5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 859 [無断転載禁止]©2ch.net

1 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 16:07:22.41 ID:ZkEz/iWG
軍事に関する質問はこのスレッドで。

質問する前に検索してください。

前スレ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 858 [無断転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1451494195/

2 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 16:08:30.54 ID:ZkEz/iWG
派生議論スレ46
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1407854048/

軍事板書籍・書評スレ 70
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441160335/

軍事雑誌総合スレ 第28号
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1433549782/

自衛隊関係はこちらへ
 http://wc2014.2ch.net/jsdf/

 映画や小説、創作設定については
■○創作関連質問&相談スレ 80○■
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1434802781/

 質問を元に雑談を行いたい場合、アンケート質問などは
◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ2443◆◆
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1449665314/

3 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 16:28:31.94 ID:NR5hKByR
質問・回答をする前に必ずテンプレ(>>1-4) を読んでください
このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください

★★スレ立てルール
 このスレの950が次スレを立ててください
 立てられない時はその旨と次スレ立てる人の指名を願います
 その宣言後か、または30分以上スレが立てられなかった時は別の人が宣言して立てて下さい
 そもそも950から何も反応が無い場合は、善意の人が自発的に次スレ建てを宣言し、実行して下さい
 テンプレの大幅な改編及び2ch外部のリンクやサイト名をテンプレに入れるのは禁止です

4 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 16:29:05.40 ID:NR5hKByR
○質問者の皆様へ

・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です
・「目の前の箱使え」「ググれ」と回答されたり、Wikipediaを紹介された場合、それでもわからなければ「どんな『検索ワード』を使えばいいか?」を尋ねてください
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較できるものではなく、「最強論議」は無意味です
 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません
・「〜で××見たけど何かあったの?」という質問は、守秘義務等により回答の対象になりえないこともあり、回答がついてもそれはただの想像であるかも知れません
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません
・回答があるまでに数日間かかることもありますがm回答の催促、コピペで同じ質問の繰り返しはコピペ馬鹿と嫌われ回答対象外になります
・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知りたいことの資料や画像などを示して下さい
  時代、国、軍の種類によっても回答は様々になりますからこれらを可能な限り絞り込んだ質問にすると求める回答が得やすくなります

5 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 16:30:24.43 ID:NR5hKByR
スレ立て乙と言いたいところだけど>>4までがテンプレだから全部張ってね。

6 :system ◆system65t. :2016/01/18(月) 16:38:41.82 ID:Ci6KSReK
>>1
スレ立て乙であります

7 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 16:41:42.73 ID:QZG/iWIj
>>2
スレが落ちてるのばっか
ちゃんと更新しろ

8 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 17:28:57.82 ID:J6MLXYrS
銃の扱いに習熟したいんだけど、どうしたらいいですか?
自衛隊は年齢的に無理なのです

9 :system ◆system65t. :2016/01/18(月) 17:30:15.90 ID:Ci6KSReK
>>8
アメリカにたくさんスクールありまっせ

10 :system ◆system65t. :2016/01/18(月) 17:33:44.72 ID:Ci6KSReK
>>2 リンク訂正

軍事板書籍・書評スレ 71
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1450888811/

軍事雑誌総合スレ ひっそりと第29号
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1447845247/

■○創作関連質問&相談スレ 81○■
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1448334680/

◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ2446◆◆
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1452703150/

こんなとこですか

11 :system ◆system65t. :2016/01/18(月) 17:38:01.90 ID:Ci6KSReK
>>8
日本国内だと自衛隊でも使える火器は数種類。警察だと習熟するほどさわれない。

射撃選手にでもなればピストルに触れることもあるけど、限られた射撃用銃だけだし
とんでもない努力と才能が必要。

一般だと散弾銃だけ。がんばってやっとライフル銃。

それだけの努力と時間、費用考えたら英語勉強してアメリカ行って
1ヶ月ほど修行してくる方が安くて早くて多種類身につくと思いますです。

メシまずくて死ぬから私は行かない。3日滞在で飢え死にしかけた。

12 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 17:47:35.44 ID:3i1jG3U3
>>11
自衛隊よりアメリカの1ヶ月の方が銃の習熟には上か、凄いな
わざわざ自衛隊は無理だと言ってるのに一々自衛隊を貶める必要あるのか?

13 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 17:52:57.42 ID:Erv8meSr
前に旅客機に乗った時に主翼がしなっていましたが
戦闘機や攻撃機、その他の軍用機も主翼がしなるのでしょうか?

14 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 17:57:50.93 ID:aOLCC1ss
同じくしなる
旅客機同様翼の細長い、大型爆撃機などはわかりやすい

15 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 18:03:27.80 ID:yX+cy7U7
世界史板と迷いましたが一応軍事という事でこっちで質問させてもらいます
フス戦争のワゴンブルク戦法は某漫画では強力そうに書かれていますが
あのワゴンは矢では簡単に貫けない丈夫な板とはいえ木製なので、火矢を射かければ簡単に炎上させられると感じました
ワゴンは火攻めに対して何か対策を用意していたのでしょうか?

また、騎兵突撃に対しては馬防柵並みかそれ以上に強力に阻止できますし、歩兵に対しても機動力を持つ即席の野戦築城としてかなり有効だと思いましたが
あのようなワゴンブルク戦法が衰退した原因は何なのでしょうか?
火攻めに弱そうな事とコスト以外、特に欠点は無さそうに思えますが

16 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 18:06:14.72 ID:byhgTa/1
>>12
大半が84式や64式ぐらいしか触らなくね
ものによるとは思うけどいろんな種類ってなると

17 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 18:15:02.72 ID:pg9fl8jW
>>15
ワゴンブルク戦術に使う馬車は薄いながら装甲貼る。
火矢が多少当たった程度なら十分耐えられる。

当たり前だが、ワゴン(馬車)というからにはそれを牽くための馬が必要で、ワゴンブルク戦術なんて
言えるレベルで馬車を用意したら、馬がものすごく大量に必要になる。
それを支える兵站線なんてそう簡単に維持できない。

あと、あれは結局「守りの陣形」なので、攻撃してこない相手には有用性が薄い。
そうなると、いわゆる「誘い受け」の戦況に持ち込めないと敵軍を撃滅できない。

もし相手がこちらを遠目に囲んで放置する戦術に出られたら、前述のように莫大な補給が必要なので
あっという間に自滅してしまう。

なので「有効な状況」というのが限られた。

18 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 18:34:25.68 ID:ukNvnXwf
>>13
ほとんどの小型機の主翼はしならないよ
説明が難しくなるけど、アスペクト比が小さいのはしならせると構造が重くなる
A-10みたく翼厚が厚いのもしならせるのは構造/重量的に不利

まぁ翼長が20mを超すような亜音速大型機だけが翼をしならせると思えば
だいたいは合ってる

19 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 18:40:07.22 ID:ukNvnXwf
例外でわかりやすいのはB-1
ttp://nationalinterest.org/files/styles/main_image_on_posts/public/main_images/B1s_0.jpg?itok=xV6Kdv8I

まぁ付け根んとこで地上とは多少角度が変わるようだが「しなり」かと問われたら、違うと思う

20 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 20:17:11.17 ID:NR5hKByR
>>15
火薬以前の火矢って油を染み込ませた布や紙を巻きつけた程度だから、燃えやすい藁の屋根や船の帆ならまだしも矢を防ぐくらいの厚みと堅さのある板ならその程度では大して燃えない。

21 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 20:43:52.57 ID:T27aLQIS
>>11-12
自衛隊に行ったら84式かかえて歩くのには習熟するだろうし
フィールドストリッピングぐらい身につくだろうけど
射撃はしょぼい弾数を射撃場で撃つだけだからなあ

撃って当てる「銃の扱い」なら確かにアメリカ行くのが早いだろ
敵味方一瞬で判断して撃つとか複数敵の優先順位割り当てとか
ルームクリアとか日本なら特殊部隊でなきゃできないような訓練らしい
ただタクティックシューティングのスクールなら1週間ぐらいのコースがふつーじゃないか?

それもいきなり行ったらわけわからんから邪魔になるし金ももったいないから
まず初心者用のスクールに1週間行ってそんなとこにけっこういるらしい
お金持ちマダムや嬢ちゃんの味見させてもらってからタクティックに行けばいいんじゃね?
全銃種制覇とか言わなきゃ一ヶ月は要らんだろ
ただ日本に帰ってきたらエアガンしか撃てない地獄が待ってるがな

22 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 20:51:05.40 ID:pg9fl8jW
>>16,21
あの、それはもしかして「89式」ではありませんか…?
>84式

23 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 21:17:08.37 ID:yX+cy7U7
>>17
>>20
ありがとうございました

24 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 21:24:43.01 ID:Erv8meSr
>>19
B-1はしなるということでしょうか?

25 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 21:33:09.15 ID:ukNvnXwf
>>24
B-1の主翼そのものは見てのとおり剛体。つまりしならない
「亜音速大型機」で主翼をしならせない、数少ない機種の一つだ

26 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 21:52:13.20 ID:dasVdC1m
>>25
B-1Bって「亜音速機」では無いような・・

27 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 21:54:55.33 ID:ukNvnXwf
お。いつも間にかM1.25になってるな
これは失礼した

28 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 21:58:46.83 ID:T27aLQIS
>>22
そーともゆーらしいな、日本では

ありがと

29 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:06:38.72 ID:Erv8meSr
>>25
ありがとうございました

30 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:19:01.40 ID:8zqY4T2O
ABCD包囲網についてですが石油禁輸したと言われてますがオランダは日本に石油を売ろうとしてたと言うのは本当ですか?
ただ日本が要求する量には程遠く日本側が話にならないと断ったという話を耳にしたことがあるのですが
ググってもそのような話は出てきません。事実ならその辺を詳しく説明されてるサイトなどあるでしょうか?

31 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:23:30.83 ID:s5GYAgT2
>>30
日蘭会商でぐぐろう。

32 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:28:55.57 ID:8zqY4T2O
>>31
ありがとうございます。
石油の採掘件を提供する話を進めようとしてたんですね
どのくらいの量とかは分からないんですかね?

33 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:38:09.19 ID:NR5hKByR
>>32
ttp://oilgas-info.jogmec.go.jp/pdf/3/3524/201003_071e.pdf

34 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:46:09.03 ID:byhgTa/1
>>22
巣で間違えてたわ
89って語感いいのに

35 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:47:37.09 ID:s5GYAgT2
>>34
一瞬、カールくんと思ったのは内緒だ。

36 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 23:25:13.07 ID:ZwJ3rIWx
F-15SEやアドバンスド・スーパーホーネットって
F-35があるのに作られていますよね?
日の目を見れそうなんでしょうか?

37 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 23:31:57.94 ID:NR5hKByR
>>36
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/F-15SE_%28%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%29
現在、F-15ファミリーを採用しているアメリカ空軍以外の5ヶ国(イスラエル・サウジアラビア・日本・韓国・シンガポール)に提案しており、今後、提携する総合商社を通じて販売を行っていくとしている。
1機あたり1億USドル(約100億円)で販売する予定だが、採用した国はない。
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/F/A-18E/F_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
アドバンスド・スーパーホーネットは、F/A-18E/Fをベースにした国際共同開発仕様と報じられており、ボーイングはこの計画で追加される装備や能力をユーザーのニーズに合わせて開発していく方針を提案している。
試作機は2013年8月9日に初飛行している[8]。
海外への輸出(F/A-18E/Fの既存ユーザーへの改修なども含む)やF-35Cの開発が今後さらに遅れた場合にアメリカ海軍へも売り込むことを視野に開発が進められている。
提供開始時期は2015年以降となるとされている。

38 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 23:38:46.11 ID:byhgTa/1
特殊作戦郡の隊員はPMCで研修を受けることがあるそうですが(初代会長曰く?)、実戦に参加することはあるのでしょうか。

39 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 23:55:24.74 ID:pg9fl8jW
>>38
自衛官が外国の企業に研修に行って軍事訓練を受けること、それ自体は特に問題ではないが、
研修先の企業の構成員として戦闘行為を行ったらそれは違法行為になる。

なので少なくとも建前上、公式に認められてる上ではそのようなことはありえないしあってはいけない。

40 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 23:58:54.92 ID:K3COL4kF
>>15
そもそも火矢というものが難しい、勢いよく飛ばすと消える
火炎瓶みたいに便利なものじゃない

弓矢撃つのはいいけどそれは同時に相手からも撃たれるということもお忘れなく
遮蔽物があるのとないのでは果たしてどっちが有利か
中国も似たような車並べる戦術はやってたな
にらみ合いで補給が大変になるのはお互い様だが(日本の戦国時代でもよくある)
どうやっても機動力がでないのも問題だろうな(まあ当時は後ろに色々非戦闘員を山のように連れてるから思い切らない限り行軍速度は似たようなもんだろうけど)

41 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 00:32:23.13 ID:sWPXB7Gv
現在の大型機は比較的小さなタイヤを何個も付けてますが、反対にカリーニン7は大きなタイヤを少数のみ付けているのは何か理由があるのでしょうか?

42 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 00:53:57.93 ID:Oo6WYjYO
>>41
1920〜30年代の複葉固定脚羽布張りから単葉引き込み脚金属外皮への過渡期の機体はいろいろ試行錯誤してるから今から見たら妙な設計なものも多い。
ロシア語版wikiによればグッドイヤー社のバルーンタイヤをつけてるということなので、これは離着陸時の衝撃を緩和するためのもの。
もともとは軍用の爆撃機や輸送機として設計されたものなので、整備されていない滑走路への離着陸が想定されていたということ。

43 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 01:14:02.81 ID:sWPXB7Gv
>>42
なるほど
不整地での離着陸のためなんですね
試行錯誤の結果Ar 232のような着陸脚になる過程の産物ということですね

44 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 02:12:02.13 ID:IHjqpTpY
Fi156はドイツ軍では高評価でしたが
連合国側の評価はどんなもんなんでしょうか ?

45 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 05:05:07.99 ID:Oo6WYjYO
>>44
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Fieseler_Fi_156#Post_World_War_II
戦後フランスは自国製エンジンを積んだコピーを生産してるしソ連も独ソ開戦前にコピーを作って戦後まで使い続けてる。
スイスは山岳地帯にも離着陸可能な救難機として使用し、チェコも戦後コピーを作ってる。
こうした機体は軍用だけではなく農薬散布機など民間機としてもしばらく使われ続けた。

46 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 05:21:26.40 ID:lgrcS95t
アメリカのセスナもコピーとは言わんが意識はしてたんだろうなあ

47 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 05:53:03.17 ID:IHjqpTpY
>>45
thx

48 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 06:08:48.80 ID:wt9K5Twx
>>46
シュトルヒと同時期で同種の機体はパイパー・カブだろ

49 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 06:44:34.65 ID:dGa6IMnp
東ドイツは軍用車としてトラバントを採用していたようですが、
非力で車高も低く、おまけにトラクションのかかりにくい前輪駆動のトラバントは軍用車として使い物になったのでしょうか?
軍用トラバントとされる車両はただ屋根を切ってジープっぽく仕立てたようにしか見えず、スペックを見ても民生用のモデルとほとんど差が無いように思えます

50 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 07:03:09.08 ID:kvJiIWWN
>>49
実はトラバントは軽いのでラリーなんかでも活躍してる名車だったりする。
前輪駆動ってのも、4WDが当たり前になる前は悪路走破性はむしろ高い方だったのよ。
エンジンが載ってて重たい側が駆動輪だからね(日本でも同じ頃スバル1000とかff-1が同様に活躍)。

問題はそれを1990年代まで生産してた事で、デビュー当時は世界水準だったって意味ではチハみたいなもん。
なお、ドイツ統一後も根強いファンがいて、トラバントをフルチューンしてサーキットでのトラバント最速記録なんて
のに挑戦してる人がいる。

51 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 07:07:04.82 ID:kvJiIWWN
>>49
ついでに日本でも民生用乗用車を自衛隊で野戦用に採用しようとした例があって、それが日産ラシーン。
本当かどうか知らないが、結局不採用になった理由は構造上、ウインチを装備できなかったからだそうな。

52 :system ◆system65t. :2016/01/19(火) 10:23:47.07 ID:RwhE2uQE
>>36
最近のAWST誌でも、今のF-35調達ペースだと単純に作戦機数が不足するため、
F-15やF/A-18系列の改良型やグレードアップ型が場つなぎに必要になりそう、
と軍関係者が言ってたような。

53 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 12:19:02.40 ID:VXi5mVHC
XM8小銃について。ウィキペディアによると、
「軍事組織で採用が確認されているのはマレーシア海軍の特殊部隊PASKALのみとなっている。
しかし、現在は月刊アームズマガジン(2011年11月号)において「生産は終了している」とされている。」

だそうです。つまり売れなかったとなります。
米軍へ売り込めなかった理由は分かったのですが、それ以外の国にも売れなかった理由は何でしょうか?

創造ですが、
XM8は、G36のバージョンアップ版みたいなもので、XM8に魅力を感じる国の軍は既にG36を持っている。
G36を持っている軍は改めてXM8を買う必要が無いと言う事情はあるでしょうか?

54 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2016/01/19(火) 12:27:56.01 ID:wUPl+JHw
>>53
XM8が普及しなかったのは、外観の試作銃的な貧弱さと
実際に原型銃のG36よりも軽量な事から来る剛性不足による軍用に耐えないイメージ
さらには独自のインターフェイスによる汎用性の低さによって
G36より優れた点を見出だせないと言う大きな欠点に起因します
以上の事由により、早々に生産が中止されたようですね。

55 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 15:11:41.10 ID:eDG747vT
自衛隊も無誘導の航空爆弾持ってるみたいだけど実際目標に当てられるものなの?

56 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 15:20:56.98 ID:Oo6WYjYO
>>55
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/91%E5%BC%8F%E7%88%86%E5%BC%BE%E7%94%A8%E8%AA%98%E5%B0%8E%E8%A3%85%E7%BD%AE
無誘導爆弾に取り付けられる91式爆弾用誘導装置を開発されてる。
無誘導のまま使うにしても精度が要求されない面制圧のような用途もあるし。

57 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 15:45:59.64 ID:Z/odECJ3
天皇陛下がサリン撒けって言ったら撒くんですか?

右翼「常に天皇陛下を信じろ!」 学生「天皇陛下がサリン撒けって言ったら撒くんですか?」 右翼「うーん・・・どうしよう撒こうかな」

http://img.2ch.net/ico/anime_onini03.gif
元右派学生活動家が見た日本会議/日本青年協議会――シリーズ【草の根保守の蠢動 第26回】
http://hbol.jp/73942

常に天皇陛下のことを考えろ!!

あまりにも宗教じみた彼らの活動や非論理的な言説に嫌気がさしきっていた早瀬氏だが、最後の最後に京都で開催された合宿に参加した。
「この合宿では『常に天皇陛下がどう考えておられるか考えながら生活しろ』『大御心がどのようなものか想いながら生きろ』という話ばかりで、辟易しました」
早瀬氏が見た彼らの内部文章には
「1年目には四先生の教えを徹底させる。2年目には天皇信仰を徹底させる。そして3年目には総仕上げとして谷口雅春の教えを最後に植え付ける」という
裏カリキュラムが記載されていたという。 そのカリキュラム通り、彼らは、2年生になろうとする早瀬氏に対し「天皇信仰の徹底」をやり始めたのだろう。

しかしそろそろ我慢の限界だ。早瀬氏は造反を決意する。

「京大農学部出て、日本青年協議会に入った人がいたんですよ。で、その人が、天皇天皇とあんまりうるさいから、『天皇陛下がサリン撒けっていうたら、皆さんはサリン撒くんですか?』と聞いたんです。」
天皇陛下の考えだけを忖度しろと述べる先輩にはこの質問は爆弾だったらしい。
「そしたらですね、もうホンマに、文字通り頭抱えて悩みだしたんですよ。『うー』とか唸って。二時間ぐらいずーっと唸りながら考えてるんです。僕ですか?僕はそれを笑いながら見てました。アホだなぁと」

この爆弾質問は組織の中で問題にもなり、また、先の早稲田でのクーデターへの関与も問題となり、早瀬氏はめでたく、全日本学生文化会議から追放された。 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


58 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 15:50:58.43 ID:eDG747vT
>>56
でもこれって対艦用じゃないの?
地上支援とかにも転用できるとか?

59 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:02:01.07 ID:Oo6WYjYO
>>58
航空自衛隊が自分が装備している無誘導爆弾に誘導装置つけて対艦用に使うことの何が疑問なのかよくわからんけど。

60 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:03:00.32 ID:6xgMyrT9
>>58
転用する(地上目標に誘導する)方法もあるみたいだけどとりあえずは対艦専用。

対地用ならその名も高いJDAMってのを自衛隊も保有している。

61 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:21:48.54 ID:eDG747vT
現代兵器は疎くて申し訳ない

あともうひとつ聞きたいんだけど
F-4EJみたいな古めなものの場合
爆撃照準器って固定目標なら当たるの?

62 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:27:45.53 ID:6xgMyrT9
>>61
固定してるものにすら当たらん照準器ってなんだよ…。

F-4EJ改の世代のものなら「動いてない目標ならまず当たるよ」くらいには精度はある。

63 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:27:51.26 ID:P2fnJPbQ
F-4EJというパッケージが古いからと言って、中身の電子機器も古いままとは限らない。
まして中小国の申し訳程度の空軍ならともかく、それなりな規模の予算を持ってる自衛隊なら。

64 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:28:41.82 ID:wt9K5Twx
F-4EJだと、そもそも爆撃装備が撤去されている
F-4EJ改なら可能

65 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:33:15.39 ID:eDG747vT
なるほどありがとう

66 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:34:50.40 ID:bkF4hsLg
P-3Cとかの哨戒機が対潜で出撃する時は護衛の戦闘機はつくんですか?

67 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:35:05.03 ID:Z/odECJ3
ギャラクティカマグナムよりギャラクティカファントムのほうがつよいもんな

68 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 16:39:01.77 ID:6xgMyrT9
>>66
通常そういう「航空脅威下」で大型機による哨戒はしない。

仮に護衛を着けるにしても、哨戒機の航続距離に戦闘機がついていくのは大変だ。
空中給油にも限度はあるし。

ってことで普通はしません。

69 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 17:17:41.64 ID:nZeCxmsW
>>57
ほんとにウヨは屑だな

70 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 17:20:35.63 ID:ub7pL/5L
>>61
爆撃照準器の発達経緯をみると、固定目標にもろくに当たらないから誘導爆弾が出来たて経緯がよーくわかるぞ
ベトナムから中東戦争のころまではコンピュータアシストやレーザーによる精密照準でなんとかならんかと試して
みたけどどうにもならんので2000lb爆弾などの爆弾の大型化=加害半径の拡大でなんとかごまかしていた
しかしそのうち地上のゲリラやテロリスト数人を殺すためにやたら2000lb爆弾を落とすのはいかがなものか、民間人の
巻き添えも増えるということで、精密誘導化した小型爆弾に移行していき、究極がSDBになる
でもSDBはその大きさの数倍に達する誘導装置(ほとんどは展張式の翼なんだが)を装着するに至り、何のための
小型化だったのか、改めてその意義が問われていたりする

71 :system ◆system65t. :2016/01/19(火) 17:45:12.62 ID:RwhE2uQE
>>61
理想的な条件下ではF-16がMk 82, 83, 84といった無誘導爆弾を投下した場合、
着弾誤差はCEP 30mと言われています。

ただし理想的な条件はなかなかめぐってこない上、30m離れればまったく違うビルに当たります。
しかも投下した爆弾の半数がその半径内に入るだけですから、かなり大きな的でないと
固定されていても必中とは言えません。爆弾破片の殺傷範囲には入りそうですが。

(すべての爆弾は100%の確率で地面に命中する ・・・水面は?とかなしで)

72 :system ◆system65t. :2016/01/19(火) 17:49:01.30 ID:RwhE2uQE
ちなみに(これも条件によるでしょうが)CEPの変遷を見ると

二次大戦時:1000m
朝鮮戦争時:300m
ベトナム戦争時:100m

のようです。

73 :system ◆system65t. :2016/01/19(火) 17:49:46.79 ID:RwhE2uQE
上のソース
ttp://www.psgoodrich.com/war/surgical/surgicalold.htm

74 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 19:20:10.61 ID:1Cq/dhhX
FCSからの指示がセルシンモーターによって伝達され、その指針に人間が合せるのが
第二次大戦の頃ですが、直接砲を動かすモーターに伝達してFCSからの直接操縦でなかったのは
なぜですか?

75 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 19:45:23.24 ID:tnSb4w6p
仏教寺院の記号の卍がナチスを連想するので変更する話があるそうですが
欧米人はなぜナチスに対してアレルギーがあるんですか?
日本人から見たらユダヤ人を虐殺した悪者という認識ですが。

76 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 19:48:59.44 ID:6xgMyrT9
>>75
わかりきってることを無知のフリして訊くのはただの荒らしな。

77 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 19:49:31.41 ID:XQDN1xDL
>>75
世界史板案件だからそちらへどうぞ。
もしくは明日、学校の先生に聞いてくれ。

78 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 22:21:45.61 ID:GQO1qsX6
F-15、F-16、F-35の最大攻撃角度(AOA)はどのサイトに行けば分かりますか?

79 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 22:23:20.12 ID:GQO1qsX6
どのサイトと言うよりか分かる方が居れば教えてください

80 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 22:51:22.71 ID:Oo6WYjYO
>>78
「F-15 AOA」などをブラウザの検索窓に入れれば「F-15 max aoa」とサジェストしてくれますのでそれで検索してください。

81 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 23:07:07.04 ID:cfsOM0Ty
人は何故戦う事を辞めないのですか。

82 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 23:25:30.18 ID:vIV6mAor
>>81
板違い。
哲学板へどうぞ。

83 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 23:39:24.59 ID:M6zqp74N
アメリカ戦車には名前の頭文字にMとTとついていますが、これは何の意味を表すのですか

84 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 23:52:05.95 ID:afj0/Oj8
>>83
MはModel、TはTest numbers
だからMedium Tank M3は「中戦車3型」、Light Tank M3は「軽戦車3型」
Super Heavy Tank T28なんかは「試製28型超重戦車」みたいな意味になる

85 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 23:55:56.43 ID:M6zqp74N
>>84
ありがとうございます

86 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 00:47:03.34 ID:1vsxrG3M
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/63/Myoko_after_surrender.jpg
日本の重巡の砲塔上に三脚のようなものが立っていますがこれの役割って何ですか?

87 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 00:51:58.38 ID:Xtf24Kl1
軍事における、「Gun」と「Cannon」の違いとは何でしょうか

88 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 00:53:43.77 ID:Jt8i/iK3
>>86
空中線の展張やぐら

89 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 00:57:52.37 ID:1vsxrG3M
>>88
ありがとうございます

90 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 01:14:31.12 ID:cQxV6yRV
>>87
gunは火薬で弾丸を発射する火器全てを指す名称で拳銃から大口径の火砲まで広い範囲を含む。
cannonはgunの中で長砲身高初速長射程の火砲を指すが現在では榴弾砲(howitzer)との区別はほぼ消滅している。

91 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 01:23:11.57 ID:Xtf24Kl1
>>90
ありがとうございます。長射程と言うのは、間接射撃ができる砲という認識で良いのでしょうか?(戦車砲も飛ばすだけなら10km以上飛ぶようですが)

92 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 01:48:28.03 ID:3/VW7BfV
Cannonにも色々種類があって
ソ連の122mm重加農なんかは間接射撃を行うものとか
第一次大戦まで師団砲兵に所属していた75ミリクラスの野砲は軽加農に属していてこれは専ら直射を行うものだね

93 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 01:53:32.98 ID:3/VW7BfV
>>92
なんか色々おかしいな
とりあえず同じクラスの榴弾砲なんかと比べて低い仰角で高初速で砲弾を発射するものと思えばokかと
加農砲もものによっては榴弾砲より射程の短いのもあるし(これは軽加農に多いけど)

94 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 01:58:14.35 ID:COWjk0Fy
防衛省はステルス機を捉えられる「マイモレーダー」を開発してますが
これはステルス戦闘機のステルス機能を失わせて丸裸にしてしまうものなのですか?
だとしたら何故防衛省はF-35の導入を決めたんですか?

95 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 02:17:47.21 ID:42Anrxwy
この潜水艦の写真の真ん中辺りにある規則的に並んだ小さな穴は何の為に付けられているのでしょうか?
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/018/725/84/N000/000/000/133388694179713211242_5705.JPG

96 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 06:07:51.99 ID:ZJ1EDS8p
>>94
そのレーダーを仮想敵国が持っているのか?

97 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 07:45:01.56 ID:gaLmGUhA
太平洋戦争での日本軍の戦い方について尋ねたいのですが
日本兵は太平洋諸島〜フィリピンなどの南方において「アウェーな環境」で戦っていた という認識で合ってますでしょうか?

最近読んだ複数の戦記物の本の中で、ミリタリーよりは右寄り?(日本は凄かった的な内容)の本の中では
・「日本兵は(アメリカなどの欧米系と比べて)アジア人なのでアジアの森林地帯や南方のジャングルでのゲリラ戦を得意としており・・・・・」
・「日本人の精神力(武士道・軍紀)の高さからアメリカ兵の予想を覆すほど守備に徹した持久戦遂行能力が高く・……」
みたいな記述があったのですが

日本列島や中国での任務が多かった日本陸軍に「鬱蒼した蒸し暑い森のジャングル」での経験などはないと思いますし
例えば戦前から東南アジアやインドに植民地を有していた連合国軍の方がそういったキャリア?があったのではないかと……

後者は、別なミリタリームック本で持久戦守備ドクトリンはソ連、日本は軽武装での攻撃型ドクトリン と紹介されていたので気になりました。
この本ではペリリュー・硫黄島・沖縄での日本軍の(侵攻からの国土防衛という崇高な使命感あってこその)陣地防御戦を褒めていたのですが
イギリス軍やアメリカ軍では同じような状況でほぼ全滅するまでひたすら持久戦を遂行することは不可能、という訳でもないと思うんです。

98 :system ◆system65t. :2016/01/20(水) 08:13:28.43 ID:aSo3T2D4
>>94
従来型レーダーよりましと言うだけで
ステルス機が従来機より捉えにくいのは変わりません。

99 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 08:44:52.71 ID:+PYuwbaQ
>>95
泡を吹きだして誘導式魚雷のセンサーをくらますための装置(の吹き出し口)。

100 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 08:53:41.07 ID://NKs3jC
>>94
マイモレーダーかどうかは関係なく、レーダーの発する電波では
物理的に構築されたステルス機のステルス機能を失わせる事は不可能です
ですから丸裸の意味するところは不明ですがマイモレーダーによって
"丸裸"の様な物理的な変化が生じる事もなく
"丸裸"の状態とは常に差を保ち続けます
また、もしマイモレーダーによって丸裸に出来たとしても
それは自国機に対するものではないので
防衛省がF-35の導入を決めた理由には影響しません
ですからマイモレーダーの開発有無に関わらず
F-35導入を決めた理由は必要と判断したから以外にありません

>78
AOA(= Angle of Attack)は航空機の飛行迎角の事を示す成句で
訳として攻撃角度は誤りです
AOAは一部のニュース翻訳サイトで攻撃角や攻撃降下角
などと訳されて広まっていますがそんな意味は全くありません

>>52
反省してください

Although “the last time we looked, this was more expensive than buying
F-35s in bulk,” the senior leader says, the issue is being re-examined.
U.S. Considers Up To 72 New F-15s Or F-16s
 Nov 19, 2015 Aviation Week Network
ttp://www.aviationweek.com/defense/us-considers-72-new-f-15s-or-f-16s

USAF denies seeking more F-16 or F-15 combat jets - Flight Global
ttp://www.flightglobal.com/news/articles/usaf-denies-seeking-more-f-16-or-f-15-combat-jets-419473/

空軍が新しくF-15を購入することを否定
ttp://www.macon.com/news/local/military/article46440635.html

101 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 09:01:31.81 ID:COWjk0Fy
>>100
すみません言葉が足りませんでした
丸裸と言うのは数百キロ先からステルス機を探知できてしまうと言う事です
(今でも一応探知する事は出来るようですがノイズとして処理されかねないと聞きました)
ステルス機がレーダーで何十キロ何百キロも手前で探知出来る
ような対ステルス技術が世界中に広まり向上すれば
ステルス機は要らなくなるのか?と疑問に思った次第です

従来型であれ新型のマイモであれ
レーダーの電波ではステルス機を探知するのは難しいと言う事でしょうか?

102 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 09:21:28.69 ID:+PYuwbaQ
>>101
多分その「ステルス機を探知できるレーダー」が普及したら、今度は
「ステルス機を探知できるレーダー」に探知されないステルス技術」
というものが開発されるだろうから、そのへんはいわゆる「イタチごっこ」
になるだろう。

で、現在ではステルス機じゃない飛行機は普通にレーダーに映るし、
レーダーは世界に広く普及しているが、だからといって
「もうステルス機じゃない戦闘機は用済みだ。使い途がない」
ということになったわけでもない。

なので「それだけ」ですべてが変わるわけでもないと思うよ。

航空自衛隊の時期導入戦闘機がF-35に決定したのはステルス性能「だけ」を
追い求めたからではないので、仮にF-35のステルス性が全くなくなってしまった
としても、自衛隊にとってのF-35の価値はそれほど損なわれないだろうな。

103 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 09:55:32.01 ID:UQIb7OzN
>>97
「アウェーな環境」で戦っていたのは間違いありませんが
>日本列島や中国での任務が多かった日本陸軍に「鬱蒼した蒸し暑い森のジャングル」での経験などはないと思いますし
>例えば戦前から東南アジアやインドに植民地を有していた連合国軍の方がそういったキャリア?があったのではないかと……
連合国はアジア方面でゲリラ戦を行ったことがないので、経験もノウハウもありません
現地で劣勢に落ちいった日本軍が苦し紛れにゲリラ戦を行うようになったわけで
>この本ではペリリュー・硫黄島・沖縄での日本軍の(侵攻からの国土防衛という崇高な使命感あってこその)陣地防御戦を褒めていたのですが
>イギリス軍やアメリカ軍では同じような状況でほぼ全滅するまでひたすら持久戦を遂行することは不可能、という訳でもないと思うんです。
英米軍は玉砕前提で持久防御を行うことは基本ありません
降伏禁止で離島に立てこもって戦うことになった日本軍が、より敵の侵攻を遅らせるための手段として編み出したものです

詰まるところ軍備とか戦況とか思想とかの総合的な環境に応じて戦い方を作り上げていたわけで、「アウェーな環境」はその一要素に過ぎません

104 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 10:25:54.59 ID:O8JBR5OW
>>8
海上保安学校は年齢制限を撤廃したぞ

定年超えたら駄目だけど

105 :system ◆system65t. :2016/01/20(水) 10:27:13.25 ID:0YvyO8zM
>>100
>>52 は、もう少し新しいAWST(今年のか、去年に最終号)で読んだ憶えのある話でして。
いずれにせよ、この手の話は漏らす方の都合であっち行ったりこっち行ったりするものですよ。
最終的にどうなるのかな、というとこ。

>>101
ステルス機を何百qも手前で探知できるなら、従来型機はもっと手前で、あるいは
もっと高精度に探知できるでしょう。探知されてもなお、従来型機よりステルス機の方が
有利なわけですし、探知する側により大きな負担を強いることにもなります。

現在でもステルス機を探知する長波長レーダーをロシアが配備、販売していますが、
発見警戒の役には立っても、ミサイルをロックオンさせられるほどの精度があるかどうかは疑問と言われており、
マイモレーダーにしても機載サイズでどこまで使えるか、まだなんとも言えないでしょう。

106 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 10:41:48.60 ID:tXIbNFfE
ステルス機の有効性っていうのは単純にステルス機個の有効性VSレーダーではなく
ジャミングなどの電子戦技術を含めて評価しないと意味がないんだよ。
激しい電子戦下では通常のレーダー性能が発揮できないんだからステルス機なんていらないなんていう事には
ならないのは猫でもわかる。

107 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 11:38:47.43 ID:s5fQSPNq
レーダーから完全に逃れられないまでも、到達5分前に発見されるか、見つかりにくい対策をして1分前に発見されるかでも大きく違う。
上級司令部にお伺いを立てたり、対空戦闘の準備も整わないうちに爆弾が降ってきちまうからな。

108 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 12:02:39.64 ID:O55E/5/5
>>97
>>103
>連合国はアジア方面でゲリラ戦を行ったことがないので、経験もノウハウもありません
少し古いがアメリカは米比戦争を戦っているし、英軍は開戦前からインドやビルマで治安戦の経験がある
アジアじゃないが米軍の特に海兵隊は20世紀前半を通して中米への出兵経験が豊富で
その上海兵隊は自身の存在意義をアピールするため両大戦の間島嶼ジャングル戦の研究を重ねてきた

109 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 12:27:12.92 ID:Q6y8ijb/
前スレで、「.38スーパー仕様の1911は、現在販売されているのか」という質問をしたのですが
コルト社の公式サイトを見ると、2016年版のカタログに掲載されていますね……。
シグ社からも販売されているようですし、まだ需要はあるようですね。

110 :system ◆system65t. :2016/01/20(水) 12:31:02.42 ID:0YvyO8zM
>>109
前スレの最後あたりにSIGの回答が付いてますね。

射撃用として根強い需要があるようです。

111 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 12:34:36.92 ID:RZgNFBCi
>>100
空軍当局者が否定するというのは、F-15を寿命延長しろって圧力が実在することを
証拠づけている
で、多くの場合、米空軍当局が否定した中身は後に現実化する

112 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 13:56:25.23 ID:42Anrxwy
>>99
ありがとうございました

113 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 15:36:49.77 ID://NKs3jC
>>44
これら画像程度には評価し知名度もあった模様
勿論、戦前の航空機で且つ航空ショーのデモの常連だったので
世界中、航空関係者なら知らない者はいなかったでしょうし
実際に戦前に調達したり航空機開発の参考にした国も少なくありません
有名な作戦への参加や名将の重用で連合側の評価の方が
高かった可能性さえあります
実際、鹵獲機が将官に個人使用された例が米英両軍で存在します
ttp://i400.photobucket.com/albums/pp88/Prenton/ipms%20ireland%20builds/Normandy%20group%20build%20-%20storch/planephoto.jpg
ttp://i400.photobucket.com/albums/pp88/Prenton/ipms%20ireland%20builds/Normandy%20group%20build%20-%20storch/churchill3larger.jpg
ttp://users.skynet.be/BAMRS/Fiesler/fi156/storch21.jpg

>>45
> 戦後フランスは自国製エンジンを積んだコピーを生産してるしソ連も独ソ開戦前にコピーを作って戦後まで使い続けてる。
> スイスは山岳地帯にも離着陸可能な救難機として使用し、チェコも戦後コピーを作ってる。
ソ連以外はコピーではなく正規のライセンス生産です
フランスは終戦でドイツ製の部品が入手出来なくなってからは
エンジンを始めとして様々な変更を加えながら生産を続けました
ソ連のコピー機開発にはドイツの技術提供があった模様ですが
生産開始前にドイツ侵攻で工場が失われた為に試作に終わっています
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Fieseler_Fi_156

>>111
記事だけ読めばそう勘ぐる事も可能だろうけど物事には経緯があって
圧力も何も改修無しで2040年頃まで機体寿命がある事が既に確認済みだし
装備の近代化改修も現在実施中だから皆何を今更な訳で
財政難で以前予算が付かなかったF-16の方の寿命延長や
当該機の生産終了が近いメーカーからのライン維持の圧力の方が分かり易い

114 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 15:58:11.22 ID:0ua7YUe3
>>97
そんなあなたにオススメしたいのはアメリカ海兵隊 太平洋上陸作戦 上中下の3冊。

アメリカ海兵隊は緒戦はともかく、各作戦で研究し、新しいドクトリンや新兵器を投入してる

対して日本軍もそれに対抗するために防御ドクトリンを発展させていく過程が読み取れる

115 :system ◆system65t. :2016/01/20(水) 16:31:46.96 ID:0YvyO8zM
>>99
浮力タンクの入排水孔じゃなくて?

116 :system ◆system65t. :2016/01/20(水) 16:32:34.36 ID:0YvyO8zM
これが写真の出元かな?
ttp://s.webry.info/sp/heihachi.at.webry.info/201203/article_2.html

117 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 16:57:19.65 ID:42Anrxwy
>>116
写真の引用元はこちらのサイトです
http://s.webry.info/sp/captainuz.at.webry.info/201204/article_1.html

118 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 17:14:33.91 ID:3/VW7BfV
>>115
それはブラインドみたいになってる方
そういえばソ連軍の潜水艦は第二次大戦の潜水艦みたいに艦体の上(浮上したときに見えるところ)にこの穴が空いてますが
これはなぜでしょうか?

119 : ◆S/YLxH/p.c :2016/01/20(水) 17:15:11.63 ID:AfF6PhGa
最初に無があった
無は有を生んだ
これが全ての真理

120 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 17:17:40.16 ID:8NNwuwFV
>>69
ウヨはみんなヘイトスピーチ罪で死刑になればいいのに

121 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 17:33:23.16 ID:7uz0ORy2
>>118
旧ソ連の潜水艦は複殻構造なので。
つまり耐圧殻の回りを薄い複殻が囲んでこいつが潜水時のタンクとして機能する。
( 海自の潜水艦もかつてはそういう構造だった)
船体上部の穴はフリーフラッドホールと言って複殻内に海水が出入り出来るように開けたもの。

122 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 19:01:24.01 ID:S0DqYRRo
戦闘機や攻撃機で戦場に出撃する
傭兵パイロットは現在でもいるのですか ?

123 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 19:13:49.71 ID:ZJ1EDS8p
近年でもアフリカの小国などに売った戦闘機に、ロシア人やウクライナ人が教官として付いてきて実戦にも参加、という例はある
そういった国の機体に、傭兵として参加している者もいるという話もあるが、定かではない

124 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 20:17:14.37 ID:yIc+k5Pq
アイビス・エア社が有名かな。大規模PMCの走りエクゼクティヴ・アウトカムズ社の子会社?で、Mig-23とかMi-24とか運用しとった。
スホーイ社がパイロット・整備員・地上要員その他込みでレンタル業をやってたというのも聞いたことがある。

125 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 20:19:28.74 ID:aTXoMwnO
質問です。
月曜日の雪の日に73式大型トラックがチェーンを巻いて
新大宮バイパスを走ってたんですが
前タイヤと真ん中のタイヤにチェーンを巻いてました。

73式トラックまず普段から総輪駆動なんですか?
あと普段から総輪駆動だったとしたら
前タイヤにチェーンを巻かないと
曲がらないんですかね?

