5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【関西3空港】関空・伊丹・神戸の将来★12

396 :NASAしさん:2011/12/10(土) 15:46:56.41
1)成田空港を取り巻く機会(チャンス)
? 空港周辺9市町や千葉県、成田国際空港梶A国土交通省から構成された
「成田空港に関する四者協議会」が成田空港の年間発着枠30万回への
容量拡大に合意(10年10月13日)し、成田空港の国際線は現在の20.0万回から
14年度には27.0万回、国内線も同2.0万回から3.0万回に容量が拡大する見込み。

(2)成田空港にとっての脅威
? 羽田空港では、10年10月に国際線旅客ターミナルビル及びD滑走路が供用開始となり、
国際線が8か国1地域16都市に就航している(11年9月初現在)。
さらに、13年度を目途にターミナルビルやエプロンなどを再拡張し、
国際線を現在の6.0万回(うち深夜早朝3.0万回)から9.0万回(同)、
国内線は同31.1万回(同1.0万回)から35.7万回(同)にそれぞれ容量を拡大する計画を進めている。
? 首都圏空港(成田空港+羽田空港)の国際線における年間発着枠は、
羽田空港の再国際化以前(20万回)から比べると、13〜14年度には36万回と1.8倍に増加する見通し。
? 02年4月に成田空港の暫定平行滑走路が供用開始となった際、
航空機発着枠が約1.5倍となったにもかかわらず、
その後の航空旅客数の伸びは供用開始前比+1〜3割程度に留まっていたことからみても、
航空需要が発着枠に比例して伸びるとは限らず、航空旅客数は基本的には需要動向に依存する。
従って、首都圏空港全体としては、LCCなどによる新たな航空需要や
首都圏の魅力が飛躍的に上向かない限り、供給過剰になると考えていたほうが賢明である。
http://www.customs.go.jp/tokyo/content/20111021_2.pdf



303 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)