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 00:30:29.20 ID:t4G/wFBs
学研本の孫引きか

799 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 00:53:23.70 ID:VdIQXetx
増えん

800 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:07:19.92 ID:ka1aeJ/r
性能は二割おとっても、数が倍あれば十分にカヴァーできるのだよ
ヤク戦闘機は、工場で受け取ってる飛行輸送パイロットがかなり受け取り拒否したという
木製の外皮が計算通りに張り付かず、反っていたとかエンジン不調もあったろう

ドイツ軍が200機・300機撃墜エースがいたのもあたりまえだ、なにせソ連機は勝手に落ちたのだ

とはいえバグラチオン作戦でドイツ中央軍団は壊滅した
なめきってたソ連軍が飛行性能にまさる2000馬力の新型ラグ戦闘機をふくむ7000機も投入
ドイツ空軍は消失。中央軍集団100万人は、38個師団のうち28個師団を失い壊滅的な打撃を受けた

801 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:50:28.20 ID:u+/c8ceV
キ106とかキ113とか知ってる?

802 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 01:54:57.22 ID:sSl5lHgy
>>801
興味ない

803 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:21:04.46 ID:Rj+ZZZde
>>789
想像するに曲技飛行隊とかが4ポイントロールピッピと決めるのから想像して勘違いしてるんだろうね
脳内力学とか揶揄する前に「正しい」力学的つりあい書いて見せろよ
バンク取ったときの(主翼)揚力はお前の脳内じゃどこ向いてるんだ?
>>790
×舵切っただけじゃ横滑りして意味ねえし
空戦での横滑りというのは色々意味があるんだよ
一部玄人筋wに不人気の某氏はさらに意味なさそうなラダー踏んでの横滑りでも幻惑効果があるから多用した、と言ってる(真偽不明だが)

>>801
そいつらは航路途絶が現実性を帯びてからの企画

804 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:17:11.03 ID:X80Nmaq4
ラダーを踏んで横滑りさせるのは進行方向と機体の向きに差をつけるため
射撃じゃ見越しで相手の進行方向前方に弾を撃たないと当たらないんで
進行方向を誤認させる事は被弾を避けるのに大きな効果がある

805 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 23:25:53.04 ID:ykCOgbHk
いくらロールが早くても逃げられないことをガンカメラ映像が証明してるのに
それでも分からんようなうましか君がしたり顔で雑誌記事書いてるとかもうね

806 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 23:58:31.74 ID:X80Nmaq4
復元機飛ばしてるパイロットの証言だと零戦のロールは米軍機より早い
翼に重い機銃が無いんで早くなってるのは予想できるけど、それだと
4〜6丁外してる米軍機が遅いのがよく分からん

807 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 14:48:47.01 ID:INn9p0nr
五色豆でも食ってよく考えよう

808 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 19:19:50.58 ID:IzYQDLQ4
食って考えた結果米軍機のがロールが鈍いのは元々だったと分かった

809 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 21:42:00.06 ID:i2NLtS3U
低速ロールと高速ロールで分けて考えてみないか

810 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 21:53:34.31 ID:BN5M7ngM
昔のモデルグラフィックスだっけ、P-40のロールは低速時は疾風に劣るが、
中速時に逆転し、高速時には米軍機の中でも最高 なんて書かれてた。

811 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:12:15.87 ID:MKHh3PcE
P-40と疾風とか
ほとんど戦ってないだろw

ほとんど機種転換済み

812 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:18:43.84 ID:lGAf7Kpg
世代代わりでもしたのか、無知な奴が多くなったな

813 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 22:25:25.25 ID:G031L8a3
最近はロールパンも見かけなくなったな

814 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 23:52:37.11 ID:IzYQDLQ4
洋物フライトシムじゃ日本機は例外なくロールが遅く設定されてるな
スパイラル上昇すれば付いてくるどんな欧米機も手裏剣みたいになって墜落するが

815 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 03:18:25.51 ID:RdnOLPyZ
疾風の22戦隊のリポートでも、P40は疾風より加速時の出足が良いってあったっけ。
ロールも良かったとしても、上性性能が良くなかったので結局はさほど評価されな
かったような気がする。

816 :だつお ◆t0moyVbEXw :2015/10/31(土) 17:58:26.94 ID:BgrZuM1D
>>766
>P-51が総合的に最優秀なのは疾風びいきの自分でも認めるが、

P-51が総合的に最優秀なのは疾風びいきの自分でも認めるが、中国人の筋金入りの知能障害は、
P-51の航空優勢を台無しにしてしまった。

P-51の敵は日本軍機ではなく、中国人の脳に涌くウジ虫であった。

817 :だつお ◆t0moyVbEXw :2015/10/31(土) 18:02:51.68 ID:BgrZuM1D
P-51の航空優勢をもってしても、大陸打通作戦は1945年3月まで続行されていた。
中国人の先天的かつ絶望的な知能障害とその腐った脳みそは、どうすることもできなかった。
もしも中国軍の崩壊を食い止めようものなら、米英はそれこそ「ドイツ打倒優先」を放棄し、
「Dデイ」を大幅延期にして、中国大陸へ向けて派兵しなければならなくなる。

818 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 18:35:40.09 ID:ckUdCBNn
ターボ5式戦2型なら高空のP-51にも圧勝

819 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 20:02:47.13 ID:9bkPZ41x
P-51相手くらいならki-61-IIでもok

820 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 21:23:13.88 ID:2Cs/zMy2
>>818
馬鹿?二型の簡易型排気タービンはそんな高性能じゃないぞww
まあターボって言う奴は大体馬鹿だけどね。

821 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 22:40:26.54 ID:haRTVdoD
スーチャではターボに勝てないことは
モータースポーツの歴史が証明済み

822 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 23:50:04.90 ID:r21YRP9p
モータースポーツ??

823 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 04:27:37.45 ID:Y41ST7hN
ウォータースポーツは別の意味の隠語だからな

824 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 04:39:26.24 ID:L2AWy1k3
>>811はやてが中国でやりあった機体はP51でなく実はP40ばかりなんじゃないか?

825 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 13:15:20.53 ID:vDXdKdTg
中国の陸軍航空がP-40とP-51をかなり誤認、というか区別ついて
無かったのでは?って話は前に聞いたな(日米の記録を照らし合わせると
P-40とP-51が真逆の場合が多いとか)

P-40部隊が頑張ってて大陸やビルマあたりで日本戦闘機(陸軍戦闘機)と
やり合う条件だとP-51との性能差をあまり感じさせなかったってことなんだろうけど

826 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 15:06:54.32 ID:aaXChC1F
機首の形状がかなり違うので、P-40⇔P-51の誤認ってさほど発生しない様な
気もするのだが・・・。22戦隊のリポートでもP-40、P-47、P-51それぞれの
性能上の特徴が報告されている。

827 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 15:20:21.95 ID:k8pOcdnS
>>826
>22戦隊のリポート

学研本の孫引き?