それから道路上に雪はないのに
チェーンを巻いていたのは上からの指示なんですか?
自分の判断でチェーンを外すとかできないんでしょうか?
雪もない道路でガタガタしながらトラックを運転しているのはかわいそうでした。

126 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 20:30:25.96 ID:Rz4HQVaW
質問です
YF-23などに見られるV字尾翼はWikipediaを見ると垂直尾翼と水平尾翼の2つが存在する機体よりも空気抵抗が減り、ステルス性も上がるとされています
しかし、尾翼を一対減らしたくらいでそこまで大きな空気抵抗を減少させる効果があるのでしょうか?
素人目にはむしろ尾翼が減る分、大型化させねばならず、かえって空気抵抗が増大するように思えるのですが…

127 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 20:41:52.44 ID:mqXPRTFd
>>125
73式大型トラック
https://ja.wikipedia.org/wiki/73%E5%BC%8F%E5%A4%A7%E5%9E%8B%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

タイヤチェーンというものは、路上の雪を発見する前に巻いて
この先は完全に雪がないと判ってから外すもんだ

128 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 21:52:49.32 ID:TiM0705K
>>126
水平尾翼と垂直尾翼を統合することにより面積の合計が減るなら抵抗も減る

129 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 22:02:07.95 ID:RZgNFBCi
>>126
表面抵抗以外に干渉抵抗というのもあってV尾翼なら垂直尾翼と水平尾翼の
干渉抵抗を無くせる
ただこの干渉抵抗をうまく使うとV尾翼よりもさらに抵抗の合計値を小さくできるんだが
そこはナイショになってるんだ

130 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 22:31:10.38 ID:3LTeXKJT
>>128
>>129
ありがとうございます

131 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 00:18:34.33 ID:P3hBKWaL
>>125
そんな日にこれから自衛隊のトラックが向かおうとしている先に雪が無いとはむしろ思えないんだが。

132 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 00:36:36.05 ID:EFJETC8R
>>131
125ですけど今週月曜日の関東で
確かに雪は降ったけど
17号の路面は雪がなくて交通量も多いので
チェーンの必要性を感じないどころか
チェーンは雪がないところを走っていれば
切れるし道路も傷つきますよ

普通なら道路白くなってきて
チェーンなしだとダメかもって所で
巻くのか普通じゃないですか?
それか上の人からチェーンを巻けと指示があったのか?

133 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 01:11:00.52 ID:P3hBKWaL
郵便や宅急便、コンビニ回りの配送トラックなど、雪だろうが震度5だろうが走らなきゃならない連中は
雪のない幹線道路をジャラジャラ言わせながら走ってるが。自衛隊なんかよりよほど数も多いし。
雪があるとこないとこでいちいち小一時間もかかって付けたり外したりしてたら仕事にならんよ。

134 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 01:12:00.71 ID:zhggt93n
自衛隊板で聞きなさい

135 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 02:00:07.36 ID:TDVJns6U
>>133
路線バスなんかもそうですな

136 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 02:21:15.96 ID:hhLuFXsZ
>>132
一般車でも通常は「チェーン着脱場」で行う。常識の話だが、そうしないと危ないしね。
で、隊列組んだトラックなんかの場合はその集団が止まれるところまでいかないと
作業はできんわな。
ただそれだけの話だと思うぞ?
バスなんかも雪が無いからとそのへんに止まって脱着してる奴はいない。

137 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 02:27:32.06 ID:jYVycE7X
質問じゃないが、もしかして今時は免許を取得する人が少ないのだろうか

138 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 03:17:52.16 ID:Vi9s/J7f
>>123
>>124
ありがとうございます

139 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 03:46:40.32 ID:hhLuFXsZ
>>137
今はまだ必要性が無くても持ってる人は多いが、「写真付き身分証明書」としてマイナンバーが
活用されるようになると、最初から取らないとか、持ってても更新しない人は増えるだろうね。
特に資格とか持ってない人が唯一資格欄に記入できる事でもあるし、マイノリティまではいかないんでないかな?

140 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 03:52:14.58 ID:yHp4P3Wo
>>132
朝霞と御殿場を往復したりするからな
移動先では積もってたりするかも

141 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 09:18:29.03 ID:icJHrr6i
F-35の共通部分に不具合があったら
A、B、C全型が飛行停止ってことになるんでしょうか?

142 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 09:53:38.96 ID:hhLuFXsZ
>>141
共通部分以外にどのような影響を及ぼすかによるので必ずとは言えないが、可能性はある。

143 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 09:59:13.45 ID:icJHrr6i
>142
たしかにその不具合が
それぞれの型への影響も加味しないとどうとも言えないが可能性はあるのですね

そうなったらどうなるんだろう…?
替えの機体はあるけど世界的にもかなりの戦力減ですよね

144 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 10:10:29.10 ID:S8UYteKm
>>143
なので余裕のある国では一機種に絞り込まない >固定翼機もヘリも

戦力減にはなるが非常時となれば不具合承知でグラウンド解除になるだろ

145 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 10:11:29.36 ID:S8UYteKm
まあ今のF-35だと不具合なくても稼働率60%とかの惨状だがな

146 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 10:41:55.42 ID:H6hayLsm
>>145
それはそんなに低くはない数字のような・・・。
>稼働率60%

147 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 11:02:10.85 ID:4lxiVM7v
>>141
そうならないように、一気に大量生産に入らず何年にもわたって慎重にテストを繰り返してる。
それでも不具合は出るもんだが。

148 :system ◆system65t. :2016/01/21(木) 11:09:57.74 ID:S8UYteKm
>>145-146
確かに。

2007年頃(運用開始後10年近く)のF/A-18E/Fでも稼働率70%超とかだったような

149 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 12:12:03.95 ID:ygyq4DUt
逆に前倒しで配備して半年の10機が稼働率6割って気持ち悪いくらい高い数字のような。

150 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 12:17:02.12 ID:Ik1otLh7
配備して半年の10機ならソーティ数は僅少だから
表面的な稼働率は高くなるんじゃないかな

151 :system ◆system65t. :2016/01/21(木) 12:25:53.06 ID:S8UYteKm
>>150
自己診断ソフトの不備やパーツ在庫がまだ限られていることなどが
F-35の稼働率の足を引っ張ってる、という記事を読んだ憶えが。

152 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 12:25:55.58 ID:ygyq4DUt
パイロット50人、整備士500人が機体の取り合いをしてると思うと妥当ような気も
でも35Bだからトンデモナイことになってる可能性もあるような。

153 :system ◆system65t. :2016/01/21(木) 12:35:13.95 ID:S8UYteKm
その整備士の教育がまだ満足にできてなくて
その教育するには予算がなくて

的な事情もあるようで

154 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 13:25:01.97 ID:TF/sZK12
>>125
普段は前輪駆動だよ
当り前だけどチェーンを付けるのはまず前輪
山に行った時なんかには2軸や総輪に切り替える 3段階だ

155 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 14:26:03.95 ID:F3muSZ1i
>>154
えーっ
125ですが意外でした。
普段は前輪駆動とは驚きです。
チェーンの事についてはまとはずれな回答ばっかりで
嫌気がさしてたんですがすっきりしました。

ありがとう

156 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 14:48:44.89 ID:hhLuFXsZ
73式大型トラックが、普段は前輪駆動…?

157 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 14:49:15.07 ID:Ik1otLh7
ちょっと待て
73式ってパジェロだろ
パジェロはトラックベースなんで後輪駆動なんじゃないの?

158 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 14:50:11.60 ID:Ik1otLh7
まぁ民生車はフルタイムだからどっちでもいいっちゃいいんだが

159 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 14:53:09.71 ID:hhLuFXsZ
>>157-158
パジェロがトラックベース…?FRベースには違いないが。
どのみちそりゃ73式小型トラックの話で、>>125は大型トラックの話だが。

160 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 15:01:17.31 ID:Ik1otLh7
昔ジープの制式名は1/2tトラックだと書いたら猛反発したのがいたのを思い出したw

73式大型なら6輪駆動だけど、これもトラックだから後輪駆動ベースなはず
でないと積載時に動力が無駄になる

161 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 15:06:15.10 ID:H6hayLsm
73式は非装甲総輪車だけでもたくさんあるので実にややこしいな。

162 :system ◆system65t. :2016/01/21(木) 15:46:09.99 ID:S8UYteKm
>>125 の質問がこれを指してるなら(と思うけど)
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/73%E5%BC%8F%E5%A4%A7%E5%9E%8B%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

後輪駆動ですわな。前輪も駆動できるが、上に書いてあるとおり、一旦停止してギアを入れないとダメ。

四輪駆動でもチェーン巻く時は全輪に巻くのが望ましいので、前輪にも巻いてるんでしょ

163 :system ◆system65t. :2016/01/21(木) 16:02:37.91 ID:S8UYteKm
現用のは乗ったままで全輪駆動にできるのね
ttps://goin.jp/3453

164 :system ◆system65t. :2016/01/21(木) 16:07:57.20 ID:S8UYteKm
ちな、後輪2軸の大型トラックの場合、駆動輪は前側の軸なので
チェーン巻くならまずまん中のタイヤ(駆動輪)、次に前輪、最後尾は重量受け持つだけなので
なしでいいか、となるのはふつーと思う。6輪駆動が必要な状況なら全部に巻くだろうけど。

165 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 16:14:07.02 ID:UPrkXa6N
73式大型も、新旧両型現役で走ってるよな

166 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 18:00:51.24 ID:Hhn4TsuF
Wikipediaのブレンガンの以下の記述がよくわからないのですが

ブレンガンは、Mk.1では約8.7kgと、軽機関銃としては平均的な重量を持つ。
このことは作戦中に、軽機関銃としてだけでなく、重機関銃(イギリス軍の分類では厳密には中機関銃)として、射手と装填手の2名による持続射撃を行うことも可能とした。
長距離を行軍する場合にはしばしば分解され、二人の兵士が分担して運ぶことがあった。

日本軍にしろドイツ軍にしろ他国の軍隊にしろ軽機関銃の運用は基本的に二名で持続射撃を行うものであると思っていましたが
(国府軍の場合)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/NRA_machinegunners.jpg

イギリスでは他国と比べて軽機関銃の運用が違っていたのでしょうか?

167 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 18:22:06.95 ID:UPrkXa6N
そうじゃなくて、「二人で運搬できる(三脚式の)重機関銃としても使える」という文章なのでは

168 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 18:23:22.26 ID:UPrkXa6N
http://forum.axishistory.com/viewtopic.php?t=193906
ちなみにこんなやつ

169 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 18:30:22.27 ID:+NGw4pcX
横田基地の方角から上空を戦闘機が飛び去る音がしました。
いつも聞いているのとちがうので、これはF-22なんでしょうか?

170 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 18:37:06.16 ID:UDHO1ovS
アブロ・アロー計画(21世紀版)について教えて下さい。
50年代のアローを再設計して大型戦闘機を開発、F35の代わりにカナダの
次期主力戦闘機にする。F35より安い、マッハ3.5のステルス戦闘機だ!
狂気か冗談か‥って話ですが、(一応)政府が検討→却下されてます
ttp://news.nationalpost.com/news/canada/avro-arrow-redesign-pitched-as-alternative-to-f-35-stealth-fighter-jets

質問は、どういう勢力がこんなのを推進していたのか、航空メーカーの賛同など
一応/何かしらの技術的な裏付けのようなものはあったのか?です。

171 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 18:51:33.21 ID:Ik1otLh7
>>170
こんなん載せてるメディアを信用する方がおかしい

http://news.nationalpost.com/news/the-hunt-for-the-loch-ness-monster-has-become-even-more-
arduous-after-discovery-of-a-long-object-with-a-hump-at-previously-unknown-depths

カナダのTVシリーズのアローものの熱狂的なファンたちがアロー復活計画というジョーク運動を
放映終了直後からやっていたんだが、頭のおかしい連中を食い物にしてる詐欺師どもに乗っ取ら
れたんじゃないかな

172 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 19:28:23.51 ID:WfmzmYbU
戦前のグリコの模型おまけで、長門熊野吹雪はどういう基準で海軍は指定を出したのでしょうか?
戦前でも有名なわけでもない熊野吹雪が特にわかりません

173 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 19:28:56.08 ID:/pqoNog1
>>169 ここ見れ。
http://www.city.akishima.lg.jp/s009/010/020/080/20160120185358.html

174 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 20:35:16.21 ID:+NGw4pcX
>>173
おお、ありがとうございます。やっぱり、F-22だったんですね。

175 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 21:54:26.99 ID:AMz4jahG
>170
カナダ政界でF-35対抗馬としてアローが話題になったのは2010-12年にかけてですが、
この時点では、具体的な開発計画や概要などは一切出ておらず、抽象的に
アロー=カナダ国産戦闘機計画の復活、的な意味合いでの話でした。
勿論、メーカーなどへの打診や技術的な検討だのは皆無な状態。

そんな霞のような計画が国会でマジメに検討されたのは、
・カナダの軍産界や右系な人達の一部に、国産軍用機計画への強い未練があった
・退役少将で作家/評論家/タレントとして超有名なルイス・マッケンジーが騒いだ
 マッケンジーは保守党に賛同/強い影響力を持っていた
・20年近い自由党一強体制を経て、2011年に政権を得た保守党は、財政面から不人気
 だったF35計画を全面的に再検討(する姿勢をアピール)
という状況ゆえです。ちなみにアローの他にも、スパホなど複数の案が検討されてます。

その後↑で妄想を暴走させた一般人グループが「僕の考えた最強戦闘機アロー号」
を発表。それが貴方の見たアレです、ハイ

176 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 22:46:38.98 ID:g8OAaqD/
駄目な双発機の話がありますが
ヘリコプターの場合ってメインローターとテイルローターがありますが
どちらかが故障しても墜落ってことになりますか?
また、オプスレイなどのティルトローター機やメインローター二機の双発機でも
飛行中どちらかのローターが止まったら墜落事故になりますか?
そういったヘリコプターの墜落事故というのは飛行機よりも頻発して起こっているものなのでしょうか?

177 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 22:50:41.55 ID:hhLuFXsZ
>>176
どのケースでも、片方の「ローター」が故障してしまったらオシマイ。
「エンジン」が故障だったら、両方のエンジンの駆動系が繋がってたりして、片方だけでも飛べたりするけどね。

178 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 22:54:54.15 ID:9LdMvJkW
帝国海軍の航空機の塗装が白色から緑色に変更されたのはなぜでしょうか?
ジャングルの上を飛ぶなら緑の方が発見されなさそうなのは理解できますが、
海上なら白色の方が発見されなさそうな気がします。
陸地よりも海の方が圧倒的に面積は広いわけですし、なぜ緑なのかわかりません。
もしかして艦上機は白色に塗装して、陸上機は緑色に塗装とかやってたんですかね?

179 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 22:57:01.51 ID:Ik1otLh7
>>176
シングルロータ機の最大の弱点はテールロータで、テールロータの故障や破損で
墜落したヘリはめちゃめちゃ多い

「メインローター二機」ってのはタンデムロータ↓のことだと思うけど
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/49/CH-46_Sea_Knight_Helicopter.jpg

オスプリも含めて、このタイプは2つのロータを機械的に結合していて、どっちかだけ
動かなくなるってことはまずない

もちろん攻撃を受けたりして片方のロータだけ飛散するなんて事態に陥ったら、揚力バランスが
崩れるので速やかに墜落する

ヘリの墜落確率は固定翼機より有意に高い
ヘリの進歩は固定翼機より急速で(未完成な技術である証でもある)どの程度の差があるかは時期に
よって大きく違うけど、現在でも固定翼の2倍程度と考えても大きく外れないだろう

180 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:00:28.40 ID:Ik1otLh7
>>178
海軍機が濃緑色塗装になった時期には、日本には空母がほとんど残ってない
零戦は1万機ほど造られたが、空母で必要とされたのはせいぜい数百機だ
きみならそれでも灰白色塗装にこだわるのかって話

181 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:03:33.12 ID:mS2gPCPY
>>178
>海上なら白色の方が発見されなさそうな気がします。

海上の艦船から空をバックに見上げられる事しか考えてないんですかね
白や明灰白色の機体が上空から海面をバックに見られることは発生しないんでしょうか

>>180
真珠湾時点で九七艦攻は緑系の斑迷彩してたりなんで
>海軍機が濃緑色塗装になった時期には、日本には空母がほとんど残ってない
という訳でもないと思いますが

182 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:07:13.51 ID:Ik1otLh7
>>181
という訳でもないと思うなら、調べてみればいい
塗装変更時期はすごく簡単に調べられる
日本が空母をいつ何隻失ったかも数秒でわかる
真珠湾時点で九七艦攻は緑系の斑迷彩していた理由も以下同文

183 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:08:43.54 ID:Ik1otLh7
ちなみに178氏に代わって答えると、濃緑塗装機でも下面は灰白色だ
末期は無塗装銀になったけどね

184 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:12:22.61 ID:H6hayLsm
>>176
ヘリコプターの場合メインローターが止まったら飛んで(浮かんで)いられなくなるので墜落しかない。
何らかの理由でローターがロックしてるんでなければ、降下するときの風圧でメインローターが回る
事によって多少は揚力が得られるから、それによって硬化速度は緩和はされるけど。

メインローターが止まったらテイルローターが回っていると機体が回転する。
逆に、メインが回っているのにテイルが止まっても機体が回転する。

テイルだけが止まったなら即座に墜落ということにはならないけど、制御不能になるのでなんとかして
地上に降りるしかない。


メインローターが2つある機体は基本的に「エンジンさえ生きてりゃ2つとも回せる」用に設計するのが
普通だけど、エンジンではなくどちらかのローターが止まるか壊れたら制御不能になって旋回する。
やはり出来る限りすみやかになんとか降下して着陸するしかないが、大概の場合それは「墜落」となる。

185 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:16:18.73 ID:aE4VcjDF
>>178
海上では白っぽい色の方が目立つよ。
例えば潜水艦の上面は必ず黒っぽい色だし、
波頭や魚雷の雷跡はくっきり白く目立つ。

海面が白く見えるほど日差しの強いときは、上からみると飛行機の色が白かろうが銀ぴかだろうが逆光でシルエットになってしまって隠れきれない

186 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:16:53.05 ID:9LdMvJkW
>>180-183
現代の戦闘機でも、WWIIの戦闘機でも、濃緑色に塗装された機体は零戦だけですかね?
過去にも今にも濃緑色に塗装された戦闘機が帝国海軍機だけだとするならば、
なんでそんな色を選んで塗装したのか不思議に思いました。

187 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:19:36.93 ID:g8OAaqD/
>>179
>オスプリも含めて、このタイプは2つのロータを機械的に結合していて、どっちかだけ
>動かなくなるってことはまずない

FRの車でいえば右のタイヤだけ動かなくなって左だけ動くということはまずない。という感じですか?
>>177さんの指摘でなるほどと思ったのですが
テイルローターだけ故障というのはテイルローターはギア駆動というか動力軸駆動でなくて
別途電気モーター駆動のような場合があるので、エンジンは動いていてもモーター故障でテイルだけ動かなくなるというケースになりますか?

>>177
たとえばチヌークやスーパーコブラはエンジンが二機搭載されているようですが
一機が停止しても墜落しませんか?
それならかなり故障墜落率は低そうですね

188 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:20:04.48 ID:H6hayLsm
>>186
ごく普通にあるぞ
>濃緑色系塗装のWW2及び戦後軍用機

189 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:23:52.23 ID:H6hayLsm
>>187
ヘリのテイルローターはメインローターと同じエンジンから動力取るのが普通の設計。
とりあえず自分はそうでないものは知らない。

そういう風に動力系を増やすと、結局整備の手間が増えるし逆に冗長性がなくなってしまう。
「メインエンジンもメインローターも無事なのにテイル用の動力が故障したので制御不能」ということになる可能性が出る。
それで墜落したらたまらない。

アメリカのMH-53の発展型にはエンジンが3基付いてる奴があるぞ。
もちろん全部連動してる。

190 :189:2016/01/21(木) 23:25:25.75 ID:H6hayLsm
あ、MH-53じゃなくCH-53ね。

191 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:28:02.79 ID:g8OAaqD/
>>189
なるほど。勉強になりました。
ありがとうございました。

192 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 23:51:29.10 ID:AITBTXzk
>>186
>>188
ベトナム戦のときのアメリカ海軍艦載機とかだね

193 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 00:07:27.57 ID:ATbsagcr
>>186
スウェーデン機なんかはもう濃緑色単色のイメージがあるし、
イギリス機、ドイツ機は迷彩ながらやっぱ濃い緑色が似合うような

194 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 00:17:05.67 ID:lSf/Q8QQ
ヘリのエンジンとローターの関係はエンジンスタートの動画を見るのが早かろう。

UH-1の場合
https://www.youtube.com/watch?v=lsg5nT8A2fI

CH-47の場合(回り始めるのは2分20秒あたりから)
https://www.youtube.com/watch?v=sBnkipknI6c

MV-22の場合(右エンジンは30秒頃、左エンジンは1分40秒頃)
https://www.youtube.com/watch?v=MNEIgklBTSg

UH-1はメインとテイルが、CH-47は前後が、MV-22は左右各ローターが、
いずれもエンジン始動時から連動して回り始めるのが分かる。
MV-22は特に、エンジン始動時に白煙を上げるので最初のうちは右エンジン
のみの片肺で動かしているのがより分かり易い。

195 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 10:07:35.40 ID:XMUXqEhC
むかし、加藤寛一郎さんの本で読んだ、LTE(テイルローターの効力喪失)の話なんだけどさ。
メインローターとテイルローターに振り分けるエンジンパワーを振り分けているみたいな記述
があったのを記憶している。

で、トータルパワーを100%使い切っちゃうと、それ以上、メインローターのパワーを維持
したままテイルローターにパワーを振り向ける事ができなくなるって。

トルコンみたいなのが入ってるんじゃね?

196 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 10:10:15.78 ID:Vt/+P3t/
テールローター(推力)喪失の事故事例
 
沖縄における米軍ヘリ墜落事故に関する報告書
ttp://www.mod.go.jp/j/profile/choushi/archive/hodo/050217-3.htm

ユーロコプター式AS350B3型(操縦不能による墜落)
ttp://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/detail.php?id=2032

197 :system ◆system65t. :2016/01/22(金) 11:08:44.20 ID:JJkoPKRU
>>196
その事故例は興味深いけど、>>195氏の話とは違うような。

トルコンと言うより固定比率のギアボックスみたいな
ttp://www.helis.com/howflies/tailrot.php

このギアボックスが整備が必要で故障の原因になりやすく
振動や騒音、効率減の元にもなるので電動テールとか
ttp://www.launchpnt.com/portfolio/transportation/helicopter-electric-tail-rotor/
吹出し式のノーターとかでてくるわけだけど

198 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 12:17:57.73 ID:XMUXqEhC
>>196
どもです。LTEってのは、テイルローター効力喪失全般を指す言葉なので、
もちろん機械的な破壊も含みます。誤解を招いてしまいました。

加藤先生の本に書いてあったのは、ボルテックスリングステートです。
それも、メインローターではなくテイルローターの。

特定の風向きなどの条件(?)で、メインローターの翼端渦がテイルローターに当たる
などして、テイルローターにてボルテックスリングが発生して、テイルローターが機械的
には正常にもかかわらず、効力を失い、機体がヨー回転運動を始めてしまう現象です。

ローターは、メインだろうとテイルだろうと、基本的にピッチコントロールで力を伝え、
回転数は恒速回転です。ピッチを立てると、回転数を維持するために、より大きな
パワーがトルコン経由で伝えられる事になります。この時、ターボシャフトエンジンは
自動的に回転数の低下を抑えます。これはメインローターでもテイルローターでも一緒。

ホバリング中に、テイルローターがボルテックスリングステートになって、回転を止めよう
とラダーを踏むと、テイルローターにパワーが行きます。その分エンジンは自動的にパワー
を供給しますが、パワー利用状態はパイロットが監視しています。何故なら100%になる
と、パワー不足でメイン・テイルともに求める力を出せなくなって、アンコントロールになる
からです。ラダーを踏み込んでヨー回転を止めようとしたら、突然ヨー回転が加速し、
同時に高度が急激に落ちるみたいな。

この現象の「記憶」からパワーも分配について、想像をしたわけですが、なに分、本を
読んだのは10年以上前なので、記憶が脚色されている可能性もあります。
あしからず。

199 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 13:00:36.65 ID:7zS4OCfz
太平洋戦争開戦直前に海軍が迷彩実施試験よ洋上で行ったところ
黒、暗緑、灰色などでは大した相違はなく日の丸の白渕だけが目立ったという報告がなされた。
零戦などで上面の迷彩が実施されなかった理由は不明だが
当時の主戦場の中国大陸の荒涼とした大地ではかえってマイナスになったのではないかと推察される。
太平洋戦争では途中から緑系の迷彩が施されるが団塊があって
最初は南方方面の現地の部隊単位で応急的に施されたもので主に地上での駐機時カモフラージュ効果と
熱帯ジャングル上での迷彩効果のの二点と思われる。
生産ライン上で正規にグリーン系に塗装が施されるようになったのはこの流れだと思われる。
洋上は天候により青みがつよかったり緑身が強かったりするし上記の試験結果ではダークトーンなら迷彩効果は
あまり変わりがないなら地上でも海上でも効果がある緑系になったのではないかと。

確かに洋上運用機で緑系は少ないがhttp://image.space.rakuten.co.jp/lg01/81/0000298881/19/imgcc2f34b5zik1zj.jpeg
これはヨーロピアンワンと言われる迷彩だが欧州大陸での運用機はほとんどが緑系のの迷彩だよ。

>>192の言ってるのは
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e9/F-4G_VF-213_camouflaged_Vietnam_1966.jpg

海上戦闘のないベトナム戦の為に試験的に実施された。A-3,A-4,A-6でもテストされた。
http://www.airwar.ru/image/idop/spy/ra5/ra5-7.jpg
このRA-5Cは日本のニッピで塗られた。

200 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 17:08:11.62 ID:VOZmNaKW
実は大正時代の海軍水上機は上面が緑色だったりする。

201 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 18:30:30.95 ID:v7QzkTJ3
オスプレイは安全です厨まだ息してたんかwww

202 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 19:18:43.24 ID:A8HcDybj
絶対安全な航空機なんて存在しないけどね

203 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 20:15:10.54 ID:5SG6w3ey
むしろ危険厨がまだ生存してたのかと

204 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 20:18:02.86 ID:Rqj9ihim
27日に鹿屋に零戦見に行こうと思うんだけど何時頃飛ぶんだろうか

205 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 20:50:43.97 ID:gr44ct63
木造アパートに住んでるんだけど、
窓枠見たら、びっちり青カビが生えていた
熱湯に浸した雑巾でゴシゴシ擦ったけど、1時間かかったし、手が荒れて痛い
窓の結露が原因で湿気が籠って、カビの温床になってるみたいなんだけど、どうすれば対策できそう?

206 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:07:02.25 ID:u4fhlGSX
>>205
家にガソリンまいて火をつけろ。

207 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:33:07.71 ID:CfuPvA6H
新規建造された軍艦の乗組員って他の艦からのベテランと新兵の混合みたいな感じなの?

208 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:37:17.36 ID:yHr+6X27
海外のビデオで坂井三郎が超人扱いされていたのですが
この人はどうして空母乗り組みにならなかったのですか?
坂井が活躍した昭和17年は空母作戦が連続しており、でも坂井は地上基地勤務。
大けがをしなければ、いずれは航空母艦に配置換えされたのかな?

209 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:42:02.30 ID:e3aszjUi
YF-22よりYF-23のほうが出来が良かったと聞きますが、
YF-23案が採用されたら、もっと異次元の機体になっていましたか?

210 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:45:32.72 ID:NKSrrnUx
>>209
>>4
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較できるものではなく、「最強論議」は無意味です
 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません

211 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:46:42.41 ID:TQhNkYUv
「軍医戦記―生と死のニューギニア戦」を読んだんですが、日本軍は一体何と戦っていたんですか?
米豪軍とかの連合軍がほとんど出てこないじゃないですか。飢えや睡魔と戦って自滅しているだけじゃ・・・・

212 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:48:24.02 ID:2pwN6Eaq
兵隊で日本軍に従軍した人の手記を読むと悲惨な扱いだったようですが、
ならば高級将校や参謀ならば美味しい思いもできたんですか?

213 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:48:39.47 ID:sKOs69HR
>>209
ならない
YF-23の完成度はYF-22より低かった
空軍はより実用機に近いYF-22を選択した
F-22Aを実用するにも苦労してるのに武装をまともに展開できるかどうかも不明な
YF-23ではどうなるかは不安視されてた

214 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 22:13:58.11 ID:ATbsagcr
>>205
とにかく乾燥させる
乾燥したらニスを塗る
鍵をしたままで窓をわずかに開けられる金具が売ってるのでそれを使って
日中は空気を流す

215 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 22:33:39.35 ID:/SYHGhYc
>>205
こんなの貼る
ttp://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&C=180901

216 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 23:10:05.40 ID:m19LL2eO
>>212
できた。
たとえばニューギニアあたりだと、兵隊がそのへんの草とか食べる状況でも、滋養たっぷりの虫とか食えた。

217 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 00:17:27.31 ID:1dRs568h
その手で一番有名なのはインパール作戦の司令部かねえ
前線に近いとそこまでは無理だけど

218 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 00:18:36.90 ID:eTerSvUs
>>217
虫すら食えないということ?

219 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 00:51:31.95 ID:My4DM0Tg
>>218
海軍にねじ込んで、日本から置屋セットを芸者付きで運ばせてどんちゃん騒ぎやってた。

220 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 01:07:28.46 ID:xCjYAAE1
現日本軍って
戦車を展開する必要が出たときどうするんだろうな
たしかトランスポーターって数台しかないと思ったが

自走すんの???
こりゃまた足回りガタガタになりそうやなあ

221 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 01:16:22.74 ID:kEia4UWc
数台?90式専用の特大型セミトレーラは推定50台未満と少ないが、74式と10式を運ぶ73式特大型セミトレーラはそれよりずっと多いわけだが

222 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 05:56:11.15 ID:SrSVwlVa
73式は民間用重機トレーラーをベースに、40年以上前から調達が続けられているロングセラー
「たしか数台しかない」ってどこ情報よ?

223 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 08:08:13.80 ID:rDZN4l2N
コルト・ガバメントシリーズ80のフロントサイトは脱落しやすいそうなのですが
現行のM1991A1でも、その点は改善されていないのでしょうか。

224 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 09:07:46.54 ID:zykQoCEZ
>211
敵の潜水艦やら航空機のせいで補給が届かないから関節的に敵と戦ってるんだよ。
え?ニューギニアくんだりまで進出したのが原因じゃないかって・・・
陸軍「そもそも大陸と南洋で同時に戦争なんて規模的に無理!ソ連だけが敵でも短期決戦で早期講話しか勝ち目ないし(確実に勝てるとは言ってない」
海軍「そもそも対米短期(以下省略

225 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 09:10:20.19 ID:zykQoCEZ
畑(元滑走路)で野菜を育てる海軍設営隊。

226 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 09:56:19.36 ID:QJ8HDuUR
太平洋戦争開始の真珠湾奇襲について 陰謀論の間違いを確認したいです。

ネットなどで流布されている「アメリカ(ルーズベルト大統領)は日本軍の暗号を解読していて真珠湾攻撃を事前に知っていたが放置していた」
という陰謀論についてですが
・日本海軍の暗号が解読されたのは1942年以降であり、戦前に解読されていたのは外務省の暗号。
日本は12月8日までに外交交渉が上手くいかなかったら対米戦争を行う、という部分は知っていてフィリピンなどの方を警戒していた。
・そもそも日本海軍は真珠湾攻撃までに情報が洩れるような暗号通信を行っていなかった。
・ロバート・スティネットというアメリカ人の本に載っている真珠湾攻撃の解読情報は1942年〜1946年1月にわかったもの。
その部分を意図的なのか勘違いなのか勘違いして騒いだネトウヨ?の誤解が原因。
という感じで間違いないでしょうか?

227 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:00:39.10 ID:9R863yH/
>>226
英国は日本の軍用暗合を完全解読していて、その内容を米政府にも
通告してたことは英機密文書解除で判明している
ハワイやシンガポール攻撃も1週間ぐらい前に完全解読していた
ただ、通報内容がルーズベルトまで届いていたかは不明

ちなみにシンガポール後略を知っていながら手を打たなかったことは
機密解除後に英メディアから非難された

228 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:03:22.11 ID:0rUKQ3CV
>>226
ルーズベルト大統領、もしくはアメリカ政府の首脳陣は日本の真珠湾攻撃を事前に知っていて、
第二次大戦に参戦する口実にするためにわざと見過ごして攻撃させた、という説(陰謀論)は
「ネトウヨ」という言葉が生まれるはるか以前からある。

日本だけではなくアメリカでも(アメリカ以外でも)、もう半世紀かそこら以前からある。

その辺の「実はこういう証拠が…」というのは基本的に結論が先にあるもの(アメリカ政府は
真珠湾攻撃を知っていた!)を補強するために「発見」されているにすぎない。

229 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:06:08.33 ID:9R863yH/
ついでながら真珠湾攻撃については、その他の各種ルートからも
米に情報がもたらされていたことはいろんな証拠や証言から確実

それをルーズベルトが知っていて欧州戦争参戦に利用しよううとしたか
ルーズベルトまでの経路の途中で握りつぶされたのか、単に無視した
(信じなかった)のかは降霊でもしてルーズベルトに直接聞かないと判明
しないだろう

また降霊インタビューに成功しても、ルーズベルトが真実を明かすとは
限らない

230 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:09:27.40 ID:0rUKQ3CV
>>229
こんなものが既にあるあたりがなんとも。
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=969

231 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:21:54.80 ID:9R863yH/
>>230
やたらいろんな人を降ろしてるけど
本人のアイデンティティは混乱しないのかね?

232 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:35:33.63 ID:yYUEFQnP
ラプタークラスのステルス機同士が戦う場合
有視界戦闘になんの?

233 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:37:45.82 ID:WGSVO0ij
>>232
ケースバイケースとしか言えんがレーダー性能も上がってるから
有視界になる前に(ROEが許せば)ミサイル撃てるだろ
IRSTも使えるし、ビジュアルっちゃビジュアルだがIRSTを有視界とは言わんだろし

234 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:44:31.52 ID:DG4WtrdO
質問です。

シャーマン戦車の特徴の一つとして、
・部品の共通化を高いレベルで実現
・製造メーカーが異なっていても相互に部品の流用が可能
・材質や製法が違うが、部品をかき集めて組み立てると普通に動いた
というのを聞きます。

逆に日本やドイツ等は、
製造メーカーが異なると部品の流用ができなかった?
流用できなかった場合は前線で再加工していた?
ご教授よろしくお願いします

235 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 10:55:07.84 ID:wLWb0lqc
某軍事なんとかという人は最近見ませんが
どうしてでしょうか?

236 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 11:04:23.60 ID:9R863yH/
>>234
何回か書いたが、当時の日本は納品されたボールベアリングの大きさがそろってなくて
しかも真球度も肉眼で楕円体なのがわかるレベル
互換性なんか夢のまた夢だったんだよ

237 :system ◆system65t. :2016/01/23(土) 11:39:50.43 ID:WGSVO0ij
>>235
ついってるから。
ttps://twitter.com/boukenkyuu

私もそっちに軸足行ってます。

238 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 11:48:47.01 ID:wLWb0lqc
>>237
ありがとうございます

239 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 12:29:01.47 ID:1dRs568h
>>235
ほれ
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1452822275/l50
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/x3/1429765924/l50

誰か規制してくんないかなマジで

240 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 13:12:11.72 ID:8bsMaA4S
アメリカ本土の基地だとヤキマ演習場が有名ですが他に広大な面積を持つ軍基地ってありますか?
あとヤキマやその他の米軍基地について紹介されてる本とかってありますか?

241 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 13:39:27.16 ID:My4DM0Tg
>>240
とりあえずWIKIPEDIAでも調べたら。

有名なのは、デビス・モンサン基地だな。

242 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 16:32:50.47 ID:2Y5+lHZ7
>>222
30年くらい前のムック本にそんな記載があったような気がするから、今でも同じと思ってる人が
いるって事じゃなかろうか。

243 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 16:55:56.67 ID:F3gyojfs
>>226
アメリカ様が卑劣な日本の暗号を解読していたのは確かだが、
しかし日本が騙し討ちの攻撃目標を真珠湾だとはわからなかった、というのが事実
これは当時の卑劣な日本軍の暗号では特定地名が敵性語アルファベットの
3文字以内で符号化されていたため、たとえ暗号を解読しても符号は符号でしかないから
つまり当時の卑劣な日本の暗号を現在のスーパーコンピュータで解読しても、
決して解読文に「真珠湾」なんて単語は出てこないようになっている
だから「わからなかった」としか言いようが無いのだ

244 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 17:32:27.88 ID:7Iuo47uI
日本海軍の空母から航空機が最後に作戦行動で発進したのって,いつなんでしょうか?
ヒ84船団の「海鷹」?

245 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 17:47:46.81 ID:1dRs568h
>>232
例えばSu-35SスーパーフランカーのイルビスEレーダーだとラプターを37km先
IRSTのOLS-35だと超音速巡行(マッハ1.7)のラプターを60km先で探知可能とみられてるそうな(いずれも正面からの場合)

246 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 17:50:42.09 ID:KCVkQF+w
>>232
ステルス戦闘機が単独運用でしか使わないとは限らないからそんなことにはならない。
AWACSや支援の非ステルス機が探知した敵の位置情報をリンクで共有すれば
電波を出さないステルス機だって遠距離からミサイルが撃てる。

247 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 17:50:47.93 ID:1dRs568h
>>243
卑劣?稚拙じゃなくてか?

248 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 17:54:21.39 ID:EGWWovFZ
大戦中ソ連はアメリカの工作機械を少数ずつ膨大な種類輸入してコピーしたとのことですが
レンドリースされた米製兵器もコピーしていたりするのでしょうか?

249 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 17:56:34.27 ID:9OCH6lxh
>>248
ソ連がコピーしたくなるような兵器はソ連に渡さなかった
なのでソ連は不時着したB-29をリバースエンジニアリングした

250 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:01:21.70 ID:0rUKQ3CV
>>248
コピーしたのもある。

例えばアメリカのフォードGPA水陸両用車はほぼそのまんま「GAZ-46」としてコピーしてる。

その他、アメリカやイギリスのレンドリース品を部分的、部品的に参考にしたものは結構ある。

251 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:14:39.72 ID:9R863yH/
>>246
撃てるけど命中しないよ

252 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:18:05.37 ID:EyMjPQ5k
中国が「かが」に因縁つけたのは
ヘリコプター搭載型とはいえ空母でかつ、支那事変のせいなのでしょうか?

潜水艦でそうりゅうで文句(龍とか使うなとは言っていたとは思いますが)
言っていなかったようですし、
航空戦艦だったひゅうがにも何も言っていなかったと思うのですが

253 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:26:05.04 ID:0rUKQ3CV
>>252
それについてほんとうの理由がわかるのは当の中国だけかと。

254 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:30:18.87 ID:9R863yH/
>>252
そんなチンケな理由じゃない
中国包囲網が完成しつつあるから、そこの一番弱い環であるはずの
日本に因縁をつけて脅しあげているということだ
小泉以前の自民党政権や民主党政権なら、そういう脅しには「金持ち
喧嘩せず」、小金をやって黙らせておけぐらいの対応だったんだが
中国の脅威が本物であると気付いた現在ではそういう弱腰は逆効果
なんで突っぱねることにした、でも中国はこれまでに日本の甘い対応に
慣れきっていて、日本がすぐに降参すると思い込んでいただけのこと

255 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:37:17.79 ID:EyMjPQ5k
>253>254
対中包囲網はわかっていたのですが、
さすがにそれを言うわけにもいかないでしょうし
文句言うにもっともらしい表の理由のほうとして、でした

ちなみに…自衛隊じゃなくてもいいのですが
圧力に屈して命名変えたことってありますか?

256 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:39:00.93 ID:9R863yH/
戦車が特車だったり売春婦が慰安婦だったり

後者は違うか

257 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:39:32.85 ID:0rUKQ3CV
>>255
自衛隊、特に海上自衛隊は「横槍入れられて本来の予定とは違う名前にした」有名な例があるけど
これは横槍を入れたのは国内の与党の政治家であって、外国ではないからなぁ。

外国でも大概そういうのは「国内の、政権の側の政治家に言われたのでそうなった」というのが殆どだし。

258 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 18:41:34.79 ID:9R863yH/
あと戦闘爆撃機(戦闘攻撃機)が支援戦闘機だったり

駆逐艦を護衛艦にした経緯は、説明を見かけたことすらないな

259 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 19:09:35.45 ID:3/HmQvtk
>>251
データリンクで必中距離まで誘導すればいいだけ
AIM-120Dは180kmほどだし射程的には問題ないかと

260 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 19:13:26.51 ID:DG4WtrdO
>>236
別にシャーマン戦車の設計や製造行政が優れていたのではなく
ただ単に米国の工作制度がよかっただけ・・・という事でしょうか?

有難うございました

261 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 19:19:37.22 ID:My4DM0Tg
>>260
wiki見ればわかる通り、シャーマンは各製造工場によってエンジンが違ったりしてるので、
工場ちがう部品が共用で使えるってのは工業規格が明確で、各工場がその規格を守れるだけの
工作精度を確保してたという話。
これはジープのほうでも有名だが、ウイリスのMBとフォードのGPWが同一仕様で生産されているために
部品の共用性があったのも有名な話。

262 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 19:21:10.64 ID:9R863yH/
>>259
ステルス機の最大の問題は、ミサイルの命中範囲に入るほど
位置を精密に特定できないということなんだよ

263 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:00:29.10 ID:tYujoBIS
独ソ戦って、ドイツとソ連の間にある国にとっては、どのくらい迷惑でしたか?

264 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:02:40.38 ID:WABsA4TG
ドイツとソ連の場合戦争してなくても占領してるだけで迷惑

265 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:02:53.95 ID:1dRs568h
どのくらい?
だいたいそれぐらい

266 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:04:58.96 ID:vS40dGUQ
>>263
ドイツもソ連も野蛮な連中だからな。
占領地や戦地の民間人の保護や宣撫を第一にした日本軍とちがい、そりゃひどいもんだったよ。
今でも日本が東南アジアで尊敬されているのと、ドイツやロシアが東欧で嫌われているのをみれば明らかだろ。

267 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:06:47.31 ID:0rUKQ3CV
>>264
独ソ戦開始時ドイツとソビエトのあいだには他の国はない。

ルーマニアやハンガリーのことを言っているのであれば、これらの国はドイツの同盟国としてソビエトとの戦争に参加した。

268 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:07:21.59 ID:DG4WtrdO
>>261
>>工業規格が明確で、各工場がその規格を守れるだけの工作精度を確保してたという話。

なるほどとても判りやすいです
同じ製品でも生産メーカー違いで使用できたりできなかったり
現代人からすると発狂しそうな時代でもあったんですね
有難うございました。

269 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:10:03.07 ID:WABsA4TG
>>267
俺にレスするなカス
262だろ

270 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:10:49.13 ID:0rUKQ3CV
>>268
アメリカでも、M1ガーランドを偉い人の前に何丁か持ってきて
「これらをこのようにバラします。
 次に、バラした部品をシャッフルします。
 そして、シャッフルした状態でもう一度組み立てます。
 では組み上がった銃を撃ちます。
 Pan!Pan!…
 このように、全て何の問題もなく撃てます」
ってのをやったら
「ありえない。
 なんかズルしてんだろ」
って言われたくらいで、当時の工業技術の一般水準というのはそんな認識をされてるものだった。

271 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:25:58.25 ID:CgV8NRn8
>>270
実際、ズルしてたんだけれどな
あらかじめ「組み替えても問題ないように入念に調整した数丁のM1ガランド」が用意してあった
当時の工業レベルじゃ、大量生産品に細かい部品も含めて調整なしでの完全互換なんか無理

272 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:32:22.85 ID:tYujoBIS
>>266
ありがとうございました!
日本の占領地統治は、善良だったんですかね?

