5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■○創作関連質問&相談スレ 80○■ [転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2015/06/20(土) 21:19:41.45 ID:4kRtnoym
・「こんな設定の小説書きたいんですけどどうですか?」から
 「この漫画(/小説/映像作品/ゲーム)の設定は正しいのですか?」まで、
 とにかく創作&妄想に関する質問はこちらで。

・ミリタリーもの以外の既存の漫画、小説、ゲーム等の作中における
 軍事関連の描写についての質問もOKです。

・質問者の人は、最初の質問の時に考えている設定を書いて下さい。
 世界観、設定の出し惜しみは適切な回答が得られる可能性を遠ざけます。

・極端に軍事常識から外れたSF兵器、魔法兵器、人型兵器などはそれぞれの該当板へ。

・質問者はIDを出してください(メール欄無記入で書き込み)
・創作関連以外の質問はこちらへ(回転が早いので質問しようと思った時には次スレに移行している可能性があります)
 ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 824
  http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1410100525/
 ●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 28.5 (※注:ネタスレです)
  http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1411481811/
 創作文芸板
  http://kamome.2ch.net/bun/
 ライトノベル板
  http://kamome.2ch.net/magazin/

・次スレは950を踏まれた方が立ててください。
 950がダメだったら960、960がダメだったら970の方、お願いします。
・前スレ
 ■○創作関連質問&相談スレ 79○■
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1411641765/

2 :名無し三等兵:2015/06/21(日) 00:02:50.47 ID:XdlGYQLF
いちおつ

3 :名無し三等兵:2015/06/26(金) 21:56:45.87 ID:jIknbF34
即死判定とか無いのか?

4 :名無し三等兵:2015/06/27(土) 17:05:23.56 ID:Ac6GVMqf
ECMvsECCMのごとく、
魔法vsキャンセル魔法の戦いって、
帝国軍の寺院地下壕で魔導師たちがウンウンうなってて、
共和国軍の教会地下壕で魔導師たちがウンウンうなってて、
みたいな凡人の傍目にはアホな戦いになるんですかね

5 :名無し三等兵:2015/06/27(土) 17:27:00.63 ID:Ac6GVMqf
すんません、まだ前スレ残ってますね、質問取り下げます

6 :名無し三等兵:2015/06/29(月) 00:09:56.19 ID:qRXGkzHk
魔法少女四号ちゃんはそれになって最終的にふつうにケンカしてたな

7 :名無し三等兵:2015/06/29(月) 02:16:58.50 ID:5NGWKxMH
大魔法峠に 魔法を封じられた > しかたない肉体言語だ! 
という展開があった。
もともと「打撃系など花拳繍腿、関節技こそ王者の技よ」という人だったが

8 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 01:28:44.37 ID:u0qQBS6F
大魔法峠かな

9 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 06:11:59.85 ID:CcCwJDau
動画で空戦機動が分かるのはHUDが写ってるやつくらいか

空戦機動に基本は有っても正解は無いからなあ
勝った方がより正しい機動というくらいだ

10 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 11:05:43.83 ID:LJBA++sk
軍隊の人間関係について質問です。

「艦隊これくしょん」をやっていてふと思ったので知人と話していて思ったのですが、
軍隊内において「将校が目上の人間に生意気な口の聞き方をする」のは、どういう
処罰の対象になるんでしょうか?

兵卒が目上の人間に「オイお前」的な口の聞き方をしたらまず殴られてその後
処罰されるだろう、というのは容易に想像がつくのですが、「態度の悪さをまず鉄拳制裁で
矯正するのは兵と士官候補生だけ。将校なら殴られたりはしない代わりに即効で正式な
処分の対象になる」という話も聴いたことがあるので、将校が目上の将校に大して、だと
別の意味で「殴られたり、では済まない」ものなのでしょうか?

規律とは別に「口の聞き方がなってないのでムカついたから殴った(殴られた」というのは
あるでしょうけど、そういう状況でない場合は、その場で拘束されて処分待ち、ということに
なるのでしょうか?

11 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 11:12:30.01 ID:4BH1TJzN
そりゃ国や状況によるだろうけど、「ついこの前士官学校を卒業しました」だの「先月術科教育を終了しました」なんてレベルの若造がそんな態度とったらまず下されるのは鉄拳だろな。

でそのあと士官室でリンチだろう。

正式に処分されるにしてもなんにしてもそのあとだな。

12 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 11:18:58.21 ID:GHBzAyVI
>>10
旧海軍という前提で言うが上官侮辱罪もしくは反抗罪に相当する
厳密に手続き踏むならその場で上官ないし副官が電話憲兵呼んで拘束してもらうなりになる
憲兵は上官からも証言聞き取るし、上官が持ち込まなくても周りの人間が通報することもある

ただ軍隊組織に限らず人間の上下関係だから多少のことはスルーされるし、
憲兵の手を煩わせることに忌避感を抱く人間は決して少なくない
侮辱された本人が怒ると必要以上に揉めるんで副官が必要以上に激高して本人がマアマアと宥めたり、
あるいは外出許可剥奪や掃除担当などの軽微な懲罰で済ますことも多い

日本の自衛隊の場合、なにしろ軍法がないという異常事態が続いてるんで
刑事事件一つ起きても警察が乗り込んでくるというありえないことになるが

13 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 16:32:22.27 ID:OZCiZLxE
ギリシャ語とかヘブライ語には敬語表現が無いと聞くので、ギリシャ軍やイスラエル軍ではそういったことはおこりにくいのだろうな

14 :名無し三等兵:2015/07/01(水) 22:16:58.58 ID:PZcePHqZ
言葉の前と後ろにサーをつけることことすら出来ないの?
つか「サー」に対応する言葉が無いのか?

15 :名無し三等兵:2015/07/03(金) 09:23:09.77 ID:lT5lEVrp
>>14
スレチだけど「閣下」とか「ミスタ」「ミス」に相当する尊称はちゃんとはありますよ。
丁寧語の方は古い文章だと行間を読め的なものしかないそうですけど。
言語としてシンプルだとしても礼儀が無いという訳ではないので…

16 :名無し三等兵:2015/07/03(金) 19:52:10.33 ID:Uoy0aAlr
ユダヤ系もギリシャ系も男もおしゃべりな文化だけどなんか関係あるだろうか

17 :名無し三等兵:2015/07/03(金) 20:07:02.99 ID:vZpnE6Wf
どっちも古い文明の頃からある言語であるという共通点

18 :名無し三等兵:2015/07/04(土) 07:44:52.72 ID:pplt6gSU
自動式拳銃を使っている元軍人のおっさんが、自分の娘に対してM60のような小型リボルバーを手渡して
その撃ち方を指導するというシチュエーションは、少し妙でしょうか。
オートとリボルバーでは、射撃に関わる技能が大きく異なる気がしますので…

19 :名無し三等兵:2015/07/04(土) 10:51:43.19 ID:rkhj4TzK
元軍人のおっさんの年齢にもよるなあ
80年台ぐらいまではバックアップガンとしても
リボルバーの信頼性バンザイがプロっぽいって感じもあったし

20 :名無し三等兵:2015/07/04(土) 15:05:58.61 ID:Ig6ate9q
オートとリボルバじゃ確かに操作は違うけど、
狙いをつけて引き金引くって点じゃ同じだし・・・
訓練できる環境があるならどっちとも使い方知ってても何の不思議もない。
その時のシチュエーションにもよるけど別に変でもないと思う。

今現在だったらオートのバックアップ用にリボルバってのはあんまり無いかな。
なので急場でバックアップ用のをいきなり娘に手渡して・・・ってのはちょっと無しかな?
家でガンロッカーから引っ張り出して来るなら別に不自然でもないと思う。

どうしてもバックアップ用のを使わせたいってんなら
誰かからもらったお守りみたいなものとか、
オートが有利なのはわかってるけどバックアップはリボルバじゃなきゃ嫌だとか
そういう理由をこじつければまあ、ええんでないの?

21 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/04(土) 15:22:31.91 ID:2FSpMDys
何の目的で教えるかにもよるだろう

娘が海兵隊にでも行くと言うので軍の正式自動拳銃を使わせてみたかもしれんが、護身用に安くて人気のリボルバーかも知れんし

22 :名無し三等兵:2015/07/04(土) 15:22:42.54 ID:bjGGgX/t
M60だと.357マグナム弾も使えるというのもあるが

23 :18:2015/07/04(土) 15:49:19.82 ID:+0prEJPN
>>21
確かに、目的を書きそびれておりました。
すみません。
小型リボルバーは、護身用に渡したという想定です。

24 :名無し三等兵:2015/07/04(土) 23:19:50.02 ID:CV0IXEnG
>>18
リボリバーの取り回しは銃器を取り扱う基本だから
自動車教習所でマニュアルミッション車を習うようなものだね
なので、銃床を備えた小銃から始めるところからだと
パパのガチっぷりが表現出来て良いかと思うよ
自動拳銃の取扱いはガンハンドリングのいろはを覚えてからの方が良いからね

25 :名無し三等兵:2015/07/05(日) 23:37:32.94 ID:hPyWXOsr
軍人が礼装するときに
「勲章・褒章もらいすぎだから、数を減らしたい」って場合はどうしたらいいんでしょうか?
略綬+勲章とか、勲章自体を選んでつけるってことはできないのですか?

26 :名無し三等兵:2015/07/06(月) 01:11:30.41 ID:I/AwB6f9
その軍隊とその場によるでしょうね

27 :名無し三等兵:2015/07/06(月) 12:52:00.21 ID:sCJ3Wcqa
ソ連だと全載せが基本だっけ?
スケイルアーマーみたいですごい

28 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/06(月) 21:22:20.81 ID:FoSCN2eK
時代が下るとそれほどでもないな
逆に遡ると野戦服にまでバッチリつけていたりするが

29 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 22:08:06.02 ID:T5rTxe2J
黒色火薬でもモンロー効果というのは発動するのでしょうか
例えば、大砲の筒に火薬を一杯しきつめて、すり鉢状の傘のようなものを方向につけて、尻についた導火線に火をつけたら
ぶあつい鉄板の城門でもぶち破れますか?

30 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 23:20:01.55 ID:cGwtIWos
火薬の質が落ちるぶんだけ効果も落ちるが似た現象はおきる
ただ、上手くいっても鉄板に小さい穴が開くだけというのは判ってる?

「ばんじゃーい、穴が開いたぞ!」
「 …うん、穴は開いたね」

31 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 23:23:06.74 ID:geF2/XG9
モンロー効果が発見されたのが1888年、無煙火薬の発明直後だがまだ本格的に出回ってない時代なので、黒色火薬よるものだと推測、当然、威力は無煙火薬に劣る
あとHEAT弾の貫通力は直径に比例、メタルジェットとなるすり鉢状のライナーは金属製(主に銅)でなければならない
また貫通しても穴は小さいので、城門の閂を破壊するくらいだろう

32 :名無し三等兵:2015/07/09(木) 23:29:05.35 ID:T5rTxe2J
>>30-31
考えてみたら、確かにそうですね。
馬鹿な仮定でした。

33 :名無し三等兵:2015/07/10(金) 06:34:46.89 ID:JrCIHMXs
田舎の農家で家族と暮らしている若い男が護身用に持っている拳銃として
ブローニングM1910を設定するのは、少し妙でしょうか。
舞台は1920年代のヨーロッパです。

34 :名無し三等兵:2015/07/10(金) 10:10:54.05 ID:1ppRcfIM
>>33
ハーリントン&リチャードソンとかのマイナーなメーカーの小型拳銃の方が
最新流行のポケットオートよりは片田舎感が出て良いかも知れない

35 :名無し三等兵:2015/07/10(金) 18:53:31.69 ID:H5AXzG1t
田舎なら隠し持つ必要なんて殆ど無いし場所によって大型野生動物の脅威もあるからどうかな

36 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 01:13:12.55 ID:mV4kdBbW
20年代のヨーロッパの田舎にアメリカ製のピストル持ってる人が居るのかって話では

と言うか20年代のヨーロッパで護身用の銃持ち歩くのは一般的だったのかどうか

37 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 01:19:32.77 ID:kzDs6Dj1
>>33
サラエボ事件で、オーストリアの皇太子に致命傷を与えた拳銃だぞそれ。

38 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 01:56:49.71 ID:lY44WMpT
ロング・エンゲージメントって映画で
戦争直後のパリで女が元愛人を殺した男を暗殺しに行った時に標的の男がルガーを持ってた

田舎だと拳銃なんて洒落たもの買わなさそうだな

39 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 01:57:40.52 ID:qNScPH3o
>>33 隠し持たないならリボルバーの方が良いんじゃないか。幕末日本にも大量流入したカニ目打ちル・フォーショーとか英国ならウェブリー&スコットとか、ドイツにもいろいろあったと思う。マイナーだけどね。

40 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 02:02:12.82 ID:+n3jg1mn
欧州ならスペイン勢もええんでないか?

41 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 16:53:25.31 ID:FH2g+rFi
小型拳銃型麻酔銃が存在している世界として、リボルバー型は難しいでしょうか?

42 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 17:58:24.93 ID:tTFWvFJz
麻酔銃=空気銃、ガス銃なんで、もともと長い麻酔弾にガスが内蔵されたカートリッジが付いて、さらに長くなりそう

43 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 18:00:50.02 ID:gENtdhoO
>>41
どのぐらいのリアリティを求めるかによる。
コナンみたいに腕時計サイズのを当たり前のように常用している作品もある。
真面目に考えたら、「殺さないように確実に眠らせる(麻痺させる)」ためには、薬の量が多すぎても少なすぎてもダメで、対象の体格に合わせて、
薬量、種別をコントロールする必要があり、「老若男女誰に当てても、死なせずに確実に動きを止める」実包を作ることは難しいでしょう。
事前に専門家(麻酔医)等が対象に合わせて成分薬量を調整しないといけないため、どうしてもそれに対応した大がかりな弾になってしまいます。
中国は対人麻酔銃を実用化してるらしいですがこの辺りの問題をどう処理してるのかは、自分はよく知りません。

44 :名無し三等兵:2015/07/11(土) 18:23:07.47 ID:tTFWvFJz
コナンのあれは針みたいなのを飛ばしてるようだが、どう考えても弾道が安定しないから至近距離でしか使えないわな

45 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 08:26:05.98 ID:LggQk7aI
戦略原潜やICBMなど十分な核報復能力を有する国家が
唐突に複数(例えば他のすべての)核保有国から同時に全土が壊滅するだけの核攻撃を仕掛けられたらどう反応するでしょう
(事前に全く情報を入手できていないか入手出来ていても対策を取らなかった)
能力の許す限りできるだけ多くの国家に報復を仕掛ける?
もちろんそんな大規模な攻撃を仕掛けるには政治的課題が多すぎますが仮にそれが起こったとして

46 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 10:20:47.77 ID:3VQOLNyS
>>45
真相は少なくとも俺や君が生きてるうちには公表されないだろうが、核武装していて
弾道弾を保有している国、国連常任理事国の諸国が
「仮想敵国からの核攻撃にのみ対処する」
反撃計画のみ持っているとは考え難い。

イギリスもフランスも「アメリカに先制核攻撃されたらどうするか」はちゃんと考えていて、
それには「可能な限り反撃する」以外の選択肢は用意してないと思うよ。

イスラエルやインド、パキスタンレベルの国がどう考えてるかはわからないが、少なくとも
「自国の周囲の核保有国は全て核兵器による反撃対象」としているとは推測できる。

47 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 11:06:49.09 ID:LggQk7aI
>>46
回答ありがとうございます
なるほど確かにそうですよね
特に敵対的でなくても他の核保有国に対して何らかの対処策を持っていて然るべきですよね
それが現に発動される状況になった時の実際のその国の反応は流石に想像できませんが・・・

48 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 14:30:36.94 ID:t2MZfLHW
米軍が空母打撃群を動かすのにかかる時間はどれくらいでしょうか?
また、一度に動かすことのできる空母は何隻でしょうか?

49 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 14:42:09.46 ID:/j5HFlHf
>>48
大統領の命令があれば即時。
2〜3隻

50 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 18:10:38.16 ID:OqmzfdRL
>>48
命令されればすぐ
ニミッツクラスの10隻全部

51 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 22:05:16.53 ID:h6uOkMG/
自衛隊が行動中の交信や号令(およびそれに対する返答)に
出来るだけリアリティーを持たせたいのですが
公式なマニュアルみたいなものって存在するんでしょうか?

52 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 22:08:40.64 ID:3VQOLNyS
>>51
勿論存在するけど、基本的にそういうものは外部には出ない。

53 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 22:45:24.74 ID:OqmzfdRL
普通科の小隊が前進する時にはどういうことを小隊長が言ってるのかとか、敵に遭遇した時にはどう対応してるのか、そういうことか?
それとも通信で何を言ってるかとか?
さすがに教範とか教育資料は出せないけど、元自衛官がブログとか出版物でチラチラ書いてるぞ
Youtubeとかに上がってる動画もイヤホンで聴けばいい

54 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 23:14:12.32 ID:h6uOkMG/
>>52
まあ、需要は無いでしょうしねえ・・・・w

>>53
対応とかより、「どういうことを小隊長が言ってるのか」とか
「通信で何を言ってるかとか」ですね。
ダイアログに出来るだけリアリティーが出せると良いなあ、と。

55 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 23:27:59.46 ID:PHqsp7KV
いや需要はあるだろうけどね

56 :名無し三等兵:2015/07/12(日) 23:39:07.84 ID:OqmzfdRL
日本軍と自衛隊を混同して用語使うと元自衛官とかにつっこまれる
サバゲーの感覚でマガジン、コッキングレバー、ヘルメットって書くと否定される
戦争映画みて「軍曹!」みたいな書き方すると中隊に曹が何人いると思ってるんだ!と叱られる

57 :名無し三等兵:2015/07/13(月) 23:46:23.81 ID:7vYImV8j
自分なりに探しては見たんですが、それらしきものが見つからず
少しお力をお借りしようかと

ファンタジーと言うか、創作物なのですが
狙撃銃に分類されるタイプの銃での曲射撃ち(上へ向けて撃って障害物などを超えて上から狙い撃つ)
と言った事が実際にされた事があるか、もしくは可能であるかどうか

リアル系では無いので、如何にもな設定等で実行可能と言うのはそれはそれでいいのですが
もし実際にやった例があればそれを元に
無ければ無いなりに納得のいく設定や理由付けが必要かと思い、こちらに伺いました
どうかお力をお貸しいただければと思います

58 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:07:38.52 ID:udf1jxqM
>>57
一応こんなのはあるけどね。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/hashigonori18/39279850.html
曲射って普通、迫撃砲や臼砲でやるもんだから。

59 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:12:38.39 ID:wb7JvqT/
つい最近公開されたEXACTO弾は普通のライフルや機関銃から発射され、飛行中に進路を変え曲射可能(原理は未公表)
http://japanese.engadget.com/2015/04/29/darpa-exacto/

60 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:16:17.90 ID:tB6BHsVr
>>57
基本的にはそこまで落ちる前に風で弾着予測不能なくらいそれる

61 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:16:31.91 ID:udf1jxqM
>>57
あと、ロシア語で考えるというのがある。

62 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/14(火) 00:19:24.90 ID:aH8SkfoV
レーザーが通らんのなら使えないEXACTOは、障害物の向こうを曲射狙撃するのには向かんなぁ

63 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:21:37.86 ID:+KYSpMgN
>>58
やっぱりと言うか、流石に曲射だとか変態的な事(褒め言葉)をする人は居なかったか・・・

>>59
自動で追尾するとかまさしくファンタジーの世界じゃないですかヤダー!
原理は非公開って言うか、多少なりとも追尾するって時点で凄い

>>60
やっぱりそうですよねぇ・・・
そもそも運動エネルギーを失って重力を受けて落下したとして
その銃弾が十分な殺傷能力を持つのかどうかっていう問題もありますものね

64 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:22:41.14 ID:+KYSpMgN
あばばばば
下げ損ね申し訳ない

65 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/07/14(火) 00:41:01.87 ID:URDeCqFE
>>63
標的の位置が完全に把握されているのであれば
障害物を避けられる弾道曲線を持つ銃を選び
標的から弾道を逆算して銃を設置し照準を補正する事で命中を期待できます
この場合は勿論、目標の絶対的な位置座標の観測が必須ですが
有名なゴルゴさんは建物の設計図面などから狙撃可能な弾道、狙撃位置の選定を行い
必要な弾道特性を持つ銃器を調達するなどして
所謂「間接照準狙撃」を何度か成功させています

66 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:44:52.01 ID:4Pr1zSZw
コーナー・ショット…は弾道はまっすぐか。潜望鏡つき狙撃銃ってのもかなり違うしな。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%B9%E5%A3%95#/media/File:Periscope_rifle_Gallipoli_1915.jpg

近未来の創作ものなら、M79みたいなグレネード・ランチャーで、画像認識か何かの誘導機能付きスマート弾を迫撃砲的に撃ち込むとかって手もあるかな?
(そんなもん作るコストとメリットの兼ね合いは考えてないよ無論、言ってみただけだ)

67 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 00:59:09.37 ID:+KYSpMgN
>>65
完全な山なりでは無くある程度重力に従って落下する事を考えた狙撃なら可能そうですね
勿論、あらかじめの準備とかなりの計算を要するでしょうけど・・・

>>66
こんな物もあるんですね・・・
そうですね、グレネードランチャー系の方がまだそれっぽい気もしますww
そっちの方をメインに考え直してみるかなぁ・・・

68 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 01:27:01.64 ID:N0WCvxuF
弾丸を球形にして溝かなんかつけてだな
フォークボールを撃とう
でもそれじゃあ球速がひどいことになるから投手にはできないストレートの逆回転をつけよう
これで落ちる弾の完成だ!

69 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 01:39:22.21 ID:N0WCvxuF
よく考えたら自分で照準できない銃なんてそりゃ作ろうとしないわな…

70 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 09:29:29.18 ID:JYvPhZj4
アフガニスタンなんかでの最長狙撃距離記録なんて銃口を対空射撃よろしく空に向けて、山なりの弾道で標的に当ててるんで、
超長距離射撃では普通なんじゃないかね。
旧軍の重機関銃には間接照準射撃用の照準器がついてて、丘の向こうの相手を撃てたりしたが。

71 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 15:01:15.20 ID:3ICtKtqN
見通しのない障害の向こうを狙撃するなら着弾点を観測する人との連携が必要
野砲等は基本そのようにして使うがライフル銃の場合銃を固定しているのは人間の体なので2度右にとかあと1m先になんて指示をされてもそうそうできるものではない
自分の銃に触られることを嫌う(癖が変わってしまうことを恐れて)暗闇の中で反射光だけを便りに狙撃する(標的が見えなくても位置と距離だけわかれば当てることができる)と言った描写を積み重ねた上でならあまり嘘っぽくならないかも

72 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/14(火) 19:58:13.91 ID:aH8SkfoV
それこそゴルゴのように実質固定目標に対して事前に準備していれば創作としては有りだろうが、戦場で見つけた標的をいきなり障害物越しに狙撃銃で曲射となると創作でも嘘くさすぎるな

ほとんど万能の言い訳である未来技術で、自分で考えて飛んでいく超凄い弾を使うか、スポッターが標的近くで凄い弾の誘導を行うかしかない

73 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 20:12:51.45 ID:N0WCvxuF
遠距離射撃なら必然的に弾道上がるからそこそこ壁があっても撃てる罠
弾道の数字探してたらこんなんがあった
ttp://www.warbirds.jp/ansq/41/D2001783.html
>日本陸軍の村田連発銃の1000m射程における弾道最高点は11mであり
(どうやってはかったのか?)
狙撃の話もある

まあ照準の話はどうもならんけど

74 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 20:27:41.12 ID:Q5bOwgKi
異世界で神から与えられた力で活躍する主人公。
召喚された部隊は絶対服従するNPCみたいなやつ。
オリジナル狙撃ライフルを出そうと思うけど良いネーミング無いですか?

75 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/14(火) 20:54:38.25 ID:aH8SkfoV
実在のメーカーや採用国風にしたいのであれば実銃の数字を弄れば良いし、まったく架空の銃ならまったく架空の名前で好きにすれば良い

>>73
測らんでも弾道計算で地面に潜らない様に1q跳ばす計算をすれば理論値は簡単に出そうだが
もちろん、空気抵抗のような緒元を別に測った上で、だが

3.7cmPaK36の3.7cmPzgrでは5mほどになり、ミル下げせずに近くの敵戦車を撃つと頭上を通り越す

76 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 21:04:56.40 ID:Q5bOwgKi
サンクス

77 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 21:15:58.06 ID:+KYSpMgN
>>70
そうか、超長距離であれば飛距離を稼ぐために上向きに構える必要が出てくるか・・・
状況によってはそこまで違和感はないかもなぁ

>>71
固定目標に対して、では無いですね
1qとか離れた目標に対してほぼ真上に向かって構えた状態で撃ち、目標の位置にピンポイントに落すって感じ
でしたけど、やっぱりこれに関しては無理ありますね・・・

ですが、説得力の感じ?だと
かなり離れた所から超長距離射撃で街中のターゲット1人をピンポイント狙撃とか言うのも面白そうですし
そっち方面もちょっと考えてみます

>>72
即興で、となるとどうしても無理が出てきますかね・・・
後は、付け焼刃な表現になるかも知れませんが時間稼ぎなどで
狙いを付ける時間を作り、5分後10分後にターゲットをその狙撃の成功する一点に誘導する
って言うのは有り・・・なんでしょうかね?

78 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 21:33:47.71 ID:N0WCvxuF
真上から弾が降ってきて脳天からケツ穴貫通みたいなのをやりたいのか?(槍とかであるな)
無理だよ

79 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 21:59:19.35 ID:udf1jxqM
創作でも縦横無尽の曲射やってたのっって、コブラがサイコガン使った時くらいだよな。

80 :名無し三等兵:2015/07/14(火) 22:17:57.40 ID:w+powXQk
ホぉーミングレぇーザぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁー!!!!!!!!(絶叫

81 :名無し三等兵:2015/07/15(水) 21:04:45.94 ID:zoUhr844
ディスカバリーチャンネルの邦題怪しい伝説では直接上に打った玉が頭に当たった程度で怪我しかしないという話になってたな。
グロックとM4辺りで試してたんじゃなかったかな…。
中東辺りで馬鹿打ちしている玉が当たって死んじゃうのは曲射になっちゃうから、アメリカ国内でもそういう判断を下された射撃場での事故がある。

82 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 18:36:15.69 ID:6rkfQrVw
身長165cmぐらいの男性が、6インチレボルバーのショルダーホルスターを肩から吊るのは、少々無理があるでしょうか。
ジャケットで隠そうにも、裾からはみ出しそうな気がします。

83 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 19:09:45.12 ID:sY9vrlS6
「隠し持つ」時点で6inは選択肢から外れないか普通。普通スナップノーズ、長くて4inでは.

84 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 22:36:30.53 ID:sdBYZQv/
1インチが何センチかわかるなら段ボールとかきって、つってみれば再現できる
って、背が低いな

85 :名無し三等兵:2015/07/16(木) 22:42:39.35 ID:1KbTj3iq
>>84
日本人なら世代によっては普通じゃね。

現代だってそのくらいの身長の人がいないわけでもないし。

86 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 05:29:17.12 ID:+i9DqTzM
6インチを持ち歩くのにヒップホルスターじゃいちいち座るのにも邪魔だからショルダーホルスターにしてると考えると無理ではない

87 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 05:32:54.66 ID:/p5yI8Se
隠そうともせずに吊ってるなら全然不自然じゃないな。

88 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 07:10:50.16 ID:Bj7pFgSq
クッソくだらない質問です

よく歴史ドラマや漫画とかで敵軍の数を数えるシーンがあるのですがあれって
どの程度正確なんでしょうか

既出の質問だったらすみません

89 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 07:37:34.58 ID:VHfo4kOP
>>88
観察者の経験によるんじゃないかな

デモとか公演とかで「主催者発表」と「警察発表」で数が大幅に食い違ってることが
よくあるけど、主催者側の方が正解に見えたり警察の方が正しく思えたりする場合が
ある
それと同じだと思う

90 :名無し三等兵:2015/07/17(金) 07:50:14.30 ID:f9Nvr/mr
>>88
敵艦隊と遭遇した際に見張り員は艦艇の数と艦種を正確に把握し
敵の戦力を可能な限り正確に報告しなければならないので
艦隊規模把握と艦種識別の訓練を積みます
なので欺瞞を見破れず艦種を見誤ったり、逆に新型の艦艇を識別したりと
見張り員の練度によって正確度も変動します。

91 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/18(土) 21:15:16.83 ID:Jl7LnM97
歴史ドラマと言うと現代以前の話なのだろうが、中世や古代であっても、諜報活動や長躯偵察によって敵の戦力を推察すると言うのは行われていたりする
どの程度の略奪が行われたか、どの程度の糧秣を用意したか等々

戦闘の後に正確に記録に残すとは限らんが

92 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 15:43:38.92 ID:sAFufcIN
記録媒体が貴重品だったから凄く簡素な記述から背景を想像しなきゃならないような事にもなるよね

93 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/19(日) 16:01:06.01 ID:SZW192lm
戦前戦中らしい史料では敵兵力をかなりそれらしい数字で見積もっているのに、戦後では敵が激増し味方から特定の連中が排除されたり…

貴重な史料に創作が混じることで生じるカオス

94 :名無し三等兵:2015/07/19(日) 17:07:09.40 ID:ocyVd24m
ローデシア軍の戦果なんて空爆の成果混ぜてるからキルレートがでかすぎる
しかも南アフリカ空軍までも参加してオーバーキル
          ____
         /MwmVm
        ⊥にはは⊥
        |__/|ノノ))))〉
        ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|
        ((( ⊂I!Liつ
       ─┬=====┬─┬─┬
         ヽ┴-----┴ 、/_ /
.       ==||:|:  :|: 「r-┴──o
 ____________ |:|:__ :|: ||--┬┘ ̄
 |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___
.└┼-┴─戦車は有用──┐~~'''''-ゝ-┤
 ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ   

95 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 07:22:16.10 ID:pcNpyHvc
古代で1つのグループは1列が何人で何列みたいに決まってると数えやすいな
昔は戦闘も開けた場所が多かったしね

そこまで固定化されてない編制でも全軍が見えてるなら分割すれば数えやすい
パッと見で判断するなら目測で数十分の一に分割して数えるとかだな

96 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 09:48:04.87 ID:r1swIGnS
「機動警察パトレイバー」の劇場版第2作を見ていて思ったのですが、
戦闘機が迎撃に離陸したあと管制塔の指示で
「目標の高度はそちらと同じで・・・」
と言われたのにレーダーに反応がなく、
「指示された目標の高度は正しいのか?」
と聞き返してるシーンがあります。

ネタバレですがそもそもそんな目標などいなかったので反応があるわけない、
というのはさておいて、戦闘機のレーダーってそんなに高度に厳密な探知しか
できないものなのでしょうか?

さすがに「目標が自分より1mでも上/下にいたら探知できない」ようなものだとは
思いがたいのですが・・・。

あと、「もしかして目標は指示された高度よりも上/下にいるのでは?」と思ったなら、
戦闘機そのものをちょっと上向きもしくは下向きにすれば、上下が「見える」と思うのですが
そういうことはできないものなのでしょうか?

フィクションだからと言われればそれまでですが・・・。

97 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 10:37:31.87 ID:oADep5PB
>>96
自分より下だとレーダ波が地面や海面に反射して戻ってくるので、その中に目標の反射波が埋没してしまうので、
普通のレーダは自分より下にあるものは探知しにくい。
今のたいてい戦闘機はそのあたり何とかする機能を持ったレーダを積んでるはずだが…
ミグ25でベレンコ中尉が亡命してきたときそれで空自が大ポカやって大問題になった。

98 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 10:58:50.34 ID:gHv1VrHx
>>97が言ってるのはルックダウン能力だな。
ミグの迎撃にあがった奴には採用時に「爆弾を投てきする能力なんてとんでもない、侵攻作戦用、憲法違反だ」と国会で追及され意図的にダウングレードされた機体が使われたが、
この件があって以来、低空進入してくる高速爆撃機や船などに対応できません、となりかねないので標準採用するようになった。F2なんかむしろ装備からして船舶用だし。

因みにモノによるけど、飛行機の首を振らなくとも昔のレーダーはパラボラアンテナを機首内で振る機構が付いているので時間がかかるが、多少は見える、さすがに死角はあるらしいけど。
それをなくそうとしているのがF35の4面レーダーでヘルメットをかぶれば足元も見えるんだったかな。

99 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 14:23:36.36 ID:8w9fHsmr
>>96
よく言われるように戦闘機のレーダーは闇夜の懐中電灯
「そこの辺りにだれかいる」と教えられてやっと敵を見つけられる程度と
考えればいい
これももう古い例だが、F-14のレーダーは全天(前方180°)サーチに
30分かかった
複数のビームを振り回せる最新型でも10分ぐらいはかかると思われる
指示された辺りを探ってみて何もヒットしまず一番間違いやすい(相手が
位置を変えやすい)高度が正確かどうか疑うのは合理的

ただこの場合1m2mの違いじゃなくて、数百m以上い違ってると疑ってると
考えるべきで、実際に地上レーダーの指示と1000m以上高度が違ってた
(敵が変えた)ケースはざらにある

100 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 16:26:28.18 ID:y9y/2lDl
>>96
参考までに
http://homepage1.nifty.com/~yu/p/superimpose.html
より該当部分のやりとり(の字幕)

トレボー こちらウィザード03
現在高度32000
ウィザード03 こちらトレボー 誘導を開始します
同高度にて方位040へ
了解

ウィザード03 目標方位030
距離90ノーチカルマイル 高度32000

目標 正面 距離25ノーチカルマイル
レーダー探知どうか?
コンタクトできない
目標高度の確認を乞う

トレボー こちらウィザード レーダーに反応なし
再度目標の確認を乞う
目標正面 距離15ノーチカルマイル 方位190
高度32000 速度マッハ1.2
ウィザード減速せよ!
捕捉できない! レーダーに反応なし!
繰り返す 捕捉できない!
目標はどこだ!

警戒 同位置 高度差なし
警戒せよ! ウィザード 警戒せよ!
ウィザード! 退避して下さい!

101 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 17:19:09.19 ID:qgww/VRx
本物は何てやり取りしてるんだろうな?

102 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 18:36:03.96 ID:8w9fHsmr
「おい、いねぇぞ、どこ探せばいいんだよ!」
「知るかボケ、こっちはお前の御守りだけじゃなくてみんなの面倒みてっからんだ忙しいんだ」

103 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 18:42:17.78 ID:8w9fHsmr
ちなみにボギーの一情報はデータリンクが自動更新して画面に表示されます
60年代のSAGEやBSGEなどの半自動システムではスレイブモードがあって
迎撃機のレーダーアンテナを地上レーダーがとらえた空域に向けることが
可能だったけど、ほとんど役にたたなかったので廃止されました

104 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 21:24:45.59 ID:THw5zYLm
スクランブルだったか
目視してからレーダー射ってたな>F-104
妨害電波で結局何もレーダーに映らないという展開だったが
今は目視より先にレーダー照射すんのかね

105 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 21:26:51.70 ID:oADep5PB
操縦不能に陥って墜落するとき
パイロット「高度300…200…80…」(ブツッ)
(チェックリストを読み上げるように淡々と)

106 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 21:53:45.28 ID:THw5zYLm
>>105
脱出しろよw

107 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 22:53:21.18 ID:oADep5PB
>>106
ファントム無頼とかゼロ・シリーズとかはもう過去の作品なのか…

108 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 23:02:30.29 ID:4JZnlHVT
>>107
ファントム無頼だと後席で栗原が冷静に数字を読み上げて立て直しの限界くらいで、
さっさと立て直せよと神田に言って神田が、しゃあねぇなと立て直す展開だと思う。

109 :名無し三等兵:2015/07/20(月) 23:16:11.87 ID:oADep5PB
>>108
神田の親父が何で死んだか覚えてるか?

110 :名無し三等兵:2015/07/21(火) 08:30:46.23 ID:4u3L6YaO
高度読み上げるのは後席の役目だぞ

111 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 16:14:04.42 ID:CIOydk2f
流れを切ってしまいすみません

小説用の資料として、近距離格闘術に記載のあるものを探しています
どちらかというと、ストリートファイト的な状況で役に立つものだと有り難いです
素手×素手だけでなく、素手×武器(拳銃とかナイフ)などの状況についても
触れているものだとなお嬉しいです

実践!護身術のような著書のように、実際に私が護身術を学びたいわけでは
ありませんので、写真やイラストをふんだんに活用しているものよりも、
何故このタイミングでここを打つのか? ここを打たれることで人はどういう
反応を見せるのか? など、急所などについて詳しい記載のあるものが
望ましいと思っています。

長文失礼しました
よろしくお願いします

112 :名無し三等兵:2015/07/23(木) 19:06:56.04 ID:IjgZmkB0
>>111 この板的には、これを挙げとくべきなのかな。「こんな商品も〜」含めて。
http://www.amazon.co.jp/dp/489063150X

113 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 07:49:09.43 ID:Khx7rKoG
急所も技術も流派でかなり変わるし正解は無いだろう

動きは動画の方が分かりやすいかも
ttp://d.hatena.ne.jp/machida77/99990101/p1

114 :名無し三等兵:2015/07/24(金) 17:52:44.95 ID:avEhZD/C
漫画なんだがホーリーランドはとにかく説明が多かった

115 :名無し三等兵:2015/07/25(土) 23:48:18.15 ID:WrLo7KAB
http://ncode.syosetu.com/n4858bq/2/
この小説の
>>火山性ガスや地熱による欺瞞、そして、日本が誇る豊かな植生と時間がもたらす劣化により今のところ彼らは無事である。
の時間による劣化とはどういうことでしょうか? 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be20a4887bc3d3353f527d3636c44e3)


116 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 08:40:19.76 ID:X/pdwzJl
>>115
そのサイトのURLコピペするのはやめたほうがよろしいようで
で見たところ、日本軍とやらの立てこもってるWW2の地下壕のことを言ってるんではないかと
緑に埋もれすぎて敵に見つからないとかいう話なんでしょう

しかしこの手の火葬戦記って、突発的な災害に合わせて狙ってたかのように全面侵攻とかっての好きなようで
グローバルな経済への影響とか全然考えてないし

117 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 19:51:53.54 ID:31eqctlA
最近読んだネット小説「六角異聞」で、戦国時代の火縄銃に銃槍を付けて
白兵戦を可能にする(ちなみに銃槍を付けた状態で射撃も可能)
という(私の見る限り、銃剣ではないか、と思えたのですが)話がありました。

こんなことは戦国時代に本当に可能なのでしょうか

118 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 19:57:11.89 ID:FVf6LrHQ
火縄銃と刃物、そして丈夫な紐を用意します

銃口の先に刃がとび出す形で火縄銃に刃物を縛り付けます

完成しました バンジャーイ

119 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 19:59:09.80 ID:eUb5gXaf
銃剣の歴史調べればわかるけど
技術的には問題ないが発想がなくて発明されなかった感じだから
可能不可能なら十分に可能だろ

そのネット小説は読んでないが
本邦には菊池槍の逸話が有るからそこから連想してもおかしくはないし

120 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 20:01:58.67 ID:eUb5gXaf
ついでに
銃剣付きの前装式小銃で問題になるのは発射よりも装填ね

121 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 21:02:36.46 ID:V4VquUne
長槍じゃまいらねええええええええ
という時代にならないと銃剣の発想自体でるわけないからねぇ

122 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 21:09:32.11 ID:Wh4j1JdY
全員が小銃を装備している後の時代と異なり、鉄砲撃ちは専門職なので、不慣れな白兵をさせて失うよりは後退させるべきと考えるだろう
>>117の読んだネット小説での設定がどうなっているか知らないが

123 :名無し三等兵:2015/07/26(日) 23:29:53.38 ID:DkmJuxMT
日本式の火縄銃だと、銃剣つけたらバランスがおかしくならないか?

124 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 08:53:15.15 ID:JtfP6TmI
>>銃槍
初期の刺突用スパイク型の銃剣に銃槍の訳を当ててたのがあったような覚えが。

>>120
再装填作業を可能にする為に思いっきりL字型にして避けてますけどねえ
どうみても邪魔だし、朔杖で突き込む時に額を突きそうな位置ですよね。

125 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 19:22:40.13 ID:YUnL+DnO
>>117です。どうもいろいろとありがとうございます。

戦国時代では誰でも容易に銃兵になれると思っていたのですが。
122の回答からすると意外と難しいことなのでしょうか。
それならば貴重な銃兵は後退させて槍兵で白兵戦を行うのが妥当な気がします。
あの作者の描写からすると足軽志願者は第一に銃兵にしているみたいで、
銃兵は最も練度が低い足軽が務めるみたいです。

126 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 20:16:24.25 ID:DKAXxl4x
そういや日本の火縄銃ってのは、どうやって照準してたんだろ?

