5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三島由紀夫Part49 [転載禁止]©2ch.net

1 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 14:35:20.46
三島由紀夫(本名、平岡公威)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/bf/Yukio_Mishima_1931.gif
http://image.rakuten.co.jp/auc-artis/cabinet/s-2540.jpg
http://www.c21-smica.com/blog_century21_nobu/img_1596165_27088893_0.jpg
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PADZ21PEL.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/maccy1977/imgs/8/e/8e3b520d.jpg
大正14年(1925年)1月14日、東京都四谷区(新宿区)永住町2に
父・平岡梓(元農林省水産局長)、母・倭文重の長男として誕生。
三島由紀夫関連過去スレ検索
http://makimo.to:8000/cgi-bin/search/search.cgi?q=%8EO%93%87%97R%8BI%95v&sf=2&all=on&view=table

前スレ
三島由紀夫Part48
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/book/1428507756/

2 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 14:42:47.36
Fランがまた国際的恥さらしをやった

【国際】安倍首相がウクライナ閲兵式で“低レベルすぎる”ミス、昭恵夫人は「やってしまったな」の表情 ★3(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433937173/

3 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 14:55:46.63
酒鬼薔薇さん 春樹チルドレンだった 「ケミストリー 僕は射精した」 [転載禁止](c)2ch.net [511393199]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1433994700/

4 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 15:07:08.61
安保法制はここまできたら常識的には廃案なんだが
首相がFランの度し難いバカだからな

5 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 15:09:38.41
>>2
どうってことない話。

民主党政権の恥さらしのほうがよっぽど深刻なんだよ。まあ、>2にはわかんないだろうけど(笑

6 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 15:11:33.57
安倍首相、高級和牛の葉山牛を試食「おいしい、非常にジューシーだね」
http://mainichi.jp/select/news/20150227k0000m010036000c.html
首相「甘くてジューシー」 JA伊達みらいがモモPR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140718-00010013-minyu-l07
「甘くてジューシー」 首相、福島特産のモモに舌鼓
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140717/plc14071713370014-n1.htm
首相、山梨のブドウにご満悦 「ジューシーな果肉」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140718-00000583-san-pol
「野菜がジューシー」 首相、福島県産キュウリとトマトを試食で風評被害払拭
http://www.sankei.com/politics/news/140724/plt1407240012-n1.html
安倍首相「甘くてジューシー」 鉾田市の大使がメロン贈呈
http://www.sankei.com/politics/news/150611/plt1506110030-n1.html

7 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 17:15:33.77
ネトウヨとホモに好かれるキミタケ

8 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 18:50:28.46
キミダケのキミタケ

9 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 19:39:48.59
酒鬼薔薇の手記に三島についての言及あるらしい

10 :吾輩は名無しである:2015/06/11(木) 23:12:32.59
それがどうしたんだよ

11 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 00:53:17.51
>>5
どうってことはあるよ。
世界に恥を晒しちゃったんだから。
先進国のトップなら笑い話で済むが、アジアの辺境国日本のトップだと軽蔑を含んだ笑われ話になってしまう。

やっぱり、アジアの辺境だな、ってことだよ。

12 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 10:31:20.16
>>9
それは非常に面白いね。充分に検証に値する。
性的サディズムは三島由紀夫と愛称が良い。金閣寺とか・・

溝口は金閣寺の美に捉われ、嫉妬して、焼いて性的興奮を覚えた。
酒鬼薔薇は被害少年の輝きに恐れをなして性的興奮を覚えた。

建物と人と対象は違うが、やっていることは似ている。

13 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 12:50:51.19
犯罪者を美化すんな
愛すべき対象を破壊している時点で
単なるナルシストだ

14 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:04:00.21
三島に限らず、小説というのは、人間の誰にでもある心を表に出してみせる。

たとえば、美を愛する、あるいは美にとらわれる心は誰にでもある。
それが現実とぶつかったときに、どういう行動をとるかを三島は表現して見せた。
現実の事件の心の謎解き、といっても同じことだ。

酒鬼薔薇事件を分析する人もいるだろうし、仮想の現実を設定してその中で行動させてみる人もいるだろう。
ある事件の本人が書いたからといって、その分析が正確であるということは特にない。
私小説作家なら、かなりの程度で自分自身に肉薄することができるだろうが、もちろん、だからといってそれがすべてというわけでもない。

三島の、「仮面の告白」というのは、とても上手なタイトルのつけ方だ。

15 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:16:43.59
所詮は他人事、安楽椅子に座って読む犯罪推理小説は面白いだろうさ
被害児の親の心象も無視して文化人ぶるサカキバラには反吐が出る
自分の子供が犯罪者の犠牲になっても
加害者の心理分析などとぼけた事を
言えるのかね

16 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:19:24.28
>>13
そういうのは思考停止だと思う。美化ではなく分析。
臭いモノに蓋して思考停止では今後の教訓として活かされることは無い。

17 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:25:37.35
教訓なら別の方法があるだろう?
ゴシップと教訓は違うぞ
遺族が止めてくれと言ってるのに
金の為に出版したんだろう

18 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:33:41.65
遺族が何をいうとか関係ないから
当人がやりたければやればいい
感情的にはともかく本来的には特に負い目はないはずだ

19 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:54:41.68
>>15
文学というのは、現実ではない。
加害者の手記もまた、現実ではない。

被害者が加害者の手記に不愉快な思いをするのは、現実ではないから。
加害者がただひたすら謝れば、少しは被害者の心も癒えるだろうが、その被害者の癒えた心もまた、現実ではない。

被害者の救いは、ただ忘れること。
二重三重に被害者を苦しめる加害者の行為は指弾されるべきだが、それも含めて、被害者であり、加害者であるということになる。

自分に引き寄せても、また、自身に似たような被害経験があったとしても、感情も発言も他人のものだ。
社会一般の感情としてしか当事者の心は推し量ることができないし、過剰な思い入れをすれば、逆にその人の傲慢さの表れとなる。

20 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 13:58:58.76
子供の論理かよ、呆れたw

21 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 14:05:28.15
>>20
では、君の大人の論理に期待しよう。

22 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 14:11:20.41
エログロナンセンスに意味なんかない
芸術家ぶるな

23 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 15:48:08.17
遺族の訴えは、言論の自由、表現の自由を侵害しかねない
濫りな行為である、という文化人はいないか。

24 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 17:48:57.55
「集団的自衛権を合憲とする」憲法学者は全員、日本会議関係者――シリーズ【草の根保守の蠢動 第9回】 http://t.co/QDWWN2I1kA

25 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 21:31:02.52
>>23
そこまでは言わないと思うけど、1997年の事件から18年経った訳だし、
少年法で守られているとはいえAZM慎一郎は刑期を終えて法的な禊は済ました訳だし、
いつまでも事件に蓋したままで、AZM自身が語る事件の経緯を棺桶まで持って行くのは勿体無いし、
AZM自身がなぜこうなったのか経緯を語るのを研究目的で読むのはそれはそれで意義があると思われる。

犯罪心理学的には相当有意義な研究書になる予感。

26 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 21:37:29.41
≫犯罪心理学的には相当有意義な研究書になる予感。

それはないだろうな。犯罪タレント本の一種だろう。
永山則夫や三浦和義の本などと似たものだ。

言論の自由・表現の自由と唱えている人は、
こういうときこそ何か言うべきだ、と嫌味を述べただけ。

27 :吾輩は名無しである:2015/06/12(金) 23:23:09.62
【悲報】「集団的自衛権は合憲」と主張する学者たち、日本会議関係者だった
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1434096544/

仏週刊誌「世界第3の経済大国日本は閣僚の4分の3が、歴史修正主義の極右団体、日本会議に属している 」
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1434110345/

「日本会議」の英語版Wikipediaがヤバすぎる 世界中に日本がカルト国家だとバレる
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1434113865/

28 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 13:14:43.99
>>23
いない。遺族にも言論の自由があって、両者の見解が対立しているだけ。
こういう対立があるということが、言論の自由があるということで、
言論の自由がないところの方がこういう対立は起きない。

29 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 13:29:44.87
>>23
自己矛盾してる質問だということに気がつかないのかな?
出版が言論の自由なら、その出版の差し止め訴訟を起こすのも訴訟の自由だ。
言論の自由は最大限認められるべきだから、差し止めにならないことを期待するが、被害者遺族の感情がどこまで社会的に保護する価値があるかどうかという判断になるのだろう。

30 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 14:18:37.57
矛盾してないさ。
「濫り」といったのは、濫訴だという批判はないか、
といったことを念頭に置いてだからな。

31 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 14:27:35.48
〈主張する権利又は法律関係が事実的,法律的根拠を欠くものであって,
そのことを知りながら,又は通常人であれば容易にそのことを知り得たといえるのに
あえて訴えを提起した〉

ようするに、書籍の出版について、こういった濫訴行為を世論が容認することは、
表現の自由を損ないかねない、というような意見、という主旨だからね。

32 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 14:30:06.13
ヘイトスピーチが権利の濫用でないというネトウヨにこの出版を否定するロジックはない

33 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 15:03:12.99
作品も一種の資産だろう。
本人がいなけりゃ資産は家族のもの。
本人の遺言でもあればとにかく、
家族がイヤと言うのを無理強いするのはどうかな。

34 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 15:10:08.63
それはいい考えだ。出版差し止め請求ではなく、
遺族は損害賠償請求の訴えを起こせばいい。
太田出版が潰れるくらいの金額、
数百億円くらい請求すればいい。

35 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 15:11:02.85
そのばあい、印紙代が高くなるから、募金を募る、と。

36 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 15:34:29.28
>>33
作品というのは、著作者のもの。
その作品の対象ととなる人がいても、その人にはなんの権利もない。

37 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 15:55:00.85
それは著作者人格権で、著作権じゃありません

38 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 16:01:35.08
>>37
著作権法を読んでから、書き込んでね。

39 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 16:03:07.28
そういや、「石に泳ぐ魚」のケースがあるから、
出版差し止め請求でもいいのかね。
しかし、はした金では、懲罰的な意義が乏しいから、
慰謝料は、せめて百億くらい請求すべきだな。

40 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:22:47.10
>>39
100億の請求だと、手数料が1400万。
完全勝訴の場合は相手に請求できるが部分勝訴の場合は一部自己負担。
敗訴の場合は全部自己負担、だそうだ。

ネタにマジレスしておくね。

41 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:27:33.37
35 名前:吾輩は名無しである :2015/06/13(土) 15:11:02.85
そのばあい、印紙代が高くなるから、募金を募る、と。

その点に関しては、すでに↑のように触れてあるが。

42 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:37:54.83
>>41
なるほど。
あくまで他人の金をあてにするのか。
それなら、慰謝料より募金額のほうが大きいな。

売名行為とか、募金目当てとか認定されると、訴訟が成り立つかな?

43 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:41:14.29
訴訟費用を超える金額については、
しかるべき団体等に寄付する、
ということでいいのではないか。
犯罪被害者を支援している団体等などかな。
まあ、たんなる思い付きだから。

44 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:44:12.00
>>43
どうせ被害者をからかうようなネタだもんな。
正義感ぶるやつはみんなそうだね。

45 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:50:11.08
べつにからかってはいないぞ。
じっさいに遺族の方が、訴訟にはすればいいと思うよ。
請求金額をどのくらいにするかは、
とうぜん当事者の判断だが、わたしとしては、
アメリカ並みに多いほうが良いと思う。

46 :吾輩は名無しである:2015/06/13(土) 20:53:02.99
「石に泳ぐ魚」の件では、原告が勝っているし。
今回のケースは、↑の事件よりも、悪質なようだから、
勝つ確率が非常に高いのではないだろうか。

47 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 09:44:31.75
>>46
モデルを誹謗するのと、犯人が自分の起こした事件について振り返るのでは、どこにも共通点はないだろ?
まして、事件は社会的に大きな問題になって、その犯人の心情を推し量ることで、こうした社会的な問題を解決する糸口にするべきだと考える人も多い。
作品の公共性という意味で、はじめから比較するような事例じゃないと思うよ?

48 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 12:15:35.41
誰か「絶歌」の三島について書いてある箇所を抜き出してくれないかな
とても興味ある

49 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 12:43:49.79
「『石に泳ぐ魚』事件」では、たとえ悪意性のない文学作品。芸術作品であっても、
人格権侵害が問題視され、けっきょくこのケースでは許されない、となったのじゃなかったかな。
ここでの問題の出版物は、文学性なんか、はなからない、たんなるスキャンダリズムにもとづくもので、
元犯罪者が過去の犯罪をネタにして金を儲けようとし、
出版社が営利目的でそれを後押しした、といったものだから、
おなじ出版物に拠る人格権侵害でも、被害甚大な上に、悪意性がはなはだしいだろう。

50 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 14:00:41.33
>>49
石に泳ぐ魚の二審の判決文を読んでみた。
最高裁では上告棄却なので、二審が確定判決ということになる。

モデルの父が韓国でスパイ容疑で逮捕されたことやモデルの顔に大きな腫瘍があることに対する表現が苛烈であることなどが、プライバシーの侵害や精神的苦痛を与えるとされている。

この基準から見ると、今回の手記は、被害者については公知の事実以上の内容はないだろうし、被害者に対する表現が被害者の名誉を傷つけるものになるとも思えない。
どういうところが被害者及び家族に対する回復不可能な人格権の侵害なのか、また、それが悪意のあるものであるのか、いまの段階ではまったく不明だし、手記に、公共的な要素がないとはいえない。

被害者家族にとっては思い出したくもないだろうが、犯罪者の心情を読み取ることに社会的な価値がないともいえないだろう。

51 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 14:13:21.82
悪意性というのは、故意性ということだ。

問題の猟奇殺人事件は、関係者に『石に泳ぐ魚』の比ではない精神的苦痛をもたらすものであって、
それををあらためて、営利目的の娯楽読み物をつうじて喧伝すること自体が、
重大至極な人格権侵害だろう。

52 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 18:19:08.17
>>51
作品であろうと手記であろうと、故意でなければ書きようがない。
すべての表現は悪意であり故意であると言うなら言ってもいいが、意味のあることとも思えない。

猟奇殺人が被害者遺族に施心的苦痛をもたらしたであろうことは論じるまでもないが、それを犯人が手記という形で公表したとしても、被害者家族の人権侵害に当たるとはとても思えない。
結果は死刑になったが、永山則夫のように、その手記の印税を被害者の遺族に提供するということで、二審で無期懲役とされた例もある。

被害者の家族が思い出したくもないのは当然だが、それなら被害者のいる事件の一切の報道が否定されることになる。
報道機関もまた、営利を目的とする側面は必ず持っているのだから。
犯人の心情をさまざまな方向から掘り下げていくのも報道だ。

53 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 18:52:46.56
手記「絶歌」土師淳君の遺族が太田出版に抗議文 全文

↑のビデオを視れば、いいのじゃないか。

ここでの悪意性・故意性というのは、
この抗議文にあるような人格権侵害の可能性を承知していながらの行為という性格、
となるだろう。
この事態は、報道出版をめぐる一般論には収められないだろう。

抗議文は、おそらく弁護士が書いたものだろう。被害者のお父さんは、お医者さんだそうだから、
このくらいの文はお書きになれるかもしれないけれど、弁護士のように思える。
まあ、裁判になれば、はっきりするのじゃないか。

54 :吾輩は名無しである:2015/06/15(月) 19:34:22.88
>>53
全文を読んだ。

ひとつずつの検討は避けるが、被害者家族はそっとしておいて欲しいということだし、犯人と出版社は利益と事件の社会性の両面で考えているのは明らかだ。
抗議をしたり裁判になれば、さらに反響は大きくなって、犯人と出版社にとっての利益につながってしまう。

出版を否定するのではなく、静かな公表を求める方が良かったと思うが。

55 :吾輩は名無しである:2015/06/16(火) 11:03:32.78
本屋のチェーンのひとつが販売しないことにしたらしいけど、理由がわからない、というか、本屋としての理念の解体だろうね。
被害者の感情に配慮すれば、次は政権の感情に配慮も出てくるだろう。
ファシズムとは、こうした小さな正義の感情の積み重ねから湧き出てくるものだ。

56 :吾輩は名無しである:2015/06/16(火) 21:30:08.02
広布に走れ
http://www.youtube.com/watch?v=TDjf0OrOfyM
http://www.youtube.com/watch?v=Aa7RwNItKqk
http://www.youtube.com/watch?v=TvV_CDaKBjs

一、
広き曠野に 我等は立てり
万里めざして 白馬も堂々
いざや征かなん 世紀の勇者
我と我が友よ 広布に走れ
二、
旭日に燃えたつ 凛々しきひとみ
慈悲と哲理の 地涌の誉れ
ああ革新の 英知は光る
我と我が友よ 広布に走れ
三、
今ほとばしる 大河の中に
語り尽くさなん 銀波をあびて
歴史を創るは この船たしか
我と我が友よ 広布に走れ
我と我が友よ 広布に走れ

創価学会池田大作会長 不滅の十万結集 男子部幹部会 昭和36年7月4日
http://www.youtube.com/watch?v=t6D9HbjiQS4

57 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 02:33:26.42
https://www.youtube.com/watch?v=oyzJ7yo2aTg
池田大作 キンマンコ発言

https://www.youtube.com/watch?v=oq-L121PtZo
【カルト】今、語られる創価学会の闇 1/2
https://www.youtube.com/watch?v=ewd7nf5div4
【カルト】今、語られる創価学会の闇 2/2



ネットに創価の状況は腐るほどあふれている。

自民党が権力維持するために創価公明を利用し、国土交通省のポストを創価公明に明け渡している
ことの非を我々は再度検討しなおさなければならないだろう。

58 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 18:29:59.05
【国際】ナショナリズム団体「日本会議」の危険性:エコノミスト紙や仏誌が相次いで指摘
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434452631/

59 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 20:34:09.39
佐川一政の手記などは本当に滅茶苦茶だったけれど遺族が騒がなかったようで
放任されていたような。
柳美里の場合は被害者が生きていたので訴訟できたけれど、
永山や酒鬼薔薇の被害者は殺されているので訴訟主体となり得ない。
三島由紀夫の遺族による『三島由紀夫−剣と寒紅』の出版差し止めは
書簡の無断引用だったので、土師淳君の遺族はこれに似たよう問題点を見つければ差止が可能なのかも知れない。

というか、たとえば中野女子高生殺人・コンクリ詰遺棄事件なんて
監禁から殺害に至るまでの経緯がぜんぶ週刊誌にすっぱ抜かれて
写真や実名まで公開されていたから酷いものです。

60 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 20:41:47.98
>>59
無自覚な同情と小さな正義がファシズムの温床、ということを忘れちゃいけない。

表現の自由の確保は、ファシズムに対する小さな抵抗だ。

61 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 20:50:52.42
さらに一歩進んで遺族が訴えないことを叩くやつが出てきそうなご時世だもんな

62 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 21:40:27.71
遺族が訴えるのは自由ですが、権利侵害の主体になるのは難しい。
柳美里や生者が相手だったから屠られたわけ。

63 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 22:18:34.06
豊饒の海4部作の最後『天人五衰』を読んでいる。古沢という大学生が言う。

「君は自殺を考えたことがあるかい?」
「僕は自殺する人間の衰えや弱さがきらいだ。でも一つだけ許せる種類の自殺がある。それは自己正当化の自殺だよ」

これを書き終えた後速攻で自殺した三島由紀夫ですが、この部分はどうなんでしょうか?
この先を読み進めて行きたいと想います。ではまた。

64 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 22:28:42.84
子供を殺された親は、事件の被害者だろう。
事件の被害者が、その殺人事件の加害者だった人物によって
精神的二次被害を受ければ、十分に権利侵害といえるのじゃないか。

65 :吾輩は名無しである:2015/06/17(水) 23:12:35.16
己に勝って下さい
権力者が弱い方につくことなどないのです
だから強くなければならないのです
あなたの大切なものを守れるように
どうぞ強くなって下さい
どんなに惨めな目にあっても苦しくとも
生き延びて下さい
辛かったね苦しいねこの世から消えたいね
そんな慰めなど言いますまい

66 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 08:23:09.00
三島を読んで思ったんだけど小説って文字が並んでる週刊現代だよな。文春でやっちゃうと駄作になるんだよ

67 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 09:06:57.43
>2015年6月25日号
>三島由紀夫 ユーミン 松本人志で読み解く「心の闇」

ttp://shukan.bunshun.jp/articles/-/5183

68 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 09:11:18.50
>>67
どうせ時間つかって読むならもっとまともなのを(笑

69 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 09:21:56.59
三島は文学治外法権主義者だった。

70 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 11:00:57.59
ズバリ言う。酒鬼薔薇聖斗は最期は三島由紀夫みたいに自己正当化して自殺すると思う。
彼の性的サディズムは治らない。今は理性でもって無意識の奥に圧し込めるのに成功しているが、
ふとした契機で、彼の攻撃的欲望は爆発し、理性と欲望が散々自己格闘した末、最期に自殺する。

71 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 11:02:48.46
>>70
妻と子供がいるという話が事実なら、その矛先は自分の家族に向けられる?

72 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 12:01:53.93
×最期に自殺する。

〇最後に自殺する。
〇最期は自殺する。

73 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 14:38:43.50
葛藤がなさそうだな。
生きるために本をだす(笑
クズだろ。
文学で語る話じゃない。
さうだな、出板ビジネス。

74 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 15:18:00.24

こういう書き飛ばし方のほうがクズ臭い。

75 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 15:29:48.18
しかし今回の出版事件が薬になるところもあるだろう。
この「ノンフィクション」と、お話自体は同種類といえるフィクションを
純文学です、といって賞などを安易に与える風潮は抑制されるかもしれない。
なにしろ、問題の出版物は、くだらないものかもしれないが、
たしかにホンモノではあるのだ。

76 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 15:44:05.61
なんだよ、ホンモノって
それになんの価値が

77 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 15:58:40.00
べつに特別な価値なんかないだろう。
しかし、ホンモノには真価がある、と思っている人たちも、
まだ少なからずいる。

78 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 16:04:59.64
たとえば、猟奇殺人事件が起こったら、
ニュースショーやワイドショーは、そのしゅの作品を書いた小説家などよりも、
この少年Aをコメンテーターとして呼べばいいのじゃないか。
航空機事故や兇悪犯罪事件に関して、ワイドショーなどが意見を求める相手は、
むかしは航空雑誌の編集長や推理作家だったりしたわけだが、
いまは、元パイロットや元捜査一課長になった。
猟奇事件に関しても同じく、「元プロ」に意見をきいたらいいだろう。

79 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 17:29:23.48
基地害の考え方を普及する必要なんぞはない。
人の殺し方をメディアにのせる必要もない。

未熟なお前らには悪い影響にか与えない

80 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 17:54:19.79
どうも、出版社が、世論の矛先を著者に向けさせて、
自分は免れようとしている感じがする。
いやらしいな。

81 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 18:13:29.69
>>80
法に抵触しないで売れそうなものなら、出版するのは普通に商売だろ?

82 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 18:23:25.51
世論が沸騰するのも、べつに普通のことだな。
そして、被害をこうむった、と認識する人たちが、
その相手を訴えるのも普通のことだ。

83 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 18:31:22.54
被害者の家族ということではないけど、三島がらみだと、「宴のあと」とか「剣と寒紅」かな?

84 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 21:43:48.03
「宴のあと」はプライバシー侵害で「剣と寒紅」は著作権侵害かな。
あとは車谷長吉が名誉棄損だったかな。

85 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 23:38:46.28
>>84
相手に出した手紙でも、出した本人に著作権というか公表権があるという判決には驚いたね。

86 :吾輩は名無しである:2015/06/18(木) 23:57:14.21
>>85
驚くなよw

87 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 08:20:01.31
>>85
ふつうに考えて当然でしょう(笑

88 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 10:33:41.77
>>87
ああ、現代の著作権概念だとそうなるのかな?

ただ、手紙が「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」であるとは思えなかったんだ。
なんでも書けば著作権が発生するという風潮があるように感じるけど、著作物というのはもう少し限定的であってもいいような気がするんだ。

私信が創作的な表現であるのは、ごくまれじゃないかと思うんだよね。

手紙とは別に一般的に見て、文芸でも学術でも美術でも音楽でも、たんなる模倣がものすごく多い。
創作的な表現と模倣の区別は難しいだろうが、もう少し厳格に扱うべきじゃないだろうか?

89 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 12:50:06.45
>>88
ドイツ法はそういう扱い

90 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 12:51:01.78
ってのはドイツでは手紙には基本的に著作権が成立しないって扱い。

91 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 13:10:54.84
>>90
ありがとう、知らなかった。

92 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 16:53:44.97
三島由紀夫リバイバルブーム来るで
天皇に関することはともかく改憲して自衛隊を国防軍に引き上げって言うのは
もう完全に三島由紀夫が言ってたことじゃねーか
当時はただの気違い扱いだったけどやっぱり東大とか出るやつの頭脳はやばいわw
三島ってただの作家扱いだけど別に法学者とかでも良かったんだよなこれ

93 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 17:19:54.10
>>92
サカキバラは殺人は性的快感を得ていた
ミシマは切腹に性的執着があった
いま改めて異常性欲者として光をあてるべき

94 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 17:46:50.48
【政治】安倍氏を支援する「日本会議」ってどんな存在?(c)2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434703497/

95 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 21:33:52.47
弘中 惇一郎(1945年10月16日 - )は、日本の弁護士。
元自由人権協会代表理事。東京大学法学部卒業(1968年)。
1967年(大学三年時)司法試験合格

96 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 22:00:18.95
最近の類似例だと佐野眞一が「週刊朝日」に連載した『ハシシタ 奴の本性』かな?
これは同和差別や橋下市長のプライバシーにかかわることだけど、
酒鬼薔薇本にはそんなところはないだろうな。
遺族が「やりきれない」というだけでは出版差し止めは難しいだろう。

97 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 22:00:46.82
>>92
三島とネトウヨや安倍ちゃんとはまた違うと思う。
三島の案は江藤淳に近い。

98 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 22:19:02.96
三島は、1944年10月1日、東京帝国大学法学部法律学科(独法)に入学(推薦入学)。

99 :吾輩は名無しである:2015/06/19(金) 22:40:01.95
戦前に東大に入った作家は、推薦入学者が多い。

100 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 02:28:34.75
>>92
法学部でだが法学者といえるようなことは何もしてない。
政治や政治思想についても専門的論文は皆無。
江藤淳の方が政治史で大きな仕事してる。

101 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 02:53:36.25
福島瑞穂

東京大学法学部卒業。大学受験時代は全国模試で1位を取ったこともある。

この人、三島と正反対のこといってんじゃねーか?

102 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 09:52:23.58
誰だよ江藤淳って(´・ω・`)

103 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 10:24:25.42
江藤淳を知りたいなら『閉ざされた言論空間』をお薦めする。

104 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 13:29:58.39
>>102
元祖電波右翼

105 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 14:04:40.97
>>104
そういうことは、バカか反日売国奴しか言わない

106 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 17:26:44.86
>>105
反日売国奴、なんて書いてる時点で、知的下層決定だな。

107 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 17:47:23.24
戦前の東大は、旧制高校が付属校になってるから、推薦というか、入学試験は学部の振り分けのためだったらしい。
戦時中は、まさに無試験で、学校推薦で学部も決められた。
なぜかその推薦元には学習院の高等科も入っていたそうだ。

108 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 18:25:33.52
>>106
こいつは反日売国奴決定(笑

109 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 18:28:15.67
>『閉ざされた言論空間』

怪電波www

110 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 18:30:13.27
閉ざされた言論空間wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

111 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 18:43:06.87
>>108
そんなに自分が知的下層だって、自己紹介したいのか?

112 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 20:59:37.37
>>109-110
読んだことが無いようだね(憐れ)

基本的には米国公文書館から抜き取ったGHQの対日政策に関する情報の羅列。
公式記録を抜き取って編集したものであり、江藤の個人的感想はあまり挟まない。
有名なWGIPは元は米国公文書館の記録であって、割合最初に紹介したのは江藤じゃないだろうか。
櫻井よしこや産経新聞らはずっと後だろう。

113 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 21:09:32.68
三島由紀夫は防衛施設庁附属自衛隊を国防軍にしたうえで
国防部門と国連部門に分離することを主張していた。

114 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 21:19:05.61
http://www.sankei.com/life/news/150608/lif1506080009-n1.html
GHQ工作 贖罪意識植え付け 中共の日本捕虜「洗脳」が原点 英公文書館所蔵の秘密文書で判明

ネトウヨの間じゃ有名だぜ、これ(笑

反日売国奴の情弱サヨクは知らなさそうなんで貼っといてやる。

w叩いてるやつ、反省しろよ。

115 :吾輩は名無しである:2015/06/20(土) 21:22:28.50
プッ

116 :名無し:2015/06/20(土) 21:22:42.86
三島は明治以降の天皇制を批判しただろ!長屋で伝統守ってる
変な人でいいんだとか?違うか?誰か答えて!

117 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 00:36:37.03
>>114
そんな文書があってもなくても、日本軍がやったことは、非難するほかはないことばかりだよ。
特攻という名の自爆攻撃、沖縄戦での自殺の強要、捕虜に対する残虐行為、自国民に対する徴用労働、自国民に対する徹底的な弾圧。
軍幹部によるによる慰安婦の人身売買の指示も、もちろんあった。

それを他国に指摘されるまで、自国民の自浄作用が働かなかったことが、もっとも日本人が自虐的に考えなきゃいけないことだ。

118 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 04:45:37.15
>>117
朝鮮人の理屈だな

119 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 08:38:18.83
>>112
GHQの対日政策で失われて困るようなものは一般の日本人にない
戦前の非民主的体制を懐かしんでいる右翼が憤慨しているだけ

120 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 08:58:07.38
>>114
このリンク先の電波新聞サイト開いたら
記事のカテゴリが【歴史戦】とかなってるのwwwww
で関連記事にGHQ、GHQってズラズラ並んでるのな
最高に受けるわwwww

121 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 11:05:23.39
>>120
お前がバカだから理解できないんだろ(笑 

122 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 11:06:03.83
>>119
心がまずしいんだね。何もないのか。

123 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 11:25:51.47
>>118>>122
情けない奴だなあw

自国の黒歴史を隠蔽するんじゃなくて、黒歴史に立ち向かって、はじめて立派な国になるんだよ。
日本も黒歴史に立ち向かっていたころは、経済も文化も豊かになって世界の先進国として自立し始めていた。

黒歴史を隠蔽しだした時に日本の没落が始まって、今では、先進国とは言えない貧しい国となって、世界からもアメリカの腰ぎんちゃく以上の評価はもらえなくなった。

124 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 11:31:05.45
>>122
心は豊かだよ
心が貧しいやつが権威にすがろうと国家主義に走るんだよ

125 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 12:26:08.91
>>123
だからその黒歴史はウソだってのが問題なんだろが(笑

WGIPの記事も読まなきゃそりゃわからんわな。
日本人が書いているんじゃなくて、GHQのデータがあり、こんどはイギリスでも証拠が見つかったって話だぞ。

お前は在日朝鮮人か?歴史を学んでいるか?
朝鮮の場合特に日本關係は嘘っぱちが多いんだぞ。
それに朝鮮は日本と戦ってなんぞはいない。朝鮮は日本だったの、知ってるか?(笑

>>124
言葉の意味がわかっているのか?



せっかく在日なのに自分で調べるやつがいないのな、朝鮮人って。だからバカよばわりされるんだよ。
崔洋一とか井筒和幸?なんかもそう。まあ、あいつらはわかってわざとウソついてるんだと思うけどな。

126 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 13:01:42.16
>>125
残念ながら、日本の黒歴史は事実だよ。

無政府主義者というだけでその子供まで惨殺して、共産主義者を虐殺した。
学生、生徒にいたるまで工場で働かせて、街での服装まで強制していた。

捕虜の虐待と虐殺については、外国軍による軍法会議でも裁かれているし、いまだに被害者からの謝罪要求もある。
慰安婦を一挙に何百人も集めさせた主計中尉は自慢話にしている。
もちろん、短時間で慰安婦を集めるには強い力を発揮するしかない。

誰も否定できないこうした黒歴史を無視することで、現状の貧しい日本を肯定する。
自分が所属する国を誇大に妄想することで、自分の貧しい心を支えようとしているだけだ。

127 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 13:09:44.60
韓国を代表する著名作家に三島由紀夫盗用疑惑 「憂国」と酷似、「韓国文学の恥辱」と告発記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000005-jct-soci
(朝鮮日報日本語版) 「『憂国』読んだことない」 申京淑氏が盗作疑惑を否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000810-chosun-kr

128 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 13:41:50.77
>>126
お前の書いたものが事実かどうか、どうやって立証するんだ?
朝鮮人の悪いところは、自分の政府を疑わないところ。
文句はつけるけれど、日本が悪いって言えばOKだと思っている。
バカだね。
現政権をみろ。あいつがやっている政治の一部が教育だぞ。誠実さのかけらもないようなやつが
仕切っている教育に都合の悪い事実を開示しよう、なんて誠実さがあると思っているのかよ?

