5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

英語の詩(英詩)を鑑賞するスレ

1 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 08:21:45.13
立ててみました。

2 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 08:26:02.57
おお、俺はずっと自分でスレを建てようとしても、この一年くらい
「立たなかった」んだけど、今日、奇跡的に立ったぞお。
Edgar Allan Poe とか Lord Byron とか Wordsworth とか、
あるいは Charles Bukowsky とか、ともかくいろんな詩人が書いた
英語の詩について語りたい。他の言語の詩を排除はしたくないんだけど、
一応は英語の詩に限っておくね。

ほいでもって、このスレにも嵐さんたちが疾風怒濤の如く吹きすさぶとは
思うけど、頑張って続けて行こう。


3 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 10:16:10.96
今、手元にないけど、英語の詩って難しいけど朗読の響きは美しいですね。
ロバート・ルイス・スティーブンスンとか。

4 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 11:10:20.75
ご存知だとは思うけど、英語の詩だけでなく、著作権の切れた文学作品なら、ネット上でいくらでも読めるよね。
その中でも、詩は、例の Project Gutenberg だけでなく、たくさんのウェブサイトで
有名な詩人の全作品を整理して掲載している。たとえば、

Robert Louis Stevenson の詩
http://www.poetryloverspage.com/poets/stevenson/stevenson_ind.html

5 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 11:19:14.76
有名な英詩をにほんごにやくしながら、うまく解説しているサイト
http://poetry.hix05.com/

自演ではないよ。念のため。


6 ::2012/10/19(金) 11:50:45.67
>>4さんありがとう。

7 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/19(金) 12:17:19.93
宗教詩ならまかせろー

8 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 12:49:20.43
おし、まかした!やっちくれ!

9 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 13:05:59.24
>>7-8
辛気っくさく御詠歌でも歌ってろ オマエにゃピッタリだw

10 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/19(金) 14:38:10.20
ジョン・ダンいこか。日本語のwiki充実してるよ。
wikiはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3

ジョン・ダンの日本における評価とかは知らん。
けど、昔日本で「知の巨人」とかちやほやされた人が、「日本で詩人つったら3人」って言った、
その3人のうちの一人が、死ぬ間際にジョン・ダンの詩の一部をパクったって知られてる程度には知名度ある。

wikiで代表作に挙げられてる『蚤』(http://www.luminarium.org/sevenlit/donne/flea.phpから拝借)

THE FLEA(1/3)

MARK but this flea, and mark in this,
How little that which thou deniest me is ;
It suck'd me first, and now sucks thee,
And in this flea our two bloods mingled be.
Thou know'st that this cannot be said
A sin, nor shame, nor loss of maidenhead ;
Yet this enjoys before it woo,
And pamper'd swells with one blood made of two ;
And this, alas ! is more than we would do.

11 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/19(金) 14:39:10.51
THE FLEAの続き(2/3)

O stay, three lives in one flea spare,
Where we almost, yea, more than married are.
This flea is you and I, and this
Our marriage bed, and marriage temple is.
Though parents grudge, and you, we're met,
And cloister'd in these living walls of jet.
Though use make you apt to kill me,
Let not to that self-murder added be,
And sacrilege, three sins in killing three.

12 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/19(金) 14:40:45.37
THE FLEAの続きの最後(3/3)

Cruel and sudden, hast thou since
Purpled thy nail in blood of innocence?
Wherein could this flea guilty be,
Except in that drop which it suck'd from thee?
Yet thou triumph'st, and say'st that thou
Find'st not thyself nor me the weaker now.
'Tis true ; then learn how false fears be ;
Just so much honour, when thou yield'st to me,
Will waste, as this flea's death took life from thee.

これでおわり。

13 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/19(金) 15:01:02.02
押韻は上から順にaabbccddd。まあ分かると思うけど。
あと、ドラマチックモノローグ。誰か想定された相手(それは読者の想像力に任される)
に語りかけるように詩は進んでいく。これダンの得意技。

wikiには
>たとえば、『蚤(The Flea)』という詩では、型破りなことに、恋人たちの血を吸う蚤がセックスのメタファーに使われている
ってあるけど、それ以外にも例えてる。イメージはコロコロ変わっていく。

ダンの凄さは人が思いつかないような具体的イメージや抽象的イメージを結びつけて見せたことにある。
それがメタフィジカルコンシート(metaphysical conceit)って技法って呼ばれてて、
そこから形而上学詩人のパイオニアとかって呼ばれてるんだけどどうでしょう。

14 :吾輩は名無しである:2012/10/19(金) 16:04:07.37
John Donne って、すごく面白い人なんだね。16世紀という大昔のイギリスに、こんなにまで現代的感覚を持った面白い詩人がいたなんて、
不思議だ。いっぺんにファンになっちゃった。この The Flea という詩の和訳と解説をしてるサイトがあるね。
http://poetry.hix05.com/Donne/donne01.flea.html

ともかく、三浦さん、スレが立ってから早々に、すごく面白い詩人を紹介してくれて、ありがとう。


15 :吾輩は名無しである:2012/10/20(土) 00:47:43.75
ひょー
三浦ちゃんって詩もよむのねー
ずいぶん前におせーてもらった思惟とは何の謂いか、
ちょーおもろかったよ
あんがと
お礼にあれに出てたHの詩のさわりだけ英訳貼り付けておきやす

We are a sign, meaningless
We are painless and have almost
Forgotten speech in exile.
But if there is strife in heaven over mankind
And the moon travels in force, so the sea
Will speak and the rivers must
Find their way. Undoubtedly, though,
There is one, who
Can bring forth change daily. He scarcely needs
The law. And it sounds the leaves and rings the oak trees
By the glaciers. As not everything is possible for
The heavenly ones. That is, mortals almost
Reach into the abyss. Thus it turns, the echo,
With them. Time is
Long, but the truth
Will come to pass.

16 :吾輩は名無しである:2012/10/20(土) 02:41:13.27
ジョン・ダンはciniiで検索したら翻訳出てくるぞ
ジョン・ダンの伝記の翻訳なんかもある

17 :吾輩は名無しである:2012/10/20(土) 08:26:00.85
Cinii なんていう検索エンジンもあるんだね。
ちっとも知らなかった。これから、多いに活用したいところだけど、
いくらか試しに検索してみたけど、うまいキーワードが思いつかなかったら
なかなか望みの情報が見つからないみたいね。まあ、少しずつ cinii に
慣れて行きたいと思う。


18 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/20(土) 22:09:44.25
>>14
どういたしまして。ついでに和訳は参考程度にしときませんか。
自分で読むのが一番です。詩はレトリックだけじゃなくリズムもありますから。

>>15
ハイデガー深いよね。ああいう講義俺も受けてみたかったなーって思う。

19 :吾輩は名無しである:2012/10/21(日) 10:14:05.63
2chには詩文学板という超過疎板があってだな…

20 :吾輩は名無しである:2012/10/21(日) 10:28:57.51
>>18
リズムは、小説などにも大事だけど、詩にとっては特に大事だよね。
Edgar Allan Poe の "The Raven" の場合に特にそう言えるんだろうね。

21 :吾輩は名無しである:2012/10/22(月) 11:06:02.11
17世紀から19世紀くらいまでの古い英詩の読み方をしっかり教えてくれる
先生の講義を受けてみたいもんだ。

22 :マグナ ◆vI4NRkhGyA :2012/10/22(月) 12:06:14.63
オーデンの"Miss Gee"という詩はなんか気持ち悪さがあるなあ。おかしさもあるが。

23 :吾輩は名無しである:2012/10/22(月) 16:42:56.16
W.H. Auden のその詩を読んだ。英詩って難しいもんだと思い込んでたけど、
この詩は、わかりやすいね。気に入ったから、Auden についての Wikipedia の記事の
日本語版と英語版とをすべて読んじゃった。英語版は、かなり長いね。でも、
面白かった。Auden って、すごく偉大な人なんだね。早速、彼の詩集を買おうと思う。

24 :吾輩は名無しである:2012/10/22(月) 23:40:44.76

Old pond ― frogs jumped in ― sound of water.

25 :吾輩は名無しである:2012/10/22(月) 23:44:09.54
The ancient pond
A frog leaps in
The sound of the water.

26 :吾輩は名無しである:2012/10/23(火) 15:24:20.67
Keats
"Ode on a Grecian Urn"
http://www.bartleby.com/101/625.html

その和訳 (あくまで参考として)
http://poetry.hix05.com/Keats/keats09.greecian.html


27 :吾輩は名無しである:2012/10/24(水) 00:55:57.04
>>18
ぼくはハイデッガーってよーわからんけど、Hを語ってるときのハイデッガーは楽しい
んで詩じゃないけど(スレチですみまへんがこれはもはや詩でふ。ゆるしてちょ)
貧しさからHのアフォリズムのいちおうの英訳

For us everything is concentrated on the spiritual,
we have become poor in order to become rich.