828 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 16:17:18.88 ID:c32YoV9T
アオシマのプラモできました
http://gazo.shitao.info/r/i/20151101160628_000.jpg
http://gazo.shitao.info/r/i/20151101160718_000.jpg
http://gazo.shitao.info/r/i/20151101160754_000.jpg
http://gazo.shitao.info/r/i/20151101160852_000.jpg

尾翼のマークの大きさや配色が世傑の写真と違うけど
簡単には直せないのでそのままです

829 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 17:35:33.33 ID:YXrv2yDL
>>825
>P-40部隊が頑張ってて大陸やビルマあたりで日本戦闘機(陸軍戦闘機)と
>やり合う条件だとP-51との性能差をあまり感じさせなかったってことなんだろうけど

『・・・1942年から43年の間、P−40航空隊は北アフリカ、
シシリー、イタリアの航空戦で鍵となる役割を果たした。ある日の彼らの
任務は爆撃と機銃掃射であり、別の日は中爆の戦闘護衛であった。
その欠点にもかかわらず、この種の航空戦においてカーチスP−40は
優れた兵器であった。それは決して高速で高高度を飛行できる機体では
なかったが、タフで、信頼でき、重武装で、相当量の爆弾を携行でき、
そして中国や太平洋と異なり、交戦した敵機よりもマニューバブルであった。
P−40パイロット達は、より最新のライトニングやサンダーボルト
やマスタングで飛びたいと願っただろうが、ウォーホークはその時点での
唯一の米国戦闘機であり、彼らはそれでベストを尽くしたのだった。・・・』
(カール・モールスワース、MTOのP−40ウォーホークエース
(オスプレイ社刊)より引用)
http://www.geocities.jp/yoyuso/p40/p40gall.html

830 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 18:52:09.75 ID:HSY3hAZG
>>824
P-40もP-51も、日本軍機を蹴散らしてた。打通作戦が成功したのは、専ら中国軍が弱すぎたから。
中国には産業と呼べるものは全く無く、中国人の多くは文盲で、勤労意欲も最低。
連合国からみても中国は戦力の足しにもならないし、戦略的価値も殆ど無い。

831 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 18:59:29.50 ID:drA2LUbk
中国人の脳みそが腐っている以上、P-51の航空優勢は無意味w

832 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 19:02:01.75 ID:8sZ+kCOg
>>824
>はやてが中国でやりあった機体はP51でなく実はP40ばかりなんじゃないか?

対中援助に寄与したアメリカの「フライングタイガー」
フライングタイガーは「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」の略称であり、1942年4月に創設し、
1946年4月、戦争終了後に解散された。創始者はアメリカ人飛行教官の陳納徳(シェンノート)氏であった。
1938年8月、宋美齢の求めに応じて、シェンノート氏は昆明市の郊外に航空学校を設立し、アメリカ軍の基準
で中国空軍を訓練し、中国空軍の対日戦に積極的に協力した。
1941年、ルーズベルト政府のひそかな支持の下で、シェンノート氏は個人団体の名義で巨額の資金を出して
アメリカ人パイロットとエンジニアを募集した。その年の7月と10月に、200余人もの勇敢で危険を恐れぬ隊員たちが、
対日戦参加のために中国に来た。
31回の空中戦で、フライングタイガーの志願者は5機ないし20機のP-40型戦闘機をもって217機の敵機を撃墜し、
みずからの損失はわずか14機だった。それ以後、「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」はフライング
タイガーのマークを使い始め、そのサメの頭の形をした戦闘機も世に名を知られるようになり、「フライングタイガー」
というニックネームも知られるようになった。抗日戦争が終わるまでに、フライングタイガーは敵機を2600機撃墜し、
積載量223万トン相当の船舶、軍艦44隻、100トン以下の内陸河川の船1万3000隻を撃沈するかあるいは大破させた。
また日本軍将兵6万6700人を撃ち殺した。フライングタイガーの隊員のほとんどは中国政府から賞を授与された。
10余人の飛行士はアメリカ、イギリス政府から飛行十字勲章を授与された。
http://japanese.china.org.cn/japanese/170095.htm

833 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 19:06:03.00 ID:ukSm04E0
あまりの誇大報告に本国に送った零戦のレポートすら鼻で笑われて無視されたホラ吹き集団
ホライングタイガー

834 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 19:30:01.52 ID:UmAXl8wB
>>830
朝鮮戦争でチンピラゴロツキも撃破できなかった米軍w

835 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 20:05:43.46 ID:ZvB5VwuX
そのホライングタイガーの送った零戦についてのレポートに脅威感をもち、対抗戦術を検討し始めたのが、サッチ。

836 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 21:20:14.36 ID:ukSm04E0
実はサッチウィーブは当時の一部腕自慢パイロットが吹聴したマイナーな戦術だった
元になるシザース自体は回避機動としては下策で後方視界の悪い米軍機には自殺行為
速度を生かした一撃離脱と真逆の速度を失う一か八かの賭けに過ぎなかった

一般的な防御機動は第一次大戦からジェット時代まで使われてるラフベリーサークルだった

837 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 02:11:26.08 ID:WA4DxVxz
源田の剣を読んでいると日本側の証言でも米側の証言でも
交差機動について結構頻繁に出てくるけどね。

838 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 10:26:55.86 ID:36PNrLuU
格闘じゃ相手の進行方向前方に回りこんで未来位置に射撃しないと当たらない
彼我の進路が交差するのが当たり前だよ

839 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 10:37:13.22 ID:m6iuOJPA
この場合の交差とは、
米軍機同士が相互援護のため行う交差機動

源田の剣くらい、読んでいないのだろうか

840 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:12:12.58 ID:Es2gPZOv
サッチウィーブでの交差射撃はラフベリーサークルで誘い込んで撃つのとは桁違いの難度だぞ

ラフベリーサークルなら当時の照準器の自動補正でも狙える見越しの小さい射撃になるが
サッチウィーブの見越しは照準器に入らない位置の敵機をカン頼りで狙わないと当たらない
まさに達人技

一般的な戦術だと思う方が異常

841 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:20:26.98 ID:fcGFwb18
まさに米海軍では完全偏差射撃を標準戦技として訓練し、照準器もそのために誂えてあるからな

871 名前:名無し三等兵 投稿日:2008/01/30(水) 17:15:55
オスプレイ「ワイルドキャットエース」によると。

・米海軍は偏向射撃を主用したほぼ唯一の航空戦力である。
・このため望遠鏡式照準器から反射式照準器への転換も積極的に実施、サイトの形状も速度と偏向量を把握しやすいような同心円を投影するようにしていた。
 開戦当初、機銃の取り付けは1000フィートで収束するようにし、上記サイトの中心点もこれに合わせるようにしていた。
・ただしこの前提を使いこなすことのできるパイロットはさすがに一握りである。
よって、さらに1943からは、機銃の収束点を外側機銃から350〜250ヤードの範囲で順に内側に向くように設定し(例えば外側300、内側250)、弾道の拡がりのなかに標的を捕捉するように設定、あわせて照準器のサイトパタンも散布範囲を表現するものとした。

842 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:30:30.32 ID:Es2gPZOv
>>841
米軍も見越し射撃が満足にできるベテランが多かったわけじゃない
パイロットローテーションもあって45年2月の本土空襲でも機動部隊パイロットの
3分の2が初出撃のパイロットだった
悪天候も災いした結果、奇襲にも関わらず戦果約60機に対して未帰還損失60機

関東一円での空戦を再現した番組での回想でベテラン不足の両軍がラフベリーサークルを
多用してたのが証言されてるな

843 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:37:58.19 ID:fh2IV2b2
日本機の機銃の命中精度の悪さとかよく聞くなウォーサンダーでもそれが再現されてるくらいだし

844 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:39:09.90 ID:NzIFI959
ボイントンの戦記を読むと、ちょうど落とされる直前、僚機と「左右に交差しながらカバーしあった」とあるな。
これがいわゆるサッチウィーブなんだろ。

845 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:53:08.28 ID:d0i7IElH
>>843
日本軍はチンピラゴロツキ討伐が専門だから。

846 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 11:54:57.52 ID:XJux9KNj
偏差射撃と照準器開発については
こういうのもあるな

0968 名無し三等兵 2012/09/21 12:38:31
>>950
当初 F4F-3 が望遠鏡式。

その後前面ガラスを防弾ガラスに変更するに際して反射式が必要となるが
海軍独自の反射式照準器を持っておらず陸軍航空隊の N2A を導入。

これは海軍独自の射撃術である完全偏差射撃に対応していなかったため、
海軍バージョンのN2ANでは35 ミルの円を設けた。
35 ミルの円は50ノットの完全偏差射撃時の見越し量に相当する。

太平洋戦争開戦後、
300ノット級の目標に対し 35 ミルの円によって
完全偏差射撃のための見越し量を得ることは実用上困難であるとされた。

このため一方で独自照準器開発を開始、
英軍のMk2をもとに 50 ミル、100 ミル目盛りを搭載した Mk8 を開発した。
F4Fへは1942 年夏以降搭載されている。FM-1、FM-2も同様。