273 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:33:29.37 ID:tYujoBIS
>>267
ありがとうございました!
ルーマニアやハンガリーは、ソ連に制裁されたんですか?

274 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:37:08.04 ID:vS40dGUQ
>>272
占領地で民間人虐殺や強姦しまくっていたナチやロスケ
日本兵の頭蓋骨を土産に持ち帰ったヤンキー

こういう連中にくらべて、日本軍は凄く紳士的でフェアだったよ
この前のラグビーワールドカップの日本代表を思い浮かべればいい

275 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:37:58.40 ID:0rUKQ3CV
>>273
ウィキペディアレベルでいいからそれらの国の歴史を読めば、後でひどい目に合ったことがよくわかる。

かなりの部分は自業自得だろうが・・・。

276 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:43:03.70 ID:tYujoBIS
日本軍とラグビー日本代表の関係がよくわからんのですが。

277 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 20:43:44.05 ID:1KBSGop1
昨日今日辺りで汚客様増えたな...

278 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:24:13.57 ID:w7bJsg/Q
>>241
へえーモスポールされたのってここにおくんですね
他のも自分で調べてみます

279 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:28:33.28 ID:FN1WFbCq
M14小銃は、(ベトナム戦争で)木製部分の腐食が問題となりました。

M1ガーランドやM1903小銃も高温多湿地域での使用されましたが、それらの銃の木製部分は
どうだったのでしょうか?

あるいは日本製99式小銃、英国製リーエンフィールド小銃等々、木製部分があり、なおかつ高温多湿地域で
使われた銃の木製部分腐食はどうだったのでしょうか?

「それぞれの銃名 木製 腐食 」でぐぐると、M14に関する記事は多数出てきましたが、それ以外の銃の銃の
腐食についてはそれらしい記事が見当たらなく、疑問に思いました。

もしM14にだけ顕著に見られた問題だとすると、それはどのような事情からでしょうか?

280 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:36:17.75 ID:vFK0CgTk
APFSDSのL/D比のLは、どこからどこまでの長さなんでしょうか?

281 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:39:19.52 ID:0rUKQ3CV
>>279
もちろんM14じゃなくても木製銃床は高温多湿の環境に置くと劣化するよ。
温度と湿度を調整したケースに入れっぱなしにでもしないかぎり確実に「腐る」。

木製銃床の小銃が劣化するのはエンフィールドとかでも問題になったし、どの銃も
なにがしかそういう問題は起きている。

282 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:43:39.57 ID:vS40dGUQ
>>277
はあ?マレーシアでもシンガポールでも、イギリス軍を屈服させ紳士的な統治をした日本軍は称賛されているけど?
対して、沖縄戦でバックナー中将が戦死した報復として、アメリカは民間人を容赦なく虐殺した。
連中は非戦闘員を戦争のまきぞえにしてはならないという国際法を順守できない頭の悪い連中だ。
戦闘員と非戦闘員の区別をきちんと付ける日本軍は、捕虜の扱いも模範的だった。
数万人もの捕虜を少しでも安全な場所に移動するために彼らを護送したことを、卑劣なアメリカ人は「死の行進」と言い立てた。
数十万人の南京市民を国府軍便衣兵から保護するために治安維持に心を尽くしたことを、知能の足りない中国人は「南京大虐殺」と非難した。
もし立場が逆であれば、彼らは捕らえた日本兵や出会った南京市民をその場で一人残らず虐殺していたに違いない。
如何なる場合も戦闘規則を厳格に遵守する日本人と、それすら出来ないアメリカ人。
滑稽なまでの対照と言う他ない。

283 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:45:39.90 ID:gX0d0O4Q
>>279
ttps://en.wikipedia.org/wiki/M14_rifle#Deployment
M14の7.62mmは射程が長くて威力も大きかったが、ストックが水分を吸って膨れて変形したために照準が不正確になりそのメリットを生かせなかったということのよう。

284 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:48:10.58 ID:2Y5+lHZ7
スルースキル検定初級の開始です。

285 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 21:52:32.86 ID:1dRs568h
>>280
名前がいろいろあってようわからんが
おそらくこの図の2の赤いところ(長さ自体は推定図だよ)
ttp://blog.livedoor.jp/wispywood2344/archives/54769415.html

弾心とか侵徹体とか貫徹体とか名称どれやねん

286 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 22:02:31.99 ID:1dRs568h
十分乾燥された木材使えば被害は少ないんだろうけどな
急造すると供給が間に合わない

287 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 23:00:26.01 ID:iwlAFrtM
>>272
余裕がある内はそれそれは善良だったよ
んでも、有名なバターン行進みたいな残虐な例もあるし、それこそ末期の余裕が無くなってきた頃になると軍票乱発で地域経済を破壊したり現地調達という名の略奪だの劣化してったのも覚えておこう

288 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 23:06:57.79 ID:wDG4Tyi/
P-51などに採用された層流翼が実際は細かい傷などで実際は理想通りにならなかった
というのは良く聞くのすが、現状はどうなのでしょうか?
今の工作精度なら上手くいったり……はせずに相変わらず理想上の存在なのでしょうか

289 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 23:19:59.80 ID:qBOKrKD2
>>288
こちらに詳しく書いてある

http://www.warbirds.jp/truth/s_langley.htm

290 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 23:30:52.53 ID:Hm3U89ip
現代でもVT信管って使われているんですか?

291 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 23:42:27.48 ID:gX0d0O4Q
>>290
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E6%8E%A5%E4%BF%A1%E7%AE%A1

292 :名無し三等兵:2016/01/23(土) 23:49:36.34 ID:qZuXo6bC
>>288
だからP-51では、主翼のリベットの段差をパテ埋めして滑らかにしてたりする
紫電改では工作の荒さで、効果が発揮できなかった

293 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 02:36:39.82 ID:22x2Mrh7
戦車に関しての質問なんですが、加登川幸太郎氏のドイツ装甲師団やダグラス・オージル氏のドイツ戦車隊の中にある次の一文の意味がいまいち読み取れません。

「我々はフォッシュ元帥の頭脳に敗れたのではない。"戦車将軍"に敗れたのだ」 フォン・ツヴェル将軍

これは「戦略戦術では決して負けてなかったけど、新兵器戦車のせいで負けてしまった」というハードウェアで負けちゃったんだって意味で良いのでしょうか?
これに対し、両氏とも誇張だとか事実を受け入れようとしない軍部の言い訳と断じてるんですが、これは「いや、ソフトウェアでも負けてたから」というツッコミと捉えて良いのでしょうか?
この認識で良いのか自信が持てないのでご教示願います……。

294 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 08:35:06.64 ID:of6Ie92W
>>254
あべぴょんおつ
まさに自民地獄だな

295 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 08:43:23.37 ID:uT/BuapM
>>289
>>292
ありがとうございます
引用元を見る限りレーサー機などでは効果はそこそこ得られたかもね、くらいでしょうか
にしても乱流と気流の乖離は別物なんですね目からウロコ

296 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 09:49:23.29 ID:KDuAP9FJ
>>295
おいおい
引用をちゃんと読んでいれば「レーサー機ではそこそこの効果」どころじゃないことが
明確に理解できるはずだが…

297 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 11:02:39.80 ID:a26/1yB+
>>282
汚客様である自覚はあったのか

298 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:19:07.47 ID:zVeq9d2Y
MEKO 200型フリゲート一隻辺りの価格は幾らぐらいなのか大体でいいので教えてください

299 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:28:13.58 ID:eoBhtkTw
戦闘中ウンコしたくなったらどうするの?

300 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:29:39.94 ID:Ez88FqmI
>>249-250
ありがとうございました。

301 :system ◆system65t. :2016/01/24(日) 14:32:56.99 ID:8ZD0VBmL
>>298
400億円ぐらい
ttps://newwars.wordpress.com/warship-costs/

MEKO frigate unit price dollars

あたりでググれば出ますけん

302 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:40:00.11 ID:be9c22rM
マ イ ン ド コ ン ト ロ ー ル の手法

・沢山の人が、偏った意見を一貫して支持する
 偏った意見でも、集団の中でその意見が信じられていれば、自分の考え方は間違っているのか、等と思わせる手法

・不利な質問をさせなくしたり、不利な質問には答えない、スルーする
 誰にも質問や反論をさせないことにより、誰もが皆、疑いなど無いんだと信じ込ませる手法

偏った思想や考え方に染まっていたり、常識が通じない人間は、頭が悪いフリをしているカルト工作員の可能性が高い

靖 国 参 拝、皇 族、国 旗 国 歌、神 社 神 道を嫌う カ ル ト

10人に一人は カ ル ト か 外 国 人

「ガ ス ラ イ テ ィ ン グ」 で 検 索 を !

303 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:49:48.67 ID:0PQXZY/z
百万の精鋭健在のまま敗戦の重慶軍に無条件降伏するがごときは、
いかなる場合にも、絶対に承服しえざるところなり」
岡村寧次支那派遣軍総司令官

昭和20年にはいり、本土決戦必至の状況で老人から子供まで動員し、
武器も満足に与えらえれない名ばかり師団を上陸海岸に張り付け
関東軍からは引き抜く兵力は皆無、決戦を控えた沖縄への増援も出せなかった

はやければ年内に関東平野で一大決戦という状況でなぜ、中国に100万の精鋭を
置きっぱなしにしてたのだろう?

日本軍は南方で玉砕、玉砕で、ドイツのように新兵弱兵が多くても
東部戦線の歴戦の兵を中核にするという形がとりにくい

その点派遣軍は、中国軍相手ではあるが戦場馴れしており、
現役パリパリの精鋭で、装備も完全装備であり、国民兵とは
期待度が違う

輸送は厳しいにせよ関釜連絡船は6月ごろまでは生きており、
最悪この程度の距離なら大発や漁船、ポンポン船でもなんとかなる
というか南方でさんざん無茶な輸送をしてきて、半分沈もうが
いまさら恐れる話でもない

後退時に蒋介石軍が追撃してきたところで、そもそも弱いということ
だからいくらでも反撃できる

今から見ると本土決戦に支那派遣軍を転用しなかったのは理解しがたいが
なにか当時としては已む得ない理由があったのだろうか
その辺書いたものがあれば知りたい

304 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:55:28.16 ID:PStqRSxd
フィリピン等に兵力が必要ですでに漸次抽出してるから最後ソ連が雪崩のようにやってきて何もできなかったんやで
土地渡したらそこから爆撃が本土に来る可能性もあるしな
なんのための大陸打通作戦やったのかという

305 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:59:05.38 ID:DL2Ziy/S
東芝の量子暗号通信について質問です。
理論上、盗聴が不可能なこの画期的な通信方式の本格試験を
東芝は去年の夏頃に始めましたが、
それとほぼ同時に破滅的な粉飾スキャンダルが出て
東芝は解体の憂き目にあっています。

この軍事的にとどまらず、国家運営的にかなり重要な
この技術は今どういった状況に晒されているのでしょうか?

306 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 15:01:50.77 ID:+gGTwEDb
>>305
解体されてません

307 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:11:00.15 ID:KwLa5A6B
>211 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:46:42.41 ID:TQhNkYUv
>「軍医戦記―生と死のニューギニア戦」を読んだんですが、日本軍は一体何と戦っていたんですか?
> 米豪軍とかの連合軍がほとんど出てこないじゃないですか。飢えや睡魔と戦って自滅しているだけ
>じゃ・・・・

空間と戦ったのです。

日中戦争で、中国の都市を陥落させると、日本では、一般市民が、提灯行列をして祝賀しました。
アメリカやイギリスとの戦争が始まっても同じでした。
日本国民の多くは、地図に日本軍が占領した土地を記して喜びました。
しかし、それらの土地は、日本にとって、負の財産でした。
配備した日本軍に、補給しなくてはなりません。
ラバウルから、ガタルカナル島まで、東京と下関間に近い、1000km有りました。
補給している最中に、船舶は攻撃され、撃沈されました。
アメリカ陸軍のマッカーサー将軍は、そういった日本軍の愚かさを知っていました。
日本軍の配備の少ない、攻撃しやすい所を攻撃する、飛び石作戦しました。
後は、飢え死にさせました。

308 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:12:01.97 ID:KwLa5A6B
「ニューギニアの戦い - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/ニューギニアの戦い
これがニューギニアの戦いの始まりであり、ダグラス・マッカーサー大将が率いる連合軍との間で1945年8月15日の終戦まで戦いが続けられた。 ...
日本兵の死因の多くは直接の戦闘によるものでなく、マラリア、アメーバ赤痢、デング熱、腸チフスなどの熱帯性の感染症と飢餓による栄養失調と餓死であった。 ....
日本軍は100機以上の航空機を失う; 4月22日 - アメリカ軍がホーランジアとアイタペに上陸(連合軍の

飛び石作戦

の始まり) ...」


「ビスマルク海海戦 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/ビスマルク海海戦
ニューギニアの戦い ...
この戦闘で日本軍の

輸送船団は壊滅

し、ダンピール海峡の悲劇と呼称された。 ...
あった半田仁貴知少佐は、八十一号作戦計画担当であった第八艦隊作戦参謀神重徳大佐に「この作戦は敵航空戦力によって全滅されるであろうから、中止 ...」

309 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:32:12.00 ID:15t1Cgub
ふと思ったのだが、wikiとYahoo知恵袋と教えてgooとOKwaveあたりまでURLを書き込めない仕様に
すれば、カスミンは滅亡するんじゃなかろうか。

310 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:37:41.31 ID:KwLa5A6B
>178 :名無し三等兵:2016/01/21(木) 22:54:54.15 ID:9LdMvJkW
>帝国海軍の航空機の塗装が白色から緑色に変更されたのはなぜでしょうか?
>ジャングルの上を飛ぶなら緑の方が発見されなさそうなのは理解できますが、
> 海上なら白色の方が発見されなさそうな気がします。
> 陸地よりも海の方が圧倒的に面積は広いわけですし、なぜ緑なのかわかりません。
>もしかして艦上機は白色に塗装して、陸上機は緑色に塗装とかやってたんですかね?

戦局が有利な方が、空の色の迷彩塗装をする。
戦局が不利な方が、地や海の色の迷彩塗装をする。
このような原則が有ります。
緑は海上を飛んでいるとき、上空から視認とにくい色でした。

「日本第二次世界大戦前から中盤には明灰白色と呼ばれる明るいグレー系主流だったが、
南方に戦線が拡大すると明灰白色の上から格子やブチ状に暗緑色を塗る応急迷彩を施した機体が登場し、
さらに

劣勢に陥った大戦中盤からは工場出荷状態で既に腹面以外暗緑色の塗装をされた機体が納入された



下記、ウィキペディアの軍用機の塗装を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E7%94%A8%E6%A9%9F%E3%81%AE%E5%A1%97%E8%A3%85

311 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:53:56.01 ID:KwLa5A6B
>30 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 22:19:01.40 ID:8zqY4T2O
>ABCD包囲網についてですが石油禁輸したと言われてますがオランダは日本に石油を売ろうとしてたと>言うのは本当ですか?
>ただ日本が要求する量には程遠く日本側が話にならないと断ったという話を耳にしたことがあるのです>が
> ググってもそのような話は出てきません。事実ならその辺を詳しく説明されてるサイトなどあるでしょう>か?

「日本は蘭印(オランダ領東インド)と石油などの資源買い付け交渉を行っており、
交渉は一時成立したにもかかわらず、その後蘭印の供給量が日本の要求量に不足しているとして、日本は1941年6月に交渉を打ち切った。
この交渉で鍵となったのが航空機用燃料の量で、アメリカの圧力によって蘭印側は、
日本が求めた量の1/4に留められた。」

下記、ウィキペディアのABCD包囲網を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/ABCD%E5%8C%85%E5%9B%B2%E7%B6%B2

312 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:56:55.95 ID:0PQXZY/z
>>304

それが抽出しているにはあくまで関東軍からで、支那派遣軍ではない
支那派遣軍は中国本土にあり、ソ連軍とは交戦していない
この100万が満州にあれば対ソ戦もずいぶん違っていたと思う

>土地渡したらそこから爆撃が本土に来る可能性もあるしな

サイパンが落ちる前まではそうなんだが、サイパン陥落後は
中国の戦略爆撃基地としての意味は極めて小さくなった

さらに沖縄が落ちた時点では、中国本土からの爆撃を気にしている
段階にはないと思う

313 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:01:00.11 ID:KwLa5A6B
>994 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 23:42:33.69 ID:sH8hyisW
>917-918
>あなたは「同じ教育関係内での講演への上長の許可の要否」に摩り替えてますが
> とやかく言われてるのはQCサークル大会という多種多様の業種が集まる場に公立学校の看板を無>断で持ち出した点でしょ
>部外者が参加企業に学校名が挙がっているのを見たら「学校として取り組んでいる」としか捉えませ>んが
>実態は完全に個人の活動でしかない訳です
> 民間企業の大会参加者「あ、東中学校の校長先生。東中もQC活動をやってるんですね!」
>  東中の校長先生「は?QC活動?いったい何のことです?」
>  民「えっ」
>  東「えっ」
>こうなったら校長先生は赤っ恥ですね

>「規則」が存在しません

314 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:07:50.13 ID:KwLa5A6B
>994 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 23:42:33.69 ID:sH8hyisW
>917-918
>あなたは「同じ教育関係内での講演への上長の許可の要否」に摩り替えてますが
> とやかく言われてるのはQCサークル大会という多種多様の業種が集まる場に公立学校の看板を無>断で持ち出した点でしょ
>部外者が参加企業に学校名が挙がっているのを見たら「学校として取り組んでいる」としか捉えませ>んが
>実態は完全に個人の活動でしかない訳です
> 民間企業の大会参加者「あ、東中学校の校長先生。東中もQC活動をやってるんですね!」
>  東中の校長先生「は?QC活動?いったい何のことです?」
>  民「えっ」
>  東「えっ」
>こうなったら校長先生は赤っ恥ですね

>「規則」が存在しません

315 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:08:54.07 ID:KwLa5A6B
>312 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:56:55.95 ID:0PQXZY/z
>304

>それが抽出しているにはあくまで関東軍からで、支那派遣軍ではない

>支那派遣軍は中国本土にあり、ソ連軍とは交戦していない
> この100万が満州にあれば対ソ戦もずいぶん違っていたと思う
>土地渡したらそこから爆撃が本土に来る可能性もあるしな
> サイパンが落ちる前まではそうなんだが、サイパン陥落後は
>中国の戦略爆撃基地としての意味は極めて小さくなった
> さらに沖縄が落ちた時点では、中国本土からの爆撃を気にしている
>段階にはないと思う

「日本軍とドイツ軍: どうしたら勝てたのか、どうやっても負けたのか?
ttps://books.google.co.jp/books?isbn=405913807X
藤井非三四 - 2014 - ‎History

これらの部隊は、東部軍(内地)に始まり、朝鮮軍、関東軍、さらには支那派遣軍からも抽出されたもの

だ。
細かい話になるが、内地と関東軍は口径七・七ミリの九九式小銃、支那派遣軍と南方軍は口径六・五ミリの三八式歩兵銃と地域分けにしていたが、こうも ...」

316 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:19:27.24 ID:KwLa5A6B
>988 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:59:39.24 ID:wEpeFzbV
>928 陸軍大佐なら杉田一次、井本熊男。たしか他にもいた筈だが。
> (「大佐以上」なら、大佐はいないって事になるので。旧陸軍の将官なら陸自にはいなかったと思う>が。
>  …あと、NGIDに同意するようで癪ではあるが、竹下正彦の陸自入隊は誰か止めなかったのか、本>当に?)

>996 :名無し三等兵:2016/01/18(月) 01:20:17.12 ID:ukNvnXwf
>988
>日本語は難しいなぁ
>「大佐まではいる」というつもりで書いたんだが、たしかに真逆に解釈できる
> ていうか、そっちになっちゃうかw
>985
>レシプロエンジンのエンジンナセルは空だし容積もけっこうある
> そこをどう利用するかが設計者の腕のみせどころでもあったわけで、銃座を設けるのは
> けっこういいアイデアに見えた
> だが992氏の理由に加えて、機軸から離れた場所だから偏差はその分大きくなり無駄弾が
>多くなってしまうので廃れた

>用語の使い方が正しく無いです。

「い‐じょう〔‐ジヤウ〕【以上/×已上】
[名]
1 数量・程度・優劣などの比較で、それより上の範囲であること。数量では、

その基準をも含む

。「七〇歳―の老人」「期待―の大活躍」「君―の実力がある」⇔以下。」

317 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:19:57.09 ID:KwLa5A6B
930 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:41:12.31 ID:5hr1ePfg>928 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 16:25:56.04 ID:tJvjW6up
>927
>陸自の幹部自衛官に旧軍出身者はいないよ(GHQによって排除命令が出されている)
> 後に緩和されたが、旧軍の大佐以上はいないはずだ

「1954年(昭和29年)7月1日に、保安庁は防衛庁に改組され、保安隊及び警備隊は、「陸上自衛隊」、「海上自衛隊」及び「航空自衛隊」に改組された」


「実戦経験者による的確な運用が必要となったため、1951年(昭和26年)に中佐(副連隊長級)以下の陸軍士官学校出身者の入隊が認められたが、大佐(連隊長級)以上の入隊は認められなかった。
しかし1952年(昭和27年)7月、保安庁保安隊への組織改編を前に、軍事的専門性をより高めるために、旧陸軍省や参謀本部において太平洋戦争(大東亜戦争)の指導的立場にあった、元陸軍大佐10名、元海軍大佐1名の入隊が認められた。
このように続々と旧軍人たちが復権していき、現在の陸上自衛隊が形作られていった」

318 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:24:30.81 ID:KwLa5A6B
>991 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 22:08:38.72 ID:ugV8rz8C
>カーボローディングは、過剰回復を利用した、ある種の自然ドーピングです
>年に1回あるマラソン大会の直前に、グリコーゲン在庫を過剰になるよう
>最低でも月単位がかりで特定1日のためだけに調整する
> プロ野球選手みたいに、シーズン半年中は毎日毎日連戦、
>という状況では適用ができません
> また、野球は瞬発力系のスポーツです
>(ボールが来たとき以外、3時間中ほとんどを、だらーんとしてますからね)
>マラソンみたいな持久力系のスポーツではありません
> ここに、長距離走用のテクであるカーボローディングを持ち込んでも
>効用は薄いのですが
>(また逆に、試合直前にタンパク中心食という中畑らの不利行為も、被害は少ない)
>そこは当時の流行宗教ですから、
>ねこもしゃくしもカーボローディングになってない、
>カーボローディングもどきを喜んでやってました
>結果はただのリバウンドで脂肪が増えるだけということを知らずに

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

> 「カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運>動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節及び>栄養摂取法である。
>グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。」

> 下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

319 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 17:46:02.94 ID:KwLa5A6B
>989 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 21:38:55.54 ID:ugV8rz8C
>986
>パスタはコメやイモよりも、腹持ち しない
>一般人でも知ってる普遍的な経験則です
>「試合前に炭水化物を摂ると、タンパクを取るよりかはパフォーマンスが良い」
>これは、
>パスタは腹持ちする の証明材料になりません
>試合の直前に食ったくらいでは、蓄積グリコーゲン在庫は
>(少々は増えますが)
> 「通常上限を超えて」までは増えません 
>クロマティの逸話は、カーボローディング現象を起こせてません
>何日も前から有酸素運動と食事を調整して仕込んで、はじめて起こせる現象ですからね
> これも間違い
>2重にまちがってます

「カーボローディングという食事法です。
マラソンを走る際の主なエネルギー源はグリコーゲンです。
グリコーゲンの素となる炭水化物をレース前に体内になるべく多く蓄積させるための食事法です。
フルマラソンのレース1週間前から炭水化物を中心にとるようにしています。
最近では3日ぐらい前からに変わってきているそうです。」

下記、マラソン選手が、前日にスパゲティをよく食べると言われていますが、なぜですか?を参照ください。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1328112488

320 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:03:21.89 ID:auSYpR4C
P-51はP-47より被弾に弱かったのは冷却器が下部にある水冷エンジン機だからだと言われますが
具体的には水冷エンジンはどのように空冷エンジンと比べて被弾に弱いのでしょうか?

また、被弾に強い装甲攻撃機の代名詞Il-2は水冷エンジンですが
より被弾に強くするために改良型や後継機のIl-10では空冷エンジンに変えようと試みられなかったのは何故でしょうか?
五式戦闘機やIl-2と同じソ連のLa-5のように、水冷から空冷に改設計するのは決して困難ではないと思いますが

321 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:09:44.78 ID:15t1Cgub
>>312
そこまで状況が確定した頃にはもう輸送手段の確保が手遅れだったのが一つ。
大発や海トラじゃ重装備を運べない。

もう一つが、中国戦線特有の現象で、少しでも日本軍が不利になると
「無敵とか言ってる日本軍超弱いwテラワロスwwww」
みたいな感じで全力で馬鹿にされて面目丸潰れどころでは無いので、引くに引けないという事。
ある意味日中戦争を続けた意味や、今に至るまで尖閣問題とかバランス取るのに苦労してる理由もそれ。

そんなの気にしなければ済む話とも言えるが、そこまでプライドを捨てていいならそもそも本土決戦なんか
せずに降伏すればいい話で、実際にそうなった。

322 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:12:36.00 ID:KwLa5A6B
>320 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:03:21.89 ID:auSYpR4C
>P-51はP-47より被弾に弱かったのは冷却器が下部にある水冷エンジン機だからだと言われますが
>具体的には水冷エンジンはどのように空冷エンジンと比べて被弾に弱いのでしょうか?
>また、被弾に強い装甲攻撃機の代名詞Il-2は水冷エンジンですが
> より被弾に強くするために改良型や後継機のIl-10では空冷エンジンに変えようと試みられなかったの>は何故でしょうか?
>五式戦闘機やIl-2と同じソ連のLa-5のように、水冷から空冷に改設計するのは決して困難ではない>と思いますが

323 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:13:19.83 ID:15t1Cgub
>>320
水冷エンジンの致命的弱点は、冷却水のパイプが破損すると、機体やエンジンの他の部分がどうあれ、
すぐにオーバーヒートして止まってしまう事。
対空砲火の中を突っ込んでいくには脆弱に過ぎたんだわな。

シュツルモビク系のように専用設計の攻撃機は重要部分に装甲を施す事でそれに対処できたが、P-51の
ようなヤーボは戦闘機としての性能が第一なので、地上攻撃任務に対してそこまで割り切った作りにはなってなかった。

324 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:13:55.95 ID:KwLa5A6B
「軍用機としての空冷・液冷エンジン
よく液冷エンジンは「被弾に弱い」とありますが、液冷の冷却方式を考えれば簡単
なことですね。はい、弱いです。
なにしろシリンダーごとにウオータージャケットで”ぐるぐるまき状態”ですから、
このどこか一個所でも穴が開けば冷却液はドクドクと漏れはじめて(クーラント
はウオーターポンプを使って巡回している)しまいますから、クーラントの流れが
止まったシリンダーは数分と経たないうちにオーバーヒートによる焼き付き(高温
にさらされることによりシリンダーとピストンが設計値よりもはるかに膨張して、
ピストンが動かなくなる現象)を起こしてしまいます。焼き付いたエンジンはその
場で止まります。たとえ18気筒のうち1気筒だけが焼き付いたとしても、クラン
ク軸はすべてに直結された関係にありますから他のピストンも動かなくなるのです
。これはかなり悲惨です。しかも焼き付いたシリンダーとピストンはそっくり交換
するしかないでしょう・・・。空冷エンジンならたとえ一本を残して残りのシリン
ダーに全て被弾したとしてもオイルが全て流れ出なければ動く可能性はあります。
しかもオイルパン(エンジンオイルを溜めてある場所。クランクケース下部)さえ
やられなければかなりオイルの吹き出しは防げるはずですから、耐久性はよさそう
です。次に危ないのはオイルポンプか各シリンダーのヘッド部分でしょう。オイル
ポンプは死んでしまえば各部のオイル供給がストップしてしまうのでかなりヤバい
ですが、シリンダーヘッドも吸排気バルブを潤滑させるためにオイルを吹き付けて
いますからここに穴が開くとかなりオイルを捨ててしまいそうです。ちなみにドラ
イサンプのエンジンではオイルパンにオイルを溜める代わりに、オイルキャッチタ」

下記、−空冷エンジンと液冷エンジン− を参照ください。

ttp://www.warbirds.jp/text/tuji05.htm

325 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:21:22.76 ID:15t1Cgub
>>320
あともうひとつ、水冷エンジンから空冷エンジンへの換装というというのは設計はともかく、生産段階で問題が出る。
機体同様、エンジンも厳密な生産計画で作られているわけで、設計はできてもエンジンの生産計画が立たなければ
それまでの話。
五式戦や彗星33/43型みたいなのは苦肉の策で仕方なくだし、他にもエンジン生産計画の都合でやむをえず換装
した機体、あるいは性能は良かったがエンジンを確保できないので試作止まりで終わった、逆に性能はパっとしない
けどエンジンは豊富にあるので実用化されたケースとか多い。

326 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:21:25.35 ID:KwLa5A6B
>312 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 16:56:55.95 ID:0PQXZY/z
>304
>それが抽出しているにはあくまで関東軍からで、支那派遣軍ではない
>支那派遣軍は中国本土にあり、ソ連軍とは交戦していない
> この100万が満州にあれば対ソ戦もずいぶん違っていたと思う
>土地渡したらそこから爆撃が本土に来る可能性もあるしな
> サイパンが落ちる前まではそうなんだが、サイパン陥落後は
>中国の戦略爆撃基地としての意味は極めて小さくなった
> さらに沖縄が落ちた時点では、中国本土からの爆撃を気にしている
>段階にはないと思う

>321 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:09:44.78 ID:15t1Cgub
>312
>そこまで状況が確定した頃にはもう輸送手段の確保が手遅れだったのが一つ。
> 大発や海トラじゃ重装備を運べない。
>もう一つが、中国戦線特有の現象で、少しでも日本軍が不利になると
>「無敵とか言ってる日本軍超弱いwテラワロスwwww」
>みたいな感じで全力で馬鹿にされて面目丸潰れどころでは無いので、引くに引けないという事。
>ある意味日中戦争を続けた意味や、今に至るまで尖閣問題とかバランス取るのに苦労してる理由も>それ。
>そんなの気にしなければ済む話とも言えるが、そこまでプライドを捨てていいならそもそも本土決戦なん>か
> せずに降伏すればいい話で、実際にそうなった。

「輸送手段の確保が手遅れだったの」では有りません。

327 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:21:58.16 ID:KwLa5A6B
「機雷敷設作戦 - Ne
www.ne.jp/asahi/hayashi/love/kanmon8.htm
□B29の港湾航路封鎖作戦で各地に投下された機雷は、対馬海峡だけで6000個に及び、20年3月、未だ月間総計7万トンの船舶が航行 ...
アメリカ側が、Operation Starvation(飢餓作戦)と呼んだ港湾封鎖は、食糧軍事資材の流通を阻害しただけでなく、

外地との人事交流をも不可能にしていた

。 ..
. しかし、日本海軍には掃海用の器具が不足しており、この機雷投下作戦がたび重なるにしたがって、関門海峡の安全航行を維持すること ...」

328 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:26:36.07 ID:PStqRSxd
>>320
上記のようにとにかく液が漏れたらオワ
だからP-51やBf109のE以降みたいに冷却器が胴体奥や主翼まで伸びるとさらに弱点が増える(伸びる)ことになる
その点ではP-40やタイフーンみたいにダサい顎のほうがまだ被弾に強いと言えるかもしれない

IL-2も空冷エンジン装備型があるんだが液鈴で問題ないしそのエンジンは戦闘機に使うもんでそっちに使えということになったようだ
(ほかの機種とエンジンの取り合いで使えないというのはままある)
必要馬力があれば液鈴でもいいというのがソ連の判断だったんだろう

329 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:36:43.45 ID:KwLa5A6B
>208 :名無し三等兵:2016/01/22(金) 21:37:17.36 ID:yHr+6X27
>海外のビデオで坂井三郎が超人扱いされていたのですが
> この人はどうして空母乗り組みにならなかったのですか?
> 坂井が活躍した昭和17年は空母作戦が連続しており、でも坂井は地上基地勤務。
> 大けがをしなければ、いずれは航空母艦に配置換えされたのかな?

偶然と想像します。

台南航空隊の同僚が、ラバウルから内地へ転勤になりました。
彼らは、空母乗り組みになって、ミッドウェーで戦いました。
坂井三郎が選ばれて、空母乗り組みとなった可能性も有ります。
ミッドウェー海戦に参加せず、ガタルカナル島の初空襲で怪我をしたから、生き残った。
生き残ったから、本を書いて有名になったということも有ります。

330 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:37:29.06 ID:eoBhtkTw
戦闘中ウンコしたくなったらどうするかって聞いてんだろが!

331 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:40:27.36 ID:KwLa5A6B
>299 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 14:28:13.58 ID:eoBhtkTw
>戦闘中ウンコしたくなったらどうするの?

する。

我慢できません。
食事を我慢することは出来ます。
ウンコを我慢することは出来ません。

「第一次世界大戦では、塹壕戦がメインになったと思いますが ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › 教養と学問、サイエンス › 歴史 › 世界史
2013/02/08 - 第一次世界大戦では、塹壕戦がメインになったと思いますが、塹壕の中は不潔だったのでしょうか?
まあ簡単に言うと屋根 ...
連合軍側は

排泄物が転がり

ねずみが走り回り汚水まみれの泥水に浸かりながら座って寝ました これがドイツ塹壕の ...」

332 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:44:27.46 ID:KwLa5A6B
>521 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:01:32.03 ID:ihSbzSGO
>507
>元のスレッドに回答があったはずだけどな
>燃料を投棄するのは延焼を防ぐためだよ

> 航空会社がわざわざ、危険なことをするのでしょうか?
> 「燃料切れの機は燃料タンク内に可燃性ガスが充満していて極めて爆発炎上しやすい」
>とは、信じられません!

>501 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 17:51:10.60 ID:O7C8EssO
>「全日空機高知空港胴体着陸事故 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/全日空機高知空港胴体着陸事故
> 全日空機高知空港胴体着陸事故(ぜんにっくうき こうちくうこうどうたいちゃくりく>じこ)とは、2007年(平成19年)3月13日に高知空港で発生した全日本 ...
>機体はターボプロップ機であるボンバルディア DHC8-Q400 (機体記号:JA849A、2005年>製造)であった。 ...
>事故機は小型機のため、非常時に燃料を投棄する設備が装着されておらず、2時間あま>り

>空港上空を旋回し燃料を消費した上で、高知空港への緊急着陸態勢に入った

>。」

333 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:50:19.18 ID:KwLa5A6B
>528 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 22:21:55.45 ID:yzM6YlS6
>戦後、ナチスドイツのV2ロケットとその技術者達を、
>アメリカもロシアも異常に欲しがったのはなぜですか?

兵器として価値が有るからです。

ミサイル開発は「戦後、ナチスドイツのV2ロケット」が元になっています。
「技術者達」本人も、そのことを分かっていました。
フォン・ブラウンは、避難して、アメリカ軍に投降しようとして、成功しました。

アメリカは、「技術者達を」アメリカ市民権を与えて、その後もロケット開発に従事させました。
ソ連は、「技術者達を」技術をはきださせました。その後は、ソ連人がロケット開発に従事しました。

334 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:54:19.91 ID:KwLa5A6B
>536 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 23:51:55.38 ID:1VR9XpiM
>515>519-520
> WW1軽機でベネー・メルシーもルイスもBARもベースになった重機関銃はないですよね
>BARを軽機に含んでいいか分からんが
> むしろ重機を軽量化した軽機のほうが少数でMG08/15とM1919A6しかないんじゃ
> マドセンは日露戦で露軍が使って日本軍が捕獲した個体もありましたよね
>第一次世界大戦中の機関銃の概念は、重機関銃と軽機関銃でした。
> 短機関銃は「機関銃」とは異なるものなんでしょうかねぇ

三等自営業、「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物が中機関銃」
私、「 軽機関銃=MG08/15のような「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」」。
三等自営業氏の誤りを正すため、三等自営業氏の書き込みを、引用したのです、そのため、
このような文章になりました。

下記も、同じような趣旨で書いた文章です。

「短機関銃は「機関銃」とは異なるものなんで」す!

「短機関銃は」拳銃弾を使います。
射程は短く、一人で運用します。
弾丸が、全自動で出るのが、「短機関銃は「機関銃」と」同じなだけです。
軍事を知らない素人が、短機関銃を機関銃と言うことは有ります。
軍事を知らない素人が、軍艦を戦艦と言うことは有ります。
軍事を知らない素人が、装甲車を戦車と言うことは有ります。


「短機関銃(たんきかんじゅう)とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/短機関銃-94924
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 短機関銃の用語解説 - 軽量な個人携帯用の全自動機構の自衛火器。拳銃弾を使用し,発射時の吹戻しによって作動する。
箱またはドラム弾倉によって給弾するが,初速が小さいために,有効射程が小銃よりも短い。」

335 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 18:56:02.65 ID:KwLa5A6B
>545 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 01:29:15.80 ID:zy3zQcPm
>朝鮮戦争開戦時点での韓国軍には、対戦車装備が大幅に不足しており、
> 戦車に至っては一台も配備されていなかったとのことですが、
> 韓国の北進を防ぐ目的で戦車を配備しなかったのはまだわかりますが、
> 対戦車砲等の装備まで韓国に与えなかったのはなぜでしょうか?
> 韓国側からの北進を防ぐことは考えても、北朝鮮側からの南進の可能性は
> まったく考えていなかったのでしょうか?

韓国が山国で、戦車が役に立たないと考えていました。

336 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:02:19.63 ID:KwLa5A6B
>552 :名無し三等兵:2016/01/11(月) 10:12:58.70 ID:oypsa+ph
>太平洋戦争中、工場で作られた零戦は牛車で飛行場に運ばれていましたが、現代日本で
>はIRANや製造されたばかりの機体はどの様に基地に運ばれるのですか?

自分で飛行します。

三菱名古屋工場に飛行場が隣接していなかったのが異常なのです。
普通は、飛行機工場には、飛行場が隣接しています。
「製造されたばかりの機体は」基地へ納品する前に、工場側のテストパイロットが、テスト飛行をします。

337 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:08:44.76 ID:KwLa5A6B
>619 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 02:18:34.42 ID:ViUHvbfR
>大戦中の米軍重爆についての質問です。
>B-17の生産数が12,731機とwikiにはありますが、このうち約何機が対独戦略爆撃に投入>されたのでしょうか?
> 大雑把な数でいいのでお願いします。

>620 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 02:30:52.34 ID:+/yjtETT
>投入数は不明だが、ヨーロッパでの損失数が4688機だそうだから、大半がヨーロッパに>投入されていたのだろう

殆ど「が対独戦略爆撃に投入された」。

第二次世界大戦の初期、B-24が配備される前には、アジア戦域でも使われましたが。

「大戦中の米軍重爆」は、機体の特性により使用地域を振り分けました。
B-24は、航続距離が長く、機体が華奢でした。
そのため、主に、海洋を戦場として、火力の弱い、日本軍を相手に使いました。
それと、ヨーロッパ地域です。
B-17は、航続距離が短く、機体が頑丈でした。
そのため、主に、ヨーロッパ大陸を戦場として、火力の強い、ドイツ軍を相手に使いました。
イギリス駐留のアメリカ陸軍航空軍では、B-17を使っていて、B-24に機種変更して、更に、B-17に機種変更した部隊も有りました。
ドーリトル将軍の提唱による、使い分けでした。

戦争に投入されなかった、B-17も有りました。

軍事雑誌『丸』に、アメリカの航空祭で、B-17が飛んでいる写真が掲載されました。
1945年の製造です。
戦争に投入されませんでした。
戦後は、森林火災の消火に使われていたそうです。

338 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:09:31.01 ID:KwLa5A6B
>624 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 09:37:05.05 ID:k+uUPM56 
>・「支那と日本は同じ漢字圏なので自国の読みで言おう」なる雑談があったという
>・右翼は「日本読みをしない奴は非国民だ」と言っている
> そのくせ、上海を「じょうかい」って言わないのはなんで。
> 右翼は非国民だろ

中国語の地名や人名を英語で話すのは難しいです。

日本語読みと、英語読みが違う場合が多いからです。
これが、中国人が相手でしたら、漢字を書けば理解できます。
アメリカ人の同僚は、日本へ来る前に、中国に住んでいました。
地名を言われたのですが、理解出来ませんでした。
地図を指し示してもらって、理解できました。
孫文の英語読みも理解できませんでした。

339 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:13:22.94 ID:KwLa5A6B
>630 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2016/01/12(火) 11:45:44.30 ID:93l039hU
>515
> MG34/42は、運用に射手と装弾手の二名の兵士を必要とするので
>軽機関銃としての用法には適合していません
> また、カスミン大先生がドヤ顔で引用なされたログに至っては
> わたしが関わっているレスでもあるようですね。

「MG34/42は」「歩兵が単独で携行可能」「です」。
「軽機関銃」です。
「MG34/42は、運用に射手と装弾手の二名の兵士を必要とする」
ベルト給弾だからです。
ベルト給弾の「軽機関銃=MG08/15のような「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」」は誤りなのですか?