ハイデッガーのthe spiritualへの分け入り方がすごいでふ

28 :吾輩は名無しである:2012/10/24(水) 21:02:24.05
Wordsworth の詩が、こんなにいいものだとは、気づかなかった。
200年ほど前の詩だというのに、とてもわかりやすくて感動的。
特にいいのは、

Composed Upon a Westminster Bridge
http://www.bartleby.com/101/520.html

29 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/24(水) 21:27:08.07
個人的な経験から、ワーズワースはわりと女に好まれる気がする。
逆にダンやキーツなんかは女にはあまりウケないんだよね。

30 :マグナ ◆vI4NRkhGyA :2012/10/24(水) 22:32:08.29
そう言えば三浦は英詩はそこそこ詳しいんだったな。
なんか妙な詩人は最近見つけたか。

31 :吾輩は名無しである:2012/10/25(木) 10:12:07.04
ポーランド系アメリカ人の Charles Bukowsky は、どうかな?
Youtube 上でも、朗読がよく出てくる。
結構面白い。題材が現代的。


32 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/25(木) 12:04:44.85
>>30
発掘とかはしてないなぁ。あんまり詩集を好んで読むタイプではないし、
そもそもそんな知ってるわけじゃないし。オーデンのミス・ギーとか初めて読んだよ。

33 :吾輩は名無しである:2012/10/26(金) 00:16:32.68
r-p-o-p-h-e-s-s-a-g-r

by E. E. Cummings


r-p-o-p-h-e-s-s-a-g-r
who
a)s w(e loo)k
upnowgath
PPEGORHRASS
eringint(o-
aThe):l
eA
!p:
S a
(r
rIvInG .gRrEaPsPhOs)
to
rea(be)rran(com)gi(e)ngly
,grasshopper;

34 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/26(金) 00:38:59.81
>>33
台無しwwwww

35 :吾輩は名無しである:2012/10/26(金) 00:50:21.57
>>34
そのとーりですたい
2chだとあのスペースというかデザインができねーだよ
なのでeecummingsは今後なしってことばってん

36 :吾輩は名無しである:2012/10/26(金) 07:56:01.69
E. E. Cummings か。名前は有名だし、僕の好きな Woody Allen の映画の中でも
その詩人の話が何回か出てきたから気にはなってたけど、全く読んだことがなかった。
さっそく検索して、そのうちの一つを走り読みしてみた。面白いじゃんか。

i like my body when it is with your by E. E. Cummings

i like my body when it is with your
body. It is so quite a new thing.
Muscles better and nerves more.
i like your body. i like what it does,
i like its hows. i like to feel the spine
of your body and its bones, and the trembling
-firm-smooth ness and which i will
again and again and again
kiss, i like kissing this and that of you,
i like, slowly stroking the, shocking fuzz
of your electric fur, and what-is-it comes
over parting flesh . . . . And eyes big love-crumbs,

and possibly i like the thrill

of under me you quite so new

http://famouspoetsandpoems.com/poets/e__e__cummings/poems/14209


37 :吾輩は名無しである:2012/10/26(金) 08:06:00.94
>>35
どんなデザインなのか知らないけど、そういうデザインをきちんと表示した
サイトがあったら、教えてもらえますか?僕がチラホラ検索しても、
そういうサイトが見つからないんだよね。

38 :吾輩は名無しである:2012/10/26(金) 08:15:18.98
Seeker Of Truth by E. E. Cummings

seeker of truth

follow no path
all paths lead where

truth is here

http://famouspoetsandpoems.com/poets/e__e__cummings/poems/14135

39 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/10/26(金) 09:51:03.81
>>37
http://www.nashua.edu/buckens/Creative%20writing/poetry/terms%20and%20poems/shapeexplantion.htm

40 :吾輩は名無しである:2012/10/26(金) 18:45:58.63
>>39
三浦さん、ありがとう。うーむ、かなり難しくって、そのサイトに出ている解説を
読んでも、文字ヅラの意味しかわからず、その詩のよさはまだ僕にはわかりません。

41 :吾輩は名無しである:2012/10/28(日) 00:02:41.75

Breaking the silence
Of an ancient pond,
A frog jumped into water —
A deep resonance.

42 :吾輩は名無しである:2012/10/28(日) 07:53:23.70
>>41
おお、うまい英訳だね。誰が訳したの?

43 :吾輩は名無しである:2012/10/28(日) 21:38:20.12
When I do count the clock that tells the time,
And see the brave day sunk in hideous night;
When I behold the violet past prime,
And sable curls all silver'd o'er with white;
When lofty trees I see barren of leaves
Which erst from heat did canopy the herd,
And summer's green all girded up in sheaves
Borne on the bier with white and bristly beard,
Then of thy beauty do I question make,
That thou among the wastes of time must go,
Since sweets and beauties do themselves forsake
And die as fast as they see others grow;
And nothing 'gainst Time's scythe can make defence
Save breed, to brave him when he takes thee hence.




44 :吾輩は名無しである:2012/10/29(月) 08:52:31.98
>>43
さすが shakespeare だね。そのソネットについて、実に素晴らしい解説があった。
http://www.shakespeares-sonnets.com/sonnet/12

45 :吾輩は名無しである:2012/10/29(月) 17:34:52.89
>>44
shakespeare good dayone-

sonnet 1

From fairest creatures we desire increase,
That thereby beauty's rose might never die,
But as the riper should by time decease,
His tender heir might bear his memory:
But thou contracted to thine own bright eyes,
Feed'st thy light's flame with self-substantial fuel,
Making a famine where abundance lies,
Thy self thy foe, to thy sweet self too cruel:
Thou that art now the world's fresh ornament,
And only herald to the gaudy spring,
Within thine own bud buriest thy content,
And, tender churl, mak'st waste in niggarding:
Pity the world, or else this glutton be,
To eat the world's due, by the grave and thee.

46 :吾輩は名無しである:2012/10/31(水) 08:09:27.08
sonnet 2

When forty winters shall besiege thy brow,
And dig deep trenches in thy beauty's field,
Thy youth's proud livery so gazed on now,
Will be a totter'd weed of small worth held:
Then being asked, where all thy beauty lies,
Where all the treasure of thy lusty days;
To say, within thine own deep sunken eyes,
Were an all-eating shame, and thriftless praise.
How much more praise deserv'd thy beauty's use,
If thou couldst answer 'This fair child of mine
Shall sum my count, and make my old excuse,'
Proving his beauty by succession thine!
This were to be new made when thou art old,
And see thy blood warm when thou feel'st it cold.

47 :吾輩は名無しである:2012/11/03(土) 10:17:02.65
Song of Myself, 24

Walt Whitman, a kosmos, of Manhattan the son,
Turbulent, fleshy, sensual, eating, drinking and breeding,
No sentimentalist, no stander above men and women
   or apart from them,
No more modest than immodest.

Unscrew the locks from the doors!
Unscrew the doors themselves from their jambs!

48 :吾輩は名無しである:2012/11/05(月) 18:17:38.99
The Lake Isle of Innisfree by William Butler Yeats

I will arise and go now, and go to Innisfree,
And a small cabin build there, of clay and wattles made;
Nine bean-rows will I have there, a hive for the honey-bee,
And live alone in the bee-loud glade.

And I shall have some peace there, for peace comes dropping slow,
Dropping from the veils of the morning to where the cricket sings;
There midnight’s all a glimmer, and noon a purple glow,
And evening full of the linnet’s wings.

I will arise and go now, for always night and day
I hear lake water lapping with low sounds by the shore;
While I stand on the roadway, or on the pavements grey,
I hear it in the deep heart’s core.

49 :sage:2012/11/06(火) 06:16:11.02
おお、今度は Yeats か。Yeats なら現代に近いからわかりやすい。
辞書とか資料とかを見る時間がなくても、せめて表面上の意味だけは
何とか理解できて楽しめる。この詩は、気に入ったよ。
Shakespeare の sonnet の第二弾の方は、今の僕の力では、辞書とか資料を
使ってじっくり読まないとちんぷんかんぷん。今は時間がないんで、
味わえない。Shakespeare くらいは、辞書なしでも何とか楽しめるように
なりたいもんだ。

50 :マグナ ◆vI4NRkhGyA :2012/11/06(火) 12:49:14.66
確かにシェイクスピアのソネットは難しいな。

51 :吾輩は名無しである:2012/11/06(火) 13:00:45.33
まぁ日本じゃ関ヶ原でチャンバラしてた頃だからなぁ

52 :sage:2012/11/06(火) 14:56:26.08
でも、チョーサーあたりに比べたら、シェイクスピアはかなり簡単だし、
ネイティブだったら高校生でもガンガン読んだり暗唱してるみたいだよね。
悔しい。


53 :吾輩は名無しである:2012/11/06(火) 16:42:14.99
七五調の国の人にも親しみやすいリズム

NURSE'S SONG
by William Blake

When voices of children are heard on the green,
And laughing is heard on the hill,
My heart is at rest within my breast,
And everything else is still.
'Then come home, my children, the sun is gone down,
And the dews of night arise;
Come, come, leave off play, and let us away,
Till the morning appears in the skies.'

'No, no, let us play, for it is yet day,
And we cannot go to sleep;
Besides, in the sky the little birds fly,
And the hills are all covered with sheep.'
'Well, well, go and play till the light fades away,
And then go home to bed.'
The little ones leaped, and shouted, and laughed,
And all the hills echoed.

54 :sage:2012/11/06(火) 18:47:53.25
William Blake って、かなり古い時代の人である割には、この人の詩は、
あんまり英詩に慣れてない僕にもわかりやすい。心の素直な人だったから
なのかな?



55 :吾輩は名無しである:2012/11/07(水) 07:55:12.78
"The Raven"
Edgar Allan Poe

この詩は、音楽性が素晴らしいですよね。実にうまいなあ、と感心する。

Once upon a midnight dreary, while I pondered weak and weary,
Over many a quaint and curious volume of forgotten lore,
While I nodded, nearly napping, suddenly there came a tapping,
As of some one gently rapping, rapping at my chamber door.
`'Tis some visitor,' I muttered, `tapping at my chamber door -
Only this, and nothing more.'

この詩の続きは、
http://www.heise.de/ix/raven/Literature/Lore/TheRaven.html

この詩を映像つきの朗読で楽しむには、

(1) Christopher Walken による朗読(実にすばらしい)
http://www.youtube.com/watch?v=cLSmhpwLdEQ

(2) James Earl Jones による朗読(けっこう素晴らしい。映像と音楽もいい)
http://www.youtube.com/watch?v=-v_RObcHUlI


56 :吾輩は名無しである:2012/11/08(木) 11:51:15.73
英語の詩を愛読する人たちに質問。
僕は最近、次のような英詩の本のシリーズが好きになったんだけど、
みんなはどう思う?

