5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■死恐怖症(タナトフォビア)25棺目■■■ [転載禁止]©2ch.net

1 :優しい名無しさん:2015/03/21(土) 11:56:36.63 ID:/TZ4Bigj
タナトフォビアとは死そのものや死に関連するものに対する恐怖症のことです。
このスレにはこんな人たちがいます。

1. 意識の喪失による無が怖い人
2. 死に伴う孤独や痛みが怖い人
3. 悲惨な目や災害にあって死ぬのが怖い人
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人
5. 死んで人から忘れられるのが怖い人
6. 永遠が怖い人
7. 身近な人の死が怖い人
これらのことを考え出すと思考が止まらなくなり、恐怖・発狂恐怖に陥る人。

タナトフォビアの類義語としてネクロフォビアがあります。
しかしタナトスはもともと死を擬人化した神の名を、ネクロは死体を指すので、
ネクロフォビアというと死体、つまり他者の死を意味するときに使う習慣もあるようです。
(ただし海外では同義語として扱われています。)


スレが埋まりそうになったら新スレが立つまで書き込みを控えましょう


前スレ
■■■死恐怖症(タナトフォビア)24棺目■■■
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1407981025/

2 :優しい名無しさん:2015/03/21(土) 12:04:28.00 ID:/TZ4Bigj
23 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1386006819/
22 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1363485515/
21 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1353093866/
20 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1343002809/
19 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1334747171/
18 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1328169846/
17 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1317728847/
16 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1297345360/
15 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1275042162/
14 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1253806110/
13 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1240933762/
12 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1231956257/ 👀

3 :優しい名無しさん:2015/03/21(土) 12:05:41.28 ID:/TZ4Bigj
11 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1220627226/
10 http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1204037109/
9  http://life9.2ch.net/test/read.cgi/utu/1186756061/
8  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/utu/1168783698/
7  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1159800835/
6  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146015751/
5  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136284577/
4  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1117123432/
3  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1098630846/
2  http://life6.2ch.net/test/read.cgi/utu/1068879039/
1  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1045845053/ 👀

4 :優しい名無しさん:2015/03/21(土) 12:07:59.96 ID:/TZ4Bigj
■解決方法

どれも完全な解決方法ではありません。
前スレまでに書かれていたことなど。

(1)精神疾患の一種(強迫性障害・不安神経症の延長?)だと思われるので、精神科を受診し、処方された薬を飲む
(2)時間的余裕をなくす(時間があると余計なことを考えてしまうため)
(3)子供を作る(理由的には同上)
(4)気休めになる言葉や本を探す

5 :優しい名無しさん:2015/03/21(土) 12:09:46.11 ID:/TZ4Bigj
611 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/14(木) 10:59:48 ID:wwYsQ6Ob
このスレを見てるとタナトフォビアには2種類あるな

一つは慢性的タナトフォビア
死に対する恐怖が常に付きまとい、倦怠感や疲労感、 無気力状態になるか
あるいは暗鬱で絶望的な気分になったり、悲哀や悲壮感に包まれる。
酷い場合は毎日死について考え、常に精神的苦痛を感じている場合もある。
夜や寝る前は特に症状が酷くなるため、寝たらそのまま目覚めないのではないか、などの不安が頭をもたげたり
恐怖感や不安によって心が休まらず眠れなくなるなどして睡眠障害や不眠症を引き起こす場合もある。
よって症状が重ければ重いほど必然的に日常生活に支障をきたし、死が頭から離れなくなり
常に憂鬱でやる気が出なかったり不安に悩まされることから、鬱病に近い

もう一つは発作性タナトフォビア
死に対する恐怖やイメージが瞬間的に増長してあるレベルに達したとき一種のパニック発作状態に陥る。
やはり起こる頻度に伴わずタイミングは夜や寝る前であることが多い。
症状としては発作が起きると同時に精神的苦痛と恐怖を伴いながら動悸が激しくなり
じっとしていられなくなってベッドから飛び起きたり椅子から立ち上がったり、酷い場合は叫ぶこともある。
それらの症状は大抵長くても1分程度で収まり、一度発作が起きれば次の発作がくるまでは安静である。
発作の来るタイミングは個人差があり不定期で、年に数回の人も居ればほぼ毎日発作が起きている人も居る。
日常生活については、症状が軽い場合や寝る前のみの場合は基本的に問題ないが
重い場合は公共の場や会社・学校で発作が来ないかという不安が付きまとうことから、パニック障害に近い。


もちろん、この二つを併発している場合もある

6 :優しい名無しさん:2015/03/21(土) 12:12:08.35 ID:/TZ4Bigj
過去スレリンクですが、1レスに全部入れると
なぜかNGワードが入っているってことになって投稿できなかったので
分割しました。

7 :優しい名無しさん:2015/03/24(火) 21:10:05.95 ID:zh8+IrVL
>>1


>>症状が軽い場合や寝る前のみの場合は基本的に問題ないが
本人はけっこう辛い思いをしてるんだけどな

アルコールや薬物をやる人は、そういうメンタル面の不安からも逃げてるんじゃないの?
って思ってる

8 :優しい名無しさん:2015/03/24(火) 22:33:05.65 ID:YCMmAMAa
飛行機事故怖いなあ
乗ってた人全員自分が今日死ぬなんて1ミリも思ってなかっただろうに

9 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 00:21:48.08 ID:ag1M/1Md
ドイツのLCCか
日本人も乗ってたって情報が出てきたな

米系キャリアだったけど、エアポケットに落ちた時は「これ駄目なのかな?」って思ったよw

墜落する最中は絶望的に怖いだろうな
でも死ぬ瞬間は一瞬で、痛みはほとんど感じてないんだと思う

肉体の病気とかで苦しみながら死んで逝くよりマシなんじゃないかと思ってる

10 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 01:52:49.13 ID:z2Pv8WKe
今日も怖くて寝れんわ

11 :佐藤光@新潟市江南区:2015/03/25(水) 02:42:31.85 ID:BY/1zfh4
思い出は消えても、思いは消えないよ

12 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 02:55:07.46 ID:8XKSXaA0
旅立ちの日に

13 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 07:51:46.87 ID:M65nWzQX
寝る前意識薄れるときって死の恐怖にかなり耐性なくなるよね。

俺はそれがきっかけでパニック障害発症した。

14 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 12:54:06.80 ID:ag1M/1Md
夜と寝る前は1番ヤバいって
でも明るいと寝れん体質なんだよなw

15 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 13:29:57.40 ID:ASxA95BK
以前体験したことをまた体験したい(あの料理美味しかったからまた食べたい、とか)と思うから
死ぬのが怖くなるのかも、と思いました。

16 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 13:37:46.29 ID:ASxA95BK
追記
永遠の無になったらまた体験することはできませんからね。
この欲が叶わなくなることに恐怖しているのかも、と思ったり。

17 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 13:59:40.25 ID:ag1M/1Md
無や空が不安感の原因?

歴史に名を残せば記録として残るから無では無いのか
子孫を残せばDNAが残るから無では無いのか

不安を取り除き、虚無感を埋める物があれば
波が来ても怖くないんだけどな

18 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 14:44:28.97 ID:xMRmFVSK
>>17
何故自分や世界がこのような状態で現に存在しているのか。
その異常さに気がついたとき強烈な不安に襲われた。
※だって無でないことには必ず理由が必要な気がしてしまうんだ

風呂場で湯船に浮かぶ泡を見て、もしかしたらこの泡の中にも宇宙があって
自分のように意識する存在が生まれ死んでいったのかもしれない、

逆に、この宇宙をそうやって見ている何者かがいるかもしれない…などと
いろんな空想が頭を過ぎる。

この世界がもう全く意味不明なのである。

とにかく日常に没頭することだけが救いである。

19 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 14:53:49.20 ID:2BTJozYW
幽遊白書を読め

20 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 15:10:08.62 ID:Y76Y8A/s
今までに沢山の人が生まれて死んだ。
これからも沢山生まれて死ぬ。
自分が関わるのはそのうちの何十年かだけ。
不思議だ。

21 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 16:01:06.01 ID:ag1M/1Md
>>20
何か分かる

中国5千年の歴史とか言うけど
100年スパンでみると、たったの50世代目なんだよな(長寿で100歳としても)

輪廻転生があると過程して
奇跡的に同世代に生まれついた者同士でいがみ合ってどうすんの?って思ってしまう
症状が出ると他人と争う気持ちが吹っ飛んで、人に対して優しくなれてる気がする


>>17
>>とにかく日常に没頭することだけが救いである
日常に没頭して忘れられるなら幸せな方だと思う
この板以外の人もそうやって日々を生きてるんだろうね

感性が鋭かったか、セロトニンが足りてなかった知らないが
人間最大の謎にして最大の禁忌に囚われた俺たちは、余計は苦行を背負っちまったなw

22 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 17:14:35.06 ID:0OmGXoTx
>>21
>人間最大の謎にして最大の禁忌に囚われた俺たち

SF映画で唯一世界の秘密を知ってしまった主人公の気持ちに近いよね
パンドラの箱を開けてしまったような絶望感
何を大袈裟かつ自意識過剰な、って言われるかもしれないけどさ
この事を知らなかったら何の恐怖もストレスも溜める事無く生きて行けたんだよ?
でも今じゃ小学生が適当にネットで検索しても神はいない、
死んだらおしまいって無慈悲な事実が突き付けられるように出来てるんだよね…
マトリックスの主人公のネオだって秘密を知ったらもう堅気には戻れなかったんだよ…

23 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 21:54:34.84 ID:NnbmpvOP
ドラゴンボール7個集まったら死後の世界を作ってくれってお願いすると思うわ
俺だけじゃなく今まで死んだ人全員そこにいるやつを

24 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 22:11:36.25 ID:ag1M/1Md
心配性を治すたった3つの方法
http://www.mori-life.com/nayami/shinpai.htm

過去板から拾ってきた
優良だと思ってる

25 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 23:46:01.09 ID:LZmxQyK9
ドラゴンボールてもとから死後の世界あるからなあ。
言いたいことはそれじゃないだろうけど。

26 :優しい名無しさん:2015/03/25(水) 23:59:17.22 ID:ag1M/1Md
昔の哲学者は自殺が多いんだよな・・・

俺たちは死ぬのが怖い=その部分では普通の人間w
不安に苦しむけど死に引きずり込まれないのはラッキーだったぜ

27 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 03:21:25.53 ID:0vhQDOWR
別に怖くも何ともないけど?

28 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 17:25:27.81 ID:SVJ2q9Dj
手塚治虫はタナトフォビア
作品読むとわかる

29 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 20:21:42.02 ID:Fc+PWK6G
お釈迦様もタナトだったんじゃないかと思ってる

諸説あるけど、仏教って言うのは
人は輪廻転生し現世で修業する、悟りを得ればその輪から抜けて天界に行ける
生まれ変わりから解脱するのが仏教だろ?

他にも
死ぬ瞬間まで死を考えるな
とかな

30 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 20:33:37.56 ID:xZ1/k5aK
宗教には大抵、死や生命に関するアドバイスや回答がぎっしりだもんなあ
自分の宗教を持ってて、それの真理を信じて生きていけてる海外の奴らが羨ましい
俺にも無条件で信じれるものがあれば苦しむこともなかったのに、ってな

>>26
「死恐怖症」なんて言われるけど、本当に怖いのは生命ってよくわからんシステムに乗っかってること自体なんやで…
こうして生きてること自体も不思議だし怖い

31 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 20:40:45.96 ID:jBdLg46c
このDV男の放送の女性警察官の声、八条中学のアホ女に似ている。
キモイやつらしいが。こいつに言っておいて、
半径100メートル近寄んな。近寄ってきたら、自分で言うんで。

32 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 21:53:17.48 ID:HI0+b4pR
今BSで三日連続で放送されていた立花先生の番組見ていました
一週間アメリカやヨーロッパの脳科学者や心理学者などに取材や談話しにいったわけですが
死はそんなに怖いものはないということがわかったらしい
立花先生が言うんならそうなんでしょう
いい夢を見たい、そういう気持ちで死んでいくことができる

33 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 22:05:52.06 ID:Fc+PWK6G
どんなに気を使ってても、酒酔い運転の車に轢かれたら死ぬ

開き直るしかないw

症状が出たら不安を取り除く
その方法を多く持っておく

34 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 23:11:00.44 ID:xZ1/k5aK
結局それよなあ。対症療法しかない

ただ俺の場合、恐怖からの逃避にネトゲ使ったせいでネトゲ廃人化
夜寝る時の恐怖は催眠音声を使ったせいで、依存僻がついて寝る時には催眠CD必須になった

ヤバイ気がしないでもない。タナトになるまでは家にゲーム機すらない真面目系だったのに
タナト発症してからめっきりオタ化したわ…

35 :優しい名無しさん:2015/03/26(木) 23:48:02.66 ID:Fc+PWK6G
集中できることがあれば不安が遠ざかる
ネトゲだろうがファミコンだろうが何でもいいだろ

不安は人間から消す事の出来ない本能
人間が危険を回避するための能力
対処療法しかない

36 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 01:17:57.11 ID:x3OM9rAF
怖すぎて寝れん

37 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 03:27:57.21 ID:zeZZG1ec
>>29
仏教用語で言うと、天界は輪廻する世界の一つに過ぎん
解脱して涅槃に入って、やっと仏。
まぁ解脱できる状態にまでなれば、一切苦滅してる気もする。

38 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 03:43:06.94 ID:cKxeC+6r
突然苦しい病気や自然災害、火事に襲われたら……とか
痛みも怖いし息ができないなんて絶対嫌だし家族が死んでしまうのも怖い……とか
無駄に考えて勝手に泣いて目が冴えてこの時間

39 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 04:12:57.87 ID:cdYyVjQa
情けねえなあ

40 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 18:58:00.09 ID:pKlpu/oy
3月28日(土)23:00 Eテレ(NHK教育)
モーガン・フリーマン 時空を超えて
「死後の世界はあるのか?」


怖いけど見る
俺の望む結果じゃなければ不安に押しつぶされる事になるかもしれない
でも逃げない
逃げてるだけじゃ不安から逃げきれない

番組内容が本当にヤバくても
今の科学ではここまでの解明が限界
そう思えばいいんだろ

41 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 20:07:12.71 ID:Ea8e+7Al
自分も立花先生の番組見ましたけれど
科学者って何で臨死体験を脳の錯覚に持って行きたがるんだろう……。
そういう体験をした人が複数いる、死後の世界はある、神はいるで
いいじゃないですか……。信じていると希望が持てるんで
疑いたくなるような話は聞きたくなかったです。

42 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 20:55:48.15 ID:zeZZG1ec
臨死ってことは死んでないってことだもん、しかたないよ

43 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 22:52:57.07 ID:lt8EdA36
死ぬの怖い。正確には死んだら意識なくなるってどんな状態なんだろって考え出すと怖い [転載禁止](c)2ch.net [732866321]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1427452844/

44 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 23:17:24.50 ID:eYeHJGUs
>>41
立花先生ってずーっと昔から臨死体験とか死後の世界とか追っかけてるけど、
あの番組でもはっきりした結果は結局言ってなかったね。

45 :優しい名無しさん:2015/03/27(金) 23:57:35.77 ID:pKlpu/oy
>>43
本当に無であるのなら
空間だけでなく時間的な概念も無であるはず
無であれば苦痛も不安も無いはず

がんばれ
不安を取り除く術を増やしてくれ

46 :優しい名無しさん:2015/03/28(土) 02:54:57.60 ID:iubJ+BNW
寝てる時って意識が無い状態であり
人が亡くなったら火葬され身も心も消え去る
早かれ遅かれ誰もが経験する事だ

47 :優しい名無しさん:2015/03/28(土) 19:25:15.06 ID:RrgJyjP6
何をしててもふと死のことを思ってしまう。
死のことを思うと心臓の鼓動がおかしくなる。
なのでいつも心臓がおかしい。
死恐怖症の人は寿命も短いんだろうな。

48 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 00:43:48.05 ID:OPZmmSUh
>>40
結局立花先生の番組とあまり変わらなかった
死んだらわかるみたいな感じ

49 :悟れアナンダ:2015/03/29(日) 06:10:53.95 ID:v7Wsxdfu
【般若心経】

50 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 07:32:41.80 ID:NsVwOnye
娘が産まれてから不幸な事故や事件のニュース見ると不安で仕方ない。

51 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 07:46:30.89 ID:L+IKMn0K
帰宅途中とか風呂や寝る前と、ひと息ついたときに襲ってくるからたちが悪い。

52 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 11:36:50.59 ID:gQCh+ieY
>>48
死んだら分かる=死ななきゃ分からない
価額は進歩したが、こっち方面の科学が進歩してないんだよね

死後が無なら不安も苦しみも無いから、死ぬ瞬間の苦痛を緩和できるかどうか

輪廻転生が正しいなら、そこを少しでも意識して日々の生活をお送れば、少しはマシな人生になるかも
霊能力があればタナトにはならなかったんだろうな

53 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 16:33:23.50 ID:IOUx0HxZ
祖母が亡くなった。
いつかこうなるとは分かっていたとはいえ、その時が来るとつらい。
対面した時に発狂しないか心配だ。

54 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 21:36:45.20 ID:U9cht06I
引きこもってた時ずっとこの感覚だったわ
社会復帰してからは調子良くなったけど、それでも風呂上がりとかふとした瞬間発狂しそうな恐怖感に襲われる

55 :優しい名無しさん:2015/03/29(日) 22:52:33.91 ID:uSVLEcQb
https://youtu.be/IKvIrDvXdT8

56 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 02:12:31.74 ID:S+X+NPMN
幼いころから身内の死を幾度か体験してきたからなのか、身内の死に対する心配・不安が半端ない。
とにかく身内に対して最悪のケースを想像してしまい、それを考えると心配と不安でそわそわして
いてもたってもいられなくなる。
もうこれ以上、身内の死に耐えられない・・・

57 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 02:36:31.41 ID:0cOiW654
身内の逝去が苦だと思うのならば生前に後悔の無いよう孝行する
自らの通夜では親戚一同が故人を偲び惜しい人を亡くしたと語るだろう

58 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 02:38:53.89 ID:S+X+NPMN
宗教臭いこと言うね

59 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 11:00:41.51 ID:WReTpFeS
死後は科学の対象にはならないからね……。

60 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 18:06:56.42 ID:zwnOaCzy
あの可愛い小嶋陽菜も死ぬんだ!とか思うと少しはマシになる

61 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 20:36:11.60 ID:JmM68o5w
永遠の命=永遠の苦しみ

62 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 21:03:38.52 ID:vXJGRvKh
ここの人達はデスパレードってアニメは観れないね

63 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 21:20:14.77 ID:a46kYhXx
あのアニメはショボすぎて切った

64 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 21:25:18.45 ID:p1hWjXOM
死んだ家族にもう一度逢える


上の本読んでから死が怖く無くなった

っか、死後の世界が有るとしか思えない。


一度読んでみてください。

65 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 22:10:00.13 ID:tnVEVVNS
免疫力も弱ってるみたいで風邪で39.1の熱が出たw

だが
高熱で苦しんでる時はタナトが綺麗に消えてた
そんな事を考える余裕は無かったんだろうね

人間は自分の意思で考える
不安になる事も自分が考えてる

タナトは健康な証拠だと思って受け入れる

66 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 22:21:57.29 ID:vXJGRvKh
>>63まぁしょせんアニメだからねw
自分も死については毎日考えてるけど、11話12話(最終回)はけっこう印象深かったよ

67 :優しい名無しさん:2015/03/30(月) 22:51:10.10 ID:nQnURoa4
4. 生や死そのものの不可解さが怖い人

これって「生」も入るんだね。

イキイキと生きることそれ自体が、死を想起させるってことはあるような気がして仕方がない。
ばくばくする心臓、激しくなる息づかい、人と人との心のぶつかり合い・繋がり合い。
そこまでせんとも集中力した後の開放感。
こういうものを感じる瞬間、ああ生きてるなって感じるけれど、
何せとにかく生々しい。当たり前だけど生々しい。
なんでイキイキと生きる事がキモいって感じるんだろう。
暗さを感じるんだろう。
こんなこと感じるの自分だけ?

68 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 00:08:50.62 ID:hs07jXWn
前スレで誰かが書いてたけど
死んだらそれで終わりとか無になってしまう事を知ったりそこから脳のメカニズム等を調べていくと、
こうして今生きている事すら不思議で仕方なくなるんだよ

正確にはこの自分を自分と認識して、周りの物を見て聞いて感じて考えている感覚その物をね
クオリアっていうのか?とにかくこの「生きている感覚」全てが気持ち悪く感じて
布団の中で目を瞑って悶えたり街中で突然屈みこんだりする事もあった
俺はタナトになって死後の無を意識してからこの発作が起きたけど、
皆も一度は感じた事ない?この「生きている」という感覚そのものを不思議に思ったり気持ち悪くなった事が…

69 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 00:21:22.91 ID:qiT/duwu
気持ちを切り替えろ

「生きている」という感覚そのものを不思議

生きてるだけで丸儲け
生きててラッキー
生きてなきゃ何もできない

70 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 01:44:33.64 ID:6UfyC0QH
>>68
だからなのかー
「死」から考えると、生きている事の底なしっぷりがエグいね!
気持ち悪すぎて吐きそうになった事もある。

それに合わせて、
冥界のような暗くて冷たい、なんもないこの宇宙空間に一粒の銀河、
さらに銀河の中の大量の砂粒の一つの地球、
さらにさらに何でか知らんけど星の軌道が見事に安定し、生命のスープがたまたま出来て、今日に至る。
明日「ポシュン」とこの星が消えてもおかしくないのかもね。
そんな中で生きている事の実感が、不思議を通り越して、不気味。

生きている事って、気持ち悪いね。
こういう考えもあながち間違ってないのね。

71 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 06:20:24.61 ID:JyWs5mEy
宇宙の広さやその歴史とか時間の長さを考えると、人間てすぐに死んでしまう感覚になる。

72 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 11:48:25.93 ID:BNKNUuMM
>>70
これって本来はナマの自然に対峙したときに人間が感じる当然の困惑の気がする。

庶民の多くは科学への盲信から人間が自然界を支配している錯覚に陥ってると思う。
うまいこと言えないんだけど、「どうせ科学が解明してるんでしょ?」的な安心感というか。

こうなると自然界の事象に不思議さや畏怖、恐怖を感じる感覚がなくなってくるんじゃないかな。
そしてそれを「正常」な状態と呼んでいるんじゃないだろうか。

特に都会ではさ、夜も明かりがついてるし夜空の星をまじまじと眺めることも少ない。
周りにあるのは人間が管理する人工物ばかりだ。

でもその一歩外にはよそよそしい自然界があるんだ。
この日常世界の土台は非日常なんだ。

自然界に囲まれていた太古の人間はこの世界の中で自分の存在をどう
感じていたんだろう。

絶対的な孤独なのか、自然の一部である感覚なのか…。

この生や死…つまり存在することへの違和感というのは人間らしいものの気がしている。
ただ周りにその恐怖を共有できる人間があまりに少ないのではないかと思う。

73 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 12:07:21.86 ID:6UfyC0QH
>>72
山で遭難しかけたことがある。
四国の山奥だった。
もう日が沈みきり、ゆけどもゆけども黒い海。
灯りなし、人っ気もなし。冬なんで動物おろか昆虫すらいない。

怖かったよ。
目に見える全てが、得体の知れないものになる。
だれもいないのに、だからこそ?生々しすぎた。

自分と、地球と言うか宇宙と言うか、そういうものと一対一になった気分だった。

74 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 12:10:08.97 ID:6UfyC0QH
こんな事言うとあれだけど、もう一度、死と向き合って生きていきたい。

死が近かった子どもの頃の方が、生きる事の感度が高かった。
今は、様々な情報や、食い物を食べる感覚、一時の娯楽が自分を支えている。
その方が死を感じられないからな。

ただ、生きる事の感度がめちゃくちゃ下がっている。
空虚感が全く消えない。
依存症かもね。
死を見るのは怖いけれど、自分の中では一長一短あるということで、怖いまま生きてゆきたいね。

75 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 12:46:00.74 ID:BNKNUuMM
>>73
すさまじい経験だね。
とにかく生きていてよかった。

そういうときって地球・宇宙と1対1になる感覚なんだね。
それはやっぱり孤独に近い感覚なのかな?

76 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 12:57:56.44 ID:BNKNUuMM
>目に見える全てが、得体の知れないものになる

これが知識とはまた別なダイレクトな体験ってものだよね。

77 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 14:04:59.77 ID:6UfyC0QH
>>75
よく生きていたと思う。
死ぬ事もあり得た。

無意識的に、自分となにかを対峙させていた。
とにかくあのときは、そういう得体の知れないものしか見る事ができなかった。

6畳1間の孤独とは違う。
渋谷の人ごみの中での孤独とも違う。
真空の宇宙の中に放り出されたような孤独だったな。
ただし、上の2つの孤独はエネルギーを吸い取られるけれど、
最後の孤独は、自分のエネルギーに気付ける孤独にも感じられた。

最も、そんな事言っていられるのも、無意識に「生きよう」としていただけだからだろうがね。
自分がもしその時生きるエネルギーがすっからかんになっていたら、一切抗うことを止めていたかもしれない。

>>76
そうだね。ダイレクトだった。
もう好き好んでやろうとは思わないけれど。

以前、養老孟司が、「知る」ってことは、
いつも見ていた桜の木の印象と、
余命を宣告された後に見る桜の木の印象とが別のもの感じられるように、
自分が変わることだって言ってた。
そういうことだと確信している。

78 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 14:54:56.02 ID:sASn/m/n
死ぬとか考えるだけ無駄
楽しい事したり考えた方が良い

79 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 15:45:04.78 ID:6UfyC0QH
僕は死ぬ事をちゃんと考えていたい。
考えても無駄だし、囚われたらそれはそれで地獄だけれど、
かといって見捨てる事も出来ない。
しゃあないから、死ぬ事を頭の隅っこに置いといている。

80 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 17:39:35.87 ID:KA/z2LZK
自殺願望はあるのに死ぬのは怖いって人もこのジャンルなの?

81 :優しい名無しさん:2015/03/31(火) 20:18:23.69 ID:CTw8H0eD
>>80
怖さの性質が違う感じはする

82 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 02:22:36.24 ID:RretQIJP
死ぬのは避けられないとしても誰でもいいから一緒に死んでほしい。
二言三言喋りながらならいくらか怖くないと思う。一緒に来てほしい。

83 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 09:04:35.87 ID:131eRnnv
この世に70億人の人類がいても、自分は一人だけなんだよなあ…
何で他人の気持ちや感覚を共有できないんだろう
死んだ後他人になれれば記憶を失ったとしても自我は存続できるのに…
記憶に執着はないし今この瞬間に別人になったとしても構わない
でも自我が消えるのは嫌だ…自我の消滅こそが死亡であり、無だ

84 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 11:29:04.39 ID:JzqrLTQJ
人類補完計画だね。

85 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 11:43:57.70 ID:mGamOVk1
>>83
でも1秒前にこの自我が本当にこの体にあったかなんてわからないよ。
この自我は既に別人の自我なのかもしれない。
でも記憶自体が違っているから何も気づかない。

結局のところ、この宇宙に一人でも人間がいれば自我は存続するのではないか。

そして、もし自我にとって時間なんてものが無意味だとすれば、宇宙のある時刻に人間が存在する以上、自我は存続するのではないか。

86 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 11:48:30.95 ID:pxVVJZwM
>>80
気合が足らねえんだよやる気あんのかよ。

87 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 15:09:48.55 ID:gG4cS7yU
自律神経の調整に心がけてる

症状が緩和してる気がする
出ても軽いとか周期が広がると言うか

気持ちの良い適度な運動の継続がいいんだろうけど
ストレッチだけでもやっといた方が良いと思う

88 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 21:47:26.40 ID:1VP6frDB
寿命がさらに伸びたとか老人の長生きのニュースで
長生きしたくないとか無駄に寿命伸ばしてもな、なんてニュー速板や実況板で
書いてる奴を見る度に怒りが沸いてくる
長生きしたいに決まってんだろ1秒でも長く先を見たいに決まってんだろ
どこまで生に淡白なんだよあいつら、恐怖心も危機感もないのか
「自分が消えてなくなる」事を想像も意識もした事がないのか…?

癌の特効薬の開発のニュースで癌で死ななくなったら
老人がさらに長生きするようになるからやめろ、なんてコメント見た時は殺意すら沸いたよ
そういう薬の存在はな、老人の為だけじゃなくてまだ癌になってない普通の人に
癌になっても大丈夫と安心を与える為にもあるんだよ
病院に検査に行くのだって「何もありませんでした」と言われるのが一番嬉しいんだよ
金を払って安心を買いに行くのが病院なんだよ

安心を求めて何が悪いんだ?俺は誰に罵られようが百年でも120歳まででも生きたいし、
長生きする事を害悪だとは思わない、生に貪欲でありたい
だって、消えたくないから…死の先に救いなんてない事を解っているか、

89 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 22:57:23.66 ID:J1vtVROl
>>88
死ぬのが怖いように
生きるのが怖い人もいるのよ

90 :優しい名無しさん:2015/04/01(水) 23:53:30.71 ID:gG4cS7yU
アンチエイジング技術や臓器の再生医療も確立するのかもな

91 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 00:35:00.18 ID:ycavtfGR
自死遺族のブログ覗いたけど辛くて読みすすめられなかった
なぜこの不完全な世界で自分たちは生きてるんだろうな なぜ人間は自ら死ねる能力が備わってるんだろう
なぜ生は一部の抜かりもなく強制じゃないのか?
この辺りが宇宙シミュレーティドリアリティ仮説を拭いされない所以

92 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 03:05:05.02 ID:N4pJicAE
死んだら無だと考えていて普段は哲学的なと言えるかわからないけど
自我や世界は3秒前にはなかった可能性が…とか冷静に考えてる

でも寝る前だけは自分が自分であって自分は確かに存在するのに必ず死ぬ
いつか終わる、絶対に逃げられない
いつか終わる終わる終わる終わる終わる終わる終わる終わるどうなる?
っていう発作が起きる

自分の中では「絶対に逃げられない」「必ず終わる」「自分はどうなる?」が恐怖の元になってるみたいだ

93 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 10:07:00.45 ID:v/UjCdIX
人間は死を理解する生物で
誰も死からは逃れられない

設定が厳しいな

94 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 10:48:53.45 ID:w2sj4kTt
>>92
>自分は確かに存在するのに必ず死ぬいつか終わる、絶対に逃げられないいつか終わる終わる終わる終わる終わる終わる終わる終わるどうなる?

まさにこれなんだよね。

俺の場合この中で言うと「絶対に逃げられない」が一番強いみたい。
なので閉所とかでも同様の恐怖が襲う。

95 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 12:20:30.16 ID:F6DmN55z
いつまでも生きられる訳ではないから
人は必ず死ぬんだよ

96 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 12:34:28.88 ID:w2sj4kTt
>>95
・・・・。
いやあああああああああああああああ!!!!!
言わないでぇえええええええええええええええええええ!!!!!!

97 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 15:02:40.13 ID:QXdtnYKl
個人的に来世とかあってもちっとも嬉しくないわ
不細工や虫や韓国人に生まれたらどーすんだよ
でも無は嫌だから天国が1番

98 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 15:55:24.57 ID:grGxUj8y
ネトウヨに生まれるのが一番悲劇だな

99 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 18:43:39.26 ID:v/UjCdIX
俺が最近になって会得した症状の押さえ方

無心で歩き回るw

男は1つの事しかできないようになってるらしくて
俺の場合、歩きながら不安な事を考えられないようだ

結局、自分の頭で考えた不安要素だからな

100 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 21:45:54.41 ID:hVpbcbO4
最近死ぬのが怖くて毎晩泣いていたらこのスレにたどり着いた
同じような人が他にもいることを知り少し安心しました

101 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 21:48:07.46 ID:bVTx4bmn
>>100
おかえり!一体どこにいってたんだい?

102 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 21:58:16.34 ID:ED9EXHoJ
皆一度は「考えない」って、逃避をしたことがあると思うけど、解決も解消も出来てないから怖いまんま
背中に刃物を突きつけられて、
背中に切先がチクチク当たってる状態

恐怖の根源を確認できない状態は、却って恐怖を増長することになる。


仏教で、自分と世界を納得できるように定義し直して、死ぬのが怖くなくなった。

103 :優しい名無しさん:2015/04/02(木) 23:59:13.06 ID:zo6a+cGk
>>94
閉所恐怖症?自分も閉所恐怖症だわ
死だけじゃなくて「逃げられない」こと全般怖い

でもただの嫌なことは生きてる限り
情けなくても最低でも逃げようと思えば逃げられるのに
死だけは絶対に絶対に逃げられないのが怖い

104 :相談は無料 メールください:2015/04/03(金) 06:21:24.01 ID:QC221c5X
よしだ総合診療・在宅ケアクリニック
福島県の健康長寿を本気で考える会 ふくしま県民党 自殺予防専門医 自殺予防コンサルタント
院長・会長・総裁 吉田孝司

http://yoshida-gphc-clinic.jimdo.com/

院長 吉田孝司 妻:内科不正専門医の 吉田なつ

〒969ー0401
福島県岩瀬郡鏡石町
不時沼217番地1

Tel : 0248ー62ー2508
Fax : 0248ー94ー2902
E-mail : gphc.yoshidaclinic
@gmail.com

略歴 DV防止法違反容疑 福島県の医師を逮捕

http://blog.goo.ne.jp/katuo_rakkasei/e/207db32098ba632f583ac426a33d2932
http://omosironik.exblog.jp/19370794/

同僚と摩擦を起こしては転職・医師会・医局から破門。不倫とDV。子供を認知しない。水子供養。
福島の放射能汚染は風評です。鼻血は出ます。アメリカの軍事実験です。放射能は怖くありません。

https://twitter.com/kojiyoshid
https://www.facebook.com/doctorrikunokoto

105 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 16:04:56.70 ID:wwJ3Vfam
>>103
自分も逃げられない場所苦手
長距離バスとか一生乗れる気しない

奥田英朗の小説にもそういうのがあったよ
死や棺桶恐怖症の爺さんの話でタナトあるあるだと思った

106 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 16:10:15.98 ID:jhhR2PTe
あげとく

107 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 16:44:54.16 ID:LzBYOSr7
死ぬときは気が遠くなる=気は死からエスケープできる説

108 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 22:25:50.81 ID:HG/5wR0H
>>105
ああ、長距離バスか。。

あんま考えたことなかったけど無理かも。

深夜寝静まった高速バスの中とかゾッとするわ。

バスの閉塞感って凄まじい。

109 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 22:28:41.53 ID:HG/5wR0H
ちなみに中学生の頃、キャンプで1人用テントの中で寝起きに寝袋のチャックが挟まって発狂したことある。

まだ自分を理解していなかった時代の話さ。

110 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 22:45:54.04 ID:Qk/SBaz1
自分は閉所苦手じゃないな、違うベクトルなのかな
自分は生きていることが全て無駄になると思うのが怖い

111 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 23:43:21.99 ID:8dCKrgBo
タナトとまでは行かないが
胸が締め付けられるような思いは沸いてくるな

1度タナトが出た環境を恐れてる気がする
考えると不安になる
忘れたい事は逆に忘れないようになってんのな

脅迫障害とかも合併してる人いますか?

112 :優しい名無しさん:2015/04/04(土) 23:51:21.11 ID:X+MwClXs
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

数多くのギャンブルの中で、還元率に関していえば、カジノに勝るものはありません。

政府公認のオンラインカジノで投資をしませんか?

今なら限定オファーで100%のボーナスがもらえます。

http://www.jackpotcitycasino.com/japan/?s=bfp35844&mid=77775

113 :優しい名無しさん:2015/04/05(日) 01:57:39.21 ID:hvlAnWt1
>>109
チャックにチンコ挟んだのかと
しかもテント張ってるし

114 :優しい名無しさん:2015/04/05(日) 12:52:12.89 ID:OAc/6U/5
3年前にタナトフォビアになって1ヶ月間苦しんだけど、それも治ったよとだけ書き込んでおく
一生治らないと思っている人もいると思うが、とりあえず治った人もいるとだけ知ってもらってそれが励みになってくれればいい

115 :優しい名無しさん:2015/04/05(日) 13:07:32.02 ID:5uR+9VnC
>>114
どうして治ったの?

116 :優しい名無しさん:2015/04/05(日) 13:53:24.38 ID:bWUF9a8v
酒も煙草もやらず食生活や運動にも気を使って
仕事だけでなく私生活や睡眠時間までガチガチに管理して健康と寿命に気を使い
全く遊ばず己に厳しくして、それで120歳まで生きるのと

好きなもん食って好きな事やって寝たい時に寝て遊びたい時に遊び
不摂生と自堕落の極みを尽くして50や60歳前後で体壊して早死にするのでは
果たしてどちらが幸せなんだろうか、と考えてしまう

どれだけ健康に気を使っても交通事故や癌で若くして死んでしまう人もいれば
酒煙草暴飲暴食フルセットで毎日を過ごしても80、90過ぎまでピンピンしてる老人もいる
結局はどんな生き方や健康管理をしていても、死ぬ間際に後悔せず良い人生だったと
笑って言えるのなら寿命はいくつでも関係なく、それこそが幸せな人生なのかもしれない

117 :優しい名無しさん:2015/04/05(日) 19:44:16.65 ID:5uR+9VnC
>>116
長く生きようと色々節制しても事故で亡くなる時もある。
テキトー人生送ってても長生き出来たりもする。
もちろん健康に気を遣うことで、不摂生だらけの人よりは長生きの確率は上がるけど、
健康に気を遣うのが苦痛になってでも長生きのために頑張るのは本末転倒だよね。
知り合いに超自己チュー人間がいて、周りは大迷惑してるんだ。
個人的にはアスペルガーかなと思ってる。
でも、本人はノンストレスっぽい。
好きなときに好きなことして、好きな所に行って、好きなもん食べて、言いたい放題言って生きてる。
健康診断も行かないのに病院にもかかるような事がない。
風邪もひかない。
どこまで生きるかはわからないけど、本人は幸せだろうな。

118 :優しい名無しさん:2015/04/05(日) 22:29:42.13 ID:AJ/WwaED
>>114
ありがとう そして、おめでとう

治し方も教えてくれると嬉しい

119 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 03:15:50.38 ID:CffEaG8g
>>115 >>118
すまないが治した方法は詳しくは覚えてない
時が癒してくれたんだとは思うが、やはりリアルを充実させて考える暇がなくなったのが一番効果あったと思うかな
一番恐る夜間は、好きな癒しアニメを垂れ流して紛らわす様に見るようにしてた

120 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 03:47:52.16 ID:Dp56JpIm
ヤミ金からの追い込み、役所からの刺客税金Gメン
やられる前にやるしかないマジでガチでやるしかない
もう何も怖くない

121 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 12:32:53.69 ID:k4WmSqeT
死んだら永遠に意識が戻らないし俺が生きてきた事思い出全てなくなるってとこがすげぇ怖い
死んだ事すら分からないだろう
想像出来ないくらいの年月が過ぎて地球が滅び宇宙が滅びて全てなくなる
俺や皆が生きていた事地球や宇宙など全て無かった事になる
地球や宇宙が滅びたら全て始めから無かったのと変わらなくなる
想像したらすげぇ怖い
ほぼ無から宇宙が生まれたと考えればなぜ無から生まれたのか分からなくて気が狂いそうになるし
宇宙に始まりはなくずっと無限の過去から存在していたと考えてもまた気が狂いそうになる
宇宙がなぜ存在するか知りたい
死が本当に無でいつか宇宙すらも滅びたら俺たち生命が生きていた事は始まった事も終わった事も誰も知ることはないただの幻のようなものになってしまう

122 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 12:57:04.65 ID:Sxx4R+ip
>>121
みんな同じようなこと考えてるんだね。

若いころは人間を特別な存在だと思うのは人間の都合のいい主観だと
考えていたけど、最近では宇宙の中で意識ある存在ってのはやっぱり
特別なんじゃないかと思う。

人間も宇宙を作ってるのと同じ物質でできているのに、その物質の集合体が
その宇宙自身を考えるなんてことがどうして可能なのか…。

やっぱり意識ってのは物質とは別の存在なんじゃないだろうか。

123 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 13:12:35.87 ID:PaOzorp4
>>121
俺と全く同じこと考えてる、なんかホッとした

124 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 13:52:48.61 ID:FiTAtlE7
この世界は分からない事が多すぎる
謎が謎のまま自分が死ぬのが悔しい

125 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 14:34:18.80 ID:Bnlw62Nz
>>121
無は無であっても、マイナスの存在とプラスの存在が
互いを打ち消し合って無の状態が再現されていたわけだから不思議ではない

126 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 15:35:35.67 ID:qrn6+H6e
>>124
まさにこれなんだよなあ。タナトになって一頻りあの世がなくて死んだら無って事を考えると、
こんどは、無って何だ?じゃあ有って何なんだ???という事を考えてしまう。
そこから宇宙の事とか生命の事とか考えると、もう気が狂いそうになる。
タナトを突き詰めると皆最後は哲学的な事を考えるようになってしまうよね。

死んだら無になってしまう事に納得が出来なくて、物質が何故出来たのか
生命が何故生まれたのか、意識や自我が何故発生したのか等を考える。
それでも納得できなくて、今度は宇宙の事とか何故宇宙全体、
つまりこの世が創られたのか等を考える。それでも納得が出来なくて…の繰り返し。
でも、結局は何も解らない。自分が何故生まれたのかもこの世が何なのかも解らないまま、皆無に還る。

127 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 16:01:41.19 ID:MItnTsr/
同じ瞬間は二度と無い。毎瞬毎瞬が永遠に失われている。
毎瞬毎瞬死への訓練ではないだろうか。

128 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 16:36:05.15 ID:Sxx4R+ip
>>127
この辺の感覚を生活の中で実感できているかどうかってのは重要な気がしてる。

現代社会ってどうしても精神が自然から孤立してしまっていると思う。

時間の感覚だってさ、太陽や天体の動きを見るんじゃなくて、人工物である時計やカレンダーの
動きを見るのが日常化しすぎている。

でもこれって現実そのものではないんだよね。
物差しが図るモノそれ自体でないのと一緒で、時計やカレンダーは時間そのものではない。

こういう習慣が時計を見て本当に目の前を過ぎて行く時間を感じる感覚を奪ってしまっている
んじゃないかって考えたりする。

人間はもともと自然物であって当然の事ながら他の自然と繋がったものだと思う。

それなのに自然と隔絶された人工的な概念とばかり接している。

そういう生き方への本能的な悲鳴のようなものもあったりするのではないかと考える
今日この頃である。

129 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 16:49:58.48 ID:Sxx4R+ip
自然の中での体感としての経験を伴わない、人工的な観念としての空間や時間を
をもとに思考することに限界があるんじゃないだろうか。

時計の時間は毎日繰り返し繰り返しやってきてはすぎてゆく同じもの。
でも本当の時間は出来事なしでは感じられないものでそれはいつも違うものだ。

不思議なのは自分の頭の中で宇宙を考えるときには恐怖が起こるのに、
実際に満点の星空を見ながら宇宙を考えるときには感動が起こることだ。

だからこの恐怖はどちらかというと人工的な観念にとらわれすぎてしまった
結果の産物なのではないかと思ったりする。

それは宇宙でもそうだし社会や他人というものについてもそうだ。

130 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 17:56:11.45 ID:4lYBwHUa
後悔のない人生って何なんだろうな?

悔いや後悔を少なくすることは出来ても、完全に無くす事は出来ないんじゃないか?