都合が悪くなるとニホンガー、はもう聞き飽きた(笑
ウソにももうつきあわない。
国交断絶すべきだろう。

129 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 14:03:17.84
>>125
心がカラッポで貧しい人間、つまり実人生で不遇をかこつものが国家主義、権威主義に走ることは学問的に論証されている

130 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 14:07:23.64
【韓国】 三島由紀夫の『憂国』は、「読んだことない」 申京淑氏が盗作疑惑を否定 〜出版社「申氏の描写の方がより優位」[06/18]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434613744/
【パクリ】韓国を代表する女流作家、実は三島由紀夫を盗作していたことが判明し大騒ぎに [141789408]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1434848177/
韓国を代表する女流作家が三島由紀夫「憂国」を盗作か 韓国「悪臭を放つ韓国文学の恥」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1434860139/
韓国を代表する著名作家に三島由紀夫盗用疑惑 「憂国」と酷似、「韓国文学の恥辱」と告発記事
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1434793866/
【韓国】三島由紀夫『金閣寺』、人気作家の盗作騒ぎで注文急増[6/20]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1434770780/
【社会】韓国を代表する著名作家に三島由紀夫盗用疑惑 「憂国」と酷似、「韓国文学の恥辱」と告発記事
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1434723675/

131 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 15:46:13.95
>>129
学問?(笑

面白い妄想だな

132 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 15:53:54.19
>>131
君が無教養なだけ
まあネトウヨやってる時点でお察しだったが

133 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 15:54:14.44
>>128
甘粕正彦も小林多喜二も、大本や共産党に対するたび重なる弾圧も、生徒や学生に対する強制動員も、街を歩くときには国民服にしろと言って憲兵が一般国民を殴ったのも、日本国内で起きた歴史的な事実だぞ?
中曽根主計中尉の自慢話には、朝鮮人のことも入っているかも知れないが。
自分の妄想でしか事実を見ることができなくなってる君には、なにを言っても無駄かもしれないが、君のような連中が日本を敗戦に追い込んでいったんだろうな。

134 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 16:21:34.69
戦時中に国家に反逆すりゃ、毆られるなんぞはあたりまえ。

お前らすこしは歴史をまなべよ(笑

135 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 16:41:15.93
>>134
勝手に戦争をおこして殴られて当たり前
そういう国に戻りたくはありません

136 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 18:08:15.02
桜田門事件とか尾崎秀美やゾルゲの暗躍などあったからなあ、それを無視して政府側ばかり責めるのはフェアで無いでしょう
事実軍はゾルゲの狙い通り南進して敗戦

鹿鳴館。こういう欺瞞が日本人をだんだん
賢くして行くんだからな

隠すのだ。たぶらかすのだ。外国人たちを、世界中を。

外国人は莫迦ではない。莫迦ではないから
日本が負けたのだ。

137 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 18:40:05.99
三島が存命してた頃はまだ歴史問題とかは顕在化してなかったのかな?

慰安婦問題、南京大虐殺が出てきて問題になってる今
もし三島が生きていたら、どうしていたんだろう?

138 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 18:47:02.80
三島の事だから朝日新聞に乗り込んで
すめらみこといやさか、ぐらい言ったかもしれないね

139 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 19:28:04.44
>>137
仮に自国の歴史の過ちを三島が認められないのだとしたら三島は文学者として三流だな
嘘か真かノーベル賞候補とか片腹痛い話だ

140 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 21:03:05.31
>>134>>136
戦時中でも全然あたりまえじゃないと思うが?

ちなみに、大杉や小林の虐殺も大本の弾圧も戦争前だ。
共産党の弾圧は戦争前から戦時中までずっと続いた。
太宰治が共産党弾圧の一環で検挙されている。

歴史の事実関係すらまったく知らない君たちが、歴史の真偽を声高に叫んでいるのが滑稽だ。

自国民に対する圧政と弾圧は、ファシズムのもっとも顕著な特徴だ。

141 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 21:31:34.21
共産党は暴力革命目指していた過激派じゃん
大杉は無政府主義者だし大本も神道本流をないがしろにして
にらまれたんだろう、
ロシアの皇帝一家が革命でえらく残酷に殺されてた
吐き気がするくらい残酷な殺され方だったよ
毛沢東も知識人を子供に糾弾させて殺したし
尼港事件も赤色パルチザンに日本人は皆殺しされた
そりゃあ政府の態度も厳しくなる罠

142 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 21:38:20.76
自分だったら恥ずかしくて過激派や反政府主義者を
美化したり同情したりしようとは思わない

143 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 21:38:24.04
>>137
歴史問題なんて無かったよ
全て解決済みだから
そもそも韓国北朝鮮中国なんて
三流国家だから国際的に眼中になかったし
それぞれ国内問題で手一杯だったし
東西冷戦状態が硬直化していてそのグローバルな枠組みで
国際問題は発生してたから日本はかやの外だったし
対中韓問題なんて極東のローカル問題でアメリカの影に
隠れていればそれでよかった
全ての問題は日本が80年代に中韓に支援の手を伸ばしたところから始まり
90年代にヤツらは増長し、あの手この手で
国際的に日本を貶め始めた、というわけさ
恩を仇で返す恥知らずなヤツらなのさ

144 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 21:51:13.57
反政府活動したら弾圧されるのはあたりまえだろ
何のために国会や選挙があるんだよ
反抗がかっこいいって甘えてるんじゃないの?中二病?

145 :吾輩は名無しである:2015/06/21(日) 21:51:46.62
三島由紀夫曰く、在日はフィクションの上で存在する

146 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 00:14:25.43
>>141>>142>>144
明治維新を否定するなら、そういう考え方もあるだろうな。
明治政府は、過激派のテロと暴力革命としての内戦で成立した政権だということは忘れちゃいけない。

>>143
戦後賠償の代わりが、あの程度で済んでよかったということだろうな。
少なくとも、日本固有の国土が分割されることはなかった。

147 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 01:09:26.96
みしますれっていつもこんなんだな

148 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 06:16:28.27
幕府が外国に国土の永代使用を認めようとしたり会津がプロイセンに国土を担保に
金借りようとしてたのは無視会?
西郷なんかは寛大な処置をしてるけれど
それも無視会?
内戦に持ち込みたかったのは幕府側だよ
新政府側は逆に必要最小で済ませたかった
幕府側にも主戦派だけではなく
新政府側についた実力者は沢山いたけどね
物の見方が偏りすぎだね

149 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 06:33:56.72
ちなみに江戸時代は士農工商で国会も選挙も参政権もないからね

150 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 07:19:08.29
>>144
三島のことか
全くその通りだ

151 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 09:46:19.99
>>148>>149
またトンデモ歴史を真に受けてるんじゃない?

ちなみに、戦前も民主主義なんかじゃなかったよ?

152 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 10:16:07.07
過ちは過ちと認めてきちんと中韓に謝罪するそれが武士らしい態度だと思う
三島が生きていたらそう言うと思う

153 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 10:20:49.47
三島はネトウヨ思想とは違う。
ネトウヨは三島を祀り上げようとしても肩透かしを食らうから止めた方がいい。

154 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 12:21:14.56
>>144
>反政府活動したら弾圧されるのはあたりまえだろ

信じられないバカ発言

155 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 13:28:20.24
信じられないだろ?釣りかとおもうだろ?
でもネトウヨってそんなもんなんだぜ

156 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 13:52:18.10
共産党ってなんでも反対するけれど
代案は出さないしビジョンも無いよな
デモしてるのも年寄りばかり
メディアがちやほやするから勘違いする

157 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 14:15:32.89
大江は辺野古反対で頑張っているようだな
生きていたら三島も真性右翼として反対するだろう

158 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 14:25:06.27
頑張ってないよ、脱水症状でへたれたらしい、ポカリに塩飴にアイスノン常備しておきなよ爺様なら

159 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 16:12:33.54
大江とか寂聴とか、老体ががんばってるのに若い連中ときたらw

アリストテレスが指摘したとおり、政治は社会経験の少ない若者には無理、というのはほんとうだったな。

160 :吾輩は名無しである:2015/06/22(月) 22:03:00.24
大団円を迎えつつ本多が聡子のいる寺に向かう場面はそれ

までの三島にはない文体で書かれている。この対談は1986年鎌倉の澁澤の家で行なわれた。

澁澤と出口は旧制高校からの友達で仲の良い文学的技量のある友人同士で好きな作家につい

て語る素晴らしさがある。

  澁澤  あれで初めて、三島文学の中に<現実>が入ってきたんじゃないか。

  出口  あそこのとこはものすごく鮮明だね。

  澁澤  鮮明なんだよ。

  出口  車の窓が雨で曇っていたのが、あそこで急に晴れて、何もかもはっきり見えてきた

       みたいな感じで変に鮮明なんだ。

  澁澤  あれはだから、<現実>が入ってきたんだよ。

  出口  <現実>がね。

  澁澤  それまでは<観念>だったんだから。

  出口  それは何、『豊饒の海』の話?

  澁澤  『豊饒の海』の話。いや、というよりか。三島の全生涯において、あそこで初めて<現実>

      が・・・・・・・
http://ameblo.jp/poaa/entry-10009524663.html

161 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 01:56:01.93
円照寺、行ったなあ、10年前。門は開いていた。けれど、敷居を跨げなかった。
当時は尼寺とは知らなかったせいもあるけどね。

162 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 03:36:23.37
>>117
それがいい事ばかりじゃないんだよ。
占領軍の言論統制は。
はっきり言ってご都合主義的、

163 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 03:48:07.54
>>161
行ってないし、君も居ない。

164 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 11:38:19.55
記憶もなければ何もないところへ、自分は来てしまったと>>161は思った。
庭は夏の日ざかりの日を浴びてしんとしている。……

165 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 13:51:36.91
>>162
占領軍の言論統制とは関係なく、日本人が自浄しなければいけなかったということ。
マッカーサーを責任者とするGHQが、日本人に自らを省みるきっかけを与えてくれた。

近年、その自省を、自虐として否定する連中が多くなってきたのは、やはり日本人の弱さということだろう。
日々の学校教育の中で、自省することを忘れさせて、ただ自己肯定と勝利への執念を価値のあるものとしている。

自省のない自己肯定は、ただの自己満足だ。
スポーツの礼賛も、ただの勝利への執着に過ぎない。
ひたすら金儲けに走る資本家や経営者と同じように、手段を選ばずに勝てばいいというのがスポーツ界の現状でもある。

かつてのアメリカには、理想の社会を目指す姿勢があった。
以前の日本に、人の心があったのと同じように。

166 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 14:55:29.28
お人好しの日本人の自省に付け入る国も沢山居るのが事実
彼らの欲望を見抜きしたたかに弄ぶ位でないと生き馬の目を抜く国際社会で生きてはいけない
君主は愛されるのではなく恐れられよ
微笑みを与えても良い唯勘違いはさせるな
鞭を決して手放してはならぬ

167 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 14:58:20.71
大江はあいまいな日本の私でディーセントな寛容の精神を説いた
国際協調の観点から大事なことだよね

168 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:12:09.17
片方の手は握手をもう片方の手はナイフを
理想があっても良い現実を忘れなければ

169 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:20:04.94
少なくとも従軍慰安婦とか南京大虐殺のように事実レベルで言い逃れできないことについては謝っていかないとね

170 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:31:42.73
なら当時の外国軍にも謝ってもらわないとな、売春は良くない事だよ、女性の人権からして当然だな、強制連行が有ったと数を水増しして挺身隊を売春婦扱いしてた朝日新聞は許さないよ。アサヒグラフに挺身隊の文字は有ったんだ、知らない訳ない
故意に嘘をついたか?書いたのが外国人だったかのどちらかだ

171 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:36:03.84
>>170
軍による広義の強制性のもとに当人の意に反して売春を強いられたことが問題なんだ
朝日新聞なんてなんの関係も無い

172 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:42:11.45
軍は強制などしていないぞ、業者を使っただけだ。それが褒められる事とは言わない
契約による対価であるお金を受け取った以上強制とは言わないよ、業者に騙されて働いていた方もいたろう、だが売った業者や親の責任は?

173 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:43:59.97
まず広義の強制性のもとに慰安婦を募集した日本軍が一義的に責任を負う
当たり前の話だ

174 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:44:02.62
朝日に関係がない訳ない大々的に報道して国際問題にしたんだから

175 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:46:47.06
>>174
朝日は媒介に過ぎず事実が広まっただけ
当然世界的に問題にされるべきものが問題となっただけ
朝日がどうという話なら朝日は正しいいことをしただけ

176 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:48:14.57
募集に強制がある訳ない、軍が人間狩りでもやったとでも言うのか?
破格の待遇だった所もあるようだな
将校より高級取りの慰安婦が?

177 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:50:28.52
ベトナム戦争で村民をレイプして殺害、妊娠させた某国はベトナムに対して相応な賠償をしなければならないな
慰安婦問題で強制性があるというなら、慰安婦問題をアメリカに訴えている事を鑑みて、日韓米共同で元慰安婦に聞き取り調査すればいい
何故やらないのか?
不都合な事があるんだろうな

178 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 15:57:56.92
>>176
日本軍自体が全体のスキームを組んでその中において意図せざる立場におかれた不幸な女性がいた
これが広義の強制性だ
本当に恥ずべきことだ
日本人としては何の言い逃れもできない
真摯に謝罪していくしかない

179 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 16:03:40.68
なら君が賠償金を慰安婦に払えば良い
謝るという事は責任を取るという事だ
かつて日本は賠償金を払い手打ちにした
それで儲けた中間業者もいただろう
その結果永遠にたかられているのが現実だ

180 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 16:05:34.95
>>165
それは全然独立した話。

181 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 16:05:44.33
>>179
何をたかられている
何もたかられていないが
日本人は過去の過ちを真摯に反省しなければならばならないし
本当に反省しているなら当然に謝罪の気持ちがあるべきだが

182 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 17:08:13.64
>>166
自省ができない国民の心は貧しい。

他国の動向は関係がない。

183 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 17:20:47.54
>>179
事実としては、日本は賠償はしていない。
経済協力であったり基金の設立であったに過ぎない。

実質的に、などという言い訳をしてはいけない。
賠償という言葉を使いたくないなら、それは賠償ではない。
韓国もまたそれを受け入れたが、韓国政府が日本の謝罪の気持ちのない金を受け取っただけだから、韓国の国民からは、繰り返し謝罪要求が出てくる。

はじめから、賠償金である、という性格を明確にして条約を締結していれば、終わっている話だ。
安倍のように、一部の日本の政治家は、とにかく自己の正当性のみを言い張って絶対に謝ろうとしない。
それが、現在の日韓関係の混迷の元になっている。

184 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 17:37:27.13
韓国が受け入れたのならそれで手打ちだ
韓国は慰安婦に渡すべき金を経済の為に使った、それが揉め事の原因、金をどのように使うかは韓国の国内問題、日本に責任はない

185 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 17:56:09.05
日本サイドに真摯な反省の気持ちがないから拗れるんだよ
安倍談話とか何のつもりなんだろうか

186 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 19:20:13.30
韓国作家「憂国」の盗作認める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00000131-sph-soci

187 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 19:21:40.79
韓国の人気女流作家 三島由紀夫の「憂国」からの盗作認め謝罪、執筆活動の自粛を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150623-00000547-san-kr

188 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 21:40:07.66
自省自省言うがそもそも俺らがなんかしたのか?
今生きてる世代には開戦やらの罪はほぼ無いと思うんだが

189 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 21:52:19.39
僅かばかりの人が、謝れ謝れ、なんて言っているせいで、
やりにくくて仕方がない、というのが、商売している人たちの本音だろう。
日韓関係を悪化させようとする輩の企みじゃないのか。

190 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 21:56:03.66
たいていは、北朝鮮寄りの連中の情報工作が火種、
ということも、おおいに考えられる。

191 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 22:45:16.84
北朝鮮の拉致問題が取り上げられるようになってから慰安婦問題も騒がれている。
辻元清美なんか過去の発言をチェックしたら面白いかもしれないね

192 :吾輩は名無しである:2015/06/23(火) 23:01:19.09
【文芸】韓国の人気作家、三島由紀夫「憂国」からの盗作を認め謝罪 韓国内で波紋 [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1435053677/

193 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 06:36:11.71
韓国を代表する女性小説家、申京淑氏が1996年に発表した短編小説「伝説」に三島の「憂国」と酷似した部分があると指摘された問題で、韓国の文芸家の集まりである韓国作家会議と市民団体である文化連帯が23日、共同で緊急討論会を主催した。

文学評論家で慶煕大教授のイ・ミュンウォン氏は、「憂国」の「意識的で明白な盗作」と主張。
また2000年代における韓国文学の失敗原因のうち、多くの部分は文壇の権力化と批評的な審議基準の崩壊、読者の信頼喪失にあると分析した。 
中央大のオ・チャンウン教授は、大手出版社が連合し、韓国を代表する作家を育てなければならないという強迫観念を持ち、申京淑氏を批判せず、神聖視する風潮を作ったと指摘。また今回の問題について、「韓国の文学史的な事件としなければならない」と強調した。

194 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 07:54:09.62
>>140
はいはい、戦時中に国家反逆したらダメですね。

195 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 07:56:03.06
朝鮮人から反省なんて言われてもねえ…。

うそ捏造の反日教育はやめろよ

196 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 07:58:12.39
そもそも、日韓基本条約ですべて解決。

国際条約をないがしろにするのは、国家としてまともではない。

197 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 08:08:33.09
>>196
外交的解決と
日本人が心の奥底から反省をすること
は独立した事象であって
本当に反省あるなら反省は持続するはずだし
今も反省しているなら謝罪があってしかるべき

そういう人として当たり前の態度を拒否するバカがいるから
日韓関係が改善されない

198 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 09:44:04.58
>>197
こう言うバカがいるから朝鮮人が増長する、ってか君は朝鮮人か、あるいは反日賣國奴か

199 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 15:06:21.32
>>194
なぜ、戦時中に国家反逆したらだめなんだ?

ドイツにだってイタリアにだって、レジスタンスはいたんだぜ?

200 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 15:12:05.83
>>198
どうみても、バカそうなのは君の方だよ。

他人に害を加えたら、いくばくかの正当性があったとしても謝罪するのは当然だ。
国家としてきちんと謝罪したのは、村山内閣以降だな。

それを再び否定して謝罪を拒否するという、倫理のかけらもない振る舞いをしているのが安倍政権。

201 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 16:24:02.99
陛下を土下座させると言ったり
皇族のお姫様を慰安婦にすると言ったり
外国に慰安婦像立てて告げ口外交したり
中国と日本包囲網を形成しようとしたり
仏像盗んだり犯罪起こしたり
千年恨むと言ったりする民族とは
まともに取り合わず距離を置いた方がいいと思います

202 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 16:29:17.46
ちっせえことばっかりだな

203 :吾輩は名無しである 転載ダメ©2ch.net:2015/06/24(水) 17:10:25.05
三島由紀夫って検索すると由紀夫の生首出てくるんだけどどういうこと?
腹切り自決じゃないのか?

204 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 17:22:48.33
文章読本は面白いのかな

205 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 17:27:42.40
安倍は安倍談話の閣議決定をやめたそうだ
一定の成果はでたがもっと国民的圧力をかけて謝罪をするよう働きかけていきたい

206 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 17:54:41.78
ネトウヨの玩具スレに堕ちてしまった..

207 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 17:56:35.58
>>203
釣りかな?
釣りじゃなかったらそれを職場や学校や家庭で言ったら恥をかくから言わないようにね!
「介錯」でググってみてね

208 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 18:14:14.43
実際の政治を論じるってのは、内部に入ってみないとムリでしょう。
ほとんど情報を知っているはずがないんだから。
政治部の記者でも、特定の話題について、そのつど複数の人に聞いて大体同じならそうかな、と思える程度だと思う。
だから、安倍ちゃんがどういう紆餘曲折を経て結論を出しているか、斟酌しての政治談義は…(笑

それと三島の政治の理想、またはそれに類するものを、憶測で云々してもあまり意味がないだろう。

ここは三島の文学のスレ。あんまりつまんないレスばっかりつけるなよ、アホサヨ君

209 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 18:40:45.83
>>208
政治というのは、政治家の金の流れのことじゃないよ。
たしかに金の流れは、内部に入って見ないと実際のところはわからないから、推理小説のように利益を得るのは誰か、という方向から見るしかない。
だけど、オリンピック利権の金が森や安倍にどう流れているのか、なんてのは、政治的な課題というより権力と金の問題だ。

政治的な問題というのは、個別の政治家の問題ではなくて、どの集合に対して予算を使うか、その予算を集めるためにはどの集合から、どのようにして金を集めるか、ということが一義的だ。
その金の使い方と集め方を効率よく進めるために、一党独裁だったりファシズムだったりという強権政治となることもある。

三島の政治観は、天皇親政という国家運営を考慮しないもので、それはたんに文化的な価値観の表明であって、政治的な価値観ということではない。
だから、新左翼とも楽しく会話ができたし、政治家や自衛隊員からは無視された。

とはいえ、三島が死を賭けた以上、政治を語ることは三島がもっとも望むことであることも確かだろう。

210 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 18:45:18.54
>>209
金の流なんて書いてないだろ(笑

211 :吾輩は名無しである 転載ダメ©2ch.net:2015/06/24(水) 18:47:01.49
>>207
サンキューガッツ

212 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 18:55:18.90
>>208
安倍が足りない頭で何を考えているかというのはこの場合どうでもいい
大事なことはどういう行為がどういう意味を持つか
安倍談話が閣議決定されずにだされるということは
村山小泉談話を上書きして消し去る効力を持たないということ
安倍の歴史修正主義の野望は潰えたといえる

ただ私的談話といえど日本の首相が談話として謝罪をださないのはおかしな話なので
引き続きプレッシャーをかけていく必要がある

213 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 19:09:40.24
安倍は以前ブッシュに促されて、慰安婦問題を謝罪した。
だが、安倍の謝罪は表面だけの言葉であったために、自分が謝罪を表明したことすら忘れるという恥を世界に晒した。

その恥を取り返そうとしてか、今の安倍は必死にアメリカの要望を受け入れている。
米民主党政権は、慰安婦などの日韓問題にそれほど関心がないが、共和党政権は、日本が中韓に適切な戦後対応をすることを期待していた。

安倍がアジアに謝罪をすることが重要というより、自己正当化のための歴史の改竄とそれを糊塗するためのアメリカへの朝貢政治が問題だろう。
安倍の理想の政治形態はファシズムにあるように見えるし、そのファシズムを確立するためにアメリカの軍事的な支配下に入ることを選択しているように見える。

214 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 20:17:01.60
>>212
短慮だな

215 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 20:50:37.53
世界広布の歌
http://www.youtube.com/watch?v=NvuSF1QV8uE
http://www.youtube.com/watch?v=xMEj_FPqaE4
一、
見よ雄渾の気は満ちて
白雪輝くヒマラヤの嶺
歴史を刻む黄河の流れ
理想に燃えて我等征く
ああ 世界広布の意気高し

二、
若き理性の団結は
人類救う勝利の命綱(きずな)
正義の旗幟(はた)に力あり
第三文明打ち建てん
ああ 世界広布の時来たる

三、
学会健児の謳声(うたごえ)は
七つの海に轟き渡り
若き地涌の天翔ける
ともに讃えん平和境
ああ 世界広布の鐘は鳴る
ああ 世界広布の鐘は鳴る

追撃の手をゆるめるな
昭和33年4月3日本部幹部会豊島公会堂
http://www.youtube.com/watch?v=sTePdMTNrUE

216 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 21:20:04.48
豊饒の海4部作をやっと全部読み終えた・・・

けどスレが幼稚なネトウヨ共にこれ以上無いくらい汚されていて最悪だ!

217 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 21:30:02.45
https://www.youtube.com/watch?v=vYmKiuBG4Ik
創価学会 池田大作 1993年7月7日 糸満平和会館にて

池田大作が下品なことがよくわかる動画。

そして下卑た笑いは創価学会員のもの。

https://www.youtube.com/watch?v=BL6vN5LuR-8
P献金

公明党の政治家のP獻金

https://www.youtube.com/watch?v=M-d1g9DIDBM
創価学会は北朝鮮宗教である@(池田、公明党、韓国朝鮮人、オウム)
https://www.youtube.com/watch?v=Snc_P6aHxb0
創価学会は北朝鮮宗教であるA(池田、公明党、韓国朝鮮人、オウム)
https://www.youtube.com/watch?v=Zezc97_4k_k
創価学会は北朝鮮宗教であるB(池田、公明党、在日韓国・朝鮮人)

https://www.youtube.com/watch?v=RSbRyfBME0c
ソン・テジャク=池田大作、3色旗のルーツ、創価在日朝鮮人のルーツ

とんでものリチャード・コシミズ氏による創価学会の解説

218 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 21:50:02.77
駅中の書店で学生の時バイトしてたんだが
池田大作の人間革命を取り置き予約していた客が居たのだが入荷連絡しても電話に出ないで本を取りに来ない、段々書店の棚が一杯になって、えらく困った事が有った
卒業就職してバイトも辞めたが、最後まで埃被っていたあの本どうなったんだろうw

219 :吾輩は名無しである:2015/06/24(水) 23:14:27.83
>>216
感想はどう? 教えて

220 :名無し:2015/06/25(木) 00:23:29.60
KHKの三島特集見たら各作家、評論家が彼の思想は
結局ニヒリズムて言ってたな。
そこで天人五衰のラストが重要なわけだ。

221 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 08:07:46.04
NHKの三島の番組では、NHKの加賀美アナウンサーが最後にいった、虚無と最後まで戦った三島…
と言う論評が正鵠を射ていると思うな。

それにニヒリズムなんて言っていたか?

三島は今でも日本人に愛されている。
それは三島が明確な國體を認識し、それを最後まで護ろうとしたからに他ならない。

日本の國體を否定したんじゃなくて、國體の危機をなんとかしようとしたってことだ。
これは川端と同じ路線だ。

大江あたりと違って、彼らは日本を否定するような言動を吐いたりしないから好きだな(笑

自衛隊にダメを出したのは、否定じゃなくて、もっと強く成れって檄を飛ばしたに決まっている。

WGIPの議論がまり、GHQの日本弱体化政策が明るみに出て、三島の見解が実は正しかったって認識も
強くなっただろう。

まあ、反日の売国サヨクどもよ、ザマーミロってところ。

三島が政治家になっていればなあ…。

222 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 08:29:18.92
>>221
またまた国体とか電波とばすなって
お前顰蹙かってるzp

223 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 08:42:51.80
國體の意味、わかってるか?(笑

224 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 08:46:33.39
戦前日本を否定したら反日ってなんかの冗談かとおもったら本気なんだよなあ
こういう電波クンは

225 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 09:44:07.43
天皇は國體である
日本國民は祖國防衛の崇高な權利を有する

三島の憲法草案はこういうトーン

國體とか書いたら電波とか、無知な連中だな。
お前ら三島スレには不要だ。

反日売国の大江や春樹スレあたりに行けば?(笑

226 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 09:56:06.71
成りすましうざい

227 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 10:09:57.33
>>226
そのうえバカか(笑

228 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 11:20:49.93
森田必勝って何者なんだ?

229 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 11:24:59.40
小保方の先輩

230 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 11:37:40.05
>>225
ふむふむ。

とりあえず、「國體」ってなに?
天皇のこと?
天皇個人が國體なの?

それとも天皇独裁の政治のことをあるべき國體だと言ってるの?
三島は、そうだと思うけど、君も同じ?
今上は憲法遵守の平和主義者だから、他国での軍事力の行使には否定的だけど、祖國防衛の崇高な權利を放棄してると思うの?

ちなみに、君は旧字体を使いたがってるけど、漢字は日本固有の文化ではなくて、中国の文化だということは知ってるの?

231 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 12:06:31.30
>>230
ぐぐれかす

232 :216:2015/06/25(木) 12:15:31.32
>>219
起 1.【春の雪】美青年(松枝清顕)と美少女(綾倉聡子)の禁断の恋の破滅:滅びの美ver1.0

承 2.【奔馬】松枝清顕の生まれ変わりの美青年(飯沼勲)の純粋すぎた故の破滅(切腹):滅びの美ver1.1

転 3.【暁の寺】飯沼勲の生まれ変わりの美少女(月光姫)のあっけない破滅(ヘビ毒死):滅びの美ver1.2

結 4.【天人五衰】月光姫の生まれ変わりの美青年(安永透)の中途半端な破滅(自殺失敗):滅びの美ver1.3
→ 輪廻転生に疑問符 → 全ては虚無か..

【春の雪】〜【奔馬】までは結構同じ調子で、全盛期は過ぎたかと思われる三島由紀夫だが、そこそこ良かった。
【暁の寺】では、インド・タイに行って、人生観が変わってしまったのか、三島由紀夫が本格的に壊れていったかのよう。
内容も一番難解で、仏教研究者じゃないと理解不能な領域。四部作で一番人気が無いのも納得の出来。
【天人五衰】は自決を意識した文章があちこちに散らばっており、すっかり人生を達観。

仮に市谷駐屯地で自決パフォーマンスを披露してなかったら、三島由紀夫は長期低迷期に入ってたんじゃないかと思う。
作家として若い頃のキレ味を保てなくなってきていて、老いを感じ始めた三島は、醜い部分を曝すくらいなら
最期に一発デカいパフォーマンスをブチかまして壮大に散って行けば老醜を曝さず、自分の作品は半永久に美しいまま・・
そんなことを考えていたんじゃないだろうか・・

233 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 12:52:05.39
>>231
尻尾巻いて逃げ出すの?

234 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 12:57:38.09
結局、国体、なんてのは自分の都合のいい思い込みに過ぎないからな。
自分の能力のなさを、日本だとか天皇だとかを至上の価値に設定することで誤魔化してるだけだね。
実体のない日本という概念だとか、天皇という根拠のない価値だとかに自分を同化させる。
三島も、自分の小説の価値を自分で認められない気の毒な知識人ということだろう。

235 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 14:08:29.81
此の国も嫌、自国の歴史も無意味、
なら7月も近いし、此の国から消えたら?

236 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 14:13:48.91
>>233
バカを相手にしてもねえ…(笑

思想が貧しいやつってつまんないしな。
せめてねっとでもいいからしっかり勉強してからこいよ。
そしたら愚問は吐かなくなるんだから。

237 :219:2015/06/25(木) 15:26:57.85
>>232
そうですか。因みにちょうど十年前「豊饒の海」を読了した後、気が狂ってしまった。
一過性ではあったが精神疾患持ちになった(三島の病気と同じ)。
それから円照寺に行ったし、憂国忌にも行くようになった。自分はワグネリアンなのだが、
三島のどの文献を探してもワーグナーの一言が出てこない、三島にワーグナーの影を感じていたからね。
と思ったら数年前の憂国忌が「三島由紀夫と愛の死」がテーマとして新聞の5段広告にあったので行った
(「愛の死」はトリスタンとイゾルデね)。
日本人には「3」という数字が馴染み深いが「豊饒の海」は4部作。絶対に
「ニーベルングの指環」が絡んでいるだろうと。読みは正しかった。
「指環」はワーグナーの最後のオペラではないけれど、集大成。三島の「豊饒の海」は、
やはりどう考えても遺書がわりなんだと思う。
自分にとっては非常に危うい作品だし(美しすぎて〜死に直面しすぎて、の振り幅がある)、
再び読めばまた頭がおかしくなるに決まってるから読まないけど、
今後いつか自分に死の予感が出ることがあったら、もう一度読もうかと思っているよ。

238 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 15:37:18.42
>>236
キミの貧しい心の埋め合わせなんだろ?国体()は

239 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 15:56:43.47
胎嚢が確認出来た、嬉しいな、幸せだ
胚盤胞も2つ冷凍出来た、諦めないで良かった、痛かったし辛かったけれど、
この子の未来がより良いものになるよう
努力しよう

240 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 16:08:59.78
せめて辞書くらいは読めよ

241 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 16:15:18.76
アンケートには、好きな音楽家はワグナーだ、と三島は答えている。
憂国忌に行ったのならば、会場には「トリスタンとイゾルデ」の前奏曲が流れていたはずだ。

242 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 16:16:11.38
漫画の様に楽に採卵出来るなら良いのにね
毎日注射打たれて、夜中に注射打ちに行って、全身麻酔して、子宮に針を刺す、痛いよ、貼り薬に、座薬を1日3回打つんだ、
毎日毎日、お腹が膨れて苦しくなることも
あったし、副作用で呼吸も辛かった、
それでも何度か流れたっけ、辛かった、
でも良いのです、幸せだ。

243 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 16:24:52.07
三島は同性愛者でワーグナーもそう
母の気持ちなど理解できないだろう

244 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 16:44:34.78
ワグナーは女好きではないか。指揮者の妻を奪ったくらいだから。
三島も、実像は女好きだっただろう。
ホモのほうは、たいして好きでもないが、芸術家らしく見られたい。とか、
「仮面の告白」のころからのファンの期待に応える(つまりセールスのための演技)
などのために、一応ひととおりやってみた、ということにすぎないだろう。
これは、野坂昭如の分析だが、わたしは信用している。

245 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 17:25:12.98
架空の恋人、架空の家族、さも存在するかの様に、見せつけて、人を笑った
採卵がどんなに辛い事かも知らずに
漫画で茶化した、残念だったな
必ず産んでやる、偽りの美と下らないプライドにまみれてずっと1人でいるが良い

246 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 18:45:22.54
>>235
自国の歴史を改竄するのは、たしかに嫌だな。

自国の悪を認めずに、国体だの愛国だのを語るのは、とても滑稽だよ。

247 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 18:47:24.42
>>237
三島の病気って、なに?

