5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

韓国新型戦車K-2 Part97 [転載禁止]©2ch.net

812 :名無し三等兵:2015/12/13(日) 00:26:57.62 ID:FcNrJhF7
>>810
前で説明したが、推進装薬が爆発すればその膨張圧力で薬室で砲身を通じて砲弾を推進させる。
しかしそういう推進圧力に反発して弾低部分では膨張圧力より小さいけれど引き寄せる圧力が作用する。
それを抗力だと呼ぶ。
発生する原因は、推進装薬が爆発した後にその爆発原点が急速に膨張して空気を押し出して真空状態となる。
しかしあっという間に発生する状況だ。
相変らず砲弾は砲身内で推進されている状況なのだ。
その状況で砲弾は砲身を防いでいるふたの役割もしている。 その砲身をチューブで見れば良い。
相変らず砲弾はチューブ内で推進されている。
そして爆発圧力で膨張して爆発原点は真空状態となる。
そしてその真空状態は原状復帰しようとする力が作用して抗力を発生させる。
もちろん膨張圧力がはるかに大きさのために砲身を通過して砲弾は発射される。
しかしそういう瞬間に発生した真空状態が元の状態で復帰して発生した抗力は砲弾の射程距離を大きく弱化させる。
それで推進装薬爆発時にそういう真空状態が発生しないように、砲弾の後半部で抗力減少ガスを噴出することだ。
するとそういう真空状態を埋めて抗力減少を大きく減らすことになることだ。
前で説明したのを失って、ここまで読んだとすればある程度は理解することができるだろう。

377 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)