847 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 12:07:24.00 ID:9yQo61bV
米軍側での交差機動の普及ぶりについては

五式戦絡みで
1945.6.2-3 と立て続けに鹿児島近辺でF4Uが343空の紫電改と244戦隊の五式戦に損害をうけたときの通達

・第38機動部隊指揮官から各空母航空隊司令あて機密通達

「全搭乗員に徹底せよ。最近九州南部上空において、経験を積み熟練した敵戦闘機隊に遭遇した。
 ジーク、ジョージ、フランク、ジャックおよびトニーとも識別される最新型の高性能機を装備し、
 とくに対空母機戦闘の訓練を積み、疑いなくレーダー管制下の迎撃体制にある。
 この型の飛行機は、場合によりコルセアに匹敵する高速の上昇力を持つと認められる。
 この戦闘機隊は、緊密な二機及び四機編隊、果敢な攻撃性、連携のとれた攻撃法を特徴とする。
 この練度の高い空中アクロバットチームと交戦した我が軍パイロット、殊に特攻機あるいは爆撃機を
 相手に安易な撃墜に慣れ、自信過剰となり瞥戒心をおろそかにした搭乗員はショックを受けている。
 この敵機が上空掩護のもと優位から連携動作よく攻撃してくる場合は、編隊を維持し、相互に掩護
 できるよう即座に交差飛行すれば対抗可能である」

ちょっとくらい日本側が性能に優れたとしても交差機動で対抗可能というのは
F4Fと零戦の関係を思わせる

848 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 12:25:01.17 ID:36PNrLuU
おそらくシムとかでリアルな空戦機動を見た事が無いので勘違いしてるな
敵機が優位を占めて上空援護を受けてるのは降下離脱しないといけない状況

敵機が援護無しでシザースに食いついて初めてサッチウィーブに持ち込める
サッチウィーブする機はシザース機動で速度が落ちる一方なのに上から被られたら
撃たれ放題になってしまうわけだが

849 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 12:50:14.34 ID:Jt7YRtSA
源田の剣といえば、日本側だったかアメリカ側だったか交戦相手がラブベリーサークルを使ってたとの証言を、相手方に聞いてみれば、そんな記憶はない、というのがあったな

850 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 12:53:31.28 ID:Jt7YRtSA
勘違いっつても>>847の通達文書は現物の写真付きで掲載されてるしな

851 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 13:26:09.32 ID:Es2gPZOv
>>849
ラフベリーサークルは経験の浅いパイロットを任された隊長が混戦で一番多用する戦術
自分の前の見方だけを見失わないように飛べ
その見方を追う敵機を射撃しろ
決して逃げる敵機を追うな
これだけで覚えてれば敵味方の区別も難しい混戦でも生きて帰れる可能性が上がる戦術だった

852 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 13:48:51.24 ID:Jt7YRtSA

源田の剣すら読んでないようじゃ相手するだけ時間の無駄か

853 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 13:53:35.62 ID:Es2gPZOv
小説一つの世界が全てだと妄信してるのか哀れな奴

854 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 13:56:50.05 ID:Jt7YRtSA
小説w

やはり時間の無駄だったw

855 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 14:00:30.96 ID:Es2gPZOv
やはりw書く奴が馬鹿の法則も変わらんな

856 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:06:33.93 ID:tA8g4B0J
米軍は偏差射撃と交差機動を訓練していたとして、当時の日本軍はどういう訓練してたの?

857 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:13:17.83 ID:Xcah2ina
38銃の捧げ銃を二時間という過酷な訓練

858 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:36:32.67 ID:36PNrLuU
日本はすり鉢状の地形の中で自転車に乗って敵を常にすり鉢の底に捕らえる訓練してた
下りは漕いでもいいけど登りは漕いだら駄目
燃料も要らず事故で死んだりしないエコな訓練…とも言える

だからエネルギー管理はウマかったが射撃は目一杯近づいて撃てと言われてたな
格闘の達人と言われる人は例外なく見越し射撃も上手かったがそれは実戦で体得する物だった

859 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:39:59.98 ID:Cu0MtVoJ
>>858
資料なに?

860 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:41:54.32 ID:36PNrLuU
昔、丸で読んだ予科練の体験記に紹介されてたがタイトルとか覚えてないな…

861 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:42:04.85 ID:hBXhxolM
エースと呼ばれるパイロットには3種類ある

一つ目は敵の死角から忍びより一撃で撃墜する
いわゆる近接戦闘を得意とするパイロットだ
エースの90%はこれだ

そして二つ目
格闘戦を得意とするパイロットだ
彼らが9%を占める

残りの1%
魔法…敵は奴の撃ち出す弾にみずから突っ込んでいく

862 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 15:46:27.08 ID:36PNrLuU
その説だと
その一代表がハルトマン
その二代表が岩本徹三
その三代表がマルセイユか

863 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 16:23:32.78 ID:QRqITb3y
陸軍航空隊

完全偏差射撃
http://i35.photobucket.com/albums/d198/Todd99/gun6.jpg

見越し量チャート(レティクル何個分)
http://i35.photobucket.com/albums/d198/Todd99/gun7.jpg

864 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 16:45:37.49 ID:QRqITb3y
海軍航空隊

マーク8はミルを測る物差し
http://i35.photobucket.com/albums/d198/Todd99/gun4.jpg

単発機で50ミルなら距離1000フィート!
http://i35.photobucket.com/albums/d198/Todd99/gun5.jpg

865 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 16:55:44.61 ID:QRqITb3y
完全偏差射撃とは
http://i35.photobucket.com/albums/d198/Todd99/gun2.jpg

見越し量の補正
http://i35.photobucket.com/albums/d198/Todd99/gun8.jpg

…2/3ルールとは何か!?

866 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 17:08:20.88 ID:Es2gPZOv
車で急制動した時に何で空走距離が出るのか考えれば分かる
直角交差400mでトリガー引けば弾が出る時の距離は250mしかない
正対射撃なら1000m相手が豆粒みたいにしか見えない交差の一瞬でトリガー引く決意しないと
間に合わない

実際の戦場だと経験だけが物を言うんだよ

867 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 17:38:18.03 ID:QRqITb3y
>>856
例えば
昭和19~20年頃の海軍の練習航空隊の教範

八、対戦闘機空中戦の心得

(略)
2.極力奇襲に努む
3.支援隊の協力
 第一撃は、協力同時攻撃、編隊を緊密になすことが肝要なり。

九、空戦の本随
1.見張り
2.集団威力
3.緊迫一撃必墜
4.長追いするな
5.集合

・単機の巴戦は絶対に避ける
・追尾射撃は十分警戒を要す。初心者は追尾を禁ず
・最大限四分の一旋回
(略)
・敵の二機編隊は極めて巧妙。二機決して離れず格闘戦に入らず。

●対戦闘機戦闘ノ照準法

(イ)一点照準 敵ノ一倍前ヲ常ニ照準。
(ロ)ペラボス照準 敵ノスピンナーヲ照準、R150ノトキハ必中。
(ハ)流シ照準 尾部カラ頭ニカケテ。
(ニ)果跟修正。

以上ノ照準法ハ決シテ混用スベカラズ。

868 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 23:55:03.15 ID:Gfz6MrjC
偏向射撃について。

昭和18.5 の小福田少佐のレポート

戦訓による戦闘機用法の研究(抜粋) 昭和十八年五月三日 横須賀海軍航空隊
小福田少佐所見

 一・南東方面敵空軍の状況(十八年三月現在)

(略)
(ホ)敵戦闘機隊は編隊戦闘に意を用い、特に小隊内に於いては絶対に分離せざる如く指導しあるものの如し。
   「ムンダ」基地に於ける敵戦闘機の銃撃を見るも、二機編隊中銃撃をなすは中一機のみにして、
   他の一機は必ず上空にて支援警戒し、決して銃撃を行わざるを建前とす。
(ヘ)敵戦闘機中(特に「グラマン」)には、我が戦闘機に対し下方よりする「ブラ下り射撃」、
   或は前方若しくは側方射撃を実施し、而もその精度侮り難きものあり。