131 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 18:31:54.62 ID:si/B3BBN
>>125
それは知ってるよ
打ち消しあってたと言われても受け入れられない
それが本当だとしてなぜマイナスの存在とプラスの存在があったのか
なぜできたのか
いつからあるのかを考えて受け入れられない
宇宙何も無い方が納得できる

132 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 18:36:39.86 ID:si/B3BBN
まず意識があったり生命が誕生したり物質があることじたいが理解できない

133 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 18:48:30.38 ID:Sxx4R+ip
>>131
無を有で説明するのは無理そうだよね。
無とゼロが果たして同じ概念なのかもわからない。

134 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 18:53:48.71 ID:xR9S/o/1
生まれる前と言うのもいったい、意識はあったのか無かったのか。
死んだら生まれる前と同じ状態になるのかなあ。

135 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 18:57:19.28 ID:Sxx4R+ip
たぶん人間の思考で到達できない領域が無なんじゃないかな。
そしてその無には必ず神を想定せざるをえない。

だから本当は無なんていうのはないんじゃないかと思う。
人間以外の意識から見れば人間が無と思う領域に何か認識の対象があるのかも。

ここに次元が関係しているのかもしれない。

136 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 19:04:39.41 ID:si/B3BBN
全身麻酔した時まさに無っていうか死ぬってこんな感じだろうなと思った
寝るのと違って何も無かった
手術室で麻酔して次の瞬間何時間も経ってた病室のベッドの上だった
この何も感じなかった間の状態が無や死なんだなと思った

137 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 19:04:42.91 ID:Sxx4R+ip
そもそもさ、それが存在するって認識自体が理論からは出てこないんだよね。

物質を見るためには光が必要。

結局既に有るものを使って他の有るものの存在を確かめなきゃいけないわけで
じゃあすべてを認識するための存在がちゃんと存在していることを証明できるかって
言えばそれは難しそう。

と考えると根本的な存在の感覚って、視覚とか触覚とかの与えられた感覚にしかない。

そこにしか存在の根というのがない気がする。
結局この与えられた感覚っていうものの超越性が浮き彫りになる。

これはとても不思議なことだ。

138 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 19:40:16.32 ID:o3ojHxup
なんか伸びてるね
ところで長文書き込んでる人達は恐怖症ではないよね、単なるセンチメンタルの範疇でしょう
前のスレにいた人みたいにいつか死ぬこと考えると冷や汗かいたり胸がドキドキするレベルじゃないと恐怖症とは言えないよ 勿論自分も違うけど死にまつわるスレがここくらいしかないからよく書き込んでる

記事みてると海の向こうでは億万長者達が永遠の命を得ようとばんばん出資してるみたい
その一方で実験してる人達の中には我々の世代で不老不死や意識のアップロードが実現しないことを確信しつつ従事してる人も多いんらしい
長らくの平和である種の信仰のようになりつつあると思う

139 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 20:30:54.19 ID:4lYBwHUa
碓井は人の記憶を波に例える。
「記憶という波は酒を飲んだり落胆したり、ふとしたきっかけで心の防波堤を越え、秘めていた心情とともにあふれ出すのです」
(新潟青陵大学大学院教授の碓井真史(まふみ)(社会心理学))

確かに波のように襲ってくるよな
耐えられなかった自分を知ってるから、そこに落ちたらと思うと怖くなる

140 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 22:24:37.00 ID:+TQrOFqx
死んで一人ぼっちになるのが怖いし
それが永久だったらどうしようと思うと怖い
5億年ボタンの話に感じる恐怖心に似てる
あの不安感にしょっちゅう襲われる
あれを押せるとか言う奴はどうかしてる…

141 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 22:54:46.64 ID:XmzHGzVW
自分は警察の雑務を職としています。
植木の枝処理から電球取り換え果ては見届け人もしています。
ほぼ毎日御遺体が来ます。
病院以外で死ぬと不審死として扱われ警察に来ます。
オクサレからマグロまで色々です。

142 :優しい名無しさん:2015/04/06(月) 23:30:26.39 ID:4lYBwHUa
>>141
ビルメンテナンスと植木職人と死体洗いが混ざったような仕事なんですね
そんな職があるとは知らなかった


>>140
あの世でまた会える
そう思わないと怖くてしゃーないよ

143 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 00:22:14.46 ID:QjuAaGYH
年末年始と新年度はやっぱり伸びるよな

しかし年取ると正月も新年度も日常になってきて時間経つの早いのなんの

144 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 00:24:05.93 ID:OWXNsM7a
仏陀「人間は生老病苦の苦しみから逃れられない、それを受け入れることが悟り」

145 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 00:36:38.92 ID:i70dAnXx
新年度は中学生が鉄塔から飛び降りちゃったりするからな

季節の変わり目は自律神経に負担がかかる
俺たちタナト持ちはタナト単体のみので苦しんでる人は少ないんじゃないか?

脅迫障害もあったり、自律神経も痛めてたり
うつっぽかったり

楽になる境地まで悟りてえなぁw

146 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 04:37:37.92 ID:74mFGTtd
人は死んだ瞬間また自分に生まれるよ。
理由は宇宙が何度もシミュレートされるから。
死は無=ない。
私たちの存在=自我は永遠に自分から逃れられない。
記憶は消えるから人生は一度とも言えるし無限とも言える。

147 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 05:52:23.94 ID:shvlQJw3
それがかりに本当だったとして今の自分と次の自分は果たして同じなのかが謎だね
記憶が消えるなら何度も今と同じように死に恐怖するわけだから解決にならないな
原始人に生まれた人は永遠に原始人 江戸時代に生まれた人はずっとその時代ってなんだかなぁ
俺はずっと俺だし時代も同じ
この考えは未来も確定してる事になるね
てかなぜそうなると思ったの?
本か何かで読んだの?


148 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 08:45:48.11 ID:p/BpotPQ
何度生まれ変わっても同じ世界で同じ性格の同じ自分になり同じ行動を取るのか…
同じ日に同じように上司に叱られたり同じようにパチンコで負けたり同じように喧嘩したり
同じように虐められたりリストラされたりガンを宣告されたり、同じ日に同じ死因で死ぬのか…
ある意味生まれ変わらない方がマシだとすら思える考え方だなそれ

149 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 08:56:41.03 ID:pJ7AYBlL
なんども繰り返すって説は聞いた事あるけど明確な理由を聞いた事ないしどうもしっくりこないんだよな
生まれて三年くらいで死んだ人とかそれを繰り返すのかね
全てループするなら役も人生も決まってるよな
宇宙が生まれて自分が生まれて死んで宇宙も終わって宇宙が生まれて死んでを繰り返していつかまた奇跡的に同じ宇宙が生まれて自分が生まれた時もうその自分は今の自分とは違うよな全て同じだとしても

150 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 10:09:55.15 ID:74mFGTtd
時間は過去と現在と未来が同時に存在している円である。
円を巡回するスポットライト(自己意識)が照らしているのが、今。
これだと未来は決定されていることになる。

でもこの世界は平面ではない。

時間は球である。
こう考えると、スポットライトは円を周りながら、
自由意志によって上下に動くことができる。
つまり私達は未来を選択できる。

でもこの世界は三次元や四次元を超越してるかも知れない。

こうなると時間の概念を人間の脳で理解するのは至難だ。

例えばレコードプレイヤーは、回るレコードを針で辿って、
やがて別の曲を演奏する。
針が自己意識をもたらすきっかけだとすれば、
この人生の後には全く別の人生(人ですらないかも)が待っているかも知れない。

151 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 10:30:01.85 ID:74mFGTtd
スポットライトが魂そのものなら、
魂は永遠に(あるいは電球が切れるまで)、
複数の人生を生きることになる。

スポットライトが神の目による絶対時間で、
我々の魂がこの肉体に帰属するものなら、
我々は自分だけを生きることになる。

自分の意見は後者だから、
死ねばまた自分を生きることになると書いた

152 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 10:50:45.64 ID:i70dAnXx
死海文書によるとキリストも生まれ変わりを説いたって説もある
今の教会の教えは教会の都合によって編纂されたものだからね

仏教は言わずもがなで輪廻転生説

ヒンドゥーも輪廻

イスラムはキリスト教やユダヤ教の影響を受けたのかも知れんが神の世界で永存

過去世の記憶を持ってると主張する人もいる
大抵は出産時に記憶が消えるって話

153 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 11:13:52.69 ID:zv0WlSs0
現代物理学で言うと時間・空間・物体は切り離せないものって解釈なんだよね?
つまり自分の存在なしの時間や空間っていうのはないのかもしれないよ。

特に時間については人間の二次的な創作物なんじゃないかって気がしてる。
物体は時間が流れることによって動くのではなくてただ動くんじゃないかな。

だって宇宙全体の物質が静止した状態で流れている時間を考えるなんて無意味だもの。

物理学で言えば物体の運動を数学的に記述する場合に独立変数としてどうしても
時間が必要になるんだろうけど、それは人間の都合でしかないよね。

そう考えると無なんていうのも人間の二次的な創作物なのかもしれない。
本当はただ与えられたものがそこにあるってだけなのかもしれないな。

154 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 11:35:50.65 ID:yjc/qSsH
Googleさんが人間の寿命を500歳に延ばす…! [転載禁止](c)2ch.net [427215327]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1428296841/

155 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 18:10:53.44 ID:HFkCKuVZ
>>154
金持ちだけ、が濃厚か!
ちくしょーちくしょー魂さえ……魂さえあればー!!!

156 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 20:08:52.64 ID:i70dAnXx
魂(精神?)には寿命がないのな

肉体と精神面が別物ってのも頷けるわ

157 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 22:17:33.47 ID:tfj/zsly
でもやっぱり死んで永遠の無になると思うと怖い
心臓が痛くなる

158 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 22:27:50.24 ID:74mFGTtd
無=0=ない

159 :優しい名無しさん:2015/04/07(火) 23:16:25.88 ID:i70dAnXx
永遠の虚無なら
苦しみだって無だろうよ
時間的1次元だって無だろう

無だったら自分が死んだ事にすら気が付かないんだろうな

160 :優しい名無しさん:2015/04/08(水) 00:35:08.74 ID:yx/JWatB
死んだら怖くもないし苦しみ無いのは分かってるけど
生きてる時に永遠に無になる事や消えて永遠に意識が戻らないことをらのが怖い
大切な人もその人との思い出も全て消えて無くなる
もう二度と会えないし話もできない事が怖いし寂しいし悲しい
こんな気持ちすら死んだら無くなるのも嫌だ
大切なひととの日々をずっと記憶しておきたい

161 :優しい名無しさん:2015/04/08(水) 00:37:27.95 ID:yx/JWatB
永遠に意識が戻らないことを考えるのが怖い

162 :優しい名無しさん:2015/04/08(水) 06:22:58.67 ID:ibuVZPDT
永遠の無とか言ってるけど無ならそもそも時間概念もねーだろ
バカばっかだなw

163 :優しい名無しさん:2015/04/08(水) 07:21:45.74 ID:VLKjsZb0
無に時間概念がない事ぐらい皆わかってるっつーの
何もなくなって二度と戻らない事を表現してるだろ

164 :優しい名無しさん:2015/04/08(水) 07:25:54.52 ID:VLKjsZb0
表現してるだけだろ

165 :優しい名無しさん:2015/04/08(水) 16:12:55.53 ID:B7ijUyJU
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0503/656333.htm?o=0
読売新聞 発言小町 50代女性 人生の悩み


たまたま↑にたどりついた
悩みを抱えてる人は多いんだろうな
俺たちが抱える悩みも人間故なのかも知れないな

不安要素は波のように襲ってくる
毎日の生活に追われてれば、そこに目を向けないでいられることもあるのかも知れない

死について悩んでる・不安がある
それを虫の知らせとか守護精霊からの気付きのチャンスを受け取って
乗り越えられたら心がスカッと晴れるのかな?

166 :優しい名無しさん:2015/04/09(木) 04:12:35.66 ID:o5rT2Nvi
死ぬ寸前は脳が「死」という苦痛を回避しようとして、体感時間が永遠に近いくらい遅くなる
みたいな話をどっかで見たんだけど、実際どうなんだろうか

167 :優しい名無しさん:2015/04/09(木) 12:47:29.00 ID:2hpfkolR
突然つっ込んできたトラックに頭を潰されて死んだ人とか
戦争で脳を打ち抜かれて即死した兵士とか
原爆の爆心地で熱いとか痛いを感じる暇もなく蒸発した広島長崎の人達は
体感時間なんか感じる暇もなく、その一瞬前までは記憶も意識もはっきりあったのが
次の瞬間に即座に無になったんだろうな…その、覚悟や恐怖を感じる暇もなく
一瞬で無になるという感覚が解らないし解る訳が無いのが怖すぎる

168 :優しい名無しさん:2015/04/09(木) 12:52:13.91 ID:pFMiluOa
このスレに目を通す瀕死の人はいないのか。
死が怖いのは元気だからと言うのは本当なのだろうか。

169 :優しい名無しさん:2015/04/09(木) 18:29:21.12 ID:VlWdVhYb
無になるんだから、恐怖もない。
後悔や懺悔、希望も歓喜もすべて無に返す。
怖いのも当たり前、悲しいのも当たり前、楽しいのも当たり前。
すべてを肯定的に受け入れれば、死の必然性も受け入れられるはずさ。
怖いのは死ぬまで怖いんだせ。

170 :優しい名無しさん:2015/04/09(木) 19:09:25.68 ID:h5OXS1FO
言うは易し。
死に直面してるならすまん。

171 :優しい名無しさん:2015/04/09(木) 22:24:29.65 ID:Z3K008g0
>>168
今は瀕死じゃないけど一度死にかけてから死ぬことが凄く怖くなった
PTSD的な感じというか

ある意味死を怖がるだけの元気はあると言えるのかもしれないが

172 :優しい名無しさん:2015/04/10(金) 00:08:34.96 ID:qLzCsN9p
死を回避するのが生命の本質
正常だよ

173 :優しい名無しさん:2015/04/10(金) 00:47:45.72 ID:laEFR8w3
死には直面してないけど、毎日少しずつ死に向かってるのさ。
青汁飲んでるおばちゃんも高級官僚もある時点で死というものを実感した瞬間にタナトフォビアに陥る。
人類はすべからくこの病に罹っていると考えれば少しは楽になるんじゃないかな。
鬱を「死ぬのが怖い病」と名付けた桂枝雀が自殺した事実には笑ったが、永劫回帰を目指した生への強い欲求が伺えて、彼の思慮深さが慮れるね。

174 :優しい名無しさん:2015/04/10(金) 01:59:04.63 ID:8heSwysk
な〜に、そのうち分かるさ。

175 :優しい名無しさん:2015/04/10(金) 04:27:39.11 ID:gUJ7Vk97
俺も一回死にかけてっつか死ぬかもって本気で思った出来事があった後からすげー怖くなった
それまでは別に怖くなかったんだが

176 :優しい名無しさん:2015/04/10(金) 05:35:54.83 ID:FrYunrG5
>>175同じく死ぬんじゃないかと思う事があってから怖い
周りの人が死ぬのも怖い
親が死ぬのも怖い
でも逃れる事はできないんだよなぁ…

177 :優しい名無しさん:2015/04/10(金) 13:47:46.94 ID:qLzCsN9p
>>175
人間は死を理解する知能は持ってるんだが
死を意識するのは何かのきっかけがあるんだろうな


>>173
うつだけじゃなくてタナトも合併してたのかもな

糖尿病や高血圧などの持病を持ってたと言うから
生活環境による自律神経の不調、免疫力の低下なんかもあったのかもな

178 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 00:10:20.45 ID:rgD4+Ecv
モーガン・フリーマンの死生学に関する番組があったよね
あれ見た人いる?
俺、怖くてまだ見てないのよw

179 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 03:30:21.76 ID:e3MeR7nu
ヘリクツをこねた所で時間が止まる訳でもなく確実にその時に進んでいる。
あがくだけ無駄だし後悔の無いよう精一杯充実した時間を過ごせばいい。

180 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 08:24:53.69 ID:X0mKyRHW
それがかえって曲者なんだけどな。
生き急ぐことになりかねない。
充実なんて考えないで生きられたらそれがいいんだが…

181 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 13:59:52.28 ID:rgD4+Ecv
受け入れる事が出来た奴は楽だろう
悟りとは受け入れる事らしい

誰もがその境地に居る訳では無い
受け入れられずに悩み苦しんでいる奴もいるという事だ

自身が乗り越えた苦悩を振り返り、我々に救いを差し伸べているのなら感謝する
だが、自分が知らない苦悩を笑うのは、あまりにも幼く稚拙な事だ

生まれた時から目が見えていれば、全盲の苦しみは知る事が出来ない
目隠しをして生活したとしても、それを取り除けば目は見える訳だ

精神的・神経的・心の苦しみは、自分の目に見えないし医者を含む他人にも見えない
だがそれは存在する
俺たちは苦しみを体感しているんだ

182 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 17:54:55.95 ID:BMuRG05+
昔、鬼ごっこしていて思ったんですけど
捕まっても鬼になるだけで自分は別に鬼やるの嫌だと思っていないし
苦痛でもないのに、逃げていると捕まるのがものすごく怖くなってくるんですよ。
あと、誰にも見つからないところに隠れると最初のうちは安心するんですけど
だんだん退屈になって自ら鬼に見つかるところに出て行くんですね。
逃げるから怖くなる、退屈だから恐怖を求める。
これってタナトと関係ないでしょうか?

183 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 18:00:04.47 ID:BMuRG05+
あと、最近聞いた話で
苦痛が無ければ快楽も無く
恐怖が無ければ安心も無い
その逆もしかりで
快楽が無ければ苦痛も無く
安心が無ければ恐怖も無い
というものがありました。
ふたつは切り離せないセットなのに
人は片方の良い物だけを手に入れようとするから
問題が起こるんだそうです。

184 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 18:01:48.15 ID:X0mKyRHW
動物は将来の不安というものを知らない。

185 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 18:19:53.00 ID:1bei5OFr
>>184
いや知ってると思うよ
手話のできる有名なゴリラ、ココってのがいるんだけど
死について暗い穴にさよならと表現していた

186 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 18:30:37.94 ID:X0mKyRHW
>>183に沿っての話だから。
動物の安心は不安の解消ではないよ。

187 :優しい名無しさん:2015/04/11(土) 20:09:01.26 ID:91NrLrzE
長生きしたり延命を求めるのが醜くみっともないとされる風潮が気に入らない
フィクションの漫画やアニメでは不老不死を求める奴は大抵悪役で、
SF映画では不老の技術には必ず欠陥が見つかり破綻して、
不死を求める事が愚かな事のように教えながら幕を閉じる
現実でも長生きして苦しんだりボケるぐらいなら老いる前に安楽死するわ、なんて
自分の事を他人事のように危機感も覚悟もなくほざく若者がいる

そりゃあ死んだ後生まれ変わりがあるなら、次があるのなら不老を求める事も無いだろうさ…
だが現実は違う、今実際に生きている自分達は死んだら次も先も無いんだよ!
だったら延命を望んで何が悪い?死を遠ざけて何が悪いんだ?
もし身長1cmと寿命一年を引き換えに出来るのなら小人症扱いされても
1メートル身長削って百年寿命延ばすわ、何の躊躇いもなくな!
潔く死ぬのが美徳?そんな美徳糞食らえだ!!

188 :優しい名無しさん:2015/04/12(日) 04:08:01.63 ID:a8KYdwXj
長生きの延命なんか人生時間にしたら誤差の程度
存在できる時間など人それぞれある程度決まっているんだよ。

189 :優しい名無しさん:2015/04/12(日) 14:44:10.21 ID:e2QScn7G
死んで今の自分が全てなかったことになるのが怖い
今楽しいとか嬉しいとか幸せとか感じることもある意味苦痛

190 :優しい名無しさん:2015/04/12(日) 16:06:25.69 ID:Lb7ES4Ar
運動するとか掃除するとかすれば
それをやってる時は不安が飛ぶ

体も健康的になるからオヌヌメ

191 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 06:08:58.22 ID:ImlNBtrJ
死んだら生きてた事を思い出す事もないし焼かれて脳も灰になるから蘇生技術が誕生しても二度と記憶の再生は不可能になる

192 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 08:35:54.51 ID:nEgjE8sa
自分達が生きている間に蘇生技術か完成するとは思えない
それどころか延命技術も完成するかどうか怪しい
何とか細胞とか内臓の代替品みたいなのが研究されるようになってきたが
それの実用化の目処が立つのは何十年後だ?
病院に行けば一般人でも気軽に寿命延ばせるようになるまで後何年かかる?
一部の金持ちや官僚だけが受けられる特権や超高額医療じゃ意味がないんだぞ?

なまじ後5〜60年ぐらいで完成するなんて言われたら一番腹立つな
自分がこの世にいられるかどうか一番微妙なライン
それならいっそ技術なんて全く解らん昔に生まれていたほうが良かったし、
5〜60年後に生まれて恩恵をフルに受けられる未来の若者に嫉妬しながら死んでいきそう

193 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 10:14:56.66 ID:YO3Dk/1m
>>192
支配者が永久に死なない世界を考えるとちょっと怖いな。

194 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 10:29:06.43 ID:Of+Pn00z
一般人が不老長寿になるには少なくとも千年くらいはかかるでしょ。
特権階級が不老長寿になって色々やり尽くして生きるのに飽きて欲が薄れてから下に回って来る。

195 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 10:36:20.02 ID:BRT4M0EJ
その前に地球が生きてないと思う

196 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 10:37:56.55 ID:YO3Dk/1m
>>194
俺は人間は200歳くらい生きると脱皮をして違う姿になるんじゃないかと思ってる。

197 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 13:32:48.18 ID:trgpxwQS
冷たいのキメてんな

198 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 14:00:20.45 ID:V6XX2Cgc
>>196
冗談じゃないならぶっ飛びすぎw

199 :優しい名無しさん:2015/04/13(月) 14:13:35.72 ID:YO3Dk/1m
>>198
まだ150歳すら生きた人間がいないのだからそこでどういう変化が
起きるかわからないと思うのよね。

羽が生えてくるとかさ。

200 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 00:47:19.06 ID:cwFuLU4r
脱皮したり羽が生えたりするようにプログラミングされてないと思うけどな

201 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 01:04:46.43 ID:hFFdbJQ+
>>192
>>194
医療は日進月歩の世界だからもっと早く実現する可能性もある

202 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 03:50:59.27 ID:/GjS6+j2
ここの人って薬物依存の後遺症で変な妄想をしている。
世間の一般常識が通用しない危ない人たち。

203 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 05:11:55.11 ID:4gu9ESxo
特に異常な妄想してる奴も薬物後遺症っぽい書き込みもないのに自分の思い込みのみで決めつけて書き込んでるお前が一番危ないよ

204 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 09:40:04.05 ID:6WBd68eI
想像力豊かすぎだろw
死に恐怖心や人より関心があるなら
高校生物くらい勉強したらw

205 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 11:42:26.84 ID:UVvw/OHU
死より前に痴呆が来ると思うんだけど最近はそれも怖い。
死ぬ前の危篤状態とかも想像すると恐ろしい…。

206 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 17:56:30.81 ID:54r21QDe
薬の離脱症状でタナトフォビアになる事は無いと医者も言っている。

207 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 21:45:42.73 ID:oz+tTNzz
これね、
人は必ず死ぬという当たり前の事実に抵抗するエゴイスト
何でも事実に抵抗するとネガティブ性の思考が生まれる

208 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 22:07:29.53 ID:cA3VW0oS
悟ったようなことを言っても自分が病気ではっきり死ぬとなれば似たような感じになる。
考えるか考えないかの違い。

209 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 23:20:42.18 ID:oz+tTNzz
なら余命宣告もされてないのに恐れるのは妄想でしょ
そういう病的恐怖の雑念はマインドフルネス療法でもやったら
思考の焦点を未来にウェイトを置き過ぎず今現在に調整する

210 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 23:26:27.83 ID:cA3VW0oS
実際死ぬまで行かなくてもそういう人見てるからね。
つかかなりの人は以前はそう言ってて何らかのキッカケで恐怖症になったんじゃないの。

211 :優しい名無しさん:2015/04/14(火) 23:47:27.96 ID:KjFCkbwC
ドイツのことわざ
「どうにもならないことはいっそ、忘れた方が幸せ。」

釈迦の言葉
死ぬ瞬間まで死ぬことを忘れろ

212 :優しい名無しさん:2015/04/15(水) 03:21:32.37 ID:OCsSVYnf
無の世界に行くのが怖くて眠れない
目覚めるか怖い

213 :優しい名無しさん:2015/04/15(水) 12:05:40.79 ID:JXuS3Clc
毎日目が覚める度に「今日も生きていられた」という安堵感と
「何故生きているんだ」という不可思議感と
「いつか目が覚めない日が来る」という不安感が綯い交ぜになって襲ってくる
ただ寝て、ただ起きるという一般人にとっては気にするべくも無い
当たり前の日常行動が怖くて不安で仕方がない

214 :優しい名無しさん:2015/04/15(水) 16:53:06.58 ID:7g9eGC4l
キューブラー・ロスが
「死ぬ瞬間の光景、感情、痛みを感じながら、そこで時間が停止する」
って言ったっていう話は何か出典があるのか。

215 :優しい名無しさん:2015/04/15(水) 23:57:57.89 ID:vmwVxHQG
ここの人たちは、病気恐怖もあるのかね
がん、白血病、ALS、、とかならないかという恐怖はないの?

216 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 00:01:58.84 ID:5OaY5VSv
あるよ、私はすごいある
ちょっと何か見つけたらガンかもとか脳がやばいかもとかすごい考えちゃう

アンジェリーナジョリーもタナトなのかな?と思った

217 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 01:45:09.66 ID:YAdZ6RxS
むしろそれが一番怖い、癌告知されたらそれだけでショック死しそう
病は気からとかプラシーボ効果というのがあるけどそういう意味においては
自分なんか癌になったら間違いなく常人よりも早くどんどん悪化する自信がある

告知された瞬間にもう駄目だ助からない、転移して数年後に死ぬ、
完治しても5年間は再発の恐怖、再発したら今度は手術不能で絶対に助からない等と
ネガティブな事ばかり考えるのが目に見えてるからね…
何しろ癌になっていないのに末期癌になった自分が病院のベッドで横たわって、
もうすぐ死んでしまう消えてしまう無になってしまうと泣き喚いている姿を想像してしまうんだから…

218 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 02:30:06.97 ID:AtRBoijS
でも癌告知を怖がって医者を避けると、治る癌を治せずに寿命が縮む罠

219 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 19:08:22.07 ID:4gJuwJq+
何事も早期発見・早期治療がええのよね

220 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 22:33:28.82 ID:sWdkmsgi
今後、日本で癌は急増するだろうね。
「人工放射能」について調べてみるといい。

現在の安全基準は全て自然放射能に基づいたもの。
自然放射能は人類誕生前からあったもので、人の体はすでに順応している。
ブラジルの海岸で福島よりはるかに高い放射能が検出されて話題になったが
あれは自然放射能なので全く問題ないんだ。

対して原発由来の人工放射能はやばい。
人の体はまるで順応してないから僅かな線量でもガシガシ遺伝子を傷つける。
安全基準内の食品でも実際に被るダメージは遥かに大きい。
人工放射能と自然放射能を同一視したことは、政府の大きな誤りの一つと言えるだろうね。

そんな危険な食品を我々はもう4年も食べ続けている。
原発事故のせいで、我々の癌死のリスクは遥かに上がってしまった。

221 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 22:52:27.87 ID:8NwFplGT
うとうとしてはっと目覚めたら久しぶりに恐怖きたわ。

でもこうやって書き込んでるうちに落ち着いた。

同じ苦しみを共有できる人達がいるってのはなんだか心強いな。

222 :優しい名無しさん:2015/04/16(木) 23:20:07.85 ID:AtRBoijS
>>220
自然放射能(力)ってなんだよ放射脳。韓国するな

γβ等の分類と放射性元素の違いは有っても、放射線に人工自然の区別は無い。


人工の酸素と天然の酸素 良い酸素はどっち?

223 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 00:28:59.39 ID:MJYV5Yuz
>>222 原発村の住人なのか情弱なのかは知らんがマジスレ

天然=自然界に存在する放射線
人工=人間が核分裂で作った放射能
この違いだろ

天然物は、生物が長い年月をかけて耐性を獲得した
フクシマがばらまいた放射能は、全生物にとって初体験だから影響を受けまくる
特に悪いのが内部被曝

咽や心臓や骨に蓄積して、内部から体を壊し続ける

224 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 00:32:07.01 ID:MJYV5Yuz
追記 (連スマン)

ビタミンBって言っても6とか12があるじゃん?

セシウムにも細かい種類がある
セシウムの後に数字が付いて細分化される

カナダの沿岸でフクシマ産のセシウムが検出されたが
何でフクシマだと特定可能だったのか
興味があったら調べて見な

225 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 01:16:54.46 ID:vCro34q6
えー
レントゲンも人工放射線で遺伝子ガシガシ傷つけるってコト?
ごめんバカだから変なこと言ってるかもだけど明日歯医者で多分レントゲンだから怖い
元々レントゲン被爆気にしいでそのくせ病気がちでよくレントゲンするから不安になった

226 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 02:06:29.56 ID:JnW4NV9J
チラチラ見てたろ?
このスレを見たやつは3月64日に
家族の誰かがいなくなるゾ・・・
そうなりたくないやつは他の掲示板の364ヶ所に
URLといっしょに貼れゾ・・・
それじゃないと・・・
ポッチャマが死ぬのは一番いやだゾ!
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/aniki/1427941967/

227 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 03:15:47.31 ID:6kb5ZNqf


228 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 03:17:56.74 ID:6kb5ZNqf
ちょくちょく言ってるけど、そろそろこの死恐怖症“タナトフォビア”(爆 ってやめてくれないかな
笑っちゃうから

229 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 03:33:59.87 ID:sKb7biAT
キンキン亡くなったね
自分は死なんて怖くもなんともない

230 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 07:38:47.16 ID:kHQrEShl
そんなふうに考えていた時期が

231 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 09:30:06.96 ID:fz0rIiXt
>>222
放射線に自然も人工も区別できないと思うが放射線物質には
核種によって体内での振る舞い方が違うよ
セシウムは筋肉に蓄積したりストロンチウムは骨に蓄積したりと
挙動が区別できる

232 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 14:19:54.96 ID:oH2U2/iv
>>225
胸のレントゲン、歯科のレントゲンは極少被爆だから影響無視できる
CTとかだね

233 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 14:25:41.61 ID:6kb5ZNqf
まさかリアルで自分タナトフォビアなんすよ〜とか言っちゃう強者はいないよな? 美食家か何かと間違われて村八分にあうこと受け合いだZO☆

234 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 14:31:03.14 ID:UB4wIWuy
>>233
それはタナトキャビアな!

235 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 14:34:10.53 ID:6kb5ZNqf
正解!はい消えた!今タナトフォビアの憂鬱な気分消えたよ!以降このスレはタナトフォアグラの美味しい(^q^)支配下に置かれることを留意されたし。

236 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 16:39:13.47 ID:7Ohmao8Z
放射能と放射線と放射性物質は別物なんですよ田中さん

237 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 16:42:55.89 ID:7Ohmao8Z
放射能と放射線と放射性物質は別物なんですよ田中さん

238 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 17:39:15.35 ID:80fvmY4O
震災からもう4年も経ったかと思うと人生すぐにも終わりそう。

239 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 18:06:54.17 ID:hk4cqQ6B
こんなの見つけた。
【音楽】千葉はなさんの亡くなる3週前の手紙を公開 死への悟りとファンへの感謝の気持ちが綴られる ©2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1429253570/


これ読んできたけど、どこまで本音だろう。
全文本音だとしたら、どうしたらこういう境地になれるのかな。

240 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 20:47:29.29 ID:fz0rIiXt
結果的に悔いのない生き方をできてると思えたら
そういう境地になれる気がする

241 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 21:10:17.52 ID:kHQrEShl
基本的に公表されるものはそれを意識している。
いずれにせよ気持ちは一定ではない。

242 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 22:46:10.31 ID:MJYV5Yuz
>>239

死んだら生前の苦痛は全て消える
そう思わなきゃやってられんような状況だったんだろうな

ガンの再発だから、死んだ方がマシな状態だったんでしょ

悔いの無い人生って何なんだろうな
人間なんて失敗・後悔・回り道の連続だと思うんだ

243 :優しい名無しさん:2015/04/17(金) 23:12:47.76 ID:p/ruAl5P
>>242
この人、ちょっと宗教じみたコメント言ってるところが気になる。
「元々死ぬことを悲しいと思ってなくて、卒業というか」とか、
「みんなと一つになれる気がするからワクワクしてる」とか。
生前のキャラクターは知らないけど、
生前こういうキャラじゃないんだったら、
こういう発言はやっぱり病気の苦しみなのかな。

きっと人生って、
どこまでやってもこれで死んでも悔いない!と思える事ってないよね。
思うような成果が得られなかったらもっともっととなるし、
その分野で満足しても違うものが欲しくなって…。
と思う自分は欲張り過ぎなんだろうか。

244 :優しい名無しさん:2015/04/18(土) 23:49:50.29 ID:bEwuonf3
やり残しが無い奴なんて居ないよ

やろうと思ってた事は全て終わらせて
貯め込んだ資産を使いきって
世話になった人に全員に挨拶して
買い込んだ食料を全て残さず消費してから死ねる奴が居るんだろうかw

245 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 02:14:28.20 ID:IR5Cm+H3
完璧に悔いのない人生送れる人って

生まれた時から恵まれていて金銭面や生活で苦労した事がなく、
学校でいじめられる事も受験に失敗する事も会社でストレス溜める事もなく、
人間関係においても円満で敵も作らず他人を嫌な奴と認識する事もなく、
残した妻や子供達に十分な遺産を残し自分の死後に不安にさせる事もなく、
やりたかった娯楽は全て遊び、行きたかった場所に全て行き、食べたかった物は全て食べ、
誰も恨まず、誰からも恨まれる事なく一切の悔恨を残さずにいて、

そして何より死の瞬間まで死ぬ事を恐れずに「良い人生だった」と笑いながら逝ける人格の持ち主である事

そんな幸運かつ純粋な性格の人、世界中に何人いるのだろうか…

246 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 11:14:03.21 ID:crjQb6Fm
小学生の頃に少しタナトフォビア?っていう状態に落ちたけど普通に回復。
ところが、最近好きな人ができたら急に死ぬのが恐怖になった。
その人と同じ時間軸を生きることができなくなるという恐怖。
誰か分かってくれる人いないかな?

247 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 11:21:23.94 ID:crjQb6Fm
書き忘れていたので追記。
上記の話を別の女子にしたら、「恋愛脳とかうざいからくたばれww」って言われた(´・ω・`)

248 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 21:32:41.15 ID:8kFTq8+p
>>246
仏教で苦しみの根源のひとつとして説かれているよ→愛別離苦(愛する者と別離すること)

249 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 22:22:37.72 ID:crjQb6Fm
>>248
そうなんだ。仏教でも大きな苦しみのテーマなんですね。
特別に病的な心理ってわけではないという意味では少し安心しました。
そういえば、小学生のときのタナトフォビアは「火の鳥」を全巻読んでから発症した気がします・・・。
人生って難しい。

250 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 22:39:45.41 ID:clcm7Ui3
で、仏教では執着の解放を説いたわけでしょ
諸行無常だから、変化がおきる
変化するものに自己中的な執着しなさんなと
不変なんてないんだと

251 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 22:43:36.16 ID:clcm7Ui3
愛も時がたつにつれて心境変化がおこる
肉体も老化し変化する

252 :優しい名無しさん:2015/04/19(日) 23:13:21.14 ID:LFzewC8r
一時的に悟りっぽい感じになるのは難しくない。
賢者タイムみたいなもん。

253 :優しい名無しさん:2015/04/20(月) 10:25:15.05 ID:i01H57Su
Ah,川の流れのように・・・

254 :優しい名無しさん:2015/04/20(月) 12:50:32.22 ID:WHPji1AA
避けられないから自分のそして人間の無力を感じる。

255 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 02:04:16.93 ID:wArdr4H7
>>254
なに言ってるか分かんね。

256 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 02:59:41.45 ID:oYHq0btS
夜寝る瞬間が一番考える
天井見てると辛い気持ちになる
好きな人とのこともわかる気がする
けど、夫ではないわけだから一緒にいれる訳じゃない
隣に夫がいてくれたら寝る時に安心できるのかね?結婚してないからわかんないが、少なくとも一人で一生を終えなくちゃならない、このまま二度と目覚めなかったら孤独死?とか常にある不安感から不眠症だし、
孤独はきっと人をおかしくさせるのは間違いないね。

257 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 18:25:49.48 ID:Wi/3YqD6
結婚したら安心できるなんて幻想、いや妄想だよ
したらしたで他のことが今と同じぐらい不安になってくる
人間なんてそんなもんだよ、無い物ねだりは死ぬまで終わらない
そういう人間の精神構造を客観視して受け入れなさいと仏陀は仰っておられる訳で

258 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 21:17:31.80 ID:dEB5kauB
客観的にはほとんど全ては無駄だからな。
無気力の元。

259 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 22:13:56.01 ID:y8/+zsSt
というか結婚して時間が経つとむしろただの風景になりそう
ただ子供が生まれると症状を忘れるというのは女の人に限っては案外事実だと思う
絶対とは言わんが

260 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 22:16:46.57 ID:Wi/3YqD6
そしてその女性の子供は毒母によって精神を蝕んでいく
輪廻ってやつだね

261 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 22:32:12.70 ID:VGOs3oEk
永遠の無

262 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 22:43:29.73 ID:a0Af6v9x
>>259
なんか逆に子供のために私死ねない!死にたくない!って思ってそこで発症する人もいるらしいよ
だから一概には言えないよね

263 :優しい名無しさん:2015/04/21(火) 23:05:27.62 ID:spfYbT2i
>>258
人間が生きる事どころか地球が生まれた事も宇宙が作られた事も
無意味で無価値で全くの偶然なんだよなあ
価値とか意味なんて物を求めたり見出そうとしてるのは人間だけで
全ての生命も物質も、宇宙ですらただ生まれてただ壊れるだけ
そう考えると空しくて寂しくて耐えられなくなる…

>>262
自分なんかタナトになってから絶対結婚もしないし子供なんか生まないと思うようになった
だって子供を生むって事は、一つの意識、自我を作るって事だが
いつかは死ぬんだから自分で作った生命を無に返してしまうって事なんだよ?
自分自身が無になるだけでも気が狂いそうなのに、
いつか無になると解っている一つの生命を自分で作って、また無に戻すなんて
とても自分にはおこがましすぎて出来るわけがないよ…

こんな理由で結婚したくないなんて言ったら馬鹿呼ばわりされるに決まってるし
親にも言えないけど、死=無を自覚してる自分にとっては真剣なんだよ…

264 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 00:32:45.10 ID:FnW2D4E0
分かるわ
子供の死か子供を残しての死が待ってるからな
その試練に耐えられる自信が無い

でも本当は
子供・家族・ペットなんかがいいらしいよ
この手の疾患にはね

265 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 02:32:55.51 ID:6ploT4FW
おっと、ようやくお迎えが来たようだ。

266 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 03:47:10.07 ID:TVJ59FO5
俺は自分自身の寿命を知らない。
案外100まで生きるかもしれないし、
数年後に癌が見つかるかもしれないし、明日事故で死ぬかもしれない。

ただ、いつ死ぬとしても俺はその頃産まれたばかりの赤ん坊や
これから成長していく小学生を羨ましがり、
俺より数十年先の未来を見る事が出来る若者に嫉妬して
自分が伺い知る事が出来ない先の時代の科学技術や世間の動向、
電化製品やテレビ番組なんて小さな事柄までも気にして、思いを馳せて、
それを知れない事を悔しがり後悔しながら逝くのだろう。

死ぬ事自体はあまり怖くない。ただ、知的生物として生まれた身としては
死んだらその後の世界を何も知らず解らない事が、何よりも辛い。

267 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 06:00:12.13 ID:Q6J5vRgE
自分は夜明けのまどろみの時に発症するかも。よくわからんけど、心臓の鼓動がよく聴こえる。その時にこれが止まれば死ぬんだなぁって強く感じる。

あと自分が死ぬのはいいんだけど、周りの人が死ぬのが嫌。
ただ、その人が人生満足だって言うんだったら別に死んでも大丈夫。死ぬ自体は受け入れられてんのかな。その人の後悔をみたくないのかも。死ぬ間際で取り返しがつかないからね。

268 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 11:57:00.20 ID:nNoG+K8m
死にたくない理由をあれこれいうけど
結局のところ死にたくないのは脳内物質や
脳神経の連携が原因だと思うな
理屈は後付なんだと思う

269 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 18:47:21.01 ID:FnW2D4E0
>>267
余命宣告とかされると
他人事みたいに感じて実感が持てないらしいよ

俺たちも死を他人事として忘れられたら楽なんだけどな

270 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 19:27:59.74 ID:HSajCASN
寝るのが怖いのもタナトフォビア?

271 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 20:02:30.38 ID:D7Gnaew6
死を常に意識して生きているのなんて最前線で戦争しているプロの軍人とか
メキシコマフィアやシリアの傭兵の一部ぐらいじゃないの?
普通の人は大怪我するとか癌にでもなんなけりゃ死なんて対岸の火事にしか思ってなくて、
あの世なんてねーよ、死んだら無だよ無wwwとか酒の席で言っててもどこか他人事で
自分だけは関係ないし死なないような物言いをしてる

実際死なんてそこら辺にいくらでも転がってるのにな
人間なんてちょっと頭ぶつけたり、三分間息止めただけで死ぬんだぜ?
逆に俺達タナトは死を意識しすぎて、日常生活の最中ですら考え悩んでしまうから
普通に生きる事すら支障を来す場合もあるんだがな

272 :優しい名無しさん:2015/04/22(水) 23:55:43.68 ID:oximx5u5
今の時代って科学技術の進化の初期段階みたいな感じだよね
これから面白くなりそうって時に皆死んじまうんだよなー

273 :優しい名無しさん:2015/04/23(木) 00:22:51.11 ID:nc4MFIi/
これから先科学や医学がどこまで進化するのか、
SF映画やアニメで行われているような技術や現象が
実世界でどこまで再現されるのか、それを最後まで見届けられないが腹立つな
どうせ死ぬのなら今の時代じゃなくて科学の発展が限界に達して頭打ちした時代か
人類が滅亡する最後の世代にでも生まれたかった

274 :優しい名無しさん:2015/04/23(木) 00:24:05.74 ID:Cj2RqPH5
>>272
それぞれの時代に、良い所も悪い所もあるだろ
面白い所もな


>>270
タナトは夜に多いかも知れん
不安症や自律神経・副交感神経の不調
デブならSASも疑いたい

275 :優しい名無しさん:2015/04/23(木) 01:32:34.42 ID:/lhjOIfN
萩原流行がお亡くなりになった
人はいつ急に命を落とすのか誰もわからない

276 :優しい名無しさん:2015/04/23(木) 08:13:02.79 ID:eZu9QI0u
老いて病気で亡くなったのなら運命だったと諦める事もできるが
事故で亡くなるのは遺族も知人も皆後悔しまくるだろう
なぜあの日あの時出かけさせてしまったのか、
何故あの時声をかけてやらなかったのかと
死んだ本人ですら何故あそこでスピード出したんだ、余所見したんだと思いながら死ぬかもしれない
だからこそ事故死はやりきれない

277 :優しい名無しさん:2015/04/23(木) 12:11:45.08 ID:xuSn/DT2
>>274
意識を失うのが怖いみたいな感覚なんだけど
精神科にいったほうがいいのかな?

278 :優しい名無しさん:2015/04/24(金) 05:11:52.20 ID:3nwUDOfw
>>277
分かるその感じ
寝るのが怖くなるときけっこうある

279 :優しい名無しさん:2015/04/24(金) 10:25:25.13 ID:Osax4cyc
>>277
俺もそれすごくわかる。

280 :優しい名無しさん:2015/04/24(金) 12:26:33.14 ID:BrlX9zib
>>277
自分もご飯食べたの覚えていないときある

281 :優しい名無しさん:2015/04/24(金) 16:10:05.35 ID:4qfFUTON
快楽を失うのが怖いから死ぬのが怖いのではないだろうか?