127 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 20:20:05.84 ID:6YtEWkZD
>銃兵は後退させて槍兵で白兵戦を行うのが妥当な気がします
西洋は最初(というかテルシオ以降)これなんだけどな
鉄砲と槍をどのように配置すればいいかという点において最適解は結局出なかった
ごちゃまぜだとお互い邪魔だし、あまり分離すると意味がないから

まあ単純に接近戦するだけなら腰の刀抜けばいいんだが(銃剣でも長槍ほど長くならないし)
抜いたら鉄砲どこにおいておくんだという問題が

戦国時代の銃兵(つか編成全般)もわかってないことばっかりだが
軍役で鉄砲持って来いってのが多いから、要するに寄せ集めのピンキリだと思うぞ
ちゃんと日ごろから鉄砲練習させとけやとか書状があった記憶

128 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 20:36:22.22 ID:6YtEWkZD
>>126
目当てというらしいがいっぱいあるよw
火縄銃 照準器でいろいろでてくる
PDFの奴にたくさんある、こんなにいじらなくてもいいと思うんだが

129 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 20:41:20.42 ID:nQAjnYpf
>>126
目当てと言う照準器がちゃんとあって
夜間照準用に線香を立てられるものもあったそうだ

130 :名無し三等兵:2015/07/27(月) 20:58:04.88 ID:1ek0sfx5
以前なんでも鑑定団で火縄銃用のスコープみたいな照準器
(もちろんレンズは入ってないから外観上ただの木の筒なんだけど)
が出てたけどあれは随分珍しい扱いされたな

131 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 01:18:40.08 ID:eposTC2a
銃に照準眼鏡が付き始めたのはいつ頃だろう。
BTTF3でドクがそんなの持ってたけど、あれ鉄条網のセールスマン出てくるし1880年代末くらい?

132 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 02:40:38.37 ID:2n697Zp9
南北戦争時にホイットワースライフルにスコープ付けたのが結構な数製作されて大活躍してたし
基本となる思想はもっと前に出来てるだろうね

133 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 07:23:21.21 ID:rAdFUVa3
望遠照準器の概念は、かのレオナルド・ダ・ビンチさんが最初らしいね
実用は現物の望遠鏡の発明までお預けだったけど

134 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 15:10:40.86 ID:xjuEB8bo
超能力者vs戦闘機を書きたいんだが戦闘機のレーダーで人間を補足してロックオンすることはできますか?
戦闘機は第4世代以降、能力は空気を圧縮(飛行能力付き)という設定で

135 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 16:19:09.62 ID:d44N1Tty
人間サイズだと、戦闘機のレーダ−にはゴースト(鳥とか虫の群れとか、標的ではないもの)と認識され除外、画面に映らないだろうからロックオン不可能
赤外線誘導ミサイルでは熱量が小さすぎてやはり不可能
攻撃ヘリからのTOW対戦車ミサイルみたいに、目標を目で追いながら誘導するタイプのミサイルなら可能だが、人間サイズが三次元機動してたら当たらなそう

136 :名無し三等兵:2015/07/28(火) 19:01:17.82 ID:ZB1S7MOv
Telescopic sightで検索すると、17世紀初頭には実用性は無いけど試作と実験は
行われてたみたい。
実用性のある最初の記録は1835-40年頃にアメリカでジョンRチャップマンさんが製作
したもので、1855年にはウィリアムマルコムさんがNYで生産販売を開始して同社の
モデルが南北戦争中のスタンダートモデルだったとのこと。
独解能力低めなので間違ってるかもしれないが、このモデルには色つきのフィルター
とエレベーションとビンテージのノブがあったような記載がある。

137 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 00:34:23.49 ID:Kejn6wU1
標的射撃用にレンズなしの単なる金属筒の照準器具もあったはずだが
一体いつのものかは忘れちゃったな。
内面が研磨してあってそれに標的(円形の奴ね)のサークルが写った時に
きっちり同心円状に広がって見えたらド真ん中
って感じだったはずだが。
うまく使えば対人射撃でも大砲の直接照準みたく使えるかも知れんが根拠は無い。

138 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 02:50:10.54 ID:3eWQuxOg
レーダーだとノイズに紛れてしまうし断熱圧縮の熱ををIRSTで捉えることもできないのか
能力者有利な展開になりそうですね

139 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 04:10:12.15 ID:KRsLarOc
>>138
そりゃまあ現実の兵器は架空の人外を相手にするようにできてないでしょうから
数千メートルの高空を自在に動きまわって、マッハいくつの戦闘機に攻撃かけられるような人間とか

140 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 06:42:24.98 ID:Nb05kXdu
初見ではそうかもしれんが「人間大で空を飛ぶ標的」の存在が知れ渡れば対策とられるだろう。

ミリ波の対人レーダーはいまでも普通に使われてるし、
センチ波でもノイズ除去のフィルタリングレベルを下げればすむ。

141 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 09:56:19.47 ID:SjFq0uMn
ミリ波の対人レーダーって、戦闘機に載せる物としては感知距離が小さすぎると思うが

142 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 13:33:39.99 ID:YL0jaVAv
ミリ波対人レーダーは自動車分野では見捨てられつつあるんで、戦闘機から投下可能な
使い捨て無人機に積んでマンハントするって手が使えるほど安くならんだろうしなぁ

143 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 13:36:42.90 ID:YL0jaVAv
いや待てよ、逆にアイサイトの進化版みたいな、可視/不可視光線系のセンサなら
使い捨て無人機に積めるかもわからんな

144 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 20:24:28.12 ID:5n0ZMjst
>>134
興味が出たんで逆に質問したいけど超能力者側のスペックはどんだけ?
速度、攻撃法(そしてその威力&射程&追尾性つか命中精度)、あと防弾性(一種のサイコバリア?)

145 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 21:19:14.05 ID:1xPPqi0e
スーパーマンスタイルで飛んだら加速や旋回のたびにブラックアウト

146 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 21:25:47.95 ID:lFcPzK3+
キリンみたいに血圧が高いんだろう。

147 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 21:58:55.88 ID:3eWQuxOg
>>144
能力者は能力を使用するために常人よりかなり強靭な身体という設定
速度や機動性は現代の戦闘機に準じていて
攻撃は衝撃波をそのままぶっぱなしたり空気を球状に圧縮したエネルギー玉っぽいの相手に撃ったり
威力は対戦車榴弾程度まで
威力、操作性、数は互いに影響しあう
例えば30mm砲弾級なら最高二十発撃てるが少ししか曲げれない、など

148 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 22:02:19.19 ID:Nb05kXdu
あれか、ドラゴンボールの初期のクリリンかヤムチャ程度って感じか。

149 :名無し三等兵:2015/07/29(水) 22:20:25.43 ID:+MPaOEji
「神さまのつくりかた」の戦神子vsF-15Jを思い出した

150 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 06:17:12.39 ID:z0GpARCb
空気を圧縮
→ エンジンの吸気口で空気を圧縮し、衝撃を与え酸素不足にしてファンブレード折損、エンジン失火・破壊

→ 敵パイロットの脳内血管で空気を圧縮し、虚血・失神

→ 敵の放ったミサイルの前面で空気を圧縮し、空気の壁に当てて弾頭破壊

→ 空気塊を作り出し、デコイにする

151 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 09:03:03.46 ID:PE+gaFms
>>150
ジェット機のインテークは空気を圧縮するための道具なので、過剰な圧縮があった場合は
速やかに逃がす仕組みになってる

また血管内に空気は存在しないので、何らかの手段で事前に空気をパイロットの体内に
注入する必要があるが、よく知られているように、とくに圧縮しなくても血管内に入った
空気が脳か心臓に達した時点で人間は死ぬ

現在のミサイルはM2-4、ICBMの弾道はM10ぐらいで飛行するので、空気の圧縮性に耐えうる
構造になっている

大気中にはさまざまな大きさの「空気塊のデコイ」が自然に存在していて、レーダーの登場初期は
その対策に悩まされた。で、現代のレーダーは各種のフィルタリングを施して、すでに対応済みだ

あんた、まず中学レベルの理科をもう一回勉強し直さないといけないんじゃないかな

152 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 12:23:40.40 ID:tlgNGZSA
空気を圧縮できる範囲は自分を中心に半径数メートル位
圧縮したものを操作できる=射程は数キロ位で設定してます

153 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 12:47:11.89 ID:2c1NlPuX
自分自身が異常な空気圧の中(熱も相当上がる)で耐えられる理屈はどうなってるの?

154 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 13:09:20.27 ID:tlgNGZSA
飛ぶときってこと?
周りの空間を与圧して空気抵抗が直接身体に負担をかけないようにしてる

155 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 13:23:31.10 ID:urbIzmql
「自分を中心に」というので、圧縮空気の中にいるのだと解釈したんだが
ロードバイクのタイヤに10気圧くらい空気を入れるとかなり熱くなるが、武器として使えるレベルの空気圧なら、それどころではない高熱になるわけで、そこはどうしてるのかと
そもそも空気を圧縮すると何故飛べるのかわからんが

156 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 14:03:50.54 ID:tlgNGZSA
なんか俺の妄想スレみたいになってるな……
自分を中心とした円のなかで上にかいたエネルギー玉を作れるってこと
飛ぶ原理はジェットエンジンのように圧縮→一定方向に解放してその反作用で飛ぶ

157 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 14:54:15.96 ID:2c1NlPuX
つまり揚力とか重力制御とかでなく、勢いよく風で吹っ飛ばされ、落ちる前にまた空気圧縮と解放の風で吹っ飛ばされ、を繰り返すってこと?コントロールできんわな

158 :名無し三等兵:2015/07/30(木) 21:09:07.77 ID:/XQmr1Ja
もう軍事関係ないじゃん
空想科学読本かよ

159 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 00:55:52.06 ID:o5dOM7K7
ジョジョのスタンド能力みたいに何故か飛べる、何故ならそういう能力だから、という大雑把な設定ならいいんだが
一番わからないのは、ジェットエンジンのように機内で圧縮した空気ではなく、能力者の体外で圧縮した空気でどう飛んでるのか?ってこと
ギャグ作品なら空気を胃で圧縮し肛門から吹き出して飛べば良い

160 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 06:54:19.92 ID:q+kr0fIm
SR-71のインテーク推力を表裏逆にしてみたと考えればいいんじゃないかな

161 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 08:00:55.98 ID:u2DzWeq0
空気圧ではなくイオノクラフトとかでいいんじゃないか?今のところ軽い物しか浮かせられないけど、そこは超能力ってことで

162 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/31(金) 15:00:58.38 ID:zKzc82la
非力なイオノクラフト+超能力で無理やりに人を浮かせると言うと、もうイオンクラフトとは関係ない超能力だけで浮かせているのと変わらんだろう

普通に「謎の念力」で適当に済ませるべきではないのか

163 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 16:36:03.21 ID:pNJa8XIS
結構前のマンガになりますが、『戦海の剣』というマンガで、
海上自衛隊の超電導電磁推進の新型潜水艦が反乱、フィリピン沖で日本のシーレーンを封鎖しようとします。
色々とアレなマンガでしたが、「日本のシーレーンを制圧し、日本政府を脅迫する」という設定は面白いと思いました。

そこで質問なのですが、
@潜水艦一隻で日本のシーレーンの封鎖は可能なのでしょうか?
作中では「日本の石油備蓄量は5ヶ月」という台詞があることから、それ以上はシーレーンを絶たなくてはならないことになります。
Aまた反乱分子の目的は政財界の人間などを一掃し、日本の現体制を破壊することにあると作中にあります。
はっきりいってマンガからは具体的にどうしたいかよくわかりませんが、例えば「日本政府に重大な政治的要求を突きつける」という目的で、
シーレーンに何らかの打撃を与え、要求が通さねば日本船への攻撃を続けるといえば、日本政府に大きな揺さぶりをかけることができ、
(実際どうなるかはともかく)要求が通り、反乱も達成できる可能性もあるのではないでしょうか?
曖昧な質問かもしれませんが、皆さんのご意見が聞きたいです。よろしくお願いします。

164 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 16:45:34.04 ID:n4C/WCuC
>>163
1:.無理
 考えるのが無意味なくらい無理。
 どれだけ高性能な潜水艦だって積める魚雷やミサイルには限度がある。
 また、1隻でカバーできる範囲じゃあっさり迂回されて終わり。

2:たとえ現実的には何も意味がなくても、「海上自衛隊の潜水艦が反乱を起こし、民間船を
 攻撃して政治的要求をしている」なんてことが公になった段階で日本政界大混乱になることは
 間違いないだろう。
 公にできれば、だが・・・。

165 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 16:59:53.32 ID:G4unUrJL
日本船への攻撃を続けるといっても日本に来る船を片っ端から沈めたら(>>164の通り無理なんだけど)外国船籍の船もいるだろう
外国船籍というか日本の植民地からの輸送じゃないんだから当然相手国もいるわけで、輸送もまた第三国がやってる可能性が当然あるわけで
そうしたら世界中からテロリストとして付け狙われるだろう
日本政府への要求どころの話ではないかと

隠し通せる話とも思えない
というか封鎖が成功したら当然世界に隠せないし何を考えてるのかよくわからん>反乱者

166 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 17:05:03.79 ID:yWBB5+6f
答えてくれた人ありがとう
創作のいい参考になりました

167 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 17:17:31.06 ID:IQ/Cs9ox
沈黙の艦隊 原子力潜水艦独立国やまと
アレが成立したのは、核ミサイル持ってるかも があったからで、
ただの通商破壊(海賊)では、世界政治枠組みを転覆させるまでは無理ダナ
ソマリア沖の海賊狩り、が少々大規模になっただけで終了だ

168 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 17:21:38.30 ID:za3WAY7L
最後の警官で米軍の装備が在日米軍基地から密輸されてましたが実際こんなことってできませんよね?

169 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 18:13:23.15 ID:n4C/WCuC
>>168
ベトナム戦争後の士気が底辺這いずってた頃とか、米兵と知り合いになって、基地から持ちだして
もらった武器を密買いした、って話は結構あったし、実際装備の管理は激しく適当だったらしいので、
年代によっては「絶対にありえない」ということはないだろうと思う。

ただ、現在が舞台だとあまり説得力がないかな、というのはあるけど。

170 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/07/31(金) 18:22:01.46 ID:VIJnZKT8
まあ現代でも、戦時中で尚且つ日本が後方と言うのであれば、どさくさに紛れて小物を放出するくらいの事は有り得るかもしれん
普通に海の向こうから持ち込むのとどちらが尤もらしいかと言われれば、平時でもちょくちょく発覚する、在日米軍を介さない密輸の方がずっと有り得そうだが

171 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 19:16:41.68 ID:2XkNjYDn
あいつら使わなかった実弾演習場に埋めていきやがるんだぜ、というのは日米合同演習のとき時々出る話なような、割と最近でも。

172 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 19:41:38.32 ID:foefwWxN
>>147
定番のショタや美少女なしのガチムチ超能力者か。
ラノベ好きやアニオタには受けなさそうだがアメコミ好きには受けるかもね。

173 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 21:25:06.63 ID:pNJa8XIS
>>163ですが、ご回答ありがとうございました。
なかなか面白いと当時は思って読んでましたが、実際に考えてみると、困難なものですね。

174 :名無し三等兵:2015/07/31(金) 23:57:51.57 ID:G4unUrJL
まあ超エネルギーで弾切れの心配がない超潜水艦でもできたら
封鎖とか考えずに普通に無差別攻撃で少しずつ沈めた方が脅迫には効果的だろうな
要するに船舶を事実上人質として交渉することができる

封鎖はまず不可能なうえに派手すぎる

175 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 03:16:09.89 ID:W/Kb/1kG
Sはそもそも、いっぱしの私設軍隊持ってて警察にもイベント会社にも余裕で浸透してるカルト教団って時点で
まああり得ないだろうと

176 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 09:36:56.34 ID:4SNi3x/H
>>175
つ創価学会(SGIが米に私兵組織、警備会社を経営してるそうな。日本でもありそうだが、おれは知らない)

177 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 09:51:12.37 ID:lNZZ//Jo
>>175
オウム……

178 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 12:23:36.01 ID:W/Kb/1kG
>>176
それは初耳です
まあ創価がそれ使ってテロ行う理由はないかと
>日本でもありそうだが、おれは知らない
まあ日本には公明党っていう、私設軍隊よりもずっと強力でリーガルな下部組織がありますんで

>>177
オウムはまともな軍事組織持ってなかった、ていうか持ちそこねてたんじゃ

179 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 14:39:37.56 ID:lNZZ//Jo
>>178
そういえば
でも警察や自衛隊に浸透していたのはいつ考えても怖いよね……

180 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 22:50:53.48 ID:DntElQlh
質問です。
運河沿いにある工業地帯が、外洋に居る敵艦からトマホークのような艦対地巡航ミサイルをバカスカ撃たれ、
こちらのイージス艦隊を運河を遡上させて工業地帯の近傍に停泊させCIWSや個艦防空ミサイルでこれを撃ち落とし工業地帯の被害を防ぐ、
という展開は軍事的に無理がありませんか?
位置的には工業地帯と外洋の敵艦隊の間にイージス艦がおり、
運河は大きくイージス艦が航行でき、遡上に邪魔となる小さい橋は緊急時のためこちらの工兵が爆破する、多少は撃ち漏らして少しは被害が出るという設定です。

181 :名無し三等兵:2015/08/01(土) 23:22:19.81 ID:UxTxL0Yr
橋の残骸は邪魔では
橋脚まで破壊できるのかな?

182 :名無し三等兵:2015/08/02(日) 00:21:17.62 ID:7Fx1BhlG
工場の建物の高さによってはレーダーの邪魔になって
低空を飛んでくる巡航ミサイルを探知できないとか言う事態が起こりそうだが。
高高度を飛んでくる相手ならともかく、
低空の相手は見通しが良い洋上でも水平線下は見えなくて
ただでさえ探知距離が短くなるのに建造物があるとさらに厳しい事になりそうな。

183 :名無し三等兵:2015/08/02(日) 03:40:24.00 ID:oW2ZaPb1
そんな味方ぎりぎりで迎撃せんでも、陸のことは陸軍にまかせて
最初の位置で待っとけばいいんじゃないの
あるいは、相手を発見してから後退して運河に入るより前進して先に対艦ミサイル
を打ったほうが良くないか?

184 :名無し三等兵:2015/08/02(日) 06:43:10.15 ID:Rm5mqQg3
 ええと、まず無理がある設定をして、それを読者に(読み終えるまでは)うまく
信じ込ませてストーリーを展開するのが作家の本分であって、無理がない設定で
驚きがない、つまらない筋立てを展開したって、だれも読んじゃくれないよ

まぁ某ベストセラー作家の、「設定に無理があり過ぎる」と総すかんを食ってた作品が
911という形で現実になっちゃったって例が示すとおり、「無理がある設定」を考えること
自体が非常に難しい時代なんだけどね

185 :名無し三等兵:2015/08/02(日) 20:02:43.81 ID:7QED4cWM
>>184 9.11ならスティーヴン・キングが1982年に予測してるぞ。「バトルランナー」の原作だ。被搾取階級の反乱とかリアリティ・ショーの行き過ぎとかメディアイベント性とか、こっちの方が予測精度は高かった気がする。

186 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 07:25:53.34 ID:mzbfB/+F
>>185
バトルランナーは心臓病の持病がある人をぐるぐる回して死ななかったら賞金出すとか
メディアの志向するショー性が行き過ぎた世界を描いていて怖かった

187 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 08:30:43.08 ID:q79wt2c/
>>184
ホワイトハウスにジャンボが突っ込む奴ですな。

188 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 16:47:12.45 ID:MAFsnfVH
メタルウルフカオスのクーデターもそのうち実現するのか

189 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 19:01:36.73 ID:82yTLQCR
軍港に核ミサイルが撃ち込まれて軍港に停泊中の艦隊が壊滅する設定のネット小説を
見たことがあるのですが実際には核ミサイルが発射されたときに軍港の艦隊は
退避したりできるのでしょうか?

190 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 19:23:15.65 ID:cIUYXf5G
攻撃が行われるぐらい十分に危機が醸造されていたら
普通は艦隊は港にとどまっていたりしないよ

だから真珠湾は米の陰謀だ説が消えないんだ

191 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 19:58:54.90 ID:MAFsnfVH
ウェークに飛行機運ぶって名目で空母を待避させていたな

192 :名無し三等兵:2015/08/03(月) 20:37:59.55 ID:54IC89oS
>>189
それは、御大のRSBCのアメリカ大西洋艦隊が壊滅した所のパクリか?

193 :名無し三等兵:2015/08/04(火) 00:49:16.83 ID:A1md7joA
すーぐそうやって御大と結びつけようとする
停泊中の艦隊に高威力の攻撃ぶつけるのはよくあるお話じゃないの

194 :名無し三等兵:2015/08/04(火) 12:00:38.86 ID:nejcnsPg
核兵器が戦術的に使われたことはかつてないわけで、それにはもちろん理由があるんだが、艦船の退避以前にその辺りで読者を納得させる理屈が必要じゃなかろうか。
それが決まれば艦船の問題にも自ずと答えが出るだろう。

195 :名無し三等兵:2015/08/04(火) 19:13:26.58 ID:nstQNwjh
おれだったら通常弾頭の巡航ミサイル乱れうちみたいな設定にするな
被害状況迎撃の模様巻き込まれたヒロインの受難、かくことがいっぱいある

196 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/04(火) 19:39:53.17 ID:HjsEynot
艦艇の退避より、弾道弾なりの飛来に気付いて残り数分で大慌てで退艦からの地下壕へ駆け込む流れなども面白そうだ

どの時代設定かは知らんが、迎撃と言う線が無ければ、基本的に下手な艦の退避行動は間に合わない

197 :名無し三等兵:2015/08/04(火) 21:58:31.09 ID:A1md7joA
悪夢の発明って本だと作戦行動中の艦隊に核兵器っぽいのぶちこんで壊滅させてたな
まあ1890年代の作品だから参考にはならんだろうが

198 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 06:34:43.23 ID:SSR79ntN
中国は米艦隊の現在位置をつかむのが難しいことをついに認めて
DF21を大型駆逐艦に積むことにしたらしい

ていうか、それなら普通の対艦ミサイルでいいじゃんとも思うけど

199 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 15:56:53.20 ID:PxMYJ5Yp
WW2の艦船で大航海時代のガレオン船、または
ナポ時代、PCゲーのエンパイアトータルウォーの戦列艦の攻撃、一斉砲撃を
耐えられるかな?

また仮に接舷攻撃を受けた・・・と仮定してWW2側と帆船側との白兵になったなら
どっちが勝てそう?

200 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 16:17:02.63 ID:ZSM6Z4/J
帆船時代だと基本鉄の塊だぞ大砲の弾
装甲のない駆逐艦以外はまるで効かないだろう、効いても基本穴が開くだけ
それ以前に射程が終わってるが、数百mぐらいじゃないか?

速度が圧倒的に違うし風向き無視しして行動できる軍艦に接舷できる可能性はないと思うが
かりに接舷できたとしても機銃でハチの巣にされて終わりだろう
大きさが違うと登るのも大変だ

江戸末期に幕府が海防対策募った時に小舟で接舷攻撃して黒船を撃退しようというのがあったそうだが
それのさらに百倍ぐらい無謀な案だろう

201 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/05(水) 19:09:52.02 ID:VooNhux6
火力と機動力が隔絶しているので、仮にテレポーテーションで接舷されたとしても、戦列艦をボロ雑巾に変えて一瞬で逃げ切れるな
駆逐艦の防御(耐久)力であっても、木造船のマストをやっとのことでへし折る戦列艦ではどうにもできんだろう

おまけに接舷白兵ともなれば、艦載の機関砲・機関銃をしこたま撃ち込まれた上で、奇跡的に乗り込めた者も、乗員の自動式の銃火器で応戦される

何かの間違いか神の奇跡が起こって想定するような状況になっても、完膚なきまでに負ける
常識的に考えればそれ以前で海の藻屑になる

202 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 19:15:51.03 ID:Cxcmcvk1
でぃびぃじょーんず 「りりーす くらーけん!」

奇襲でないと辛いかも。じゃなきゃ戦列艦が重要な記念保存艦で
乗組員は謎のコック並みの凄腕。駆逐艦のほうは休日で乗組員の大半が上陸、帰宅。

203 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 19:26:52.40 ID:ZN7JQPMC
>>奇襲
宮古湾海戦でやってますけどね…まあ結果は

たしかリッサ海戦でオーストリア海軍の木造艦がイタリア海軍の装甲艦
に衝角攻撃を成功させてた覚えがあるけど、海戦の経緯が特殊すぎて
事例にならぬ

204 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 19:33:04.62 ID:2ekHzLhg
帆船なら帆や帆柱にダメージを受けて船足が止まれば接舷もできようが
動力船だと無意味。
仮に白兵戦になっても、大砲以外に機銃もあれば小銃だってある
「なぜか艦は止まっていて、こちらは一切の火器をつかってはいけない」
という条件でもつけないと無理がある
どちらが刃物をうまく使えるかが知りたいわけじゃないよね?

205 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/05(水) 19:38:52.07 ID:VooNhux6
銃器が使えず刃物の扱いが下手でも、大戦期の艦艇の乗員数と艦の構造を思えば、あっさり負けそうだな

206 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 21:10:48.99 ID:AGQZ5FJf
タイムスリップしてその影響で動力停止&乗組員の大半が意識不明とかならいい勝負になるんではないか

207 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 22:05:29.91 ID:ZSM6Z4/J
結局海戦でも接舷戦でもなんでもなくて
軍艦にいかに乗り込んで制圧するかという話しかできないんだよな

208 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 23:15:44.91 ID:9yGfQKV1
2倍以上の速力と水平線から頭が出たら射撃をしてくる相手に風任せで実用射程100mmに
どう肉薄するかは置いてといて。
一国の保有する戦列艦が20隻として平均24ポンド砲80門として1600門、片舷で800門。
数は多いが水平弾道で飛んでくる11kg程度の鉄の塊ではライナーが貼ってあったら
現代の護衛艦でも損害が殆ど無いような
騒音を除けば葡萄弾のほうが損害を与えられるかも

209 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 23:16:59.97 ID:9yGfQKV1
100mm×
100m○

orz

210 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 23:21:00.84 ID:zaBirZZx
何とかいい勝負に持ち込む方法というと、WW2海軍側の誰かが裏切って、
帆船側が有利になる細工をする、くらいしか思いつかん

211 :名無し三等兵:2015/08/05(水) 23:58:13.87 ID:ZSM6Z4/J
遭難船を装って相手が接舷してきたら電撃戦とかとか、仮装巡洋艦モドキの
ただもう戦列艦だとか帆船だとかほとんど関係ないw

212 :名無し三等兵:2015/08/06(木) 22:29:51.46 ID:cvJ/YF3Q
食料や水意外の補給が望めず帰還方法も判らないのでとりあえず湾内なんかに隠れようとしたら逆に陸から目立って取り囲まれるとか?

球状弾を砲口から装填する大砲なんて当たらないとなめていたらボレーガンにアンテナとか配線をメチャクチャにされピンチになるとか

話的には少しずつ追い詰められていく展開に持っていけないと盛り上がりが作れない

213 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 07:15:03.97 ID:wuqHpRta
70年談話だとか安保法案だとかの話がウンザリなんで日本が無条件降伏せず本土決戦を選択し、日本が第二次ポエニ戦争のカルタゴ同様連合国に滅ぼされ、日本て国と日本人て民族が地球上から抹殺されて後の世界情勢の話を書きたいんだけど
・どうすれば連合国が日本と日本人の完全滅亡を選択するか
・どうすれば日本政府が降伏を申し出ても無視して戦闘行為を継続するか
・日本という国家と日本人が消滅した後の日本列島の管轄はどうなるか

原爆の開発は史実通り完了していて、原爆の投下予定は
東京、京都、大阪、名古屋、奈良、広島、新潟、松代、小倉、長崎、札幌、仙台
に投下させたい
基本的に軍民問わず日本人は皆殺し、投降してきても射殺、防空壕とかに立て籠ってても火炎放射器で焼き殺すって話にしたい

まあ話としては詰まらんと思うのは百も承知だけどね・・・

昨今のああいう流れを見ると本土決戦をやって日本が滅んでいた方がマシに思えるんだわ・・・

214 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 07:23:02.09 ID:wuqHpRta
上げるの忘れてた

215 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 07:26:23.37 ID:XiiIiCTX
>>213
とりあえず「家畜人ヤプー」を読んで、それを超える話が作れる自信があるかを
自らに問うてみることをお勧めする

自信が揺らがないなら、ぜひチャレンジしてほしいぞ
先行作品はいくつもあるけど、どれも駄作ばっかりだ

216 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 07:33:30.44 ID:XiiIiCTX
ちなみに日本人絶滅を除く、戦後日本の処理としては米ソが東西分割して占領するという想定が一般的で
これは実際にスターリンが米に提案したとされた北海道東西分割占領案がベースになってる
東西分割線をどこに引くかも作家の腕のみせどころだ

217 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 08:34:20.35 ID:D4LOszX+
檜山良昭『日本本土決戦』

これがオススメ。架空戦記というジャンル名がなかった頃、だけど
戦国自衛隊は既に世に出てた頃に書かれてます。

218 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 08:39:31.81 ID:2rK4aIyK
征途の原型になった奴だと、北海道戦争を経て赤平あたりに分割ラインが引かれてたな。つまり国道38号線w

219 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 09:31:47.01 ID:Uf7SynKg
>>213はとにかく連合軍が日本人を根絶させる話が読みたくて、その筋書きを尋ねてきてるだけのような
とりあえず合理的な可能性はほぼ0、非合理的な筋書きなら自分で考えてくださいでFAだと思われ

220 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 10:09:29.21 ID:GTEdg/Mm
ツイッタ−では左派同士の内ゲバ(と言っても言葉の暴力だが)が始まったし
攻撃的な人が多くて気持ちが悪い

221 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 10:17:56.25 ID:Vd/4zX94
日本人発祥のゾンビ病とか発生すればそうなるかもね>日本絶滅

222 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 10:53:00.04 ID:AcEz160o
「自分を評価してくれない今のこの世界は間違っている」と、うまくいかない言い訳をし続ける人たちが読者になってくれるでしょう

223 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 10:55:40.74 ID:KY4b+MYM
>>222
ゲートとかの読者はそういう人達のイメージ

224 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 11:05:43.00 ID:JdVl2X5z
滅ぶ日本人の中に自分だけは入ってないと考えるタイプだろうなあ

225 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 11:39:08.44 ID:AcEz160o
現在の社会や価値観が崩壊して、社会の底辺が一発逆転できそうな環境が描かれる作品には一定の読者がつきますが、
ストーリーが進むにつれ設定がご都合主義になっていくと、見たい物しか見ようとしないバカしかついていかなくなります

226 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 12:55:26.39 ID:CwFXzph8
娯楽もので見たくないものを見るなんてただの奇人じゃねえか
それとも職業書評家か

227 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 13:46:24.19 ID:1M/ClRaN
>>224
日本人じゃない可能性もあるぞ

228 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 13:53:11.09 ID:AcEz160o
>>226
「見たい物しか見ようとしない」ってのは思考停止ってこと、それ以外を所々混ぜないと飽きられる
逆に徹底したパターン化でロングセラーになる場合もあるけど

229 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 15:36:47.30 ID:qrTMx8Zw
「見たい物しか見ようとしないバカ」がまさに「見たいもの」な奴が大勢いるというのが現状。
他人を「中国の脅威を見ようとしないバカ」とか、「アメリカに支配されてる日本の現実を見ようとしないバカ」としか「見ようとしないバカ」。
そういう奴が、「見たい物しか見ようとしないバカ」とか言い出すとまったく噴飯もの。
素人小説にもそういうの多いんだよな。

230 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 16:30:08.58 ID:AcEz160o
「愚民どもには見えて無いが自分には見えてる物」が、実は陰謀論大好きさんの「自分が見たい物」であるという現実

231 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 21:04:10.61 ID:RbvJzYv+
>原爆の開発は史実通り

なら、1945年8月の時点だと広島長崎とあと1カ所くらいしか落とせないな。
日本中の主要都市に落とせるまでアメリカの核兵器が揃うのは翌年になるが、
たぶんそのときには日本はソ連軍に蹂躙されてるだろう。

232 :名無し三等兵:2015/08/07(金) 22:40:28.52 ID:AcEz160o
当時のソ連軍が単独で、大軍を一気に日本本土に揚陸させる能力はありません(特に戦車)

233 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 01:26:32.24 ID:/FvD2y+Y
まあ東北地方くらいまでは侵攻するかも
いずれにせよソ連にとっては奴隷と衛星国家が重要なわけで、余程のことがない限り日本人撲滅とか言い出さないでしょうが

234 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 04:42:06.25 ID:zQU+lmU1
砂浜に直接揚陸できる艦を装備していた冷戦期ですら、ソ連脅威論での日本侵攻ってのは大嘘で、実際には海を越えての侵攻など無理だったと判明してるのに
まともな揚陸艦なんて持ってないので港に乗りつけないと戦車を降ろせず、しかも米軍がばらまいた機雷で港湾封鎖されてる時期に、どうやって侵攻するのか?
占守島でチハ相手にあれ程苦戦し損害を出したのも、戦車を揚陸できず45mm対戦車砲と対戦車ライフルしか持ち込めなかったからだろう

235 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 14:54:50.77 ID:mgKtUezw
>>232 逆に言うと、上手にIFを仕込めればOKなわけだよね
創作だから
朝鮮半島の電撃解放にソ連が成功して、そこの船腹を使えたとか
うまい棒はないかの

236 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 14:57:52.23 ID:14EyzV3o
レンドリースで揚陸艇貰ったでいいだろ

237 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 15:00:58.32 ID:vSDScfw+
米ソが日本分割占領で合意したんなら、何隻かの船を必要な回数だけ往復させればすむ

238 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 15:35:50.01 ID:zQU+lmU1
それこそアメリカ海軍が全面協力して、ソ連陸軍を運ぶくらいやらないと無理だろう
現実と違い、対日利権をソ連に持っていかれるのも止むなし、とアメリカが思う程苦戦してる状況にする必要があるが

239 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 15:38:28.56 ID:xiUZS1lb
つまりレイテ決戦で武蔵の代わりに長門が沈んで、サマール沖海戦で大和の
艦橋にジョンストンの砲弾が命中して連合艦隊司令部全滅、結果的にレイテ湾突入成功か。

240 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 15:42:24.41 ID:1hBLcYxI
>>239
その頃の連合艦隊司令部は日吉だよ。
全滅したのは第一遊撃艦隊司令部だよ。

241 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 15:45:01.87 ID:xiUZS1lb
>>240
ああそうだったっけ。

一応訊くけど、ネタは理解してくれたよな?
ネタ飛ばしたほうが訊くのはなんだが。

242 :名無し三等兵:2015/08/08(土) 21:15:56.35 ID:JpZC64Lw
>>241
あれはジョンストンではなく利根の砲弾が大和の艦橋に命中していたはずでは。
しかも後に北日本の政治指導者の重鎮になる滝川が造った特製の砲弾が。
だから20サンチにも関わらず大和の艦橋にいた司令部が全滅するという結果になったはずだが。

243 :名無し三等兵:2015/08/09(日) 00:56:08.88 ID:XxXBqLRM
お前ら…読み返したくなるからそれぐらいにしてくれwww

244 :名無し三等兵:2015/08/09(日) 09:23:53.20 ID:yJpQeOiV
>>242
設定としてはそうなんだろうけど作中で明記はされていない。
公式の記録だと「駆逐艦ジョンストンの砲撃が命中」っていうことになって後世ずっとその
解釈で伝えられていくと思われる。

もしかしたら70年位経って利根の戦闘記録の分析から「実はこうだった」と判明するのかも
しれない。

245 :244:2015/08/09(日) 09:25:20.55 ID:yJpQeOiV
あ、「あの砲弾が跳弾したのは誰のせいだったのか?」ってことな
>明記はしてない

読んでれば誰にもわかるようにはなっているけど。

246 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 13:16:41.07 ID:BFfoYfDc
>>242は小説をメタ視点から見た話
>>244は征途世界が実在したとして、その世界の人物が見れる事象の範囲では
ジョンストンの戦果と思われる可能性が高いということ
視点が噛み合ってないような

ちなみに>>243はライトに描いてはいるがどす黒い怨嗟の声

247 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 16:29:32.13 ID:0x3AvppT
「地球連邦の興亡」も文庫になるってさ。
これでみんな安心だな。

248 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 20:29:39.30 ID:ISS5eZhk
いっそ遥かなる星も文庫化してくれればいいのに

249 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 20:58:35.79 ID:RbmeU0oJ
ニワカ過ぎてなんの話してるかわからないぜ!

250 :名無し三等兵:2015/08/10(月) 21:06:22.27 ID:0x3AvppT
>>249
知らないほうがきっと幸せ。

>>248
そのうちなると思う、確実に。

いつなるかは知らんが。

251 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/10(月) 22:47:46.30 ID:caUuRkKV
>>237
アメリカはソ連の分割案に合意こそしていないが、冷戦初期においては「ソ連軍の対日侵攻あれば、北海道は破棄する」方針である
つまり、実はソ連が上陸準備を整え始めるか、無理をしてでも上陸を敢行してしまえば、アメリカは半黙認する構えだった

防衛は本州と九州に限り、航空支援を主体とする
極重要な地域にのみ、防空部隊を中心とした地上部隊を送る
そして、ソ連の侵攻を手に負えない部分まで進めない為、日本"軍"に訓練と装備を与える

ソ連による北海道制圧と言う考えは、誇大妄想でもなく日米に大真面目に警戒されていたし、下手をすると実現の可能性も有った
特にアメリカは主戦場の欧州が忙しいので、その後しばらくは何かあれば日本を(全部ではないにしろ)捨ててもおかしくない

252 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 11:47:23.01 ID:sg68AW9L
ルパン三世に登場する次元大介は、自動式拳銃を使って射撃すると本調子が出ないようなのですが
実際、自動式拳銃と回転式拳銃って、射撃のノウハウとか結構違うものなのでしょうか。

253 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 11:57:16.55 ID:zJ5LY6yg
そりゃちがうでしょ

254 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 11:59:59.07 ID:ZtO5FfyI
こっちに飛んでくる携帯式SAMを、銭形のガバメントで撃墜できる次元が本調子で無いのだろうか?

255 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 14:37:56.79 ID:0W+L/Zrd
本調子ならルパンが撃った弾と自分が撃った弾を空中衝突させて、その跳弾で敵を倒せる

256 :名無し三等兵:2015/08/11(火) 19:26:22.13 ID:kK30cecU
TNT爆薬を爆発させた場合は、衝撃波の速度は音速を超えるので、衝撃波がズンと来てから爆発音が聞こえるという流れになると思いますが、
黒色火薬を大量に爆発させた場合はどうなりますか?

燃焼速度が音速を超えないので、破壊的な衝撃波は起こらず、ボンと音が聞こえたあとに空気が膨張する勢いを感じる程度ということになるのでしょうか。

257 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/11(火) 19:39:10.58 ID:+vJLt5Mm
黒色火薬だろうと、地面(固体)がより早く音を伝えると言う絶対的な法則がある限り、同じことが起こる

…「ズンと来る」から、地面を伝わる衝撃を音波ではないと扱っていると思って書いたが、ひょっとして大気中の音波と衝撃波をまるで別物と思っておらんだろうな
まあ、確かに砲弾片周りなどの衝撃波は、爆発自体の音より早く届いているが

258 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 06:46:00.47 ID:aRchBT9A
音速を超えるのが爆風だからな
音速超えなきゃただの爆音だ

黒色火薬の燃焼速度は製法にもよる

259 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 09:30:50.50 ID:O3ahPQRN
あるRPG(ロールプレイングゲーム)とかでTNTの5倍の爆薬とか
五百倍の電気励起火薬って爆薬が有るけど

この火薬を登場させると仮定して
WW2の航空爆弾、艦砲弾、魚雷・爆雷をこれに火薬だけ換装するだけの調整だけで
倍の効果になりますでしょうか?

特に爆雷の方は水中爆発の範囲&威力はWW2潜水艦に致命傷になりますか?

260 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 17:03:47.58 ID:/D6Ne4Ln
それは軍事板でなく化学板あたりで聞く質問かと。
お話的にはありと思うけどね。

261 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 17:21:50.16 ID:jdaS+C9g
>>259
ジャストな質問あったぞ
h ttp://mltr.ganriki.net/unc0628.html#21788

>特に爆雷の方は水中爆発の範囲&威力はWW2潜水艦に致命傷になりますか?
水中に関しては空気中とは考えが違うからなぁ。トルペックス的な性質なん?