248 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 18:59:50.64
>>240
国体のこと言ってるの?

国体を語りたければ、辞書やwikiより、吉本隆明の『共同幻想論』を学ぶ必要があるんじゃない?
『共同幻想論』を理解せずに、国体や国家を語っても惨めだよ。

三島の政治行動の惨めさと貧しさも、共同幻想と自分の距離が測れていないところにあったし、自殺の原因を『共同幻想論』に求めてもあながち考えすぎではないかも知れないよ。

249 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:02:42.55
滑稽だろうが何だろうが、私はこのどうしようもない日本を愛しているよ、
君はこの世のどこにも無い理想の国に行けばいい、誰に笑われようとも馬鹿にされようとも、私はこの国を愛しているよ、
胸を張って言える。

250 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:05:14.10
左翼の目的は、共同体や家族の破壊、
日本の弱体化だからね

251 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:13:34.12
>>249
自民党のいいお得意さんだね

252 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:13:56.41
震災の時、命懸けで突入した自衛隊や消防
この国はまだまだ捨てたものではないと思った、世の中を唾棄し拗ねるのは簡単だ
誰からも感謝されなくても、立派な人間は沢山いる、淡々と自分の役割を果たし誇らない人を沢山見て来た、だから私は日本人が下らないとは言わない

253 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:36:52.60
バカじゃないの(笑
吉本の前から國體って概念は存在してるんでね。
読書域が根本的に間違ってるな。

254 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:43:31.42
>>249
国を愛してるって真面目に思ってるなら、それは自己愛の代理に過ぎないよ。
つまり、たんなる自己中心主義者ということ。
愛国者に犯罪者が多いのはそのせいだろう。

>>252
世の中を唾棄もしないし拗ねてもいないから、安倍の日本の歴史の改竄を許せないんだよ。
なにより、日本人の誰かが優れているからといって、君が自慢することではない。
それは君ではないのだから。

255 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 19:46:07.37
>>253
その国体を分析したのが、『共同幻想論』だよ。
国体などという概念が、まさに幻想だということを解明してる。

256 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:32:02.24
どんなことに関しても、「〜は幻想だ」というのは、
どんなことに関しても「〜現実だ」というのと同じくらいは、正解だろう。
というわけで、南京虐殺も、朝鮮人強制連行も、原爆投下も、「幻想」だった、でいいのじゃないか。
ちなみに、吉本とも対談したボードリヤールは、「湾岸戦争は起こらなかった」という本を書いている。

257 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:39:27.02
何故、愛国心が罪になるんだ?
日本人には国を愛する事は許されないのか?おかしくないか?疑問にも思わないのか?国際情勢が変化しているのに終戦のママの原理主義でやっていけるとでも?
日々働き国を支えている人間も幻想か?
人間が生きるのは社会の利益の為に存在する事だ。

258 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:46:00.48
>>247
躁鬱

259 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:46:20.25
醜悪な現実に対する夢の世界から挑戦というのが「豊饒の海」のライトモチーフです。

260 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:52:16.52
全ては幻想だと諦めていたら何事も成し遂げられないだろう。
大理石にノミを振るわなければ女神の像が出現する事はあり得ない。

261 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:53:52.39
では、何事も現実だ、といえばういいだろう。
したがって、国体も現実。

262 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 20:58:30.38
幻は少しはあった方が良いかもしれないがな、蜃気楼でも、水が有ると思えば人は砂漠でも歩く事が出来るからな

263 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 21:10:16.49
戦前の国体は「朕は国家なり」だから「天皇」という実体がちゃんとある。
国家というのはそういうものです。
超越的な地点に「理念」を据えるからおかしくなる。
理念というのは統治上の基準でしかないの。

264 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 21:50:52.93
>>257
愛国心が戦争を生む。
愛国とは他国に対する軽蔑と敵視だ。

国家のシステムは、合理的でなければならない。
そのシステムをどの集合のために構築するか、ということが問われているのであって、愛国者の妄想のために構築すればシステム自体が崩壊する。
先の大戦でそれは証明されている。

人は、自分の生活のために様々な関係の中で生きる。
その関係を、個人の妄想で歪めてはならない。

265 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 22:00:38.20
>>263
天皇を実体とするなら、それはたんなる独裁だ。
ヒトラーと変わるところはない。
帝国憲法にそうある以上、そうした面をすべて否定はできないとしても、日本の支配構造は少し違う面も持っていた。

ファシズムの独伊と同様に、財閥と支配者が結びついていたのは確かだが、天皇は直接財閥との関係を築いていたともいえない。
財閥と政権・軍は直接つながっていたが、天皇は、その政権・軍の統帥者として間接的に財閥とつながっていたに過ぎない。
そこが独伊的ファシズムとの違いとしてあらわれた。

266 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 22:04:18.10
愛国が無ければシステムも無いよ、
君は知らない他人や外人の為に死ねるのか?人間がシステムだけで動くと本気で思っているのかい?甘いよ
腹を痛めて、苦労して育てて、それでも
老人ホームで死に目に会わない人間もいるのに?甘すぎるお話にならない

267 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 22:28:26.92
263さんが、「実体的でなければならぬ」というのは、
理念的なレベルへの媒介項は、現身(うつしみ)である必要がある、
ということだろう。
キリスト教的に言えば、「神霊の受肉」ということではないか。

268 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 23:46:36.74
>>266
日本人であろうと他人は他人だ。
家族でもないし友人でもない。
たまたま同じ法のもとに生活をしているに過ぎない。

まして、日本人だからという理由で無関係な他人のために死ぬことはない。
家族と他人の区別がつかない君のような感じ方を幻想だといっている。

そして、愛国者というのは、他人を自分の妄想に巻き込みたがるという自己愛的異常性を持っている。

269 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 23:55:33.16
>>258
三島が躁鬱症と指摘する人は結構いるけど、なにが根拠なんだろう?

270 :吾輩は名無しである:2015/06/25(木) 23:56:24.53
三島はコント作家だからな。
『豊饒の海』なんて最後のオチで読ませるわけで、
オチまで我慢して下さいという小説だ。
やはり三島は本質的に短編作家だ。
『百万円煎餅』『雨のなかの噴水』はうまい小説だよ。

271 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 00:32:09.15
自己愛が異常とは、自分を大切に出来ない人間は他人も大切に出来ないよ。
君パートナー居ないだろう?取り巻きだけだろうな、きっと。

272 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 00:36:09.44
>>269
ベートーヴェンもゴッホもチャーチルも漱石もナポレオンもヘミングウェイも…。
ほかにも著名人ではそれこそたくさんいるだろう。
薬がなかった頃のそういう人たちは精神医学の学術的にも躁鬱と定義づけられるらしい。
ソースは知らない。が、指摘する人がいる以上そうだと考えるのが安全。
ナポレオンが2時間とか3時間しか眠らなかったのは極度の躁状態と考えられるしね。
躁鬱を世に知らしめたのは北杜夫。何しろ自分が精神科医だし薬も自分で選んで飲んでた。

ちなみにジャンヌ・ダルクは典型的な分裂症。

273 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 00:51:06.55
>>271
自己愛というのは、これのことな。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%84%9B%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

274 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 00:52:16.91
国や愛国者に嫉妬して頑なに呪いや否定の
言葉しか吐かない君は醜いよ
もっとお洒落して外で恋人でも作りなよ
人間の生殖年齢は短いんだよ

275 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 01:08:06.04
国の否定即ち社会の否定だ。
子供を産むのも他人様の手を煩わせて生まれてくる。自分一人で大きくなったような
顔をして、傲慢すぎる。死んだ後も、他人様の手は煩わすんだ、社会の恩恵を受けておきながらそれを否定するとは恐れ入る。

276 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 02:35:42.53
>>268
だからこの世代は問題を先送りして若い世代に問題を押し付けるんだろうな
自分の事・自分たちの世代が良ければいいんだろう

277 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 07:07:16.38
>>274
自称愛国者なんて軽蔑してるわ
自己の空虚感の穴埋めで愛国やってるくせに
他人を売国だの反日だの罵って悦にいってるんだから

278 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 07:22:02.00
>>275
俺様は愛国者だ!とか鼻高々なバカがいるが
自然に、普通にしていて一定程度の愛というか好感は人は社会にたいしてもつ
それがあるから社会がまわっている

ただ当然にそれは無際限な愛の対象ではないし、おかしな動きがあれば当然に批判もでる
いまどきの経済衰退にともなう社会の劣化、それにより不満または空虚を抱えた人間が
権威主義的パーソナリティをもち愛国だの外国人排斥にはしる社会は多くの人が憂慮している

また国と社会は違い
国は国体()または政府を指すとおもわれるがそんなものは愛の対象ではない

279 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 07:25:16.60
愛国は普通の感覚、ってのが世界の常識。こんなのを議論にするなんてのがオバカ。

GHQの洗脳に気づきもしないで偉そうなゴタクは笑止

280 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 07:34:43.83
>>279
世界にでて愛国は普通の感覚なんていったら笑われるぜ
さすがもと全体主義の国の人間だとしか思われず恥をさらすことになるだけ

281 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 08:28:09.78
おまえらな、思想版にでも池やw三島文学を語れw

282 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 11:58:40.23
>>281
三島さんのせいですからw

283 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 12:01:39.34
>>274
なんで、安倍に代表される愛国者が美しいと思えるのかな?
その美意識には驚愕するしかないな。

自分の利益の追求のために、自分の目論見を愛国という言葉にくるんで自己正当化を図り、相手を威嚇する。
暴力団と変わらない。
それが醜くないという感性は、到底理解できない。

国、というのは、ある人にとってはたんに行政や政権のことだし、ある人にとっては憲法に代表される法制度のことだ。
また、ある人にとっては国土であり、そこに住む住民のこととなる。
これを混同させるのが、愛国詐欺ということだ。

君が、自分では無意識に混同しているのか、意識的に混同させようとしている安倍政権擁護の詐欺師であるのかは知らない。
前者であれば、愚かさという美を持っていることになるが、後者であれば、三島がもっとも嫌った醜い政治的な策謀に過ぎない。

284 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 12:22:36.38
>>283
美意識の問題であれば、
どんな倒錯もあり得るのではないかと。
政治的リアリズムに照らし合わせて考えるならば優劣は出てくると思うが。

285 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 13:00:34.46
>>276
そうして、世代論で一般国民への不利益を糊塗しようとする愛国者は、間違いなく詐欺師だな。
教育、福祉政策の大幅後退は、安部自民政権の資本家優遇策の結果に過ぎない。

株価を上昇させ、法人税を下げるために、消費税を上げて、教育、福祉予算を下げた。
そういう政権を選んだ国民の愚かさをそのまま利用して、年代論に誘導して批判が政権に向かうことを避けようとしているだけだ。

286 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 13:07:42.90
>>279
両親はそれぞれ違う国に生まれ、自分が生まれた国と育った国が違う。
欧米では、それがすでにあたりまえの状況だ。
国が境界ではなく、戒律が境界である人々も非常に多い。

世界には、愛国が入り込む隙間は、あまりなさそうだ。

287 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 13:20:02.36
>>284
そうだね。
美意識というのは、非常に個人的であると同時に、大きく社会的な制限が被せられている。
そのどちらも自覚することができなければ、美意識は、ただ自分の優越感情に掉さすことになる。

その優越感情の歪んだ根拠を、実体としての市民社会から遊離された国家という幻想に求めたがる人間がいることはいる。

288 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 14:33:43.46
氏より育ち

289 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 16:28:42.47
>>285
安倍政権以前からの問題だろーが
馬鹿かこのジジイは

290 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 17:38:46.06
>>289
安倍と同じ清和会の小泉からだな。
岸派の流れをくむ清和会だが、もともと、経済的にはアメリカに完全従属することを前提にした愛国路線という、わけのわからない理念の派閥だ。

小泉は公務員改革という名目をつけて、郵政民営化など、アメリカの年次要望の骨格を実現した。
安倍は、その骨格に肉付けすべく、TPPの締結に血道をあげている。
官僚の協力を得るために、公務員改革は全面撤退だ。

教育・福祉政策の縮小、削減は、日米の資本家に国民の利益を渡すための大きな柱だ。
医療の自由化では、TPPの主要課題であるアメリカの保険会社の収益確保に道筋をつけようとしている。
アメリカに保険の権益を提供する日本の保険企業に対する見返りとして、地震保険料の大幅な引き上げを提供することにした。

国債の日銀買取や消費増税も同じだが、日米資本家への利益の拡大の財源を、国民生活の水準低下に求めるという、反国民的な経済政策を仕上げているのが安倍政権だ。
小泉は、日米資本家への利益提供の財源を、公務員改革という、国家機構の縮小を含めた国民生活の水準低下に求めたが、安倍は極めて直接的に国民生活の水準低下のみにその財源を求めている。

291 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 17:50:33.30
どーでもいいレスが続くとウザイな。

292 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 20:02:26.54
んだな

293 :名無し:2015/06/26(金) 23:03:42.75
三島は対談で明治以前の天皇制にしろ、て言ってなかったか?
乞食文化人みたいな天皇へ。つまり日本文化の象徴が政治に利用された、てな。
今多いウヨ的見方のやつって三島思想とズレがあるぞ。
あと三島はバイだな。以前ホモ達の暴露本出たな。
あと女関係の本も。

294 :吾輩は名無しである:2015/06/26(金) 23:47:39.94
まあ、反日売国奴のサヨクの遠ぼえも、あまり聞かなくなるんだろうなあ、そろそろ。
今のうちだぞ。反日売国奴。

そういや、南から帰ってこいよ、って言われてるらしいじゃん。在日朝鮮人。
心の祖国の危機らしいぞ。さっさと帰れよ。

295 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 01:06:04.44
反日ってより心の底から信用出来ないんだよな。
愛国しても反日しても無反応じゃん。

296 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 01:59:19.61
>>293
国と民族の非分離の象徴
文化にはテロリズムも含まれる
ってんだから政治とは分離できない。

297 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 07:27:22.79
>>294
>南から帰ってこいよ、って言われてるらしいじゃん。在日朝鮮人。

ネトウヨって心底バカだよな
そんなこと言われてるわけないじゃん
ネットのデマで情強気取りですか
自国語がしゃべれない人間が帰ってきたって扱いにこまるだろ
在日コリアンの人については大江の言うようにディーセントな寛容の精神で
日本社会が包摂していくしかないんだよ

298 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 09:46:56.61
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=20440
「在外選挙」政策討論会…参加促進へ制度改善急務

撒き餌をはじめたみたいだけど、ガセなの、これ?(笑

299 :名無し:2015/06/27(土) 09:58:09.65
三島の本質はウヨでもサヨでもない。
芸術至上主義。ある意味アナキーだ。
それを知らない、ウヨ・サヨ多数。
本を読めば分かることだが。

300 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 10:14:36.08
サヨじゃないだろう、いくらなんでも。

英靈の声とか防衞論読んでないのか?

301 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 10:16:20.91
>>300
少なくともお前みたいなネトウヨは嫌悪するだろうから安心しろ

302 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 10:51:44.75
>>300
日本語読めないのか、おまえは。

303 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 11:23:04.19
ネトウヨってどんな定義なんだ?(笑

言葉に流される阿呆ども

304 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 11:24:07.73
なんか、三島を読みもしない連中が跋扈してるな。

305 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 11:57:34.44
んだんだ

306 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 12:55:24.44
金閣寺って実話なの?

307 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 12:55:28.53
>>299
三島は226事件の将校に同調してるけど、農本主義には冷たいしね。
万葉集に対する嗜好も、保田與重郎あたりとは違って、上流階級の方に寄り添ってる。
戦前右翼の中にいたらかなり浮いたはず。

308 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 12:55:30.00
>>299
三島は226事件の将校に同調してるけど、農本主義には冷たいしね。
万葉集に対する嗜好も、保田與重郎あたりとは違って、上流階級の方に寄り添ってる。
戦前右翼の中にいたらかなり浮いたはず。

309 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 12:59:57.49
>>306
エロス加味部分が三島の独創。
ほかは事実に近くモデル小説と言っていい。

310 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 13:17:03.82
>>309
ほーん

311 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 13:40:24.26
389 名前:名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2015/06/27(土) 13:38:42.71 ID:msCaq75f0
報道の自由ってそんなに大切なものなのかね
戦前の日本はそんなものなくても立派に国は繁栄したし
それどころか新聞条例とかでちゃんと政府批判を取り締まってる。
むしろそっちの方が国家運営の観点からは良いんじゃないの
報道の自由なんて所詮GHQが日本弱体化のために作ったものでしかないでしょ

312 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 13:50:49.66
>>311
先進国は報道の自由を大切にしてるな。

実は、報道の自由というのは、資本主義の根幹なんだ。
資本を集中するためには、自由な言論で幅の広い需要を作り出す必要がある。
資本主義社会では、とくに体制批判的な言論の自由と、それを拡散する報道の自由を確保することが、新たな需要と資本の集積につながる。

313 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 13:53:11.05
>>311
これは三島とは相容れない考え方。
三島は天皇制のもとでは
無秩序な報道を含む一種のアナーキズムが、
テロリズム同様容認されると考えていた。
宴のあと事件でもこれは芸術の問題であり法の問題ではないと主張してた。これは言論の自由過激派宣言。

314 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 14:41:36.92
長文兄貴いすぎやろ(困惑)

315 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 14:44:43.20
自分のエクリチュールを制禦することも知らぬ痴れ者たちの廁ですから

316 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 15:35:51.44
【政治】自民党が勉強会代表の木原稔青年局長を更迭へ 党幹部「世が世なら切腹」★2
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435386810/

317 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 16:11:12.10
ケンモーにも由紀夫スレ立ってるよ

318 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 19:14:13.18
そもそもケンモーってなんなんだ?
ヒョッコリ現れたイメージなんだけど

319 :吾輩は名無しである:2015/06/27(土) 20:06:14.39
>>314>>315
親分に怒られたんだから、少し謹慎しとけ。

320 :名無し:2015/06/27(土) 23:52:18.37
>エロス加味部分が三島の独創。
ほかは事実に近くモデル小説と言っていい。
〜実際は違う。犯人は自顕示欲の強い俗物だ。三島は芸術論に変更創作した。
三島て本質はアナキーなんだけどウヨ信者て理解してないんだよな。
これが三島思想の悲劇。

321 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 03:14:45.34
>>319
ここにはこういうわけわかんないこと書くひとがいるよね(笑

322 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 07:49:45.77
駐屯地になぐりこむんだからテロリストだよな三島は

323 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 07:52:22.53
>322でも殺せばよかったのに

324 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 10:40:05.70
533 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2015/06/28(日) 10:38:47.90 ID:3GFz48uG0 [2/2]
はっきり言って俺に言わせれば、民主主義なんてクソくらえだねwwww
今の国会のバカみたいな、あげあ足取り見て確信した

今の日本に必要なのは独裁政権です、
いま世界では、欧米のような民主主義国家は衰退してるのが現実だ

特に中共のような独裁国家に対抗できるのは、独裁国家だけだよ
よって日本も選挙制度を廃止して独裁国家になるべき

そう「国益は人命より重い」のだ

325 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 11:11:31.89
トップに立つのが賢人なら、独裁が特に悪いわけじゃない、ってのがプラトンのときから言われていること。

わが国の最高権威は天皇陛下だけど、権力とかけ離れてしまっているからなあ…。

権力は臣民の間での生臭で、入れ替わるけど、権威は皇統で2675年の歴史を持つ。
まあ、外国を日本から排除しておくのは、生臭な権力の仕事だな。

326 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 11:22:53.36
>>325
また電波ファンタジーが始まったかw

327 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 13:26:58.77
>>326
バカの一つ覚えか(笑

328 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 13:44:03.30
>>327
皇国史観()が馬鹿の一つ覚えなんだからしょうがないだろw

329 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 13:55:26.99
バカは日本の史学会

330 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 14:01:54.96
憲法学会もさぞや馬鹿なんでしょうなあ
ネトウヨに言わせたらw

331 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 15:42:35.21
男一匹が命を懸けて話してるんだから聞いてやれよ

332 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 17:34:26.82
憲法学者の仕事は何か?⇒GHQの押附け憲法をどうごまかして現実を違憲じゃないと言うか、に腐心する連中が主流。
百地章らがいれば、あとは不要なんでクズかごへ!

わが国の國史の考え方は、基本的に西欧とは異る。
神代と人の代がつながっている、と考えるわけだ。こんなことを考えるのは世界広しと言えども日本だけなんで、
当然西欧のものさしは使えない。今の史學會は視野狭窄の西欧かぶれ。
神話は歴史ではない、と言うのは正しいんだけれど、正確に言うと、西欧の神話は西欧の歴史ではない、ってことであって、
わが国の場合は國史=神話+人の世の歴史、と考えなければならない。
これは、そのように、長い間国民によって信じられてきたことだ。事実はどうだったか、白黒つけられる証拠なんぞはない
だろう。國民がそれを國史として受け入れてきた、ってことが重要だ。受け入れてきた、ってことは、そこから派生する文化
が、その妥當性を示している。事実かどうかはわからないが、それを妥当だと思うのは論理的には問題がない。
初代の天皇は神武天皇で、神武天皇は天照大神の子孫であり、代125代の今上陛下の祖先でもあらせられる。
それが万世一系。そして、仁徳天皇の「民のかまど」の逸話は、昔から日本式の、西欧とは異った「民主」の主義が、
仁徳天皇によって行われていた、と言う意味で、日本の文化の素リらしさを裏附ける。
源氏物語が本当に女性によって書かれたことに疑問が呈されたりするけれど、これも事実関係はわからない。しかし、
女性が物語を書く、と言うことは、少なくとも荒唐無稽な話ではなかった、とは考えられるだろう。
そううけとられ、國民はみんなそれを事実として信じてきたわけだから。
いにしへ、女流作家なんぞはギリシャにいたかどうかってレベルであって、しかも西欧の場合は敍事詩や敍情詩のように、
単純に物語として読むなんて、現代に近い読みかたなんぞはされていない。シェークスピアは源氏の半世紀もあとの、しかも、
これも演劇のためのシナリオだから、純粋な読み物、物語にはまだ遠い。
日本の文化を西欧のものさしでは計れないってことは明白だろう。日本の文化は唯一無二なわけ。
日本の文化は学べば学ぶほど、その独自性に驚かざるをえない。
まあ、こういうことは日本人として常識的な認識だね。

333 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 18:08:46.95
>>332
>長い間国民によって信じられてきた

はいダウト

334 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 18:26:32.44
ギリシャ悲劇やシェイクスピアのような普遍的な人間の条件を表現したものと並べたら源氏物語なんて所詮だよ
まあこいつどうせ源氏物語も、引き合いに出している他のも読んでないだろ

335 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 19:22:41.23
所詮かよ(笑 日本人じゃないな、お前

336 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 19:34:23.75
皇国史観なんてのは明治政府が作り出した付け焼刃の捏造だから
国民は今誰も信じていない
GHQ洗脳()とかいうがそれが本当に古来より民衆に信じられ続けてきたのなら
そんなにホイホイと洗脳されたりするわけもない
そもそも話は逆で大日本帝国洗脳がとかれたというのが実態だな

337 :名無し:2015/06/28(日) 19:48:10.50
だいたい江戸時代の大衆にとっては天皇て何て状態だからな。
石原は天皇いらない発言してるしな。言っておくが俺はサヨでも朝鮮人でもないぞ!
三島は日本文化の伝統を考えて天皇を出したのだろう。

338 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 20:19:38.05
言っとくけど三行以上は読まれないからな

339 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 20:37:36.15
江戸時代な、まあ庶民はおまえらとおんなじで、皇統なんぞを考えることはなかったろう。
でも皇統は連綿と続いて、今や皇紀2675年だ(笑

たとえおバカなクズにでも、我らが天皇陛下の恩恵は洽く日本全土にいきわたるわけだ。ありがたいことではないか。

340 :吾輩は名無しである:2015/06/28(日) 22:53:51.26
>>325
戦国大名も善政を敷けば、領民に慕われ『名君』
悪政を敷けば『暴君』
独裁者の評価は権力の使い方次第で変わるな

341 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 00:06:20.44
憲法の話について、ほかのスレで面白い見かたが紹介されてた。

日本では、勝者によって描かれた歴史を見直せという主張が絶えず噴出している。
しかし、むしろ不思議なのはそのような主張がどうしても勝てないということなのである。
戦後日本の憲法、特に戦争放棄を掲げた第九条が占領軍によって押し付けられたことは明らかである。
だが、そうなら、なぜそれを改定しなかったのだろうか。
先ず、この憲法を強制したアメリカ自体、中国での革命と朝鮮戦争という切迫した状態のなかで、日本に再軍備を要求してきたのである。
ところが、日本政府はそれを拒否した。
それは安全保障をアメリカに任せて日本は経済再建に専念しようという宰相吉田茂の高等な戦略があったから、ではない。
憲法第九条の改訂が国民の圧倒的多数によって拒否されることが明瞭だったからである。
その結果、日本政府は(防衛のみに限定されると称して)自衛隊を作り、事実上なし崩しに憲法の解釈を変えてきたが、いまだ選挙において、憲法改正を公然と主張することはできない。
激しい拒否に会うことが明白だからだ。

342 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 00:06:47.01
一方、平和憲法が左翼のプロパガンダのせいだといわれるが、これも的外れである。
マルクス主義者が軍備放棄の政策をとることはありそうもない。
たとえば、共産党は戦後日本をアメリカに植民地的に従属しているとみなし、民族独立の軍事闘争を主張した。
一般的にいって、戦後左翼はブルジョア国家の軍には反対したが、人民軍は肯定したのである。
それは新左翼派の多くにおいても同じであった。
総体的に、戦後左翼は第九条を保持したというより、それを利用しようとしただけである。
それさえいっておけば、選挙において一定程度保守派に対抗できたからである。
したがって、第九条が存続してきたのは、左翼のイデオロギーが支配的だったからではない。
その逆に、目本の左翼もまた、第九条を支える「何ものか」に支配されてきたのである。

(柄谷行人『ネーションと美学』2005年)

343 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 00:09:23.57
>>339
逆だろ?
天皇は1000年以上も民衆に支えられてきたんだから、日本全土の民衆の恩恵に感謝するのは天皇のほうだろ?

344 :名無し:2015/06/29(月) 00:18:29.82
江戸時代は天皇は京都御所だろう。江戸時代の大衆
はたいして天皇を意識してない。歴史を調べろ。

345 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 00:27:11.40
人間が人間にイジメられてかわいそう(>_<)

346 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 04:50:32.70
>>341
>憲法第九条の改訂が国民の圧倒的多数によって拒否されることが明瞭だったからである。

それが明瞭かどうか、議論が分れる所だと思うが、拒否する国民が多いのがなぜか、は明瞭である。
それが、GHQが実施した日本弱体化政策の一つWGIP(要するに戦争の罪惡感を日本人だけに押し附ける洗脳)だ。

そもそも、大東亞戰爭終結まで、世界のあらゆる戦争で、戦争犯罪、なんて概念自体がなかった。
まず、戦争は軍人兵士のすることだから、非戰闘員は無関係。
(*)戦争の雰囲気が広まり、戦争準備⇒宣戦布告⇒開戦⇒戦争状態⇒どちらかが
敗色濃厚で敗戦を決意し相手に通達⇒戦後処理(敗者が賠償金を支払う・領土を割讓する、などの条約等締結)
⇒ノーサイド⇒平和が訪れる⇒…平和状態…⇒(*)
戦争にもルールはあった。それがハーグ陸戰法規。
戦争はテロと違う。戦争は国家間の紛争解決の手段だから、両国は戦争をすることを納得しているわけだ。国家として
恥ずかしくない体裁を整えなければならん。兵士にはおそろいの制服を着せる。それが軍服だ。単純に考えても、
衣料関連産業が好景気になるのはわかるだろう。それを特需、戦争特需と言ったりする。
なぜ軍服を兵士に着せなければならないか?それは默視で遠目にも兵士とわかる格好をすることで、非戰闘員と区別
するためだ。だから、兵士が軍服を脱いで逃げるなんてのはルール違反のわけ。所が支那はそういうことがよく起こった。
いわば、軍人兵士が非戰闘員になって潜伏するわけだ。それはテロリストと同じなのが分るだろう。見分けがつかないわけだ。
まあ、こんな感じだから、まさか、東條元内閣総理大臣だって、東京裁判のリンチにかけられるなんて予想しなかっただろう。

東京裁判と言う、裁判に値しないリンチのほか、西尾幹二氏の発掘している焚書など、微に入り細を穿つ体の日本弱体化
が行われたが、例えば、NHKのラジオ番組「眞相はかうだ」と言う、日本の軍人悪者説、のうそ捏造によるプロパガンダがある。
これが、戦後日本全体に、世界の非常識を植えつけるWGIPだったわけだ。軍人が悪い事をしたが、一般国民はむしろ
戦争被害者、と言う内容だ。これは支那が「今でも」日本に対して使っている論法なのがわかるだろう。

347 :346:2015/06/29(月) 05:16:58.31
http://www.sankei.com/life/news/150608/lif1506080009-n1.html
GHQ工作 贖罪意識植え付け 中共の日本捕虜「洗脳」が原点 英公文書館所蔵の秘密文書で判明

この産経の記事を読むと、日本共産党が支那の共産党と協力し、「戦争終了後に」GHQが、日本兵の捕虜に対して、
「わたしは悪うございました」と思わせる洗脳教育を行った「事実」が、アメリカだけでなく、イギリスの公文書館にて
明らかにされた。共産党の野坂参三がGHQに協力して日本人の洗脳工作に加担していたわけだ。

柄谷ふぜいの言説にまどわされてはいけませんね(笑 苦情の会の連中も柄谷と同工異曲の存在です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%B8%B0%E9%82%84%E8%80%85%E9%80%A3%E7%B5%A1%E4%BC%9A
中国帰還者連絡会

>上記の活動について『撫順戦犯管理所に抑留された旧日本軍将兵が中国側に洗脳されたもの』と主張するものもいる[1]。

ウィキには、まるで必ずしも事実ではないかのように記述されていますね。おそらくは歴史の教科書なども似たような
ものでしょう。アメリカやイギリスでさえ、事実は公開されているわけですが、日本人には「いまだに」このWGIPの洗脳が
解けていない人がいる、しかも「大勢」いる、と言うことが明らかでしょう。

広島の原爆の碑に、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と書かれていますが、これもWGIPの成果だ、
と言うことがわかりますね。広島長崎の原爆投下が、アメリカによる原爆の人体実験だったと青山繁晴氏は指摘していますが、
原爆の過ちの責任が、まるで日本人のような書き方をしているでしょう。この文言は書きなおすべきだと思います。

上掲の産経新聞の関連記事にも興味深い内容が書かれています。そちらもぜひ読んでみてください。

348 :346:2015/06/29(月) 05:39:04.38
大東亞戰爭、という言葉は、閣議決定された正式な言葉です。これをGHQが使用禁止にしたので、いまだにマスメディア
や学校教育では使用されていないでしょう。なぜ、GHQはこの言葉を使用禁止にしたのでしょう?

https://www.youtube.com/watch?v=yww9m7wl_FU
東條首相演説 昭和16年12月16日 Asia & Pacific theatre of World War U

https://www.youtube.com/watch?v=2BHJ9NrD5JI
大東亜会議「光は東方より」昭和18年11月 Asia & Pacific theatre of World War U
https://www.youtube.com/watch?v=qte7I_bhxPk
大東亜会議「大東亜共同宣言」昭和18年11月 Asia & Pacific theatre of World War U
https://www.youtube.com/watch?v=Y6o9xUX5h-w
大東亜会議「大東亜結集国民大会」昭和18年11月 Asia & Pacific theatre of World War U

これは、東京裁判ではA級戰犯として処刑されてしまった、稀代の悪人(笑 東條英機元内閣総理大臣が音頭を取って
おこなわれた、大東亞会議の模樣です。このころにはすでに、日本独自の「アジアサミット」が行われていたわけです。

東條元首相の発言に耳をかたむけてください。かれは大東亞戰爭を、まさに「聖戰」と考えていたことが明白でしょう。
日本はアジアを開放することを、明確に自己認識した上で戦争をしていたわけです。

これはGHQにとっては都合が悪い言葉でしょう。だから大東亞なんて言葉を日本人に使わせないようにしたわけですね。

349 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 07:28:58.23
>>339
天皇の恩恵など受けてないわ
庶民の暮らしは厳しいのに皇室贅沢しすぎだろ
朕は鱈腹食ってるぞか?