282 :優しい名無しさん:2015/04/25(土) 23:52:39.54 ID:/HcAYMqV
>>277
入眠時の不安感?

体の不調が不安感として表れてる可能性もあるから
身体的な自覚症状があるなら、そこからNETで調べて検査につなげた方が良いかも

死ぬのが怖い系ならタナトだろうけど
他の不安症もあるからね

283 :優しい名無しさん:2015/04/26(日) 23:58:24.76 ID:cRuOUX3z
わらじ医者、がんと闘う 死の怖さ、最期まで聞いて

↑これググッて読んでみて

わらじ医者と呼ばれた91歳のドクター
多くの人をみとり、老いや死について語ってきたはずだった。
しかし、病に向き合うと一変、心が千々に乱れた。布団の中では最期の迎え方をあれこれ考えてしまい、眠れない。
食欲が落ち、化学療法を続けるかで気持ちが揺れた

91歳になっても怖い
これを聞いて俺も怖くなった

284 :優しい名無しさん:2015/04/27(月) 00:00:32.99 ID:0q627v4M
あと1000年生きたい1000年たったら億年生きたいそんで一生生きてたい

285 :優しい名無しさん:2015/04/27(月) 00:01:04.85 ID:GHPAHBtE
そんなの妄想だと本人が思い込んでいるだけで
実際の本当はそれくらいの病状なんです

286 :優しい名無しさん:2015/04/28(火) 12:14:37.61 ID:VR6mrUFL
抜け毛の方が怖い

287 :優しい名無しさん:2015/04/28(火) 23:01:45.69 ID:7xrUi832
 4/28発売の週刊SPA!では、40過ぎを襲い始める男性更年期についてさまざまな事例とともにリサーチしている。
心当たりのある人はご一読されたし! <取材・文/週刊SPA!編集部>

40歳過ぎてタナトが出てきた人は、そういう体の変化も影響してるのかもな

288 :優しい名無しさん:2015/04/29(水) 03:27:33.02 ID:vvcAyRPk
一生生きるってのも怖そうだな

289 :優しい名無しさん:2015/04/30(木) 22:09:43.53 ID:bJ/0zVEE
>>287
サラリーマンだったらこの辺りの年齢から自分の限界、最終的な役職や地位を自分で自覚し
老後の事まで想像し、俺の人生こんなもんか…と空しくなり
身体にもガタが出来て、健康診断に一喜一憂し癌や難病を現実的に心配し始めて
もう人生の半分を使ってしまった、とどんな生き方をしてきても後悔するような、
精神的にも肉体的にもいつタナトを誘発してもおかしくない年齢だからね40代は

290 :優しい名無しさん:2015/05/01(金) 04:22:08.17 ID:KUwxDBrl
死や死後のことを心配しても意味ないじゃないの、、どうせ避けられないんだから、、、というのが釈迦の教えなんだけどね

291 :優しい名無しさん:2015/05/01(金) 07:37:44.50 ID:ExydMKBy
本能と関わるから意味の有無では解決しない。

292 :優しい名無しさん:2015/05/01(金) 17:51:53.79 ID:8jmdTnLQ
その境地にたどり着くために釈迦ですら何年かかったよ……
教えができたからハイみんなそこに行けますよーじゃねえし
俺みたいな凡人、手とり足とり説明されて死ぬまで求めても
たどり着ける気がしないから、お釈迦様が羨ましいだけだわ

293 :優しい名無しさん:2015/05/01(金) 20:08:21.59 ID:1Dw2BPD+
大丈夫
心配するな
何とかなる

by一休

294 :優しい名無しさん:2015/05/01(金) 21:30:53.10 ID:8jmdTnLQ
死への恐怖もだが、年々虚無感がひどくて仕事所か趣味にも身が入らず
鬱々してる時間が長くなってる
コンサートで騒ぐおばちゃんとかいい年した○○オタクとか、若い頃は
引いたもんだが、病気が酷くなってくるともうただ羨ましい気持ちが勝る
我を忘れるような情熱が羨ましい
死の恐怖から逃れられないならせめて逃避先くらい欲しい

295 :優しい名無しさん:2015/05/01(金) 21:46:40.53 ID:4pgh10FZ
今井雅之の会見見た?
かなり辛そうだ

296 :優しい名無しさん:2015/05/02(土) 02:49:24.17 ID:ciSsfa9B
阿弥陀:みんな仕事で修行どころやない・・・
阿弥陀:みんなお仕事がんばってるのに、成仏出来んとかひどいやん・・・
阿弥陀仏:よっしゃ!成仏したし、お前ら死んだらひっ捕まえて成仏するまで修行させたんで!!
阿弥陀仏:せやから成仏したい奴は、日頃からワイの名前

南無 阿弥陀仏 南無 阿弥陀仏・・・(私は阿弥陀仏様を信じます。私は阿弥陀仏様を信じます。・・・)って唱えるんやで!!

297 :優しい名無しさん:2015/05/02(土) 16:37:12.88 ID:cIRGpu8H
>>295
あと一月もたないと思う

298 :優しい名無しさん:2015/05/02(土) 17:59:40.01 ID:Nb2qwrfa
おまいら嫌な事があっても死にたくないと思うの?
俺今日凄い嫌な事あったから今夜寝たらそのまま死んでればいいなと
思っている。

299 :優しい名無しさん:2015/05/03(日) 00:16:15.45 ID:F+AN4qDr
天涯孤独の老人になれば死にたくなるかもね。
今は時間の過ぎたことそれが取り戻せないことが身にしみる。

300 :優しい名無しさん:2015/05/03(日) 09:38:48.37 ID:ks5HAs4j
死んだあとどうなるのかが怖い、から
死ぬときに苦しむのが怖い、まで
何とか改善した。
薬が効いてるのかな。

301 :優しい名無しさん:2015/05/03(日) 12:15:33.69 ID:SZgscneo
>>283
の書き込みでググッテ見たがこの早川一光さんていうお医者さんの話が
BSフジで今日の午前3時(月曜早朝3時)にやるみたいだ

302 :優しい名無しさん:2015/05/04(月) 03:15:38.25 ID:mk/UkhJe
素面じゃ怖いし痛そうだし大酒飲んで勢いつけないと
飛び降り飛び込みは絶対無理。

303 :優しい名無しさん:2015/05/04(月) 03:46:51.22 ID:/DoyjvD0
>>301
今この番組見てるけど病気になる前に撮影したやつっぽいから
いざ自分の体に異常でたらどうなるかって言う緊迫感は早川氏からは感じなかった

304 :優しい名無しさん:2015/05/04(月) 07:12:51.84 ID:1HAyNZ94
★ 炭水化物(小麦、米)=砂糖 ★

・「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (デイビッド パールマター 2015/1/16)

・ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (集英社文庫)
 O型とB型は小麦、とうもろこし、蕎麦を食べると体調が悪くなり太ります

・統合失調症、うつ病、パニック障害は糖を抜くと3日で治った。

・チョコレートは超危険食品 強い依存性、糖尿病の恐れ…妊婦や子供は摂取要注意
http://aoi.bbspink.com/test/read.cgi/club/1416413686/235

・すべての不調は首が原因だった!
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1425713834/73

305 :優しい名無しさん:2015/05/05(火) 11:16:51.45 ID:BX0D9S4u
>>302
なぜこのスレで自殺の話が
誤爆にしてもこのスレ覗く人なら自殺なんて縁遠い気がするが

306 :優しい名無しさん:2015/05/06(水) 13:43:48.55 ID:iSNq0O8R
皆さん独身ですか?
子供やパートナーなどいらっしゃる方この悩みについて話したりします?

307 :優しい名無しさん:2015/05/06(水) 20:57:50.47 ID:OIdmYMIV
こんなスレあったのか…自分と同じような人がいっぱいいてなんか安心する

今まで楽に死ねたらいいなあって漠然と緩く考えてた
他人に対しても同様で、身近な人が失くなっても悲しいけど自然なことだし…って受け入れてた
でも急に自分の死も身近な人の死も受け入れがたくなった
意識(自分)がなくなるってことを考えると怖くて不安でたまらなくなる
夜になるとそれで眠れなくなるから、輪廻を体験した人の記事なんかを読んで不安を紛らわしてる
眉唾もんの記事だけど死んでも次がある、記憶が残ってる人がいるってかすかな希望がある
でも、じゃあその転生が終わったら、地球なくなったらどうなるの?って考えてしまってまた不安になるんだ
霊とかも本気で存在してたらいいと思ってる

308 :優しい名無しさん:2015/05/06(水) 21:12:36.27 ID:7J26Fr5r
もうGW終わった早過ぎる

309 :優しい名無しさん:2015/05/06(水) 21:36:02.84 ID:FB8cvoRk
あと何回ゴールデンウィークを迎えられるかな。

310 :優しい名無しさん:2015/05/06(水) 22:38:25.32 ID:pjnrWR75
常に無について考えてしまう。もう生まれてきたくなかった

311 :優しい名無しさん:2015/05/06(水) 22:54:11.97 ID:zliK5ASe
死んだら何も考えられないのが永遠に続くだけ。138億年
過ぎても。それは人間が考えだした宇宙の計算方法だが
それを5倍10倍100倍にしてもまだ一秒しかたってない
ような。しかし無意識だから恐怖はなく無限に寝れるだけ
。しかし死ぬ瞬間を生きてるときに脳は理解出来ずに様々
な電波を飛ばすが。 結局死んだら無。生まれる前と同じ
状態。しかし過去は無限だから。耐えれるはずだな。
生まれる一秒前の一秒前は無限だから。

312 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 13:02:36.19 ID:HkK/JARp
>>307
それすごくよくわかるよ。

でも霊が存在するとしてそれがどんなものなのかを想像しだすとまた恐ろしくなるんだな、これが。

五感のない意識の状態ってどんなだろうか。
真っ暗闇でただただ時間が延々と過ぎて行き、悲しみや恐怖を感じ続ける。

誰とも話すこともできない。
これは地獄以外の何物でもない。

そうつまり生きるも地獄、死ぬも地獄、どこにも逃げ場なんてないのがこの
存在に対する恐怖というものなんだ。

気づかずに済むのが一番よかったんだ。

313 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 13:16:37.18 ID:HkK/JARp
でもさ、自分がこの宇宙のこの星で人間として生きたっていう事実ってのはさ、
やっぱり確かなものだと思うんだよね。

そして俺らの意識という現象だってこれはまぎれもない事実なんだと思う。

だってそれが事実じゃないとしたらさ、現にこの瞬間こうして存在しなくていいはずじゃない?
存在しなかったことと存在したことってのは時間が経った後でもやっぱり別のことだと思う。

だからたとえ死んで存在しなくなったとしても、それは生まれる前の無とは
違ったものの気がするんだ。

本当にこれはもうただただ与えられたものなんだと理解することが一番
いいのかもしれない。

314 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 13:44:37.52 ID:sU6R7cHT
屁理屈はいいんだよ

315 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 18:01:31.43 ID:PN+W1A3q
人生楽しくて仕方がないってこともないが、いずれ失うとなると哀しいね。

316 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 21:08:40.21 ID:F0mUMrL+
悲しい
虚しい

だが死ぬのは嫌だから生きるしかない

317 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 21:44:08.70 ID:5fVfruHz
バイト辞めた途端にタナトの症状が酷くなったわ。
何かに必死だと死ぬとか馬鹿な事考えないんだなー

318 :優しい名無しさん:2015/05/07(木) 23:53:30.65 ID:jH1630vV
>>313
たとえ死んでもかつて存在したという事実は未来永劫残るよな

319 :優しい名無しさん:2015/05/08(金) 00:27:11.12 ID:0p+SmoBf
>>312
307だけど、生きたっていう事実が確かなものっていわれてなんか安心した
宇宙とかスケールの大きいものに比較したら一個人なんて塵みたいなものかもしれないけど
存在していた事実っていうのは無にはならないんだよね
死に対する拒絶感は相変わらずだけどそう考えると救われる

タナトになってから生死を扱った映画とか小説とかすごく感情移入するようになったな
あと許容範囲が広くなったというか、人に対してイライラする事が少なくなった
嫌な人がいても、この人とはもの凄い確率で出会ってるんだなーって考えるとなんか感慨深い

320 :優しい名無しさん:2015/05/08(金) 04:23:07.06 ID:XpY3iSSx
さっきNHKでやってた仏教番組が、ちゃんと仏教してた。

321 :優しい名無しさん:2015/05/08(金) 14:16:31.30 ID:UCYqJNk0
みんなの心を折るようで悪いが、存在した事実なんて宇宙のどこに残るの?
神様みたいなものが記憶してくれているとでも?
アカシックレコードみたいなものがあるとでも?
自分はそんなものはないと思ってる。

322 :優しい名無しさん:2015/05/08(金) 19:34:38.59 ID:4YHfp/Vg
生物は、有性生殖を選択することによって、個体の死という有り難くない物を背負い込むことになりました。

無性生殖であれば、原則的に個体の死はありません。
生物にとって死は避けられないものだと思われていますが、元々生物には本質的には死はなかったのです。
細胞分裂で増えて行く限り、千年経っても元の個体は生きていることになります。

私達二倍体細胞の生物はいつも「死にたくない」と思っています。
それ程いやな個体の死を背負い込んでまで、生物は何故有性生殖を選択したのでしょうか。

それはDNAの新しい組み合わせを作るためです。
細胞分裂による繁殖では、何年たってもDNAは変化しません。
完全に同じ個体が殖えて行くだけです。
その結果、進化は不可能になりますから、環境の変化に対応することも出来ませんし、
新たな環境の中に進出することも出来ません。

実際には無性生殖の生物でも、別の要因でDNAは変化しますが、極めて緩慢な変化ですし、
偶然に頼ることしか出来ません。

二倍体細胞による有性生殖を採用することによって、別の個体、即ち別のDNAとの組み合わせを
どんどん作って行くことが出来るようになりました。
飛躍的な進化が可能になりましたし、新たな環境の中にどんどん進出して行くことも可能になりました。

この変化を手に入れるために、個体の死という代償を背負い込んだのです。

323 :優しい名無しさん:2015/05/08(金) 23:08:59.53 ID:w/aG1po6
人間はもう進化しなくてもいい生物だと思う
科学の力で割と環境も克服できるところまできてるから
これ以上身体的にどんな環境の変化に対応していくんだった感じ

324 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 00:56:51.27 ID:QkW8OwIt
>>321
君がこのレスを書いたときこの掲示板に存在したという客観的事実は、
たとえ今しがた君が不慮の事故でこの世を去っていたとしてもこうして痕跡として残っているではないか

まあ100兆年後は知らんが                     

325 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 08:39:34.87 ID:hFDT29rQ
>>323
それは逆に言えば、
科学の庇護が天災の圧倒的火力に破られた瞬間、人間社会が破綻し崩れ去るってことじゃないか。
停滞は後退、
そもそも世代交代のサイクルは遅いし出生率は低いし一度の出生数も少ないし、人間は原始人からたいして進化してないよ

>>321
バタフライエフェクトは知っているだろう?

それと似たようなもので【>>321が 産まれて→生きて→死んだ】という固有の因子として、世界に影を残し続ける。

たとえ時間の流れによって【>>321因子】が因果の海に薄められたとしても、この宇宙が消滅するまで絶対に消えることはない。


目に見える形で因子を残したいなら、
子供を育てるなり、名を残すなり、するしかないな

326 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 09:11:21.19 ID:+R9mJKLw
進化なんて人間からの解釈に過ぎない。
その無目的性が嫌なんじゃないの。

327 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 10:19:46.23 ID:l62L41Lb
何十年生きても何百年生きてもその時を迎えてしまえば一緒なわけで
それを俺は受け入れられるのだろうか

328 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 13:25:17.27 ID:mGuJkMFp
>>325
何言ってるか分からない

329 :321:2015/05/09(土) 16:53:11.20 ID:26d7d3Ej
>>325
成る程、存在した事実は残らないが、その影響は半永久的と言いたい訳ね。
奇遇だが、昨日書き込んでから似たような事を考えていた。

330 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 17:52:34.30 ID:cKi70jBr
あくまでも“半〜”であり“永久”ではない

やがて地球や宇宙の終焉と共に影響の痕跡も消え去り、
やはり最初から存在しなかったのと同じことになる

331 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 20:48:22.12 ID:Df4CyHQo
元俳優の小林まさひろさん(61)が末期がんに冒されていることを告白した。

83年、芸能界引退。家族を養うため、調理師免許を取得し、85年、東京・赤坂にふぐ料理店を開店した。
衛生責任者として細菌検査をしたところ、大腸から出血があり、精密検査。大腸がんが見つかり、余命3カ月と宣告された。

4月の定期健診で、肺に25個、腹膜に20個の腫瘍が見つかった。
それでも体力づくりのため50代の頃に取り組んだボクシングを再び開始。
ふぐ料理店も再開し「生きている元気なうちに、オレはこれだというのをやりたいですね。
何年、何十年経っても、オレのことをちょっとでもいいから何かの時に思い出してほしい。
それが自分でつくる終活のような気がします」と前を向いた


@3か月で死ぬと分かってても、人間にはたいしてやることなんてないのかもな
日常のルーティーンをこなす事が、死の恐怖から逃れるすべなのかも知れない

332 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 22:51:24.95 ID:99YVgAyG
楽しいときにふと死を想像してしまう…
普段は大丈夫なのになあ…

333 :優しい名無しさん:2015/05/09(土) 23:22:31.96 ID:4Tjg7//r
タナトフォビアから希死念慮になった私が来ましたよっと
常に死を意識して乗り物に乗れば事故に遭う事を想定して怯えてた私が鬱を患った時から常に死にたくなる病に侵されました
二つは相反するようで実は近いのかもしれない
どちらにせよ私は常に死と向かい合っているのだから

334 :325:2015/05/10(日) 00:55:28.07 ID:Tpar1gvb
>>329
そうそう、そんな感じ

335 :優しい名無しさん:2015/05/10(日) 01:07:29.17 ID:Tpar1gvb
宇宙の終焉は想像するしかないねー…
般若心経経文では「結局、[ある]と[無い]って本質的に同じことだよね。gya-te-gya-te-...」って話に

336 :優しい名無しさん:2015/05/10(日) 01:09:17.81 ID:Tpar1gvb
般若心経経文でも って言った方が語弊がないか

337 :優しい名無しさん:2015/05/11(月) 01:27:23.54 ID:4Q8l+5Bs
まあ、平均寿命まで生きられたら御の字じゃないの。
それより早く亡くなる人も多いしさ。

338 :優しい名無しさん:2015/05/11(月) 07:46:00.02 ID:mTckp9AC
幸せの代償、タナト

339 :優しい名無しさん:2015/05/11(月) 11:00:00.34 ID:BheLrMkf
>>330
その宇宙がその宇宙の外に影響を及ぼすものであればその宇宙の影響の
痕跡は残るかもしれないね。

でもそもそも意識というのは物質世界と同じかと言われるとそうとも
言い切れない気はする。

340 :優しい名無しさん:2015/05/11(月) 11:08:54.54 ID:LUHh5QJh
科学が魔法と遜色のないくらいに発展して
過去の事象をそのまま再現できる技術ができたら
俺らが死んでも復活できる希望くらいはあるかもしれない

341 :優しい名無しさん:2015/05/11(月) 21:38:33.20 ID:Oo53xxXP
所で仏教では確か自我を否定して命への執着も無くしていくよな?
あれは俺達にはどうなんだろう?
宮崎なんちゃらって言う評論家も多分似た様な事で克服したみたいだったが
このスレを全部は見ていないが、皆の恐怖ってのは自我への執着からだろ?
でも一つ気になる事があるんだよな、それは一休が死ぬ寸前に
死にたくないって言ってたて事。

342 :優しい名無しさん:2015/05/11(月) 21:52:22.89 ID:zw7zHvIP
仏教は出家しないと無理。

343 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 08:41:32.15 ID:3i/9YQj/
しかしこんなに悩んで、
この悩みが健康にも影響してるんじゃないかってので又悩んで
いっそ死んだ方が楽ではないかと思う自分がいる。

344 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 08:43:00.68 ID:b8cOCxeF
べつに否定はしてないだろ

345 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 09:22:11.44 ID:3i/9YQj/
しかしここの人達にはうざいと思われるかもしれないが、
俺は25歳のニート男で、この前自動車教習所に行って、俺バカだから
あんまり車の運転上手く無くて、でもまー免許取れなかったら
免許取ってた場合死ぬ事もあるしなーとか考えてたら、
その夜に俺は死ぬんだって事に改めて気づいて、眠れない日が一週間位続いたよ。
何とか抗不安薬を飲んで今は少しマシになってきたが、
不思議だ、俺は今迄自分が死ぬって言う当たり前の事を忘れてたんだから。

346 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 10:01:08.61 ID:UZes9IVt
無我:非我 で、宗派によって分かれてるかな
密教系だと有我っぽいイメージある

347 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 10:49:53.52 ID:UZes9IVt
一休さんは仏僧というより、思想家や活動家にな気がする


我執を手放しても
怪我は痛いし、病気は苦しいし、喉は渇くし腹も減るわ、死ぬのはつらい。

悟りってのは
自分の心体と、その周りの環境に起こる全ての変化を受け入れていく作業なんだと思う。
そうして受け入れ態勢を維持し、
自他を別けなくなることで「悟りを体現する」に成るんじゃないかあ・・・

虚無にも刹那的にも即物的にも成らず偏らずってのは、考えるほど難しくなるの

348 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 11:31:24.97 ID:3i/9YQj/
そいえば「自死と言う生き方」って言う本があったけど皆どう思う?
俺達とは対極にある人だと思った。須原とか言う人。

後仏教で思い出したけど、戸塚ヨットスクールの戸塚宏さんは
熱心な仏教徒らしいな。

349 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 12:38:57.81 ID:VXAWFgg1
車の免許すら取れないクソ野郎っているんだな

350 :優しい名無しさん:2015/05/12(火) 21:27:37.46 ID:j5EpgfxW
パソコンとかで2015年って打つ時に間違えて2045年とか2105年って怖くなる

351 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 00:26:46.28 ID:qyaR4POh
>>348
ニートなのにどうして教習所に通うお金持ってるの

352 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 09:54:37.01 ID:te16utnL
>>351 親だよ

353 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 10:11:33.57 ID:te16utnL
ただ不思議な気がするのが
日本人ってのはそもそも現世だけにしか興味が無くて
現世以外の時間には興味が無いってモーリス・パンゲが言ってたけど
俺達はそれからすると変だよな。
つーか俺も昔はそうだったもん、死んだ後の事なんてどうでも良かったし
その時はどうせ人が死ねば灰になるだろうし、どうせ人間なんて物質の寄せ集めで
魂も糞もねーだろう位にしか思って無かったんだが。

354 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 15:14:45.27 ID:i9FrGw6F
エクスデスが無を普及させようとしていたんですが怖くないですか?
エクスデスのしようとしていたことに恐怖を感じるのもタナトフォビアですか?

355 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 16:51:09.84 ID:AtFmDKnP
むしろ殆どのゲームができなくなりました。
大抵死ぬ描写があるので。

356 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 18:11:51.41 ID:MGyLsZXI
いま「エロイプ掲示板」で画像検索したら何故か首がばっくり割れた画像が出てきてもうダメ…

357 :優しい名無しさん:2015/05/13(水) 22:26:43.47 ID:F2vuHTet
ここ十数年の漫画で最も死の恐怖、無の恐怖とトラウマを小中学生に植え付けたのは
デスノート(のキラが死ぬ話)だと思う
小学生も読んでいる天下の少年ジャンプで
あの世はない、死んだら無であるとはっきり断言したガモウひろしの罪は大きい

358 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 02:14:30.42 ID:KUYFHG9j
>>352
親御さんに教習所代を出してもらってるならしっかりしなよ。
落とすのが目的のテストじゃないから誰でも一定レベルになれば判子もらえる
なにもかも中途半端じゃダメだよ

359 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 11:51:21.94 ID:rgjKcfGt
>>358 ありがとう
頑張るよ。

360 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 14:07:01.93 ID:4DzktUrK
>>348
>そいえば「自死と言う生き方」って言う本があったけど皆どう思う?
>俺達とは対極にある人だと思った。須原とか言う人。

読んだことあるよ。

「対極」と言うか、動機の一つである
「実際には『無惨で苦しい』(…に違いないと著者自身が推測する)“自然死”」の苦痛
を避けるため、より苦しくないと思われる方法で…という点では、やはりタナト的要素も
あった人なのかなと思った。

鎌田實医師なんかは逆に、
「がんを放置することや老衰による自然死は苦しくない。むしろ脳内麻薬が出て気持ちいいし
死の恐怖も和らげてくれる」と主張しており、こちらを信じたいところだが…

しかし、実際どうなのかは自分が死ぬその時が来るまでわからないし、仮に死ぬ間際に
エンドルフィンの働きで恐怖が軽減されるのだとしても、現時点での死に対する恐怖や
虚無感を軽減してくれるものではないんだけどね…

361 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 14:33:32.20 ID:Yy4Kd21/
私も死恐怖症だったけど治ったよ。他の事に目を向けてたらいつの間にか死が怖くなくなっちゃった。

362 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 15:55:13.87 ID:XGnk0sM7
俺にとって普通の人が悲しいって感情は、悲しみではなくて限りなく恐怖に近い。
もし悲しめるようになったらこの病気が治るような気がしてるんだ。

363 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 18:04:40.50 ID:rgjKcfGt
そいえば
20代の人で子供を見たら嫉妬してしまうって人いたけど
よく分からない。
俺はどうせ死ぬのに何で又この子供は生まれてきたんだろうとしか
思えないんだが。
だってその子供と俺達の違いってのは、古参の死刑囚か、新入りの死刑囚かの
違いと変わらないと思うんだが、最後は皆絞首刑だよ。

364 :優しい名無しさん:2015/05/14(木) 18:15:54.06 ID:pY5V998j
死ぬのは決まっているけど死に方は決まっていない。
俺達とは違って、運命を恐れず雄々しく死ぬかもしれないよ。

365 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 00:33:40.26 ID:g5Rbd3iS
結局は、大多数の差し迫るまでは死に無関心てのが正しい反応なんだろう。
その場合はこの世界もそう悪いところではない。

366 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 04:48:05.63 ID:DkiiuQIh
>>363
だって、子供であればあるほど
先進的技術の恩恵に授かることができるんだから羨ましいよ

367 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 08:22:41.44 ID:FgGhV9o6
>>366 どういう事?
もっと性能が良いコンピュータとか、
凄い機能を持ったテレビが見たいとか言う事?
意味が分からない。

368 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 10:04:34.12 ID:2RGMO2uP
長生きできる薬とか死ぬ直前に永久的に冷凍保存して何十年、何百年に生き返らせてくれるような技術ができるかもみたいなこと言いたいんじゃない?

369 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 13:22:07.09 ID:KToOMkzb
>>368
その通り。今生きている我々より50年後に生まれてくる人達の方が、
今より高性能な延命技術や最先端医療を受けられる可能性が高い。
現在の人類の寿命は頑張っても100年前後だが、
50年先100年先の人類の平均寿命は200歳かもしれないし1000歳かもしれない。
どちらにしろ今生きている我々より長生きできる事は間違いない。

そしてそういった技術が実用化した時、恩恵を受けられるなら若ければ若いほど良い。
例えば老化細胞を抑制する医療技術が実用化した際に、既に80過ぎの老人では恩恵の意味がないのだ。
その時に18〜20歳の若者が300年も500年も生きられて、
70〜80の老人は数十年しか寿命が増えないような不公平な事になる。
結局何が言いたいのかというと、後から生まれた者ほど長生きできる可能性も高いという事。
だから若者に、生まれたばかりの赤ん坊に嫉妬する。そういう事なのだろう。

370 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 15:16:18.33 ID:g5Rbd3iS
未来は金持ちだけが機械の体を手に入れられる世界かもしれない。

371 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 15:40:54.32 ID:DkiiuQIh
>>367
わかりにくくてごめん

>>368>>369がいいたかった

372 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 16:07:56.80 ID:lT6idRP9
今俺三十路だけどさあ、未だに何たら細胞とかのニュースやってても
それを実用化して何年後から病院でも導入して
保険で誰でも使用可能になる、とかの具体的な説明なんて全く出てないじゃないか
こんなんじゃ不老どころか寿命伸ばしや癌の根絶すら俺が生きている間は叶わんだろうな

そう考えればまだ生まれてすらいない未来の若者に嫉妬する気持ちは分かるよ
>>369の言う通りで今から五十年経った後にニュースでさ、
若ければ若いほど効力を発揮する寿命伸ばす手術法が確立されたなんて
病院のベッドの上で末期癌で死ぬギリギリの時の俺が聞かされたとしたら、
全ての若者と五十年早く生まれた自分自身を呪って死んでいくだろうからさ

生まれるなら人類が絶滅する直前の一番最後の世代に生まれたかった
俺が死んだ後も、俺の知らない世界や時代や歴史が続いていって
どれだけ科学や医学が発達していくのか、どんなテレビ番組や漫画やアニメが作られるのか
大きい事から小さい事まで何も知る事ができないのが嫌だ
死んで何もかも終わるのなら人類の歴史全ての終わりと共に死にたい

373 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 16:37:31.64 ID:FgGhV9o6
>>371 よく分からないけど、未来がどうして良くなるって言えるの?
イスラム国が出てきたり、
日本も移民を入れようってな話が出てきたり、地球温暖化だったりとか
もあるし、未来が良くなるって言えるの?
例えば俺達が家族に見守られながら50年後位に往生して、
その後の人達は凄まじい災厄に遭う事も考えられるしな。
ってか寿命が200年とか本気で言ってるの?
そんなの何千年経っても無理だろ

374 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 16:52:00.10 ID:Nsb8rmiV
無理かどうかはお前が決める事じゃない

375 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 16:52:03.87 ID:FgGhV9o6
宮崎鉄やっているじゃん?
彼は死ぬ事が怖く無くなったって言ってたけど、
俺達も竜樹の中観思想を読めば死ぬ恐怖が無くなるんじゃ無い?
後テーワンダー上部仏教の人が書いてた本で、
その著者の言う瞑想を実践すれば死ぬのは怖く無くなるって言ってたよ。

376 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 17:07:58.91 ID:DkiiuQIh
>>373
あくまで可能性の話をしてるだけだよ

377 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 17:09:09.41 ID:g5Rbd3iS
最近は懐かしい音楽を聴いたりすると辛くなるわ。

378 :優しい名無しさん:2015/05/15(金) 20:55:08.06 ID:FgGhV9o6
所で文化人達は死の恐怖に対して
どう思ってるんだろう?
参考になる事は無いかな?
西部邁は死ぬ事は怖く無いが、自分にはまだ分からない事があるので
それを考えられなくなるのがつらいみたいな事言ってたな。

後中村うさぎさんが「死を笑う」みたいな本をお書きになってたけど
あの人も死が怖く無いんだろうか

後スティーブンホーキングも死は怖く無いってな事を言ってたな。

バートランドラッセルの場合は自分の死よりも近親者の死が怖いってな事を言ってた

アインシュタインは生物の本能だから逃れようが無いって

379 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 02:29:01.37 ID:Sbzu4S27
ヘリクツはいいから現実を見ろ

380 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 09:10:22.96 ID:aeV7LvKq
遠い未来、医学やサイボーグ技術の発達、遺伝子操作などで、何百年、何千年と生きられるようになったとして、
「もう十分に生きた」と満足して、あるいは「そろそろ生き続けることにも飽きた」という心境になって、従容と
死を受け入れられるようになるのか、それとも「こんなに長く生きてきたのに、なぜ死ななければならないのか」と、
死の不条理さを嘆く気持ちがより強くなるのか、どっちなんだろうな…

381 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 15:42:25.80 ID:/8PuRJR2
そんなに死ぬのが怖いなら、
仏教を学べばいいじゃん?
自我とか自分とかいった物が妄想だと分かれば
もう死ぬのも怖く無いでしょ?

382 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 16:05:38.35 ID:/8PuRJR2
後昔の哲学者が我々は何かを失っても、それを取られたと思ってはいけないって
言ってたよ、それは返したと思わなければいけないって。
そこからすると俺達はそもそも存在していなかったんだから、
それは一時的に与えられた生を返したと思えば怖く無くなるってな事は無いかな?

383 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 17:03:06.29 ID:vj6mLxGL
ないだろうね。
それならしを悲しむ必要もないが、子供が死んだりしたら悲しいわけで。

384 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 18:57:23.10 ID:aeV7LvKq
>一時的に与えられた生を返したと思えば怖く無くなるってな事は無いかな?

むしろ、中島義道(こちらも哲学者)なんかは、

「死を『死んでからの状態』に限定したうえで、それをまったくの無とみなすなら、
そこには何ら恐ろしいものはないというわけです。
しかし、死の本来の恐ろしさは、無で『ある』ことではなく、なぜかいったん
存在してしまったものが無に『なる』ところにあるのです」

と、まさに「一時的に与えられたものを返さなければならない」ことこそが
死の恐怖の本質ではないかと語っている。

また、

「いったん死んでしまうと、私は永遠に『俺は死んでいた』と語る時を迎えることはなく、
ふと目覚めたら、他人から『死んでいたよ』と報告される時を迎えることがない。
死が恐ろしいのは、無になるからではなく、『あとから』それを確認する視点を
もちえないからなのです」

とも…。

つまり、つきつめていくと「死ぬ」「命を失う」という現象そのものが恐いわけではないので、
いくら「借りた命を返すだけ」などと解釈を変えてみたところで解決にならないと思う。

385 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 20:45:06.76 ID:YH9UW1Vm
自意識を芽生えさせた自然の摂理が憎い
別に繁殖するだけなら自意識なんて発生させず
プログラム通りの繁殖とそれに伴う変化を与えて
ロボットのように意識のない生命でも良かったはずなのに

386 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 20:55:56.24 ID:vj6mLxGL
死を避ける機能がなければ生き延び難い。
死の恐怖の根源は取り除く訳にはいかない。

387 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 21:36:20.90 ID:YH9UW1Vm
>>386
それもプログラム化すればいいだけのような

388 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 21:46:32.84 ID:vj6mLxGL
今だって感情が神のプログラムかどうかはわからないんだけどね。

389 :優しい名無しさん:2015/05/16(土) 22:22:46.63 ID:sBegW1EW
こんなスレあったんだね
死んで自我がなくなるのが怖くてそれを考え始めてから気づいたらもう17年目だ
人生の半分以上こんなこと考えてて何度か相談したこともあるけど笑われたり大人になれば考えなくなるとか言われたり

死を怖がらずに生きていければいいのかと思ったけどそれよりも不老不死になりたい
1000年生きても死ぬのは嫌だ
急に発作的に恐怖が来て何も手につかなくなるし慢性的に寝不足で生活にも支障出てるしなんとかしたい
あとこのスレ読んだら余計に怖くなってきたから読まなければよかったww

390 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 09:07:45.04 ID:pGlk0rDG
所詮この世は弱肉強食自然淘汰の地獄なんだが
それでも死ぬのが怖いという本能が働く。

391 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 19:18:04.70 ID:rgJpmCKk
しかし俺達は死の恐怖を味わってしまったから人生がつらいが、
もし死の恐怖が分からない人がいて、結構いる様な気がするけど、
その人間が70位で脳卒中か何かでぽっくり行ったとしたら
その人間は幸せといえるのかな?
どう思う?

392 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 20:33:33.63 ID:yR+jK4nG
>>391
死んでしまったらその人視点では全部なかったことになるわけだから、死んだあとに幸せかどうかを語るのは無意味なのでは?

393 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 20:43:37.65 ID:pGlk0rDG
普段からぽっくり行きたいと言っていたなら幸せじゃないか。
とりあえず死について無駄に考える時間が少ないのは動物としては自然だろう。

394 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 21:20:18.50 ID:XRpiOO7t
執着心依存がある事は苦しみだと本気で思えて捨てれてこの世の全ては無価値で無になってそういうのが無くなった時が一番の安らぎと思える境地まで行ければ死は怖くなくなるな
釈迦はすげぇよな自殺願望に近い
ポジティブに死を求めるみたいな

395 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 21:43:02.46 ID:rgJpmCKk
多分俺達が救われるには釈迦の思想しか無いと思うよ。
でも俺は思うんだけど、自己欺瞞無しに自我が無いとか世界は空であると
心の底から思う事が出来るかが気になるんだよな。

396 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 21:54:19.86 ID:XRpiOO7t
俺もそう思うが絶対無理
頭ではその通りだと理解できても色んな気持ちを捨てきれないから死は怖い
入滅?する為に土の中に入って飲まず食わずで死を待つ人いたらしいけど凄すぎる
発狂するわそんなん

397 :優しい名無しさん:2015/05/17(日) 21:56:29.16 ID:pGlk0rDG
わかっちゃいるけどやめられねえ

398 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 03:45:04.76 ID:zPl2EsQX
輪廻天性は無いだろ
過去と現在の人口数が合わない
死んだら無になる

399 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 08:22:10.53 ID:PWu9BQDu
どうなんだろう。
哲学をやってる人達っ死を恐れなかったりするの?
哲学者達の事はダイジェストの本でしか知らないけど
結構死について書いてあったから、哲学にとって死は大きなテーマ何だと
思うんだけど、哲学やったら死が怖く無くなるとかあんの?

400 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 08:52:27.25 ID:PWu9BQDu
そもそも輪廻転生ってのは悪い意味だったらしいね、
迷いの世界に生まれ変わるって事だから。
釈迦は入滅の時に私はもう転生する事は無いって言ってたもん。
スッパニパータに書いてあったって事だけど。

でもお前等も日々の自分の心を眺めていて、釈迦の生き方が一番素晴らしい
とか感じる事無い?俺は度々ある。例えば女とセックスをしても
上手い物を食っても、何か物足りなさを感じると言うか。
俺達が世の中で過ごしていて良いと思う物には心の底から良いと
言える物が本当は余り無いんじゃ無いかって俺は思う。

401 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 09:02:21.44 ID:giYVG+/v
それはここで訊けばそうなるが、全体ではそんなことない人の方が多数だろうな。

402 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 09:47:14.13 ID:1GlSLJ+Q
>>398
そもそも意識というものが数の概念にあてはまるか不明。

403 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 10:07:16.31 ID:gFOQV6L0
そうでもないんじゃないか?
欲しがり続けるってのは、もの凄くエネルギーが要るし
欲しいものが得られなければ徒労に終わるし、
得たとしても満ち足りることは無く死の恐怖も消えなかったって、贅沢三昧だった釈迦王子が証明しているじゃない?

何も考えずに生きられるなら、そうかもしれないけど
それなら年間15万人も自殺したり失踪したりする人が日本にいると思えないん
死の足音が最も遠いこの国で、【毎年】30万人もの人が消えている。

欲望が一時的に満たされるだけでは救われない。
死の間際まで安定供給され続けなければ、欲望では救われない。

404 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 10:11:27.09 ID:giYVG+/v
日本は満たされている方だからね。

405 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 12:42:53.22 ID:wKNMBMic
>>385

「あわれな生き物よ。おまえはなぜそんなに生きたいのだ? たかがナメクジのくせに……」

「た……たかがナメクジですって。ひどいことをおっしゃるな。あなたがだれだかは知らないが、
私だって、命はおしい。」

「長生きしてなにになるというのだ? なぜ命をそんなにおしむのだ?」

「そりゃあ、死んじまえばなにもかもパーになるからですよ。」

「私はおまえの先祖の下等なナメクジを知っているがお前のように未練がましくはなかったし、
グチもいわずに死んでいった。恥ずかしくないのかね。」

「イヤダ、イヤダ、わたしゃそんな下等動物じゃない!! 死ぬのがこわいんだ。助けてくれぇ。」

「助けたいが、私にはできない。」

「なぜ、私たちの先祖は、かしこくなろうと思ったのでしょうな。もとのままの下等動物でいれば、
もっとらくに生きられ……死ねたろうに……進化したおかげで……」


…という、『火の鳥・未来編』のセリフを思い出した。

406 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 14:29:38.22 ID:Lz8HY5Ws
このスレにシャカ仏教が救いだという人がいるんだね
自分の思考は本当の自分でなく、全部外から取り入れた価値概念
に基づき創られた自己
精神作用も部品で、人はその部品から発する想念思考の産物状態
そんな想念思考にホンロウされず委ねないのが無我の教えだったよね

407 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 14:38:24.74 ID:2d87/Bdu
記憶も体を構成する物質もすべて宇宙からの借り物だからな

408 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 16:00:46.58 ID:fWeiMrb8
借り物の力で調子に乗んじゃないよ

409 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 16:23:46.80 ID://8F2DUG
人生辛くて苦しいことだらけで消えてしまいたいと思うことはある
なのに病気や死ぬのは怖い

410 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 18:11:40.87 ID:SKm+3qO3
>>391
なんとなくだけど、自分は、
過去の辛いことをよく覚えてる…記憶って脳みその物質内に残ってるのかな。

なのでもし幸せを実感してる人がぽっくり亡くなったら
火葬された物質たちがほわーんと幸福を感じているかもしれない・・・
みたいな空想をしたりしてるよ・・・。

411 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 20:56:34.15 ID:DqWP07ge
>>399
哲学者が死を考えるというより、死を考えて突き詰めると哲学的になるって人も多いと思う
このタナトスレでも

死んだら何も無い、幽霊もあの世もないと知る

恐怖し泣き叫んだ後何故無いのか?と調べ始める

人間の自我や意識や魂等全てを司るのは脳で、脳も所詮有機物、物質の一つでしかなくて
感情や恐怖も、人間を人間らしくしている全ては脳内の微弱な電流に過ぎないと知る

恐怖や悲しみを通り越して絶望し、虚無的や厭世的な性格になる

こういう人多いと思うし、ここから科学で何もかも解ってしまう今の時代や
全てが物理的でファンタジーやオカルトの入り込む余地のないこの世の理その物を恨んだりする人もいる
宇宙の事なんか考えたりするとさらに空しくなる
何億何兆光年離れても知的生命体が人類しかいない事、
宇宙も地球も人類もたまたま偶然そのように作られただけで、意味も意義もない事、
夢も希望も空気も光もない暗黒の死の世界が無限に広がってるだけという事
調べれば調べるほど、人間という存在や知能を持ち恐怖する生命体が
宇宙全体からすれば間違って生まれたバグ、イレギュラー、癌細胞なのだと実感する

死んだら終わりという事を受け入れたくなくて、生き続けたくて、無になりたくなくて、
何とか「納得」したいから色んな事を調べるんだけど、調べていく内に
逆にどう足掻いても絶望しかない事や知的生命体その物が異常だという事を「納得」してしまう
その境地に至った時の諦めと空しさとやるせなさが混じった感情も、立派なタナトの一部だと思う

412 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 21:25:03.49 ID:8rqbq6FM
「個体の死」という現象が生じたのは、祖先が太古に有性生殖を選択したからだし、
人類の「知性」も、肉食獣の「牙」や「爪」と同じく生き残りのための手段として発達したに過ぎないのだが、
そのせいで多くの個体が死に対する恐怖や虚無感に苛まれるようになってしまった…

知性という強力なサバイバル・ツールを手に入れたことの代償というか副作用なのだろうか…

413 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 21:25:34.16 ID:KQ2mUHiJ
仮に俺がこれからどれだけの幸運に恵まれたとしても、
宝くじが当たり億万長者になったとしても何万人もの部下を従わせる社長になったとしても
世界中の美味い物を食い世界中の美女を抱いたとしても、
決して心から自分は幸せだと思う事はないと思う

どんな人生を送るにしろ、頭の中に霞みがかかったような状態で俺は行き続けていくのだろう
快楽や喜びでは死の恐怖をその場一時だけは忘れられても、
完全に忘れる事は決して出来やしないのだから
死んだらそこで全てが終わるというのはそれだけ重い事実なんだ

414 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 22:08:05.99 ID:Lz8HY5Ws
>>413
なら禅の教えで、
未来と過去に過度に焦点を置かず、今ここに生きたら
不安は、今にない未来への焦点
後悔は、今にない過去への焦点

415 :優しい名無しさん:2015/05/18(月) 22:12:08.53 ID:AL1iTugX
エクスデスも怖いんですけど
ファイファン9のボスの永遠の闇も怖くないですか?
実際死んだら永遠に闇の中って事ですよね?この恐怖がタナトフォビアって事ですか?