Everyman's Pocket Poets series
http://www.randomhouse.com/knopf/classics/set_list.php?id=3

アマゾンで買うと、新品でも一冊あたり1,000円前後で買えるよ。
女性の手の平くらいの小さな本で、250ページくらいで、ハードカバー。
とても気に入ってる。極端に言えば、読まずに机の上に置いておいて、
仕事の合間にその本を手に取って撫でているだけでも、幸せになれる。
これって変態か?www

57 :吾輩は名無しである:2012/11/11(日) 07:22:45.27
Edgar Allan Poe の "The Raven" は、やっぱり素晴らしい。

58 :吾輩は名無しである:2012/11/20(火) 03:09:43.10 ?2BP(0)
The Waste Land,
I. THE BURIAL OF THE DEAD
APRIL is the cruellest month. 4月は最も残酷な月
浪人生の詩かとオモタ。

59 :吾輩は名無しである:2012/11/25(日) 01:16:00.38
THE TRIPLE FOOL by John Donne

I am two fools, I know,
For loving, and for saying so
In whining poetry ;
But where's that wise man, that would not be I,
If she would not deny ?
Then as th' earth's inward narrow crooked lanes
Do purge sea water's fretful salt away,
I thought, if I could draw my pains
Through rhyme's vexation, I should them allay.
Grief brought to numbers cannot be so fierce,
For he tames it, that fetters it in verse.

But when I have done so,
Some man, his art and voice to show,
Doth set and sing my pain ;
And, by delighting many, frees again
Grief, which verse did restrain.
To love and grief tribute of verse belongs,
But not of such as pleases when 'tis read.
Both are increasèd by such songs,
For both their triumphs so are published,
And I, which was two fools, do so grow three.
Who are a little wise, the best fools be.

60 :吾輩は名無しである:2012/11/26(月) 15:16:31.33
Dream Within a Dream
By Edgar Allan Poe

Take this kiss upon the brow!
And, in parting from you now,
Thus much let me avow ―
You are not wrong, who deem
That my days have been a dream;
Yet if hope has flown away
In a night, or in a day,
In a vision, or in none,
Is it therefore the less gone?
All that we see or seem
Is but a dream within a dream.

I stand amid the roar
Of a surf-tormented shore,
And I hold within my hand
Grains of the golden sand ―
How few! yet how they creep
Through my fingers to the deep,
While I weep ― while I weep!
O God! Can I not grasp
Them with a tighter clasp?
O God! can I not save
One from the pitiless wave?
Is all that we see or seem
But a dream within a dream?


Edgar Allan Poe 1809–1849

61 :吾輩は名無しである:2012/11/26(月) 15:24:36.34
>>60
人生というものは、あまりに不確かでつかみどころがないので、
夢の中の夢だといってもいいくらいだ。何か実体のあるもの、何かはっきりしたもの、
何か充実した、永遠の価値のありそうなものを懸命に掴み取ろうとするが、
それはまるで浜辺の砂のごとく、それをつかんだ手の指の間をくぐり抜けていく。
そういう人間の焦燥を表現した詩だと僕は解釈し、素晴らしい詩だと思った。
ところで、この前の john Donne の "Triple Fool" という詩を、辞書を引きながらじっくり
読んだんだけど、粗筋がつかめただけで、その面白さが、まだよくは感じ取れない。

62 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/11/27(火) 04:36:52.69
ピンと来ないときは和訳してみようぜ。
THE TRIPLE FOOL by John Donne

I am two fools, I know, 俺は2つの意味でバカだってわかってる。
For loving, and for saying so だって恋をしてるから、そしてそれを
In whining poetry ; めそめそ詩にしてるから。
But where's that wise man, that would not be I, でもちょっと賢い奴なら誰だって、俺みたいにするだろ。
If she would not deny ? 彼女にダメって言われないなら。
Then as th' earth's inward narrow crooked lanes 地球の地下をうねる細い水脈が、
Do purge sea water's fretful salt away,海水のしょっぺー塩をろ過するように、
I thought, if I could draw my pains 韻のうねりで恋の辛さを取り除くことができたなら、
Through rhyme's vexation, I should them allay. 俺の気持ちが楽になるだろ。
Grief brought to numbers cannot be so fierce, 悲しみをリズムに乗せたなら少しはマシになるだろ。
For he tames it, that fetters it in verse. その辛さを飼い慣らすために、詩の中に繋ぎ留めるんだ。

But when I have done so, でも俺がそうして詩を作ったら、
Some man, his art and voice to show, 他の奴らが技と声を披露するために
Doth set and sing my pain ; 俺の痛みを歌い始める。
And, by delighting many, frees again 俺の詩はたくさんの人を喜ばせることで、繋いでいた痛みを解き放つ。
Grief, which verse did restrain. 詩に悲しみを閉じ込めたのは、
To love and grief tribute of verse belongs, これ以上愛し嘆かないためなのに、
But not of such as pleases when 'tis read. それらは読まれるためのものじゃないのに、
Both are increasèd by such songs, そうやって歌われると、余計に恋しく、悲しくなるじゃん。
For both their triumphs so are published, それら2つが俺を満たせば、
And I, which was two fools, do so grow three. 2つの意味でバカだった俺が3つの意味でバカになる。
Who are a little wise, the best fools be. ちょっと賢い奴が1番のバカに。

63 :吾輩は名無しである:2012/11/27(火) 07:47:35.99
三浦さんがそこまでわかりやすく訳せるのも、詩歌の英文の理解力と
古い英語の理解力が素晴らしいからでしょうね。三浦さんの翻訳を頼りにして
再び辞書をあちこち引っ張り回して、やっと僕なりに、昨日よりもはるかに深く
この詩とその英文の構造や意味を理解することができました。
いやあ、勉強になりました。

64 :吾輩は名無しである:2012/11/27(火) 10:15:52.35
John Donne とか Shakespeare など、古い英文学を読む人は、どういう辞書を
使ってるのかな? Shorter Oxford Dictionary なのか、あるいは Oxford English Dictionary
なのかな?

65 :吾輩は名無しである:2012/11/27(火) 14:33:17.88
今、Walt WhitmanのLeaves of Grass「草の葉」にある
I sing he Body Electric
って詩を読んでて疑問に思ったのですが

2部の頭にある
"The love of the body of man or woman balks account, the body itself balks account"
って文章はどんな意味なのでしょうか?
特にbalks accountってのが難しいです
balkっていろんな意味があって中にperfectって意味もあるようなのでおそらく詩の
流れからこれだと思うんですがaccountって?

66 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/11/27(火) 18:43:13.65
>>63
誤訳の可能性に気をつけて!何よりも文脈のニュアンス重視で和訳しました。
自分、文法苦手なので、「なんでこここういう訳になるの?」とか言われても、
「前後の文脈のバランス的にこれがしっくり来ると思って」としか説明できないところも……
文法的に直訳しつつ作者が何を表現したいのか見当つける→そのニュアンスを意識して意訳
ってやったので……あくまで参考程度に。

ちなみに今回使った辞書は英辞郎 on the WEBです。

ODEとか、学者しか持ってないんじゃなかろうか。

67 :吾輩は名無しである:2012/11/27(火) 19:12:54.24
>>66
三浦さん、重ね重ねありがとうございます。

>>65
Whitman の詩に出てくる "balks account" については、僕はこう思います。

まず、balk はここでは他動詞ですが、他動詞としての意味をいろいろ調べても、
どうやらここでは、 to check, to prevent, to thwart つまり「〜を避ける、阻止する」
というような意味のようです。

次に account は「説明、話、語り聞かせること」というような意味のようです。

したがって、"balks accout" は「〜は説明を拒否する」すなわち「説明のしようがない」
とか「語りようがない」というような意味だと思います。

だから、
"The love of the body of man or woman balks account, the body itself balks account
これは、次のような意味だと思います。

「男であれ女であれ、その肉体に対する愛については、語りようがない(説明のしようがない)。
肉体そのものが、そもそも語りようのないものだ」

つまり、言葉を失ってしまうほど、人間の肉体は完璧に美しい、と言っているような気がします。
そういう意味だと想定しても、この詩の残りの部分とは矛盾しないように思います。

68 :吾輩は名無しである:2012/11/27(火) 22:11:02.89
>>62
おおー、三浦ちゃん、いーねー
ほんじゃぼくも真似してやってみよ
こんな感じ

THE TRIPLE FOOL by John Donne ジョン・ダン作 「三層馬鹿」

I am two fools, I know, そうさ、オイラは馬鹿も馬鹿、
For loving, and for saying so 恋に身を焼き恋歌唄う
In whining poetry ; 泣き虫詩人の大馬鹿者さ。
But where's that wise man, that would not be I, 頭よくてもこうかもね、
If she would not deny ? カノジョに肘鉄喰らうまで?
Then as th' earth's inward narrow crooked lanes 地下に流れるくねくね水よ、
Do purge sea water's fretful salt away, 潮(うしお)の塩を取り除けて、
I thought, if I could draw my pains オイラのこころを真水に戻せ
Through rhyme's vexation, I should them allay. 癒しのリズムを冀(こいねが)う。
Grief brought to numbers cannot be so fierce, ああ、この嘆きをば如何(いか)んせん、
For he tames it, that fetters it in verse. ことばよことば、詩(うた)になれ。