350 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 07:34:57.17
>>346
一般の日本人は戦争に罪悪感など持っていないぞ
なぜなら軍部、大日本帝国に押し付けられた戦争だからだ、一般人は被害者だ
ただし他国の戦争被害者には、自分たちは関係ないと不誠実な態度はとれないので
彼らの被害者感情に寄り添おうとしているだけだ
庶民が誠意ある態度をとろうとしているのに軍属の末裔が罪悪を忘れて戦争犯罪者肯定に走るのには呆れるしかない

351 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 07:37:34.06
>>348
戦争犯罪者目線で戦争を肯定するような用語法を
戦争に巻きこまれ苦しんだ一般庶民が否定するのはまったく自然で洗脳と関係ない
戦争犯罪者にNOを突きつけているだけだ

352 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 09:55:20.16
>>349
>>350
>>351

な、洗脳って根深いだろ(笑

353 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 10:00:45.97
お前がカルト右翼に洗脳されているとしか思えないがw

354 :名無し:2015/06/29(月) 11:04:19.79
馬鹿サヨも馬鹿ウヨもアホらしい。
朝鮮に洗脳されたサヨ、日本の権力に洗脳されたウヨども。
反権力の江戸時代の庶民の方がまともだな。

355 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 11:16:12.46
日本がアジアを解放した!って解放したのになんで日本の領土になってるんだよタコw

356 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 12:11:58.48
ひさしぶりにスレ覗いたら平常運転だった

357 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 13:24:48.06
>>339
秋篠宮の年収(自由に使える金額)は税金から支払われる額で4500万円
それと別途で佳子に年額1000万私的に使用できる金額が支払われている
民衆の恩恵を存分に受けて焼け太る皇族というのが実際の有り様だ

358 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 13:31:44.71
>>346-348

政治的な意図を持った調というの査は、調査の名に値しない。
意図に適うものだけを取り上げて、意図に反するものは無視するから。
プロパガンダとは、捏造だけではなく、意図的な偏執からも生まれる。

そもそも、戦争で街を破壊し、人を殺すことを、ただ正義だと思い込まされた国民が、まさに洗脳されたとしか言いようがない。
別に日本人だけではないが、政権の権益を拡大するための敵を作る「正義」こそ、洗脳の結果ということだ。
安倍が戦争をしたがるのは、自分が代表している企業群が戦争によって利益を得ると思っているからだ。

そして君は、なぜそんなに戦争が好きなんだ?

359 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 13:32:58.03
>>352
君が根深く洗脳されていることは、確かだw

360 :346:2015/06/29(月) 15:07:46.25
https://ja.wikipedia.org/wiki/ABCD%E5%8C%85%E5%9B%B2%E7%B6%B2
ABCD包囲網

大東亞戰爭開戰時、世界は歴史上帝國主義時代と言われる時代だった。劣った国、黄色人種の遅れた国と
思われていたわが國が、アジアでは唯一、この帝國主義と言う狼の搾取から逃れるため、自らを狼の群れに放り込み、
自らを狼としたのは、それ以外に狼達に食い尽くされないための手段がなかったわけで、やむを得なかったと思う。

まあ、主戰論が主流となって開戦に至ったわけだが、現在と全く同じく、無論戦争反対の声をあげるものもいたわけだ。
しかし、戦争をすると決まった時に足を引っ張るようなマネは許されるものではない。
戦争が始まった時点で、戦争を回避する勢力は敗北したと言っていいだろう。

開戦に至った原因を、日本の帝國主義の野望(笑 とか言う反日売国奴の言い分はさておくとして、最も影響が大きかった
のは上掲のABCD包圍網、つまりは、経済的な競争者たちによる、わが國への追い込みだ。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1951-60/1951_makasa_shogen.html
マッカーサー「自衛戦争」証言1951/05 アメリカ上院軍事外交合同委員会

マッカーサー自身がひどい武将だったってことはともかく、日本の状況を彼なりに把握はできているようだ。

日本は大きな戦争で初めて敗北を喫したけれど、日本の戦争が聖戰であったことは、世界の中でのその後の
アジアの歩が、はっきりと証明しているわけだ。

したがって、結論として、我々は先人の戦った大東亞戰爭は必要であり、やむをえなかった、と考えるべきであり、
敗戦の結果の不当リンチは受け入れざるをえなかったが、いまだにごろごろしている洗脳されたものたちをしっかり
再教育して、まともな日本人として更正させるべきだろう。まあ、日本語の達者な在日外国人はその限でないが。

361 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 15:11:54.54
>>316
朝日新聞の方が信用できない
国民は自衛隊や自民党国会議員より
朝日新聞の方が信用できません

362 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 16:04:12.99
>>360
だからそのABCD包囲網がなんでしかれたんだ
自ら狼になるもやむをえないwとやらの狼の牙がむき出しだったからだろタコ

363 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 16:46:28.65
>>360
大東亜戦争というのは、その字義通り、日本がアジアを侵略したのが始まりであることは確かだな。
聖戦だから正しい戦争だ、という主張は「イスラム国」と同じだね?
自爆攻撃を多用する軍事作戦もよく似てる。

もちろん、大東亜戦争が大日本帝国の野望であったことは間違いない。
それを否定するのは、むしろ右翼に対する誹謗というべきだね。

ところで、君はなんでそんなに戦争が好きなの?
安倍政権が戦争好きだから、政権を応援してるの?

364 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 17:17:08.08
>>362
>>363

データで裏付できないと、こういう斷末摩の悲鳴を叫び出すわけだ。
まあ、解釈は自由なんだから、あとは勝手にほざいてろよ(笑

365 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 17:26:31.76
>>364
お前が妄言をほざいてるんだろ

366 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 17:28:39.11
http://www.sankei.com/life/news/150629/lif1506290022-n1.html
ヘンリー・S・ストークス(1)日本は白人支配からアジアを解放した

367 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 17:31:23.84
電波新聞貼られましてもwww

368 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 18:28:45.75
バカじゃないの?(笑 

369 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 18:34:35.75
だからアジア解放戦争で解放したはずの国がチャッカリ日本の領土になっているのは何故か答えろよw

370 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 19:08:22.58
>>364
大日本帝国が大東亜共栄圏を主張して、東亜を侵略した事実を否定するの?
日本軍と「イスラム国」が同じことをやってる、という指摘には答えられないの?
君がなぜ戦争が好きなのか聞いてるのに、それには答えられないの?

他人の言葉の丸写しじゃなくて自分で考えなきゃならなくなると、逃げだすの?
戦争で人を殺したり、街を破壊したりする妄想は好きでも、物事を考えることは苦手なの?

安倍政権のネトサポのレベルはその程度、ということなのかな?

371 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 20:52:44.21
>>369
歴史の本でも読めよ

>>370
侵略なんぞはしていない。

テロと戦争は違う。上記のレスを読んでわからなければ、君もバカ認定。

戦争が好き?(笑 誇大妄想癖だな。






まあ、>369や>370は反日売国奴のままでいいや。外国のクッションにもなるしな。

そのまま洗脳されてろよ。

372 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 21:39:59.06
>>371
他国に武力展開して、その地域を支配するのは侵略だよ。
それが侵略じゃないというなら、中国が日本に軍事侵攻しても侵略じゃないことになるな。

テロではだめだけど、戦争なら民間人を虐殺することも正しい、ということになるのかな?
同じ自爆攻撃でも、テロはだめだけど、戦争ならいい、というのはどういう理由なのかな?

君が戦争は好きじゃないなら、反戦思想の持ち主なの?
そこははっきりさせないとね。

ちなみに、平和条約を締結している中国を敵とみなすなら、安保条約を締結してるアメリカのことも信用できないということになるよ?
中国が攻めてくる、というのは被害妄想だし、被害妄想というのは自分が偉いという誇大妄想から起きるんだよ?

373 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 23:07:52.91
三島ぁウィンブルドン見てるかー?

374 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 23:13:06.46
>>372
多国に武力展開して、と言うけれど、日清日露あたりから、支那がどのように列強に侵略されていたかをまず知ることだな。
そんなに簡單な状況じゃないとおもうぞ。あちこち列強が虫食い状態なのと、支那の国土がどこからどこか、毛澤東を
はじめとする軍閥は領土をどう考えていたか。
そして世界中が日本の行動に君のするような異を唱えていたのではない、ってことを理解しないとね。
東京裁判が事後法で裁いているからダメってのは知っているだろうけど、君もその考え方をしているんじゃないの?

戦争に関してはわざわざ軍服の話を書いているだろう?

武器商人じゃあるまいし、戦争は普通きらいなもんだろう?(笑

ちなみに、は論理が間違っている。前後でつながる必然性はないな。

支那はミサイルを日本に向けているのも知らないのかな?

いちおう、お返しを書いてあげたけど、せめて書いたものをしっかり読んで、わからなきゃ自分で調べてくれないとねえ…。

くれぐれも、今まで自分が得た知識を疑って見る必要がある、ってのが言いたい事なんで、別に言い合いしてねじふせたい
とか思っているわけじゃないから、間違えないでほしいね。

洗脳されているかもしれない、って考えるのは、かなりいい思考実験だよ。戦後70年、日本人はほとんど洗脳されている
ことが明らかになった。昭和20年前後に一人前の意識を持っていたのは、今75から80くらい以上のじいさんばあさん。
それ以下はすべて學校教育も含めて、洗脳されたわけだ。これは日本人全体の試練だ。
思想ではない。単なる自国への嫌惡を植えつけられた哀れな国民が日本人、ってことだ。
疑問に思わなければそれはしょうがない。だけど、疑問に思ったら事実を調べろ。みんなそうやって覚醒してきたわけだ。
日本だけ?おかしいんじゃないの?って疑問は誰でも持つはずだ。なら、前に進むべきころだろう、今は。

375 :吾輩は名無しである:2015/06/29(月) 23:36:07.90
>>374
他国の状況をどう見ようと、他国は他国。
他国に軍事展開したことは間違いないのだから、それは侵略。
集団的自衛権で他国に軍事展開しても憲法違反にならない、という考え方と同じで、日本の侵略を否定するのは、安倍や君の独自の考えだね。

軍服を着ていれば、民間人を虐殺して、自爆攻撃をすることは正しいことだと思うのかどうかを問うている。
話を逸らしちゃいけない。

戦争を否定するなら、反戦思想ということになる。
それなら、反戦のための言動でなければ、自己矛盾を犯していることになる。
君は、日本の戦争は正義の戦争だという戦争礼賛のレスを繰り返している。

平和条約も安保条約もどちらも条約だ。
片方を信用せずに片方を信用するというのは、被害妄想か誇大妄想だ。

ミサイルがどこを向いているかなど、軍事機密だろうし、なにより、可変的なものだ。
政治的な意図を持った情報や誰かの思いつきの軍事機密などを真に受ける君の精神こそ、まさに洗脳されているということだ。

「くれぐれも、今まで自分が得た知識を疑って見る」必要があるのは、もちろん君のほうだ。
偏狭な情報に振り回されている君自身のレスを読み返してみるといい。

自省のない政権は同じ過ちを繰り返す。
それは前に進むのではなく、後ろに下がるということだ。
他国に謝りたくないから事実を否定する、という矮小な心が、国民を死に追いやり、国家の破綻をもたらす。

376 :名無し:2015/06/30(火) 01:18:31.75
だいたい日本が他国に行ったのが間違い。
ウヨもサヨもねえよ。あと他国の人間を入れるのも間違い。
文化が違う。これでウヨとサヨの理論が崩壊した。

377 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 02:06:10.21
憲法改正して、軍事費を削減、
これでいいだろう。
たとえば、中共への備え、というのなら、戦車なんかたいしていらない。
陸自の戦車部隊、あれは、ソ連への備えだった。
ついでに、もしも核武装すれば、軍事費を減らせる、というのならば、
そうすればよい。

378 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 04:16:44.66
>>375
正当防衛で殺人しても殺人は殺人、と言うのは子供の理屈だね。

民間人を殺してなんていないし、殺したとすればそれはルール違反で軍法会議にかけられているはず。
日本は支那やアメリカのように野蠻ではない。

所謂反戰思想ってのは苦情贊成派。

AならB,って論理の真理値表を調べてみろ

ミサイルの配置情報は信じないのはお前の勝手だが、それは危機管理を理會していない子供の理屈

褊狹?(笑 

まあ、もうちっと常識を身に附けろよ。

379 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 07:27:12.44
>>378
なんで日本の領土にしたのに侵略じゃないの?ねえねえw

380 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 07:39:05.70
>>374
だれも自国を嫌悪などしていないよ
自国の歴史にマズイ面もあったという当たり前のことを理解しているだけだよ
そこの認識違いがきみら歴史修正主義者のボタンの掛け違いの第一歩だよ

日本人の洗脳が解けていない?
あの戦争が正義の戦争だなんて血迷った話が一般に受け入れられないだけ
外国の国についてはもちろん日本人にも災禍をもたらしたどこにも肯定する要素がないものだよ

大体きみが調べろ調べろという書物は歴史修正主義の視点から書かれた
歴史学的に相手にされないような書物だろ
それを読んで洗脳が解けたってきみはおもうだろうが
それは逆できみが洗脳されたわけ

381 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 07:49:36.23
>>380
>外国の国についてはもちろん日本人にも災禍をもたらしたどこにも肯定する要素がないものだよ

こういうのが自虐史観
歴史も満足に勉強してないな。

正当防衛で殺人しても殺人は殺人、と言うのは子供の理屈だね。
この意味をよく考えること。

わかったらレスしろよ、めんどうくさい。

382 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 07:49:55.28
>>378
>民間人を殺してなんていないし、殺したとすればそれはルール違反で軍法会議にかけられているはず。

はず?
民間人を殺しても裁かれないデタラメ軍隊が日本軍だろ

383 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 08:16:03.43
殉国憲兵の遺書なんか読むと微罪や無実でも報復裁判で処刑されている軍人が多い事が分かるよ。彼らの国を思いつつ死ななければならない無念を後世の人間に託す言葉を思い出すと背筋が伸びるね

384 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 10:53:43.94
>>378
正当防衛というなら、自国の地域に侵略された中国軍の方の言い分だろうな。
日本側には、どう見ても正当防衛という言い分は通用しない。

民間人の虐殺は、日本にとってはむしろ名誉とされてたみたいだな。
戦時中には、軍人が中国の捕虜、民間人を含めた虐殺を自慢話として講演したとの新聞記事まであるようだ。
捏造であるか事実であるかは本人に問うしかないが、本人とその家族が自慢にしていたという記事を疑う理由もない。

その軍人は、もちろん軍事法廷で裁かれているが、残念ながら日本の軍事法廷ではなく、南京の軍事法廷だ。
こういうことも、自浄できないのが日本軍ということだ。

「論理の真理値」なんて聞きかじりにもなっていない概念を持ち出して箔をつけようとするみっともなさは、どうにもならないね。
君が惨めになるだけだよ。

否定にも反論にもなっていないから、君の常識は社会の非常識、ということだろう。
まさに、独自の見解だ。
安倍と同じ、とは言えるだろうが。

君は君の常識を疑うことが必要だし、君の偏狭さを矮小さを自省することは、さらに必要だ。

385 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 10:57:07.82
>>381
正当防衛というのは、侵略された側に適用されるべきことだね。
他国に武力展開して侵略した側の日本軍には、正当防衛の場面は皆無だ。

386 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 11:06:09.96
>>381
正当防衛w
盗人猛々しいとはまさにこのことw

387 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 11:13:49.57
>>383
憲兵の本来の使命は、一般的には軍内部の統制の維持。
日本の憲兵は、事実上一般市民の思想弾圧のために活動した。

残虐な弾圧で有名な甘粕も憲兵だ。
形式的な軍法会議にはかけられたが、事実上は軽微な犯罪として扱われ、数年後には再び軍で暗躍した。

憲兵は、一般市民の思想、風俗を取り締まっていたし、国民服を着ない市民も、隊列を乱す子供も殴りつけた。
憲兵たちに国に対する思いがあったとすれば、それは国民を奴隷にして国民を人間として扱わないという、自分たちの特権意識の倒錯した心情に過ぎない。

388 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 11:15:40.70
反論もまともにできないノータリンだな(笑

389 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:10:47.90
>>373
三島ってテニスしてたの?
剣道とかじゃなかったっけ?

390 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:11:18.88
憲兵が取り締まっていたのは過激な革命家とかゾルゲに代表される赤いスパイ
軍人の不良行為をも取り締まっていた
思想は自由であるべきだが憲兵は普通の国ならどこにでもあるもの、国民を奴隷化?
共産国や北朝鮮じゃああるまいし?
思想が偏り過ぎて戦前を悪扱いしすぎで
気持ち悪いw

391 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:15:34.32
日がな1日2ちゃんに入り浸り、顔真っ赤にして日本の悪口を書き込んで、暇なんだね
無職?普通の人は働いてるよね

392 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:27:37.84
>>390
そうんんだよ。
戦前に日本はいまの中国、北朝鮮と同じ。
戦前に戻したがる安倍も、中国、北朝鮮の「国体」と同じにしたがってる。

ちなみに、憲兵は一般市民の言動に対して取り締まってたんだよ。
国民服を着ていないだけで殴り、小学生に軍事教練を強制し、隊列を乱しただけで殴った。
東京の80過ぎの爺さん婆さんなら、憲兵の悪行を記憶している人も多い。

憲兵経験者が、終戦後にもっとも怖れていたのは、東京裁判じゃなくて虐待した一般市民からの報復だ。

393 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:29:35.44
>>391
安倍自民党のネトサポが軍国日本万歳をレスし続けるのは、仕事だからいいのかw

394 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:35:03.17
憲兵だけで無く、教師や親も殴ってたよ
武道の師範も殴ってたよ、躾の範囲でね

395 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:38:30.77
>>394
そのとおりだな。
それがファシズムの温床ということだよ。
躾を装った個人の奴隷化。

奴隷化された日本人が、百人切り競争なんてことを賞賛するんだよ。

396 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:38:35.24
>>390
自由な思想を取り締まる
といって戦時体制に異議を唱える自由な意見を完全封殺したのが憲兵なんだが

397 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:49:35.42
百人「斬り」競爭

あれは戰意昂揚のプロパガンダだ。
本当に事実に無知で、反日宣伝に化かされているなあ。
ってか、ここまで無知なのは在日朝鮮人だから?

398 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:50:53.24
百人斬りは嘘記事だぞ
可哀想に洗脳されて

399 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 13:52:58.40
殴ったな⁈親父にも殴られた事無いのに?
こうですか?
何処のお坊ちゃんだよw

400 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:00:19.92
>>397
戦意高揚であれ、そういうことが吹聴されるということは
つまり日本または日本軍には、お前が主張するようには
民間人を殺してはいけないというモラルは無かったと見るべきではないか?

401 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:06:44.15
便衣兵が横行していたしな、市民とは限らないよ、平気で捏造写真をプロパガンダに利用する民族だし

402 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:08:34.45
>>401
民間人殺しが横行していたことを認めたということだな

403 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:12:15.03
日本軍は規律が厳しいよ
憲兵も厳しく取り締まっていた、
いい加減な支那と一緒にしないでくれ

404 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:15:17.24
>>403
日本軍の規律()とやらはスタンダードではなかったのでは
戦意高揚に百人斬りが使われるのだから
民間人皆殺し上等ということだろう

405 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:18:00.47
愛新覚羅の宮様や溥儀らを敗戦の混乱から救おうとしたのも中野出身者
ほとんど死んだみたいだがね
決死隊が乗り込み中国人の為に死んだ
それで罵られるのだから世話ない

406 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 14:46:35.96
通州事件に通化事件
中国人や共産党は信用出来ない

407 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 15:57:51.88
三島由紀夫の国家論でなく、自分たちの国家論語り出したなw

408 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 18:05:51.59
>>405
もし、他国のために死んだのなら、罵られるのはしかたがあるまい。
その結果、日本人300万人を死に至らしめたのだから。
上官の命令に従ったに過ぎないとしても。

日本の平和のために死んだのなら、称賛されていただろう。

409 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 18:33:51.71
同じアジア人という幻想が有ったからだ
満州国は日本と縁が深いからな
溥儀も大清帝国の知識人も何とか救おうとした、救えなかったがね
まずは自分の国だ、それが先の大戦の高い授業料だよ、アジアは弱すぎて日本と協力して戦えるだけ育ってなかった

410 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 18:43:29.09
>>409
同じアジア人というなら、なんで国民党や共産党と組まなかったんだよw

強いも弱いも、清(満州)はすでに滅びていた国だぜ?

411 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 18:48:04.92
彼らは軍閥だぞ、国の統治が出来るわけない、知識人では無い、共産党が派遣を握り
どうなったんだ?知識人狩りに間違った農業政策で餓死者多数だぞ

412 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:01:28.05
>>411
国民党と共産党が軍閥?

なんだそれ?

413 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:08:21.36
済まない、馬鹿を相手にした私が馬鹿だったw寝るわ

414 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:11:50.16
>>413
そうだね。
無知な自分を反省しながら、さっさと寝なさいね。
外も暗くなってきたから、ちょうどいい。

415 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:15:15.65
≫国民党や共産党は軍閥

これはそのとおりだろう。
しかし当方の薩長も軍閥だな。

416 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:18:36.73
>>389
ボディビルだろ

417 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:19:15.38
なお、国民党政府だったならば、大躍進政策のような選択はしなかっただろう。
ふつうの開発独裁型政策になったのではないか。

418 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:22:51.97
ネトウヨの人にききたいけれど、だいたい、国民党がいかん、というのならば、
戦後の台湾との関係は何だったのよ。

419 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:27:16.70
>>415
軍閥というのは、軍隊の中の派閥のことだ。
国民党も共産党も、そして薩長も、軍隊の中から生まれたわけではない。

もっとも、日本の幕藩体制そのものを軍閥と見るなら、薩長も軍閥ということになるが、そうすると日本の武家政権はすべて軍政ということになる。
あまり意味がある分類ではなくなってしまいそうだ。

420 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:35:04.75
軍閥

1.統一国家の軍隊に存在する派閥。時に軍事クーデターの母胎となる。
2.軍事力を背景に、地方に割拠する集団。国際的な承認や未承認を問わず、ある程度の実効支配地域を持つ。

ネトウヨの人がいったのは、2の意味の「軍閥」だろう。

なお、薩長政府は、クーデターで政権を奪取した軍閥支配的性格を持ったものだったろう。

421 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:40:14.87
軍閥

1 明治以後、軍事力を背景に政治的権力を掌握した軍上層部の勢力。薩摩・長州の出身者を中心とし、統帥権の独立などにより特権的地位を独占したが、敗戦により崩壊。
2 中国で、軍人が私兵をもって各地に割拠した軍事勢力。清末から中華民国時代に輩出した。

こういう説明もある。書き込む前に、検索したらいいのじゃあないの。そのほうが無駄が省ける。

422 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:44:17.14
>>421
その説明は、薩長出身者が軍閥の中心となった、ということで、幕藩としての薩長が軍閥であったということではないよ?

同様に、「清末から中華民国時代にいた」軍事勢力が国民党や共産党を作ったわけではないよ?

423 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:57:04.48
ばからしいから、もう相手にしたくないが、
ようするに、軍閥的性格、ということだろう。

まあ、「我々は軍閥です」という軍閥は、おそらくこの世になかったな。

424 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 19:58:09.55
>>423
ああ恥ずかしいw

425 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 20:12:44.73
ラッセルかよw

426 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 20:15:03.88
>>423
「軍閥的性格」。
なんか意味不明だな。
軍閥が政党や政権を作ったのか、という今の話題なら、その政党や政権の理念や成り立ちに、軍の一部が組織として関与したかどうかという視点が必要だろう。

427 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 20:49:47.29
関与はしたさ。袁世凱政権の中華民国は、国民党の協力で成立したもので、
とうぜん初期には相互依存関係があった。

余談だが、汪兆銘のように日本と協力しようとした人もいる。

それと人民解放軍は、赤軍だから、本来の共産主義理論上は国軍ではなく党の軍だ。
さらに、日米、日中国交正常化以前には、米日側からすれば、
それは、いわば私兵集団だったわけだ。

しかし、しつこいね。

≫軍閥というのは、軍隊の中の派閥のことだ。

だいたい、こういうふうに言っていたのだろう。

わたしは、ネトウヨさんが「軍閥」といったことに、
たしかに、そういう性格はあっただろう、だが、
日本にも似たところがあったのではないか、いくらか「近代化」していただけじゃないの、
というようなことをいっただけよ。

428 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 20:59:50.96
昭和の陸・海軍は薩長閥によって統制されていただろうか?

429 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 21:13:43.32
されていない、バーテンバーテンの密約で
東北閥に下剋上されて、元老も無力

なんか変な日本語だな外人かな

430 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 21:28:01.00
可笑しな日本語だな下手くそで不自然だな
なるほど外人なら頷ける

431 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 21:31:12.79
>>427
しつこいのは君w
おかしな人が、国民党や共産党が軍閥だとかいう無知な思い込みを書くから、それを否定していたら、君が横から国民党も共産党も軍閥だと言い出したから、それは間違いだと指摘している。
なぜ意地になってるのか知らないが、軍隊に利権をもとにした派閥があることと、その派閥が政党を樹立することとの違いは理解して欲しい。

432 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 21:39:12.88
また、毎度の精神異常者が出てきたな。

≫おかしな人が、国民党や共産党が軍閥だとかいう無知な思い込みを書く

このネトウヨさんよりも、あたなのほうが、明らかに頭がおかしいだろう。

433 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 21:44:24.71
しかし、こういう頭のおかしい人をどっかに強制収容してくれるなら、
共産党政権でもいいような気がするな。

434 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 22:10:39.60
>>417
あの世で近衛に聞かせてやってくれ。

435 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 22:56:10.55
豊饒の海読み始めたけどかなり難解だね

436 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 23:23:10.30
しかし日本に軍閥というものがあったのかな?
軍内部に薩長閥が存在した、というだけであって。
もし、軍閥などというものが存在したのなら
大正期の軍縮で戦艦廃棄や軍人の大量解雇が行われただろうか?

437 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 23:43:17.83
日本で、軍閥というのは、おもに左翼寄りの人が言っていたので、
軍関係者が言っていたわけではないわ。

438 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 23:50:54.65
そもそも満州国建国も基本的に溥儀のわがままだからね。
「皇帝にしてくれなきゃ嫌だ」と駄駄をこねて「そのうちな」という軍関係者の言質をとったのをいいことに
宮中に強力に働きかけて神器をせしめていったので、仕方なく満州国建国になった、というだけでしょう。
それで勝手に動かれたら困るので軍が厳重に監視していたら、
敗戦後に「傀儡だったんだ」と責任をなすりつけられてしまった。

439 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 23:53:31.03
軍閥というのはGHQだと思うのね。
つまり日本軍閥からの民衆解放というレトリック。

440 :吾輩は名無しである:2015/06/30(火) 23:59:28.78
戦前から軍閥という言葉はあるんだ。
検閲による削除の対象語になっていたのだから。

441 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 00:28:43.40
それは左翼用語としての軍閥だね。
天皇制とかといっしょで。
GHQには民政局という社会主義者集団がいたので
そこから転用したのかもしれない。

それにしても「軍閥」というのもよく分からない用語だ。
研究開発予算の効率的配分を考えたら国家予算が特定企業に集中するの仕方ない。
この程度の官民関係は現在の米中はもちろん台湾や韓国でもあります。

そこから民間製品への技術転用があるのでいい商品が作られたりするわけです。
民間企業独自だと株主への利益配分で研究予算が圧縮されるから。

そういう関係なしに優れた軍事技術が存在しますか?といいたい。
軍事技術は官需を抜きにしたら利益に直結しないし製品化前の研究も必要なわけだね。
そもそも戦後日本の技術的優位性は戦前からの蓄積もあるのにね。
日本人なら誰でも知っている某カメラメーカーも
陸軍の元技術将校が開発に参加してから伸びたんだよ。

442 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 00:35:11.23
それは軍閥というよりは、軍産複合体じゃないの。

443 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 08:39:34.22
おいおい、ここは文学版だぞw

444 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 09:21:51.09
>>443
それでも武士か!

445 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 11:28:10.08
>>432-433
国民党の蒋介石は、軍人ではあったが、国民党の主席となったのは政治的な権力闘争の結果だ。
まして、その時の蒋介石は軍の一派閥の指導者ではなく、軍全体の統括者だった。
共産党の毛沢東は、軍人ですらない。

軍を掌握することが権力への近道であったことと、それを軍の一派閥による権力の掌握とすることはまったく違うことだ。

446 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 11:35:14.04
>>438-439
安倍のサポウヨ君がいくらデタラメを書いても、悪意の情報操作は成功しないよ。
親分の安倍の好みだろうが、知的なところがなさすぎる。
日本人はその程度の頭のレベルだと見縊ってるんだろうが、そこまでのデタラメになると、さすがに真に受ける奴はごく少数だ。

安倍のレベルがレベルだから、ネトサポはそれ以下、というのはやむを得ないな。

447 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 11:48:25.57
>>441
金のかけ方が技術を発達させるというのは、その通りだな。
確かに昔は無条件で金をつぎ込めるのは軍事産業だけだった。

ところが近年、新自由主義という原理資本主義が台頭してきた結果として、巨額の資本集積が行われるようになってきた。
重工業を除けば、民間の技術をどう軍事に取り入れるかということが大きな課題となっている。
新自由主義の前提である、民主主義、そして独占の排除と情報の開示というアメリカ的経済が優位に立つのは当然ということになる。

日本は、新自由主義の前提である民主主義的な政治構造を持っていないから、国民の生活を犠牲にした原理資本主義が進むだけで、借金による国家財政の破綻という結果をもたらすことになる。
あるいは、戦争という、経済と秩序の破壊によって財政破綻を解決しようとするかも知れない。

448 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 15:34:17.10
自民党は自分の意に沿わぬ言論の弾圧が正義にかなうと考えているようだね
戦前回帰そのものだね

449 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 18:37:52.39
参考までに、

〈国民革命軍は、北伐により中国を統一することを使命とする軍隊として
1925年に中国国民党によって建軍された。コミンテルンの支援を得て組織され、
三民主義の教義に基づき指導が行われ、党、政府、軍の区別がはっきりしないことが度々あった。
軍の将校の多くは黄埔軍官学校を卒業し、この学校の最初の校長は蒋介石であった〉

国民党は軍閥的ではないというのは、
共産党の、Diktatur des Proletariatsは、独裁的ではない、みたいな話といえるだろう。

450 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 18:42:47.37
国民革命軍は
〈北伐では北洋軍閥と、日中戦争では日本軍と、
さらに国共内戦では中国人民解放軍との主な会戦を戦った〉

国民革命軍と戦いっていたときには、共産党側もたぶん、敵は軍閥だー、
とか言ってたのではないだろうか。

451 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 18:46:48.85
List of warlords and military cliques in the Warlord Era

↑の英語wikiを見てもらえばいいが、いっしょくたになっている。

452 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 18:55:23.47
>>449
軍閥ではないよねw
軍閥的?w

453 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:12:44.42
>>449
それを軍閥とはいわないということを指摘してる。

・統一国家の軍隊に存在する派閥。時に軍事クーデターの母胎となる。
・軍事力を背景に、地方に割拠する集団。国際的な承認や未承認を問わず、ある程度の実効支配地域を持つ。
・明治以後、軍事力を背景に政治的権力を掌握した軍上層部の勢力。薩摩・長州の出身者を中心とし、統帥権の独立などにより特権的地位を独占したが、敗戦により崩壊。
・中国で、軍人が私兵をもって各地に割拠した軍事勢力。清末から中華民国時代に輩出した。

このスレで出てきた軍閥の定義は、この4つだ。
毛沢東の共産党はもちろん、蒋介石の国民党も、どれにも当てはまらない。

軍閥である、あるいは軍閥的であるとするなら、この4つの定義のどこに当てはまるのか、なにがこの定義に近いのか、それとも、また別の定義を設定するのかを明示する必要があるだろう。

454 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:22:36.74
・軍事力を背景に、地方に割拠する集団。国際的な承認や未承認を問わず、ある程度の実効支配地域を持つ。

これに完全に当てはまっているのじゃないか。

455 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:27:13.90
>>454
国民党は中央政権。
共産党は軍事力ではなく、政治思想による集団。

456 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:40:44.00
国民党は「党、政府、軍の区別がはっきりしないことが度々あった」
という状態なわけだし。
国共内戦中は、国民党側からすれば、共産党は、いわばカルト武装集団ではないのか。
共産党にしても、国民党政府の正当性を認めていなかっただろう。
どの軍閥にしても、それぞれ政治思想はあったはずだ。
また、北洋軍閥の一部は、いっとき北京の「中央政府」だったのじゃなかったか。

457 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:47:22.11
党は軍閥ではないだろ

458 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:53:02.07
わたしは、List of warlords and military cliques in the Warlord Era
はじめから、およそこの執筆者と同じ認識だから。

あなたが、違うというのなら、それはしょうがないな。
だいたい、頭のおかしい人に説明するのは、無益な労苦だから、
物好きはこれでやめますわ。

459 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 19:57:51.27
三島の好きな四字熟語発見した

『欣喜雀躍』

460 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 20:03:15.35
>>456
軍閥の定義を明確にする必要がある。

軍に強い影響力を持つ蒋介石が国民党の権力を掌握したからといって、国民党が軍閥をもとに成立したことにはならない。
いうまでもなく、国民党は、共産党とも共通する理念の元に孫文が設立した。
蒋介石は、その軍事部門で功績をあげて党の中枢になっていった。

共産党にしても、党として軍事組織を編成したからといって、それを軍閥とはいわない。

軍事力を持てば軍閥と呼ぶかのような錯覚があるのではないだろうか?