416 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 01:28:55.84 ID:leS16Kq9
のんのんびよりで
死んだらどうなるって悩んで眠れなくなる話があってクスっときた

417 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 02:20:58.84 ID:W1bCJEWM
>>407
じゃあ死ぬのは宇宙に還るってことですね。
でも、生きている間も宇宙の法則どおりに考え、動いているはず。
結局、自我って錯覚なんですかね。

418 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 06:02:08.78 ID:qkvWXOR+
死ぬことというより絶対に死ななければならないという事実の理不尽さが怖い

419 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 08:24:39.04 ID:Phiz8cQQ
恐怖を軽減させる考え方にはどうも副作用があるね。
現世や命に固執しないと無気力になる。
今を充実させるのは暇な時間に反動が来るか疲れ切る。
なるべく考えないのは、ふと振り返ったときに後悔が押し寄せる。

420 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 10:02:04.86 ID:7zSEWyg+
受け入れるだけ・・・ただ受け入れるだけなのじゃ・・・

421 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 10:20:48.50 ID:ONwW8q/1
所でさ?
俺たちみたいな人間で世の中溢れていたら、
世の中争いも少なく良い世の中になってたと思わない?
俺は世の中の人達が死の恐怖をよく理解してないからこんな争いがあるんだと
思う。

422 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 10:28:16.20 ID:BtPIQjOM
>>413
上で名前が出てる哲学者の中島義道も同じようなことを言ってるね
            ↓

-----------------------------------------------------------------------

ごまかすのはやめなさい!
あなたはまもなく死んでしまうのだ。
あなたをまもなく襲う「死」をおいてほかにもっと大切な問題があるのだろうか?
あなたは「死」とともにまったく無になってしまうかもしれないのだ。
(中略)
もうすぐ死んでしまうあなたが、必死に日常的な問題にかかずらっていること、
それはたぶん最も虚しい生き方である。
「死」を目前に控えて震えている死刑囚よりも虚しい生き方である。
キルケゴールとともに言えば、日常に絶望していないことこそ絶望的なのだ。

-----------------------------------------------------------------------

「ああ、いい人生だった」と満足して死ぬこと、
「みんなありがとう、とても楽しい人生だったよ」と感謝して死ぬこと、
これは私にとっていちばん恐ろしい死に際である。
そのとき、「死」そのものの絶対的不条理が隠れてしまうからであり、
それを必死に隠そうとする人々の「手」に乗ってしまうからである。

423 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 10:31:40.57 ID:ONwW8q/1
後世の中の人間を見ていて不快なのが、
皆ごはん食たり、気をつけて運転したり、運動したり
死にたく無いからやってる事がたくさんあるんだよ、
にも関わらず死それ自体を見る事をしなかったり、
はぐらかしたりするんだよな。
例えば俳優の誰それが死んだとか言って、その業績を称えたりするけど
死んだらもう無意味だったんじゃ無いのかとかは絶対言わない
、何か死を語る時に
一定のパターンがあるんだよな、しかも大抵は欺瞞がてんこ盛りのね。

424 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 10:47:04.41 ID:Phiz8cQQ
無意味かどうかは人によって違うから不快になっても仕方ないんだけどな。
死後の世界を信じる人には無意味じゃない。
不快になるなと言ってもなるのはどうにもならないが。

425 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 11:10:11.44 ID:7zSEWyg+
>>421
どうだろうね
例えば食料の限られた密室に10人の男女が閉じ込められる。
食糧を10人で別けるとひと月生きられるとして、10人から5人に口減らしすると3ヶ月生きられる。

現実で言うところの密室は地球、食料は資源。死を恐れることも火種には成り得るんじゃないかな。

426 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 11:34:02.24 ID:ONwW8q/1
そいえば昔見た動画で藤井厳喜って人が、個人主義を批判してたけど
この人の意見はどう思う?

https://www.youtube.com/watch?v=wIEmbyuFjzE&list=PL72D9C8776CE15846&index=91

427 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 12:18:10.24 ID:mffIPEYR
有名なパスカルの賭けがあるけど、この世に意味があるかないかの賭けと考えたら結局は意味がある方に賭けるしかないんじゃないだろうか。

428 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 15:03:02.15 ID:d5DQSCCp
結局、何でも想念思考に振り回されてるんだよな
苦悩の根源は自分の思考からなんだけど、
疑わず、自分のありままの思考が正しいと思うからなんだな

429 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 17:27:17.06 ID:zT8m6r47
>>423
小学校の教育で人生は一度きり、死んだら全てお終いです、神も幽霊も天国もありませんと説いたり
テレビ番組で歴史の教科書に載っている偉人の事を教えた後、
でもどんな偉業を成し遂げても死んだ時点で本人にとってはその場で意識が無くなってしまうのですから
国を作ろうが王になろうが英雄になろうが全て無意味です、
自分が死んだ後の事を自分自身が知る事が出来ないのならどんな人生を送っても空しいだけですと言ったり

葬儀の場で喪主が、母さんが天国で見守ってくれるとか
これだけ集まってくれて母さんも喜んでくれていると思います、なんて言わずに
母はタンパク質の塊になりました、もうすぐ燃やされて粉砕されたカルシウムの塊になります
母の意識も記憶も自我も、母を構成していた全ての要素が蒸発してしまったので
僕や皆さんがどれだけ母の事で悲しんでももう母には伝わりませんし
母が僕の事を想ってくれる事も、もう絶対に無いんです…なんて号泣しながら言ったりする

そういう無神論やニヒリズムを極め尽くした社会だったら世の中どうなってるだろうな…
こんな事書いてるけど自分も書いてて怖くて怖くて仕方ないし、
どうしてオカルトが「無い」世界に生まれてしまったのかと後悔してるよ
自分は本気で、幽霊も生まれ変わりもあの世も天国も地獄も魔法も超能力も
科学以外の何か、科学で証明できない不可思議が「あってほしかった」んだよ
それなら死ぬ時でも希望を持って死んでいけるからね…でも、ないんだ…どれか一つすらない

なんでないんだよ、畜生!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

430 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 18:26:42.81 ID:ONwW8q/1
>>429 でもそれが本当なんだよな。
ダヴィンチだって死に際に自分の仕事等自分が死んでしまえば無意味だって
言ってたしな、

そいえば最近中島義道の本読んだけど、彼はこの世界で幸福になるのは本当に
難しくて、それは絶望的だって書いてあって、それなら永遠の無というのも
悪くないってな事を書いてあったよ、ある種悟りだなww

431 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 19:44:05.14 ID:7zSEWyg+
それは虚無ってるだけじゃ

432 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 20:23:05.27 ID:SQ0Uvq0A
>>423
>例えば俳優の誰それが死んだとか言って、その業績を称えたりするけど

中島義道はそのことにも言及してるね

「なぜ葬式で人々は故人の仕事ばかり語るのでしょうか。
宇宙飛行士であろうと都庁舎を設計した建築家であろうと、
オリンピックで金メダルを取った水泳選手であろうと、
それはひとりの人が死んだという重みに比べれば何でしょうか」

433 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 20:40:10.65 ID:Phiz8cQQ
恐怖は別にしても、そこまでならむしろ生きているのが嫌になるだろうな。

434 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 20:47:39.10 ID:ONwW8q/1
今終活なんかが盛んに言われてるけど、俺にとって何とも言えない気分になるよ。
だって人が死ぬって事はその人が永久に宇宙が何度誕生と終焉を迎えても
存在しないって事になるのに、それを終活なんてふざけた言葉で言っていい
もんなんだろうか。
本当に消えてしまうのに。

435 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 21:08:17.48 ID:Phiz8cQQ
俺たちはちょっとおかしいだけだからなあ。
そんなに生命について真剣に考えているなら動物を食うことはどうなのか。

436 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 21:21:18.39 ID:J6V7sU91
死んでも皆の心の中に生き続けるとか
人は二度死ぬ、二度目の死は皆から忘れられた時なんて
言う人本当に嫌い、誰かに覚えていられようがいられまいが関係ないし
全人類に認識されようが慕われてようが尊敬されてようが崇め奉ろうが
死んだら何もかも無駄で無意味で無価値なんだよ

キリストや釈迦はこれだけの人に崇められて今も喜んでいるか?
関羽や信長は今も漫画やゲームのネタにされて複雑な心境抱いているのか?
ヒットラーやポル・ポトは自分の行いを悔いているのか?居直っているのか?
死んだらあの世から通信すると妻に言い残して死んだハリー・フーディーニはあの世から知らせたか?

駄目なんだよ残らないんだよ何も思っていないし思えないんだよ
俺だって死んだ爺ちゃんが今も俺の事睨み続けて怒鳴ってると思いたいよ
だから爺ちゃんどんな形でもいいから俺の事を叱ってくれよ、怖がらせてくれよ!
俺の言ってる事が爺ちゃんに伝わらない事よりも、
何も伝わらないし感じない世界に爺ちゃんが行ってしまった事の方が何倍も辛いんだよ…

437 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 21:30:55.62 ID:WkNBvYqv
楽しんで書いているようにしか見えない。

438 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 21:37:29.86 ID:POfBsIjE
>>423>>434
日本人は無宗教で無神論者が多いのに、
何故か死の本質や現実については徹底的に隠し、
他人に語る時はオブラートに包む傾向がある。
今じゃ小学生だってインターネットで調べて死の現実を
サンタの正体や子供がどうやって生まれるのかと同じような気軽さで知ってしまうというのに。

439 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 21:52:59.65 ID:9TkQ+3SF
むしろここまで救いがないように、悪い方向に完璧にこの世を作った神様を呪うよ
ホントどんな形でもいいから死んだ後に意識が残ったり生まれ変わりがあるように
この世が出来てたら、ここまでタナトが増える事はなかったのにな

つっても神様なんていねえんだから誰を恨めばいいんだろうな…俺を生んだ親か?
とここまで書いて>>411の宇宙の下りを読んで何もかも馬鹿馬鹿しくなった
俺達人類どころか宇宙全部含めて全てが偶然の産物でしかないなんて夢無さすぎんだろ
タナトになるとニヒリストが増えるっての当たってるわ

440 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 22:41:13.37 ID:7zSEWyg+
調べて分かることなんだから隠されてはないだろ
どうにもならないし
何れ知ることになることだから、腫れもの扱いして触れないようにしてるだけでしょ

441 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 22:49:22.05 ID:Phiz8cQQ
普通は自分から遠い死にはあまり興味がないだけだよ。
生きるのに邪魔だから。

442 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 22:59:38.40 ID:UuqPq1YR
>>440
探したり調べなきゃ分からないのなら隠されてるのと同じだ
どうにもならない事なら尚更だ
息をしたり食事をするのと同じ感覚で死を受け入れなきゃ駄目だ
そして、恐怖しなければならない…恐怖は生物の原初の感情にして本能だ
死=無で全ての終わりだと理解していながら恐怖しない人間の方が生物として欠陥品だ

443 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 23:36:42.20 ID:5wux1xFe
タナトの事を贅沢病とか暇だから患うニートの甘え病なんて揶揄する輩がたまにいるけど、
全然違う。タナトの恐ろしい所は、老若男女に貧富や職業の貴賤すら関係なく
突然全ての人間に等しく訪れる可能性がある事だから。
むしろ金持ちや全てを手に入れた権力者でも、自己の死により己の築き上げてきた物を
全て失う喪失感、勿体無さからタナトを発症する事だってあるし
タナトの厄介さは死の恐怖だけでなく、性格や生き方さえも変えてしまう所にある。

上で言っている死んだら努力も勉強も全てが無駄、という事実は
受験中の学生がタナトにかかったり、出世の為奔走する若い企業戦士が
タナトにかかった場合に人生に多大な影響を与える。
勉強や仕事が手に付かなくなり、そのまま人生の出世コースを外れドロップアウトしてもおかしくない。

>>413が言うように何をしても面白くなくなり、
本気で遊べず、楽しめず、幸福を感じられなくなる。
生きているのに生の実感を味わえなくなる。
つまらない人生になるのではなく、その後の人生全てがつまらなく感じるようになる。
この、向上心を奪う事こそが、タナトが与える最も甚大なダメージだと思う。

444 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 23:41:59.39 ID:7zSEWyg+
>>442
おまそれ、中国でも同じこと言えんの?

445 :優しい名無しさん:2015/05/19(火) 23:50:39.39 ID:Phiz8cQQ
生物はの概念を怖がってるわけじゃない。
死にそうにならなければ怖がらない。

446 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 08:54:02.99 ID:G2srrnCs
でもタナトゥスを持っていて、中島義道は大学教授に迄なってるし
ホリエモンもタナトゥスだったみたいだけど、社長に迄なってるぞ?
死の恐怖で人は大人物になる事もあるんじゃない?
アインシュタインもラッセルも。

447 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 09:02:19.92 ID:G2srrnCs
後実は俺これが発症する迄ネトウヨだったんだよね。
もう政治の事なんてどうでもよくなったよ。
何故だから知らないが今まで俺は自分が死ぬ事を忘れてたみたいだ。

448 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 12:24:04.01 ID:PTQlKz8D
今のところ死が不可避な以上やるべきことはひとつ。
自分が最も良いと思う道を行くこと。
それが現世での何かの追求か、死後の天国や涅槃に至る準備かは人による。
無気力こそが最大の敵であることには同意。

449 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 12:32:36.51 ID:pd76VDtR
タナトフォビアに罹かると向上心を持てなくなって
人生に多大な影響を及ぼす、と言うのは本当にそうだと思う。

でも、死についてここまで真剣に実感を持って考える事が出来るのは
タナトフォビアに罹った人間だけだろうと思う。

せめて死について何らかの考えをまとめる事が出来るなら、
いくらか達成感なり生きる意義なりを得られるのだろうけれども……。

450 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 12:41:30.49 ID:MFDWan0Q
>>429
無ということすら人間にはわかっていないのだからはっきり言えば
考えるだけ無駄ってことだろうね。

ちなみに科学はそんなに信奉するようなものではない。

科学は存在を仮定した上での存在するもの同士の関係を記述し、
そこから未来の状態を導き出すことで生活の役に立てるための
実践的な学問だ。

つまり存在そのものの問題になると科学は手がつけられない。

思考が物質の働きを原因とするのか、思考と物質の働きが何か別の
もののふたつの現れなのかもよくわからない。

教育に関して言えば、死んだら何もなくなるのだから生きているうちに
何をやっても無駄…という教育があったとしたらそれはダメだね。

かと言って死後の世界があるなんて宗教的な教育もする必要はない。

だって、例えば物体がA地点からB地点を経由してA地点に戻るとして、
物体のこの運動は無意味であったと言えるか?

物体の運動が存在したことは確かであってそれに意味がなかったとは言えない。

そう思うのは最終目的を場所に置くからであって目的が運動そのものなのであれば
最終的にどこに落ち着こうがそれには意味がある。

なので今まさにここにある生を精一杯に生きるということは尊いことなんだ。

451 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 13:47:15.99 ID:bu1MIJWY
人が意味を求めてしまうのは、脳が記憶を促すためだと思う
意味がなきゃ覚えないから

452 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 16:23:46.51 ID:faBzaPCb
科学が発達すればするほど、生活は便利で豊かになったが
その代わり夢も希望も無くなってロマンやファンタジーが人々の意識から消えてゆく。

でも案外「はっきり解らない方が夢がある、ロマンがある」と
言ってる人に限って、その事に興味も関心もないのかもしれない。
プロの科学者や研究者は、発見する事、全てを解明させる事に本気で夢とロマンを感じているだろうから。

タナトを患う人はオカルトや宗教に逃げず、
しっかりと事実を受けとめ真実を知り現実を思いしった結果
やはり幽霊とかあの世というのはない、死んだ先に救いも逃げ場もないという結論に至り、
その結論を誤魔化しも否定も出来ないからこそタナトになってしまった訳だが、

この事を一番最初に知った学者はどんな心境だったろうか。
歴史上初めて脳を解剖したり、初めて幽霊を科学的に検証した人達。
それまでは生活の基盤にすらなっていた神という存在を初めて自分の手で否定してしまった学者は、
パンドラの箱を開けてしまったかのように絶望し、後悔しただろうか?
ちなみに四年前に公の場で死後の世界は無いと言いきったホーキング博士は、
自分自身の死については全く怖くないそうだ。

453 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 16:27:27.11 ID:bu1MIJWY
思ったんだが、アニメや映画で見るファンタジーの世界ってのは
科学技術が限界にまで発達して、魔法と区別のつかなくなった世界ではないのか

454 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 16:53:33.41 ID:G2srrnCs
>>452 それは気になるね。
俺はあの世とかを信じずに死んでいった人達が
どういう心境で死んでいったのか気になる。
因みに織田信長は死後は無であるって信じてた。
養老孟子はそういう物だとして受け入れるってな事を書いてた。
夏目漱石は死後の世界を信じてたな。

所でお前等はどういう風にして死にたい?俺は出来れば綺麗な湖のある森の
中で自然と溶け合う様にして死にたいな、出来れば暑く無い季節にね。
病院で変なチューブを入れられての死なんて正直ごめんだよ。

455 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 16:57:22.93 ID:G2srrnCs
昔向精神薬を飲んで自分の人格がかなり変わったのを思いだしても
所詮人間の感情なんて本当に脳内の変化によって起こってるんだなってのが
よく分かったよ、人間には神秘的な所があると思っていたけど、
人間なんてその程度の物なんだなって思ったね。

456 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 17:00:39.48 ID:MFDWan0Q
>>452
客観的に見れば死後にもこの世界は存在するだろう。
主観的に見れば死後には私の知るこの世界はないだろう。

ただ全く別の世界で意識というものは存在するかもしれないね。

目が見えず何か別のものを感じて彷徨うような意識体なのかもしれない。
この世界で出会った人や人間であったことなどすべて忘れて漂うんだ。

それはそれで今考えれば恐ろしいかもしれないけど、そのときになれば
きっとそんな居心地のいい生き方はないかもしれない。

そしてこの生を失いたくはないと思うんだ。

そしてこの今の生ももしかしたら何かを失った後の生なのかもしれない。
だとしたらこの生を失うことを恐れるなんて滑稽ではないか?

457 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 17:04:43.42 ID:MFDWan0Q
>>454
>俺は出来れば綺麗な湖のある森の中で自然と溶け合う様にして死にたいな、出来れば暑く無い季節にね。
>病院で変なチューブを入れられての死なんて正直ごめんだよ。

これは本当に最近よく思う。

なんか自然の中でぼーっと横たわってるとさ、このまま死ぬんだったらそれもいいかなって
思うときがあるんだよな。

自然と一体になる感覚というか。

俺も人工的に死ぬのがすごく怖いんだ。

458 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 17:29:50.51 ID:G2srrnCs
>>457 だよな!だよな!
風の涼しい高原で横たわって空を見てた時、
もう消えてもいいかなって思ったもん。

死に方という事では嫌なのがたくさんある、飛行機事故や交通事故、脳卒中
やっぱり理想は森の中であー俺これから死ぬんだって認識しながら風とか鳥の
泣き声聞きながら死にたい。

459 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 17:44:40.80 ID:PTQlKz8D
今日も終わりかと思うと実に嫌な時間だ。

460 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 18:06:39.25 ID:4j7Tdb6A
このスレの人ってこの症状で精神科とか行く?
医者に行ってもどうにもならんような気がする

461 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 18:44:18.02 ID:Kh9FfEzF
恐怖症は病気じゃないから、医者じゃ無理ってスレ内で誰か言ってた

462 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 18:46:00.44 ID:MFDWan0Q
>>458
まったく同じこと思ってる人がいて驚き!

飛行機事故とか交通事故は最悪だよね。
あと溺死とかもやだな。

結局自然を求めているんだな。
人間はもともと自然のもので人工物じゃないもんな。

自分たちが作った文明に惑わされてる気がする。

463 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 20:06:37.40 ID:G2srrnCs
>>460 俺病院に行ったけど、こういわれたよ「君の人生は70年位でしょ?
考えてごらん地球が誕生してから何十億年経った事か?
それに比べれば僕達人間の命なんてほんの瞬きだよ?」だってさ。

所で他の人はどういう死に方したいの?
やっぱり家族に見守られながら?

464 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 20:50:07.01 ID:4j7Tdb6A
今33だけど10代の頃から症状の浮き沈みはあるけどずっとタナトだったから
恋愛や結婚が重荷に感じて出来なかった。勿論ルックスや稼ぎにも原因はあるが。
結婚すれば当然子供を作るのも考えなきゃだけど、自分自身が生まれてきたばっかりに
死の恐怖に怯える毎日なのに、子供にもタナトが遺伝したらどうしようというのもあるし。
前にも同じ質問したけどこの病気の人ってパートナーや親兄弟と死の恐怖について
話したりしますか?

465 :464:2015/05/20(水) 21:45:44.56 ID:4j7Tdb6A
>>463
理想の死に方について答えるの忘れてた、まあ死ぬ時点で理想じゃないが
とにかく死の瞬間まで苦痛を味わいたくない、何らかの病気で死ぬ場合は文字通り
「死ぬほど」辛い発作を何回か経験してくたくたになって死んでいくんだけど、その苦痛が恐ろしい

466 :優しい名無しさん:2015/05/20(水) 23:52:08.73 ID:4peED1/P
今や日本国民の2人に1人は患っているという癌なんか告知された時点で生き地獄だもんね…
末期なら助からないが、かといって初期癌なら助かるって訳でもない
治した後の5年間は常に再発の恐怖とストレスに脅える事になるから
タナトにとってはこの数年間も精神的に常人以上に苦しむ事になるし、
再発したら前の癌の時点で全身に癌細胞が飛び散ってた事になるから手術も受けられず、完全にアウト
そしてそうなったら、後は延命治療でゆっくり死ぬか治療せずにさっさと死ぬかの二択しかない
どちらを選ぶにせよ、>>465の言う通り死ぬほど辛い発作や苦痛を何度も浴びて死ぬ事になる

まあそれだけ癌になる人が増えたのは、皮肉な事に日本の医療技術が凄すぎて
世界一の長寿国になってしまったからなんだけどね…治安が良くて事件や殺人で死ぬ人が少なくて、
かつ他の病気で死ぬ人も少なくなってきているから、結果的に寿命が伸びてその分癌になる人も増えている訳だ

467 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 00:10:33.82 ID:SD61jqqt
よりによって寝る時間に怖いことを書いたもんだな。

468 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 00:46:38.28 ID:32/XsIp5
自分なんかタナトに加えて癌ノイローゼも併発してるから
3ヶ月に一回は胃カメラ飲んでるし人間ドックも半年に一回はやってる
これに加えて肉眼で捉えられない初期の超初期の癌も見つけるPET検査もやってるから
金がかかって仕方ないよ…会社の健康診断や
他の病気の診断確定以外でのこういう癌検査は未だに実費十割取られるからね…
本当に癌で死ぬ人を減らすのなら全身の癌検査とPET検査を国で費用持って
毎年検査するのを国民の義務にすればいいのに…
結局こういう所でも貧乏人は癌を見つけられなくて死ぬ確率増えてるんだろうな

469 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 00:55:30.84 ID:TMfJHd+m
>>468
癌の進行速度が早いと発生からどれくらいで手遅れの状態にまでなるの?
それによってPET検査の間隔を決めて定期的に受けにいこうかな

470 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 01:31:26.43 ID:aqb7jV+r
胃の調子が悪いとか胃が痛いから病院行くと、保険が効いて3割負担で胃カメラ飲めるのに
胃癌が怖いから胃カメラ飲ましてくれというと自由診療扱いで全額負担というのもおかしな話だよな。
そんなんだから胃が痛いから病院行って胃カメラ飲んだら既に末期癌で手遅れなんて人が多いんじゃないか。
癌に関する検査は極力安くして、コンビニ感覚で癌検査できるようになって
癌になるのは検査を面倒臭がった奴の自己責任と言われるぐらいまで、
癌検査を安価で気軽に行えるようになってこそだと思う。

471 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 01:45:40.43 ID:NPqHf1jH
病院ってのは安全と安心を、金を出して買いに行く場所だからな
全身調べられて注射刺されて喉や尻にカメラ突っ込まれて、
それで高い金払って、貰える恩恵は医者からのたった一言
「何もありませんでした」

だが、それがいいんだ
恩恵はそれで十分なんだ、問題が何もない、その一言を言われるだけで
またしばらく安心して生きていけるし、その一言の為に数万払う価値がある
何かあってから見てもらっても遅いんだよ、何かある前に検査して
当然の如く何もないと言われる事に喜ばなきゃ

472 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 09:56:01.52 ID:P/i7mcDm
人生に意味があるかって問題があるけど、
人生において様々な事をするけど、多分その人が生きている間はその人にとって
意味があり、又他の人々にとっても意味はありうるんだろうけど、
その人が死ぬと、その人にとって人生は無意味になると思う、何故ならもう意味が
あると考える脳が死滅してるから、そしてその人の事を覚えてる人もだんだん
死んでいって、だんだんその人は他者からも無意味になっていくと思う。
それから偉人とかも長く語りつがれるけど
あれも人類が亡んだ時点で無意味になってると
思う、何故なら意味があるってのは人間の心の働きだから
人間が亡んだらそれをやる人がいない。
難しいな。皆どう思う?

473 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 11:45:00.00 ID:acDyOVGZ
がんは糖質が大好物…と言うより、ミトコンドリアの機能障害がある異常細胞のため、
脂質(ケトン体)も利用できる正常細胞と違って、糖質しかエネルギーにできない。
そこを衝けば、絶大な予防・治療効果が期待できる。

【大和薬品HP>なるほど健康塾>ドクターからの健康アドバイス】
「糖質制限食のすすめ」 掲載1「なぜ糖質制限が議論されるのか」 より
http://www.daiwa-pharm.com/info/fukuda/7038/

>私はがんの予防や治療を専門にしています。
>がんの発生や再発の予防において、食事の内容が極めて重要であることが知られており、
>その知識や実践法をがん患者さんに指導しています。
>この「がんと食事の関係」の研究において、近年大きな変化が起こっています。
>それは、今までの常識であった「肉や脂肪の多い食事ががんの発生や進行を促進する」
>という考え方から、「糖質の多い食事ががんの発生や進行を促進する」という意見を支持する
>エビデンス(証拠)が増えているのです。
>つまり、糖質摂取を減らすとがんの発生や再発を予防でき、進行がんでもがん細胞の増殖を
>遅くできるという研究結果が数多く報告されています。

術後の食事に配慮が必要 高糖質食は大腸がん再発と関連
http://diamond.jp/articles/-/30020

断糖療法でガンの転移を抑えられるかもしれないという仮説
http://blog.livedoor.jp/koms_club/archives/1963915.html

ガン断糖療法とはなにか?(理論編)
http://blog.livedoor.jp/koms_club/archives/1955910.html

無料で副作用がなく、他の一般的ガン治療と併行できる新たなガン治療法
http://bran7.net/archives/31221

がんとケトン食:CBN番組「the 700 Club」から
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/97b0e2d0106beba3e8d827287fbcc246

474 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 16:22:41.30 ID:acDyOVGZ
>>472
またぞろ中島義道の言葉を借りれば、

自分が死んでも、みんなから愛されているこの映画作品は残る。
自分が死んでも、自分が孤軍奮闘して守ったこの緑の山は残る……という錯覚さ。
ようく考えれば、残るのはわずかのあいだだけなのだ。
やがて、みななくなるのである。
人間は死ぬとずっと死に続けるのだ。
一億年経ってもその一億年倍経っても生き返ることはないのである。
やがて、人類の記憶はこの宇宙から跡形もなく消えてしまうのである。
たしかに自分の仕事は自分の死後数百年はもつかもしれない。
運がよければ数千年もつかもしれない。
しかし、それが何だろう?
宇宙論的時間のうちに置いてみるとき、いかなる仕事でも、自分の死後
ほんのちょっとのあいだ長生きするだけなんだ。

…ということだね。

>>450のように「物体の運動が存在したことは確かであってそれに意味がなかったとは言えない」
「精一杯に生きるということは尊いことなんだ」と言ってくれる人諸共、最終的にはこの世界は
跡形も無く消え去り、なんの記録も残らない。

いや、何も人類文明や地球や宇宙の終焉を待つまでもなく、そもそも主観的には、
自分が死んだ瞬間に世界は最初から何も存在しなかったのと同義になる。

ひとたび、この不条理さ、残酷さを意識して虚無感を抱いてしまうと、克服するのは
不可能に近いのではないかと思う。

475 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 17:40:55.53 ID:yv8aE0mM
>>474
それって時間が一方向に流れていて不可逆的であることを前提にした場合だよね。
時空の概念で言えばまたちょっと違うんじゃないだろうか。

思うに我々が認識しているこの世界って3.5次元だと思うんだ。
それは線、面、立体、時間(一方向のみ)の世界。

この場合に過ぎた時間は永遠に失われて戻らないという仮定は、
2.5次元で言いかえれば、立体部分が一方通行になるってことだから
例えばZ軸方向に過ぎ去った面は消えて存在しなくなるって言っている
のと同じような感じだよね。

じゃあそれが完全な4次元世界だったらどうかと言えば、時間軸は両方向に
存在するのだから過ぎ去った時間の空間も存在するってことになる。

そしてそもそも時間というものは人間の概念でしかない可能性もある。

時間という物質が存在する?
時間があるように見えるのは空間があって物が運動するからじゃないか?

どんな物も動かずにただただ流れる時間っていうのは存在するのか。
怪しいものだと思う。

であれば想像上の産物である時間が過ぎ去った後の無なんてものは
存在しなくて、今こうして存在するものこそ普遍で永遠なのではないか?

俺は最近そんな風に考えるようになった。

476 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 21:18:04.72 ID:P/i7mcDm
道元が似たような事を言っていた気がする。

477 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 21:22:46.76 ID:SD61jqqt
色々考えても、だから怖くなくなるってことはないな。

478 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 21:40:57.18 ID:jwHVklf1
細胞が不老化すると癌細胞になって全体の命を脅かすように、
人間の老いも死も生物(宇宙?)全体のためには必要なんだろうな。
ただ、問題なのは自分にとって自分が全て、ということだろう。
悟りを得た人は個人という意識が無くなって全体の意識になると聞く。
それが本当だとすればそれが救いなんだろう。
瞑想すると悟りに近づけると聞いたので最近瞑想始めた。
数息観という瞑想法なんだがやると意識がクリアになる感じがする。
悟れるといいなぁ。

479 :正常マン:2015/05/21(木) 22:10:22.75 ID:QlMjiQYZ
オヤジのチンぽから、母親の子宮に
1番になる確率的は、2億から3億

オヤジの生まれる確率も2億から3億
母親の生まれる確率も2億から3億

オヤジのじいちゃん。婆さん
母親のじいちゃん。婆さん

ひいじいちゃん。婆さん、、、、、

人類史は、???年!
1等の宝くじに何回、当たる確率?
生まれ変わるんだゼ!\(^o^)/

と、信じるしかない。ビビります

480 :優しい名無しさん:2015/05/21(木) 22:22:00.81 ID:TMfJHd+m
専門用語ではクオリアというらしいが、自分が今感じてる"感覚"
物に触れた感じとか、臭いとか、五感を感じてしまう自意識を持ってるって
タナトにとってはすごい不幸なことだな・・・

481 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 10:34:51.94 ID:6VBHf+EO
しかし来世があったとしても
それはそれで嫌なんだよな。
消えて無になるのが一番良い気もするけど、
何かこうしっくり来ないんだよな。
だって日常を生きてたら、結構嫌な事があるもんな。
だとすれば来世があったとしても

482 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 10:59:18.31 ID:1OX4QTCg
確実に来世があれば全体の生き方も変わるからどうなるかなあ。
来世によっては殺人も死刑もあまり意味がない世界になる。

483 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 11:58:25.81 ID:majxtAzf
過去世の記憶もなく生まれかわるなら
関係なくね
考えても無駄なことを、あーだこーだ悩むってロスだと思う

484 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 13:57:39.91 ID:IjppELuP
>>481
それが問題だ…

生きている今が楽園かと言えばそうでもない。
日常生活じゃこの時間が早く過ぎ去ってくれと願うこともしばしば。

なのに一体何を失うことを恐れているんだか…。

来世があったらその来世は戦争中で敵兵に捕まって拷問の末惨殺される
来世かもしれない。

それなら無の方がいい気もするし。

まあ、どんな能書きを垂れても俺らが死の瞬間をいずれ体験するであろう
ことは確かなんだよな…それは怖い。

>>482
前世・来世思想の怖いところはそこなんだよね。
愛による殺人っていうのも成り立ってしまう…。

彼が早く来世で幸せになれるように殺してあげましたみたいなね。

485 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 15:06:51.74 ID:QiRUyRXx
te

486 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 15:15:12.17 ID:QiRUyRXx
伊藤カイジの生き様が強く心に残るのは死と隣り合わせの極限の状況でもだからこそ死を直視してむしろ身投げのごとくギリギリを狙うから
人の心を真に揺さぶる物語は決して生を磐石にする打算的なものじゃない
人間は明らかにタナトスをもってる

487 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 16:16:44.31 ID:aC2ID7Kz
>>484
来世があった場合の最大の利点は、死ぬ時の安心感の差しかないな
生まれ変わった後に前世の記憶が無いんだから
主観的には死んだ後無になるのと何ら変わりがないが、
それでも死を迎える時にこれで完全に消滅する、何億何兆年経っても二度と蘇りはしないと
思いながら死ぬのと、しんだ後も別人になって生きれる、この意識や自我は続くし
また人間として生きていけると思いながら死ぬのでは、死に対する恐怖の密度が全然違う

自分はむしろ天国や地獄が本当にあってほしかったよ
だって現実的な話をすると、地獄が作り話でしかない以上は
この世は悪人の一人勝ち状態なんだから…
真面目にコツコツ働いて善行を積んだりお金を溜めた人間が死んでも
若い頃から働かず強盗殺人で金を奪い取ってきた極悪人が死刑になっても
行き先が同じ無なんて、不公平すぎるって思うよ…

そんなんだから、どうせ無になるなら生きている内に好き勝手やった方がいいなんて
考えに至る犯罪者が増えていくんじゃないか…
犯罪を犯したら地獄、殺人を犯したら地獄にすら行かずそのまま無になる世界だったら
無になりたい退廃主義者以外は誰も犯罪なんて犯さない世界になったと思うよ…

488 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 19:38:45.66 ID:EaiJqheM
皆来世があれば嬉しいの???
自分は全くだな。もちろん無は嫌だし怖いから天国に行きたいが
そりゃ来世が美男美女で東大生なら良いけど
不細工や不良や虐められっ子だったらどうするんだよ??

489 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 20:31:30.83 ID:zB/ela4T
タイなんか仏教国でみんな輪廻転生信じてるから今の人生駄目だと思ったら次行こう見たいな感じで
わりと軽く自殺しちゃうって西原理恵子の漫画にあったなあ
確実に生まれ変わりがあるってんなら底辺でも構わないな、不細工貧乏苛められっ子なのは今生もそうだし
手に負えなきゃさっさと自殺して生まれ変わりに賭けりゃ良いんだし

490 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 21:44:49.96 ID:6VBHf+EO
タイって結構豊かなイメージがあったけど
輪廻転生があるって思う位の情弱集団だったの?
しかし俺がタナトゥスを発症した時に思ったのが、どんなにつまらない人間でも
死んでいくんだから、人間って凄いなって思ったね。
そして後50年もすれば自分もその集団の中に入っていくって事も思ったね。
後皆輪廻転生とか言ってるけど、人間が知っている現象なんて人間の知能で持って
考えた事だから、その及びもつかない現象によって俺達が死んだ後復活させられる
かもしれないよ、何故か別の宇宙に飛び出て即死亡とか。

491 :優しい名無しさん:2015/05/22(金) 23:40:53.16 ID:IHPPcuJO
このスレっていちいち長文じゃない?
読む気失せるんだけどw

492 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 01:27:32.88 ID:CTY1w5M2
輪廻転生信じてたら自殺できないだろ。転生先が地獄になるから

493 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 02:09:02.46 ID:O96gDdhZ
>>487
>犯罪を犯したら地獄、殺人を犯したら地獄にすら行かずそのまま無になる世界だったら
>無になりたい退廃主義者以外は誰も犯罪なんて犯さない世界になったと思うよ…

それなら自殺する人間も地獄行きか無に還さなきゃ駄目だろ。
でなきゃ>>489みたいに人生に躓いたらさっさと死ぬ人間が増える。

俺も貴方みたいに天国や地獄が本当にあったらタナトは減ったのかも、って思う事あるけどさ、
もしこの世が本当にそういう上位世界や神の存在が認められている世界だったとしたら、
人間社会や国家はどんな風になっているんだろうな?

悪い事をしたら確実に地獄に行くって事は、全人類が完全にあの世の者たちに監視されてるって事だし。
こうやってそういう事をネットに書いただけで地獄に行きそうな気がするし、
人類全体がロボトミー手術でも受けたかのように無個性で感情の無い、
感情のままに好きに生きられない社会になってそうな気がする。あくまで思考実験の想像だけどな。

494 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 08:05:47.35 ID:+R/DIezu
不死の世界も楽しくもなさそうなのに、それでも怖いから困る。

495 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 10:59:34.11 ID:edAVLjzQ
>>493 ある種デスノートの世界が近いかもな。

496 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 11:34:05.13 ID:edAVLjzQ
後何度も書くけど、なんで宇宙って存在してるんだろうな。
意味が分からないよ。

497 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 12:08:58.89 ID:CTY1w5M2
意味は無いよ。ただ在るだけ

498 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 14:10:55.80 ID:vH+AhPum
単なるエネルギーの流れなんだろうね もちろん人間の意識も何だって
海外の哲学者が最近上位の存在をやたら仄めかしてるみたいだけど、勉強しまくった哲学者って最終的にこういうことを言うようになるんだと思ったら切なくなった

499 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 15:05:23.94 ID:+R/DIezu
この宇宙にあるのは変化。
それがなぜはじまったのかは誰も知らない。

500 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 15:37:49.00 ID:CTY1w5M2
何で死ぬんだろうな

501 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 15:54:16.05 ID:vH+AhPum
エネルギーが安定するから ほんでまた歪が生じて命というエネルギーが漏れ出す

502 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 16:33:05.83 ID:t+Pezm04
死んだら無になるのが怖い
というのは分かるが、どう足掻いても必ず死ぬんだし、どうなるか分からないことを今からあれこれ考えてもそれこそ意味がないんじゃね?
未来のことや過去のことに過剰にこだわる人って今この瞬間の感動を大事にしてないんだと思うんだよ
何かを針が振り切れるぐらい熱中したり努力した経験がある人ならそんな無駄な時間を過ごしたくないと思うはず

503 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 16:35:19.39 ID:+R/DIezu
仮に何も死なない世界なら何も生まれないだろう。

504 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 16:55:14.00 ID:utfkcr+t
>>500
上の方でも出てたけど、「有性生殖」という(種としての)生存戦略を採ったため

http://oyajisennin.blog137.fc2.com/blog-entry-9.html

505 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 17:00:04.52 ID:vH+AhPum
おれは授業で教師が「生存戦略」とか「進化論」とかドヤ顔でのたまってた時、
それって結局人間視点でみた結果論やんと完全論破してたけどなドヤァ

506 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 17:23:58.37 ID:CTY1w5M2
>>504
うん、それは見たけど
それなら、その戦略を取らなかった生物は死なないのかと言うと→死ぬじゃん?

”死と増殖システム”を取り入れたせいで死ぬようになったんなら、
そのシステムを持つ前の生物が居たってことじゃん?そいつ等どこ行ったってなるじゃん?みんな死んだnってなるじゃん?→なんで死んでしまうの?

507 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 17:39:14.80 ID:vH+AhPum
生殖システムを持つ前の生物は普通に滅んだでしょう それもものすごい勢いで

508 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 17:42:23.72 ID:sB5B8I+x
>>506
有性生殖するからDNAが脈々と受け継がれてきたわけで
そういう戦略を取らなかった生物は、取り入れなかったから死んだわけじゃん

509 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 17:53:24.36 ID:+R/DIezu
死なないで生まれてくる一方ってわけにはいかないんだよ。

510 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 18:26:24.48 ID:CTY1w5M2
死ぬことは知ってるよ
知りたいのは死んでしまう原因だよ

全ての死ぬ原因が分れば対策立てられるかもしれないじゃん?
対策立てられれば、死なずに済むかもしれないじゃん?→なんで死ぬんのじゃん?

511 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 18:36:07.32 ID:CTY1w5M2
結果(死)には原因(X)がある。

なら、原因Xを取り除けば死なないんじゃん?→なんで死ぬのじゃん?

原因Xを取り除いても死ぬなら→なんで死ぬんじゃん?

512 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 18:37:52.70 ID:+R/DIezu
とりあえず地球上の生物が全く死なないとしたらどうなるか考えてみれば。

513 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 19:22:24.14 ID:utfkcr+t
>>506
>そのシステムを持つ前の生物が居たってことじゃん?そいつ等どこ行ったってなるじゃん?

今でもいますよ

アメーバなどの単細胞生物は、捕食されたり餓死や事故死しない限り、
生殖後(分裂元)の個体も基本的に寿命で死ぬことはありません

>>508
仰るとおり、条件にもよりますが種の存続や繁栄という点においては概ね
有性生殖よりも不利で、“個体の生理的寿命”という概念が無い代わりに
DNAの多様性が生じないので、ちょっとした環境変化であっさり絶滅したりしますし、
異なる環境下へ進出することもできませんね

>>510
「何があっても不死身」というのは現実には不可能なので、
「生理的寿命の克服」という点に絞れば、
多細胞生物が老化→死に至る原因には主にプログラム説とエラー説があり、
それらの対策が実現できれば理論的には不老不死は可能となります

514 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 20:57:43.10 ID:CTY1w5M2
そういや、シベリアな放線菌とか居たな
あいつ等って老化とか劣化とかしないのかな

515 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 21:42:04.56 ID:edAVLjzQ
たださ、不老不死になりゃ幸せとも限らない訳じゃん?
俺は不老不死は興味が無いけど、なるべく苦しまずに死にたいな

516 :優しい名無しさん:2015/05/23(土) 22:44:14.85 ID:aDfeK8qV
【訃報】がんと闘ったアイドル丸山夏鈴さん死去 ★2 [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432357206/

このスレ見てる人で持病ある人とかいるの?癌まで行かなくても糖尿みたいなひょっとしたら命にかかわる
事態まで発展するかもしれない病気の人とかさあ

517 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 01:31:16.72 ID:pvKw/KRF
誰だって寿命が来る
ただそれだけの事

518 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 02:18:36.38 ID:xalpyRZd
● 炭水化物(小麦、米)=砂糖 ●

・「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (デイビッド パールマター 2015/1/16)

・ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (集英社文庫)
 O型とB型は小麦、とうもろこし、蕎麦を食べると体調が悪くなり太ります

・炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学  (夏井睦 光文社新書 2013/10/17)

・統合失調症、うつ病、パニック障害は糖を抜くと3日で治った。

・チョコレートは超危険食品 強い依存性、糖尿病の恐れ…妊婦や子供は摂取要注意
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1430052776/823

・すべての不調は首が原因だった!

・長引く痛みの原因は、血管が9割  (奥野祐次 ワニブックスPLUS新書 2015/2/7) 

・あなたの不調、実は「脳脊髄液減少症」かも!?