262 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 21:44:42.86 ID:cXZngyyF
爆雷はあんま強力にしすぎると、自艦を吹き飛ばしてしまうから注意しな。
深度調整をしくじって自艦にダメージは爆雷あるある。
敵機の機銃掃射で誘爆して沈没もあるある。

263 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 21:54:19.29 ID:eBN3gevK
「あるある」って言うほど例多いか・・・?
>敵機の機銃掃射で誘爆して沈没もあるある

264 :名無し三等兵:2015/08/12(水) 22:44:55.69 ID:OslWngmX
>>263 末期大日本帝国の海防艦。嫌というほどあるぞ。
機銃掃射した米軍艦載機(概ね12.7mm多連装の戦闘機)のガンカメラ映像にだけ残ってるんで普通の人は知らんけど、な。

265 :名無し三等兵:2015/08/13(木) 11:42:30.05 ID:tN9xUnhw
如月とか(たぶん)爆雷が爆発したってことで火薬変えたはずだが…
足りないってなって古いの使ったんだろうか

266 :名無し三等兵:2015/08/13(木) 19:38:53.39 ID:Wz/ummGe
切羽詰ると生産容易で高威力、ただし不安定で事故率が高いんで普段は使わない爆薬がメインとなる…あるあるもいいとこのどぶ沼パターンと違うか。

267 :名無し三等兵:2015/08/14(金) 14:20:14.38 ID:j8+WO9oG
いや在庫を再利用したって意味な
生産力がどうだったのかわからんし

そういえば爆雷の安全装置は全部で三重だったがそれだと間に合わないから一つ残して全部外してたって話もあったな
船が沈んだ時に自爆して漂流者が大変な目にあったとか

268 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 10:47:41.97 ID:Z04zWAeZ
ジェームズ・ボンドが使用しているPPKは32口径仕様だと思うのですが
若干、威力不足のように感じます。
.32ACP弾でも、急所に複数発撃ちこめば、そこそこの殺傷力が
あるのでしょうか。

269 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 14:56:30.07 ID:iOCzn3Hd
>>268
どんな弾撃とうが急所に当たれば死ぬ
てか弾の話は荒れやすいので弾スレで

270 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 18:25:05.49 ID:uL75fBuJ
20世紀のヨーロッパは32口径が警察の標準。イメージでだけど
つーかアメリカが大口径過ぎ

21世紀になって9パラ以上が標準になったのはボディアーマーの普及のせいかなあ

271 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 18:43:38.74 ID:aD0uSFEh
>>270
アメリカでの「拳銃弾の標準的口径」が諸外国に比べてやたらデカく、45口径信仰みたいな
ものがあるのはWW1の前からだ。

9ミリパラベラムが標準化していったのも21世紀になるよりは前からだし、ボディアーマーの
普及とは直接的な関係はないかと。

272 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 18:44:53.82 ID:uL75fBuJ
言葉が足りんかった

21世紀になって「アメリカ以外でも」9パラ以上が標準になったのはボディアーマーの普及のせいかなあ

のつもりだった

273 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 21:57:54.79 ID:M7ykCtMR
日本がNATOに入ってる設定は荒唐無稽ですか?リアリティありますか?

274 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 22:00:06.19 ID:K8FoEjtX
MATOじゃねーだろ

275 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 22:28:29.36 ID:MbZK8cE4
>>273
まず、定吉セブンを何とかしないとだめ、

276 :名無し三等兵:2015/08/15(土) 23:28:41.67 ID:uL75fBuJ
>>275
それNATTO

277 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 05:57:41.66 ID:rIEpY2jH
リアリティーをもって北大西洋に日本があると読者に伝えるだけで充分です

278 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 06:52:37.53 ID:CJWD+U2X
アメリカ大陸を破壊して、できた海を「大西洋(Atlantic Ocean)」と呼ぶことにすれば、名称的にも政治的、軍事的にもリアリティがある。

アメリカ大陸を破壊すること自体のリアリティは知らん。

279 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 10:45:32.31 ID:RuHtKhX6
北大西洋に日本があったら、ナポレオンと殴り合う羽目になるのかね

280 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 10:50:58.29 ID:DxnWcWmY
植民地になるから無理だよ

281 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 12:09:06.37 ID:b/uKCTBT
たしかにwwwwww

282 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 12:32:29.57 ID:9g+NMTyi
アロー戦争の英仏連合軍が一万七千人に過ぎない。
当時幕府だけでも騎兵八万を常備したいた日本を植民地化するなんて無理無理。

283 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 12:37:22.32 ID:DxnWcWmY
ナポレオン戦争のフランス軍は300万

284 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 13:01:14.29 ID:b/uKCTBT
大西洋と極東では派兵できる数も違うしなwwwwww

285 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 13:25:11.15 ID:wDJklmqv
>>282
旗本八万騎って、あれ、旗本以外の直参とか、直参の家臣とか、そのまた家来とかまで含んだ数字で、
実数は5000人ぐらいだぞ
当然、8万人のうち大部分は徒歩、つまり歩兵だ

286 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 13:32:37.64 ID:wDJklmqv
>>277
>>278
つか、北大西洋条約機構って、トルコとか、東欧の内陸国とか、
どう考えても北大西洋と無関係な国も加盟してるだろ

実際に、NATOに、日本を含む、アジア・太平洋地域の米国の同盟国を
加盟させるべきだと主張している人たちもいるわけで

そこら辺は、作者がどれだけ説得力のある嘘を吐けるか次第だと思うよ

287 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 13:44:54.33 ID:XbfXu8ra
>>282
旗本八万騎と言っても実状は五千騎程度
その五千騎さえも上野戦争を知らんぷり
19世紀前半の日本の兵力は有って無い様なもの?

288 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 14:05:39.52 ID:8CCvAEdB
↑フランス式軍装の兵隊が幕府側だけでも1万2千は確実に居たはずだが
それは無視かね

289 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 15:57:47.54 ID:IDTLDKn4
>>288
19世紀前半もしくはアロー戦争当時に存在したなら勘定に入れてもいいのでは

290 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 19:42:23.05 ID:EU0ABj63
>>NATOレスまとめて

SEATO 「あのー……」

291 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 19:48:08.29 ID:b/uKCTBT
ヨーロッパの近くに植民地にできそうな島あったら
幕末まで待って武器援助するより紀元前の時点でローマに攻められてるな
ブリタニアとかカルタゴみたいにさ
イギリス人が蛮族扱いだから日本なんか奴隷だろw

292 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 19:50:11.24 ID:iIoLYIcK
ここで始まるローマの奴隷とは現代でイメージされる黒人奴隷を代表とするそれとは違うというめんどくさい議論

293 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 20:32:38.58 ID:b/uKCTBT
日本人ならけんとうしになって反乱起こすのかな?

294 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 21:06:15.47 ID:L2EDVUPD
え? 遣唐使?

295 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 21:09:16.08 ID:rIEpY2jH
香港のような借地か基地があれば良いのではないか?
クリミア戦争と新撰組がほぼ同時代なので幕末の浪人がヨーロッパに傭兵に行き功績を認められて居住地区と限定的自治権を許されているとか。
史実より多くの日本人が終戦時に拘留され強制移住させられた先がヨーロッパのどこかと言う手もある。

296 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 21:11:51.82 ID:b/uKCTBT
幕末の時代まで日本が生き残れるのだろうか

297 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 21:13:05.06 ID:iIoLYIcK
日本だと思わせておいてヨーロッパの日本人居留地だったと思わせる叙述トリックだな!
ハヤカワJAの某作にあったな。あの人またエンタメSF書かねーかなとスレ違いの雑談

298 :名無し三等兵:2015/08/16(日) 21:45:51.89 ID:rIEpY2jH
新撰組共和国なら第二次世界大戦時にドイツが同盟国日本へのジェスチャーとして解放(ドイツ領となる)され戦後は本の国管理下の日本と言う扱いになる。
ソ連の日本人居留区ならソ連崩壊のどさくさに日本が買い取る。

299 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 06:50:38.58 ID:cZSvAoJA
>>268
ボンドさんは隠密行動に向いてるポケットオートをそれまで愛用していて
「そんな豆鉄砲やめてこれ頼りになる使え」とPPKを持たされて
はじめはむくれていたけど、実際撃ち合いでは有利なので我慢して使ってたんだな

300 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 08:04:36.89 ID:YvRbtFKz
一般的な拳銃弾としては、.22ショート(95.7ジュール)、.25(98.8ジュール)、.22ロング(163.2ジュール)に次いで威力が弱い(197.5ジュール)が、
.22ロングは急所狙いの暗殺用として多用され、.32APCも特殊作戦用拳銃ウェルロッドMk.IIに使われてるくらいだし

301 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 08:33:16.14 ID:YvRbtFKz
あと初速が音速未満なので、サイレンサーによる消音効果が大きい

302 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 12:27:16.46 ID:FR5Rx7o0
サイレンサーを使う時はどの銃でも初速が音速未満の特殊な弾丸に変更するだろ

303 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 12:33:58.29 ID:qdG1OQRS
必ずしもそうでもない。

特に最近のサプレッサーに多い使い方である、
「隠密性を必要とせず、単に「大きな音を立てたくないが、強度の静粛性はいらない」
って状況だと普通弾普通に使って撃ってる。

もちろん全体としての消音性は落ちるが、暗殺とかに使うんで無ければそれでもいいみたい。

304 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 14:02:42.38 ID:FR5Rx7o0
そんなことはだれでも知ってる

305 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 14:26:31.67 ID:ZF7+w+RI
俺は知らんかった

306 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/17(月) 16:15:31.03 ID:sa6evzyq
射手の位置を多少なり隠せれば十分なので対物狙撃銃でもサプレッサーを使って見たり

307 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 17:52:22.52 ID:tIzPrRb0
あれは指向性の高い高音域を消すとどこから飛んできたかわかりにくくなるからだそうな

308 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 18:17:51.89 ID:OiqUj+mJ
ファンタジーとか異世界に転移する作品ってなんで架空戦記に入れて貰えないの?

309 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/17(月) 18:30:40.27 ID:sa6evzyq
答えを自分で言っとるだろう
ファンタジーに大別される物であって(架空)戦記ではない

宇宙人との戦争を描く作品を、SFではなく戦記物に分類しろと言うような話だ

310 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 20:11:45.79 ID:7xz7kOd5
>>308 君はジャンルで何を読むか決めているのかい?
だとすれば君が好んで読む物の魅力ってなんだい?読み終えてよかったと思った作品に何か共通する点ってないかい?

君が好きな読み物が仮空戦記で君が架空戦記に求めている物を提供してくれているなら宇宙人が出てこようがトロールが主人公だろうがそれは架空戦記だ。

でもその魅力がなんなのか人に訊ねているのだとすると多分君はその魅力を人に伝えたりはできない。

311 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 20:40:33.85 ID:OiqUj+mJ
大逆転!連合艦隊ドーバー大海戦
感想、連合艦隊マジかっこいい!

霧島那智
ワンパターンでクソだけど、癖になる

ゲート
感想、なんか続きが気になる

共通点がないな

312 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 20:46:28.57 ID:qdG1OQRS
>>311
っていうか「架空戦記に入れてもらえるかどうか」ってそんな大切なことか?

313 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 21:25:23.24 ID:OiqUj+mJ
いやまったく。
スレのテンプレで指定されてまで禁止されてるのに
話題を投下しにくるやつがいるので
世間的には架空戦記の分類なのかなと思ってきいてみた。

314 :名無し三等兵:2015/08/17(月) 21:35:34.30 ID:qdG1OQRS
>>313
要するに質問の主旨って
「『GATE 自衛隊(以下略』は架空戦記に分類されるのかどうか」
ってことだった訳?

だったら最初からそう訊けばいいのに。

315 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 13:47:19.87 ID:BM+xdXuy
売れるネット仮想戦記を書きたい
10代の年少者主役だと受けるのはわかっている
第二次世界大戦物で常勝の提督やらせればランキング入りできると思う

歴史上、火薬が発達してから最年少の将官って何歳ぐらいかな?
海軍と陸軍で教えてください

316 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 14:26:32.93 ID:P9jdSr0x
>>315
昭和天皇が20歳で大元帥になってる。

317 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 14:54:14.56 ID:tuQJt+7o
ジョージ・アームストロング・カスター
1839年、誕生
1861年、ウエストポイントを34名中最下位で卒業、正規軍騎兵少尉に任官
1863年、義勇軍准将(23才)
Boy General(少年将軍)と呼ばれる

318 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 21:48:43.67 ID:BM+xdXuy
ありがとう

319 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 22:25:55.79 ID:URmz57DB
RPG-7の弾頭には時限信管が内蔵されており
目標を外しても一定時間で自爆するらしいのですが
この時限信管を調整して対空目標に撃ちこむことは現実的にあり得るのでしょうか?
また、調整する際には具体的に弾頭のどこの部分に手を加えるのでしょうか?
(弾頭の先っぽに時限信管調整用のツマミがあるとか、そんな感じのパーツがあるんですかね?)

320 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 22:45:07.91 ID:RwwW7QuG
>>319 ソマリア民兵がそれやってる。ブラックホーク・ダウン文庫版上巻P203-204。
弾頭に差し込む信管自体を時限式の奴にして(不起爆時の安全装置の調整ではない)、低空飛行ヘリのテイルローターを狙って沢山打ち上げる。発射位置の隠蔽も重要だ。

321 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 22:50:32.96 ID:QaXPjtOs
>>319
大体1km飛ぶと自爆するようになってるからそれを利用してヘリを撃墜とかしてるよ

322 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 23:37:57.77 ID:f1rlwXQr
アフガンだと山上から撃ちおろすあるいは同高度からのもやってた気が
こっちほうが効果的じゃなかったかな

しかし直じゃなくて時限信管で撃つのか
よく当たるもんだなと思ってぐぐったらなぜかピクシブ大百科が出てきて数百発も撃ったとかでてきたw

323 :名無し三等兵:2015/08/18(火) 23:48:56.84 ID:RwwW7QuG
まるで当たらん。WW2の高射砲と同じで、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるそのまんま。
カ○オあたりが兵器産業参入して見越し照準器と時限信管標定を連動させる仕組みでも作れば別だろうけど。

あと、山頂から撃ちおろす方が効果的なのは間違いないけど、そもそもそんなことヘリ相手に出来る高所で戦う事自体が極めてまれじゃなかろか。

324 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/19(水) 00:12:58.65 ID:w5LGEz/l
ソ連軍「山岳部のムジャッヒディーンを撃つために水平に近い角度を出せる高度で突っ込むぞ」

なお対戦車擲弾を使おうが何をしようが、よほど運が良くない限り一方的に殺される模様
じゃけんヘリを狙う時は輸送ヘリなんかが止まってるところをみんなで集中射撃しましょうねー

>>322
キース・ヘンダーソンの統計を見ると、アフガン戦争におけるRPG-7のような火器で被害を受けた可能性のある機体は33機(撃墜は6機)
しかし、この数字は流出した個人携行地対空ミサイルなどによるものの可能性を加えてのものであるらしい
確実視できるものはアフガンとイラクの僅かな成功例しか確認できていない
撃墜となると皆無かも知れず、レポートでも近くで炸裂させて幾らかの被害を与える攻撃であったとしている

ただ、ヘリへ向けて撃ちまくった擲弾の数がどの程度かはとても正確な数字を出せるものではないので、極端に成功率は低い程度に思っておいた方が良い

325 :名無し三等兵:2015/08/19(水) 00:18:35.84 ID:c3ZVtYQC
>>320-323
解答ありがとうございます
ID変わりましたが質問者です
弾頭の時限信管はあらかじめ設定が固定されていて状況によって使い分けるということなのですね
また実際に使用されたこともあるものの、それほど頻繁に目標を撃墜出来ているという訳でもないのですね
ということで重ねて質問なのですが、ヘリ以外の撃墜例(UAVとかドローンとか)
はまだあまり確認されてないのでしょうか?

326 :名無し三等兵:2015/08/19(水) 00:20:15.55 ID:c3ZVtYQC
>>324
すいません見落としてました…
解答ありがとうございます

327 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/19(水) 00:27:51.00 ID:w5LGEz/l
自分で書いておいてなんだが、アフガン戦争と言うと近世の香りがしてくるな

328 :名無し三等兵:2015/08/19(水) 00:44:04.05 ID:2d3oINVb
ブラックホークダウンの戦いでは二日間でだいたい1000発ほどRPGが発射されてブラックホーク4機に命中し2機が墜落しているようだね

329 :名無し三等兵:2015/08/19(水) 21:43:02.43 ID:ZhW2CznR
二日でそれだけRPGが集められる社会って嫌だな…

330 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 19:38:36.73 ID:PZCH3jmS
高熱の炎を武器とし、触れただけで敵が爆発するというキャラクターを考えており、その爆発する理由に頭を悩ませています。

火炎放射器の炎が当たると人体は爆発すると聞いたんですが、これは本当でしょうか?
もし本当だったら、どういった理由からなのでしょうか?

331 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 20:00:41.37 ID:Xu+MAbc6
ウインナーに切れ目を入れずに加熱すると裂ける、という原理でいいんじゃないの
中の水分が蒸気になってパーン

332 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 20:15:29.47 ID:lVFscQIP
そんな高熱なら弾けるまえに火傷か酸素不足で死ぬんじゃないか

333 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 20:20:12.49 ID:UgeeOS/A
電子レンジみたいに、体内の水分が急速に加熱され、爆発というか破裂するように裂ける、というならわかるが、バラバラに吹っ飛んだりはしないだろ

334 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 21:20:43.81 ID:hpxF6Nke
どっかにオーストラリア兵が日本兵に火炎放射器でぶっかけて、日本兵が燃えながら走って逃げて死ぬ動画が有るから探してみたら?
何処だったか忘れちゃった

335 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 23:19:10.00 ID:PZCH3jmS
>>331-334
ありがとうございます。
動画を参考に、ソーセージの理屈でやってみます

336 :名無し三等兵:2015/08/20(木) 23:54:32.11 ID:DFePo6k+
まあ電子レンジ式加熱(分子振動)の超能力は、30年くらい昔の荒木飛呂彦「バオー来訪者」でウォーケンがやってるけどね

337 :名無し三等兵:2015/08/21(金) 00:07:48.73 ID:+qGrPeVQ
荒っぽいなら肺の中の空気を熱で急激に膨らませて爆発させよう
その前に人体が燃える?気にするな

もっと荒っぽく熱で分子結合もぶった切ってプラズマ化して消し飛ばそう

よく考えたら軍事関係ないわw

338 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 10:00:15.28 ID:/DLdvWWZ
コルトガバメントをバッグの中に入れて携帯するというシチュエーションを
考えているのですが、薬室に弾を装填してハンマーを起こし、サムセーフティをかけた状態
いわゆるコック&ロックの状態で銃をバッグの中に入れるのは、少々危険でしょうか。
ガバメントにはグリップセーフティもあるので、コック&ロックでも大丈夫かなという
気はするのですけど…。

339 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 10:09:08.69 ID:dbOuApcy
非常に危険なので携帯時はそもそも薬室に弾を込めないでおくべき

340 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 13:08:05.63 ID:BAUjJbZQ
ホルスターに収めておくならともかく、
コック&ロックの状態でバッグの中に裸で入れるって時点でヤバすぎ。
コンシールド用のホルスター内蔵のバッグならわかるけど。

341 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 15:53:57.60 ID:K8wpc5QE
そもそも、ホルスターとか、ホルスターがないにしろ
即座に取り出して射撃できる工夫がされたバッグでないのなら
どちらにしろ取り出すのに時間がかかるわけで、コック&ロックにしておく必要があるのだろうかと思う

非常に高い緊急対応能力が求められるから、危険を犯してコック&ロック(機械的に留め具が外れればいつでも暴発する状態)にしているのに
それをバックの中に収納して持ち歩いているのでは、どうにも本末転倒という気がする
グリップセーフティがあろうが、サムセーフティなんかバッグにゴチャゴチャものを入れたまま飛んだりはねたりすれば、いつ外れてもおかしくはないわけで
やはり危険なことに変わりはない

342 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 16:00:44.73 ID:vgAj8LRO
「薬室に弾を装填してハンマーを起こさない状態」でいいだろ
ガバメントはシングルアクションなんだから、スライド引かずに親指でハンマー起こすのは、コック&ロックでも同じだし

343 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 16:02:17.12 ID:vgAj8LRO
訂正・トカレフでやるみたいなハーフコックの場合ね

344 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 18:57:08.60 ID:RiQj18pJ
薬室に弾を装填してある状態で強い衝撃を与えると暴発する可能性がある

345 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 19:07:12.51 ID:vgAj8LRO
そりゃ雷管が叩かれれば暴発するだろうが、>>342はシングルアクションのリボルバーの撃鉄が起こしてないのと同じ状態だぞ

346 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 19:36:20.50 ID:RiQj18pJ
少なくともWW2辺りまでの拳銃を携帯する将兵はみんな薬室に弾を装填してない状態で携帯してるよ

347 :名無し三等兵:2015/08/22(土) 21:27:49.08 ID:cgkYgLN2
>>338 バッグに入れてと言う表記だけなら他の回答者が言うように急な事態に対応出来ないのにいたずらに暴発の危険を招いているようにしか聞こえません。
もしそれが危険な状況に対応しようとしている者、銃器の扱いに慣れた者の行動としてしまうと違和感を招きそうです。
大型の軍用拳銃を悟られずに持ち運ぶ方法としての表現だとすれば見た目はバッグにしか見えないホルスターとしてみるのはどうでしょう?
銃器の扱いに慣れている表現ならチェンバー空マガジンも入っていないガバメントに危険を感じた次の数秒で片手だけでマガジンを叩き込み装填するようなシーンの方が訴える物があるかもしれません。
つまりバッグから出した銃をベルトに挟み開いた手でマガジンを取りだしグリップに滑り込ませる、(改造してないガバメントなら銃身の下のリコイルスプリングからは何もはみ出さないので)靴の踵に引っ掻けてスライドを後退させ装填です。

348 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 08:44:10.51 ID:7RQcXp3S
泥臭いけれど、普通にスライドを握って、素早く装填するだけでも良いかもね。
プロってのは、その変の地味で野暮ったい操作を、早く確実に実行するものだから。
何れにしても、安全性の高い現代の拳銃ならともかく、WWUの銃でコック&ロックは危険だ。

349 :338:2015/08/23(日) 09:16:24.37 ID:+KB+kytN
たくさんの回答ありがとうございます。
やはりコック&ロックで携帯するなら、ホルスターを使用しないと危険なのですね。
薬室に装填したままバッグの中に無造作に突っ込むなら、ダブルアクション式の銃で
なおかつデコッキングした状態、でしょうか。

>>347さんや>>348さんの回答にあるように、スライドを素早く後退させて薬室に
装填させる描写もカッコいいですね。
参考になります。

350 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 19:27:46.72 ID:zN6DDKU/
昔見た、自動拳銃での早打ちで、ホルスターに蹄鉄をUの字に仕込んで、
未装填の銃を押し込んで、蹄鉄でスライドを抑えて装填するというマンガを
見たことがある。
実際できるかは知らないけど。

351 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 19:29:35.57 ID:erf1wT0J
>>350
大藪春彦でもそれあったな。傭兵たちの挽歌だったかな

352 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 19:31:25.27 ID:s87cu6j0
リボルバーでも昔はハンマーと重なる一発は抜いて携帯してたりしたな安全の為に

353 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 19:32:32.69 ID:0OVo2+xR
警官の銃は1発目が空砲なのはそれなん?

354 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 19:42:04.57 ID:ZUICyj5u
空砲というのは都市伝説だし、昔は

「あっ、落としちゃった」
ハンマーのところからガチャン
戻ったハンマーが雷管叩いてズドンッ

みたいなことがあった

355 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 20:39:24.08 ID:7RQcXp3S
>350-351
今はそれ専用のホルスターも在るが、現実にはグロックなどの現代的な拳銃で、チェンバーに装填したまま携帯する方が多いようだね。
今の拳銃は、落としても暴発しないように設計してある事が多いし。

356 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 20:44:21.00 ID:G52pCHtv
SAAレプリカで子供が遊んでて手が滑って落として床にハンマーが当たって
一緒に遊んでた友達や父親をシャサツというのが何件か有った覚えが

357 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 21:38:10.44 ID:AsXSO7ct
SAAを持ち歩く時は薬室一発目はカラにしとく事、いいな絶対だぞ!とNRA監修「銃の基礎知識」にかいてあったよ。

358 :名無し三等兵:2015/08/23(日) 21:39:36.47 ID:erf1wT0J
今どきのリボルバーで
ハンマーが直でプライマ叩かないようにセフティ入れてるのは
レアケースとはいえ理由あるんだなあ

359 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 02:02:27.73 ID:jj2iIG3t
南樺太が日本領土のままであり、且つ日本の政治・経済状況が史実戦後日本に近い場合
そこに配置される軍隊(自衛隊?)の戦力はどのようなものになるでしょうか?
例としては、やっぱり戦車が重点配備されたりするんですかね
他にも海上戦力、航空戦力の配分はどうなるんでしょうか

360 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 03:21:03.10 ID:ok1Lhlvl
対馬警備隊?
樺太なら陸続きだし、戦車は必要かも知れないが、それでもガチのソ連相手では防衛は難しいな。

361 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 03:39:38.48 ID:kukGhXPD
つうか、実際終戦前後に戦ってるよね
この時の日本側は、歩兵1個師団+4個旅団

362 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 09:33:30.89 ID:H5wSUS5w
>>359
陸地の国境線挟んで軍隊が対峙する、というのは国家間の緊張をむやみに高めるので
極力回避したと思うよ。

なので史実の北部方面隊、もしくはそれ以上の規模の陸自部隊が配置されるってことは
なかったと思う。

あと、南樺太に事実上の陸自主力を配置して、でも開戦劈頭に北海道に上陸されたら
主力が南樺太で孤立してしまうし、初戦の結果本土(北海道含む)に撤退したくても
多分できないだろう。

つまりは陸自の中核戦力をごっそり失ってしまう可能性が高いわけで、戦略的にも
南樺太には大した戦力は駐留させないのでは。

陸自部隊1個旅団(昔の編成なら混成団)と、防衛庁所管ではない軽装備の「国境警備隊」が
置かれる程度なのではないだろうか。

363 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 09:37:34.51 ID:H5wSUS5w
>>359
で、それは海空共に状況は同じだから、海空共に大した戦力は配置されない
ことは同じかと。

創作のネタとして考えるなら、
*史実とは違う「日本国南樺太」(樺太県、になるのか北海道庁樺太支庁になるのか・・・?)は
 どの程度発展したのか
*南樺太だけではなく、千島列島も日本領のままなのか
の方を先に考えておかんとならんだろうな。

364 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 10:05:58.28 ID:Ga508YtJ
まぁ38度線みたいに、地雷原と障害物を構築して、国境線にはベルリンの壁ってのがまず大前提だろ。
民間人は可能な限り廃して、後は精鋭警備隊を配備するが、必要に応じてすぐに撤収できる手はずを整えておく。

365 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 10:32:48.08 ID:a2Ss7MFN
戦後のフィンランド=ソビエトボーダーは鉄の柵と鉄条網と監視塔が延々と続くというものだよ
両国の国境警備隊が常に貼り付いてた

366 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 17:47:30.60 ID:EVakb7f6
近未来を舞台としたネット小説で、敵がEMPで敵味方双方の電子機器を破壊したあと
記念艦として保存されていた戦艦ミズーリで戦闘を行う内容の作品があったのですが、
第二次世界大戦時の兵器にはEMPは効果がないのでしょうか?

367 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 18:37:28.11 ID:3stUJaSi
>>366
WW2当時に電子機器があったか調べてみればいいんじゃないかな(真顔

368 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 18:44:44.93 ID:72Yu9/mD
>>366
真空管を使ってる機器をEMPで破壊できると思う?

369 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 18:59:57.60 ID:4vwGY6hX
アイオワ級ってレーガンが現役復帰させた時、電子装置とか改修しなかったのかね
1980年代ならまだ真空管の入手は容易だったろうが、寿命の短い真空管よりトランジスタ回路に機能をエミュレートさせる方が安上がりだったんと違うかな。

370 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 19:04:28.18 ID:72Yu9/mD
ところでその小説で、後付されたトマホーク(こちらは当然、当時最新の電子機器使用)などは撃ってるの?
記念艦になった後もミサイル発射器は撤去されず残されているが、もし撃ってたらおかしい

371 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 19:08:33.30 ID:4vwGY6hX
自分で言った後調べたら、レーダーとかその辺は全取っ替えしてんだな。
蒸気タービンで動けるし、光学照準器とそのデータでの方位板射撃はできるが、それ以上の事は無理だな。
当たらない主砲を頼りにするより、無傷の電子部品かき集めてO.H.ペリー級辺りのフリゲートでも動かせるようにした方が、
たぶんマシ。夢も面白味もないが。

372 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 19:19:40.21 ID:EVakb7f6
>>370
主砲しか使用していませんでした

373 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 19:35:53.06 ID:00f17FO3
>>371 「バトルシップ」じゃマジで蒸気タービンと方位板射撃で戦ってたなミズーリ。最後の一発以外、零距離直接照準水平射撃ではあるけれど。
(その一発も、20kmも飛ばしたわけじゃ訳じゃなさそうだし)

374 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 19:40:28.79 ID:qQk1U3PX
1918年のカイザーシュラハトに対抗してパリ陥落を防ごうと奮戦する英仏軍の死闘と言うプロットで
仮想戦記を起案しているのですが。
この時の英軍の一部、具体的には一部の師団の補給部隊が完全自動車化されているというのはありえない
話なのでしょうか?
主人公は英国人で、師団に馬が無く自動車で補給を運んでいるのを見て、時代の変化を痛感するという描写なのです。
学研の2008年版、第一次世界大戦下P165で英軍は12万両のトラックを保有していたという資料があったことから
無理ではないと思うのですが。
軍事知識に詳しい友人に学研の歴史群像系の資料は信用性が絶無と言われました。
本当のところ、どうなのでしょうか。どうかよろしくお願いします。

375 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 19:47:49.80 ID:H5wSUS5w
>>374
補給部隊の「完全な」自動車化、というのだとWW2でもありえない。
そんなのは現代のアメリカ軍くらい。

その当時の感覚だと、「馬車でも人力でもなく自動車で運んできた」というだけで
普通の人なら「スゲェ」って思うだろう。

376 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 20:05:25.86 ID:72Yu9/mD
いや流石に米軍だけは、第二次大戦当時でも完全自動車化できて、更には他国に多数のトラックを供与できるレベルですが

377 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 20:15:41.25 ID:sp1Ygl43
第一次だと仏がタクシー使って兵員の大輸送やってたな
軽便鉄道と合わせて民間車両を徹底的に徴発すれば限定的なら可能じゃないか
戦線の移動も遅いし

378 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 20:24:56.80 ID:MoUpXagB
WW2の戦車師団や自動車師団の中には普通に米国以外でも完全自動車化あるだろ
フランスが1925年頃から騎兵師団を改変させ初めて1935年に完成させた軽機械化師団は徒歩も馬車もトラックも無しで師団丸ごと全部隊が装甲化されてた

379 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 20:36:24.20 ID:kLmMJg6T
話題が元質問からズレてんぞ。

質問から離れた議論や雑談は派生スレか雑談スレでやれや。

ここで今求められてるのは
*1918年の英軍で補給部隊が完全自動車化されているというのは有うるか否か
*学研の歴史群像は資料としての信用性はどの程度か?
だろ。

380 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 21:27:54.76 ID:jj2iIG3t
>>359
の質問をしたものです
状況としては千島列島も基本的に日本の領土であり
南樺太の産業は第一次産業(林業漁業など)、製紙産業、石油関連などが中心
経済状況に関しては勉強不足で具体的に答えられないのですが
産業・経済は南樺太の分がないと多少困る(必須ではない)
位を想定しています
というか確かに回答の通り南樺太は本腰入れて守る場所ではないですね
仮に在日米軍がいても余計な緊張を避けるために駐屯はしないことになるんでしょうか

381 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 21:40:06.26 ID:72Yu9/mD
現実世界でも(後の北海道侵攻も考えた)ソ連軍の攻撃があったし、当時も部隊が配備されていたし、
南樺太がサンフランシスコ講和条約で放棄されなかった世界であっても、常駐兵力は置いたんじゃないか?

382 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 21:43:45.96 ID:H5wSUS5w
>>380
その場合、「何故ソビエトに千島列島と南樺太を制圧されなかったのか」についての
そこそこ説得力のある設定が必要にはなるだろう。
ソビエトが対日参戦した以上、南樺太も千島も侵攻されないってことはありえないし、
仮に大本営が史実とは違い徹底抗戦命令出して守り切ったとしても、日本が降伏した以上
ソビエトに対して抗戦し続けることはできず、撤兵した後にソビエトが進駐した、もしくは
進駐してきたソビエトに武装解除された)ことは間違いないだろうから。

なのでその設定にしたいなら、「太平洋戦争中の作戦の一環として米軍が千島と南樺太に
上陸して制圧した」ってことにしないとダメだろうな。

もしそういう流れになったのだとしたら、米軍はその後もずっと千島と南樺太に進駐し続けただろう。
史実での北海道進駐部隊のように、朝鮮戦争勃発で米軍は移動し、自衛隊発足後は自衛隊に
置き換えられていくことになっただろうけど。

383 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 21:49:29.18 ID:72Yu9/mD
もっと簡単なのは「ソ連軍対日参戦(アジア方面に戦力移動)前に日本降伏」

384 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 21:53:08.11 ID:sp1Ygl43
軍事的な問題というより
説得力ある政治的展開を書けるかどうかの問題じゃね
逆に言うとそこを言い抜ければ好きな展開にできるんじゃないの
理由は必ずしも合理的なものである必要もないし

385 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 21:53:39.50 ID:H5wSUS5w
>>383
それだと原爆投下もなさそうだから戦後史が大きく変わりそうだな・・・。
ある意味楽だけど。

それはそれで「どうやって陸軍を納得させたのか(または、押し切った&ねじ伏せたのか」とか
そういう問題が出てくるが。

次々と考証の範囲広げてもしょうがないだろ、って話になってくるかな・・・。

386 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 22:00:08.03 ID:jj2iIG3t
お早い回答ありがとうございます
やっぱり太平洋戦争(場合によってはそれ以前)から歴史を見直さなきゃいけないですよね…
ロシア(ソ連)と唯一地続きの日本領土な南樺太で過ごすキャラクターとストーリーを考えるのに
軍事的側面からもちょっと考察してみようと思ったんですが…
この調子だと同地はあまり産業は発展しなさそうですね

387 :名無し三等兵:2015/08/24(月) 22:26:09.71 ID:H5wSUS5w
>>386
単に「ロシアと地続きの日本がある」であれば、「ソビエト崩壊後に立場が弱かった時代に
日本との平和条約(+経済援助(本命)の交換条件として南樺太と千島列島が返還された」
でオッケーだろうとは思う。
あるいは「ソビエト連邦末期に(以下同じ)され、その後結局ソビエトは崩壊してロシアになったが
ロシアとも平和条約は維持されたので、現在も日本領である」で構わんと思うよ。

ただ、「冷戦時代から日本領だった」となるといろいろと設定がメンドイね、ということで。

388 :名無し三等兵:2015/08/25(火) 00:02:25.03 ID:uWp51zDU
成る程。
どうせ後でチャラにされるガスプロムのサハリン2よりも、土地の返還で経済協力に答えるってのはアリだよな。

389 :名無し三等兵:2015/08/25(火) 19:16:48.10 ID:88V5g9pd
374です。

結果的にあいまいな質問をしてしまったようですみませんでした。
379さまがまとめてくださっていますが、
1 1918年の英軍で補給部隊が完全自動車化されている師団と言うのは存在しうるのか?
2 学研の歴史群像系の資料の信用性はどの程度あるのか?
という2点です。
どうか、よろしくお願いします。

390 :名無し三等兵:2015/08/25(火) 21:09:42.67 ID:cSbrD1R2
1 特定の一個師団と、それに関わる段列なり輸送機関に、
可能な限り自動車を集中させれば、存在できたかもしれない。
当然ながら、その師団だけそういう扱いになった理由を
うまく作中で語る必要がある。

2 私見だが「信用性が絶無」とまでは言えないと思う。
ただ「筆者が最近発掘した(と思いこんだ)新発見・新知見」に
重点を置いて、それ以外はどこかで見たようなとおりいっぺんな
記述に終始する傾向がある。引用元にあたってみたり、
なるべく複数の情報ソースに目を通して判断した方が間違いない。
(これは歴群に限らず、一般的な資料の見方でもある)

391 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 00:30:46.00 ID:/xaqZj6q
イギリスが列車を信用してなくて独仏他と違って自動車中心に補給を考えていたことはわかったが
台数まではわかんね

392 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 13:15:53.50 ID:OZJZXm1P
第二次大戦期を舞台として、狙撃手を主人公にした話を考えているのですが
サイドアームとして、実費で購入したワルサーPPKを所持させるのは、やや不自然でしょうか。
軽量なので、装備の邪魔にならないとは思うのですが…。

393 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 17:39:47.42 ID:WoKH6KzI
一口に狙撃手と言っても隠れて遠距離狙撃を行うレジスタンスのようなものから小隊の中で射撃の腕を買われたマークスマン的役割のものまで結構振り幅は在ると思います
小道具にこる前に所属する国によって狙撃手に求められる役割も変わって来るでしょうからまずそちらのイメージを固めてみてはどうでしょうか

394 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/26(水) 19:13:53.18 ID:aRMzc++a
どういうつもりなのかは分からんが、ワルサーPPKを持つことが第一の要件ならば、いっそそれを軸に肉付けしてしまえば不自然な部分が減る

395 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 19:55:52.01 ID:DLU/tsIh
374です。どうもありがとうございます。

それなりにうまい理由付けが出来れば完全自動車化されている師団は
存在できるということで良いでしょうか。

それから確かに歴史資料については複数の資料を比較検討するのが
必要不可欠ですね。

どうもありがとうございました。

396 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 20:34:26.16 ID:XN3iORBw
戦間期のイギリスであれば
ホバーツファニーズで知られるパーシー・ホバートなど英陸軍における機甲戦の先導者たちが頑張ってた時期です。
おそらくは完全自動車化編成の部隊も試験運用されたり、演習で想定されたりしてたはず。

この場合、常設師団ではないであろうこと、機甲戦提唱者の間でも異論があったことなど
色々と面白い要素が出てきます。

第一次世界大戦末期の場合だと、師団でなく師団捜索隊などであれば
可能性があるかも。

397 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 21:52:06.99 ID:Gwq6MrSq
規模を落として戦闘団にすれば、臨時編成だし、幾らでも小細工できるのでは?

398 :名無し三等兵:2015/08/26(水) 22:26:10.75 ID:8wxnbxeA
どの国も望んでないのにイタリアが勝手に参戦して軍組織が崩壊した
オーストリア:ハンガリーに攻め込んで大敗を喫した後だとイタリア
戦線の崩壊を防ぐため、地中海の輸送船舶の大部分がイタリア支援に
回されるので中東からの原油事情から完全自動車化というのは難しい
かも

399 :名無し三等兵:2015/08/27(木) 04:52:18.08 ID:fCmD3JUo
>>398
第一次世界大戦の頃は、最大の産油国はアメリカでは?
中東原油の開発が始まったのは第一次世界大戦後で
本格的になったのは第二次世界大戦後と覚えていたけど私の間違い?

400 :名無し三等兵:2015/08/27(木) 11:29:41.09 ID:9WBWfV1g
まあ現在も最大の産油国はアメリカだけどな

401 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 06:37:22.68 ID:rHmo+tVB
集合住宅における護身用の拳銃の置き場を、どこにしようか悩んでいます。
自分なりに考えてみたところでは、フルサイズを1丁、金庫(ガンセーフ)の中に置き
サブコンパクトを1丁、ベッド脇のナイトテーブルの抽斗の中に放り込んでおく…、という
感じなのですが、こんなところで違和感ないでしょうか。
また、他に「こことか良いんじゃないか」って場所があれば、教えてください。

402 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 09:33:48.03 ID:emSfuab5
治安を与るごく少数以外は原則として武装は禁止した方がマシなんでは……
どんな周辺状況を想定しておいでか?