461 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 20:07:27.93
>>458
繰り返すが、軍閥の定義と、国民党、共産党の成立にその定義がどう関係するのかを明示してはじめて議論になる。
日本語のwikiだろうと、英語のwikiだろうと、定義とその適用が明確になっていなければ、その論自体が無意味だ。

462 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 20:51:54.29
集団ストーカーって本当にあるの?
http://www.youtube.com/watch?v=pp73erX_7nk
http://www.youtube.com/watch?v=BFWh_jctYgs
http://www.youtube.com/watch?v=wHlmi-wSS88

463 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 20:56:48.65
>>459
そうなの?

464 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 21:25:57.86
第一次国共合作の研究 - 現代中国を形成した二大勢力の出現 - 北村稔

勉強したい人には、↑の論文が良いのではないだろうか。

465 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 21:48:08.32
SASUKEやってるけど
全盛期の三島に出てほしかったな
完全制覇出来そうだよね

466 :吾輩は名無しである:2015/07/01(水) 23:11:45.23
波多野善大著『中国近代軍閥の研究』(河出書房新社)

また、これは割とよく読まれているようだ。

467 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 00:17:23.75
>>465
三島さんって筋肉はすごいけど運動能力はどうだったんだろうね

468 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 02:07:20.63
>>467
運動音痴
剣道も居合も下手
歌も音痴
演技も下手
体動かすことは全部ダメ。
ボクシングもそれで辞めた。

469 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 02:28:39.43
>>459
何かの動画で言ってたな

470 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 08:15:37.03
国民党、共産党が軍閥といいはりたいのはあいつらはヤクザものだから成敗してよかった
ということにしたいのかな

471 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 17:40:52.88
歴史では、政治的な意図のない事実を探すのは大変だ。
三島も、その政治的な意図から生まれる「事実」を嫌ったのか、自民党を避けていた。
信頼できる相手は、敵の中にいる、ということかも知れない。
だから、嬉々として全共闘との議論に臨んだのだろう。

472 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 20:23:52.45
毛沢東の紅軍は国共合作で国民政府指揮下に置かれるまでは
単なる難民の群れだったような気がするけど。
長征といっても逃げ回ってるだけだからね。

473 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 21:16:56.54
〈蒋介石を中心とした新軍閥は、ブルジョワ・ナショナリズムを精神的支柱としていたことによって、
旧軍閥と異なっていた。しかし、非保護者的関係の部将をもって軍隊を私兵化し、これを背景に国民政府を支配した。〉
波多野善大著『中国近代軍閥の研究』(河出書房新社)

≫軍閥ではないよねw
≫軍閥的?w

この近代中国史の権威の先生のことも、頭の変な人は、wたらどうか。

474 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 21:40:58.44
>>473
良かったね、「権威の先生」の文章が見つかって。

その人の論文は、はじめに明確に軍閥の定義があるんだけど、途中から定義が微妙に変化してるんだよね。
でも、君の努力に敬意を表して、これで終りにする。

君がレスの人違いしてることだけは、指摘しておくよ。

475 :吾輩は名無しである:2015/07/02(木) 22:00:50.41
そういえば自由フランス軍時代のド・ゴールはどうなるんだろう?

476 :吾輩は名無しである:2015/07/03(金) 07:36:58.12
>>473
新軍閥w
結局通常の意味での軍閥じゃないじゃんwww

477 :吾輩は名無しである:2015/07/03(金) 08:26:44.94
もういい加減にしろ!板違いだ!三島文学を語れ!軍閥とかドゴールとかワコールとかそんな見当違いの話をするスレじゃないんだw

478 :吾輩は名無しである:2015/07/03(金) 10:19:41.17
>>477
トリンプならいいのか?

479 :名無し:2015/07/03(金) 21:10:29.28
だいたい三島はアナーキー・快楽追求主義者なのに、
ここは勘違いのアホが多すぎる。

480 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 00:03:25.82
生きてればアナーキー板の住民だったろ

481 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 01:44:37.57
何しろ稚児と一緒に切腹だからな。

482 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 02:32:03.73
彼は濡れ場に力を入れてるね

483 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 13:25:43.16
>>479
ぜんぜんちがうな。
アナーキーが盾の会なんて作るかよ。
快楽追求?おまえボディビルやったことあんの?ありゃ努力とナルシスムの塊。
三島の一部を読んで単純稚拙なレッテル貼りってのはみっともないぜ。

484 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 15:09:58.48
『音楽』を読んだ。読み易い。『潮騒』並に読み易い。
三島臭さがない。でも扱っている内容は近親相姦。

485 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 21:40:20.44
>>484関連。

ちなみに三島由紀夫は中学生で既にフロイトの精神分析本を読んでいたらしい。
俺なんか会社クビになって暇になった35歳くらいにやっとフロイトや岸田秀を読んだくらい。

486 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 23:38:49.45
>>484関連。

精神分析医の独白という形だが、女性の心理描写が実に精妙に組み立てられていると思う。
三島ってホモっ気あるし、今の観念で見ると女性蔑視なところがあるが、女性の心理描写が実に巧み。

487 :吾輩は名無しである:2015/07/04(土) 23:45:50.93
>>486
女の心理が、ちょっと類型的過ぎる気がするんだが。

488 :吾輩は名無しである:2015/07/05(日) 00:50:34.54
そりゃ精神分析で描いてるんだから全くお安い性科学での類型心理描写だよ。
まあ三島ってのはおよそ人間の心理描写が教科書的に類型だよ。
所詮ただのバカだからね。だからあんな自殺を美学wでするんだよ。(笑

489 :吾輩は名無しである:2015/07/05(日) 01:00:11.22
だいたい女のオーガズムってのは演技による自己欺瞞で脳内麻薬を増産させたヒステリーだから。
そんなアホな「性科学的真実女w」にひっかかって、「女」を云々するなんて愚の骨頂。(笑

490 :吾輩は名無しである:2015/07/05(日) 01:37:47.01
わー、おとなだなー

491 :吾輩は名無しである:2015/07/05(日) 02:57:06.80
>>485
岸田秀は読んでないことにしとけば?中学生じゃないんだから。

492 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 00:01:29.11
三島由紀夫オタクの間では『鏡子の家』を最高傑作に挙げる人が多い気がする

493 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 01:40:51.20
おらは春の雪だなベタだけど

494 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 05:46:20.53
でも一般的には鏡子の家は駄作扱いされてる

495 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 06:19:52.61
最高傑作って言葉は欺瞞。単なる印象批評。
だから、潮騒が最高傑作と言っても、全然問題ないわけ。

496 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 09:51:57.71
『鏡子の家』はそんな評価高くない。
個人的には『午後の曳航』とか『仮面の告白』がいい。
三島の得意分野は「ホモ」「肉体」。

『豊饒の海』4部作はパッケージとして考えると正直言って微妙。
単体では『奔馬』がいい。『暁の寺』が一番厳しい。起承転結の転が一番難解。
『天人五衰』は最期の文章だけは三島渾身の文章で秀逸。

497 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 16:05:36.85
時間よぉ止まれいのちのぉ眩暈いいのなかで

498 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 21:09:16.49
俺も鏡子の家わりと好きだけどな。

499 :吾輩は名無しである:2015/07/06(月) 22:23:36.55
禁色
一部で終わった方が良かったと思う
二部の終わりはなんかやっつけ感

500 :名無し:2015/07/07(火) 00:17:33.46
三島のホモ本はホモ好きが読め。
三島のできのいい本はギリシャ的、ニーチェ的な物だけだ。
哲学的随筆では「太陽と鉄」。

501 :名無し:2015/07/07(火) 00:41:28.88
『午後の曳航』はニーチェ思想の変形。

502 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 00:55:08.17
「太陽と鉄」は自身の溢れ出る感覚と思索のダムを作った、ということだろうね。
自分で自分を制御できなくなったから、太陽と鉄の力で精神を肉体という枠に収めた。

503 :名無し:2015/07/07(火) 02:24:04.37
三島は根源的な人間存在考察を試みたのであって
馬鹿ウヨとか馬鹿サヨのイデオロギーで規定できないんだよ。
馬鹿には言っても分からんだろうけど。マスコミに出てる評論屋見てると
馬鹿は死ぬまで馬鹿だな。

504 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 04:05:04.11
三島は根源的な人間存在考察を試みた

まあ、こういう文字列を綴る時点で、文学なんぞはお前にゃ不向

505 :名無し:2015/07/07(火) 08:19:31.68
↑偉そうに。理由は?

506 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 08:46:39.15
まず考えて自分で答えをださなきゃ(笑 お前の資質を問題にしてるんだからね。

507 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 09:01:58.35
>>506
ばかだね、おまえの資質を問題にしてるんだよ。
よく考えてみ、子豚ちゃん(笑

508 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 11:07:55.60
>>503>>504
「三島は根源的な人間存在考察を試みた」
これは、漠然としすぎているという意味で、説明を求められたり非難されたりするのは当然だ。

「こういう文字列を綴る時点で、文学なんぞはお前にゃ不向」
これは、根拠がまったく書かれていないので、言葉として意味をなしていない。
自分の不満を発散させている、ということがわかるだけだ。

前者には、論の展開を期待させるところがあるが、後者には、ただ感情の発露が見えるだけだ。
左翼と右翼の違いだろうか?

509 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 11:56:06.36
>>508
お前が説明してるじゃないか(笑
第一に、お前にも分るようなまずい文字列ってことを、お前自身が立証している。
さらに、不滿を発散、と言う文字列で、お前は俺以下の存在だ、ってことも立証している。

結局、俺樣>>508>503と言う思考能力の序列が自明となってしまったわけだ。
今後二名は蟄居ROM專をここに命ずる。しかと心得よ!

510 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 16:17:42.73
>>509
>今後二名は蟄居ROM專をここに命ずる

おもしろいから、話を続けよう。
命ずるには、なにかの権力が必要だ。
君と僕たちの間で、君が権力を振るうためには、君が僕たちになんらかの利益を与えることができるか、不利益を排除することができる必要がある。

ところが、僕は、君になんの利益も見ることができないし、不利益の排除も期待することはない。
君が僕に対して権力を振るえる条件は無い、ということだ。

そうすると、「命ずる」というのも、君の不満の発散に過ぎないことになる。
やっぱり、君は、感情の発露だけの右翼さん、ということになるんだろうな。

511 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 16:22:13.96
そういうあたなは、底辺低学歴のうっぷん晴らしだろう。

512 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 16:32:30.59
必要がある、とは言えないね。
君の欠点は命題構成能力の欠如。

クソをこねくり回してもクソはクソでしかない。

513 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 18:08:01.23
>>511>>512
仮に僕が底辺低学歴だとして、それがなぜ晴らさなきゃならない鬱憤を抱えていると考えることができるの?
逆に、上層高学歴が、鬱憤を抱えていないと考える根拠はなに?

権力の必要なく、君が僕になにかを命令できると思う理由はどこにあるの?
そして、僕の〈命題構成能力〉を問題とするなら、僕の書いたことのどれが〈命題〉を〈構成〉していないと考えるのかを説明する必要があるよ。

罵詈雑言を浴びせたいだけなら、それは鬱憤晴らしだ。
君にとって、それが鬱憤晴らしになっているなら、君の気分は少し良くなったのだろうから、その機会を与えてあげた僕に感謝すべきだね。
それとも、君が感情の発露だけの右翼くんであることが、そんなことで簡単に気分を変えられるという感性をもたらしているのかな?

514 :512:2015/07/07(火) 18:29:59.75
>>513
いや、私はあなたが単にバカだと言っただけなので。お気にさわったらお許し

515 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 18:38:46.55
>>514
なぜバカだと思うのか、その根拠が書いてないから、君の鬱憤晴らしなんだろうと推測してるんだ。
他人をバカと言えば気が晴れる、単純な感性の持ち主なのかな、と。
それが右翼氏の特性だと思われても、いいんだろうか?

516 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 18:42:58.89
おれは東大医学部卒でバーバードの研究員も経験し現在充電中だが

517 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 18:48:22.41
>>515
部分を全体に及ぼす誤謬ってやつをおかしちゃまづいですぜ

518 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 18:54:20.85
>>517
なるほど、右翼全員が単純な感性の持ち主なわけじゃなくて、>>514限定と指摘したいんだね。
それが証明される機会があることに期待するよ。

519 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 18:57:12.10
いや、そう言われましても(笑

520 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 19:44:38.79
禁色にホモ描写はありますか?
購入を迷っています

521 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 20:16:56.59
あります

522 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 20:17:33.70
>>520
ありがとうございます!買います!

523 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 20:21:41.15
アンカーミスった
>>521です

524 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 20:23:22.05
>>519
禁色は主人公がふらふらとハッテンバに迷い込むシーンが迫真モノで笑ってしまう。
あの描写は三島がホモでなくては書けない凄みがある。他にも三島は覗き癖とかも有りそう。

525 :吾輩は名無しである:2015/07/07(火) 20:36:25.56
>>524
うおお今すぐ読みたい。瘋癲老人日記の前にこっちから読もうかな

526 :吾輩は名無しである:2015/07/08(水) 00:00:25.00
三島に本棚の裏の覗き穴から覗く小説あったなw

527 :吾輩は名無しである:2015/07/08(水) 09:06:53.22
午後の曳航とか覗きはバルビュスをパクッたんだ、

528 :吾輩は名無しである:2015/07/08(水) 10:23:55.87
>>526
『豊饒の海 第三巻 暁の寺』の本多繁邦。
オマージュしたのは辻井喬の『萱刈』。

529 :吾輩は名無しである:2015/07/09(木) 21:31:42.10
暁の寺はで戦争を殆ど描かず
ひたすら仏教論にしたのはなんだったんだろう

530 :吾輩は名無しである:2015/07/09(木) 23:36:24.06
なんで暁の寺で戦争を書くべきと思うのだろう・・理由が分からん。
三島由紀夫には国内のクーデター物とか決起暗殺切腹物はあるけど、戦争物とかあったっけ?
開高健なら従軍記者モノがある。

531 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 00:57:11.24
時代的に戦争の時期を挟んでいるということかしら

532 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 08:49:30.84
なんで開高健が出てくるんだろう・・発想がわからん。

533 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 10:57:45.80
武田泰淳の方がよかったかも知れない。

534 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 11:00:50.63
>>532
開高健のベトナム戦争従軍体験記はガチでリアリティがあるから。
奴は戦争の酸いも甘いも知ってしまって、その後女に溺れたり、再び戦地に戻ったりしている。

三島は戦争中は学生時代で徴兵検査失格だから、戦争に行ってない。戦時徴用で工場労働はしている。
また、死ぬ気でいたのに、徴兵検査失格や戦地に行くのを逃げたりした気持ちに関して引け目を感じており、
それが後年、ボディビルやら軍事訓練やら民兵組織楯の会やら、市谷での割腹自殺に結びついている。

535 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 11:58:39.14
>>534
あー、つまらんバカやの

536 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 12:43:03.49
>>535
具体的に指摘しないと何も伝わらないよ。

537 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 13:28:39.30
第二次世界大戦中では、理工系の旧制大学・旧制専門学校の所属によって兵役が免除されたため、
進路を理工系にとるものが発生した[2]。 また、政治的有力者の子弟などはさまざまな手段で兵役を逃れるものもあり、
国会議員の息子の鶴見俊輔のように、軍属となることで兵役を逃れ、前線に比べ安全な内地にとどまるものもいた[3][4]。
なお、三島由紀夫は、入営検査の時(徴兵検査は合格していた)に軍医が気管支炎を肺浸潤と誤診し帰郷となったが、
三島の父親はキャリア官僚でもなく、三島が徴兵時にはすでに役人ではなかった[5]。

假面の告白は小説

538 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 14:19:22.90
はいはい了解。

539 :吾輩は名無しである:2015/07/10(金) 23:00:50.36
最近、「鏡子の家」を読んでみたんだけど
戦後のザワザワ感と虚無感がよく出ていて面白かった
キャラクターの4人は三島の分身というけども、ああいう若者たちって
今の時代でもいつの時代でもいそう。考え方そのものはかなりひねくれているが。

540 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 03:02:38.16
三島由紀夫本人は鏡子の家を自己の最高傑作と捉えていたらしい
しかし世間の評判が散々でそれで頭おかしくなったと言われている

541 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 09:27:28.99
>>540
ソースを教えて

542 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 10:21:54.68
鏡子の家は当時は先を行き過ぎて批判が大きかったし、
今となっては当時のファッションなので普遍性が薄い。

543 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 11:39:18.51
普遍性ってのは、小説においては主に讀み手の問題。

544 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 11:44:44.62
>>542
所詮風俗小説で普遍性が無い
というのは三島の作品全般だろ

545 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 13:18:04.80
その時の一般的に真実として通用している自然科学(ここでは性生理学w)を半可通で使うと
時代が進んだときに、バカ、だけで切り捨てられるから、
キチンと学術的反省をした上での理解ができない人文系の人は使っちゃいけないんだけどね。
バカだから
「うん、解かった。さすがオレは頭がいい!そうだ音楽だ!音楽が聞こえるんだっ!」
で得意になって使うんだよねw
三島ってホント、タダのバカなんだよwww

546 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 13:31:05.63
>>544
豊饒の海は唯識や虚無や輪廻転生と言う仏教の普遍思想を扱っている。
鏡子の家が戦後の一時期のファッションで普遍性が薄いというのは、三島の作品全般とまでは言えない。

本当に所詮風俗小説で普遍性が無いなら、未だに読まれていることは矛盾している。

547 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 13:35:44.52
バカな読者はいつもいる。
太宰も三島も大江も永遠に読まれ続ける。
読まれ続けていることは普遍性とは無関係。

548 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 14:07:00.92
>>546
豊穣の海は内容が薄く仏教思想に見合わない

549 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 14:48:21.74
>>547
読まれ続けていることは、時代が経っても廃れない、普遍性があるってことだよ。
屁理屈すぎるよ。

550 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 14:53:27.85
>>549
普遍性がないものが売れる場合もある
観光絵葉書がそうだ
三島もハラキリあっての三島に過ぎない

551 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 15:01:33.30
戦前の人気作家で、今でもよく読まれているのは、漱石、太宰、乱歩、横溝ぐらいかな?
鴎外、龍之介、夢野あたりも読まれてるかな?
直哉とか谷崎はどうかなあ?

552 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 17:04:33.51
漱石や鴎外と並べるのは露畔でしょ。樋口一葉や泉鏡花など、ほかにもたくさん。
新かな新漢字に慣れてしまうと昔のいいものに手が伸びなくなってしまうから、
せめて露畔くらいは読んでおくべきでは?随筆系なら讀み易いでしょう。文庫にはなっていないかも。
泉鏡花は文体がちょっとアレだけど。

夢野久作とか横溝正史、乱歩はどっちかというと別の流の気がする。
まあ一緒くたで何が悪いの?と言われればそのとおりなんだけど。

553 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 19:12:31.72
>>552
露伴などが、いまはあまり読まれていないのは、漢字の問題じゃないと思う。
文語調の読みにくさはあるとしても、やっぱり内容じゃないかな?
鏡花は別にしても、新しい分野としての小説を、文語調で書いてしまうところがちぐはぐかな?

横溝や夢野は通俗物だが、乱歩には純文学として鑑賞に堪える作品も多い。
谷崎と同列に扱うと非難されるだろうが、文章の上手い下手はあっても、内容の水準としては変わらないものもある。

いずれにしても、長く読まれる作家には、詠まれる理由があると思うんだよね。

554 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:04:21.50
露畔を読み込んでそう思うならそれで終わり。
読んでないなら読んで見ろ。何を読むかと言うと随筆系、って書いたつもりだけどな。

面白いから読まれるってのは漫画だろうが小説だろうが、どうでもいいけどな。

555 :名無し:2015/07/11(土) 21:10:23.54
>豊饒の海は唯識や虚無や輪廻転生と言う仏教の普遍思想を扱っている。
〜仏教理論なんて詐欺、妄想だろう。乱歩はワイルドにつながる耽美性がある。
谷崎は一般的に過大評価だな。三島は太宰や大江より上。西欧人にも
評価されるべき哲学がある。1部分だけど。

556 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

557 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:14:42.14
>>556
おまえなんなんだよ。
いらねーこぴぺすんな
わざわざあげやがって

クソだな、おまえ

558 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:30:12.23
>>554
幸田露伴のことだと思うけど、露畔が正しいのかな?
幸田露伴だったら、いま読まれていないのは確かだし、随筆でもたいしたこと書いてるとも思えないが。
君が、どんなところに感心したのか知りたい。

別人の露畔のことだったら、まったく読んだことがないから、全部取り消す。

559 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:36:31.77
『憂国』は切腹とその前準備の話だが、三島は性的サディズムなんだろうなあと思う。
少年Aは他人に対して性的サディズムだが、三島は自分に対しての性的サディズムに耽美している。
切腹描写モノとしてはこれ以上のモノは無いんじゃないかと思う。

560 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:36:50.67
變換ミスだよ。わざわざ(笑
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person51.html

水の東京なんかは好きだな。

561 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:41:28.18
>>559
SM書いたらその作家はSMなのか?
小説ってのはフィクション。
三島読んでおもしろいか、おまえさん。ムリする必要ないんだぞ。
人生は短い。涼宮ハルヒでも読んでろや。

562 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:45:09.40
>>560
はじめは変換ミスかと思って、ちゃんと露伴と直しておいたのに、また露畔と書いてきたからことさらその字を使ったのかな、と。
普通のIMEだと「ろはん」は「露伴」しか出てこないし。
それはともかく、「水の東京」のどこが好きで、なぜそれが現代人に読まれるべきだと思う?

563 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:56:12.31
>>562
どこが好き?なんとなくかな。
読まれるべき?だから読み度くなきゃ読まんでいいだろ。面白ければ読む。つまらなければ読まない。
読むも読まんもお前さん次第。
俺は漱石鴎外とともに明治の作家として露「伴」が好き。それだけだ。

あ、強いて言うとノスタルジを感じるところかな、水の東京。
表現がどっしりして、現代文のようにうわつきがない。

村上春樹なんぞを読むより遙かに気分がいいな、俺は。

564 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 21:58:45.94
>>561
実際に切腹自殺しているという事実は重い。
別に憂国じゃなくても仮面の告白でも他の作品でも死にたい願望が透けて見える。

お前みたいな冷めた奴は、ただ否定してみたいだけだろ?

565 :吾輩は名無しである:2015/07/11(土) 22:02:31.99
>>563
君は、自分の感じ方を他人に押し付けてるだけなのか?

なにを書くのも自由だけど、それだと君の身勝手さを書いてるだけだから、他人に愚痴と文句ばかり言ってる依怙地な年寄りみたいだよ?

566 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 01:39:14.67
>>561
いや、三島は切腹マニアであることがここ十年ちょっとではっきりしたろ。
親しい男と切腹ごっこをやってた。溥儀と甘粕とか役をふってな。

567 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 02:00:04.41
三島は変態である、を三島厨は認めない(認めたくない・・)から厨の三島論はダメなんだよw
変態で何が悪い!オレだって変態だ!だから三島が理解できるんだ!健常者に何がわかるっ! 
と居直ることから厨はやんなきゃw

568 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 03:24:05.36
だから涼宮ハルヒでも読んでろ、と言った意味が全然わかってないな、ってか知らないんだろうな。
もう一度書くけど、小説はフィクション。それ以上でもそれ以下でもない。
フィクションと言う意味でそれが分りやすいアニメやSFと同じだ。

三島が自殺しようがホモだろうが、作家個人の私生活と彼の書いた作品は峻別しなければならない。
それが読者のスタンスだと思うぞ。

作家論ってのは芸能人見てキャーってのとおんなじ(笑
まあ、三島はナルシストなのかもしれないから、供養にはなるだろうけどな。

そして小説の解釈なんぞ、印象批評でしかないに決まっているだろう。

569 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 06:57:22.08
人格と作品は割りきれよあなたたちいい大人なんだからさ

570 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 08:06:33.34
>作家個人の私生活と彼の書いた作品は峻別しなければならない
これを先ず真っ先に言わなきゃならないから三島厨は辛いよなw
肛門性交者はスカトロ・マゾヒズム・筋肉系に心理的障壁が無いんだよw
だからサドに共感しヒトラーに共感し天皇陛下バンザイで腹を切って男と心中できる。
人は文なり、さwww

571 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 08:16:56.01
三島が作曲家なら変態でも、彼が作った音楽は美しい、だけで勿論評価は終わり。
しかし小説ってのは言葉での表現だから、思想(広義)の表明なんでね。変態の小説は変態小説。
三島を厨は批評家としても評価しているけど、だから変態を芸術・思想だと高評する最低の批評家なんだよw

572 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 08:25:09.88
>>570
お前が下品だ、って言いたいのはわかったよ。人は文なんだろ(笑

>>571
だから。小説はフィクション。頭悪いな。

573 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 08:37:12.39
肛門性交で直腸オーガズムによがっている男>>572が「品」を言ってもなあw

574 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 08:57:39.85
>>573
その上、妄想癖かよ(笑

575 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 09:00:06.69
同性愛者は死刑にしてほしい

576 :吾輩は名無しである:2015/07/12(日) 18:13:45.90
>>573が品の無い変態人間まで読んだw

577 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 04:10:16.41
>>571
変態は不味いのかよw

578 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 08:32:56.24
考えてみると、変態ってのはあいまいな概念だね。
社会的には、公序良俗に反した犯罪行為、みたいなもんだけど、
個人的には、特に性生活においては、これこれこう、と定義するのは難しいな。
SMなんてのは変態だ、と思うかもしれないし、そうでないかもしれない。

ちょっとずれるけど、
女子高生に援交、つまりは未青年の売春、のどこがいけないの?
アタシはお金をもらってうれしいし、オジサンはいい気持ちなんでしょ。だれにも迷惑かけてないし。
ときかれて、とっさに回答できなかったって話を思い出した。
1、売春は犯罪です。
2、犯罪だから露顕した結果、迷惑をかけることになる。
3、倫理道徳觀念の欠如
などなど、子供を指導するには、考えておいたほうがよさげ。

売春は人類最古の商売、って言うね(笑
売春防止法が施行されたのは、わが国では昭和も30年に入ってからだから、道徳倫理としては問題視されていたとしても、
それ以前は違法行為ではなかったわけだ。
最近では児童ポルノの違法化で、写真持っていてもダメ、って感じだから、児童ポルノも、社会的に広く変態、と規定
されたと言っていいわけだ。
立法化される、ってことは、よっぽど乱れてるって立法者、つまりは政治家に認識されていることでもあるわけだけれど、
政治家自身が選良と言われるに値するかどうか、はなはだ疑問だね。
倫理道徳の荒廃は核家族化した家庭の教育と、特に初等教育の欠如が原因だろう。むしろこっちが本質かも。

579 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 10:39:41.63
>>578
売春が悪であるのは、それが犯罪だから。
つまり、法の問題。

法が定められるのは、支配者にとって支配しやすい社会をつくるため。
市民多数の支持を得る方が支配しやすければ、多数意見を取り入れた法を作るし、少数意見なら、多数意見であるかのように装うか、独裁的な政党政治となる。
その例が、ナチスであり、中国共産党であり、安倍自民党だ。

売春の禁止に倫理的な側面があるとすれば、それは貨幣という社会経済上の疎外態に、人間の精神が蝕まれるというところにある。

580 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 11:29:44.11
>>579
売春防止法は悪法だと?(笑
このへんは>578と大差無いことの言い換えにすぎないし、ナチス云々は話題でないしバカらしいので無視するとして、

↓これは意味不明だな。わかるようにかけや。

>売春の禁止に倫理的な側面があるとすれば、
>それは貨幣という社会経済上の疎外態に、…「貨幣と言う」はどこにかかるの?
>人間の精神が蝕まれるというところにある。…金で身体を売ると拐~が蝕まれる?

昔の遊女はみんな拐~が蝕まれていたのか?

581 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 12:10:22.05
>>580
君の日本語の読解力に問題があるのかな?

>売春防止法は悪法

なんてどこにも書いてない。
法というのは、つねに支配者の都合によると書いているだけだ。
その意味で、安保戦争法案も売春防止法も変わらない。

>金で身体を売ると拐~が蝕まれる?

もちろんだ。
売ったほうだけじゃなくて、買ったほうも同じ。
人間の精神を、抽象的な物に交換してしまう。

582 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 14:05:02.47
ネトウヨが去ってやれやれと思ったら、今度は難癖野郎の出番か・・

583 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 14:08:19.24
一定の知識があればマルクス経済学の視座から論じられてるのはわかると思うが
俺はマルクスは別として
売春はやはりそれをする当人の何かを損なうと思う

584 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 15:06:01.72
>法が定められるのは、支配者にとって支配しやすい社会をつくるため。

これは明らかにまちがってるね。
大人が書いてるとしたら、信じられないような無知ぶり。

585 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 15:18:01.69
>>584
ここは2ちゃんねるですよ(笑

586 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 15:55:48.95
>>583

そもそもマル経ってのはそれこそ支配統治のための新興宗教。
九条の会とかと同じで、実証研究をもとに構築された理論でもなし。
単なるお伽話。支那はその宿痾からいまだに拔けきれていない。支那の人心が荒廃しているのはそのせいかもしれん。
まあ歴史的展開をみてみれば、お花畑で現実性がないから瓦解するわけだろう。
その意味では反証として立証されたってことになるんだろうな。

587 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 16:36:33.28
>>586
狭い意味の経済学としての、あるいは国家を運営する理論としてのマルクスは終わっただろうが
哲学としてのマルクスはまったく終わっていない
20世紀の思想を準備した三人の一人だ(残りはフロイト、ニーチェ)
2chのニュース板みたいな基礎教養を疑わせるレスを文学板でみるとは

588 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 16:44:33.29
>>587
そりゃ1+1=2、みたいな文言は否定しようがないだけ。
実証がない=単なるお話。
単なるお話をいい話だなー、と思うのは勝手だが、そりゃ思想でもなんでもない。

589 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 16:45:38.01
>>588
どうも大学にいったことがないようだ

590 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 16:51:35.06
敗北を認めたわけだ(笑

591 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 16:53:00.37
学問を知らないバカが実証実証騒ぐんだがやはり図星だったか

592 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 17:06:40.45
まけおしみは見苦しいですね

593 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 17:07:20.06
三島の友人宅がピンポンダッシュされたらしい
お前らも気をつけろよ

594 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 17:14:22.79
                  ,,_________,,             |  :::|
     ______       /________,/l             ┥  :|
.    |l' ̄ ̄ ̄l|      l二二二二二二二二二l/               |  :::|
,,⌒;) |l===,l| ;'           .|  {二} {二} |        ノ从     ,从|  :::|
;;ゝ;;ヾ |l.      l|     ,       |  {二} {二} |         ノ;;ミ;;ゞ   ソ;;ミ|  :::|
ゞゞ;;;ゾ─ ;;''ヾ, ┘   '"`   ,; [::]|  {二} {二} |       ヾ ミ ゞゞ  ミゞ;;|  :┝   /
 ゞ;;;ソソ;;;ゝ;;;ノ  ___       |  {二} {二} | ゙''__.;;ノ;;;ソ ゞヾミ ;; ミゞ'' |  :::|  /
ゞ;;;ソソ;;;; ゝ;;;'ノ /   /| '      |  {二} {二} |./  ,/| ゞ;;ミ;;;ゞ;;;;ミ;;;;, ミミ|  :::|/  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|  |,____|_____|| ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_;;;|   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .|  |   /      ##|| __. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l l lll| ̄|  ピンポ〜ンだっしゅ!!!
            |r────‐v────‐t| ||.石原.|......           |l l lll|  | ∧_,.∧
            ||  ||  || ´ ̄` ,;   `';        |l l lll|  | <`∀´r,>
            ||  ||  ||                | ̄'''|  | し  J
___________||______||______||____________ |  .::|_|/`し'⌒J
                                          '''ー‐゙''

595 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 20:09:53.72
>>582
世の中というのは、自分の思い通りにはならないものさ・・・

596 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 20:17:49.83
>>584
どこが間違ってると思う?
とりあえず、>>581への反論でも書いてみてよ。

>>586>>588
『資本論』というか、マルクスの著作をまったく読んだことがない君が、なんでマルクスを引き合いに出すの?