But when I have done so, けれどもやっぱ詩なんて
Some man, his art and voice to show, あんちゃん達のひとくさり、
Doth set and sing my pain ; オイラのこころの痛みとや。
And, by delighting many, frees again オイラのこころの痛みこそ、さあご照覧、
Grief, which verse did restrain. 悲しき詩の花吹雪。
To love and grief tribute of verse belongs, 愛して泣いてちゃ世話ねーな、
But not of such as pleases when 'tis read. 読んで喜ぶ素振りがニクイ。
Both are increased by such songs, どんどん悲しくなるばかり、
For both their triumphs so are published, どのみち知られることだけど、
And I, which was two fools, do so grow three. オイラの馬鹿は三層倍。
Who are a little wise, the best fools be. しゃらくせーやい、馬鹿サイコー。

69 :吾輩は名無しである:2012/11/28(水) 02:54:21.76
>>67
なるほど
表現のしようがないほど完璧で美しいということですか
確かに詩の流れ的にもしっくり来ますね
今、アメリカの大学で英文学の授業を取っててこの意味を考えてくるのが
宿題に出ていたんですよww実は
ビジネス専攻で文学には全然興味が無いのですが必修だったので仕方なく取りました
でも、いろんな本を読んで今はWhitmanを読んでますがちょっとハマってます

とくに今回の詩は人間賛歌とも取れる壮大なテーマにちょくちょく見える
Whitmanが生きた時代の女性への偏見等がかいま見えるのも面白いですね

ありがとうございました

70 :吾輩は名無しである:2012/11/28(水) 06:15:37.00
>>69
アメリカの大学での宿題なんですね。それは素晴らしい。もし面倒じゃなければ、
教授が教えてくれた正解をあとでここで披露してくださるとうれしいです。

僕自身、主にネット上であっちこっちで調べたり考えたりしたんですが、
推測以上のことはできませんでした。この "balks account" という表現は、
どうやら英語として定着してはおらず、おそらく Whitman が独自に考え出した
表現ではないかと思います。どこにもこれに似た表現が見つかりませんでしたから。

ネイティブたちがこの表現について議論しているページもありますが、彼らでさえ
よくはわかっていないようです。下記のページ。
http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20091129105828AAhtqWi

71 :吾輩は名無しである:2012/11/28(水) 06:22:17.08
>>68
あなたは、たぶん作家なんでしょうね。日本語の表現力があまりに素晴らしい。

72 :吾輩は名無しである:2012/11/28(水) 10:49:16.91
>>70
自分もアメリカ人が議論してるサイト見てなんだこれって思ったので
普段来ない2chの文学板に来てみたんですよ
やっぱり日本語で話すとわかりやすいですね

勿論回答は明日水曜日の授業が終わって時間があるときに書き込ませて頂きます

Whitmanの詩は年代が古いこともあり難しい単語が多いのが大変ですよね

73 :吾輩は名無しである:2012/11/28(水) 18:43:13.16
私は二人の愚者である。
We are ... じゃないのね

74 :吾輩は名無しである:2012/11/28(水) 19:41:27.20
>>73
"i am two" というキーワードで検索してみた。

I am two.
I am two people.
I am two men.
I am two women.

こういう表現があるらしいことがわかった。

75 :73:2012/11/28(水) 22:07:40.39
>>74
なるほど、"I" は一人称単数という思い込みが間違いだと気づけば、どうということもない文なのですね
ご教示、ありがとうございました

76 :65:2012/11/29(木) 04:24:50.76
Whitmanの質問をしたものです
今日の授業ででた答えを報告します。

基本的は>>67とほとんど意味は変わりません
"balk"は"refuse"の様な意味合いで取り
"account"は"measure"の様な意味合いで使われているそうです
つまり「計り知れない」、「計りきれない」とった意味合いかな

この他にもこの部分に関しては
ではなぜ計りきれないのか?の理由としてWhitmanは"perfect"という言葉を使ってるのに焦点を当て
では"perfect"とはどういうことなのか?について話しました

外見とか存在とか作りが完璧であると言った感じでいろんな意見が出たのですが
最終的に外見とか存在よりも
Perfection of what the men's and women's body doing
という
人類の体の仕組み的な意味合い"functional"な意味でperfectなのだろうということでした

77 :吾輩は名無しである:2012/11/29(木) 06:17:32.74
>>75
くどいようですが、別の例をあげます。
https://www.google.co.jp/search?q=%22this+is+two+words%22&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=en&client=safari

ここに出てくる検索結果のなかみを検討すればわかるのですが、

This (= this word ) is two words.
It's two words.
"Alot" is two words.

などの例がたくさん出てきます。これはたとえば、"a lot" と書くべきところを
"alot" などと書くネイティブがたくさんいますが、「この alot というふうに見える単語は実は二つの単語から
出来ている」という意味でこのような言い方をしているようです。

以上は、主語が単数で述語が複数の例でしたが、さらに、主語が複数で述語が単数というのも見られます。

We are a company.
We are a team.
We are a troubled nation.
We are a buried generation.
We are a humbled factory.

"We are a " というキーワードで検索すれば、たくさん出てくる。

78 :吾輩は名無しである:2012/11/29(木) 06:20:22.36
>>76
Whitman の授業で教えてもらったことをわざわざ報告してくださって、
ありがとうございました。

79 :吾輩は名無しである:2012/11/29(木) 14:07:00.21
Thomas Gray. 1716–1771

453. Elegy written in a Country Churchyard

http://www.bartleby.com/101/453.html

上記の詩を今さっき読み終えた。知らない単語のオンパレードだったので、
一行ごとに辞書を引きながらゆっくり読んだ。すごく時間がかかった。
なんでこのしを読もうと思ったかというと、Tomas Hardy の小説に
"Far from a Madding Crowd" っていうタイトルのものがあるけど、
そのタイトルが実は上記の詩から来ていることを初めて知って、
この詩の全文を読んでみたくなったからだ。けっこう長い詩だ。
なお、Hardy の小説のタイトルが出てくる箇所は、次の通り。

Far from the madding crowd's ignoble strife,
Their sober wishes never learn'd to stray;
Along the cool sequester'd vale of life 75
They kept the noiseless tenor of their way.

80 :吾輩は名無しである:2012/11/29(木) 16:42:37.98
なんだっけ?
キリストの威光が、ヨーロッパの古い神々や妖精たちを隅に追いやっていくさまを雄々しく歌い上げた詩があったと思うんだが…
ダレの手によるなんて詩だっけ?そもそも英詩だったかな…

81 :65:2012/11/29(木) 16:47:29.23
>>78
いえいえ
でしゃばってすみませんでした

82 :吾輩は名無しである:2012/11/30(金) 16:21:01.64
Sonnet 98

From you have I been absent in the spring,
When proud pied April, dressed in all his trim,
Hath put a spirit of youth in every thing,
That heavy Saturn laughed and leapt with him.
Yet nor the lays of birds, nor the sweet smell
Of different flowers in odour and in hue,
Could make me any summer's story tell,
Or from their proud lap pluck them where they grew:
Nor did I wonder at the lily's white,
Nor praise the deep vermilion in the rose;
They were but sweet, but figures of delight,
Drawn after you, you pattern of all those.
Yet seemed it winter still, and you away,
As with your shadow I with these did play.

83 :吾輩は名無しである:2012/11/30(金) 20:08:23.50
>>82
Shakespeare は、やっぱり難しいなあ。辞書をあちこち引っ張り回し、
ネット上の資料も参考にしながら、やっと読み終えた。

84 :吾輩は名無しである:2012/12/01(土) 23:26:47.31
脚韻を頼りにうまく抑揚をつけて読むと、なるほど韻文だな、という気はします
でも、そこにどれほどの効果があるのかさっぱりわかりません

85 :吾輩は名無しである:2012/12/01(土) 23:45:01.83
逆に五七調とか七五調って
日本語を理解しない人達にとっても心地よいリズムなんだろうか?

86 :吾輩は名無しである:2012/12/02(日) 09:41:37.35
こんなに高度な詩となると、よほどそれに慣れてこないとそのリズムや脚韻を
楽しむことはできないんだろうと想像する。でも、詩を通して頭韻 (alliteration) とか
脚韻 (rhyme) にいくらか慣れたあとに、Time などの高級雑誌や Herald Tribune みたいな
ゆうめいな新聞を読んでると、その見出しにそういう韻文が使われてたりして、
味わい深く感じる。

87 :吾輩は名無しである:2012/12/02(日) 20:22:38.44
Emily Dickinson の書いた一編の詩が気に入ったので、前から気になってたけど、今回、
Everyman's Library の Pocket Poets series の Emily Dickinson 詩集を買った。
まだ走り読みしかしてないけど、どれを読んでもあんまりよくわからない。
どれもこれも実に短い詩で、単語もすごくやさしい。それなのに理解しにくい。
文法をかなり逸脱してるように見える。今まで読んできた詩は、
けっこう難しくて長かったとはいえ、すべてかなり文法に沿っていたように思う。
たとえば
William Wordsworth
Edgar Allan Poe
Yeats
Charles Baudelaire ただしその英訳
Arthur Rimbaud の英訳
Keats

88 :吾輩は名無しである:2012/12/03(月) 09:29:27.00
Shakespeare original text

If it were now to die,
'Twere now to be most happy, for I fear
My soul hath her content so absolute
That not another comfort like to this
Succeeds in unknown fate.
(Othello, Act 2, Scene 1)

Translation into modern English

If I died right now I’d be completely happy,
since I’ll probably never be as happy as this again in my life.

これは、次のURLから拾った。
http://nfs.sparknotes.com/othello/page_76.html

やっぱり、Shakespeare は素晴らしい。ちゃんと勉強しようっと。

89 :吾輩は名無しである:2012/12/03(月) 13:46:52.07
日本語の詩ですら、ピンとこないことも多いのだから、
英語の小説や評論が読めても、詩が分からないことが多くあるのは
何ら不思議じゃない。

大体が、英語の小説が難しい難しいと不平を言ってる奴に、
「じゃ、君は日本語の小説をスラスラと読んでるのかね?」と、
問いただしたいw

さらに言えば、日本語の詩をそう好きでもない人が英語の詩を
読もうとしても、余り長続きし難いのではないか?