403 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 09:53:48.88 ID:ofDBUQiW
>>401
アメリカの話とか聞いたり読んだりするとそんなものだろうと思うが、子供の眼と手が
届くところに実弾入りの銃を保管するのは危険だぞ。

404 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 13:33:35.11 ID:TszUHToy
鍵のかかる引き出しならいいかもね

405 :401:2015/08/28(金) 20:16:04.82 ID:rHmo+tVB
>>402
状況に関する情報が少なかったですね…。申し訳ないです。
護身用の銃を持っているのは、アメリカの田舎の集合住宅に住んでいる中年男性で
16歳ぐらいの娘と同居しています。
主人公の趣味は狩猟で、フルサイズの拳銃は狩猟の時に持ち歩く10mmオートです。

406 :401:2015/08/28(金) 20:21:07.21 ID:rHmo+tVB
↑の書き込みについて。
主人公=護身用の銃を持っている人です。
すみません。

407 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/08/28(金) 20:27:01.60 ID:YZli+9u3
拳銃所持の面倒さを考えれば、家に置いておくのは散弾銃辺りで良いと思うが

408 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 20:27:26.85 ID:wH8VGOBO
アメリカだと州によって、持ち歩きや保管方法の規制が異なるので、調べた方が良い

409 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 20:29:51.41 ID:ofDBUQiW
>>405
質問内容からは外れるけど10ミリオート弾は拳銃用弾薬としては問題が多くて
商業的にあまり成功せず、急速に市場から衰退したので、今も実用品として
普段使いしてる人ってのは相当に珍しいと思う。

それはそれでキャラは立つけど。

410 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 20:31:52.85 ID:St9D5gKd
>>409
いや、野生動物用のサブアームとして近年見直されてるらしい
アラスカ州警が採用したとか

411 :名無し三等兵:2015/08/28(金) 20:54:15.11 ID:ofDBUQiW
>>410
それ情報古い。

アラスカの警察も結局対獣用は40S&Wに移行したそうだ。
「フル規格の10ミリオート弾は高い」
ってのが理由とか。

412 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 12:00:51.01 ID:tiRWFItd
40SWでも威力的には十分なんかね。
とすると、10mmが本当に要らん子に…。

413 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 16:33:47.85 ID:HbzFrj2L
>>412
10ミリオート弾は「9ミリ弾と大差ない大きさで45口径クラスの威力」というのが売りだったけど
装薬が強力なので9ミリ弾を使用する標準的な拳銃の機構だと作動不良や破損が多発した。

用は「マグナム弾をマグナム非対応の銃で撃ってる」状態になっちゃうので、確実作動でなおかつ
銃の損傷や劣化を防ぐなら減装薬する必要がある、ということに。
問題なく確実に撃つには45口径に対応する機構とフレームが必要だった。

それだと「じゃあ45口径でいいじゃん」ということになり、何をやっているのかわからない。

ということで「使う意味が無い」と廃れてしまい、「わかった上で充分に配慮して使う」にも生産数が
激減したので流通量が少なく高価な弾になってしまった。


その反省を踏まえて開発されたのが40S&W弾。

414 :名無し三等兵:2015/08/30(日) 18:32:36.22 ID:N6ta/KmU
>>413
いやそれは>>412も判ってて
そこから野生動物用としてニッチ用途で盛り返したのに
結局40S&Wにそのニッチも取り返された可哀想な子なのん?って話だろ

415 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 21:57:46.14 ID:qEw5fMyq
ゲートなどF自作品ではよくAIM-9などのIRAAMを翼竜にぶち当ててますが、実際は可能でしょうか?

416 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 22:15:37.17 ID:rmw9CmuD
>>415
実際に翼龍が存在しないため不可能です

417 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 22:18:12.27 ID:qEw5fMyq
>>416
創作質問スレでそんな回答が返ってくるとは思わなかった

418 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 23:17:10.81 ID:Zh5EkQsR
ゲートでそんなシーンあったっけ?コブラからTOWを撃って地上の竜に当てたシーンはあったような

419 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 23:19:44.08 ID:qEw5fMyq
>>418
そのほんのちょっと前のシーンでF-4がAIM-9L何発かぶち当ててるのね
原作でも漫画版でも

420 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/09/02(水) 23:40:36.21 ID:WRaw7NRS
>>417
さすがに草が生える

相変わらず難民はテンプレを気にしないのだな

421 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 23:45:22.90 ID:F0m5YG5+
翼竜ってプテラノドンとかなんだが

F自ってなんだろう

422 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 23:51:25.51 ID:PNe33P+7
>>415
対象がロックオンに足る熱反応出してりゃ可能。

この世に存在しない生物の赤外線放出量を想像するのは困難なので、なんとも言えんけど
初期のサイドワインダーでも地上走ってるトラックをロックオンできた、って例があるので、
対象がファンタジーものに出てくるような巨大なドラゴンだったら可能なんじゃない。

熱映像画像認識方式のシーカーに関しては詳しくないのでパス。

423 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 23:52:54.64 ID:qEw5fMyq
>>421
「自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた」の略
ファンタジー対現代兵器みたいな作品の総称かな?

翼竜については実際に作品内にそう書かれてるんだから仕方ない。6肢あるけど

424 :名無し三等兵:2015/09/02(水) 23:57:47.52 ID:PNe33P+7
>>423
架空世界の生物に現実世界の分類を当てはめてもしょうがないけど、そういうのは
「飛龍」もしくは「飛竜」って書くべきなんだろうなぁ。
(横文字で書くなら「ワイバーン」で)

で、究極的に言うなら、架空存在である以上
「作中で「できる」って書いてあるならできる」
としか言い様がない。

「AIL-9Lは人間にだってロックオンできるんだから巨大な翼竜なら楽勝でロックオンできる」
とか書いてあるんですけどそうなんですか?
とかいう質問なら、「いやさすがにそれは」とか回答できるけれども。

425 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 00:05:38.17 ID:iNqVXWNt
つか作品限定なら「など」つける意味がないし
あほかと

426 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 00:07:46.18 ID:DNhoXMXz
>>425
お前が何に怒ってるのかわからん。思春期か?

427 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 06:35:45.32 ID:INCE4V5o
>>415
 赤外線の撮像から一定の形を検出して目標として捕捉、追尾する機能があるシーカーであれば
その一定の形をシーカーに教える能力があるか次第でしょう。

つまり、整備の腕と時間次第。

ちなみに赤外線シーカーはたとえば、携帯SAMのスティンガーを地上の装甲車両に指向して
撃破判定を演習で得たという話もあります。ただ単純に弾頭威力が十分にあるので装甲を貫徹できると
判断されたのか、地表の目標を追尾する能力があると判断されたのかはちょっとわからないですが。

428 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 07:33:03.97 ID:3hulYUeF
AIM-9Xは赤外線画像誘導、センサーの感度がAIM-9Mの400倍だそうなので、これなら可能なのでは?

429 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 11:14:22.14 ID:A4SY4GE1
ご存知の方がいらっしゃいましたら、このマンガの題名を
教えていただけないでしょうか?

http://imgnolog.net/image/raw/20141116/oct/1416138801607.jpg

430 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 12:09:12.87 ID:KbZLMCRa
>>428
感度より問題は解像度とパターン認識
ちょい前の画像認識はドットパターンと適合する折れ線グラフを対応させてたみたいだが、
柔軟に動ける生体相手だと何処で標的を認識出来るのかが不明
認識処理能力なんてモロに軍機に抵触するから、公には出来ないだろうし

431 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 12:29:22.70 ID:b803bSIy
>>429
『夢幻の戦艦大和』

432 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 13:17:47.67 ID:A4SY4GE1
>>431
ありがとうございます。
早速読んでみます。

最終巻の酷評がちょっと気になりますが。

433 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 16:57:38.75 ID:zEdc23gJ
>>432
ここまで書いておいて、オチがこれとかふざけるなって内容

434 :名無し三等兵:2015/09/03(木) 23:47:19.72 ID:stgtTmal
銃弾やミサイルの発射可能な状態での保存温度というのは一般的にどれくらいでしょうか?
ロシア製などはかなり低くても大丈夫なような気がしますが、一般的な電子回路用のMILスペック品でも動作温度の下限が-40℃ぐらいなのを見ると、寒すぎて撃てませんとかあり得る事なのでしょうか?

435 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 00:47:56.10 ID:urrjzZ6E
電子回路より先に、バッテリーの方がダメになるよ、北海道ぐらいでも、9V電池で動くデータレコーダが、30分くらいしか持たないなんてざらにある。
それでも、せいぜい-15℃〜-20℃なんだぜ? 因みに使い捨てカイロも、余りに低温だと反応が早く終わってしまうので、バッテリーを温める役には立たない。
自衛隊関係の仕事です。

436 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 00:56:54.07 ID:eqYewbaZ
機関砲はオイルが凍り付くので、雷管が電気式ではなく打撃式でも最初の一発で止まってしまう

437 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 07:16:20.20 ID:G792N3jB
ニワトリで保温しよう

案外、合理的な判断だったのかもしれないのか…

438 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 17:35:20.46 ID:14MLxqra
じゃあ宇宙に(低軌道だけど)m16持っていったゴルゴの銃もやはり…。

439 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 17:39:57.40 ID:eqYewbaZ
宇宙でM16の時は、特別なケースに入れた状態で一発撃っただけだろ

440 :名無し三等兵:2015/09/04(金) 20:13:22.52 ID:/8GWHEIe
メタルギアソリッドの最新作で敵の特殊部隊が
揃ってスコーピオンを横向きに構えてました。
フラッシュライトを持ってたからかなと思ったけど
縦でも良いような気がするし
小型SMGを横向きに構える部隊って実際にありますか?

441 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 00:03:13.09 ID:mvv11/h+
状況を言わないとわからんのよ

442 :名無し三等兵:2015/09/05(土) 00:38:35.96 ID:doLaDdF/
MGS5はヘリも銃火器も装備も全て架空の物だからねぇ

443 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 11:37:51.19 ID:Et0GoaiT
士官学校での人間関係ですが、
士官学校で学んでいる期間の候補生は教官の曹長や軍曹より階級は下で、
卒業時して少尉任官となった時、候補生と教官の階級の上下は逆転するわけですが、
訓練中は候補生を厳しく指導していた教官が、
任官時には、「卒業おめでとうございます。○○少尉」という感じになるのでしょうか?

444 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 16:49:57.10 ID:nKRGrOOW
そう、映画でもそんなシーンがあった

445 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 17:09:12.93 ID:T5lglZuN
でも卒業しても基本的に実戦や実務を経験してる下士官の方が尊敬される(新米士官からも兵卒からも)から
任地にいったりしても新米士官は下士官に現場でのやり方を学んだり士官が恥かしい行為や
間違った行為をすれば下士官が拳骨や叱責したりというのが当たり前だったと本に書いてあった
基本的にそういった拳骨や叱責は士官からもやりすぎなければ黙認される(元々先輩士官の部下とかでもあったわけだし)

そんな感じだけど基本的に下士官は士官に対して敬語で分を弁えてるから一定の尊厳や地位は維持できてる
そんな感じで一応卒業したから認めてやるけどまだまだ頑張れよって感じらしい

446 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 17:33:23.81 ID:im6pyETi
>>440
今確認しましたがこの特殊部隊はガスマスクをつけていますよね
それで通常の構え方では照準がしにくいので斜めに構えているのだと思います

447 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 18:01:58.45 ID:nKRGrOOW
>>間違った行為をすれば下士官が拳骨
それはあっても日本軍だけじゃね?

448 :名無し三等兵:2015/09/06(日) 18:22:03.68 ID:T5lglZuN
まあ出典元が日本軍の資料だからね
あと拳骨にはビンタとかも含まれて書かれてた

ついでだと海外の戦争映画とかでも下士官が士官にわりとフランクに話してたりしてたし
そういうもんかなーと

449 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 02:46:45.60 ID:0Ma9apWO
>>448
日本軍の場合、新米の予備役下士官に兵士が焼きを入れるとかあったりするんで他の参考にはならないんじゃ

>ついでだと海外の戦争映画とかでも下士官が士官にわりとフランクに話してたりしてたし
それは多分に言語か翻訳のどちらかの問題かと

450 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 03:27:24.68 ID:U2b3QxgG
映画なんかで、前線に配備されたばかりの兵士に対し軍曹が「ここでは(煩わしいから)sirを付けるな」なんて台詞も
付けないだけで敬語がフランクな会話になってしまう

451 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 04:47:40.34 ID:lSZJYFHF
久しぶりに覗いたらケチつけるのだけ上手で有益な情報を何一つ言わないアホがいるな
面倒くせー>>443に自分の見解なりなんなり答えてやれよ
日本軍じゃ参考にならないなら自分が参考になるの示してくださいよ〜

452 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 06:55:50.45 ID:WzLmv5dW
自演下手だなーこいつ そんな感情むき出しじゃ批判されてムカついてるこいつなんだろうなーってすぐバレるよ
不確かな情報を提供すれば批判されるのはあたりまえでしょ
なんでも自分のいうことを肯定してもらいたいなら幼稚園の先生でもやってろ

453 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 15:19:23.27 ID:VBaWQVNl
https://youtu.be/DugKdsMrBNg

この映画を見るといいんじゃないでしょうか。既に回答者の方々が念頭に置いてるんだろうけど
念のため。

454 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 17:20:54.37 ID:JsWLRpni
独のTa-152と米のP-51ムスタングの
「長所」と「欠点」ってどの様な物が有ったんでしょうか?

455 :名無し三等兵:2015/09/07(月) 17:45:28.35 ID:giF0EHcj
>>454
まず、Wikipediaで構わないのでそれぞれの特徴を調べたら。

456 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 01:14:22.62 ID:+ra/xvrB
Ta152Hの場合、長所は高高度性能。高度1万以上なら、たいていの連合軍戦闘機より速い。
短所は、終戦までに十分な完成度に至らず数十機くらいしか出来上がらなかったこと。

P-51Dの場合、オールラウンドにバランス良くすべての性能が高い。
つまりこれといった短所はない。あえて言えば、機体規模の割に重いので、
軽量化したP-51Fなどが試作されてP-51Hが生産されたが実戦参加前に終戦。

457 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 02:01:03.55 ID:O1E3KmPc
戦国自衛隊のように自衛隊がタイムスリップしたり異世界に転移する作品はよくありますが、外国にもそういう作品はあるのでしょうか?
また、外国の作品では燃料などの補給の問題はどう解決しているのでしょうか?

458 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 02:04:07.95 ID:ROnF8XUd
P-51Dは同体内タンクにMAXまで燃料入れると操縦が難しくなる
まともに戦えるようなもんじゃなくなる
重心が狂うわけで飛燕もこの問題が出た時がある

液冷で燃料タンクが主翼まであるし比較的撃たれ弱い
液冷はいまさらだし、燃料も航続距離伸ばそうと思ったらたくさんいるわけでまあ仕方ないっちゃあ仕方ないんだが
P−47もNで航続距離と引き換えに翼内にタンク増設してるし

長所?今更いう必要あるのか

Ta152なんかどれもろくに戦ってないから比較できない
カタログスペックはよかったみたいですねぐらい

459 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 05:47:57.04 ID:QcypmPHa
P-51は座席の下あたりにラジエターがある(これが空陸敵に優れているのだが)ので、低空ではケツが暑いと不評
低速域では失速気味になり運動性が悪い、しかし中速・高速域では、戦後に複座型に同乗したことがある坂井三郎が感心するほど良い

460 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 14:29:01.00 ID:gtan7MN6
T-72やT-90の内部や操縦の仕方が
詳細に描かれてる書籍ありますか?

461 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 14:47:54.00 ID:QcypmPHa
内部は「T-72 interior」で画像検索すればいい、あと
https://www.youtube.com/watch?v=krp2y88nNCo

https://www.youtube.com/watch?v=B8x29qygK3c
操縦シミュレーター・・・昔のセガの体感ゲームみたい

462 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 17:36:49.18 ID:Eu/zjaSM
護身用に拳銃を持ち歩いている元アメリカ海兵隊員を登場人物として使いたいんですけど
ホルスターはどういうのを使えば、リアルさを出せるでしょうか。
調べた限りでは、インサイドパンツホルスターがポピュラーなもののようなのですが…

463 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 19:37:00.52 ID:FNii2ymL
でかくて目立つのを腰からぶら下げとけば、これはちょっかいを出さんほうがいい
と相手が判断してくれる、これぞ護身。

464 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 20:47:08.77 ID:oFqrG/6M
軍隊のホルスターは、たとえクイックドローが出来なくなろうとも、フラップなどでシッカリと銃を保護する物が多い……でないと落っことす。
そもそも特殊部隊でもない限り、拳銃を使う機会はほとんど無いし、海兵で拳銃を持ち歩くのは、士官や狙撃手などそれなりの立場に限られる。

主人公のプロフィールを一般兵にするなら、野暮ったいナイロンのフルフラップにするとか、逆に除隊後に訓練したことにしてもっと機能的にする。
最初から一定の立場だった事にするなら何でもありで良いんじゃないか? ただ余り大型の銃では、インサイドパンツは不可能だと思うな。

なお自分で武器を選べるPMCのオフィーサーは、ほぼ全員が拳銃を携帯するそうだが、個人が思い思いに選ぶのは、大抵はコンパクトなモデルだとか。
残念ながら、そのニュースではホルスターまでは分からなかったが、まずナイロン製なのは間違いないだろうね(今時革はないだろう)

465 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 20:54:27.09 ID:3jScU/z/
>>456-459
ありがとうございます

>>456
低高度は逆に弱かったって事?それとも高低どちらも強かった?
要は「生産数が少なかっただけ」の問題?

466 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 21:22:57.13 ID:kYkwBZ/T
>>463
真面目な話、外から見えないように携帯するのが非合法な州なかったっけ?
銃規制は州ごとに違うし、もちろん時代で変化もするし
ちゃんと追いかけるの大変だろうな

467 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 21:52:15.50 ID:+ra/xvrB
>>465
Ta152Hの開発目的はB-29やB-36対策。第一に高高度で爆撃機を落とすのが目的だったわけ。
主翼を延長した効果で、副次的に低空での運動性も意外と良かったと言われている。
実際、低空でテンペストを追い詰めて地面に激突させたことがあるが、
それが例外的なケースか一般論として低空でも強かったと言えるか、例が少なすぎて断定は不可能。
生産数が少なくて、大部分は初期不良をかかえたままだったと言われている上に、
生産型の性能測定が行われていない(実測データはプロトタイプで計測しただけ)ので、
実際に生産された機体の長所も短所も「なんとも言えない」というのが正直なところだ。

468 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 23:00:18.69 ID:ROnF8XUd
>>460
何故ここで聞くのかわからんが、こっちでどうぞ
軍事板書籍・書評スレ 70 [転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441160335/

>>466
コンシールドキャリーとかオープンキャリーとか禁止事項あるね

469 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 23:02:09.62 ID:9ts6S6kA
>>466
一般に、コンシールド・キャリーの許可は審査が難しいそうだし、かと言って普通の大都会で拳銃を携帯して歩けば、所持許可があっても当然のように捕まる。
車のダッシュボードなどに入れてても駄目なのは、日本で「正当な理由なく刃物を携帯した場合」と同じだし、守らない人間が多いことも似ている。

その代わり、許可制ながら、探偵や賞金稼ぎなんて職業が、民間人でありながら銃で武装できるし、正当な理由があれば射殺も出来るのだからアメリカらしい。

結局、どんなホルスターを持つかは設定によって変わるし、ことによるとグロック26辺りを、ズボンのポケットへ無造作入れてるなんてのもありになる。

470 :名無し三等兵:2015/09/08(火) 23:52:27.49 ID:QcypmPHa
>>466
銃を持っているのが見える状態をOpen carryという
https://en.wikipedia.org/wiki/Open_carry_in_the_United_States

拳銃などConcealed pistol license (隠し持ち許可証)というのが必要な州も
https://en.wikipedia.org/wiki/Concealed_carry_in_the_United_States

ライフルやショットガンのように長く服の下に隠し持てない物は関係無いし、ゆえに銃身・銃床を切り詰め隠せるようにできるように改造するのは違法
サブマシンガンなど、わざわざオリジナルより長い銃身・セミオート化し「騎兵銃」ということにして、その規制から逃れさせたり

https://en.wikipedia.org/wiki/Gun_laws_in_the_United_States_by_state
州ごとの規制の違い・・・やっぱ西部は伝統的かつ全体的にゆるいようで

471 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 00:03:40.66 ID:hIxj9CrI
>>462
「サファリランド」や「ガルコ」
「ブラックホーク」などのメーカーがあって
ドロウする際にロックを解除するものや
カイデックスと呼ばれる樹脂の弾性で銃を保持するものなど
いわゆるタクティカルホルスターを装備させる、と言う手もある

472 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 00:49:33.96 ID:8BJLiD2L
>>452
今更だけどじゃあどうして悪かったか指摘できたの?
答えられるわけでもないけど指摘する事はできるの?
自分もわからないけど相手に批判することはできるって感じ?

473 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 14:05:09.99 ID:dXd9U7nU
シーフューリーはWW2の初頭に現れたら
英艦載機としてどの位無双出来たんかな?

474 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 16:57:08.90 ID:X2Sk5YfU
>>473
相手が洋上航空兵力ほぼ皆無の独伊海軍じゃ無双というほどの事もないだろう
史実より多少損害減れば御の字じゃね?
太平洋戦線に来たところでセイロン沖海戦みたいな状況だとどうにもならんし

475 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 17:37:54.21 ID:/uHK+K5i
WW2の初頭が具体的にどの時期か分からんけど
頭数がそろうレベルで量産、運用できるなら陸上運用でドイツ軍機蹴散らせるんじゃない?
艦載機としてってのが制限なのかどうなのかよくわからんけど

476 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 20:45:16.10 ID:bwqEDB0w
初頭にそんなもの持ってたら、スピットどころか、テンペストすら開発が進まないく、
シーフューリーの陸上型の配備が優先されるだろ。

477 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 22:02:45.42 ID:IJVipezo
神様転生で艦隊を量産できるスキルを持った中学生男子をタイムスリップさせたいのだけど
天皇陛下や閣僚、軍人を信用させて日本を動かすにはどうしたらいいかな

とりあえず1941年1月にはタイムスリップして12月までに
ニミッツ級空母、紀伊級戦艦、10式戦車、SCARとかを日本軍に引き渡す予定
さすがに核兵器みたいなチートは世界観を潰すのでしない

ストーリーはアメリカを降伏させてドイツを降伏させてソ連を降伏させる予定

478 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 22:08:45.18 ID:bwqEDB0w
>>477
それを考えるのがあんさんの仕事だが。

479 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 22:10:49.84 ID:qn0tOlMI
>>477
それはもう「軍事に関する創作の質問」と言うよりは「小説のプロット考えてください」なので
「それを考えるのが作者の仕事です」
としか。

とりあえず、兵器だけ「魔法の力」で出しても、動かすための燃料がなければ動かせないし、
弾薬がなければ戦えない。
予備部品がなければ故障したら直せないし。

それらの兵器のうち当時の日本で燃料弾薬予備部品がなんとかなりそうなのは紀伊級戦艦
だけだろう。
そして、それらに対する補給態勢を確立するだけで、日本の軍需生産と兵站が破綻して
しまうだろうな。

もちろん将兵にある程度以上に訓練させて扱いに習熟させないと、使うこともできないだろう。

なのでその設定は真面目に考える限りは破綻している。

480 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 23:15:03.32 ID:YREZ3fvm
とりあえず「異世界転生/召還チート」物はゲップが出そうな程ネット小説が連載されてるので、その中で目立つのが大変

481 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 23:38:56.22 ID:8NHPTkjV
ゲートの帝国軍は催涙ガスだけで無力化できるという
意見を見たことがあるのですが実際に可能でしょうか?

482 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 23:52:49.45 ID:IJVipezo
魔法がある世界ならFFみたいにステータス快復できてもふつうだね

483 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/09/09(水) 23:55:02.66 ID:BTznE6/7
敵が対策を講じられず、十分な量を投射する能力があるのなら容易い
毒性が低くとも強い刺激作用があると言うだけで、使用される側が将兵一般に対策が施せなければ、第一次大戦よろしく近代軍ですら制圧できる
士気の事も考えれば、アウェイの極みに置かれた(ホームでも変わらんだろうが)常備軍でも近代国民軍でもない連中はあっと言う間に崩壊してしまう

事後処理はともかく

484 :名無し三等兵:2015/09/09(水) 23:58:49.87 ID:bwqEDB0w
>>481
その催涙ガスの使用量を出してくれないと回答不能。
万単位の人間が横隊で攻めてくるのに自分一人で催涙弾持って頑張れと言われてもむり。
それどころか、翼竜までいる相手に警視庁の機動隊だけだと逆に包囲されて、殲滅されるぞ。

485 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 07:06:38.43 ID:pl6MHnoO
>>477
日本が数年以内の敗戦を避けるのに必要だったのは、大量の松型駆逐艦と哨戒機。
2年程度の局地的な優勢を確保するのに必要だったのは、電子技術と量産技術と工場、整備能力。

このいずれかを無から生み出す能力があれば、海軍首脳は飛びつくだろう。

486 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 07:13:08.54 ID:pl6MHnoO
>>481 催涙ガスなどガス兵器は投射手段と気象予報技術が必要。

前者は地上に配置したボンベからの放出ではなく、ガス容器と放出機能のある砲弾を
大量に生産、輸送、保管、砲側に集積、発射することを意味する。

後者は曇天で、微風(敵陣に向けて)、窪地、湿度も適度で一定濃度を保ちつつ
汚染範囲を広げられる天候を事前に予知する能力。事前に分からねば準備できない。

そして、中世であろうと戦略や作戦は十分に理解し、実行する能力はあるので
敵が催涙ガスのこれらの制約を感得してしまえば、避けて行動するようになるだろう。

たとえば、雨中や強風時、あるいは日射の厳しい晴天時に行動する。
あるいは、催涙弾を拾って投石紐で投げ返すなどだ。

487 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 08:48:45.50 ID:TMqpn+TC
暴徒相手の市街地ならまだしも、広い場所で行う野戦では効果的ではないだろう

488 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 09:09:05.15 ID:jaPxhj/b
帝国軍は警察で対処可能と連呼するアホがgateスレに降臨したことがあったなあ

489 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 19:43:05.69 ID:fsEVgExi
実際、帝国軍は銃を知らないし、魔法もそんなに威力は無い世界だから、
帝国軍は日本の警察で十分対処可能なのが現実だけどなwww
あのゲートの世界レベルなら。自衛隊無双のためだけに自衛隊を出しただけなのが本当だし。

490 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 20:09:01.14 ID:VIjDbHZj
無理、帝国軍兵士(竜やゴブリンなど含む)と動員できる警察官の人員数の差、SAT以外自動火器を持たない、警察は相手を殺すのが第一の訓練を受けてない

491 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 20:11:10.84 ID:GzAekPav
魔法は最強なんだよ
なにが自衛隊だ。ファンタジーなめんな

492 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 20:15:35.56 ID:VIjDbHZj
あと騎士の乗る飛竜の鱗(最弱部位で12.7mmでやっと)を貫ける武装が無いよね、警察は

493 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 21:24:00.49 ID:WvVo/RnF
そういやあの銀座に侵入してきた飛竜、どうやって撃墜したんだろ?
空自の戦闘機かな?

494 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 21:32:08.91 ID:n4TDo3w4
普通にAH-1の20mmだろ。タマは戦闘機と同じで小回りが利く。

495 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 21:47:29.60 ID:4VhCcuck
>>488のアホ辺りでまた質問から逸れてるな
何時もの事だが

496 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 21:56:31.89 ID:brn1RvnR
>>495
そのときに催涙ガスあるから余裕とかいってたんだ
んなわけあるかとフルボッコだったけど

497 :名無し三等兵:2015/09/10(木) 22:07:05.96 ID:4VhCcuck
隔離場所が有るんならなおの事余所でやれよ

498 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 03:01:17.60 ID:50CzpV0c
ファンタジーを馬鹿にするな
これだから軍板は排他的なんだ
アンチの非買運動か?

499 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 04:32:23.76 ID:IneuL9Mq
ただのキチガイだったか
文句言いながら質問スレでまで暴れるんだからな

500 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 04:33:22.00 ID:FZBWrxZg
相手がファンタジーじゃなくて過去の歴史の騎士でも、日本警察の武装と一箇所に動員できる戦力(軍じゃ無いから他の管轄からの応援に限度がある)で殺し合いになっても同じこと

501 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 04:58:00.46 ID:UJ7U0Nc5
あくまで妄想として、機動隊員が中世ローマ軍的な何かの軍勢と対峙するとして、
銃器以外の武器を持たせるとしたらどんなのが最適だろう?
やっぱり槍?

502 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 05:18:34.92 ID:yMwYVrHW
>>501
機動隊の持ってる装備でと条件付けないと、装甲ブルドーザーなんて答えになるぞ。

503 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 05:29:39.98 ID:UJ7U0Nc5
>>502
うーん…
カリオストロの城のように中世軍と現代機動隊員が接近戦やってるのが見たいが、
中世軍が槍や剣や弓など殺す気満々の装備なのに対して、機動隊は非殺傷兵器が中心…
だからといって機動隊にMP5だのP230だのを持たせると面白くないので、何か槍や剣と対になる現代的な物はないかな?と

504 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 06:19:43.33 ID:b4p0KZGt
古来から使われてる「さすまた」の長いやつ

505 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 06:46:48.71 ID:To344+Pk
棒(六尺、八尺)、長柄の鳶口、掛矢、印地

506 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 08:15:53.88 ID:xp1LtC6r
警視庁の地下に保管されてると噂されてる、百式短機関銃。

507 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 08:34:06.98 ID:bfLCjC1Z
考えてみたら、日本の警察って保有する弾薬が少ないんじゃね?戦争やるのに拳銃弾が一人数十発とかじゃ勝てないだろ。

508 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 10:05:33.52 ID:KVShKeU5
>>507
だって警察は戦争するための組織じゃないんだから・・・。

>>502
「持たせる」装備じゃないけど、放水車が相手の人数に応じた数あって
給水設備か給水車を充分に用意できるならそれで蹴散らせるだろう。

個人装備には入らんだろうけど、消防車があれば水道のあるとこなら
ホース持った消防士を機動隊員で囲んで守ればなんとかなりはするかと。

相手の人数次第だろうけど。

509 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 11:41:17.51 ID:D2emrZQc
考えるまでもなく警察組織の弾薬が「戦争やるのに足りない」なんて当たり前だろ

510 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 13:47:03.97 ID:bfLCjC1Z
「日本の」はそうだが、ゲートが中国に開いた場合、人民武装警察の火力で制圧できそう

511 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 13:59:24.24 ID:+zM+FFv7
自動火器が警察署に常備されてるような国なら何とか鎮圧できるんじゃない
なんでそんな縛りプレイするかわからんけど

512 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 16:38:26.63 ID:5LOiNjPr
そんな国なら普通に軍を投入してるわ。

513 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 16:44:57.84 ID:K8DGPj81
朝鮮戦争前の韓国では、軍よりも警察のほうが重火器を持ってた。
衝突したことがあったそうだが、警察に苦杯を喫したそうな。

514 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 16:51:45.90 ID:KVShKeU5
>>513
流石に警察は装甲車や野戦榴弾砲は持ってなかったからその比較はどうかと・・・。
>軍よりも警察のほうが重火器を持ってた

軍隊で一番の重装備が「37mm砲搭載のオープントップ装甲車27両」ってのも
どうかって感じだが。

515 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 16:55:52.22 ID:K8DGPj81
>>513 追加
歩兵の携行火器(重機関銃を含む)で警察のほうが軍よりも装備良好な時期があった

朝鮮半島は戦後の混乱で、そもそも南側の米国勢力圏をどう扱うのかが不明な時期、
やがて政体が曲がりなりにも成立した時期、そして、軍の建設が遅まきながらも始まった時期とあり、
これらの動きと平行して共産勢力の浸透と武装蜂起、軍内部の反乱などが起きている。

516 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 16:57:27.03 ID:KVShKeU5
ついでに言うなら朝鮮戦争直前の韓国軍が「装備もない 人もいない カネもない 訓練もしてない」
軍隊だったのは「これからマトモな組織に養成する」計画だったからで、反米反日(よく考えるとこれ
訳わからんよな)反中反ソ反共勢力が入り乱れて街頭闘争とデモと政権転覆計画を繰り広げている上
日本軍の武装解除火器で武装した強盗が跋扈してたのでそれらを相手にするために警察の仕事が
膨大にあった(そして当然ながらある程度以上の重武装が必要)、っていうことを抜きにしてそれだけ
語っても意味は無いな。

517 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 17:15:28.32 ID:K8DGPj81
ソレはその通りなんだけども、要するに政治的に信頼を置ける武装組織、国家の暴力装置として
警察が準軍事組織なのか、それともロシアの内務省部隊のような第二の軍隊なのかっていう
位置づけの問題でもある。

結局は北朝鮮の軍備が圧倒的に上となり、機甲と砲兵火力で劣勢のまま開戦奇襲を受けた韓国軍は
開戦初期には戦線崩壊に次ぐ崩壊で釜山橋頭堡まで追いつめられることとなる。

518 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 18:51:46.55 ID:FH0+jWuA
中国っていつから警察に軍隊と戦える位の弾薬与えておいても内乱の心配なんて無い国になったんだ?

519 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 19:22:20.26 ID:oxGK62dQ
>>518
発想が逆 
軍を全面的に信用できず、内乱を警戒してるからこそ複数の武装組織を並立させて互いに牽制させてるの
そのあたりの事情はロシアも同じ

520 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 19:24:05.67 ID:50CzpV0c
中国の武装警察が誕生してからじゃねえの?
軍隊の指揮下に入る重武装の警察軍なんて
イタリア、フランス、ロシア、ドイツ、ペルーにもあるし珍しくもない

521 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 19:55:38.31 ID:KVShKeU5
>>518
大陸中国の武装警察(名前は公安軍だったり人民解放軍公安部隊だったりとコロコロ変わってるが)
は1950年代からある。
つまりは建国当初からある。

当初は「人民解放軍のうち地方の平穏な地域に配置される3線級(2線級ですらない)部隊、って
位置づけだった。
そのうち「公安」(中国語で言うところの一般警察のこと、日本語とは意味が違う)のうち重武装の部隊、
という位置づけになる。

文化大革命で存在が危険視されたので陸軍(中華人民共和国には「陸軍」って名前の組織はないけどね)の
一部門に統合されるけど文革がポシャるとまた復活。
天安門事件で「殺傷武器で反乱を武力鎮圧すると体面が悪すぎる」ということになったので、「軽装備の軍隊」
ではなく「重装備の警察」として、日本でいうところの機動隊(警備部機動予備隊)のような「第1義に殺傷を目的としない」
装備を持った部隊として再編して今に至る。

522 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 20:05:55.07 ID:KVShKeU5
>>518
あと、>>519氏が答えてくれてるけど、「軍隊は信用出来ないので、軍隊(この場合は陸軍部隊を
指すのが一般的)と同レベルの装備を持った「軍隊ではない公的武装組織」を作っておく」のは、
ごく一般的。

そうでなければ軍隊が裏切った時に政府はオシマイなので、常に軍隊の顔色伺って政治をやらなきゃ
ならなくなる。

特に社会主義国家、「革命」起こして建国された国だと、
「正規の軍隊は党の私兵ではなく、「革命で倒された前政権」を裏切った連中の動かしてる組織なので、
 最終的には信用出来ない。一度裏切った奴は絶対また裏切る」
というパラドックスから逃れられないので、ほぼ必ず「軍隊ではない軍隊」が必要になる。

中国人民解放軍はつい最近まで「中国共産党の軍事部門であって、国家の軍隊ではない」という
ことになっていたが(今は建前上は違うので、今もそう言ってる奴は情報が古い)、
「建国の父の右腕で、建国以前からの名将で建国以来の忠臣」
だった軍事部門の総責任者がクーデター起こそうとしたりしたので、実態としても建前としても
政治家の気分としても国家制度としてもちっとも信用はされていない。

523 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 21:12:37.03 ID:WjKqx/l/
それって中国だけの伝統では?
韓信とか、ごろごろあの国にはいるよね。
建国の忠臣のはずが、クーデターを画策するのって。

524 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 21:27:15.26 ID:CdGGosbf
>>523
軍部の重鎮やら建国の立役者やらがクーデター起こす事例なんて古今東西いくらでもありますがな
中央アフリカ諸国じゃもはやお家芸と化してるし

525 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 21:27:51.68 ID:KVShKeU5
>>523
中国の伝統なのか、社会主義国家にはつきものなのか、前近代の国にはよくあることなのか、
まあその辺はさておいて、とまれ
「軍隊というものは信用出来ない。たとえどれだえ信用できる人間が率いていても、
 「その気になれば実力で政権を転覆できる」能力のある組織を心の底から
 信用することはできない」
っていうのは統治の避けられない原則だから、軍隊以外に公的武装組織を編成しない、ってことは
なかなかできないのよ。

 制度の差異とかそういうもので表面上や建前上そうじゃない、って国はあっても、システムとして
そうなってない国、というのは殆どないのではないかな。

日本に住んで日本人やってるとあまり掴めない感覚ではあるが。

526 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 22:08:25.09 ID:nRMHFqyT
>>524
タイ「せやな」

527 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 22:33:57.57 ID:zb5IyoRn
>>526 あそこはなあ・・・クーデターも国内政治の1プロセスとして公式に認知されてるからなあ。大使館公式HPより。

>絶対君主制から立憲君主制へ
>第一次世界大戦とその後の世界恐慌は、タイに深刻な不景気をもたらしました。1932年、欧州に留学し、民主思想を学んだ一部軍人によりクーデターが起き、絶対君主制から立憲君主制へと移行しました。
>当時の国王ラーマ7世は国内の混乱を避けるため外国へ亡命し、替わってラーマ8世が即位しましたが、ラーマ8世は事故のため急逝、王弟のプミポン・アドゥンヤデート殿下が9世王として即位、現在に至っています。
>現国王の名君の誉れ高いことは世界的にも有名で、96年6月に即位50年を迎えました。
>タイ独自の民主政治の形を模索しつつ、タイ式クーデターも現在に至るまで何度も繰り返されていますが、97年9月に民主的な内容を盛り込んだ憲法改正が行われ、今後が注目されています。

http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=89:2009-08-28-02-39-49&catid=39:2009-08-28-02-36-56&Itemid=201

528 :名無し三等兵:2015/09/11(金) 23:14:31.81 ID:ZaLVy+Mq
「タイ式クーデター」ワロスw

529 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 00:09:23.02 ID:7ZCeasPT
>>525 国防軍と党私軍(親衛隊)と秘密警察(実質軍隊)と3個作って、
それぞれ相互に監視・牽制させ合う
というのが、毎度おなじみの、よく見るパターンだよね

530 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 09:13:10.22 ID:o2lWGlkt
そう言う連中っていざってときに
ちゃんと連携取れるんか?って心配になるがw

531 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 09:34:18.14 ID:Y8erhNPX
>>530
実際いろいろ問題が起きるのはナチスドイツ見てればわかる。

でも、上の説明読めばわかるがそもそも「連携する」ための組織じゃないし、戦争で
連携して戦うことも目的としていないので、その心配自体が根本的に無意味。

むしろ「連携しない」「連携させない」ための各組織であり、組織構造なんだから。

532 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 09:35:58.37 ID:w5lJkACw
ケツに火が付くと案外うまくいく。SS警察連隊とSS囚人部隊(ディルレヴァンガー隊)が肩を並べて、ゆっくり着実に前進する/最後まで持ち場に踏みとどまるのはナチスドイツ末期戦の黄金パターン。
互いに、遅れを取る/前に進みすぎる、で背中を見せた瞬間に撃たれるのは判っていながら、前線の敵なり後方の司令部なりから圧力がかかるもんでね。

533 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 10:03:50.43 ID:Y8erhNPX
>>532
その例って例になってないと思うけど・・・。
「軍隊と独裁政党の私兵と秘密警察がいざというときに連携した例」を出さないと。

ただ、国防軍と武装SSは後世言われてるほどには戦場での連携は悪くなかったようだな。
武装SS、特に最前線に出てる部隊は「親衛隊」の意識が低く、エリート部隊としての意識は
あっても「国防軍を監視して牽制するための存在」としての意識が低い組織だったからだろうけど。

534 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 15:43:41.00 ID:Do2I9GU4
それがゲートの魔法世界と関係あるのか?
脇道それすぎ

535 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 17:32:24.76 ID:o2lWGlkt
そういやゲートの警視庁や警察庁の人達って帝国軍来た時どうなってたんだろ?
ここも銀座に近かったから帝国軍殺到してるはずだよね?