597 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 20:57:48.66
>>596
マルクスマルクス言う前に、君の日本語がひどいね。議論したけりゃまともな日本語を書くこと。

598 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 21:31:32.18
>>597
そう?
国語の成績は良かったんだけどな?
どこがひどいか、具体的に指摘してよ。

>>581への反論とか、君がマルクスを読んだことがないのにマルクスを引き合いに出す理由とかも書いてね。

599 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 22:06:58.35
売春がよくない理由って
一つには
性病がうつる可能性があるからじゃないの

600 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 22:44:52.58
じゃあセックスはよくない。性病がうつるから、って理屈になるんか?

601 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 23:00:39.99
まあ、単純な二極構造でしかものごとを見ることができない考え方ってのは、それが深化すればするほど、
往々にしてそこからもれた本質のゆえに現象的な事実からの著しい逸脱を惹起することになる。
その乖離は、おそらく認識のはしに捉えられていようとも、認めてしまえば、過度の単純化のために容易に矛盾が
明らかになってしまうので、理解できないふりをするか、無意味な否定をするかしか、対応がなくなってしまう。
マルクス経済学が現実に写像できない事実を認めながら、ありもしない幻想をその上に抱き、その幻想に思想などという
名前づけして自らの不明を糊塗するような眞似をするのもまた、自己に起因する誤謬の故なのだから、
潔く甘受しなければならぬのに、森羅萬象から任意のものを取り出して正当化に用いるものだから、それは滑稽でしかない。

602 :吾輩は名無しである:2015/07/13(月) 23:57:35.88
>>601
いやいや、ことさら難しそうな書き方をするほうが滑稽だよ。
読んだこともないマルクスを引き合いに出すのも恥ずかしい。
滑稽と恥ずかしさの掛け合いを一人でやってるみたいだ。

603 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 00:42:29.17
内容に分け入ることも敵わずたた徒にぐるりを徘徊する愚狼の者よ、敏やか貳に去れ!

604 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 00:46:36.58
>>603
昔に暴走族みたいな言葉使って、自分に言い聞かせてるの?

605 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 07:46:09.34
マルクスくらい読んどけよ
一般教養だぞ
あとマルクス=経済学って短絡すぎ
まあ大学いってないならしょうがないな

606 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 08:39:47.87
資本論を読んだかって話なら無論読んださ(笑 昔な。 
感想は上に書いただろう?

>売春の禁止に倫理的な側面があるとすれば、それは貨幣という社会経済上の疎外態に、人間の精神が蝕まれるというところにある。

これが資本論を読んで理解しているって気になっている言説だから、わざわざ指摘したんだよ。

マルクスにうらみはないが、思想があるとして二流品だってのが意見かな。
なぜそう考えるかは、歴史をどう見るか、ってことに通じる。
理想そのものが、これも悪いわけではないけれど、過度に期待しすぎ。
今マルクス言うやつがブームに躍らされてないんなら幸いだけどな。

607 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 08:51:35.98
>>606
高卒くん
おまえ>>580だろ
読んでいないの丸わかりなんだが

608 :狐狼高霊文学者ハ砕sei魔ガミ中左黒虹髭髪恣結高釈夢無妖禅死:2015/07/14(火) 09:22:41.29
ワルクストエインジェルズだな。

609 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 09:43:30.63
エスパーきどりか?(笑
おまえ、なんとかだろ、とか意味あんのか?そういう穿鑿が?
若いな

610 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 11:19:45.09
>>606
反論したいのなら、具体的な理由を説明しないといけないよ。
中国だの幻想だのと無意味な言葉を並べても理由にならないし、反論にもならない。

「貨幣という社会経済上の疎外態」ということに反論したいなら、貨幣が社会経済から生まれた疎外態ではないことを論じなくちゃいけない。
「(貨幣に)人間の精神が蝕まれる」ということに反論したいなら、貨幣が精神を蝕むことはない、ということを論じなくちゃいけない。
もちろん、その前提として、社会経済とはなにか、精神とはなにか、ということに対する自分としての把握がは必要だ。

二流品だ、とか、過度に期待しすぎ、とか、ブームに躍らされて、とかの君の感想は無意味だ。

>なぜそう考えるかは、歴史をどう見るか、ってことに通じる。

君は、歴史を安倍政権のプロパガンダでしか見ていないのに、マルクスの思想なんて書くから他人にバカにされるんだと思うよ。

611 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 11:44:55.97
>>610
部分を全体に及ぼす誤謬ってやつだな。自分で書いたんだから、全体を見て解説しろよ。主語はなんだったんだ?
朝日新聞みたいで気持ち悪いぞ。

612 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 13:03:05.25
≫「貨幣という社会経済上の疎外態」ということに反論したいなら、貨幣が社会経済から生まれた疎外態ではないことを論じなくちゃいけない。

その前に、「貨幣という社会経済上の疎外態」だという理由を論じなきゃならないだろう。

613 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:09:08.65
/\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ま〜た、板違いの話が始まった・・・思想版でも池や
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

614 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:19:20.62
>>612
横だが
貨幣による換算可能=取替え可能性
というのは個々の人間の固有性=人間性を奪う
当たり前の議論だよね
俺はこれは売春以前の普通の労働について成り立つと思う
売春は更にプラスアルファがあるな
これはおって論じたいがまずは
「貨幣という社会経済上の疎外態」の議論からだな

615 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:27:27.23
≫人間の固有性=人間性を奪う

だから、労働力が商品形態をとる、ということが、
ただちに「人間の固有性」であるところの「人間性」なるものを「奪う」ということになる理由は何よ?
その種の「人間疎外論」というのは、過去にさんざん批判されたんではないか。

616 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:31:13.76
取替え可能な人間はその人間である必要が無い

617 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:32:09.20
たとえば、奴隷よりは、賃労働者のほうが、
とりあえずは、自由だというのが、常識的な見方ではないか。

618 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:33:23.94
>>617
奴隷はまさに取替え可能な部品そのものだが

619 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:36:12.19
取り替え可能なのは、労働力商品としての一面であって、
その人の全部ではないのじゃないの、といえるのじゃないか。

620 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 14:42:37.03
ちなみに、「風とともに去りぬ」のスカーレットの乳母マミーは、
黒人奴隷だけれど、存在感がすごくあって、
取り合え可能、などという者ではないな。
リメイクするならば、アカデミー助演女優賞クラスの黒人女優がやる役だろう。

621 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 15:48:44.44
現代のような社会つまり中間集団、地縁共同体が空洞になった社会において
労働力として疎外されて、それ以外の場面で人間性を発揮する局面は無い
白人が作った映画というファンタジーが当時の黒人が置かれた過酷な現実を表しているのか?
よくそんなものを例にだせるよな
ちょっとバカすぎて返す言葉もない

622 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 15:58:46.44
>>611
なに言ってるの?
なにを解説しろと?
誤魔化さないで具体的に書きなさいね。

623 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:05:42.46
〈現在の人間は本来の人間らしさを失っている、つまり人間疎外の状態に陥れられている、
そこからいかに解放され真の人間性を取り戻すのか――それがマルクスの人間疎外論のいわんとするところ〉

つまり、こういうことを言いたいわけか。
わざとカビの生えたことを書いて、あえて失笑をかおうとしているのでないならば、
どういう意図なんだろうな。測りかねる。

624 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:05:58.19
>>612
「貨幣という社会経済上の疎外態」を、僕が説明する前に、それを批判した人が、それをどう受け取って批判したのかの説明を求めているんだ。
誤解に基づいて批判しているのかも知れないし、書かれていることを理解せずに批判しているのかも知れない。
理解せずに批判しているのなら、その批判を書いた人の精神は反批判に値するものではない。

どういうものであっても、その人の答えを待ってから議論をはじめよう。

625 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:08:57.72
>>623
つまマルクスの哲学、理論は現在の状況を分析する上でいまだ有用ということだよ
高卒君

626 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:09:37.76
>>623
なぜ、カビが生えてると思うの?
具体的に説明してね。
僕は、まったくその指摘どおりだと思うけどね。

627 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:11:22.17
>>626
その指摘というのは、疎外の状態に陥れられている、という指摘のこと。
念のために、補足しとく。

628 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:11:59.27
ヘーゲル的な意味での疎外(Entfremdung)というのは、
〈意識が自己を外化し、対象化して自己にあらざるものを定立すること〉
だから、認識において必然的にあるものだ。
それが何か悪いことなんでしょうか?

629 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:17:15.05
〈貨幣による換算可能〉がいけいない、ということは、
すると、計算計量の形式に属する、ということがいけないわけね。

630 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:20:43.79
≫僕は、まったくその指摘どおりだと思うけどね。

もっとも低俗なマルクス疎外論の理解だろう。
ここでは、マルクス、マルクス、と言っている人が、かえって、
マルクスの思想をバカみたいなものに思わせている。

631 :579:2015/07/14(火) 16:28:51.37
>>628
僕のレスでは〈悪いこと〉として扱ってると思ってもらいたい。
その〈悪いこと〉が解消、発展して新たな態様が生まれると考えるのがヘーゲルであり、マルクス。

もちろんその新しい態様もまた、必然的に、新たな〈悪いこと〉を生み出す。
ヘーゲルもマルクスも、歴史をそうした、いわば螺旋状の進化として捉えている。
ヘーゲルの歴史の最終形は神の世界だし、マルクスは資本主義崩壊後の共産主義の世界ということになる。

ちなみに、マルクスはもちろん、ヘーゲルにおいても疎外は認識の問題ではなく、現実としての態様の問題として捉えられている。

632 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:43:48.33
ヘーゲル的には、認識が現実の態様だろう。
通説的には、認識論即存在論だというのだから。

まあ、ヘーゲル、マルクスともに、疎外自体が悪いとはしていないな。
もし、悪いとしている、というならば、該当箇所を引用してちょうだい。

633 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 16:47:38.30
疎外というコンセプトが彼らの発明であり
それを適用して現代社会において人間疎外の状況が見出されるわけだよ
高卒君
それがマルクスの哲学の現代性だよ
グーグルベースの君に何の何ページといっても君が困るだろ?

634 :579:2015/07/14(火) 16:54:47.10
>>630
>もっとも低俗なマルクス疎外論の理解

君は、その理由を具体的に書けないから、他人に馬鹿にされるんだと思う。

635 :579:2015/07/14(火) 17:10:51.35
>>632
「善は主体にとって偶然なものとして措定されている。それゆえこの主体は善に対立したものに向かって決意をすることができるし、悪であることができる。」
(樫山訳『エンチクロペディー』509)

ちょっとずれてて申しわけないが、手元にあったメモ。
これだけでも、「認識論即存在論」という言いかたは当てはまらないし、疎外が〈悪いこと〉ということがわかると思う。
あとは、『歴史哲学』や『法の哲学』を見て欲しい。

ヘーゲルもマルクスも、歴史観においては、ある状態は必然的にそれ自体の否定である疎外を生み出し、その疎外の解消として止揚された状態を生じる、というのが論理の基本だ。
その疎外は当然、本来あるべきではない否定の状態として生じるから、それは〈悪いこと〉ではある。
マルクスにおいては、その否定の状態、自然としての人間が疎外された社会の解放を追及していることはいうまでもない。

636 :狐狼高霊文学者ハ砕sei魔ガミ中左黒虹髭髪恣結高釈夢無妖禅死:2015/07/14(火) 17:51:34.21
県立大、地方国立、非公開私立、
とかの文学がずらっと並んでないのが不平等だろ。

637 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 19:45:35.99
≫本来あるべきではない否定の状態

ヘーゲル的な否定性に「本来あるべきでない」などという含意はないだろうな。

638 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 19:48:09.88
〈労働は他者(対象)に関係する否定性である。それによって対象は「自己」のものとなる。
ヘーゲルによれば、他者に自己として関係する、この否定性が人間の本質なのである。〉

ここで問題の「労働」に関しては、↑のようなのが辞典的説明だろう。

639 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 19:58:35.88
≫それゆえこの主体は善に対立したものに向かって決意をすることができるし、悪であることができる。

引用文では、主体が「悪であることができる」とあるのではないの。

640 :579:2015/07/14(火) 20:00:10.28
>>637
本来あるべき、というのは、否定性が出てこない状態、くらいの意味。
そういう誤解を招くこともあるのか、ということで、書き方が良くなかったね。

641 :579:2015/07/14(火) 20:06:46.70
>>639
そう。
だから、ちょっとずれてるけど、とことわった。
その主体の自由と主体の同一性との矛盾のあり方の例。

642 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 20:10:17.15
外化(alienatio)というのは、ラテン語なのを見れば分かるように、
ずっと前からあるわけよ。
なお、疎外は、英語だと、alienationだ。

あなたの場合、傍目には、「書き方が良くない」のではなく、
たんに、頭が良くない、かのように見える。
前にも言ったが、ネトウヨみたいな人のほうが、だいぶ知的なかんじだな。

643 :狐狼高霊文学者ハ砕sei魔ガミ中左黒虹髭髪恣結高釈夢無妖禅死:2015/07/14(火) 20:15:54.68
ねとるよ。レベルが低すぎて。

644 :579:2015/07/14(火) 20:21:49.27
>>642
せっかく、日本語が理解しにくい人のために丁寧に説明してあげたのに、また内容のない無意味な感想か。
残念な人だったんだな。

でも、質問があればちゃんと答えてあげるよ。
君が、ヘーゲルもマルクスも読んだことがなくても、なるべくわかるように、やさしく説明してあげるつもり。

645 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 20:37:21.53
≫否定性が出てこない状態

なら、これがどういう状態なのか、優しく説明して。

646 :吾輩は名無しである:2015/07/14(火) 21:18:53.23
      ,. < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > 、
    /               ヽ   _
   〈彡                Y彡三ミ;,
   {\    \|_ \>ー 、  ト三三ニ:}
   人{ >、,___.>、/三 ヾ\ |わ三彡;!   うちのP子がお宅にご迷惑おかけしております。
  /./ トミ;,_       Y/  \>ノー〜=- "
  V / /!   ̄ ̄ ゝ  |   /  _          自己中と自演行為は不治の病のようです。
  し/'┴──----─''|  ン}\-ヾ彡            そのうち「なりすまし」もやらかすと危惧しています。
              ヾ、___ノー'''`         どのスレでも手に負えませんので三島スレで隔離お願いします。

647 :吾輩は名無しである:2015/07/15(水) 08:07:57.51
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < ここは三島スレの縄張りやで!ヘーゲルとかの出る幕じゃあらへんのや!さっさと出ないとな、痛い目に遭うど!!
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\

648 :吾輩は名無しである:2015/07/15(水) 09:02:18.09
そう。
だから、ちょっとずれてるけど、とことわった。

649 :狐狼高霊文学者ハ砕sei魔ガミ中左黒虹髭髪恣結高釈夢無妖禅死:2015/07/15(水) 11:01:28.11
原典はよく読む必要はないの。私学の三島家にいうと。
雑誌論文とか、経済記事、詩とか、数式なんかはインターネットで
出来る。

650 :吾輩は名無しである:2015/07/15(水) 11:01:48.15
コイツはどこのスレ行っても墓穴を掘ってるな

三島スレでヘーゲル論じようとするならシュレーゲルにつなげて、
それから保田與重郎と日本浪漫派、橋川文三、蓮田善明などと絡めて、
彼らとの相違を論じないとな。

651 :吾輩は名無しである:2015/07/15(水) 13:14:04.25
>>650
知ってる名前を並べるだけで知識人になったつもりの君は、いつも楽しそうだね。

652 :579:2015/07/15(水) 15:18:55.75
>>645
「精神はその実体すなわち自然的な心においては一般的な地上的な生命と生活を共にしており、
気候のちがい、季節や時刻のうつりかわりなどと生活を共にしている、つまり自然生活をしている。」
(樫山訳『エンチクロペディー』392)

こんな説明でいいんじゃないかな?

653 :吾輩は名無しである:2015/07/15(水) 16:06:11.36
ようするに、悪であるところの「否定性」。それが「出てこない状態」である
「自然」。そこにかえれ、というわけね。
なるほど「自然にかえれ」ですか。すると、ルソーとおなじということかな。

654 :狐狼高霊 文学者 コーヒーハ砕sei魔ガミ中佐:2015/07/15(水) 16:52:03.48
読んできてる人は、  自己弁論するだけでいい。ソ クラテスさ。

655 :狐狼高霊 文学者 コーヒーハ砕sei魔ガミ中佐:2015/07/15(水) 16:54:24.21
事故弁護論も大事。

656 :吾輩は名無しである:2015/07/15(水) 21:53:51.71
もうすこし三島とのつながりを持たせないと…。

657 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 00:21:26.20
最近読んだ三島の小説の感想を書きあおうよ
俺は
軽王子と衣通姫を読んだが
通説では軽王子は妹と関係を持ったことになっているが
この小説では叔母と関係を持ったことになっているのは何故だろうかと思った

658 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 01:32:34.81
>>657
その辺のいきさつはwikiに書いてありますよ

659 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 01:40:08.04
>>658
サンクス

660 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 02:13:46.40
廣松渉みたいな一人漫才やってるヤツがおるな

661 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 12:20:07.95
>>650
フィヒテ、ホフマン辺りもその辺の三島絡みの話には重要。

662 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 12:48:51.50
個人としての三島が好きなのは、太宰に面と向かって太宰の文学は嫌いだと言ったところ(笑

663 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 13:10:23.79
第一にこの人の顔が嫌いだ。

664 :621:2015/07/16(木) 13:11:35.29
最近読んだ三島の小説の感想を書きあおうよ(笑

665 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 13:11:57.86
にやけた太宰よりはいいんじゃないか?弁慶みたいで(笑

666 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 13:14:47.44
そうだよ。
俺と太宰は同じだよ。
同じなんだ。

667 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 13:20:45.97
三島の濡れ場の描写は端正(笑 憂國読んでそう思ったな。ちょっと笑いが出た。

考えること、ってのは、意識的にしろ無意識にしろ、現実に近づこうと言う話になるのじゃないか?
だから、有害図書を子供に見せない、グロテスクな事件報道を自肅する、なんてのは、案外正しいのじゃ
ないか、って気がする。これは報道が自由とかの話ではなく、人間の動物的な資質の問題としてだけど。

668 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 13:26:53.74
>>667
君子は庖厨を遠ざく、というから、そうかもしれないな。

669 :吾輩は名無しである:2015/07/16(木) 14:43:43.31
【『豊饒の海』の主題について】

1.外境は無である
2.外境は有である

さて、どちらでしょう?

670 :名無し:2015/07/16(木) 22:38:34.89
三島が嫌いな太宰を尊敬してる又吉が芥川賞を取った。

671 :吾輩は名無しである:2015/07/17(金) 01:16:45.18
>>666は死の一ヶ月半前の三島の言葉。

672 :吾輩は名無しである:2015/07/17(金) 01:17:51.54
又吉って三島についてはどう評価しているのかしら

673 :吾輩は名無しである:2015/07/17(金) 01:54:54.31
三島は又吉なんか比べ物にならないくらい太宰のことを理解してる。

674 :吾輩は名無しである:2015/07/17(金) 02:25:31.37
武田泰淳の『富士』の宮様は三島事件を予言してるね

あと、三島追悼文だったかはっきり覚えてないけど
「三島さん、あなたの天才の秘密は人間を知らないことでした」みたいなことを
書いていた記憶がある。
褒め殺しの名人だなあと思ったわ

675 :吾輩は名無しである:2015/07/17(金) 09:37:21.64
>>673
比較するのかよw

とはいえ、又吉という人のを読んでもいない俺がとやかくは言えないが。

676 :吾輩は名無しである:2015/07/17(金) 17:50:12.16
又吉なんぞどうでもいいんだけど、円城塔あたりは三島だったら“それなりに”評価すると思うよ。

芥正彦あたりは三島におちょくられるかホメ殺しされると思う。

677 :名無し:2015/07/18(土) 00:55:51.98
>あと、三島追悼文だったかはっきり覚えてないけど
「三島さん、あなたの天才の秘密は人間を知らないことでした」みたいなことを
書いていた記憶がある。
〜これ馬鹿だな。三島は人間を知ってたからニヒリズムになったんだよ。

678 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 01:24:44.85
中国文学に精通しており、戦争中に人殺しをした可能性が高い武田泰淳が馬鹿だとは・・・
武田にしろ坂口安吾にしろ、人間を知っていたから三島のニヒリズムはクダラナイと思っていたはずだよ。

679 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 01:30:00.25
人間を知っているとか知らないとか、というよりも、
三島由紀夫という人には、いつまでも子供じみたところがあった、
とはいえるだろう。

680 :名無し:2015/07/18(土) 01:47:50.21
経験?人生経験の少ない三島でも人間の本質が分かっていたんだよ。
これは観察力と直感か?でも坂口は偉いよな。又吉より安吾を読め。

681 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 02:11:28.28
>>680
まあ、それでもいいや。お互い不毛な議論してもしょうがないしな。
今回の又吉の受賞で、文学板の多くのスレがムダにレスが伸びてるよな。
又吉の(もうこれで彼の名を出すのは最後だ)『火花』を読んで文学に関心を持った人w
には、安吾の『勉強記』を薦めるってのはどうだい?青空文庫にもあるしよ。

スレチなことを書いて三島ファンには悪いな。
すまん。

682 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 02:26:32.73
勧めてくれるのはありがたいのだけれど、
その本のどこがどうというのを、少し書いてくれるといいね。

683 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 02:49:07.76
>>682
申し訳ないが、短いし、青空文庫にもあるから読んでくれ。

ごく簡潔に言うと、サンスクリット語やチベット語を学ぶ学生と先生のマヌケな物語。

下手な漫才や業界裏話よりもずっと面白いよ。

三島も安吾を高く評価していたし、ここで安吾のことを書いても許されるかな?

684 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 14:15:10.81
もし時空を越えた鼎談が実現するとして、三島由紀夫、太宰治、あと一人誰を選びますか?

685 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 14:51:03.01
三島w
太宰ww

686 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 14:54:11.52
お前みたいな単芝馬鹿は本当にどこにでもいるな。
言語的不具者なのか?

687 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 15:05:00.15
オレも三島と太宰は対談させたくない。くだらないものになると思う。
だが、>>684を尊重して
近松門左衛門を選んどく。多分二人とも拝聴するしかないと思うけど。
20世紀の海外の作家ならたくさん選べるけど。

688 :579:2015/07/18(土) 16:41:13.81
>>684
その二人に加えるなら、吉本隆明しかいないだろ?

689 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 17:54:15.52
>>684
三島由紀夫『鏡子の家』
太宰治『斜陽』
ヘルマン・ブロッホ『夢遊の人々』
について語り合う。

690 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 21:36:13.61
>>684
立川談志

691 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 21:49:07.33
時空を越えた鼎談ならアントナン・アルトーに頼んでシッチャカメッチャカにしてやれ

692 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 23:17:11.95
>>684
川端康成一択だろw

693 :吾輩は名無しである:2015/07/18(土) 23:35:02.93
とにかく太宰を外せ カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ

694 :名無し:2015/07/19(日) 01:13:15.84
吉本て馬鹿だろう。精神科の医者の方がいい。
科学者の本音が出ると思う。

695 :吾輩は名無しである:2015/07/19(日) 01:18:57.43
さっき吉本隆明のことを持ち出したヤツはな、
http://christianity-church-barth.undo.jp/category51/entry197.html
↑みたいなことをまたやりたいんだよ。

自演し始めたら温かくロムって上げようぜ

696 :吾輩は名無しである:2015/07/21(火) 22:09:09.29
暁の寺は宗教のことや輪廻転生のことを勉強しなきゃ理解できないね

697 :吾輩は名無しである:2015/07/21(火) 22:56:27.83
豊穣の海は20年以上前の学生時代に読んだけど春の雪は恋愛物語として凄く感動した
奔馬は神風連の話とか読みにくかったが結構面白かった
暁の寺と天人五衰は読むのキツかった仏教用語とかわからんし
で最後の聡子の言葉には茫然としたよ
今読むとだいぶ印象違うのかな

698 :吾輩は名無しである:2015/07/21(火) 23:59:39.98
≪参考≫
インド哲学研究のA教授と中観思想研究のB教授との会話(「外境」=「外界」と捉えてよい)

A教授:三島は『豊饒の海』で外境の有を証明した。
B教授:いや、三島は外境の無を書いたんだよ。三島は唯識思想をよく理解していたと思う。
A教授:そうか、そう言われればそうだな(苦笑)。

※これは本当の話(会話)です。その業界では世界的な研究者たちなので、名は伏せておきます。

699 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 01:15:19.17
外境の有とか無というのは、どういうことなの。
また、それを証明するとは何のことだ。
解説お願いします。

700 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 01:48:30.81
>>699
先ず「外境」「唯識」に関してはググって下さい。
これと「三島由紀夫の声(最後の対談 後半) 」
ttps://www.youtube.com/watch?v=im5aRdSN7Dw
を聴いて下さい。

A教授とB教授の会話についてはベタとも取れるし、マヌケとも鋭いとも取れます。
A教授の「証明」という言葉はまさにそうです。

謎かけのようで申し訳ないのですが、そこが2chの面白いところだと思っています。

701 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 02:13:25.75
おっしゃる通りしましたが、証明した、というのが分からない。
解説を願します。

702 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 02:43:59.53
>>701
もう一度youtubeを聴いて下さい。
今度は「相対(主義)」「行動(哲学)」「禅(思想)」に注意して聴いて下さい。

申し訳ありませんがもう寝ます。返事は明日時間が許せばします。
度々謎かけしてすみません。

ちなみに、私は三島が仏教を深く理解していたとは思っていません。
三島が仏教をどのように理解し、『豊饒の海』に利用したかを示唆しているだけです。

703 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 02:54:04.16
「証明した」というのが分からない、のだもの、
ふたたび見たって分からないだろう。

704 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 14:34:33.09
>>703
分からなくてもいいのです。むしろ分からない方が良いと言っていいでしょう。

A教授は文献を細部に亘って読み込むことについては、研究者の間でも一目置かれている方ですが、
全体の解釈については時々ボケをかます方です。木を見て森を見ずの典型です。

B教授はA教授と同じく文献読解も素晴らしい方ですが、論文に必ず自分の信仰告白を入れないと気が済まない方です。

もうひとつヒントを出しましょう。ここで「有」と呼ばれているのは仏教で議論されている実在性のことです。
参考として、
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AC%E4%B8%80%E5%88%87%E6%9C%89%E9%83%A8
の三世実有説を読んで下さい。

705 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 15:00:25.64
分からない、という皮肉が、つたわらなかったようだから、
はっきり、くだらない、と言うことしよう。

706 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 15:09:06.12
ここ数日、あるしゅ人達の書き込みがとみに増えたようであるが、
やはり暑いと症状が悪化するのだろうか。ひきこもっているのだったら、
冷房をきかせていれば、暑さもそんなに影響しないのではないかとも思うのだけれど。

707 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 15:45:20.50
読解力を問題にする以前に、読み飛ばしの多い人を相手にするのは骨が折れますね。
怒りも憐みも通り越して何も感じなくなってしまいました。

708 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 16:00:14.90
何一つまともにできもしない低能底辺が、なにいってんだか。

709 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 16:04:31.38
ここは三島スレなので罵り合いをしたいのなら雑談スレでやって下さい。

710 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 16:13:59.71
いやです

711 :579:2015/07/22(水) 16:34:47.31
>>708
できたからといって、人々のためになるとは限らない。
日本の政権中枢も官僚も、かなりのことができるけど、人々にとっては、やらないほうがいいことを、たくさんやったりしてる。

712 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 16:56:21.19
毎度〜、お馴染み〜、自演コーナーでございます♪
要らなくなったヒステリー女、自演女、なりすまし女、私大文学部卒女は
すべて〜、雑談スレにて回収〜、いたします♪

713 :579:2015/07/22(水) 17:02:22.02
>>712
そんなに、女にもてないのか?

三島みたいだね・・・

714 :698:2015/07/22(水) 19:43:32.50
>>705
>分からない、という皮肉が、つたわらなかったようだから、
>はっきり、くだらない、と言うことしよう。

「分からない、という皮肉」と「くだらない」ということについて解説して頂けますか。

私が>>698の書き込みについて解説することは簡単です。
解説することがあまりに野暮過ぎてやりたくなかっただけです。
あなたから返事を頂ければ解説いたしましょう。

715 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 20:27:24.30
「分からない」「くだらない」について、
わたしは、解説できないな。
あなたのほうは、簡単だとおっしゃっているわけだから、
ぜひ解説をお願いします。どうぞ。

716 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 21:10:05.30
>>715
そのようにレスなさると思っておりました。

私は自分で書いたものだから勿論解説できます。解説するまでもないくらいです。
あなたが「分からない、という皮肉」と「くだらない」について解説できない理由も
よ・く・わ・か・り・ま・す。

まともな読解力のある方なら、>>698>>700>>702を読めばすぐ理解できますよ。
あなたの釣りと煽りに付き合うのはこれで最後です。
いろんなスレでよくなさってますね。
分からないのに、相手が解説したら「私もそんなことぐらい知っていた」と書くのでしょう。
あなたが私を納得させられる返事をなされば、私は野暮な解説をいたしましょう。
それができなければここでお別れです。

717 :579:2015/07/22(水) 21:17:02.14
>>716
横だけどさ、君は卑怯だと思うよ。

「返事を頂ければ解説いたしましょう」なんてもったいぶって書いて、その相手がちゃんと返事をしたのに、こんどは「私を納得させられる返事をなされば」に変更。
君の解説が見たいとは思わないけど、こういうことを書く人間が三島スレで威張ってるのかと思うと、とても残念だ。
もう少し、人間としての誠実さを身に着けたらどうかと思う。

718 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 21:26:51.60
ホントに卑怯だよねぇ、
579さん、P子さん、ジャネットさん?

私が欲しい返事は
“「分からない、という皮肉」と「くだらない」ということについて解説”
した返事です。ただレスすればいいというものではないのです。

相変わらず読み飛ばしが多い人ですねぇ。

719 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 21:29:53.28
579は「分からない」の私ではないよ。

720 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 21:31:02.31
簡単ならつべこべいわないで、さっさとやればいいわけよ。

721 :579:2015/07/22(水) 21:34:24.22
>>718
スレ番を明示してるんだから、人違いしちゃいけないw

君は、はじめの約束を違えたんだよ。

722 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 21:37:15.80
できないって。
やれったって、どうせしないの分かっていて言っているんだから、
そこは私の人が悪いわけよ。

723 :579:2015/07/22(水) 21:41:51.23
>>722
そういう言いかたもフェアじゃないと思う。

ふたりとも議論ができる人間じゃなさそうだ。

724 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 22:37:15.64
おー、おー、
これだけ読解力の欠如と読み飛ばしの達人が一堂に会する日もめったにないことだ

久しぶりにル・クレジオスレでも覗いてみるか

725 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 22:52:48.42
あなたがご自分の読解力が高いとおっしゃるのは、きいたから、、
筆力のほうを拝見させてちょうだい。
書評とか、そんなものくらいは書いたものがあるのでしょう?
ほんの少しでいいから、見せてください。

726 :名無し:2015/07/22(水) 22:59:55.50
仏教などいかがわしい哲学だが、三島のニヒリズム
は体験的に理解したものだろう。

727 :吾輩は名無しである:2015/07/22(水) 23:09:14.00
仏教もいかがわしいが、三島のニヒリズムもかなりいかがわしい

728 :名無し:2015/07/22(水) 23:17:28.02
三島の個人的体験から出た哲学だろう。
案外当たってるんだよな、会社員なんかしてみると。
三島の性的な物はキモイからアホだと思うけど。
あくまでも個人の趣味範疇。俺はノーマルなので。

729 :吾輩は名無しである.:2015/07/23(木) 08:50:22.01
>>718
通りすがりの横レスですが…。

>>646に書いてあるのは悪意ある中傷ですので、まともに受け取らないでもらえませんか?

730 :吾輩は名無しである:2015/07/24(金) 08:28:50.30
「命売ります」、俗っぽくていいねw

731 :吾輩は名無しである:2015/07/24(金) 11:31:48.56
『美しい星』はamazonレビューが高いので読んでみたんだがイマイチだった。
終盤に宇宙人の視点で人間をどう裁くのか、抹殺的な視点と救済的な視点が議論する
クライマックス部分があるのだが、その肝心な部分が時代の変化により全然イマイチ。

732 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 07:33:39.82
反安保法制は国民的うねりとなっている
日本人も捨てたものではない
日本国民対右翼勢力の構図となってきたな

733 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 08:14:16.87
仏教いかがわしいとは物質社会にまみれ何の価値もみいだせない俗物かしら?