逆に言えば、英語力が未熟でも、詩の面白さを味わえる場合は
あるはずだ。好きな人は読むだろうし、全然、英語力がない場合は
どうか知らないが、8割か9割分かって、気に入った一節があれば
良い。

日本の現代詩も相当難解だしw

90 :吾輩は名無しである:2012/12/03(月) 18:26:07.69
Youtube では、朗読のビデオが出ている次の詩がいい。
http://www.youtube.com/watch?v=VJgoK9_9L7A&playnext=1&list=PLD967A6A91DD0EB24&feature=results_video
"Do not Stand at my Grave and Weep" by Mary Elizabeth Frye

Do not stand at my grave and weep,
I am not there; I do not sleep.
I am a thousand winds that blow,
I am the diamond glints on snow,
I am the sun on ripened grain,
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning’s hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circling flight.
I am the soft starlight at night.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.
[edit]

91 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 08:44:03.00
おまいら英語に堪能ですごいな

>>89
日本語の現代詩はどんなのがオススメ?

92 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 09:31:51.61
Virginia Woolf の "Mrs. Dalloway" を読んでると Shakespeare の台詞がよく出てくる。
"Fear no more the heat o' the sun" っていう言葉も何度か出てきたので気になって
調べてみたら、これも Shakespeare だった。改めてその一節をすべて読んでみたけど、
辞書を引かなくても大体の意味がわかるからびっくりした。Shakespeare って僕にとっては
難しいと思いがちだけど、大雑把になら辞書なしでも理解できる部分もけっこうありそう。
それはともかく、とてもいい詩だ。

93 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 09:32:23.33
その Shakespeare の一節は、これ。

Fear No More the Heat o' the Sun

Fear no more the heat o' the sun,
Nor the furious winter's rages;
Thou thy worldly task hast done,
Home art done, and ta'en thy wages:
Golden lads and girls all must,
As chimney-sweepers, come to dust.

Fear no more the frown o' the great;
Thou art past the tyrant's stroke;
Care no more to clothe and eat;
To thee the reed is as the oak:
The Sceptre, Learning, Physic, must
All follow this, and come to dust.

Fear no more the lightning-flash,
Nor the'all-dreaded thunder-stone;
Fear not slander, censure rash;
Thou hast finished joy and moan:
All lovers young, all lovers must
Consign to thee, and come to dust.
No exorciser harm thee!
Nor no witchcraft charm thee!
Ghost unlaid forbear thee!
Nothing ill come near thee!
Quiet consummation have,
And renownèd by thy grave!

Shakespeare, Cymbeline, Act 4, scene 2.

94 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 13:13:02.65
Leap Before You Look
W. H. Auden

The sense of danger must not disappear:
The way is certainly both short and steep,
However gradual it looks from here;
Look if you like, but you will have to leap.

Tough-minded men get mushy in their sleep
And break the by-laws any fool can keep;
It is not the convention but the fear
That has a tendency to disappear.

The worried efforts of the busy heap,
The dirt, the imprecision, and the beer
Produce a few samrt wisecracke every year;
Laugh if you can, but you will have to leap.

The clothes that are considered right to wear
Will not be either sensible or cheap,
So long as we consent to live like sheep
And never mention those who disappear.

Much can be said for social savior-faire,
Bu to rejoice when no one else is there
Is even harder than it is to weep;
No one is watching, but you have to leap.

A solitude ten thousand fathoms deep
Sustains the bed on which we lie, my dear:
Although I love you, you will have to leap;
Our dream of safety has to disappear.

95 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 14:26:24.65
>>94
その詩を朗読したビデオ。
http://www.youtube.com/watch?v=FUlJBd4yc-w&feature=player_detailpage

96 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 16:45:57.62
>>93
Thou thy worldly task hast done,
Home art gone, and ta'en thy wages.
Golden lads and girls all must,
As chimney-sweepers, come to dust.
(この世のつとめを果たし、十分な報いを得て、我が家へ帰る。
今をときめく男も女も、塵払い人のごとく、みな塵に帰る。)

っていう訳を見つけたんだけど、『我が家へ帰る。』=Home art goneなのが納得出来ない。
文法的に一体どんな並び方をしてるのやら

97 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 16:52:16.66
>>96
(thou) art gone home.
この文の語順を変えたんだろうと思います。現代語に訳すと、
You have gone home.

98 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 19:22:38.76
>>97
なるほど。こういうの多いからシェイクスピアは困る…

99 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 19:34:38.56
前後とも同じ語順じゃんか

100 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 19:43:33.85
あ、後はちゃいました
ごめんちゃい

101 :吾輩は名無しである:2012/12/04(火) 21:00:25.19
>>96
4行目のdustは、動詞の「塵を払う」ではないかな、たぶn
塵を払って光り輝きなよ、という意味かなと思う。

102 :吾輩は名無しである:2012/12/06(木) 10:05:58.83
Emily Bronte の詩も面白そうだ。Everyman's Poket Poets series という
シリーズが hardcover で出ているけど、その中の Emily Bronte の詩集を
買ったんだけど、その詩集の巻頭に挙げられている詩が、次のもの。

High Waving Heather
Emily Brontë

High waving heather, 'neath stormy blasts bending,
Midnight and moonlight and bright shining stars;
Darkness and glory rejoicingly blending,
Earth rising to heaven and heaven descending,
Man's spirit away from its drear dongeon sending,
Bursting the fetters and breaking the bars.

All down the mountain sides, wild forest lending
One mighty voice to the life-giving wind;
Rivers their banks in the jubilee rending,
Fast through the valleys a reckless course wending,
Wider and deeper their waters extending,
Leaving a desolate desert behind.

Shining and lowering and swelling and dying,
Changing for ever from midnight to noon;
Roaring like thunder, like soft music sighing,
Shadows on shadows advancing and flying,
Lightning-bright flashes the deep gloom defying,
Coming as swiftly and fading as soon.

December 13, 1836.

103 :吾輩は名無しである:2012/12/06(木) 10:13:47.26
さっきの Emily Bronte の詩をプロの役者が見事に朗読したビデオがある。
すごい迫力。

High Waving Heather. A poem by Emily Bronte.
Performed by Frankie MacEachen
http://www.youtube.com/watch?v=XdBeYWUDA3Y

104 :吾輩は名無しである:2012/12/06(木) 13:03:00.64
SLEEP BRINGS NO JOY TO ME

Sleep brings no joy to me.
Rememberance never dies.
My soul is given to mystery,
And lives in sighs.

Sleep brings no rest to me;
The shadows of the dead
My wakening eyes may never see
Surround my bed.

Sleep brings no hope to me,
In soundest sleep they come,
And with their doleful imag'ry
Deepen the gloom.
(続く)

105 :吾輩は名無しである:2012/12/06(木) 13:03:47.00
(続き)

Sleep brings no strength to me,
No power renewed to brave;
I only sail a wilder sea,
A darker wave.

Sleep brings no friend to me
to soothe and aid to bear;
They all gaze on, how scornfully,
And I despair.

Sleep brings no wish to fret
My harrassed heart beneath;
My only wish is to forget
In endless sleep of death.

by Emily Bronte

http://poemsofthedark.blogspot.jp/2006/06/horrors-of-sleep.html

106 :吾輩は名無しである:2012/12/06(木) 14:46:20.15
>>103
悪いけどクソ笑える。
BGM、SE、大熱演が一体となってシリアスな笑いを生み出している。

107 :吾輩は名無しである:2012/12/06(木) 23:03:14.23
>>104&105
悩みがあるんなら、秘密の日記を作って思ってることを全部はきつくして
しまうのがおすすめだよ。

108 :吾輩は名無しである:2012/12/07(金) 04:18:35.13 ?2BP(0)
>>91失礼、>>89氏ではないが、自分が好きなのは西脇順三郎
『天気』
「覆(くつがへ)された宝石」のやうな朝
 何人か戸口にて誰かとささやく
 それは神の生誕の日 [Ambarvalia:昭和8年]
高校の教科書の最初に出てきて、印象的だった。

109 :吾輩は名無しである:2012/12/07(金) 06:03:52.05
>>108
その詩、ネットで見つけちゃった。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/82286/77059/63122765

110 :吾輩は名無しである:2012/12/07(金) 06:58:59.25
>>89
英語力無いけど耳から入ります。ストライサンドの歌など。
響きが気に入ってから訳などを考える。

111 :吾輩は名無しである:2012/12/07(金) 20:24:13.92
Romeo and Juliet

Romeo: See how she leans her cheek upon her hand!
O that I were a glove upon that hand,
That I might touch that cheek!

Juliet: Ay me!

Romeo: She speaks.
O, speak again, bright angel! for thou art
As glorious to this night, being o'er my head,
As is a winged messenger of heaven
Unto the white-upturned wond'ring eyes
Of mortals that fall back to gaze on him
When he bestrides the lazy-pacing clouds
And sails upon the bosom of the air.

Juliet: O Romeo, Romeo! wherefore art thou Romeo?
Deny thy father and refuse thy name!
Or, if thou wilt not, be but sworn my love,
And I'll no longer be a Capulet.