「インディアナ戦争記念博物館(火器展示詳細) - 戦跡の歩き方
sakurasakujapan.web.fc2.com › 日本 › 中国 › 台湾
「MG08/15」、大正4年(1915年)に開発されたドイツ軍の

軽機関銃である

。重機関銃であった「MG08」(重量66.4kg)を軽量化して開発された。
しかし、当事の一般的な軽機関銃は重量10kg程度であり、重量約15kgの「MG08/15」は軽機関銃としては中途半端な ...」

340 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:14:43.05 ID:0PQXZY/z
>>321

独ソ戦の話を見ると後半は、遊軍化した軍を下げる下げないでヒトラーと
参謀本部がやり合う場面が頻繁に出てくる
ヒトラーの断固下げない論が正しいかどうかは別としてそういう議論がなされている

日本では、そういう議論がなされたようなことを読んだことがなくて聞いてみたんだ
輸送力と面子か、国家存亡の危機にはあまりに弱い理由な気がする

輸送力は、厳しいだろうけど、終戦直前でも朝鮮半島から山陰諸港への物資輸送もしていたそうだし
20年前半ならまだまだ輸送力もあった。
ガダルカナルやルソンでもめちゃくちゃな強行輸送していた陸軍が本土決戦を前に
断念するか?というのが解せない
せめて数個師団でもやってみてダメであきらめるならともかく、今までの陸軍精神から
やる前にあきらめるというのはないと思うんだ

そもそも重装備がなくても兵だけでも喉から手が出るほど欲しいと思うんだよね
老人に弓矢とか竹やりで防ぐとか地雷を持って体当たりとかいってる状況なんだから
戦馴れした兵隊なんて貴重そのものだろう

面子も、それは現地軍の面子であって、大局を把握している大本営陸軍部が
そんなこといってる場合かと思うし、実際中国なんか気にしていなかったのでは
本土決戦が間違いなく最終決戦なのだからこれに全力を注ぐべきだし、実際国内は
総動員していたんだし

終戦になったから結果的にはどうでもいいかもしれないんだけど、少なくとも
本土決戦を真面目に考えていた陸軍が軍の移動をしなかったのは解せないなあ
実は移動は上申していたけど、陛下が裁可しなかった、とかいう話があれば
また納得できるんだけども

まあ、自分でももう少し本を探してみます

341 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:15:12.43 ID:KwLa5A6B
> 2 「MG34/42は中機関銃と」軽「機関銃を兼用出来る汎用機関銃として設計されてい>ます」

> 軽機関銃=MG08/15のような「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」。
> 軽機関銃=汎用機関銃を二脚に載せたの。

342 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:16:57.10 ID:KwLa5A6B
>515 :名無し三等兵:2016/01/10(日) 19:03:11.04 ID:O7C8EssO
>410 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 18:14:29.70 ID:PRPzeSKg
>289 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2015/10/27(火) 23:20:06.33 ID:ngsXqj0q
>283
>火器としては、防御陣地に据え付けて火網を形成する防御機関銃が先に運用されており>重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物が中機関銃、さらに

>歩兵が単独で携行可能にした物が軽機関銃です

>MG34/42は中機関銃と重機関銃を兼用出来る汎用機関銃として設計されていますが

> その性能は三脚架と二脚の性能差によって使い分けれています
>二脚を使用すれば素早く移動して前進する事も簡易陣地で防御機関銃としても使用出来>ますし
>三脚架を使用すれば、防御陣地にて固定機関銃として長大キルゾーンを制圧可能になり>ます
>或いは対空火器として使えるようにもなっていますね
>詰まりはその多機能性こそがMG34/42の性能となっています

343 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:17:43.92 ID:KwLa5A6B
1 中機関銃は、汎用機関銃が出現して出来た概念です。
2 「MG34/42は中機関銃と」軽「機関銃を兼用出来る汎用機関銃として設計されています」

第一次世界大戦中の機関銃の概念は、重機関銃と軽機関銃でした。
重機関銃=マキシム機関銃のような従来の機関銃。
軽機関銃=MG08/15のような「重機関銃を軽量化して簡易に移動可能にした物」。
汎用機関銃が出現してから。
重機関銃=M2の12.7mmのように口径の大きいの。
中機関銃=汎用機関銃を三脚に載せたの。
軽機関銃=汎用機関銃を二脚に載せたの。

「Machine Gun FAQ|軍事板常見問題 兵器別館 - TOK2.com
www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq09b01a05.html
アメリカのM2 12.7mm重機関銃は,三脚に乗せれば,それを三人がかりならそのまま持ち上げて運べる(機関銃と三脚を分けて運ぶ ....

中機関銃とは,重機関銃と違って三脚架台が簡単に着脱できるようになっていて,架台から外すと軽機関銃としての運用ができる,というものです.

.... 上の話に絡めると,MINIMIはこうやって三脚に載せても付属の二脚使っても弾倉式にして,手持ちで担いでも使えるので,汎用機関銃であって分隊 ...」

344 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:22:23.15 ID:KwLa5A6B
>340 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:14:43.05 ID:0PQXZY/z>>321
>独ソ戦の話を見ると後半は、遊軍化した軍を下げる下げないでヒトラーと
>参謀本部がやり合う場面が頻繁に出てくる
> ヒトラーの断固下げない論が正しいかどうかは別としてそういう議論がなされている
>日本では、そういう議論がなされたようなことを読んだことがなくて聞いてみたんだ
>輸送力と面子か、国家存亡の危機にはあまりに弱い理由な気がする
>輸送力は、厳しいだろうけど、終戦直前でも朝鮮半島から山陰諸港への物資輸送もしていたそうだ>し
>20年前半ならまだまだ輸送力もあった。
>ガダルカナルやルソンでもめちゃくちゃな強行輸送していた陸軍が本土決戦を前に
>断念するか?というのが解せない
> せめて数個師団でもやってみてダメであきらめるならともかく、今までの陸軍精神から
> やる前にあきらめるというのはないと思うんだ
> そもそも重装備がなくても兵だけでも喉から手が出るほど欲しいと思うんだよね
>老人に弓矢とか竹やりで防ぐとか地雷を持って体当たりとかいってる状況なんだから
>戦馴れした兵隊なんて貴重そのものだろう
>面子も、それは現地軍の面子であって、大局を把握している大本営陸軍部が
> そんなこといってる場合かと思うし、実際中国なんか気にしていなかったのでは
>本土決戦が間違いなく最終決戦なのだからこれに全力を注ぐべきだし、実際国内は
>総動員していたんだし
>終戦になったから結果的にはどうでもいいかもしれないんだけど、少なくとも
>本土決戦を真面目に考えていた陸軍が軍の移動をしなかったのは解せないなあ
>実は移動は上申していたけど、陛下が裁可しなかった、とかいう話があれば
>また納得できるんだけども
> まあ、自分でももう少し本を探してみます

345 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:22:47.25 ID:KwLa5A6B
「機雷敷設作戦 - Ne
www.ne.jp/asahi/hayashi/love/kanmon8.htm
□B29の港湾航路封鎖作戦で各地に投下された機雷は、対馬海峡だけで6000個に及び、20年3月、未だ月間総計7万トンの船舶が航行 ...
アメリカ側が、Operation Starvation(飢餓作戦)と呼んだ港湾封鎖は、食糧軍事資材の流通を阻害しただけでなく、

外地との人事交流をも不可能にしていた

。 ..
. しかし、日本海軍には掃海用の器具が不足しており、この機雷投下作戦がたび重なるにしたがって、関門海峡の安全航行を維持すること ...」

346 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:25:06.61 ID:5qB9HMK8
>>340
国内へは兵隊を戻す輸送船があれば、食料と燃料を持ち込むのが優先されたはずだよ。
大型船がほぼ全滅状態で、100トン未満の小型船まで動員して、食料を持ち込んでた位だし。

347 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:25:43.91 ID:KwLa5A6B
>644 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 14:33:01.05 ID:bfbMQ7za
>日本軍の戦闘時に編成される機関銃分隊(機関銃をSAWとして運用する分隊)でも弾薬>持ちと射手で構成される機関銃斑が運用するのに。
>MG42が軽機関銃やSAWに不向きなら、つい最近までドイツ連邦軍の分隊支援火器がMG3で>あるはずないで

「MG42が軽機関銃」「に不向き」です。

軽機関銃としては、専用の方が優れていました。
「MG42が軽機関銃」としては重すぎます。
「MG42が軽機関銃」として優れているのではなく、その汎用機関銃としての、システムが優れているのです。
「つい最近までドイツ連邦軍の分隊支援火器がMG3である」のは、汎用機関銃だからです。軽機関銃と中機関銃を兼用できる。
教育や補給に便利です。

348 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:26:18.94 ID:PStqRSxd
>>340
まあ米軍が来るかもしれんって中国で上陸対策に陣地構築やってる部隊もあるけどな

349 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:29:55.42 ID:KwLa5A6B
>645 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 17:40:23.00 ID:XpnsezfT
>質問
> 第二次世界大戦の時のアメリカ海軍についての質問なんですが、黒人やインディアン>やアジア人でも艦長になることはできたのでしょうか?

できなかった。

「第二次世界大戦の時」アメリカ海軍へ、初の黒人士官が入隊しました。
彼らは差別を受けていました。
その前は、黒人は、コックとしてしか、海軍で勤務できませんでした。
他の、職種ですと、白人の部下を持つ可能性が有るとして、避けられていたのです。
日本軍の真珠湾奇襲攻撃の際、機関銃を操作し、日本軍機を撃墜したとして、黒人のコックが、叙勲されました。
その後、戦死したときも、コックのままでした。

350 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:30:27.83 ID:KwLa5A6B
>646 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 17:54:22.49 ID:8p2V5F1+
>645
>できない
> その頃はまだ人種差別が根強かった上、艦長てな高等教育受けてないとなれない
> その高等教育を受ける機会自体がまだ与えられてない

「高等教育を受ける」黒人は存在しました。

黒人のための大学も存在していました。
『歴史群像』の巻末の漫画で、第二次世界大戦中の、アメリカ海軍の駆逐艦が描かれていたのが有りました。
黒人のコックが登場しました。
艦長は、白人で、元弁護士の予備士官でした。
第二次世界大戦当時、黒人の弁護士は存在しました。
黒人の艦長が存在しなかったのは、アメリカ海軍内部の人種差別によるものでした。

「第二次世界大戦の時」アメリカ海軍へ、初の黒人士官が入隊しました。
彼らは差別を受けていました。
その前は、黒人は、コックとしてしか、海軍で勤務できませんでした。
他の、普通の職種ですと、白人の部下を持つ可能性が有るとして、避けられていたのです。

351 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:30:57.95 ID:KwLa5A6B
>657 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 18:34:24.72 ID:292VSGtj
>2世以降のアフリカ系って、純血だったとしても「純粋なアフリカ黒人」とは違うと思う

アメリカの黒人は、白人の血の入った人が多いです。

統合参謀本部議長になった、コリン・パウエルは、肌の黒色が大分薄いです。
白人の血が入っているためです。
アメリカのアフリカ系は、肌の黒色が薄い人が多いです。
昔、黒人奴隷の所有者の白人は、奴隷を増やすため、黒人女を犯しまくったらしいです。
その影響が、今に現れています。

昔、東北地方を旅行しました。

東北本線の車内で、黒人の父親、白人の母親、その子供たちと思われる、一家に遭遇しました。
青森県三沢基地に関係する、空軍将校だったのでしょう。

352 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:31:10.37 ID:0as5SVzZ
>>319 あいかわらず回答になっていません
先週と同じ話を、また書く
・パスタは腹持ちしない(粉ものは腹持ちが悪い)
・試合の直前に炭水化物を摂ることは良いことだが、それはカーボローディング法ではない
(それはただの腹ごしらえ)
・カーボローディング法は、飢餓状態と過剰回復を上手に繰り返すことで、
グリコーゲン在庫の一時的な積み増しを狙う
最低でも月単位の仕込みが必要
(気まぐれに1日偏食しても、過剰な炭水化物は脂肪に変わるだけで、グリコーゲンの積み増しにならない)
・カーボローディングにせよ、はらごしらえにせよ、パスタは腹持ちする・しない、件と関係がない
(細胞膜の中に糖質が閉じこめられていない、粉ものや麺類は、腹持ちしない)

yahoo知恵袋の件は、カーボローディング法にならない
これは、たんに直前に糖分を摂る、はらごしらえ、の話
そして、これは「パスタは腹持ちがよい」ことの証明材料にならない

353 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:49:13.86 ID:1eIOUiyG
だから霞ヶ浦には何言って無駄だって。
分からない馬鹿だな。スルーが唯一の策だよ。

354 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:52:41.95 ID:KwLa5A6B
>352 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:31:10.37 ID:0as5SVzZ
>319 あいかわらず回答になっていません
>先週と同じ話を、また書く
>・パスタは腹持ちしない(粉ものは腹持ちが悪い)
>・試合の直前に炭水化物を摂ることは良いことだが、それはカーボローディング法ではない
>(それはただの腹ごしらえ)
>・カーボローディング法は、飢餓状態と過剰回復を上手に繰り返すことで、
>グリコーゲン在庫の一時的な積み増しを狙う
>最低でも月単位の仕込みが必要
>(気まぐれに1日偏食しても、過剰な炭水化物は脂肪に変わるだけで、グリコーゲンの積み増しになら>ない)
>・カーボローディングにせよ、はらごしらえにせよ、パスタは腹持ちする・しない、件と関係がない
>(細胞膜の中に糖質が閉じこめられていない、粉ものや麺類は、腹持ちしない)
>yahoo知恵袋の件は、カーボローディング法にならない
> これは、たんに直前に糖分を摂る、はらごしらえ、の話
>そして、これは「パスタは腹持ちがよい」ことの証明材料にならない

> お願い

>貴殿の正しい博識で、下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを、書き直して>ください。

> 「カーボ・ローディング(Carbohydrate Loading)とは、スポーツなどの場面で、運>動エネルギーとなるグリコーゲンを通常より多く体に貯蔵するための運動量の調節及び>栄養摂取法である。
>グリコーゲン・ローディングとも呼ばれる。」

> 下記、ウィキテペディアのカーボ・ローディングを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

355 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 19:53:17.09 ID:KwLa5A6B
腹持ちは、食品によって違います。
食パン(95)とライ麦パン(55)で違います。
運動選手達は、自分のするスポーツと、食品を考えて、試合前に食べる食品を選んでいるのです。

GI値とは
正式には「グリセミック指数」と言い
炭水化物が消化によって糖に変わり
血糖値を上げるまでどのくらいのスピードか?
というものを数字で表したものになります。
GI値は数字が大きいほど
血糖値が上がるスピードが速いと
見ることができます。
血糖値が急激に上がりやすい
(=消化スピードが速い)のは
「白い精製されたもの」で
例えば白米や小麦粉、白砂糖などです。

白米(88)
パスタ(65)
食パン(95)
ライ麦パン(55)

下記、GI値を下げるには食品の組み合わせがカギ!食べ方ひとつで健康に!を参照ください。

ttp://eminews.jp/?p=1329

356 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:04:25.93 ID:KwLa5A6B
>662 :名無し三等兵:2016/01/12(火) 21:00:39.94 ID:SoSTlU4v
>北朝鮮の拉致や、中韓の島占拠、境界線の侵犯等
> 国際法上、戦争しかけてもOKな行動なのでしょうか?
>それを理由に日本が戦争すべきだとは言いませんが、
> 普通の対応なら戦争ものなのでしょうか?
>それとも外交と軍備をちらつかせる程度でしょうか?

日本が対応しないのが、悪いのです。

中国が、尖閣諸島を自国の領土だと主張しました。
日本は、子孫は賢明で、彼らが解決するだろうとして、断固たる処置をしませんでした。
やっかいな領土問題を担当するのは自分では無いとしたのです。
日本国民は、この先送りに、拍手喝采をしました。
日本は、中国に対する経済援助を続けました。
戦争する前に、出来ることがあるのです。
経済援助を止めることです。
日本は、その当たり前のことを怠ってきたのです。

「釣魚島(尖閣諸島)「棚上げ合意」が再確認された経緯を解明する ...
diamond.jp/articles/-/43375?page=4
2013/10/23 - 日中の二人の学者が2回にわたって、尖閣諸島問題超克の道を提案する。 ...
人が見ていなければケさんにありがとうと言いたいところでした」と応じた上で、「藪をつついて蛇を出す結果になってしまっては元も子もない」と述壊している(注11)。 ...
ケ小平発言に関し、翌26日、『読売新聞』は「“尖閣棚上げ”を強調 次世代に任せよう」、
『朝日新聞』は「尖閣処理 次代の知恵で」、『毎日新聞』は「『 .... 第18期三中全会の意義と日中関係に及ぼす影響 (2013.12.20); 第9回 「領土を守る」とき、何が起こるのか」

357 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:08:54.40 ID:KwLa5A6B
>703 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 09:10:34.95 ID:jbgwSpaR
>日本は特科、つまり砲兵火力そのものより運用構想が凄かったな、
>いざというときは、
>大砲を隠蔽、移動する為山ぶち抜いて大型の秘密陣地やトンネルを作るつもりだった
>し。
>スイスの山岳要塞でも参考にしたのだろうか?
>あの頃の陸自の穴堀技術は世界一だったかもしれない

>704 :名無し三等兵:2016/01/13(水) 09:16:37.49 ID:Unj9o2hA
>703
>スイスというより硫黄島の成功体験が元じゃない?
>しかもあの時と違って一定期間持久できれば米軍による増援が見込める

「大砲を隠蔽、移動する為山ぶち抜いて大型の秘密陣地やトンネルを作るつもりだった」で、実際に作ったのは有るのですか?

イギリスは、ジブラルタルの岩に「大砲を隠蔽、移動する為山ぶち抜いて大型の秘密陣地やトンネルを作」っています。

「つもり」は、簡単に出来ます。
小学校の夏休みの宿題を、夏休みに入って、直ぐにや「るつもりだった」。
B−29より、大きくて、高性能な爆撃機「を作るつもりだった」

日本陸軍は、反斜面陣地を用いました。
沖縄戦などです。
ドイツ軍が、第一次世界大戦中にあみだした戦法です。
陣地を、敵から見えない、山の反対側の斜面に構築します。
沖縄戦では、大分効果が有りました。

「沖縄戦 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/沖縄戦
また、シュガーローフの戦いで威力を発揮した『反斜面陣地』も多く構築されている。
『反斜面陣地』とは、敵と相対する斜面ではなく反対斜面に構築された陣地であり、
反対斜面にあるのでアメリカ軍の砲撃では中々破壊されず、アメリカ軍が山頂に達すると、反対 ...」

358 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:16:01.64 ID:KwLa5A6B
>768 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 11:27:36.10 ID:IHzvlyec
>706
>潜水艦内で拳銃打ったら穴あくぞw

「穴あ」かない!

潜水艦は潜水するのです。
水圧に耐える頑丈な艦体になっています。
「拳銃打ったら穴あ」くことは無い。

第二次世界大戦中の、UボートVIIC/41型:で21mmです。

「UボートVII型 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/UボートVII型
UボートVII型 (U-Boot Typ VII) は、ドイツ海軍の潜水艦で、第二次世界大戦で用いられた。 ... VIIC/41型: VIIC/41型は1941年度計画で計画された艦で、船殻に使用する鋼材の厚さをそれまでの18.5mmから21mmに変更し、最大安全潜航深度を100m ...」

359 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:21:32.04 ID:KwLa5A6B
>776 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:19:31.29 ID:ELKf/mGY
>戦争中に前線で足りなくなるとやばいものって研究されていますか?
>例えば、メシ、タマ、情報、娯楽の優先順位とか

>777 :名無し三等兵:2016/01/14(木) 14:21:30.60 ID:euFv+QVF
>776
>弾薬が最優先
> 残りは付け足し

古来、水攻め、兵糧攻め、は戦法の常套手段です。

第二次世界大戦の、シンガポール戦で、水源地を日本軍に奪取されたのが、連合軍が降伏した大きな理由でした。
第二次世界大戦の北アフリカ戦で、ハルファヤ峠を守っていたドイツ軍が降伏したのは、水が無くなったからでした。
弾薬は有りました。
中国の国共内戦では、長春を共産軍が兵糧攻めしました。
一般民間人が長春を逃げ出すことを許しませんでした。
そのため、多数の餓死者が出ています。
第二次世界大戦で、日本軍はニューギニアなどの南方で、弾薬を持ちながら、餓死しました。

360 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:21:55.75 ID:KwLa5A6B
「業火の牧師 砂漠の狐日誌 - FC2
sdkfz232.blog97.fc2.com/blog-entry-27.html
2007/07/02 - 今日は北アフリカ戦線で活躍した一人の少佐について〜♪♪ 時は1941年6月の ... 慕われていました。
このハルファヤ峠を英軍将兵は『ヘルファイア峠』と呼び出すようになりました。 ...
バッハ少佐以下守備隊は1942年1月17日に補給物資が尽きて英軍に降伏をします。バッハ少佐は ... 日, 月, 火, 水, 木, 金, 土. -, -, 1, 2, 3, 4, 5.」

「マレー作戦 - Wikipedia
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/マレー作戦
大本営は、「(マレー半島内のイギリス軍を放逐しつつ)マレー半島を70日以内で縦断してシンガポールを攻略する」という目標を立て、作戦準備を開始した。 .....
その後は日英軍とともに消耗戦が続き、15日には日本軍の砲弾も底をつき一時的な攻撃中止もやむなしと考えられていたとき、イギリス軍の降伏の使者が到着した。
水源が日本軍により破壊され、上下水ともに給水が停止したことが抗戦を断念した最大の理由であった」

361 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:29:16.82 ID:KwLa5A6B
>802 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 01:06:22.54 ID:BJuIZt/J
>bf109はE型が出るまでは極めて低性能な機体でD型辺りが主力のまま戦争に突入してい>たら
>英国のハリケーンの足元にも及ばずグラディエーターやフランスのモラン・ソルニエ40>6にすら差を付けられて敗退していただろうけどな

単葉引っ込み脚の「bf109は」、複葉固定脚の「グラディエーター」に「差を付けられて敗退していただろう」とは、信じられないです。

「bf109は」ドイツの主力戦闘機でした。
「E型が出るまで」も、複葉固定脚の「グラディエーター」には、まともに戦えただろうと、想像します。

「設計中の時点で、すでにスピットファイアやBf 109のような単葉戦闘機が登場し始めており、実機が配備される前から時代遅れの機体になってしまっていた」

下記、ウィキペディアのグロスター グラディエーターを参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC_%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

362 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:32:51.70 ID:KwLa5A6B
>839 :名無し三等兵:2016/01/15(金) 20:06:17.20 ID:DMlps1on
>パッシェンデールの戦いのwikiに「ドイツ軍陣地の地下に爆発物を大量に仕掛け吹き飛.>ばし、英軍が占領に成功した」という作戦があるのですが
>このような作戦を多用してWW1の塹壕戦を打破することはできなかったんでしょうか?

「できなかったんで」す!

塹壕を「占領に成功した」としても、次の塹壕が控えていました。
イギリス軍の戦車戦や、ドイツ軍の浸透戦術は、部分的には成功しました。
しかし、塹壕戦を抜け出して、運動戦に持ち込むことは、第一次世界大戦では、両軍とも「できなかったんで」す!

「ヨーロッパを主な戦場とした「第一次世界大戦」は、なぜ陸上戦 ...
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › 教養と学問、サイエンス › 歴史 › 世界史
ヨーロッパを主な戦場とした「第一次世界大戦」は、なぜ陸上戦では、「泥沼膠着状態の塹壕長期戦」と化してしまったのでしょうか? ...
開戦直後には、ほとんどの参戦国で、そのような運動戦が可能と考えていたようだが、西部国境を突破したドイツ軍が、マルヌ ...」

363 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:37:49.70 ID:KwLa5A6B
>972 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 19:58:56.14 ID:p80wPOoW
>961
>昔、「キミの大好きなwikiの別項目にはこう載ってるから、キミは間違い。」って指摘>したら、
> 素直に謝ってきた事があったw
> 極端な話、wikiの誤情報を修正した上で、そのwikiのリンクを貼ってやれば全部平謝>り してくると思うw

お願い

「素直に謝ってきた事があったw 」を掲示してください。

364 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:41:59.53 ID:KwLa5A6B
>982 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:34:27.71 ID:5hr1ePfg
>976 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:13:23.98 ID:ugV8rz8C
>カーボローディング
>特殊な状況下での例外話が、プロスポーツ界を含めて、拡散したあと、
>さらにおかしな誤解が付与して、市民ランナー間に広まりました
>(結果があの栄養士のサイトです)
> (流行したからって、有用とか高効率とか限らないのです)
> (明治初期ごろの「戦艦には、衝角を標準装備しよう」アレに似てるかな?)
>それを、カスミン氏はさらに、おかしな自説の論拠に「ねじまげて」使った
>3重に間違えたうえに、関係ない話
>おおもとの話
> 「粉モノ食品は“腹持ち”の向上に寄与しません。逆に腹持ちが悪いです」
> 麺類は、すぐおなかすきます
>(で彼は「いやそうじゃない、麺類はスタミナが出る。カーボローディング」とか言い出した)

365 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:42:35.22 ID:KwLa5A6B
>腹持ちは、食品によって違います。
> 食パン(95)とライ麦パン(55)で違います。
> 運動選手達は、自分のするスポーツと、食品を考えて、試合前に食べる食品を選んでいるのです。

>GI値とは
>正式には「グリセミック指数」と言い
>炭水化物が消化によって糖に変わり
>血糖値を上げるまでどのくらいのスピードか?
>というものを数字で表したものになります。
>GI値は数字が大きいほど
>血糖値が上がるスピードが速いと
>見ることができます。
> 血糖値が急激に上がりやすい
>(=消化スピードが速い)のは
>「白い精製されたもの」で
>例えば白米や小麦粉、白砂糖などです。

>白米(88)
>パスタ(65)
> 食パン(95)
>ライ麦パン(55)

> 下記、GI値を下げるには食品の組み合わせがカギ!食べ方ひとつで健康に!を参照ください。

ttp://eminews.jp/?p=1329

366 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:45:23.50 ID:KwLa5A6B
>982 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:34:27.71 ID:5hr1ePfg
>976 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:13:23.98 ID:ugV8rz8C
>カーボローディング
>特殊な状況下での例外話が、プロスポーツ界を含めて、拡散したあと、
>さらにおかしな誤解が付与して、市民ランナー間に広まりました
>(結果があの栄養士のサイトです)
> (流行したからって、有用とか高効率とか限らないのです)
> (明治初期ごろの「戦艦には、衝角を標準装備しよう」アレに似てるかな?)
>それを、カスミン氏はさらに、おかしな自説の論拠に「ねじまげて」使った
>3重に間違えたうえに、関係ない話
>おおもとの話
> 「粉モノ食品は“腹持ち”の向上に寄与しません。逆に腹持ちが悪いです」
> 麺類は、すぐおなかすきます
>(で彼は「いやそうじゃない、麺類はスタミナが出る。カーボローディング」とか言い出した)

「粉モノ食品は“腹持ち”の向上に寄与しま」す!

「クロマティーは試合前に、スパゲティーを腹八分目に食べていたそうです」。

一律に「粉モノ食品」としているの「が悪いです」。
スパゲティーは、腹持ちが良いのです・
パンでも、食パン(95) とライ麦パン(55) は違うのです。

>白米(88)
>パスタ(65)
> 食パン(95)
>ライ麦パン(55)

367 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:45:47.93 ID:KwLa5A6B
>「初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 776
armybeginner.web.fc2.com/beginner/1361602665.html
>2013/02/23 - 過去ログ ○初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 773 (実質774) ......
プロ野球巨人軍に、クロマティーという、アメリカ人選手がいました。
巨人軍の ...

クロマティーは試合前に、スパゲティーを腹八分目に食べていたそうです。

兵士も同じ ...」

368 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:46:48.92 ID:KwLa5A6B
>986 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:53:46.49 ID:5hr1ePfg
>983 :名無し三等兵:2016/01/17(日) 20:45:30.73 ID:ugV8rz8C
>982 何も食わないよりは、スパゲティを軽く食ったほうが成績は良いね
> クロマティ選手は1990年秋が最後の出場
> 彼の全盛期は、30年も前の話で、たしかに、そのころは
> カーボローディングは流行理論(流行宗教)だったよ
>時代とともに、スポーツや栄養の常識は変わるんだ
> おにぎりを軽く食ったほうが、さらに成績が出ただろうね
>災害救助で穴掘ってる自衛官には、
>そばうどんカンパンよりも、おこわ・赤飯のほうが評判いいですよ
> はらもちがいいから

海軍兵学校では、朝食がパンで評判が悪かったです。

脚気予防のため、朝食をパンにしていました。
しかし、パンは、消化が良すぎて、腹持ちが悪いのです。
生徒達は、空腹感に悩まされました。
食パンの端に当たると、アーマー(装甲)と言って、喜んだそうです。
堅いので、腹持ちが良かったのでしょう。
同じパンでも、ドイツ軍やソ連軍が常食としていた黒パンは、海軍兵学校で食べていた食パンの白パンより、腹持ちが良いそうです。
ライ麦が原料で、堅いからと、想像します。
朝食以外は、麦飯でした。
陸軍は、麦飯でした。
海軍兵学校も、三食を麦飯にすれば、良かったと、想像します。

「パンを食べ慣れている、アメリカやヨーロッパのスポーツ選手たちも、
試合の前には、クロマティーのように、パスタを食べています」。

369 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:47:22.56 ID:KwLa5A6B
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 850 [転載禁止]©2ch.net
peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1441809100/
2015/09/09 - ... ば質問をどうぞ。 前スレ 初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を
849 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1440462448/ ......

パンを食べ慣れている、アメリカやヨーロッパのスポーツ選手たちも、
試合の前には、クロマティーのように、パスタを食べています。 ...

ちなみに、当時の巨人軍の日本人選手たち(現在横浜の監督をしている中畑など)は、
合の前に、ステーキやら鮨やら、ばくばく食べていたそうです。

370 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 20:48:09.21 ID:KwLa5A6B
ドイツの第二次世界大戦中の主食は、ジャガイモでした。

過去の書き込みで「ドイツに主食の概念は無い。肉を主に食べる」との書き込みが有りました。
現在の、豊かなドイツでは、そうです。
戦時中の貧しい食生活では、ジャガイモが主食でした。
しかし、軍が用いるには、難点が有りました。
ジャガイモは、保存と輸送が難しいのです。
そのため、軍は黒パンを主食としていました。
この事情は、ソ連国民とソ連軍についても、同じです。

ドイツの貧しい人々にとって、ジャガイモは主食だったのです。
1842年、ドイツの貧民施設での、1週間の、献立の記録が残っています。
朝食は記録が有りません。
中食は、7日ともジャガイモです。
夕食は、3日がジャガイモです。
4日が黒パンです。
1850年頃のジャガイモの一人当たり消費量は、約120sです。
1890年頃のジャガイモの一人当たり消費量は、約250s〜約300sです。

黒パンの原料になる、ライ麦は、地表に出来ます。
そのため、戦乱の影響を受けやすいのです。
ジャガイモは地中に出来ます。
そのため、戦乱の影響を受けにくいのです。

戦勝国のイギリスでも、ジャガイモの消費を勧めました。
漫画のキャラクターを使って、ジャガイモを食べることを国民に勧めました。

参考図書

『ジャガイモのきた道』山本紀夫著。

371 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 21:14:19.05 ID:C+RrfJH/
>ジャガイモは地中に出来ます。
>そのため、戦乱の影響を受けにくいのです。
踏み荒らされたら、ジャガイモだって、
ふつうに収量は壊滅ではありませんか?
この見解は、西欧史では一般的なのですか?

>参考図書
>『ジャガイモのきた道』山本紀夫著
長文荒らしの人は、過去に何度か、
読んでもいない本を参考文献に並べてハクをつける詐欺
前科があるので、にわかには信じがたい
上段の記述は、この本の中にあるのでしょうか?

この二点、「他の方に」質問いたします

372 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:17:17.96 ID:15t1Cgub
>>340
たぶんアナタの言う「輸送力」ってのは船舶量の事を言うわけだと思うんだけどね。

何か調べるとしたら、終戦後の復員輸送について調べるといいよ。
残存船舶と海軍の可動艦艇全てを投入した大作戦だ。
それで何ができたかって事を調べれば、無理なもんは無理とわかる。

あとは現実的に本土決戦をどこまで考えてたかって話ね。
実際には条件付き降伏についちゃ長いこと検討されてたわけだから、そこで既存の占領地を自ら
手放すような事をすると、本気で本土決戦するか無条件降伏するしか無くなる。

条件付き降伏の選択肢が残っている以上、取引材料として既存占領地は押さえておく必要は
あったわけだ。
だからこそソ連参戦で本当に「本土決戦か無条件降伏か」という選択肢になった時、アッサリと
降伏してたりする。

キミの言うように「陸軍は断固たるナントカ」だったら、降伏などせずに現有戦力で本土決戦してたと
思わないかね?
で、そのために真面目に陣地構築してたと思わないかね?

キミは精神論で現実を「おかしい」と言ってるけど、現実の事象を積み重ねると、本土決戦自体
実際にはやる気が無かった事になるんだよ。
その前提に立つと、兵隊にやたら帰ってきたって食わせるのに困るから、そのままの方がいいんだわ。

373 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:20:21.08 ID:S3uxa5Md
>>340
とりあえず海上護衛戦読んだら?
著者の思想や持論はともかく船舶量と物量に関しては正確な資料だから
軍規模の陸軍部隊の輸送とか昭和20年には無理だとよくわかる

374 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:20:35.86 ID:hGJABjSL
>>371
植物は葉っぱに日をうけて生きているんだから踏まれれば弱るのはあたりまえ

じゃがいもは本来有毒で、原産地では毒抜きのために凍結・乾燥してから
食料にしていた
当然ながら乾燥すれば保存と輸送になんの問題もない
現在でもマッシュポテトの素というものがある

375 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:29:56.30 ID:PStqRSxd
>>372
まあ後は仮に本土決戦を考えてたとしてそれをいつから考えていたかという話だな
ギリギリになって兵を引き上げようとしても陸地をテクテク歩いて船舶も準備が必要だから大変よ

376 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:40:37.30 ID:OsMz9oWJ
質問なのですが105mmや122mmクラスの
野砲が主流から外れたのは迫撃砲の進化や
ロケット砲の進化で相対的に価値が下がったということでいいんですか?

377 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:45:10.40 ID:rDyAtzJe
カスミンを黙らせる方法ってないんか
構うなって理由は分かるが、なんで常人の方が道を外してる方の行動に迎合せないかんのだ

378 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:47:40.82 ID:S3uxa5Md
>>377
SCにでも誘導して向こうで独演会やらせよう

379 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:48:23.56 ID:+gGTwEDb
>>376
https://ja.wikipedia.org/wiki/M119_105mm%E6%A6%B4%E5%BC%BE%E7%A0%B2
105mmは今でも米陸軍で現役で使われてるが。

380 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:49:25.46 ID:dweAVVzX
>>377
2ちゃんねるにおいて特定個人の書き込みを「見ないようにする」ではなく「対象が書き込めないようにする」には
運営に頼んでアクセス禁止にしてもらうしかない。

カスミンの書き込みは「間違っている」かもしれないが「規約に抵触する行為」ではないのでアクセス禁止を依頼しても
通る見込みはほぼない。

なので諦めるしかない。

なお「構うな」はあまり意味はない。
仮に誰もレスを付けないようになってもカスミンが特定の日時に延々と書き込みを続けることは変わらない。

381 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:52:02.31 ID:+gGTwEDb
つまり見かけた瞬間にNGするというのを徹底するだけのこと。

382 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:52:39.34 ID:PStqRSxd
連投規制を厳しくするという手もあるがそういう話は自治スレで

383 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:56:02.40 ID:YWTVl+1l
自動小銃や機関銃で撃たれた時、撃ってきた曳光弾が赤なら西側火器、緑なら東側火器って今でも通用しますか?

384 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 23:05:48.92 ID:Xf6iJr0Y
>>383
最近は原型が東側でも西側のNATO弾が使えるように口径を変更してるものや
民生モデルで東側の弾薬対応してる西側火器なんかも珍しくないので
その見分け方は通用しない。
わざわざ世界の半分の市場を切り捨てるような商品展開をする必要がないからね

385 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 23:06:20.82 ID:rp0r8wjj
>>313-314
>「規則」が存在しません

「規則」の有無は尋ねられてないのですが
それはさておき、「規則」がなければ個人活動レベルが他企業との交流の場に勝手に公立学校名を持ち出して構わないんでしょうかね
社交ダンスの集いに東中学校社交ダンス部なんて名乗っては如何ですか

QC大会の「参加企業名」に出ている以上、「組織の公認の下でのQC活動であり大会参加である」としか解釈できないんですが
未公認な個人単位の活動に看板の無断持ち出しを一般企業でやって発覚したら始末書で済めば御の字だけど
公務員は世間の風潮に疎いんでしょうな、当人も上司も組織も

386 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 00:40:02.35 ID:kD9siWyL
>>380
最近は軍事に関係無くカスミンそのものの身の上に対する質問をしてる奴が居るようだが、気のせいだろうか。

387 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 00:41:47.97 ID:xyh29+c3
>>386
だから「荒らしにレスする奴も荒らし。荒らしだと思ったらNG指定して以後忘れる」という
NGアンドフォーゲットが基本だしそれが求められるのだ。

「荒らしにレスする奴も荒らし。荒らしだと思ったらNG指定して以後忘れる」
はここの絶対的交戦規則だ。

388 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 01:29:14.45 ID:9rWn7O1c
競馬場帰りに駅前でカップ酒片手にブツブツ言ってるジイさんと思えばかまう気もなくなるし、それをからかって喜んでるバカは意見しても無駄だから無視するのが一番。

389 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 02:44:55.75 ID:3POCHMq+
ドイツはWWIの開戦理由を明確には公表しなかったといったようなことを昔別宮氏が言っていたのですが本当ですか?

390 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 04:12:42.74 ID:aoBkGtFp
StG44を配備したころのドイツ軍について質問なのですが
分隊支援火器であるStG44はクルツ弾でMG42は8ミリモーゼル弾ですよね?
ということはStG44を配備した部隊においては分隊支援火器と歩兵の小銃の弾が違う状態が最後まで続いたという認識でよろしいのでしょうか?
またこれによって重機関銃と軽機、小銃の弾が違った日本軍みたいに補給の混乱が発生することがあったのでしょうか?

391 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 06:44:41.69 ID:5WtW8WYQ
>>389
WW1がどうして始まったか、明確に説明できる人間はまず存在しないよ
ただただ無数の仮説があるだけだ

392 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 08:31:12.83 ID:hf+rKWAF
F-35が一機も撃墜されなかった去年のグリーンフラッグ演習ウェスト15-08についてですが
この時に参加した戦闘機や攻撃機は低空、高空どちらでCAS演習を行ったのですか?
この演習について詳しい方が居れば教えてください

393 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 10:31:46.55 ID:sSJlOrkU
>>390
そのとおり
重機関銃と小銃、拳銃の弾薬が別々なのはどこでも当然だし
一種類増えることでムダは生ずるが益の方が大きいと考えられた

火器は弾があってなんぼでもあるが効果発揮してなんぼでもあるので

394 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 11:36:07.48 ID:KnpEkLPH
「たまに撃つ 弾が無いのが 玉に傷 」は、自衛隊の実弾射撃訓練事情を表した川柳ですが、
外国軍での実弾射撃訓練はもっと多いのでしょうか?

常任理事国軍や、紛争地、紛争地に順ずる緊迫地域の軍は、当然に実弾訓練量が多いでしょうが、
一応平穏(そうに見える)国(カナダ、オーストラリア、北欧)の軍だとどんなものでしょう?

平穏な国と比べても自衛隊の実弾射撃の使用量は少ないのでしょうか?
平穏な国と比べて同じぐらいだったら、気にすることは無いという事になりますが、
もし、平穏な国と比べてもなお少ないと言うのであれば、どのような理由が考えられるでしょうか?

395 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 11:58:41.04 ID:Z2OwT2vB
かわぐちかいじさんの漫画を読んで気になった事
「沈黙の艦隊」では自衛隊の潜水艦の魚雷発射管は艦首両脇に3本ずつ配置されてましたが、
「空母いぶき」では艦首上部に6本と配置が大きく変わっていました。
どういう経緯があってこのように配置が変わったのでしょうか?

396 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 12:03:02.48 ID:P1Cxpy/9
>>389
少なくとも1914年8月4日にドイツ政府がドイツ帝国議会に開戦に至る外交経緯の白書を提出
してるけどそういうことではなくて?

397 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 12:39:17.43 ID:sSJlOrkU
>>394
平穏でない北朝鮮よりずっと多いみたいだから安心したら?
ttp://www.dailynk.com/english/read.php?cataId=nk02900&num=5686

398 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 12:56:30.42 ID:9WboA9VN
9M111と9M113はなぜ同時期に同じような
ミサイルを開発したのでしょうか?
設計局間の競争を期待したのですか?

399 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 13:17:03.90 ID:FKaP95uz
>>391
かっこつけた演説してるとこ悪いけど
便宜上国家が開戦理由としてる物と実際にどうして始まったかの説明は別

400 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 15:04:03.07 ID:9rWn7O1c
>>398
ttps://en.wikipedia.org/wiki/9K111_Fagot#History
ttps://en.wikipedia.org/wiki/9M113_Konkurs#Description
ここの記事によると個人携行用と車載用の二種類の対戦車ミサイルを作る計画があって9K11は前者で9M111は後者。

401 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 15:43:09.73 ID:xyh29+c3
>>395
潜水艦のソナーが艦首に全周型のものを装備するのが一般的だった頃は
魚雷発射管は左右に分けて配置されてた。

技術の進歩でソナーが必ずしも艦首に大型のものを装備することが必要ではなくなると
魚雷発射管は艦首に集中的に配置される方式に戻る。

402 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 15:50:59.79 ID:02+pArUs
KC-97について質問です
・このタンク↓は、重量バランス的に問題無いのですか?横倒しにできるとか?
http://amcmuseum.org/wp-content/uploads/2014/10/DSC_00191.jpg
・後にジェットエンジンを増設して4+2発機になりますが、エンジンを換装しなかったのは
何故ですか。ターボプロップ化で出力不足もガソリン/ジェット混載も解決するのに‥
・翼外側に(ジェットではなく)ポッドを積んでる機体がありますが、コレは何ですか?
www.boeing.com/history/products/c-97-stratofreighter.page

403 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 16:02:51.78 ID:9rWn7O1c
>>402
>>・翼外側に(ジェットではなく)ポッドを積んでる機体がありますが、コレは何ですか?
The KC-97Gs had additional 700-gallon (2650-liter) external fuel tanks under each wing and could dispense 8,513 gallons (32,225 liters) of fuel while carrying 96 troops.

質問する前にまず自分で引用してるサイトの文章をよく読んでください。

404 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 17:08:52.07 ID:9rWn7O1c
>>402
・後にジェットエンジンを増設して4+2発機になりますが、エンジンを換装しなかったのは何故ですか。

レシプロからジェットへの転換期には出力増大のために既存のジェットエンジンを増設するというのが改造やエンジン開発の手間もいらず簡単だったから。
KC-97の原型でもあるB-29の改良型のB-50もジェットを増設したタイプがあるし、B-36やP2Vネプチューンなどレシプロとジェットを併設した機体は他にもある。

405 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 17:27:36.06 ID:sSJlOrkU
増設したジェットエンジンは必要時のみ(高速ダッシュ、高度獲得、最大ペイロードなど)使用
することも多かったので、ふだんはペラでおとなしく飛んで必要時だけ使うのは悪くない考え

キャンベラだっけのシギント型で元々ジェットだけど高高度に上がる時だけ増設ジェットも
使うってのもあった

でかいエンジンに替えて回しっぱなしは気が利かないって考えもあるわけ
特にでかいエンジンがなかなかパッとしない時代には

406 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:08:37.51 ID:sqFWY7Sw
でもトマホークってまだ有効なのか

炸薬が多いから攻撃力は非常に高いが、今となってはあまりにも遅いので撃ち落とされまくるんだが

ブラーモスやSS-N-27の最終突入段階のように、マッハ2.7で飛ぶとかしないと当たらないぞ

日本もマッハ3で飛ぶ対艦ミサイルを作ってるよな

トマホークは最初から最後までずーーっと800km/hでノンビリ飛ぶから、
見えてから当たるまでに10秒くらいかかって落とされる可能性が高い




どうなの

407 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:10:38.98 ID:jITuTlgO
ウィキペディアのレインボープラン・カラーコード計画記事を読んで気になったのですが
近代〜WW2前のアメリカ合衆国においてロシア(ソ連)は仮想敵国に「なりえない」とされていたのでしょうか?