734 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 08:37:36.68
拉致って言葉の意味がわかんないやつが多いな。 >732のように。>732が拉致されりゃよかったのにな。
ここで言う「拉致」ってのは、テロ国家北朝鮮の工作員が、日本国内の反日売国奴サヨクである日本人と、
反日朝鮮人の「手引き」によって、日本国民を誘拐し、北朝鮮に連れ帰って道具にした、って事実だ。

https://www.youtube.com/watch?v=BD2SZbHaQhY
https://www.youtube.com/watch?v=gdNtG_H_Fvw
【舘雅子】東京裁判から従軍慰安婦・拉致問題まで〜歴史の目撃者が語る真実[桜H25/7/23]
拉致については、2本目の19分30秒あたりから、なまなましい話が解説されている。
いろいろ知るべき内容があるので、時間があれば全部が必見の内容だ。

GHQが今の憲法をおしつけたのは、GHQが日本を占領していたとき。
拉致がそれ以降に行われ、未だに拉致された日本人が日本に帰国していないわけで、
そもそも、反日売国奴どもの言う「平和憲法が日本を守った」なんてのはウソだ。

竹島の南朝鮮による不当占有も、GHQのおしつけ憲法が制定されたあとだから、これも
「平和憲法」が何の役にもたたず、領土を侵略された事実、ってわけ。

今、自衛隊は、日本国民の拉致に出会ったとき、憲法を遵守しようとすると、滿足に日本国民を
助けられないとする法解釈がある。それは自衛隊が「ポジティヴ・リスト」に縛られているから。
一日も早く、「ネガティヴ・リスト」で活動できるよう、憲法改正をして各種法制の整備をしなければならない。

735 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:22:57.60
日本人がそれを良きものとして受け入れ永く育んできた憲法を
右翼勢力が破壊しようとしている
日本の危機におおくの良識的日本人が立ち上がった

736 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:26:25.08
>>735
皇紀2675年の中で、外国の軍隊が駐留してるような半人前の国家状態は70年。

現行憲法はGHQが作った、日本弱体化政策のための憲法。
日本弱体化をのぞむおまえは朝鮮人だな。クソ野郎。

737 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:30:25.05
軍国主義の抑圧から日本人が解放されて70年
非民主的体制を肯定する右翼勢力がうごめき始めた
日本人対右翼勢力の闘いにおいて日本人を支援せよ

738 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:33:40.21
皇紀2675年とかどんなあほ面でいってるんだろうな
バカじゃないの

739 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:42:04.38
>>738
無知

740 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:43:06.71
拉致って言葉の意味がわかんないやつが多いな。 
ここで言う「拉致」ってのは、テロ国家北朝鮮の工作員が、日本国内の反日売国奴サヨクである日本人と、
反日朝鮮人の「手引き」によって、日本国民を誘拐し、北朝鮮に連れ帰って道具にした、って事実だ。

https://www.youtube.com/watch?v=BD2SZbHaQhY
https://www.youtube.com/watch?v=gdNtG_H_Fvw
【舘雅子】東京裁判から従軍慰安婦・拉致問題まで〜歴史の目撃者が語る真実[桜H25/7/23]
拉致については、2本目の19分30秒あたりから、なまなましい話が解説されている。
いろいろ知るべき内容があるので、時間があれば全部が必見の内容だ。

GHQが今の憲法をおしつけたのは、GHQが日本を占領していたとき。
拉致がそれ以降に行われ、未だに拉致された日本人が日本に帰国していないわけで、
そもそも、反日売国奴どもの言う「平和憲法が日本を守った」なんてのはウソだ。

竹島の南朝鮮による不当占有も、GHQのおしつけ憲法が制定されたあとだから、これも
「平和憲法」が何の役にもたたず、領土を侵略された事実、ってわけ。

今、自衛隊は、日本国民の拉致に出会ったとき、憲法を遵守しようとすると、滿足に日本国民を
助けられないとする法解釈がある。それは自衛隊が「ポジティヴ・リスト」に縛られているから。
一日も早く、「ネガティヴ・リスト」で活動できるよう、憲法改正をして各種法制の整備をしなければならない。

741 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:46:21.82
チャンネル桜とかどういうアホ面で貼り付けてんだ?

742 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:48:02.96
>>741
おまえみたいな無知がいるからしょうがないんだよ(笑

743 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 09:52:25.35
>>740
自衛隊は9条によって規制された存在なのだから
例外的に何々ができるというポジティブリストであるのが当然だよ

744 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 10:07:03.76
>>743
それでは不都合なんだよ。おまえみたいな朝鮮人には好都合だろうがな。

745 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 10:40:02.24
集団的自衛権は他衛権であって日本国民をまもることと関係ない
軍国主義者がアメリカの戦争に追随するためにつくろうとしている法案
まともな日本人は皆否定的にとらえている

746 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 10:47:39.53
>>745
日本語が理解できない朝鮮人

747 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 10:48:14.69
今の右派も今までの左派も結局自衛隊をアメリカの傭兵に仕立て上げたんだよ
自衛隊は軍隊でない存在だから、建前状使い勝手が良いのかもね
憲法改正の必要性・自衛隊のアメリカの傭兵の危惧・極東アジアの経済大国…
三島由紀夫は将来の日本を予見してたんだな

748 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 10:52:19.30
三島が生きていたら日本国民と一緒に安保法制NOの声をあげて立ち上がっただろうな

749 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 11:00:29.74
まさか

750 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 13:13:30.28
日本の若者の血がアメリカの為に流される
それが安保法案だ

751 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 13:31:51.86
アメリカの若者の血はすでに日本のために流されている。

752 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 13:41:49.82
残念ががそれは嘘だ
アメリカの若者の血が日本の為に流されたことなど無いのに
日本の若者の血はアメリカの為に流される
それが今回の安保法制の中身だ

753 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 14:09:32.48
>>752
日本の経済は中東の石油がなきゃなりたたない、ってのはわかるかな、ボク?(笑

754 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 14:16:26.10
>>753
アメリカは日本の為に頑張ってくれてたんですかw
初耳ですねwww

755 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 14:21:33.79
>>754
日米安保はもう習ったかな、ボク?(笑

756 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 14:24:28.36
>>755
日米安保で中東までアメリカが出かけてたんですか?オジサン?www
右翼の欺瞞極まれりですねwww

757 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 14:50:01.73
日本防衛のためにアメリカが中東まで出張っていったのではないが、
アメリカの中東派遣軍の一部は、日本から出撃しただろう。
これは日本の戦略的後方支援をうけての軍事行動といえる。

758 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 14:56:52.34
>>757
残念
日本から軍隊が出て行ったということと
日本から軍事的支援をうけたこととは全然違う
アメリカ軍の行動に日本政府が何らかの関与をしたのならそういえるだろうがそうではない

759 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:13:29.78
〈兵站( Military Logistics)は、戦闘地帯から後方の、軍の諸活動・機関・諸施設を総称したもの〉

在日米軍基地と言うのは、最大の戦略的兵站基地だろう。
ベトナム反戦運動のころは、社共にかぎらず、市民活動家などにしたって、
「日本はアメリカの侵略行為への加担をやめろ」、
といったものだし、湾岸戦争の時も、そういう主張があった。

760 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:22:30.92
巨大軍事基地を置かせてるのが戦力的軍事支援でないならば、
アメリカに戦力核ミサイル基地を置かせても、おなじく、
軍事支援ではないことになるだろう。

761 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:31:16.17
戦力的→戦略的

762 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:35:14.34
戦力核→戦略核

763 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:49:54.57
>後方の、軍の諸活動・機関・諸施設

これは全てアメリカが勝手にやっているわけだが
ただ土地を貸している以上アメリカが非道な行為をやっているなら
日本人として道義上抗議をすべきときは当然に有る

764 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:53:31.98
≫ただ土地を貸している

なにをわけのわからないことを言っているのだ。
野球チームやオリンピックチームに
キャンプ地を提供しているのじゃないのよ。
各種の法令に基づいて、大規模軍事基地を置かせているのだ。

765 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 15:54:59.51
>>764
日本政府がそのアメリカ軍の諸活動に関与しているのか?していないだろ
それで話は終わりだ

766 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:00:21.33
基地を提供しているのが最大の関与じゃないの。
また「思いやり」とかいって、予算も付けているだろう。

核ミサイルを在日米軍基地内に配備しても、
「アメリカが勝手にやっている」となるわけね。

767 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:04:10.95
>>766
アメリカがどういう行為を行うか実際に日本は関知していない
逆に関知しているなら憲法違反だ

それと全く別に、いくらなんでも核を日本の本土に置くことは被爆国として許容できないため
アメリカの日本基地における核配備については反対していく必要がある

768 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:04:59.09
ようするに、施設建物を貸すと、兵站支援であるが、
土地を貸すのは、それに当たらない、というわけね。

769 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:10:46.49
>>768
何かを支援する、兵站を担うというならアメリカ軍が
何を行うか作戦レベルで知っている必要が有り
かつつ、その情報を受けてリアクションをする必要がある
アメリカの軍事行動について何をどうするということをアメリカは日本に知らせているのかよ言えばいないだろう
そういうことだ

770 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:10:49.76
すると、これまでの日本政府の安全保障政策は、戦術的にはもちろん、
戦略的にも、なんら対米軍事支援には当たらない、
ということだな。
その極端な過去肯定、現状肯定は、「平和勢力」にとっての「新説」ということになるだろう。

771 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:15:24.91
誰が何をいっているか知らないが
日本が今までのアメリカの戦争において兵站を担っているかといえばそれは定義上違う

ただ日本の国土を貸している以上、その国土の上でなりたつ活動において
アメリカが非人道的戦争を行っているならばそれにたいする非難が、アメリカ、日本双方の政府に向けられても
なんら不思議は無い

772 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:17:38.58
「仮面の告白」か「盗賊」を読もうと思うのですが、どちらの方が難しいですか?

773 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:19:46.41
≫その国土の上でなりたつ活動

これがロジスティックスではないの。
そのロジスティックスが成り立つような条約は軍事同盟だし、
法令は対外国軍事支援にかかる法令だろう。

774 :579:2015/07/25(土) 16:34:13.32
>>736
実は、二千年ほど前に朝鮮半島から入ってきた勢力が現在の日本の中枢らしいよ?

原住民である縄文人を朝鮮半島から侵入してきた弥生人が駆逐したらしい。

775 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:38:12.31
土地をぽんと投げて埒外にほったらかすことを兵站、ロジスティクスとは通常言わない

776 :579:2015/07/25(土) 16:38:31.70
>>773
いずれにしても、それは最高裁で合憲とされてる。
それが砂川判決。
でも、そこまでが砂川判決で、集団的云々は個人の意見。

777 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:45:37.17
今回の法改正も砂川判決の合憲判断を踏まえている、
というのが政府高官および与党幹部の見解なのじゃないの。

778 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 16:53:15.38
>>777
砂川判決は日本の自衛権については一切判断をしていない
政府や与党が何のつもりか出してきたが完全な無理筋

779 :579:2015/07/25(土) 16:57:26.42
>>777
砂川判決とは無関係というのが、最終的な政府見解だったと思う。
自民党か官僚かが、砂川の個人意見を判決文と勘違いして合憲だって得意になってたけど、個人の意見に過ぎないと指摘されて、あわてて引っ込めた。

780 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:00:51.57
全く無理筋だとは思わない。

これに反対するとしたら、非武装中立でなければ違憲、でなければ無理筋である。

781 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:04:53.44
自称「平和勢力」というのが、少々前のタカ派みたいな条約・法令の解釈をするようになっているのが、
いまどきの珍現象といえるな。

782 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:06:13.69
>>780
何を思おうとも勝手だが
砂川判決は日本の自衛権が論点になった裁判ではない

783 :579:2015/07/25(土) 17:07:38.22
>>780
判決文読んでからレスしなよ。

>>781
残念なことだな。
判例が、現状肯定で積み重なってきてるんだよ。

784 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:08:53.01
>>781
今時の右翼勢力は日米安保も自衛隊も違憲と主張しているよな
どうも既に違憲なんだからなんでもありじゃないかという論法らしいが
右翼は馬鹿だからそういう話がなりたつと思っているようだが
これらが違憲なら論理的に当然に集団的自衛権は違憲となる

785 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:10:38.75
国連憲章第51条などとの関連が、ここで話題になったのじゃないか。
というよりも、その国連憲章の話を出したのが、私なのだけれど。

786 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:15:39.57
右翼ではなく、タカ派といったの。

なににせよ、「九条の会」などの発起人たちは、非武装中立でなければ違憲、
おおむねこの立場だった。
また、日米安保は軍事同盟であり、在日米軍基地は戦略的兵站基地であり、
その基地を置かせることは、戦略的兵站支援、という理解だった。

787 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:16:31.36
>>785
その条はしなければならない、という規定ですか?
違いますね
できる規定です
だからそれを根拠にはできない
小学生レベルの理屈ですよ

788 :579:2015/07/25(土) 17:18:35.22
>>785
国連憲章を持ち出すと、敵国条項を避けて通れない。
アメリカとの共同行為であっても、日本だけが連合国のどこかから無条件で敵国とみなされることにもなりかねない。

789 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:19:41.79
≫その条はしなければならない、という規定ですか?
≫違いますね

意味が分からない。どういう主旨か少し説明してください。

790 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:24:11.10
>>789
「しなければならない」という規定であれば9条が「できない」ということと、かちあうが
「できる」ということについて別途9条が駄目だといっていても
両者に矛盾は生じない
サルでもわかるレベル
51条とか振り回してるのは自分はバカと言って回っているのと同じ

791 :579:2015/07/25(土) 17:31:44.83
そもそも51条を連合国の敵国である日本に適用するのは無理がある。

792 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:46:31.90
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

>>790 は、この条文のどこを指してのご意見ですか。

それと、780と781は、おなじくわたし。

793 :579:2015/07/25(土) 17:49:38.90
>>792
横だけど、砂川判決は読んだの?
wikiだと恣意的な取り上げ方の人が書いてるから、参考にならないよ。

794 :579:2015/07/25(土) 17:51:26.18
>>792
それから、国連憲章を持ち出すときは、敵国条項にも注意しないといけない、と指摘しといたけど、それは理解してるの?

795 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:52:36.18
誤解があるようなんだが、わたしは、ちゃんと、非武装中立でなければ違憲である、と主張しないといけないのじゃないか、といっているのよ。
これまでの安全保障関連法令は合憲だが、今回の改正は違憲、などというのは、
わけのわからない解釈だ、ということだな。
ぎゃくに政府与党側のほうは、宣戦布告等を以てしての旧来の戦争行為と、
侵略戦争行為をのみ憲法九条は禁止している、というもので、たしかに、ありうる文意解釈ではあるのだ。

796 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 17:57:45.13
>>795
今までの解釈は9条を解釈したギリギリ一杯で許容できるのが専守防衛だとしてきた
よってそれから一歩でも出たら違憲
これまでの解釈で首尾一貫する

797 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:01:03.49
読んだけれど、あなたの解釈を、ぜひ読ませてください。
敵国条項との関連もお願いします。

798 :579:2015/07/25(土) 18:01:10.38
>>795
法令について自分の考え方を披露しても残念ながら意味がない。
最高裁は、日米安保についても、自衛隊についても、直接の判断を避けるという立場をとって、事実上の現状追認としている。
まして、国連憲章の全容すら理解していない君が51条を声高に言い募ったり、それが不適切と指摘されると、こんどは9条解釈に逃げ込んだ。

そういう議論のしかたは、ただ相手を腐そうとしてるだけの醜い精神の表れに見えてしまう。

799 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:02:02.47
>>774
古代史なんてのはほとんど仮説。科学だと多くの分野では立証する手段があるけど、文系では事実は
闇の中ってのが多い。今現在だってそうだろう。ましてや有史以前おや。

日本の歴史は神話の時代+人間の時代で当然ユニークな歴史。大切なのはどう考えられてきたか、
何が信じられてきたか、ってことだと思う。のちに新事実が出てきたとして、それは土をほじくり返して
わかった、なんてのがせいぜい。
日本の歴史はアホサヨ学者がなんと言おうと(笑 皇統と分かちがたく結びついている。
天照大神の子孫、神武天皇が初代で、その即位は今から2675年前。今上陛下はそこから数えて125代目。
これが世界に一つしかない、神話と人の世がつながった歴史。先人はそれを信じてきたから、
我々もそれを信じる。それが日本人。そうでないのはバカか外国人。きわめて明快だろう(笑

800 :579:2015/07/25(土) 18:02:40.43
>>797
読んだのなら、敵国条項というのがどういうものかがわかっただろ?
他人の意見を聞く前に、自分の意見を書いてごらんよ。
どう思う?

801 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:02:47.09
法的安定性というものがあるのだから政府は当然今までの解釈をベースにして
合憲性を証しなければいけないのであって
こういう文意にもとれなくもない、という話をいきなり持ってくるなんてのはあり得ないし
少なくとも国会ではそういう低レベルな話はさすがに政府もしていないはずだが

802 :579:2015/07/25(土) 18:04:31.99
>>799
江戸時代までの人間には、階級によらず、記紀を読んだ人なんか、ほんとに少ないよw

803 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:05:39.83
わたしは敵国条項とはこの件は関係ないと思うよ。
だからこの問題にかかわる意見はないな。
あなたは、関係があるというのだから、どうぞおっしゃってください。

804 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:06:01.26
>>799
>神話と人の世がつながった歴史。先人はそれを信じてきたから

ダウト
その皇国史観は近代国家の統治のために採用され
有る時期の日本国民が無理やり信じさせられただけ

805 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:11:35.56
>>804
皇國史観なんて言葉がある前から、そんなのは常識だったわけ(笑

バカだな。

806 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:11:43.00
砂川判決は、傍論でではあるけれど、たしかに、
国連憲章第51条を援用し、個別的と集団的とわけずに、
わが国は現憲法下で、いうなれば自衛権一般を有する、としているように解釈できるのよ。
これは公明党の北側副代表も述べていたのだ。
それは、ワーワーいわれているほど、無理な解釈ではない。

807 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:18:29.31
>>805
その話もうしたよね
自衛権一般が許されるとして
一方において禁じている法である9条があって
両者は整合するよね
一般的に許されるだろうが日本国においては禁ずるという話
無理な解釈というよりか論理のイロハのイもしらないバカがくだまいているという以上のものではない

808 :579:2015/07/25(土) 18:22:53.16
>>803
読んでいるなら自分の考えぐらいは書けるだろ?
国連憲章51条を持ち出したのは君なんだから。
ほんとうは国連憲章全体を読んでいないんじゃないか?

嘘は、よくないよ。

809 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:23:28.34
>>805
バカウヨ史でないまともな歴史を勉強したら?
廃仏毀釈とかどう理解してるわけ

810 :579:2015/07/25(土) 18:24:25.38
>>806
傍論というのは個人の意見に過ぎないよ。
取り上げる意味がない。
だから政府も砂川判決を引っ込めた。

811 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:29:08.20
そのもっとも緩い九条解釈は、憲法学説として、ずっとあるものだもの。
それを国会で述べたって、なんらおかしくはないのだ。
内閣法制局なんてのは、そういう理屈をこねくる部局だからな。
例えば、昭和天皇に戦争責任はあるかないか、と言うことに関して、
国際法上は東京裁判で不起訴となっており、責任なし、
国内法上は、明治憲法で「神聖にして侵すべからず」となっているから、
これもなし、と突拍子もなく明治憲法など持ちだしたようなことも過去にあったのだ。

812 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:30:44.69
そんなことは分かっているから、
敵国条項についてどうぞ。

813 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:32:54.04
>>811
それまでの政府解釈と整合性のないものをいきなり持ち出してきたらおかしいのは当たり前

814 :579:2015/07/25(土) 18:38:54.74
>>812
とにかく53条を読んどけよ。
その感想を君が書いたら、僕の感想を書くよ。

815 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:40:19.43
しかし、政府は国会でそんな極端なことはいっていない、とか何を以てして云うのよ。

「宣戦布告等を以てしての旧来の戦争行為と、 侵略戦争行為をのみ憲法九条は禁止している」

集団的自衛権行使を合憲だ、と言う場合、↑以外のどんな憲法九条解釈に適うというの。

816 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:43:24.74
>>815
政府は合憲性の説明はあきらめたでしょ

817 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 18:44:15.15
579は、これを書き込んだ人だろう。

717 :579:2015/07/22(水) 21:17:02.14 >>716
横だけどさ、君は卑怯だと思うよ。

「返事を頂ければ解説いたしましょう」なんてもったいぶって書いて、その相手がちゃんと返事をしたのに、こんどは「私を納得させられる返事をなされば」に変更。
君の解説が見たいとは思わないけど、こういうことを書く人間が三島スレで威張ってるのかと思うと、とても残念だ。
もう少し、人間としての誠実さを身に着けたらどうかと思う。

もうたいがいにしたらいいのじゃないか。

818 :579:2015/07/25(土) 18:53:02.64
>>817
そうだよ、コテつけてるし?

なにか言いたいことがあるなら、はっきり書けよw

819 :名無し:2015/07/25(土) 18:54:25.15
>原住民である縄文人を朝鮮半島から侵入してきた弥生人が駆逐したらしい。
〜お前は馬鹿か?今の遺伝子生物学で否定されてる。

820 :579:2015/07/25(土) 18:58:27.05
>>819
あれ?
2013年の人類学学会だかのジャーナルに載ってたみたいだが?
間違いなら、撤回するけど、否定してる報告が載ってるジャーナルかなんかを教えてよ。

821 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 19:09:42.08
これがどうかしましたか?

第53条〔強制行動〕



安全保障理事会は、その権威の下における強制行動のために、適当な場合には、前記の地域的取極又は地域的機関を利用する。
但し、いかなる強制行動も、安全保障理事会の許可がなければ、地域的取極に基いて又は地域的機関によってとられてはならない。
もっとも、本条2に定める敵国のいずれかに対する措置で、第107条に従って規定されるもの
又はこの敵国における侵略政策の再現に備える地域的取極において規定されるものは、関係政府の要請に基いてこの機構が
この敵国による新たな侵略を防止する責任を負うときまで例外とする。



本条1で用いる敵国という語は、第二次世界戦争中にこの憲章のいずれかの署名国の敵国であった国に適用される。

822 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 19:14:30.01
≫政府は合憲性の説明はあきらめたでしょ

衆院で可決したんじゃないの。与党側は、合憲としているから、可決したんだろう。

823 :579:2015/07/25(土) 19:21:00.36
>>821
敵国条項の該当国である日本は、連合国側にいた相手国が日本の行動を侵略と認定すれば、日本は防衛の正当性を失うということ。
つまり、中国を敵国とする集団的自衛権などあり得ないということになる。

824 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 19:24:07.08
日米安保は、二国間条約なのだが?

825 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 19:29:17.06
砂川判決は傍論で、自衛権を、国連憲章第51条が、
個別的と集団的とに概念を分けたことを踏まえながらも、
集団的自衛権を排除せずに、つまり、個別的自衛権に限定せずに、
わが国は現憲法下でも自衛権を有する、
としている、というのが政府与党側の述べたことだぞ。
わたしとしては、これは解釈としては成り立つ、と言っただけなのだが。

826 :579:2015/07/25(土) 19:34:24.97
>>825
政府与党は一度そういう答弁をしたようだが、砂川判決の傍論は個人の意見に過ぎないという指摘を受けて撤回した。
君がその解釈が成り立つと思っても、社会的には、特に意味はない。

827 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 20:39:09.67
>>807
条文読んだ事あるのか?(笑
一方において禁じている法?
自衛権を禁ずる、なんて憲法には畫いていない。

やっぱりバカだな

828 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 20:40:12.90
>>809
いつの時代にも、おまえみたいなバカはいる、ってことさ(笑

829 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 20:41:22.09
823 :579:2015/07/25(土) 19:21:00.36 >>821
敵国条項の該当国である日本は、連合国側にいた相手国が日本の行動を侵略と認定すれば、日本は防衛の正当性を失うということ。
つまり、中国を敵国とする集団的自衛権などあり得ないということになる。

わけがわからんもこのくらいまでくると、けっこう面白い。

830 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 20:43:43.19
たしかに、ここの「平和主義者」を見ていると、
ネトウヨの方が知的に思えるよ。

831 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 20:44:22.94
そもそも戦後70年の憲法学者?のテーマは、GHQの押し附け憲法を、いかにごまかして自衛隊の存在を
肯定すればいいか、って、きわめて後向きな仕事なわけだ。クソだな。
ウソと欺瞞の世界に游んでいるから、現実も見えず、おばかな駄説を開陳したりするわけだ。

832 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 20:53:33.79
憲法九条というのは、素直に読めば、非武装中立しか認めていないのだわ。
これをあれやこれやと理屈をこねくりまわして誤魔化してきたのが、自民党と、
それよりの法学者だった。
しかし、最近になって、「平和勢力」が、かつては攻撃していた
タカ派的とよばれたもののその解釈を
自ら掲げるようになった、という奇怪な現象が生じているわけだな。
そうして、「タカ派」はもちろん、もっと好戦的な解釈のほうに位置をずらした、と。

833 :名無し:2015/07/25(土) 22:52:11.49
>間違いなら、撤回するけど、否定してる報告が載ってるジャーナルかなんかを教えてよ。
〜人類学などという非科学世界ではなく遺伝子レベルの研究。
結果はそこらじゅうに載ってる。朝鮮人の遺伝子と日本人のとは別物、南方中国人
とは親戚てとこだ。

834 :名無し:2015/07/25(土) 22:56:54.55
俺はウヨでもサヨでもないが、古代朝鮮人が日本に来て支配した
って馬鹿レベル知識。朝鮮人の自称学者の影響か?
調べもせずに信じる情弱ども。

835 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:11:21.71
>>833
人類学は、遺伝子レベルの研究だよ?
染色体かなんかの分類だったかな?

836 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:20:01.90
>>829
わからないのは君の理解力の問題かな?
53条はどう読んでも、日本が連合国に加わった国に軍事侵攻すれば、相手国はそれを侵略と認定することができる、ということだよ。
だから、日本が中国に軍事侵攻すれば、日本は侵略国とみなされる。

安倍が主張する集団的自衛権の想定する敵国は中国なんだから、その集団的自衛権そのものが成立しないということだよ。

837 :名無し:2015/07/25(土) 23:23:50.72
もいい情弱。歴史学とか人類学はどうにでもなる。
戦後、日本人の元は朝鮮人だ、て朝鮮人学者に洗脳された馬鹿が
沢山いたって話だ。お前もそんな馬鹿説信じるようじゃ幼稚な低脳だよな。

838 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:36:36.88
>>835

≫日本が中国に軍事侵攻すれば、日本は侵略国とみなされる。

みなされるもなにも、大規模な軍事侵攻したら、はなから侵略じゃないの。

839 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:42:01.65
安倍だって、憲法九条は、侵略戦争を禁じていない、という解釈はしていないだろう。

840 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:45:01.44
>>838
そうだね。
集団的自衛権の行使では、同盟国の要請によって、直接の戦闘行為としてではなくても、軍事力としての自衛隊を他国に展開することがある。
そのことを指摘してる。

841 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:47:28.47
>>839
敵国条項の対象国は、連合国のどこかに軍事力を展開しただけで、武力を行使しなくても侵略とみなされることがありうる、という意味。

842 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:49:36.86
今現在の憲法解釈に基づいて、
それはしない、ということなんだろう。
いずれまた解釈を変えるかもしれないけれど。

843 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:54:56.04
安倍さんも、中国国内に軍事力を展開するつもりはない、というのじゃないか。
まあ、中国政府からの要請があればその限りでない、のかもわからないが。

844 :吾輩は名無しである:2015/07/25(土) 23:58:50.76
>>843
台湾の要請で台湾に自衛隊を展開する意思はあるんじゃないかな?
国連としては、台湾は中国の一部だから、日本が台湾に軍事力を展開すれば、中国に対する侵略ということになる。

845 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 01:16:17.30
朝鮮戦争時の米軍と韓国軍は集団的自衛権を行使していたし、
その敵対勢力である北朝鮮も中ソの支援を受けて集団的自衛権のようなものを行使していた。
自衛権や集団的自衛権の行使は国連安保理による平和的解決までの緊急避難行為なのだけど、
国連安保理の常任理事国(旧連合軍)が敵対関係になったら平和的解決はない。

現行憲法は戦後数年間しか続かなかった理想主義の時代と
現実政治との間で股裂きにあっているわけで、
戦後保守政治はその修正を目指しつつ、ついに果たせなかった。
その中で中露台頭と同盟関係にある米英の地位低下でのっぴきならな状況に追い込まれている。

それが今回の解釈改憲による立法措置ですね。
切羽詰まってから着手するのでヤバい橋を渡らざるを得なくなる。

846 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 04:49:00.05
三島のスレは政治の話するスレなのか

847 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 05:06:05.77
>>833
それも正確じゃないのはちょっと考えればすぐわかる。
日本人には、朝鮮人の帰化人とその子孫も含まれるって事実だけ指摘すれば十分だろう。

848 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 05:06:40.34
>>846
そのとおり(笑

849 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 07:38:42.46
>>831
いや前向きな仕事だぞ
どこまで文理的に解釈できるか突き詰めていくのだから
で彼らからすれば集団的自衛権の容認を説得的に読み解くのは
それはフロンティアを開拓することで業績な訳だ
なのに彼らができないというのは本当にできないということ

>>832
素直に読めば、
というのは
お前みたいなド素人が、法文としてではなく単なる日本語としてこう読んだ
というだけで、法の議論において何の意味も無い

850 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 07:45:12.98
>>827
9条を読めば自衛権がフルセットで認められないというのは幼稚園児でもわかるが

851 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:20:29.54
三島には、小説と舞台とエッセーと評論とモデルと行動者の一面があった、だが政治やら法学論は明らかに板違い、さっさと出てけ!

852 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:22:28.90
>>845
中国の脅威なんて言うのは被害妄想。
というより、安倍政権のアメリカ追従の正当化を図るだけの国家的デマ。

安保法制など完全に不要。
必要なのは9条を世界に拡散すること。

853 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:24:04.55
>>850
自衛権のフルセットw

暑さで頭がやられちゃったのかな?

854 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:25:39.86
>>853
議論ができないのなら話に参加しないでね

855 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:26:10.57
>>851
少なくても、三島の最後は政治そのものだし、大学では法学を学んでいるが?

856 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:29:41.64
>>854
ごめんごめんw
つい、からかいたくなっちゃってさ。

では、改めて、自衛権とはどういうもので、そのフルセットとは具体的になにを指すの?
それが書かれていないと、議論のしようがないからね。

857 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:32:43.84
>>856
自衛権自体が全体で、フルセット
そこに9条がそこに制約をかけている
当たり前の議論、というか議論以前の話をしているだけだが

858 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:50:35.33
>>849

1)Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order,
the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force
as means of settling international disputes.

2) In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces,
as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

原文です。解釈をどうぞ。

859 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 10:55:43.71
≫自衛権自体が全体で、フルセット
≫そこに9条がそこに制約をかけている

こういうのはないだろう。武力の保有自体を禁じているから、
細かいことはそもそも禁ずる必要がなく、それゆえ、とくに集団的自衛権行使に当たる箇所はない。
ようするに、憲法九条の想定外の問題、ということになる。

860 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 11:38:39.78
>>858
ひとつだけ指摘しておくけど、日本国憲法の原文というのは、日本語だよ?

861 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 11:41:31.02
>>857
>自衛権自体が全体で、フルセット

自衛権というものに、君がどういうイメージを持っているのかを聞いてるんだよ。
フルセットというからには、その自衛権にはいくつかの構成要素がある、と考えてるんだろ?
その構成要素を書いてみてよ。

862 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 11:43:33.18
>>859
武力の保有自体を禁じているのか、国際紛争解決の手段のための軍事力の保有を禁じているのかは、当たり前の議論じゃないと思うよ。
武力が全部だめなら、警察力すら持てないことになる。

863 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 11:54:53.76
原文、オリジナルは英文だよ。
正規の成文は、もちろん日本の憲法だから、日本文だ。

864 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:00:15.87
≫武力の保有自体を禁じている

こちらをとれば、非武装しかないというきつい解釈。

≫国際紛争解決の手段のための軍事力の保有を禁じている

こちらをとれば、上のほうでいったように、
旧来型の宣戦布告等を以てしての戦争と侵略戦争の身を禁じている、
という緩い解釈。

ということだろう。解釈としては、二つに一つだ、ととっくに言っているのじゃないの。

865 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:02:32.81
日本文と英文と、並置して、どこがどう、といえばいいのじゃないか。

≫警察力すら持てないことになる

警察力に当たる箇所は、どこなの、それとも、そういう箇所はないの?