実に美しい。細かい部分が理解できてなくても、朗読を聞いたり
自分で朗読するだけでも感動してしまう。

Youtube でのビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=0vqhEgJQrsk
3時間にわたるビデオ
Romeo 役の男性とJuliet 役の女性が、特に声が綺麗で演技も卓越してる。

112 :吾輩は名無しである:2012/12/08(土) 09:38:01.45
BBC が制作した "Mrs. Dalloway" の映画を youTube で見ていて
そこに出てきた詩が気になったので検索してみた。

http://www.youtube.com/watch?v=w227rhzbQ_c

この映画の 18'30" あたりに出てくる詩。
その詩の全文は、次の通り。

113 :吾輩は名無しである:2012/12/08(土) 09:38:41.53
その詩の全文。

Abraham Cowley

61. The Change

LOVE in her Sunny Eyes does basking play;
Love walks the pleasant Mazes of her Hair;
Love does on both her Lips for ever stray;
And sows and reaps a thousand kisses there.
In all her outward parts Love 's always seen; 5
But, oh, He never went within.

Within Love's foes, his greatest foes abide,
Malice, Inconstancy, and Pride.
So the Earths face, Trees, Herbs, and Flowers do dress,
With other beauties numberless: 10
But at the Center, Darkness is, and Hell;
There wicked Spirits, and there the Damned dwell.

114 :吾輩は名無しである:2012/12/08(土) 09:40:11.64
その詩の続き。


With me alas, quite contrary it fares;
Darkness and Death lies in my weeping eyes,
Despair and Paleness in my face appears, 15
And Grief, and Fear, Love's greatest Enemies;
But, like the Persian-Tyrant, Love within
Keeps his proud Court, and ne're is seen.

Oh take my Heart, and by that means you'll prove
Within too stor'd enough of Love: 20
Give me but Yours, I'll by that change so thrive,
That Love in all my parts shall live.
So powerful is this change, it render can,
My outside Woman, and your inside Man.
http://www.bartleby.com/105/61.html

115 :吾輩は名無しである:2012/12/08(土) 10:37:17.55
Rio Grande という詩(歌)、もともとはドイツ語だったみたいだけど、
英語版もイギリスで流行っていたみたい。

Der Käppen, der Stü’rmann, der Bootsmaat und ich
Rio Grande
http://cazoo.org/folksongs/DerKappenDerSturmann.htm

116 :吾輩は名無しである:2012/12/09(日) 10:37:42.12
詩とは言っても、流行りの歌の歌詞は、やっぱりわかりやすいですね。通常の詩人の書いた
詩よりも、はるかに大衆受けするようなないようだもんね。Emily Bronte の詩だったら、
こんなに流行りはしないだろう。

Alone, Celine Dione
http://www.youtube.com/watch?v=diQpMjq-lhQ

I hear the ticking of the clock
I'm lying here, the room's pitch dark
I wonder where you are tonight
No answer on the telephone

And the night goes by so very slow
Oh, I hope that it won't end though
Alone

117 :吾輩は名無しである:2012/12/09(日) 10:38:34.52
続き
Till now I always got by on my own
I never really cared until I met you
And now it chills me to the bone
How do I get you alone?

You don't know how long I have wanted
To touch your lips and hold you tight, no
You don't know how long I have waited
And I was gonna tell you tonight

But the secret is still my own
And my love for you is still unknown
Alone

Till now I always got by on my own
I never really cared until I met you
And now it chills me to the bone
How do I get you alone? How do I get you alone?

How do I get you alone?
How do I get you alone?
Alone,

118 :吾輩は名無しである:2012/12/10(月) 23:40:11.76
マニアックなスレなのに意外に繁盛してるな。やっぱ恋愛の詩が好きだねみんな。
でもこういうのを好きな人にうまく使うのってなかなか難しいんだよな。
スタンダールやバルザックはいいこと言う。みんながんばろうぜ。

The more cold-blooded your calculations, the further you will go. Strike ruthlessly;
you will be feared. ... in this way you will reach the goal of your ambition. ...
if you have a heart, lock it carefully away like a treasure; do not let any one
suspect it, or you will be lost; you would cease to be the executioner, you
would take the victim's place. And if ever you should love, never let your secret
escape you! Trust no one until you are very sure of the heart to which you open
your heart. Learn to mistrust every one; take every precaution for the sake of
the love which does not exist as yet.

119 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/12/11(火) 02:10:34.31
この身も蓋もない言い方はフランス人のそれですわ。

120 :吾輩は名無しである:2012/12/11(火) 16:00:19.34
Virginia Woolf の "To the Lighthouse" に、"We perished, each alone" という言葉が出てきた。
第3章の5にも出てくる。気になったので検索してみたら、有名な詩の一節だった。

The Castaway
by William Cowper
http://www.poetsgraves.co.uk/Classic%20Poems/Cowper/castaway.htm

この詩の結末に近いところに出てくる。

121 :吾輩は名無しである:2012/12/12(水) 09:55:29.14
自然に対する Wordsworth の赤子のごとくみずみずしい感受性には、やっぱりいつも感動する。

Title: I wandered lonely as a cloud

I wandered lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host, of golden daffodils;
Beside the lake, beneath the trees,
Fluttering and dancing in the breeze.

Continuous as the stars that shine
And twinkle on the milky way,
They stretched in never-ending line
Along the margin of a bay:
Ten thousand saw I at a glance,
Tossing their heads in sprightly dance.

The waves beside them danced; but they
Out-did the sparkling waves in glee:
A poet could not but be gay,
In such a jocund company:
I gazed---and gazed---but little thought
What wealth the show to me had brought:

For oft, when on my couch I lie
In vacant or in pensive mood,
They flash upon that inward eye
Which is the bliss of solitude;
And then my heart with pleasure fills,
And dances with the daffodils.

122 :吾輩は名無しである:2012/12/12(水) 10:59:38.37
これは、歌の歌詞のようです。life とか time が "stand still" するという表現が
ときどき使われているようだけど、英語のネイティブたちはそれを positive なニュアンスで
使っているのか、それとも negative なニュアンスで使っているのかを確かめたくて、
Google 検索しているうちに見つけたものです。この歌詞の中では、"make life stand still"
という表現が出てきます。

YOU MADE MY LIFE STAND STILL LYRICS - JOSHUA PAYNE

Just below the exit sign
You were shining like the moon
You looked at me as if
You left your heart somewhere
And now you've gone and closed the door.

I tried to smile; I tried to play
The one who simply walks away
But the streeetlights sing your song
And I can't get along
Without your love inside of me.

Run away, run away
Don't let the stars get in your way
The sky was painted blue
The night that time stood still

123 :吾輩は名無しである:2012/12/12(水) 11:00:11.46
>>122の続き

The paper skies are packed away
The Chinese lanterns swing and sway
You said that love was like a traveling rodeo
It comes to town and then it goes

Far away, in love's junk store
I found your letter waiting at my door
It said "I loved you so.
You made my life stand still."
It said "I loved you so.
You made my life stand still."

http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/You-Made-My-Life-Stand-Still-lyrics-Joshua-Payne/6AE013BD873E3F9248256EDF000AF183

124 :吾輩は名無しである:2012/12/14(金) 15:13:35.31
>>120
この詩を辞書を引きながら読んだけど、なかなか意味がわからなかった。
検索し直したら、いい解説が見つかった。Exitor's note がこの詩の冒頭についていて、
その注釈のおかげで、詩人の言いたいことがよく理解できたような気がする。

The Castaway

[Ed. Note: On New Year's Day of 1773, after hearing a sermon, Cowper became
convinced that God had turned away from him, a belief that remained with him
for the last 27 years of his life. In this poem, the last Cowper ever wrote, he gives
expression to this belief by comparing himself to a sailor with Commodore William
Anson's fleet which had circumnavigated the world during 1741-1744; the sailor
has fallen overboard in a storm, and Cowper imagines his thoughts and feelings
tas he watches the fleet sail on, abandoning him to hopelessness and despair. --Nelson]

125 :吾輩は名無しである:2012/12/14(金) 16:14:22.58
"Amazing Grace" という有名な賛美歌を作った人が誰なのかなんて考えもしなかったけど、
あちこちの詩人について調べているうちに、その賛美歌の作者にたどり着いた。
その詩人の生き様って、すごく面白いということを知った。

John Henry Newton (July 24, 1725 – December 21, 1807) was a British sailor and
Anglican clergyman. Starting his career at sea, at a young age, he became involved
with the slave trade for a few years, and was himself enslaved for a period.
After experiencing a religious conversion, he became a minister, hymn-writer, and
later a prominent supporter of the abolition of slavery. He was the author of
many hymns, including "Amazing Grace" and "Glorious Things of Thee are Spoken
(Wikipedia)

126 :吾輩は名無しである:2012/12/15(土) 14:51:15.45
Virginia Woolf の "Between the Acts" を読んでたら、

Hark hark the dogs do bark
The beggars are coming to town
Some in rags and some in jags*
And one in a velvet gown.

という nursery rhyme が出てきた。その由来や背景を調べようと思って検索したら、
意外なことが書いてあった。nursery rhymes にも深い意味合いがあるんだね。

http://www.rhymes.org.uk/hark_hark_the_dogs_do_bark.htm

このリンクをたどると、その面白い背景についての解説がある。実に面白い。

127 :吾輩は名無しである:2012/12/20(木) 13:13:03.23
We are the hollow men
We are the stuffed men
The Hollow Men
by T.S. Eliot

Leaning together
Headpiece filled with straw. Alas!
Our dried voices, when
We whisper together
Are quiet and meaningless
As wind in dry grass
Or rats' feet over broken glass
In our dry cellar
(中略)

This is the way the world ends
This is the way the world ends
This is the way the world ends
Not with a bang but a whimper.