・その不調は遅延型フードアレルギーです!
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1425713834/73

小麦粉に含まれてるグルテンは脳を炎症させます。→精神病、ウツ病の原因に
O型とB型は小麦を食べるとちょうに血が集まりアレルギーのようになり吸収が遅くなりタンパク質を脂肪として吸収してしまうため太ります。
小麦は毒です。
小麦は砂糖(炭水化物)です。

519 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 07:37:05.65 ID:YB38mDJV
必ず死ぬのだからそんな事は考えても無駄、と言う人達は、
例えば目の前に巨大なトラックが迫ってきて死ぬのが避けられないとしたら
避けようとしたり身構えたりしないのだろうか。

520 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 08:09:48.03 ID:25+b8bpj
死ぬのはわかっているけどもう少し生きていたいってのが大抵の人の本音だよ。

521 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 09:21:43.67 ID:nYXvwkWi
ほんとはこんなことをぐだぐだ考えてる方がだめなことはわかってるんだけどな……頭にこびりついて離れない

522 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 09:52:46.66 ID:+eHwHh+C
ただぶっちゃけた話。
俺達の死って物とこの宇宙の終焉とか地球が滅びるとか関係無い気もする。

523 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 16:37:19.54 ID:+eHwHh+C
後俺が怖いのが、死んだ後は無とか言う人もいるけど、
科学だって万能じゃ無いし、この宇宙だって出鱈目だろ?
別の宇宙があったり、ブラックホールの中に宇宙があったり
宇宙が出来る前がどうのとか?
だから正直俺は自分が死んだ後も何かある可能性があると思う。
しかもそれは俺が望む物じゃ無い事も十分に考えられる

524 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 19:05:34.22 ID:b5q+rOwT
十分すぎるほど考えられるね だって地球ができて文明が始まったのを一日換算すると大晦日の12時10分前だよ?じゃあこれが宇宙の始まりで換算すると・・・
人間の思想や価値観がいかに塵のような産物なのかを思い知らされる

525 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 20:13:01.33 ID:KNHEnSIB
人生は魂の旅路の中の一つのステージであって
死ぬということは一つのステージを終えて
次のステージに行くというだけの話だと聞きました、本当ですか?

526 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 20:32:45.81 ID:cgBjYUFN
コズミックフロント見てる人いますか?

527 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 20:39:20.46 ID:KNHEnSIB
>>526
いねえよ
それがどうかしたのか?

528 :優しい名無しさん:2015/05/24(日) 21:11:51.22 ID:cgBjYUFN
>>527
お前に聞いてないから絡んでこなくていい

529 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 01:16:11.97 ID:xny+iY1b
物凄く広い宇宙のほんの一瞬だけ自分が存在するんだと考えると、何か空恐ろしい。
昔はこれを不思議な素晴らしい事だと感じていたんだがな…

530 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 02:12:30.38 ID:+Ibig2Hh
生物としての寿命が怖いならその前に自分でケジメつけたらいい

531 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 07:59:22.08 ID:UZebSJgS
でも宇宙の中で宇宙自体を考える存在が現にこうして在るってことは明らかに異質なことに感じる。

意識って明らかに物質とは異質な存在だと思うけどなんであるんだ?

錯覚だったにしろ、ないなら今こうしてあるわけはないんだから何かあるのは確かだ。

または物理的事象がより深いレベルにおける精神活動の現れであって、表層の個の意識レベルでは変えることができず、必ず物理的行為を媒介しなければならない仕組みになっているとか。

532 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 14:32:19.01 ID:34He3C8+
物体と現象を同じに語っちゃいけないよ

533 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 14:35:26.30 ID:34He3C8+
物体は在るモノで現象は起こるモノ、現象に実体は無いんだよ

534 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 14:47:52.43 ID:GV+oHVXw
人って元ある物質の反応を利用して成り立っているんだから
物体と現象って表裏一体の関係だと思うけどね

それぞれの物質の特性を用いてるんだから

535 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 14:51:10.32 ID:34He3C8+
こうやって会話をしているけれど
会話に実体は無いので、言葉や声を分解しても「会話」は取り出せないの

536 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 15:15:09.01 ID:34He3C8+
>>535これを念頭に

"命"があるから"生きている"のではなく、
"生きている"から"命"を観ることができる。が、今のところ最も確からしいと思える

537 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 15:25:20.51 ID:GV+oHVXw
現象があるから命を観れるってこと?
それ少し違うと思うけどな

物質の最小単位が存在するから
現象が見れるんだと思うけど

538 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 15:57:14.36 ID:C8UJZ9jX
>>535
確かに物体と現象は別だね。
精神は現象か。

メロディもそうだよね。
ひとつひとつの音を分解しても俺らが現に聴くようなメロディにはならないわけで…。

結局物質だって現象の域を出ない。

顕微鏡でミクロの世界を見たってそれは現象を知覚しているだけで
そこに何か物自体があるわけじゃない。

永遠に細かくしていったとしてもその繰り返しでしかないだろう。
物自体にたどり着くことはできない。

科学によって知覚の対象は広がっていっているのは確かだと思うけど
どこまで行ってもそれは現象であって決して物自体ではないんだ。

じゃあ俺らが見ていると確信を持っている物というのはなんなのか?

そう考えてゆくと物があるからそれが見えるというのではなくて、
ただ私の前にその現象が立ち現れているとしか言いようがないんだろうと思う。

539 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 16:27:04.98 ID:GV+oHVXw
あぁ、空の概念や縁起の概念を説明したいわけね
それならいいたいことはわかる

540 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 16:32:17.39 ID:gJOl5lr3
>>538
適当なこというなよ
素粒子以上に細かくできないから

541 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 16:43:19.72 ID:34He3C8+
素粒子を分解しちゃうと真空のエネルギーになっちゃうよう

無とは一体、ぐぬぬ・・・・

542 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 16:55:19.25 ID:9Ff9x/pp
こういう現象その物の事や無とは何か、有とは何かという事や
宇宙全体の事を考えると気が狂いそうになるな
この見て、嗅いで、聞いて、触って、味わって、感じて、考えるという全ての感覚、
全てひっくるめて「生きている」という感覚、つまりはクオリアの事もそう
夜中寝る前とかの静かな時にこの自分が生きているという感覚そのものが、
全てのクオリア自体が気持ち悪くて布団に包まって叫び声を上げる事がある

543 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 17:32:36.05 ID:C8UJZ9jX
>>541
突き詰めると最終的にエネルギーという物らしくない姿になっちゃうんだよね…。

よく哲学書で「痛みは存在するか」ってテーマがあるけど、手に与えられた刺激から
発生して脳に伝わった電気信号が我々の感じる「痛み」になるということが不可能に
思えるんだよね。

その電気信号が人間の体になんらかの反応を起こさせることは理解できる。
でもそこに感覚としての「痛み」というのはないはずなんだ。

これが物質世界と精神世界の決定的な隔たりに思えるわけなんだよ。

人間の持つ感覚っていうのはそもそも超越的なんだと思う。
じゃなきゃ何も感じられるはずがないもの。
刺激に対して反応はできてもそれが感じられるはずがないんだ。

とすると>>536の言う、

"命"があるから"生きている"のではなく、"生きている"から"命"を観ることができる。

ってのは正確な表現だと思う。

544 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 17:52:32.63 ID:unh6qzjF
>>543
それもう半分オカルト入ってるよ。

他人の感覚を観測できない話なだけで、感じることのできる意識があり
それは脳の神経ネットワークによりもたらされる現象に過ぎない。

つまり物質世界と精神世界に隔たりがある、痛みはないはず
と断言するのは明らかな間違い。

死が怖いのはわかるけど、身勝手すぎ。

545 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 18:21:05.35 ID:34He3C8+
クオリア(〜感じ)って、何なんだあ!って話やね

546 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 18:30:08.84 ID:GV+oHVXw
>"命"があるから"生きている"のではなく、"生きている"から"命"を観ることができる。

>ってのは正確な表現だと思う。


違うなぁ
命というのは物質やエネルギーでできている
それらが相互的に作用して命が生まれ
生きる仕組みが与えられたんだ
ということは"命"があるから"生きている"ともいえる

547 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 18:43:13.23 ID:34He3C8+
>>546
エネルギーと物質の塊である"燃える鉄球"は生きているか?命があるか?

「命がある」と言う(定義する)ためには、ソレが生きていることが絶対条件だと思うのだが

548 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 20:58:49.50 ID:GV+oHVXw
>>547
命があるを定義するのではなく、命を定義するんだよ
命というのは生きるために与えられた仕組みでしょう?
その仕組が働いてるから生きていくことができるんじゃないか

549 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 21:25:48.69 ID:34He3C8+
>>548
命=仕組み(システム)と言うのであれば、そのシステムとは何か

550 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 21:45:55.45 ID:GV+oHVXw
>>549
物質やエネルギーの相互作用だね

551 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 22:19:31.01 ID:34He3C8+
>>550
具体的に言うと?

552 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 22:42:58.71 ID:GV+oHVXw
>>551
具体的に知りたければ物理学や化学、生物学、医学の定説を参照してみればいい
現状人類が解明した以上のことはいえない

553 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 23:00:00.63 ID:frVpZDUH
メロディーはひとつひとつの音階でできているからその音階の集まりがメロディーなのだろうか。

メロディーを感じる何者かがまずいなければそれはただの空気の振動でしかない。

ならばメロディーとは一体なんなのか。

554 :優しい名無しさん:2015/05/25(月) 23:48:07.67 ID:sECJufH+
お前ら小難しい話しやがって意味が分からんぞ

555 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 00:15:45.41 ID:H7p/GPUO
意味が解っても要するにこの世は完全に物理と科学に支配されていて、
そこに夢も希望も介入する余地なんて全く無いという事を改めて認識するだけでしかない
魂とかクオリアとか脳とかの自分を形成する全てが科学的現象でしかなくて、
それ以上の何かを確かめる術が無い以上は現状では絶望しかない

逆に何故この世が出来たのか?とか宇宙とは何か、無とは何か?とかは意味が解らなくても怖い
解ったら解ったで恐怖するし、解らないなら解らないでやはり怖い
答えが出ても出なくても理解出来ても出来なくても恐怖するのが人間という生物のサガ

556 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 00:25:17.45 ID:gdwARPFW
>>552
つまり、まだ定義付けが曖昧で不完全ってことだね。

であれば

定義上は完全形のこちら(>>536)の方が、分がありそうだ

悪魔で、現状"最も確からしい"と云う意味でね。

557 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 00:31:07.64 ID:gdwARPFW
論じることで気をそらしてみたけど、やっちまったな>>555・・・

558 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 01:34:23.57 ID:zRf/8cv4
>>556>>557
分も何も、現状観測できる手段がないんだから
"わからない"がもっとも確からしいことであり
どちらにも分はないというか、半々といえる

無理矢理>>536を推すな

559 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 01:44:03.11 ID:Bp5Az01/
変な妄想して現実から目を背けても
あなたは必ず死にます

560 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 01:48:21.83 ID:N0gvp7Uz
死後があっても恐怖は残るからね。

561 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 07:43:18.83 ID:4N4PkPLD
なんとか知ることで恐怖を克服しようと努力している。

だけどこの自分がいずれ失われることにかわりはないからね。

諸々そんなに恵まれた環境にあるわけじゃないのにそれでも怖いんだ。

562 :sage:2015/05/26(火) 08:43:10.41 ID:i9N0c0Vi
死後の世界は、あっても死ぬのは怖いし死にたくないのが普通だ。体験なく知らない世界だからだ。生きるのが痛くて苦しくてもう生きるのはいいと思うまで死ねないよ。

563 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 09:27:55.10 ID:EjSX6XKE
死後の世界か。
俺は昔万引きとかしてたから、絶対地獄行きだろ。
無い方がいいな。
ってかこれにかかる前は、自分の人生は死ぬ迄なんだって心の何処かで思っていて
それ以上の事は考えない様にしてたな。

564 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 09:58:25.18 ID:bope74zp
ここにいる人は数少ない同じ恐怖を共有できる同志だ。
まあ仲良くやろう。

でもこの恐怖を克服する共通目的のために議論を戦わせることはいいことだと思う。

565 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 11:04:57.19 ID:WKjWLbqj
意識が存在ではなく現象であっても、死んだらその現象があるかないか分からない。
だから怖さには何も違いがない。分からないのが、怖いのだから。

566 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 12:07:26.34 ID:zGJSbD9b
うまく付き合っていくしかない とか以前見た気がする
卒業旅行だと思って 笑ってサヨウナラ というつもりだと言ってた人がいた
うまれかわりがあるとしたら 再生もまた慈悲だろう

567 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 12:19:54.26 ID:EjSX6XKE
俺は又生まれ変われると言われると、ちょっとなーと思う。
だってそれが自分にとって良い事かどうか分からないし

568 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 13:52:59.50 ID:gdwARPFW
>>558
観測出来ず論拠を集められず、辻褄を合わせられなかったのはそちらの不始末でしょう?

こちらは"現状確認出来ていること"のみを使って組み立てた論です。不確かな部分は何一つありません。
説を立て、例として類似の現象を提示し、ダメ押しに説の土台/基礎部分である「"川の水"を掬えても"川"を箱に詰めることができない(できなかった)」ということを貴方が反証し補強しました。

「命を定義する」と言いながら命を捉えられなかった貴方
「命がある・ない」観測される条件から辻褄を合わせ場所を特定し、命を見える形で取り出せた私。そもそも「命を定義できなかった・組み立てられなかった」からこそ生まれたのがこの説である。

同等・対抗馬と言うのであれば最低でも、分解した生物から命を組み立て直せなければならなかった。
反論と言う一点であれば、こちらの論拠の不備を見つけてソコから論を瓦解させなければならなかった。どちらも出来ず、補強だけして「どっちもどっち」は通らない。

パーツを紛失して組み立てきれなかったプラモデルと、組み終わっているものを並べて差が出るのは当然でしょ

569 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 14:08:50.95 ID:zRf/8cv4
>>568
>そちらの不始末でしょう

いやいや、現状においてそちらの説も論拠を集められてないでしょ
たとえば"幽霊を観測できていないから幽霊はいるという説の方が分がある"と
大真面目に主張しているようなもんだよ?観測できないからどちらの説にも
分が偏っているとはいえないの

>不確かな部分は何一つありません。

これも同じ
観測できない以上、それ以上のことはどんな立場でもいえないの

>「命を定義する」と言いながら命を捉えられなかった

だから現状学問上で判明している以上のことはいえないというのが
懸命で現実的な立場です

>からこそ生まれたのがこの説である。

でも、観測もできず証明もできないんだよね?
だからお互いの立場はイーブンだねということ

>パーツを紛失して組み立てきれなかったプラモデルと、組み終わっているものを並べて差が出るのは当然でしょ

組み終わったものを観測できたからといってなんなんだよ
それを分解してなぜ動くか仕組みを解明しなければ
組み終わったものを観測しようが何もわかったことにはならない

570 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 17:27:59.90 ID:gdwARPFW
>>569
なんでさ
観測出来て、分かりきった事実を辻褄が合うように繋げ並べたモノが>>536
この説は命というものに実体がないことを前提としているから、分解して"部品のような命"を見つける必要が無いのよ。

幽霊で例えるなら
数々の矛盾から幽霊に実体が無いことを前提に、現状分かっていること用い仮説を立てる。
幽霊に実体がないのに「見た」と言う者が居るのは何故か?→見た者と見た場所に原因があるのだと推測する。

例えば幻覚や錯覚、医学的な意味での妄想であれば何の矛盾無く幽霊を説明できる。故に、現在最も確からしいと予想される説は〜だ。


メロディとかちょくちょく音楽の話が出ているし、
ちょっと自説を蓄音機で例えてみてよ。語弊が生まれてそうだから Q.蓄音機で例えると命は何処にある?何に当たる?

571 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 20:59:28.36 ID:zRf/8cv4
>>570
>実体がないことを前提としている

現に実体はあるので>>536の説は棄却されるべきでしょ
物質であろうとエネルギーであろうとそれは実体と呼称しておかしくないよ

>Q.蓄音機で例えると命は何処にある?何に当たる?

蓄音機でたとえるなら各部品が組み合わさって動いてるわけだから
蓄音機そのものを命と呼んで問題ないと考えているよ
命というのはそれくらい抽象的な概念だということだよ

572 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 22:32:10.76 ID:2osIiQke
つまり因果律の概念にとらわれすぎているんだろうね。

AはBとCからできている、故にBとCはAであるという論理。

でも認識上はAはAであって、これをBとCの集まりとしてでなく現にAと認識できるのは何故だろうか。

つまり認識するために必要なのは、素粒子よりも前に知覚だろう。
知覚がなければ素粒子も出てこない。

実体に先立って存在しているのは知覚であって、その意味で知覚は超越的である。

哲学が考える領域は科学よりも少し根本的な部分なんだよね。

573 :優しい名無しさん:2015/05/26(火) 22:54:08.91 ID:zRf/8cv4
まず前提として噛み付いたり、重箱の隅を突こうとしているわけではないと理解してほしい


知覚がなければ素粒子も出てこないってそれって本当に人間本位で考えすぎだと思う
宇宙は人間がいなきゃ無いも同然という主張と大差ないのではと感じる

人間の知覚がなかった頃にも素粒子はあったし、知覚は現時点で
超越的だと感じるのかもしれないけど、それは単に解明されていないからであって
原始人が宇宙を見て超越的だと思うのと似たような感覚ではないかな

574 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 00:08:17.88 ID:/cHDNHTd
>>571
あー、つまり
>>536の視点をずらして【生物(生きているもの)】=【命】ってことなんかな?


>>536を蓄音機で例えると、命はレコードから出る音
レコードと蓄音機セットで体、ゼンマイを巻いてレコードを回して針で溝を弾いて初めて音が鳴る。
体があって、脳があって、筋肉を動かす神経細胞があって体が動いた時、初めて命があると言える。

"命"とは生物が活動している姿に観た、実体の無い幻影(概念)である。

575 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 00:15:49.01 ID:zRsoKubH
>>573
勘違いしてほしくないのは物理現象をテーマに話しているのならまあそんなに異論はないんだよ。

ただここは死についてをテーマにしたスレで、肉体の死ではなくて精神の死について考えるところから認識論についての話をしているんだ。

物質レベルでの話で精神を語るとすれば、自我は脳にインプットされたあるパターンの記憶であって、この記憶パターンを完全に移植できればその精神は永遠に生き続けることが可能かもしれないと言ったことを考えてみることもいいよね。

だけど実際に認識、観測する者が何もいないときに果たして宇宙が存在するだろうかということは考えるに値するテーマだと思う。

物理学も量子力学になると因果律は怪しくなってくるし、時空の概念になるともはや時間は空間から独立した存在じゃなくなる。

一般人から見れば相対論も量子力学ももはやオカルトの世界だよ。

科学でいう実体とは何か?

それは別の実体と言われるものになんらかの影響を及ぼすものだと思う。

例えば引力だね。

もし他の実体に影響を一切及ぼさないものがあればそれは物理的に存在しないだろう。

光も跳ね返さないから見ることもできない、重さもないし触れることもできない。

つまり科学は実体と仮定されたものたちの関連性を記述するものにすぎない。

そして方程式は記述であって現象そのものではない。

現象そのものというのはまずは感じる以外にはないんだ。

そしてこの時空からこの肉体が消えることが果たして精神の死なのかもわからない。

昨日の自分の意識が永遠にそこに存在するとしたら、死なんてないんだ。

576 :>>536>>574:2015/05/27(水) 00:21:56.19 ID:/cHDNHTd
(あれ?)一応言っておくけれど
ID:34He3C8+(>>536)と
ID:C8UJZ9jX(>>543)は別人だからね?私は超越的だとか言ってないし思ってないからね・・・?か、勘違いしないでよねっ!///

577 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 00:36:41.22 ID:zRsoKubH
物理学では実体を説明するために実体を必要とする矛盾を受け入れなければならない。

つまりそれのみで成立する独立した実体がどう考えてもなさそうなんだよね。

唯一説明の必要がないのは、我々が現に感覚としてそれを感じるということ。

すべての前提はこの感覚的な経験にあると思う。

存在を知るためにそれ以外の何物も必要としないという意味で感覚は超越的だと考える。

578 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 00:49:28.75 ID:/cHDNHTd
ミクロとマクロじゃ物理法則が違うんだから、ミクロの話をマクロに持ち込むなよ

579 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 01:02:11.31 ID:zTOBSi9T
死んだら意識が無くなり遺体は荼毘にふされてお終い

580 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 02:02:35.76 ID:bQqMSn0s
そのおしまいって状態が分からない
死ぬのがこわいというか死ぬことを考えると生きてるのがこわい

581 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 06:27:53.10 ID:0jHgsMB0
議論はいい。もっとやるべきだ。頭を使っている間は死の恐怖を和らげる事が出来るから。
結局の所、生きている時の全ての行動は死の恐怖を紛らわすモルヒネ薬に過ぎない。
人生は死ぬまでの暇潰しと言うが、厳密には死ぬ瞬間の最大級の怖さを誤魔化す為の逃避、だ。

勉強や仕事をする事も、腹いっぱい食事をする事も、運動する事も、
友や家族と楽しく語らう事も、オナニーやセックスで快楽に溺れる事も、
ネトゲーやギャンブルにのめり込んで人生破綻しかけたり怒り狂い喧嘩して警察のお世話になる事すら、
何かに集中や没頭したり一つの事しか考えられなくなる行動は、須くこれ全て死からの忌避に他ならない。

582 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 06:36:28.78 ID:HTFnelg5
そりゃ人にもよるだろうよ。
死の恐怖が無い人間だっているしな。

583 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 08:39:17.07 ID:zRsoKubH
>>578
精神ってのはマクロな物理現象なのか?

なら精神の大きさや質量を教えてほしいものだな。

584 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 09:04:42.31 ID:zRsoKubH
つまり、精神は物理的活動の結果なのだからその物理的な活動こそ精神そのものであると結論づけることはできないと主張したいわけだ。

たとえ精神は物理世界の結果だとしても、原因はそれを生じせしめるものであって結果そのものではない。

脳の活動は精神を生む原因かもしれないが、精神とは精神そのものでしかない。

俺たちの精神が無情な物理世界によって消滅させられるという恐ろしい思想以外の考え方もできるのではないかという話だ。

肉体が死ねば精神も消えるって考え方はごく一般人的な考え方だから特にこんな万人に浸透した考え方を今ここで必死に更肯定するのもあまり意味がないからね。

これが死に怯える心に勇気を与えられたらいいんだが。

585 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 09:13:10.14 ID:zRsoKubH
まあ、そもそも死が怖くないというならこんな面倒臭いこと考えないかもね。

もし毎朝ある体操をすれば死の恐怖がなくなるというならこんなこと考えずに必死で体操するわ。

正直、議論で相手を負かそうとかいう自己顕示欲を持つだけの余裕は俺にはない。

ただいろいろな可能性を検討して、死に至る前に恐怖を克服したいんだ。

586 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 13:06:01.78 ID:Gm3ormq9
何かイメージによる恐怖ってありますよね。
怖い事考えると実際ピンチじゃなくても怖くなります。
イメージをコントロールできるようになればタナトも軽減されるかも
しれませんね。

587 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 13:25:00.33 ID:zTOBSi9T
誰だって時期が来れば亡くなるのに
なにが怖いのか理解できない

588 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 14:57:44.13 ID:/cHDNHTd
必ず死ぬのに、主観的に死をイメージ出来ないから怖いんだよ

589 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 15:57:55.00 ID:HTFnelg5
スマナサーラとか言うお坊さんの本を読んだけど
結構良かったよ、お前等も読んでみたら?

590 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 17:48:36.08 ID:pVAFQjTU
>>587
医者に行って死ぬかもって言われたらわかるよ。

591 :優しい名無しさん:2015/05/27(水) 22:04:29.02 ID:HTFnelg5
俺達人間ってのはつくづく不思議な生き物だよな。
そこらにいる猫とか犬とか昆虫達はそんな事を考えずに過ごしてるのに。
あの世がどうのとか死んだ後の事考えたりするんだから。
いっその事俺は普通の動物だと思って生きてみたらどうだろう?
俺は動物で、動物だから子孫を残す事を目的として生きるんだって事にしたら。

592 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 01:19:51.86 ID:egEj26q9
>>591
>猫とか犬とか昆虫達はそんな事を考えずに過ごしてるのに。

いやわかってるかもしれないだろ

593 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 07:24:49.23 ID:4xwYxYG8
>>592 どういう事?

594 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 10:12:52.22 ID:YSxLa6rU
この世で唯一無から生まれて無に還るものは自我。
物質もエネルギーも移動はするが消えることはない。
命は子孫を残し生まれ変わる。
しかし個々が持つ自我だけは完全に消滅してしまう。
自我は三次元世界に存在するようでしないもの。影と同じ。

595 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 10:41:27.78 ID:jEYAkfNe
>>594
全く同感である。

596 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 15:36:18.46 ID:IDBCBVim
死期を悟ると人里から離れる、ということもあるし動物も死に関しては何かしら感じることもあるんだろうね
友人の家にいた愛犬は兄弟のように育った一匹が亡くなった後毛が抜けるまで自分の腕舐めたり噛んだりするようになったときいた
動物も自分の死、身内の死で色々あるんだなぁと思う

597 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 16:17:07.35 ID:ikbXX+uO
瀕死の動物が姿を消すのは、隠れないと他の獣に喰われるからだと思うんだけど

どうなんだろうね

598 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 17:11:54.47 ID:Jk21rfzE
Rock54規制が怖いからURLは貼らないけど

【衝撃】あなたが死んだら魂はどうなると思う? 大規模アンケート結果

↑で検索したら出るアンケートで、死んだら無と答える人は6割5分、3分の2が死後は無と答えたそうだ
科学がこれだけ発達して無神論者の若者も確実に増えていってる
現在の日本に相応しい結果と言えるけど、この比率がこれから先どれだけ増えるだろうか…

599 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 19:18:59.23 ID:kZpKwonx
いや、科学が本当に発達しているなら、死後は無なんて言えないのよ。
科学的に考えれば無であるなんて、誰がどんな論拠で結論付けたのか。

無と言うのもまた宗教的な考えだと思うよ。

600 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 19:39:43.40 ID:ikbXX+uO
主観の意味喪失を無と言いかえられるのなら、「死後は無」もしくは「死後は無い」と言えるよ。

科学では、観測出来ないものを無いものとして扱う+死んだ先を観測できない→死後は無いものとして扱う

601 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 20:30:04.61 ID:jNPmipjK
ダークマターとかは?

602 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:03:36.67 ID:ikbXX+uO
ダークマター&ダークエネルギーを空気に例え、現在解っている物理法則を水に例える。
空気そのものの構成が酸素なのか窒素なのか分からないし見えないけれど、【水が存在していない場所(泡)】として存在を認識できている状態。

"ソコ"に現状の物理学で説明できていないナニカが在る(起こっている)ことが分かっている。
上手く説明できないけど、ソレ(DKM&DKE)自体は観測出来ていないけれど、ソレによって起こされている影響は観測出来ている。って感じ

603 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:07:15.18 ID:ikbXX+uO
影(影響)が出来ているなら、影を作っている光源がある。みたいな

604 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:21:31.06 ID:jNPmipjK
計算が合わないだけじゃないの。

605 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:42:49.65 ID:ikbXX+uO
"計算が合わない事実"があれば"計算を合わなくしている原因"がある。

その原因の仮説の一つが「ダークマター&ダークエネルギー」ってわけよ
"死後の世界(仮)"が物理的な影響を"現世(仮)"に与えていて、痕跡を残していることが観測出来たとき、初めて、科学的な仮説として"死後の世界"が存在できる。

逆説的に言うと「(科学的な)仮説として成立していない世界」は、存在していないものとして扱う。=死後は無。

606 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:47:21.75 ID:jNPmipjK
いや、計算が合わない理由は霊界かも知れないと言われたらどうにもならん。
現時点で観測できないから。

607 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:53:37.89 ID:ikbXX+uO
>>606
【(科学的な)仮説として成立していない世界】は、存在していないものとして扱う。=霊界は無。

ほい

608 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:55:39.87 ID:ikbXX+uO
>>607
違うか、単純にダークマター(エネルギー)の仮説の名前を「霊界」に言い変えてるだけか

609 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 21:56:04.98 ID:jNPmipjK
観測できない何かがあるのは仮説としてありだけど、それが何かの仮説が別に必要なんだけどね。

610 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 22:20:12.47 ID:ikbXX+uO
概念としての霊界は存在しているからなぁ…
となると、霊界(死後の世界)の定義を統一するところから始めなきゃならんし、現実でDKM・E=霊界とはならないだろうけど

確かに"ナニカ"に宛がわれる仮説は(並行世界の影って説もあるし)何でもアリだな。これは反論できない

611 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 23:29:53.76 ID:YSxLa6rU
思考、計算、記憶が脳によるものだということは解明されてるから、
死後にこれらの能力が残らないのは残念ながら間違いない。

612 :優しい名無しさん:2015/05/28(木) 23:58:58.46 ID:iga+V2fZ
就労移行支援事業所は、利用者1名×1日で行政から1万円前後の補助金が出てるんだよね。。

613 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 10:57:04.54 ID:x0wda6MI
俺としては、「死後の世界がある」ということの最低条件は、「そこに自分の意識があること」だと捉えている。

だから周りの世界がすべて消え去ってもそこに意識があれば死後の世界はあるということになると思う。

そこでタナトの立場としては、それが可能な仮説をいろいろと考えてしまうんだ。

例えば、時空の概念を考えれば過去の時間の出来事は今も存在しているのだから、意識はそこに永遠に存在するのではないか?

他には、記憶や意識というものがサーバーとしてあって、肉体が端末のようなものであるとすれば、肉体の死は精神の死ではないのではないか。

脳はサーバーからのデータを受信し処理する装置であって、意識や記憶自体は別の場所にある。

記憶障害というのは端末側がサーバーにアクセスしたりサーバーから送信されたデータをうまく処理できなくなるといったことに置き換えられないか。

これが死んでも意識は失われないと考えようとした結果出てきたものだ。

あとは、生きている今も死んだ後も結局そんな変わらないのでは?という視点での考え。

この生きている瞬間と瞬間の間に膨大な時間の隙間(死)が横たわっていたとしても我々は気付かないではないか。
ならば死というのも結局似たようなものではないかというもの。

自分の意識というのは錯覚で死んだらすぐに「私」は別の肉体の意識としてあるのではないか。

こんなことを考えてしまう。
なんの根拠もないけどね。

614 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 12:04:57.41 ID:tk0NPP3F
そういうのは結局は自分とは何かってことだね。
ここでも出ていたけど、自分は借り物であるという古くからある考えとほぼ同じ。

615 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 15:28:35.31 ID:tK9tJDky
そいえば昔のお侍さんとかは、死が間近にあった筈だけど
死後の世界とか信じてたのかな?
やっぱり死んだら終わりだろうって思ってたのかな?
道元はあの世は無いって思ってたらしいね。

616 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 20:09:40.85 ID:I0MPTWiS
死ぬのが怖いから死にたい

617 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 20:26:06.12 ID:qC7iyuop
多分来年までに俺は死ぬんだよね。

朝起きるたびに少しずつ体が衰弱していくのがわかるんだよね。

これはもうしょうがない。俺94歳になっちゃったんでね。


…まだ死にたくねぇよ。

面白いところへ来たのに俺はなんで死ななくちゃいけないんだよ。

618 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 20:27:42.55 ID:I0MPTWiS
やなせさんこんばんわ

619 :優しい名無しさん:2015/05/29(金) 20:51:25.56 ID:tK9tJDky
人間は中々自分の死を選べないからなね。
でも、須原だったか、自殺した哲学者
あれみたいなのは本当は理想的な死に方なのかもな。

620 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 00:40:00.64 ID:cM1qqIdS
>>616
わかる

621 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 02:06:43.04 ID:4LLupm/B
自分も太さ12ミリのクレモナ紐だけは買い置きしないようにしてる
ホムセンで2m分だけ切り売りしてもらうと妙に怪しいし
「お客さんはドアノブですか?」なんて店員さんに聞かれそう

622 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 05:06:24.35 ID:v5mgr+Jc
>>613
黒騎士の衛星についてはどう考察する?
http://world-fusigi.net/archives/7812938.html

623 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 06:07:38.03 ID:080ciB3m
● 炭水化物(小麦、米)=砂糖 ●

・「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (デイビッド パールマター 2015/1/16)

・ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (集英社文庫 2004/3/19)
 O型とB型は小麦、とうもろこし、蕎麦を食べると体調が悪くなり太ります

・統合失調症、うつ病、パニック障害は糖を抜くと3日で治った。

・炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学  (夏井睦 光文社新書 2013/10/17)

・チョコレートは超危険食品 強い依存性、糖尿病の恐れ…妊婦や子供は摂取要注意
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1430052776/823

・すべての不調は首が原因だった!
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1425713834/73

小麦に含まれてるグルテンは脳を炎症させます。→精神病、ウツ病の原因に。

O型とB型は小麦を食べると腸に血が集まりアレルギーのようになり吸収が遅くなりタンパク質を脂肪として吸収してしまうため太ります。

小麦は毒です。

小麦は砂糖(炭水化物)です。

624 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 11:37:00.56 ID:A0V4RUHg
もし本当にあの世や生まれ変わりがあると証明された場合の世界の変貌には興味がある
今までの概念や価値観が引っくり返るぐらいの大事件になるだろうし
自殺する人間がどれくらい増えるのか、宗教や宗教国家がどれくらい調子に乗るのか、
人殺しの罪の意識が薄れて殺人を簡単に行う犯罪者がどれくらい増えるのかとかな

625 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 12:10:05.96 ID:/CK6jnoM
しかしあの世がある事が本当に幸せなんだろうか?
その世界は永遠なんだろう?
それならやっぱり人間が永遠に生きる世界に行けば不幸になる気がするんだが。
もしかしたら60-70年の人生が本当は一番幸せって事は無い?

626 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 12:45:47.55 ID:xhKGVmTk
溺死しようとするけど苦しくなってすぐ逃げる
苦しんでるときに直感で『この先に望んでるものがない』と感じる

627 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 16:02:17.48 ID:IHqpm9Xf
人はどっか狂ってないと生きていけないって言葉がある
君たちの抱えてる問題は人間として正しいと思う
この思想は伝染する 俺はもうここには来ない事にするよ

628 :優しい名無しさん:2015/05/30(土) 16:16:31.49 ID:XMHlNDRs
>>625
意識がハッキリしている時間がどのくらいかで結構違って来る。
あと環境。
飽きるまでぼーっとして気が向いたら何かするだけで生きられるなら、
最悪、眠ればいくらでも時間を使えるし不幸でもない。

629 :優しい名無しさん:2015/05/31(日) 21:25:04.98 ID:MdK9yrGv
皆こういう話はどう?
人間は色々な動植物を殺して生きてるんだから
その償いとして無になる事くらい受け入れろ

630 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 01:00:40.58 ID:4wNZ2vXe
"色々な動植物を殺して生きてる動植物"を殺して生きてるだけなのに、何を償うと言うのか
生きることが罪だと暴論を吐くのなら、殺さなきゃ生きられないようにした作り主(仮)の責任だろ

631 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 03:49:23.19 ID:mdaiUw3w
>>626
自分に逃げ道があるうちはダメだね
新小岩で通過する電車にダイブする人って根性座ってると関心する
普通に考えたら痛いよな

632 :相談は無料 メールください:2015/06/01(月) 07:12:53.09 ID:iFP6xIvg
よしだ総合診療・在宅ケアクリニック
福島県の健康長寿を本気で考える会 ふくしま県民党 糖尿治療専門医 心療内科専門医
院長・会長・総裁 吉田孝司

http://yoshida-gphc-clinic.jimdo.com/

院長 吉田孝司 妻:内科不正専門医の 吉田なつ

〒969ー0401
福島県岩瀬郡鏡石町
不時沼217番地1

Tel : 0248ー62ー2508
Fax : 0248ー94ー2902
E-mail : gphc.yoshidaclinic
@gmail.com

略歴 DV防止法違反容疑 福島県の医師を逮捕

http://blog.goo.ne.jp/katuo_rakkasei/e/207db32098ba632f583ac426a33d2932
http://omosironik.exblog.jp/19370794/

同僚と摩擦を起こしては転職・医師会・医局から破門。不倫とDV。子供を認知しない。水子供養。
福島の放射能汚染は風評です。鼻血は出ます。アメリカの軍事実験です。放射能は怖くありません。

https://twitter.com/kojiyoshid
https://www.facebook.com/doctorrikunokoto

633 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 10:25:56.14 ID:tDfomUaC
>>629
それ自体は間違っていないと思う。
しかしそんな罪人の満ちた世界観で倫理なんてあるのかね。

634 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 12:28:35.74 ID:QX+DkG/J
>>631
たぶん本当に逃げ場のない状況なんだろうな。
実際は簡単に死ぬ人なんてそうそういないと思う。

635 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 20:44:04.30 ID:NwXxhn9o
私は死の恐怖を抑えるために
精神科の薬飲んでるけど他に飲んでる人います?

636 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 21:15:42.09 ID:7z5GxLJV
宇宙のことを考えてるとたまにいても立ってもいられないくらい怖くなることがある

自分は今のこの意識がある時間はほんの僅かでどうがんばっても永遠にはならない、意識がなくなって自分という存在が消えるということを考えてしまうんだが
宇宙という膨大な時間の流れと虚空が、人が死んだあとの無の境地を連想させてしまうのかもしれない


これ書いてる間も1回とてつもない不安に襲われた
やっぱ考えないことが一番の解決法だとは思うんだがたまにこうやって怖いもの見たさのように考えてしまうことがある

637 :優しい名無しさん:2015/06/01(月) 21:25:12.34 ID:9ibAnn+k
>>634 俺はデパスノン出る

638 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 03:43:22.35 ID:8soKuFnA
昨日時間が空いた時にホムセン行ってクレモナ紐見てきた
一般的な綿素材の紐よりもかなり丈夫にできてる
端切れの2m程度のがあったけど16mmだったので買わなかった
人として最後くらいは自分で決める

639 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 09:37:02.65 ID:CGoRGQwZ
首吊りか。
苦しそうだし、うんこも漏らすし嫌だなー。

640 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 10:28:18.46 ID:RVzj25TO
吊る気なら頸動脈を押さえる練習と、気管を塞ぐ練習しとけよ

641 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 11:22:08.80 ID:GnnMPdCe
>>636
その気持ちはすごくよくわかる。
本当に追いつめられるよな。
本当にこの与えられた現実というものが理解できなくなる。
多くの人は日常に没頭して考えもしないんだろう。

642 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 15:54:19.41 ID:ZCh7j6Cn
>>638
生活保護はいやなのかい

しかしネット掲示板って、この世の縮図だと思うよ それはいい過ぎ、リアルはもっと素晴らしいとか複雑だという声が聞こえてくると思うけど、いややっぱり本質は同じだね
どこかの誰かが何かを言って、それが周囲の誰かに伝わって、だんだんだんだん大きくなってもつれていって、
ひとしきりコンテンツ=文化っていう物語ができたと思ったらそれに変わる話題を誰かが言って徐々に徐々に重心はそっちに移って気づけばdat落ち。
これを気の遠くなるほどただ繰り返すのがこの世の実態だ 今ふとそういうことを思った

643 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 16:23:43.34 ID:ZCh7j6Cn
世の中には工夫次第で面白いことが山ほどあるなんて、誰でもわかってるんだよね
そして、その事実といつか必ず死ぬって現実がかみ合わない 
人間の理性では不合理なんだけど、面白さの根元にあるのはいつか死ぬことだったりするんだろうな だから実は合理的なんだろうな
生きてる限りインチキしてんねん

644 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 16:39:35.57 ID:SO+/ow9S
地位や名声や金が山ほどあっても、やりたい事遊びたい事全部やっても死は避けられない
いつか死ぬという現実だけは何兆円金を積んでも変えられないし、
総理大臣や一国の王でも死を権力で覆す事は出来ない

下品な例えだが人生とは性行為のようなものだ
勉強や仕事に熱心になっている時や遊びに夢中になってる時は
楽しい=セックスで気持ちいい状態のようなものだが
暇な時や遊び終わった時、仲間と別れた後などの
寂しい時=射精した後の賢者モードの時は全てが空しくなる

タナトも然りで、遊ぼうが働こうがどんな事をしていようが
それは死の恐怖を忘れる為のオナニーでしかなく、ふと油断して隙を見せると
いつでも死の恐怖がフラッシュバックを起こす
何をしても楽しめなく、遊べなくなるような状態になることさえありうる

645 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 16:59:52.05 ID:ZCh7j6Cn
人生オナニーモデルはかねてから哲学者たちや青年漫画のキャラ達が言ってるね
人間の楽しみというのは基本的に生命の維持安定が見込まれたときに生じるものだ それが哺乳動物である人間の宿命
しかしそれら積み上げた保険を一瞬にして葬りさる死からは絶対に逃げられない ここに矛盾が発生する
生を持続させるためには必然的に死を考えざるを得ない この矛盾を悲喜劇的に俯瞰できない人間らしい人間から先に狂って行く

646 :優しい名無しさん:2015/06/02(火) 22:38:50.25 ID:sy0jSAGN
輪廻する仏教と
人間界で1度きりのキリスト教・イスラム教
どっちがタナトに良いんだろうね?

647 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 00:35:57.22 ID:FyXm0SZP
>>646
私としては一度きり
転生したって記憶ないとなぁと思う

基本ボッチでずっと犬と一緒にいるんだけどその犬の死が恐怖でしかない
今は元気なんだけどあと何年位とかカウントダウンしたり万が一があった時のため地動物病院までの道シミュレーションしたり泣いたり
今いられる時間を楽しむのが一番だってわかってるんだけど辛い

648 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 03:12:21.45 ID:mWQzsnab
輪廻転生なんてない死んだらその人生は終わり
本当に一人になった時にふと後ろを思うと走馬灯のように過ごした時間が流れる
お疲れ様でした、もういいんだよって。

649 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 04:25:42.81 ID:RBIpLjG2
極悪人や死刑囚は無神論者多いんだろうか
だって地獄とか生まれ変わりを信じていたら大量殺人とか絶対できないしな(イスラム教徒を除く)
小学生大勢殺した宅間守とか、勝手なイメージだけどあの世とか全く信じていなくて
かつ、死ぬ事を全く恐れていなくてむしろ無になる事を望んでいた破滅型っぽい印象がある

650 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 07:32:55.15 ID:YYHqb5sY
宅間は死刑執行に際して無茶苦茶怖がってたがな

651 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 07:43:14.36 ID:U4IGb4eo
ソース

652 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 07:51:39.16 ID:uN2gWq6D
必ず死ぬから永遠の苦しみが存在しないんじゃないか。
これは慈悲だと思うよ。

653 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 11:55:01.68 ID:cghNCGZT
そもそも死なないならそんなに苦しくない。

654 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 12:23:05.49 ID:KuAMKxGt
>>650
こういう人間は他人の死は機械を壊すのと同じくらいな感覚してるんじゃない?