WW2以前の軍事技術では、ロシア側からどうにかして先制奇襲攻撃を受けたとして
「リメンバーパールハーバー!」みたいな勢いで報復戦争を行うにしても
太平洋側からは極東沿海州・シベリアを通らなければモスクワまでは行けませんし
サンクトペテルブルク(レニングラード)を目指すにしてもイギリスなどの北海に影響力を持つ国々を味方につけない限り
阿呆みたいな航路を通らなければなりませんし……
逆に日露戦争後ロシア帝国〜ソ連海軍がアメリカまで行くことも無理でしたよね……

408 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:16:17.77 ID:xyh29+c3
>>406
トマホークは基本的に対地目標用の巡航ミサイル(対艦型もあったけど)なので
別にそんなマッハで翔ぶ必要はないし。

アメリカの開発した他の巡航ミサイル(ALCM/ACM)も速度は800km/h程度だし、
ソビエト/ロシアの同種の対地巡航ミサイルもその程度なので、音速で飛ばないことは
さして問題にはなっていないと思われ。

409 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:26:28.78 ID:FKaP95uz
>>407
http://www.alternatewars.com/Interwar/American_Color_Codes.htm
入ってるけど
wikipediaのは二十年代策定の代表的なプランだけだろ

410 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:33:18.81 ID:jITuTlgO
>>409
すいません 詳細をもっと読める文書やサイトなどはわかりますでしょうか?

411 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:38:14.86 ID:zQfEcqgh
何よりも4発のエンジン換装、ナセルの再設計など手間もコスト面でもジェットエンジン追加よりもメリットがなかったから。
>ガソリン/ジェット混載
燃料の事をいってるんだったらC-97.P2V、B-36など追加されたターボジェットエンジンはメインのレシプロエンジンと共用のガソリンを使用していた。

412 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 19:39:04.35 ID:9WboA9VN
>>400
ありがとうございます
運用目的が違うのですね
というとTOW一本で済まそうとしたアメリカはやはり合理的だったのですね

413 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 19:43:45.97 ID:pqRw/kT6
漫画「ゴールデンカムイ」では日露戦争復員兵の主人公が軍服・銃含め軍装一式そのまま持ち歩いてたまに発砲もしてますが
実際、当時の復員兵がそのまま装備を私物化するのはよくあることだったんでしょうか

「復員兵 装備 回収」といったキーワードで検索しても詳しいサイトを見つけることが出来ませんでした

414 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 19:44:51.19 ID:xyh29+c3
>>412
アメリカはドラゴン(M47)ってのも平行して使ってたし今もジャベリン(FGM-148)ってのを平行して使ってるぞ。

415 :414:2016/01/25(月) 19:45:24.25 ID:xyh29+c3
おっと、「並行」だった。

416 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 19:58:48.06 ID:wxIkjDIc
アルゼンチンの日系人から、下の勲章と外箱に書いてある文字を教えてくれと
言われたのですが、わかりませんでした。

勲五等双光旭日章ということだけはわかったのですが、読める方いますか?

http://i.imgur.com/YGRfDXx.jpg
http://i.imgur.com/IFo3gch.jpg

417 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 19:59:59.19 ID:VKWYbFDv
WWIIではアメリカのガトー級、ドイツのUボート、日本の伊号などの潜水艦が活躍していますが、
イギリス軍の潜水艦のエピソードは聞いたことがありません。
イギリスの潜水艦が活躍したエピソードを教えてください。

418 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 20:06:28.23 ID:9WboA9VN
>>414
ドラゴンは確かにその通りですね
見落としていました。
ジャベリンについては勝手にTOWの後継と
思っていました。
ジャベリンといえば同種のミサイルは
ロシアは持っていませんがこれはやはり
コストと輸出を念願に置いているから
という理由なのでしょうか

419 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 20:10:45.19 ID:9WboA9VN
と思ったらAT-15という赤外線誘導のミサイルがあるみたいですね

420 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 20:11:38.21 ID:wxIkjDIc
自己解決しました。

勲功旌章
勲六等単光旭日章

421 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 20:14:54.73 ID:9rWn7O1c
>>417
地中海では北アフリカとマルタをめぐる攻防でドイツおよびイタリア軍への補給路を断つために潜水艦が派遣され、大きな損害を出しながらも戦果を挙げてる。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/U%E7%B4%9A%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6_(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%B5%B7%E8%BB%8D)
地中海における16ヶ月の作戦行動中に、アップホルダーは24回の哨戒に出撃し、11万9000トンの枢軸国艦船を沈めた。
これら艦船の中には、Uボート3隻、駆逐艦1隻、輸送船15隻、さらに巡洋艦および駆逐艦と思われる艦艇が含まれる。
しかしながら、第2グループの艦の喪失は多く、戦後まで生き延びたのは3隻に過ぎない。

ハヤカワから「イギリス潜水艦隊の死闘」という本が出てるので詳しくは買うか借りるかで。

422 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 22:38:40.31 ID:VKWYbFDv
>>421
ありがとうございます。
こんな出来事があったのですね。
勉強になりました。

423 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 23:53:20.31 ID:OZ+1s8LU
>>389
まあそういえないこともないようだな
リデルハートの第一次世界大戦に宣戦布告の内容がちょろっと書いてある
なんだこれって感じ

424 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 03:58:18.17 ID:BX5BTDzR
>>413
一つの指標として。

日露帰りのマタギ、山本兵吉は戦争で鹵獲したベルダンライフルを持ち帰って狩猟に使っています。
日本最大の熊害事件である三毛別羆事件の際、質屋に入れていたベルダンライフルを返してもらってから現地へ向かったそうです。
また、兵役を終えた後も軍帽は常に身に着けていたそうです。
日本軍制式小銃等の装備に関してはわかりませんが、少なくとも鹵獲品と軍帽は私物化出来たようです。

425 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 07:17:47.52 ID:ah82vHYW
この車両はジャンルで言うと何?
装甲車?戦車?
https://goo.gl/maps/7HTkmqNQ8P72

426 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 08:32:20.67 ID:FRkllenI
  
 
 
 米公文書で昭和帝がCIA工作員だったってよ
 売国 岸同様
 一応 gov だが
 ソース文書そのものが偽造もありうるが

  
  

427 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 09:02:54.79 ID:1vU/pziU
統合失調症になったまま任務を続けた士官のデータ等はありませんか?

428 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 09:10:53.61 ID:16//1fiw
 
   
  
 もちろんリストには岸の名も

 ついでにヒトラーもCIA工作員だった
 こいつは戦前からだろう
  
 昭和帝が いつから工作員になったのかが問題
 仮に敗戦直前だとしたら・・・
 まあ 命が惜しくて祖国を裏切った岸と同時点とでも思って
 慰めるか?
 米政府とは言ってもソースそのものが偽造もありうる 念のため付記な

429 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 09:40:52.94 ID:X+ZlzxKt
>>425
装甲車か戦車かって言ったら装甲車。

ただ、装甲車ではあっても特殊な車両で、ただの装甲車ではないように見えるが・・・。
詳しい車種まではわからない、スマン。

430 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 09:58:16.00 ID:11jC8RVi
>>425
MT-LBかそのバリエーションに見える(転輪7つだからLBuか)
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/MT-LBu

戦車じゃないから二択なら装甲車だし装甲車としても使われているが
軍用汎用装軌車両ってのが正確でないかい

431 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 10:03:20.21 ID:M5kKaar7
昔、戦車の車体を流用したバリエーションの総称として「工作車」という分類があったけど、今は使わなくなったのか

432 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 10:26:21.06 ID:X+ZlzxKt
>>431
これオブイエクト123車体だと思うけど・・・まあMT-LBとほとんど同じようなもんだが。
海軍歩兵の車両だってことはマーキングからわかるね。

>>431
「戦闘工兵車」とか「装甲工作車」っていうジャンルは今もあるよ。

433 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 10:59:15.04 ID:1vU/pziU
とあるトヨタ車は銃座がちょうどよい具合に取りつけられると聞いたのですが本当ですか?
またどの車種なんでしょう

434 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 11:18:02.85 ID:Hf/jDxUX
トヨタウォーでぐぐりなさい

435 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 12:02:28.05 ID:+dlY27tW
>>408

対水上用トマホークって終わったんだっけ

436 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 12:18:14.27 ID:X+ZlzxKt
>>435
TASM(対水上目標用トマホーク)は既に引退済み。

理由として
*こんな射程の長いもの(約450km)で狙うような目標をどうやって発見するのか?
 「航空機かヘリで捜索して…」「その捜索機からハープーンでも撃てよ、どれもASM積めるだろ」
*ものすごく高価なミサイルだが、これで撃つような価値のある敵がいるのか?
 「空母とか…」「うちの国以外に狙う価値のあるようなレベルの空母は世界に2隻しかないだろ」
 「巡洋戦艦とか…」「ミサイル戦やるならあっちのほうが強力なミサイル積んでるぞ(こっちを発見できればだけど」
なにより
*「なあ、これで地上目標も撃てんの?」「対艦用は地上用としては使えません」「…」
ということで、「積むだけ搭載スペースの無駄」ということになって引退した。

437 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 12:56:45.50 ID:11jC8RVi
>>436
中国の脅威に合わせて復活の兆し
長射程をデータリンクで補う

昨夏対艦トマホークの実射テストが行われてる
ttp://breakingdefense.com/2015/08/pit-lrasm-against-tomahawk-for-anti-ship-missile-vadm-aucoin/

438 :432:2016/01/26(火) 14:00:21.46 ID:X+ZlzxKt
ごめん前段は>>430宛てだった。

で、これオブイエクト123車体(GM-123シャーシ)だと思ったけど転輪が7組あるから
GM-124シャーシやね。

しかし、自分の知ってる範囲ではGM-124シャーシの実用車って2K11 SAM用の
1S32レーダー車しか無かったと思ったが・・・。

このシャーシ使った試作車は山のようにあるようなので、そのうちの1台かな。
なんでペトロハバロフスクカムチャツキの海軍基地に海軍歩兵のマーキングで
飾ってあるのかは知らんが・・・。

439 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 15:13:39.30 ID:tZeVpPOU
北方領土に装甲車が配備されてると日本のマスコミが騒ぐけど、実のとこあの辺泥将軍が洒落にならなさ過ぎて、
装軌車両(たいてい装甲車)でないとそもそも一歩も動けんだけの話なんだよ実は(´・ω・`) だとか大昔に読んだことがあるけど、カムチャッカでもそれは同じじゃないかな。
過酷な環境での「ただいま整備中」分含めれば定数の三倍でも足りん気がするし、MT-LB系の足回りのきちんと動くクルマで員数外のがあったらなんでもいいからよこしてくれ、てなノリで。

440 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 16:26:21.43 ID:Dg42WfSJ
昭島ってとこ住んでるんだが横田方面から南に戦闘機が何機も飛んでったけどラプターってやつだろうか?
いつもの輸送機より遥か上空を飛んでるのに比べ物にならないくらい物凄い音だ

441 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 16:38:03.21 ID:X+ZlzxKt
>>440
横田基地には戦闘機部隊は常駐してないので、今日今頃であれば戦闘機ならそうかも。

442 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 16:45:48.44 ID:ToIoIAQn
>>440
北朝鮮のおイタが過ぎたので、示威を兼ねてラプタンを見せつけに来たとのもっぱらのうわさ。

443 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 16:53:41.15 ID:tZeVpPOU
ラプターだよ。アラスカのが金曜日頃から来ていて昨日今日で発進した模様。入れ替わりにF-16が来るそうだ。

444 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 16:54:02.20 ID:Dg42WfSJ
そうかぁ
普段書いてある字が読めるくらい低いとこ飛んでる輸送機よりうるさくてビビってしまった
我が家に対する示威としては十分だw

445 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 16:57:53.52 ID:tZeVpPOU
行政ソース忘れてた。
http://www.city.akishima.lg.jp/s009/010/020/080/20160120185358.html

あと北朝鮮だけじゃなく、台湾総統選も当然絡んでるだろうね。口にはしなくとも。

446 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 17:23:26.11 ID:ToIoIAQn
輸送機ってもギャラみたいな古いやつは戦闘機も顔負けの轟音を轟かせていくが、
リニューアルしたギャラやC-17、KC-135なんかは民間機と大して変わらないエンジンだから静かなもんだよな。

447 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 17:52:34.43 ID:BznUNV9f
戦中の羽布塗装について、↓などを見ると、欧米が難燃性のアセチル系に移行した後も
日本では可燃性のニトロ系の使用が続いた。と読めますが合ってますか?
とすると、羽布部分の燃焼性には大きな差があったのでしょうか?

448 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 17:53:08.18 ID:BznUNV9f
URL抜けてました
ttp://angelof.web.fc2.com/subdp1.htm

449 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 18:17:50.31 ID:PIYZs/ij
潜水艦の中央上部に飛び出している
楕円柱状の部分。
潜望鏡が出たり、クルーがハッチを開けて顔を出したりするあの部分の名称
を教えてください、
あと潜望鏡の収納と移動通路以外に何が詰まっているのかとかも。

450 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 18:23:43.11 ID:8wUTFV0c
>>396
対外的に「帝国が侵される恐れがあり〜」みたいなことをいってるけどその帝国が侵されるものは領土なのか権威なのかさっぱり、みたいな話だったはずです。うろ覚えですけど・・・

451 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 18:23:44.12 ID:HnhATAhB
>>449
セイル
潜望鏡とか上部の見張所に行き来するためのハッチとか通信アンテナとかフロート式通信アンテナとか電子戦用のアンテナとか。
セイルに潜航時に船体を上下させる潜舵が付いている場合はそれを動かす機構も。

452 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 18:25:06.44 ID:yDjoIwr8
>>442
やっぱアメ公のほうがよっぽど好戦的じゃんか

453 :名無し三等兵:2016/01/26(火) 18:33:52.69 ID:B4KJw6I+
>>447
戦争末期の物資の欠乏でニトロ系で代用する事があっても
基本日本もアセチル系に移行していたと読めるが
上のURLの参照先でも
> 海軍では羽布塗料の耐湿性の問題からアセチルセルロース系
> ドープの再検討も行われた
とあるのは当時標準化していたアセチル系ドーブの加水分解を
心配したからだろうし

454 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 02:15:18.99 ID:q66ISp2E
遊就館にある九六式十五糎榴弾砲ってバックナー中将を仕留めたものと同一のものでしょうか?

455 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 02:32:51.33 ID:2B8JBg4G
飛行機に興味が湧き、知りたくなったのですが
第二次世界大戦当たりからそれ以降の戦闘機、爆撃機など軍事目的で使われたものが載ってるサイト、本などを教えていただきたいです

456 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 02:55:06.65 ID:+uLDU0ph
>>455
軍用航空機データベース
http://www.m ilitary.sak ura.ne.jp/aircraft.htm
なんかNGワードが入ってるって言われるな・・・

457 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 03:15:00.09 ID:FfhSnChF
>>456
さ○らがNGなんだよ

458 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 03:24:37.41 ID:lC4RBDrj
三兵戦術の元を作ったマウリッツ公オラニエについてですが
彼の時点ですでに銃兵が横に長く列を作る隊形を編み出していたんでしょうか?それともまだテルシオのようなもので横隊はグスタフアドルフになってからなんでしょうか?

459 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 03:53:06.58 ID:bK6Gp4L2
>>458
こんな感じ
http://i.imgur.com/vVjpL2N.jpg
このころの銃兵はカウンターマーチをやってて列の数は5列から10列くらいが標準だね。
それより薄いと射撃戦でどの列も撃てない時間が出来ることになる。
戦列が横に広くなるのはグスタフ・アドルフによって歩兵を直に支援する野砲が発達して、
砲弾の性質上深さのある戦列では被害が大きくなるようになってからが大体の転換期だね

460 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 08:08:18.81 ID:idHas5Tt
>>438
>>425の車両はロシアのGMZ-3っていう地雷敷設車。
GM-124の元になったSU-100Pっていう試作車両から発展したものの一つ。

ロシア海軍歩兵の工兵隊が装備しているので、ペトロハバロフスクカムチャツキーの海軍基地に展示されているのはその関係だろう。

なので、(もう見てないかもしれないが)「戦車か装甲車か」と問うなら装甲車だ
>>425

461 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 10:01:53.23 ID:HuXRrBXj
後端の装備はそのためのものか

ありがと >>460

462 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 12:09:39.62 ID:idHas5Tt
>>461
なお展開状態にするとこんな感じ
https://oplatsen.files.wordpress.com/2011/11/gmz_minplog.jpg

463 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 12:28:43.48 ID:HuXRrBXj
なーるほど。納得。

464 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 12:50:33.19 ID:tYTCGFKf
リング型の撃鉄は、鉤爪型の撃鉄と比べて、服などに引っかかりにくい他に、どんな利点がありますか。

465 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 14:43:12.60 ID:YA/KvUZA
>>464
http://www.warbirds.jp/ansq/41/D2001170.html

466 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 15:30:01.32 ID:ZRvys5u4
>>455
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E5%BC%B7-%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%BB%8D%E7%94%A8%E6%A9%9F%E5%9B%B3%E9%91%91-%E5%9D%82%E6%9C%AC-%E6%98%8E/dp/4054057713

オールカラーページで戦闘機、爆撃機はもちろん輸送機や哨戒機まで載ってる。けっこう読みやすいと思うよ

467 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 16:23:14.44 ID:rjdWFGOD
バイカル(Байкал)。ロシアに拠点を置くUralVagonZavodが発表した57mm砲を実装した無人型戦闘モジュール。また写真が砂漠カラーなのは顧客の指定とのことでUAV(無人航空機)や地上などを攻撃する。最大射程は16km。 https://t.co/HMLohjnsTB

これって高射砲な使い方もするってことですか?

468 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 16:38:47.05 ID:AHB3cbFy
>>467
こいつのベースとなったソ連の57mm機関砲はそもそも対空機関砲だしね

469 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:02:33.94 ID:nfYEyAat
>>454
あんなウヨ史観に凝り固まったような場所に行くなよ

470 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:16:30.61 ID:nfYEyAat
つーか靖国のトンデモ史観を攻撃しないとこに軍板の偏向っぷりが透けて見えるよな

471 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:33:40.75 ID:2B8JBg4G
>>456
>>466
ありがとうございました!

472 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:35:16.26 ID:MLSjFSSd
>>451
ありがとうございました。
見た目通り「頭的ですね」

473 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:49:46.61 ID:RdxPI4DU
>>470
靖国の史観は普通の人が持っているもの
歴史的事実をある視点から見たものであって貶されるものではない

474 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:55:47.63 ID:FfhSnChF
つーか日本人的思考回路では、一般的な許容範囲を超えた
トンデモ史観は、例えどれだけの「権威」が押し付けてきたとしても
自動的に無視されるということが470みたいな韓国人思考回路の
人には理解できないんだよ

475 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 18:59:33.03 ID:7A/aLopr
F-35各機のRCSの違いとかという情報はないですか?
主翼が折れる分C型が不利かなぁって思っているのですが

476 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:06:22.01 ID:r+LsAtIN
質問
なぜマッカーサーはGHQの司令官に選ばれたのでしょうか

477 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:10:19.88 ID:rjdWFGOD
>>468
ありがとうございます

478 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:12:08.56 ID:2NL+ihWg
術校の資料室で読んだ米海軍CLARK中佐のレポートをみたら
ドイツ空軍の訓練生の数が43年の3万6000から
44年には半分以下になってましたが、ドイツ空軍は44年の時点でパイロット養成に支障がではじめてたのでしょうか?

訓練生の死亡率は43年の10月以降はどんどん上がってます。

あとドイツ空軍の総死者が46万人と書いてあってパイロットや訓練生の数と剥離しすぎているような気がします。

出展やレポート自体も全て英文、洋書なので調べる気力もありません。

479 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:13:15.31 ID:dSwmjCSz
一流のスナイパーはヘッドショットしないというのはホントでしょうか?

480 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:15:19.73 ID:lC4RBDrj
>>459
4行目の「薄いとどの列も撃てない時間が来る」っていうのは装填が間に合わないってことですよね?
グスタフの時代になって3列ほどになった時はその問題は銃の改良という点で解消されたんでしょうか?

481 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:18:29.49 ID:1vrV55xN
>>478
戦死傷者の数には、空軍野戦師団やHG装甲師団、さらに空挺のものも入ってる。

482 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:20:20.52 ID:bR6Naly/
>>470
ほーん、で?

483 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:22:26.58 ID:Sqe6jW1G
>>478
空軍だからといって全員がパイロットや航空機搭乗員なわけではありません
むしろそれ以外の支援職種の方が数において圧倒的に多い

加えて末期には空軍野戦師団が10個単位で編成されてその大半が壊滅してるような状況なので戦死者46万は何も不思議ではない

484 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:31:45.61 ID:6dclyrLA
>>464
ハンマーバイト対策
穴は重量配分を変えない為

485 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:10:09.74 ID:idHas5Tt
>>479
軍用の狙撃だと死亡は狙わず負傷させるように狙ったりはする
(負傷者を救護、後送する手間を増やして敵に負担をかけるため)

あと、頭を狙うと外した時にどこにも当たらなくなる(胴体の真ん中を
狙えば下に外れても上に外れても人体のどこかには当たる可能性が高い)
というので頭は避ける、というのはある。

でも、「ヘッドショットを避けるかどうか」だけでは腕の善し悪しはわからんだろう。

486 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:31:22.07 ID:ATCinKTc
>>479
単純に狙いにくいというのはあるが意図的に避けてまでする必要はそうないだろう
塹壕戦で頭しか見えないんだったら当然そこを撃ち抜く

創作ではよくあるけど実際に負傷狙って狙撃する場合ってあるのかね
一発で死ねや!ってのは米の狙撃手でよく出てきたけど

487 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:35:26.64 ID:OVM6zske
イージスがミサイルを撃ち落とす際、戦闘機が敵戦闘機を撃ち落とす際
発射するミサイルって1目標1発なんでしょうか?
それともアイアンドームみたいに2発?

488 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:36:45.39 ID:wGSIuGoY
大和の全長263メートルはさらに縮めることはできなかったのでしょうか?

489 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:36:48.20 ID:wvv66WCN
今一番勢いのあるスレがここなので、スレの趣旨とは大きく違うことを理解した上で聞いてほしいことがある

今日とあるショッピングモール行ったんだが、上りのエスカレーターでJK3人組が俺の前を塞いで乗ってた
ムカッと来たけどそこまで急いでなかったのでJKの直後に行って(咳払いとかもせずに)無言で圧力かけてどかせようとしたんだ
でもJKは傍若無人にも全くどかない。だからといって声かけてどいてもらうほど焦ってもいなかった。
まあここまではいいんだが、そのうち1人のJKが相方のスカートを突然抑えて「ヤバイヤバイ」と言い出して「急いで急いで」と言いながら上に駆け上がっていった
ちなみにその時俺は携帯みたいなカメラ付きデバイスはポケットにしまってあったはず しいていえばメガネを拭いていた
盗撮を疑われたのか、手鏡みたいなのを疑われたのか、それとも痴漢とかそういうものなのか分からないが、とりあえず俺はそのJKには変態おじさんと認知されただろう
そのJKがそれ以後、ショッピングモールの警備員に報告したのか定かではないのだがもしも報告されていたとしたら、何かしらの監視カメラには写っていると思う
これどう対処したらよかったのだろうか
神に誓ってやましい事はしていないのだが、もう帰ってきてしまってる以上証明する手段もない
もしもショッピングモール側に盗撮容疑とかでマークされているのであれば俺はもうそのショッピングモールに行く気にはなれない
これほどまでにJKの存在を恨んだ一日は無かった

490 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:48:04.03 ID:ZRvys5u4
>>488
さらに縮める事ができなかったから263mになったんだと思うよ。

491 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 20:52:30.73 ID:ATCinKTc
つかあまり縮めると船としての性能が落ちるぞ
極端な話まん丸な船が前に進むのに大変なのはわかるだろう(ポポフ中将の話は禁止な)

492 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 21:19:32.76 ID:xNLYXhTM
http://www.fiddlersgreen.net/models/aircraft/Martin-B10.html
戦前のアメリカ機はP-26とB-10ですらこんな塗装ですが
これは戦争が起こるとは考えられない平和な時代だから迷彩やロービジを軽視して
エアショーや展示飛行のために派手な塗装をしていたということでしょうか?
また、戦後はこのような塗装が展示飛行用の一時的なハイビジを除いて実戦部隊に復活しなかったのは
冷戦がいつ戦争になってもおかしくなく、派手な塗装をする余裕が無くなったからでしょうか?

493 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 21:26:20.92 ID:5nYIJpdn
>>492
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d7/F-20_Northrop_colors_in_flight.jpg

このように、試作機などはデモンストレーション(売り込み)もかねて派手な塗装にすることはあります。

494 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 21:31:40.75 ID:dzeG2ICq
旧日本軍機のエンジン始動についての質問です。
大まかに、海軍機は手回し式イナーシャ・スターター、陸軍機は自動車備え付けの始動装置(すいません正式名称が分かりません)を用いていたようなのですが、陸海で分かれてしまったのは何故なのでしょう?
(例えば零戦と隼は基本的に同じエンジンですし、別のスターターを使う意味が分からないのです)
海軍機は母艦上で使えるようコンパクトな手回し式を使うのは合理的だと思うのですが、陸軍機は手回し式じゃダメなのでしょうか。
自動車に始動装置を積んで一機一機始動してまわるというのも効率が悪い気がするのですが...

495 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 21:48:17.57 ID:YA/KvUZA
>>492
ttp://modelingmadness.com/review/preww2/us/attardb10.htm
B-10は就役後間もなくより性能の優れたB-17に取って代わられて第一線から外され、もっぱらアラスカでの捜索救難などに使われたために視認性のいい派手な塗装を施されていた。
現在の救難ヘリの塗装と同じ理由ということ。

496 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 21:49:56.81 ID:idHas5Tt
>>492
WW2以前の米軍機の胴体が青色(スカイブルー)なのは迷彩を意識してはいたみたいだけど。

あとジェット時代になっても実戦機で結構派手な塗装にしてるのはアメリカだとよくある。
F-94のこれ
http://www.airwar.ru/image/idop/fighter/f94/f94-4.jpg
だって実戦部隊機だし。
(この赤色塗装は敵識別用だけどね)

497 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:10:51.92 ID:42mP78Sz
ドイツの2号戦車について質問です
車体前面、ノテックライトの左側(正面から見て)にホーン(スピーカー)がついてますが、その合間に斜めの棒のようなものが設置されてますが、コレは何でしょうか?
分かる方いらっしゃったらお願いします

498 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:12:25.45 ID:idHas5Tt
>>497
そういう質問する場合は画像を貼ってくれ。

499 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:23:28.51 ID:OjnvX3sC
ヒャッホウ!!
最高じゃが!!(広島語)

500 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:36:15.81 ID:42mP78Sz
見やすいので模型の画像なんですがコレです
http://hobbycom.jp/upimages/view/photo_sub_image/241526/fullsize

501 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:40:11.82 ID:dcUF3wlW
>>497
アンテナ収納ホルダーである
アンテナを前に倒して箱の中にしまう

502 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:41:26.35 ID:ZZgej/rX
捕虜の取り扱いについて。
(自軍が大軍であれば、降伏の意思を示した敵将兵の身柄はしかるべき処置をして、後は憲兵隊(相当の部隊)
にでも丸投げしておけば良いとして、)

偵察部隊・特殊部隊のように、比較的少人数で敵地深くに潜入し、隠密行動が求められる部隊が、敵兵と
出くわし、敵が即座に降伏してきてしまった場合、捕虜の扱いをどうするのでしょうか?

そのまま連れて行く、又は任務失敗と判断し連れて後退する→超足手まとい。敵主力に見つかる可能性が格段に高まる。
縛って置いて行く→逃げられたり、敵に発見されるかも。逃げられずそのまま衰弱死させると(発覚すれば)
            それはそれで面倒。
殺して埋める→発覚すれば大変面倒なことに。

503 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:45:45.52 ID:3sH4oQ2S
>>502
もがけば、適当な時間で拘束が解ける程度に縛り上げて放置。ってのが、創作物での定番だね。

504 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:45:45.84 ID:+sT4UQWA
銃が普及し始めてからいつほどまで弓は実戦で有用だったんですか?

505 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:46:22.10 ID:42mP78Sz
>>501
そっちではなくて、ノテックライトとドライバーハッチの間にある小さい棒のことです

506 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:46:47.85 ID:3sH4oQ2S
>>504
今でも音が出ないと特殊用途では有用ですが。

507 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:49:27.84 ID:idHas5Tt
>>497
ホーンの向かって左側にハッチがあるが、そのハッチのダンパー(支え棒)。
これがないとハッチが勢いよく開いた時ライト類を潰してしまう。

ちなみにこのハッチは変速機の整備用
(これを開くと中に変速機が見える)

あと、この模型、ちょっとホーンが左にありすぎるな。
もっと右にあるのが正しいだろう。

508 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:51:11.51 ID:+sT4UQWA
>>506
あーじゃあ中規模以上の戦闘ではどうですか?
正面から撃ち合うような

509 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 22:54:28.12 ID:idHas5Tt
>>505
と、操縦席ハッチっていう方が一般的なんかなぁ。
自分はそう覚えたが・・・。

ここから身を乗り出して操縦したりはできないし、走行中は普通は開けないもの
のようなので、操縦席ハッチと言うんだろうか・・・? って気はするが、まあいいか。

510 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 23:02:02.85 ID:xNLYXhTM
>>493
>>495
>>496
ありがとうございました

511 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 23:04:38.02 ID:YA/KvUZA
>>508
そういう曖昧な聞き方されても地域によって違うとしか。
日本なら戦国時代の終わりくらいには火縄銃が主力になってるけど、江戸時代に入ると銃の保有が制限されて代わりに弓が武士の武芸として復活してる。
西欧なら17世紀半ばくらいまでには軍の編成からなくなっている

512 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 23:11:46.46 ID:ATCinKTc
一部(だと思われるが)のインディアンは19世紀でも弓使ってる
銃が発達して鎧がすたれると逆説的に投石や弓がまた有用になるし

513 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 23:19:12.06 ID:+sT4UQWA
>>511
あざっす
結構早いんですね

514 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 00:03:35.49 ID:mbwjt0xe
ソ連って夜間戦闘機作ってないの?
朝鮮戦争もベトナム戦争も夜間は迎撃不可?

515 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 00:12:02.27 ID:LN4W4G6h
>492
翼面の黄色は、当時の米軍全体(海軍は翼上面)の基本色で、事故防止・不時着時の捜索のため
機体の濃い青は陸軍航空隊で多用されたイメージカラーで、お空のカッコ良いイメージから

スペイン内戦でのロービジ色の流行/有用性を受けて、30年代後半から徐々にロービジな
薄青や濃緑へと変更されてったの。 

516 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 00:17:05.65 ID:JcuWb+J1
>>514
MiG-15にはレーダー搭載型はない。
開発はしたけど結局「無理やり積むよりは最初から搭載を前提とした奴に載せたほうがいい」ということになって
MiG-17に持ち越された。

MiG-17は極初期の先行量産型以外はレーダーを積んでいる。

本格的な全天候戦闘機も1960年にはTu-128が完成しているので、投入するかどうかは別として
ベトナム戦争当時だったら全天候戦闘機は普通にある。

517 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 00:32:28.56 ID:iyCQP6XF
>>411
> 燃料の事をいってるんだったらC-97.P2V、B-36など追加されたターボジェットエンジンはメインのレシプロエンジンと共用のガソリンを使用していた。
>402の言ってるガソリン/ジェット混載って自機用の事じゃなくて
自機用のAVガスと給油相手のジェット戦闘機や爆撃機用の混載の話でしょ

518 :516:2016/01/28(木) 00:34:54.74 ID:JcuWb+J1
あ、「1960年代初め」の「代初め」が抜けとった(汗

>>514
他には1950年代末に完成して1960年には運用開始されてるSu-9ってのもあるので、
とりあえずそういうことで1960年代初頭にはソビエト防空軍には普通に全天候戦闘機がある。

519 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 00:36:18.62 ID:2iSnAX5Z
>>514
ソ連はいくつか夜間戦闘機は作っていてその一つがYak-9 MPVOだけど、戦後は防空軍(PVO)所属なので朝鮮戦争には出てきてない。
ベトナム戦争の頃にはレーダー装備は普通になってるから東西どちらも夜間戦闘機という種別自体がなくなってる。

520 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 01:01:03.16 ID:mbwjt0xe
>>518 >>519
実戦で夜間迎撃戦闘はやってたんですかね?
夜間アラートの写真はありましたけど

Yak-9 MPVO世傑にものってねえwなんとマイナーな
単発機にレーダーとかF6F-NFみたいな機体だったのだろうか…

521 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 01:03:41.56 ID:kFvUbmPq
>>501
>>507
>>509
ありがとうございました!すっきりしました!

522 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 01:07:11.64 ID:2iSnAX5Z
>>520
https://en.wikipedia.org/wiki/Yakovlev_Yak-9#Variants
Yak-9 MPVO
Single-seat night fighter aircraft, equipped with a searchlight and an RPK-10 radio compass.

そもそもレーダー積んでない。

523 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 01:18:36.01 ID:k/hM1lGX
>>487
ベト戦の時の戦闘機パイロットの手記の中に、ミサイルの信頼性が低いので
スパローはとりあえず二発撃つのがたしなみ、というのを読んだ事がある。
ミサイルが機体から外れるガコッという音はしたんだけど、ロケットに点火せずに
落っこちてっちゃったりとか珍しくなかったらしい。

イージス艦のミサイル発射訓練の動画なんかは当然一標的に対して一発しか
発射していない。ロシアがドクトリン通り同時多方向襲撃なんかしてきたら
一標的に二発も撃ってられないかも知れないし。

524 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 01:43:46.71 ID:/ajWibZj
ID:nfYEyAat
コイツ半島出身がバレたコテじゃないかw

525 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 03:01:06.07 ID:4UreJv/h
「ミサイルの命中率は50%。2発撃てば100%になるので米空軍のマニュアルではそうなってる」とか言ってる人もいたな・・・

526 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 04:45:11.93 ID:zKQ8dTcR
>>502
ローンサバイバーでは逃がしてたな
それで三人死んだけど

527 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 07:07:53.55 ID:PcO+kjMe
>>496
当時の米軍のデェイグロウ塗装はアラスカに配備されたのを除くと「警戒塗装」っていって
無人標的機など飛行が危険なのに限られていて、その中には練習機やら試作機やらも含まれた
標的曳航機の一部も塗られたことはあるが、逆に標的と区別しにくくなったのですぐに廃止された
アラスカのは墜落したときに雪上で目立ちやすくするため

つまり「敵識別用」なんかじゃない

528 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 07:11:10.87 ID:XZ7Rhwly
これの艦名教えて
http://minus-k.com/nejitsu/loader/up43131.jpg

529 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 07:43:27.09 ID:r+ok2lDA
掃除してそうだから掃海艇とかか

530 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 07:47:11.32 ID:3zcvYZN2
掃海艇なだけにそうかい

531 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 08:08:22.84 ID:PoBmtYue
戦闘攻撃機(マルチロール機)は一回の出撃で対空任務、対地任務を同時に行う事って出来るのでしょうか?
たとえば、敵戦闘機を空対空ミサイルで排除した後に地上目標を撃破するって事は出来ますか?

532 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 08:16:17.87 ID:ADg5NFaR
>>523
訓練の時に高いミサイル何発も撃たん罠

何発割り当てるかは余裕と脅威の状態による
一発しか撃たないなんて決まりはない

533 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 08:20:26.54 ID:ADg5NFaR
おまけ

少し前に対艦トマホークの話が出てた気がするが開発は順調に進行中の様子
ttp://www.navyrecognition.com/index.php?option=com_content&task=view&id=3459&linkId=20658978

終末誘導用センサも搭載して陸上、海上の移動目標にも使用可

534 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 08:37:33.16 ID:PcO+kjMe
>>531
普通はやらない
結果的にやった例は過去多数あるけどね
またよほど有利な状況下でない限り、制空戦闘に入る前に爆弾類は投棄する
これも例外事例は少なくはない

基本的に、戦闘攻撃機に空対空戦闘をやらせる時点で攻撃計画立案者は
失格だ

535 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 08:42:45.99 ID:3zcvYZN2
アメリカ軍って日本国の一般国民を面白半分に機銃掃射してぬっ殺しまくってなかったっけ?まさに勝てば官軍だよな畜生しねよアメリカ

536 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 11:08:40.57 ID:vUSlmgGx
>>480
ごめん返信に気づかなかった
マスケットの発射速度自体は殆ど変わってない
スウェーデン軍の場合歩兵が3ポンドから6ポンドクラスの軽砲の緊密な支援下
(リュンツェンの戦いでは200人当たり大体1門の軽砲があって下の図のように同盟軍とは異次元の運用をしている)
にあって近距離ではキャニスター弾や霰弾を撃つから、マスケット兵が継続的に射撃を続けなくても敵の歩兵の戦列や騎兵の突撃を崩しやすくなったなったのが大きいと思う

銃剣が発明された後の戦列歩兵でも"白目の見える距離"でマスケットを延々と撃ち合うと損害が大きくなる上に
将兵の士気もどんどん下がっていくから全列撃ち終わったらそのまま銃剣突撃で決めてしまうことが多かったんだよね。
プロイセンあたりは全マスケット兵にたった10秒で再装填できるように過酷な訓練をして、
射撃戦で決めてしまう思想だったけど7年戦争の会戦を見ればわかるように勝っても負けても大損害を受けてる

これがナポレオン軍になると国民皆兵で集められた素人に射撃戦をさせても上のようなキチガイじみたプロイセン軍や、
同じく射撃戦での強さで有名だったイギリス軍に勝てるわけないから
射撃が上手く身のこなしが軽い散兵の支援のもと敵戦列の一点を突破する「攻撃縦隊」が生まれることになります。

537 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 11:09:58.38 ID:vUSlmgGx
>>536に追加
リュンツェン戦いの図
http://i.imgur.com/UdRQV9S.gif

538 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 11:46:13.57 ID:RnQh82/K
軍艦の内部を含めた構造が分かる書籍無いかな?
外見はなんとなく分かってきたけど中身が分からない
できればWW2辺りの年代のものが知りたい

539 :system ◆system65t. :2016/01/28(木) 12:26:30.58 ID:bVqyBeID
>>538
ひとまず

cutaway warship ww2

で画像検索してみたらいかが?

540 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 12:33:21.75 ID:RnQh82/K
>>539
各場所の日本語解説が欲しいんだよね

541 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 13:08:24.29 ID:mbwjt0xe
日本の軍艦の内部構造でいいんだったら書籍スレで聞けばいいの教えてもらえる気が
いろいろ出てるから

542 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 15:55:30.21 ID:GLS/uarh
【輸送】装甲車第九輌【戦闘】スレに

ttp://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1374624689/
550 :名無し三等兵:2015/10/21(水) 18:45:06.05 ID:U9/4z73h
>>549
いや旧軍の教訓は
@SIGINTで負ければ死に、兵力があっても負けてSIGINTで負ければ3-5倍の兵力負担がいる
A継続的な補給とシーレーンなどの補給線を確立しない頓挫する
B航空力か火砲の関節アプローチがないと戦線は崩壊する
C縦深陣地を構成して少なくとも有効に火砲を作用させ、歩兵大隊レベルの歩兵火器を充足させ弾薬とローテーションさえ維持できれば
歩兵対装甲の戦いでも戦線を維持できる
D継続的な補給線を維持できない場合、死傷リスクはあがるが歩兵火器であろうと十分な機甲戦ができて
(硫黄島、沖縄のみで戦車400、投入量の半分を破壊)補給線が瞬間的に破綻、あるいは正面装備部隊がおい追かない、ないし決壊した場合個人装備は暫時的に正規部隊とも応戦できる
正面装備と補給支援が期待できれば有効な対応手段

ってのが教訓
で核ないし戦略爆撃などで航空支援なく補給線やネットワークが破綻した場合などに有効に縦深陣地防御で対抗できるのと
臨機応変に即時戦線対応でき、機動戦もできるので105榴弾も含め、軽火力、歩兵装備の重要性を理解してる

また個人防具の有効性もとくに硫黄島、沖縄などで日米軍は有効性を確認した
(本格配備はベトナム以降)


とあるのですが、これはどこまで正しいのでしょう?

543 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:31:21.56 ID:PcO+kjMe
Bは「間接」が正解

544 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:31:22.31 ID:2iSnAX5Z
>>542
まずそのレスの発言者にソースを聞いてください

545 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:32:39.05 ID:PcO+kjMe
ちなみにこの種の論議は、時間的縦深を設定してないと何を言っても無効

546 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:33:32.23 ID:zKQ8dTcR
最先端技術が兵器に反映されるのってどれくらいのタイムラグがあるんでしょうか
F22はかなり長いときいたので

547 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:40:53.51 ID:2iSnAX5Z
>>546
>>4
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
その「最先端技術」が民間なのか軍事なのかでも違うし兵器の開発にどのくらいの期間がかかるかによっても違う。

548 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:41:20.53 ID:PcO+kjMe
まず「最先端技術」と「兵器」の定義をしないと回答不能だよ
F22の何が「長い」のかもさっぱりわからんし

549 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:51:23.28 ID:zKQ8dTcR
あ、そうでした
すいません

550 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 16:58:48.33 ID:s6mBn/Eo
このスレってアスペに片足突っ込んだようなの多いよね
実際はただの生真面目だけど

551 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 17:00:39.16 ID:fn9WBSf3
真面目なアスペが一番厄介なんやで

552 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 17:12:18.63 ID:/xmNcY3v
不真面目なアスペ

553 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 17:25:32.81 ID:ggDF5JHm
教えて下さい。

なぜロシア機が最近、列島のまわりを
ちょこちょこちょこちょこ演習しているのですか?

アメリカ海軍の動き牽制なのですか?

アメリカ海軍は北朝鮮や韓国の動き牽制なのですか?

554 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:03:08.36 ID:e4NXwzBy
現代米軍がWWIIに参加したらどうなりますか

とりあえずの設定として
1941年12月11日に、突如、米国の全軍事力と、国内インフラが2016年のものと同じ状態になる
現代で海外展開している部隊は、最寄りの米国領が初期位置
アメリカ領内以外の設備等は歴史準拠で

軍事、技術に関与する人物の知識は現代のレベルで
その他は歴史準拠

としたらどうなるでしょうか

地球合衆国設立できますか

555 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:07:51.55 ID:8+H+OObl
>>554
そういう歴史のIFは本スレでは回答対象外。
専用スレ立てるか仮想戦記スレでどうぞ。

556 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:08:53.41 ID:e4NXwzBy
>>555
どうもです

557 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:11:42.23 ID:bVqyBeID
>>554
核たんまり持ってる段階で世界征服できるよ

558 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:13:46.24 ID:PcO+kjMe
>>557
WW2初期から中期の段階では核の威力を誰も知らないんだぜ

559 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:15:40.23 ID:/xmNcY3v
>>554
日本が第二次大戦時にタイムスリップって本があることをガキの頃知っておもしろそうと思ったな…読んでないしタイトルも知らないけど

560 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:17:03.09 ID:PcO+kjMe
>>553
いろんなところにマルチしてるみたいだが
ロシア機が日本列島周辺をちょこちょこしてるのはソ連時代からずっと続いていて
目新しさはまったくない
日常の偵察&示威行動、それだけだ

561 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:37:37.49 ID:zVEwHc74
>>524
http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/griffin/life21.html

562 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 18:58:58.39 ID:mR1g4Uro
>>559
「蒼き波濤(青山智樹・著)」ではないかと。日本全部じゃなく、東京を中心とした関東地方の大部分が
小惑星衝突によるエネルギーで1942年初頭の日本該当部とそっくり入れ替わる(ただし1942年の部分は
どこに行ったかわからない)ってお話。
当然横須賀もタイムスリップしてるので、在日米軍とその戦力を巡るゴタゴタもあり、結構面白かった。

563 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 19:33:10.21 ID:hfJ+hFdi
>>536
返答ありがとうございます
野砲の発達が列を短くし銃剣突撃の発達につながったんですね
重ねて質問申し訳ないのですが運んで使えるほどに小さくなった野砲ですがこれは技術の発達で青銅製から鉄製になったからってことでいいんですか?