869 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 00:32:25.03 ID:IYZAQhos
ぶら下がり射撃は零戦がF4F相手によく使ってたループでF6Fにも同じ手使って追いつかれて撃たれる例が増えたからだな
F6Fで零戦の初撃墜を記録したパイロットの回想で紹介されてた

870 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 00:54:09.43 ID:HuuxQhSj
交差機動と前方射撃

ミッドウェー海戦におけるヨークタウンCV5からの
1942年6月18日ニミッツ宛アクション・レポートでは以下の通り。
そしてヨークタウン第3戦闘機隊の指揮官がサッチ少佐である。

・日本戦闘機は対戦闘機戦闘において高速にて後上方から攻撃を行い、
 垂直上昇でリカバーする。若干の速度低下にて旋回を完了し
 射程外に逃れつつ次の攻撃のための占位を終了している。
 それは優れた上昇力と運動性のアドバンテージを活用している。

・わが方は、攻撃後に急反転を行うことにより、
 日本機に対し挟み込みに持ち込みヘッドオン射撃機会を得る可能性がある。

「ヘッドオン云々」は前記の機動を思わせる。
 ttp://en.wikipedia.org/wiki/Image:Weave_plain.svg

871 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 01:20:34.97 ID:oodaQK7p
>>869
>>868の時期だとF6Fと零戦はまだ交戦していないのでは?

872 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 08:41:22.76 ID:IYZAQhos
>>871
それもそうか
回想じゃオーバーシュートした零戦が前を上昇していくのを見た米パイロットが
相手が撃たれ易い稚拙な動きをする素人だと思って追いかけて、反転する所を
下から銃撃して撃墜してる

戻ってから仲間に話したらソレは零戦がよくやる吊り戦法でF4Fが沢山食われた
ヤバい技だと聞いてF6Fに乗ってて助かったと青くなったそうだ
戦後撃墜した相手が有名なベテランパイロットだと知って更に驚いたそうだが

873 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 12:29:49.63 ID:Iwjvmz0z
いつまにか、マニューバスレに

874 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 16:24:19.23 ID:QtP7nAtw
>>871ヘルキャットの実戦参加が18年10月だと知らないんだろう。

875 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 11:02:52.38 ID:52Le/AUu
源田の剣の各事例をうかがうと、3/19 以降の戦闘でもみられることですが、傾向として以下のことが言えるようです。

・343空側が高度優位、機体数も若干優位で戦闘を仕掛ける機会は多い
・第一撃でヒットすればそのまま戦果に結びつくがあまり当たっていない
・それ以降は、米軍機の交叉機動によって射撃機会を得られず、そのうち側方射撃をうけて返り討ちに遭う

876 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 23:45:06.82 ID:4hVCNmfm
シザースなんかしてもベテランなら引っかからんからな
日本側のパイロットに戦後サッチウィーブの話をすると口を揃えてそんなのに引っ掛かるのはヒヨっ子だと言ってる

877 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 23:47:38.94 ID:6KKryIHQ
どこの国でもうそうだが大半がヒヨっ子なんだよな

878 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 23:53:22.35 ID:Vq1sRiub
サッチウィーブを察知したんですね

879 :名無し三等兵:2015/11/05(木) 23:59:42.38 ID:4hVCNmfm
実際はヒヨっ子だと前の機を見失わないように付いて行けと教えられるので
頭に血が上って言われた事忘れてる奴か、隊長までヒヨっ子でないと引っ掛からない

相手がシザース始めてブレイクすると射程内なら頭を少し振るだけで弾幕に
相手が勝手に突っ込むし、射程外ならハイヨーヨーか後続任せで上昇に移るんで
後ろの見えない米軍機じゃだいたい撃たれる一方になる

880 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 09:05:59.89 ID:GkAfCZka
>>876
>日本側のパイロットに戦後サッチウィーブの話をすると口を揃えてそんなのに引っ掛かるのはヒヨっ子だと言ってる

これは興味深いソースよろしく

881 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 11:38:54.19 ID:Gw/qQm9U
岩本徹三だか坂井三郎がインタビューで話してた事じゃね
どっちも一撃離脱主義だったからな

882 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 19:25:10.98 ID:K2dbpkcO
達者な戦闘機乗りが敵編隊の背後をとったら、狙うのは最後尾のヒヨッコだよ
どんな国の飛行機でもまずやられるのはヒヨッコ

883 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 20:29:12.68 ID:7cnmMJG+
最後尾はカモ番て言われてベテランの中でも中堅が付いてたって話
ヒヨコに任せたら見張りがヤバいからな

884 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:21:23.21 ID:JRsyAfR6
英語wikiを見るとサブローサカイはサッチウィーブの証言者になってるな

 "For the first time Lt. Commander Tadashi Nakajima encountered
 what was to become a famous double-team maneuver on the part of the enemy.

 Two Wildcats jumped on the commander’s plane.
 He had no trouble in getting on the tail of an enemy fighter,
 but never had a chance to fire before the Grumman’s team-mate
 roared at him from the side.

 Nakajima was raging when he got back to Rabaul;
 he had been forced to dive and run for safety."

885 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:51:21.14 ID:ComxgrQu
>>835
サッチウィーブは
高性能戦闘機に低性能戦闘機が複数で
対抗するために考えられたんだよな
実験のときはスロットルを半分に絞って
テストしたそうだ

886 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 00:33:32.83 ID:XnUJevVu
>>847のように
実際に普及していたのなら、交差飛行する編隊というのは日本側にも認知されていたと思うが、攻めにくいと受け取られていたんかね?

887 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 18:25:02.92 ID:ux+/cox3
本田稔飛曹長

「我々が攻撃をした編隊の前を飛んでいた敵機は、編隊後方での異変を知るやすぐ防御態勢をとった。
 そのチームワークのよさは当時の日本戦闘機隊の平均レベルを上廻る手際よさであった。
 即ち編隊がさっと二手に分かれ、互いに蛇行運動を始めたのである。
 これは我々が敵の一方の編隊に攻撃をかけようとすると他方の編隊がそれを側面から邪魔する体形である。
 従ってこの編隊には容易に近づけなくなるのである。」

「私はバリカン運動を続ける編隊をあきらめ(略)」

888 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 20:22:51.15 ID:zcDIOhL2
多分その文章ライターの創作じゃね
いかにも戦後知識で書いた文面じゃんw

889 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 22:15:47.27 ID:lBJMeB0/
まあ少なくとも

>>876
>日本側のパイロットに戦後サッチウィーブの話をすると口を揃えてそんなのに引っ掛かるのはヒヨっ子だと言ってる

の事例では無さそうだな

890 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 22:47:32.68 ID:GI+N/xd5
爆撃機の直援戦闘機が爆撃機編隊の上空でバリカン運動するのはBoB辺りからだったかな

891 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 23:49:18.71 ID:Q4fenl8J
本田さんは空自にいたからこういう空戦機動とかはライターなんかより知っていたかもネ

892 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 00:49:20.45 ID:rZhFjS9H
>>891
そう思いますね。
戦中と戦後の比較をされている事でしょう。

893 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 20:10:55.23 ID:xPhr8Y28
どこかの金持ちが五式戦のレプリカつくって飛ばさないかな

894 :名無し三等兵:2015/11/12(木) 20:28:56.15 ID:IWzBj88d
という漫画を昔見た希ガスる

895 :名無し三等兵:2015/11/13(金) 02:36:38.63 ID:HzjhnTMa
六三四の剣なら読んだ

896 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 15:57:00.04 ID:r0EsnPzT
20mmおろして25mm積もうぜ

897 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 17:43:01.53 ID:twWUTPtd
重すぎだからホ4積もう

898 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 21:55:55.37 ID:H+WkRX1p
なんで機首にホ5で翼内機銃をホ103にしたんだろう
逆の方が良さそうなのに

899 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 08:50:45.68 ID:vRyq6SRj
>>898
主翼に入んないからだよ。
翼の一番良い場所にゴツい主桁が通っていて、武装も燃料タンクも置くスペースが少ない。
三式で桁前にマウザーが入ったのは奇跡。

900 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 15:42:39.45 ID:SsEV183M
              エドガーケイシー『ロシアは世界の希望』
         マイトレーヤ『WW3は起こらない。アメリカこそ世界の脅威』

       間もなく世界経済クラッシュ! UFO出現! 左翼市民が大勝利!
            さぁどこに逃げる? 親米ポチのバカウヨ(笑)

       UFO出現の直前に、墓穴を掘ってしまったな自民党!!m9(^Д^)
  地デジ普及がマイトレーヤの世界演説のためだと知らない情弱→安倍信者www

          沖縄と福島を日本のパレスチナにした罪を償え、命で!