この詩の全文は、ここに。
http://allpoetry.com/poem/8453753-The_Hollow_Men-by-T_S__Eliot

この詩の朗読ビデオは、ここに。
http://www.youtube.com/watch?v=nwcP3NOCeiE

128 :吾輩は名無しである:2012/12/22(土) 20:28:48.05
Virginia Woolf の "The Waves" という小説を読んでいたら、"Far away a bell tolls" という言葉が出てきた。そこには注釈がついていて、John Donne の文章から
来ているとのこと。

No man is an island, entire of itself; every man is a piece of the continent, a part of the
main. If a clod be washed away by the sea, Europe is the less, as well as if a promontory
were, as well as if a manor of thy friend's or of thine[Pg 109] own were: any man's death
diminishes me, because I am involved in mankind, and therefore never send to know for
whom the bells tolls; it tolls for thee.
http://www.gutenberg.org/files/23772/23772-h/23772-h.htm

これは、

JOHN DONNE
DEVOTIONS
UPON EMERGENT OCCASIONS

という本の一節だ。ここに出てくる "for whom the bell tolls" という言葉は、Hemingway
の小説のタイトルにもなってますね。それにしても、John Donne って、実にたくさんの人に
影響を与えてるみたいですね。

129 :吾輩は名無しである:2012/12/22(土) 20:57:54.41
Childe Harold
By Byron
Canto III

And Ardennes waves above them her green leaves,
Dewy with Nature's tear-drops, as they pass,
Grieving, if aught inanimate e'er grieves,
Over the unreturniug brave,―alas!
Ere evening to be trodden like the grass
Which now beneath them, but above shall grow
In its next verdure, when this fiery mass
Of living valour, rolling on the foe,
And burning with high hope, shall moulder cold and low.
http://www.gutenberg.org/files/23772/23772-h/23772-h.htm

130 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/12/22(土) 20:59:17.34
ジョン・ダンの射程はポストモダンまで届いてますよ。先取りしていたと言っていい。
近代を生み、近代を飛び越えて近代を馬鹿にしている。

131 :吾輩は名無しである:2012/12/22(土) 21:02:35.05
>>129
この Byron の詩のリンクを貼り間違えました。正しいリンクは、

http://www.gutenberg.org/files/5131/5131-h/5131-h.htm#2H_4_0005

132 :吾輩は名無しである:2012/12/22(土) 21:07:55.60
>>130
なるほど。John Donne って、ものすごく昔の人なので、現代とはあんまり関係ない
かのように愚かしくも思ってましたけど、ポストモダンにまで影響してるんですか。
すごいです。これからも、いろいろと教えてくださいね。

何せ、英詩だけでなく、
詩歌そのものについて初心者なもんですから。今頃になって、一生懸命に
古今東西の詩歌を手当たり次第に読んでるんです。

133 :三浦 ◆aKZjWmIOl2 :2012/12/22(土) 21:43:55.35
いやいや僕も詩は初心者ですよ。詳しくない。文学理論を駆使できるわけでもないし。
というか、英詩に詳しい人なんて、日本にはせいぜい100人くらいしかいないんじゃないか。
もしかするともっと少ないかも。
鑑賞眼なんてあってないようなもんですよ。
読んで面白かったらそれでいいと思います。

134 :吾輩は名無しである:2012/12/23(日) 01:38:56.06
A Burnt Ship

Out of a fired ship, which by no way
But drowning could be rescued from the flame,
Some men leap'd forth, and ever as they came
Near the foes' ships, did by their shot decay;
So all were lost, which in the ship were found,
They in the sea being burnt, they in the burnt ship drown'd.

135 :吾輩は名無しである:2012/12/23(日) 07:01:32.31
>>134
それも John Donne の詩ですね。それにしても、1572–1631 という古い時代に書かれた
にしては割とわかりやすい英語ですし、文字面の意味は一応は分かりますが、これに
込められた奥深い意味って、何なんでしょうかね。

136 :吾輩は名無しである:2012/12/23(日) 10:12:33.04
Gray, Thomas (1716-71):
His poem, the meditative "Elegy Written in a Country Churchyard" is probably the most
quoted poem in the English language.

Gray のその詩って、そんなに良く引用されるんだね。僕自身がこの詩の引用されている
文章に出くわすのは、今日で二回目。

少し長い詩。ここでは、最初の数行だけ貼り付けておきます。

"ELEGY WRITTEN IN
A COUNTRY CHURCH-YARD"

The curfew tolls the knell of parting day,
The lowing herd winds slowly o'er the lea,
The ploughman homeward plods his weary way,
And leaves the world to darkness and to me.
http://www.blupete.com/Literature/Poetry/Elegy.htm

137 :吾輩は名無しである:2012/12/24(月) 15:37:50.14
英語の詩をよく理解しようと思ったら、nursery rhymes を一通りは頭にいれた方がいいと、
ずっと前から思ってた。とはいいながら、今さらそういうのを読んだり聞いたりしても、
あんまり面白くない。それを無理して、頭に叩き込もうとしてる。歩きながら聞ける
Mother Goose のビデオが Youtube 上にたくさんあるけど、その中で、私が思うには、
次のものが優れていて、飽きが来ない。

MOTHER GOOSE 1958 (Cyril Ritchard, Boris Karloff, Celeste Holm).wmv
http://www.youtube.com/watch?v=jrhH8oKQ74M

138 :吾輩は名無しである:2012/12/25(火) 18:46:51.70
Virginia Woolf の小説を読んでると、有名な詩歌の一節が頻繁に出てくる。
"The Waves" という作品は、この作品そのものが詩みたいなものなので、余計に
詩の一節がよく出てくる。今回は Keats の次の詩が出てきた。辞書を引きながら最後まで
読んで、吹き出してしまった。これは、まさに僕のことを唄ってるじゃないか。

John Keats (1795–1821).
La Belle Dame Sans Merci

Alone and palely loitering?
The sedge has withered from the lake,
And no birds sing.

O what can ail thee, knight-at-arms,
So haggard and so woe-begone?
The squirrel’s granary is full,
And the harvest’s done.

I see a lily on thy brow,
With anguish moist and fever-dew,
And on thy cheeks a fading rose
Fast withereth too.

I met a lady in the meads,
Full beautiful―a faery’s child,
Her hair was long, her foot was light,
And her eyes were wild.

139 :吾輩は名無しである:2012/12/25(火) 18:58:19.56
>>138 では、その詩の最初だけを引用しました。続きは、

http://www.bartleby.com/126/55.html

というページで読んでください。この詩の概要は、魅力ある貴婦人の魅力に参って
しまった騎士が、彼女の毒牙にかかり、とりこになってしまい、やつれ果ててしまった
今でずっと、彼女のことを思いながら、思い出の湖畔に住み着いたまま、という哀れな詩。

古い時代の詩である割には、わかりやすいんじゃないかと思います。僕の場合、辞書を
引いて単語の意味さえ調べれば、一応は全体の意味がわかりました。

140 :吾輩は名無しである:2012/12/25(火) 20:41:11.26
Virginia Woolf (ヴァージニア・ウルフ) のスレ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/book/1356090422/l50

141 :吾輩は名無しである:2012/12/26(水) 10:53:13.84
Woolf の作品に引用されていた詩。

To the immortall memorie, and friendship of
that noble paire, Sir Lucius Cary and Sir H.
Morison

by Ben Jonson

http://www.luminarium.org/sevenlit/jonson/pindaric.htm

Shakespeare との同時代人。古い時代の英語だから僕にとって難しいというのは分かる。
でも、ちょっと難しすぎる。これなら Shakespeare の方が分かりやすい。
辞書を引きながらこの長めの詩を3回くらい読んだんだけど、まだ十分には分からない。

142 :吾輩は名無しである:2012/12/26(水) 15:56:34.33
Shelley は政治的な詩も書いているという話だけど、こんなにまではっきりと政治色を
前面に出しているとは、今まで知らなかった。


A Song: “Men of England”
BY PERCY BYSSHE SHELLEY

Men of England, wherefore plough
For the lords who lay ye low?
Wherefore weave with toil and care
The rich robes your tyrants wear?
http://www.poetryfoundation.org/poem/183987

ここに引用したのは、この詩の冒頭だけです。続きを読むには、リンクを辿ってください。
この詩では、「イングランドの人々よ、汗水を垂らして働いてるのに、君たちの生み出した
ものをそのまますべて横取りしてる連中がいるぞ」というような意味のことを強く歌っている。

143 :吾輩は名無しである:2013/01/16(水) 11:50:36.40
Sir Thomas Wyatt の The Galley の解釈お願いしたいです

144 :吾輩は名無しである:2013/01/22(火) 22:52:50.59
>>143
邦訳は『薔薇の詩人たち』34ページにある。
詩作あるいは詩人の人生を帆船でなぞらえるのはお約束。
例えばウェルギリウスの『牧歌/農耕詩』118ページ「農耕詩」第4歌116-117行。
「さて私としては、もしこの仕事の最後に近づいた今、/帆を巻き上げ、舳先を急いで陸に向けようとしているのでないならば」
愛しながら憎むとか甘い苦味といった撞着語法は恋愛詩のお約束。
溜息は恋愛詩のお約束だから、ガレー船漕ぎは愛の奴隷といったところ。
「ほろ苦い涙が 顔に降りしきる、/苦渋に満ちた溜息の風 吹き荒ぶ」(ペトラルカ『カンツォニエーレ』20ページ「十七 ソネット」1-2行)
このように涙も恋愛詩のお約束だが、上の方で訳してる人たちはそれを知らないので、泣き虫と捉えてしまっている。
意中の女性の双眸を星々などで表すのもまた恋愛詩におけるお約束。
こういう古代ギリシア以来続く詩作のお約束の数々を知らないと詩は理解できないのだが、クルツィウスが少々触れているくらいしかない。
しかたなく自分で集成してるので、いずれどこかでお眼にかけよう。

145 :吾輩は名無しである:2013/04/29(月) 14:50:28.61
ほう

146 :吾輩は名無しである:2013/10/01(火) 23:27:42.01
あげ

147 :吾輩は名無しである:2013/12/10(火) 09:54:54.20
Emily Dickinson (1799 Poems)
http://www.sanjeev.net/poetry/dickinson-emily/index.html

148 :吾輩は名無しである:2013/12/19(木) 17:34:27.52
英語動画 字幕つき
http://kaigaiowaraiyoutubevideo.blogspot.jp/

149 :吾輩は名無しである:2014/06/20(金) 00:01:25.44
Let us go then, you and I,
When the evening is spread out against the sky
Like a patient etherized upon a table...