564 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 19:39:12.29 ID:6NV8jr7z
>>538 えらく古い本だが、「軍艦雑記帳(上・下)」(森恒英)じゃないかな、やはり。
いまの貴方が求める水準なら正にぴったりだと思う。安いし。ただ、著者歿後に細かい部分の考証がいろいろ進んでいるので少し注意。
http://www.amazon.co.jp/dp/B003F9W380
http://www.amazon.co.jp/dp/B003F9Y4HS/

>>559 >>562のでも合ってる(全10巻)が、よく知られてる大元の方だと、「タイムスリップ大戦争」(豊田有恒 1巻完結)かな。

>>562 羅門祐人だよ、作者。

565 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 19:54:04.67 ID:sivCk04n
アメリカやロシアは北極海の厚い海氷の下にいる潜水艦とどうやって連絡を取り合っていたのでしょうか?
氷を割って浮上するのは目立ちすぎる気がするのですが。

566 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 19:58:19.83 ID:vUSlmgGx
>>563
いや、むしろ18世紀までの技術だったら青銅砲の方が軽くできる。
17世紀に鋳鉄砲の生産が流行ったのは欧州では銅っていうのが希少な金属で鉄で作った方が安くできるからだね。

例えば17世紀初頭の江戸幕府はオランダから青銅砲、イギリスから鋳鉄砲を輸入してたけど
オランダの技術支援で青銅砲を安定して生産できる体制が整うと銅が豊富に産出して鉄との価格差が無く、地形的に重い大砲が嫌われた
(平地ならともかく山が険しすぎて人力で担いで運んだり船で運ぶしか無かった)
理由もあってイギリスからの輸入を中止してたりするし、
西欧でも砲の軽量化が志向されるようになると砲兵の主力は青銅砲に置き換えられていってる。

567 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 19:58:43.96 ID:Y5HTLpvU
>>563
単に素材が丈夫になったというだけでなく、
砲身の製造技術が進歩してより小口径短砲身でも十分な射程と命中精度が得られるようになったからじゃない?
きちんとしたソースがある訳じゃないけど

568 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 20:19:12.14 ID:vUSlmgGx
>>567
18世紀初頭まで大砲の射程命中精度はあんまり変わってない
命中精度が向上するのはド・ヴァリエールシステムにおいてドリルで青銅の塊穴を空けて砲身を作るようになってからで、12ポンドクラスの重砲が戦場で柔軟な機動ができるようになるのはド・ヴァリエールシステムをさらに改良したグリボーバルシステムからだね。

それ以前の時代においては重砲は鈍重な存在であったことは確かだけど
射程の長さから準備砲撃で敵の戦列を崩したり
敵の砲兵を撃破するのに必要な存在であったことは確かだからスウェーデン軍でもちゃんと12ポンドとか24ポンドとかの重砲を運用してる

569 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 20:29:20.05 ID:J3VLZMwX
>>568
まじか
いい加減なこと書いて申し訳ない

570 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 20:45:18.49 ID:6NV8jr7z
>>565 極超長波という、地球をぶち抜ける周波数帯を使う。ただし地上から潜水艦への送信のみ。
http://etoysbox.jp/Memo/4.2_VLF_LF_receiving/E-S-U-VLF_stations.html

571 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 20:49:16.99 ID:mbwjt0xe
正直その辺の話なら戦闘技術の歴史3を読んだ方が早いぞ

572 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 20:54:21.61 ID:mbwjt0xe
隊列が横隊になってたのも銃剣や銃の発達でパイクが不要になるのとあわせて
騎兵が短銃メインに移ったのも関係あるし

573 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 20:55:57.99 ID:vUSlmgGx
>>572
むしろスウェーデン軍がサーベルチャージを復活させて短銃装備や何よりもカラコール厳密に禁止してるんですがねえ

574 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:04:34.54 ID:ggDF5JHm
>>560

575 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:05:00.02 ID:ggDF5JHm
>>560
はいはい
軍事スレ住民は使えねえなw

576 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:06:16.29 ID:hfJ+hFdi
>>566
鉄製大砲になったのは資源の希少さってのは読んでたんですが鉄の方が軽いからってのもあると勝手に思ってました
青銅製の方が18世紀までは軽いんですね、ありがとうございます
>>571
面白そうだから買ってみますがえらい高い本ですね

577 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:07:51.24 ID:UG7dHLCq
ポルタヴァの戦いを見て面白いのはこの時代になってもスウェーデンの歩兵大隊にはパイクメンが第一線にいるんだよね。
長槍を持つフサリアには銃剣で対抗できないのとより大きな突撃衝力を発揮する為だとか

578 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:11:07.49 ID:0WDWbxKu
>>538
グランプリ出版の軍艦メカニズム図鑑とか
光人社の軍艦メカのシリーズ

579 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:26:15.57 ID:SuOoWn1v
フリントロック式について質問なのですが引き金を引くと火蓋が開き火皿に
点火しますが火蓋は引き金に連動して
開くのか、フリントに押されて開くのか
教えて下さい

580 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:27:24.54 ID:SuOoWn1v
書き忘れていましたが火蓋と当たり金が
一体のタイプです

581 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:40:47.01 ID:T/LYv6Up
>>571
戦闘技術の歴史といい、ヨーロッパ史における戦争といいあちこち怪しくてなあ
まあそれを叩き台にして知識を構成するには良い本であることには間違いないけど

582 :system ◆system65t. :2016/01/28(木) 21:46:57.19 ID:ADg5NFaR
>>570
地球はぶち抜けないす

583 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:50:07.48 ID:mbwjt0xe
>>581
しょうがねえよ日本の戦国時代でも詳細はさっぱりわかってないんだから
マウリッツとかグスタフとか有名な人間は大きく取り上げられるけど同時代にどれだけ影響があってどれだけリアルタイムに変化してたのかなんてわかんないんだから

日本では人気がないだけであっちには詳細な研究がもしからしたらあるのかもしれんけど

584 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:50:55.23 ID:2iSnAX5Z
>>579
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Flintlock_mechanism#/media/File:Flintlock_ignition_animation.gif

585 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 21:53:15.76 ID:FNwE+Gqz
>>579
Flintlock Analysis Slow Motion
https://www.youtube.com/watch?v=kYXbf9m36nI

586 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:00:13.56 ID:RZQqtYbt
真珠湾攻撃についての質問なんですが、なぜ日本艦隊は真珠湾近海に着く前にアメリカ側に発見されなかったのですか

587 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:01:41.23 ID:FNwE+Gqz
海はひろくて大きいから

588 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:02:50.08 ID:XCH3VgPF
>>583
近世以降の欧州は教範や詳細な記録が残ってるし、ナポレオニックをはじめとして熱狂的なファンや研究者もいるから戦国時代の比ではないほど研究は進んでる。それでもワーテルローの戦いみたいに有名な会戦でもかなり判ってないところもあるけどね。

589 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:03:43.38 ID:XCH3VgPF
>>581>>588

590 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:03:43.40 ID:JcuWb+J1
>>586
民間船舶の航路から外れたところを通ったから。

591 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:09:50.50 ID:sivCk04n
>>570
回答ありがとうございます、氷の下の深海まで電波が届くのですね。
ただ潜水艦からの送信は無理なのですね。

592 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:19:20.53 ID:2iSnAX5Z
>>591
超長波通信より発見されるリスクはあるが、潜航中に有線のアンテナブイを浮上させたり海面ギリギリまで浮上してセイルからアンテナだけを海面上に突き出して通信を行う方法もある。
この場合は通信を圧縮してごく短時間で受発信を行う。

593 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:48:13.07 ID:YYSBrQNf
>>586
南雲機動部隊の使用した、北大西洋航路は冬に大荒れとなり、
難破する可能性が高いので、普通の商船は利用をあまりしたくない航路。
だもんですれ違う商船と出会わなかったということ。

594 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 22:48:58.08 ID:YYSBrQNf
>>593
すまん、北大西洋じゃなく北太平洋の間違いね。

595 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:03:11.34 ID:RnQh82/K
>>564
>>578
情報かたじけない

596 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:21:07.36 ID:pLPFtgxz
戦闘機(機体、エンジンなど)の試作機って、どこまで小さくできるものですか?

空気の流体の問題で、単純に倍加できるわけではないらしいというのはどこかで読みましたが、なにを理由にATD Xをあの大きさに留めたのかが知りたいです

できれば人型ロボットやクルマに関しても教えてほしいです

597 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:23:23.07 ID:mR1g4Uro
>>596
最初に言っておくが、ATD-Xは戦闘機の試作じゃないぞ。

598 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:30:52.69 ID:2iSnAX5Z
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%96_210
スウェーデンのサーブ社がドラケンの二重デルタ翼の実証試験のために製作したサーブ210は有人一人乗りで全長:6.10 m翼幅:4.88 m
ドラケンが全長: 15.35 m全幅: 9.4 m

599 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:35:56.16 ID:JcuWb+J1
そういえば「心神」って「X-2」って制式名になったらしいけど、
日本の「X-1」ってなんだったっけ?

600 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:38:39.82 ID:MaQF6CBT
>>599
これ
http://livedoor.sp.blogimg.jp/jin115/imgs/6/2/62ecbbe8.jpg

601 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:43:00.09 ID:mbwjt0xe
イギリスは1/2縮小モデルをよく作ってたそうだが
アブロバルカンの試作機707Cなんかは1/3の大きさだったそうな

どれだけ小さくってそりゃ目的にもよるだろう
それによってどこまで作るかにもよるし

602 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:45:55.32 ID:mbwjt0xe
よくみたら大きさものってた
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Avro_707

603 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:47:12.94 ID:YYSBrQNf
>>599
サーブ91を利用した、STOL機研究のプラットフォームX1Gとして使用

604 :名無し三等兵:2016/01/28(木) 23:50:41.49 ID:k/hM1lGX
F-15が初飛行する前に3/8スケールの無人テスト機を作ってテストした時の画像とか。
ttp://www.air-and-space.com/nb52/781112c%20l.jpg

605 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 00:30:13.96 ID:/NES9yPm
携帯式ランチャーの成形炸薬弾が装甲を貫通した場合
金属ライナーが穴を開けた後は何らかの破壊効果が有るのでしょうか?

606 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 01:13:23.55 ID:/RhaMZkE
F-15の20mmで90や10式戦車の上面は抜けますか?

607 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 02:16:30.13 ID:g4gkMNnk
皆さん必要な本は普段たいていアマゾンなどで求めていると思いますが、
東京の書店に親しんでおられる方々に質問。

私、今度地方から東京に行くのです。それで、神田神保町の古本屋街の
お店で以下の書物を求めたいと思う。

1)児島襄の大作(「天皇」「満州帝国」「日本占領」等)文庫版の全巻パッケージ
2)絶版含め光人社NF文庫本さまざま

これらを店で購入できる可能性の高い神田の古本屋さんに行きたいのです。
そこで東京で神田古本屋街に詳しい方、どこのお店に行けばいいかご教授
頂きたいのですがいかがでしょうか。また、神田でなくても上記書籍を手に
入れやすい東京の書店をご教授いただければ幸いです。
お願いいたします。

608 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 02:39:19.35 ID:DZK4+HPu
絶版はともかくとして、光人社NF文庫なら大きな書店だと本棚一区画(少なくとも約150タイトル以上かな)
埋めるくらい揃えてる所は少なくないけどね。神保町なら書泉グランデ、アキバのブックタワー、
立川オリオン書房などはそれくらい揃えてる。

609 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 03:17:01.97 ID:g4gkMNnk
>>608
サンクス!

地元(福岡天神)のジュンク堂でも光人社NF文庫、新しいのはたくさんそろえていて
本棚一区画半分ぐらいあるんだけれど、古いものがなかなかそろいません。

昔のもの(光人社の古いものと文春文庫の児島襄各作品)が買える古本屋さんが
東京神田にあれば行ってみたいと思いました。

書泉グランデ、行ってみようかなと思います。

610 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 09:00:34.32 ID:RJomYSIA
>>605
装甲が厚ければ貫通したライナーによる破壊効果

 内壁が衝撃で剥離して生ずる破片による破壊効果

装甲が薄ければ火炎、爆風も参入します。

611 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 09:38:19.40 ID:JdasAlgm
>>609
グランデは古書店じゃなくて普通の書店だからね、いちおう言っておくけど。
ミリタリー関連が充実しているのに間違いはないから神保町行くならまず寄るべきだとは思うけど、
NF文庫も「ある物はあるけどない物はない」という品揃えだからあまり期待はしないでね(^^;

612 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 10:16:19.21 ID:Hb7emxCF
主力部隊用迷彩戦闘服として、ツナギの迷彩戦闘服を使用している軍は現在ありますか?

80年代まではソ連軍が白樺迷彩ツナギ服を使っていましたが、いまでも迷彩ツナギを使っているところは
あるでしょうか?

戦車乗員用や特殊部隊用ではなく、主力部隊野戦服としてはどうでしょうか?

廃れてしまったと言うのなら、廃れた理由は何でしょうか?不便だからと言うのであれば、それは最初から
分かっていた事ですし。

613 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 10:36:50.44 ID:/NES9yPm
>>610
ありがとうございます

614 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 11:31:31.08 ID:hDgqVdF1
>>612
KLMKは戦闘服の上からかぶるカモフラージュだったんでは
なのでまとめて簡単に着脱できるワンピースだったんでは

615 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 11:38:35.91 ID:d5McnJgm
対戦車ライフルが、対物狙撃銃として長距離用狙撃銃として発展せず廃れたのはなぜですか?
特に、東側だと朝鮮戦争あたりで、旧式の対戦車ライフルを長距離用狙撃銃として使用していたのにその後は捨てているのはなぜでしょうか

616 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 11:44:49.47 ID:JZdc/YRz
>>615
そういう用途に時々使うなら、三脚架に載せた重機関銃を単発で撃てばよい。
わざわざ専用の銃を作る必要性はない。
小銃で届かない遠くの目標を攻撃したいなら、携行ロケットでも使えばよい。

あと、特に東側はそうだけど、想定戦闘距離がそんなに長くなかったので
(北ヨーロッパの環境だと何千mも見通しが効くような環境は意外と少ない)
超長距離狙撃銃というもののニーズも小さかった。

617 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 11:49:49.82 ID:hDgqVdF1
>>615
装甲車両の装甲強化に伴って、対戦車ライフルは対物狙撃、長距離狙撃銃としてはでか過ぎ
対戦車、対装甲車両ライフルとしてはショボすぎる半端な存在となり、対戦車、対装甲として
RPGや対戦車ミサイルが登場した結果、銃はいわゆるソフトスキンの対物狙撃で十分となり、
12.7mmに落ち着きました。それを長距離対人狙撃に応用したのは後の話。

まあ小型軽量化した20mmとかもありますが。

618 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 12:33:19.55 ID:v6t079hs
これかね、長いこと使ってたな
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%86%E3%82%A3_L-39_%E5%AF%BE%E6%88%A6%E8%BB%8A%E9%8A%83

>>616
東側も重機応用してたっけ?

619 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 12:40:45.18 ID:F6tgtcVF
>>616
フォークランド紛争でアルゼンチン軍が狙撃に使ったM2重機も、結局はATMでアウトレンジされたしね。

620 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 12:45:31.72 ID:JdasAlgm
貧者の核兵器ならぬ貧者の対戦車ミサイル、というわけね。

621 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 13:13:08.54 ID:v6t079hs
いちいち機関銃座ごとにATM撃ってたらいくら金があっても足りんから対物狙撃銃の需要ができたという経緯も

622 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 13:13:37.05 ID:C50t1pCp
潜水艦や駆逐艦からの魚雷攻撃は雷撃と呼びますよね
ヘリコプターからの魚雷攻撃や、VLSからの魚雷攻撃も雷撃って呼んでいいんですか?

623 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 13:50:48.28 ID:hDgqVdF1
>>615
>>617 補足

強いて言えば40mmグレネードのHEATなんか対戦車ライフル的な?

624 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 13:51:38.33 ID:hDgqVdF1
>>622
ゆるす

625 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 14:27:01.78 ID:kfkRDSJD
よく「T-72は実戦でよくやられてるけどそれはモンキーモデルであったためであって本国仕様は違うor西側に見劣りしない」という言説をよく見るのですが情報源は何なのでしょうか?
ソ連、ロシアの自称や西側の予算獲得のための誇張以外での情報源を知りたいのですが。

626 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 14:31:44.32 ID:JZdc/YRz
>>625
情報源も何も公式に「T-72M」ていう仕様があって、スペックダウンされてることは公表されてる。

627 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 14:48:24.87 ID:sv1I9F4K
もっとも、本国仕様のT-72どころかT-80でも、レバノン侵攻の際に捕獲されソ連(当時)に持ち込まれ実験された
マガフ5の新型105mmAPFSDS弾に撃ち抜かれた、というレポートもある

628 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 14:55:50.41 ID:+W3E1PRf
戦車っていうか砲や弾の性能になるけどここによれば
https://en.m.wikipedia.org/wiki/125_mm_smoothbore_ammunition
本国仕様のAPFSDSの貫通力では殆ど遅れは見られないね

629 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 15:04:13.83 ID:hDgqVdF1
1982年レバノン戦争時、イスラエルの105mm戦車砲弾はシリアT-72の正面装甲を貫通できなかった
ttps://en.wikipedia.org/wiki/T-72#Syria

新型砲弾ではなかったんでしょね

630 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 15:05:04.80 ID:hDgqVdF1
薄いとこに当てればM1A1でも抜かれるし

631 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 15:22:42.20 ID:sv1I9F4K
>>629
その部隊はその時、従来のAPDS搭載で、急遽APFSDS搭載のメルカバ部隊が応援に送られた
マガフもこの後、APFSDSが補給されたか、最初から搭載していた別部隊の車輌が捕獲されたと思われ

632 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 16:20:51.11 ID:sv1I9F4K
ちなみにこの時、T-72の正面を抜けなかったのは、(同じ砲だけど)マガフではなくショットの部隊でした

633 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 17:41:25.81 ID:hDgqVdF1
>>631-632
なるほど。勉強になりました。

634 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 18:22:10.48 ID:+FwUKJJ+
ジェット戦闘機の排ガスの匂いって
ディーゼルエンジンの排気ガスと
同じ匂いなんですか ?

635 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 18:25:18.11 ID:JZdc/YRz
>>634
ぜんぜん違う。

関東地方に住んでるならあと9ヶ月後くらいに埼玉の入間に行けば匂いが嗅げるよ。

636 :system ◆system65t. :2016/01/29(金) 18:35:26.25 ID:hDgqVdF1
むしろ石油ストーブっぽい(少し燃えの悪い)

637 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 18:49:03.94 ID:+FwUKJJ+
>>635
>>636
ありがとうございます
自分が関東在住者だとよくわかりましたね
怖いですね

638 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 19:18:41.96 ID:jz0MM1jI
>>637
運営系の板を少し覗いてみることを薦める

軍板も今じゃトラップだらけで、油断してると丸裸にされちゃう…

639 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 19:26:56.20 ID:17FBelSC
>>607
軍事系の古本と言えば文華堂だが
http://jimbou.info/town/ab/ab0140.html

人文社会系の本屋に片っ端から電話して確認すれば?
神田の古本屋街は日曜休みが多いから注意

でも、今はネット通販のほうがすぐに探せるよね

640 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 20:06:33.71 ID:GY06Hign
グリップや弾倉などといった銃器のパーツに使用される樹脂として
ベークライトが長らく主流だったのは、どのような理由からなのか教えてください。
また、銃器に使われるベークライトは、一般のものと比較して強度が高いのでしょうか。

641 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 20:27:09.18 ID:eNNLk39p
>>640
まずベークライトでググってその特性や発明された時期を読んでください。

642 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 20:56:26.29 ID:50oj0P47
ども

弾道ミサイルが巡航ミサイルより探知しやすいのってなんでどすか?

643 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:02:32.77 ID:0XEc+SPW
>>642
レーダー警戒網の隙間を狙い低空侵攻してくるのが巡航ミサイル
高空から落ちてくるのが弾道弾

見つけるのはいいが迎撃するのがむずかしいのが弾道弾

644 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:03:25.39 ID:JZdc/YRz
>>642
弾道ミサイルのほうが巡航ミサイルより特に探知しやすいってことでもないけどね。

でも、超高速で翔んでるとはいえ高度の高いところを単純な軌道で飛んでるもののほうが
低空を地形に紛れて飛んでるものよりは遥かにレーダーに映りやすいし捕捉しやすい、
というのは考えるまでもなくわかるだろう。

645 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:11:12.85 ID:50oj0P47
なるほど!

おふた方ありがとうございました!

646 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:32:23.87 ID:cZKaDPeb
今日にステルスの、質問で材料が
何かとか出てたけど
どうしたらレーダー分けられる?

647 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:38:02.51 ID:JZdc/YRz
>>646
頼むから日本語を書いてくれ。

648 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:56:45.10 ID:aeZZFGqi
>>647
なんでそんなに偉そうなの

649 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 21:59:04.53 ID:JZdc/YRz
>>648
じゃあ君、>>646の読解を頼むよ。

650 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 22:23:08.52 ID:6z+rFK/L
646の日本語が不自由過ぎるのは確かで
他に言いようもない様な...

651 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 22:33:12.82 ID:68IYrPRH
>>649
ごめん
>>648の書き込みにちょっとどうかなーとは思ったけど
マジで>>646の意味が分からない

652 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 23:05:21.32 ID:1L7PJuTZ
>>611 >>639

ありがとう!文華堂、すごそうですね。グランデと文華堂行ったら
十分満足かも。いろんな古本屋にも電話であたってみます。

653 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 23:34:56.44 ID:rqBfYyzS
文華堂が日曜休業なのに気付かず神保町に行って泣きを見たことが・・・
日曜休みな古書店は結構あるんで遠くから来てるのに空振りにならんようにね

654 :名無し三等兵:2016/01/29(金) 23:51:31.27 ID:JJOiZ8UI
回答不能な質問でしたらすいません。
サウジアラビアが配備しているF-15とタイフーンではタイフーンの方が新しい他、F-15は性能が制限されている仕様との事ですので
タイフーンの方が「主力装備」になるのでしょうか?

655 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 00:05:53.64 ID:0vUX9YH0
>>654
トーネードやタイフーンは攻撃機でF-15は戦闘機という使い分け

656 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 00:07:53.44 ID:e5yVkWhe
>>655
そうでしたか、タイフーンは対地攻撃能力が不完全という印象がありましたのでF-15の後継か補完かと思いました。

657 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 00:08:36.32 ID:8lp8heAx
>>654
Wikipediaを見る限りだけど、2011年以降に導入されたF−15SAはSGをベースにしてるので、
米軍仕様のEに比べても対地攻撃能力がちょっと制限されてる程度なので、どっちも主力扱いだろ。

658 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 00:39:02.90 ID:JbHR8VkG
ドイツとソ連の軍用機の型式番号の読み方について質問です
ドキュメンタリー番組の吹き替えや軍事マニアのトークでは
Bf109は「ひゃくきゅう」ではなく「いちぜろきゅう/ひとまるきゅう」
Me262は「にひゃくろくじゅうに」ではなく「にいろくに」など
ドイツ機の複数桁の型式番号は基本的に数字を1個ずつ読んでいきますが
原語のドイツ語でも同じく「アイン=ヌル=ノイン」のように1個ずつ読むのが正しいのでしょうか?

一方のソ連機はSu-27が「にいなな」ではなく「にじゅうなな」
大戦機のI-16も「いちろく」ではなく「じゅうろく」の方が主流のようですが
原語のロシア語でも複数桁の数字は1個ずつ読まずに全体で2桁3桁の数字として読んでいるのでしょうか?

659 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 01:46:16.88 ID:0vUX9YH0
>>658
ttp://ja.forvo.com/word/messerschmitt_bf_109/
ドイツ人の発音
ttp://www.fighter-planes.com/info/bf109.htm
ME 109 (pronounced 'emm ee one-oh-nine') was the contemporary English interpretation of the designation.
英語では「エムイーワンオーナイン」というような呼び方が慣用的に使われている。

660 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 02:31:30.06 ID:JbHR8VkG
>>659
日本では英語式の「いちぜろきゅう/ひとまるきゅう」が主流だが
ドイツ本国の読み方ではアインフンダートノインで「ひゃくきゅう」式が正しいんですか
ありがとうございました

日本のドイツ機マニア・ドイツ機研究家が「ひゃくきゅう」式で呼ばない理由も気になりますね

661 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 03:39:29.26 ID:0vUX9YH0
別にその国の読み方に合わせなきゃいけない決まりなんてないから。

662 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 05:59:23.82 ID:f6J7F+Qt
旧イラクの人民軍とはどのような組織だったんでしょうか?
1970年代に誕生したそうですが…
民兵なのでしょうか?
調べても引っかからなかったのでよろしくお願いします

663 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 08:04:16.88 ID:3CxX103a
X-2などで採用されている推力偏向パドルが
飛行中に故障してしまったら(傾いたまま)
パドルを強制パージとかするんでしょうか ?

664 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 08:10:45.23 ID:lBe6zmC9
>>660
おれが知ってる範囲では、日本の地上波メディアに出るクラスの
ドイツ機マニア・ドイツ機研究家のほぼ全員が「ひゃくきゅう」と発音
してるよ

665 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:23:27.42 ID:kSpbMagb
>>663
パージ装置なんて普通付かない
単に操舵翼でトリムを取る

666 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:24:32.73 ID:kSpbMagb
その辺をカバーする仕掛け(ダメージ受けて空力変わった時に操舵翼面の制御則替えて自動的に補償する)も
開発されつつある

667 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:32:19.10 ID:kSpbMagb
>>646

今日のX2(心神)についての報道で、

メディアからステルスについての質問があり、特殊な材料を用いてステルス性を持たせるという回答でしたが

材料を使ってレーダー反射を減らすのはどんな理屈なんでしょうか?



だというお告げが下った

668 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:33:02.65 ID:kSpbMagb
回答は

レーダーが熱になるから
あたるとこに使う



669 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:37:16.32 ID:3CxX103a
>>665
ありがとうございます

670 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:38:51.43 ID:lBe6zmC9
敵のレーダーが過熱して機能を果たさなくなるまで待つという戦術は
70年代までは有効だったようだが、現代でも通用するんだろうか?

671 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:50:25.69 ID:kSpbMagb
>>670
今のAESAでも最大の問題は冷却(あとはソフト処理)と言われてるが
ふつーに使ってて過熱で使えなくなるのはなかなかないんじゃない?
仮に過熱してもAESAは素子多くてタフだから
出力控え目にしてしばらく冷ます、間欠的に使うなどいくらでも対策あるだろ

672 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:51:56.04 ID:8Q//2Qa7
80年代から10数年前まで米空母ミッドウェーが横須賀を母港としていましたが、

「日本へ勝利した戦いを記念して命名した空母」をわざわざ日本に持ってきたことについて、
米側としては何かしらの政治的意図があったのでしょうか?

また、日本側でも何かしらの反発が発生はしなかったのでしょうか?

673 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:53:29.52 ID:lBe6zmC9
探知しにくいステルス機が相手の場合、出力を高めたり連続使用時間が
長くなったりするから過熱しやすくなるんじゃないかとふと思ったり

まぁこの辺は、実態が漏れてくるまでわからんだろうけどなぁ

674 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:53:53.45 ID:c8FpraWo
>>672
居酒屋には回答しませんw

675 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 10:57:29.49 ID:8lp8heAx
>>668
あたったレーダー波を電波として反射させず、熱に変換し大気中に放出するだろ?

676 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:00:11.92 ID:kSpbMagb
>>675
その通りなんだがその言い方だと >>646に通じない

677 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:01:38.64 ID:8Q//2Qa7
>>674
申し訳ございませんが、ご回答の意味をつかみかねます。
軍事板特有の、なにかしらのネタなのでしょうか?

678 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:07:16.80 ID:ROqK73VK
第二次大戦で、連合国と枢軸でレーダーの出力が一桁から二桁も違ったのはなぜですか?
大電力ぶちこめば出力あげられそうにおもうんですが、なにかできない理由があったのでしょうか

679 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:08:52.71 ID:8lp8heAx
>>672
エセックス級が退役して、米軍が保有している一番古い空母だったから。
後継のインディペンデンスもミッドウエー退役後、一番古い空母だったので、まあそんな扱い。

680 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:10:46.11 ID:sVLV9IPr
>>672
原子力空母の寄港に反発する市民団体や世論に配慮して通常動力空母を配備していたわけで
そういう意味では政治的な配慮の産物とは言える
君が考えるような理由ではないけどね

681 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:11:11.03 ID:8Q//2Qa7
>>679
ご回答ありがとうございます。

もとから日本には、一線を退いた空母を配置していた→その時点で該当していたのがたまたまミッドウェーだった

というあくまでも事務的な話だということですかね。

682 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:12:06.02 ID:8lp8heAx
>>678
連合国がそれだけ高性能なマグネトロンを開発できたということ。

683 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:14:40.75 ID:8lp8heAx
>>681
言っておくけど、湾岸戦争終結まではれっきとした現役空母で、FA−18の運用もしていた艦っだよ>ミッドウエー

684 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 11:33:28.90 ID:JQxOU31v
ただ、相次ぐ改装に対応するためにバルジを付けたのはいいんだけど
これが船の動揺を大きくしたようで(酷いときには5度近く傾いたとか)
ボロがきてたのも確か何だよな

685 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 12:14:03.45 ID:MEZDHdLo
第2次世界大戦末期のオンボロだからなぁ
>空母ミッドウェイ

よくあれだけ使い続けたもんだ。

686 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 12:27:42.18 ID:Qv4c802r
アイオワ級「せやな」

687 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 12:29:14.87 ID:Qv4c802r
護衛駆逐艦ラジャ・フマボン「わたしをディスってますか?」

688 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 13:04:33.23 ID:pUtxu0SZ
戦前の軍病院って平時は一般人でも受診できたんですか?

689 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 13:05:15.76 ID:d5hopnkg
>80年代から10数年前まで米空母ミッドウェーが横須賀を母港としていましたが
CV-41ミッドウエイがOFRPとして横須賀を「事実上の」母港としたのは1973年から91年まで
でまず質問が出鱈目。
>>679
ミッドウエイが横須賀に来た1973年にはまだエセックス級のハンコックは現役で1975年の
ベトナムからの米人撤退作戦などに参加してる。
だから「最古」は間違いだよ。

690 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:27:32.30 ID:vJBxj8mR
北朝鮮がミサイルを発射するかもしれないとして
政府が破壊措置命令が出て迎撃の準備しました。
もし中国が北朝鮮と同じように弾道ミサイルを発射するかもとなったら
自衛隊と在日米軍は迎撃体制を整える事って出来るのですか?
それとも迎撃体制が整う前に撃たれて対応できないのでしょうか?

核保有国は常時発射できる体制にあると聞いたので疑問に思ってます

691 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:36:11.69 ID:MEZDHdLo
>>690
北朝鮮のは「事実上の弾道ミサイル」であって、そういう意味では「ロケット」だから
発射準備から発射までかなりの時間がかかる。

なのでこのように衛星偵察等で発見して対応できるけど、大陸中国の持っている弾道弾は
みんな軍用のものなので、今は軍用の弾道弾は即時発射できるか発射直前まで隠して
おけるから、大陸中国が今この瞬間に「日本やアメリカを弾道弾で攻撃しよう」と決断したら
基本的には発射される瞬間までわからない。

一応、日本の対空ミサイル部隊のうち一定数の弾道弾対応部隊は発射を探知したら
即迎撃できる用に準備はしている。

ただ、弾道弾は「確実に迎撃するにはこの方向から飛んで来るものにはこの位置で
迎撃しなければならない」という位置関係があるので、確実に「この場所に落ちてくるかも
しれない弾道弾を迎撃したい」なら、事前に最適位置に配置しないといけないけど。

692 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:36:14.03 ID:8lp8heAx
>>690
核保有国が、ダンドウミサイルを発射するって、試射だと明言してないかぎり、全面核戦争フラグですけど。
そうなった、あんたの住んでるところを縄張りにしてる神さまに祈ってください。

693 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:39:53.13 ID:0vUX9YH0
>>690
>>もし中国が北朝鮮と同じように弾道ミサイルを発射するかもとなったら
>>4
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません

超大国である中国がそういう手段を行使するというのは北朝鮮が瀬戸際外交の一環として花火を打ち上げるのとは全然別次元で即全面核戦争に結びつくような事態なんだが。
そういう状況に至る経緯や状況が曖昧な質問されても回答不可能。

694 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:48:06.67 ID:PfLcWm4L
今のような状態で中国がいきなりミサイルを発射したら確かにほとんど対策できないで日本の都市は破壊されるかもしれないが
その場合中国も何も戦争の準備ができてないからミサイルを撃った後に途方に暮れてる間にアメリカの原潜に反撃されて壊滅する
結局ミサイル自体以外にもこれから戦争を始める準備があるしそれをしたらミサイル発射より随分前に行動はばれる

695 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:50:12.12 ID:Qv4c802r
>>692,693
質問者の質問は
「中国から弾道ミサイルが発射されるのは事前にわかりますか?」
なのだからまずはそこに答えるべき。

余談を先にしなくてもいい。

696 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:54:10.73 ID:vJBxj8mR
>>691
なるほどある程度は準備しているが確実に迎撃するには最適な配置に
付かなければならない…つまり時間が掛かると

>>695さん代弁してくれてありがとうございます
分かりにくくてすみません
事前に察知できるかどうかが知りたいです

697 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 14:57:57.74 ID:0vUX9YH0
だからそんな事態になったら戦争状態だから少なくともアメリカはあらゆる手段を使って探知しようとするだろ。
だがそんな状況がなんで起きたかをすっとばじて質問されても答えにならないって話なんだが。

698 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:02:13.28 ID:pxeYnoR1
拳銃って必要なんでしょうか?大きさも小型のサブマシンガン(スコーピオンなど)とあまりかわりませんし、サブマシンガンじゃダメなんですか?

699 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:10:21.99 ID:0vUX9YH0
>>698
>>大きさも小型のサブマシンガン(スコーピオンなど)とあまりかわりませんし、
拳銃と言ってもマグナムからデリンジャーまで大きさは千差万別ですし弾丸の威力も銃によって全く異なります。

「〜でしょうか 〜じゃダメなんですか」という持論を演説したいだけの質問はご遠慮ください。

700 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:13:38.97 ID:3YurGbg9
ロシアでは、AK12の量産化以後も、従来型AK47〜101やAN92の製造も継続しているのでしょうか?

もし継続しているとすれば、どのような需要に対してでしょうか?

701 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:16:14.58 ID:0vUX9YH0
あとアメリカではフルオートで射撃可能な火器は「自衛」の範疇を越えるので州によっては民間の所持が制限されている。

702 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:17:43.77 ID:pxeYnoR1
>>699
>>拳銃と言ってもマグナムからデリンジャーまで大きさは千差万別ですし弾丸の威力も銃によって全く異なります。
なるほど、確かに拳銃と一口に言ってもたくさんありますね。

>>「〜でしょうか 〜じゃダメなんですか」という持論を演説したいだけの質問はご遠慮ください。
初書き込みだったものですみません。以後気を付けます。

703 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:19:19.39 ID:wr4cpc/W
軍用ならまだしも、民間向けではフルオートで隠しやすい銃は規制が厳しい
サブマシンガンもわざわざ長い銃身に替え「カービン」ということにして、規制をクリアしてる州もあるし

704 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:22:18.36 ID:Qv4c802r
>>696
既に回答されてるけど、中国の持ってるレベルでも弾道ミサイルは隠すか常に移動させるかできるから、発射前に余裕を持って発射準備を掴むことは難しい。

でも、「弾道ミサイルによる攻撃」はイコール「全面戦争」だから、ミサイルの発射準備とはまた違う面でいろいろと準備が必要で、それを全て隠すことはできない。

なのでそういう意味では
「中国がある日突然弾道ミサイルで攻撃してきて、事前には全くわからなかった」
となる可能性は低い、ということ。

705 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:24:35.22 ID:pxeYnoR1
>>701
>>703
回答ありがとうございます。法律による制限はまったく考えてませんでした。

706 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:30:33.49 ID:eBU3KZs5
基地や軍艦の中の人も人間でしょうし普段はローテーションで休んだり眠ったり趣味したりしてますよね
でもいざ戦闘になったらやっぱり動ける人は全員起きて全員戦ったりしてるんでしょうか?
1日くらいならともかく何日も不眠不休というわけにも行かないでしょうし戦闘中でも普段通り休むもんすか?

707 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:35:47.80 ID:0vUX9YH0
>>706
状況によってシフト体制は変わるし地上施設ならそれに応じて増員などもされる。
艦船なら戦闘状態になれば総員配置という状態になるけどそもそも戦闘は何日も続かない。

708 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 16:03:24.24 ID:PWDbiMCF
二次大戦の後期の戦車でもショットトラップが存在したりしますが、ショットトラップを排除する設計はそんなに難しかったんでしょうか?
素人目には下向きに跳弾する傾斜を無くすのが難しいとは思えないのですが。跳弾した砲弾に深刻な威力があると思われなかったんでしょうか?

709 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 16:17:52.14 ID:0vUX9YH0
>>708
ゲームと違って戦車の設計を途中で変えてそれによる効果を検証し、さらに生産行程や冶具まで変更するというのは大事なのでそう簡単にできるものでもない。
致命的な問題ならなんとかして変えるだろうし、それによってもたらされる生産の遅延よりも損害の方が影響が小さいと判断されれば直さないということもあるだろう。

710 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 16:25:27.01 ID:0vUX9YH0
あとショットトラップのような弱点は砲塔の下部といったごく狭い範囲なのでよほど熟練していないと狙って当てるのは難しい。

711 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 16:32:39.28 ID:eBU3KZs5
現地で鉄板溶接するとか丸太を縛り付けるとかそういう現地でも出来るような改修やればいいのにな、そういうマニュアル配るくらいなら出来るだろうに

712 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 16:41:24.78 ID:MEZDHdLo
>>708
T-54の本格生産型見ればわかるけど、ショットトラップを完全になくすなら
お椀伏せたような半球形にする必要がある。

そうなると砲塔内のレイアウトに制約が出るし、砲塔がやたらでかくなる。
(T-54/55/62なんかは、実は砲塔が車体からはみ出してる)

なので「対ショットトラップ」だけ」考えて砲塔形状をデザインするわけには
なかなか行かないのだ。

713 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 16:45:38.77 ID:0vUX9YH0
例えばパンツァーファウスト対策でベッドスプリングを砲塔に溶接したり土嚢を積んだりといった現地改造は例があるけど、重量過大や実際には効果が小さいなどの問題があって禁止されることもままあった。
さらに戦争末期になればドイツ軍戦車兵や対戦車砲兵の平均練度は大幅に低下してるので、素人でも扱えるパンツァーファウストに対策するならまだしもショットトラップ対策まで気を使う必要は小さい。

714 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 17:06:31.91 ID:e5yVkWhe
第一次世界大戦についての質問です。
後の第二次大戦ではヨーロッパの主要都市は壊滅的な被害を受けましたが第一次では飛行船によるロンドン爆撃やパリ砲による砲撃があったものの
都市そのものが壊滅するような被害は無かったのでしょうか?
有名な戦いとして思い浮かぶのがソンムやウェルダンといった大規模な野戦で、ハンブルクやドレスデンのような名前が浮かびませんでした。

715 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:09:22.49 ID:zsrTItSK
>>714
WWI当時だと飛行船や航空機で都市を壊滅させられるような爆弾を運べなかった。
搭載量が少なかったり、出撃可能機数が少なかったりね。
砲撃も同じで、パリ砲なんかは射程が長いだけで一発撃つのにえらく時間がかかるし、
嫌がらせ以上の効果は無い。

716 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:13:02.43 ID:4eMNA0GL
アスペは軍と相性がいいですか?

717 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:14:07.15 ID:0vUX9YH0
>>714
西部戦線に限っていえばドイツ本国もイギリスも戦線のはるか後方だし、パリはドイツ軍の占領目標だったけど英仏連合軍の反撃でそれを阻止した。
北フランスやベルギーは戦場になったのでそこにあった都市(例えばベルギーのアントワープ)は戦場になってる。

718 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:16:38.86 ID:PfLcWm4L
>>714
挙げられてるのがハンブルクとドレスデンと言う事は航空爆撃による被害だけを聞いてるの?
地上戦による被害も含むの?
地上戦を含むなら西部戦線の塹壕線付近に存在する街はどこもハンブルクやドレスデンとは比較にならないほど完璧に壊滅したよ
爆撃に関しては全期間合わせてドイツの死者740人負傷者1900人で
英国やフランスはもっと多いだろうが少なくとも死者の数は第2次大戦に比べて低い
第一次大戦ではだいたい軍隊や工場が目標の爆撃ばかりで純粋に民間人が目標のたぐいの都市爆撃はお互い基本的には報復という名目で行われているし
英国の爆撃隊は最後まで完全に民間人を目標にした爆撃は一度もしなかった
まあ恐らく第一次大戦の空襲で一番民間人の被害の激しかった都市は協商ではパリ、同盟ではよく報復の対象になったカールスルーエだろう
ロンドンの爆撃は有名だがパリと比べて期間が限定的なのだ

719 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:25:05.44 ID:qpqhnU6V
>>716
んなこたーない

720 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:32:19.06 ID:e5yVkWhe
>>715>>717-718
回答ありがとうございます、空襲に限定した訳ではなく戦争でそれなりの規模の都市が壊滅した例はあったのかが知りたかったのでした。
ベルギーや戦場周辺で都市被害が出たもののロンドン、パリ、ベルリンやそれらに次ぐ都市の被害も第二次大戦とは比較にならなかったのですね。

721 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:40:17.68 ID:VUBkivAR
いずもにしてもそうだけど、
空母の後ろ側に四角い外に出張ってる部分ってなんのためにあるんですか?

722 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:47:13.68 ID:qEApEmDj
内陸国の戦闘機などの演習は隣国との協力を経てされるのでしょうか?
それとも大抵は国内で事足りるのでしょうか?

723 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:49:14.04 ID:4eMNA0GL
>>719
言外の意味を読み取りにくいため
命令をきっちり忠実にこなせそうじゃありませんか?
規律を重んじる軍隊にアスペはぴったりと思ったのですが
駄目ですかね?