655 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 13:11:59.49 ID:YYHqb5sY
俺が個人的に寂しいのは、
生物が誕生したのは偶然だって事だよな。
遥か昔に生物が誕生して何十億年って経ったと思うけど
それに意味は無くてただ生まれて死んでを何十億年も繰り返してきたってのがな。

656 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 14:11:00.71 ID:KuAMKxGt
>>それに意味は無くてただ生まれて死んでを何十億年も繰り返してきたってのがな。

宇宙にとっても何かしら向かうべき状態ってのはあるんじゃないかな。
その過程において発生してきた知性を持つ生命体が偶然なのか必然なのか。

人類が住む地球という星の変貌を俯瞰すれば、人類は星というものを急速に作り変えているようにも思える。
地球に住めなくなればまた別の星へとゆくだろう。

すべてが必然だとしたら我々人類が宇宙に対して果たすべき使命とは一体なんなのだろうか。

657 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 14:36:43.10 ID:KuAMKxGt
太陽のエネルギーを吸収し、考え活動し、繁殖し、地球上の資源を抽出し加工する。
資源は減り知的生命体である人類が増える。
つまり太陽のエネルギーと地球上の資源がどんどん人類に変わっていっているんだ。
これは紛れもない事実であり宇宙の営みの中のひとつである。

658 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 17:58:38.92 ID:cghNCGZT
自分は周りからは楽天的な性格だと思われていたし自分でもそう思っていたんだが、どうやら間違っていた。
死が恐怖や苦しみ悲しみなどの源泉だったから、それが遠いと感じている間は呑気なだけだった。

659 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 19:07:23.88 ID:YYHqb5sY
俺にとって死のイメージは奈落だな
無限に深い奈落

660 :優しい名無しさん:2015/06/03(水) 21:04:23.90 ID:QgxRgxPY
>>655->>657
人間原理宇宙論なんかも、考えれば考えるほどモヤモヤするよね

https://www2.kek.jp/kids/comic/2nd-29/

https://www2.kek.jp/kids/comic/2nd-30/

661 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 01:32:38.80 ID:ts2yp4dw
そのうち星もなにも無くなって銀河系はブラックホールだけになっちゃうらしいね
星にも意思や記憶はあるのかしら
本当生死についてかんがえていくと哲学的になるね
元が馬鹿だからあれだけどw

662 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 04:01:46.52 ID:nkz4Ut1v
宇宙だ星だなんてお気楽な連中は幸せだよw

663 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 07:04:01.21 ID:zozd2qgV
>>662
何が気楽なんだ?死の恐怖の事を語ってから宇宙や哲学の話に流れるのは
>>121>>126>>411辺りでも触れられているが自然な事だ
あの世や幽霊がいない=死後に希望が無い事や
自分も含めて生命体の意思や思考すら、現象に過ぎない事を自覚してから
他に救いは無いのかと調べに調べた結果が哲学的思考や宇宙自体の無意味さ、空しさだ

結果的に宇宙の事を語っただけで何が幸せな物か、幸せでタナトになんかなるか!!
草を生やして茶々を入れるのはやめて貰いたい

と思ったらやっぱりパキシルか…最近見かけなかったから油断してた
※パキシル=タナトスレと過食系スレッドに数年粘着して住人を煽っている狂人
http://hissi.org/read.php/utu/20150604/bmt6NFV0MXY.html

664 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 07:08:47.22 ID:zvajMIOV
>>662
茶々入れて喜んでるお前の人生が一番気楽だろ

665 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 08:18:48.65 ID:IRAzKQv9
死んだほうがマシとよく言うが、実際には殆どのことは死ぬよりマシだ。
金が無い仕事が辛いと悩むのも結局は死んでしまうからだし。

666 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 11:01:00.73 ID:TxjdP46l
>>660
>人間原理宇宙論なんかも、考えれば考えるほどモヤモヤするよね

こういう仮説実際にあるんだね。
はじめて知った。

こういう仮説に拒絶反応を感じてしまう理由に主観と客観の問題があるんだよね。

人間が目を閉じて開いてもそこには前と変わらぬ世界があるではないか。
私が見ていなくても他の誰かは同じ世界を見ているではないか。
だから人間が見ていようがいまいが世界は存在するはずだ。

しかし考えてみると、はたして人間は真の宇宙の姿なんて見ているのだろうか?
それは人間に与えられた感性という色眼鏡をつけて宇宙を見ているだけではないか?

そう考えると我々人間が見ている宇宙というのは我々人間に与えられた主観なのだ。

唯一この主観を超えるものがあるとすればそれは論理的思考(数学など)だろう。
何故か人間はこの数学を理解できるように作られそして宇宙はこの数学によく当てはまるようにできている。

これはただの偶然なのだろうか。

667 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 13:40:21.89 ID:Np8MJDRF
この世界に意味は無くただ全ては変化するだけ。
スマナサーラが言ってた

668 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 14:20:23.16 ID:IRAzKQv9
人間にとっては意味がないのは苦痛。

669 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 17:23:29.33 ID:rQHkSQ2m
ククク・・・

670 :優しい名無しさん:2015/06/04(木) 19:53:49.97 ID:Np8MJDRF
しかし不思議な気分だよ。
今の時代は昔と違って直ぐに女もやらせてくれるし
生活だって豊かになってるから本当に良いなーって思ってたけど
死があった。

671 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 00:51:10.79 ID:gIQ/9fdJ
子供の頃は早く明日が来週が来ないかと待ち遠しく感じていた。
早く来たらそれだけ早く死に近づいていくわけだが、その頃は時間が無限に感じるからな。

672 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 03:15:46.30 ID:S52nPvbP
>>663
何を怖がってるの自然な事だよ

673 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 12:20:03.79 ID:OyaZSXKE
>>672
怖がることも自然だよ
はい論破ーwww

674 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 12:55:22.25 ID:K01TAAgZ
>>670
今の人類は科学の発達によって昔の人達から見たら魔法にしか見えないような技術の恩恵と
遥かに便利で豊かな生活を送れるようになったが、その代償が「死んだら無」という現実の直視だ。
科学が未発達で宗教が蔓延していた昔の人類なら、この現実を知らずに生きていけた。
世界でも上位に入る無宗教・無神論国である現在の日本に生まれてしまった以上、
死んだ後の現実に無知のままで生きて行く事は難しいし、一度知ったら忘れる事もできない。

この恐怖に一度染まると、宗教に嵌る人間を一概に愚かと言えなくなる。
死ぬ瞬間まで無の恐怖を気にせずに生きていける宗教テロリストのほうが、
悪人かつ狂人であったとしても四六時中無に怯える自分より
余程幸せな人生を送っているのではないか?と考える時すらある。

>>671
歳を取れば取るほど時間が早く感じるのは本当だと思う。
客観的な時間と主観的な時間は、全くの別物だから。
十歳から二十歳までの十年と二十歳から三十路までの十年は、
同じ十年でも間違いなく前者の方が長く、濃く、楽しく感じた。

675 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 15:51:54.20 ID:eGE3m4fu
「死んだら永久に意識が無くなる。無になる。生まれ変わりなど無い」と親が子に教
えたりするから、こうした死恐怖症の人が多く出て来るのだろう。実際小学生でも死
を非常に恐れている者も少なくない。これは学校で生と死の問題に触れる教育が為さ
れていないことや、公立学校での宗教教育が禁止されていることも関係していると思
う。

>死ぬ瞬間まで無の恐怖を気にせずに生きていける宗教テロリストのほうが、
>悪人かつ狂人であったとしても四六時中無に怯える自分より
>余程幸せな人生を送っているのではないか?と考える時すらある。

そうだなぁ。同感するよ。イスラム国やアルカーイダのイスラム原理主義者は、固く
来世の存在を信じている。聖戦に参加すれば、来世は素晴らしい楽園に生まれること
ができると言う考えだ。『コーラン』自体にそうした教えが書かれている。来世を信
じない者は不信心者だと排撃される。彼らは死を恐れるよりも死を求めているような
者たちだ。スンナ派は死後は天国か地獄に生まれ変わると信じ、シーア派はヒンドゥ
ー教と同じように、この地上に生まれ変わると信じている。オウム真理教は少し違っ
ていて、修行が足りないと動物に生まれ変わり、解脱すれば人として生まれ変わると
信じていた。これではテロリストになるのは当たり前のことだ。

676 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 15:59:10.15 ID:KOkETmno
解脱すれば人間に生まれ変わるって
解脱ってのは輪廻の輪から解き放たれるって意味だった筈だろうに。
釈迦が見たら泣くな。

後親は普通天国に行けるとか極楽に行けるとか言うもんじゃ無いの?
少なくとも俺の親はそう言ってたよ。

677 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 16:20:32.14 ID:eGE3m4fu
パスカルは39歳まで死の恐怖に怯えながらも、キリスト教の天国への再生を信じ
ていたが、彼の高い知能は、それを信じることができなくさせてしまった。ギリシ
ャやローマの哲学から発生した科学を深く勉強することで、彼の信仰は死の直前に
崩れてしまった。モンテーニュの思想は再生を否定するものであり、それに強く影
響を受けたパスカルは、神の存在や来世まで疑うようになってしまった。

どうだろう我々がもしイスラム圏に生まれていたとしたら、やはり来世を信じざる
を得なくなるだろう。日本と言う殆ど無宗教であり、宗教を馬鹿にしたり排除する
国に生まれたからこそ、おかしな日本の「死んだら永久に無」と言う、やはりある
意味での宗教国思想に染まっているのではないか。

「死んだら永久に無」と言う説には、弱点がある。「それならば生まれる前は何だ
ったのかと問いたい。生まれる前も無であったではないか。死ぬと言うことは生ま
れる前と同じ状態になることではないか。モンテーニュの『エセー』の引用文の中
に、「死んだらどうなるのかと聞くが、それは生まれる前に戻ることだと言いたい」
というような文がある。生まれる前と同じ状態になるのならば、この人類と言う生
態系が無くならない限り、人はまた人として再生してくる可能性はあるのではない
か。人類と言う生態系に生まれる基がある限り、人は生き続けるのではないか。

678 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 16:31:49.15 ID:5lSzeJ0o
誰だって死ぬのは怖いよ、そんなのは当たり前だ、
死ぬのが怖くてもみんな頑張っているんだ、とよく言われるけれども、
実際それは嘘でも誤解でもなく本当の事なのかも知れない。

死恐怖症の異常なところと言うのはもしかすると、恐怖の強さや死に対する認識のその内容とかではなくて、
一度恐怖してしまったらその恐怖で一杯になってしまって他の事が出来なくなってしまう、
言ってしまえば、切り替えのきかなさ、そこにあるのかも知れない。

死恐怖症じゃ無い人達も死恐怖症の人達と同じくらい死が怖いんだけど、
いっときそれを忘れて目の前の事をこなす事ができる。
普通はそういう能力がある、と言う事なのかも。

679 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 16:45:22.92 ID:A3l+Fx3b
冗談抜きで幽霊やあの世の話題なんてネット上じゃ笑い話で、
今や小学生ですらネットで簡単にオカルトなんてなくて死んだらおしまいって
無慈悲な事実を調べる事が出来てしまう時代だもんな

昔は子供の時聞かされてショックを受けた真実といえば、
サンタクロースは父親だって事やウルトラマンや仮面ライダーの中には人が入っている事、
赤ちゃんはコウノトリが運ぶのでもキャベツ畑から生まれるのでもなくて
自分の父親と母親がセックスして母親の股から引きずり出された事などだったが
近い将来、この子供の頃知るトラウマの中にあの世も幽霊も生まれ変わりも無いってのが加わるかもな

それこそディズニーランドのミッキーマウスの中に
人が入っているのを知るのと同じくらいの気軽さ、気楽さで
一生涯苦しみ縛られるかもしれない最悪の絶望を知る事になるんだもんな…
科学万能の時代に生まれた事が、俺は逆に不幸だよ

680 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 16:47:49.99 ID:eGE3m4fu
>>676
六道輪廻、つまり人として死んだらまた原生動物に生まれ変わり、そして次第に
高等動物になって行き、魚になったり、豚になったりしながらまた人として生ま
れて来ると言う意味だよ。こうした苦しみから逃れて別の世界に転生しようと言
う意味なんだ。オウム真理教の教義は釈迦が説いた原始仏教とは異なり、浄土教
に近い考え方なんだ。オウム真理教のオウムとは、浄土経の経の訳に「オーム」
と出てくることから来ているようだ。いずれにせよこの地上は穢れた所であり、
苦しい所だから、解脱して極楽に行こうと言うものだ。これはイスラム教スンナ
派に近い思想だ。天国の思想はキリスト教とイスラム教の思想であり、極楽と言
う思想は仏教のうち浄土教の思想から来ているのだ。しかしそんな子供じみたこ
とは優秀な若者は信じないだろう。死んだらアンドロメダ銀河のエイリアンに生
まれ変わると言った方が、余程現実的だよ。あと仏教は浄土教だけではなく、多
くの経に分かれているから、その死生観は多岐に渡る。生物学や地学をしっかり
勉強した学生ならば、天国や極楽などと言う思想は到底信じないだろう。パスカ
ルも天才だったから最期に天国の存在を疑うようになった。ホーキングだって「
天国なんて無い」って言ったじゃないか。ホーキングも死と対峙しながら宇宙の
誕生と死を研究した。そして最後には天国を否定したのだ。

持病を持っていて、常に死と対峙している者は「死んだらどうなるのか」と言う
問題には真剣に考えているのだろう。我々も死ぬ直前までには、この問いに答え
られるようにして置かなければならい。科学は答えてくれない。それならば自分
なりの持論をしっかり持って置かなければならない。我々は年齢を問わず、今年
死ぬ可能性だって十分持っているからだ。

681 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:04:36.65 ID:N5w29UJ9
>>677
>生まれる前と同じ状態になるのならば、
>この人類と言う生態系が無くならない限り、
>人はまた人として再生してくる可能性はあるのではないか。
>人類と言う生態系に生まれる基がある限り、人は生き続けるのではないか。

前世の記憶がないだけで、自分は何度も生まれ変わって今を生きていると仮定したことはある。
最初の原人、いやその前の猿の頃から何十何百と生まれ変わりを繰り返して
時には他の動物や魚、虫にも生まれた事があるのではないか、とも。

だがそうだとしても、我々が死んだ後もまた別人として生まれるとしても
それは精々、後数十億年程度の事でしかないのではないか。
地球という惑星その物が、人類という生命体を作り出せる根本が無くなったら
生まれ変わりなんて希望的観測すらもう唱えられないのではないか。
地球が爆発するか太陽に飲み込まれるまでの数十億年の間に
我々人類は何百回死ぬ?何千回生まれ変われる?
そして、一番最後の地球が壊滅もしくは爆発する直前の時代に生まれた人間は
果たしてどんな事を思いながら死んでいくのだろうか…?

682 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:13:59.64 ID:eGE3m4fu
>>678
>死恐怖症じゃ無い人達も死恐怖症の人達と同じくらい死が怖いんだけど、
>いっときそれを忘れて目の前の事をこなす事ができる。

その通り。モンテーニュは38歳で法官生活から引退して自邸の塔に籠も
ったが、何もしないでいると自分のことに神経が行き過ぎて、自分の死の
ことなどの恐怖に襲われるので、その恐怖から逃れるために常に読書と『
エセー』執筆の日を送ったのだ。モンテーニュも自分が死ぬことを恐れて
いたと思う。なのでギリシャ、ローマの古典や哲学書を読み、考えながら
自分の著作を書いたのだ。人は暇になると自分が死ぬことや、自分の病気、
果ては戦争や小惑星の地球への激突、人類の滅亡などまで妄想してしまう。

「自分は死を恐れない」と言う人がいるが、それは嘘だ。死を恐れるのは
生物全てに共通している本能だ。魚だって捕まえようとすれば逃げるし、
ハエだって叩こうとすれば逃げる。死を恐れなければその種は瞬く間に絶
滅してしまう。

60代、70代、80代までも、現役で仕事をしている人がいるが、それ
は死の恐怖から目を反らためにやっているのだ。野上弥栄子と言う小説家
は、99歳で老衰で死ぬまで現役を引退しなかった。死を直視しながらも
平然としている人は、何か宗教を持っている人だと思う。そうでなければ、
到底暇な生活には耐えられないだろう。

なので死刑囚は、常に死の恐怖に怯えながら、暇な生活を強いられている
のだ。しかし我々もいずれは必ず死ななければならない。つまり自由な身
の死刑囚であるわけだ。

683 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:26:50.26 ID:KOkETmno
しかしモンテニュー程の哲学者も
結局は人間は死ぬ迄なのだとか、
農民の死ぬ迄死を考えない事を賞賛したりだとか
死を克服する様な事を言えないんだから駄目だよな。

684 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:36:46.10 ID:eGE3m4fu
>>681
>地球という惑星その物が、人類という生命体を作り出せる根本が無くなったら
>生まれ変わりなんて希望的観測すらもう唱えられないのではないか。

宇宙には地球以外にも、知的生命体が存在する多くの惑星の存在しているよ。
何も地球に限ることはない。確かに我々の子孫に我々の意識や感覚が死を通して
分離、融合しながら存在しても、地球最後の子孫は、太陽の膨張の熱さに耐えき
れずにもがき苦しみながら死んで行くことだろう。しかし他の天体への意識の移
動は十分考えられる。

しかしそうした苦痛があるのが現実なのだ。我々もいずれは老化して、病気にな
り、病気に苦しみながら死んでいかなければならない。苦痛が嫌ならば、今内戦
の中のシリアの子供たちのことを考えてみよう。以前Youtubeで拷問を受けて銃
殺された13歳の少年の動画を見たことがある。いやこの日本でも、地獄絵図の
時代があった。東京大空襲、広島長崎への原子爆弾投下、神風特攻隊の悲劇、旧
日本軍の内部リンチなどなど。またパキスタンの学校襲撃で銃殺された子供たち
のことを考えよう。

また人間はまだいい方であり、牛や豚に生まれて屠殺される者はどんなに苦しい
ことだろうか。あと生きたまま裂かれる鰻に意識を宿した者の苦痛はどんなもの
だろうか。

いずれこの地球は滅び、子孫は絶滅する。そしてこの宇宙も遠未来には、収縮し
て灼熱の死を迎えることだろう。しかしこの宇宙は死んでも、ビッグバン以前の
エネルギーは残るだろう。そして再びビッグバンを起こして誕生する。これを永
久に繰り返すと言うのが、振動宇宙論だ。また宇宙は今膨張している宇宙だけで
はなく、他にも無数に泡のように存在している可能性もある。

685 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:45:11.67 ID:gIQ/9fdJ
永遠に生きる代わりに時々記憶がリセットされるとしたら何の救いにもならない。

686 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:51:12.88 ID:KOkETmno
しかし輪廻思想なんて、今みたいに科学が発達して無くて、
生物が生まれる理由が分からなかったから生まれてきた思想なんじゃ無いの?
あんまり知らないけど。
21世紀で輪廻なんて言ってもなーと。

687 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 17:59:06.37 ID:gIQ/9fdJ
人間には無意味は苦しみなんだよ。
人生にも意味を求めていて普通それは子孫を残すこと。
子供が先に死ぬとショックが大きいのはこの面がある。

688 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 18:30:03.58 ID:eGE3m4fu
>>683
>死を克服する様な事を言えないんだから駄目だよな。

そう、モンテーニュはその点で失格だな。ただ死を恐れるなと繰り返すばかり
であり、却って恐怖を増大させるばかりだ。そこをパスカルがついて「モンテ
ーニュの誤りは大きい。数々の淫らな言葉。そして異端者かとも思われる死生
観。これはグルネ嬢がいくら弁護しても無駄なことだ」と『パンセ(瞑想録)』
で言っている。

「死を恐れるな、死と親しもう、死は死そのものよりもそれに至る恐怖の方が
怖いのだ」と『エセー』で言っているが全く意味が無い。貴族である彼は腎石
症を癒しにイタリアに長期間旅行までして遊んでいるが、当時の農民の苦しみ
には全く無頓着であり、ペスト流行の時には自分たちだけで逃げている。近く
の農民がペストで死んでいるなかでだ。

パスカルはモンテーニュはキリスト者として死のうとしていないと非難してい
る。そして信仰の中に来世を信じて強く生きて行こうとして、また生きたが病
魔に倒れた時には、神の存在を疑い「願わくば神よ、私を見捨て給うな」と絶
望し自滅して39歳で死んで行った。パスカルの死因は不明だ。モンテーニュ
は59歳まで生きたが、扁桃腺炎で死んだものと思われている。

要は自分が死ぬまで、徹底的に古今東西の哲学書と宗教書を読破して、自分の
頭で考え、自分が死ぬと思われる年齢までには、持論を確立させることにある
のだ。

689 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 18:59:01.45 ID:eGE3m4fu
>>686
いや19世紀の哲学者である、ショーペンハウアーは『余録と補遺』で、輪廻
と言う言葉を使っている。彼は西欧の哲学者には珍しく、大乗仏典をラテン語
訳で読んでいる。

あと『余録と補遺』には、転生と再生を区別していて、転生は霊魂がありそれ
が死を介して他の生命体に入ることであり、再生は霊魂はなく、死を介してそ
の意識が他の生命体に移動することであるとも書かれている。勿論ショーペン
ハウアーのことだから、モンテーニュのそれなら人口の増加や減少はどう説明
するのかと言う反論に、生物の意識は死を介して分離したり融合するものと考
えられる。と言うことができる。プラナリアは脳を持つ扁形動物だが、脳を2
つにすると双頭のプラナリアになる。脳を切った時に始めのプラナリアの意識
は永久に消滅するのであり、と言いたいが、即座にプラナリアの脳は生き続け
ていると反論することができる。

聖書には人は地上に1回のみ生を受けるのみとあるため、西欧のキリリスト教
圏には、人間は死んだらどうなるのか、生まれる前は何だったのかと言うこと
についての科学的研究は全く進まなかったのだ。つまり日本が輸入した西欧科
学や医学は、キリスト教科学であり医学だったわけだ。

霊魂の存在や地上での再生についても元の聖書には書かれていたが、ローマ皇
帝が削除させてしまったようだ。死海文書には聖書の昔の姿が表れていて、現
在の聖書とは違う部分も発見されたようだ。

690 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 19:10:48.59 ID:5ogCCCPV
死にたいと思うことは何度もあったが
今は思わないな。鬱だったのかな。
生への執着や死への恐怖は今も全然無い。
金もないし恋人もいないしな。
気掛かりなのは母親くらい。

691 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 20:00:20.77 ID:OyaZSXKE
ここのやつって一々長いんだよ
完結にまとめろよ

全部飛ばしたわ

692 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 20:04:48.84 ID:eGE3m4fu
>>690
>気掛かりなのは母親くらい。

分かるその気持ち。お母さんは病気か年輩なんだね。俺は一昨年母を亡くしている。
母が死んだらどうしようと思い、一番恐れていたことが起きた。母親が死んだら大変
だよ。

今は俺自身病気で寝ている。心臓の具合が悪い。去年の精密検査では全く異常無しだ
った。酒が心臓を痛めたとのことだった。酒を禁止された上に睡眠薬と神経安静剤を
処方されなくなって、鬱で寝ている。寝不足に因る高血圧と、不整脈の不安の為に、
正に地獄の状態だ。亡き母を思い出すと悲しくなり、酒を飲んでいたことが俺の心臓
を痛めたようだ。

今雨が降っているが、さっきまで幻聴があった。禁酒2日目でこの始末だ。振戦せん
妄と言うやつだ。これは厄介だ。心臓は死の恐怖と不安の影響を大きく受ける為に、
キャッチボールみたいな関係だ。

貴方に死に対する俺の考え方を伝えたから、よく俺の考え方を読んで貰いたい。

老いた母は常に死の不安と恐怖と闘っていた。俺の考え方は理解しては貰えな
かった。俺自身は死に対する考察は既に済んでいるが、俺自身が死に直面して
もきちんとしていられるかどうか分からない。じたばたするかも知れない。大
事なことは、友達を作ることだ。それも同じ死の不安や母親のことで心配して
いる同じ状態の人の友達を作ることだ。インターネットではなく、実際に対面
して話し合える友達の存在が非常に大切のだ。

693 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 20:15:21.70 ID:eGE3m4fu
>>691
つまり命は線分ではなく、円だと言うことだ。キリスト教やイスラム教の生命観は
線分だが、仏教では円だと言うことだ。

ではさらば。

694 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 21:07:40.99 ID:vmTcOatU
長文過ぎるwのと、改行位置がおかしい性で余計に読み辛く・・・

695 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 22:01:25.52 ID:gIQ/9fdJ
まあ、死の話ってリアルでするときないからな。

696 :優しい名無しさん:2015/06/05(金) 22:10:39.96 ID:/gmKK393
>>695
そうなんだよね
リアルでこのこと話せない

697 :正常マン:2015/06/06(土) 01:42:57.80 ID:VNzEHiAC
酒で、ごまかしてる

長文は、読んでない
バカなのだ〜\(^o^)/

698 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 02:20:44.81 ID:LmQKkiK4
誰も気にしていない事を怖がっているんだよね

699 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 07:49:40.22 ID:PRa19rUt
俺タナトゥ発症した時
宇宙が在る事がとても恐ろしかったな、
後自分が存在する事も。
だって無くても良いのに何故か在るって事が恐ろしかった。
論理的に意味が分からないと思うけど、
凄く怖くて、それから自分の存在が歪に見えて吐きそうだったよ。

700 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 08:04:40.20 ID:Ujf2y07+
>>698
隣人が殺人鬼でも知らなければ気にならない。
知れば途端に怖くなる。

701 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 09:46:23.64 ID:NxsJKTaJ
気にしていないというより一度でも気にしたら最後
まともな人生を送れなくなると言ったほうが正しい
死んだらおしまいって事を自覚するのは今の日本だと
意外に早くて小学校高学年〜中学の頃には大抵の人が理解する
それは>>679が言ってるように、日本はインフラもネット環境も整っていて
他の国より簡単に調べ物が出来て真実を知れるというのもある

知った後は、いかにそれを意識せず考えないように生きていけるかが全てだ
何かに打ち込むも良し、遊びまくって現実逃避するも良し
とにかく「考えない」事、それしか道はない

702 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 11:10:52.43 ID:MbqT9XPJ
生まれ変わるとしても記憶がリセットされるなら意味がないとは言え、
しかしそれでも、将来生まれ変わった自分に何とか何かを伝えようと
いろいろ書き残したりする事は、それ自体は不可能ではない。

書店や図書館やで偶然手に取った本は、
以前の自分が今の自分に必死で何かを伝えようとした、その証拠なのかもしれない。

703 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 12:55:00.40 ID:Wr3WSrgF
生きる喜びに満ちているから死を恐れるならまだしも陰鬱に悩みながら怯えるとは我ながら馬鹿な話だね。

704 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 13:31:53.20 ID:LmQKkiK4
>>700
その例えは違うと思う

705 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 18:48:37.94 ID:L84NQJFL
なんでもっとスカッと生きねぇのかな・・・

死ぬことを決意しろ・・・ 道はそこから開かれる・・・・・

706 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 20:52:21.87 ID:7FYA7rHc
死が他の怖いことと一線を画すのは
他の怖いことは何度も体験すれば慣れて怖くなくなるけれど
死は死んだら終わりだから慣れようが無いことなんだよなぁ。

707 :優しい名無しさん:2015/06/06(土) 21:16:52.21 ID:PRa19rUt
この世界で生きる事だけに意識を集中していられる人間は
心底羨ましいな。
多分ネット右翼なんてのもそういう人間だろうな。

708 :優しい名無しさん:2015/06/07(日) 17:27:04.44 ID:2a/0V3Nw
最近は時が過ぎて行くのが本当に恐ろしくなってきた。
子供の頃の無邪気な自分が懐かしい反面、あれから過ぎ去った時間を考えると頭がおかしくなりそう。
でもそんなことを人に話しても変な奴だと思われるだけなんだよな…

709 :優しい名無しさん:2015/06/07(日) 20:42:24.77 ID:OdViDkRF
死が永遠の無であるなら
自分の幸せ、安心、快感を守るためには
避けざるをえない。

710 :優しい名無しさん:2015/06/07(日) 22:01:43.56 ID:APge4ZbD
漫画とかアニメが世の中に溢れていて、
様々な夢を紡いでいるけど、
現実には死という巨大な虚無が存在してるのが何か不思議だな。

711 :優しい名無しさん:2015/06/07(日) 22:31:27.47 ID:APge4ZbD
後こういう事書き込むと反発する人もいると思うけど、
もう人類が歴史を紡ぐ意味はあるのかな?
人間も所詮は原子の塊であると分かった今となっては、
いつ地球に大異変が起こるとしても、それ迄生きて死んでをくく繰り返す
必要は無いと思う、生物が誕生したのだって、
そういう化学反応があったってだけだもんな、それならもういいんじゃ無いかと
思うな。

712 :優しい名無しさん:2015/06/07(日) 23:40:16.05 ID:xQZGhhNR
>>710
むしろ日本でこれだけ漫画・アニメが一般に浸透して
ジャパニメーションが海外にも流行りだして世界一のサブカルチャー大国になったのは、
科学水準・教育性が共に高く、無神論が蔓延しオカルトを否定する国民性だからこそと思っている。
八百万の神を認め仏壇を拝み、墓参りにも欠かさず行きながら
その実、神もあの世もご先祖様も信じてはいないし信じられない人達が多い、この国ならでは。

現実に無いのを解ってるからこそ、そしてあってほしい、存在してほしかったと願うからこそ
人はフィクションを求め、空想妄想嘘偽りに想いを馳せて物語を見て、読み、創る。
魔法や超能力にファンタジーや変身ヒーロー、そして……幽霊。
フィクションの世界では漫画でもアニメでもドラマでも幽霊やあの世があるのが当たり前だ。
だからこそ人はフィクションに羨ましがり、フィクションに感情移入するのだろう。

713 :正常マン:2015/06/08(月) 00:51:06.68 ID:qOgEjyF9
酒飲もう!\(^o^)/

714 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 01:01:47.43 ID:M3tlzOoH
そもそも目的もなく生まれた人間が本当は目的もなく生きているだけなんだよな
子孫を残すことが目的だとしてもそれが人が生きる必要性にはならない
今必死に勉強したり働いてることだって、意味を持たせたのは今までの歴史とか社会的体裁なわけで本当はなんの意味もないよね
ただ生きるための過程に歴史ができてしまった
とりあえず生きるため生きるために必死になって来たから目的とか理由とか考えなかったんだろう

ただ今は違う
昔ほど努力しなくても生きることができてしまう
でも将来的なことを考えると勉強とかしないと生きていけないし大人になれば働かなければ生きていけない(本当はそんなことしなくても生きるだけなら出来ると思うが社会的体裁がそれを邪魔する)
だけども昔より努力が必要なくなったのは事実だからこそ、こういう考えが出来るようになってきたのかも
ようするにようやく人類は自分たちの本質的な存在意義を探すことができるようになるんだろう
時代が進めば>>771みたいに考える人も増えてくるはず
人間はなんで生きてるか意味を探すために生きるのか、それとも意味はないと結論に至って世界は滅ぶのか
いずれそうなるのか

なんか訳わからんくなってきた
こう考えちゃう自分が怖い
ずっと考えてたら今自分のやってることのすべてが意味のない行為だと結論づけてしまいそうだ
怖いって思うことは自分も今の生活が何だかんだで心地よくて壊したくないんだろう
俺も洗脳されている

自分のなかに2人人がいるみたいだよほんとに
おまえら助けてくれ俺は可笑しな人間じゃない 人に頭おかしい奴だって思われるのが怖い

715 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 01:25:55.25 ID:3yKtOhuE
子孫を残したくない喪女タナトにとっては良い話だった
なんか少し落ち着いた
ありがとん

716 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 04:28:45.23 ID:mIoONG/8
つーか、子供を残すのだって、
社会的体裁だとかだったり、
女は子供を生む事に強い快楽を感じるからだろう。
生物学的に観ればそういう種は繁殖しやすかったんだろうな。
芥川龍之介が言ってたけど、私は古い酒を愛する様に古い快楽説を愛す、
人間は所詮自分が快楽だとする事意外はやらないよ。
俺は別に子供を生んだら凄いとか思わない、ただ子供を生まないよりも
子供を生む快楽の方が勝っただけだからな。

717 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 08:03:12.53 ID:f4zHmnLo
条件が揃えば星が生まれるように、条件が揃えば命も生まれる。
必要がないからやめるという訳にはいかない。

718 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 09:34:16.90 ID:J7UcHNeZ
>>714
過去に同じ事書いた人がいたけど
タナトになった後の思考、副次的被害で一番厄介なのは虚無的、厭世的な性格になる事

まず最初にあの世がない事や人間も脳という物理的な器がなければ
存在を許されない脳内のちっぽけな電流でしかなく、
何十億人いてもただの現象に過ぎない事を知る事から始まって
世界や惑星や宇宙全てが作られたのはただの偶然に過ぎず、
この世の全てに目的も意味もなく、大宇宙の意思とか神の見えざる手みたいのは存在せず、
意味や意義や目的や理由や必要性なんて概念を求めるのは人間だけで、
宇宙は「偶然」生まれて、地球も「運良く」そのように作られただけで
人類も「たまたま」こんな風に進化して数が増えただけ…

死んだら終わりという「個人」の恐怖から

宇宙も含むこの世の全てに意味がないという「全
体」の否定まで
考えが進み、これがとてつもない虚しさ、虚無感を生み
生きている事の馬鹿馬鹿しさまで思考が直結する

719 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 10:00:35.04 ID:4XaarSEC
>>689
もし俺という人間を脳の記憶まで完全にコピーして二人にした場合、
意識はひとつなのかと考えるとそんなわけはないと思う。

場所が異なる以上意識は別じゃなきゃいけない。
だって場所が違えば行動も違うわけで別の意思決定を下さなければならないから。

では一人の体に別の人間の脳をふたつ詰め込んだら、その意識はひとつになるだろうか。

勿論目や鼻、耳などすべてひとつを共用する。
この場合は意識はひとつに統合されそうな気もする。

でもひとつの体に脳を完全に入れ替えればそれは別の意識になりそうだ。

よくわからなくなるが意識というのは単純に数で数えられる性質のものでは
なさそうだということはなんとなく感じる。

720 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 10:20:11.20 ID:4XaarSEC
ところでなんだけど、みんなにとってこの問題はどうだったら解決になる?
20歳くらいの肉体で永遠に生きられて宇宙もこのまま永遠に続けばOK?

721 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 10:26:30.23 ID:nu4C4uG/
>>718
タナト患ってからの

死んだら俺のやってきた事全部無意味

俺だけじゃなくて全人類も全生命も地球も宇宙も全てが無意味

誰が何をやっても無意味、人間がいなくなったら宇宙を観測する者すらいなくなって本当に無意味

このコンボの破壊力は異常
タナトになった事ない人間には決して理解されないかもしれんが
勉強する気力とか働く意欲とか将来の夢や希望とかの、未来を夢見る力を全て奪う

722 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 10:31:23.43 ID:6qVdq5Eq
>>718
こんなことおおっぴらに言えないけど、
アルジャーノン見てると、頭良くなりすぎるのも良し悪しなんだと思った。
ここで書いた頭良いってのは、ドラマでやってる天才的なIQのことではなくて、
知的生命体になってしまったこと。
知的障害者がいいとは言わないが、
動物に近ければ近いほど、不満や不安は抱かずに、
その場その場の状態だけで生きていけるんだろうなぁと、
ドラマ見てて思った。
人間以外の動物
(でも比較的哺乳類は人間と似た感情があるように思うから、それ以外かな)見ててもそう思う。

723 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 10:52:21.17 ID:oJPN8xnX
>>720
自分や宇宙だけが永遠に続けば良い訳でもないんだよ。
いつか地球が爆発したら、不死身だとしてもジョジョのカーズみたいに
宇宙空間に放り出されて考えるのをやめなけりゃならなくなるし。
自分だけではなく、何兆年経っても滅びない惑星に自分以外にも不老不死の人間が多くいて、
何億年経っても基本的には変わらない文化や生活を続けていられる世界が理想なんだが
こうして文字に起こすとあらゆる意味で本当に夢物語だな。

>>721
死ねば築き上げてきた全ての知識も財産も失うという
当たり前の事実は当たり前のように努力や向上心を奪うよね。
その当たり前に気付いても見て見ぬふりをした者だけが、老後に財を残したり歴史に名を残したり出来た。
若くしてこの絶対普遍の事実に気付いた者の中に、
ニートや引きこもりや無職等のドロップアウト組がいたとしてもおかしくない。
そんな事(タナト)でドロップアウト!?と世間は嘲笑するだろうが、自分だけは笑わないで同情する。

724 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 11:05:29.68 ID:4XaarSEC
>>723
なるほど。

動物の食ったり食われたりも嫌だしこの際光合成で生きれるように改良して
みんな特に働かなくても好きなことして永遠に生きていける状態にするって
どうかな?

725 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 11:16:47.41 ID:nu4C4uG/
>>723
実際働いている人間のほとんどは世間体とか名誉の為ではなく
金の為に、つまり食う為に、つまり生きていく為に働いているんだと思うけど
タナトにかかるとこの生きていく事自体の無意味さまで考えてしまうのがヤバいんだよね
親に楽をさせたいとか、他の連中を見返したいとか、あの会社に入って新しい何かを開発したいとか
将来に目的や野望がある人ほど努力して出世して願望を現実に変えていくのだろうけど、
「死んだら無意味、自分の残した功績すら自分で確認できない」という事実は
その頑張る心すらポッキリ折りに来るんだよね…

726 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 11:27:43.69 ID:oJPN8xnX
>>724
一番の理想は時間や記憶すら操って、
平和な時代を不老不死で生きて、何万何億年かかってもいいから
この世にある全ての物事を知る事かな。
全ての書物、全ての映画やドラマ、全ての現実に起きた事件や歴史を知りたい。
人間が他の生命体と違うのは知識欲、探究心がある所だから。
知る事が無くなったり飽きたりしたら、他の動物と同じだ。
何億年も生きて知る事がなくなったら自分の記憶を一部消してまた過去に戻る。
そしてまた新たな気持ちで同じ事を知る。

…時間や記憶操作なんて必要な時点で尚更夢物語だし
結局同じ事を繰り返すだけで空しいけどね。
それでも、同じ事の繰り返しになるとしても、死ぬよりは、消えるよりはマシなんだ。

727 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 12:27:21.18 ID:f4zHmnLo
この世の全てが無駄で、死の恐怖から逃れる目的なら必死に何かするのと酒でも飲んで寝てるのに差はない。
しかし仮に生活に余裕があっても割り切って寝て過ごすのは人生を無駄にしている気がする。
この矛盾。

728 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 12:38:10.84 ID:ZIlOkfEe
恐怖は予想の中に存在する。
今この時には恐怖は存在しない。

729 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 12:53:28.28 ID:4XaarSEC
>>728
案ずるより産むがやすしってことね。

730 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 12:54:48.32 ID:4XaarSEC
>>726
探究心か…それが人間の本質なのかもしれないな。

731 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 12:57:03.40 ID:4XaarSEC
能力や命に限界がある生命に与えられた探究心はもはや呪いではないか!

732 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 13:47:46.22 ID:xy7eUTj5
>>728
いいことばだな

733 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 15:06:53.03 ID:mIoONG/8
人間は欲望があるから苦しむって
釈迦が言ってた

734 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 16:46:09.23 ID:WjE16777
>>725
俺なんか中学一年の時にネットで死んだらどうなるのか興味本位で調べて、
調べた結果当時は気にしなかったけど、よりにもよって大学受験の時にそれ思い出して
死んだら全て台無し、良い大学入って良い会社入って出世して部長になっても社長になっても
美人の奥さんと結婚しても御殿のような家建てても部下をどれだけ従えても
死んだら何も残せないという思考に頭の中を縛られて、それで本格的にタナトフォビアになった

その後は受験勉強も手に付かず高卒で地元の会社に就職したが
仕事中も出世しても努力しても、死ねば無というのが常に頭の片隅にこびり付いて離れなかった
結局2年で退職して、今は親父のやってる飲食店の手伝いをやっている
地元で祖父の頃から50年ぐらい続いてる地元民が絶えない店だから
ここで働き続けていつか跡を継げば、食うに困る事はないと思う

でも、こうしている今でも自分の命に意味も価値も無いという思考が離れない
意味もなく生まれて、意味もなく働いて、意味もなく生きて、意味もなく死ぬ
こんな考えのまま店を継いだ俺が作った料理を、地元の他の人たちは美味いと言ってくれるだろうか?
働いている時だけが、死の事を忘れていられるから働いているのに
親父が死んだ後にいつか自分の歪んだ精神が元で店を潰してしまいそうで怖い

735 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 16:50:42.09 ID:4XaarSEC
>>733
実は俺もそのとき一緒に聞いてた。

736 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 17:29:24.57 ID:nu4C4uG/
>>734
タナトが原因で働く意欲や生きる目的を見失うのって、
親にも上司にも相談し難いし愚痴る事もできないってのが辛いんだよな
自分も身に覚えがあるにも拘らず、こうして客観的に見た場合の言い訳としては下の下だと思うし
「死んだら全部パーになるんで働くのが辛い」等と言った所でまず間違いなく、

甘ったれた事言ってんじゃねぇ!! と怒鳴られるのがオチだ

それを自分で解ってるから、誰にも相談できないし語る事すら出来ない
精神科医に言った所で根本的な解決にはならない
一番辛いのは、タナトを怠ける為の方便だと思われる事だな
怠けるつもりはない、働かなきゃ生きていけないんだからそりゃ働くさ
ただ、もう偉くなろうとか良い思いして高い物買って美味い飯食おうとか全く思わない
全てのやる気や向上心や出世欲は死んだらおしまいと気付いた時に消え去った
本当に、死にたくないから生き続けているだけだな…生きながら死んでいるのと何ら変わりない

737 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 17:35:54.97 ID:mIoONG/8
皆ももしかしたらそうなのかな?
俺はタナトゥになる前は死んだら無だろって思ってたけど、
俺がタナトゥを発症して変わったのが、頭だけの理解じゃ無くて体の底から
死んだら無だって感じがするんだよな。

738 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 17:45:07.33 ID:mIoONG/8
後俺これ発症してから、障碍者とかに対する差別とかが無くなった。
釈迦が老人を見て、自分の若さに対する驕りが無くなったって
言ってたけど似たようなもんかな?
ちょっと待て!!あいつも俺も死ぬやん!!みたいな感じ。

739 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 18:00:47.31 ID:f4zHmnLo
仕事の嫌なところは時間を取られることってのはある。
通勤時間とか。

740 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 19:18:43.50 ID:CwaO0MFR
本当に人間性破壊される一歩手前まで精神追い詰められた事もあるし
働く意義とか意味なんてとうに無くしてるし貯金も親の遺産もそれなりにあるけど、
それでも暇になろうとは思わない。
暇になることが、考える余裕がある事が何より怖い。

タナトから精神壊して職を失って生活保護…なんてケースの人もいるかもしれんが
それは何より不幸なパターンだと思う。タナトぐらいで生活保護かと
健常者に叩かれる事よりも、そのあり余る暇、何もせずに考えていられる余裕が、逆に毒だ。
考える余裕がないほど何かに没頭していたり、働いている時が一番幸せなのかもしれない。
少なくとも他の事柄に集中したり没頭している時だけは、死の不可思議や理不尽を忘れていられるから。

741 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 20:50:20.98 ID:nu4C4uG/
>>740
俺、タナトにかかる前に人生の勝ち組ってどんな奴なんだろうって想像した事あって
その頃は貧乏は問題外として、金持ちや会社の社長だとしても
そこに至るまでに人一倍苦労したり、権力と財産手に入れた後も働き続けて
自分のやりたい事やれる暇や余裕が出来るのが50とか60歳になった後じゃ意味ないじゃねえか、
若い内に働かずして一生遊んで暮らせるほどの金を手にしている奴ぐらいしか
真の勝ち組なんて存在しないんじゃないか?なんて思ってた訳よ

でもタナトになった今思えばありゃとんでもない間違いだったな
若くして親から譲り受けたマンションの家賃収入だけで一生働かず暮らせるとか
普通に生きている人なら理想の生活だが、タナトにとっちゃ暇があればあるほど
考える時間が増え、タナトの反動も濃く強くなるんだからな
今の俺にとっての人生の真の勝ち組は、「死ぬ瞬間まで死の事を考えないで生きていける奴」
ズバリこれしかないな、つまりイスラムのテロリストも俺に言わせりゃ十分勝ち組だ

742 :優しい名無しさん:2015/06/08(月) 23:04:29.96 ID:ZtJw4j5m
時間に追われる人生の最大の利点は、「死とは」「私が存在しているとは」「善悪とは」「生きる意味とは」
という馬鹿げた問いに振り回されずにすむことである。それは、ほんとうに幸せなことだ。 (中島義道)

743 :優しい名無しさん:2015/06/09(火) 00:15:06.74 ID:IdW1vzCJ
酒で解決が正解か。

744 :優しい名無しさん:2015/06/09(火) 07:46:35.97 ID:ZYaW5iLb
人は何かをする場合、良いことが見込めることしかしないと思うんです。
百害あって一利なしと思うことだったらしないでしょう?
死におびえることも、何かメリットがあると思うからしているのでは?