536 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 19:26:01.38 ID:XQLAcNOx
占領・制圧すべき目標なんて全く設定せずなだれ込んできた
そもそも文明や戦力の差が分かっていたら攻めてくるわけも無い

537 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 20:33:35.76 ID:BLldwlWh
読んだのかなり前だし、外伝読んでないしだけど
実際かなり捕虜にされてなかったか、帝国軍?

538 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 21:27:54.05 ID:wrl5XlVU
ゲートの話は専スレでどうぞ

GATE 軍事的考察スレ 4 [転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441636060/l50

539 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 21:30:08.91 ID:6QTsiYTR
隔離病棟素通りするのは軍板に流れ込むアニ豚共の常だな

540 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 23:01:15.68 ID:Do2I9GU4
自治気取りで非買運動してんじゃねえ
盛り上がっていたのに水をさすな

541 :名無し三等兵:2015/09/12(土) 23:48:13.10 ID:q3CPEm/I
>>540
被害妄想強すぎ

542 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 00:23:50.21 ID:MLvAHl/k
世界史スレ向けの質問かもしれませんが、疑問に思ったので質問させて
頂きます。

現在、ナポレオニック的な文明レベル(地球世界換算で18世紀中〜後)を持った
世界を舞台とした小説を書いています。
作中で下級貴族の三男坊の主人公が、軍学校を上位の成績で卒業し
出生国の陸軍に士官候補生として入隊を果たすのですが、配属時の
手違いからこの国が元々持っていた飛び地と国境を接する、地域大国
との境界線付近に配属されてしまうのですが、新兵の最初の配属先
として見た場合この設定はどこかおかしいでしょうか?

小説設定
・この世界に魔法は存在しません
・主人公はただの人間であり、生まれ変わりや転移者ではありません
・地球人と類似する人類種族(この世界の多数派種族です)以外に妖精族を起源
にしたエルフやドワーフなどの亜人類種族も居ます
・主人公の所属している国は人口約300万ほどの中小国です
・この国は絶対君主制を採用した中央集権国家です
・飛び地は歴史的な経緯によって出身国が昔から保持している領土です
・飛び地で国境を接している地域大国は人口2,000万人を超える陸軍国家です
・地域大国とこの国とは過去50年程においては本格的な軍事衝突こそありませんが、
飛び地を巡って散発的に小競り合いのような事件が起きており、その度に周辺国
が仲介に入り収めています

543 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 00:32:04.18 ID:oFrh5Dwz
エルフやドワーフが出てくる話をおかしくないように書ける腕前がおありなら新兵が何処に配属されるか等気にせず読めると思います

544 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 00:51:04.37 ID:3puL61mi
>>542
そのへんは設定によってなんとでもなると思う。
正直それ質問されても「好きにどうぞ」としか言いようが無い。

ちなみに、現実世界の例だと韓国では出世コースを目指したり軍歴に「箔」をつけることを
求める人々は率先して38度線の最前線勤務を志願する。
「危険な最前線で志願して勤務した」は軍歴の評価を上げるし、社会的にも評価されるから。

逆に38度線から遠く離れてたり後方任務の部隊だったりするとエリートコースからは遠くなるし
箔も付かないので、いいとこのボンボンが徴兵されると「後々のために」と38度戦勤務を志願
したがる例が多い。
当然、親は心配するのでなんとかしてコネで安全な配備先に回そうとして子供と揉める、という
のがよくある話。
(韓国の創作作品の定番ネタでもある)

階層の低い出身や貧乏な徴兵組の人は、軍隊で出世するために最前線勤務を志願し、そこで
いいとこのボンボンと知り合ってコネを作り・・・ってのも韓国社会の(そして韓国の創作作品の)
よくある話。

なんかの参考になれば幸い。

545 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 01:38:39.56 ID:nH8NJ67q
>>542>>544
別に韓国を例にしなくても・・・
旧日本陸軍だと出世コースに乗るためには部隊長(中隊長とか大隊長とか)への勤務歴が必要だったわけで

第32軍の八原高級参謀のケースだと典型的な貧乏農家に生まれて
陸軍士官学校を成績抜群で卒業してすぐに陸軍大学に進んでこれまた抜群の成績で卒業するが
部隊長の経験が無くて出世コースから外れてしまっている

同じ第32軍の参謀長の長勇将軍は陸軍大学卒業後は
歩兵中隊長→参謀本部勤務→歩兵大隊長→師団参謀→参謀本部etc
となって参謀畑を進んでから歩兵連隊長→師団参謀長→軍参謀長(以下略)

また第32軍の司令官の牛島将軍は陸軍大学卒業後
参謀職→歩兵中隊長→教官→歩兵大隊長→参謀職→教育部長→陸軍省勤務
→歩兵連隊長→旅団長→士官学校校長→師団長→士官学校校長→32軍司令官

東条英機は、陸大卒業後に中隊長→駐在武官→陸大教官→陸軍省課長→連隊長
→参謀本部課長→陸軍省部長→旅団長(以下略)

とまあ、将軍になる人は連隊長ぐらいまでは勤めて箔を付ける必要があった

546 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 01:54:21.39 ID:nH8NJ67q
>>542(続き)
正規軍の歩兵小隊長は死にやすい上に員数が必要な役職で
士官学校出の新米少尉の赴任は珍しい話では無いでしょう

もちろん小隊にはベテラン軍曹みたいな先任下士官がいて
実質的にはその下士官がリーダー兼教育係であるように描く必要がありますがね

547 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 03:00:14.80 ID:k9Blqmj6
エルフ、ドワーフって、お前
軍板ですぜここは

548 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 03:29:45.88 ID:CGdz5NgR
>542
昔読んだ個人戦記では、士官学校出たての筆者が配属されたのが
開戦前の上海租界の警備隊だった。
当時、租界内の英軍とは仲良くしてたけどいざ開戦となった時に備えて
色々と相手を観察するのを怠らない位の緊張感はある時期。

死なせると色々と不味い高貴過ぎる家柄とかでもない限り
新米少尉が最前線に放り込まれるのは別に不思議でもなんでもないかと。

549 :462:2015/09/13(日) 06:18:28.34 ID:enjGlA2B
遅くなりましたが、皆様ご意見ありがとうございます。
物語の舞台について言及していませんでしたが、銃規制が緩いテキサス州を設定してあります。
つい最近、オープンキャリーを認める法案も通ったようですし…。

あの後、自分でもいろいろ調べてみたのですが、コンシールドキャリーをするのだったら
ベルトに通すタイプの薄いホルスターを使い、シャツやジャケットの裾で隠す
というのも、結構流行ってるみたいですね。

ショルダーホルスターも市販されていますが、民間人でショルダーホルスターを使う人は
やはり極少数派なのでしょうか。

550 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 12:39:27.15 ID:k9Blqmj6
あんただれ?

551 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 17:39:36.42 ID:Ap/ChlB4
「元海兵隊が民家で銃を持ってる」って人だよ。
そもそも銃を携帯する理由が分からなくて、コンシールド・キャリーする必然性を語ってないから、アドバイスの方も散漫だった記憶がある。

そうそう、最近はズボンの内側に差し込むのがトレンド見たいだけど、これだとコンシールドと皆されないって利点が在るのかもね。
ポリマーオートの場合、フレームへクリップを取り付けるだけなんて携帯方もあり、その為のクリップも市販されている(怖いけど)

552 :名無し三等兵:2015/09/13(日) 19:55:43.13 ID:nH8NJ67q
ショルダーホルスターと言ったらダーティーハリーかね?
上着来ても目立つよねアレ

553 :542:2015/09/13(日) 22:46:44.51 ID:MLvAHl/k
>>544>>546>>548
回答有り難うございます。
基本現代に近い時代の軍制でのお話でしたが、背景世界がモデル
としている時代(ナポレオンの時代)であっても事情はそう変わらないよう
なので安心いたしました。
これで堂々と主人公を激戦地(になる予定の地)に送り込めます。

友人から勧められて読んだ「鉄とエルフ」に刺激されて、魔法と怪物が
出てこないナポレオニック小説を書いてみたくなったのが切っ掛けでした。

554 :542:2015/09/13(日) 22:49:15.96 ID:MLvAHl/k
×「鉄とエルフ」
○「鉄のエルフ」

でした。

555 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 07:21:02.38 ID:DTil8Wp/
現代に近い軍制で手違いというのもどうかと

普通に国境に配属すれば良いのでは

556 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 07:52:18.03 ID:ns5S9Hhj
あれか、銃口に木栓詰めて防水する奴だ

557 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 14:07:12.30 ID:AYZu+ygG
軍で使える炸薬の出力が大きく向上した場合(たとえば既存の10倍)、どういった点で開発者は戦闘を有利にさせようとしますか。火薬の製造コストや安全性は変わらない(あるいは無視される)ものとします。
バックグラウンド
・時代設定、技術水準は第2次世界大戦前。日本みたいに、当時世界の大国。
・新炸薬が使われるのは砲弾や魚雷など。
予想されること
・単純に炸薬出力を10倍にする
・必要な目的出力(敵艦撃沈)がわかっているのなら弾頭を小さくして航続距離やより上等な誘導装置を積むなど他のスペックを上げる。
・スペックを変えずに小型軽量化してたくさん詰めるようにする。

・また、こうしたブレークスルーがたとえば海軍の研究所で起きた場合、陸(空)軍などの技術開発に波及しますか? またそれはいわゆる貸し、などになりますか(技術開発、陸海の立場関係的に)。

というのも、最近読んだ沈黙の艦隊で、アスロックに2倍の炸薬を装填しているという登場人物の言葉が気になったのが発端です。

558 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 17:00:33.29 ID:R4JxOBrq
砲弾、爆弾の殺傷力は破片効果と爆風効果があって、
この場合、爆風効果は上がると思うが、
破片効果から見た場合は、破片が細かくなりすぎて良くないと聞く。

また、水雷関係は水中なので空気中とは違ってくる。
トルペックス的な爆薬なの?

559 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 18:05:53.85 ID:vIGMqkEq
沈黙の艦隊で昔見たけど
海上自衛隊の潜水艦がリムパック演習で空母の真横に浮上したって
元ネタなに?
類似する事件が本当にあったの?

560 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 19:26:04.04 ID:gsCyb5hQ
30年ほど前、1984年のリムパックで海上自衛隊の潜水艦が米空母の真横に浮上したが
米海軍の空母を護衛していた艦船は浮上するまで全く気付いて無かったという話をネットで見た。
米海軍は、これがソ連海軍の潜水艦だったらと戦慄したとか。演習で厳重警戒中なのに
海上自衛隊の潜水艦に無音潜航を駆使されて気づけなかった。これがソ連の潜水艦なら
実戦では核魚雷1発命中で米空母機動部隊消滅の悪夢になるからね。
伝説だとは思うが参考までに

561 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 20:09:57.88 ID:bvSmLEOS
>>557 防御的な装備にも影響が出るよ
矛>盾 な時期に設計製造された兵器は、
 徴兵を横にならべて引き金を引くだけの簡単なお仕事(敵の刀矢は届かない)
 零戦(20mm機銃なんて防ぎようがないからと、あきらめた)
 74式戦車などの戦後第2世代戦車
 どこの国も、きょうび護衛艦は装甲板を張らない
どこか奇形的になる

562 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 20:28:00.94 ID:vIGMqkEq
>>560

ネットでは噂話でソースはなく
ソ連との冷戦時代、リムパックだろうなとはわかるのですが
海上自衛隊その辺りを自慢しないので、詳細がわかれば面白いと思いました。

563 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 22:57:00.34 ID:Bjom2TwQ
>>557
陸戦兵器なら基本は普通に10倍だろう
主力の大砲を小さくすることは無い

ただし個人携行用対人兵器は小型化するだろう
例えばM67手りゅう弾は炸薬量184gだが、
これが18gで済むことになるから大幅に軽量化小型化できる
同様に40mmグレネードは20mmグレネードに切り替わる

564 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 22:57:20.93 ID:N/IqwEJZ
創作についての質問です。

文化レベル19世紀前半から半ば
単発式の拳銃の時代の話を書いています。

主人公は犯人に向かって銃を一発ぶっぱなしますが外れ
次の一発で勝負を決めるという展開にしようと思っています。

2発目の弾丸の装填にかかる時間はどのくらいが通常でしょうか?

詳しい方、どうぞご教授をお願いします。

565 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:05:38.05 ID:PdnXIfKE
>>564
慣れてる人なら30秒あればできる。
慣れてはいないがやり方はちゃんと知ってる、という人なら1分なればできる。

火薬を粉として流し込み、鉛球詰めて発砲する前装式銃器は実用性を求めるなら
1発分の火薬と玉をセットにした(油紙に包む、のが最も基本的な方式)「早合」と
いうものが黎明期からあるので、それ使えるならもっと早く済む。

566 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:10:40.57 ID:R4JxOBrq
ようつべで”Musket Pistol”か"Flintlock Pistol"で検索してみたら出てくると思うが

567 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:13:48.24 ID:N/IqwEJZ
>>565
素早い回答、ありがとうございます。

銃の扱いに慣れているという設定なので30秒くらいと考えて描写します。

568 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:14:43.16 ID:N/IqwEJZ
>>566
すごい!
ありがとうございます!!

569 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:16:17.32 ID:S+jgdGyI
シチュがわからんけど
決闘ならともかく、ガチなら複数持ったほうが実用的だよ
騎兵みたいにぶっ放して即突撃じゃないし

しかし19世紀半ばだともうシリンダー式がボチボチでてるな、普及したのはもう少し後だろうけど

570 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:22:37.74 ID:pB/knEjm
マッチロック式かフリントロック式かホイールロック式かで手順が異なるので、まず型式を明確に設定しましょう

571 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:23:24.32 ID:PdnXIfKE
>>567-569
単発銃時代の竜騎兵(騎乗銃兵)だと、騎兵銃2丁、拳銃4丁とか普通に持ってたりするからなぁ・・・。

コルトドラグーンの制式名称がM1848なので、19世紀半ばだとシリンダー式拳銃は実用的なものとして
普通に存在してるけど、一般人が普通に持ってるならまだパーカッション式が普通にある時代だね。

572 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:24:09.78 ID:N/IqwEJZ
>>569
ポケットに隠し持って、建物内に持ち込んだという設定なので
ちょっと二丁持ちは厳しい所なのです

しかし、改めて動画見ると、結構拳銃がでかくて泣きそう
この大きさの銃をポケットにいれられる服ってなんだよ?と

573 :名無し三等兵:2015/09/14(月) 23:29:19.21 ID:S+jgdGyI
>>572
俺も改めてでけえなと思ったけど
騎兵用だったり決闘用だったり海賊が船で使ったりするものだったりガチ軍用があるからねえ

574 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:24:28.72 ID:kwclkA7g
デリンジャーみたいな小型のやつを設定すれば?
もっとも黒色火薬の時代のは、威力が劣る分、薬莢がデカい

575 :564:2015/09/15(火) 00:31:23.68 ID:4W26JT0w
>>574
デリンジャーの場合、装填はやはり30秒くらいでできますでしょうか?

576 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:34:36.00 ID:kwclkA7g
弾頭と薬莢が一体で、中折れ式ならもっと早い

577 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:35:58.02 ID:9X4ySsLM
84年のリムパックに潜水艦は参加していないようだ

次の回かららしい

578 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:50:09.02 ID:0Shf1tYg
そういえばこんな銃あったな
ttp://item.rakuten.co.jp/digisto/dx1018g/
ちょうどよさそうな感じではある
ttps://www.youtube.com/watch?v=hI352q8kcI8

もっともデリンジャーで外すとか読者にバカにされそうな気がする

579 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:52:42.67 ID:0Shf1tYg
有名なデリンジャーとは違うメーカーらしいけど

580 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:53:40.79 ID:kwclkA7g
ちなみに中折れ式デリンジャーが登場したのは1960年、威力は弱いし離れると当たらない

581 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 00:59:41.99 ID:0Shf1tYg
しかし上の動画もそうだが
カスのような照準とゴミのような威力だな…黒色火薬の限界か
ttps://www.youtube.com/watch?v=GrkBL-Dekjk

582 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 01:28:51.24 ID:4W26JT0w
>>576
>>578-581
どうもです!
勉強になります

583 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 01:32:47.52 ID:tuCHh5c2
>>558
>>561
>>563
回答ありがとうございました。
一番近いイメージとしてはCL-20のより多用途安価なものです。

条約などで威力制限されない大型兵器はそのまま威力増大、個人兵器は小型大量携行化になるんですね。
銃弾の5.5mm、いや3mm弾化が進みそう(更新や生産や兵站を考慮はしていない)
また、早い段階で装甲艦は淘汰されるか、複合装甲などのもっと強力な盾とのイタチごっこになりそうです。
また、ブレークスルー故の技術スパイや既存技術陣との摩擦、鹵獲などの要素も話に盛込そうです。
ありがとうございました。

584 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 09:43:08.97 ID:qtFSzqoE
>>582
少々かさ張るけれど、銃身と撃発機構を二組くっつけた
ダブルバレル、またはコンビネーションガンと言うものもある
ダブルバレルはピストルを左右対称にくっ付けたもので
コンビネーションガンは大口径のピストルに小口径のピストルを組み込んだものだよ
これなら一丁で二発撃てるし、敵を油断させる演出とかも出来る

585 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 14:10:51.39 ID:AGtJ97vn
>>557>>558>>583

電子励起爆薬(500倍)だと炸薬をそのまま既存の弾に使って
破片効果はあきらめてもその分爆発力のでお釣りがくるかな?
WW2の駆逐艦の砲弾でも戦艦撃沈できそうw
戦艦砲なんか当時の概念の文字どうり戦略兵器になるね

586 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 16:06:57.02 ID:lDx/Fm8E
>>585
コスパや開発難易度の問題がありそうですが
「一発当たれば3万トン級戦艦ですら戦闘不能、二発目で轟沈」できる(描きたい)敵の火器としてぴったりかもしれません。

587 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 18:58:08.53 ID:nHKIUhMr
昔放送されていた「ゴンゾウ」と言うドラマにイカヅチと言う架空の拳銃が登場していたのですが
この銃のストーリーのモデルになった実銃・または撮影用プロップの元になった拳銃はあるのでしょうか?

ttps://tv.so-net.ne.jp/schedule/500298201509171540.action
ttp://www.toei.co.jp/tv/gonzo/outline/1175147_1019.html

588 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 19:26:23.23 ID:hTTq6rii
>>585
駆逐艦の5ichクラスじゃどうがんばっても
戦艦のバイタルパート抜けずに表面で弾けるだけだから撃沈は難しいと思う。

測距儀やレーダーとか壊して無力化はできるかも知れないけど。

589 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 20:44:41.91 ID:Xa6snRrG
>>582
今更だけれど、19世紀前半から半ばだともうパーカッション式が出てきて
再装填時間の短縮と共に多連装拳銃が市民にも手が届く価格で出てくる
ので隠蔽性を重視するとしても、二連装や三連装以上の拳銃もあるよ。
だから単発式の拳銃だけで殺り合うってシチュエーションは時代的には
ギリギリかもしれん。

例えば、1837年に登場したイーサン・アレンのペッパーボックスピストルなんかが
民間向けのピストルだ。
ペッパーボックス式ピストルというのはこういう形の拳銃で

ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/26/Pepperbox_tula3.jpg

米国じゃ単に「Pepper-box(胡椒挽き)」という名前で呼ばれる拳銃の形態だな。
ペッパーボックスは前装式の多連装拳銃の初期タイプとしては商業的にも
かなり成功したタイプの拳銃で特に「イーサン・アレンのペッパーボックス」と
呼ばれている拳銃は物凄くよく売れたため、当時起業して間もない時期にあった
コルト社はその民間部門での業績不振もあって(頼みの軍用モデルが不発だった
のもあったけど)1841年に一度倒産している。

イーサン・アレンのペッパーボックスはその生産数が当時としては膨大かつ
安価に販売されていて広く普及したのに加え、その構造上メンテナンスも容易
に行えたので「民間用の多連装拳銃」として普及している。
なので、物語の中でこのタイプの拳銃が出てきてもおかしくはない。
物語の舞台が米国じゃなくて、遠く離れた欧州のど田舎とかなら単発式はあり
そうだけれど、時代的にはちょっと微妙だな。
サブアームとして持っていたとか、暴発対策で単発式をあえて選択していたとか
かしら。

590 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 21:10:12.33 ID:Xa6snRrG
>>582
イーサン・アレンのペッパーボックスの画像はこちら。

ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fe/AllenAndThurberPepperbox.jpg/800px-AllenAndThurberPepperbox.jpg

イーサン・アレンのペッパーボックスはトリガーを引くだけで素早い連射が可能で、
当時としてはかなり早い連射が可能な多連装式拳銃でもある。
価格も当時の庶民が護身用として持つ拳銃としては手が届く価格に抑えてあった
(当時アレンのペッパーボックスは10ドルから18ドル程度だったのに対し、コルト社
の拳銃は「安くても」40〜50ドルはしていた)のも大ヒットの要因だった。

その口径も28〜36口径、4〜6連発までと多様でちょっと厚手の服を着れば26口径タイプ
だと隠し持つのもそれほど苦にならなかったので護身用拳銃として普及していた。

イーサン・アレンペッパーボックスの動画はこちら(動画に出ている物はレプリカ)
映像の物は四発式だが大きさの参考にはなると思う。

ttps://www.youtube.com/watch?v=0851hB0VgII

イーサン・アレン社のものではないが1850年代型の他社製ペッパーボックス
ttps://www.youtube.com/watch?v=jiSkuUmKW5E

591 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:05:57.35 ID:GxFNbmZ8
明治時代の郵便局員は、かなりの現金を扱っていた関係でよく狙われたが、その為に護身用の拳銃を配給された。
これが適当かつ大量に造られた単発のパッカーションロックで、当時の日本では連発式を大量に配備することは出来なかったんだ。
坂本龍馬が、江戸時代には既にカートリッジ式のリボルバーを携帯してたと言うのにね。

設定を考えれば、連射式を採用しない理由なぞ幾らでも出来る。
元駅馬車の護衛で、使い慣れたブランパース(散弾が使える)を持ち歩いてるとか、ペッパーボックスは当たらないから嫌いとか。

592 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:24:17.10 ID:nh4RlLbF
>>591
郵便拳銃としてルフォショーリボルバーを輸入して配備してもいるよ

593 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:29:56.95 ID:prnQggho
>>583
火薬のパワーが大幅に向上したら
小銃弾の口径が小さくなるのではなく薬莢が小さくなるよ
史実だと30-06と308Winの関係のようにね

もしも火薬のパワーが10倍になったら装薬は1/10にして、
それに応じて薬莢容積は1/10ぐらいにして弾薬をコンパクトにする方向に進歩すると思うよ
というのは装薬のパワーを10倍にしても、機関部はその圧力に耐えられないだろうし
弾を高初速化すると銃身寿命が短くなるからおのずと限界があるからね

小説やゲームにその設定を入れてある程度のフィクションラインを持たせたいなら
小銃の初速は現行の戦車砲クラスの1700m/秒程度を上限にした方が良いだろうな

594 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:35:28.58 ID:GxFNbmZ8
>>592
そう言えば以前、Yahoo! オークションに出ていたな。

595 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:39:44.46 ID:L0jP/C7y
ペッパーボックスは見た目のハッタリが効いていて連発できて、しかし威力や命中率悪く、派手に撃ち合う割に人死にが出難いのがよくて、自分の作品に採用したわ

596 :564:2015/09/15(火) 22:53:03.98 ID:DQm4ilC9
>>584
>>589-592
ありがとうございます
凄い勉強になりました!

今回の原稿はどうしても単発銃でないといけないアレコレがあったんですが
皆さんの回答を拝読していて、また銃が出てくる話を書きたくなりました

ってか新作は皆さんご紹介の銃を書く予定というか決定!
(担当さんからプロットおkをもぎ取ります)なので
書いていて躓きましたら、また皆さんのお知恵を借りにきます

その時はよろしくお願いします

597 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:53:05.98 ID:hTTq6rii
>>593
>小銃の初速は現行の戦車砲クラスの1700m/秒程度を上限にした方が良いだろうな
銃身をスムースボア、弾頭をサボ付きのフレシェットにせよと申すか。


ライフル付きじゃ、1000m/sくらいが限度じゃね。

598 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:55:18.62 ID:0Shf1tYg
>>588
日露の下瀬火薬思い出した


あたると爆発する小銃弾とか7.7mmとか
まあまともに機能するのかという問題はあるが

成形炸薬使わなくても普通の榴弾で戦車つぶせそうだ

599 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 22:57:25.04 ID:uU8UigSH
そこで下瀬火薬の正当進化版である綾瀬火薬の出番がですね…

600 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 23:03:15.51 ID:qmRx4fQH
しかし、それだけ威力のある火薬だと、被弾誘爆したときの被害が恐ろしいことになりそうだな。

601 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 23:12:58.87 ID:0Shf1tYg
カミカゼで機銃弾が木銃弾が誘爆したらそのまま一気に轟沈しそうだなw
その前にカミカゼが木っ端微塵に吹っ飛ぶ可能性も高いが

四発重爆とか作れない世界になるかもしれん

602 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 23:36:57.30 ID:Xa6snRrG
>>595
ペッパーボックスはライフリングが刻まれてないですからなー。
命中精度とかそういうものは期待出来ないのは仕方ない代物ですものな。
だからこその安価製造でもありましたし。
現代で言う所のサタデーナイトスペシャルって立ち位置でしたものね。

>>596
なんや、商業ベースの物書きさんかいな。
もし、今後も銃を題材にした作品を書くつもりがあるんならネットだけに頼らず
ちゃんとした書籍なども読んだほうがええよ。

お勧めというかその手の設定を活かしたいのなら全米ライフル協会監修の
「GUN FACT BOOK(邦題 銃の基礎知識)」っていう本が学研パブリッシングから
出てるから絶対持っといた方がいい。
少なくとも、変なムック本に金を出すよりは勉強になるし参考文献としてみても
面白い(発射機構の歴史や弾薬の歴史なんかも載ってる)。

603 :名無し三等兵:2015/09/15(火) 23:53:48.26 ID:Xa6snRrG
時代は違う(1880年代)けれど、19世紀の軍用拳銃でふと思い出したのは
シャーロック・ホームズの「緋色の研究」で相棒のワトソンがホームズ
に言われて持ちだしてきた昔の大英帝国陸軍の軍用拳銃だったり。

アダムズ1872年型マークIIIモデル(だったはず、うろ覚えだが)は
黒色火薬で発射される6連発式軍用拳銃だった。

ttp://sanjuro.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2008/03/10/adams1872mkiii3.jpg

シャーロック・ホームズは19世紀後半のお話だから、ちょうど銃火器の過渡期
でもある時代を舞台にしていたりもするんよね。

604 :名無し三等兵:2015/09/16(水) 01:53:33.41 ID:Dv4SOeE+
>>593
装薬の力が10倍になったらトカレフの弾で7.62mmNATOのパワーが出るのかw

605 :名無し三等兵:2015/09/16(水) 03:23:34.56 ID:oOoJ4IrI
自分でプロだと明かす必要あったのかね…

606 :名無し三等兵:2015/09/16(水) 10:55:51.63 ID:v/p31Xv0
プロの作家さんといってもいろいろだし新聞連載のネタを思い付いたけど夜中にそれ系の知恵を借りてる知人に電話するわけにも行かないなんて事もあるかもしれない

607 :名無し三等兵:2015/09/16(水) 12:54:53.59 ID:9OyDVHis
>>597
銃夢にそういう弾があったような気がします。
少発射薬化と、反動や銃の機関へのダメージなども考慮して描写や設定を深めていきます。

>>601
oh…YB-40のようなものが出てくるのですが、まさに「なんちゅうもろい艦だ」状態になってしまうんですね…

608 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 08:02:41.11 ID:HjC4InHY
降参の意を示すために、手に持っている拳銃を地面に落とす場面について
弾倉を抜いてスライドを引き、銃を空っぽにするまでは想像できるのですが
その後、銃を地面に落とす前に、撃鉄を寝かせる描写を入れるかどうかで迷ってます。
弾を全部抜いた時点で暴発の危険性は無いと思うのですが、一応、撃鉄を寝かせたほうが
よいでしょうか。

609 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 08:17:07.34 ID:JAocJgua
スライドストップさせておくのがいかすと思う

610 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 11:32:38.87 ID:kpFVQgF0
普通なら、何もさせずにそのまま落とさせる
と言うか、ゆっくり地面に置けばいいんじゃ

611 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 15:02:33.01 ID:ZE3vLejT
銃口を上に向けつつ引き金から指を離し(これだけは絶対)
落っことさない程度に手を開いて即時発射できないことをアピールしつつ
親指と人差し指でグリップ部分をつまむか
左手でスライド側を持って地面に下ろせば良かろうて。
とにかくすぐに撃てない状態ってのをアピールする必要はある。

612 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 19:50:29.29 ID:hx4oZUgZ
漫画だとオートマチック拳銃で残った1発を有効活用して
油断した敵を射殺するというのが良くある描写だな。
実際にはできないらしいが。

613 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 22:49:06.52 ID:Qhu9kaFf
アルプスの少女ハイジに出てくるアルムおんじについて質問させてください。

若い頃に兵隊としてナポリ(シチリーという説もあり)に行っていたという
話しが作中に出てきます。そこで疑問なのが、当時のナポリあるいはシチリー
周辺で軍事的な緊張が高まるような事態が史実としてあったのでしょうか?

アルプスの少女ハイジの1話の時代が1877年。そのときのアルムおんじの
年齢が70歳。なのでアルムおんじの誕生年は1807年前後と推定されます。

作中の説明では部隊を脱走して15年間行方不明になり、その後息子をつれて
戻ってきたとあります。具体的な年代は書かれていないのでそれ以上のことは
わかりませんでした。

出身がスイスと言うこともあり、もしかしたらあの歴史に名高いスイス人傭兵と
して出征したのかもと想像しているのですが、部隊を脱走して戻ってきても罪には
問われないのでしょうか?

そのあたりに詳しい方がいましたらどうかお教えください。よろしくお願いします。

614 :名無し三等兵:2015/09/19(土) 23:03:09.91 ID:JIBT7iYs
放蕩が祟って出身地のドムレシュクの農場を失い出国し放浪、ナポリで兵隊になった(つまりイタリア軍)ので、スイス傭兵ではないだろう
喧嘩で相手を殺してしまい、イタリアから逃げないと逮捕されるから、軍を脱走しスイスのグラウビンデン州に戻ったのではないかと
若き日のおんじ、かなりのDQNっぷりである

615 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 00:15:42.65 ID:rv6gfLco
近世史ヲタの常識としてすぐに思いつくのは1848年だが、ナポリだとこんなもんか。
http://history.zashiki.com/1st-Italian-inependence-war.html

>>614 「イタリア」は、「大日本帝国」と同じくその時期にはまだ出来てない。どっちも1870年前後の産物だ。
というか、幕藩体制下「日ノ本」レベルでの「イタリア」という概念すらまだ怪しいかも…イタリア軍の地域主義はこの板ならそれこそ常識だろ?。

616 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 03:36:49.66 ID:+42qYN7d
極超音速で低空飛行して、ソニックブームで敵の基地や都市に攻撃する無人機ってあり得ますか?
耐熱技術は問題ないとして考えうる欠点などをお願いします。

617 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 03:45:34.07 ID:qun0YAA9
>>616
>考えうる欠点
超音速まで加速できるならそのまま自爆特攻したほうが与えるダメージはでかい
わざわざソニックブームでの攻撃なんて迂遠な真似をするなら素直に武器を積んだほうが早い
というか敵地上空まで到達したのに攻撃手段としてソニックブームを使うくらいならもっとマシな方法がいくらでもある

618 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 03:56:05.04 ID:+42qYN7d
>>617
なるほど……そこは盲点でした

なら、マッハ15で低空飛行した際に地上に与えるダメージってどれくらいですか?

619 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:00:14.19 ID:qun0YAA9
>>618
マッハ15で飛行するとなると成層圏まで上昇しなければ理論上不可能なので地上へのダメージなんて皆無に近い
まさか低空飛行でその速度出せるとか思ってないよな?

620 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:08:22.97 ID:+42qYN7d
>>619
そこはでかいエンジンでなんとか……

621 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:08:28.23 ID:wcELsLSp
ダーティペアでそんな展開が在ったな

622 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:13:55.76 ID:qun0YAA9
>>620
戦闘妖精雪風みたく大気組成の違う別惑星を舞台にとか
SFファンタジー系にして物理法則そのものを改変とか
手っ取り早く魔法でも使わせるとかかね
現実世界でリアル系だと厳しいもんがあるなぁ

623 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:14:54.32 ID:+42qYN7d
>>621
どんな感じですか?
参考にしたいので教えてくださったら幸いです

624 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:39:12.42 ID:bsyWdu36
>>622
辟。邱壹Ν繝シ繧ソ繝シ縺ョ蜈�崕蛻�l縺溘s縺ァ繧ケ繝槭�縺九i繧�▲縺ヲ縺�k616縺ァ縺�
縺ェ縺懊Μ繧「繝ォ邉サ縺�縺ィ髮」縺励>縺ョ縺ァ縺励g縺�°縲ゅd縺」縺ア繧顔ゥコ豌玲慣謚励〒縺吶°縺ュ��

625 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 04:46:30.14 ID:U1gTbnIT
1940年代前半の日本軍が原子爆弾を製造する可能性について。
もしも大戦初期の日本海軍内部で原子爆弾製造を可能とする理論(核物理学、ZND理論とその計算結果etc)と後世の核兵器の設計図が降って湧いたとして、終戦までに原爆を開発することはできるでしょうか?
爆縮レンズを国内製造するのは不可能だと思いますが、技術力のあるドイツの工場に設計図を渡し、製造を依頼して潜水艦でばれずに日本に持ち帰る、ということは可能でしょうか?
やはり日本の技術力を勘案すればガンバレル方式ではないと作れないでしょうか。

また、当時の日本でウラン濃縮工場を造れる技術があったのか、教えていただきたいです。十分量の二酸化ウランが手に入ったとして、アメリカのような電磁式or熱拡散式濃縮施設を当時の日本の技術で作れたでしょうか?
作れたとして、マンハッタン計画では原爆1個当たりの価格が5億ドル≒20億円とのことですが、これは日本海軍が臨時軍事費特別会計予算として色々とばれずに調達できる値段でしょうか。

質問が多くなってしまいましたがよろしくお願いします。

626 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 05:02:10.10 ID:U1gTbnIT
あ、すいませんsageてました

627 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 05:09:08.74 ID:VObi3LNF
まずこれでも読むがよろし
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E9%96%8B%E7%99%BA

しかしいつの時点のレートか知らんが五億ドルが二十億円?
ググったら戦艦大和の建造費用がだいたい一億四五千万程度と出た

628 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 05:25:16.37 ID:U1gTbnIT
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E7%9B%B8%E5%A0%B4#1871.E2.80.931945.EF.BC.88.E5.86.86.E3.81.AE.E8.AA.95.E7.94.9F_-_.E6.88.A6.E5.89.8D_-_.E6.88.A6.E4.B8.AD.EF.BC.89
ここに41年時点でドル4.2円程度と書いてましたのでそのぐらいかと。
基礎研究費用を抜きにしても相当高いですね…
日本の原爆研究は陸海軍が全く別々に行ってたのですかね。戦時中の日本の原爆開発に詳しい書籍があれば教えていただきたいです。

629 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 12:00:15.50 ID:eJqUSPQC
>>625
ウラン濃縮をするにはガス拡散か遠心分離が必要です
ガス拡散なら細孔(80〜100オングストローム)を有する隔膜が必要ですが、
細孔が均一でかつ多量に製造できないと・・・まあ無理ですね
フッ化ウランは腐食性が高いので当時の技術ですと隔膜はニッケルになりますが、
大量のニッケルなんて当時の日本じゃ夢また夢です

遠心分離でやるには高性能な遠心分離機が大量に必要ですが
遠心分離機の製造には高度な加工技術と冶金技術が必要ですが
旋盤でさえも粗悪品しか作れない当時の日本の技術力じゃあ自前じゃ無理でしょ

さらにウラン濃縮するのは膨大な電力が必要だが
当時の日本の電力事情でそれをやると1年ぐらい弾薬生産が激減するので
史実よりも容易く米軍にボロ負けをするでしょう
せっかく原爆が完成してもどうやって実戦に使うのかと言う問題もあります
初期型原爆の重さを考えると日本の航空機で運ぶことは出来ないし
制空権も喪失しているので潜水艦に載せて自爆するぐらいしか有効な方法はありません

要するにウラン濃縮が出来るだけのバックボーンがあったらそもそも戦争なんかしないですよ

630 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 13:32:21.75 ID:wcELsLSp
日本側の試算では、遠心分離方式だと、高性能な遠心分離機を使っても、何万年と掛かる計算になるので、当面は原爆の実用化は不可能と見ていた。
ところがマンハッタン計画では、金庫に貯蔵していた金までも溶かして電線に加工し、何万もの遠心分離機を用意して、同時並行作業で時間を短縮してしまった。
なお金は、後にインゴットへ鋳直された上で、銀行に返済された。

631 :名無し三等兵:2015/09/20(日) 20:26:28.83 ID:rv6gfLco
銀行というか、フォート・ノックス(戦車学校)か。金持ちはやる事が違うないろんな意味で。

632 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 03:11:52.49 ID:+Rnm6Wkh
>>625
>原子爆弾製造を可能とする理論(核物理学、ZND理論とその計算結果etc)と
後世の核兵器の設計図が降って湧いた〜

その幻想を打ち砕く、史実のデータ

ttp://www.eurus.dti.ne.jp/freedom3/ww2-gdp-sai-axx.htm
第二次世界大戦前・戦中の主要国国力

ttp://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/6597/ind.html
付記資料・日本戦時工業の実態

仮に上記の条件がそろっていたとしても当時の日本には逆立ちしたって、国家
予算の全てをつぎ込んだって製造は無理だよ。B-25クラスの爆撃機はおろかトラック
すらまともな数を揃えられもしない三流以下の工業国だったのが戦前の日本なんだから。
>>629の人も言っているけれど原爆作れるほどの工業力があれば英米と戦争なんて
してないし、戦前の日本はもっと発展してますって。

まともな頭があるならこんな国で原爆なんて無理無理無理、ドイツが欧州全てを抑え
てかつソ連の大半を支配しているような状況で100%の技術・資源・人材面の支援が
得られるような状況でも無い限り日本には絶対無理よ(そんな状況なら原爆作るのは
独逸がやるだろうけどな)。設計図や理論がどうとかのレベルの話じゃない。

「素人は「戦略」を語り、プロは「兵站」を語る」とは有名な言葉ですが戦前・戦中
の日本には「先進工業国」として根本的に多くの物が無かったのが問題です。

633 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 03:45:12.59 ID:+Rnm6Wkh
>>625
ttp://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/6597/ind.html
付記資料・日本戦時工業の実態

上で紹介したここのサイトからちょっと抜粋すると、

・昭和12年の国産工業機械の評価について。
「納入後著しく精度が悪く再三手直ししたものが少なくない。
外国産が長い道中を経過するに拘わらずその精度がほとんど低下しない
のに比べ注意を要する」
「外国製品をそのまま模造したため機械の高さが日本人に対し過大」
「各種ハンドル軸のネジ向まちまちで操作を誤る」
「回転部品の中釣合不良で振動が起こり精度に悪影響を及ぼす」
「組立の粗漏」「軸受不統一」
「歯車のみを強力にし軸のキーが弱いため忽ち破損する」
「機械は必ず相当時間をかけて試運転すること」

様々な兵器や製品を創り出す「マザーマシン」とも言われる国産の工作機械が
この有様では原爆なんてとてもとても・・・・。
ある意味今の中国製工作機械のやっつけ仕事とかよりも酷いんですぜ?

あと以前友人に借りてちょこっとだけ読んだ「Russia's Life-Saver」って本を
見ると第二次大戦中の米国の「底力」っぷりにゲップが出ます。
「T34に使われた鋼板の80%、鉄道関連資材の90%以上がアメリカ側からの
「援助」」
「とにかく沢山の船とトラックを作ることが第一義」「その『とにかく沢山作った』
艦が、これがまた日本からみたら十分すぎる優秀艦」
他にも「島風の積む日本最高のボイラーの蒸気状態は米量産駆逐艦にやや劣る」
とか。

634 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 04:00:27.05 ID:+Rnm6Wkh
>>625
>技術力のあるドイツの工場に設計図を渡し、製造を依頼して潜水艦でばれずに日本に持ち帰る、ということは可能でしょうか?

遣独潜水艦作戦って2回(その内1回は帰りで沈没)しか成功していないんですが
それは・・・。
んでですな、独逸は英米と戦争しつつ、ソ連(米国からのレンドリースと援助有り)とも
戦争するという二正面作戦状態なのに日本から理論と設計図だけ貰って莫大な
国家予算を使いつつ原爆製造を行う余裕が果たしてあるんでしょうかね?