724 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:54:42.84 ID:qpavnUbF
>>721
あの張りだしはスポンソンと言って、接舷の為の作業スペースだったり
武装を搭載するスペースだったり様々
飛行甲板から1デッキは低くしないと艦載機に頭飛ばされるからね

725 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 18:58:31.15 ID:VUBkivAR
>>724
スポンソンって名前があるんですね。
いつもなんでこんな出っ張りあるんだろう?って気になってましたので
疑問解消できました。
ありがとうございます

726 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 19:00:16.56 ID:y/T2QXaW
>>723
なんで集団行動が命の軍隊で協調性ないやつがぴったりなんでしょうか

727 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 19:15:43.76 ID:4eMNA0GL
協調性と言われるとその通りですね
志望校を防衛大から東京モード学園に変えようと思います
ありがとうございました

728 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 19:30:01.48 ID:FKlhyiJT
そっちもアスペには厳しいんじゃないかと思うがまあ頑張れ

729 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 19:48:53.49 ID:8ab7LcbS
自衛隊のペトリオットで、
ミサイルが格納されてる箱の右上に、
オレンジ色の四角いマークが付いていますが、
あれは、どういう意味なのでしょう。

730 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 19:59:59.41 ID:2ahIvSPa
先の大戦において日本海軍よりも米海軍の方が、ダメコンに優れていたのはなぜですか?

実戦経験では日本がリードしていたと思うのですが....

731 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:02:17.08 ID:E3Be/UJf
>>681
ミッドウェイは船歴は古いが配備当時勿論第一線の実働空母だったし、長期にわたる改装を1971年に終えたばかりだった。
ミッドウェイ級でもっとも古いが改装規模は3艦中最も大規模で他の二艦よりも戦闘力は高い。ミッドウェイの改装にお金掛かり過ぎて予算が縮小されたからだ。
F-4なんかミッドウェイではJ/Sは運用出来たが、他の二艦は運用に問題有りで搭載VFは古いNに戻したぐらいだ。
だからミッドウェイは最も古くて戦闘力が劣るから選ばれた訳ではないよ。

732 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:48:18.55 ID:lBe6zmC9
>>722
内陸国っても千差万別
最近知ったんだが、イラクは現在、パイロットの初級訓練をパキスタンで行っている
島国だが、台湾は高等訓練を米本土でやってる(実は空自もry)
世界の内陸国全てに当てはまるそうな回答は存在しないよ

733 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:51:15.58 ID:lBe6zmC9
ちなみに現在はどうだか知らないが西ドイツ空軍も中等以上の操縦訓練課程は
米でやってた
大戦中、英国はカナダに訓練の一貫コースを設置していて、英本土の十数倍の
操縦者を養成してた

734 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:54:40.73 ID:e5yVkWhe
シリア空爆ですが、ISの幹部や軍資金をピンポイントで爆撃できるのはISの支配地域や首都ラッカにスパイがいると考えて間違いないのでしょうか?
通信傍受や無人機による偵察も当然行われていると思いますが。

735 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:54:44.61 ID:lBe6zmC9
>>730
人間が消耗品に過ぎなかった国と
教育訓練を受けた人間の価値を
ちゃんと認識できた国の違いだよ

736 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:56:37.39 ID:FvFsydiL
>>730
機関をシフト配置にして生存性を高めたからじゃないの

737 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 20:57:35.35 ID:lBe6zmC9
>>734
スパイとは何かをまず定義して

おれとしては、米などはISの支配地域に人的情報源を持ってないと見てる
持ってりゃあれだけ無駄弾を使うはずがない

738 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 21:01:02.66 ID:e5yVkWhe
>>737
ジハーディストを装ったスパイをISに志願させて内部に潜り込ませているとか特殊部隊を潜入させているとか地元の人間をリクルートして情報原にしているとかイメージしてました。

739 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 21:19:40.06 ID:+5l/PsUX
現在の尖閣諸島を巡る中国との関係で、クラウゼヴィッツの言う「重心」として考えられるものは何があるんですか?

740 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 21:27:40.81 ID:MEZDHdLo
>>739
そもそもクラウゼヴィッツのいうところの「軍事的重心」なるものが、「つまるところそれってどういうことなの?」
っていうかなり曖昧な概念だからなぁ。

しかしまぁ「戦闘において、戦力を集中させるべきと考えうるところ」とするなら、戦争始まってないので中心たる点もない、としか。

741 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 21:59:02.45 ID:zsrTItSK
>>723>>727
「言外の意味を読み取りにくい」ってのはもっと深刻。

たとえば「この紙に“一”と書け」と命令したりする。
普通の人はそのまま“一”と書く。

アスペの一番重症な場合は
その紙を見ろ→その紙の脇にあるペンを持て→漢数字の“一”を思い浮かべよ→紙の真ん中を見ろ
→そこに思い浮かべた“一”を書け。

最低でもこのくらいは命令しないと、実行ができない。
言わなくてもわかるだろうとすっ飛ばすと、言われていない事に対してどうすればいいか質問が飛んでくる
…のは軽症で、重症だと具体的な命令があるまで、そのままずっといつまでも固まっている。

当然、軍隊でもどこでも使えないが、意外とそういう人は少なくない。
何かの間違いでずっと命令ばかりする立場にいて、ある日突然命令される立場になった元管理職とか、
定年退職してする事の無い中間管理職のサラリーマンなんかにも多い。

742 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 22:41:14.39 ID:V7grvInf
>>730
設計面なのか運用面なのかそれとも結果見て言ってるのか

まあこれ読むのが一番手っ取り早いといえば早い
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4769815867

743 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 22:46:13.15 ID:eU7pbCK2
拾いもので質問だけど
『戦争中は民間企業のドッグで軍艦が作られましたが、戦艦大和や戦艦武蔵や空母信濃などの当時の秘密兵器を製造させられた作業員は、機密保持のために完成後に殺害されたともいわれています。』
https://twitter.com/GoAWLs_jp/status/693313856265846784

殺害ってマジ?これじゃ人何人いても足りないくらいだけど

744 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 22:47:38.10 ID:sVLV9IPr
>>743
マジなわけねーだろハゲ

745 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 22:49:58.48 ID:0vUX9YH0
>>743
戦争法廃止の国民連合政府応援隊
@GoAWLs_jp
自衛隊とその武器に関する専門家です。戦争法は廃止。平和憲法は絶対に守れ!! 在日米軍はすべからく本国に撤退しろ!!

あからさまな釣りアカウント
はい撤収

746 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 22:55:18.37 ID:V7grvInf
またすべからくの使い方間違えてる人か…

747 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 23:17:45.33 ID:4eMNA0GL
>>741
最後に出した例はアスペじゃなくよくいるただの指示待ち人間では

748 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 23:26:39.70 ID:zsrTItSK
>>747
指示待ちでも無くて、ただ命令を上から下に流すだけで何もしない(というかしちゃいけない事になってる)人。

749 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 00:27:48.84 ID:acXbZhLC
SH-60Kとかには500ポンドの無誘導爆弾とか搭載はできるんだろうか?

750 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 01:00:16.60 ID:BT8cSySv
>>730
専門のダメコングループを編成して、専門の指揮官の下に専門要員を抱えてたから。
日本の場合は、指揮官としては副長が兼務で、主計や各部署の待機要員をその都度かき集めて対応してたから。
専門のダメコングループは普段の仕事が無いだけあって、普段から、応急作業の訓練や管の構造の学習に
専念できる。

751 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 01:03:49.78 ID:BT8cSySv
>>743
大和も信濃も海軍工廠という海軍の内部建造。
武蔵は船体は三菱造船だけど偽装は海軍佐世保工廠。
大型艦を建造できる技術者を殺してたら、その艦の改装や修理に支障をきたすので、
軍属、ないしは徴兵猶予者として海軍が、陸軍にトラれないようにしてたくらい。

752 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 01:13:46.34 ID:yMOxTl55
>>749
短魚雷が積めるのだから重量的に積むこと自体はできるかと。

パイロンとかの規格がそのまま積めるようになってるか、はわからんけど・・・。

753 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 01:46:23.83 ID:XmNngeO5
中国は対地巡航ミサイルで沖縄の飛行場に有効な打撃を与える能力はありますか?
九州方面はどうでしょう?

754 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 01:57:48.41 ID:fjLdxwtP
>>753
ttp://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/029.html

755 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 02:43:30.57 ID:pH1liQSb
ww2におけるソ連の女性兵士の死者数って何人ぐらいなんでしょうか

ふとソ連の女性兵士の死者数ってもしかしてアメリカ軍のすべての死者より
多いんじゃと思って気になったんですが

756 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 03:10:21.98 ID:XmNngeO5
>>754
ありがとうございました。
上海からなら九州全域は射程に入るということでしょうか?

757 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 03:15:43.96 ID:34ZkA8Sb
死者数じゃないが、ソ連兵1000万人以上の内おおむね80万人が女性兵、と、”Heroines of the Soviet Union 1941-45”にはあるな。

758 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 03:48:13.29 ID:tM8cRFok
念のために言っとくけどロシアの女性兵士だからといってエロ写真集にでてくるような白人の美女ばかりじゃないからな

759 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 03:49:32.65 ID:ojmz90HZ
夜間の観察について

夜間でも偵察することはあると思いますが、その場合、どうやったらよく見えるでしょうか?
暗視装置を使用しない前提です。

対象が明かりを発せず、薄暗い格好の場合、かつ近くに強力な光源(例えばメタルハライドランプ)がある場合です。
その光源が強すぎ比較した場合周りが暗く死角状態になります。

その場合でも全体を観察するうまい方法はどんなものでしょうか?

760 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 04:12:08.30 ID:fjLdxwtP
>>756
ミサイルが地上から発射されるとは限らないということも考えましょう。

761 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 06:42:45.27 ID:rZf8R9+E
黒色火薬で弾丸を超音速で
撃ち出すことはできますか ?

762 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 07:03:04.86 ID:hxiiLESx
秀吉の朝鮮出兵について、フィリピンを始めアジアを植民地化しようとしていた白人(特にスペイン)の手から
日本そして中国や朝鮮を守ろうと出兵した自衛戦争!というのが真実 だそうです
(ソースは軍事ブログである大艦巨砲主義!やTwitterの歴史クラスタ)

自分的には何で日本軍が朝鮮で明軍と戦うとスペインから守ることになるのかわかりませんが)
当時のスペインの国力で明(+朝鮮)を植民地化することは可能だったのでしょうか?

763 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 08:17:53.13 ID:sQCG8PMj
無理

764 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 08:41:54.21 ID:+jd8g70C
ヘリボーン作戦や空中機動作戦は今も作戦として有効なのですか?
それとも携帯式地対空ミサイルが発達した今ではやっても効果が無いんですか?

765 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 08:50:15.63 ID:36pTCIkG
空中機動は今や当たり前
携帯式SAMは無力化する方法がいっぱいある

766 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 08:52:26.33 ID:+jd8g70C
>>765
無知ですみませんがたとえばどのように?

767 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 09:01:59.30 ID:36pTCIkG
一つの方法としては携帯式SAMを撃てる場所は限られてるんで、そこを爆撃しとけばいい

768 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 09:21:46.31 ID:P1gF+K8Y
そういうミサイルが未発達なベトナム戦争の昔からヘリボーンは危険で、かなり撃墜されてるし
それを防ぐために、着地点を砲撃や空爆で制圧するか、奇襲作戦として行うとかしてるよ

769 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 09:32:15.70 ID:+jd8g70C
>>768
>>767
なるほど
空爆や砲撃で制圧からのヘリボーンと言うプロセスが
昔から受け継がれていると言う事ですね

770 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 10:30:49.03 ID:6Ck5Qyu3
>>759
陸海空問わず暗視装置や探照灯使わないなら照明弾しか無いだろ

771 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 15:36:53.45 ID:xEUAcbVi
>>746
何となく意味が通じそうな気も
より正確には「在日米軍はすべからく本国に撤退するべし!」なんだろうけど

772 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 15:59:02.51 ID:go74wYlF
拳銃のことなので軍事板に質問するのはスレチかも知れませんが

オートマ拳銃の中には、引き金を引き続ける限り撃てる
(サブ)マシンガンのようなものはあるのでしょうか?
もしあれば代表的な拳銃も挙げていただけると有り難いです

773 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:16:13.61 ID:DHD6V4cZ
データリンクについての質問です。
ネットワーク化は非常に大きな優位性を作る手段ではありますが、
無線ネットワークって、素人から見れば
妨害電波で簡単に潰す事が出来そうに思え、
先進国同士での実戦では妨害電波だらけで
使えればラッキーくらいに思えるのですが、
軍が使う無線ネットワークの堅牢性は実戦で
機能出来るレベルなのでしょうか?

774 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:23:46.25 ID:3A56h/sj
>>773
電波の基本は出力の大きいものが勝つ。
だけど見通し距離が原則の中隊系まで妨害できるような大出力出すと対レーダーミサイルが飛んできて軒並み潰されるぞ。

775 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:26:41.57 ID:FoxDDlbA
>730 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 19:59:59.41 ID:2ahIvSPa
>先の大戦において日本海軍よりも米海軍の方が、ダメコンに優れていたのはなぜですか?
> 実戦経験では日本がリードしていたと思うのですが....

「「アメリカの方がより重視していた」のは間違いないと思います」。

下記、旧日本海軍には、 「ダメージコントロール」という 観念はなかったのでしょうか?を参照ください。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1037417915

「ダメージ・コントロールとは被害を受けた際の応急処置のことだ。
航空母艦は防御力が弱く、艦載機、爆弾、魚雷、航空燃料用ガソリンなどの誘爆を招きやすいことから「卵を入れた籠」とも呼ばれる。
つまり、ひとたび命中弾を受ければ卵が次々と割れるようにして甚大じんだいな被害を出してしまうのだ。
ミッドウェー海戦で沈没した日本海軍の空母がいい例だろう。この欠点を克服するため、イギリスや日本は飛行甲板に厚い装甲を施した空母を建造したが、
アメリカ海軍は被害が出るのはしかたないことと割り切り、そのかわりに損害を最小限に食いとめるための方法を徹底的に研究した。」

下記を参照ください。

ttp://ncode.syosetu.com/n6455i/2/ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be20a4887bc3d3353f527d3636c44e3)


776 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:37:57.14 ID:Pj+gBVAV
日本にゃ対レーダー・ミサイルがまだ無いんだよ……(泣

まぁ「ハイハイっ! 妨害電波出してるのは俺ですよ」と自己申請してるようなもんだから、狐狩りの的になることは間違いない。
それから、現在の高級な無線器は暗号化してるし、ある程度はジャミングを掛けられても復元できるようになっている。


a:「もしもし。こちら本物、出力小さいです」
A:『もしもし。こちら偽物、出力大きいです』
b:「オッケー。暗号(鉤括弧)が違うし、aをヘッドホンに送るね」

受信機は両方拾うが、高性能な無線機なら鉤括弧が「か『を見極め、出力が小さくても本物の方を復調してくれる。

777 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:41:18.51 ID:FoxDDlbA
706 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:30:33.49 ID:eBU3KZs5
>基地や軍艦の中の人も人間でしょうし普段はローテーションで休んだり眠ったり趣味したりしてますよ>ね
> でもいざ戦闘になったらやっぱり動ける人は全員起きて全員戦ったりしてるんでしょうか?
>1日くらいならともかく何日も不眠不休というわけにも行かないでしょうし戦闘中でも普段通り休むもん
>すか?

「戦闘になったらやっぱり動ける人は全員起きて全員戦ったりしてるんで」す!

「軍民問わず「オールワッチ」という総員配置体勢がありますが、この場合通信士も全員通信室に詰めますし、操舵手も全員ブリッジに詰めます。
そしてそれぞれの乗組員に、オールワッチ体勢時の役割分担が決まっているのです。
総員体制下では、通信士は複数の通信設備を動かして対応に当たったり記録専門の担当になると決まっている人がいます。操舵手も舵を握るだけではありません。」

下記、軍艦の『総員戦闘体制』って、休憩や休息中のを参照ください。

ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387293278

「何日も不眠不休というわけにも行かないで」す。
空母の飛行甲板上で、乗組員が寝ている写真を見たことが有ります。

778 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 16:50:41.61 ID:xblB6Y6M
>>749
シリアの樽爆弾見たらわかるとおり
ttps://www.youtube.com/watch?v=kFm5FLJtmTs

ふつーにヘリから蹴落とせます。安全装置の有無や種類にもよるけどたいてい大丈夫でしょう。

>>761
可能です。単なるマスケット銃でも370m/secは出ますし、工夫すればもっと速くできます。
火薬の燃焼速度が火薬中の音速より低くても(爆轟しない)、発射される弾丸が空気中の音速より遅い、ということにはなりません。

>>772
原理上簡単に作れます。ただし法的な制限と実用性からあまり使われていません。
現代のピストルで代表的なのはグロック18Cや
ttps://www.youtube.com/watch?v=eRn2vhAyC30
ベレッタ92FSでしょう。
ttps://www.youtube.com/watch?v=eQS7OXEalds

779 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 16:52:19.97 ID:xblB6Y6M
>>773
>>774氏の通り、ほかが同じであれば出力の大きい者の勝ちですが、
実際には周波数分散や冗長コード化、高指向性通信の使用などで大きく変わってきます。
軍用通信は単に出力が大きいだけでなく、上記のような方法で簡単には妨害できないようになっています。

780 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:52:30.92 ID:TjL+ch/P
>>772
モーゼルM712
ベレッタM1951R

781 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 16:52:40.64 ID:FoxDDlbA
>698 :名無し三等兵:2016/01/30(土) 15:02:13.28 ID:pxeYnoR1
>拳銃って必要なんでしょうか?大きさも小型のサブマシンガン(スコーピオンなど)とあまりかわりません
>し、サブマシンガンじゃダメなんですか?

持っている人の、気休めとして「必要」。

実戦での兵器として、「拳銃って」役に立ちません。
イスラエル軍では、士官に、サブマシンガンや、鹵獲した、カラシニコフ小銃を持たせています。

782 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:11:33.79 ID:04FiY3+Q
>>772
古いところでコルト・ウッズマンのフルオートカスタム(特殊部隊用)、スライドが後方に延長され、往復時間を延ばすことで発射速度を抑えている
あとH&K VP70、マウザーM712もそうだけど、フルオートでのコントロールが難しいので、ストック着用でのマシンピストルとして用いる
セミオートマチックってのはフルオートにならないように制限されてるもので、パーツの一部を削る、または交換でフルオートに「なってしまう」もの

783 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:13:51.89 ID:FoxDDlbA
>478 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:12:08.56 ID:2NL+ihWg
>術校の資料室で読んだ米海軍CLARK中佐のレポートをみたら
> ドイツ空軍の訓練生の数が43年の3万6000から
>44年には半分以下になってましたが、ドイツ空軍は44年の時点でパイロット養成に支障がではじめ>てたのでしょうか?
> 訓練生の死亡率は43年の10月以降はどんどん上がってます。
>あとドイツ空軍の総死者が46万人と書いてあってパイロットや訓練生の数と剥離しすぎているような>気がします。
> 出展やレポート自体も全て英文、洋書なので調べる気力もありません。

> 新米パイロットは練度不足でした。
> 燃料不足のため、飛行時間が足りなかったです。

>426 :名無し三等兵:2015/11/08(日) 19:10:10.44 ID:PRPzeSKg
>「問題なのは性能差よりも数の差、そして搭乗員の養成能力の差でしょう。
> 例えば1944年後半になるとドイツ空軍の新規パイロットの飛行訓練時間は100時間程度にまで減>少し、飛ぶのがやっとという未熟なパイロットが殆どになってしまいます。
> 一方で連合軍側、特に米英のパイロットは新人でもその数倍の飛行時間を経ており、
>またドイツ側の消耗によるベテランパイロットの減少とも相まって練度の差は開く一方でした。」
> 下記、BF109やFW190ではP51Dに全く力不足?を参照ください。

ttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/8678728.html

>参考図書

> 『歴史群像』2010年6月号、「第56戦闘航空群」白石光。

784 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 17:22:57.37 ID:xblB6Y6M
>>778 補足

>>782氏の通り、ピストルをフルオートにするとサイズ、重量の関係で発射速度がやたらに速く、
延長銃床でも付けない限り手先でしかホールドできないため、反動で銃口が跳ね上がって
弾着をコントロールできなくなります。

それをカバーしたのがグロック18C(Cは反動補正装置:CompensatorのC)で
発射ガスの一部を銃身、スライドの上方に開けられた穴から逃がすことによって
銃口の跳ね上がりを押さえています。
ttps://www.youtube.com/watch?v=iL7DlOhR0eM

このため反動はほとんど真後ろにしかかからず、しっかり体重をかけて
構えて撃てば1200発/分のフルオート射撃でもコントロール可能と言われています。

785 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:23:39.54 ID:psGfBJ97
>>752
>>778
おぉ、Mk82を2発搭載できれば
ヘリ空母でも更に陸上支援可能ですね・・。

786 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:30:18.57 ID:FoxDDlbA
>476 :名無し三等兵:2016/01/27(水) 19:06:22.01 ID:r+LsAtIN
>質問
>なぜマッカーサーはGHQの司令官に選ばれたのでしょうか

1 陸軍だったから。
2 格が上だったから。

日本占領には、多数の人手が必要です。
海で軍艦に乗って戦う海軍は、人手が少ないです。
どうしても、陸軍中心ならざるを得ません。

マッカーサーは、第二次世界大戦の前に、陸軍制服組のトップである、参謀総長を経験していました。
海軍のニミッツが、海軍制服組のトップである、作戦部長になったのは、第二次世界大戦後です。
第二次世界大戦中に、太平洋戦域の指揮官を一人にすることが、検討されました。
マッカーサーがニミッツを指揮する案でした。
逆は有りませんでした。

787 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:31:17.56 ID:fjLdxwtP
>>785
シリアじゃたる爆弾落としてるヘリがMANPADSでけっこう撃墜されてるけど。
速度の遅いヘリで固定翼機のカバーなしでそんなことをやるのはリスクが高すぎる。

788 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 17:31:51.39 ID:xblB6Y6M
>>785
照準装置がないから当たりませんけどね。
といって高度下げたら自分の爆弾の破片食らう、下から撃ちまくられる。MANPADSのいい餌食になる。
A-10でさえイラクでMANPADSで言いように落とされてました。

相手が無力ならいいですが、軍隊相手にふつーのヘリから爆弾は無理技

>>784 補足
アメリカ人はフルオートが好き >グロック100連発
ttps://www.youtube.com/watch?v=tmrggqzwhFc

789 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:37:54.87 ID:rZf8R9+E
>>778
ありがとうございます

790 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:41:44.87 ID:3A56h/sj
>>785
そういうことをするために攻撃ヘリというものがある。

791 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:43:31.67 ID:FoxDDlbA
>407 :名無し三等兵:2016/01/25(月) 18:10:38.98 ID:jITuTlgO
>ウィキペディアのレインボープラン・カラーコード計画記事を読んで気になったのですが
>近代〜WW2前のアメリカ合衆国においてロシア(ソ連)は仮想敵国に「なりえない」とされていたので>しょうか?
>WW2以前の軍事技術では、ロシア側からどうにかして先制奇襲攻撃を受けたとして
>「リメンバーパールハーバー!」みたいな勢いで報復戦争を行うにしても
>太平洋側からは極東沿海州・シベリアを通らなければモスクワまでは行けませんし
> サンクトペテルブルク(レニングラード)を目指すにしてもイギリスなどの北海に影響力を持つ国々を味>方につけない限り
>阿呆みたいな航路を通らなければなりませんし……
>逆に日露戦争後ロシア帝国〜ソ連海軍がアメリカまで行くことも無理でしたよね……

日本とドイツが緩衝国になっていました。

アメリカとしては、日本がソ連に対する緩衝国であるかぎりは、日本を潰したく無かったのです。
それを、馬鹿な日本が、真珠湾奇襲攻撃をかけて、アメリカと戦争を始めてしまったのです。

792 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:43:32.97 ID:sQCG8PMj
>>788
A-10は湾岸戦争でも8775ソーティやっても被撃墜数たった六機なんだが

793 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:46:51.79 ID:psGfBJ97
>>787
>>788
リスクが高いですか、なんかイタチごっこのように思えてきますね。

>>790
そうですよね。攻撃ヘリのほうが結局は安上がりですね。

794 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:50:58.26 ID:6hB/sFhh
ヘリに爆装といえばコレ
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Armed_helicopter#/media/File:Sikorsky_Skycrane_carrying_parachute_bomb_c.jpg

795 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:58:45.05 ID:rJ5zS15n
戦車の同軸機銃について質問です

普通の歩兵用機銃を同軸機銃として
使っていると思いますが
空冷だとすぐ銃身が過熱しますよね?
そして車載機銃としての使い方だと
歩兵が使う以上に連続で発射すると思います。
車載の状態で簡単に銃身交換できるんでしょうか?
それとも車載用の肉厚銃身とかあるのでしょうか?

796 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:58:58.29 ID:FoxDDlbA
>374 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 22:20:35.86 ID:hGJABjSL
>371
>植物は葉っぱに日をうけて生きているんだから踏まれれば弱るのはあたりまえ
> じゃがいもは本来有毒で、原産地では毒抜きのために凍結・乾燥してから
>食料にしていた
>当然ながら乾燥すれば保存と輸送になんの問題もない
>現在でもマッシュポテトの素というものがある

「じゃがいもの葉を枯らす必要がある。その際、枯凋剤(こちょうざい)という農薬を使用する」

「りょくけんだより: じゃがいもが、美味しい。
ryokuken.blogspot.com/2011/11/blog-post_3043.html
2011/11/15 - 大規模の畑に、トラクターなどの機械を入れ、収穫するため、

じゃがいもの葉を枯らす必要がある。その際、枯凋剤(こちょうざい)という農薬を使用する

。青々とした葉に散布し、枯らした後、機械を入れ、土から下のじゃがいもを掘り上げていく。」

797 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 17:59:41.33 ID:FoxDDlbA
イモ類は、貯蔵と輸送が難しい。

第二次世界大戦中の、ドイツ海軍のUボートでは、レモンを、壊血病予防のために食していました。
壊血病予防になるのは、ビタミンCです。
現在のビタミンC製造は、ジャガイモからしています。
ジャガイモには、ビタミンCが含まれています。
安価にビタミンCを製造するのには、ジャガイモが最適なのです。
Uボート乗組員達が、自宅と同じように、大量のジャガイモを食べていれば、壊血病になることは無いです。
レモンを、食する必要も無いのです。
昔、ヨーロッパでは、冬にビタミンCが不足して、壊血病になりました。
その予防に、リンゴを食しました。
その後、ジャガイモを食するようになると、壊血病は発生しなくなりました。
そのため、ジャガイモは、別名を、大地のリンゴと呼ばれています。
では、なぜ、Uボートでジャガイモを食べないのかとの問題になります。
貯蔵が難しいのです。
1842年、ドイツの貧民施設での食事の資料が残っています。
夕食に黒パン346gを供しています。
別の日には、ジャガイモ1000gを供しています。
黒パンの3倍のジャガイモを食べなくてはならなかったのです。
Uボートは、内部容積が狭いです。
艦の中枢部である司令室や、便所まで、食料貯蔵に使いました。
Uボートは、主食を黒パンとしていました。
野菜として、ジャガイモを少量積むことは有りました。

798 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:00:52.74 ID:FoxDDlbA
南アメリカのインディオ達が、ジャガイモを乾燥させて、保存と輸送に適した形にしたのは事実です。
日本の、北海道や東北でも同様なことはしていました。
しかし、手間がかかります。
飢饉のための、食料備蓄でした。
手間をかけて、乾燥ジャガイモを製造する。
水で戻して、生のジャガイモにするだけでは、採算が合わないのです。
マッシュポテトの素は、生のジャガイモを加工して、高く売れるので、採算が合うのです。サツマイモを乾かした、乾燥イモが有ります。
生のサツマイモとは別の、干し菓子となっているので、高く売れて、採算が合うのです。

ジャガイモを、第二次世界大戦中の、ドイツ海軍のUボートの主食とする。
あるいは、ソ連戦線へ鉄道とトラックを使って輸送して、主食とすることは、不可能でした。

「Uボートの生活 - 叛骨の焔
hannkotu.blog.shinobi.jp/第二次大戦史 其の二/uボートの生活
2009/12/14 - Uボートとは、第一次世界大戦と第二次大戦時に活躍したドイツ潜水艦の総称である。特に第二次 ...
更に3週間経つと、

主食である黒パンにソーセージ、レモン

なども厚いカビに覆われるので、乗員はパンの真ん中だけを食べた。しかし、1日3回 ...」


「フランス語でポム・ドゥ・テール(大地のリンゴ)と呼ばれる野菜は .....
recipe.kirin.co.jp/otsumami/grandprix/.../quizKentei.php?cat=fr...

ジャガイモ」は大地のりんご!

ジャガイモはビタミンCが豊富なことから、フランスでは「ポム・ドゥ・テール=大地のリンゴ」と呼ばれています。
“pomme”は“リンゴ”、“terre”は“大地”のこと。訳すると「大地のリンゴ」となります。 前へ · フレンチの一覧に戻る · 次へ.」

799 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:01:23.42 ID:FoxDDlbA
「じゃがいも3コ分を生のまま冷凍してしまいました。皮を剥いてから
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp › ... › 料理、レシピ › レシピ
2010/05/11 - 長期にわたる保存・備蓄が可能になった。
この凍結乾燥した ...
また、若干作り方が異なり、イモの種類も異なるが、原理的にはチューニョと同じ凍結乾燥ジャガイモに、トゥンタと呼ばれるものがある。 ...
北海道のアイヌ民族も、秋に収穫し切れなかったジャガイモや傷のあるジャガイモを畑に放置し、雪に埋もれて凍るに任せる。」

800 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 18:06:36.72 ID:xblB6Y6M
>>792
大統領親衛隊相手にでかけてってSAM食らいまくり
以後弱い相手にしか使われなくなったって話がついこのスレで最近出てたような

>>794
ステキ!!

元も輸送機に爆装、ですけどね

801 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:08:33.60 ID:Pe6ZI/kx
>>795
ドイツのMG34には銃身と銃身カバーの肉が厚い車載型があった。

他にも歩兵用に比べて頑丈にしたり狭いとこで操作しやすくした車載型のある機種は結構ある。

日本の自衛隊でも一般用の64式機関銃には車載型の74式って派生型があるぞ。

802 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:09:52.93 ID:ZSHmhCJB
そもそも戦車の同軸機銃ってそんな撃ちまくるものじゃないし

803 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:12:29.84 ID:sQCG8PMj
>>800
それ書いたののも俺だw
そりゃガッチガチに固めた防空網に昼間低空攻撃すりゃ落ちもするよ
ちなみにその時やったのは直接やったのはSA-13でMANPADSじゃないぞ(二機とも)

804 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:27:25.25 ID:FoxDDlbA
>371 :名無し三等兵:2016/01/24(日) 21:14:19.05 ID:C+RrfJH/
>ジャガイモは地中に出来ます。
>そのため、戦乱の影響を受けにくいのです。
> 踏み荒らされたら、ジャガイモだって、
>ふつうに収量は壊滅ではありませんか?
>この見解は、西欧史では一般的なのですか?

>参考図書
>『ジャガイモのきた道』山本紀夫著
> 長文荒らしの人は、過去に何度か、
> 読んでもいない本を参考文献に並べてハクをつける詐欺
> 前科があるので、にわかには信じがたい
>上段の記述は、この本の中にあるのでしょうか?
>この二点、「他の方に」質問いたします

「収量は壊滅ではありません」!
「地下に食糧となる芋をつけるジャガイモは戦乱や災害にも強い」。

「じゃがいもの葉を枯らす必要がある。その際、枯凋剤(こちょうざい)という農薬を使用する」

「りょくけんだより: じゃがいもが、美味しい。
ryokuken.blogspot.com/2011/11/blog-post_3043.html
2011/11/15 - 大規模の畑に、トラクターなどの機械を入れ、収穫するため、

じゃがいもの葉を枯らす必要がある。その際、枯凋剤(こちょうざい)という農薬を使用する

。青々とした葉に散布し、枯らした後、機械を入れ、土から下のじゃがいもを掘り上げていく。」

805 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:28:19.55 ID:FoxDDlbA
「gs子さんの書評 文明を変えた植物たち―コロンブスが遺した ...
www.honzuki.jp/m/status/no133400/
2015/02/05 - 本書では特に6つの植物に着目して、その影響について述べる。 ...
その中でも影響が大きかったと思われる6つの植物が、ジャガイモ、天然ゴム、カカオ、トウガラシ、タバコ、 ...

地下に食糧となる芋をつけるジャガイモは戦乱や災害にも強い

。」

沖縄でサツマイモを主食としていた「その大きな理由は「台風に強い ...」」からです。
地中に出来るのです。

「ソテツ地獄・・ソテツの代用品はなかったのか - @nifty教えて広場
oshiete1.nifty.com › 学問・教育 › 歴史
2007/08/23 - 最も効率の良い農作物である稲や麦などの「穀物」の栽培には全く向きません。
いくら育てても、収穫前に台風が来たら収穫ゼロになり、そして台風は必ず来ますから。

沖縄などの南西諸島では、江戸時代から、サツマイモ(ろくに味もなくスジだらけの不味いもの)などのイモ類が主食だったようです。その大きな理由は「台風に強い ...」

806 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 18:37:45.76 ID:xblB6Y6M
>>803
とっくにご存じと思いますが。
ttp://www.2951clss-gulfwar.com/a10_combat_losses.htm
ttps://en.wikipedia.org/wiki/List_of_combat_losses_of_United_States_military_aircraft_since_the_Vietnam_War#1991_.28Operation_Desert_Shield.2FDesert_Storm.29

で米空軍では対空脅威があるところにはA-10は行かせない、と
ttp://www.nationaldefensemagazine.org/blog/lists/posts/post.aspx?ID=1570

807 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 18:38:32.64 ID:xblB6Y6M
あーバラージジャミングのお時間になってしまったか

808 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:55:23.04 ID:sQCG8PMj
>>806
で?どこにいいようにMANPADS落とされたデータがあるわけで?
>A-10でさえイラクでMANPADSで言いように落とされてました。

809 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 18:55:29.15 ID:FoxDDlbA
>46 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 05:21:26.40 ID:lgrcS95t
>アメリカのセスナもコピーとは言わんが意識はしてたんだろうなあ

>48 :名無し三等兵:2016/01/19(火) 06:08:48.80 ID:wt9K5Twx
>46
>シュトルヒと同時期で同種の機体はパイパー・カブだろ

アメリカ陸軍は、第二次世界大戦中に、パイパー・カブ(軍用名L-4 グラスホッパー)を含めて、多種類の連絡機を使っています。

「バルティ L-1 ヴィジラント
ティラークラフト L-2 グラスホッパー
エアロンカ L-3 グラスホッパー
パイパー L-4/O-59 グラスホッパー
スチンソン L-5/O-62 センチネル」

下記、ウィキペディアの連絡機を参照ください。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E7%B5%A1%E6%A9%9F

810 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:02:24.00 ID:FoxDDlbA
>97 :名無し三等兵:2016/01/20(水) 07:45:01.56 ID:gaLmGUhA
>太平洋戦争での日本軍の戦い方について尋ねたいのですが
>日本兵は太平洋諸島〜フィリピンなどの南方において「アウェーな環境」で戦っていた> という認識で合ってますでしょうか?
> 最近読んだ複数の戦記物の本の中で、ミリタリーよりは右寄り?(日本は凄かった的>な内容)の本の中では
> ・「日本兵は(アメリカなどの欧米系と比べて)アジア人なのでアジアの森林地帯や>南方のジャングルでのゲリラ戦を得意としており・・・・・」
>・「日本人の精神力(武士道・軍紀)の高さからアメリカ兵の予想を覆すほど守備に徹>した持久戦遂行能力が高く・……」
>みたいな記述があったのですが
>日本列島や中国での任務が多かった日本陸軍に「鬱蒼した蒸し暑い森のジャングル」で>の経験などはないと思いますし
>例えば戦前から東南アジアやインドに植民地を有していた連合国軍の方がそういったキャ>リア?があったのではないかと……
>後者は、別なミリタリームック本で持久戦守備ドクトリンはソ連、日本は軽武装での攻>撃型ドクトリン と紹介されていたので気になりました。
>この本ではペリリュー・硫黄島・沖縄での日本軍の(侵攻からの国土防衛という崇高な>使命感あってこその)陣地防御戦を褒めていたのですが
> イギリス軍やアメリカ軍では同じような状況でほぼ全滅するまでひたすら持久戦を遂>行することは不可能、という訳でもないと思うんです。

日本軍には、欠乏に耐えて戦う能力が有ったのです。

811 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:04:14.87 ID:FoxDDlbA
「日本兵は(アメリカなどの欧米系と比べて)アジア人なのでアジアの森林地帯や>南方のジャングルでのゲリラ戦を得意として」ということは有りません。
ただ、乏しい補給によって、生き延びて戦うことが出来たのです。
当時の日本人の殆どは、農家でした。
自給自足の生活は、乏しい補給で生き延びる知恵を授けました。
ニューギニア戦線で生き延びた人は、農家出身者が多かったそうです。
都会育ちで、学校のワーダーホーゲルで鍛えた人よりは、生存率が高かったのです。

「米陸軍のみた日本兵の全体的な長所と短所については次のように紹介されている。
まず長所については、「肉体的には頑健である、準備された防御では死ぬまで戦う、特に戦友が周囲にいたり、地の利を得ている時には大胆かつ勇敢である。
適切な訓練のおかげでジャングルは家のようである、規律(とくに射撃規律)はおおむね良好である」とあり、その反対に短所については、「予想していないことに直面するとパニックに陥る、
戦闘のあいだ常に決然としているわけではない、
多くは射撃が下手、時に自分で物を考えず『自分で』となると何も考えられなくなる」という」

下記、日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書) 新書 – 2014/1/17
一ノ瀬 俊也 (著)を参照ください。

ttp://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B5-%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8%E3%81%AF%E8%

AA%9E%E3%82%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%80%E3%83%8E%E7%80%AC-%E4%BF%8A%E4%B9%

9F/dp/4062882434/ref=pd_sim_14_1/377-0812629-5568726?ie=UTF8&dpID=31FlRXE0Y1L&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR97%2C160_&refRID=

0WHDF7M0TB5KPYMY5K6W

812 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 19:05:08.03 ID:xblB6Y6M
Strelaは車載型のか。だとA-10がMANPADSで落とされまくり、はナシですね。
ヘリはMANPADSのいい的になるけど。

813 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:14:09.41 ID:go74wYlF
>>778
>>780
>>782
>>784
ありがとうございます!
ざっと読んだところ扱いが難しいようですが
実際に、しかも改良されたものもあるのですね
技術の進歩は凄い(小並感)

814 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:16:47.62 ID:rJ5zS15n
>>801
MG34の同軸機銃には専用銃身とかあったんですね
確かにあの発射速度だとすぐ過熱しますよね

>>802
自分が砲手で陣地突破とかだったら同軸機銃
打ちまくる気がしないですか?

815 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:22:45.34 ID:ocnuT26w
>>814
榴弾撃つだろ。同軸以外にも車載機銃普通あるんだし。

816 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:27:29.82 ID:sQCG8PMj
>>812
むしろ携帯用対空ミサイルの直撃受けて大穴で主翼の桁が三本中二本折れても帰ってくるぐらいでやたらタフいんやで
この場合も現地修理四日で復帰してるし
144機中半数の70機がなんらかの損害を負ったってぐらいなんだから
大統領警備隊には二機ともやられたがなんにでも限界はあるというだけの話であって

817 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:37:20.77 ID:AGsgT1x7
イギリスのWW2初期の戦車は榴弾が供給されない2ポンド砲型とは別で榴弾砲装備のCS型が用意されていましたが
ではなぜ北アフリカなどの実戦で「イギリス戦車部隊は榴弾が無く対戦車砲を相手に分が悪い戦いをした」と評されるでしょうか?
CS型が常に随行するなら対戦車砲や歩兵陣地に直面してもCS型が撃てば別に問題は無いはずですが…
これだけ言われるのはCS型の配備が2ポンド砲型と比べて極端に少ないとか、独軍がCS型を真っ先に狙うとかの事情が有ったのでしょうか?

818 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:42:04.24 ID:dp0AO3Gm
フューリーみたんすけど敵も味方も戦車の機銃の弾が
まるでレーザー光線のように派手に色ついてましたよね

・・・あれほんとにああなるんすか?すごく違和感感じたんすけど

819 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:42:33.34 ID:CxtGFHZV
第二次世界大戦中のソ連って海軍強いイメージないけど強いて言うならどの艦艇が得意で重視してたの?
ドイツなら潜水艦が有名だったりするし

820 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:47:24.08 ID:34ZkA8Sb
>>813 スチェッキンが未出なので追加しとく。これまで挙がってる中では一番量が出てると思うんだが。

821 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:49:06.00 ID:QaNyz7Jy
>>818
曳光弾でググれ

822 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:52:47.37 ID:P1gF+K8Y
>>818
曳光弾 動画でぐぐれ

823 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:53:30.75 ID:R0YJyljE
>>818
沖縄戦の米軍の場合
http://i.imgur.com/v2ZiWrs.jpg

824 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:59:25.51 ID:fjLdxwtP
>>819
今から71年前の昨日(1945年1月30日)に東プロイセンから脱出したドイツ客船ヴィルヘルム・グストロフはソ連潜水艦S-13に撃沈され、乗っていた軍人、傷病兵、避難民などが推定で9343人死亡しており、これは世界最悪の海難事故とされている。
ソ連海軍は開戦劈頭にバルト海の艦隊はレニングラードに退避してそのまま雪隠詰め状態になり、黒海艦隊もセヴァストポリ陥落で脱出中大損害を出してほぼ無力化されている。
そのため大戦中のソ連海軍の活動はごく低調なもので主に潜水艦や魚雷艇が小規模な通商破壊戦を行っている。
なお潜水艦は8月11日の対日戦開始後は太平洋でも行われていて、8月15日前後にも何隻か日本の艦船が撃沈されてる。

825 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 19:59:56.52 ID:dp0AO3Gm
おおかっけー、花火みたいですね、じゃああのシーンは別におかしくない、むしろリアルなんだな・・・

826 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:11:53.48 ID:go74wYlF
>>820
お、ありがとうございます
後で挙げられた物をまとめて見ますね

827 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:16:27.58 ID:vyVThLM3
>>825
富士の夜間演習とか凄いよ

828 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:21:26.75 ID:CxtGFHZV
ソ連海軍の名作みたいのはないの?
空軍はIL-2が有名じゃん
そんな感じで

829 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:23:46.83 ID:dp0AO3Gm
ヴェールヌイなんかあれだけ使い倒して最後は標的艦って軍艦の命ここにありって感じで凄くよくね
雪風もそうだけど日本で駄目になった艦が海外で頑張ってるのって見ていてホルホルしたくなるよね

830 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:33:21.14 ID:sQCG8PMj
>>824
俺もまっさきに思いついたのがそのあたりだったりするw
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95_(%E5%AE%A2%E8%88%B9)

831 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:48:57.29 ID:mvXR9phu
>>825
いや、弾道が最後まで直線的過ぎてレーザーっぽいと言われる

832 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:52:41.96 ID:6HqCTmVY
T-80戦車と10式戦車はどちらが強いんでしょうか?おねがいします

833 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 20:58:24.52 ID:sQCG8PMj
>>832
テンプレを読もうな!

834 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 21:05:02.42 ID:3gGK73Ea
>>778
ベレの92ってノーマルはセミだべ
その動画のはコンバージョンkitかなんか組み込んだ奴じゃね
代表的って謳ってそんなの挙げたらイカンよ

835 :system ◆system65t. :2016/01/31(日) 21:54:25.75 ID:xblB6Y6M
>>834
あ、ども。持ってたもんでつい >フルオート

836 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 22:29:49.33 ID:BiUlLsaU
英国製軍艦の形式で、ブリストル(82型)、シェフィールド(42型)デアリング45型 の82,42,45等々
の数字はどういった意味でしょうか?