急に発表になった(着々と準備をしていた)「防衛装備庁」、1800人体制で発足。文部省についで2位の規模。日本は「死の商人」に突き進んでます。
https://twitter.com/tokoton_studio/status/644508002704343041
勇気あるパレスチナ人少女が「世界は私達の味方、貴方達のではない」とイスラエル兵に訴える。(動画)
https://twitter.com/komatsunotsuma/status/654327295209897984

アメリカの有名な予言者エドガー・ケイシーの1935年の予言。それは共産主義崩壊の後ロシアは『世界の希望』となるだろう、という予言だ。
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=100424&pk_campaign=201301-blog-to-twitter
メドヴェージェフ『世界が地球外生命体の実在の真相を知る時がきた。アメリカが公式に認めないなら、クレムリンは独自に情報公開する予定だ』
https://www.youtube.com/watch?v=gAE5665i3lQ

上念司「日本が破産するとか、嘘ですからね。僕、彼ら全員、訴えてやろうと思ってますけどね。」
https://www.youtube.com/watch?v=_m1ruaXIdkU
上念司「一時的には落ち込むけど、いずれ来年は日本経済および世界経済は復活するだろうと、テロに負けない経済になると思う。」
https://www.youtube.com/watch?v=w5bq536xTpY



全世界の中央銀行が前代未聞の速さで米国債を売却 ・・・いよいよかな!?
https://twitter.com/tokai amada/status/666373756168736768

901 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 15:44:23.55 ID:SsEV183M
日本から始まる世界的株式市場の大暴落

      , - ―‐ - 、
     /         \    終いには政府にも支えることができなくなり、日本がアメリカ国債の25%を引き出すと世界経済が破綻します。
    /    ∧ ∧  ,   ヽ    それが最終的な暴落であることがはっきりするや否や、マイトレーヤは出現し、テレビに出るとき日本語で話すでしょう。
   ./  l\:/- ∨ -∨、! , '
  / ハ.|/          ∨|,、ヘ     最初になくなるのは世界の株式市場でしょう。彼らは世界を餌にして生きており、何も還元しません。                ×竹中&小泉
|ヽ' ヽ     >  <    ノ!       マイトレーヤは次のように言われる――かれらは自分の財産を隠し、犯罪的雰囲気さえも創出している。
〈「!ヽハ._    __    _.lノ 
 く´ \.)    ヽ. ノ   (.ノ        政府の第一の義務は、人々を食物で養うこと、そして最後に防衛です。国民の意志を裏切ると、自殺や殺人につながる。 ×黒田&安倍
  \ `'ー-、 ___,_ - '          マイトレーヤは原発の閉鎖を助言されます。飛行機なども原子のパターンが妨害されると墜落は必然である。        ×東電&中曽根
    ` - 、 ||V V|| \
       | ||   || l\          彼の最初の控えめな態度に混乱してはならない。マイトレーヤが公に現れるにつれて、UFOが姿を表すでしょう。
     / ″         \
(((  /  まる子れーや \     世界平和の脅威は、イスラエル、イラン、アメリカです。イスラエルの役割は跪いて、パレスチナに対する許しを請うことです。  ×アンネの日記
    ̄ \_ \ /_/ ̄   非人道的な押し付けは、自由貿易としてまかり通っている。アメリカによる他国への虐待に反対の声を上げなければなりません。 ×TPP&対テロ戦争

彼らは今世紀(21世紀)をこの帝国が出来上がるアメリカの世紀と呼ぶ。しかし、そうはならないだろう。
彼らが世界中に‘民主的’制度を確立したいという衝動をコントロールするのは、マイトレーヤの任務である。                                  ×親米ポチwww(笑) OTL

902 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 15:45:34.63 ID:SsEV183M
マイトレーヤは「匿名」で働いております。
非常に間もなくマイトレーヤを、テレビで見るでしょう。
マイトレーヤは毎日テレビに現れ、質問に答えるでしょう。
マイトレーヤの唇からますます厳しい警告と重みが発せられることを覚悟しなさい。
マイトレーヤはテレビやラジオを通して何百万もの大勢の人々に語りかけるでしょう。
マイトレーヤと名乗らずに、彼は声なき人々、スポークスマンをもたない人々すべてのために語るでしょう。

マイトレーヤが世界に向かって話をする準備は良好に進行している。歴史上で初めて、世界的規模のテレパシーによる接触が起こるのです。
テレビ中継はこの出来事のために存在するのであり、25分か35分くらいかもしれませんが、この時、初めてご自身の本当の身分を明らかにされます。

14歳以上のすべての人々はマイトレーヤの言葉を彼らのマインドの中で、自国語で聞くでしょう。テレパシーは徐々に話し言葉に代わるでしょう。
14歳未満の子供たちは、何が起こっているかを知りたがり、親からそれを知らされるでしょうが、マイトレーヤとのテレパシー的な連結は生じないでしょう。
Q 多くの子供たちは用意ができておらず、とても恐れています。
A 恐れる必要はありません。

火星には地球上よりも多くの火星人がいます。火星の人々は地球人よりも小さいです。テクノロジーに関しては、私たちは何千年も遅れています。
私たちにとっては彼らの姿は見えません――エーテル視力を持たないかぎり。
UFOを見ることはエーテル視力を持つ子供たちがどんどん生まれてくるにつれて次第に生じるでしょう。それは眼の発達です。
核エネルギーの放出が起こるのはエーテル・レベルであり、それはかつて地球上で起こった最も致命的なエネルギーの放出です。
いま既に、新しい時代のために適応した子供たちがよりたくさん生まれてくる時期に入っています。

2歳を過ぎたころには「放射能があるから砂は触れない」「葉っぱは触っちゃだめ」などと口にするようになったという。りうなちゃんは去年の暮れ、脳腫瘍のために亡くなった。
https://twitter.com/TomoyaMorishita/status/648628684748816384

903 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 15:49:47.43 ID:SsEV183M
福島沿岸部「認知症の表面化が増加」 南相馬では認知症の割合が圧倒的に多い」
https://twitter.com/neko_aii/status/662265364680544256

認知症の過程は放射能汚染によって加速します。
自閉症もまた、しばしば大気中の放射能の結果です。
あらゆる種類の癌の増大もまた核放射能によるものです。
慢性疲労、癌、エイズなどの多くの病気を引き起こします。
免疫システムが弱体化し、この崩壊の結果がアレルギーです。
それはわれわれの免疫組織を破壊し、ずっと昔に征服された病気が今また復活しはじめています。
人々は肺炎やインフルエンザやHIV/エイズなどたくさんの病気に抵抗することができなくなっています。
世界中で病気、主に皮膚、心臓、肺に関する病気の発生率が上昇しています。河川の汚染は社会に対する犯罪と見られなければなりません。
原子炉から漏れ出している放射能が、増加するアルツハイマー病や自閉症を含む現在の多くの病気の原因となっており、より若い人々に起こっています。

日本もさらに多くの原子力発電所を作ろうとしています。
多くの人々が核の汚染の影響で死んでいるのに、彼らは幻想の中に生きています。
人々は、放射の影響で不必要に死んでいます。汚染による死者の数は、他のいかなる原因よりも多いです。