まさか、満州の戦力増強してソ連軍を誘引して独逸を助けるとか言わないよね?
そんな余裕は日本に「全く」無いですからね。
軍の予算の多くを海軍に持っていかれて、本当は火力主義でソ連に対抗したい
所なのに先進工業国ならばある程度は許されるはずの贅沢も出来ないのが
当時の日本ですからね。

635 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 08:12:05.40 ID:tUVz94ji
>>627-634
ありがとうございます。情報云々どころではなく基礎工作力の時点で国産製造は無理なんですね。
ドイツから輸入することについては、日本軍が民間企業の名義でドイツ当局に素性を隠し(戦後の優位性を確保するため)爆薬会社に爆縮レンズを作らせる…
と考えてたのですが、ドイツ当局に察知される可能性はあるでしょうか。

それとジパングにウランを研究で濃縮していたユダヤ人学者が出てきましたが、そのような人物から入手するという手はどうでしょうか。
それともあの人物はかわぐちかいじの完全創作ですか?

636 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 08:46:38.72 ID:tUVz94ji
北朝鮮でさえできたぐらいだから当時の日本でもやってやれないことはないだろうと考えていたのですけど…
よくあの国作りましたね。

逆に言えば、濃縮済みのウランさえあるとした場合「輸送手段を考えず、実験装置のような原爆一つだけ作る」というのは可能なんですかね。

637 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 08:53:20.34 ID:+Rnm6Wkh
>>635
>日本軍が民間企業の名義でドイツ当局に素性を隠し(戦後の優位性を確保するため)爆薬会社に爆縮レンズを作らせる…

あのさぁ、ドイツは1940年代だともう「戦時中」なんだよ?
分かっているのか? 戦時体制下の生産状況がドイツ国内に形成されていて大量に
軍用爆薬なども生産している状況で「爆縮レンズ」作る余裕がどこにあるのか考えて
みなよ。
原爆開発は当時の米国ですら「国家事業」に等しいリソースをつぎ込まないと
達成できない程のものなので、仮に設計図と作り方や理論が揃っていた所で
それをドイツの民間企業が、ゲシュタポやドイツ当局の目をかいくぐって作る事
は無理だろうよ。
そんな無駄で阿呆なことするぐらいなら、多少のプライドや利権は別にして素直に
ドイツから協力を取り付けて作ったほうが防諜体制も要所だけに絞れるし、無駄
にならない。

40年ならばまだ独ソ戦は始まってはいないが、ドイツは秘密裏に物資を集積し
戦争準備に取り掛かっているだろうから尚更国内の企業に余分な仕事をしている
ヒマは無い。
大体、肝心のウランをどうするつもりだ。史実のドイツの原爆開発でのウラン
製造元は「ノルウェー」にあるノルスク・ハイドロ社の重水工場しか無いんだが
ここはそのドイツ当局が抑えていて、そこからウランは持ってこれないぞ。

何もかも現代世界におんぶに抱っこさせられるなら、少し昔の話になるがソ連崩壊
直後からの数年間の時期にブラックマーケットに流れたソ連製の戦術核砲弾など
をそのまま入手し過去に送ったってくらい「ぶっ飛んだ」設定で無いと無理だぞ。

638 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 08:56:17.02 ID:9MzGYLEe
北朝鮮には至近に日本国があるからな。少し手を加えれば転用可能な民生高度工業製品がいくらでもある。
大日本帝国でそれに相当する廉価な高度技術製品の供給国はアメリカ合衆国だった訳だが・・┐(´д`)┌

639 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 08:59:31.94 ID:+Rnm6Wkh
>>636
>北朝鮮でさえできたぐらいだから

キミは何を言ってるんだ?
国家自体が「戦争国家」になっているような国で現代の技術が利用でき、原爆開発の
ノウハウやらが全て揃っている時代の原爆開発と1940年代当時の何もない時代で
全てを一からやりださないといけないのとはスタートラインからして違うのに
よくもそんな馬鹿みたいな事を言うんだな。

640 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 09:16:02.53 ID:+Rnm6Wkh
>>636
>「輸送手段を考えず、実験装置のような原爆一つだけ作る」

当時、そんなことが行えたのは米国だけだよ。
爆縮レンズ(そもそも、爆縮レンズで核反応を起こさせたいのならプルトニウム
も必要)は現代であってもかなり高度な扱いが必要な分野なのでもっと容易な
ガンバレル型原爆を作るほうが現実的ではあるだろう。

高濃縮ウラン製造に有利な遠心分離法の施設は、ドイツ国内のカイザー・
ヴェルヘルム研究所にあったので「ドイツ当局と協力出来ていれば」そして、
ヒトラーが原爆開発に納得しており開発計画その物にGOサインを出している
ならば不完全ながらも「ガンバレル型」を作れる可能性はほんの僅かだがある。

低濃縮ウランや十分な量の核物質が揃わないとか実験装置レベルでどうにか
戦争に使える物をつくるなら「ダーティーボム(汚い爆弾)」くらいしか無いん
じゃねぇかなぁ・・・。
ただ、ダーティーボムはその効果の程が現代であっても限定的だと疑問視される
物なので製造は当時の日本でも可能だが1発で大損害を与えられるような兵器
じゃないな。

641 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 09:29:30.62 ID:tUVz94ji
>>637-640
ありがとうございます。参考にさせていただきます
ドイツならまだしも日本の状況ではどうあがいても無理、史実で原爆を造れてしかるべき国だけが造れたわけですね。

642 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 09:36:29.54 ID:+Rnm6Wkh
>>636
日本の防諜体制をどう思っているかは知らないけれど、ネットだけじゃなく
書籍なども読んだほうがいいぞ。
書籍が高いとか、絶版だとか、単に入手しにくいってだけならば地元の大きな
図書館を利用しなよ。

「情報無き戦争指導」 杉田一次 
「日米情報戦記」 実松譲 
「大本営参謀の情報戦記」 堀栄三

くらいは読んだ方がいいよ。
とにかく、戦時中でも戦前でも日本の防諜体制は欧米のそれに比べると良く
言っても「甘い」、厳し目で言えば「ザル」みたいなもんだからな。
特に英国の防諜のそれからみれば日本のはおままごとみたいなものかもしれん。
あと個人的なお勧めとしては、「CIA 秘録」の上下巻辺りも読んでみれば「妄想」
的な考えは出てこないと思う。

643 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 13:02:51.61 ID:tUVz94ji
もう一つ質問です。
もし第二次大戦でナチスドイツに吸収されず状況がそろっていたとして、フランスが独力で原子爆弾開発に成功していた可能性はありますか?
wikiには、フランスは大戦勃発まで最先端の核物理研究を行っており核開発研究も始めていたとありますが…

644 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 13:08:39.12 ID:tUVz94ji
>>642
分かりました。読んでみます。

>>643
40年代の延長線上で、45年までであくまで技術的に可能かという質問です。フランス一国だけで原爆開発を推進せざるを得ないような政治的状況だったということで。
初心者質問スレに聞いた方が良い質問かもしれないですが…

645 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 13:32:52.36 ID:n5RQZXyU
>>644
それは初心者スレどころか、軍板でなく物理板で、戦前のフランスの核物理学状況を聞いたほうがいいぞ。

646 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 13:39:36.06 ID:tUVz94ji
>>645
そうですね、失礼しました。このレスで原爆関連の質問書き込みを終わりにします。

647 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 14:38:24.63 ID:+Rnm6Wkh
>>646
もう終わってるけど。

>フランスが独力で原子爆弾開発に成功していた可能性
だから当時原爆作れたのは米国だけだって言ってるだろ。
諦めが悪いというか、現実を見るとそれしか無いよ。

第一次世界大戦の影響(若年人口の大量喪失とか)に喘いでいて、フランス
第三共和政のグダグダっぷりに悩まされていた当時のフランスに何が出来る
んだよ・・・・。
核物理学を担っていたのは主にユダヤ人(とオーストリア系)科学者達だったが、
ドイツの圧力が強まるにつれてどんどん海外脱出していく状況なのに。
政治がガタガタで不和の国って呼ばれていたのに、理論研究だけ進んでいても
なあ。
「フランス敗れたり(著 アンドレ-モーロワ)」も読んでみては?

648 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 14:48:53.00 ID:+Rnm6Wkh
IF戦記物を書くにしても、「My 妄想」を垂れ流すにしてもちょっと資料をあたって
いなさすぎじゃ無いっすかねぇって、質問が来るのはさすが連休中って事
かしらん。
核研究と一口に言っても「原子爆弾」作るのと「原子炉(発電目的とは限らない)」
とではハードルが全然違うですからな。
原子爆弾作るには高濃度・高濃縮の核物質が必要だけど原子炉ならそんな事は
無いしな(重水炉の場合)。

649 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 15:05:08.27 ID:9MzGYLEe
物理的爆発はせんものの、裸の炉心からの中性子線で、被曝者の生体組織を生存不可能なまでに静かに破壊する
(ただし「すぐには死ねない」)っつー凶悪そのものの放射線爆弾が出てくるIF戦記をただいま再読中…そろそろ新作読みたいなあ。

650 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 15:07:01.01 ID:TptxRhI/
仮にナチスが政権を握った1933年のフランスに原爆開発分の軍事予算を追加しても

最初にやることは戦闘機部隊の近代化と拡充、無線通信指揮システムの構築
続いてルノー FT-17を全部退役させて新型戦車に更新
戦車軍団の創設、全歩兵師団の自動車化、マジノ線の補強で消えそうだよな

651 :名無し三等兵:2015/09/21(月) 15:10:37.46 ID:Q0101QSF
>>647
グダグダは金資本体制のせいで大不況が他国より遅れてやってきたせいであって第一次世界大戦の影響はあまりない
死者数が酷かったわけではなく大規模徴兵で出生率が4年間落ちていただけで人口も回復している

652 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 01:47:49.75 ID:J47D9MmZ
海上保安庁のSSTは対テロ組織ですが
日本の自衛隊の特殊作戦用戦力が大幅に低下した時に
欠員を埋めるためにシージャックや海上テロとは関係ない作戦にSSTが投入されることは
軍事的に見て有りうることなのでしょうか?
自衛隊と協同なら問題ないのか、そもそもSSTを海とは関係ない陸地内部での作戦に
投入することそのものがあり得ないのか
そう言った面も含めて回答いただければ幸いです

653 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 02:56:41.12 ID:uFZZbjpF
>>652
スレタイを大きな声で10回読み上げろ。
スレ違いだ。

654 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 03:14:40.57 ID:J47D9MmZ
>>653
今気づきましたスミマセン
この質問には触らないで下さい
たいへん失礼しました

655 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 03:27:48.70 ID:hdSgBrK9
>>649
銀河英雄伝説で田中芳樹氏が既にやっている……まぁ殆ど即死な部分が異なるが。

宇宙戦艦の武装で、レーザーなどでは無い実体弾に、中性子線を放射する弾頭を使ってるようだ。
艦の機能は無事なのに、人員のみ全滅なんて描写もあった。

656 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 06:50:18.85 ID:bspE0Clu
ちょっw
中性子線が出るってアナタそれって核分裂でっせ

657 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 07:02:51.54 ID:OQoRRzgf
中性子爆弾かな・・・、でもあれって単に中性子線がより多く出る爆弾ってだけだから
艦の機能が無事ってのは有り得ないんだよな。

658 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 09:03:09.41 ID:AasURUCq
イデオンの亜光速ミサイルは見かけの質量も怖いが、ありとあらゆる波長の電磁波をブチかまされそうで怖い

659 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 09:13:14.61 ID:c6i/7f8a
アレの名前は「準光速ミサイル」です

660 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 09:42:12.35 ID:kD5LJtVr
655がちゃんと読んでないんじゃね?
銀英伝の兵装だと艦載砲主力が中性子ビーム砲だけど、
縮退状態の中性子束を磁場加速して射込むDEWなハードキル兵器
実体のあるミサイルとしてはレーザー水爆が一般的
慣性封じ込め式レーザー核融合をコアにした純粋水爆な

661 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 10:42:08.19 ID:RiHdfBLH
今じゃ原子爆弾の作り方なんてwikipediaで調べられるが、第二次世界大戦当時はどの核物質をどの位の量、
どう反応させれば大爆発が起こるのかすらわかってなかっただし。
アメリカ以外だとドイツは作れた可能性が高かったが、ドイツの有能な科学者はナチではなく、開発に多額の費用が掛かり
(当然、失敗したら厳しく責任を問われる、忠誠を誓うに値しない政権の為にそんなリスクを取るのは嫌だった)、
開発計画は動かなかった。
日本には原子爆弾の理論すら発見した物理学者はいない。

662 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 20:46:09.62 ID:OQoRRzgf
原子爆弾云々より、戦前戦中の陸軍が欲しかったのはトラックと
それを運用できる最低限のインフラだったと思うけどなぁ。
インフラはまー、無理だったとしてもちゃんと走って頻繁には壊れない
トラックは沢山欲しかっただろうなぁ。

663 :名無し三等兵:2015/09/22(火) 21:00:18.34 ID:bspE0Clu
>>660
横だが、読み直してみると「ウラン238弾」が命中して
なぜか「中性子」が放出されて乗員全員死亡という謎な話があったw
だから>>655はそれ程間違った引用をしたわけではない

この世界の艦隊の巡航速度は秒速1万5千Km余りで
レールガンの弾速は多分これよりも高い設定だと思うが
仮に高速の10%だった場合、ウラン238弾は命中時に核分裂を起こすのだろうか?
弾速に関係なく高速中性子を照射しない限り核分裂はしないと思うのだけどわからん

もっとも中性子吸収能の高いウラン238から大型船舶の乗員を全滅させるだけの中性子を放出する核分裂というのは
普通は臨界で、ウラン238の一部が核分裂しつつ大部分は中性子を吸収してプルトニウムになり
そのプルトニウムが核分裂・・・要するに連鎖反応を起こす状況だろうから
艦がほぼ無傷というのは考えにくいのは確か

664 :名無し三等兵:2015/09/23(水) 08:34:02.34 ID:fqGyTiAN
>>663
レールガンのU238弾です?
アレは0.1光速以上の速度で飛ばす質量弾でし
ワープ機関の亜空間経由で加速軌条をループさせるという荒業で

665 :名無し三等兵:2015/09/23(水) 09:27:50.81 ID:mp78C9Vn
0.1光速以上の速度だと見かけの質量が結構な倍率だよなぁ
そんなん衝突して無傷に近い頑丈さだと放射線でなく衝撃で死んだのかも

666 :名無し三等兵:2015/09/23(水) 11:30:05.54 ID:y4xaKRUx
>>664
直接的にレールガンとは書いてないけど
あの作品で質量弾を撃ちだすギミックってレールガンぐらいしか出ていないような

それとも亜高速ミサイルの弾頭にU238を実装した設定なのか良くわからん

667 :名無し三等兵:2015/09/23(水) 11:33:54.34 ID:y4xaKRUx
×亜高速ミサイル
○亜光速ミサイル

668 :名無し三等兵:2015/09/24(木) 03:59:48.23 ID:cuNQ91AS
光速に近くなると、運動エネルギーとみかけ上の質量増加で弾頭が何であるかなど関係ないレベル、ネットでは広島型原爆65万1千発分の威力と計算した人も
バッフ・クランの準光速ミサイルは、光速以上で航行する亜空間から通常空間に戻る瞬間に発射、通常空間では理論上光速を越えられないので準光速で飛び、
演出上大型核兵器レベルで描かれていたが、本当は一発で惑星潰滅の威力、発射方法の都合上、惑星のように大きく座標が明確な標的しか狙えない

669 :名無し三等兵:2015/09/24(木) 04:15:37.34 ID:unZTLD3p
有人の宇宙船ならトイレも付いてるだろう
中身を亜光速でブチ撒くだけで質量兵器だな

670 :名無し三等兵:2015/09/24(木) 07:05:04.31 ID:CKPdNB2a
ぶち抜かれると戦艦ユリシーズの悲劇が発生する。

671 :名無し三等兵:2015/09/24(木) 07:14:05.93 ID:AtKTthms
>>609  >>610 >>611
回答ありがとうございます。
確かに、落とすのではなくゆっくり置いたほうが良いですね。
スライドストップさせた状態か、あるいは即時発射できない持ち方のままで、そっと地面に置く感じで。
投げ捨てたほうが場面としては映えるのですけど、危ないですからね。

>>612
あとは、銃を相手に渡す時に引き金の部分に手をかけて、そのまま渡すと思いきや
銃を回転させて撃つとか。
これも実際には無理そうですね…。

672 :名無し三等兵:2015/09/24(木) 20:55:34.21 ID:XqoI2Ssh
>>671
トリックショットみたいな行為のことかな・・・。
SAAみたいな銃ならば、そういう曲芸打ちも出来るかもしれないだろうけど。
オートマチックだと無理だろう。

ttps://www.youtube.com/watch?v=b4yaolKSvyg

673 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 07:10:24.12 ID:lujXRLQa
マニュアルセーフティが有るなら回しても大丈夫かもしれないが怖いな

674 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 10:37:34.53 ID:znx8braF
ヒイッ! グロックでガンスピンはやめろぉおおおお!!!

675 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 12:19:33.57 ID:Qt/d4hkg
東武線戦異常なし

676 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 15:34:18.37 ID:XnaDIQXE
ブラックホークラグーンとかいう漫画にグロッグでガンスピンしてたなシスターが

677 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 20:41:11.91 ID:Skvcx6ut
>>676
「BLACK LAGOON(ブラックラグーン)」では?

678 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 21:34:37.86 ID:GNWL/yyf
>>674は「深く静かに沈没せよ」だろ

679 :名無し三等兵:2015/09/25(金) 22:30:20.79 ID:iikMuedF
>>677
ブラックラグーンとブラックホークダウンが混じったのだと思う

680 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/09/25(金) 23:11:49.48 ID:n+3T9NR8
>>665
適当な数字を言うものではない

0.1光速では、静止エネルギーに対する相対論的エネルギーの比率は1.005程度
0.3光速でも1.05弱だ

その程度の速度では、見かけの質量の増加割合は微々たるものでしかない

681 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 02:36:54.85 ID:4BNRMS6D
で、威力は?

682 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 07:39:58.18 ID:OTD9n3uD
しまった!こいつはちょっとアホな子な振りして必要な情報を全部引き出すタイプだ!

683 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 15:29:29.84 ID:Rpsld/wk
ワロタ 強敵だわ

684 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 17:37:23.09 ID:kAVLwwni
秒速3万qだとマッハ1の時から80億倍くらいの威力?
0.5%程度じゃマジどうでも良い程度の増加だな
せいぜいウン千万倍だわ

685 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 22:30:14.43 ID:WJzV2yMt
現代日本を舞台に
防衛省の経営で幼稚園から大学まで一貫教育、純粋培養の女性自衛官を量産するミリタリー風学園恋愛小説を書こうと思います。
教師も生徒も全員女性のみ。

幼稚園から入学、卒業時は陸将
小学校から入学、卒業時は1佐
中学校から入学、卒業時は1尉
高校から入学、卒業時は3尉(幹部学校はパス)
大学から入学、卒業時は曹長(幹部候補生)

中途退学や定年以外での離職は費用全額自己負担とします。
ここまでで、なんかおかしい所ありますか?

686 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 22:44:04.10 ID:xDtwcTx4
>>685
もうツッコみたいところだらけだが、とりあえず大学卒業しただけで将官になれるってのは
現代日本のような政治・社会システムの国ではあり得ない。

ホントは「その設定、全部ダメ」といった上で君を正座させて12時間ぐらい説教したい
ところだが、とりあえず

幼稚園から入学:大学卒業時は最低でも将来3佐以上がほぼ約束されている上に同期と親の結束による
 強いコネクションのある新任3尉
小学校から入学:大学卒業時は最低でも将来3佐以上がほぼ約束されている上に同期と親の結束による
 強いコネクションのある新任3尉
中学校から入学:大学卒業時は最低でも将来3佐以上がほぼ約束されている上に同期の結束による
 強いコネクションのある新任3尉
高校から入学:大学卒業時は将来1尉以上になれることが確実視される新任3尉
大学から入学:卒業時は幹部候補生(3尉)定年退官までに3佐にはなれるであろう現場組幹部

この程度がせいぜいだな。

687 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 23:01:26.75 ID:2jtIYV6J
幼稚園からと小学生からじゃあ能力は大差ないだろうに階級は随分すごい差だな

688 :名無し三等兵:2015/09/26(土) 23:58:52.47 ID:WJzV2yMt
卒業試験はリアルサバイバルゲームで絞りこみます
卒業すれば進級か任官します。

大学10名
高校20名
中学100名
小学300名
幼稚園500名

卒業出来ない人は試験で亡くなります。
大まかにはこんなストーリーです。
卒業する数を絞ればエリートですよね。

689 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 00:00:21.11 ID:Aw61RCGF
陸相もだが卒業すれば佐官てのも相当だな
命を預けるのは躊躇するわ

690 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 00:05:05.76 ID:DxbNyJUz
後ろ弾、5人に1人が待ったなしじゃね?

691 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 00:24:38.62 ID:cNH81Cgc
卒業試験()の倫理的なものは置いておいても
使えない屑が大量生産される予感しかしないな。
軍隊の中だけで育つと人生経験が違いすぎて
一般の入隊者との意思の疎通すら困難になりそうだ。

士官と下士官だけで軍隊は回ってるわけではない。
兵が何を思ってるか判らないと色々と軋轢しか生まれなくて
後ろ弾に直結だな。

692 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 00:35:37.84 ID:WWu43E9t
卒業試験が酷くて受験生ゼロ
少年工科学校の廃止と改正考えればリアリティーもゼロ
ついでに百合豚、萌え豚は死ねばいいよ

693 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 00:52:36.38 ID:3tlrRlBJ
ガレー船をハープーンミサイル一発で撃沈することは可能でしょうか?

694 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 01:28:37.79 ID:3tlrRlBJ
木造のガレー船を、でした

695 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 01:42:44.43 ID:BsQRh/Cb
そもそも年10人しか任官しないんじゃ士官の需要のごく一部しか満たせないし
蠱術まがいの方法で厳選された人材なんて組織の中で出世する・させる余地なんて無さそうだし
そんなところに入学する子供が上等なコネなんて持ってるわけ無いし
結局のところよくある暗殺者養成所みたいなものにしかなんないのでは

>>693
ガレー船のサイズと強度によるのでは
10人乗りの木造船とかなら木っ端微塵になりそうだし、メルニボネの御座船とかなら傷一つつかなそうだし

696 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 08:10:09.12 ID:JbcGvpaQ
実際にRPG雑誌に掲載された小話で、メルニボネの黄金の御座船が、現代アメリカの軍艦とバッタリ出くわしたってのを読んだことがある。
米海軍は、妙に長短の比率が低い、ずんぐりした台形の巨大ガレー(全長100mだったか?)に戸惑い、一方で傲慢なメルニボネは即座に攻撃。

魔法を用いた投石機は、米軍艦の上部構造物に多少のダメージを与えるが決定打にはならず、一方で米軍艦の反撃もさしたる効果は無し。
双方とも装甲の弱い甲板上の構造物を破壊されただけで、いつしか霧に包まれ、出会った時と同様に不可思議な別れとなって終わった。

697 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 08:54:33.23 ID:wceGdjtY
>>693
魔法などというおかしな力が掛かっていない普通(国や時代によって平均値が
変わりそうだが)のガレー船だと、跡形も無くなるだろうね。
ただまあ、普通はハープーンなんて撃たずに有効射程まで接近してから
西側の艦船なら76mm砲辺りでボコボコにしたほうが早いし、安いだろうね。

698 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 11:33:41.38 ID:O5M63eS6
>>695
暗殺者なんて半分使い捨てみたいなものにそんな育成に金、より時間か、かけて年間10人とかどうなんだ


ハープーンって木造船で喫水浅いガレーとか狙えるん?
あたっても爆発しないような気もw

699 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 12:19:49.91 ID:po5Ijvf1
>>688
ちょっと気になるのは
・ごく少数しか育成できないのは育成機関としては危険
てか悪役国家の育成機関やん。
上下や同僚間の亀裂→付け込まれる→決戦での敗北or叛乱パティーン

・それに、特に現在の日本では
純粋培養というような世論から乖離した考え方を持つ軍人は批判の目にさらされやすい

・上級士官ということは海外とのレセプションなんかで人前に出ることがあるわけで
きっと見目麗しいんだしそういう機会は絶対ある。純粋培養は難しい?

やるんだったら
新卒のボンボンがいきなり部長や支社長に配属されるようなものでも
も軍がやっていけるような技術や軍事的事情を考える
たとえば日本が世界を完全に征服している世界だったら直ちに影響はない。

・死のロングウォークとかバトロワ世界のように
なぜそういう育成機関に入るのかor入らざるをえないのか
なぜ出れば自動的に高級幹部になれるのか、
部下がついてきてくれるのか
うまく合うように世界設定をちょっと変更する

あとは
純粋培養としてもどこまでやるか
・エリート教育として帝王学など人格形成、知識作法などを含む
・部下のコントロール、コミュ力、エリート指揮官としての使命感、愛国心育成など
(これもう貴族教育じゃないか)

700 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 12:21:52.98 ID:po5Ijvf1
連投失礼
>>693
ハープーンはレーダーホーミング…
レーダーで見つけられるくらい大きければ当たる

爆発するかどうか、そしていつのガレー船かはわからないけど

数ノットしか出てない衝角船に突っ込まれたガレー船がどうなるかは
ベン・ハーをミてちょ

701 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 13:24:24.59 ID:JbcGvpaQ
>>699
いや、ライトノベルなんかで在りがちな、そうした設定では、現実の人間関係とか社会との関わり方、ましてや外交なんかは意図的に無視されるだろ?
特にセカイ系などでは。
ましてや『死のロングウォーク』や『バトルロワイヤル』、『ハンガーゲーム』などのデスゲーム系では、極限環境での人間模様の方に重点がおかれる。
こうした作品において、そのゲームが何故、如何して制定されたか、説得力があり自然と受け入れられるような設定が、描写されたものは少ないよ。

>> 685
ミリタリーものでは、SFだが『エンダーのゲーム』が、かなり説得力ある設定になっており、ここでは生死が隠蔽されて、シミレーションの訓練って建前になっている。
またミリタリーには関係ないが、筒井哲也(最近『予告犯』が映画化された)の漫画『DUDS HUNT』は、デスゲームが作られた理由と経歴に、素晴らしい説明がなされている。


条件としては
@そのように反社会的なシステムが、その社会で受け入れられている理由の説明が必要。
「独裁者が……」「軍事政権が……」決めたってのは、お手軽だが最低の理由だ。
じゃあ、その独裁者なり軍事政権は何を目的としてそうしたのか? って話しで、理由の先送りにしかなってない。

A純粋培養の世間知らずが、軍事で実際に役に立つ、或いは役立たずでも許容される理由の説明。
手っ取り早いのは、ニュータイプの育成だよな(ニュータイプは一例で、超能力者でもサイボーグでも、航宙士でも何でも良い)
SFでは『ブレイン・インプラントで、生まれながらにプラグインしている人間は、脳のニューロンなどが最適化されており、一般人とは感覚も価値観も異なる』ってのがある。
卑近な例では、ライトノベル/アニメの『アクセルワールド』が、ブレイン・マシン・インターフェースで、それに近い設定を取り入れている(インプラントもある)
脳ってのはソフトとハードの組み合わせで出来ているから、絶対音感や共感覚などは、幼少期の環境で備わり、成長してからは絶対に身に付かないものだ。

この辺を如何にクリアするか考えてごらん。

702 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 13:47:39.43 ID:Qv6tpeNF
お前ら優しいな
>>685なんて
”現実の士官養成システムをググってから書き直せ”でお仕舞いだろ

703 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 13:50:09.24 ID:x1eSshBu
685 中途退学や定年以外での離職は費用全額自己負担とします。
688 卒業試験はリアルサバイバルゲームで絞りこみます
     小学300名
     幼稚園500名

小学校にあがるときに40%が殺されて、その費用を請求されるような施設に
かわいい娘を預ける馬鹿がどこにおるか

704 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 14:07:22.36 ID:JbcGvpaQ
『銃夢 last order』では、殺すこと自体が目的の児童歩兵なんてシュールな設定があったけれど、そもそも銃夢は作風そのものがシュールでグロテスクだからね。
強引かつ理不尽な設定でも、そうした作風で押し通すのも一例だよ……それに生き延びたザジは、人格的には問題を抱えていても、ファイターとしては優秀だったろw?

因みに「女性にしか動かせない超兵器があるため、専門の士官学校が作られ、そこに唯一の男子として主人公が入学した」って作品に、インフィニティ・ストラトスがある。
もちろん校内の試験や、スクール・カーストの決定のため、シミレーション・バトルを始めるのはお約束だし、男子は1人だからハーレム物にもなっている。

「女の子だけの士官学校」って設定が被ってるし、ただ凄惨なバトルロワイヤルをやるだけなら、読者が登場人物に感情移入をし難い、劣化コピーにしかならないだろうね。

705 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 14:08:28.02 ID:po5Ijvf1
>>701
たしかに学園モノというからには
主人公の周辺だけで完結するから
>現実の人間関係とか社会との関わり方、ましてや外交なんか
は「重視されない設定」になるな

>>703
あれだよ出生率5.3とかで三女にトメコとか名付ける世界なんだよ

706 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 15:33:56.84 ID:WWu43E9t
全て悪い

707 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 17:00:28.47 ID:Qv6tpeNF
学園ものにするなら男女共学の陸軍幼年学校でも設定してやりゃあ良いだろ
萌絵でもなんでも好きにやってくれとしか言えんわい

708 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 18:25:32.02 ID:wowZ+usC
戦車全否定な仮想戦記が好例だが、「まず否定ありき」なアイディアは大抵マズーだな
ID:WJzV2yMt氏は予め意見を聞く堅実なタイプだから助かってるけどさ、勢いで突っ走る性格の作者は要注意
命懸ってる組織のトップ連中が現実に選択してるなら、その時々で妥当とされる無難な方策が多い筈なんだよね

709 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 20:32:19.89 ID:nFWF+4Vi
そういや軍事板で悪名高いマブラヴも航空兵力と戦車兵力の否定から入ってたな
当人にすれば緻密()に練り上げた設定なんだろうがバカバカしすぎて相手する気にもならんかったが

710 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 21:08:09.55 ID:UTNjzu+6
「巨大ロボットにのって怪獣と戦う世界でハーレムものエロゲ」
という縛りが大前提の作品に何を求めてるのか<マブラヴ

711 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 21:32:56.25 ID:x1eSshBu
  高校20名
  中学100名
  小学300名
  幼稚園500名

百万歩譲ってこの設定がありとして、中途での入学がないとする。
主人公が中学生なら過去に平均4人を殺しているわけだが、萌えるか?
三年以内に、さらに4人殺す予定なんだからニコニコしながら殺すやつを
品定めしているはずなんだよ。
そんなギスギスしたフィクション楽しいか?
安易な過去のトラウマも、全員がそうならただの異常者の集まりだろ

712 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 21:47:19.42 ID:JbcGvpaQ
いや、つまるところエンターテイメントは>710なんだから、蠱毒をやっても「人を殺してしまった〜」とか、もっともらしく苦悩させておけばOK。
設定がリアルな戦記物でもなければ、架空戦記でさえないし、そもそも>685はロボットを出すとも、ハーレム物にするとも書いてない訳だからな。

ただリアルである必要はないにせよ、それを読む読者の納得感は必要で、バトルロワイヤルは、強制収容所よりも成立させる言い訳が苦しい。
逆に言えば、強制収容所があったような国を調べれば、どうしてそん蠱毒士官学校が出来たかの説明も、強制収容所の延長線上で可能にはなる。

まぁそれだと、軍教育設備と言うより、紅衛兵を養成する懲罰大隊ってのが実態になりそうだけど。

713 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 22:14:22.26 ID:WWu43E9t
蠱毒てなに?
質問だから一応、ageた

714 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 22:30:25.55 ID:/XU75SgI
>>713
毒のある虫とか蛇とかを沢山壺や瓶の中に入れておいて、互いに共食いさせて
最後に残ったものの毒を採取すると、他の個体を食べつくしてる分毒が濃縮されてるのと
「最後まで残ったやつ=最も強い毒を持ってたやつ」というこで最強の毒になるので
それ使えばどんな暗殺だって成功する、っていう伝説。

転じて「実力のある?同士を最後の一人になるまで殺し合わせれば、残った1人は
その中でも最強のやつだろう」っていうバトルロワイヤル式選別方法のこと。

715 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 22:58:54.31 ID:OyVfvDRF
>>714
ああ、そういう意味か
ありがとう

716 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 22:59:15.51 ID:cNH81Cgc
個人的にはロクでもない奴同士を一まとめにしたら
その中でも一番ロクでもないクズが生き残る、ってイメージの方が強いな。
もしくはロクでもない連中が悪魔融合して
凄まじくロクでもないクズの集団が出来上がるって感が。

717 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 23:02:14.81 ID:/XU75SgI
>>716
この場合の「蟲」とか「毒」っていうのは「ロクでもない」というような意味ではなく、
「とても強力」「凄いけど褒められるようなものじゃない」っていうような意味なので。

718 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 23:04:42.34 ID:cNH81Cgc
>716
まあ個人的なイメージ、なのでそこは許しておくれw
本来の意味(毒虫の壷)は判ってる。

719 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 23:22:54.14 ID:o0V09bAh
普通のワールドで「卒業出来ない人は試験で亡くなる」なんてトンデモ設定にせず、学園バトル物の漫画やラノベとかによくある、
「一学年上に進級できるのは同学年の中でわずかX名、残り全員ダブりとなるが特に成績の酷い落ちこぼれ生徒は落第や退学もありうる」
みたいな感じならまだよかったかも。まあコレも軍事力=超人的個人武勇で決まる脳筋ワールドにしないとやっぱ浮く設定だけどさw

720 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 23:27:42.78 ID:/XU75SgI
>>719
「入学できた新入生は入学式の直後にガチバトルを強要され、勝ち抜けないと入学直後に即効で退学。
 …しかし、そこで敗北して放り出された新入生のうち希望した?を改めて入学させる分校があった」
という「もういいから好きにやってくれ」な設定のラノベがあって、去年だかアニメ化もされとったな…。

確かに合理的といえば合理的だが、そーいう問題じゃないよな・・・。

721 :名無し三等兵:2015/09/27(日) 23:55:41.00 ID:OyVfvDRF
学園バトルと言うと男塾、IS、ガルパン、アリアぐらいしか思い付かない

722 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 00:02:29.17 ID:MgP1mjbB
それをより先鋭化させて、リアル・サバゲーにしたとして、そこに需要は在るや否や、それが問題だ。

723 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 00:14:07.06 ID:S2TSPhBc
ギャンブルと敗者の臓器販売

724 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 00:35:24.62 ID:+B6M6TEx
>>720
クソアニメ四天王とか言われてたやつか?

725 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 00:44:21.52 ID:4uSYWqC+
それはファフニールのほうじゃないか

726 :名無し三等兵:2015/09/28(月) 01:16:31.15 ID:MgP1mjbB
冲方って、天地明察や光圀伝みたいないい作品も書くけれど、アイデアを売ってそれで稼ごうとする、山っ気というかアコギな金稼ぎも多いからね。
一番分かりやすいのが、ピルグリム・イェガーとか、シュバリエなんかの「歴史上の奇異な人物」を持ち出して、適当な異能バトルでお茶を濁す漫画原作。

727 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 04:52:54.89 ID:gZigsKGL
726はどこの誤爆だ?

728 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 22:40:42.83 ID:NH5bbJEm
創作物に自衛隊の兵器の威力や車内構造、長所短所などを無許可で登場させると
自衛隊法により罰せられるという話を見たのですが本当でしょうか?

729 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 22:51:35.31 ID:ZZfaoZQw
>>728
自衛隊に限らず、職務上知りえた情報を無許可で公開すればなにかしらの処分が下るのは当たり前
むしろ民間企業の方がそのへんは厳しい

730 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 23:08:20.59 ID:ZOEN1FB4
>>728
守秘義務って言葉も知らない人?
WEB小説などの不特定多数の人間が目にする場所などで、そのような情報を
「無許可」で書き込み公開するのは処分が下って当たり前だろ。

731 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 23:21:48.30 ID:NH5bbJEm
>>729>>730
それでは一般公開されている情報なら登場させても大丈夫なのでしょうか?

732 :名無し三等兵:2015/09/29(火) 23:39:11.10 ID:SMEVq/GI
そりゃ一般公開されてるものなら問題無いでしょう。
>729,730の人が言ってるのは
「知らない人は判らない、知ってる人は話せない」レベルのことね。

あとは公開されてる資料を元に推測するしかないけど
あんまりにもお粗末な推測ならそれこそフルボッコだかんねー
海外から導入されてる装備なら実際の使用状況が動画でネットに上がってるかも知れないので
そういうのを地道に探すのだ。

733 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 00:00:23.85 ID:zDN929KN
>>731
護衛艦とか、駐屯地とか、公開イベントに行って武器の案内パネルに書かれてる
スペックがどう書かれてるか見てきたほうがいいぞ。
むかし、シースパローの案内に、射程:とおくまで、命中率:よく当たるなんてかかれてたけど
ネット上には普通にもっと詳しい数字が上がってるし。

734 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 06:32:20.57 ID:GfpGZkL7
輸入装備は自衛隊側で諸元を隠してもあまり意味無いよね

735 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 11:08:55.88 ID:eVwhbZKc
そこらへんは間に商社が入ってるし、契約時の条件が大雑把だったりすると
輸出国で公になってる内容でも、日本政府&自衛隊から公表したらアカンよ
になってる事もありそうだけど。

736 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 13:24:32.86 ID:rGzYs/a1
武器とかの性能も公開されてる情報を使えばいいだけ
訓練でどういう号令やってるかとかも動画とか体験談の本やブログがある
小説家になろうの活動報告や自己紹介見てたら自衛官って自慢してる作者が多い
自衛隊員が自慢したくてベラベラしゃべるとだめだけど、素人がてにいれた情報で自衛隊を語れるレベルは限られてくる
自衛隊にはいって調子にのってかくまえに上の人に相談するべきだ

737 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 17:48:28.26 ID:0rlo5zBk
公開情報なら別にいいが機密情報の場合、漏洩は
官民問わず法律に抵触する場合が多々あるのもしらんのか?

つーか、一度はコンプライアンスの研修受けさせりゃいいのに

738 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 19:57:42.81 ID:wwoqSUM0
コンプライアンス教育を受けさせても、阿呆な事を書く奴はいるのが困りもの。
妙に自尊心が高いとか、見栄っ張りというかそういうどうしようもない奴。

739 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 21:31:13.35 ID:it7k5XUe
コンプライアンス教育は、年に一回はやらないと。
忘れるからではなく、危機意識を保つ為にね。

740 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 21:50:10.06 ID:OmDEFmni
自動式小銃でのスピードリロードのシーンを書こうと考えているのですが、そのうえで質問です。

弾倉内に弾が残っている状態で、弾倉を固い地面に落としても、弾倉が歪むかもしれないだけであって
雷管が撃発する危険性は、ほとんどゼロと
考えてよいのでしょうか。

741 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 22:20:06.33 ID:moHAHXpw
ほとんどゼロと考えてよいでFA

742 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 22:28:40.44 ID:LBizfUyQ
>>728
自衛隊法に基づいた守秘義務を負うのは、基本的に自衛隊員(OB含む)だけなので、
自衛隊と無関係な一般人が公表する場合は、自衛隊法には罰則規定が無いです。
一般人が罰せられる可能性があるのは、特定秘密保護法の方。

他の人も書いているように、公表情報のみを創作物に載せるなら、特段の問題はなし。

743 :名無し三等兵:2015/09/30(水) 23:18:31.91 ID:AwAuJkP3
>>740
ゲームとかでぽいぽいマガジン投げ捨ててるけど
実際には5、6個しか無いのにどうしているんだろう
ゲームだし、と言われたらそれまでだけど

744 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 00:12:11.65 ID:m82WBlUx
>>740
弾倉を投棄するのはイマージェンシーリロードと言って弾倉を交換する時間的余裕が無い状況で行うものです
クイックリロードまたはスピードリロードとは、残弾のある弾倉をポーチやダンプに一時的に収納し
満装弾の弾倉に入れ替え、弾倉プラス一発の最大限の持続火力を瞬間的に得るテクニックです
またイマージェンシーリロードでは通常、残弾ゼロの空弾倉を投棄するので、雷管を打撃する懸念とは関係ない操作となります。

745 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 01:11:32.29 ID:c8j0inJk
最後の一発で自殺するにも、マガジンは必要だかんなぁ……

746 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 05:47:07.37 ID:hLVt97cs
いや、薬室に直接一発込めればいいじゃん

747 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 06:40:51.07 ID:2A91tGZY
>>746
マガジンセーフィティついてるのだとマガジンないと撃てない
ブローニングハイパワーとか

748 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 08:12:28.43 ID:hLVt97cs
それ付いてる銃って珍しいから

749 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 12:26:22.92 ID:g84F2a/K
ツベで同じ射手がエマージェンシーリロードとクイックリロードのタイムアタックやってる動画が有るから、それみたら?