745 :知らなかったのか?名無しからは逃げられない:2015/06/09(火) 14:41:44.55 ID:uIr1mEkk
怖い嫌だと耳を塞いでも、聞こえてしまうのが魔王の囁きなのだよ(シューベルト:魔王)

746 :優しい名無しさん:2015/06/09(火) 21:40:28.32 ID:IdW1vzCJ
死ぬのは怖いが老人を見るとなあ…
この世は地獄かと考えさせられる。

747 :優しい名無しさん:2015/06/09(火) 22:11:22.92 ID:IQyZYTuE
>>746
死が本当に身近に感じられるような年齢になるとどんな気持ちなんだろうね
怖い

748 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 00:24:22.27 ID:PFPSmHQ9
100年後には確実に存在しない

749 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 02:12:43.72 ID:MP9YtRSy
6月7日の「健康カプセル!ゲンキの時間」で不安解消に効果があるという
情緒安定物質セロトニンを出すには
バナナを食べるのが良いと言われていました。
バナナにはセロトニンの材料になるトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物が
バランスよく含まれているのだとか。
一日一本、良く噛んで食べると良いと言っていたと思いました。
あと、ネットで調べてみたら
バナナと牛乳の組み合わせが良いと言われていました。

750 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 02:23:06.99 ID:NyFPnidJ
ずいぶん前に貧困老人テーマにしたドキュメンタリー番組を見てたら末期癌で寝たきりになった爺さんが
出てきてさ、今後の治療をどうしたいか医者に聞かれて「命ある限り延命して下さい」って答えてた。
ROMしてた実況板じゃ生汚いだの社会保障費の無駄遣いだの散々な叩かれっぷりだったけど、もし自分が同じ
立場だったら同じ様に答えてただろうな、その頃には今よりもっと老人に風当たりキツイ世の中になってるだろうから
随分周りに嫌がられるだろうななんて思ったなあ

751 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 05:12:45.49 ID:3449pIo4
葬儀業界で働いてみては
私もそうだけど、小学生にもならない頃に記憶にもあまりない曽祖父母の葬儀に参列して以来人の死に触れてなかった
テレビや漫画なんかのメディアで見る死は恐ろしいものばかり

この世界で働き始めてから死が自然なものに感じられるようになった
恐れるより、生きてるうちを精一杯生きて、家族が生きてるうちも親孝行して、
自分が見てきた中でも心に残ってるような温かい葬儀で送りたい、自分も送られたいと思った

752 :正常マン:2015/06/10(水) 05:51:22.00 ID:sVxSnYHE
死んじゃうものは、死んじゃうから酒飲もう\(^o^)/

753 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 06:14:07.64 ID:mo4weZWl
まあ大抵は自分の番が来れば死にたくないってことになるんだがな。
自分の死と他人の死はまるで違う。

754 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 06:40:15.13 ID:BN92IvV8
>>753
これが真実だろうな
他の板であの世とか幽霊の話題のスレが立つ度に
脳がどうのこうの云々かんぬんとか人間も機械のようなものと理屈唱えたり
幽霊信じてるなんて馬鹿じゃねーのwww死んだら無だよ無wwwwwww
等と死後の無を気安く他人事のようにほざいてるような奴は、
自分もいずれ100%そうなる事を意識して喋ってないのだ
目の前に自分の死が迫るまで無の恐怖を知らずに無の事を笑いながら語り続けるのだろう
俺にはとても出来ない、無の怖さを思い知ってるから他人に気安く語れない、例え事実だとしても

755 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 09:47:28.39 ID:6QSwNdmA
>>754
日常に没頭しているときは忘れるが、夜一人のときとかに
急に無の恐怖が現実味を帯びて襲ってくるんだよね。

この世界が一体なんなのか全く理解ができない。

756 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 13:27:23.02 ID:Knb3gcDU
無は全然恐怖じゃない。
死後の世界とやらがあるならそっちの方が怖い。

757 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 13:44:40.55 ID:NY3Hbz1N
死んだら無になるんだからって
死後の世界、神や宗教観のない人も
死を目の当たりにした時だけは別だね
身内が亡くなれば手を合わせるだろうし
自分が死んだらゴミと一緒に焼却炉放り込まれてもいいとは思わないだろう

葬式なんてなくてもいい骨は海に撒かれたい、
好きな場所に埋まりたい、
あるいは鳥葬がいいなんて厨二ぶっても
死など無だと言いながらそこに何かの願いや神秘性を求める訳でさ
死後の世界、神や宗教は結局、有無はさておき
生きてる人が作り、生きてる人の物の考え方、救いとして生まれたのだから
科学的にあり得ないなんて捉えることはナンセンスだね

758 :優しい名無しさん:2015/06/10(水) 15:34:32.04 ID:+OHN0YUa
「宗教を信じること」と「遺体に対して畏敬の念を抱くこと」は別問題だと思う。

後者は、人間が生物だけでなくしばしば無生物に対しても抱く「思い入れ」や「感情移入」に起因するものもあり、
必ずしも前者の影響によるものとは限らない。
単なる機械に過ぎない“はやぶさ”が使命を終え大気圏に再突入して燃え尽きた時に、理系のエンジニアたちが
涙を流したように。

理性では「機械には自我や魂は無い」とわかっていても、人間のために働いてくれた機械が最期を迎える時には
ねぎらいや感謝の言葉を掛けずにいられない。
理性では「生命活動を停止した遺体は廃棄物に過ぎない」とわかっていても、感情面では死体をゴミのようには扱えない。
愛する親族の遺体であればなおさら。

それらは決して矛盾することではないし、人間の豊かな想像力や共感能力の賜物だろう。

唯物論者である俺も親族の遺体をゴミのように捨てることなどできないが、あくまでもそれは自分が感知できてしまうからだ。
自分が感知できない自分の遺体については、ゴミとして処分してもらっても一向に構わないと、強がりでも格好付でもなく
本気で思う。

759 :優しい名無しさん:2015/06/11(木) 14:38:01.46 ID:V37HhqIs
所でここの奴って欝でそういう考えになってる奴はいるんじゃ無いの?
俺ssri飲んだら少し楽になったよ

760 :優しい名無しさん:2015/06/11(木) 15:12:23.54 ID:+c4Qg+RN
薬を飲むことで死について考えなくなった訳ではないが、
死についての考えで日常生活に支障が出ると言うのは確かになくなった。

761 :優しい名無しさん:2015/06/11(木) 15:16:34.07 ID:6Rit24Jo
>>760
薬は何飲んでるの?

762 :優しい名無しさん:2015/06/11(木) 15:23:44.64 ID:jE39Gwfs
普通の人が遊んだり働いたり家族や友人と話したり騒いだりして
色んな事をやって紛らわしたり誤魔化したり忘れている死の恐怖が、
薬を使わなければ忘れられない所まで追い詰められているのがタナトとも言える

763 :優しい名無しさん:2015/06/11(木) 19:31:15.01 ID:+c4Qg+RN
>>761
ごく一般的なジェイゾロフトです。

764 :優しい名無しさん:2015/06/11(木) 20:43:04.80 ID:HCUPEy1a
俺を信じろ

765 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 04:21:46.57 ID:t2PBqU3P
普通の人がなんとも思わない事に必要以上に恐れ怯えてる。
病気なんかじゃなくただのゆとり放っておけばいい。

766 :正常マン:2015/06/12(金) 05:28:39.17 ID:xUoNZe+v
酒飲んでごまかしてる

767 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 06:14:05.26 ID:RBUCRAu0
神や死後の世界や輪廻転生を信じてるが、それら含め全てが無意味で虚しいと思ってる奴はいないの?
あくまで死んだ時点で全て無なのか

768 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 13:04:56.56 ID:VSkmaNnR
あの世や神や生まれ変わりを信じているのなら、
そもそもタナトになんてなっていないしこのスレに書き込む事もないだろう

それを信じてたり存在すると思った上で虚しいと思っている人なら
その人は虚無主義や厭世主義だとは思うが、タナトではない

死んだら無→タナト発症→虚無的厭世的になる人はいても
虚無的な考え方からタナトを発症して死ぬのが怖くなる人はいない、順序が違う

769 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 13:35:02.87 ID:RBUCRAu0
なるほど。

770 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 15:10:51.00 ID:/klI+ivv
「どうせ死んでしまう」ことを知りながら、人はなぜ発狂しないのであろう。
この疑問に対する答えは一つだけである。
それは、パスカルの言うように、「死」を見ないように、考えないようにしているからなのだ。

771 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 19:29:09.86 ID:ZFTQQlYC
見ない考えないようにしている、じゃない
見てない考えてない、そうしたこともない、だ
人生経験値が貧弱なんだよ
その上鬱の時は、こんなんじゃ生きていけない…と死がよぎるから恐ろしくなる
やたらポエム投下してるのもいるが
ただそんだけだ
考えることないからポエムばかりになる

772 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 20:05:47.04 ID:Jicqdh9c
お前等もssri飲んだら?
プロザックを飲んだけど効いたよ

773 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 20:20:31.30 ID:hQ9Tk8Od
>>772
ゾロフト飲んでるけど
タバコやめたのが効果でかかったわ
鬱だわ生活酷いわで腐ってる時に吸うと
やたら絶望と恐怖の気分になってガクガクしたからな
あと仕事復帰したのも効果大
ダメになると死が怖くなるってのは本能的に適切なんだろうな

774 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 20:55:16.73 ID:413qy8yW
なぜ宗教に走らないのか。
あくまでも合理的な仕方で、完全に理性的に納得して救われたいからである。
救われないなら、せめて私が投げ込まれたこの残酷さを誤魔化さず、
それを噛みしめて生きたいからである。

775 :優しい名無しさん:2015/06/12(金) 22:56:24.50 ID:CHSoSyFk
火の鳥再度読みました
やはり火の鳥はいいですね、火の鳥を読んでタナトフォビアが再発すると言う人がいるようですが
逆に治まる人もいると思うのです、いますか?

776 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 07:11:41.34 ID:q/l4kN9w
俺は今25で最近発症したんだけど、
正直中島義道が羨ましいよ。
だって彼は幼くしてタナトを発症して、タナトと戦う哲学者って道を選べたけど
俺みたいに遅く発症した人間はそんなの無理だからな。

777 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 07:48:17.40 ID:q/l4kN9w
後中島の羨ましいのは、
これを発症してから人生が無意味だってのが骨の髄迄理解したので
タナトと向き合う哲学って道以外は自分を騙すって感じがするんだよ。

778 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 11:56:29.36 ID:bDP3oKJf
細胞一つ一つに意識はある。無いと考える方が不自然。
それらがまとまって大きな一つの塊になっているのが、自分達個人の意識。

生まれ変わりなんて無いが、かといって死んでも無ではない。
それまで抑圧されていた一つ一つの意識にばらけるだけ。

細胞もばらければたんぱく質の意識に。
たんぱく質もばらければアミノ酸の意識に。

779 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 14:23:59.71 ID:Mv+2OSRu
>>778
妄想はいいから

780 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 22:09:55.80 ID:6wt9Ek2c
哲学者なんか目指さんでも
おまえはまともな社会復帰して
カスみたいな生活習慣正せば
どうにかなる道があるだろ
ていうかカスなのがそもそも原因だろ

781 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 23:08:06.33 ID:Kff0WKBj
>>775
火の鳥読んでみたいけど読む前に心の準備をしておきたい
どういう話で、どの点にタナト誘発がある?

自分ははだしのゲン、笑うせえるすまん、死刑囚人もの
これらにとてつもなくタナトを誘発する何かを感じるので避けてるが
火の鳥はジャンルが大幅に違うので謎だ

782 :優しい名無しさん:2015/06/13(土) 23:37:28.71 ID:c3Ax3WZv
火の鳥は基本的には死後の世界に近い物がある設定で書かれてると思うけど

783 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 00:08:05.67 ID:TLS28x5e
ホリエモンのインタビュー読んだら
自分は死なない前提で生きてると言っていたな

784 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 00:38:09.26 ID:5gIY81Kg
例えば車に跳ねられて意識失うまでの数分間、
包丁で刺されて出血多量で意識失うまでの数分間、
そういう状況になって初めて人は死の恐怖を脳内に充満させる訳だ
激痛と共に意識するから言葉にすると
痛え!い、嫌だ死にたくない怖い痛い死ぬ痛い消える痛い痛い嫌だ痛い痛い痛い
みたいな感じなのだろうか

癌を宣告された人はその時点から死の恐怖を意識すると思うんだが
これも期間が長い分恐怖が薄く長く引き伸ばされて
最期は病院のベッドの上で内臓の激痛と息苦しさにまみれながら死ぬのだろう
癌患者は、否認→怒り→取引→抑鬱→受容という
死への五段過程を経ていくそうだが、タナトを患った者が
果たして死を受容できる境地に至れるかどうか…

785 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 00:55:09.88 ID:V2h1xVth
>>781
個人的な感想だけど、不死を願う人類の愚かさを描いてるような気がしたよ
読んでいて哲学的な問答をしたくなるような感じだから、タナト誘発にはならないと思うな
ぜひオススメだから読んでほしい、今後の人生を生き抜く中で何かヒント得られるかもしれない

786 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 11:04:43.97 ID:bpgxyejP
幼少の時になる人、思春期でなる人、爺になって初めてなる人いろいろいるけど
いつどうして何がきっかけでなるんだろう

俺は小学生の時マンガのデスノート読んだのがきっかけだったと思うんだけど
他人の体験談を調べると幼稚園児の時の祖父の死とか、岸本英夫みたく50代で癌になってから初めて
体感的に意識してしまうようになったとかいろいろなんだよね

787 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 11:40:46.12 ID:PICDE8x0
デスノートのキラが死ぬ話でタナトになった小中学生かなり多いと思うんだよね
最も子供が読む雑誌で「死んだら無である」と事実現実叩き付けた漫画あれしかないんじゃないか?
その台詞出す前に散々キラが死に怯えて泣き喚く姿と
死んだ顔のドアップ、死後の無を連想させる見開き2ページ使った真っ黒なページ

788 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 13:48:53.36 ID:O+hnKoHT
グレッグ・イーガンの小説『ボーダー・ガード』には、ある方法によって
全ての人類が死と苦痛から開放されてから数十世紀を経て、誰もが不死の人生を
当たり前と受け止め謳歌している時代に、それを可能ならしめたテクノロジーの
開発者である女性(7594歳)が次のように回想するシーンがある。

--------------------------

その人々は要するに、不死に反対していたのよ。
一万年にわたって築かれてきた詭弁は、ひと晩で消えうせたりしないから。

それまでの人類の文化という文化は、死と折り合いをつけるという問題に膨大な量の
知的努力を注ぎ込んでいた。
大半の宗教は、死についての手の込んだ嘘を築きあげ、死をじっさいとは違うものに
見せかけてきた――もっとも、人生のほうについて嘘をついた宗教もいくつかあったわね。

そして、哲学の中でもっとも宗教とは縁遠いものでさえ、『死が最後には勝利する』と
主張せざるをえなかったので、ゆがんだものになってしまった。
それはもっともわかりやすいかたちの自然論的誤謬だったけれど、それがわかっているからといって、
不死への攻撃がやんだりしなかった。
どんな子どもにも、死は無意味で、不意に起こる、不当な、言葉にできないほどいやなものである
ことはわかる――だとしたら、その逆を信じることが、高邁な思想の証明になるというわけ。

作家たちは何世紀ものあいだ、不死人が死にあこがれ、殺してくれと懇願するという、
ひとりよがりで禁欲的な寓話を書いて、不死でない自分をなぐさめてきた。
死が追いはらわれたという現実に突然直面させられたすべての人に、いままでは
死がこわくないフリをしていただけだと告白しろといっても、無理だったでしょう。

789 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 13:49:58.79 ID:O+hnKoHT
じっさい、自称倫理学者たち――その大半は、列車が遅れたとか、ウェイターが無愛想だった
とかいう程度のことが、人生で経験した最大の問題だというような連中だったけれど――が、
この忌まわしい不死という病によって人間の精神が破壊されるといって嘆きはじめた。
人間には魂を鍛えるために、死と苦悩が必要なのだ! 心底ぞっとするような自由と安全ではなく!
(中略)
この連中は、来るべき時代を、殉教者も、聖者も、革命家もいない時代だといって非難した。
(中略)確かにそれは喪失にはちがいないけれど、そうした偉大な指導者たちは、永遠のヒロイズムに
ふさわしい背景に必要だからといって、人類に永遠の悲惨さを運命づけようなんてしたかしら?

--------------------------

790 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 13:50:28.26 ID:O+hnKoHT
この作品でイーガンは、不死テーマの作品によくある、
「限りある命だからこそ、人は精一杯頑張り、他の命に対する思いやりや優しさも生まれる」
という王道的論調を一蹴している。

死は人間にとって本当に必要不可欠なのか? 
死なずに済むなら、それに越したことは無いのではないか?
人々が不死になれば、社会形態や価値観・倫理観は変容し、ひいてはパラダイムシフトが生じて、
死ななければならなかった時代の人々の心情を理解することができなくなるかもかもしれないが、
はたしてそれは人類にとって不幸なことなのか?

この作品の中で人々は、心行くまで学究に打ち込んだり、量子サッカー(文系の自分には
何度読んでもどんな競技なのか理解できなかった)に興じたり、あるいはセックスしたりして、
不死の人生を謳歌している。

ただし、“どこまでも深く広くなる人間関係のジャングルの中で窒息死したり、同じ役者たちが
いくつかの同じ劇を順に上演している一座に埋もれて、いつまでも同じセリフを機械的に
しゃべりつづけることになる”ことを防ぐために、人々は、ある場所である程度の期間を過ごすと、
“家”を焼いて、別の“都市”に引っ越すのがこの世界の慣例になっている。
そうやって蓄積したしがらみをリセットし、定期的に仕切り直して新たな生活を始めるのだが、
そのせいで、昨日までの親友が、ある日を堺に無数(この時代の人口は10の16乗)の他人の
うちのひとりになってしまい、二度と会えなくなることもある。
それが不死世界の住人にとっての“ささやかな死”と言えないこともないが、一方で、
“ほんとうの死”も知っている前出の7594歳の女性は、「そのふたつの死は同じものではない」
と断言する。

791 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 15:14:59.95 ID:9CLLcKCv
地球が消滅しても不死ならそんなことも言ってられないけどなあ。

792 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 15:51:33.28 ID:eoTXvnGM
つーか俺達は後数十年で死ぬ
そして後数十年では不老不死は無理。
それなら死への恐怖を克服する為に残りの人生を使うだけ。
それ以外は無意味。

793 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 16:52:47.06 ID:uSmRZKiG
結局、快・不快の問題なのかもしれない。
自分が死んで永遠の無になるところ想像すると恐怖で気持ち悪くなる。
死に快のイメージ持てたら逆に死にたくなるかも。

794 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 17:19:36.01 ID:9CLLcKCv
恐怖だけなら酔っ払って寝ればいいけどそれじゃあ人生を棒に振る気がする。
かと言って命がけで成し遂げたいことも見つからない。

795 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 18:30:14.63 ID:KTmWr09T
死の恐怖の克服って簡単そうで難しい。
朝不安だったのが夕方くらいには何とも思わなくなったり、逆に平気だったのに突然
思い出して憂鬱になったり。
でも、そんなことは生きている証。
死を待つ人は老若男女皆同じだけど、不安や恐怖は人それぞれ。
もし恐怖でどうにもならなかったら人に頼れば良い。
そうやって支え合いながら人類は進化してきたのだから。
助けてくれる人がいないと言うなら、掲示板で思いをぶつけてみろよ。
他にも色々方法があるよ。
最近暗い話題ばかりだったので参考までに〜

796 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 20:05:00.61 ID:eoTXvnGM
お前等親にタナトの事言ってる?
俺親に言ったら「お父さんはそんな事考えない、どうやったら人生楽しくなる
かだけ考えてる」って嘲る様に言ってたよ。

797 :優しい名無しさん:2015/06/14(日) 20:48:24.07 ID:3VEoJK7e
そりゃ側から見りゃ
社会不適合のダメ人間が
言い訳ばかり求めて
厨二病患ったようにしか
見えないんだからさ

798 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 08:11:52.93 ID:nievJc58
妄想かー。残念。

799 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 14:15:59.98 ID:VUDsMeHK
>>797
世間からはそう思われるよね

800 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 15:02:12.35 ID:zL40fr7x
>>791
ボーダー・ガードは俺も読んだことあるけど、
人類は、別次元に作った幾多の人工宇宙に移住している
(それによって人口過剰問題も解決している)ので、
地球どころか宇宙が熱的死を迎えた後も人類は何の問題も無く
存続できる…という無敵設定

未だ地球に住む人々もいるが、地球が最期を迎える時には当然、
既存の、あるいは新たに作り出した人工宇宙に転移して難を逃れるだろう

そして、殺人はおろか、他人に危害(肉体的苦痛)を与えることすら
不可能なシステムもセットになっている

まさにタナトにとっては理想の世界だが、同じ環境の中で際限なく蓄積する
しがらみを断ち切るために、自己または友人知己親族が別の人工宇宙へ
転移してしまうことによる精神的な永遠の別れ(関係性の死)は存在する

コンタクトできないけれど、別の世界で生き続けていて、自分のことも
覚えていてくれる…というのは、現在で言えば「霊界が実在する」という
感覚に近いのかな?

801 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 15:47:08.34 ID:DHWxONA5
そんな世界じゃあ何もすることないな。
死なないから食う必要もないしあらゆることが脳内だけで現実と変わらなく感じられるだろう。
酒飲んで寝てるのと大差ない。

802 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 19:58:18.05 ID:EWpbf0Pf
『死ぬ瞬間』に再会
ttps://twitter.com/3Rapisu/status/610286333693550592
また読みたいような二度と読みたくないような・・・

803 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 21:15:05.48 ID:863XIBWI
親にタナト相談したけど
「馬鹿の暇人が考える事。」ですまさせたわ。

804 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 22:30:56.30 ID:WgMj5Z02
実際そうだろ
馬鹿な暇人の考えることだ

自分だけは違うとでも
繊細で崇高な人間だけの得る気付きの病だとでも思ってるのかね?

死は誰にだって恐ろしい
でも誰にでも訪れ、受け入れるしかなく、
それが自然の形
それができないのはどう哲学的な言葉を選ぼうと結局のところは馬鹿な暇人だ

805 :優しい名無しさん:2015/06/15(月) 23:47:23.75 ID:nIuid0el
>>801
よく耳にする論調だが、それは、あくまでも不死でない人間の一方的で貧困な想像に
過ぎないのかもしれない

実際に全ての人間が死なない世界になったら、どのようなパラダイムシフトが起きて
どのような意識の変革が生じるのか、現在の我々には予想も理解も不可能なのだと思う

806 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 00:12:17.43 ID:mXzYlgdp
まず新しい生命を生み出す行為、つまり妊娠・出産に大規模な規制がされるだろうな
それこそ中国の一人っ子政策すら足元にも及ばないほどの厳しい規制が
だって死ぬ事が無い=人口が減る事が無いんだから

807 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 00:37:52.89 ID:RTv5hKDH
不老不死になったら法律どうなるんだろうね
殺人の罪がなくなって死刑もなくなるのか?
その代わり懲役100年とか1000年が現実になったり?
いや不老にはなっても物理的に不死は無理かやっぱ?

808 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 02:01:42.35 ID:CxVunsTM
>>807
馬鹿な暇人だ

809 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 02:45:33.92 ID:RTv5hKDH
>>808
3年以上も同じスレに張り付いてる超暇人・パキシルくんに言われたくないね

http://hissi.org/read.php/utu/20150616/Q3hWdW5zVE0.html

810 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 09:55:42.09 ID:E7ougx2Z
>>806
同時に宇宙開発を進めて植民できる星を作ると思われる。
でも不老不死の世界だと独裁体制になったとき厄介だよね。

811 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 10:18:19.35 ID:6zNtKBD7
>>806
件のイーガンの小説では、10の16乗(1京人)にまで膨れ上がった人口を複数の人工宇宙に
分散させることにより人口問題を解決していますが、確かに不死と居住スペースの問題は
切っても切り離せない関係にありますよね。

まあ、人工宇宙の創造はさすがに難易度が高いでしょうが、不死のテクノロジーが実現する頃には、
太陽系内外の惑星をテラフォーミングして移住することくらいは可能になっているんじゃないでしょうか。
スペースコロニーの建設ならもっと簡単でしょうし。

812 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 13:30:01.09 ID:Z9t/j4W/
>>809
一瞬「超人・パキシルくん」に見えて
凄い人なのかと思ってしまった。

813 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 13:58:49.90 ID:cO1TL4oK
宗教国家が黙ってないと思うんだよな
映画や漫画でも不老不死の技術が宗教観点から規制されるのってよくあるパターンだし
ローマみたいに政治的に圧力かけてくる国もあれば
イスラムみたいに本気で戦争しかけてくる国もいそうだし
我々は自然に生まれて自然に死にたいので不老手術を受けない、みたいな団体や
生まれた時から不老だとしても、一定の年齢に達したら自殺するような連中が出てきそう

814 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 20:06:09.90 ID:SyGk207Y
俺決めたよ。
自分が生きてるのは色々な動植物の犠牲や自然の恩恵のおかげだから
俺は死んだら灰になって自然と一体になるって思う様にする事にした。
俺はこれから常に頭の中で自然と生き物に感謝しながら生活する。
皆も自分の宗教を作ったらいい。

815 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 20:10:12.37 ID:ZLy59loJ
ここを見るのは初めてです
死ぬのは誰でも怖いものじゃないんですか
死恐怖症なんてものが有るなんて知りませんでした

816 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 20:23:30.51 ID:C6LHBdro
>>815
高いところや狭いところなんかも普通は怖いよ。

817 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 22:13:54.06 ID:CxVunsTM
807 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 00:37:52.89 ID:RTv5hKDH
不老不死になったら法律どうなるんだろうね
殺人の罪がなくなって死刑もなくなるのか?
その代わり懲役100年とか1000年が現実になったり?
いや不老にはなっても物理的に不死は無理かやっぱ?



馬鹿な暇人だ
それ以前に恥ずかしくないのかよ

818 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 22:27:33.08 ID:cO1TL4oK
>>817
黙れよ粘着暇人
自分の事を棚に上げて恥ずかしくないのかよ
いつも誰に何を言われてもスルーしてる癖に生意気に噛み付いてくるんじゃねえよ

819 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 22:39:03.68 ID:JBdi4Ko/
最近のパキシル

http://hissi.org/read.php/utu/20150610/UEZQU21IUTk.html
http://hissi.org/read.php/utu/20150611/SENVUEV5MWE.html
http://hissi.org/read.php/utu/20150615/VlVEc01lSEs.html

最初の書き込みからもう三年経ったのか…

■■■死恐怖症(タナトフォビア)19棺目■■■
552 :優しい名無しさん[]:2012/06/09(土) 23:12:21.69 ID:ZSnKVbrF
俺様はパキシルだぜ!

820 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 02:05:11.01 ID:H+QshvXI
813 :優しい名無しさん:2015/06/16(火) 13:58:49.90 ID:cO1TL4oK
宗教国家が黙ってないと思うんだよな
映画や漫画でも不老不死の技術が宗教観点から規制されるのってよくあるパターンだし
ローマみたいに政治的に圧力かけてくる国もあれば
イスラムみたいに本気で戦争しかけてくる国もいそうだし
我々は自然に生まれて自然に死にたいので不老手術を受けない、みたいな団体や
生まれた時から不老だとしても、一定の年齢に達したら自殺するような連中が出てきそう



昼間から下らない事ばかり妄想してる暇人
その時も死に向かって無駄に時間が経過しているのにさ

821 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 03:22:21.87 ID:pnUwKOqX
やけに今回はコピペ連発して喧嘩売ってくるねこの糞ガキ
久しぶりに構ってもらって嬉しいのかな?

822 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 07:07:35.79 ID:tWW7KiAT
死を無と感じると人生を何に使ったら有意義なのかわからなくなる。
今の仕事は嫌じゃないけど仕事が生き甲斐てこともないし。

823 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 09:32:13.26 ID:J5IC5nUt
所でスティーブジョブスが自分はいつも死と隣り合わせであると
考えてたそうで、それがビジネスに役立ったって言ってたが
自分が死ねば自分の仕事が無意味になるって考えなかったんだろうか

824 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 10:14:31.38 ID:WEbaif99
有意義な人生を送ろうが、無為に過ごそうが、
ゴールは等しく「死」(=「自我の消滅」=主観的には「世界の消滅」と同義)だからね…

ほとんどの男性は死ぬ間際に「あんなに一生懸命働かなくても良かった」と後悔するらしいが、
http://youpouch.com/2012/02/06/53534/

そんな感情も死んだら消滅して、最初から存在しなかったのと同じことになってしまう…という
虚無感にとらわれると、後悔に煩悶しながら死のうが、逆に「わが生涯に一片の悔いなし」と
満足して死のうが、どうでもよく思えてしまう

825 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 11:50:46.76 ID:Tuse09yq
おれは単純に、人から超絶暴力をふるわれたことを思い出して死ぬとき苦労するのが怖い。
もうだめだ、だめだ、ってあの感じを、たとえ死ぬまでであってももっかい味わいたくはない・・・
とすると
生きててもうあの超絶暴力を味わわないで、誰にもそんなことをせず、
あまり思い出さないで、らくちんに生きていけたら、死ぬ時もちっとは楽そう

死に恐怖しているって思うときもあるし、、あの超絶暴力が怖かったんだっておもうときもある

826 :優しい名無しさん:2015/06/17(水) 12:43:26.00 ID:VknQ/PfZ
この病名は診断されてないけど
友達が統合失調症で最近、死期が近いと感じるとか言ってるんだけど
予備軍ですか?

827 :優しい名無しさん:2015/06/18(木) 04:47:41.25 ID:01pq94Db
若者が言う
ヨボヨボになるまで生きたくない
適度な年齢まで生きてコロッと死にたい
醜く老いさらばえてボケていくより若い内に逝きたい

こんなの全部若いから言える、死を実感してないから言えるまさに若者の戯言だ
自分が老いてきた時や癌が見つかった時に、死を直前にしたら絶対こんな事言えないはずだ
自分もまだ若者の部類だがこういう発言には嫌気が差す

828 :優しい名無しさん:2015/06/18(木) 10:52:59.84 ID:svqsBoNH
自分より平均寿命長そうな奴は何を言おうが考えようがどうせみんな嫌いだ

829 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 02:56:07.91 ID:TOTUhKu1
>>827
あなた自身が死を迎えるのが怖いだけでじゃないの

普通は自らに死が迫ったとしたら自分の事よりも
まず残された嫁や子供など家族の事を第一に考え苦悩する
それにボケて身内に迷惑かけてまで生きていたくないと思うのは
今の社会では自然な思考だろう
誰だって死を迎える、私もあなたもこのスレの住民も。

830 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 04:01:16.76 ID:HZc84+s0
極めて珍しい思考だな。
誰だって自分の命が第一に決まってる。
死を前にして他人の事を気遣えるのは
それだけ余裕のある人間だ。死の事を、真剣に考えた事もないぐらいに。
死は無だという事を真剣に意識した事もなければ
必ず自分も無になると想像した事もないから、自分より他人の事を考えたりできる。

831 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 04:47:39.31 ID:eISvNZeP
>>829
>あなた自身が死を迎えるのが怖いだけでじゃないの
怖いと思っているのは当然だ、だからこそこのスレッドに書き込んでいる
逆に言うが死ぬのが怖くない人や今この瞬間に死の概念を恐れていない人、
つまりタナトフォビアではない人が何故このスレッドに書き込んでいる?

>残された嫁や子供など家族の事を第一に考え苦悩する
それは結婚したり家族を持つ人の価値観だ
自分が嫌気が差しているのは独身男性やその年齢以下の若者等の、
所謂ネット上で老いる前に死にたいとボヤいている連中だ
死ぬ事の怖さや本質を塵芥ほども理解していない癖に…

>今の社会では自然な思考だろう
それこそが、まさに死を実感してないから言える健康で五体満足な若者特有の思考だと言ってるんだ
老いて体が弱っていけばいくほど、自分の寿命が残り僅かになるほど、
生きていたくないなんて思わず、むしろ逆に生にしがみ付きたくなる
誰でも死ぬんだからなんて理屈で死の恐怖を誤魔化せるのなら誰もタナトフォビアになどなっていない

832 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 12:38:23.45 ID:sKgPchtO
俺は死ぬのが怖いし生きれるなら百歳でも千歳でも生き続けたい
その為ならどんな悪あがきだってするし泥水も啜るしみっともなく泣きわめきだってしてやる
悪いが>>829のような考え方には一生なれないだろうな
呆けても家族に迷惑かけてでも生き続けたい
だって死にたくないから
死ぬことの怖さだけは俺は見栄も張らないし隠さない

833 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 15:40:07.53 ID:Ej9JCVcW
寿命はどこまで伸びるのか?という本の最後で
全ての人間が不老不死になってしまったという設定のショートストーリーがあったがなかなか面白いね
あれほど願った不老不死が実現するとなると、次は永遠に近い時をどう生きるかということをマジに考えなければならない

834 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 16:34:12.37 ID:Sp822DbF
不老不死になったら何もする必要ないやん。

835 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 19:09:05.45 ID:o9vRmYP/
とある爺さんが旅立った
邦楽家でさ、好きだったんだ
癌に侵されたけどずっと弾き続けてた
1日でも1秒でも長く弾いていたいんだと
できる医療は頼って
抗癌剤サンキュー!と言って
本当最期の最期まで弾いていた

身を任せだとか悟ったようなこと言ったり
我が身でもない奴が抗癌剤は悪だの西洋医学は間違いだの言うのは
気持ちはわからんでもないけど
結局はその人にとって最善ならなんでもいい
生き死にの正解なんて他人が決めるもんでないなと、
こんな往生もカッコいいじゃねえか、
って思った

836 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 20:03:30.06 ID:3lvKgndW
>>833
変な話、不老不死になったら自殺率今より増えそう。

837 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 22:45:34.18 ID:uHHFSl/R
去年、とある病気で入院して一月ほど死の恐怖に怯える日々を送ったのだが、
その時は抑うつ状態になって、何もする気が起こらず、何も手につかなかった。

独り身ではなく所帯持ちだが、情けないことに、自分が死んだ後のことを考えて
家族に何か言い遺そうとか遺言状を書こうなどという気持ちには一切なれなかった。

客観的に見れば、自分の死後もこの世界は存続し、俺の妻子も存在し続けるだろう
ということは理屈ではわかっている。
しかし、自分が死んで意識が消滅すれば、主観的には世界も妻子も消滅する。

それに、客観的に見ても、妻子はおろかこの宇宙もどうせ、いずれは本当に消滅して
最初から何も存在しなかったのと同じことになってしまうのだ…。

自分は決して無責任な人間ではないし、家族のことも人一倍愛しているが、
上記のような考えを頭から追い払うことがどうしてもできず、自分の死後のことは
何もかもがどうでもよく思えてしまってならなかった。

俺のメンタルが弱いだけだと言われればそれまでだが、いざ死を目の前にすると
ただひたすら絶望と虚無感に苛まれるだけで、遺される者の事など、考えるのも
虚しかった。

幸い、今回の病気は快方に向ったが、いずれ本当に死を迎えるときにもまた、
こんな心境になるのかと思うとげんなりする。

838 :優しい名無しさん:2015/06/19(金) 22:59:10.78 ID:v5L9TJfX
死ぬという現象を主観的に理解しているなら
>>837のような心境になるのが普通だよな
>>829みたいなのは死を他人事としか思っていない理想論でしかない

839 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 00:20:36.86 ID:8WUIpwyu
世代によっては死んだらあの世行き的な感覚はあるから多少緩和されるみたい。

840 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 01:01:50.36 ID:ZlojzwFO
これからの時代は死を美化も誇張もしない世代が増える。
あの世も神も幽霊も信じず、占いもせず仏壇も拝まず墓参りもせずに
死んだら墓もいらないし死体は生ゴミに出してくれという人も増えるだろう。
まだオカルトを信じ、死に理想を抱いている最後の老人世代がギリギリ生き残っているが
その世代が全て亡くなった50年後には死は恐怖の象徴でしかなくなっているだろう。

そしてそれに比例してタナトフォビアを患う者は今現在よりもさらに増えていると断言できる。
それが科学が発達し、オカルトを尽く否定し、
どの国よりも無神論者が多くて無宗教で、
ネットで検索すれば子供ですら容易く死の現実を知る事が出来る
現代の日本という国から予想できる最も現実的な未来なのだ。

841 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 01:18:52.89 ID:MW6PMhmA
不老不死になったら法律どうなるんだろうね
殺人の罪がなくなって死刑もなくなるのか?
その代わり懲役100年とか1000年が現実になったり?
いや不老にはなっても物理的に不死は無理かやっぱ?

842 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 02:43:38.73 ID:mqRhGzB3
>>841
>>807で俺が書いた文章コピペしてんだよパキシル
このスレageる奴は限られてるし
俺の言った事に粘着するのもお前くらいしかいない

843 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 11:06:13.04 ID:X+SbFWEB
痴呆症になるのもものすごく怖いけど、死ぬ前は痴呆症の方が楽なんだろうね
でも病院恐怖もあるから痴呆症進むまでの間耐えられそうにないよ
どの道何かしらに怯えて行きていくの辛いお

844 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 13:05:47.17 ID:ZvCfVKWa
しかしスティーブンホーキングってあの人死後の世界信じて無いのに
ニヒリズムに陥らずに
人類の事をしっかり考えてて、
本当の男だよな。

845 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 13:07:25.47 ID:OYpkbGRW
そういう脳みそを持ったんだから当たり前だろ
俺もホーキングみたいな脳の形質を持ってたら
本当の男になれてたよ

846 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 14:38:13.12 ID:yOkgURSn
死はこれからも隠蔽され本質を語るのは禁忌とされ続けるんだろうな
未だに対処も避ける方法も見つかってないのだから当然だが

生まれ変わりがないとか死んだら救い等ない事だけは解ってるのに
死を回避するどころか寿命を飛躍的に伸ばす方法すら確立されていない
中途半端すぎる科学力しかない現在に生まれてしまった事がつくづく恨めしい
希望が入っていないパンドラの箱を開けてしまったような物だ
死に怯える事は出来ても抗う事は出来ず諦めるしかない人生を強要される時代に我々は生まれてしまった

847 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 15:31:22.73 ID:ZvCfVKWa
しかし進化論には参ったよな。
あれでは死後の世界なんて考えられないだろうよ。
つーか最近釈迦仏教とか禅が流行ってるのは
何か関係があるんじゃなかろうか?

848 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 15:41:18.79 ID:L7t+XQd7
俺達がこうやって死にたくないとか
こんな時代に生まれたのが不運だとか愚痴ってる書き込みをよ、
不老や不死が実用化された未来の若者が見るかもしれないと思うと、
この書き込みを見た未来の人間が昔に生まれなくて良かった〜ラッキーなんて言うのかと思うと、
本当に今現在のこの時代に生まれ落ちた事が悔しくて仕方がないぜ…
どうせ一度きりの人生で生まれるなら人類の医学科学が限界まで発達した時代に生まれたかった

849 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 21:00:44.04 ID:CxUtGJiN
どんだけ頭ん中マンガなんだよ
いくら科学が発展しようが
生き物に不老も不死も無理だっつうの
そんなに変化したくないなら
若いうちに剥製にでもなっとけw

850 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 21:04:02.98 ID:L7t+XQd7
無理かどうかはお前が決める事じゃない
煽りたいだけなら出ていけ
俺は本気で腹立ってんだよ

851 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 21:15:17.53 ID:8DzYnrKx
パキシルもそうだけど最近このスレの住人を茶化しにくる奴が多いと感じる。
死に疑問も恐怖も感じていない人間がここに書く資格なんて無いし、
死に関わるストレスに少しでも共感を覚える者なら、他の人に反論したり罵倒したりしないはずだ。

852 :優しい名無しさん:2015/06/20(土) 21:59:59.76 ID:47P194qN
みんな一緒
死が怖くないやつなんかよほどいない
死を近く感じたら怖いに決まってる
おまえらと普通の人の違いは
死恐怖症であるか否かでなく
死を近く感じてるかどうか
違いはそこじゃなくて
死を近く感じる原因である
生きる力が並み以下って箇所だろ
格好のいい厨二な病名の枠に自分当てはめて無駄に哲学めいたポエム綴って納得して
原因はどうにかしようとする気なくグズるだけ
そりゃどうにもならねーわw

853 :優しい名無しさん:2015/06/21(日) 00:40:56.18 ID:iCx/wPFJ
年寄りや病人がいれば死は近いんだよ。

854 :優しい名無しさん:2015/06/21(日) 01:30:29.92 ID:KbhqiskX
馬鹿な暇人

855 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 10:33:51.02 ID:8rDQ3jle
昨日の夜寝る前、うとうとしながら死んだ後のイメージが湧いてきた。

苦しみの中臨終を終えた後、ふと目が覚め自分は全く別の場所にいる。
するとそこには既に死んだ人たちが顔を揃えて笑っている。

亡くなった父親「おそいよ!(笑)」

自分も状況をはっきりと思い出す。

自分「ごめんごめん、もう少し早く終わる予定だったんだけど。
   でもお前と親子の設定とかなー。
   心臓病とかでだいぶ先に死んじゃうんだもんな〜(笑)」

亡くなった父親「あれびっくりしたろ?(笑)」

自分「正直笑いごとじゃなかったわ。」

亡くなった父親「あははは。じゃあもう一回設定変えてやる?」

自分「ちょっと休憩させてくれよ。さすがに長くて疲れたわ。」

そう、この人生は超没入型のオンラインゲームだったのだ。
ただこれはこれで恐ろしい。

俺は本質的に何を恐れているのだろうか。
現実が何かわからなくなる混乱こそが恐ろしいのではないだろうか。

856 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 12:14:29.20 ID:pdIORjTW
死恐怖症の人達は死の恐怖が頭から
離れなくて他の考えが出来ない状態なんで、
好き好んで死の事を考えていると言うよりは強迫神経症に近いよ。
とはいえ普段の生活で困ってないのなら、ただの好みだろうけど。

857 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 12:21:51.65 ID:zeTkoWUV
仕事もせず学校へも行かず死ぬのが怖いと甘ったれた事を言うクズども。

858 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 12:45:15.02 ID:HaGS37tr
はじめから生まれなければ怖くなかったんだかな。

859 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 13:28:27.81 ID:FPWGaLX1
>>858
ほんとそれ

860 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 16:00:04.81 ID:Uqfz2EpY
知り合いが年取って徘徊したりすると人生とか老化や死について嫌でも考えさせられるよ。

861 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 16:35:55.13 ID:zgSPF+xr
俺のお袋の父親、つまりおじいちゃんは96歳まで生きて通夜の席でも大往生だと言われたけど
体が弱ってきてからはまだまだ生きたい、死にたくないといつも愚痴ってたし
お前達(家族の事)の顔が見れなくなるなんて嫌だとお袋や俺の前で泣き喚いた事もある。

歳を取れば死が怖くなくなるなんて、嘘だ。

862 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 17:40:59.41 ID:RL5oputm
祖父母の痴呆や死やきついよなあ

すげー仲悪かったり疎遠ならまだしも、面倒見たり小遣いくれたりした
祖父母を見たくない触りたくないじゃあタナトフォビアとは別レベルで
「俺って人としてどうなんだ?」という罪悪感になって来るし
実家帰ったら入浴や洗濯は手伝ったけど、やっぱり身内の死に近い姿を
見るのは精神的にきつかったもんなあ

863 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 17:55:38.27 ID:1mTg6Sov
100年も生きるのは長いと思うだろうが
実際に100歳まで生きればまだまだ足りない、もっと生きたいと願う
100まで生きる体感時間はその歳になるまでは本当に長いが、
その歳になってしまえば100まで生きても1000まで生きても全部同じだから
過去の時間になってしまえば数秒前も100年前も同じ
だからどんなに長く生きても、もう十分生きたなんて感じる事はない
100歳になれば200歳まで、1000歳になったら10000歳まで生きたいと願っても何ら不思議ではない

864 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 18:26:22.55 ID:uOAWpZhU
もう一個の仮想現実の霊界や輪廻じゃ誤魔化せないのか

865 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 20:22:04.97 ID:2Ckk8ltB
もし霊界があるとしたらもう2度と生まれてこんぞ!
こんな恐怖と絶望を味わうなんて絶対ごめんだ!