マイトレーヤが公に話し始めるとき、彼はこのことについて話されるでしょう。原子炉を速やかに閉鎖することを勧告されるでしょう。
彼は質問に答えて、世界中で何十基もの原子力発電所を建設する計画は破棄されなければならないと非常に明確に言われるでしょう。
人間が生きるための呼吸そのものが脅かされている−−彼はいかなる人間よりもその危険をよくご存じである。

Q 日本の福島では多くの子どもたちが癌をもたらす量の放射能を内部被ばくしていると考えられています。これは本当ですか。
A はい。遅かれ早かれ、原子力エネルギーはあらゆるところで放棄されるでしょう。
Q 福島県民やその付近のすべての住民(たとえば30km圏内の住民)は永久に避難すべきでしょうか。
A 永久にではありません。発電所が閉鎖されれば1年か2年で戻って来られるでしょう。

904 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 15:55:50.21 ID:SsEV183M
                  【 警告 】

川崎病の年間患者数、史上最高に 1万5千人を突破、ピーク時を超える 最初の報告は水爆実験後。本当の原因は被曝
厚生労働省によると平成23年から平成25年の累計死亡者数は360万人以上に急増。今の日本は太平洋戦争時の時と同じくらいの勢いで人が亡くなっている
除染袋回収の作業員5人 疲労で動けず、自衛隊など救助  被曝障害だろうよ 死んだように眠る人々(写真多数)
http://s.ameblo.jp/kaito000777/entry-12031605335.html

【川島なお美の食べて応援が恐怖すぎる】自宅でも進んで食べて応援
1年後・軽くぶつけただけで肋骨骨折 2年後・眼球から出血は半年に一度 3年後・胆管に腫瘍、血液検査は異状無し 4年後・逝去 夫は片目失明、愛犬もがん
https://twitter.com/2ch_NPP_info/status/648256313571479552

・・・ 今も、原子力緊急事態宣言中… 対策本部長は安倍首相。


    2015年に亡くなった著名人

    今井雅之さん 54歳
    盛田幸妃さん 45歳
    松来未祐さん 38歳   泉政行さん  35歳   宮田紘次さん 34歳   黒木奈々さん 32歳
    丸山夏鈴さん 21歳   椎名もたさん 20歳

俳優の阿藤快さん、(死因は大動脈破裂)が一押ししていたすし店『海味』の大将も、今年の9月に死去 (魚、危ない、汚染されている!)
https://twitter.com/komatsunotsuma/status/666410144335441923


                  【 卑劣 】

三菱商事の核ミサイル担当重役は安倍晋三の実兄、安倍寛信 三菱重工の重役でもあるらしい
これがフクイチで核弾頭ミサイルを製造していた疑惑がある 書けばツイッターで速攻削除されている
安倍晋三の兄が関与している三菱重工 核開発疑惑についていくつかツイートしたが、反応がないから変だと思って、
自分のタイムラインを調べてみたら、完全に削除されていた。私のツイートで、安倍政権に都合の悪い情報は速攻削除されている これは驚いた ここまでやるのか
https://twitter.com/toka iamada/status/664017453324726272

905 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 23:00:32.13 ID:4R6J+Rx1
>>899
マウザーが入るならホ5も入るもんだと思ってたわサンクス

906 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 18:40:00.30 ID:LgtAeDdx
主翼にホ5が積めない って事は三式戦はやっぱ設計ミス?。
命中率の面だけで見れば、機首装備はプラスだろうが、大幅に機体重量が
増えた なんて書かれてたような・・。

907 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 21:05:11.13 ID:xHor0H0y
主翼に大型のイスパノ機関砲を積むように軍に指示されたホーカータイフーンが
要求を満たすために厚い翼とし
そのために予想よりも性能が低下した。軍の強い要求でうすい主翼に改造したら
ホーカーテンペストで700キロ以上出るようになった

908 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 22:38:11.57 ID:qVBfdH9T
疾風は乙型で主翼もホ5に換えて火力強化したが、さほど重量が増大したって
話は聞かないような・・。試験飛行では660キロを出した なんて記録も
あるようだし・・。
あくまで勝手な想像だが、燃料搭載量を減らしたりして全備重量を調整したのかな 
なんて思ってしまう。

909 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 22:46:46.36 ID:3gJiwl4x
>>908
いや疾風は元々主翼が20mmで、乙から20mmに変わったのは胴体銃の方だよ。
三式戦の頃のホ5は良く榴弾の暴発を起こしていたので、
胴体銃で装備するときはエンジンへのダメージを防ぐため機体外板を厚くする必要があった。
結果重量増し増しで性能が悪化

一方、疾風乙型の時は暴発問題が解決してた筈だから、
補強が要らなかったんじゃないかなぁ(これは推測)

910 :908:2015/11/21(土) 23:39:53.54 ID:tmxMmqrA
>>909
レス、サンクスです。
そうでした、疾風は乙型から(主翼ではなく)胴体もホ5に換装だった(失礼)・・。
乙型が登場するのは1945以降だったはずだから、ホ5の暴発問題は解決済み
って考えるのが自然なんでしょうね。

911 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 00:12:26.30 ID:H5+VHa9d
>>906
もともと1型の設計時点でホ5を積むことを考えていない
それは2型翼て行う予定だった

>>910
キ100はホ5機首装備
暴発対策の鋼板も必要なくなっている

912 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 17:42:57.89 ID:Pudy93pQ
https://www.youtube.com/watch?v=0aO8rr6XlBs

913 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 20:25:14.51 ID:JGgJ/1+r
ホ5の暴発は信管の改良で直ったとされてる
機銃スレでは肝心の空気信管の真偽がまた云々される状態だが

914 :910:2015/11/22(日) 23:42:51.57 ID:5VqxLcoA
>>911
なるほど、ありがとうございます。
ところで、キ100とは何でしょうか?

915 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 04:14:42.48 ID:VzPj2uI2
キ100でも別に伝わるからいいだろ
こんなのに目くじらたてるとか終わってんな

916 :910:2015/11/23(月) 06:32:17.79 ID:DlQ1mDsW
>>915
914は別人。908・910とは違う。こんな成りすまし何の意味があるのか解らないけど・・。

キ100で暴発対策は不要となった点はわかりました。ありがとう です。

917 :名無し三等兵:2015/11/26(木) 01:39:56.15 ID:gtEtOzFV
>>887
戦中の茨城空のものとおぼしき教範類を見ると、戦闘機単体の「バリカン運動」について触れていた

918 :名無し三等兵:2015/12/06(日) 21:26:25.18 ID:xbPVy/mt
搭乗員になってた夢を見た1

919 :名無し三等兵:2015/12/08(火) 16:39:38.27 ID:UNQqfcsG
20mmじゃ威力がイマイチだ。30mm積もうぜええぇぇ。

920 :名無し三等兵:2015/12/11(金) 19:46:33.64 ID:ncipX3FZ
五式の本、品切れだ・・・・

921 :名無し三等兵:2015/12/23(水) 19:09:54.59 ID:6gZpvi9s
三式の修復模様見てきたで
http://chuplus.jp/pic/131/o/304339_0_00.jpg
こっから塗装剥がした状態ですわ

922 :名無し三等兵:2015/12/23(水) 19:16:11.19 ID:rIOQ3dJl
>>921
レポ 乙

923 :名無し三等兵:2015/12/23(水) 20:06:15.05 ID:Op0w6FN1
>>921
これは良い報告 

乙であります!