750 :名無し三等兵:2015/10/01(木) 17:24:56.88 ID:CBs6B6tT
最後の一発で弾倉気にするくらいならバックアップガン使えや

751 :名無し三等兵:2015/10/02(金) 12:31:43.81 ID:lkl1gXt7
バックアップガンや銃剣、ナイフの弾倉を使い切ったらどうするんだ

752 :名無し三等兵:2015/10/02(金) 12:45:52.53 ID:ofOXPh6s
たまがなくなったら敵の武器をひろう
ゲームではないからかなり持てる

753 :名無し三等兵:2015/10/02(金) 21:30:23.34 ID:RkJlN6zF
つか自決用の弾ならバラで持つで
マガジンとかだと使っちゃうからな

754 :名無し三等兵:2015/10/03(土) 18:12:28.79 ID:PrUQwoNe
毒入りカプセル歯の裏に持っとけば確実?
スパイじゃないけど

755 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/03(土) 19:35:43.85 ID:2KXsbP9L
何の話かと思えば弾薬を残したまま弾倉を捨てる時の危険性の話か

756 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 10:12:03.04 ID:xJ3qobud
そういえば、バラで弾を持つ場合だとオートよりもリボルバーの方がリロードが早くなるから、護身用ならリボルバー!という話があったな

757 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 11:13:52.82 ID:oYe47glz
>>756
護身用として考える場合、リロードの便ってあまり問題では無いような・・・。

758 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 12:55:39.39 ID:U4Y+rMTf
戦場で拳銃リロードとかもう末期だし
日常の護身でリロード考えて準備というのも別の意味で末期だな

つか相談数多いのだとそもそもリボルバーの二倍ぐらいあるような

759 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 14:18:39.89 ID:UYyra6ig
グロック19にしてもM9しても弾は標準弾倉で15発入る
護身で15発撃ち尽くす前に戦闘は終了しているわな

760 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 16:12:11.17 ID:8SwBeFxD
サブコンパクトのグロック26でも10+1発、エクステンションすれば12+1発だから、マグチェンジは考えなくて良い。
それよりも誰かが書いた「反動が大きい」ことの方が問題だろう?
M36チーフスペシャルで38splを撃っても、命中を期待できない程の反動らしいけれど、9mmパラベラムだとどの位?

761 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 16:31:27.83 ID:yjTA6d4W
護身はミッションキルが目的だから仕留める必然性はそんなに高くないのでは
増援が来るまで、攻撃を牽制できれば十分

762 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 19:40:41.83 ID:P7hxWDQV
以前、霞ヶ浦の住人が、在日米軍は、カルフォルニア州兵だと叫んだことが大嘘である証拠が有りましたので、
ここに出しておきます。
ttp://city.tachikawaonline.jp/view.php?area=21&id=559&mode=details
れっきとしたアメリカ空軍のマークであってカルホルニア州空軍のマークではありません。

763 :名無し三等兵:2015/10/04(日) 19:44:31.10 ID:P7hxWDQV
>>762
スレ違いでした。

764 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 00:53:02.65 ID:Q3OgCxRH
>>760
リボは反動がダイレクト来るが、オートはスライド後退によって反動がマイルドになる
フルサイズオートでもM9のようなメタルフレームよりも
グロック17のようなポリマーフレームの方が反動はマイルドになる

個人的な経験だとLフレームのリボで撃つ38SplとフルサイズメタルフレームのM9が同じぐらい
M9よりも一回り小さいコンパクトサイズのポリマーフレームのグロック19の反動はM9と同じぐらいだった。

つまりグロック26はM9よりも少し反動が強いがM36(Jフレーム)から38splを撃つよりも軽いと予想される

ということはグロック26の反動はそんなに気にしなくて良いということになって
反動よりもグリップが手に合うかどうかの方が重要だと思う

765 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 01:25:19.55 ID:NZhDlxxS
経験者サンキュー!

766 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 16:49:25.89 ID:VvMQlC/S
海上自衛隊が壊滅したとして、現状の規模まで再建するにはどれくらいの時間が
かかるのでしょうか?

767 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 19:17:17.10 ID:KeaIUvww
それで日本は壊滅したり占領されてはいないんですか?
すげえな日本

768 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 19:33:45.60 ID:Flrrly2u
軍艦を沈めるのは他国の軍隊ばかりとは限らないからなー

769 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 21:19:42.96 ID:Xgr9p5T6
>>766
単純な艦船保有量だけなら潜水艦の保有量*年数

770 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 21:32:41.16 ID:45hV5HNW
アメリカ空軍なんて、アメリカ海軍の空母を沈めてるしな

771 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 21:33:52.83 ID:0+KqLtGg
幕末〜明治初期の、日本帝国軍(陸海空)のことがわかる資料で
おすすめのものを教えて下さい

772 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 21:45:28.93 ID:KeaIUvww
日本帝国の空軍ってないぞ
適当に書くな

773 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 21:45:39.03 ID:FgusJT0A
明治初期に空軍があってたまるかよ…とりあえず、「武器と防具・幕末編」(編制やドクトリンについても解説あり)と、橋本昌樹「田原坂」を勧めとく。

774 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 21:45:48.31 ID:2XV82sGh
何で関係ない話しになってるの?

775 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 22:09:38.13 ID:0+KqLtGg
>>772-773
すみません、
日本で空軍といえるものの事始めが判る本が欲しいと言うべきでした

776 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 22:52:26.41 ID:KF0H1f3y
>>775
どちらにせよスレ違い
書籍スレで聞け

777 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 23:12:53.48 ID:FgusJT0A
書籍に押し付けるなよ。これはどう見ても初心者スレだろう。

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 851 [転載禁止](c)2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1443315145/

とりあえず、明治元年は1868年、ライト兄弟が世界初の動力飛行を行なったのは1903年(明治36年)12月、日露開戦が1904年。
1914年からの第一次世界大戦で航空機の軍事利用がすすむが、日本は帝国憲法の統帥権条項(第11条)や、
陸海軍がそれぞれ全く別な仮想敵(満洲進出した陸軍は北西のロシア/ソ連、太平洋の向こうの東を見る海軍はアメリカ)を想定していた事で、
陸海航空隊(というか、東西どちらを主敵と見据えるかレベルでの国家戦略)の統合は1945年の敗戦と帝国陸海軍の消滅まで行なわれず、
「日本国」において独立軍種としての空軍に相当するものの発足は1954年の航空自衛隊になる。

・・・と、最低限でこんなとこか>>771

778 :名無し三等兵:2015/10/05(月) 23:46:37.68 ID:e9ZXCyAh
>>777
その初質がテンプレで書籍に関する質問は書籍スレで誘導してんだよw
テンプレくらい嫁や

779 :名無し三等兵:2015/10/06(火) 01:43:04.77 ID:XHgmaWDI
ここは創作スレだから
ガチな文献を聞きたいなら書籍スレだろうな

780 :名無し三等兵:2015/10/06(火) 08:06:46.51 ID:0cZ2uYm8
Wikipediaの該当する記事の参考文献とか見た上での質問だろうか?
なんかネットですぐ調べれる事すら調べずに質問してそう。

781 :名無し三等兵:2015/10/06(火) 11:03:15.73 ID:j1n2rV8e
スレタイも検索しないテンプレも読まない奴がするわけないだろ

782 :名無し三等兵:2015/10/06(火) 20:26:28.27 ID:T6zc7uo9
目の前にある機械や箱で、「最低限の事すら」調べようとももしない人間に
マトモな創作作品が書けるとは思えんけどな。
時代・技術考証なんてまるっきり無視な一発屋系ラノベもどきなどを書く
なら別だが読んで貰えそうな物を書きたいのならもっと勉強してから来な。

>>780
調べてたら日本「空軍」なんて頓珍漢な聞き方は絶対してないよ。

783 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 09:41:46.58 ID:io4cLnac
オート・メラーラ127mm砲
って「甲板上の砲塔内の薬室?つかマガジン?」に「何発の弾を砲塔内に装填」されてますか?
ウィキの説明がちょっとよく理解出来なくて・・・。

784 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 14:44:48.73 ID:RXAgFErr
http://www.warships.ru/Italy/Weapons/Guns/127.gif
砲塔内には0発
砲塔下に即応弾マガジン・ドラム(図の13)が三個あって各22発づつ

785 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 17:10:30.60 ID:uXXcD970
>>マガジン数
一応4セットのタイプもあるみたい
https://www.youtube.com/watch?v=q0GFUKtYhPU

786 :名無し三等兵:2015/10/07(水) 18:07:50.23 ID:vvsW9AjO
インディペンデンスデイなどでは現代のミサイルで巨大な宇宙船を攻撃していますが。
ああいう規格外のサイズの空中目標に一般的な対空・対艦ミサイルをそのまま、または現場でできる程度のセッティングの変更で誘導可能なんでしょうか?
赤外線を発するかレーダー波が返ってきて、電子妨害もなく極端な機動もされなければサイズ、形状に関係なく誘導可能ですか?

787 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/08(木) 23:43:31.53 ID:KBrZp5p+
「LOCKED」と出てはいても、母艦へ誘導している描写はほとんどなかったと思うが
最後の主砲への攻撃にしても、ミサイルのシーカーが途中で艦載機を捉えて方向を変えている
ただ空中で静止している馬鹿でかい目標に向かって一直線に飛ばすだけなら難しい事は無い

788 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 19:26:25.03 ID:Fp/Q5p9p
エヴァのコミック読んでいたんだが
11巻の162ページに

特科大隊
強羅防衛線より
侵攻して来ます

御殿場方面からも
2個大隊が接近中

って台詞があるんだけど

特科って普通科や機甲科より前進して侵攻する部隊なの?

789 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 20:07:16.17 ID:q22DGWo9
>>788
わかってて訊いてるだろ君。

昔のムックやフィルムコミックの設定によると、戦略自衛隊には機甲科はなく
装甲車や戦車、自走砲のたぐいはみんな「特科」でひとまとめの編制のようだ。

もっとも、ガンダムではないが
「わかってない人がつい書いちゃったものをあとづけの設定でフォローした」
のが真相だとは思うが・・・。

790 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 20:17:08.48 ID:Fp/Q5p9p
フィルムコミックじゃなくて
角川コミックエースなんで、その辺りの裏設定は知らない
自衛隊に当てはめて考えただけ

791 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 20:32:31.77 ID:q22DGWo9
>>790
件のセリフは今で言うところの旧劇場版、それも未完で上映された最初のバージョンからあるよ。

なのでやっぱり「わかっていなかった」のだろうと思う。


勝手に補完して考えてあげるなら、戦自は要するに「海外派兵用に特殊部隊とそれを支援するための
戦力を独立させたもの」だから、兵科(職種)が別れてる必要もないし、普通科機甲科特科…と細分化
されてる必要もない、というところだろう。

歩兵、というか特殊部隊主体の部隊と車両部隊、それに航空部隊くらいしか存在しておらず、
車両部隊はみんな「特科」なんだろうと思われ。

792 :名無し三等兵:2015/10/09(金) 20:56:35.07 ID:Fp/Q5p9p
13巻では戦自主力大隊消滅って報告されてるけど
侵入した歩兵を主力と見るのか、赤いのと交戦していたMLRS、装甲車が主力なのかいまいちわかりにくい

エヴァメインで雰囲気作る為のやられ役だから、そこまでねってないと言われたらそれまでだが

793 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 13:07:17.30 ID:FyymS7rO
自動拳銃やアサルトライフル、機関銃などは不発弾やジャムが起きたら
どうやって対処するのでしょうか?

794 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 13:14:39.62 ID:If7IjLNr
>>793
小火器 ジャム 対処でぐぐれ。

795 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 13:24:31.76 ID:3MAAnxja
取り除くに決まってるじゃないか
アホか?

796 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 13:36:08.05 ID:IhtoTQap
そもそもスレチだ

797 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 14:10:00.45 ID:ilFgvreY
>>793
5日前にも初質で全くおなじ質問してたよなお前?
ネットで荒らすのが生きがいのようなクズはさっさとしねよ

798 :名無し三等兵:2015/10/10(土) 21:15:05.98 ID:mv30s3uv
>>784-785
遅くなりましたがサンクスです
砲塔内には出来ないんですね・・・

799 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 00:19:42.20 ID:lS8SC5G6
実際の潜水艦もこのゲームのような場所で活動したりするのでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=IG3B_wAxuAI

800 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 00:38:57.29 ID:UZY8Q6zC
>>799
そんなクソ浅いところには行かないと思うが
ダイバーが水上に上がった時間から見て、水質によっては上から丸見えだろ

801 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 09:13:37.87 ID:lxlpV6Cb
>>799
工作員や特殊部隊などを出撃or回収する目的で建造&改修された潜水艦
ならともかく、普通の潜水艦はそんな浅い水深のとこには行かない。
潜水艦は隠密性が重要な兵器なのでそれを犠牲にしてまでってのは「通常」
は有り得ない。
まあ、「ゲームだから」っていう前提を抜きにして現実でも〜って考えちゃうのは
どうかと思うよ。

802 :名無し三等兵:2015/10/11(日) 22:50:24.10 ID:TPC/DwSa
まあプリーンがスカパフローでロイヤルオーク撃沈したりはしてるが…

803 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 08:40:52.05 ID:7c19MKa8
文明レベルが1940年ごろの架空世界を舞台にした話の中で
登場人物が携帯する銃(コルト・ガバメント)のホルスターを考えているのですが
サムブレイク式よりは、↓のようなスナップストラップ式のほうが雰囲気に合うでしょうか。
http://www.midwayusa.com/product/651806/el-paso-saddlery-1920-tom-threepersons-outside-the-waistband-holster-right-hand-1911-russet-brown

あと、このようなホルスターで早撃ちするときって、ストラップを指でつまんで素早く外し
銃を構える、という感じで、概ね間違いないでしょうか。

804 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 19:13:31.43 ID:hbUctvfJ
基本的に、軍のホルスターは落とさない事を最重視して作られており、大戦中のホルスターの大半は、キャンバス製の、フラップで銃全体を覆うようなタイプ。
そうしたホルスターは使いにくいと考える者は、個人でホルスターをあつらえるだろうけれど、落としやすいサムブレイク式は、まず考えられないだろうね。

塹壕戦や上陸戦、空挺降下直後などで激戦が予測される場合ならともかく、いざと言う時に無くしているよりは、抜く時に時間が掛かる方がまだマシだから。
本当にクイックドローが必要な局面なら、銃を落とす危険はあるが、フラップやストラップを止めず、ホルスターの中に銃と一緒に突っ込んでおけば良い。
(適度にテンションが掛かるから、多少は抜けにくく、落としにくくなる)

現在のタクティカルホルスターだと、カイデックスやシンサレート、ポリスティックナイロンなどを使い、機械的なロックで保持するタイプが主流になっている。

805 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 20:47:42.14 ID:DNiD/HPT
そもそもコンバットロードしないならクイックドロー関係ないしな(暴言

806 :名無し三等兵:2015/10/17(土) 21:05:07.92 ID:L7ccb8Ez
兵隊なら小銃を持ってるだろうし、将校なら危険な場所で一人で散歩したりせんだろ
撤退中に一人になったんなら銃はすでに手に持ってないかな

807 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 09:53:14.23 ID:ZIZcUHaB
プライベートライアンでわちゃわちゃ抜いてたな
アレは映画だけど、フラップ式でクイックドローしたらあんな感じなのかね

808 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 11:34:21.71 ID:lqbrolOM
「戦争のはらわた」のスタイナーは、フラップをカットした改造ホルスターを使用

809 :名無し三等兵:2015/10/18(日) 12:48:02.58 ID:ajJtxJVL
単にフラップをハサミで切り取るだけで、ストラップに改造することが出来るよ。
千切れ易いだろうけどな。

810 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 07:59:36.15 ID:v9ClzTvr
核兵器登場以前のWW2ぐらいの時期においてアメリカとロシアが衝突したらどうなるのかな?と考えたのですが
米国のカラーコード計画をウィキペディアで見た限り対露(対ソ)戦争計画はなかったみたいです。

よく、WW2の時期のアメリカは世界中の国と戦っても勝利できた なんて書き込みをネットで見かけますが
1945年までのアメリカ陸海軍においてはロシアとの戦争は互いに決着がつかないしそもそも戦争は起きないであろうと想定されていたのでしょうか?
ソビエト海軍はアメリカまで遠征することは不可能であるし、合衆国としても太平洋を渡って極東からモスクワまでの進軍は不可能 みたいにです。

クリミア戦争の時の英仏は(大西洋〜)地中海〜黒海まで遠征してロシアと戦線を築きあげましたが
戦間期〜史実での1945年までの合衆国においても単独で(英国や北欧諸国、日本海軍などに邪魔をされないという状況で)東西のどちらかから
ソビエト本国に上陸して政治的脅威をあたえられる程の戦争遂行能力はあったんですかね?

核兵器を想定外にした場合、WW2や冷戦時のように欧州に同盟国と陸軍を展開して攻め込まない限りはアメリカ合衆国といえどもソビエトロシアを屈服させることは
無理ゲーだったということなんでしょうか? (食料や工業製品の自給率がどんなもんだったかは全くの無知です すいません)

811 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 21:59:07.14 ID:0v1WhU0j
>>810
それって何かの創作作品に使う設定なのか?
単にその点についてだけ聞きたいのなら、初質で聞いたほうがいいと思うが。

812 :名無し三等兵:2015/10/20(火) 23:00:18.67 ID:Ti7/cFIp
初質でも
>・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません
案件じゃねーかな

813 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 05:49:55.36 ID:7fADIPeQ
例えば「WW2が米国VSソ連だったら」という話を書きたいと言うなら、
米国がソ連を支援しないでドイツに支援する、というだけで済む。
国際関係がどうなってそういう組み合わせになるかは置いといて。

814 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 09:52:50.37 ID:6ypAWBB4
基本的に歴史IFは明確な回答は無いし

815 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 10:10:15.27 ID:P3T2711M
そのあたりは創作物だから基本嘘なんだが
「ましな嘘」を考えて上げましょう(考える手助けをして上げましょう)ってスレだろ
本当は創作物に必要なのはまし(現実性の高さ)ってことよりも面白さだけど、そこんところまでは面倒は見ないと

816 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 12:45:27.92 ID:CE50zqSV
WW2前の鉄鋼(粗鋼)生産力だけ見ても、ソ連は米国に勝てて無いのに
>>810はどういう答えが欲しいのかさっぱりわかんねぇ。
「ぼくのかんがえたさいきょうのソ連と戦う米国」みたいな想定ならお前
の好きにしたらいいんじゃねって話だしな。
そもそも、「食料や工業製品の自給率がどんなもんだったかは全くの無知です すいません」
と書いている時点で検索すらする気がないってのはわかる。

>>813氏が言うように「ソ連vs米国」というだけを考えてるならソ連を
倒すために日本とドイツを支援すればそれだけでソ連はどうにもならん
くなるしねぇ。

817 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 12:56:36.36 ID:CE50zqSV
>>810
身も蓋もない言い方をするなら、その時代の主要列強国の事くらい調べろ
となる。
というか、それくらいの情報は調べてきても何も損はしないと思うがそれすらも
面倒くさいor丸投げしたいというなら「まあ、頑張れよ」と言うしかない。
そういう事も出来ない人には創作作品を書くこと自体向いてないだろうしね。

ttp://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/ww2-gdp-sai-axx.htm
第二次世界大戦前・戦中の主要国国力

818 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 18:53:59.03 ID:FskZGprZ
戦後、「騎兵科」が自衛隊にも存在していて…という設定を入れて話を書きたいのですが、自衛隊って部隊の名前とかに「兵」は使えないのですよね。

歩兵科ー普通科 みたいな言い換えを考えてみたのですが、どうもいい言い換え用語が思い浮かびません。

「騎馬科」というのも何か違う気がしますし…。

自衛隊用語に詳しい方、なにかそれっぽい用語はないものでしょうか?

819 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 20:47:03.33 ID:WqXvJanX
それはほんとに馬に乗ってる騎兵なのか
米軍みたいに車両なのかヘリになってるのか

おうまさんなら何のための部隊なのかがわからんと答えようがないと思うぞ

820 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:07:39.34 ID:Ga8ToezV
>>818
日本の場合戦後自衛隊では偵察部隊としての騎兵は機甲科の偵察隊になったわけだが
ヘリコプター部隊は飛行隊(飛行科)だし、アメリカみたいな「騎兵連隊」とか「騎兵師団」
とかは少なくとも史実に準拠した自衛隊の部隊としては出しようがないとは思う。

儀礼用や式典用としての「騎馬部隊」が一定数あるにしても、職種として独立するほど
数(というか、勢力)があるとも思えないしな。

まあそういう話はさておいて、「兵」という文字を使わないで「騎兵科」を・・・となると
どうにも考えようがないのではないだろうかね。
兵の字を除って「騎科」ってわけにもいかないだろうし、実際に馬に乗ってるわけでは
ないとすると「騎馬科」ってのもなあ、ってことになるし。

まあ、そのヘンテコ差加減が自衛隊用語っぽいといえば自衛隊用語っぽいけど。

821 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 21:45:55.63 ID:L5yE9HbB
騎乗科(自動二輪含む)とか

822 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 22:28:19.24 ID:8syz+6lZ
騎甲科ってカッコいいなと思ったが、音の響きがかぶるな。

823 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:16:05.29 ID:PReQTj5M
角成科とかw

824 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 23:57:47.05 ID:tOPcR+Cn
兵がだめなら士だろ、士。
かくして陸上自衛隊騎士科が爆誕するのである(を

825 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:06:38.08 ID:1Itmr7bY
駄目なハーレムものラノベのタイトルになりそうだな<陸上自衛隊騎士科

826 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 00:48:37.60 ID:xLdbSYpQ
習志野ナイツとか千歳ナイツとかできるんかね

827 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 02:33:54.78 ID:rtFj+LND
兵がダメで士はなんか野暮ったいし
ここは衛にしよう
騎衛隊ってなんかカッコいいじゃん

828 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 03:36:06.95 ID:ulgoZHig
ただの馬科でいいよ

829 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 05:16:30.42 ID:vA7lWdeC
馬に乗ってる警官は「騎馬警官」なんだし、最初の「騎馬課」が無難に思うが

830 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 19:20:00.13 ID:ErY1ACbj
騎科おくべし

831 :817:2015/10/22(木) 21:37:53.29 ID:wiDo6Rq9
皆様レスありがとうございます。

やはり「騎馬科」が無難なところでしょうか…。

一応、設定としては
「装輪装甲車とバイクを装備した、現実だと偵察隊に相当する部隊。
(この世界では機甲科偵察隊、というものは組織されなかった、という想定で)

自衛隊に本格的な戦車が供与されたらそれまでの軽戦車を、ヘリコプターが供与されたらヘリを、
と多様化を目指したけれども、結局予算の問題もあって(史実の)師団飛行隊と偵察隊を合わせたような規模に留まっている」
という設定です。
(他に、儀礼用に本物の騎馬隊が所属している、ということで)

機動戦闘車はこの「騎兵科」に配備されるのか機甲科に戦車の代用として配備されるのか揉めている、
という話を入れる予定でした。

832 :818:2015/10/22(木) 21:42:39.14 ID:wiDo6Rq9
すみません、818でした…。
失礼しました。

勿論? 第7「騎馬」大隊と富士の「騎馬」教導隊には主力戦車(中戦車)装備の小隊と、対戦車ヘリ装備の飛行小隊がある、ということで。

833 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:17:33.10 ID:k5Mnbz2l
>>831
それなら普通に部隊名を装甲捜索大隊にして部隊マークに騎兵をあしらって
大隊に馬っぽいニックネームを付けたらそれらしくてカッコ良くね?
第701装甲捜索大隊「シンザン」、
第702装甲捜索大隊「シンボリルドルフ」
第703装甲捜索大隊「セントライト」とか

834 :名無し三等兵:2015/10/22(木) 23:53:19.64 ID:Ppp+e5cR
「ハイセイコー」
「オグリキャップ」
「ジャスタウェイ」

こうですか?わかりません><

835 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 00:45:04.49 ID:M+4GX4aX
>>833
部隊名はそれになるにしても(旧軍の名を受け継いでる、ってのは問題にされるかもしれんが
少なくとも「兵」は入ってないしな)、兵科(職種)の呼称はどうするか、ってのは別なんじゃない?

「騎兵科」改め「捜索科」ってのは、それはそれで自衛隊っぽい感じはするけど。

836 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 01:13:40.17 ID:Stw2GB0N
>>831
竜騎科でもいいんやで

837 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 01:14:07.82 ID:zR+28x2o
本来なら、そうしたネーミングのセンスを問われるのも、作家の腕の見せ所なんだけどな……

838 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 02:25:37.81 ID:0+f1MduS
実際に馬がいないなら「騎」は入れても「馬」はいらないな
「騎攻科」「騎甲科」だと音が「機甲科」と音が被るか

839 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 08:34:28.87 ID:driayuJg
>>835
捜索科は悪く無いな

840 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 10:37:21.85 ID:M+4GX4aX
自衛隊用語は「軍隊ではない、という点を踏まえること」「なるべく旧軍との関連性がある用語にしない」
とかの制約があるから難しいよな。

「普通科」とかは、一回転して独自の語感みたいなものを醸し出しているけど。

・・・しかしこう考えると「戦車」ってよく改名できたなぁ。
今だ「特車」でもおかしくないくらいなのに。

841 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 13:35:46.42 ID:IzaS5GGi
>>833+834
せめていけづきとかするすみとか…

842 :名無し三等兵:2015/10/23(金) 22:19:24.08 ID:k74ZonN5
昭和43年前後の国会議事録を検索すると
革新系「特車あ?戦車だろ、誤魔化しても仕方がないだろ」
保守系「特車あ?戦車だろ、誤魔化しても仕方がないだろ」
って感じで戦の一字で揉めるのではなく、自衛力とは何かで論議してる。
自衛隊の配慮の万分の一も気にしてない感じで泣ける。

843 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 04:46:26.59 ID:GmmzEYz6
海自で日章旗が再採用された顛末とか
時代の微妙な空気を感じる
ウヨVS サヨ みたいな単純なステレオタイプじゃなくて現場のそういう空気をうまく書けると盛り上がるんだよな

844 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 05:54:39.53 ID:EowYE3bl
輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち
焼いた魚が泳ぎだし 絵に描くダルマにゃ手足出て 電信柱に花が咲く

この歌をさいしょに作った奴って、輜重兵の悲哀の意味で歌ったのか
バカにする意図で歌ったのかどっちなんですかねえ・・・

845 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 07:13:22.15 ID:i4IDw9P2
その歌が作られた日露戦争当時の「輜重輸卒」と「輜重兵」と別物
前者は馬匹輸送を行うための雇われ人夫、後者はそれを統率する軍人

846 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 09:02:53.60 ID:U80dFpXf
この俗謡って、作者は誰でどういう経緯で伝わったのかわからないよな。
昭和陸軍の輜重軽視の象徴と言い出した人くらいは特定できそうだけど。

847 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 09:08:20.99 ID:A6GvQd9C
輜重輸卒にも6週間のブートキャンプが必要だろう

848 :名無し三等兵:2015/10/24(土) 22:55:33.52 ID:95twvtS8
ワンモワセッ!

849 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:34:38.60 ID:0pp47ojn
砲兵と輜重はもとよりムキムキじゃないと勤まらないと思うが(特に旧軍

850 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 07:57:36.29 ID:L7vw5HyI
筋力、体力も必要だが秩序だった行動も無いと作業効率が悪いよ

851 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:15:18.63 ID:U/xZLwoS
>>733
これって要するにwikipediaなどに書いてある情報程度なら登場させても大丈夫と
いうことでしょうか?

852 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:31:24.13 ID:RCE03pnr
そんなに気になるなら自衛隊に直接問い合わせろよw

853 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 10:40:58.23 ID:scEmuCXc
>>851-852
実際に問い合わせるかはさておいて、自衛隊の公式サイトに載ってることなら
書いても大丈夫、ということは言えるな。

854 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 12:30:28.62 ID:L7vw5HyI
初質スレにボルトアクション小銃を改造してハンドガンにする設定を書いていたやつがいたが
なんでそんな危険なこと設定すんのと思った

855 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 14:05:51.32 ID:1Ewq1LdW
「ソードオフボルトアクション拳銃」
訳わかんねぇな、これ

856 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:17:40.51 ID:B/1RIUba
拳銃でフルスケールの小銃弾使いたいならスポーツ射撃用の拳銃にいくらでもあるのになw
わざわざ小銃をソウドオフする意味がわからん

857 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:36:16.53 ID:92JsTk/9
44マグナムとかデザートイーグルみたいなマッチョな拳銃の延長線なのかね
創作の世界じゃモンスターピストルがインフレ起こしてるから主人公に個性的な拳銃持たせるのも大変だ

858 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:40:51.41 ID:RYyD7u7y
http://pds.exblog.jp/pds/1/201107/10/40/e0198040_19324255.jpg
ボルトアクション拳銃は古典だろ
まともに古い名作に触れたこともない奴が多いんだな

859 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 15:45:22.36 ID:36JARUga
ふと思ったのだが、とある作品だと、新宿の歌舞伎町周辺で、
戦闘ヘリが、ボコスカ、拳銃で落とされてるけど、メーカーのほうで
問題になってないのだろうか?

860 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:19:16.78 ID:zTE/Yc7q
ソウドオフ・ボルトアクションライフルは、第二次大戦時のレジスタンスの装備にあったよ

861 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:30:03.99 ID:P8cnPqly
メタルシルエット競技用のピストルならボルトアクションのやつあるで。
基本単発だけど。

862 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 17:40:29.29 ID:LskW9s0l
拳銃は流石に手に入らないからライフルをソードオフして持ち歩いていたデビルマンの飛鳥涼涙目

863 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 19:39:33.80 ID:MfI48/8w
>>854-857 初質スレの奴は obrez で画像検索。>>862な理由の>>860だ。
拳銃は貴重な精密工業製品で滅多に手に入らないんだが、隠して携行できる銃がどうしても要るんで仕方なく作る。
>>861のはレミントンXP-100。最初から拳銃として設計されてて、いろいろな口径に適合させられるのが長所。
野兎だのプレーリードッグだの相手の小害獣駆除にも、よく当たって嵩張らんので便利だ。

864 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:27:32.43 ID:L7vw5HyI
創作上でレジスタンスが自作なりして装備する拳銃というなら
上下2連の中折れ式の20ゲージ散弾・・・要するにデリンジャーみたいの方が雰囲気に合うんじゃね?
まずはこいつで侵略者の手兵を夜の小路で暗殺してもっと良い武器を剥ぎ取るというストーリーなんて
定番だけどやっぱり面白いと思うんだけど

865 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 20:34:03.00 ID:cXdA5/MW
アメリカなんかだと、ソードオフしたカービンは所持が禁止されており、実は拳銃より規制が厳しいんだよな。
つまり実用としては、短くともストックがあり、銃身の切り詰めも、コートの下へ隠せる程度が望ましい。

866 :名無し三等兵:2015/10/25(日) 21:23:27.48 ID:RCE03pnr
そらまあ隠せるぐらいじゃないとカットした意味ないわな
なんか反動ばっかりすごくて命中率ひどそうだけど(だからストック必須なんだろうけど)

867 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:09:50.52 ID:4958ZP5W
日本で大災害が発生しそれに乗じて敵国が日本に進行してくる内容のネット小説を
見たのですが実際にありうることでしょうか?

868 :867:2015/10/26(月) 00:10:43.82 ID:4958ZP5W
×進行○侵攻でした

869 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 00:17:03.67 ID:FeiQWrXI
>>867 すくなくとも陸上自衛隊はあり得ると思ってるし、阪神・東日本大震災どちらでも警戒を怠ってない。「阪神大震災 自衛隊かく戦えり」、「即動必遂」参照の事。

870 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 01:24:14.01 ID:xqvRTK+5
災害発生直後
日本「」
ロシア「すぐに揚陸艦を差し向けるよ」
アメリカ「すぐに揚陸艦を差し向けるよ」

うーんこの同じセリフなのに受け取り方の違い

871 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 06:23:35.64 ID:l6IAbqwy
大災害の状況にもよるだろう
地震や噴火だとしばらく危険だけど巨大台風とか隕石落下とかだとさらなる被害の心配はとりあえず不要だし元々侵攻する気ならやるかもしれん

どういう理由で侵攻したかは作者の考える事だな

872 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 07:55:53.22 ID:9r1HoVyT
震災時に侵略される?
中世じゃあるまいし
日米安保とアメリカ軍がいるし

自衛隊がその対策を研究していたとしてもそれは
アメリカ軍が対英戦および対日戦の研究をしているのと同じぐらいの真剣度だろうなw

873 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 09:51:45.84 ID:G1+NWtvr
中露が領空侵犯を増やしたのは、有事における自衛隊の対処能力を推し測るためだよ?
こういう時こそ、平時ではなく戦時にどれだけのことが出来るか、軍の底力を見せるものだからね。

従って自衛隊の災害救助も、『国民を守る』ためだけでなく、本当の有事に対応するまたとない訓練になるからやっている。
少なくとも、自衛隊員はそういう心掛けで、実戦だという認識で動いてるし、また他国もそれを見ている。

874 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 10:30:07.58 ID:dO5sHd5I
侵略には大変な準備と時間がかかるわけで、いつ起きるかわからない災害に乗じて侵攻なんてできやしない。

875 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:30:39.51 ID:59UgIc2x
>>874
そこで人工地震ですよ!(澄み切った目

876 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:48:07.18 ID:43r0CqgK
海底10、000mに複数の水爆を仕掛けるんですね!

877 :名無し三等兵:2015/10/26(月) 20:56:58.06 ID:ecJ599Hq
電磁波による地殻アタックに決まってんだろ!

878 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 02:56:35.20 ID:HdODetMx
米中露で人工地震戦争が起きれば沿岸地域の比重が小さいロシアはかなり有利だぞ
日本は何度沈むだろうか

879 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 07:22:50.27 ID:kih5W0UA
日本列島が沈没しちゃうならシベリアに移住するしか無いな
第二次シベリア派兵だな

880 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 10:05:05.55 ID:i+OKA9++
こうして「火葬」戦記が生まれます

881 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 15:18:45.96 ID:F5yl6JAb
>>878
そこまでやるんだったらピンポイント攻撃とか公然とやるようになって
核戦争張りのインフラとか通信網の耐久力とか国民の士気とかの体力勝負になりそうなんですがそれは

882 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 15:28:28.18 ID:oVWTW3kM
>>872
311での日本のグダグダぷりを見て、アメリカは仙台空港を「占領」した
頼んでもいないのに。施政権を侵害されたわけで、救助だと素直に喜べないんよ
トモダチ作戦は実費を巻き上げられている
アメリカがもっと性悪だったら、そのまま名取市付近がアメリカ租界になっていたIFもありえた

中華の領空領海侵犯は「ボートピープル来たらやだなあ」という
観測偵察を超える規模と頻度であった
米軍の展開が小規模で、自衛隊がもうすこし低能だったら、
軍事均衡が破れていたら、
「東日本の治安維持のため」尖閣諸島に人民解放軍が進駐する事態もありえた

けっこうやばかったんよ、東日本大震災は

883 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 18:36:19.08 ID:67ttpmde
>>882
まあ太陽の黙示録の読み過ぎかと
もう少し新聞とかニュースとかも見ましょう

884 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 20:43:28.42 ID:0axqzpDH
右翼のお花畑は安保
左翼のお花畑は9条
お花畑の管理人は誰なんだろうね

885 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:39:51.22 ID:kih5W0UA
安保も9条もお花畑じゃないけどな

外国の暴走を阻止するのに必要なのが安保
日本の暴走を阻止するのに必要なのが9条
日本の平和を構築するためには両方とも必要なんだから

886 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:44:02.35 ID:ngsXqj0q
やっぱりアカいお花畑じゃんw

887 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 21:47:54.65 ID:EoIOnEtb
左派は「空想平和主義」
右派は「妄想軍国主義」
中道は「場当たり式事勿れ主義」
という言い回しが昔あったな。

888 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 22:25:37.05 ID:0axqzpDH
場当たりで左派行ったり右派行ったりするのを事勿れというw

889 :名無し三等兵:2015/10/27(火) 23:15:00.80 ID:kih5W0UA
>>886
どこがお花畑なんだか言って見ろよ
どーせ揚げ足取りしか出来ない輩なんだろお前は

890 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 00:26:09.81 ID:EiAMPN+A
>>889
今現在一番暴走しそうな国と
逆に最も暴走しないと思う国を
それぞれ挙げてくれないか?
複数回答でもいいからさ

891 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 03:47:54.50 ID:YVpdzxrK
>>885
日本の暴走を止めるのは集団的自衛権じゃないですかね

892 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 09:56:11.36 ID:h79UUr1a
>>891
集団的自衛権っていうか、米軍だな。

大昔アメリカ政府関係者やアメリカ軍人がそういうこと(ビンのフタ論)言って問題になったっけ。

893 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 15:53:53.46 ID:KoyioCc1
>>891
過去の戦争を見る限り、この種のものは参加国の行動を抑制する方向より加速する方向に作用する場合が多いと思う

894 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:00:51.05 ID:NOHmnjwf
同盟の組み方が複雑怪奇になりすぎて全自動戦争装置が起動しちまったのがWWIではあるな、確かに。

895 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 19:44:10.91 ID:9DSW9Q+r
あれはシェリーフェン・プランの暴走によるものだよ。
マルクスの『共産主義宣言』などに見られる通り、ドイツ人には過度に理屈を追求し、理想的かつ機能的に行動したがる悪癖があるからね。

セルビア問題で、ロシア帝国のツァーリは「軍を動員・配備するだけで、国境は侵さない」と伝えたが、ドイツはこれを信じなかった。
それには理由があって、戦力に劣るドイツがロシア・フランスから国を守るには、機動力を活かして各個撃破しなくてはならなかったから。
そのら為には先手を取らねばならず、もしロシアの通達が嘘だったら必ず負け、しかもシェリーフェン・プランは動員が即に開戦に直結していた。

ロシアを信じて騙される危険を犯すか、此方から戦争を仕掛けることになっても、勝ち目のある方を選ぶかの局面で、ドイツは開戦を選ぶ以外になかった。

ドイツの動員計画が柔軟性と助長性を持っていたら、あるいは参謀本部がプランや計画だのに、過度に傾倒してなければ、WWTは起きなかったろう。

896 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:03:26.89 ID:Scsk33+0
9DSW9Q+r
         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     {@|゚iij  ~.j| ・   {,l
    ヾ::::|   i ; |pj  ┃|゚     {
    }:::l    ゚ ;|i!i!i!∵  | ; ノ   }
     ヾ;k    * |i!∴  ..|,/   }
     "|    ..|i!i゚!i!.  ,;;|    ノ
  _,. -‐"\    |i!i!i!  ;;|* 。  ー-、
'"´      `ヽ、@|゚iij   ~.j| ・ /
          ;.|pj  ..┃|゚
         ゚ ;|i!i!i!∵ .| ;
          *.|i!∴   |
           ..|i!i゚!i!   ;;|
           |i!i!i! ;;.|* 。
          @|゚iij  ~.j| ・
          ;.|pj  ┃|゚

897 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:03:57.91 ID:Scsk33+0
9DSW9Q+r
         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     {@|゚iij  ~.j| ・   {,l
    ヾ::::|   i ; |pj  ┃|゚     {
    }:::l    ゚ ;|i!i!i!∵  | ; ノ   }
     ヾ;k    * |i!∴  ..|,/   }
     "|    ..|i!i゚!i!.  ,;;|    ノ
  _,. -‐"\    |i!i!i!  ;;|* 。  ー-、
'"´      `ヽ、@|゚iij   ~.j| ・ /
          ;.|pj  ..┃|゚
         ゚ ;|i!i!i!∵ .| ;
          *.|i!∴   |
           ..|i!i゚!i!   ;;|
           |i!i!i! ;;.|* 。
          @|゚iij  ~.j| ・
          ;.|pj  ┃|゚