866 :優しい名無しさん:2015/06/22(月) 23:41:20.65 ID:jAGNQ8Jo
「過去」や「未来」なんてのは人間が便宜的に作った概念に過ぎず、
生物にとっては「今生きていること」が全てだもんなあ…

867 :優しい名無しさん:2015/06/23(火) 00:29:34.79 ID:z+WEIaDm
>>863>>866
>その歳になってしまえば100まで生きても1000まで生きても全部同じ
>過去の時間になってしまえば数秒前も100年前も同じ
>生物にとっては「今生きていること」が全て

これ本当ですよね。自分はもうすぐ四十になる中年ですが、
この年まで生きても四十年も生きているという実感や重みがありません。
薄っぺらい人生や何もない人生を生きてきたつもりはなく、
それなりに苦労して家族を養って大きい仕事を片付けて、
若い頃にあった良い記憶も悪い記憶も数多く鮮明に思い出せるにも関わらずです。

ただただ、もう四十年も生きてしまった、人生の半分を使ってしまった、
これまでと同じくらいの時間を消費したらもう余命幾ばくも無いという
時間に対する勿体無さばかり感じます。
おそらく、どんな理想的な人生を送ったとしても自分は同じように感じたのではないでしょうか…。

868 :優しい名無しさん:2015/06/23(火) 01:16:23.02 ID:RyviLd1K
過去を記憶だけでなく同じだけの時間間隔で追体験できればいいのに
どれだけ濃密で面白い人生を過ごした10代の時の1年も
ただ毎日仕事に行って帰って寝るだけで終わった二十代の時のつまらない10年も
過ぎてしまえば両方同じ脳内の一瞬の断片でしかないというのは不公平すぎる

そして人生を楽しむには、あまりにも人間の寿命は短い
生まれてから一番面白く体力のある20年、それを二回過ごしたらもう40年
3回過ごしただけでもう60年、身体もガタガタで癌に怯えて生きる毎日
そしてそれをあと一回繰り返して80になったら…やはり寿命は短い、短すぎる

869 :優しい名無しさん:2015/06/23(火) 01:51:36.85 ID:mk11DUIw
亀とか結構長く生きるんだよな
何考えて生きてるんだろうなぁ

生き物が持つ根源的な感情のひとつが恐怖なんだってな
感情のなさそうな生き物でもそれだけはありそうだもんな
恐怖がないと生き残れんしな
亀になりたいとは言わんが俺にも頑丈な甲羅がほしいわ

870 :優しい名無しさん:2015/06/23(火) 16:24:13.61 ID:0VV1pLs0
一休さんを始め、死期の近づいた高僧が「死にたくない」と漏らしたという話はよく聞くよね。

これをもって「高僧と謳われながらも実際には大したことのない俗物だったのだ」と断ずるむきもあるが、
逆に「悟っていたからこそ、“高僧らしく従容と死を受け入れなければ”“立派な死に様を見せなければ”
などという煩悩に囚われることなく、素直にジタバタしながら死ぬことができたのだ」という見方もある。

結局、悟ろうが悟らまいが、生きている限り「死にたくない」という思いは克服できないのかも…。

871 :優しい名無しさん:2015/06/23(火) 19:28:41.68 ID:2ekJyVZ9
一休さんが死にたくないと思ったのは
現世の快楽求めすぎたためだと思う。

872 :1日1悪:2015/06/24(水) 04:42:19.48 ID:hLEmICnJ
死んじゃうものは、死んじゃうから酒飲んでごまかそう

873 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 06:07:43.91 ID:LBB31Wzs
● 炭水化物(小麦、米)=砂糖 ●

・「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (デイビッド パールマター 2015/1/16)

・ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (集英社文庫 2004/3/19)
 O型とB型は小麦、とうもろこし、蕎麦を食べると体調が悪くなり太ります

・統合失調症、うつ病、パニック障害は糖を抜くと3日で治った。

・炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学  (夏井睦 光文社新書 2013/10/17)

・チョコレートは超危険食品 強い依存性、糖尿病の恐れ…妊婦や子供は摂取要注意
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1430052776/823

・すべての不調は首が原因だった!
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/shapeup/1425713834/73

小麦に含まれてるグルテンは脳を炎症させます。→精神病、ウツ病の原因に。
O型とB型は小麦を食べると腸に血が集まりアレルギーのようになり吸収が遅くなりタンパク質を脂肪として吸収してしまうため太ります。
小麦は『毒』です。
小麦は『砂糖(炭水化物)』です。

874 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 08:54:12.84 ID:/oWecOnz
>>872
結局はそれが正解かも知れない。

875 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 11:12:01.86 ID:59c2Wwyz
し(怖くて漢字にしたくない)の恐怖で 夜中に発作的に叫んでしまうのは、 私がタナトフォビアだったからなんだね。
小さい頃からずっと怖かった。
なんで私だけこんなにも怯えて暮らしてるのか 友達に言っても理解してもらえなかった。
このスレたててくれた方 ありがとうございます。

876 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 14:40:12.93 ID:2YslAVFU
>>872
一見タナトの気が全然無いように見える人も、実は何かで上手く誤魔化せている
だけなのかもしれないね(意図的か否かに関わらず)
酒に限らず、人によっては仕事や趣味に没頭することだったり…

とことん突き詰めて考えれば「数十年以内に自分が必ず死んで意識や記憶が消滅し、
未来永劫復活することはない」ということ以上に重要で深刻な問題なんて人生には
存在しないからね

877 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 18:17:31.01 ID:B2F6dLu6
まあその数十年後を数年後、数カ月後にしないための重要で深刻な
問題は存在しちゃうからな……
ほとんどの人間は自分で金稼いで衣食住を確保したり保険入ったり
健康診断受けたりしないといけないし

878 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 18:40:32.94 ID:MxcmP0B/
考えても答えのないことは考えない
過去や未来より今この瞬間を大事にする
これがブッタの答え

879 :優しい名無しさん:2015/06/24(水) 21:06:08.26 ID:/oWecOnz
他の動物は意識しなくてもそうなのに人間は無駄な能力がある。

880 :優しい名無しさん:2015/06/26(金) 19:31:20.69 ID:BvA8SgJO
ブッダを見習って唯一心に決めたのは「結婚はしない」だな

ある日耐え切れなくなって本当に全て捨ててしまったら
現代人の価値観ではどう考えてもクズ過ぎて嫁と子供に悪い

881 :優しい名無しさん:2015/06/26(金) 21:15:19.77 ID:Af77kD2g
結婚は幸せな結婚なら、死の苦痛も多少和らぐだろ。
不幸な結婚なら死期が早まると思うよ。生き地獄。

882 :優しい名無しさん:2015/06/26(金) 21:18:38.58 ID:Af77kD2g
酒飲んでも怖いものは怖い。
カンゾウガンや肝硬変になる。
一番避けたい死へのもっとも近道。
酒飲んで紛らわせることができるなら、たいして怖いとは思ってないだろ。

883 :優しい名無しさん:2015/06/26(金) 22:16:58.31 ID:mwNt95fE
不老不死になったら法律どうなるんだろうね
殺人の罪がなくなって死刑もなくなるのか?
その代わり懲役100年とか1000年が現実になったり?
いや不老にはなっても物理的に不死は無理かやっぱ?

884 :優しい名無しさん:2015/06/27(土) 22:59:38.94 ID:3PGSMQGh
実際に不老不死になるのと
酔歩する男のように主観的には不死?になるのとどっちがいいですか?
それは酔歩する男に決まってます
某究極生物みたいに不老不死になっても
地球が消滅した後に何もすることがないと考えるのをやめざるを得ないですから

885 :優しい名無しさん:2015/06/28(日) 00:33:13.74 ID:IXzn2pcI
>>884

>>883に対するレスだったら今後はスルー推奨
そいつはパキシルっていう三年間このスレに張り付いている煽りだから
>>883は元々>>807が書いた書き込みを面白がって何度も貼り付けてるだけに過ぎない
>>808>>817>>841辺りを見れば解る

886 :優しい名無しさん:2015/06/28(日) 01:48:25.50 ID:swxUbVnJ
死んでも永遠に世界は続くし、不死だとしても永遠に生きなきゃいけないから救いようがない。

887 :優しい名無しさん:2015/06/28(日) 07:36:50.90 ID:xjBmMPng
漫画家・井上雄彦がバガボンド連載を1年休載した真相を書くバカ発見
http://inumenken.blog.jp/archives/28560981.html

888 :優しい名無しさん:2015/06/28(日) 14:09:18.46 ID:Hxa8kT/9
人は必ず死ぬの
今まで死ななかった人いなかったでしょ

889 :優しい名無しさん:2015/06/28(日) 15:42:24.90 ID:mSAKW+RY
あれ?俺死んだこと無いよ。

890 :優しい名無しさん:2015/06/29(月) 16:37:38.66 ID:HJRtHRl+
たとえば脳の内容をそっくり機械にコピーすることができるようになったとしても、
自分が死ねばそこで意識は途絶え、その後を自分そっくりの性格と記憶を持つ機械が
バトンタッチして引き継ぐに過ぎない。
これでは主観的には不死とはいえない。

しかし、最初は大脳皮質のごく一部を電子回路に置き換え、それをだんだんと増やしていけば…。
その過程において自我は、脳と機械の両方にまたがって存在していることになる。
最終的には脳の全部が機械に置き換わるが、こうすれば、自我と意識の連続性は保たれたまま、
意識を電子回路に移行できるだろうと言われている。
そこまで行けば、肉体をアンドロイドなどの非生物キャリアに置き換えることは更に容易い。

肉体の寿命を永遠に延ばすのではなく、そういう方法での不死ならば、そう遠くない未来に
実現しそう。

891 :優しい名無しさん:2015/06/29(月) 17:06:43.62 ID:4p9Ia4mh
OSHO: "Now-Here" All the Time
https://www.youtube.com/watch?v=wCKva76JpGE

892 :優しい名無しさん:2015/06/29(月) 20:12:19.68 ID:0H9Dq4re
死ぬのは怖くて溜まらないけど
消えたくて仕方ないって思うことはある
何でこんなクズに生まれたのだろうか…

893 :優しい名無しさん:2015/06/29(月) 21:06:40.76 ID:+WCcq1BN
宗教国家が黙ってないと思うんだよな
映画や漫画でも不老不死の技術が宗教観点から規制されるのってよくあるパターンだし
ローマみたいに政治的に圧力かけてくる国もあれば
イスラムみたいに本気で戦争しかけてくる国もいそうだし
我々は自然に生まれて自然に死にたいので不老手術を受けない、みたいな団体や
生まれた時から不老だとしても、一定の年齢に達したら自殺するような連中が出てきそう

894 :1日1悪:2015/06/30(火) 00:15:34.79 ID:gvlKlmJ1
酒飲もう\(^o^)/

統合失調症患者でした

895 :優しい名無しさん:2015/06/30(火) 14:43:32.55 ID:SFXFJiC4
楽しみにしていることがあるから
死にたくないという気持ちが強まるっていうのはあると思う。

896 :優しい名無しさん:2015/06/30(火) 14:46:12.84 ID:yZ+QAyke
>>894
てめぇネトウヨだろ
統合失調症のやつは大体ネトウヨなんだよ

897 :1日1悪:2015/06/30(火) 23:05:40.67 ID:gvlKlmJ1
ネトウヨって??

昔は、自殺とか考えたけど、障害者年金もらう
ようになったら、遊んで酒、毎日飲めるから、死ぬ気なくなった

どころか、死ぬの怖くなった(/´△`\)
人生、楽しすぎ!
ストレス無いし

898 :優しい名無しさん:2015/07/01(水) 14:40:39.95 ID:drhFH5xx
アドラー心理学だったかな?で
起こることはコントロールできないけれど
起こったことをどう感じるかはその人の自由だから
世界はその人の思い通りだっていう話があったような。

899 :優しい名無しさん:2015/07/01(水) 17:44:12.20 ID:4E3vONF2
自分の心は思うようにはならない。
性格こそが運命とはこのこと。

900 :優しい名無しさん:2015/07/01(水) 22:03:25.58 ID:3zf3QSak
仕事もせず学校へも行かず死ぬのが怖いと甘ったれた事を言うクズども。

901 :優しい名無しさん:2015/07/02(木) 02:25:36.46 ID:kA43/qCs
上の方で家族持ちの人が書き込みしてるけど子供産んだ時にその子がタナトになったらどうしようとか考えたりしましたか?
自分は何をやってもどうせ最後は死んでしまうんだと厭世的&ウツ状態になってしまうタイプなので、他のタナトの人が
結婚出産する時どう考えているのか知りたいのです

902 :1日1悪:2015/07/03(金) 04:58:07.69 ID:ii93as2P
死ぬのこわいんだ
遊んで暮らせるから。酒飲んでごましてる

903 :優しい名無しさん:2015/07/03(金) 06:32:40.93 ID:ZDS+n803
確かに子供を残す奴はよく分からない
どうせ死んで無になるのに何故そんな事をやるんだろうか?
俺は結婚も子供も興味が無い
唯自分の死を受け入れる思想を探す事意外にまったく興味が無いな。

904 :優しい名無しさん:2015/07/03(金) 08:47:57.33 ID:YAYd9py7
考えていないから。

905 :1日1悪:2015/07/03(金) 09:29:28.56 ID:ii93as2P
酒飲むんだ!\(^o^)/

センズりこいて寝よう

906 :優しい名無しさん:2015/07/03(金) 09:37:50.21 ID:YAYd9py7
子供のない人が人生は辛いものだと言うのはわかるが、子供のある人がしかも子供に向かって言うのは何なのか。
辛いと知りながら産んだのか知らずに産んだのか。

907 :1日1悪:2015/07/03(金) 09:50:38.48 ID:ii93as2P
酒飲むんだ!\(^o^)/

センズりこいて寝よう

908 :1日1悪:2015/07/04(土) 17:46:34.88 ID:KkDEi0XH
上げから、マーズうつ

909 :優しい名無しさん:2015/07/04(土) 19:00:27.78 ID:8CyEUkoV
>>906
別に馬鹿にしてるわけじゃないけど、子供を生む人っていうのは感傷的なんだよ だから人生は辛くてもドラマチックだからおkなわけ
このスレにいるような結果しか見ずにその渦の中に入っていけない人種とは育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めないセロリなわけ
ただやっぱり人口は確実に経てきてるね ネットのせい以外の何物でもない 皆結果とかコスパを考えざるを得なくなってる 母子の心中とか心が痛む

910 :優しい名無しさん:2015/07/04(土) 19:25:57.43 ID:G4Kc2gZU
悪いが何故そんなことを言うのかなんだが。

911 :優しい名無しさん:2015/07/04(土) 22:14:43.25 ID:8CyEUkoV
ここの人たちは賭博黙示録カイジの電流鉄骨渡り読んだことある? 感想を聞かせてほしい

912 :優しい名無しさん:2015/07/05(日) 08:23:38.86 ID:O7DBUugl
>>909 何となく分かる気がする
人と人との関係で生じてくる様々な事に強い意味を見出せるって
感じかな、曽野綾子タイプの人間はモロにそうだろ。
人生の機微を強く意識してる人達。

913 :優しい名無しさん:2015/07/05(日) 08:27:39.27 ID:O7DBUugl
後俺にはこの世界が歪な物に見える
皆必死に死を意識しない様にして
日常の快楽を追求しようとしている世界。

914 :優しい名無しさん:2015/07/05(日) 13:16:44.01 ID:GNHRrG8L
バカじゃねえの

915 :優しい名無しさん:2015/07/05(日) 19:40:30.55 ID:Q5nbCF8q
>>913
それが生命だしね

916 :優しい名無しさん:2015/07/07(火) 13:04:55.88 ID:QTTAacYf
仕事もせず学校へも行かず死ぬのが怖いと甘ったれた事を言うクズども。

917 :優しい名無しさん:2015/07/07(火) 17:14:52.77 ID:+xCLXMPt
今日午前0:00にNHKBS1で放送された「BS世界のドキュメンタリー あなたの中のミクロの世界 前編」で
トキソプラズマという寄生虫に感染されると恐怖がなくなるという話をやっていました。
ネズミが感染するとネコを恐れなくなり、ネコの前に出て行き食べられ
ネコも感染するそうです。
感染した博士は戦場に行って自分のそばを銃弾が飛び交っていたのに涼しい顔を
していたと言っていました。そして感染した人たちを調べてみたら、
感染した人は危険な状況に身をおく傾向があることが判明したそうです。
そのせいで交通事故にあう確率は感染してない人の2.6倍になってしまうそうですが。
念のため言っておきますが、意図的に感染してなにか困ることになっても
俺は責任持ちませんからね。

918 :優しい名無しさん:2015/07/08(水) 13:10:12.53 ID:C41PyjQE
以前パニック障害起こして凄く怖くなった
(何かあったわけでもないのに自分が死んじゃうって気がしてきた)時
病院に連れて行かれ股に注射打たれたら嘘のように落ち着きました。
結局、恐怖も物質なんですね。
もしかしたら食事療法などで治るようになるかもしれませんね。
(安心物質の食材を摂るとか、恐怖物質の食材を避けるとか)

919 :1日1悪:2015/07/08(水) 21:21:07.33 ID:NNymu9YF
上げから、マーズうつ

920 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 05:38:52.11 ID:CnNIfbc/
>>917みたいの見るとつくづく人間の感情や考え方なんか脳内の化学物質が何かやってるだけなんだな、
宗教信者が言っている様な不滅の魂って言うような物は無いんだなあ

921 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 12:21:17.47 ID:VVDyzS+r
死んだらおしまいという事よりも俺が真に絶望したのは、
記憶や自我や感情や魂といった人が人である証が全て脳内の電流でしかなくて
突き詰めれば人間や動物、生物全てが言葉通りの動くだけの「物」生きてるだけの「物」でしかなく
全ての人の営みやこうして死ぬ事を怖がり悲しむ事すら
ただの科学現象、物理現象に過ぎないと判ってしまった時だったな…

ロボットに感情は無いって言うけどこうして生きてる俺たちの感情も
ただの脳内電流、現象に過ぎなくて脳がなければ存在できないんじゃ
人間とロボットの違いなんて無機物か有機物か程度の違いしかないじゃないか…
全てのパーツが腐る生肉で出来ているロボットじゃないか俺達なんて…

922 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 16:16:59.12 ID:SqfOy5ao
>>921
その電気信号=現に感じている感覚や感情であるという証明はまだされていないぞ!

923 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 18:29:05.23 ID:CnNIfbc/
ニュース見てて思うけど、人間って焼身自殺の巻き添えみたいな貰い事故や地震噴火津波みたいな天災とか
本人や周囲にしてみたらエッこんな所でこんな終わり方?って思っちゃう位あまりにも簡単に死んでしまう
一生の幸不幸にしたって生まれてくる社会や家族、身体的な特徴等で選択肢なんてほぼ決まってしまって
人生に満足出来ている人なんて本当に少数だと思う
宗教家の言ってる様に霊魂とか死後の世界みたいな物が本当に存在して人生を映画や小説の感想言い合うみたいに
閻魔大王とか神様が採点してくれている、と言うなら不遇でも慰めになったんだけど
>>921みたいに感情や思想なんて電気信号や化学物質がゴチャゴチャやっているだけ、死んだら魂も何も無く
そこで意識が途切れて終わり、と言う事実を突き付けられると人生って何の意味も無いのかと絶望的な気分になる

924 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 20:05:32.98 ID:hDKJPf3g
たしかに映画とかみてて主人公がアジト潜入する際に扉付近で即死させられる下っ端の人生ってなんだったんだろうって思うね・・
だって彼にだって幸せになりたい、まともで豊かな人生を享受したいって願いくらいあったはずだし、なにかやむを得ない事情で悪の組織にとどまっていただけかもしれない
なのにさながら主人公の練習台の如く前触れもなく射殺させられた彼の運命とは一体なんだったのだろう とか考えてしまう

925 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 20:11:21.82 ID:zw0tdR9a
人生に意味などないよ
地球はおろか宇宙にも寿命があるのだから
人間の文明など儚いものだよ

926 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 20:58:57.37 ID:bS/bkbS4
世の中のことはすべて、私にとって究極的にはどうでもいいのだ。
どんな悲惨な事件が起ころうとも、どんな理不尽な政治が行われようとも、
どんな感動的なドラマが実現されようとも、やっぱりどうでもいいのだ。
みんな、どうせ消滅してしまうのだから。

927 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 22:19:10.19 ID:bNuy1QST
>>924
残念ながら現実でも自分とあまり関わりのない人の死はあれくらいどうでもいいほど現実味がない。
普通の人はそういう感じで死ぬのは怖くないと言っている。

928 :優しい名無しさん:2015/07/09(木) 22:52:04.72 ID:CnNIfbc/
事故や殺人のニュースを見てても自分にそれが降りかかるかも知れないとは思ってないんだよな
ニュースだけじゃなく難病者のドキュメンタリーとか見ても自分がなったらどうしようと欝ってしまう俺とはどう違うのか

929 :優しい名無しさん:2015/07/10(金) 09:50:50.64 ID:zPcuO63j
>>928
それをすべて自分のことのようにリアルに感じられたら心が持たないだろうな…。
あ、つまりそれがタナトフォビアンなわけか…。

930 :優しい名無しさん:2015/07/10(金) 15:34:05.69 ID:oU9FatRy
他のことは努力または運で回避もあり得るが、こればかりは絶対なのがね。

931 :優しい名無しさん:2015/07/11(土) 02:24:24.47 ID:6IB6VlRH
不安障害の症状の一つにこれが有るみたいだけど精神科とか行ってる人いますか?

932 :優しい名無しさん:2015/07/11(土) 03:11:18.05 ID:qVnbStQV
>>931
うつ病で10年以上SSRI飲んでたけど断薬したらタナトになった
薬飲んでる間は「いつか死ぬんだろうな〜」位に軽く考えていた
今じゃすぐにでも死んでしまうような気がしてる

933 :優しい名無しさん:2015/07/11(土) 12:04:06.93 ID:1/0KUGPG
>>917
知っている方多いかもしれませんが、妊婦が
トキソプラズマに感染すると赤ちゃんが亡くなったり
障害持って生まれてくることがあると言われていますね。

934 :優しい名無しさん:2015/07/12(日) 20:21:38.56 ID:m1kFrNc9
>>932
現在はお医者さんにかかってらっしゃいますか?
死恐怖があるというのをお医者さんに伝えて何らかの精神疾患と診断されたりしたんでしょうか

935 :優しい名無しさん:2015/07/13(月) 08:30:27.55 ID:PIuNnuv1
最近は死について悩むのが辛くて死んでしまいたいようなおかしなことになってきたよ。

936 :松浪信三郎著[実存主義]より、パスカル:2015/07/13(月) 18:05:55.21 ID:tPyQyAtV
我々は自己の人間的条件を直視しようとはしない。
情念も無く、仕事も無く、気ばらしも無く、専念すべき営みもなしに、いつも自己自身と直面していることくらい、人間にとって耐え難いことはない。
「人間は、死、悲惨、無知を癒すことができなかったので、自分を幸福にするために、それらをあえて考えないように工夫した。」
我々は、日常の生活にあっては、気晴らしによって人間的条件からの脱出を企てる。

「気晴らし」divertissementとは、「向きを変える」「気をそらす」という動詞からきた言葉である。
我々は、死や虚無の前に立ってただひとりじっとそれを見つめていることができない。
我々日常の生活(ハイデッガーのいう現存在)は、人間的条件から目を転じて、それを忘れさせようと努める。

遊戯や交際は、我々の向きをかえて、気を紛らわせてくれる。
遊びばかりではない。日々の忙しい仕事がそもそも最大の気晴らしである。
我々は動きを求めて終日(ひねもす)駆けずり回る。

937 :松浪信三郎著[実存主義]より、パスカル:2015/07/13(月) 18:06:44.25 ID:tPyQyAtV
「気晴らし」divertissementとは、「向きを変える」「気をそらす」という動詞からきた言葉である。
我々は、死や虚無の前に立ってただひとりじっとそれを見つめていることができない。
我々日常の生活(ハイデッガーのいう現存在)は、人間的条件から目を転じて、それを忘れさせようと努める。

遊戯や交際は、我々の向きをかえて、気を紛らわせてくれる。
遊びばかりではない。日々の忙しい仕事がそもそも最大の気晴らしである。
我々は動きを求めて終日(ひねもす)駆けずり回る。

人間にとっては戦争でさえも気晴らしなのである。
何者も戦いほど我々を熱狂させるものは無いからである。
死は、その危険なしにそれを考えているよりも、それを考えずにいきなり受ける方がはるかに容易である。
断崖が見えないように何かで目を覆い、それから平然としてその中へ飛び込む。気晴らし最大の効果はそこにある。

「我々は、我々と同じような仲間との交際に安住することを楽しみとしている。
 彼らは我々と同様に悲惨であり、我々と同様に無力である。彼らは我々を助けてはくれないであろう。人は一人で死ぬだろう。」


『誰も私の代わりに死んではくれない』

938 :優しい名無しさん:2015/07/13(月) 19:06:24.04 ID:tPyQyAtV
タナト患者が、タナト以外の人を見て感じることに似ている

939 :優しい名無しさん:2015/07/13(月) 22:39:47.99 ID:ZGyTvPgi
しかし自殺する時苦しいのがなー。
自殺したい奴は苦しまない様に国でやってくれないかな。
夏目漱石の我輩は猫であるで将来は警察が死にたい人を殺して回るってな
話があったが、あれは苦痛がなければ日本でもやって欲しい人たくさんいるだろ。

940 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 01:51:47.52 ID:CNRqfZ22
将来:死にたい人を殺して回る←あるある
夏目先生もこんなこと考えてたのか、
とりあえず俺は、失神(手前)ごっこで頸動脈の位置と抑え方を把握できてるから、自殺で苦しまずに逝ける。

941 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 02:21:58.72 ID:QwoUKGUp
いつかは必ず死の恐怖に直面する時が来るのが嫌なんだよな
歳を取っていくのは死刑囚が毎日朝の巡回の看守の足音に怯えるのに似ているし、
癌を宣告されるのは、まさに裁判官に死刑宣告をされるのに等しい
放射線治療を受けながら治療室と病院のベッドの上を行ったり来たりするのは
さながら絞首台までの十三階段を一段づつ上がっていくが如しか

そして体中を管で繋がれて、心電図の音と医者や看護士が騒いだり心臓マッサージしていて
家族が自分に呼びかける声を聞きながら死んでいく最後の一時は、
そのまま死刑囚の部屋の扉が朝開き死刑台に送られていく死刑囚の最後の日そのままだ
癌で死ぬという事は、そういう事なんだ…

942 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 02:37:08.81 ID:fKhYvXuY
やばい発作きた
この時間帯によくくるんだよなぁ
死への怖さで動悸がやばい

943 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 05:51:24.35 ID:JLQV8Tfi
ただ夏目漱石の場合はちょっと違うよ、
人間の思考とかが脳の働きによるものだとか進化論とかが日本にも
入ってきた時代だったけど、彼は死後の世界はあるって考えていた人だしね
後夏目がよく言ってた言葉が「死は生より尊い」だった筈だよ
うろ覚えだったらごめん。
後我輩は猫であるの中で、最後の方で寒月とかクシャミとか独仙とか
迷亭とかが集まった時の話だったと思う、これもうろ覚え

944 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 07:03:12.32 ID:JLQV8Tfi
後俺タナトになってから性欲が殆ど無くなったんだが
同じ様な奴いる?

945 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 08:26:09.21 ID:CmNzJfRP
任天堂の岩田社長が55歳の若さで亡くなったんだって
胆管癌との事、タナト人は結構驚いたんじゃないの?

946 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 09:25:05.80 ID:OTqnhXtB
死ぬことなんて真剣に考えられなかったあの頃に戻りたい。

947 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 09:52:23.48 ID:GM2aIDSH
>>944
俺は性欲は非常に強い。
性欲を抑える薬とかないのかな。

948 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 11:50:06.17 ID:JLQV8Tfi
>>947 そうかありがとう。
精神病院でssriを貰ってるからそのせいかも

949 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 12:20:32.03 ID:JLQV8Tfi
後俺達は単なる物質の反応の連続で出来ているって事で
仏教は人間の死を恐れるものでは無いって理論を作ってたよね

950 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 12:36:28.83 ID:gQab+MAn
仕事もせず学校へも行かず死ぬのが怖いと甘ったれた事を言うクズども。

951 :優しい名無しさん:2015/07/14(火) 22:26:50.75 ID:JLQV8Tfi
後俺葬儀関係の仕事に就職しようと思うけど、
皆どう思う因みに24歳
何とかして自分の死の恐怖をやわらげたいのと
死ってのがどういう物なのか色々な人を見て学びたい。

952 :優しい名無しさん:2015/07/15(水) 00:57:10.19 ID:X3+wFrkX
前行ってた心療内科医めちゃひどい先生で、ガンになったら幸せだよ楽に死ねるよとか言ってきたよ
ガン怖いよ怖いよ

953 :優しい名無しさん:2015/07/15(水) 00:58:47.22 ID:X3+wFrkX
>>951
綺麗な死体だけではないだろうから慣れるまでは精神的な消耗激しそうだけどどうなのかな
慣れるって事がもしあるならいいかもしれないけどそこまで耐えられるかが心配だよ

954 :優しい名無しさん:2015/07/15(水) 04:41:09.53 ID:dg75xQMa
>>953 後気になるのが勤務時間、もし激務なら体力無いしちょっとなーと思う。
よく戦場でも仲間がどんどん死んで行く内に
自分の死が怖く無くなるって話があるじゃん?
だから俺も共同体の死を見続ければ、
あー俺も次は。って覚悟ができるかもしれないと思って。

955 :優しい名無しさん:2015/07/15(水) 13:15:23.43 ID:bgTre+ao
仕事もせず学校へも行かず死ぬのが怖いと甘ったれた事を言うクズども。

956 :優しい名無しさん:2015/07/16(木) 08:59:23.31 ID:O2Ef5hEu
そんな重要なことは身近な信頼できる人に話したほうがいいんだけどな。
ここの人は性質が似ているだろうからお互い心情は理解しやすいが違う角度からの意見は難しいし。

957 :優しい名無しさん:2015/07/16(木) 21:18:46.02 ID:iozNJYuz
でも友人に言っても笑われるだけだわ

958 :優しい名無しさん:2015/07/16(木) 23:11:57.62 ID:/npWTh2A
>>951
葬儀関係もそうだけど医者看護師みたいな医療関係者ってタナトいないのかなぁ
人間なんて簡単に死んでしまう&自ら死を望むような苦痛が世の中には存在するのを
良く知ってる人たちだと思うんだが

959 :優しい名無しさん:2015/07/17(金) 16:50:13.41 ID:zync5Cs5
かつては自分も笑う側だった。
事故にあったときですらあまり怖くなかったのになあ。
人間てどうなるかはわからないもんだね。

960 :優しい名無しさん:2015/07/17(金) 18:11:55.61 ID:uHm6FvE+
狭間の時代に生きるものの憂鬱だね
もうすぐ死ぬことさえも上のほうから俯瞰できる時代がやってくるから安心せい そうだな、あと1200年くらいかかるかな

961 :優しい名無しさん:2015/07/17(金) 23:11:23.69 ID:YS8/t0iQ
ほんと死んで自分の意識がどうなるかが不安すぎる
例えば不調があったとする 生きていてもこういうことで不眠で寝たいのに寝れない辛すぎる、みたいなのが続いたらと思うと気が狂いそう

あと最近話題になった首と胴体の接合のニュースみると不安定になる わけわからんわ

962 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 03:53:11.24 ID:CTJ0Wq0i
ほんと、死の事実真実現実を知ってから何をやっても楽しくない。
それなりに蓄えもあるし贅沢しようと思えば何でも出来るけど何もしたいと思わない。
どうせ何をやっても何をこの世に残してもどんな楽しくても、
死んで無に還れば文字通り全て無意味になると思うと全ての行動にやる気が起きない。

美味い物食べても面白いゲームで遊んでも絶世の美女を抱いても、気持ち良いのはその間の僅かな時間だけ。
全ての快楽が、いつかは必ず死んで全てがパーになってしまうという絶対不変の事実を忘れる為の現実逃避でしかない。
人生は死ぬまでの暇潰しとはよく言ったもんだ。
食欲も性欲も薄れてきたし、無気力無関心無感動になってきたし最早生きながら死んでいるのと同じかもな。

963 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 05:57:47.38 ID:d9/7Dqsa
死ぬのを恐れ過ぎて生ける屍になっていってるなんて皮肉なものだね
本末転倒だと思うよ

964 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 08:02:20.47 ID:qxFfYo1/
それは人生とは生きるとは何かってことだからなあ。
日々を楽しく過ごすのが目的なら人間よりもペットの猫の方が上だろう。

965 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 08:08:18.30 ID:d9/7Dqsa
さぁ?猫の方が幸せなんじゃないの?
猫に聞いてみなきゃ分からないけどねw

966 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 08:36:11.78 ID:qxFfYo1/
(人間に)生まれなければ死の恐怖も無かったてのはそういうことだよ。

967 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 08:56:48.59 ID:d9/7Dqsa
では同じ人間なのに、なぜこんなに死生観に個人差があるのか
あなた自身もタナトフォビアを抱く前と後で何がそんなに変わったのか
子供の頃はどうだったのか

スティーブジョブズは有名なスピーチによると、ある時から常に明日死ぬことを意識していたそうな
死を意識することによってもたらされるものは果たして恐怖や不安、虚無感だけなのか?
人間は死を乗り越えられないけど、死の恐怖は乗り越えられないものなのか?
考える余地はないだろうか

968 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 09:26:31.52 ID:qxFfYo1/
人生とは自分を磨く修行の場であるなどと考えるなら恐怖や苦難に意味はあるんだけどね。
さらに死後この世より良い所に行くとなればやり甲斐も増す。
ある種の宗教の基本で、宗教やあの世を信じる時代の方が良かった現代は信じられないから怖いと、よく長文の人が書いている。

969 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 16:29:32.92 ID:ncsVIS21
性欲なくなってもタナトって治らないんですか。
俺はタナトの原因性欲説を推していたんですけれどね。
多くの人がタナト的になる思春期は性欲が強まる時期だと思いますし、
必ず死ぬのに死を恐れるのは子孫を充分に残していないと思うから、
もしくは長く子孫を残し続けて行けると思える子孫がいないから
ではないかと推測していたんですがね。

970 :優しい名無しさん:2015/07/18(土) 23:54:01.93 ID:1XSNNfmk
>>958
俺はこれが気になるわ
ホスピスで働いてる人とか自分に癌がふりかかってきたらとか考えないのかな

971 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 02:47:45.10 ID:bFYkJZDk
早かれ遅かれ人は必ず亡くなる。

972 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 07:31:49.73 ID:ly6yyrk9
パンドラの箱開けてしまったって感じだ
人に話して、もし相手が箱開けてしまったらと思うと言えない
こんな重荷無理だ 全くもって一生タナト理解しない人に一方的にふ〜んて聞いてもらいたい

973 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 10:10:08.56 ID:hlbHhh17
意識しない方がいいことって沢山あるよな。
食肉の作り方とか老人介護の現実とか。

974 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 10:35:49.28 ID:2MF3JucG
屠殺場を知っても肉の味は変わらないし美味しく頂けるが
死の本質を意識したら時間の経過に耐え切れなくなる
知ったその瞬間は何の恐怖も感じなくても、数十年後老いを感じ始めた時や
内臓の不調で癌を疑い始めた時、そして本当に医師に癌を宣告された時等の
恐怖や絶望は、それまで死を意識しなかった者や
幽霊の類を信じてる老人より何倍も濃く凄まじくなるだろう

975 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 14:50:26.28 ID:CCyG2LrH
パニック障害なんだけどスレの上に書いてあった発作性のタナトも併発してるのかな。
普段は考えてないんだけど、ある時何かのスイッチが入るとぶわっと来る。
落ち着いてたのに3年前祖母の危篤から葬儀までを経験してからまたぶり返した感じ。
普通に考えたらまだまだ人生長い年齢で、むしろ後何十年だよってうんざりするぐらい時間がある筈なのに
その何十年が過ぎたら死んでしまうって考えてしまう。家族もそう。あと宇宙のこと考えるともうダメ。パニック発作起こす。
パニック障害の発作が起きると早く時間過ぎろ収まれって思うのに死の恐怖のほうだと時間止まれって思っちゃうよ。

976 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 15:04:41.16 ID:+S+zs9cH
俺はよく夜中に突然目覚めて発作が起きるよ
2〜3分ほどで収まったりそのまま寝ちゃったりして誤魔化したりできるけど
その時の恐怖は脳裏に刻まれてるから、普段何気ないときに死を意識して不安に思うことがある

977 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 15:06:39.80 ID:4EiRvUqe
時間が過ぎるのは恐ろしいな。

978 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 15:15:56.07 ID:CCyG2LrH
>>976
自分もある。実家暮らしで家族皆いるのに布団の中で孤独感と恐怖と情けなさで泣く時もある。

>>977
恐ろしいよね。何もしなくたって過ぎてっちゃうから余計に。どうしようもないし。
あと、歌の歌詞とかの「一度きりの人生」とかいうフレーズを避けるようになってしまった。

979 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 15:34:48.95 ID:4EiRvUqe
'暇つぶし'ができなくなって常に追い立てられている感覚がある。
時間を有効に使わなければと考えるのに何が有意義なのかわからない。

980 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 16:22:51.55 ID:zbijYL5c
おれも夜中に目が覚めるようになった
2時間寝ては、醒めるの繰り返し

981 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 16:24:02.46 ID:hQnjPqg3
ほーらまた寿命縮まったよ

982 :優しい名無しさん:2015/07/19(日) 20:02:24.01 ID:fzQD+t6V
そろそろ次スレの時期?(980以上になると約1日レスが無いと落ちる)
俺は立てられませんでした。

983 :優しい名無しさん:2015/07/20(月) 03:09:28.88 ID:rGaGTea0
このスレみたいに1000になれば終わって書き込めない
新しいスレは全くの別の存在として始まる

984 :優しい名無しさん:2015/07/20(月) 05:40:44.33 ID:uFW4NXnA
■■■死恐怖症(タナトフォビア)26棺目■■■
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/utu/1437338117/l50

新スレ立てました

985 :優しい名無しさん:2015/07/20(月) 09:20:04.33 ID:FkiLtRxI
昔の死を恐れない自分が馬鹿だったのか今の怯える自分が馬鹿なのか…

986 :優しい名無しさん:2015/07/20(月) 11:37:14.03 ID:uQjHuZMA
>>984
乙です

987 :優しい名無しさん:2015/07/20(月) 12:56:31.71 ID:Cftn2hMd
>>973
あるねー
でもネットは公平でみんなのものだからそういうタブーは関係ないんだよねー どんどん知っちゃおうねー
開けちゃおうねーパンドラの箱おー

988 :優しい名無しさん:2015/07/21(火) 01:28:21.35 ID:6Q9ldWb/
10代の頃は死んだら終わり?あっそ。そんな事より遊ぼうぜ!な毎日だった。
20代の頃はまだ人生長いんだから深く考えないように…と自分を騙して生きてきた。
30代の今は死の恐怖が段々具現化してきた。そして来年には自分は40代になる。
もう人生の半分を過ぎてしまったという絶望と不安が脳裏を常によぎる。

虐められる事もなく貧乏に生まれる事もなく妻や姑との仲も良好で仕事環境でのトラブルもなく、
順風満帆な人生を間違いなく送っているはずなのに、頭の中には後悔しかない。
この後悔は、「普通に生きてきて、普通に時間が経過して、普通に寿命が減っていく」という
誰の身にも起きている当たり前の事象への後悔なのだから、他人には理解されないだろう。
死=全ての終わりという事実を知った以上は自分がどんな人生を送っていたとしても、同じように後悔しただろう。
こんな事親にも妻にも息子にも、誰にも言えやしない。一家の大黒柱でなければならない自分が、
こんな弱音を吐いている事なんて…。

989 :優しい名無しさん:2015/07/21(火) 08:34:32.95 ID:etK1uz7c
>>984
乙!!

990 :優しい名無しさん:2015/07/21(火) 13:21:21.28 ID:etK1uz7c
>>917の再放送がNHKBS1で7月28日(火)17:00にありますね。

991 :優しい名無しさん:2015/07/21(火) 18:07:05.79 ID:r0fBwXLB
生まれてこなければ幸せはなかったけど苦しみもなかった。
わかっているけど恐ろしい。
弟が生まれたときにあれ程嬉しかったのになあ…

992 :優しい名無しさん:2015/07/21(火) 23:52:33.97 ID:S6o8TuoW
test

993 :優しい名無しさん:2015/07/22(水) 05:05:45.78 ID:PWN67ESn
【国際】「あなたに斧で殺された。ぼくの体が今どこにあるのかもわかるよ」前世の記憶を持つ3歳児、殺人犯を特定★3 (c)2ch.net

こんなスレッドを+で見つけたがホントなら希望が持てるがなあ

994 :優しい名無しさん:2015/07/22(水) 13:24:04.87 ID:JLHZsCHn
全ての人間が転生してるとは限らんだろ

995 :優しい名無しさん:2015/07/22(水) 21:26:01.51 ID:kKDyvr+Q
さっき自分の住んでいる地域雷が凄かったんだけど
本当にこの世は危険だらけだと思った。
雷、地震、火災、大雨、強風、津波、隕石、土砂崩れ。
毒や病原菌、危険な動物、人災まであるし、
仮にそれらが無かったとしても老化・死がある。
永遠の安全なんて無い。
いったい何なんだこの世界は。

996 :優しい名無しさん:2015/07/22(水) 22:27:58.83 ID:JLHZsCHn
>>995
バカ、死が永遠の安全だろ

997 :優しい名無しさん:2015/07/23(木) 13:37:50.69 ID:wntZAgOb
俺は普段は大丈夫だけれど地震が来たりヘリが低いところ飛んでいたりすると
建物の下敷きになって死ぬんじゃないか、ヘリが落ちてきて
プロペラで体切断されて死ぬんじゃないかとどうしようもなく怖くなる。
普段大丈夫だからタナト克服したんじゃないかと勘違いしていたけれど
ただ死を意識していないからその間だけは大丈夫ってだけのようだ。

998 :優しい名無しさん:2015/07/23(木) 17:25:46.08 ID:CUXecdxm
死後は無なんて言ってる人も遺族のことを考えたりする。
無なら死んだ瞬間に全く関係なくなるというのに。

999 :優しい名無しさん:2015/07/23(木) 21:43:11.82 ID:NFAKe6Ah
このスレッドに書き込みした人も、自分を含めてみんないつかは死に
この書き込み自体も過去ログに沈み、その内誰の目にも触れなくなる
それまで人類が生きているか解らないが、数十年や百年経った後に
何かの拍子で偶然この過去ログを目にした人がいたら
死を恐れ、嘆き苦しんでいた人がこれだけ多くいた事を忘れないでほしい

1000 :優しい名無しさん:2015/07/23(木) 21:44:52.76 ID:NFAKe6Ah
不死は無理でも不老ぐらいは叶った未来の人間が
この書き込みを見るかもしれないと信じて、>>999を記しこのスレを終わらせる

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

335 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)