924 :名無し三等兵:2015/12/24(木) 00:21:07.11 ID:xmJhXukC
3式は高高度に強い機体なのにこの塗装だと敵機よりも
低空飛んでる事が多かったんかね

925 :名無し三等兵:2015/12/24(木) 10:23:49.06 ID:P1QH8e/F
?この2型に関して言えば横田の審査部に有ったもので鹵獲時の塗装は不明で存在が明らかになった古い写真では無塗装。
244を模したこのペイントは知覧に落ち着いてからのリペイントだ。
244の迷彩は空中での視認性では無く地上での損害対策カモフラージュだ。
調布の大格に施された迷彩も似た感じな事でその事はわかる。
飛燕の高高度性能が良かったって言うのはこの数少ない2型に限っての話で1型各タイプは過給機性能のおかげで同時期の日本機よりも多少良かった程度で決して高高度性が良かったわけではない。

926 :名無し三等兵:2015/12/24(木) 21:05:39.89 ID:PPAZwTsr
雑誌の記事読む限り報道向けに公開されただけで
誰でも見れる状態じゃないような気がするが
塗装剥がした写真は12/21発売の航空ファンとかJWingsに出てるね

927 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 01:17:36.69 ID:q316ICXo
はい、小さな子を持つ大きなお友達にプレゼントやで〜
http://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20151223-OYTNT50138.html

928 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 04:59:29.96 ID:pGO9738g
>>927
川重に倣ってスバルもフライアブルだった疾風救ってやって欲しいわ。

929 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 08:54:50.21 ID:YHkH+Gzl
ki-61は軽量化してB-29迎撃に多用されたし日本機としては高高度性能がいい部類だろう
高度をとるのに時間がかかるだけで上がってしまえば優位から降るのに絶好の機体だった

930 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 17:27:59.76 ID:M0tF6BSP
別に高高度性能が良いからB-29迎撃をやっていた訳じゃない。本当に良いなら震天特攻のように軽量化する事もないだろw
強いて言えば不要な程丈夫な飛燕は体当たり後の生還率が高いぐらいが利点だ。

931 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 18:24:38.43 ID:YHkH+Gzl
>>930
軽量化したのは本来の高高度性能を発揮するため
零戦なんか軽くしたくてもあれ以上どうしようもないんだからな

932 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 18:38:41.63 ID:aHIF0V/t
そもそも完成時の重量がアレだし、高高度戦闘を求められたわけでもないのに「本来の」もへったくれもあるか

933 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 21:39:24.49 ID:L1Uevwyk
>>929
妄想で書くとかはずかしくないのか?

934 :名無し三等兵:2015/12/25(金) 23:28:59.69 ID:0KiMiUD+
俺の手元の資料には、疾風は9000mでP51とまともに戦える重戦だと書いてある

935 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 13:43:51.02 ID:+8BxoIWN
別に飛燕が高高度性能が良かったからB-29迎撃に使われて名を上げたわけじゃない。
F-13飛来時手も足も出なくて帝都防空部隊としての244戦隊は風当たりが強かった為に
軽量化して空中特攻を行って戦果があったから有名になっただけだよ。
244では震天制空隊以外にも体当たりを行っていて合計18回になるが生還したのは11回になる。
二度行った人が3人うち二人は2度とも生還してる。もっともそのうちの一人N氏の体当たりは
2度とも疑惑があるが。

無知君が一人頑張ってるなw

936 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 14:55:38.06 ID:H160nY+B
>>934

源田の剣 改訂増補版 米軍が見た「紫電改」戦闘機隊全記録


今回も戦闘は米軍側が高度劣位の「紫電改」を一方的にリードする形になった。(中略)

P51は「紫電改」を上回るスピードをもち、しかも上空にいた。

「すべて敵の方が優位である。味方が四千メートルぐらいで、 P51が降ってくる。
それを回避しながら、態勢を整えて攻撃に入る。攻撃をかけてきた敵機は、これまた凄い上昇力で、
どこまでも高度をとっていく。紫電改はこれ以上の上昇力はない
そこで機体を水平に戻すと、また上から降ってくるのである。

937 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 15:40:14.21 ID:jTNTV/Fc
やはり疾風と紫電改は違うということか

938 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 15:47:14.34 ID:iXa8ifsw
この文章だけで紫電改と疾風の優劣が語れるって千里眼かよw

939 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 16:22:57.12 ID:jTNTV/Fc
疾風は>>934とのレスがあるからな

940 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 17:32:09.24 ID:flSQX3ay
飛燕復元メーカー自らやる以上は飛行可能とまでいかなくても
エンジン稼働タキシング可能くらいにはならないものか

941 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 18:30:30.93 ID:xzlvKf1y
>>940
アメリカだったら、時間をかけてでもフライアブルな状態に仕立てそうだけど、
この場合は日本で、しかも1年で修復だからなぁ〜・・・。

942 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 18:37:05.83 ID:iXa8ifsw
そんなの簡単には行かないのは猫でもわかるんだが。
沢山ある栄でさえ実際に回せるのはPOFの奴だけ。他でも何回も試みられたが結局全部失敗。
それにこの機体は2型だぞ。一層困難だろう。ニワカは簡単に言うけど。

943 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 18:46:22.90 ID:jTNTV/Fc
ニャー

944 :名無し三等兵:2015/12/26(土) 20:49:03.12 ID:sBjWQkhc
赤とんぼみたいに7/8スケールで復元。

945 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 01:16:56.57 ID:9DHsqGRR
プロペラ回ってちょっと走るだけでいいんだから
プラモみたいにエンジンの中にちっちゃい原付きエンジンでも仕込めばいいだろ

946 :名無し三等兵:2015/12/27(日) 08:22:33.52 ID:P1AhXqzE
子供かよw

947 :名無し三等兵:2015/12/28(月) 11:45:22.16 ID:GPCsEbm+
この飛燕こそ各地を巡行してる間に輸送の為に主翼を切断した奴なんだよね。
疾風と誤って伝えられて未だに信じてるやつがいるが。

948 :名無し三等兵:2015/12/28(月) 13:39:40.14 ID:U/PM7VvK
>>947
>疾風と誤って伝えられて未だに信じてるやつがいるが。

少し前のお前のことか

949 :名無し三等兵:2015/12/28(月) 19:46:11.31 ID:tBec5euP
>>947 疾風もちょん切られたんじゃないの
飛行不能にされてマロニーが激おこしたという記事を昔○メカかなんかで見たけど

950 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 11:39:06.82 ID:ufIkBaQZ
>>949
昭和脳wwwwwww

951 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 12:25:31.59 ID:ufIkBaQZ
POF疾風は入間で飛行後富士重の宇都宮に保管されていたがPOFから買い取った
本人が死去、その後嵐山→白浜と移転するたびに心無い来場客にバーツを奪われる等の
劣悪な展示環境の為に飛行不能となった。
マロリーが他の機体と交換で良いから返してくれと言ったのはこの時期。
翼が切断されたの富士重が露天放置していたの流言飛語が飛び交って富士重を非難する声もおこり
公開質問状出した人がいて富士重は室内保管で保管中エンジンテストは定期的に行っていたとし
その時の画像、嵐山に搬出する画像などを公開した。
少なくとも疾風は一度も翼を切られた経歴はない。
戦後の大戦機の価値などわからなかった時代ではない。
飛燕は長らく米軍横田基地内に野外展示されていたが、53年に日比谷でライト兄弟飛行50周年記念博が開催され
その展示に為に剣とともに横田から搬出されたが道路幅をオーバーするために翼を切られそのままの状態で展示されたので
昔の世傑にもその時の写真も載ってる。

952 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 12:50:20.20 ID:TRLH1W4k
駄文よりこれ読んだ方が手っ取り早いよ

http://www.warbirds.jp/text/ju87/hayate.htm

http://dansa.minim.ne.jp/CL-Ki61.htm

953 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 15:16:50.66 ID:UOv2yFnC
ki-61は元々主翼と胴体をボルトで繋いであって重心に合わせてずらせるようになってるだろう
他の機体より簡単に主翼を外せるはずなのに何で切断する羽目になったのかね

954 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 16:58:21.64 ID:m77uGFpE
だからそういう荒っぽい時代なんだよ。
そんな面倒な事してられないってね。
今の価値観で語ってもしょうがないよ。

955 :名無し三等兵:2015/12/29(火) 22:09:54.14 ID:7J/zONY3
輸送業者はそんなこと知らんかった、が正解だろが
後に土井さんがそれを知って、聞いてくれれば分解の仕方教えたのに、と残念がったと
何かで読んだで