年代的に違うので西暦下2桁ではない、数字が増えるだけでなく、減ったりしてい場合もあるので開発順でもない

837 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 23:04:41.58 ID:6hB/sFhh
>>836
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Type_system_of_the_Royal_Navy

838 :836:2016/01/31(日) 23:55:28.86 ID:BiUlLsaU
>>837 ありがとうございます。なる程、二桁目が艦の種別を表していたと。

839 :名無し三等兵:2016/01/31(日) 23:56:22.77 ID:HkAGUvPy
日本海軍の特に巡洋艦は米英艦と比較して「居住性が低い」と言われますが、具体的にはどれだけ差があったんでしょうか?

840 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 01:40:02.84 ID:wIvSY4oX
>>836
sageで質問するのは禁止のはずだが

基本的に軍隊は国や体制を守るもので、君ら個人を守るものでない
どちらかというとお国の犠牲になる人々

841 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 02:05:01.84 ID:mbc1JMW7
>>840
かつてsage質問禁止だったのは任意IDだったからよ
今は強制IDだから関係ない

842 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 02:21:29.10 ID:mtoRa+fC
先見の目の無いゲルのお陰で僅か90機ほどしか造れなかったF-2であるがF-22が配備できないと判った時点でF-2の増産は出来なかったのか?
夢なら200機ほどあればF-4の代役にも使えていたはず。

843 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 03:41:47.47 ID:0A1H5kEG
>>842
>>3
このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください

844 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 05:20:25.60 ID:Mn7G2VnG
電撃戦と縦深作戦と浸透戦術ってなにが違うんですか?

845 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 05:21:43.55 ID:Mn7G2VnG
あとドイツは電撃戦の航空支援を急降下爆撃機を利用して急降下爆撃で行っていたようですが、ソ連はどういう機体でどういう戦術で行っていたんですか?
多分、中心的に勤めていたのはIL-2だと思うのですが、これは急降下爆撃用の航空機じゃないですよね?

846 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 08:51:23.81 ID:Eaco7V/s
超大雑把に言うと
浸透戦術
砲兵の制圧射撃のもと小隊や分隊レベルで分散した突撃歩兵が敵の防衛戦に侵入し、後方の連絡線や前線司令部を急襲して敵戦線を機能不全にして勝利するという考え

電撃戦
浸透戦術の、先鋒の突撃歩兵の機動力の無さから深さのある防衛相手には効果が薄くなるという問題点を
装甲車両の集中運用とそれの機動力によって解決するという考え

縦深作戦
装甲車両に加えて砲兵を集中運用した上し、ありったけの大砲でもって敵の防衛線を最前線から後方の司令部や予備隊まで全て叩き(全縦深同時打撃)、ただの制圧射撃の範囲を超えて敵戦線を幅数十キロから百キロ以上の広範囲にわたって機能不全にし
そこに複数の軍から軍集団レベルの装甲部隊が敵の防衛戦に対しても交互に攻撃して留まることなく進撃していく(無停止進撃)ことで敵に体勢を整えなおしたり、別の戦線から部隊を引き抜いて防御に充てる暇を与えずに勝利するという考え

847 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:06:18.54 ID:Mn7G2VnG
>>846
勘違いしてんですけどもしかして縦深作戦は浸透要素ないんですか?
真っ平らな前線に錐で穴を開けるように脆弱箇所を複数一点突破して混乱させるのが浸透戦術ですよね?
電撃戦は浸透戦術の後継だと思うのですが、縦深作戦は関係ないんですか?

848 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:08:25.76 ID:d+dXBhQX
>>844
電撃戦:機甲部隊で敵の弱いところを抜けて後方の拠点を突く
縦深作戦(縦深攻撃?):機甲部隊などで敵の後ろにも攻撃かけつつ正面からも攻撃
浸透戦術:歩兵部隊で敵陣地の弱いところを抜けていく
まあこんなところで
これ以上のことはウィキペディアでもご覧ください

>>845
航空支援に急降下爆撃が必須というきまりはありません
単に命中率が高めなのと、ドイツが急降下爆撃好きだったからです

849 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:11:31.18 ID:nesQ4aQD
>>847
ごめんごめん
上の説明だと浸透戦術と電撃戦は戦術レベルの視点であるのに対して縦深作戦はもっと大きな視点で書いてるからね。
縦深作戦でも最前線で戦闘を行ってる師団レベルまで拡大すると歩兵部隊による浸透や、ドイツ装甲師団張りの装甲部隊突破は勿論やってる

850 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:23:37.28 ID:d+dXBhQX
>>847
まあとりあえず、縦深攻撃は「突破」や「混乱」のための戦術ではなく「包囲殲滅」のための戦術であるということで

>>849
浸透戦術はともかく、電撃戦は師団より上のレベルの戦術では

851 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:24:40.31 ID:Mn7G2VnG
浸透戦術:正攻法ではなく前線の脆弱点を航空支援を受けながら一点突破して混乱させる
電撃戦:浸透戦術を戦車が行う

縦深作戦:矢面に立っている前線の兵士だけではなく後方の予備隊などまど含めて、前線から後方まで同時に攻撃をしかける。
前線を電撃戦で突破した後に補充される予備隊を予め麻痺させておくのが目的。

こんなところですか?

852 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:25:31.40 ID:Mn7G2VnG
>>850
縦深作戦でどうやって包囲殲滅するのよ
あとそもそも縦深作戦は浸透戦術とは全く別系統なの?

853 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:37:42.21 ID:d+dXBhQX
>>851-852
>浸透戦術:正攻法ではなく前線の脆弱点を航空支援を受けながら一点突破して混乱させる
別に航空支援には限らないかと
WW1の時は専ら迫や歩兵砲でしたし

>縦深作戦でどうやって包囲殲滅するのよ
敵の後方に回りこんで、正面と後方に同時に攻撃かける戦術なわけで
>あとそもそも縦深作戦は浸透戦術とは全く別系統なの?
そりゃソ連で考えられたものですし

854 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 09:38:45.72 ID:JyVOZ305
>>845
Pe-2とかTu-2とか、双発の急降下爆撃可能な機体があった

855 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 10:04:25.34 ID:QMkrBcdj
すみません、>>817に回答いただけないでしょうか…

856 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 10:24:37.71 ID:YON+sFpz
>>850
まあ理想はそうで黄色作戦という実例もあるんだけどね。
実際には装甲機材の不足もあって師団や軍団レベルでの戦術レベルでの突破という話になりやすくてな。(クルスクなんかでもその傾向がある)


>>852

縦深作戦っていうのは浸透戦術より一つ次元が上の話なの。
浸透戦術や電撃戦がどうやってある一つの戦いおいて勝つかという話であるのに対して、縦深作戦は一つの戦役でどうやって勝つかって話。(浸透戦術はポーランド・ソビエト戦争の時点でソ連軍はやってる)
これらを同列に語るのは極端に言えば戦闘レベルの話である銃剣術と戦術レベルの話である浸透戦術を同列に語るようなものだと思うけど。

857 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 10:25:51.73 ID:YON+sFpz
回線が不安定ですIDが変わってるけど
>>846>>849とこのIDは同じ人ね

858 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 10:54:11.95 ID:xPM1I6R7
10式戦車は白リン弾は撃てるのでしょうか?

859 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 11:08:42.73 ID:bQrW7yjB
>>855
あのさ…
「余計なことを言うな」
ロンメル将軍が榴弾の無い戦車を使ってたのを批判してるんだからそれが全て
ケチをつけるならお前はロンメル将軍より偉いつもりか?
CS型があったんだから良いだろ
という思考はロンメル将軍を否定する事に繋がるんだからまずそこを考えて発言しろ

860 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 11:27:49.66 ID:ruEJgC9W
>>858
あれば撃てる

861 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 11:31:26.18 ID:ruEJgC9W
ただし戦車砲用の白燐弾はまずないと思うよ

862 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 11:46:47.28 ID:8QX6ap7L
>>858
白燐弾、っていうのが発煙弾のことなら、120mm戦車砲用の発煙弾というのは今のところ無かったかと。

発煙弾発射筒の発煙弾は白鱗じゃなくて黄燐が使われてる。

863 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 11:56:31.27 ID:FG5+a8U8
黄燐って白燐のことだよ
戦車の発煙弾で使われてるのは赤燐ね

864 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 11:59:37.39 ID:QMkrBcdj
>>859
ロンメル将軍だけではなく英軍人や後世の戦史研究家もCS型の存在を忘れているかのように
「英軍戦車隊は榴弾が撃てないから対戦車砲相手に苦戦した」と言っています
それが不思議なので質問しただけで別にロンメル将軍を貶す意思はありません

実際のところ、CS型は単に数が少なすぎて榴弾で活躍した例も極めて少なかったということでしょうか?

865 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 12:02:58.77 ID:8QX6ap7L
>>863
今は黄燐は白鱗の同素体とは見なさないんじゃなかったっけ?

105mm戦車砲用の発煙弾はあるようだ。
http://www.imi-israel.com/home/doc.aspx?mCatID=68459
http://uxoinfo.com/blogcfc/client/includes/uxopages/Mulvaney_Details.cfm?Ord_Id=P002

866 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 12:07:52.56 ID:FG5+a8U8
>>864
CS型はアフリカ戦線での教訓でつくられたような

867 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 12:09:03.08 ID:ruEJgC9W
>>865
イスラエルは持ってるのか
勉強になった

868 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 12:10:02.10 ID:Wc+TCuAT
>>863
>>865のリンク先には白燐だって書いてあるけど…。

869 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 12:15:22.21 ID:FG5+a8U8
>>865
燐の話についてはWikipedia見た方が早いよ

>>868
>>863で言っているのはスモークディスチャージャーの発煙弾のことだよ

870 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 12:40:07.75 ID:OBBFLQpl
マチルダCSについては元々40ミリ対戦車砲の為に設計された車体に3インチ砲を載っけるんだから
マトモな砲が載っけられる訳がなく、初速が200m/sという迫撃砲もビックリな代物
当然8.8センチ高射砲がアウトレンジしてくる状況で撃ち返せるような代物ではなく、Close supportの名の通り歩兵についていって近距離で機関銃座を潰したりするのに使うもの

871 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 13:33:14.55 ID:N4RAzslV
>>818
他の方が言っているようにあれは曳光弾ですがちょっとだけ補足。
曳光弾は基本的に弾の底が燃えて光るので、その光は射撃している人たちにはハッキリ見えますが、
敵側、つまり撃たれている側は角度的に曳光弾の光が見えにくい。
なのでfuryの場合、味方の撃つ弾は演出でもなんでもないですが、ドイツ軍の放った曳光弾があそこまでハッキリ見えるのは演出です。

戦争映画もエンタメ作品だから多少の誇張は致し方ないけど、あれのおかげで緊迫感増してるから良い演出だと思うよ。

872 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 13:48:17.12 ID:UIYL5d3y
>>866
CS型はアフリカ展開前からA9戦車やA10戦車にあって一定数生産されていたよ

873 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 14:00:48.47 ID:0l5FdwL6
ロシアは有望なハイテク産業が育っていないのになぜ軍事技術で上位に居られるんでしょうか?

874 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 14:17:09.40 ID:uhHnBF/E
>>873
有望な軍事産業が育っているから。

875 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 14:17:23.01 ID:0A1H5kEG
>>873
>>軍事技術で上位
って具体的に何?
そういうふんわりした質問されても答えようがない。

876 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 14:19:08.71 ID:sn8vkdg2
ソ連時代に軍事にたくさん投資してきたからね
この貯金のおかげで今でも頑張れてる

877 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 14:21:21.53 ID:d1eCm3iS
ロシアのハイテク企業の大部分は国営企業で自国製品へのシェアが高いのれす
なのであまり宣伝をしないのですが知名度の低さを問題視してる方もおりまする

878 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:12:05.28 ID:IdraZXGC
島嶼防衛や奪還作戦に攻撃ヘリが用いられる事はあるのでしょうか?

879 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:13:24.35 ID:p/Jl0t17
>>878
ある、ないでいうなら当然ある
今イギリス海軍は固定翼機がなくなって空母に積んでるのは全部ヘリ
だから攻撃戦力の主力はAH-64アパッチ

880 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:16:10.36 ID:IdraZXGC
>>879
なるほど
て事はヘリ護衛艦に積まれている攻撃ヘリも同じような用途でしょうか

http://www.mod.go.jp/gsdf/about/roles/

防衛省ほHPにこんな画像があったので

881 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:34:22.80 ID:8QX6ap7L
>>880
それ、そのまんま
>島嶼への着上陸作戦を支援するために海自・ヘリコプター搭載型護衛艦に搭載されたAH-64D
ってキャプションされとるけど・・・。

882 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:34:26.43 ID:0A1H5kEG
>>880
「島嶼への着上陸作戦を支援するために海自・ヘリコプター搭載型護衛艦に搭載されたAH-64D」
って写真のキャプションに書いてあるけど他にどう解釈しろと。
これは陸自のヘリだからDDHに常駐してるわけじゃなくて、島嶼着上陸作戦(訓練)の為に臨時で載せてるってことだからね。

883 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:48:24.46 ID:e5qeiatS
履帯の構造について質問なのですが
ダブルブロック方式というのは
2枚のブロックを横に2つ並べて
履帯の横幅を構成している
(間に一つピンを挟んでいる)方式ということでいいんでしょうか

884 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:57:15.77 ID:0A1H5kEG
>>883
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%99%90%E8%BB%8C%E9%81%93#.E6.8E.A5.E5.90.88.E6.96.B9.E5.BC.8F
シングルブロック
クローラを構成するピースどうしを直接ピンで接合する方式。部品点数が少なく安価であるが柔軟性に欠け、外れやすいという欠点を持つ。
ダブルブロック
クローラを構成するピースを接合部品を介してピンで接合する方式。部品点数が多く高価でその分信頼性に劣るが、柔軟性に優れ、外れにくいという利点を持つ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%99%90%E8%BB%8C%E9%81%93#/media/File:Leclerc_p1040868.jpg
第三世代主力戦車の履帯(ゴム付き)。 フランスのルクレールのもので、ダブルブロックダブルピン構造。履板同士をピンで連接させる事により形成されている。

885 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 15:58:46.90 ID:JyVOZ305
>>817
まず中隊ごとに数輌と、CS型の台数が少ない、そして先にやられてしまうことが多かった
(1997年のPanzer誌の記事より要約)
https://en.wikipedia.org/wiki/Ordnance_QF_3-inch_howitzer
しかしえらい低初速砲だね、どちらかというと味方を援護するために煙幕弾撃ってたりしたようだし

886 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 16:22:12.39 ID:yUCBXq4K
某戦車シューティングゲームでジョークグッズとして有名な3 inch榴弾砲じゃないですか。現用のL16 81ミリ迫より低初速とはたまげたなあ

887 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 16:27:08.00 ID:0A1H5kEG
>>885
https://en.wikipedia.org/wiki/Matilda_II#Variants
Matilda II Close Support (CS)
Variant with QF 3 inch (76 mm) [nb 4] howitzer firing smoke shells. These were generally issued to HQ units.[40]

wiki英語版のマチルダIIの記事でもCSの榴弾砲はsmoke shellを発射と書いてあるね。

888 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 16:38:41.22 ID:0A1H5kEG
http://theminiaturespage.com/boards/msg.mv?id=313876
と思ったらこのスレッドの最後のレスで戦前のA9(MarkI)やA10(MarkII)は発煙弾を主に積んでいたけど、マチルダCSもそうだったというのは「神話」で実際には榴弾積んでたよというようなことが書いてある。

889 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 16:39:29.58 ID:0A1H5kEG
>>888
訂正:戦前のA9(MarkI)やA10(MarkII)のCS型は

890 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 16:56:13.80 ID:e5qeiatS
>>884
ありがとうございます
実際に本物の構造を見てみたいですね

891 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 17:03:29.40 ID:d+dXBhQX
日本語版のウィキペディアだと、ニューギニアで豪軍がCSマチルダIIを使ってたと書いてありますね
あと英語版には、タラカンってとこで使われてたマチルダIIの写真が
いずれにせよ日本軍相手に煙幕オンリーってことは多分無いかと

892 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 17:15:04.17 ID:JyVOZ305
TV用戦争映画「最後の弾丸」の冒頭に出てくるマチルダCSがまさにそれ

893 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:00:35.53 ID:UNfYJNyA
当時の英米戦車は、装甲/非装甲相手に焼夷と殺傷目的で発煙弾を多用してるで

894 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:15:19.63 ID:JyVOZ305
「フューリー」でもやってたやつな、現実の戦記にもドイツ側視点で記述があったな

895 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:21:23.83 ID:Mn7G2VnG
しつこくて申し訳ないんだけど、それじゃあ縦深作戦って普通の正攻法と何が違うの?
浸透戦術なんかは明らかにただの正攻法とは違うけど、縦深作戦なんてただ敵の後方まで攻撃そてるだけでしょ

896 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:26:15.52 ID:8QX6ap7L
>>895
>普通の正攻法
なら攻撃するのは前線だけ。

897 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:36:40.82 ID:ixLBM/XG
弾道ミサイルの用に重量弾を成層圏まであげて落とすような巨砲というのは
やはり実現不可能なのでしょうか?

898 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:37:48.04 ID:JyVOZ305
正攻法
最前線の敵を粉砕して敵陣を占領、戦線を前に進める
電撃戦
戦力を集中して前線を突破、前線の抵抗の大きい敵は無視して機動力のある主力が後方に進出、本陣へ向かう
縦深攻撃
圧倒的戦力で広範囲で戦線を突破、後方まで進出し包囲、一気に潰滅させる

899 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:42:36.22 ID:8QX6ap7L
>>897
技術的に可能かどうか、というのなら不可能でもないだろう。

でも既に弾道ミサイルというものが存在してる世界でそんなことをするメリットがどこにあるのか、
となるとものすごく微妙かと。

掛かる金も全体的なシステムの大掛かりさも弾道ミサイルの発射設備よりはるかに大掛かりで
金のかかるものにしかなんないだろね。

900 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:44:10.83 ID:JyVOZ305
いや第一次大戦のパリ砲の段階で、高度40000mまで砲弾を撃ち上げているんだが

901 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:46:12.04 ID:0A1H5kEG
>>897
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E8%96%AC%E5%AE%A4%E7%A0%B2
第二次大戦中にドイツが英本土砲撃のために建造し、その後イラクのフセイン政権が作りかけた多薬室砲(スーパーガン)という兵器がある。
施設が大掛かりで移動が不可能な上に設置した方向にしか撃てないという欠点があるのでミサイルが持てないという事情でもない限り作るメリットがない。

902 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:52:54.47 ID:QMkrBcdj
>>817 >>855です
沢山の回答ありがとうございました
・巡航戦車CS型の3.7インチ榴弾砲は基本的に発煙弾を撃つもので榴弾は少ない
・マチルダCS型の3インチ榴弾砲も発煙弾…というのは伝説で、実際にはHEの不足は無かった
・しかし北アフリカではCS型の配備数そのものが少なく、真っ先に撃破されてしまう事もあった
・そして3インチ榴弾砲自体が低初速で命中精度も悪い短射程砲で、通常は榴弾がよく効く対戦車砲陣地相手にもあまり有効ではなかった可能性がある
と理解しました

903 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:53:24.06 ID:Mn7G2VnG
>>898
広範囲で戦線を突破っていうのが分からない
突破口が電撃戦よりも広いってこと?
それとも突破口が何個もあるってこと?

電撃戦は突破したあとも進み続けて、縦深作戦はそのまま包囲殲滅すんの?

904 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:54:17.20 ID:8QX6ap7L
>>900
お前さんはパリ砲のほうが弾道ミサイルよりもコンパクトだと思うのか?

905 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:56:42.92 ID:bQrW7yjB
>>904
コンパクトさなんて元質問で特に言及されてないんだけど

906 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 19:59:12.37 ID:8QX6ap7L
>>905
まあそれはそうだけど。

ということで>>897
*単純に技術的に可能なのかどうか
なのか、それとも
*弾道ミサイルの代わりになるような兵器としての巨砲、というものは現代でも存在価値があるのか
どっちについて訊きたいのか明記してくれ。

まあ、どっちも既に回答は出てるけど。

907 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:05:12.79 ID:JyVOZ305
>>903
電撃戦の場合、例えばフランスでやった時のように総戦力はドイツの方が少なく、機動力で回避しマジノ線の大きい戦力を無駄な存在にしているが、
縦深攻撃はソ連軍がバグラチオン作戦でやったように、圧倒的戦力で全面攻勢、損害を受けても受けても予備戦力をつぎ込んでゴリ押しに叩きつぶしている

>>904
「弾道ミサイルの用に重量弾を成層圏まであげて落とすような巨砲」があるかないかという質問に対する回答なわけだが?

908 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:12:43.92 ID:lsgc4cNc
潜水艦の乗組員は
カロリーメイトと水とサプリで
やっていけないんでしょうか ?
スペース効率は最高だと思うんですが

909 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:17:40.91 ID:8QX6ap7L
>>908
君がカロリーメイトと水とサプリだけで普通の生活をしつつ30日間とか60日間とか耐えられるなら多分できる。

910 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:23:14.64 ID:JyVOZ305
>>908
カロリーメイトは一箱400kcal、例えば旧陸軍兵士の基本摂取カロリーは3,000〜3,600kcal
一日あれを九箱喰う生活を続けられるか?戦意が保てると思うか?

911 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:24:57.26 ID:UG2b2dOp
>旧陸軍兵士の基本摂取カロリーは3,000〜3,600kcal

それだけ必要とわかってるのになんで補給無視して餓死ばかりしてんすか?

912 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:26:51.27 ID:JyVOZ305
そりゃ輸送船が沈められたりしてるからでしょ

913 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:36:08.27 ID:Mn7G2VnG
>>907
マジノ線みたいのがあっても正攻法で攻略していくってこと?
それって所謂、人海戦術なんじゃないの?

てっきり縦深作戦って成功例みたいに錯誤してたけど実際にはそんな優れた作戦じゃないの?
だって早い話がこんなの誰でも思いつくでしょ

914 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:42:50.77 ID:vUCXbFCQ
スクラビング

915 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:44:25.17 ID:I1LmYJcZ
>>913
縦深作戦がいかに革命的だったかについては作戦術の概念を知らないとちょっと難しいね。
赤軍も戦術レベルでは電撃戦の進化バージョンとも言えることをやってたけどそれだけじゃバグラチオン作戦みたいなことはできない。
戦術の勝利をいかに戦略の勝利に繋げるか、それが縦深作戦っていうかソ連式作戦術の肝だね。当時のドイツ軍には作戦術の概念が無かったからドイツ側の視点で書かれた戦記を見てもただの人海戦術としか見えないけどさ

916 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:45:55.47 ID:ozNBAhUD
>>913
百万単位の大兵力と、それらに必要な兵站を用意して相互に連携をとりながら前進し、
遅滞なく補給や増援を送り出しながら作戦行動に移るのが誰にでもできるのならそうだろうよ

誰でも思いつけることと、それを実行に移せる能力があるかは別問題だからな

917 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:54:22.11 ID:lsgc4cNc
>>909
>>910
ありがとうございます
私はそれで15kgのダイエットに成功しました
高かった血糖値も正常になりました

918 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 20:56:50.27 ID:trqKcQrG
正直こちらか派生議論スレでやったほうがいいかと

海・航空・陸上戦考察スレ 戦略・作戦・戦術 その19
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1448173621/l50

919 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:08:21.78 ID:J+u3KAyM
先日鹿屋で飛んだ零戦22型は機体後部に三菱製と書いてあったのに塗装が中島仕様だったのはどうしてですか?

920 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:08:46.45 ID:Mn7G2VnG
浸透戦術・電撃戦と縦深作戦の違いが分からない [無断転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1454328491/

スレ立てたからここで詳しい人教えてくれ

921 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:10:22.79 ID:8QX6ap7L
>>917
いや、潜水艦乗りはダイエットするために潜水艦に乗ってんじゃないので・・・。

922 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:11:35.23 ID:ONxpzsIP
>>919
塗装で三菱仕様とか中島仕様とかあるんですか!?

923 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:18:26.09 ID:JyVOZ305
>>913
だからドイツ軍の主力は、マジノ線を無視(陽動で別にいくらかの戦力を対峙させているが突破はさせない)、攻略しないでほったらかして先に進んだの
そしてフランスの国自体が降伏してしまったから、殆ど無傷のマジノ線や植民地にいる部隊は、戦力として無駄になってしまったわけで

924 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:21:32.35 ID:Mn7G2VnG
>>923
だから俺が聞いてるのはなぜそういう有効な戦術が実証されたのにソ連は要塞や頑強な地点をスルーする戦術を取らなかったのか

925 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:21:37.30 ID:JyVOZ305
>>922
http://soranokakera.lekumo.biz/photos/02/mr02.jpg

926 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:23:02.04 ID:JyVOZ305
>>924
だから「圧倒的戦力」でスルーせずに叩きつぶせたんじゃないか
それにフランスと違って、ドイツ軍部隊は機動している(ヒトラーが死守命令を出さなければ)

927 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:28:24.43 ID:Mn7G2VnG
>>926
だからそれって作戦もなにもないただの正攻法じゃんか
普通は勝利できるとしても最も効率的な作戦を模索するでしょ
パワーバランス的に敵の要塞を力攻めでも攻略できるっていうなら最初から無作戦の力攻めとでも呼べば良い

928 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:35:36.54 ID:I1LmYJcZ
とりあえずID:Mn7G2VnGがスレたてたので皆さんそちらへ

929 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:38:30.59 ID:mbc1JMW7
今更だけどさ
派生議論スレ生きてんのになんで新スレ立てたさ

派生議論スレ46
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1407854048/

930 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:43:19.64 ID:c8KQhomg
>>919
塗装が間違いなのは明白なので、おそらく映画パールハーバー撮影のために一緒に出演した
零戦52型61-120号に塗装を合わせたのをそのままにしてるのではないかと

931 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:52:46.31 ID:QMkrBcdj
フランス電撃戦の肝はマジノ線を迂回で無力化したことではなく
仏英軍の主力が北岸を機動しているときに南のアルデンヌを突破して片翼包囲したことじゃ?
実際フランス降伏への影響はマジノ線迂回より北部での主力喪失の方がずっと大きいわけで

932 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:55:18.20 ID:3feZEk+T
>>917
そんなのダイエットとは言わない!
衰弱したって言うんだ!
ふつうの食事に戻ったらあっと言う間に
リバウンドするぞ

933 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 21:59:50.45 ID:J+u3KAyM
>>930
なるほど、ありがとうございます

934 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 22:30:07.39 ID:Mn7G2VnG
>>931
なるほど参考になる
けど片翼包囲ってなに?
ほぼ完全に包囲してない?

935 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 22:31:17.82 ID:bQrW7yjB
マジノ線迂回はフランス軍すら織り込み済みの既定路線だからな

936 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 22:32:29.64 ID:0A1H5kEG
>>1
質問する前に検索してください。

ここは人力検索エンジンではありません

937 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 22:41:31.74 ID:d+dXBhQX
>>934
フランス軍の東側からしか包囲してないんで片翼でしょう
西側にはB軍集団と海があるんで

938 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 22:43:19.92 ID:ONxpzsIP
>>925
ありがとう。勉強になった。

939 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 22:55:17.03 ID:I1LmYJcZ
とりあえず「浸透戦術と縦深作戦の違いがわからない」という質問が間違ってて、A国軍において浸透戦術と縦深作戦ドクトリンが同時に両立しないかというと一応そんなことはない。
ソ連軍においてはドイツにおける電撃戦にあたる師団や軍団レベルの戦術は別にちゃんとした系統があって、師団や軍団が挙げた成果をフル活用する為に縦深攻撃ドクトリンが存在する。

940 :名無し三等兵:2016/02/01(月) 23:51:41.86 ID:iyDwskHk
>>732
遅れましたが、ありがとうございます
内陸国に限らずなんですね

941 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 00:11:13.85 ID:A77QnK8t
>>757
ありがとうございます
大体資料にもよりますがソ連の女性兵士の数が80〜100万人程度という
記載は見つけたのですが死者数がどのくらいだったのかなあと

それによってどの程度前線に配備されたかもわかるかなと思いまして

942 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 00:26:09.30 ID:Esyk+ayt
>>916
尚、冷戦中の演習やプラハの春なんかの実戦ではバグラチオン作戦のようなスムーズな補給や進撃が出来ずに
第一梯団でさえ補給が怪しい状況か続いて第二梯団の進軍は遅れに遅れ、とてもドクトリン通り疲労した第一梯団に変わって第二梯団が進撃を続けるなんて芸当は不可能だった模様

943 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 00:30:16.12 ID:rAD4UXj9
アメリカ大統領選挙で民主党候補が勝ったらシリア、イラクについては可能性が高いのは現状路線を継承、
共和党の候補が勝ったら武力行使に多少積極的になると大まかに考えて間違ってないでしょうか?

944 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 00:32:55.63 ID:to4qyZ41
>>943
>>4
・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

945 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 00:37:35.66 ID:tarDegKc
>>950は次スレ忘れないようにな

946 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 00:57:05.28 ID:pQ01myEW
サバゲ―用の迷彩服と軍隊用の迷彩服ではどのような違いがありますか?
例えば、自衛隊(軍隊ではないという意見もありますが)の迷彩服とではどのような違いでしょうか。
赤外線反射がしにくくなる加工はしているとのことですので、それ以外でお願いします。

947 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 01:04:17.31 ID:Ca8D0h4l
燃えにくい難燃ビニロン70%と綿30%の混紡

948 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 01:12:22.07 ID:Ca8D0h4l
なおサバゲ用はポリエステル100%、ポリエステルと綿の混紡、テトロンと綿の混紡など、様々
あと防暑服4型の本物は、ポリエステル50%・難燃ビニロン30%・綿20%の混紡

949 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 10:38:55.96 ID:IXNvMXah
>>919
22型の生産は三菱でしか行っていない。
機体側面の塗り分けから中島製の〜って思ったんだろうがあの塗り分けは
両社が生産した52型を区別するための物だよ。
22型までは上面の暗緑色は工場ラインでは塗装されていないしね。

950 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 11:02:08.99 ID:iJ+NCvyF
 

覚えておこう!軍事用語


ローンウルフ


借金抱えた狼のこと。また、そのさま。





 

951 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 11:33:33.54 ID:xuW/1m7D
>>950
テンプレ >>3 により、次スレ立てよろしく

952 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 11:49:32.39 ID:iJ+NCvyF
見てなかったな

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 860
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1454381185

953 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 11:51:32.62 ID:kZyU8qAz
重複させてしまった・・・
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 860©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1454381286/

削除するなりモスボするなり好きに使ってください

954 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 14:15:32.67 ID:dUTp1JDI
仮にですが、F-35Bが日本に配備されることになった場合であまり爆弾に費用掛けたくないこと前提でですが、
日本が保有する通常爆弾のMk82の500ポンドクラスの爆弾はF-35BとF-35Aではおおよそ何発分搭載可能なのでしょうか?
対空や対艦ミサイルは豊富に搭載できるJDAMは可能等いろいろとあったのですが、純粋に無誘導爆弾だけの搭載はどれくらい可能なのか知りたかったもので
よろしくお願いいたします

955 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 14:43:26.81 ID:+tVSfwq4
航空機の修理・整備やレストアに興味があります
特に後者の具体的な方法が書かれた資料はないでしょうか?

956 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 14:50:32.43 ID:to4qyZ41
>>955
アマゾンで「航空機 整備」で検索してください

957 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 14:51:09.54 ID:EbI7KC5j
>>955
今でも入手可能かどうかは不明だが、20年ほど前にスミソニアンが所蔵機ごとに
レストア記録を刊行していた
一部はたしか航空ファンで翻訳連載されていた(他誌かも知れないがJ-WINGではない)
ただしスミソニアンの方針で所蔵機を永久保存するため非稼働化する前提なので
動体保存のレストアを知りたかったらレーサーの個別の歴史をたどることをお薦めする
こっちも書籍はたくさんあるが、今でも入手可能かどうかはわからない

958 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 14:54:42.00 ID:EbI7KC5j
>>954
F-35はSDB装備が前提であり、日本だけがそれを無視るするとは到底思えないけど

959 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 15:57:11.66 ID:xuW/1m7D
>>952-953
スレ立て乙

960 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 15:59:37.01 ID:xuW/1m7D
>>954
ttp://www.aerospaceweb.org/question/planes/q0163.shtml
ttp://www.dtic.mil/ndia/2010armament/TuesdayLandmarkADougHayward.pdf

961 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 17:55:00.51 ID:AJycBd0u
フランスが戦間期に量産した超重戦車、シャール2C(FCM2)の「電気式トランスミッション」とはどういうものだったのでしょうか?

プリウスみたいなハイブリッド式エンジンだった、という理解でいいのでしょうか?

962 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 17:57:34.83 ID:xuW/1m7D
>>961
いんや

ギアが超重たくなるので電気で動かしてましたってだけ

パドル式ギアチェンジみたいな(スケール全然違うけど

963 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 18:00:35.79 ID:xuW/1m7D
なのでプロトタイプの段階では電気式ではなく、油圧式のも作られてる

964 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 18:16:22.66 ID:BAwFk23d
>>961
ガソリンエンジンで発電してモーターを回しているので
トランスミッションも電気式になる
シャール2Cはシリーズ方式ハイブリッドで発電用ガソリンエンジンと走行用モーターで役割がはっきり分かれる

プリウスはスプリット式ハイブリッドでエンジン・モーター・発電機の力を自由に合成できる

965 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 18:55:21.37 ID:OoNfGzfd
カナダがF-35やめるとか言っていますが、
替えのアテはあるのでしょうか?

966 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 19:08:52.36 ID:+dNmX+Zh
>>965 いまんとこCF-18使ってんだからそのままライノに移行しろ、だそうだ。カナダの国防状況なら自国防衛には問題なさげ。

967 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 19:24:05.10 ID:OoNfGzfd
>966さん
ライノですか。CF-18も使っているので当然といえば当然ですね
ちなみに、アドバンスド・スーパーホーネットも視野に入っているのでしょうか?
F-35と同じく出来上がっていないし、ないでしょうが…

968 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 20:31:48.81 ID:jmdBhkiW
装甲兵員輸送車を対戦車戦闘用に武装強化した歩兵戦闘車ってありますよね。
あれとは逆の方向性で
「武装は機関銃程度でいいから装甲を強化して生存性あげろ!」
って感じの車両を自衛隊が採用する計画はないいでしょうか?

969 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 20:41:43.92 ID:57pj737P
イスラエルやロシアが旧型戦車改造して作ってるようなやつ?無いだろ

970 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 20:43:40.01 ID:IrP4OFJw
>>968
ない

971 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 20:56:21.52 ID:MvVYesNc
海自、米海軍 それぞれ艦内で飲酒はできるんでしょうか?
できないとしたらそれぞれ任務次第ではあるでしょうが、飲む機会はどれくらい事にあるのでしょうか?

飲めないと結構なストレスになりそうですが、対策など含めどうなっているのでしょう?

972 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 21:08:13.35 ID:Y/ob/XVW
>>971
海自は艦内で飲酒は不可(多分米軍も)
アイスとか自由に食えるようだし、暇なときは携帯ゲーム機かDVD観賞だそうだ
戦略原潜でもなければ何ヶ月も出港しっぱなしって事は少ないだろうしな

973 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 22:39:06.88 ID:pQ01myEW
>>947
>>948
回答ありがとうございます。

974 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 22:42:47.81 ID:ivw2mxru
>>958
>>960
返事おそくなり申し訳ありません。
取り敢えず無誘導爆弾のMK82は爆弾倉とハードポイントに無誘導爆弾搭載は可能みたいですね。
合計12発分は500ポンドの爆弾搭載可能みたいだ。
JDAMと無誘導爆弾とLDAMは対してサイズ変わらないですねw

975 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 22:50:26.68 ID:nYC8YVG0
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/84/Japanese_Heavy_Cruiser_Maya.jpg
↑この摩耶ですがすごく煙が濃いですが
重油ボイラーでもこんなに黒くなるのでしょうか?

976 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 22:56:13.72 ID:to4qyZ41
>>971
https://en.wikipedia.org/wiki/Rum_ration
米英の海軍では伝統的に軍艦乗組の水兵にラム酒を配給する慣習があったけどアメリ海軍は南北戦争の頃に廃止している。
イギリス海軍と大英帝国(戦後は英連邦)に属する諸国の海軍では20世紀に入っても続けられたが、イギリスは1970年に廃止し最後まで続けていたニュージーランド海軍も1990年に廃止している。
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Splice_the_mainbrace
これとは別にsprice the mainbrace(メインブレースの組み継ぎ)という特別配給の慣習もあって、これも現在は廃れているが最近では女王在位60週年記念で行われている。
この辺はホーンブロワーシリーズとかによく出てくるな。

977 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 22:57:14.50 ID:CbkvUwOv
船内にラム酒が無いと提督を保存できないではないか

978 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 23:02:37.14 ID:to4qyZ41
>>975
何らかの原因で重油が不完全燃焼すれば黒い煙が出るしわざとそうして煙幕にする場合もある。

979 :名無し三等兵:2016/02/02(火) 23:21:27.54 ID:MvVYesNc
きっついなー・・・
ありがとうございました

980 :ふみ ◆Y.QUKJBduY :2016/02/02(火) 23:44:37.48 ID:oArcFMhk
>>971
>海自、米海軍 それぞれ艦内で飲酒はできるんでしょうか?

条件次第。

米海軍をモデルとして艦内酒類禁止となっては見てもそこは日本人、事を徹するということは到底しないで曖昧に
対処するというお国柄が自衛隊にも....正式には艦長が許可すれば艦内での飲酒はお咎め無しである。当然
ながら航海中の許可はなかなか例が無いがまったく無い訳ではない。
どういった時に艦内飲酒が許可されるかというと、主に停泊中、国が定めた記念日などに許可される。従って、訓
練のため母港を遠く離れていても、何らかの記念日に入港或いは仮伯が予定されていれば補給課が事前に酒類
を積み込む。 当然ただではない、給料天引きで一人、200ccのワンカップを二本、ビールならばロング缶二本と相
場が決まっている。
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/6575/yomoyama/kj_katori6.html

ジロミ・スミスの「空母ミッドウェイ―アメリカ海軍下士官の航海記」ではビールの配給があったことが書かれている。

あとフィクションだが古い戦争映画で、艦長だかの秘蔵ウイスキーを飲んでしまったからと薬用アルコールに着色
して「何かが足らない」と悩んだ挙句「ヘアトニックだ!」「それだ!」と模造するシーンを見た記憶が…。

981 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 00:40:56.99 ID:uFKO5nH3
ミスタア・ロバーツじゃなかったかな>米海軍サマゴン

982 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 11:38:34.74 ID:fSCBUW1y
自衛隊が行っている水路潜入ってどう言う状況を想定した訓練なのですか?

983 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:00:34.20 ID:c87JNbHg
>>982
水路と言っても別に運河を指してるんじゃないんで
河に限らず海まで含めて水上(場合によっては水中)から
舟艇なども用いて目的地に潜入する訓練

だから海岸への上陸も訓練する
ttp://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/unit/butai/2rcn/katudou/kiji/h2615rcn/h2615rcn.html

984 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:01:50.49 ID:c87JNbHg
短いけどこのサイト見るとわかりやすいかな
ttp://ameblo.jp/resticop/entry-11943531397.html

985 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:03:41.94 ID:TR8IfmyW
 


なぜかみんな知らないことだが


ガソリンエンジンよりも電気モーターのほうが早くに発明・実用化されていた



電気自動車は最近になって出てきたみたいに思われているが
自動車というものが出始めた最初期からある

バッテリー容量のせいで普及しなかっただけで
 

986 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:04:13.35 ID:fSCBUW1y
>>983
>>984
ありがとうございます

987 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:07:10.15 ID:c87JNbHg
ただ海岸に上陸しても目的地まで距離あることが多いし発見されやすいから
たいていは河口部からさらに遡航する訓練になる
訓練だからせっかくやるなら海岸までで終わる必要も無いし

988 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:43:46.76 ID:PD6z2TYr
>>985
戦車自体第1世代で既にガソリンエレクトリックだしね。

989 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 15:54:22.43 ID:FNEqxTrD
手元の幾つかの資料では、FMC 2Cは(エレファントなどと同じ)左右独立したモーターで駆動するガス・エレクトリック方式となってるな
重すぎて、当時の機械式トランスミッションでは動かせないから

990 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 16:22:19.93 ID:c87JNbHg
英文Wikipediaには

最初は油圧、電動、2種のトランスミッションが考えられ
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Char_2C#The_Char_d.27assaut_de_grand_mod.C3.A8le

油圧のB型の開発も命令されたが
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Char_2C#Resistance_to_the_project

油圧トランスミッションは結局放棄され
ttps://en.wikipedia.org/wiki/Char_2C#The_FCM_1A

FCM1AからChar 2Cへとつながっていったとあるな

991 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 17:07:08.87 ID:DBsTysiY
>>874
>>876
>>877
ありがとうございます。
>>875
戦闘機関係とか・・・

992 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 17:18:58.96 ID:hsToclay
自衛隊について現役や元隊員から「正面装備偏重で隊舎の設備がボロかったりするからもっと後方にも予算を投じてくれ」と言われていることがありますが
自衛隊は他の先進国の軍隊と比べても正面装備偏重・後方軽視の傾向が強いのでしょうか?
欧米主要国、ロシア軍、中国軍はもう少し後方を重視していて待遇や生活環境が良かったりするんでしょうか?
それともどの国も団栗の背比べなんでしょうか?
米軍は戦地にマクドナルドやコカコーラを持ち込めたりするのでその他も自衛隊より格別に好待遇だとは思うのですが…

993 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 18:26:27.16 ID:G6ZX8OjB
>>992
国によっていろいろです

994 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 18:38:59.87 ID:viACxCHk
>>992
あべぴょんがオスプレイ命ヘリ空母命のおかげで
弾薬を買うお金が全然なくて死にそうになってんだよ

あべぴょんは国賊

995 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 19:32:14.85 ID:cSrhW9mR
兵站がプアという事は、外征してもすぐに息切れしてしまうという事で、間接的に専守防衛を表しているとも言える。

996 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 19:34:22.01 ID:erZaJNUu
http://svf.2chan.net/cgi/f/src/1453792255501.jpg
http://svc.2chan.net/cgi/f/src/1453792294802.jpg
少数の特殊機種の為に壊滅する日本のヘリ部隊

997 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 20:43:10.02 ID:ZujNNRv/
現在の世界の軍で一番上(になるであろう任官期最長)は
どこの国のなんという(恐らくは)大将でしょうか?

王家とかの名誉で与えられた階級じゃなくガチなのがわかると幸いです

998 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 20:45:23.25 ID:qRi4zhMc
任期が一番長い軍人でいいじゃんか

999 :名無し三等兵:2016/02/03(水) 21:55:55.98 ID:fI7Tr4MK
次スレは

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 860
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1454381185/

重複スレがあるので注意

1000 :名無し三等兵:2016/02/04(木) 00:55:47.76 ID:5+cG6a4a


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/
http://pink-chan-store.myshopify.com/


362 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)