非モテ(≒プルーフロック)の戯言が昇華され詩となった希有な例w

150 :吾輩は名無しである:2014/11/14(金) 00:47:20.73
The world is coming to an end

The air is polluted, the oceans contaminated
The animals are going extinct, the economy’s collapsed

Education is shot, police are corrupt
Intelligence is shunned and ignorance rewarded

The people are depressed and angry
We can't live with each other and we can't live with ourselves

So everyone’s medicated

We pass each other on the streets
And if we do speak it's meaningless robotic communication

More people want 15 seconds of fame
Than a lifetime of meaning and purpose

Because what’s popular is more important than what’s right

Ratings are more important than the truth

Our government builds twice as many prisons than schools

It’s easier to find a Big Mac than an apple
And when you find the apple
It's been genetically processed and modified

Presidents lie, politicians trick us

Race is still an issue and so is religion

151 :吾輩は名無しである:2014/11/14(金) 00:48:18.97
Your God doesn’t exist,

my God does and he is All-Loving
If you disagree with me I'll kill you
Or even worse argue you to death

92% of songs on the radio are about sex
Kids don’t play tag, they play twerk videos

The average person watches 5 hours of television a day
And it's more violence on the screen than ever before

Technology has given us everything we could ever want
And at the same time stolen everything we really need

Pride is at an all time high, humility, an all time low

Everybody knows everything, everybody’s going somewhere

Ignoring someone, blaming somebody

Not many human beings left anymore, a lot of human doings

Plenty of human lingerings in the past, not many human beings

Money is still the root of all evil
Yet we tell our kids don’t get that degree

The jobs don’t pay enough
Good deeds are only done when there's a profit margin

152 :吾輩は名無しである:2014/11/14(金) 00:49:26.26
Videos of the misfortunes of others go viral
We laugh and share them with our friends to laugh with us

Our role models today
60 years ago would have been examples of what not to be

There are states where people can legally be discriminated against
Because they were born a certain way

Companies invest millions of dollars hiring specialists

to make Little girls feel like they need “make up” to be beautiful

Permanently lowering their self esteem
Because they will never be pretty enough

To meet those impossible standards
Corporations tell us buy, buy, buy, get this, get that

You must keep up, you must fit in
This will make you happy, but it never does for long

So what can we do in the face of all of this madness and chaos?

What is the solution? We can love

Not the love you hear in your favorite song on the radio
I mean real love, true love, boundless love

You can love, love each other
From the moment we wake up to the moment we go to bed

153 :吾輩は名無しである:2014/11/14(金) 00:50:46.06
Perform an act of kindness because that is contagious

We can be mindful during every interaction
Planting seeds of goodness
Showing a little more compassion than usual

We can forgive
Because 300 years from now will that grudge you hold against Your friend, your mother, your father have been worth it?

Instead of trying to change others we can change ourselves
We can change our hearts

We have been sold lies
Brainwashed by our leaders and those we trust

To not recognize our brothers and sisters
And to exhibit anger, hatred and cruelty

But once we truly love we will meet anger with sympathy
Hatred with compassion, cruelty with kindness

Love is the most powerful weapon on the face of the Earth
Robert Kennedy once said that

Few will have the greatness to bend history
But each of us can work to change a small portion of events

And in the total of all those act
Will be written in the history of a generation

So yes, the world is coming to an end
And the path towards a new beginning starts within you

154 :吾輩は名無しである:2015/01/25(日) 19:01:43.94
ヴァレリー・フレッチャー(E.)はクソ
誰があんな書簡集を読みたいんだよ

155 :吾輩は名無しである:2015/04/12(日) 17:40:26.23
英詩って、読み方あるんだよね。そういうことから勉強したほうがいいよ。
短いから読んでいるっていうのは駄目だな。英詩の前に英語の小説を読むべきだ。

156 :吾輩は名無しである:2015/04/14(火) 14:42:29.51
長い詩が読みたければミルトンでも読めばいいんじゃねw

157 :吾輩は名無しである:2015/06/08(月) 18:01:13.26
Li-Young Lee (李立揚) (born August 19, 1957) is an American poet.

158 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 20:57:13.15
対訳 シェイクスピア詩集―イギリス詩人選〈1〉 (岩波文庫) 文庫 - 2004/1/16
シェイクスピア (著), 柴田 稔彦 (編集)

対訳 ジョン・ダン詩集―イギリス詩人選〈2〉 (岩波文庫) 文庫 - 1995/1/17
ジョン ダン (著), 湯浅 信之 (編集)

対訳 ワーズワス詩集―イギリス詩人選〈3〉 (岩波文庫) 文庫 - 1998/9/16
ワーズワス (著), 山内 久明 (編集), William Wordsworth (原著)

対訳 ブレイク詩集―イギリス詩人選〈4〉 (岩波文庫) 文庫 - 2004/6/16
ウィリアム ブレイク (著), 松島 正一 (編集)

対訳テニスン詩集―イギリス詩人選〈5〉 (岩波文庫) 文庫 – 2003/4/16
テニスン (著), 西前 美巳 (編集)

対訳 ブラウニング詩集―イギリス詩人選〈6〉 (岩波文庫) 文庫 - 2005/12/16
ブラウニング (著), 富士川 義之 (編集)

対訳 コウルリッジ詩集―イギリス詩人選〈7〉 (岩波文庫) 文庫 - 2002/1/16
コウルリッジ (著), 上島 建吉 (編集)

対訳 バイロン詩集―イギリス詩人選〈8〉 (岩波文庫) 文庫 - 2009/2/17
バイロン (著), 笠原 順路 (編集)

対訳 シェリー詩集――イギリス詩人選9 (岩波文庫) 文庫 - 2013/1/17
アルヴィ宮本なほ子 (編集)

対訳 キーツ詩集―イギリス詩人選〈10〉 (岩波文庫) 文庫 - 2005/3/16
キーツ (著), 宮崎 雄行 (編集)

159 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 02:30:12.36
対訳脳死は何が言いたいの?

160 :吾輩は名無しである:2016/02/12(金) 21:42:23.28
・・・

161 :吾輩は名無しである:2016/02/12(金) 21:57:17.81
あらためて思ったけど、いい詩ですね

Burnt Norton (T.S> Eliot) - I -

Time present and time past
Are both perhaps present in time future
And time future contained in time past.
If all time is eternally present
All time is unredeemable.
What might have been is an abstraction
Remaining a perpetual possibility
Only in a world of speculation.
What might have been and what has been
Point to one end, which is always present.
Footfalls echo in the memory
Down the passage which we did not take
Towards the door we never opened
Into the rose-garden. My words echo
Thus, in your mind.
But to what purpose
Disturbing the dust on a bowl of rose-leaves
I do not know.

162 :吾輩は名無しである:2016/02/12(金) 21:58:32.95
続き
Other echoes
Inhabit the garden. Shall we follow?
Quick, said the bird, find them, find them,
Round the corner. Through the first gate,
Into our first world, shall we follow
The deception of the thrush? Into our first world.
There they were, dignified, invisible,
Moving without pressure, over the dead leaves,
In the autumn heat, through the vibrant air,
And the bird called, in response to
The unheard music hidden in the shrubbery,
And the unseen eyebeam crossed, for the roses
Had the look of flowers that are looked at.
There they were as our guests, accepted and accepting.
So we moved, and they, in a formal pattern,
Along the empty alley, into the box circle,
To look down into the drained pool.
Dry the pool, dry concrete, brown edged,
And the pool was filled with water out of sunlight,
And the lotos rose, quietly, quietly,
The surface glittered out of heart of light,
And they were behind us, reflected in the pool.
Then a cloud passed, and the pool was empty.
Go, said the bird, for the leaves were full of children,
Hidden excitedly, containing laughter.
Go, go, go, said the bird: human kind
Cannot bear very much reality.
Time past and time future
What might have been and what has been
Point to one end, which is always present.

163 :吾輩は名無しである:2016/02/12(金) 23:12:19.35
僕は昨年の秋から英詩の勉強をはじめた
先生は川崎寿彦の著作だ
だがダンの世界、ニュークリティシズム概論、分析批評入門の途中まで読み進んで停滞
ダンは松浦嘉一のソネットの注釈本を手元に置くがなかなか厄介で難しい
ニュークリティシズム概論については一通り目を通したが、これも別の問題に突き当たっている
分析批評入門については分ったつもりで読み進めているがどこまで書かれている内容が身に付いているかが問題
仕事の合間を見ての勉強だが当面続けたい

164 :吾輩は名無しである:2016/02/20(土) 01:36:38.11
今、ウィリアム・ブレイクを読んでいる
6割読んだ
完読には何年かかるかな
色々読んでいるからどうしても後回しになってしまう

165 :吾輩は名無しである:2016/02/24(水) 09:53:46.86
ホイットマンの詩で

、、、、、、、だった。

、、、、、、、だった。

と何度も自分の過去を想起し

最後が

「私はただ眠っていた。」で終わる詩なんですが

どなたか題名をご存じではないですか。
昔新聞で読んで切り抜いておいたのですが無くしてしまって。
図書館にも行ったのですが、
今、ホイットマンといっても全集とかは無いのですね
アメリカ文学全集にいくつかの詩が掲載されているとか
一部の詩だけ載った小さい詩集とかがあるだけでした。
ご存じの方がおいででしたらお教え下さい。
よろしくお願いします。

82 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)