956 :名無し三等兵:2015/12/30(水) 08:50:49.18 ID:IcWUR0e7
何年も風防開けっ放しで露天展示していたんだからボロボロでそんな手間かけるなんて頭になかったんだろ。
グアムゼロも主翼ぶったぎってたしね。

957 :名無し三等兵:2015/12/31(木) 21:04:46.77 ID:uIX+E1SH
嵐山にあったときは触り放題で良かったなぁ(遠い目)

958 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 03:10:37.41 ID:IdsxWq5U
飛燕は嵐山にいた事ないみたいだけど・・・

959 :名無し三等兵:2016/01/01(金) 14:56:07.68 ID:rQpuMOI6
疾風のプロペラこっそりちょっと回してみたら
軽く回って驚いたなぁ(遠い目)

960 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 12:16:07.09 ID:jAMjSEqa
疾風が飛ばせなくなった元凶はあなただったんですねw

961 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 12:48:39.99 ID:UIDRw0VE
嵐山にあったときこっそり乗り込んでみた椰子
けっこう居たんじゃなかろうか

962 :名無し三等兵:2016/01/02(土) 19:02:37.04 ID:ZI0j/jYm
それで計器類の盗難が相次いだんだよ。

963 :名無し三等兵:2016/01/03(日) 08:22:51.67 ID:6z6dmrUK
超貴重な誉がよく盗まれずに済んだものだ

964 :名無し三等兵:2016/01/07(木) 13:07:35.24 ID:YvmQQHU5
疾風のエンジンならハ45だろw

965 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 11:45:01.17 ID:uJCPNCtU
陸軍呼称のハは発動機キは機体ホは砲なのかもしかして
とすると国鉄のキハとかモハとかモフって一体何の略だ?

966 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 14:58:18.83 ID:jRYIifxW
チハたんのチハはちっちゃい花の略

967 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 17:27:52.05 ID:Md0lg+Qd
靖国で見る実物のチハたんは
すごく、おっきいです・・・

968 :名無し三等兵:2016/01/08(金) 22:09:32.92 ID:05JpgVMO
>>965
モフなんてねえょ

969 :名無し三等兵:2016/01/09(土) 02:44:30.81 ID:tiUz6JpW
キ67に採用したフルフェザリング・プロペラ機構を、
キ100にかっぱらってきたら、
最高速付近のプロペラ効率って向上してたんだろうな、恐らくは。

970 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 23:37:45.73 ID:fHC/xVmA
俺も金持ちになって5式戦を復活させるんだ!

971 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 08:55:07.66 ID:m4Vk/0q4
ついでに愛称も決めてくれ
ウルフ繋がりの牙狼で

972 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:08:22.83 ID:E3Be/UJf
今号のモデルアートにレストア中の2型のかなり詳細なレポートがあるね。

973 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 23:14:07.29 ID:E0+n0DKB
>>972
買ってきた!
サンクス!!

974 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 00:35:29.40 ID:m9ao8VXo
せっかくメーカーレストアしてんだから詳細図面作って
ロシアで10機くらい新造してもらえばいいんじゃないの
5機は5式戦でおk

975 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 09:38:24.62 ID:qMhfcUJM
エンジンは再生産Yakみたいにアリソンかw
まあ10機は需要がないだろうけどねw

976 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 10:58:45.35 ID:cBAefhDm
アリソン積んだこんな飛燕
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/58/53/77b0b94a4883ccbf0de829eb91a204be.jpg

977 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 11:00:41.38 ID:TMU7Fkc9
お前らには悪いが
疾風こそ日本のベストファイターであり、第二次大戦最優秀機の一角に挙げても良いほどのもの
五式戦は所詮はつぎはぎの急造戦闘機であり、廃品が意外に使えてラッキーというだけ
稼働率も信頼性も疾風と大差ないことは判明してるしな


で、乗れと言われてどちらを選ぶかって?
五式戦に乗りたいです

978 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 11:01:31.05 ID:XfvPptR/
>>976
二重あごブッサイクだわw

979 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:06:28.31 ID:/qZQFibf
>>976
なんじゃこのマツコ・メッサーシュミットは…

980 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 23:44:16.96 ID:Y4Ue4vWf
ブチャンだっけ

981 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 00:38:09.14 ID:al3ENDNv
>>976
何かに似てると思ったら煮干かよ

>>977
わろたw

982 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 09:46:13.17 ID:zOzqcSgz
ブチョンね。大きな喉とかペリカンって意味ね。倒立V型エンジンの調達は難しいからアリソンなりマーリンなり積めばこんな感じになるね。
因みに画像のイスパノメッサーはマーリン搭載ね。

983 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 11:06:22.87 ID:b+k5GbQR
>>977

君は正直者。

984 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 12:54:05.85 ID:kQY2LR8r
空軍大戦略で使ってたな

985 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 15:39:14.50 ID:FrVK83e7
>>982 アリソンやマーリンを逆さに積めばいいんじゃね?

986 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 23:40:13.78 ID:zy+Naw/t
確か1974年の入間航空ショーで疾風見たけど、車輪は引っ込めずに飛び回って終わりだった。
すでにこの時点で何か問題があったようだ。

この時代の航空ショーってのは非常に粗っぽくて、立飛の川崎2スト入りグライダーは車輪が不意に引っ込んで立ち往生。

離陸横転はお互いやめましょうって自粛したのは、4日目あたりだった気がする。

987 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 00:00:57.34 ID:t4cbcGO5
>>976
これやるんならPT6でも積んだ方がマシ。
軽量コンパクトなガスタービンエンジンなら外形に関してだけは元の形状をかなり忠実に再現できるだろう。
音はどうにもならんだろうけど。

倒立エンジンモデルのレプリカにアリソン積んであまり違和感ないのはFW190Dくらいだろうな。
環状ラジエータのおかげで機首形状に違和感があまりないのと、カウリングがでかいので排気管の取り回しが自然にできたんだろう。

988 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 07:42:38.78 ID:71UA8Xaw
>>986 車輪引っ込めてるで(4:40あたりから登場)
https://www.youtube.com/watch?v=TKVU2WGgc3M
この時の映像もっと残ってるはずだよなぁ
アメリカで飛んでた映像もあるはず
大戦機DVDシリーズ出してるあそことか発掘してくれんかなぁ

989 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 09:35:20.10 ID:n5vPLtOY
>>988 多分、その人と行った日が違うんだろうと思う。

ただ、おれは行きに練馬の関町で事故って脳震盪押しての撮影だったのでちょっと自信がない。

990 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 16:51:03.38 ID:3CZ6x1fB
そりゃ多分記憶飛んでまっせ・・
本当は入間に行っても無かったりして・・ナムー

991 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 17:40:19.95 ID:fz/RLB2p
むしろ本当はその事故で既に他界・・・の可能性
もう氏んじゃってるのに気づいてない人結構多いらしいで

992 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 18:40:17.99 ID:r3d8GLzI
五式戦スレでいきなり疾風の話始めるぐらい脳が衰えてるのは確かだな。

993 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 21:14:11.12 ID:mJPcxIy/
モデルアートに飛燕復元中写真一杯載ってたけど
やっぱ表面を綺麗にする程度なんだながかーりしたわ

994 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 22:12:13.06 ID:g77z+MUA
次スレ

五式戦闘機ファンクラブ【キ-100】二型 [無断転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1454677875/

995 :名無し三等兵:2016/02/05(金) 23:56:37.33 ID:wz+YFw7W
結局5式戦より隼3型のが強い気がする。

996 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 00:07:18.72 ID:QQY47q5j
檜與平が否定しているからそれはない。

997 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 01:20:44.28 ID:BRj5YxPN
4式戦よりは隼3型のが強い
これはガチ

998 :名無し三等兵:2016/02/06(土) 03:14:59.41 ID:pEiJFPYH
昔の軍板は金曜夜は朝方まで賑わってたもんじゃがのぅ・・

290 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)