866 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:04:52.30
1日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

867 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:30:49.46
>>863
GHQが提示したとしても、それを原文とは言わないの。
原文というのはあくまでも、日本国憲法そのもののこと。
せいぜい、案文の一つ。

868 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:52:05.18
>>858
すでに指摘されているがそれは原文でない
終わり

869 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:53:37.30
>>859
集団的自衛権の行使として生ずる実際の活動が
9条において禁止されているならそれはできない
たんに9条の想定の枠内だ

870 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 12:58:21.45
>>861
自衛というものが一般にどこまでを含むかは全く問題でなく
問題とされているのは憲法が何を禁じて何を許しているかだよ
日本の自衛権の問題はそこにつきている

871 :831:2015/07/26(日) 12:59:03.68
>>849
読み解く?日本語がわかっていないようだな。
まず、GHQ押し附け憲法は古典のように價値あるものではない。
おまえの嫌いな法律の素人の10日たらずの粗製文字列。
憲法学者なる連中がやっているのは単なる「こじつけ」

おまえはクソを味噌と言うことが前向き、と言っているわけ。

笑止!

872 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:00:25.04
>>871
押し付けというのがお前の勝手な考えにすぎず笑止以前だな

873 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:02:25.61
案文というのは、正文に対するものではないの。
案文の和訳が正文になっていれば、オリジナルは案文のほうだろう。

874 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:06:17.82
日本国憲法として日本語で発布したものの原文は当然日本語の今の憲法に決まっている

875 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:06:41.00
たとえば、岩波文庫の「ハムレット」は、日本における日本語の出版物だから、
著作権等の対象になるということでは、日本語が「正文」だが、
オリジナルは英語じゃないの。

英語の「案文」のどこがどうともいえないもんだから、屁理屈こねるわけだよ。
まあ、理由はどうせ、これしかないのだけれど。

876 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:34:28.28
>>870
あの、答になってないんだけど?
自衛権のフルセットの話は撤回したということでいいの?
それならそれで、かまわないけど。

>>873>>875
案文は案文だから、憲法解釈の根拠にはまったくならない。

>岩波文庫の「ハムレット」は、日本における日本語の出版物だから、
>著作権等の対象になるということでは、日本語が「正文」

「正文」という言葉の意味ぐらいは調べておかないとね。
翻訳文が「正文」というのは、どこをどう考えたら出てくるんだろう?

これ以上恥を晒すなよ。

877 :871:2015/07/26(日) 13:38:13.74
なになに、現在のGHQのおしつけである日本国憲法の草案がアメリカによって作られた、
って「事実」を知らない情弱が、この日本に存在しているのか?

俺に異を唱えているのは、在日朝鮮人か、反日売国奴の日本人しかいない、と言うことになるな(笑

878 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:46:54.99
>>877
大日本帝国憲法の正規の手続を経て、日本憲法が成立したことを知らない人のほうが多いんじゃないか?
正規の手続きを経たものが他国の押し付けなら、米軍の駐留もアメリカに押し付けられた、といってもいいことになるな。
そもそも大日本帝国憲法自体、権力を握った明治政府が手続きなしで勝手に作ったものだから、明治政府に国民が押し付けた憲法とも言えるけどなw

879 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:50:40.49
>>878
そもそも、GHGの占領下でできたからGHQおしつけ憲法と言っているわけだが(笑
武裝解除され、檢閲され、未だに日本にはGHQの延長進駐軍がいる、ってことがどういうことか、
このオバカさんにはわからんらしい。

880 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 13:51:07.79
正文というのは、official textのことじゃないの。

881 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:03:02.35
>>878
日本人が日本の憲法を勝手に作ることに何の問題があるんだ?(笑

882 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:09:54.67
>>879
頭のユルそうな君にオバカさんといわれるのは喜ぶべきことなんだろうな。
社会一般の評価とは逆の意味になるんだろうからw

占領下ではあっても、日本の正規の手続きを経ていることぐらいは知っておかないとね。
日本による朝鮮併合は無効だと主張するなら、日本国憲法は無効だと主張するのも整合性はある。

ただ、それは君個人の考え方に過ぎない。
社会的に認められるものでも、まして法的に保護される考えでもまったくないことも知っておくようにね。

883 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:12:11.34
>>881
手続きってわかる?
勝手に作っていいなら、革命もまた正当性を持つということだね。
武力で支配すれば、すべてが正当ということになるになる。

884 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:12:59.02
≫案文は案文だから、憲法解釈の根拠にはまったくならない

まったくこういうのも、なにをかいわんや、なんだな。
憲法の英文は、憲法学者だって参照するわけだよ。

885 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:16:05.15
>>882
占領下、の意味もわかってないのね。

>>883
戦争終了後、占領軍に作られた憲法がいいってわけだ。


こいつらは単なるバカ

886 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:33:55.87
「日本の正規の手続きを経ている」のが、official textで、
そのもとになっているのが、original textだ、といっているのを、
単に英文を参照することすらできない人がそれを誤魔化したいがために、
なんだかわけがわからない言いがかりをつけ、あげくに誹謗する。
ほんとすごいところだ。
まず必用なのは、平和じゃなく、常識だろうな。
としかいえないな。

887 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 14:38:44.02
必用→必要

ささいな変換ミスをとらまえて、なんだかんだと言われそうだから、
訂正しておくよ。

888 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 15:49:44.71
おまえはそういうところを直したほうがいいな

889 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 17:41:05.69
>>884>>886
まず、憲法学者が英文を参照した実例を示してよ。
それによる解釈の違いも書いてね。
それとね、君には常識が必要だと思うけど、世界には平和が必要なんだよ。

夏休みになると、にわか知識人が多くなって、おもしろいけどめんどくさいな・・・

890 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 18:51:07.47
少しポイントをしぼってきけばいいのじゃないかと思うのだけれど。

またoriginal textについてのことみたいに発狂されてもいやなので、
さきにきいておくが、「国際紛争解決の手段」としての戦争、
というのが、およそ侵略戦争を意味する、という説は知っていますか?

891 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 18:58:16.21
ところで、憲法の英語の「案文」が、originalだということは、
それでいいわけですか?

892 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 18:58:30.78
>>890
知らなかったからネットで検索したけど、トンデモ解釈のひとつみたいだね。

893 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 18:59:01.48
>>891
違う、と何回も書いてるんだがw

894 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 19:08:07.91
〈「国際紛争解決の手段」としての戦争、
というのが、およそ侵略戦争を意味する、という説〉

もしかして、これをトンデモ解釈だというの?

895 :名無し:2015/07/26(日) 19:46:23.79
>それも正確じゃないのはちょっと考えればすぐわかる。
日本人には、朝鮮人の帰化人とその子孫も含まれるって事実だけ指摘すれば十分だろう。
〜お前馬鹿か?そんなの言ったら自然科学の学問として認められないんだよ。
お前は幼稚すぎる?お前は帰化元朝鮮人か?また、ごまかし・はったりか?

896 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 20:50:35.77
>>895 はバカなんです。虫してください。

897 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 21:38:55.59
>>894
そうだよ、それをトンデモ解釈だと言ってるんだよ。

898 :名無し:2015/07/26(日) 21:45:33.49
>はバカなんです。虫してください。
〜お前は日本人の祖先は朝鮮人て言ってたんだぞ!
いいかげんにしろ!お前は祖国に帰れ!

899 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 21:53:49.56
〈日本国憲法第9条第1項の「国際紛争を解決する手段としては」の文言の解釈については、不戦条約にある「國際紛爭解決ノ爲」の文言との関係をどうみるべきかという観点から学説は分かれており、
憲法第9条全体の解釈として一切の戦争を放棄しているとするのであれば「国際紛争を解決する手段としては」の文言についても
パリ不戦条約等の国際法上の用例に拘泥すべきでないとする説と、
憲法9条は平和という国際関係と密接な関連性を有するもので「国際紛争を解決する手段としては」の文言についても不戦条約等の国際法上の用例を尊重すべきであるとする説が対立している。〉

こういうのが、わたしは通説だと思っている。
それで、この場合の「国際紛争を解決する手段」としての戦争は、
国際法上は、自衛戦争を含むものではない、というのも、また通説だと思う。
しかし、987の方によれば、これがトンデモ説なわけね。

900 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 22:05:32.69
>>899
日本国憲には無関係な条約の文言、それこそ翻訳の文言をもとに、自国の憲法を解釈するのはトンデモとしか言いようがないよ。
無理やり戦争を合憲にする意図で解釈と称しているだけのトンデモ解釈。
英語の案文なるものを日本国憲法の解釈のよりどころにしようとするようなもの。

ところで、憲法学者が英文を参照した実例の紹介は、ないの?

901 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 22:16:51.85
>>898
朝鮮人が日本人を僞裝してますね、恥ずかしい(笑

902 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 22:17:23.00
〈「国際紛争を解決する手段としては」の文言についても不戦条約等の国際法上の用例を尊重すべきであるとする説〉

means of settling international disputes これを参照しているから、
「国際法上の用例」を解することができるのじゃないか?
国際法上の用例は、ふつうは、英仏語等の用例だからな。

まあ、900さんは、

〈憲法第9条全体の解釈として一切の戦争を放棄しているとするのであれば「国際紛争を解決する手段としては」の文言についても
パリ不戦条約等の国際法上の用例に拘泥すべきでない〉

こっちのほうなわけね。ならば、憲法九条遵守するとは、すなわち非武装、ということで、それはそれででいいのじゃないですか。

903 :吾輩は名無しである:2015/07/26(日) 23:55:03.77
>>902
繰り返し書いているが、日本国憲法は日本語で書かれた原文がすべてだ。
その解釈は、国家としては内閣法制局が行い、その解釈の是非については最高裁が判断する。
その意味とその範囲で、学者の意見は関係がないという安倍政権の発言は正しいとはいえる。

だから、国会では内閣法制局の解釈変更に対して野党は批判する。
安保法制に関する法制局の解釈変更は、それまで積み上げられた法制局の憲法解釈と、その解釈に対する最高裁の判断を無視するものだからだ。
これは、学者の意見を無視する、ということとは本質的に違う、国家としての姿勢と遵法精神を破棄するものだ。

安倍政権は、日本の国家としての法令解釈とその最高裁による判断を捨て去った。
いわば、憲法を無視したのだ。

これまでの日本国の憲法解釈において、「憲法九条遵守するとは、すなわち非武装」という解釈がなされたことはないし、最高裁がその解釈を要求したこともない。
それに反する解釈は、日本国においてはまったく正当性を持ち得ない。

904 :名無し:2015/07/26(日) 23:57:35.05
>原住民である縄文人を朝鮮半島から侵入してきた弥生人が駆逐したらしい。
〜お前は馬鹿か?今の遺伝子生物学で否定されてる。
お前は祖国朝鮮に帰れ。

905 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 00:16:43.23
最近になって急に出てきた1975年政府見解とはどういう論理なんだろうか?
少なくとも佐藤政権までは集団的自衛権の行使には憲法条文を根拠に制限を加えていた筈だ。
1975年ということは三木政権だとおもうが、三木総理はそんなにドラスティックな解釈変更をしたの?

906 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 00:24:38.21
みんなで元気にこの暑い夏を乗り切ろうよ

907 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 07:45:51.19
国際紛争を解決・・・

は文字通り、侵略戦争に限らずにひろく戦争を禁じている
何故か?
侵略戦争とそうでない戦争を峻別できないからだ
常識的に考えてくれよ

908 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 07:54:09.17
ごく常識的に考えてくれ
先の戦争の反省に立って9条が出来たわけだが
先の大戦において日本の侵略戦争であったのは明白だが
クソな欺瞞に満ちたスローガンを掲げアジアのためなどと嘯いていわけだ

909 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 08:46:47.24
ごく常識的に考えてくれ
大東亞戰爭に敗戦したためにGHQによって占領下で憲法が押し附けられたわけだが
大東亞戰爭が亞細亞の解放のためであったのは明白だが
アホサヨ猿は「反省!」などと嘯いて「いわけだ」

910 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 09:40:53.77
日本人みずからがその憲法は素晴らしいものとして受け入れ
70年間それを運用してきた
それを「押し付け」とはいわない

911 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 09:45:13.61
>>909
安倍ちゃんもじきに反省の談話をだすよ

912 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 09:52:03.36
日本人捕虜を取り戻せ。日本人が拉致されているのにGHQのおしつけを平和憲法とすりこむ在日左翼
http://www.sukuukai.jp/index.php?itemid=1160
◆ 拉 致 は 「現 在 進 行 形」 の 北 朝 鮮 に よ る 戦 争 行 為 で す
日本人捕虜をすみやかに取り返せ!拉致問題の解決なくして、制裁解除も、支援もない!
これがまともな日本国民の総意だ!
★政府に正式に拉致被害者と認定された日本人捕虜
氏名 性別 拉致(失踪日) 年齢(失踪時) 失踪場所 補足
寺越昭二 男 1963.05.11 36 石川県沿岸
寺越外雄 男 1963.05.11 24 石川県沿岸
寺越武志 男 1963.05.11 13 石川県沿岸
加藤久美子 女 1970.08.08 22 福岡県北九州市
古川了子 女 1973.07.07 18 千葉県市原市
久米裕 男 1977.09.10 52 石川県能登町
松本京子 女 1977.10.21 20 鳥取県米子市
横田めぐみ 女 1977.11.15 13 新潟県新潟市
田口八重子 女 1978.06頃 22 拉致場所不明
市川修一 男 1978.08.12 23 鹿児島県吹上町
増元るみ子 女 1978.08.12 24 鹿児島県吹上町
曽我ミヨシ 女 1978.08.12 46 新潟県佐渡市南部
小住健蔵 男 1960年頃 45位 拉致場所不明
原敏晃 男 1980.06頃 43 宮崎県宮崎市
福留貴美子 女 1976.08頃 24 海外旅行中
田中実 男 1978.08.08 28 欧州
石岡亨 男 1980.06上旬 22 欧州
松本薫 男 1980.06上旬 26 欧州
有本恵子 女 1983.08頃 23 欧州
(データは救う会のもの)

日本は今現在でも北朝鮮に捕虜をとられて金銭を搾取されている状態です。
70年平和だった?あなたは日本人捕虜の家族にそんなことが言えますか?

913 :吾輩は名無しである.:2015/07/27(月) 09:56:24.36
>>646
那覇市在住のIPアドレス 126.25.36.206は、事実無根の中傷レスを書く常習犯。

914 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 09:59:22.37
自民党の改憲草案をみると右翼に憲法作成は無理とわかる
その分際で「押しつけ」などとほざくのは片腹痛い

915 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 10:14:17.60
>>914
おまえが拉致されていりゃそんな意見も出ないだろうよ

916 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 10:16:34.78
>>915
拉致が日本国憲法のせいなの
右翼はあいも変わらず支離滅裂ですな

917 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 10:18:46.20
>>916
論理も理解できないバカだな、こいつは

918 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 10:26:04.29
右翼のバカが頭の中で支離滅裂なことを
何をどうコネまわしているのかなんてわからないよ

919 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 10:37:33.84
まあ、バカじや理解はできないわな(笑

920 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 10:53:37.32
バカ右翼の薄もやのかかった頭のなかは理解できないよ

921 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 11:01:16.02
声高に自分のバカさ加減をいつまでも吹聽するなよ。恥ずかしいやつ

922 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 11:11:55.64
バカ右翼は何もはっきりさせることができませんでしたと

923 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 11:44:52.80
>>917
平和憲法のない韓国から北朝鮮に拉致された人がどれほど多いか、君は知らないんだろうな。

924 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 11:46:23.51
>>923
他国と比較して数がすくなきゃ問題無いのかよ(笑 朝鮮人だな、おまえは

925 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 12:05:00.08
>>924
9条と拉致は無関係、といってるんだけど?

926 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 12:27:25.53
>>925
だから無関係じゃないって言ってるの(笑

武力背景のない外交と武力背景のある外交では、どちらが有利にことを運べるか、を考えれば明白だろう。
北朝鮮とは国交もなく、日本人が捕虜として捉えられている交戦状態みたいなものだ。
ではなぜ現在の日本には武力を背景とした外交ができないのか?
それは現行憲法、特に九条の制約が大きい、ってところだな。

無関係、って言葉は、森羅萬象に於て、ほとんど無意味な言葉なわけだ。
いやしくも文板の、それも、三島スレにものを書く人間は、注意深くそういう表現を使わなければな。

927 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 12:40:17.76
>>926
>武力背景のない外交と武力背景のある外交では、どちらが有利にことを運べるか

韓国は拉致被害者の返還交渉で有利であるとも思えない。
拉致奪還を名目に韓国が北朝鮮に武力攻撃を仕掛けたこともない。
外交的な交渉によってしか、拉致問題は解決しない。

>武力を背景とした外交

アメリカのように圧倒的な軍事力を持っていれば、その武力は外交的に大きな力になるだろう。
しかし、おそらく世界第2位の軍事力を保有する中国ですら軍事力は外交の力になりえていない。
中国の外交は事実上経済力によるものだ。

軍事力に頼ったロシアが外交上の失敗をしたことはそのいい例だ。
武力によってウクライナの一部を取り戻そうとしたが、国際社会からの経済制裁を受けて国家を弱体化させた。

現代の国際社会では、アメリカ以外に軍事力を背景にした外交などが通じる場所はない。
日本がアメリカ並みの軍事力を持とうとすれば、その時点で日本経済は崩壊する。

928 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 13:08:23.21
>>927
外交にも無知だな

929 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 13:44:45.62
>>926
関係ないことに関係をつけることを因縁をつけると日本語で呼ぶ

930 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 13:49:56.22
>>929
日本語で呼ぶ


ぷっ!

931 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 13:54:12.86
右翼は議論で負けて、くだらない混ぜっ返しで逃げるほか無い

932 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 13:56:06.97
無知をさらけだし、いかにも不慣れな日本語をさらしても「議論」だと。これだから朝鮮人は。

933 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 13:57:29.57
朝鮮人?右翼被害妄想酷すぎ

934 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 14:18:55.62
さらっと受け流せないのは朝鮮人だから(笑

935 :名無し:2015/07/27(月) 14:29:28.40
>関係ないことに関係をつけることを因縁をつけると日本語で呼ぶ
〜お前馬鹿か?日本語違うぞ。

936 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 14:42:18.58
しかし、憲法学者は、英文の日本国憲法を参照しないとか、
わけのわからない人がいるものだ。

憲法九条は、自衛のための武力を有することを禁じていない、
という側が、「国際紛争を解決するための手段」としての戦争を、
国際法上の用例(これは、おもに英語の用例だ)に従って、おもに侵略戦争のことだとし、
だから、自衛戦争までは禁じていないのだ、というのがちょっと前までは
普通だったのだけれど。変な話だな。

937 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 15:00:37.34
>>936
英文の日本国憲法を参照した憲法学者の実例を出すように、と何回か指摘してるんだが?

そもそも、英文の日本国憲法なるものはなくて、あるのは、英訳された日本国憲法。

938 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 15:02:50.70
九条の第二項を素直に読んでしまう子供達のために、いかにうまくごまかすか、を考えるのが、
憲法学者の役割(笑

おとうさん、自衛隊は軍隊じゃないの?
自衛隊だから軍隊じゃないだろ、常考。

●前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
その他の戦力ってなに?
そりゃその他の戦力だろ(このへんからすでに冷汗
戦力って戦車もはいるの?
う〜ん、そりゃはいるわなあ…(どうしようもない
自衛隊の戦車はその他の戦力だよね?
まあな。
じゃあ、これって憲法違反じゃないの?
日本語をよく読まなきゃあかん、前項の目的を達成するため、ってわざわざ書いてあるだろう?
条件つきなんだよ(誰か助けてくれ〜

って感じ。

939 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 15:28:15.52
>英文の日本国憲法を参照しないとか、

このばかナニが言いたいんかねえ。

940 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 15:31:46.53
>>938
>その他の戦力

ミサイルなんかがその他の戦力かもしれないね。
戦力全般の禁止という意味以上のものではないよ。

ネタにマジレスしてしまったw

941 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 15:47:27.73
英文の日本国憲法もあるのだ、
対外的なオフィシャルテクストとして。

942 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 15:48:58.19
>>941
それは英訳。
英訳から日本語原文を解釈するのは無理。
せいぜい、日本国としての法制局の理解が反映されているだけ。

943 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 16:00:31.16
だから英訳もオフィシャル、公式なんじゃないの。

944 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 16:13:09.94
「国際紛争を解決する手段」(means of settling international disputes)としての戦争を、
国際法上の(おもに英語の)用例にもとづいて、侵略戦争のことだとしないと、
自衛のための武力さえ持てない、というのが従来的な理解なんだな。

942は、とにかくわけのわからない人ではあるな。

945 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 16:45:19.65
≫日本語をよく読まなきゃあかん、前項の目的を達成するため、ってわざわざ書いてあるだろう?

この「前項の目的」を、侵略戦争をしない、ということ、
とするのが、従来の自衛のための武力は持ってよい派の考え方だったのだものな。

946 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 16:57:34.93
>>943
英訳の日本国憲法を解釈に使わないのは自明だよね

947 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 17:03:15.46
>>938
日本の自衛隊は戦力ではなく専守防衛のための最低限の実力組織
だから憲法の枠内

もちろん実際の力として他所を攻める力を有しているが
そういう意味で力をつかうならそれは戦力となり憲法違反

948 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:04:13.57
専守防衛というのは、防衛戦争はする、ということだもの。
戦力でなかったら、防衛戦争もできないじゃないの。

949 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:06:23.50
>>944>>945
政府の解釈にでも、最高裁の判例にでも、9条でいう国際紛争を解決する手段とは侵略戦争のことだという解釈があるなら教えてくれ。

国際紛争を解決する手段とは侵略戦争のことである、では、日本語として意味をなしていないけどね。

950 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:13:56.80
>>948
専守防衛で最低限度の実力行使で日本国土において抵抗することは戦争ではない

951 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:15:35.83
≫日本語として意味をなしていないけどね

それはそうよ、元が英語だもの。

952 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:15:59.70
>>948
日本国内に他国が軍事侵攻してきたときの警察力の延長が専守防衛、ということになるだろうな。
それは国際紛争ではなく、国内の治安維持=防衛のための武力行使に過ぎないということだよ。

自衛隊がある方がいいとも思わないが、憲法的には、専守防衛であれば所持可能な武力ということになる。
それがだめなら、警察も武器を持つことができない。

953 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:17:02.19
>>951
君、あたま大丈夫?

954 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:20:21.93
≫もちろん実際の力として他所を攻める力を有しているが
≫そういう意味で力をつかうならそれは戦力となり憲法違反

だから、たとえ核兵器をもっても、使わないかぎりは、
戦力ではないから、合憲だろう。
異常に好戦的な意見だとは思うが、それはそれでかまわないよ。

955 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:24:26.28
>>954
核兵器を自国領土で使うことは考えられないため
それは他の領土で使うものと考えれれる
よって憲法違反

956 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:28:24.23
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

957 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:29:58.94
〈交戦規定とは、軍隊や警察がいつ、どこで、いかなる相手に、どのような武器を使用するかを定めた基準のこと〉

憲法上、交戦権がないんだから、交戦行為自体が違憲なのじゃないか。

958 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:36:02.47
≫核兵器を自国領土で使うことは考えられないため

そんなことはないさ。領海に侵入してきた敵艦隊に使用するとか、
いくらでもあるよ。
まあ、小型核兵器並みの破壊力の通常爆弾もアメリカにはあるけれど、
こういうのを買い込むのもいいわけね。もちろん通常兵器だから、持っているだけならば、
戦力ではない、と。
どれほど大きな破壊力の武器も、持っているだけなら、合憲だというのだから、
そういう人が増えてくれたら、安倍さんも、法改正なんかしなくてよかっただろうな。

959 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:40:24.94
>>958
バカなの?
憲法が認めているのは専守防衛の必要最小限の実力だから
なんでもかんでももてるということではない

960 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:46:12.97
≫もちろん実際の力として他所を攻める力を有しているが

自衛隊は他国を攻める力を有しているが、実際に攻めない限りは、
戦力ではない、と書いたのは、959さんじゃないの?

他国領内で使用しないのならば、核ミサイルも、巨大通常兵器も、
現憲法下で、幾らでも持てるわけだろう。
そのかわり、警察の交戦行為も違憲である、ということね。
なぜなら、国の交戦権の行使は違憲だから。

961 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:51:54.23
>>960
なんでも言えばいいってもんじゃないよw

安倍政権の擁護にもなってないしw

962 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 18:56:18.31
安倍なんか擁護してないもの。
わたしは、非武装中立いがいは、違憲だと思っているから。
とうぜん、自衛隊は違憲の存在だし、安保も違憲だと思うよ。

963 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:00:09.67
>>960
専守防衛で使う兵器が、実際は他国を攻撃する力を持ってしまう
それをやむなしとする
という話と
専守防衛に使うととうて認められないものを持つ
という話は
完全に別だが

964 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:12:31.56
専守防衛にしか使わないのだったら、問題ないのじゃないの。
中国艦隊が大挙して押し寄せてきたら、核爆弾でも十発や二十発では、
専守防衛ためには、不足かもしれない、というのも事実だろうから。

まあ、いいんじゃない、自衛隊は軍隊ではない、日米安保は軍事同盟ではない、
と自民党が長らく言ってきたことを口真似していれば。

965 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:18:32.20
自衛隊は軍隊でない専守防衛の必要最小限の実力組織だ
それで完全に正しい

966 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:23:18.82
つまり、歴代政府自民党は正しかった、と。

967 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:32:53.49
https://www.youtube.com/watch?v=hW2WCP3c0IA
世界ふしぎ発見! 三島由紀夫

https://www.youtube.com/watch?v=c-2qDAy0p2Y
驚きももの木20世紀 三島由紀夫・川端康成

https://www.youtube.com/watch?v=hkM_1LX4hDI
1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫の貴重なインタビュー

https://www.youtube.com/watch?v=a26_ThkTWs8
フランス語を話す三島由紀夫 Yukio Mishima French Interview

968 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:35:18.50
>>962
それなら、一緒に安保法案反対のデモに行こうよ。

969 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:49:38.07
とくにデモはいきたくない。
そのかわり、つぎは共産党に投票するわ。

970 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:52:34.82
>>964
>中国艦隊が大挙して押し寄せてきたら、核爆弾でも十発や二十発では、
>専守防衛ためには、不足かもしれない、というのも事実だろうから。

余裕で勝ちますよ。
潜水艦で沈めるか、戦闘機で爆撃すればいいだけで。
それとミサイル攻撃を想定して憲法解釈の拡大で
専守防衛ならぬ先制攻撃が必要だというのは詭弁で、
日本の短距離ミサイルの迎撃システムは世界一です。
仮にミサイルが日本領土に着弾してもそれが米軍基地や軍事に関わる地点なら
旧行政協定から安保が自動発効して自衛隊は米軍指揮下(つまり集団的自衛権)に置かれるでしょう。

集団的自衛権の拡大で友好国への攻撃意図を持つ敵対大国への先制攻撃というのは
中国のICBMから米国を守るという意味で、最近はこれに豪州が加わった。
安倍首相の謂う「抑止」というのはそういう事。

大気圏外から垂直降下をするICBMを迎撃することは不可能だから
日本が短距離ミサイルによる攻撃リスクを冒しても米豪を守るということ。
そしてこれがTPPによって確保されるであろう太平洋の商圏維持にもつながる。

でもまあ、このことは国民には言えないわけ。
他国の権益擁護のために自国民を危険にさらしてまでも隣国との戦争も辞さずというのは
ある意味、国を売ることだから。

971 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:52:35.18
しかし、平和を愛する国民を自称する人が、自衛隊を違憲の存在だ、
という人を口汚く中傷する、というのだから、凄いはなしだな。

972 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:56:33.17
余裕で勝つといわれても、やってみなきゃわからないからな。
やっぱり核爆弾の百発くらいは専守防衛のため持っていないと安心できないだろう。
もちろん専守防衛のための戦力ではない核兵器だから、保有しても合憲だそうだし。

973 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 19:58:58.20
いずれにせよ、対艦核ミサイル、核地雷、こういうものを持つのは、
専守防衛の範囲内で、憲法問題とはかかわりないのだろう。

974 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 20:39:14.89
>>970-973
そんなことはどうでもいい。
迎撃ミサイルなど役に立たないことは実証されてる。

戦争になれば、原発にミサイルが飛んでくるから、日本は終わり。
日本の原発が攻撃されたからといって、相手国へアメリカが大規模攻撃をかけることもない。
核戦争になるから。

先制だろうが防衛だろうが、戦争になったら日本は破滅する。
なにがなんでも、戦争をしない国のままでいないといけないのだ。

975 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 20:48:11.82
だから、憲法違反の自衛隊は解散させ、安保条約は破棄しよう。

976 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 20:51:40.11
≫戦争になれば、原発にミサイルが飛んでくるから、日本は終わり。

終わりにならないように、仮想敵国のミサイル基地を専守防衛的先制核打撃ができるように、
装備を整えよう。ちなみに、核打撃は核攻撃ではないので、戦争行為ではなく、あくまでも防衛行為である。

977 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 20:58:15.34
ミサイル基地を→ミサイル基地に

978 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 20:58:23.37
>>976
そういう軍事力を備えるには、年間数十兆円が必要。

やっぱり、日本は終わる。

979 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:01:40.73
核ミサイルを百ももつくらいでは、そんなにかからないだろう。
かえって安上がりなんではないか。

980 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:07:11.29
>>979
自衛隊を解体して、他の装備をすべてなくせばね。

軍事力というのは、維持にも莫大な費用がかかる。
さらに、日本の場合は、アメリカから買うにしても自国で開発するにしても、同じ装備がアメリカの5割増しぐらいになるらしい。

新国立競技場でも、日本ではなぜか、他国の倍以上の費用がかかるw

981 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:21:40.40
戦車部隊を少し減らすくらいで、
賄えるだろう。核兵器というのは、むしろ安いのよ。
それでも、高いというのならば、化学兵器にしよう。
これは激安だからな。毒ガス兵器も、専守防衛目的に保有するならば、
憲法違反とはならない、と。

982 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:31:15.48
>>981
核兵器でも化学兵器でも、日本にあれば日本の危険が増すだけ。

ミサイルは宇宙ロケットと同じで大変に金がかかる。
日本では費用的にも技術的にも、実用に供するのはまだ無理。

まあ、おとぎ話を無駄に続けても、スレの無駄遣いだけどねw

983 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:35:54.42
砲弾、爆弾、地雷、こういうのは、金がかからないじゃないの。
ミサイルにしたって、北朝鮮がもてるくらいだもの、
それほど金はかからないだろう。

まあ、無駄というのはそのとおりだな。
どうせ参院でも可決するし。

984 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:39:21.44
機雷、魚雷、などを忘れていた。
中国艦隊のとりそうな侵入ルートの海面に、核機雷をわんさと浮かべれ、
ひじょうに安上がりだろう。

985 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:41:06.17
海面→海面海中

なお、領海内だから、とうぜん合憲である、と。

986 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 21:49:36.74
いまどきの「平和を愛する国民」は、おそろしいね。
ウルトラタカ派みたいだな、核砲弾、核魚雷、核機雷、
こういう恐ろしいものも、防衛目的で有する限り戦力ではない、
というわけだから。

987 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 22:26:40.67
だから。

それはねぢれた憲法のせい。

988 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:12:52.43
>>984
日本の船が引っかかったらどうするんだよ。
アジアの地雷で戦争後にも、どれほどの人間が足を失ったことか。
なにを書いてもいいけど、あまりバカを晒すのはやめておけ。

989 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:14:28.07
>>986
防衛防衛といってる奴は、平和を愛する国民じゃないよ。
安倍政権のネットサポーターか、ただのバカ。

990 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:28:45.16
いかなる破壊力を持つ兵器も防衛目的で保有する限りは戦力ではない、
という変わった人がいるから、皮肉で書いているだけよ。

991 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:32:24.29
他国領内に侵入し攻撃することのできる最新鋭攻撃機や、最新鋭護衛艦などが、戦力でないというののだから、
他国領内に侵入することのない兵器は、いかなるものでも、戦力ではないのだろう?

992 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:42:21.65
「英訳」の憲法九条を参照すれば、そんな強力なものを持てないというのは、
はっきりするのよ。war potentialをも持てない、というのだから。
しかし、その変った方は、「英訳」の参照はまかりならん、というのだな。

993 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:45:57.74
>>992
しつこい人だねえw

英訳にどう書いてあろうと、日本国憲法は日本語がすべて。
英訳にダメとあっても、日本語原文になければまったく意味がない。
いい加減に理解しろ。

994 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:49:57.37
≫英訳にダメとあっても、日本語原文になければまったく意味がない

だから、あなたのお説では、たとえば核機雷を山ほど持っても、戦力ではないから、
合憲だとなるのだろう。

995 :吾輩は名無しである:2015/07/27(月) 23:53:21.21
>>994
バカ話に意味はないw

996 :吾輩は名無しである:2015/07/28(火) 00:24:54.89


997 :吾輩は名無しである:2015/07/28(火) 00:25:44.35


998 :吾輩は名無しである:2015/07/28(火) 00:33:40.79


999 :吾輩は名無しである:2015/07/28(火) 00:40:59.24


1000 :吾輩は名無しである:2015/07/28(火) 00:41:04.23


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★