898 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:04:02.21 ID:Scsk33+0
9DSW9Q+r
         ,. '"´ ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /::::::::::::;.: --─---─-、:::::::::::::ヽ
    ./::::::::::::/ィC¨ヽ      \:::::::::::l
   /:::::::::/  └¬'´,   ィC¨ヽ';:::::::::!
  ./::::::::イ        / ,.  ヽ `¬┘';:::::::!
  l::::::::::::l       /ハ ハ }     ヾ::::j
  {::::{⌒l:!      / `   ' ヽ   V}
.  ';:::l ゝリ     l ,/ ̄¨ヽ  ',    }l
  ヾヽ__j     {@|゚iij  ~.j| ・   {,l
    ヾ::::|   i ; |pj  ┃|゚     {
    }:::l    ゚ ;|i!i!i!∵  | ; ノ   }
     ヾ;k    * |i!∴  ..|,/   }
     "|    ..|i!i゚!i!.  ,;;|    ノ
  _,. -‐"\    |i!i!i!  ;;|* 。  ー-、
'"´      `ヽ、@|゚iij   ~.j| ・ /
          ;.|pj  ..┃|゚
         ゚ ;|i!i!i!∵ .| ;
          *.|i!∴   |
           ..|i!i゚!i!   ;;|
           |i!i!i! ;;.|* 。
          @|゚iij  ~.j| ・
          ;.|pj  ┃|゚

899 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:04:50.00 ID:Scsk33+0
              ∬ 人
               (;;::.;)
             ∬(;;:_:.:::_)
              (;;;:::.:.. .:;)
              ( ・∀・)  うんこっこうんこっこうんこっこうんこっこ
             /   /
           /   /
         /    /
        :/  ‘ω‘*ヽ:
       :/         ヽ:
       :( *‘ω‘*)*‘ω‘*):
       :( *‘ω‘*)*‘ω‘*):
       :( *‘ω‘*)*‘ω‘*):
     ./          \,
     /   , *‘ω .    、 'i
    ./*‘ωr´    人.    ヽi
    i   人_,、ω‘ノ *‘ω‘,_ノ.|
    |   /  ゚        ゚ .|.|
    |  /(       .з   .iノ

900 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:04:55.20 ID:Scsk33+0
              ∬ 人
               (;;::.;)
             ∬(;;:_:.:::_)
              (;;;:::.:.. .:;)
              ( ・∀・)  うんこっこうんこっこうんこっこうんこっこ
             /   /
           /   /
         /    /
        :/  ‘ω‘*ヽ:
       :/         ヽ:
       :( *‘ω‘*)*‘ω‘*):
       :( *‘ω‘*)*‘ω‘*):
       :( *‘ω‘*)*‘ω‘*):
     ./          \,
     /   , *‘ω .    、 'i
    ./*‘ωr´    人.    ヽi
    i   人_,、ω‘ノ *‘ω‘,_ノ.|
    |   /  ゚        ゚ .|.|
    |  /(       .з   .iノ

901 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:05:34.73 ID:Scsk33+0
        g[ ∵ u  ノノノノ Vg
       」[]]        u []]]ll
       ],,] .iiiiiiiiiiiiii iiiiiiiiiiiiiiiiii,,],,] ,
       lili][  へ  l─l へ   ]ll)]
       〈k[ ^ー─ > <ー-─^ll!7
       . l;;; ∵ 。(_ ._ ) 。∵:]
        [∵:'/.^ .^.\   gll
         t.  ,._ニニニニ_.、   )
         l。  `'''ー─'''  /<
          t   '''''''''∵。/  
           l∴:⌒   /            
.          .| ヽ__ /
      /⌒\〆',  `  ̄ ´  ゝ/⌒\
    /  ノつ\ ・    ・  /⊂  ヽ!
o0○ノ  /  3  \ (::::⌒ヽ / とノ\ ヽ○0o
(    /、_ノ\   Y `(_、_)   /  \´  )゚
 \_)    `ヽ   : :;;*:;   : : : |    (_ノ
         人__;;:;;、___ノ          ヽヽ        ヽヽ
             ;:;;:;;:;,,           ──┐ |  |   ──┐ |  |
          ∬ ;;:;::.;::.::;::..:;:..: ∬          /  |  |      /.  |  |
      ・〜   ;::;.:;:;:;:;:.:;:.:::.;:;:;.:.:.:          ノ    ノ  ┐ ノ    ノ  ┐
          ∬;;;:::;;;:;:.:;:.::.:;;.:.;.:;.:; ∬                 ┴    ヽヽ     ┴
         ;::;:;;;:;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;:;::; 〜∞                 ──┐ |  |  |  |
            ;:;:;::;::;:;;::;:;;:;.                         / . |  |  |  |
              ;:;::;::: ' :"‘                       ノ    ノ    ノ
              :"

902 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:05:39.30 ID:Scsk33+0
        g[ ∵ u  ノノノノ Vg
       」[]]        u []]]ll
       ],,] .iiiiiiiiiiiiii iiiiiiiiiiiiiiiiii,,],,] ,
       lili][  へ  l─l へ   ]ll)]
       〈k[ ^ー─ > <ー-─^ll!7
       . l;;; ∵ 。(_ ._ ) 。∵:]
        [∵:'/.^ .^.\   gll
         t.  ,._ニニニニ_.、   )
         l。  `'''ー─'''  /<
          t   '''''''''∵。/  
           l∴:⌒   /            
.          .| ヽ__ /
      /⌒\〆',  `  ̄ ´  ゝ/⌒\
    /  ノつ\ ・    ・  /⊂  ヽ!
o0○ノ  /  3  \ (::::⌒ヽ / とノ\ ヽ○0o
(    /、_ノ\   Y `(_、_)   /  \´  )゚
 \_)    `ヽ   : :;;*:;   : : : |    (_ノ
         人__;;:;;、___ノ          ヽヽ        ヽヽ
             ;:;;:;;:;,,           ──┐ |  |   ──┐ |  |
          ∬ ;;:;::.;::.::;::..:;:..: ∬          /  |  |      /.  |  |
      ・〜   ;::;.:;:;:;:;:.:;:.:::.;:;:;.:.:.:          ノ    ノ  ┐ ノ    ノ  ┐
          ∬;;;:::;;;:;:.:;:.::.:;;.:.;.:;.:; ∬                 ┴    ヽヽ     ┴
         ;::;:;;;:;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;:;::; 〜∞                 ──┐ |  |  |  |
            ;:;:;::;::;:;;::;:;;:;.                         / . |  |  |  |
              ;:;::;::: ' :"‘                       ノ    ノ    ノ
              :"

903 :名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM :2015/10/28(水) 21:17:49.16 ID:TBpihHwp
大分香ばしい状態になってきたな

904 :名無し三等兵:2015/10/28(水) 21:42:28.45 ID:gYHy23bW
上級大将 ◆80fYLf0UTM ID:TBpihHwp
http://hissi.org/read.php/army/20151028/VEJwaWhId3A.html

軍事板アニメ総合スレッド84 [転載禁止]c2ch.net
ガンダムって何故バカみたいに突撃しかしないの

905 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 00:31:37.18 ID:MLkvT5+n
2chの通報先『こらこらスレ』
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1444754406/


J:COMは荒らしの被害にあったウェブサイトの管理人だけでなく利用者からの通報も受け付けてくれる。
http://www.wikihouse.com/ocnotawa/index.php?%C2%BE%A5%D7%A5%ED%A5%D0%A5%A4%A5%C0%A4%D8%BE%E8%B4%B9%A4%A8%A4%F2%B8%A1%C6%A4%A4%B5%A4%EC%A4%EB%CA%FD%A4%D8%A4%CE%BB%B2%B9%CD%BE%F0%CA%F3
http://faq.myjcom.jp/faq_detail.html?id=736&relate=1

ここの住人の誰かがIPアドレスやログを一式揃えてJ:COMに通報すれば、J:COMがトムラに対して何かしらの対応をする可能性がある。


『必死チェッカーもどき』
http://hissi.org/read.php/army/
ここでIDを調べ、証拠として添えよう。

906 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 05:47:07.42 ID:n5Fqc9bU
            /::::、_\
           (;:;:;ノ::::● ::)   クマ〜
          (:::::::( _●_):::::::)
         (::::::::::::|∪|:::::::::::::)
        (:::::::::::::::ヽノ::::::::::::::::)
      /⌒\〆',  `  ̄ ´  ゝ/⌒\
    /  ノつ\ ・    ・  /⊂  ヽ!
o0○ノ  /  3  \ (::::⌒ヽ / とノ\ ヽ○0o
(    /、_ノ\   Y `(_、_)   /  \´  )゚
 \_)    `ヽ   : :;;*:;   : : : |    (_ノ
         人__;;:;;、___ノ          ヽヽ        ヽヽ
             ;:;;:;;:;,,           ──┐ |  |   ──┐ |  |
          ∬ ;;:;::.;::.::;::..:;:..: ∬          /  |  |      /.  |  |
      ・〜   ;::;.:;:;:;:;:.:;:.:::.;:;:;.:.:.:          ノ    ノ  ┐ ノ    ノ  ┐
          ∬;;;:::;;;:;:.:;:.::.:;;.:.;.:;.:; ∬                 ┴    ヽヽ     ┴
         ;::;:;;;:;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;:;::; 〜∞                 ──┐ |  |  |  |
            ;:;:;::;::;:;;::;:;;:;.                         / . |  |  |  |
              ;:;::;::: ' :"‘                       ノ    ノ    ノ
              :"

907 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 05:47:12.93 ID:n5Fqc9bU
            /::::、_\
           (;:;:;ノ::::● ::)   クマ〜
          (:::::::( _●_):::::::)
         (::::::::::::|∪|:::::::::::::)
        (:::::::::::::::ヽノ::::::::::::::::)
      /⌒\〆',  `  ̄ ´  ゝ/⌒\
    /  ノつ\ ・    ・  /⊂  ヽ!
o0○ノ  /  3  \ (::::⌒ヽ / とノ\ ヽ○0o
(    /、_ノ\   Y `(_、_)   /  \´  )゚
 \_)    `ヽ   : :;;*:;   : : : |    (_ノ
         人__;;:;;、___ノ          ヽヽ        ヽヽ
             ;:;;:;;:;,,           ──┐ |  |   ──┐ |  |
          ∬ ;;:;::.;::.::;::..:;:..: ∬          /  |  |      /.  |  |
      ・〜   ;::;.:;:;:;:;:.:;:.:::.;:;:;.:.:.:          ノ    ノ  ┐ ノ    ノ  ┐
          ∬;;;:::;;;:;:.:;:.::.:;;.:.;.:;.:; ∬                 ┴    ヽヽ     ┴
         ;::;:;;;:;:;:;:;:;;:;:;:;::;:;:;:;:;::; 〜∞                 ──┐ |  |  |  |
            ;:;:;::;::;:;;::;:;;:;.                         / . |  |  |  |
              ;:;::;::: ' :"‘                       ノ    ノ    ノ
              :"

908 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 07:37:36.52 ID:rmroyWwE
ハゲトムラだったのかよw

909 :名無し三等兵:2015/10/29(木) 12:39:19.57 ID:4eikudIm
>>904
まず自分のレスの気持ち悪さに驚愕するところから始めろよ
ここか、あるいはどこか別のスレでぼこぼこにされたのかしらんが

910 :名無し三等兵:2015/10/31(土) 02:08:30.29 ID:6vZ/Ej9y
WW1ドイツの場合、シュリーフェン・プラン自体が無茶な代物だった
という事と当時の軍隊では兵士を動員する際の準備などが鉄道の
ダイヤに縛られていたっていうのは聞いたな。

911 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 00:09:36.09 ID:IjvOXt0b
動員ってのは、平時の編成から戦時の編成に変更し、徴兵期間が終わった予備役なんかも召集して軍を編成することで、それ事態は開戦ではない。
戦争するには編成を組み直すようだから、開戦前に動員は不可欠だけど、WWT以前は、外交で相手国を恫喝するため、盛んに用いられてたことでもある。
もちろん、戦闘に備えて弾薬や糧食も配備されるけれど、軍そのものの移動や配置はなされず、武力行使はまだの段階で、すぐ戦えるよってポーズだな。

ところがシェリーフェン・プランは、動員が即に軍の移動と開戦に繋がるように計画を立ててあって、その間で待機する体制を考えていなかった。
いったん開戦したら、各個撃破のため即座に動かねばならず、だから補給や交通の臨時編成も待機出来るようになってないから、すぐに移動しなきゃならん。

ロシアが動員するってことは、もう移動してすぐに開戦出来るって意味だから、ドイツも動員しなきゃ間に合わなくなるし、動員したって先手を打たれたら負ける。
ロシアとフランスは仲間だから、開戦するってことは、後ろからフランスも迫って来るって意味だし、シェリーフェン・プランはそれに対応するためのもの。

そして何より、そんな事はツァーリだって知っているから、戦う以上はフランスとタイミングを合わせて、各個撃破出来ない様に、同時に開戦してくるはず。
既に互いの外交官は国へ帰って国交を断交しており、宣戦布告が確立してなかった当時は、ここから戦争に入っても避難されるいわれはない。


さぁ如何する?

912 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 17:06:59.36 ID:jYaKxQUu
>>911
興味深い設問だが・・・ひょっとして誤爆?

913 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 18:28:17.21 ID:ZAjqBGRY
テスト

914 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 20:22:49.75 ID:mjB3wA9Q
.
また安倍と自民党が馬鹿なことしたな
アメリカが自分と関係ない遠く離れた南シナ海で中国と命がけで戦ってるのに
安倍自民党は日和って中国に擦り寄りアメリカに肩透かしを食らわし顔に泥をぬった
安倍自民党は中国を助け利敵行為をしたのと同じ
そのうえ「歴史を直視し〜」とか糞馬鹿な条件を飲んだ
.
お前ら兵器ヲタが支持し当選させた自民党が情けなさ過ぎ
兵器ヲタの主張やアホ予定は当たった試しがない
.
.
.

915 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 20:37:40.75 ID:jYaKxQUu
兵器オタは18歳で卒業したから俺は関係ねーな

916 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 21:10:37.69 ID:88PZgtxg
このコピペに返事してる奴久々に見たわ

917 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 21:40:21.31 ID:mjB3wA9Q
歴史を直視して〜

→慰安婦強制を認める
→時期を見て日本国民が納得する台本で尖閣を中国に明け渡す

なんか売国自民党に感想ある?
自分の事しか考えてない自民党は民主党より下劣で悪質

918 :名無し三等兵:2015/11/01(日) 21:42:30.50 ID:icNraiak
それもまた2ちゃんの醍醐味さ。

919 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 06:35:36.99 ID:btgRpsKL
テレビや新聞を疑うことを知らない人達が大勢いる限りどうにもならんだろ

920 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 19:56:56.79 ID:CDqEI00V
エースコンバットAHという作品で、米空軍の主人公たちがハリケーンの中に突っ込んで空戦するというシーンがありますが、実際は可能でしょうか?

あと思ったのですが、台風の日には自衛隊のP-3Cによる哨戒や戦闘機のスクランブルは可能でしょうか?

921 :名無し三等兵:2015/11/02(月) 22:46:21.99 ID:/f2AUS/N
>>920
流石にハリケーンの中での空戦は自殺行為。故意に突っ込むとあとで、査問されるぞ。
台風の中での哨戒やスクランブルは、。影響のない基地から発進して、台風の上から行う。

922 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 00:50:23.10 ID:tink/lwr
台風どころか積乱雲の中ですら危険なので、よほどの場合でなければ飛び込まない

923 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 12:20:05.29 ID:iFIBCKZ0
無理して台風に飛び込んでも戦闘ができるとは思えないが…

924 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 21:02:13.10 ID:MmLrjijL
軍事板に関係ないかもだけど、台風の話をしてるのでついでに訊きたい
台風の日って旅客機はどうしてるのかな?
台風が通過するまで目的の空港の上で着陸待ち?

925 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 21:20:29.27 ID:nkl7wx8U
そもそも飛ばない

926 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 21:23:23.02 ID:nhA9hs+A
>>924
「台風の影響で国内各社の航空便*便が欠航…」というニュースを聞いたことがないのか、君は・・・?

927 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 21:42:10.07 ID:eYPBc52A
飛んだ後に行き先で台風発生してたらどうするの? という意味だろうか

朝の天気予報ぐらい見る生活を心がけて台風の発生がいつからわかるかぐらい知っておくべき

928 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 21:48:40.27 ID:1S5qIu0T
ハリケーンとか台風の目の中ならなんとかならんかいな?>空中戦
気象観測機なんぞは台風の中を突っ切ってたりするし。
この動画の2分くらいから台風に突入して振動であばばば状態なのが
2分50秒くらいで目の中に入って急に静かになるのがわかる。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=a-SnxC-BkPo#!

929 :名無し三等兵:2015/11/03(火) 23:56:43.50 ID:iFIBCKZ0
しかしそれを言い換えると台風の目という名のデスマッチ会場だろ
戦闘機動で出たら死ぬで

930 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 00:12:20.12 ID:ViWPosGB
最初から目的地や経路に台風が予想されてる場合は欠航になりますが、
急速に気象条件が悪化した場合は、自機の位置と空港の位置、気候の予報などを考えて、
出発した空港に引き返したり、ダイバートといって途中の最寄りの空港に
緊急着陸するのが基本です。

それでも局所的な気候の急変に遭遇したり、適切なダイバート先もないような
広範囲の気象条件の悪化などで墜落事故に至った事例は少なくありません。

931 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 00:19:52.55 ID:k46dCANe
ハリケーンハンターって、C-130 なんかが使われるのは機材積む都合とかもあるんだろうけど、
荒天下で飛ぶ能力としては、戦闘機のような機体とC-130 のような機体での差とかあるのかな
戦闘機動でもしてない限り違わない?
それとも、安定性の高い(=運動性の低い)機体のほうが有利?

932 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 01:52:54.23 ID:+mu5vijG
ハリケーンハンターだとメイン機はWP-3Dじゃね?
バックアップはWC-130だけど

ハリケーンとか機種方位が進行方向に対して45度くらい傾けないと進めない魔境だしなぁ

933 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 07:06:07.44 ID:f+S/4XOe
>929
>920のゲームはやってないからどんな場面設定か知らないけど
たぶんそういう設定なんだろうと思ったの。

934 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 08:11:46.93 ID:hIAI1pOk
メーデーのNOAA 42の回は面白かった

雨や雷でエンジンが停止する危険性を考えれば単発か双発の戦闘機より4発の輸送機とか哨戒機の方が安全じゃないかな

935 :名無し三等兵:2015/11/04(水) 08:38:31.36 ID:Tnew6/Ew
>>931
偵察じゃなくて観測だから滞空時間の長さが必要

936 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 22:42:34.54 ID:I1JqxZBU
例えばの話になりますが
WW2時代の航空機の至近で十年式手榴弾、九一式手榴弾、米のマーク2グレネードが炸裂した際
爆発が機体上方で
・キャノピー付近
・キャノピーより10〜20m
だとコクピット、パイロットへのダメージは、どの位でしょうか

937 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:02:05.83 ID:k9VlMl2l
破片は機体を容易に貫通するので、その当たりどころ次第としか

938 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:23:11.78 ID:tPXLaqAf
防弾ガラスなら防ぐんでないか

939 :名無し三等兵:2015/11/06(金) 23:58:43.22 ID:k9VlMl2l
普通、防弾ガラスになってるのは正面の板状の部分だけ

940 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 07:31:38.13 ID:fmT1fWmX
爆発が機体の上、つか、破片・爆発衝撃範囲がコクピット捉えれる範囲なら
確実に完全破壊…とまではいかないが「要:長時間の修理ないし新品機に交換の方がハエーw」レベルのダメージになるね
手榴弾の破片って爆発衝撃は兎も角、破片は結構な距離まで届くから
たしかmk.2の破片って半径40m?まで届いた…って聞いたことある
だから「投擲距離は40mを超える事」って説明があるらしい。(でないと投げた自分も破片で死ぬ?w)

941 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 15:57:50.80 ID:hHGTecwn
装甲も大戦中の戦闘機の場合は殆ど、風防前面の防弾ガラスと座席背面の防弾板だけだしね

942 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 18:06:34.78 ID:ZLXyVsgv
飛行機から飛び降りて、当るを幸い手榴弾をばら撒きながら無双する素敵な
対空降下猟兵のはなしが読めるんですね!

943 :名無し三等兵:2015/11/07(土) 18:33:29.84 ID:hHGTecwn
いや既に急降下爆撃機に手榴弾を投げつけ撃墜するというのを、大昔のマンガ「最前線」や、現在の抗日ドラマでやってます

944 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 10:53:00.75 ID:LJkxGlaB
>>942
FPSでよければベイルアウト→ヘッドオン→相手のパイロットを射殺→機体乗っ取り
というスーパープレイもある。

945 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 16:19:13.30 ID:PD+6vZiL
ゲームなどで巡航ミサイルを戦闘機で撃墜する場面がありますが
実際の巡航ミサイルはどのような手段で迎撃するのでしょうか?

946 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 16:48:12.09 ID:2dLaTBHQ
>>945
ミサイルを撃って撃墜します。

947 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:19:44.52 ID:BkZJEoM0
>>945
m.youtube.com/watch?v=j0sgsiMzRnU

948 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:01:16.20 ID:PD+6vZiL
>>947
ありがとうございます
>>946
ミサイルというのは地対空ミサイルでしょうか?それとも空対空ミサイルでしょうか?

949 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 20:48:10.19 ID:g8yPa+lm
>>948
どっちもその用途は考慮されてるよ。

950 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 21:11:12.10 ID:Vf8ZKFVw
>>944
たしかそれもうできなくなった

951 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 23:59:05.05 ID:PD+6vZiL
>>949
ありがとうございました

952 :名無し三等兵:2015/11/09(月) 08:24:47.14 ID:pu0f0vXh
2年前の演習だけど、かなり詳細に語ってる
MIG31の巡航ミサイル迎撃訓練 日本語訳付
https://www.youtube.com/watch?v=BCiqIaOZPQ4

953 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 09:20:42.69 ID:iXD1Jlsk
WW2の軍艦(戦艦・空母(正規・軽)・巡洋艦(重・軽)・駆逐・潜水艦・他)の
大凡の乗組員数の概数ってどの位でしょうか?

またこう言った軍艦の兵で小火器で武装した陸戦隊的歩兵な部所員っていましたでしょうか?
(いた・・・として各艦種で何人?)

954 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 10:51:35.92 ID:ahRtfCih
それくらいwikiに書いてないか?

955 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 12:45:09.21 ID:oTEl6w8z
ひとくくりに同じ艦種と言っても国や時期やその他もろもろで全然違うでな
大凡なんてものは無いといっていいようなもんだ。
こつこつ検索して大きさと人数を見て当たりをつけたほうが早い。

つか創作質問なのか?これ。

956 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 12:45:20.13 ID:phcK8BV5
>>953
乗組員の数は、wikiでもみてくれ。艦によって幅がありすぎる。
たとえば、金剛型で約1300人、大和の最終出撃時は3332人と2.5倍も差がある。

957 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 12:46:37.24 ID:phcK8BV5
>>953
陸戦隊だが、艦内の各部署から人を出して編成するので固定の数はない。

958 :名無し三等兵:2015/11/14(土) 15:56:47.10 ID:ahRtfCih
陸戦隊もwikiにあったべ
h ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E9%99%B8%E6%88%A6%E9%9A%8A#.E7.B7.A8.E5.88.B6

>艦・戦隊・艦隊ごとに編成計画を定めてあり、1935年(昭和10年)頃の連合艦隊所属艦の例では
>駆逐艦なら各艦1個分隊(10人弱)、巡洋艦で1-2個小隊(4-8個分隊=40-80人)、戦艦で1個中隊(4個小隊=約160人)が
>標準的な編制であった[2]。
定員の割合ではだいたい10%ぐらいだな。

959 :名無し三等兵:2015/11/15(日) 01:21:27.87 ID:nQtk83gs
強制徴募された水夫の反乱を鎮圧したり、寄港先や植民地の揉め事から船を守る、本来的な意味合いの海兵隊としては、妥当な人数じゃないかな。
アメリカ海兵隊みたいなのは、発祥からするとむしろ異端の部類に入るから。

960 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 22:39:54.54 ID:bAAm47uh
近代の歩兵戦で虫を使った戦闘例とかあったりしますか?
もしくは被害例でもいいです

架空の現代軍の歩兵部隊の小規模キャンプを原住民(インディアン的な程度)が襲撃
その際に原住民ならではの奇抜な攻撃として攻撃性の高い蜂の巣を多数投げ込んで混乱させるというのを考えたんですが
これってどれだけ効果があると見込めるでしょう?
見る限り、ガチガチなフルアーマーでない限り顔とか露出してる部分が多いためハチも健闘しそうです

961 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 22:44:42.63 ID:3NRiiP2/
>>960
ちょっと内容は違うが小松左京の「イッヒッヒ作戦」を思い出した

962 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 22:56:06.48 ID:02efB00a
現代の軍隊の虫除け剤はこんなんだ。東京都薬剤師会のHPだし、まあ信用できると思う。
http://www.toyaku.or.jp/center05/mushiyoke/dakedo.html

効果絶大だが人間にとっての慢性的健康被害の可能性あり、概ね健康な成人男性から成る兵士たちが短期間に使う分には問題小さめか?ってとこか。
蜂が逃げ出すかどうかは判らんけど、投入者にとっても危険なレベルまで興奮でもさせてないかぎり、普通に嫌がるんじゃなかろか、蜂も。

963 :名無し三等兵:2015/11/17(火) 23:49:22.01 ID:bAAm47uh
>>962
蚊取り線香みたいな常時設置かスプレーかで変わりそうですね
不意を突いた感じにすれば少しはダメージを与えられて、襲われ免れた半分が対応可能、という感じで
一応奇襲の逸らしにはなりそう……?

964 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 04:39:26.85 ID:Mvhw3wnY
731部隊が散布実験を行った(田中淳雄少佐尋問録)とされる、ペスト菌+蚤という生物兵器

965 :名無し三等兵:2015/11/18(水) 22:19:51.48 ID:JjSAPzLd
>>960
南方で日本軍が、蚊を媒介としたデング熱とか、マラリアに大量にやられてる。
米軍も当初、悩まされたが、DDTをかまして鎮圧した。

966 :名無し三等兵:2015/11/19(木) 09:39:02.11 ID:HEDIkGpS
鎮圧できてねーよ
大量に本国送還されてる

967 :名無し三等兵:2015/11/20(金) 19:34:55.90 ID:cu+V43ny
>>963
現代軍でそういった地域へ進出する軍隊であるとしたら、風土病や病原の媒介
昆虫に対する予防策をしている可能性が高いので奇襲効果があるのかと言われる
とちょっと疑問があります。
また、社会性型のハチは御存知の通り煙などで燻されると攻撃性が低下するという
共通の種族的な弱点もあるため知識として、現代軍側がそういった対処方法を
持っていると奇襲効果はあまり望めない気もします。
特に飛行型の昆虫の場合、カやハエ、正確には昆虫ではありませんが「這う」虫
といった物に比べて飛行音などで察知されやすい部分も隠密性に欠けるやも
しれません。

奇襲にしても、現代軍で先進国や装備の整ったPMSCの小規模部隊などになると
不意打ちといえど状況によっては難しい局面が想定されます。
夜襲であれば相手が暗視装備を持っているのかにもよりますし、奇襲側の人数
によって飽和攻撃を二次攻撃として想定しているのかでも変わってきます。

968 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 14:05:49.25 ID:DFbTh9wU
http://pbs.twimg.com/media/A44V3o6CEAE20EW.png
vs昆虫というと、こちかめのアレを思い出す

敵威力偵察部隊が最前線でキャンプ
とかならハチの巣を放り込めるだろうけれど、
少しでも後方だと、ムリダナ

きょうび兵営はキャンプとか張らない
トレーラーハウスで寝起きか、
コンテナ家を積み上げたりプレハブ建てちゃったりする
もちろん周囲は重機でガーと堀を3重くらいに掘って、残土で土嚢壁をぽんぽんと積み上げる
インディアン視点だと「あいつら一夜で城どころか町を作りやがった」だろう
鵜飼い系魔法遣い(昆虫つかいやネズミつかい)でも、どうかなぁ

969 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 17:56:30.96 ID:BlxXfUJC
ハンドガンやライフルをはじめとする銃器自体の進化は、第二次世界大戦ぐらいのレベルで
止まっているけれども、現代的なデザインの革製ホルスターや、スピードローダーが
存在する世界設定は、無理がありますか。

銃器と、銃器に関わるガジェット、両者の進化は、やはり同時に行われないと辻褄が合わないものですか。

970 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 18:18:22.75 ID:UaeLhqxO
必要とあらば出て来るでしょ、ハンマーが事実上見えない銃とかあるし。
(ポケットに手を突っ込んで銃を引き出そうとしたらハンマーの指をかける部分が衣服に引っかかるから取り払ってもらったんだっけかな…)
別にそこまで金をかけて更新する必要がない時代に入っちゃったって事じゃないの?
空対空ミサイルのサイドワインダーの最新版みたいにF22は対応ソフト書かないとか言われてるし…。
金がないのとそこまでの能力が一般の用途に合致しないから開発だけでお蔵入りとか山ほどある話じゃないの?

971 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 19:24:16.76 ID:5kB6H3az
ハンドガンの原理なんて第二次世界大戦から変わってないでしょ
ガジェットが発達した理由を説明する必要はあるけど、それは世界観そのものだわな

972 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 19:30:23.14 ID:K7hyz32t
>>969
第二次世界大戦、大東亜戦争が起こらない世界で、史実の70年代くらいならアリだな

973 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 19:35:07.01 ID:t4CwnjQK
>969
現代でも機構的に真に革新的な銃器ってのは無いといっていいくらい
銃器ってのは完成されたものになってるわけで(素材とか加工技術はかなり進化してるけど)
その辺はあんまり気にしなくてもいいとは思う。
が、それを採用するべき組織がそれを使った運用を望むかどうかっつー方が影響デカいかも。

個人で使うものを個人が発明して作ってみたとかなら、
よっぽど変なものでもない限り大丈夫じゃない?

974 :969:2015/11/21(土) 21:51:31.47 ID:BlxXfUJC
返信ありがとうございます。
意見を受けて、いろいろと考えてみました。



WW2のような世界規模の紛争が発生しなかったため、銃器自体の技術は、我々の世界より、更新期間が長い。
 ↓
いっぽう、ガジェットの技術は、銃器の開発とは別の技術である。
 ↓
つまり、銃器の技術がストップしていても、ガジェットは、我々の世界と同程度まで進歩していても、おかしくない。
 ↓
そのため、銃器自体は古くさいモデルが使用されているが、ガジェットについては、現代的、という状況は発生しうる。



この設定で、違和感ありませんか。

975 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 21:58:18.90 ID:ftsIDB/k
>>974
むしろ違和感がある方が面白かったりはすると思う・・・。

「銃は半世紀前のものだがガジェットは現代」というと、こういうものもあったりするので。
ttp://vignette2.wikia.nocookie.net/military/images/4/4a/Ppsh41.jpg/revision/latest?cb=20101011192809

976 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 22:16:05.76 ID:5kB6H3az
なんらかの理由で拳銃の需要がむちゃくちゃ高い
けど拳銃の基本原理は変わらない
ってなら基本性能は変わらないわけだから、ガジェットがやたら進化したり(変態化ともいうw)
現代の常識だと明らかにおかしい銃とかあってもおかしくないだろう、現代から見るとガラパゴス化した世界

もっともその理由(設定が)が第二次大戦の銃器で代替できると突っ込まれる珍作品になるだろうけど

977 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 22:35:41.36 ID:ftsIDB/k
>>974
あと、その辺(現実の世界であったはずのものがなかった場合あれやこれはどうなる?)は
実は凄い難しい問題だから、「鉄砲だけ」「銃だけ」進歩しないor変わらない、っていうのは
いろいろと無理があるんだけど、その辺割り切ったにしても、考証が難しいな。

例えば、20世紀に世界大戦がWW1しかなかったとしたら、おそらく「アサルトライフル」という
ものは生まれないと思うが(ここで「いや、SMGの発展形としてのアサルトライフルの誕生は
あり得たのでは?」と考えることもできる)、じゃあそういう世界での21世紀の現在でも
小銃の銃床は木製だろうか?
「合成樹脂」というものが発明されて進歩したなら、小銃自体は曲銃床のボルトアクションライフルが
今でも主流で、照尺には1,000m単位で目盛りが切ってあったとしても、銃床の素材自体は合成樹脂に
なっているのではないか?

って考えることもできるわけだ。
(反論としては「銃床で殴る、に向かないって理由で木のままなのでは?」とかはある)
一つ考証すれば他との整合性が・・・ってのが無限に出るだけなんじゃないかな。
なので、そこは考証して詰める要素ではないのではないか、という気はするぞ。

別の言い方すれば「〜である、という理由はいくらでも作れる」とも言えるかと。


だから、
>ハンドガンやライフルをはじめとする銃器自体の進化は、第二次世界大戦ぐらいのレベルで
>止まっているけれども、現代的なデザインのホルスターや、スピードローダーが存在する世界
これはそういう作品なんだ、でいいんじゃないかなぁ。

978 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 22:51:47.78 ID:UaeLhqxO
>>974
スチームパンクやジブリみたいに違和感があった方が面白いと思われ。
ただそのためには文章内でも映像内でもちゃんと考察を入れないとおかしな作品になるかと。


トゥギャッターで画像が出てたけどWW2後の核搭載爆撃機を”必ず落とす”為の対空砲の試作品の話とか参考になるかも。
当然相手は当時では定番になってた高高度からの爆撃機も行うと踏んで、100ミリ越えの対空砲を用意させたんだが、一機も通過させたら終わりという核爆弾”の搭載の可能性”の為
なんと、リボルバー型連装対空砲に(様はレンコンが二つ並ぶ形に)なっていた、その記事ではイギリスとフランスが同じような物を作っていたので、もし誘導ミサイルがなければ

1、100oを超える対空砲が文字通り激しく打ちまくる
2、核弾頭の無誘導対空ロケットで消し炭にする
3、ロケットとかジェット推進の戦闘機が特攻同然に突っ込む

と言う地獄が見れただろうほんの少しの時代、を醸し出していたなぁ。
多分イギリス国旗を付けたコメットの先っちょに37ミリを超えるヤリのような主武装が付いたりしてたり、おかしなことになってなのではないかと思われ。

979 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 23:09:35.28 ID:5kB6H3az
>>977
というかアサルトライフル自体はすでに生まれてるで
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%95M1916

こういうのが交渉考えるときりがないとこだな
割り切るしかないが

980 :名無し三等兵:2015/11/21(土) 23:34:28.48 ID:gDvc+VRc
三八式実包ってのが痺れるよな……

981 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 00:46:22.86 ID:jFU4KN5k
個人的にはフェドロフよりも、三八式実包を短縮化した九五式実包(いわゆるクルツ弾)型試製二式短機関銃の方が浪漫だなぁ
後一歩でボツになったけど、まさしく>>977の言う短機関銃からアサルトライフルが産まれる寸前だったんだよな

982 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 01:29:55.77 ID:DrO8Ppq7
軽機関銃はあった
短機関銃もあった
ピストルグリップの小銃もあった
小銃と拳銃中間の短弾薬もあった
突撃銃様の軽量、軽便な自動火器の産まれる余地は大いにある

スピードローダやタクティカルホルスターは
元々拳銃のみを使用する警察用の装具から発展したものだから
やはり戦争が無くとも発明された可能性は高いだろう

983 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 05:00:21.53 ID:RbgZKcqZ
http://world.guns.ru/userfiles/_thumbs/Images/machine/mg76/csrg_1918_1.jpg
これは1918年製で弾と銃の相性が悪くて評判は悪かったがスタイルは先進的で改善の余地はある

984 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 16:33:01.35 ID:+7ku0XI2
試製一型の方が先進的かつブサイクでレトロフューチャーな感じだな
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-88-c7/itisikikenn/folder/979138/90/34956690/img_6?1408715621
8mm拳銃弾のせいで、50発弾倉にするとえらいことになってるけど

985 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 19:53:57.17 ID:7588OdZu
>>969 M1911A1(つまりWWI以前の銃器だわな、なにをどう見ても)に使うタクティカルホルスターって山程ないか。

>>978 そんなもん出されたらこれで返さないわけにはいかんじゃあるまいか。
http://blog.livedoor.jp/janome_gotyou/archives/1910899.html

986 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 20:25:05.91 ID:7397oaQ0
1980年代に読んだ「米ソ第3次世界大戦」ネタの小説に、ソビエトの超音速長距離爆撃機が
「敵のレーダーに爆撃機として映るダミー」を搭載し、これを先行して発射することでアメリカ
機動部隊の迎撃を惹き付け、防空網を突破する、というシーンがありました。

その当時は「そういうものがあるのか、へー」という程度でしたが、後にアメリカにB-52に
搭載する装備でそういうもの(クェイル囮機)がある、ということを知りました。

ということはソビエトにも似たようなものがあったのだろう、と思って調べてみましたが、
そのようなものに行き当たりません。

クェイル囮機のような「敵のレーダーに爆撃機として映るダミー」に類する装備を、ソビエトは
開発・保有していなかったのでしょうか?

987 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 20:58:03.74 ID:Qc/l6Dh1
未だにフェドロフM1916がアサルトライフルとか言っている人がいるのかよw
アサルトライフルの定義の一つは中間弾薬を採用することだろ
いつから有坂6.5mmは中間弾薬になったんだよ
アホかと

988 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 21:20:02.40 ID:Qc/l6Dh1
>>974
別にそれで良いんじゃね?
小火器のメカは20世紀初頭でほぼ完成されていて
半自動小銃は1901年には試作され半自動拳銃は19世紀末には登場していていて
ガバメントのようなメカは1900年に実用化されている
仮に第一次世界大戦が無くても小火器の自動火器化はゆっくりと進むのは間違いないだろう

創作世界でどこまで小火器が進化するかはその世界でどれだけ
軍が予算をつけるかの問題だね
それは創作者の自由だよ

989 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 22:04:02.00 ID:+7ku0XI2
>>987
G3や64式(こっちは弱装だが中間弾薬ではない)がアサルトライフルではない(バトルライフルというのも絶対的な定義が無い)ということになってしまうが
外国製小銃の7.5〜8mm弾より低威力であるから、中間弾薬的なもの、というか低位力だからこそフェドロフが仕様弾薬として採用したわけで

990 :名無し三等兵:2015/11/22(日) 22:26:29.33 ID:h7X3B9AV
セミ・フル切替式の自動小銃で、フルオート時の反動も考慮してるとなれば、アサルト・ライフルと呼んでも差し支え無いんじゃないかな?
出ないと、反動が強くて連射で制御出来ないAK-47は、アサルト・ライフルの定義から外れて、現代ではバトル・ライフルになってしまう。

991 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 02:10:06.86 ID:/9cVLliv
>>989
現在の一般的な定義の話だよ
G3や64をアサルトライフルだと言う人なんて絶滅危惧種でしょ

992 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 02:17:07.62 ID:/9cVLliv
>>990
AKの7.62×39は中間弾薬でしょ
StuG44が突撃銃の始祖とされるのは中間弾薬を採用した自動小銃だからだし
7.62×39は7.92×33とほぼ同クラスの中間弾薬
まずはここを認めてくれないとお話にならないよ

993 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 02:24:55.76 ID:wgGXxq21
Wikipediaの説明でも
従来の小銃弾(フルサイズ弾)より反動の弱い弾薬(中間弾薬)を用いることで全自動射撃を容易にしている「ものが多い」
つまり中間弾薬使用が絶対の定義じゃないわけだし、G3はM14やFALと違ってフルオートでもコントロールできるしな

994 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 09:57:13.18 ID:gnAog4Tn
済まん、三八式実包って2600Jもあるんだな、俺が不見識だった。
7.62NATO弾に負けてないやん……

995 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 23:18:39.09 ID:qXJOE2+b
山猫は眠らないという映画でアサルトライフルの銃弾が軍用ヘリを貫通し乗員に負傷者が
発生する場面がありましたが実際の軍用ヘリの装甲はどうなのでしょうか?

996 :名無し三等兵:2015/11/23(月) 23:29:11.87 ID:AAiHzK+t
>>995
ヘリによるとしか。
アパッチとかだと主要部が23mmに耐えられると言ってるけど、初期のUH−1とかなら
ほとんど装甲ないだろうし。

997 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 12:12:17.53 ID:cD3uN3JE
次スレです

■○創作関連質問&相談スレ 81○■
  http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1448334680/

998 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 15:57:14.95 ID:4OH7As60


999 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 16:06:47.23 ID:M3uMfJIn


1000 :名無し三等兵:2015/11/24(火) 16:32:51.40 ID:23fEzVOT


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


314 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)